議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 大網白里市

平成18年  6月 定例会 06月05日−01号




平成18年  6月 定例会 − 06月05日−01号









平成18年  6月 定例会



          平成18年6月大網白里町議会定例会会議録

1.招集期日 平成18年6月5日(月)

2.招集場所 大網白里町議会議場

3.現在議員 22名でその氏名は次のとおり

     黒須俊隆君       花澤政広君

     山田繁子君       本間誠一君

     上家初枝君       加藤岡美佐子君

     大村敏也君       倉持安幸君

     田中吉夫君       峰尾博子君

     瀧澤正之君       北田雅俊君

     高知尾 進君      中村 正君

     吉田喜久夫君      岡田憲二君

     内山孝次郎君      中村勝男君

     板倉靜雄君       萱生敏雄君

     江沢 清君       内山 清君

4.説明のため出席した者の職氏名

  町長       堀内慶三君   助役       石井利夫君

  秘書広報課長   鈴木行夫君   総務課長     内山芳昭君

  財政課長     北田光夫君   企画政策課長   古山正洋君

  税務課長     吉野寿雄君   住民課長     小倉正男君

  保険年金課長   白鳥秀昭君   健康福祉課長   佐藤重雄君

  生活環境課長   鵜沢邦男君   産業振興課長   梅原英男君

  建設課長     田口雅之君   都市整備課長   永山 巌君

  建築指導課長   三枝 孝君   下水道課長    武藤聖一君

                   国保大網病院

  出納課長     大塚成美君            中村寿雄君

                   事務長

                   教育委員会

  ガス事業課長   吉原正明君            島嵜善久君

                   教育長

  教育委員会            教育委員会

           金坂重信君            白石孝昭君

  管理課長             生涯学習課長

  教育委員会            農業委員会

           伊藤靖雄君            池田清治君

  スポーツ振興課長         事務局長

  代表監査委員   安藤正義君

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

  議会事務局長   中村 勉    係長       古内 衛

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    平成18年6月5日(月)

◯議事日程(第1号)

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 行政事務の報告

 第4 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 行政事務の報告

 日程第4 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時59分 開会

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) ただいまの出席議員数は22名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年6月大網白里町定例町議会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 まず、町長から提出された報告第1号から第6号までの報告につきましては、お手元配付のとおりでありますので、ご了承を願います。

 また、監査委員から提出されました例月現金出納検査の結果報告につきましても、お手元に配付しておきましたので、ご了承を願います。

 次に、今期定例会までに受理した請願・陳情は、お手元に配付してあります文書表のとおりであります。所管の常任委員会に付託をいたしましたので、ご報告を申し上げます。

 次に、今期定例会に説明員として、出席報告のありました者の職氏名につきましては、お手元に配付のとおりでありますので、ご了承を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(瀧澤正之君) 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。

 今期6月定例町議会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、大村敏也君、倉持安幸君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例町議会の会期は本日から15日までの11日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、今期定例町議会の会期は、本日から15日までの11日間と決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 行政事務の報告



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第3、行政事務の報告を議題といたします。

 町長より行政事務に関する発言を求められておりますので、これを許します。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 皆様、ご苦労さまでございます。

 本日ここに6月定例町議会を招集し、当面する諸案件につきまして審議をお願いすることといたしました。

 今回提案いたしました案件は、条例の制定についてが1件、契約の締結についてが1件、財産の取得についてが5件、福祉会館の指定管理者の指定についてが1件、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてが1件の計9議案、並びに人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてが1件、報告事項が6件でございます。

 この際でございますので、町政の現状につきましてご報告を申し上げます。

 このたび新聞報道等ですでにご存知のとおり、本町下水道課職員が去る5月9日火曜日に収賄の疑いで逮捕されるという不祥事が発覚いたしました。議員の皆様方をはじめ、そして、町民の皆様方の信頼を失うような行為があり、誠に申し訳なく、心からお詫びを申し上げます。

 今回の事件に当たり、二度とこのような不祥事を起こすことがないよう、職員の綱紀粛正をよりいっそう徹底するとともに、原因究明とチェック体制のあり方を見直し、失った信頼の回復のためには、役場職員一丸となって町民の皆様方のサービスに努め、信頼を回復してまいりたいと考えております。

