議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 大網白里市

平成21年  9月 定例会 09月08日−01号




平成21年  9月 定例会 − 09月08日−01号









平成21年  9月 定例会



      平成21年9月大網白里町議会定例会会議録

1.招集期日 平成21年9月8日(火)

2.招集場所 大網白里町議会議場

3.現在議員 20名でその氏名は次のとおり

    花澤房義君       大村昭人君

    宮間文夫君       黒須俊隆君

    花澤政広君       山田繁子君

    高山義則君       上家初枝君

    加藤岡美佐子君     倉持安幸君

    田中吉夫君       峰尾博子君

    瀧澤正之君       北田雅俊君

    高知尾 進君      中村 正君

    岡田憲二君       中村勝男君

    江沢 清君       内山 清君

4.説明のため出席した者の職氏名

 町長        堀内慶三君   副町長       内田文雄君

 秘書広報課長    古山正洋君   総務課長      北田光夫君

 財政課長      金坂重信君   企画政策課長    堀江和彦君

 税務課長      中村寿雄君   住民課長      池田清治君

 社会福祉児童課長  佐藤重雄君   健康介護課長    伊藤栄朗君

 生活環境課長    金坂 一君   産業振興課長    木村常雄君

 建設課長      菰田泰平君   都市整備課長    小山真澄君

 下水道課長     武藤聖一君   会計管理者     内山俊一君

 ガス事業課長    白石孝昭君   国保大網病院事務長 加藤計廣君

 房総平和園長    水間和義君   教育委員会教育長  島嵜善久君

 教育委員会管理課長         教育委員会生涯学習課長

           梅原英男君             伊藤靖雄君

 教育委員会スポーツ振興課長     農業委員会事務局長

           三枝 孝君             白鳥秀昭君

 監査委員事務局長  吉野寿雄君

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 議会事務局長    上代正義    主査        古内 衛

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    平成21年9月8日(火)

◯議事日程(第1号)

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 行政事務の報告

 第4 認定第1号 平成20年度大網白里町各会計歳入歳出決算の認定について

 第5 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 行政事務の報告

 日程第4 認定第1号 平成20年度大網白里町各会計歳入歳出決算の認定について

 日程第5 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              午前11時00分 開会

 出席議員 20名

 欠席議員 なし



○議長(北田雅俊君) おはようございます。

 ただいまの出席議員数は20人であります。定足数に達しておりますので、これより平成21年9月大網白里町定例町議会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に先立ち、諸般の報告をいたします。

 まず、町長から提出された報告第1号から報告第6号までにつきましては、お手元に配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 また、監査委員から提出されました例月現金出納検査の結果報告につきましてもお手元に配付をしておきましたので、ご了承願います。

 次に、今期定例会までに受理した請願・陳情は、お手元に配付してあります文書表のとおりであります。所管の常任委員会に付託をいたしましたので、ご報告を申し上げます。

 次に、今期定例会に説明員として出席報告のありました者の職氏名につきましては、お手元に配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 また、さきの6月定例議会において、議員派遣が決定となった山武郡市議会議長会主催の第45回山武郡市議会議員研修及び視察研修については、お手元に配付した報告書のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(北田雅俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。

 今期9月定例町議会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、高山義則君、上家初枝君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(北田雅俊君) 次に、日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から17日までの10日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北田雅俊君) ご異議ないものと認めます。

 よって、今期定例町議会の会期は、本日から17日までの10日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 行政事務の報告



○議長(北田雅俊君) 次に、日程第3、行政事務の報告を議題といたします。

 町長から行政事務に関する発言を求められておりますので、この際、これを許します。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 皆さん、おはようございます。

 本日ここに、9月定例町議会を招集し、当面する諸案件について審議をお願いすることといたしました。

 今回提案いたしました案件は、平成21年度各会計の補正予算案についてが9件、条例の一部改正についてが1件、条例の廃止についてが1件、財産の無償譲渡についてが1件の計12議案、並びに認定事項が1件及び報告事項が6件でございます。

