議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 大網白里市

平成19年  9月 定例会 09月10日−02号




平成19年  9月 定例会 − 09月10日−02号









平成19年  9月 定例会



    平成19年9月10日(月)

◯議事日程(第2号)

 第1 町政に対する一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 日程第1 町政に対する一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時00分 開議

 出席議員 21名

 欠席議員 なし



○議長(岡田憲二君) おはようございます。

 開会に先立ちご報告申し上げます。

 代表監査委員安藤正義君より、所用により欠席との届け出があり、本日から今定例会会期中は書記長水間正義君が代理出席との報告がありましたので、ご報告を申し上げます。

 ただいまの出席議員数は21名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 日程に先立ち、ご報告いたします。去る9月4日に設置されました決算特別委員会につきましては、委員長に加藤岡美佐子君、同副委員長に花澤政広君がそれぞれ互選されましたので、ご報告申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 町政に対する一般質問



○議長(岡田憲二君) 日程第1、町政に対する一般質問を議題といたします。

 中村 正君ほか10名から質問の通告がありますので、順次これを許します。

 中村 正君。

         (中村 正君 登壇 拍手)



◆(中村正君) 改めましておはようございます。

 9月定例議会において一般質問の機会をいただき、議長をはじめ議員各位には心より敬意を表します。

 質問が初日の1番目というのは、議会生活でも初めてのことであり、質問の内容からして大変さい先よく、実現に向けて強く期待をいたすものであります。

 町長は、町住民の代表として日頃から行政の執行にあたっておられますが、町長といえども、町内各地域の隅々まで精通しているとは思えず、地元を熟知した議員がそこを補完し、地域の特性を生かし、町や地域の発展、さらには住民の健康増進に寄与すべく、町長や町執行部に対し政策を提言し、実現に向けての活動は、議員の果たす大きな大切な仕事の一つだと思われます。

 ここに生まれ育った私は、この地域の景観が大変気に入っており、日本航空研修センターが使われなくなった頃と町・山武郡市文化財センターが盛んに遺跡発掘事業を行っていた頃とが重なり合い、早い時期から、倉見陸橋を中心に、これらの施設を複合的に活用すれば町民にいろいろな潤いをもたらすすばらしい地域になると確信してまいりました。もっと早い時期に提案するべきであると思いましたが、あまりにも大きな政策であり、かつてこの地域内に自ら所有する土地もあり、差し控えてまいりました。37年間にわたり携わってきた旅の仕事から学び得た地域活性化につながる貴重な要因を綿密に練り上げ、あらゆる面からのリスクを廃止し、町民の方々が健康増進のために、春夏秋冬くつろぎと憩いの拠点の場所となることを願い求め、長い年月をかけてまとめ上げた政策が、このたびの質問趣旨であります。

 特に、質問第1項?から?は、私自身長年にわたりその思いをめぐらせ練り上げた議会生活12年間の集大成でもあり、必ずや本町活性化の起爆となると確信いたします。今議会は任期最後の定例議会であり、私自身、11月にいかなる結果に終わろうとも、議員各位には、質問の内容に深いご理解を賜り、実現に向けた力強いご協力をお願い申し上げるとともに、町執行部におかれましては、事業化に向け積極的かつ鋭意に取り組んでいただきたいと願うものであります。

 以下、発言席より通告内容についての質問をさせていただきます。

         (中村 正君 発言席着席)



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 質問の項目が逆になりますが、最初に、通告2番目の方から入らせていただきたいと思います。

 町長は、町政運営にあたり、適切な判断と実行、そして決断力が求められ、またその説明責任を果たさなければならないと思っております。町は瑞穂地区において、大網中分離校の凍結についての説明会を開き、その経過の説明をなされたようでありますが、これは大網中学校全体にかかわることで、大網、山辺地区の生徒にも係ってくる問題であります。

 町執行部は、大網中はかつて1,000数百人の生徒を抱えていたというお話をされたようでありますが、その真意をお尋ねいたします。

 暫時休憩をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 暫時休憩します。

               午前10時08分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時08分 再開



○議長(岡田憲二君) 再開いたします。

 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 先般、瑞穂地区の皆様方を中心に、説明会を開催させていただいたわけでございますけれども、これは議会の皆様方にもご説明申し上げましたとおり、大網中学校、瑞穂の分離校の問題につきまして、しばらく凍結の態勢で臨みたいということを地元の皆さん方に説明する必要があるということで、全てのご父兄の皆さん方、また区長の皆様方、そしてPTAの皆様方にご案内状を差し上げた中での説明会をさせていただいたわけでございます。いずれにいたしましても、町の方向性というものを明確に地元の方々に説明する必要があろうということで、この説明会を開催させていただきました。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) ちょっと質問の趣旨から離れているんですが、率直に申し上げますと、教育長もお出になられたわけですね。その際に、「かつて大網中学校は1,000数百人の生徒を抱えていたということもありました」というお話をされたわけでございますが、その真意ですよね。

         (「真意……」と呼ぶ者あり)



◆(中村正君) いや、真意がわからなければ、いいんですけれども、私はこの質問に関して、過密校を解消するべく分離校を建設したらいかがですかということではないんです。私は、もっとほかにこの問題について町を問いただしていくところにその理由があるわけですけれども、もともと前町長が、この(仮称)瑞穂中学校の建設について、建設費がどのくらいかかるかということについて積算を業者に依頼して、積算を行ったということでこられたわけです。それで、その後において、WHOから高圧線の電磁波による生徒への健康被害が心配されるということであって、この際、堀内町長にかわられましてから、しばらく凍結ということで今日来たわけでありますが、6月ですか、WHOから、その健康に対する被害的な数値は定かでないということで、可とも不可ともとれないような報告がなされたということに対して、町長は凍結ということでございます。

 私は、WHOから健康被害についての調査を行うというときにおいて凍結という話はよく理解できるんですが、その結果が出た後さらに凍結というのは、ちょっと行政として、住民に対して説明が十分ではないんじゃないかという気がするわけでございます。この間、約5年間ぐらい期間があったわけですが、その期間内において、WHOからの報告が健康被害を及ぼす影響があるという報告がなされたときに、町はどうすべきか、あるいは生徒に影響を及ぼす範囲内ではないという結論が出たときにどうするのか、あるいは今回のように、可とも不可ともとれないような報告がなされたときに町はどうすべきかという、その対応の協議をしてくるべきではなかったんじゃないのかというふうに私は思っておるわけです。そのへんのところの協議はなされてきたのかどうか、お尋ねいたします。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 平成14年に、私は、前の町長が開発協定の中で瑞穂地区に分離校の計画を持たれたと、その後設計まで済まれているという内容をかんがみまして、私は学校建設に踏み切ろうということでゴーサインを出したわけです。それには、もちろん教育委員会の将来の学童のシミュレーションとかあるいは財政状況とか、さまざまな状況を勘案しての取り組みだったんですけれども、運悪くその発表した夏ですか、電磁波の問題が突然飛び出してきた。前からもあったんですけれども、前々我々の認識は、大丈夫だろうという認識があったんです。ですから取り組みますよということで踏み切ったわけでございますけれども、電磁波がさらに問題化されてきた、そういう状況の中で議会の皆様方に同意を求めながら、しばらく結果が出るまで待ちますよということで今日まで来たわけでございます。

 その中で、議員は、もっと早く凍結発言をすべきじゃなかったのかというお話でございましたけれども、もう私どもは行政として一たんやりますよということで取り組んだわけでございますから、できるだけその体制で参りました。しかしながらこの5年間の中で、物すごい社会的な状況の変化がございます。当時、開発業者も撤退という事態もございます。そしてまた、学童が思ったより伸びないということがございます。そういった中で電磁波の問題が、さきに中途半端な発表でございましたけれども、全然害がないという発言はされておりません。仮に1%でも電磁波の問題があるならば、やはり、子を持つ親とすればこれは大変重大な問題でございますから、私どもも十分検討すべきじゃないかというように考えたわけでございます。

 それと同時に、本町では、瑞穂地区の子どもたちの伸びというものはそんなに大きくない、ましてや減少傾向にあるという状況でございますけれども、ほかの地区の子どもたちの伸びというのも現実にございます。また既に皆さん方はご承知のとおり、耐震構造に大変危惧を抱くような校舎が現実にある。これはさきに、皆さん方に私は説明申し上げましたけれども、大網小学校と白里小学校の校舎が大変危険なんだと、そういった場合に私どもは説明責任として、瑞穂分離校は凍結させていただきますけれども、その分大網中学校の耐震補強、また通学路の安全性を、対策を考えながら、十分瑞穂地区のお子さん方には安心して学べるような、そういうような環境を検討してまいりたいということで発表したわけでございます。そういった意味で私どもは、この校舎をやめたということじゃございません。いずれにいたしましても、瑞穂地区もまだまだ人口が張りつくんではないかというふうに私は考えておりますけれども、また大網中が大変子どもたちが増えていった場合に、当然分離校も、もう視野に入れなければいけないという状況も、これはあり得るという可能性もあるわけでございますから、そういったときに、やはりこの分離校の建設に向けて、私は、町を挙げて取り組むべきではないかというふうに考えておりますけれども、順位性を考えますと、現在瑞穂の分離校よりも耐震で地震が来た場合に大変危険な状況下にあるということも考える必要があるんじゃないかというふうに私は考えております。その説明の一環として、現在800人あまりの学童が大網中学校に通われておりますけれども、現教育長が当時1,000人規模の学校運営をされたという経験の中で、現在の大網中学校を耐震整備、あるいは環境整備をしてあげるならば現状のままでも子どもたちの教育に支障はないんじゃないかと、また子どもたちにもあれもやるこれもやるという現状ではございませんので、十分ご理解をいただきたいということでご説明をしているところでございます。

 以上であります。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 1時間という限られた時間でございますので、簡潔・明瞭にお答えいただきたいと思います。

 私が、一番、この本件について問いただしたいことは、町が昭和58年に業者6社と協定を結んで、その際にもとの地主の方々から、「中学校を建設してくれるんであれば協力しますよ」という話し合いをされたわけですね。それで企業も、ここに中学校ができますという説明をされて販売してきたわけであります。時代の流れですから、それは町長のおっしゃることも一理はありますが、その中で大事なことは、企業は建設すべく負担金を拠出しているわけですね。そういうことの中で、販売した住宅区画の中に当然その負担金も上乗せされているんじゃなかろうかと私は思うわけです。19年度末をもってその企業6社の負担金は、一体どのくらいになるのかお答えをいただくものです。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 開発企業と町が締結をいたしました開発基本協定に伴う仮称ですけれども、瑞穂中学校建設にかかわる負担金でございますが、開発企業6社から計画人口等によりまして、それぞれ応分の負担をお願いしたところでございます。そして、企業からこれまでに納めていただきました開発負担金の金額でございますけれども、平成18年度末、現金が3億1,120万6,676円納められております。また、平成19年内に企業とお約束をしまして納めていただく額ということで、2億1,319万6,560円という額になっております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) トータル6億円近い金額になるわけですけれども、大変な大きな金額であることには間違いありません。それを、結局住宅を購入された方に負担していただいているわけでありますから、私は、これはやはりその経過並びに今後、何というんですか、使い道ですね。当然教育関係に使われると思いますが、どういうふうにしてそれを町の教育のために使われるのか、そこのところまではっきりと、凍結するというんであれば私は、関係者あるいは町民に示すべきであると思うわけですが、そこを町長から簡潔にお答えいただきたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 企業との協定につきましては、すべて企業側も満たしているわけではございませんし、学校建設費として最終的に決済されたわけでもございませんけれども、いずれにいたしましても、私どもは、企業からいただいたお金はこれはやはり学校建設資金として、基金として私は残すべきだろうということで、現在基金にしてございます。今後も、私どもはこれをやめたというわけではございませんから、いつ学校建設が再開されるとも現在のところ断定はできませんけれども、そのときのための準備金として私は継続してまいりたいというふうに考えております。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 時間もだいぶたちましたので、なぜこの2番を最初にということは、やはり行政執行部も、非常に耳の痛い質問じゃなかろうかと。あまり耳の痛い質問だけでは大変申しわけありませんので、私も少し夢のある話、質問に変えさせていただきたいと思うわけです。

 突然、倉見陸橋と言われましても、ほとんどの方がその存在をご承知ないかと思われますが、若干ここで触れておきたいと思います。

 JR大網駅を出て、土気駅に向かい2分ほど走った列車左側の車窓から、突如のどかな田園風景の眺望が眼下に開けてまいります。左右を雑木林の小高い丘に囲まれ、入り江状となった田畑が豊かな自然環境を形成し、その美しい地形とが織りなす景観は、まさに一幅の絵を見るような場所であり、乗客の心をつかの間いやしてくれるところであります。

 ここが、今回私が取り上げた倉見陸橋でありますが、長さが253.82メートル、高さが19.5メートルは、JR東日本の千葉県管内では千葉県一の高架橋と伺っております。ちなみに企画政策課で調べていただいたところ、千葉県一を誇る施設は本町においてはほかにないとのことであります。またこのへん一帯は、ごく自然な景観と豊かな水源、環境に恵まれたまさに理想郷でもあり、陸橋の上を頻繁に行き交うさまざまな色の列車が一層風情を守り立ててくれている、まさに千葉県一の陸橋にふさわしい場所であります。本町に存在する唯一千葉県一を誇るこの倉見陸橋であり、その一帯の理想郷とあわせ町は、春夏秋冬住民がくつろぎ憩いの場として整備を図るとともに、有効活用を積極的に推進していくべきであると考えておりますが、町長並びに執行部も既に現場を視察されていると思われますが、これについての率直な感想と、またその事業に向けた推進についての、町長にこれをお尋ねしたいというふうに思っております。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 倉見陸橋は、大変すばらしい景観をあそこに醸し出していただいております。本町の水彩画の中にも、よく倉見陸橋が出てまいりますけれども、大変すばらしいものがあの地域にあるということでございまして、私も大事にしていきたいというふうに思っております。簡単にという答弁でございますので、以上とさせていただきます。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) いや、ちょっと簡単過ぎるわけですけれども、これを、私はその景観について尋ねているわけじゃないんですが、ここをやはり活用した、町民のための憩いの場をつくるべきであるということに対して町長が現場を視察されたことについての感想を、その感想といいますか、そのことについての行政側としての見解をお尋ねしたいわけでございます。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 私、議員が簡潔に言ってくれというから簡潔に言ったまででございまして、本当はもっと私の考えも入れて答弁したいんですけれども、ご迷惑をかけてもいけないから、私は簡潔にしたわけでございます。何事もそうなんですけれども、先ほどの分離校も、一言で凍結ですじゃ済まないんです。したがいまして少々長くなりましたけれども、ご理解をいただきたい。