 続いて、町政の現状につきましてご報告申し上げます。

 はじめに財政関係について申し上げます。

 平成20年度決算でございますが、ガス・病院両会計は3月31日に、一般会計をはじめ、その他の会計は5月31日をもって出納を閉鎖いたしましたが、病院会計を除き、各会計とも黒字の決算となっております。

 また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の施行に伴い公表することとされました健全化判断比率並びに資金不足比率につきまして、本議会に報告させていただきましたが、いずれも早期健全化基準を下回っており、本町財政は健全な状態にあることを報告いたします。

 次に、本年度の財政運営について申し上げます。去る5月29日に成立した国の第1次補正予算において、各種経済対策が盛り込まれておりますので、町といたしましても、これに対応すべく9月補正予算案に関連事業費を計上し、本議会に提案をさせていただいたところであります。

 景気は依然として低迷の状態が続いており、国税・地方税ともに収入の伸びが期待できない状況が見込まれるとともに、社会保障関係費の自然増や公債費が引き続き高い水準で推移していくと予想され、厳しい財政状況が続くと想定されますが、健全財政を基本に据え、行財政改革を一層推進するとともに、住民生活の安定と地域の活性化を目指す観点から、今後とも的確な財政運営を図ってまいりたいと考えております。

 次に、行財政改革について申し上げます。

 平成20年度の行財政改革は、職員数の削減をはじめ、管理職手当、時間外手当、特別職給与等の人件費の削減を引き続き進めるとともに、これまで段階的に縮小してきた前納報奨金の廃止等の効果とあわせ、約3億3,000万円の財政効果を得ることができました。

 また、房総平和園につきましては、第1次実施計画の中で外部委託及び民営化を検討すると位置づけており、民営化について検討してまいりましたが、社会福祉法人設立準備委員会設立代表者小倉きん氏から、受け入れについて強い意向がありました。土地提供者の親族であり、房総平和園の創設者であります小倉氏に房総平和園を移譲し、来年度からの円滑な施設運営、さらなる良質な処遇を展開していただけるよう事務を進めてまいります。

 なお、行財政改革に係る集中改革プランにつきましては、本年度をもちまして第1期の計画期間が満了となりますが、さらなる改革の実現に向け、現在、第1期集中改革プランと同様、5年間を計画期間とする第2期集中改革プランの策定に鋭意取り組んでいるところでございます。

 次に、訴訟関係について申し上げます。

 さきの6月定例町議会において議決をいただきました元職員に対する損害賠償請求訴訟のその後の経過につきましては、去る7月30日、千葉地方裁判所一宮支部に訴状その他関係書類一式を提出したところでございます。

 本件につきましては、現在、訴訟継続中の刑事事件の進捗ともあわせ、今後、弁護士等とも協議を重ねながら、訴訟の行方を見守ってまいりたいと考えております。

 次に、企画政策関係について申し上げます。

 住民参加のまちづくりへの取り組みといたしまして、今年度は、住民と職員がともに協働のまちづくりについての理解を深めるため、全6回の協働のまちづくり講座を計画し、8月までに2回開催したところであります。

 この講座は、協働のまちづくり推進計画の個別施策として位置づけられており、各回ごとにテーマを定め、テーマに関連した町の取り組み内容の説明と、関連する活動を行っている住民団体から活動内容の報告をしていただき、住民と職員が同じ会場で、同じ目線で協働に対する知識と共通認識を深め、意識改革につなげることをねらいとしております。

 今後の開催分につきましても、住民協働を推進するため、住民・各種団体等と連携しながら実施してまいります。

 公共交通関係につきましては、去る3月に策定した町地域公共交通連携計画に基づき、既存バス路線の利用促進や新たな公共交通の導入など各種事業の実施に向け、関係機関や交通事業者と引き続き協議中であります。