 さて、倉見陸橋でございますけれども、千葉の方から来ても、大網から行っても大変ユニークな、昔は盛り土だったんですね。それがあのように、大変高い位置への橋になったわけでございますけれども、そういった意味で、金谷側から見ると大変すばらしい景観なんです。私は今、議員のおっしゃられるご提案の趣旨というのはよくわかります。やはり大網白里は非常に観光資源の乏しい中で、ああいうようなものが散歩道の中に位置指定ができたら大変すばらしいと思うんです。ただ、今自然公園保護とかいろいろございますし、そういった中で位置づけをして、いろいろな整備をするというのも大変でございますけれども、金谷地区の皆さん方が、せっかくヒマワリの里をやってくれたんですね。あれが、下の田んぼ一面にヒマワリがあったら、電車に乗っている人もきっとすばらしいという感嘆の声を上げるんじゃないかと思いますけれども、いずれにしても、そういったように地元の皆さん方、またボランティアの皆さん方の協力を得ながら整備をすべきじゃないかと、これは私も思っておりますけれども、いずれにしてもこれは、地元の皆さん方の協力なくしてできないことでございますから、中村議員のご提言は大変ユニークですし、いい提言だと思いますから、今後とも皆さん方と協議した中で、ぜひあの周辺がそういった意味での観光地として残っていくようにみんなで大事にしていきたいというふうに私は思っております。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 初めて私も、町長に前向きないいことを言われた気がしましてほっとしたわけでございますが、本当に今、町長もおっしゃいましたが、陸橋の列車の中から見ても、あそこの景観はまさにすばらしいものであって、あそこを一面花にしたらば、すばらしい光景が、展望が開けてくる。また下から見ても、あそこは非常にいいところなんですね。職員はじめ議員各位にもぜひ一度どういうところなのかということで訪ねてみていただきたいと思うわけです。

 そうした中で、やはり私は、この37年ですか、同僚議員にも、観光に携わってきた議員がいらっしゃいますけれども、観光、旅を通じて一筋に来たわけですけれども、その中から、人を集めるとか人に来ていただくという仕事は非常に難しい仕事だということを身をもって感じてきているわけですけれども、その中で、どんな立派なすばらしい施設であってもそこに1カ所ぽつんとそれがあるだけではやはりいずれこれは衰退して閑散としてしまうというのが今までの事例で、全国的にもそういう結果が出ております。いつまでもその活性化を保っていくには、一つの柱となる施設があって、そこに歩いて行けるようなところにいくつもの施設が点在することによって一つひとつがその効果を生み出して、お互いに相乗効果をもたらして活性化につながるという思いで今日まで来たわけでございます。

 そういう点では、この?から?番の施設につきましては、まさにその条件としてぴったりのものがあるということでございます。?から順を追って、私は説明させていただきたいと思います。

 この倉見陸橋を中心とした観光、あるいはくつろぎの効果というのは、まず、特にその施設の活用を強調しているわけですが、その広告費にかけるお金がゼロだということであります。1日に上下186本の列車があそこを通過しているわけで、その車窓が日々無料でこれを宣伝してくれているというのが大きな利点であります。この列車には、大網白里町の方々のみならず、近隣の市町村の方々や遠く県外の方々までもが通勤、所用、観光等で列車を利用されているわけでありまして、そこから眺めるいわゆるその花畑やあるいは釣り池だとか、あるいはその風車等などもつくってここを一つのくつろぎの場とするならば、いずれそうした方々が町内外を問わずここを訪れていただく、そしてその活性化につながるということで、非常に大きな効果をもたらしてくれるんじゃないかと思います。雑木林の丘陵地に囲まれた平たん地ですね、今は水田と畑になっておりますが、ここが約9ヘクタールございます。事業化するには広からず狭からず、ちょうどいい面積となっておりますが、ここにあまり手を加えず、自然的なものを生かした中での自然公園などの整備が必要かと私は思われますが、担当課の所見をお尋ねするものであります。



○議長(岡田憲二君) 都市整備課長、関 芳信君。

         (都市整備課長 関 芳信君 登壇)



◎都市整備課長(関芳信君) お答えいたします。

 自然公園としての整備ということでございますが、本町の自然公園としての整備といたしましては、小中池公園と白里海岸公園の2カ所がございます。両地区とも県立自然公園区域に位置づけされた区域内での整備でございます。県立自然公園は、自然公園法に基づく県条例によって区域が指定されております。区域内につきましては、工作物の建設や広告物の設置、土地の形状の変更などに一定の制限が定められており、これらの行為にあたっては、知事への届け出、または許可が必要となります。

 また、都市計画におきましても、自然環境や風致の保全を図るための公園、緑地等の決定も可能となっております。この場合につきましても、決定した区域内におきましては一定の制限が定められており、これらの行為にあたっては許可が必要となります。

 したがいまして、自然公園としての整備または都市計画による公園、緑地としての整備につきましては、各種上位計画にその位置づけが必要であるとともに、一定の制限が加わりますことをご理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 近年本町には、新しく越してこられる方が年々増えているわけでありますが、そうした方々のいろいろ行政に対する要望も多様化してきているわけでございますが、身近で、要するに、その住民がくつろいで憩える場所はどこに行ったらいいでしょうかということを問い尋ねられたときに、町長としてどのへんをお勧めになられるか、簡単で結構でございますが。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 大網白里町に移ってこられた方が、まずこの自然を大変気に入っていただいているわけでございまして、おいしい空気をいっぱい吸っていただいて、周りどの道を散歩しても、そんなに交通量の多い道ばかりじゃございませんから、そういった意味で、よくこの自然を満喫していただくということ。それから2番目には、有効な、有望なそういうような観光資源となるような地域があるならば、地元の皆さん方、ボランティアの皆さん方の力を合わせながら整備をしていくということが肝要かと思っております。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 本町には、小中池公園ですとか、隣には昭和の森公園とかあって、常ににぎわっているわけでございます。先ほど町長は、地元の方々の協力をいただいてということでございましたが、私は、この千葉市の昭和の森公園というのは地権者を中心に組合を結成されて、組合運営をされているというふうに聞いております。ああいったところもやはり地主もかなりいるわけですから、地権者の方々にそういった組合というものをつくっていただいて、その組合が中心となってあそこを開発していただいて整備していただくということも、私は大事な側面ではないかというふうに考えておりますので、そういうものをあわせて町の方も対応していただければというふうに思います。

 続いて、?でございますが、この倉見陸橋からおよそ800メートル、千葉市の西の方へなだらかな坂を上っていったところに、昔の土気城であったところの城跡があるわけでございます。車にして約2分ほどのところで、私たちはよくそこを通って千葉の方に通うわけですが、ここに威風堂々とそびえ立っているのが、かつて日本航空が国営企業だったときの研修センターであります。昨今は民営化され、経費節減のもとに、この研修センターが今は使われておりません。さすがに国営企業であっただけありまして、その頑強な建物と、隣接するところには、広大なグラウンド、そしてテニスコート、公園まで備えているわけです。まさにすばらしい施設でありますが、私は、この施設などを町で有効活用することも極めて大きな意味があるんじゃなかろうかというふうに思っているわけですけれども、町長、関係課長も、このへんのところも見ていられると思いますが、その遠くは太平洋まで眺められるというすばらしい条件で、周囲を桜の大木に囲まれているわけでございまして、多少の改築は必要かと思われますが、この施設に宿泊をしていただいて、また広大なグラウンドを利用して青少年からお年寄りまで、キャンプやスポーツ等さまざまな過ごし方ができるわけであります。我が町にも、この研修センターで教育を受けられ、かつて鶴のマークの日本航空に乗って世界の空を羽ばたいて大いに活躍された方が、男女を問わず多数いらっしゃるということを伺っております。この日本航空の旧研修センターを町民の健康増進のために滞在型の施設として利用できるよう、積極的にこれに取り組むべきだというふうに考えておりますが、これも、町長にひとつその考えをお尋ねするものであります。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 議員が今回質問されるということで、先般、担当課の連中と一緒に私も現場を見てきました。昔から、私もあそこにあることは知っておったんですけれども、その後どうなっているのかということもわかりませんでしたので行ってみましたけれども、現在、平成五、六年頃までは使っていたんじゃないかということでございますけれども、もう既に10数年、あの研修センターが使われないであるということでございました。私も内容が知りたかったものですから、日本航空の方へ担当者から聞き及ぶように指示をいたしまして、その結果が来ておりますので、参考までにお話しをしたいと存じます。

 閉鎖後、何件か、数件引き合いがあったそうでございますけれども、日本航空の指し値と買い値の方が値段が折り合わなかったということで、売却の成約には至らなくて今回まで来てしまっているということでございます。しかし日本航空としては、今後、改修あるいは取り壊し等何か計画を持っているのかということでございますけれども、施設そのものがかなり老朽化しているということでございまして、この施設を、日本航空としては改修をする考えはないということでございまして、仮に買われる方がおられましても、改築にかなりのお金がかかるんじゃないかということを懸念されておりましたが、そういったことで日本航空としては、最良の場合は取り壊して、さらなる建物を建てたいと、現状のままでは使わないということでございました。

 また、この場所が市街化調整区域でござまして、これを取り壊しても、思うような施設が大変できにくいような場所であるということを指摘されておりまして、私は、中村議員のご提言は確かにあそこにああいうような施設ができれば使えればいいとは思いますけれども、町の税金を使ってあれをやるとなりますと、まず第一に、千葉市のエリアの中にあるということ、昔、それぞれの行政が、子どもたちのために保養所や研修所をつくった時期がございます。これは、バブルの時期でございまして、現在はほとんどができ合いの施設を利用するような時代に入っておりまして、自分でもってそういうような施設運営をするということは大変今の時代は厳しい時代であるということを考えますと、やはりこれは、十分議会の皆さん方と議論をする必要があるんじゃないだろうかということを考えております。ただ、構想そのものは大変私はいい構想ではないかと思っておりますけれども、現実はやはり大変厳しいものがあるという印象を受けましたので、以上を私の答弁といたします。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) もう私も、かつて日本航空の施設部の方に案内していただいて、3度ぐらい中に入れて、見させていただいたことがあります。確かに、研修センターですから部屋は洋室ツインというような感じなんですが、部屋数はかなりあります。確かに老朽化はしていますが、先ほど申し上げましたように、国営企業で惜しみなくそのお金を投入した施設ですから、正直言ってびくともしていないというのが感想であります。ですから、これを即使うということはちょっと無理がありますが、その浴室だとか展望台だとか、その回りに附随する施設、これはすばらしいものがありまして、これを一気に改修してどうこうではなくて、徐々に施設の一部を借り入れたりすることも私はいいんじゃないか。千葉市との合併を盛んに訴えられている方がいますけれども、こうしたことのつながり、交流が発端となって、契機となって、一層その機運が盛り上がってくるとも限らず、私は、そういう面からもぜひ何がしかの形で進めていっていただきたい。幕張の方に土地を求めてそこに施設をつくって町民の方に利用してくださいというわけではないわけですから、倉見陸橋から800メートルという位置にあるわけですから、グラウンドを利用させていただいてキャンプをやるというだけでも、私は、青少年の育成のために非常に役立つんじゃなかろうかというふうに思っております。

 ちょっと質問が全部至りませんが、次に、その?についてでございます。

 これは、私も過去2回、連続してこの問題について取り上げてきたわけですが、本町には、新しく越してこられる方が年々増えていくわけで、親子ともども郷土の歴史や文化、伝統について学び知る機会がほとんどないというのが現状であります。本町にかかわる古代の遺物や古文書はあまりあるほどあるわけですが、こうした資料を一堂に展示できる施設が必要ではなかろうかという思いが私はするわけですけれども、もう一度こういった観点から、そのお考えを町長にお尋ねしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 文化的な施設、それから資料館的な施設、議員は、過去2回にわたって質問されておりますけれども、私どもも、本町がそういった資料館の必要性というのは十分認めておりますし、文化協会の皆さん方からも、早く何とかしてくれと、現在白里小学校ですか、保管している保管状況が大変悪いと、そういうような状況下の中で、やはり昔からの歴史というものは大事にしていかなければいけないということでございますし、そういった観点で、一応資料館、文化的な施設、そういうような面も考えておりますけれども、今、当面まずは取り組まなければいけない問題、これは順位性もございますけれども、そういった面で、今執行部としてもいろいろ頭を痛めているところでございますので、ご理解を賜りたいと思っております。できれば早い時期に文化施設の整備、これは大変大事なことであろうということは認識しているところでございます。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) 私は、先ほど申し上げましたように、こうした施設というのは、立派にすればするほど近寄りがたくなるんです。それで、飽きがくるんです。そういった、仕事上得た点から申し上げますと、なるべく自然の中に自然を生かした、お金をかけないで建設した方が、私は末永く利用されると、飽きがこないということも事実なんです。何か行政の方々は、何か予算をかけて立派なものをつくればもうそれでいいんだという考えの方が多いようですけれども、決して今の時代はそうではないんです。特にこの地元の山武杉は、これは全国的にも広く知られているわけでして、こうした山武杉などを利用してこういった施設をつくると、木のぬくもりもありますし、温かみもあるわけですから、非常にそういった観点で、町長お金をかけないで、私は取り組んでいただきたい。少なくとも今のあのプレハブのあれよりは、私ははるかにいいんじゃなかろうかという思いがしますので、ぜひそういう観点で前向きに取り組んでいただければというふうな思いがいたします。

 最後に、関東ふれあい道を活用した縣神社、土気城址、南玉の滝等々の自然、史跡、探勝の活性化ということですが、千葉県は、関東ふれあい道ということを設置しまして、この倉見陸橋も取り囲むように設置されているわけです。この関東ふれあい道の設置の趣旨、町とのかかわり、本町を通るルート等について、担当課の方からご説明いただければと思います。



○議長(岡田憲二君) 生涯学習課長、白石孝昭君。

         (生涯学習課長 白石孝昭君 登壇)



◎生涯学習課長(白石孝昭君) お答え申し上げます。

 関東ふれあいの道について、若干説明させていただきます。

 関東ふれあいの道は、首都圏自然歩道の愛称で関東1都6県をめぐる延長1,665キロの長距離自然歩道でございます。千葉県では、史跡や文化財の多い北総・中央地帯、そして外房の海岸線、また房総丘陵の自然林を通って東京湾に達する延長300キロの29コースを設定しております。本町を通るコースは、桜をめでるみちとして、東金駅から八鶴湖、日吉神社、雄蛇ケ池を通り縣神社を抜けて土気駅に達するコース、それから昭和の森を訪ねるみちとして、土気駅より昭和の森、小中池、新治小学校前に達する2つのコースがございます。

 この関東ふれあいの道を活用して自然や史跡を探勝することにより、町の活性化を図ってはどうかというご質問でございます。同じ目的で、現在、町内の自然や文化財などをめぐる仮称でございますが、歴史散歩道のガイドブックの作成を行っております。8キロから13キロほどのコースを11コース設定しておりまして、ご質問の中にありました倉見陸橋や縣神社、南玉の滝、そして小中池も、11コースの中の2コースに含まれております。このほかにも、道祖神やほこらなども案内されており、今年度の完成を目指しているところでございます。関東ふれあいの道を活用してというご質問とは若干異なりますけれども、史跡や名所は網羅されておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) この千葉県の設置した関東ふれあい道のほかに、我が町も、町内に遊歩道の計画を、遊歩道の整備を計画中との話もありますが、そのへんの概況あるいは設置目的なども、ご理解していれば担当課の方からと思いますけれども。



○議長(岡田憲二君) 生涯学習課長、白石孝昭君。

         (生涯学習課長 白石孝昭君 登壇)



◎生涯学習課長(白石孝昭君) お答え申し上げます。

 先ほども申し上げましたけれども、歴史散歩道ということで、町内に点在しておりますほこらなども含めた中で、散歩道を11コース設定しておりますので、ぜひご活用をお願いしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 中村 正君。



◆(中村正君) こうした遊歩道の整備等々によって、この倉見陸橋を中心に私はいろいろな活用ができるんじゃなかろうかと、非常にストレスの多い時代ですから、町民の方々にゆっくりとくつろいでいただけるような、憩いの場の設置が早期に望まれるわけでございます。

 若干時間がありますので、本町のこの文化財センターに関することについての、いかに歴史があるかという、歴史の町であるかということを前回もちょっと触れてみましたが、本町におられる方で、ある小紙に寄稿されたその一節であります。

 「通称季美の森住宅街を中心とする台地一帯は、昭和57年7月から10年有余の歳月をかけて大規模な発掘調査が行われた。その面積は約72ヘクタールに及ぶとのこと、そしてこの広大な土地から出土した遺跡や遺構の何と多いことか。たまたまこの調査報告書を読む機会があり、また当時この発掘に携わり、その整理にあたっていたという調査員さんたちと接触する機会もあって、素人なりに、埋蔵文化財とは先人の残したかけがえのない文化遺産の一つであり、それぞれの時代に先人たちが自然とどうかかわりを持って生活してきたか、またその生活体験を通して生活様式の変遷を推論でき、また実証できる等々、多くの学術的価値を持った貴重な宝であることを再認識した次第である。大網・山田台遺跡群は12の地点からなり、それぞれ次の遺跡名がつけられている。また出土した遺物や遺構から各時代を裏づける多くの資料は、現在山武郡文化財センター(旧山辺小学校跡地)に所蔵されている」ということであります。

 所蔵されている建物が、前回も申し上げましたけれども、プレハブ建ての本当に粗末なところでございますから、そういった歴史的な遺物を収蔵するにはいかがなものかという思いがするわけでございますので、そういう観点から、歴史民俗資料館についての、お金をかけない建設を要望したわけであります。

 最後になりますが、「策士策におぼれる」ということわざもありますが、私は、この策となら心中してもいいと思うぐらいなものであります。自分で言うのもおこがましいわけですけれども、まさにすばらしい政策でございます。私はおぼれても構わないんですが、この策だけはぜひおぼれさせないで、現実のものとして浮かび上がらせて実現して、町民のためにここを有効に活用していただきたいというふうに願っておるわけです。11月の結果、また町長と議論できるかどうかはわかりませんが、もしそういう機会があるならば、引き続いてこのことについてご質問させていただきたいと思います。この問題は、1時間や2時間でとても議論し合えるものではないと私は考えていますので、今すぐどうこうということではございませんが、近々のうちに検討していただいて、1つでも2つでも前向きに対応していただければ幸いだというふうに考えております。

 ちょっと時間がありますが、これで私の質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(岡田憲二君) 以上をもちまして中村 正君の質問を終結いたします。

 暫時休憩いたします。

               午前11時00分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時10分 再開

 出席議員 21名

 欠席議員 なし



○議長(岡田憲二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、高山義則君の発言を許します。

         (高山義則君 登壇 拍手)



◆(高山義則君) 皆さんこんにちは。

 2月議会、6月議会に引き続きまして質問の機会を与えてくださいました議長をはじめ議員の皆さん方には、また町当局に深く感謝申し上げます。

 福祉行政、農業行政、教育行政、消防団の活動について発言席より質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

         (高山義則君 発言席着席)



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) まず、福祉行政について、地域福祉計画、地域福祉活動計画の進捗状況について質問いたします。

 6月議会での私の質問の中で、この両計画は、住民参加なくして策定できませんと申し上げました。平成15年4月より、地域福祉計画に関する社会福祉法の規定の施行に伴い、市町村の行政計画に位置づけられました。したがって、住民参加によるプロセスが重視される計画です。2つの計画は、地域福祉の推進を目的として、互いに補完、補強し合う関係にあります。大網白里町9月広報に、第3回地域福祉計画策定委員会の傍聴者を募集しておりましたが、住民参加の開かれた地域福祉計画策定委員会と評価しております。3月に行った住民アンケート調査の結果については報告を受けていますが、6月から7月にかけて町内5カ所の会場において、地域の悩みや地域の活動を全体テーマとし、さまざまな立場の考え方や地域の皆さんがともに参加し、意見やアイデアを出し合って新しい地域福祉を考えながら、地域住民と町が協力し、また城西国際大学の学生延べ103名のボランティアの応援を受けたタウンミーティングを開催したことは、画期的で合理的な進め方だと認識しております。町と社協が事務局を共有しているものと理解しております。タウンミーティングや関係団体との懇談会を通じ現状の把握と課題の抽出を行ったと聞いております。タウンミーティング及び課題別グループ検討会での地区ごとの状況と現在までの進捗状況を伺います。



○議長(岡田憲二君) 社会福祉児童課長、佐藤重雄君。

         (社会福祉児童課長 佐藤重雄君 登壇)



◎社会福祉児童課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 平成19年度で計画に取り組んでおります地域福祉計画の進捗状況につきましては、本年3月に実施したアンケート調査の結果をもとに、住民の主体的な参画と実行の趣旨を踏まえ、より多くの方々の意見を反映させるために、6月10日から7月8日までに町内5カ所の会場において、地域の悩みや地域の活動を全体テーマとして、また地区別テーマによる住民懇談会を開催し、248名の参加をいただいております。意見の内容と傾向につきましては、主に本町を含め山武地域全体で医療体制が不十分、災害時の障害者への理解と支援、巡回バスの創設、そして小学生の放課後の居場所づくり、行政や社会福祉協議会の各サービスが町民に十分知られていない、また福祉に関する情報提供、相談体制の充実などの内容が、これらの意見が多く寄せられました。

 また、区長会、こども会、町商工会、ボランティア、福祉関係団体など各種団体を対象に51名の方から事前調査シートを提出いただき、それに伴います各種団体の座談会方式による意見交換会を6月30日と7月1日の2日間実施し、44名の参加をいただいております。

 このような各種調査の結果や町民の意見など、地域福祉のニーズに対応できる仕組みづくりや住民主体の計画とするために、計画の基本理念、基本目標など計画の根幹となる事項等について、策定委員による骨子案、検討会議を8月20日と8月24日に開催したところございます。

 今後は、検討会議において協議・検討していただいた骨子の取りまとめを進めるとともに、社会福祉協議会、町民、関係機関のおのおのの役割分担等について素案の作成に向けて協議を重ねてまいります。

 一方、地域福祉計画の策定に合わせて町、社会福祉協議会で進めております地域福祉活動計画の進捗状況につきましては、住民主体の行動計画であることから、6月、7月に地区懇談会を5回、課題別グループ検討会を10回行い、8月12日には、ふれあい福祉大学公開講座を開催し、町内全体の意見をお聞きいたしました。課題別グループ検討会の内容といたしましては、タウンミーティングで発表された意見を踏まえて、地域での子育て支援、緊急時の新旧住民ネットワーク、ひとり暮らし高齢者世帯の見守り支援づくりなど、テーマとなる項目を4つから6つ程度設けて、現状における課題の設定と対応策について話し合い、解決方法を整理してまいりました。

 現在、地域福祉活動計画策定委員会、23名が6つの作業部会に分かれ、住民からの声をもとにしたテーマに基づき、課題及び解決策の再編成、整理、まとめを行い、計画書の中に具現化していく作業に取り組んでいます。今後は、計画骨子案や素案を構成してまいりますが、その過程の中でも常に住民意見を反映させ、今年度末には、住民が主体の地域福祉活動計画を策定してまいるものでございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 住民主体の地域福祉活動計画書を策定するということなので、そのようにお願いいたします。

 また、地域福祉活動計画は、住民自身が5地域の課題別グループ検討会で福祉課題の解決策に取り組みましたが、自らの行動計画策定が社協職員の負担にならないか伺います。



○議長(岡田憲二君) 社会福祉児童課長、佐藤重雄君。

         (社会福祉児童課長 佐藤重雄君 登壇)



◎社会福祉児童課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 ご質問の内容は、地域福祉活動計画の策定が社会福祉協議会職員の負担とならないかとのご質問でございますが、社会福祉協議会は、社会福祉法第109条で地域福祉の推進を図ることを目的とする団体として規定されており、今回策定する地域福祉活動計画につきましても、既に第3次の地域福祉活動計画策定となります。したがいまして、第2次地域福祉活動計画の検証、評価を踏まえまして十分精査いたした上で、地域福祉活動計画策定委員会を立ち上げまして計画的に策定に取り組んでおるところでございます。このように、過去の経験から町が進める地域福祉計画の策定にあたっては、共同事務局となり、町計画との整合性を図りながら、第3次地域福祉活動計画を策定するよう配慮するとともに、第1次地域福祉活動計画の策定時と同様、職員の配置を図るなど、推進体制は緻密でありかつ万全であるものと認識いたしておるところでございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 次に、地域包括支援センターの現状について質問いたします。

 本年4月より包括的支援事業と指定介護予防支援を担う地域包括支援センターが開設されました。地域福祉の充実が期待されております。

 そこで伺いますが、本年4月の開設以来の業務内容と業務実績は、また問題点はあったか、あればどのような問題点があったか、現状においての今後の見通しはどうか、担当課長の答弁をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 健康介護課長、白鳥秀昭君。

         (健康介護課長 白鳥秀昭君 登壇)



◎健康介護課長(白鳥秀昭君) 地域包括支援センターの業務、それから現在までの実績、さらには問題点等ということでお答えをいたします。

 介護保険制度の改正に伴いまして、本町では、平成19年4月から保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの3職種6名体制で地域包括支援センターをスタートさせました。地域で暮らす高齢者の生活を介護、福祉、医療などのさまざまな面から総合的に支援していく5つの業務を行っております。

 1つ目は、介護予防ケアマネジメント事業でございますけれども、65歳以上の方を対象といたしまして、要介護状態になることを予防する特定高齢者施策事業、さらには虚弱高齢者等の介護予防を推進する一般高齢者施策事業を実施しております。特定高齢者施策事業につきましては、運動器の機能向上を目的といたしまして10月より開始いたしますが、現在、対象者の選定を行い、介護予防プラン作成と教室開催の準備を進めているところでございます。また、一般高齢者施策事業につきましては、6月より11月までの6カ月間、保健文化センター、大網白里アリーナ、農村環境改善センターの3会場におきまして健康体操を主とする運動教室を実施しております。6月から8月までの利用者は、延べ248名でございました。

 2つ目の総合相談支援事業でございますが、生活の中での悩みや相談があったときに、介護保険だけでなくさまざまな制度や地域との連携で問題解決に向けての支援を行っております。4月から7月までの相談件数は104件、ひとり暮らしの方や高齢者世帯で老老介護をされている方の相談が多く、具体的には、施設入所、介護方法、認知症の対応、経済的支援、これらが主な内容でございました。

 3つ目の権利擁護事業でございますけれども、財産の管理や契約等に不安があるときに、成年後見制度の申し立てなど手続の支援を行っております。また、虐待の防止や早期発見等についての相談、支援も行っております。4月から7月までの相談件数は、成年後見制度につきましては3件、虐待関係が20件でございました。

 4つ目の包括的・継続的ケアマネジメント支援事業でございます。高齢者の方々が、住みなれた地域で暮らし続けられるよう支援、困難ケースへの対応など、ケアマネージャーへの支援を行っております。4月から7月までの相談件数は、32件でございました。

 最後に、5つ目の指定介護予防支援事業でございますけれども、介護保険制度の新たな認定区分に伴い、要支援1、2に判定された方について介護予防サービスなどの適切な利用を行うことができるよう、心身の状況や置かれている環境などを勘案し、ケアプランを作成しております。ケアプラン作成については、指定介護支援事業所に一部業務委託をしております。4月から7月までのケアプラン作成件数は69件で、そのうち委託件数は40件です。

 地域包括支援センター業務につきましては、4月から5カ月が経過したところでございますけれども、現在のところ大きな問題もなく、ケアプランの作成件数も当初の見込み件数で推移しており、順調に稼働していると思っております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 今、順調に稼働しているということでございますが、虐待関係が20件あるということですが、実数はもっと多いと思われますので、早期発見、虐待防止にさらに対応をお願いいたします。

 次に、庁舎内への手話通訳者の配置について質問いたします。

 堀内町長の事務方針や答弁から、大網白里町は福祉に優しいまちづくりを目指していると思います。しかし当町の窓口には、聴覚障害者のための手話通訳者が配置されておりません。障害を持った方や健常者でも平等の対応が求められると思います。県内の市町村では、常時配置されているところはないようですが、曜日によって配置されているところはあります。現在町では、聴覚障害者に対して手話通訳者の派遣事業を行っていますが、その利用状況及び費用負担について、また今後手話通訳者を配置する計画はありますか、担当課長の答弁をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 社会福祉児童課長、佐藤重雄君。