 このたび、8月31日付で、国から補助金交付決定がありましたので、今後、町地域公共交通活性化協議会において協議の上、計画に基づき各事業を推進してまいります。

 光ファイバーの整備誘致につきましては、現在、本町の一部の区域を除いて、光ファイバーの未整備区域がありますことから、将来的に情報通信において大きな役割を担っている光ファイバー網が充足整備されるよう、住民の意向も考慮しながら、光ファイバー事業者に対しまして整備要望並びに誘致活動を続けて実施してまいります。

 次に、生活環境関係について申し上げます。

 ごみの減量を推進するため、来る10月1日からの家庭ごみの有料化に向け、9月1日から新しいごみ袋の販売を各取扱店で開始いたしました。これに先立ち、町広報紙やホームページを活用しての周知をはじめ、3会場での住民説明会や関係団体への説明会を実施し、ご理解、ご協力を求めてまいりました。この中で、ごみ行政に対するさまざまなご意見をいただき、改めてごみ行政に対する住民の皆様からの関心が深いことを痛感したところであります。今後は、これら貴重なご意見を参考に、業務を行ってまいる考えであります。

 また、かねてからの懸案でありましたリサイクル倉庫の増設につきましては、新たに農村ふれあいセンターに設置したところであります。

 今後とも、ごみの減量化に取り組んでまいりますので、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 次に、防犯関係について申し上げます。

 本年7月22日に、夢まるふぁんど・防犯パトロールカー贈呈支援事業により、青色防犯パトロールカー1台の寄贈を受けたところであります。今後は、地域住民、防犯関係団体と連携を図りながら、幅広い防犯活動が実施できるよう役立ててまいります。

 次に、観光関係について申し上げます。

 夏期観光につきましては、ことしは7月10日に海開きを行い、8月23日までの45日間にわたり、海水浴場を開設いたしました。

 期間中は、来遊客の安全を守るべく、夏期観光安全対策本部を設置し、関係機関並びに諸団体と協力して、人命を最優先とした安全対策に万全を期してまいりました結果、水難等死亡事故ゼロを達成できました。

 ことしの夏期観光客については、梅雨明けがおくれた影響で来遊客の減少が懸念されましたが、お盆期間中以降の好天に恵まれたことにより、大勢の来遊客が訪れました。

 また、本年で第11回目を迎えました地曳きまつりが、7月25日に開催され、地曳き網の体験は潮の流れが速く中止となりましたが、その他のイベントは無事予定どおりとり行われ、大いに盛り上がり、子どもからお年寄りまで大勢の参加をいただき、すばらしいイベントであったと感じております。

 なお、この地曳きまつりの開催に当たり、企画運営から準備にお骨折りをいただきました各種団体等の方々をはじめ、関係機関の皆様方のご協力に対しまして、心から感謝を申し上げます。

 次に、学校教育関係について申し上げます。

 平成21年度の国の補正予算に盛り込まれましたスクールニューディール構想を最大限に活用して、小・中学校のICT化等を進めるべく、小・中学校9校に校内LANの整備やすべての小・中学校へ校務用パソコン及び電子黒板の配備を行い、21世紀の学校にふさわしい教育環境の充実に努めてまいります。

 また、学習指導要領が改訂され、平成21年度からは一部理科等の科目が先行実施されたことにより、授業時間数の増加や学習内容の充実が図られることになりました。このことは、知的好奇心にあふれた児童・生徒の育成に向け、観察や実験等の体験的・問題解決的な学習の機会の充実を受け、理科教育設備の充実が求められているため、国の補助事業を活用して学校においてさらなる理科教材の整備を図ってまいります。

 次に、学校施設整備関係について申し上げます。

 平成21年度の重点事業に位置づけられております小・中学校の耐震化対策事業につきましては、平成19年度から着手している大網中学校とともに、瑞穂小学校・増穂小学校の教室棟耐震構造改修工事に着手いたしました。工事は夏休み期間を利用して実施し、順調に進捗しております。その他の主な施設整備工事といたしまして、白里幼稚園で実施の下水道接続工事は、ほぼ終了している状況まで工事は進んでおります。