         (社会福祉児童課長 佐藤重雄君 登壇)



◎社会福祉児童課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 障害者自立支援法の施行に伴い、千葉県聴覚障害者センターの協力を得ながら、平成18年10月から手話通訳者の派遣事業を行っておるところでございます。利用状況につきましては、平成18年度中の6カ月において23件、平成19年度の5カ月におきまして52件の利用がありました。利用目的につきましては、通院時の通訳が35件と最も多く、全体の約47%を占めています。費用負担につきましては、千葉県の方針に沿いながら、今後も利用者負担を求めることなく運営してまいりたいと考えております。

 さて、庁舎内に手話通訳者を設置いたしてはとのご質問でございますが、聴覚に障害を持つ方にとりまして情報を的確に把握する手段として、手話通訳者の必要性は非常に高いものと認識しております。役場への設置につきましては、利用目的が明確となっている派遣事業と比較し、日常生活にとどまらず、広範囲かつ専門的な知識が求められることから、千葉県聴覚障害者協会、町聴覚障害者協会及び手話サークルなどと協議しながら、引き続き検討してまいりたいと考えております。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) ぜひ本町にも、手話通訳者の設置をお願いいたします。

 次に、農業行政についてお伺いいたします。

 本町の農業の現況と将来をどのように展望しているか質問いたします。

 農業従事者の減少、高齢化等で農業を取り巻く環境は年々悪くなっています。このような状況の中で農業従事者が不足することは目に見えております。放置耕作地が増えることにより、環境の悪化も心配されるところです。町ではこのような状況の中で、町の基幹産業でもある農業の現状の把握と将来をどのように展望しているか伺います。



○議長(岡田憲二君) 産業振興課長、木村常雄君。

         (産業振興課長 木村常雄君 登壇)



◎産業振興課長(木村常雄君) お答え申し上げます。

 はじめに、町の基幹産業であります農業の現状についてお答えいたします。

 農水省が発表しました2007年の農業構造動態調査の結果からは、全国の販売農家が、前年より約7万戸減少し、農業就業人口全体では、312万人のうち45.2%の141万人が70歳以上の方々で占め、農家数の減少と高齢化に歯どめがかかっていない状況であります。農家数は、昭和25年から一貫して減り続けておりますが、本町の現状につきましては、平成12年と平成17年の農林業センサスの結果からは、農家数が1,667戸から1,445戸、主業農家が295戸から218戸と減少しておりますが、専業農家につきましては193戸から198戸に増加しておりまして、経営耕地面積別では、5ヘクタール以上の農家が16戸から33戸となりまして、水稲主体の専業農家への土地の集積が進んでいることがうかがえます。

 このような農業の現状を踏まえた上で、今後本町の基幹産業としての農業をどのように展望していくかとのご質問でございますが、現在、戦後最大の農政改革といたしまして、新たな農業農村基本計画に沿って経営所得安定対策等大綱が本年度から実施されておりまして、国を挙げて将来の農業の担い手づくりが急務として進められておりますが、本町といたしましては、国・県の政策方針を踏まえた上で、農業委員会や農業団体と連携を図りながら、第一には農業に対して意欲のある生産者を認定農業者として育成しながら、集落単位やライスセンター等営農集団の法人化や新規就農希望者への支援等多様な担い手づくりに今後も取り組んでいくことが必要と考えております。第二に、顕在化している遊休農地拡大を抑制すべく、担い手を中心とした農地の利用集積を推進させまして、生産基盤として次世代に継承可能な農用地の維持に取り組んでいくことが必要であります。またこれらと並行しまして、担い手以外の販売農家の方々にも、適地適作に応じた多品目の農産物を推奨し、直売やインショップ等多彩な販売経路を活用、検討をいたしまして、安全・安心を前提とした地産地消を推進してまいります。これらの取り組みが結果的に農家の所得の向上を目指し、食と農を軸足とした町の活性化につながるものと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 次に、国の戦後農政の転換としての3対策、これは、品目横断的経営安定対策、環境保全対策、米政策改革推進対策についての町の対応について質問いたします。

 平成14年に、米政策改革大綱が制定されました。米を取り巻く環境の変化に対応して、消費者重視、市場重視の考え方に立った、需要に即応した米づくりの推進を通じた水田農業経営の安定と発展を図るため、需要調整対策、流通制度関連施設施策等の改革に取り組むとあります。こうした中、平成19年度から品目横断的経営安定対策、環境保全対策、米政策改革推進対策の3対策の導入が行われましたが、その内容と、まだ一般農家の方々は知らない人も多いように見受けられましたが、周知はどのように行っていたのかあわせて伺います。



○議長(岡田憲二君) 産業振興課長、木村常雄君。

         (産業振興課長 木村常雄君 登壇)



◎産業振興課長(木村常雄君) お答え申し上げます。

 平成16年度から実施されております米政策改革推進対策を受けまして、本町及びJAでは、平成16年度に水田農業推進協議会を設置いたしまして、県、農政事務所とともに一丸となって農政施策の周知及び水稲生産の効率化を図ってまいりました。その米政策改革推進対策の主施策であります産地づくり対策につきましては、転作大豆、利用集積をその柱とし、農家組合長会議、JA主催の会議においてPRを行っているところでございます。

 次に、平成19年度に実施されました品目横断的経営安定対策でございますが、本年3月15日に開催しました農家組合長会議において、制度説明を行うとともに、同月23日には認定農業者を対象とした制度説明会を、町、水田農業推進協議会、農政事務所と連携し、実施いたしました。またその後も、町、JA、水田農業推進協議会において個別に対応し、行ってきたところでございます。その結果、平成19年度の品目横断的経営安定対策の加入者といたしましては、5名となりました。

 なお、米政策改革推進対策及び品目横断的経営安定対策につきましては、平成17年10月27日に決定されました経営所得安定対策等大綱に伴い、法律事項による制度でありますことから、今後も継続して実施されるものであり、引き続きJA、県、農政事務所と一丸となって施策の浸透、理解に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 3対策のうち、町が対応する環境保全対策、これは、農地・水・環境保全向上対策ですが、これについて町は、何をどう対応するのか、具体的な説明をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 産業振興課長、木村常雄君。

         (産業振興課長 木村常雄君 登壇)



◎産業振興課長(木村常雄君) お答え申し上げます。

 平成17年3月に閣議決定されました「新たな食料・農業・農村基本計画」の重点施策の一つといたしまして、平成19年度から品目横断的経営安定対策、米政策改革推進対策、農地・水・環境保全向上対策の3対策を実施し、農政改革を確実に推進することとしております。

 今回の農政改革は、農業従事者の減少、高齢化、耕作放棄地の増大など、農業、農村が危機的な状況の中で、兼業農家、高齢農家など多様な構成員からなる地域農業の担い手を中心として、地域の合意に基づき再編しようとするものでございます。それは同時に、食料の安定供給のほか、自然環境の保全、良好な景観形成、文化の伝承といった農業、農村の持つ多面的機能の維持、発揮につながるものでございます。これらの状況を踏まえまして、本町といたしましては、現在、瑞穂地区、金谷郷地区、南横川地区、細草6区、7区、8区の6地域につきましては、現在、県協議会の採択を受けまして、地域ぐるみで道路や水路の草刈り、花の植栽等の共同活動を行いまして、農地や農業施設の適切な保全管理に努めております。農地や農業施設は、農作物の生産者だけでなく、大雨時の洪水防止や地下水の涵養、自然豊かな安らぎ、憩いの場などさまざまな役割を果たす地域の大切な財産となっております。この貴重な地域の財産を維持、保全するため、地域のより多くの方々が共同活動に参加し、大網白里町が魅力ある農村になりますよう進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) これらの施策につきましては、一般農業従事者にはまだ十分伝わっていないと思われますので、農家組合長や認定農業者以外にも、今後とも関係団体とも協力しながら周知徹底を図られるようお願いいたします。

 教育行政について伺います。

 小・中学校の空き教室での利用状況について質問いたします。

 少子化が叫ばれている昨今ですが、当町においても、多くの小・中学校で生徒数の減少が見られます。これに伴い、クラスの減少による空き教室が出ると予想されます。空き教室があるとすれば、学童保育や放課後子ども教室等いろいろな利用方法があると思います。現在、各校において空き教室があるのかないのか、その利用状況を伺います。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 小・中学校の空き教室の状況でございますけれども、本町では、小・中学校すべての教室が使用されておりまして、いわゆる空き教室がないのが現状でございます。現在、町内の小・中学校におきましては、きめ細かな指導が行き届くようにと、少人数指導を積極的に推進しております。この指導方法は、算数、数学、英語等を少人数等の集団に分けまして、教室を分散して学習を行うものでございますが、空き教室がないことから各学校では、使用する教室を工夫しながら確保しているのが実情でございます。

 また、学童保育の利用状況につきましては、現在、小学校7校で実施をされておりますけれども、使用されている教室などでは、大網小学校は空き教室がございませんので、シルバー人材センターで実施をしております。大網東小学校につきましても、旧用務室を使用し実施しているような状況でございます。さらに瑞穂小学校につきましては、旧校舎2階の放送室を改修しまして使用し、増穂小学校、白里小学校では、それぞれの幼稚園の教室で実施をしております。また増穂北小学校と季美の森小学校につきましては、体育館の2階の部屋を使用するような状況となっております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 次に、地域安全マップについて質問いたします。

 各小・中学校の通学路は、歩道がなく通行量の多い車道を歩いたり、さくがない排水路わきを歩いたり、また変質者の出没する場所等、登校、下校時において危険な場所が多くあります。また、こども110番の家や子ども見守り隊のいる家等安全な場所もあると思います。このような場所が記載された地域安全マップは、町内全小・中学校で作成されていますか。

 また、児童・生徒の防犯教育についてですが、単なる本による教育だけでなく、いざというときのための実践教育も必要と思われますが、各小・中学校ではどのような対応をしておりますか、答弁をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 はじめに、地域安全マップの関係でございますが、児童・生徒に事件や事故から身を守る知恵や知識を身につけさせることを目的に、危険な場所、安全な場所、さらにはこども110番の家など、危険回避施設の情報を自分たちの目で見て確認させるために、各学校では地図を作成し、校内に掲示をしているところでございます。特に、登下校時で犯罪の起こりそうな場所を周知することで危険を回避することが可能となり、その能力を養う上でも、地域安全マップは効果的なものと考えております。このように、低学年、高学年の発育の差はございますけれども、児童・生徒自身の目線で確認をさせ、自分の身を守る意識を高めることが重要だと考えております。

 次に、いざというときの児童・生徒の防犯教育はということでございますが、各小・中学校では、防犯ブザーや笛の指導とともに、火災や地震による避難訓練、そして不審者が侵入したことを想定いたしました訓練も実施している状況でございます。特に不審者の対策につきましては、警察署の協力をいただきながら、より実践的な訓練を実施しているところでございます。

 また、各学校には刺股等を配備しておりまして、これらの防犯器具の使用訓練も含めまして、児童・生徒、教職員が一体となって取り組んでいるところでございます。さらに昨年度からは、スクールガードリーダーにご尽力をいただきまして、地域ぐるみの学校安全体制の確立に向け努力をしております。このように、今後も保護者や地域の皆様のご理解、ご協力をいただきながら、一層安全で安心な学校づくりを展開してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 今後とも、地域と一体となり児童・生徒の安全確保をお願いいたします。

 次に、食育について質問いたします。

 今、生活習慣の乱れている児童・生徒が多いと聞いております。家庭における食事や睡眠の乱れが大きいと考えられますが、これでは健康な体はできません。体は健康でなければ、幾ら勉強しようとしてもやる気が出ないと思います。スポーツをするにも健康が第一です。人間の体をつくっているのは、40兆とも60兆ともあると言われている細胞です。この細胞をつくっているのは、口から入る食べ物です。特に成長過程にある児童・生徒の健康な体をつくるためには、ちゃんとした食事が大事です。本来家庭で行うべきこととは思いますが、学校において食育はどのように行われていますか、答弁をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 食育につきましては、本町の小・中学校におきまして、特別活動、家庭科、保健体育、社会などの教科と関連をさせまして食育の学習を構成し、実施をしております。その方法では、学級担任が栄養教諭や栄養士と連携をいたしまして、食と健康、食と文化、食と環境などの内容をテーマに、チームティーチングによる方法で実施をしております。また、食生活と習慣面において、朝食をとることの大切さも、この中で指導をしているところでございます。

 子どもたちが健やかに成長していくためには、適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養や睡眠が大切であり、またこうした生活習慣を身につけるためには、家庭の果たす役割が最も重要であるものと考えております。よく体を動かし、よく食べ、よく眠るという子どもの成長期にごく当たり前な基本的生活習慣が昨今乱れており、このような乱れが学習意欲や体力、気力の低下の要因の一つとして指摘をされております。このように、家庭における食事や睡眠などの乱れは、個々の家庭や子どもの問題として見過ごすだけではなく社会全体の問題といたしまして、地域と一体となった取り組みが必要となっております。本町といたしましては、今後も、学校給食の適切な実施と児童・生徒の基本的生活習慣の確立や生活リズムの向上に向けまして、教育の充実を図ってまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 食育は、すべての生活の基本になると思います。PTAと学校が協力しながら、子どもたちが楽しい学校生活を送れるようよろしくお願いいたします。

 最後の項目に入りますが、消防団の活動について、消防団員の確保について質問をいたします。

 町における消防団の果たす役割は、今さら言うまでもありません。消防職員は本業ですが、消防団員は別に本業を持っている中、ボランティアで24時間365日消火活動のため待機状態です。台風が接近すれば、寝ずの警戒体制に入ります。365日住民のために活動されておりますことには、一住民として日頃より感謝しておるところでございます。しかしながら、町の人口の高齢化が叫ばれており、消防団員の高齢化も進んでおります。また町内に若い人の働く場所も少ないことから、若い人が町外へ出てしまい、消防団に入る若い人が少なくなっているのが現状ではないでしょうか。

 現在の消防団の現状と消防団員の確保についての町の対策について、担当課長の答弁をお願いいたします。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 第1点目での、現在の消防団の現状ということでお答えさせていただきます。

 本町の消防団条例によりますと、消防団員の定数は、現在588名でございます。これに対します実団員数は、平成19年8月1日現在で531名となっております。57名の不足となっているのが現状でございます。

 このように、消防団員の確保につきましては、正直申し上げまして非常に苦慮をしているところでございます。またこの問題につきましては、本町のみならず全国的に見ましても、消防団員は減少傾向となっているところでございます。

 次に、2点目の、消防団員の確保対策ということでございますが、大きな理由といたしましては、消防の常備化の進展、人口の過疎化、少子高齢化社会の到来や、産業、就労構造の変化等が大きな要因ではなかろうかと思われます。

 このような現状の中で、本町といたしましても、消防団員の確保対策といたしまして、1点目といたしましては、マスメディア等を積極的に活用した広報の実施が考えられます。これは、消防団に入団してもらうためには、本町におきましては、総務省消防庁から配布されましたポスター、パンフレット、DVD等のほか、本町独自で作成いたしました広報媒体等をあらゆる機会を利用いたしまして積極的に努めているとともに、広報紙等を利用し呼びかけていきたいと考えているところでございます。

 2点目といたしましては、事業所等の協力体制の構築が考えられると思います。現在、消防団員の就業形態は大きく変化してきており、事業所との連携強化を図り、消防団活動への一層の理解と協力を得て、消防団員の確保及び活動環境の充実強化に努めていくものでございます。

 3点目といたしましては、消防団員の処遇等の改善が考えられると思っております。消防団員の処遇の改善につきましては、財政状況が厳しい中ではございますが、団員報酬額及び出動手当額等を必要な単価の引き上げを図ることによりまして、消防団の処遇改善を図り、消防団員の確保につながるよう努めていくことができるのではないかと考えているところでございます。

 4点目といたしましては、表彰・顕彰制度の活用でございます。これは、消防団活動に協力または支援をいただいた区、自治会、団体または事業所等に対しまして、積極的に表彰、顕彰制度を活用し、協力体制の構築または一層の連携強化を図るものでございます。

 5点目といたしましては、消防団員の女性消防団員の必要性でございます。消防団機構改革は、施行された現在におきましては、新たな対応を図らなければならないと考えます。消防団員を確保することは、現状におきまして非常に困難な状況でございますことから、機能別な消防団員といたしまして女性消防団員の導入を本年度から実施したところでございます。

 本町消防団といたしましても、以上5点を重点項目に着眼いたしまして、未来の消防団員の育成はもとより、消防団自体の存在の確立を図り、住民に対し、消防団の重要性を認識していただくことが必要ではないかと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 団員の確保は、大変なことであることはよくわかります。安全なまちづくりのためにも、消防団は必要です。今の答弁の実施が図られて、団員確保が進むことを願っております。

 次に、消防団の行事について質問いたします。

 消防団の行事として、年間どのような目的でどのような行事が組まれているか伺います。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 まず、最初に、消防団の行事の実施につきましては、最終的には、消防団の判断となりますことをご了解いただきたいと思います。消防団の年間の行事でございますが、主なものを申し上げますと、教育訓練、ポンプ操法訓練、非常演習訓練、歳末夜警、出初め式などがございます。

 内容といたしましては、最初に教育訓練でございますが、これは、新入団員や班長、部長などを対象に、消防団活動に必要な規律や消防ポンプなどの消防機器の基本的な操作などについて訓練するものでございます。

 次に、ポンプ操法訓練でございますが、これは、消防の消火活動に必要な基本的な動作や器具、用具の使用法を取得し、技術の向上を図るためのもので、休日及び夜間の訓練を実施し、その仕上げといたしましてポンプ操法大会を実施しているところでございます。

 次に、非常演習訓練でございますが、これは、火災や災害などの非常時を想定し、ポンプの中継訓練など実際に即した訓練を実施するものでございます。

 次に、歳末夜警でございますが、火災の発生しやすい年末に、消防団各班が管轄区域内の巡回、火の元の注意喚起等を行いまして火災の発生を未然に防止すべく、また万一火災等発生した場合には迅速な対応ができるよう実施しているものでございます。

 最後に、消防出初め式でございますが、消防出初め式は、消防団員の士気の高揚、一般住民への防火思想の普及、宣伝を目的とし、新年に実施しております。

 以上が、消防団の主な行事でございますが、消防団の行事につきましては、いずれの行事につきましても、技術の向上、士気の高揚、団結力の強化などの面から重要であるものと認識しているところでございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 今伺いました行事の中のポンプ操法大会ですが、大会1カ月前から週3回、夜7時から10時まで仕事が終わった後、また休日等訓練に参加されております。私は、何度か訓練を見学いたしましたが、団員の皆さんは仕事で疲れているにもかかわらず一生懸命訓練に励んでいる姿を見て、感動いたしました。

 しかし、近隣の市町では、隔年開催を行っているところと、来年度から隔年開催を行うところがあると聞いております。また出初め式においても、室内で行っている消防団もあると聞いております。団員の負担の軽減を図ることにより、団員の確保にもつながるのではないでしょうか。当局の考えを伺います。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 近年、各市町村の消防団におきましては、議員のおっしゃられますように、各行事内容について、従来とは異なった実施方法により実施している例が見受けられるところでございます。これにつきましても消防団の判断となるわけでございますが、それぞれメリット、デメリットがあるものと、考えが持てると思います。

 また、去る8月18日に行われました本年のポンプ操法大会の反省会におきましても、各分団から、操法大会の隔年実施の議論をしたところでございます。最終的には、結論には至らなかったというのが本当のところでございますが、今後、事例調査等を行いまして、町消防団とともに協議・検討をしてまいりたいと考えております。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 次に、ポンプ操法大会の採点方法について伺います。

 ある団員の方からの話ですが、「うちの団は高齢化しているので、速さだけで競うなら、若い者にはかなわない。訓練の指導員から速さだけが点数ではない、型も大事だと聞き、訓練に励みましたが、結果は速さで決まるので、次はやる気が起きない」と言っておりました。私も見学をしておりましたが、優劣はよくわかりませんでした。採点方法は公表されていると聞いております。団員に周知されていないのではないでしょうか。

 また、操法途中で打ち切りになった班がありましたが、90秒ルールを知っていれば、途中でやめることなく最後まで操法演技を行うことができたと思います。これらについて、町の考えを伺います。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 町ポンプ操法大会につきましては、千葉県消防操法実施要綱・要領に基づき実施しているのが現状でございます。その採点方法につきましても、同様でございます。採点方法やルールについて、よく周知すべきではないかということでございますが、この採点の例を申し上げますと、時間だけが増加点でございます。その他の動作等は減点方式となっておりますので、その点で食い違いが見られたものと思います。

 まずは、いずれにいたしましても今後の訓練にあたりましては、山武郡市広域行政組合消防本部南消防署とも協議いたしまして、ポンプ操法訓練の当初に十分周知するなどしてまいりたいと考えておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 高山義則君。



◆(高山義則君) 消防団は、安全なまちづくりに大きく貢献しております。今後とも、町、区、自治会の支援をお願いいたしまして、時間が余りましたが、私の質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(岡田憲二君) 以上をもちまして高山義則君の質問を終結いたします。

 暫時休憩いたします。

 なお、午後1時から再開いたします。

               午後0時07分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時00分 再開

 出席議員 21名

 欠席議員 なし



○議長(岡田憲二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、山田繁子君の発言を許します。

          (山田繁子君 登壇 拍手)



◆(山田繁子君) 皆様こんにちは。あったかハートを町政に、公明党の山田繁子です。平成19年度議員任期最後の一般質問をさせていただきます。

 出生率が6年ぶりに反転した内容が明らかになりました。2006年の合計特殊出生率、1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計平均値が1.32になり、過去最低を記録しました2005年の1.26を上回ったことが、厚生労働省が6月に公表しました。出生率前年比0.06という上げ幅は、実に9年ぶりの高い数値となっております。第2次ベビーブームの1971年から74年以降、ほぼ一貫して下がり続けてきました出生率が回復、反転に向かう兆しとして注目されております。これまで、出生率が下がり続けてきた直接の要因は、晩婚化、晩産化や非婚化の進行等であると言われていますが、国立社会保障・人口問題研究所の全国調査によると、出産をためらう要因として、1つには子育ての中で教育にお金がかかる、2つには高齢出産は嫌、3つには育児の心理的、肉体的負担に耐えられない、4つには仕事に差し支える、5つには健康上の理由、6つには欲しいけれどもできないなどが挙げられており、安心して産み育てられる環境が整えば出生率が上昇する可能性が示されております。

 以上の観点の中で、国も地方も、少子化対策に数多くの支援策をしているところでございますが、こうした支援対策が町民にわかりやすく、また1人も漏れなく利用できますような取り組みなどについて、この9月議会で取り上げさせていただきます。

 これよりは通告に従い質問をさせていただきます。

 はじめに、子育て支援をする取り組みに対して、子育て支援ガイドブックの作成について質問いたします。

 現在、本町における子育て支援の情報は、町の広報紙など、またインターネット上でも公開されておりますが、とかく子育て中のお母さんたちは子育てに追われ、広報紙等のお知らせを正確に把握することは大変難しく、またインターネットを使用できない人も数多くいるのが現状でございます。

 そこで、乳幼児期、青少年期までの幅広い段階ごとに各種支援制度や届け出の仕方、子育てに必要な情報を掲載、加えて家庭での子育てが困難なとき、障害のある子どもの子育て、ひとり親家庭に対する支援対策、相談機関、子育てのための事業等をわかりやすく紹介できる、誰でもわかりやすい情報が得られる子育て支援ガイドブックの作成を提案します。町内全域の公、私立保育所の紹介や公園等の位置、子育て関係施設の位置図等、このような町独自の子育て支援ガイドブックを作成することにより、子育て支援がより多くの関係者の方々に生かされると思いますが、いかがでしょうか。担当課長の答弁を求めます。

 次に、AEDの全公立小・中学校、また保育所、幼稚園への設置と、公共施設への設置推進について質問いたします。

 心肺停止に陥った場合、一刻も早い応急手当が生死を分けますが、心臓の鼓動を回復させるために大きな力を発揮するのが、自動体外式除細動器であります。AEDです。公明党の推進で、2004年7月から、医師の指示がなくとも一般の人が扱えるようになりました。空港や公共施設、スポーツ施設等への設置、普及も急速に進み、心臓突然死を防ぐ救命の道が広がっておりますが、本町の設置への状況は、役場、中央公民館、大網白里アリーナ等に設置されていると聞いておりますが、さらに公共施設への設置を検討するとともに、また町立全小・中学校、保育所、幼稚園にも一日も早い設置を望むものでありますが、いかがでしょうか。お答えください。

 次に、AEDの設置を、地域の不特定多数の方々が利用できる施設に対して、補助制度の導入について質問いたします。

 先日、私の身近な方のご主人が、58歳で急死されました。日頃高血圧だったそうですが、前日まで普通にお勤めに出かけ、その日、勤めに出かけようとして急に倒れ、心肺停止状態になったとのことです。そこで、救急車を依頼しましたが、救急車が来たときには、既に間に合わなかったと伺いました。とても悲しい出来事が身近に起こったことはまことに残念でありましたが、自分の家で使用する場合も含め、また不特定多数の方々が利用する施設への補助制度を実施するなど、設置推進を図ってはいかがでしょうか。担当課長に、実現性のある答弁を求めます。

 以上で、第1回目の質問を終わります。これより発言席にて質問させていただきます。

        (山田繁子君 発言席着席)



○議長(岡田憲二君) 社会福祉児童課長、佐藤重雄君。

         (社会福祉児童課長 佐藤重雄君 登壇)



◎社会福祉児童課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 私の方からは、2点ほどございますので、2点についてお答えをさせていただきます。

 まず、第1点目の、子育て支援ガイドブックの作成についてでございますが、子育て支援に関する情報につきましては、町広報紙及びホームページで周知徹底を図っているほか、住民課及び社会福祉児童課窓口に、乳幼児医療費助成、児童手当などの申請の案内チラシや子育てに関する各種相談窓口の案内チラシを設置しております。子育てに関するサービスの内容等は、毎年のように制度改正等があり、正しい情報を伝えるためには、ホームページ等を活用し、随時更新することが最適と考えているところでございます。

 ご提案のありました子育て支援ガイドブックでございますが、おのおの必要とするサービスが異なることから、個々に必要とするサービス内容を掲載したチラシを窓口に設置し、サービスの案内に努めてまいりたいと考えております。また今後も、町ホームページ等を活用し、子育てに関する多くの皆様方の手助けと育児不安を少しでも解消できるよう、各種制度や相談窓口など、子育てに関する最新の情報提供に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、2点目の、AEDの設置による安全対策の推進についての中での保育所への設置の推進についてという点についてお答えさせていただきます。

 自動体外式除細動器、いわゆるAEDにつきましては、心臓発作発生時における救命率向上に極めて有効なものとされておるところであり、AEDの設置については、その有効性、必要性を十分認識しておるところでございます。しかしながら、1歳未満の乳児に対してはAEDの使用が禁止されていることなどから、保育所へのAEDの設置につきましては、今後、関係各課等と相談いたしながら検討してまいりたいと考えております。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 私の方からは、2番目のAEDの設置による安全対策の推進について、このうちの町立小・中学校、幼稚園への設置の推進についてお答えをさせていただきます。

 AEDの設置につきましては、本町の小学校、中学校、さらには幼稚園の各施設に、ご指摘のとおり、まだAEDが設置されていないのが現状でございます。最近では、全国的にも普及が進み、本町でも、公共施設にAEDが導入されているようになっております。確かに、児童・生徒等について、いつどこでどんな形で事故が発生するか、誰も予想することは不可能なことだと考えております。特に事例では、運動している最中に突然児童・生徒が心肺停止状態に陥り、設置してございましたAEDにより一命を取りとめたということが報告をされております。このような事故が発生した場合には、一刻も早い応急手当が生死を分けることとなりますので、もしもの場合に備えまして、小・中学校や幼稚園に早急にAEDの導入を図る必要があるものと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 私の方からは、補助制度の導入という観点で答弁をさせていただきます。