 次に、大網小学校移転改築事業設計業務について申し上げます。

 プロポーザル方式により設計業者を選定するための作業を進め、去る8月31日に開催いたしました技術提案審査委員会において、最優秀者を選定し、現在は設計委託業務の契約を締結するための協議を行っているところです。契約締結後は直ちに基本設計に取りかかり、設計業務の完了を目指して鋭意努力してまいります。

 次に、国体関係について申し上げます。

 平成22年度開催のゆめ半島千葉国体のリハーサル大会として位置づけをしました、少年女子バレーボール競技の関東ブロック大会を、8月22日に大網白里アリーナで実施いたしました。大会では、関東1都6県に山梨県を加えた1都7県の代表が、ことし開催されますトキめき新潟国体への4つの出場権をかけて熱戦を繰り広げました。千葉県代表は激戦の末、群馬県代表を破り、新潟国体への出場権を得たところでございます。

 当日は、選手、関係者、観客など約1,200人が集まり、開始式及び観客の誘導、選手の案内、駐車場の整理など、今回のリハーサル大会で検証することができましたので、今後は来年の国体成功に向けて取り組んでまいります。

 以上、町政の現状につきまして、ご報告を申し上げました。

 その他の事業につきましても鋭意努力してまいりますので、議員の皆様方におかれましては、引き続き町政の執行に当たりましてご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、事務報告といたします。



○議長(北田雅俊君) 以上で、行政事務の報告を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 認定第1号 平成20年度大網白里町各会計歳入歳出決算の認定について



○議長(北田雅俊君) 次に、日程第4、認定第1号 平成20年度大網白里町各会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 平成20年度大網白里町一般会計及び9特別会計については5月末に、ガス事業会計及び病院事業会計については3月末に、それぞれ出納閉鎖を行ったところでありますが、当該年度におきましては、下半期以降に顕著となりました世界的な景気悪化、消費低迷の影響から、各種譲与税、交付金の削減等もあり、厳しい財政状況にあったことから、引き続き全課を挙げて経常経費の削減、合理化を進めるとともに、投資効果等を十分勘案した弾力的な財政運営や健全財政の堅持を心がけてまいりました。

 平成20年度においては、既に着手している駅東土地区画整理事業に加え、小・中学校の耐震化対策事業、少子化対策事業、生活安全・安心対策事業の4事業を重点事業と位置づけ、推進してまいりました。

 また、町民の皆様のご理解とご協力により、主要なる施策もおおむね所期の目的を達成することができたところであります。

 一般会計予算の執行状況を申し上げますと、歳入総額は125億6,540万697円で、対予算費101.6パーセントとなり、また歳出につきましては、定額給付金を含む約9億7,000万円を21年度へ繰り越したことから、総額は111億3,129万2,180円となり、執行率は91.5パーセントでありました。

 このほか、特別会計及び公営企業会計においても決算を終了しましたので、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会の認定に付するものでございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご認定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(北田雅俊君) ただいま議題に供しております案件に対し、質疑を許します。

 質疑の通告はありませんが、希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北田雅俊君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、7人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北田雅俊君) ご異議ないものと認めます。

 よって、本件については、7人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、大網白里町議会委員会条例第7条の規定により、自民クラブから加藤岡美佐子君、三人の会から花澤政広君、町議会公明党から山田繁子君、日本共産党から内山 清君、キメラから花澤房義君、どの会派にも属していない議員の中から宮間文夫君、高山義則君、以上の7人を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北田雅俊君) ご異議ないものと認めます。

 よって、決算特別委員会の委員は、ただいま指名のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 休会について



○議長(北田雅俊君) 次に、日程第5、休会についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 明9日から13日までの5日間を委員会審査及び休日のため休会といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北田雅俊君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 なお、9月14日は定刻から会議を開きます。

 本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまでした。

               午前11時23分 散会