 AEDの設置につきましては、日本では、心臓が突然とまる心臓突然死が原因で、病院外で年間約3万人が命を奪われていると言われております。このように、心臓突然死、学校、家庭、職場、運動中を問わず、いつでも起こり得るものでございます。この心臓突然死を防ぐ唯一の方法が、議員のおっしゃっておりますように、発作を起こした数分間に心臓への電気ショックを与えるという方法があるわけでございます。その意味でも、AEDは有効な手段であるものと強く認識をしております。町といたしましても、現在、役場本庁舎、中央公民館、大網白里アリーナに各1基ずつ計3基を設置しておりますが、小・中学校、幼稚園、保育所、公共施設などの施設にも早急に設置すべきものと思われますが、不特定多数の人が集まる民間施設等への設置基準につきましては、金額にしても数十万円でございまして、国におきましても特定の商店街の設置程度のものでございます。あまり補助制度の確立が少ない状態でありますが、大変示唆に富んだご意見と受けとめさせていただきまして、関係各課とも協議しながら、事態に即応できるかどうかわかりませんが、今後、研究・検討してまいりたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 山田繁子君。



◆(山田繁子君) これより2回目の質問をさせていただきます。

 子育て支援ガイドブックについてですが、県内におきましては、既に柏市が子育てガイドブックを作成しております。無料配布をしておりまして、A4版50ページ、昨年度に続いて2回目、1万3,000部を発行したと聞いております。中を見ますと、出生前、出生、ゼロ歳、1歳から3歳等子どもの成長に合わせた検索と経済的支援、子どもを預けたい、相談したい等子育ての状況に応じた検索ができるよう工夫しております。子どもを預けるケースでは、保育所や幼稚園の住所、連絡先の一覧表を掲載し、私立幼稚園に入園する場合の入園準備金貸し付け制度など、経済的支援制度を紹介、子どもを安全に遊ばせる場所もまとめ、各公園のお勧めスポットを載せてあります。

 核家族化が進み、子育てに関する相談ができずに悩みを抱え込む問題の解消に向けては、学校関係、家庭、健康の3項目に分類し、不登校や発達障害等相談窓口を紹介、問い合わせの担当課や電話番号を掲載してあります。市児童育成課では、子育て世代が育児に関する情報を得やすいようにしたハンドブックを使って、子育ての負担を少しでも軽減してもらい、楽しんで子どもを育ててもらいたいなどとしているそうです。作成にあたりましては、若いヤングママ等の意見を参考に、ぜひ本町も実現への取り組みを望みますが、もう一度担当課長の答弁を求めます。

 次に、AEDは、突然心肺停止した心臓に電気ショックを与え、もとの状態に戻す救命器具として各地で普及が進み、数多くの救命例が報告されております。ところが、大人用のものでは電流が強すぎ、8歳未満や体重25キログラム未満の児童には使用することができません。このため、小児にも使えるAEDの普及を提案します。小児用電極パッドが使用できるAEDは、電流の強さを大人用の約3分の1に下げる機能を備えております。子どもの除細動に合わせて電気ショックを与えることで、1歳以上8歳未満の小児への緊急時の使用が可能になっております。子どもの命を守る機器が数多く設置され、周囲の大人がいつでも使えるような体制づくりが大事かと思います。

 また、補助制度の導入についてですが、先ほどの答弁の中で、国におきましても特定の補助制度があると伺いましたが、どういう制度か、もう一度答弁を求めます。



○議長(岡田憲二君) 社会福祉児童課長、佐藤重雄君。

         (社会福祉児童課長 佐藤重雄君 登壇)



◎社会福祉児童課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 まず、子育て支援ガイドブックの実現への取り組みについてというご質問でございますが、子育て支援に関する最新情報の提供につきましては、今までどおり町ホームページ及び町広報紙を活用してまいりたいと考えますが、窓口へお越しの方や多くの住民に情報を提供するという観点から、子育て支援ガイドブックの作成につきましてはご提案として受けとめ、今後、関係各課等と相談、協議をいたしまして、また調整等を図りながら研究してまいりたいと考えております。

 それから、もう1点ですが、AEDの設置による安全対策の中での再質問による子どもの命を守るAEDが数多く設置され、周囲の大人がいつでも使えるような体制づくりということでございますが、この点についてお答えさせていただきます。

 AEDの設置につきましては、先ほどお答え申し上げましたとおり、今後関係各課等と協議を重ねてまいりますが、体制づくりにつきましては、子どもの突然死の主な原因は、外傷、溺水、それから窒息死であります。その多くは、日常生活の中で十分注意することで未然に防ぐことができるものであります。保育士の研修では、予防方法や、万が一に備え応急手当と救命処置の研修も行っております。今後も、園児の安全を第一に考えた環境、体制づくりに努めてまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(岡田憲二君) 管理課長、梅原英男君。

         (管理課長 梅原英男君 登壇)



◎管理課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 小児用のAEDの導入にあたりましては、幼い子どもたちのとうとい命を守るためにも必要なものと考えております。今後、幼稚園の園児や小学生低学年が使用できるAED、小児用のAEDの機器も含めまして、リース方法あるいは買い取りのメリット、デメリットを検証いたしまして、小・中学校と幼稚園に分類した機器及び導入の時期につきましても検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 総務課長、北田光夫君。

         (総務課長 北田光夫君 登壇)



◎総務課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 先ほど、国におきましても特定の商店街ということで回答させていただきましたが、補助制度につきましては、商店街の救急救命能力を向上させ、来訪者、地域住民にとって安心・安全な商店街を実現するため、少子高齢化等対応中小商業活性化支援事業を活用してAEDの実施を支援しているというところでございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 山田繁子君。



◆(山田繁子君) 子育て支援の取り組みについてですが、子育て支援ガイドブックの作成について、ぜひ一日も早い取り組みを要望いたします。

 また、AED設置による町民の生命を守る取り組みについて質問いたしましたが、担当課長の前向きな答弁をいただきましたが、町独自の民間への補助制度も考慮に入れて、今後一日も早い取り組みを要望いたしまして、大変残り時間がありますけれども、早いのが私の特技でございまして、もう本当に今年度最後の質問とさせていただきました。ありがとうございます。(拍手)



○議長(岡田憲二君) 以上をもちまして山田繁子君の質問を終結いたします。

 暫時休憩します。

               午後1時24分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時36分 再開

 出席議員 21名

 欠席議員 なし



○議長(岡田憲二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、田中吉夫君の発言を許します。(拍手)

         (田中吉夫君 発言席着席 拍手)



◆(田中吉夫君) 4年間の任期をいただいて、9月定例議会、最後の本会議となりますので、私がふだん疑問に思っていることを、多くの質問事項を通告してありますので、執行部におかれましては、簡潔・明瞭な答弁を期待しまして、直ちに質問に入ります。

 成田空港大網間のバスの運行の可能性についてということでお答えをいただくわけですけれども、この内容については、先般7月18日でしたか、芝山町の方に、総務常任員会でデマンドバスの研修視察ということを実施したわけですけれども、そういう中で、芝山町と松尾、蓮沼ぐらいですかね、蓮沼の道の駅、あれは、大きな道の駅がありますよね、何とかと名前は言うんですよね……

         (「オライはすぬまだよ」と呼ぶ者あり)



◆(田中吉夫君) オライはすぬまですか、何かあそこまで、芝山から成田空港間のシャトルバスといいますか、そういうバスが運行されているということをお聞きしたわけですけれども、私は、今回の質問については、あのバスの延長をしていただくという形もあるんだろうというふうには思いますけれども、新たな民間事業者が参入できるものかどうか、そのへんはわからないところなんですけれども、とにかく今日、団塊の世代と言われる人たちが大量にここで退職をする中で、成田空港までの大網白里町住民のニーズも多く出てくるんではないかというふうに思いますので、質問するわけでございます。

 既に、羽田空港におきましては、大網駅からたしか4時20分でしたかね、4時台のバスが1本ある、5時台にもある。そういう形で、羽田空港まではバスが運行されているわけですね。あれは、民間事業者が全面的にやっていると思うんですけれども、当然採算のラインに乗っているから事業を継続してやられているというふうに思うわけですけれども、同じような形で、成田空港までああいうシャトルバスの運行ができないものか、当局にお尋ねをしていただきたいということで通告をさせていただいたわけですけれども、ご答弁の方をお願いしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 企画政策課長、古山正洋君。

         (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 先般の常任委員会の視察については、私もご同行させていただいて、勉強させていただいたわけですが、その中でのお話の中に、空港シャトルバスもございました。先ほど、議員からの説明の中では、蓮沼というようなことがございましたが、成田空港と横芝の海岸を結ぶということで、もう少し距離が長いのかなと、そしてまた協議会を構成している市町村が、芝山町、旧松尾町、旧横芝町、旧蓮沼村という団体が組織をいたしまして、芝山鉄道が延伸されるまでの生活路線の確保という観点から、関係団体が出資してバスを運行しているということであるというふうに私どもは伺ったところでございます。

 そのような中で、本町と成田空港を結ぶバス路線でございますが、基本的には、本町と成田市がどういうつながりを持っているのかということが基本にあるのかというふうに思います。これについては、平成17年の国勢調査の結果報告を見ますと、本町に常住する就業・通学者数2万6,186人ほどいるわけでございますが、その中で成田市へ通勤・通学する者204人、0.78%という、そういうつながりで、特に強いつながりというのはないのかというふうに思います。しかしながら近年、海外渡航が身近になっているということもございます。生活路線としての必要性というよりは、利便性という観点から、バス事業者等にも話をしてまいりたいというふうに思っております。ちなみに、羽田空港のお話も出ましたが、羽田の利用者数は6,000万人、成田が3,000万人という、そういう違いもあるわけでございますが、今後、先ほど申しましたように、利便性という観点から、バス会社等に話をしてまいりたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) お答えをいただきましたけれども、バス会社等に今後話を進めていただけるという内容ではありますけれども、私は、もう少し突っ込んだ話をさせていただきたいと思いますけれども、運行の経路とすれば、東金街道といいますか、126号線ですね。それから128号線を経由して本町を通って、さらに私は、茂原市ぐらいまで協議を広げていただく中で、この話の実現性がより可能な形になっていくのかというふうに思いますけれども、今、茂原市と協議したとかしないとかというお話は多分ないと思いますけれども、今後の実現可能性ということになれば、茂原市ぐらいを始発点とした中で、成田空港まで行くシャトルバスですか、本町から、何ですか、成田方面に通勤等をしているというのは204人ぐらいしかいないということですから、そちらの方の利用度という形にすればかなり低いものですから、それは大変難しいのかというふうには思いますけれども、私は、要するにこれから外国旅行の需要が本町、茂原市あたりも含めてどんどん出てくるのかという観点で、そういうことのお願いを当局にしていただきたいということをお話ししたわけですけれども、茂原市あたりとの協議とか、そのへんのことを含めて、もう一度ご答弁いただければお願いしたいと思いますけれども。



○議長(岡田憲二君) 企画政策課長、古山正洋君。

         (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 このバスの開設にあたりましては、関係市町村の協力といいますか、理解も十分必要だというふうには思いますが、やはり交通事業者の考え方も非常に重要ではないか。事業者も、まずは需要調査、そういうところから入りたいというような考え方を持っておりますので、これまで東京、羽田も行っている関係上、いろいろな調査もしているみたいでございますので、もうしばらくその方向といいますか、その調査を見守っていきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) もうしばらく見守っていきたいということでございますので、私も、何とかこの席でもう一遍このことを質問するべく今後の数カ月努力をしていきたいというふうに思いますので、そして何とかもう一遍企画政策課長にお願いを、いいご答弁を期待したいと思います。

 それでは、次の質問に移りますけれども、永田駅東口開設の可能性についてということの質問なんですけれども、あそこの永田駅というのは、もう1年以上前ですかね、あそこの残地といいますか、空き地になっていた大手ディベロッパーが所有していたところのすべての分譲地について、入札ということで民間の中小の業者が落札をしまして、今全部あの残地になっている空き地を売りに出しているような状況の中にあるわけですけれども、本町の掲げます人口増加政策、これが当然、本町の掲げている政策であると思いますので、東口を開設することによってそういうことにも寄与していくんではないかというふうに思うわけですけれども、私は素人考えでありますから、専門家のJRの会社の考え方というのは全くわからないんですけれども、東口にネットフェンスのようなものがずっと張りめぐらされてあるわけですけれども、あそこのところに単純な改札口ですよね、ああいうものをつくっていただくことによってその人権費を増やすということが無人の改札口で対応できないものなのかというふうに思ったんで質問しているわけですけれども、同僚議員が、あそこに雨天の際の屋根をつけたらどうかとか、そういう質問もされていましたけれども、今回私は、そういうことには触れないで、東口の出入り口の開設ができないものかということで質問しているわけです。そして、あそこの永田駅について言いますと、東側ですね、駅の下側といいますか、あそこのところにはメーンストリートが建設されていまして、駅前のロータリーというものが既にでき上がっていますよね。そしてその真ん中は今、花壇のような形で非常に整備された状態で、駅前広場などももう既にでき上がっているということがありますので、私はむしろ、東口の方が将来的には表口になっていくような、そういう設計がもう既にされているのではないのかというふうに感じましたのでお聞きするわけですけれども、担当課長、ご答弁をお願いします。



○議長(岡田憲二君) 企画政策課長、古山正洋君。

         (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 永田駅東口の改札の設置についてということでございます。外房線沿線の駅関係の要望については、毎年千葉県が主体となって関係市町村と組織しています千葉県JR線複線化等促進期成同盟、これらの組織を通しましてJR東日本に要望しているということがございます。したがいまして、永田駅についても4点、その中の1点として東口改札口の設置については要望をしているところでございます。これとは別に、平成18年、昨年の7月でございますが、個別にJR東日本と協議した経緯もございますが、この中でのJRの考えといたしましては、改札口を増やすことによって1名の増員が考えられるので、新たな改札口は設けないというようなのが基本という回答でございました。これらの現状も考えますと、駅の東口改札の設置はかなり厳しいといいますか、難しい状況ではございますが、引き続き、先ほど申しました組織、そしてまた個別にJRに要望してまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 非常に厳しいんだという内容のご答弁ですけれども、人件費が増えるということが一番懸念していることなんですかね。町側からすれば、東口というのは非常に重要な位置を占めているというふうに私は思うわけですけれども。駅前ロータリーも既に完成しているということを先ほど申しましたけれども、そのへんもある中で、駅前ロータリーというのは、あれは多分、真ん中のロータリーの花壇にしているところなどは町有地として登記されているんではないかというふうに思いますけれども、そのへんを考えれば、町としては東口開設、本当に私は、人間が1人通れるような、そういう切符をチェックするような、今はもう自動で全部やるんじゃないかと思うんですけれども、人件費ということを自動でやれば要らないんじゃないかと私は思うわけですけれども、それはJR当局の考え方ですので、ここの質問は、このことについては答弁は求めないということで、引き続き町に対しては強い要望をしていただきたいということを申し上げて、次の質問に入りたいと思います。

 これは3番です。

 増穂地区内道路及び交差点改良についてということで質問するわけですけれども、増穂地区というのは私の出身の、増穂小学校の出身でございますので、特に増穂地区のことは、私自身は気にかかることがありますので、特に取り上げをさせていただきました。柳橋信号交差点改良についてということで、さらに申し上げるならば、柳橋は私の生まれたところでございますので、質問をさせていただくということでございます。柳橋の準県の信号の交差点なんですけれども、あそこのところは、あの県道の形態を皆さん通って感じていることだろうと思うんですけれども、あそこは、もとは郵便局がありまして、その先にはパチンコ屋さんができているわけですけれども、あのへんからS型にカーブしているんですね。ですから非常に出るのに危険性がありまして、命がけで、あそこを民間の住宅から出てくるには大変見通しが悪いということで、私はあえて取り上げたわけですが、そこのところの交差点からパチンコ屋さんがありますから、そのへんのところまでの歩道整備ということで、これは、県当局が当然予算化をしていく形になると思うわけですけれども、町としては、どういうふうな形の中で今後県当局の方にお願いをしていくのかということなんですけれども、つい去年ですか、今年のはじめなんですか、あの福田の一番難所であったところ、あそこのところの歩道は、県が整備をしまして大変見通しもよくなったということですから、パチンコ店のところのあそこのS型も、私はもう事業化をしていただきたいというふうに思いまして質問をさせていただきました。

 それから、もう1点、ロとして準県道入り口付近の歩道整備ということで、現在の大網白里間の県道から準県道ということで北側の方に入る準県道があるわけですけれども、そこのところも、町の既に発表しています都市マスタープランの中では、歩道が全線整備されるということで位置づけられていると思うんですけれども、そういう中で、交差点改良という形の中で、あそこはお墓がありますよね。お墓のところぐらいまででも、歩道整備、交差点改良という中でできないものかということで建設課にお尋ねしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えいたします。

 議員ご質問のとおり、主要地方道山田台大網白里線、こちらの管理につきましては、県の出先でございます山武地域整備センター、こちらの方で整備及び管理をしているところでございます。毎年継続して整備に取り組んでいただいているところでございますけれども、本年度につきましては、駒込地区の交差点改良を含めた歩道整備、こちらの方の用地等の買収に向けた調整を現在図っていただいているところでございます。また、南今泉の農村環境改善センター、この交差点付近の改良、これを継続して進めていただいております。また、ほかの地区でやはり今後整備に向けた調査を進めるということは聞いております。

 ご質問のありました箇所につきましても、毎年千葉県の方へ整備の要望をお願いしているところでございます。S字カーブ箇所の部分整備のお話、こちらの方も、また再度県の方に早期事業化に向けて要望してまいりたいと考えております。

 また、一般県道の正気茂原線、これの東金方向への部分的な歩道の整備ということも、議員の方からご質問を今いただきましたけれども、こちらについても県の方にお伝えいたしまして、また地権者の方々のご協力を得られるような形をとるべく、町といたしましても協力してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 県の方には要望をきちんとしているというご答弁なんですけれども、なかなか県の方も、厳しい財政状況の中での実現性ということですから、大変だとは思いますけれども、引き続き強い要望を町当局はしていただきたいというふうに思います。それから、そのロについて、入り口付近の歩道整備ということで、先ほど課長の答弁がありましたけれども、地権者に理解をしていただかなければいけないということの内容のご答弁がありましたけれども、私の聞いている限りでは、地権者の理解は多分得られるんではないかというふうに思いますので、地権者の気持ちの変わらないうちに、ひとつ県の方にぜひ強い要望をしていただきたいというふうに思います。そのへんの決意のほどをもう一遍聞きたいんですけれども、ご答弁いただきましたから、次の質問に入ります。

 ?として、木崎から柳橋に入る道路の拡幅整備についてということで、木崎のあそこは太政大神宮からちょっと100メートルぐらい上に来たところの道路になりますけれども、県道との交差点があるわけですけれども、あそこにつきましては、先般、この秋になってからでしょうか、地元区長から何名ぐらいの署名があったかちょっとわかりませんけれども、おそらく私は数百名単位だというふうに思いますけれども、そういうその署名簿をつけた形の中で、途中に美容院があるんですけれども、ぜひそのへんまでの拡幅をお願いしたいということでの要望書が提出されたとは思うんですけれども、それについて町がどういうお考えなのかという質問になりますけれども、あそこの部分につきましては、私も、平成11年に議席を得まして、直ちにその部分の質問をさせていただく中で、待避所を2カ所建設していただいたという経緯もあります。ですから、その待避所で一定の恩恵は受けているというふうな考え方は私も持っていますけれども、さらに地元の区長の要望は、全部中間までで美容院のところまで拡幅してほしいという要望書が出ているわけですから、町当局、建設課としてはどういうお考えなのか、答弁をしていただきたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えいたします。

 主要地方道の山田台大網白里線、それの城南電設わきになるかと思いますが、そちらから議員のおっしゃいました美容室に向かう町道の整備ということでございますけれども、以前から道路拡幅の整備要望はいただいておりましたが、延長が長く事業費も莫大になるということで早期の整備は困難という中で、待避所の方を2カ所設置させていただいたものでございます。この待避所につきましても、当初計画では3カ所ということで考えたわけでございますけれども、やはり、場所の選定の中で3カ所の設置は困難という中で、地元の木崎地区、柳橋地区、そちらの自治会と協議をいたしまして、2カ所を整備したところでございます。

 増穂地区におきましても、道路改良、かなりの箇所の整備要望が上がってきておりますので、その中の緊急性等をかんがみまして、今後整備の検討を進めたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 緊急性をかんがみましてということですね。緊急性ということの中には入るのか入らないのかわかりませんけれども、当初計画では、3カ所の待避所がつくられるというような計画だったというふうに聞いている中で、2カ所しかつくっていないわけですけれども、そのときにその1カ所をつくるべく予算措置をした中で、境界調査といいますか、境界確定の作業に入ったときに、地権者の理解が得られなかったというふうに私は聞いているわけですけれども、そのへん、あれから平成11年からもう19年になるわけですから、もう一遍地権者の方に相談に行きながら、当初計画のとおりもう1カ所待避所をつくるということは可能なんじゃないかと、全線整備というのは莫大な予算がかかるというご答弁ですので、そのへんもう1カ所を何とかできないものか、お答えをいただきたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) 以前、待避所を設置したときの状況といたしましては、議員ご指摘のとおりでございます。

 今後1カ所の追加ということでございますけれども、設置場所等のネックが解消されるものでありましたら、整備の方の検討を進めたいと考えるところでございます。

 過去に設置いたしました2カ所の待避所につきましては、用地買収等伴わない中での設置でございますので、同様の条件がそろいますれば整備の検討を進めたいと考えます。

 以上です。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 待避所については地権者の理解が得られればやっていただけるというようなご答弁と理解をして、ぜひそのへんを進めていただきたいというふうに要望をいたします。

 次の質問ですけれども、また信号はないですけれども、交差点ということなんですけれども、北飯塚バス停の交差点改良についてということで、あそこの部分については、平成12年でしたかね、あの道路に関しては、産業建設常任委員会において、道路整備の請願ですかね、陳情ではなかったと思いますけれども、請願採択をするという形が既にあると思うんですけれども、あれも全線ということになりますと、奥の方までということになるとかなりの長さになりますから、莫大な事業費ということは確かに言えるわけですけれども、まずは、非常にあそこのところを南の方から出るときにマキの塀がありまして、非常に出にくい、右も左も非常に出にくい、見通しが悪い交差点というふうになっていますから、アールに拡幅するような形で、南側に50メートルぐらい行ったところに排水路が、構造物が入る中での排水路があると思うんですけれども、あのへんぐらいまでの交差点改良ということができないものかということでお聞きするわけですけれども、町当局のお考えを聞かせてください。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) ご質問の山田台大網白里線、北飯塚バス停付近の町道の改良、またそこの交差点の改良ということでございますけれども、あのあたり、また県道の歩道整備の問題もございます。そういう中で交差点を改良するとなりますと、県との協議あるいは警察との協議、そういった中で可能かどうかの判断が出てくるものと思われます。現在、増穂地区で交差点の改良といたしまして、大網白里アリーナ入り口の方を県の方で整備に向けて検討していただいているところでございます。そういう中で、県道との交差点改良の整備、こちらの方の優先順位を考えまして、検討させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 県道側の歩道整備とあわせて考えていかなければいけない、ごもっともだと思うんですけれども、町としてできることは、町道側だけ、南の方に私が先ほど申し上げました排水路が整備されている部分があるんですけれども、そのカルバートは既にもう設置されていましてきちんと整備されていますから、そのへんまでのところの整備ということで私はお聞きしているんですけれども、歩道の整備ということとあわせてということのご答弁ではありますけれども、町道側の整備ですね。このへんをやっていただければ、南側から出るのに非常に車が出やすくなってくる。現在は、今、乗用車というのは前の方がずっと前に出るような形になりますので、運転席というのは2メートルぐらい後から眺めるような形になりますから、あそこのところはかなり県道側に前の部分をせり出していかないと、右折、左折の確認がとれないような見通しの状況になっていますよね。ですから、事故が起きてからでは遅いわけですから、もう少しあの部分について請願採択を、あの道路の部分ではたしか平成12年だと私は記憶しているんですけれども、整備については採択をしているという形がありますので、もう少し突っ込んだ答弁をいただきたいんですけれども、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) やはり町道の出口、こちらの方の改良ということになりますと、やはり県道との交差点、こちらの方の改良という形でのとらえ方になってまいります。また、県道の歩道が、あそこも整備されておりませんので、それとの一体の整備ということが本来の形ではないかというように考えるわけでございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) あまり踏み込んだ答弁にはなりませんけれども、とにかくこの席のこのマイクを通じて、しっかりと私の方の形として要望しておきますので、地元からの強い要望がございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 次に、とにかく私のお話ししていることは、町当局が物すごい莫大な予算のいるようなお話ばかりなんですけれども、さらにこの部分は大変なのかというふうになるわけですけれども、柿餅の信号交差点の改良ということでお聞きをするわけですけれども、あそこの場所は、今年度からですか、駐在所が交番に昇格をするという形の中で、あの南、奥100メートルぐらいですか、交番ができ上がったということで、6人の警察官が3交替制ですかね、そういうことで町の治安を、特に増穂地区の治安を守っているという形もでき上がっていますし、さらにあの奥は、増穂小学校、増穂中学校、さらに増穂幼稚園、そういうものがある非常に重要な、中間地帯にしたら最重要な交差点ではないのかというふうに思いますけれども、特に、あそこの場所については今、弥幾野から大網駅に向かって路線バスが走っているわけですけれども、私の考えでは、あそこは本来ならば路線バスの通過点になるんではないのかと、しかしながら、あそこの交差点が非常に左に曲がるのに、弥幾野の方面から来ますと、南側から出ますときに非常に直角のカーブがあって、路線バスが曲がるのに困難なために、私は、右の方に行って中部コミュニティセンター経由で大網駅まで路線バスが通過をしているような状況があるというふうに思いますので、ぜひともあの交差点の改良については実現をしていただきたいと思うんですけれども、ついこの間まであそこのところは、私が小学校に上がっているときから、小学校のときからですから、酒屋さんといいますか、雑貨屋さんといいますか、お店がずっと開業していて、何十年にわたって商売をされていたお店があるわけですけれども、ここ二、三年前からシャッターを閉めて閉店をしているような状況にありますね。そういうような中で、一定のその理解を得るには、そういう条件が少し整ってきたのかというふうに思うわけですけれども、あそこにつきましては、交差点改良ということになりますと交差点を上の方に少しずらしていくような改良が可能なのかというふうに、私は、あそこを毎日のように通っていますから見ていますけれども、上の方にずらす中で、当然その民間の方のご理解を得られなければいけないことなんですけれども、あの県道から北の方に入るところについては、地元の方はご存知の方がほとんどだと思うんですけれども、昔、魚屋さんがあったんですね、あそこのところに。魚屋さんが移転する中で、そこのところの宅地であったところを一部県で買収して、既にその用地が確保されているというふうに私は考えています。それから、北側につきましては一軒も家はないわけですから、田んぼとその魚屋さんの跡地の余剰地、県有地がありますから、私の考えでは、右折車線を県側にお願いして整備をする中で交差点改良ということにしますと、非常にあのへんの利便性が増してくるんではないのかということで、この質問をしているわけです。一遍、県の方とも協議をするという内容はあると思いますけれども、先ほど、町民体育館の入り口の交差点は右折車線ができるというような形の中で、既にその整備の方向で計画をしているということがあるわけですけれども、あそこのところについては多分、私は、県当局は随分話がわかることをやってくれるなというふうに思いましたけれども、町の要するにあそこの町民体育館で、2年後ですか、3年後になるんですか、千葉県の国民体育大会ですか、国体が開かれる中で、バレーの会場にももう既に決定をしているということがあるから優先的な整備をされるのかというふうにも思いますけれども、あそこは、柿餅の交差点というのは、ああいう南から来てあそこで、「ウナギの寝床」という言い方がありますけれども、入り口がぐーとこの3メートルぐらいですか、2メートルぐらいですか、絞れている状態になっていますよね。ですから私は、ぜひとも町当局が威信をかけてでも、あの整備、交差点改良というのは、私はやるべきだというふうに考えるわけですけれども、そのへん前向きな答弁を期待しまして、ひとつ建設課長、よろしくお願いします。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えいたします。

 柿餅地区の交差点でございますけれども、やはり私どもといたしましても、増穂地区の要衝交差点ということで整備の必要性は高いと認識をしております。ご質問でお話をいただきました県道への下りの右折車線、また町道の道路拡幅ということでございますけれども、改良にあたりましては、県道と一体となった整備、また上貝塚方面へ向かうところに関しましては、道路の完全なつけかえになろうかと思います。そういったことから、広範な用地取得が必要になってまいりますけれども、千葉県が交差点改良に入る時期、そのようなものを判断した中では、町といたしましても、連携して整備を図ってまいりたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 千葉県が交差点改良に入る時期まで待っているということなんですけれども、町当局として積極的に、あれは千葉県の方にお願いをする中で、ぜひその整備を進める方向で、私はやっていただきたいと思います。私も、ここで強い要望を口にするのは、チャンスがあるのかないのか、この後については神のみぞ知るということですから、ひとつ今回のこの席で、ぜひとも町当局にお願いをしておきますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それから、次の質問です。?についてです。

 これは、スーパーハヤシからセブンイレブンに至る県道の歩道整備についてという通告をしてあるんですけれども、これは、ちょっとこのセブンイレブンのところまでですと、ローソンの間からセブンイレブンまでは歩道整備が既にされていますよね。ただ、あの歩道の広さでいいのかどうか、そのへんは、私は設計上のことはわかりませんけれども、一定の整備はされているということで、ハヤシからそのローソンに至る歩道整備は、私は、富田地区の皆さんは、歩道を整備されることを一日千秋の思いで待っている場所ではないのかなと。そしてずっとあれは、もう10年も15年も前からあそこに歩道がつくんですよ、整備するんですよということは地権者に説明しているというふうに私は聞いているんですけれども、そのへん、整備がもう早期に可能なのかどうか。地権者に対して買収を含めた整備をしていくのか、あそこのところは、たしか両総用水のU字溝がずっと県道のわきに走っているはずですから、そのへんを入れかえする中で歩道にしていくという形の中で整備が可能だとも思いますけれども、それではその歩道の部分の広さというか、幅が足りないものなのかどうか、どういうことのお考えなのか、お聞きをしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) ご質問いただきましたスーパーハヤシからローソンまでということでよろしいでしょうか。

         (「そうです」と呼ぶ者あり)



◎建設課長(田口雅之君) はい。そちらにつきましての整備の状況につきまして、山武地域整備センターに状況を聞いてまいりました。その中では、前後の歩道と同様な幅員を確保するためにはどうしても用地買収がやはり必要になるという中で、現状では、スーパーハヤシの前で歩道整備がとまっている状況でございます。当時の歩道整備計画の際に、ご質問の区間の土地所有者の方にお話をした中で、用地買収のご協力が得られなかったということがあるそうでございます。その中で、私ども町からも、また地域からも整備センターの方に要望してきたわけなんでございますけれども、整備センターといたしましても、歩行者が危険な状況で通行しているということは十分認識をしているということでございます。そのような中で、両総用水の敷地と道路用地、それを含めた中で、本来的な幅は確保できませんが、用水路をふたつきの排水構造物に入れかえる、このような方法で、その上を歩行者が歩けるような計画、これを現在進めているということでございます。年内には、境界立ち会い、また境界立ち会いの結果によりまして、設計等に入っていきたいというように県の方から聞いております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) あそこの部分に関しては、境界立ち会いまで進めていくというようなお答えでございますので、ぜひとも町としても、県の方に強い要望をしていただきたいと思います。

 次の質問に入りますけれども、増穂地区内排水路整備についてということで、?、?がありますけれども、富田東地区内の中心部排水路整備について。

 あそこの富田東地区というところは、非常に排水の悪いというところで、増穂地区でも一番排水が今まで苦労していたところだというふうに私は思っていますけれども、あの中心部に、上から下といいますか、西から東に向けてずっと排水路があるわけですけれども、あそこの部分については、その排水路は、非常にどぶのような状況に現在までなっていたと思うんですけれども、近年では、町当局が一生懸命に整備をした中で、下水道が100パーセントではないですけれども、ほとんどのところが、下水道整備がもうされているんじゃないかと私は思うんですけれども、あれは、県道から入るところが、たしか私道によって道路が5本ほどあの排水路に向かって入っていますけれども、その中の1本の両わきぐらいしかもう面整備されていないところはないんじゃないのかな、2本ぐらいあるんですかね、ちょっとそのへんのところは私もはっきりしないんですけれども、今後、面整備は数年のうち、あるいは1年ぐらいで完成が可能なような気がするんですけれども、順次整備していますよね。

 そういう中で、どうしてもあの排水路の整備というのは、私はもっと早くからやらなければいけない状況があると思うんですけれども、あの排水路のわきに6メートル道路で民間事業者がかなりの住宅街を造成しましたよね。ですからそっちの方は、下水道は入っている場所と入っていないところがあると思うんですけれども、民間事業者が整備をしたところは、合併浄化槽によって完全に浄化されたものがあの排水路に放流されているという状況になっていますから、もうカルバートを入れて整備してもいい時期に私は来ているというふうに思うんですけれども、下流につきましては、地元の方はご存知の方が多いと思いますけれども、ハヤシスーパーができて、あのハヤシスーパーの中を分断するような形で、柿餅の池にたしかあれは入っていますよね、あの排水経路は。そして、その排水経路がさらに下の排水路に流れ込んでいるわけですけれども、先般の議会ですか、6月定例でありましたか、2月定例でしたか、そこに柿餅の池から排水路に至る50メートルぐらいのところだと思うんですけれども、あそこのところを整備するという形の中で、陳情が本会議の中で採択をされるということになっていますから、そのへんの中で排水経路がずっと下の方は整ってきたのかというふうに私は思うんですけれども、今までそのどぶのような状況の中で整備をすると、あれは農家の田んぼの中にも排水経路が入る形になっていますので、下の区は柿餅区ですよね。そのへんとの協議もなかなか整うということは大変だったのかとは思いますけれども、現在、もう既にその面整備が相当進んでいるという中で、ぜひとも実現しなければいけないことだというふうに思いますから、建設課の方の答弁をお願いしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) 富田東地区の雨水排水路につきましては、議員ご指摘のとおり、やはり水質汚濁の問題から、下流地区との調整の方がつきませんで、整備が遅れてきたという事情がございます。そういう中で、先ほど、議員お話をされました議会で柿餅地区内の下流にあたる水路、こちらの方の整備要望ということで議会で採択されております。そういったことを考えますと、柿餅地区でも一定の理解をしてきたのかと、下水道につきましても、相当な率で水洗化率が上がってきているということでございますので、柿餅地区、富田東地区、こちらとの協議・調整を行いまして、双方の理解が得られた中では、排水路全体の整備計画、こちらの方を立ててまいりたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 柿餅の方と十分協議をしまして、整備計画、これを早期実施ということを私の方から要望いたしまして、?の方の質問に入りたいと思います。

 これは、私の生まれ故郷、柳橋下ノ台地区の排水路整備についてということでございますので、このことについては、一応場所については通告のときにお話をしてありますので、答弁者はわかっていると思うんですけれども、ここについては、平成13年だと思うんですけれども、この排水路整備の請願が既に採択をされているという状況の中で、私は今まで議員の任期をいただいて、平成19年に今至るわけですけれども、何の進展もないということですので、今回の質問でぜひともさせていただかなければいけない内容になっているというふうに思いましたので、質問をさせていただいたわけです。

 それで、これは、雑排水がやはりあそこは住宅街の中に横断している排水路でございますので、流れ込むという中で、地元の農家の方からぜひともコンクリート柵渠による整備ですね、そういうものを整備してほしいという強い要望があるんです。先般の通告のときに、担当者の方とお話をしたときには、あそこはよく流れているよというようなことを言われたわけですけれども、決してそうではないと思うんですけれども、全線を何か見ていないような気がするんですけれども、あそこは、柳橋のあの排水路は、私は分水嶺になっているというふうに思っているんですけれども、長国の湛水防除事業がもう既に完成をしているわけですけれども、あの長国の湛水防除事業の完成したあのポンプ場のところまで行く排水の経路と、南白亀川のわきを通って九十根の堰の下に落ちる排水の経路というふうに、両方に何か流れるような気が私はしているんですけれども、そこのところの整備ですね。その請願採択というのは非常に重いものというふうに受けとめていただきたいと私は思うんですけれども、そういうことをきちんと実現に向けて、どういうふうなお考えで今現在町は進めようとしているのか、お聞きをしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 建設課長、田口雅之君。

         (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えいたします。

 私どもは、議会採択された案件につきましては非常に重いものというようにとらえておりまして、なかなかすべてを同時に整備することは困難でございますけれども、順次整備の方を進めてきているところでございます。議員ご質問の水路でございますけれども、こちらにつきましては、下流部の南白亀川の副排水路、こちらの方からの改修が必要になるんではないかというように考えてきております。そのような中で、相当な事業費が見込まれるということから、早期の事業化の方は図れなかった状況でございます。

 また、当地区のこの水路に隣接する地域、開発地域でございますけれども、そちらの方から雨水排水整備の要望、こちらの方も多々いただいておる状況でございます。そのような雨水排水をこの水路に流入させるためには、排水路の日常の維持管理を行っていただいております地元農家組合との協議・調整が必要になるところでございます。地区においてお話し合いは進めてきていただいておりますけれども、町といたしましても、両者のお話し合い、そちらの方の進捗を図れるように努力してまいりたいというように考えてございます。

 以上でございます。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 町としても、地元農家組合との話し合いがまだ残っているということですから、そのへんもしっかり話し合いをしながら進めていただきたいと思います。

 次に、最後の質問になるわけですけれども、これは、私は、医療センターの問題は、議会の中でも何遍も質問に立っている経緯はございますけれども、たまたま今回取り上げさせていただいたというのは、広報の8月号を見せていただいているわけですけれども、ここに、安心できる地域医療を目指して検討が進む医療センターということで、これは、全町民に配られた内容でございますので、そういうものを見た中で質問をするわけですけれども、先般、これは7月6日ですか、山武市成東文化会館のぎくプラザというところで、山武郡市議会議員研修会ということがあったわけですけれども、その中で、副町長はお見えになっていたと思うんですけれども、町長は多分欠席されていたのかと……

         (「議事録を拝見しています」と呼ぶ者あり)



◆(田中吉夫君) ああそうですか。それは大変勉強熱心な町長で、敬意を表したいと思います。

 そういう中で、私が今回質問をするものは、山武郡市議会議員研修会報告書というものを、参加した議員全部が出すような形になっているわけですけれども、今回の議会の始まる4日の日でしたか、あのときに私は、これが皆さんの机上に全部、事務局の方で配付をされたというふうに思いますけれども、その中での内容ですが、今ちょっとここで読み上げて、そのことについてどうお考えなのかという内容で質問をしたいと思うんですけれども。議員研修会報告書ということで、まず会長あいさつ、自治功労者2名の表彰等の後、地域医療と公立病院と題して、東日本税理士法人・特定医療法人協議会代表長  隆先生の講演があったということで、内容は、非常に格調の高い的を射たもので、現在進めようとしている山武地域医療センターの協議内容がほとんどの部分で否定されるものであったというふうに私は理解しています。

 山武郡市広域行政組合による運営は成り立つ要素がないというもので、経営体制の刷新は不可避とのこと。長  隆先生の提案によれば、地方独立行政法人・非公務員型による経営形態がよいとの指摘であり、私自身の議会本会議場においての発言内容と合致するもので、その方向性で考えていただきたいと思う。身の丈に合った自らの収益に見合った整備計画を立てるべきということです。当初計画230億円、その後160億円に修正されたにもかかわらず、さらにその半分くらいでも建設可能との指摘もあり、成東病院、大網病院、東陽病院を支援病院とする基本フレームについても、全面否定される内容であり、山武郡市医療センター計画を住民の目線で最良の計画に見直していくべきと考えるという内容で、私は、この議員研修会の報告書を書かせていただきました。これは私は、確かに長  隆先生という先生から講演を受けた形の中での私自身の感じたことでございます。

 時間がありませんけれども、先般の千葉日報に出ていましたけれども、旭中央病院が300数十億円をかけて今後改修もしていくというような内容の記事が出ていましたけれども、時間がありませんけれども、総論的な答えで結構でございますので、ご答弁をお願いしたいと思います。



○議長(岡田憲二君) 町長、堀内慶三君。

         (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 さきに行われた議員研修会における長先生の講演の内容でございますけれども、長先生は長先生なりの考え方でいろいろ物を語っておりました。しかし私ども聞いている中で、医療センター構想そのものが、最初の二百四、五十億円ですか、金額にしても、ベッド数が400にしても、それぞれが根拠がある数字なんです。大体400というのはどういうふうに算定されたかというと、成東病院、東金病院、大網病院の院長さん方が相談されて、この地域は一応このくらいのベッド数が必要じゃないだろうかという推定のもとに出されたわけだ。それから金額におきましても、200数十億円というのは、公立病院の平均値であれは編成された。その後、我々また有識者会議で、あまりにも金をかけ過ぎるんじゃないかという中で、今度は民間病院の平均値をもって165億円ですか、そういう数値が出てきたわけで、決してあれが、あの住民をばかにした話でも何でもないと私は思っているんです。ただシミュレーションをつくって、それでみんなの議論を集約していく必要があるわけですから、そういう意味であの数値は出されたというふうに私は認識しております。

 また先生は、160億円も要らないと、半分の80億円でいいんじゃないかと、現実に高知でそういう病院が建っているよということでございますけれども、高知の私の知っている病院でしたら、あそこは病棟の増築でございます。病棟の増築というのは、普通の家庭でいいますと、お金のかかるおふろ場だとか台所のようなものが欠けている部分の増築工事なんですね。ですから金額も比較的私は安く計上されているんじゃないかと思っておりますけれども、160億円という金額も、これは私立病院の平均値で算定した金額だというふうに私は報告を受けております。そういうようなことで、片や講演会の弁士の方でございますから、すべて現実を調査した上でのことではないと思いますから、そのへんは理解してやってほしいと思います。

 最後に……



○議長(岡田憲二君) 町長に申し上げます。

 時間が参りました。



◎町長(堀内慶三君) すぐ終わります。

 大網病院でございますけれども、実質医療上の損失は、約3,000万円でございます。そのほかは、起債の償還あるいは医療機器の購入によって1億数千万円を計上させていただいているのが現実でございます。大網病院は非常に頑張っております。



○議長(岡田憲二君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 以上で質問を終わります。ありがとうございました。(拍手)



○議長(岡田憲二君) 以上をもちまして、田中吉夫君の質問を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本日の一般質問はここまでとし、延会したいと思いますが、ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡田憲二君) 異議ないものと認め、延会することに決定いたしました。

 本日はこれをもって延会といたします。

 どうもご苦労さまでした。

               午後2時37分 延会