 なお、具体的な対応策といたしまして、去る5月16日に人事関係、入札契約関係、下水道事業の3つの検討部会で組織する大網白里町事故対策検討委員会を設置し、再発防止策の検討、下水道事業の執行対策の検討を指示したところでございます。

 次に、財政関係について申し上げます。

 平成17年度中における本町の財政状況につきましては、歳入面では、町税及び地方交付税の収入見込みが前年度並みとなっており、依然として歳入の安定確保が非常に厳しい環境でございました。一方、歳出面では、人件費、扶助費、公債費といった義務的経費の削減に努めながら投資的経費の財源確保を図ってまいりましたが、各保険会計への繰出金などの経費が増加しているとともに、ますます財政の硬直化が進行しております。こうした中、臨時財政対策債の発行や基金の取り崩しなどにより歳入を確保し、歳出におきましては、行財政改革を推進し、事務経費の削減に取り組みながら、重点施策の推進に努めてきました。

 平成17年度会計につきましては、去る5月31日をもちまして、出納を閉鎖したところであり、現在、決算の調製中でございますが、平成16年度からの繰越分を含めますと、決算規模は普通会計ベースで141億円前後となる見込みでございます。

 さらに、歳出予算の執行率につきましては、98.2パーセント程度と見込まれ、おおむね所期の目的を達成できたものと認識しております。

 また、歳入・歳出の差引から翌年度へ繰り越すべき財源を考慮した普通会計での実質収支額につきましては、3億1,000万円程度を見込んでおります。

 なお、普通会計以外の会計につきましても、去る5月31日をもって出納閉鎖したところであり、現在、同様に決算の調製中でございます。

 次に、企画政策関係について申し上げます。

 平成18年度の本町の重点施策の1つであります住民参加のまちづくり推進への取り組みでございますが、近年、少子高齢化社会への対応、ごみや環境問題への取り組み、防犯対策や地域の活性化、学校教育問題などへの対応など行政だけでは解決できない多くの課題がある中、地方公共団体は、自己決定・自己責任の原則のもとに、地域の課題に対し自らの力で切り開いていく必要があります。そのためには、誰もが暮らしやすく楽しいと感じることができる大網白里町を住民の皆さんと協働により築いていくことが重要であります。このため、より住民参加の機会を拡充し、住民と行政とがよきパートナーとして連携し、それぞれの知恵と責任において取り組む協働のまちづくりを進めていく考えであります。

 これらを踏まえ、今年5月、住民と行政の協働によるまちづくり推進懇談会を設置すべく一般公募しましたところ、多くの方々からの申し込みがあり、活発な意見交換・討議の場となることが期待されます。今後も住民と行政の協働のまちづくりを目標に、その理念や推進策の基本方針をまとめていく所存でございますので、住民各位のご理解とご協力をお願いいたします。

 次に、平成13年度よりスタートした大網白里町第4次総合計画につきましては、「みんなでつくろう活き活きとした“良い街”、“良い故郷”」を基本理念に掲げ、基本構想に定めた5つの将来像の実現を目指し、各種施策、事業を計画的かつ効果的に事業展開してきました。

 平成17年度をもって前期5カ年が満了することに伴い、今後さらに事業の推進を図るため、効率的な行財政運営と住民参加のまちづくりの推進、大網駅周辺の都市基盤整備の促進と、都市機能の充実、地域社会との連携による福祉サービスの充実の3項目を重点施策として定め、基本計画で定めた各分野別施策の方向を踏まえ、平成18年度を初年度とする平成22年度までの後期5カ年実施計画を策定しました。

 この計画の策定にあたりましては、国の三位一体改革の中での地方交付税の改革など、不確定要素が多い中、一定の前提条件のもとで作成してきたところでございます。このため、計画財源の確保は、これまでにも増して厳しい状況になるものと予想されますが、今後も行財政改革を進め、計画事業の実施にあたりましては、町民の重要度、満足度を的確に把握し、柔軟に対応するとともに、複雑・多様化する行政需要に的確に対応するよう、事務事業の点検評価を行ってまいります。

 次に、生活環境関係について申し上げます。

 ごみの散乱防止と環境保全意識の高揚を図ることを目的としたごみゼロ運動が、5月28日、日曜日に関東甲信越静の1都10県を中心に実施されました。本町においては、雨天にもかかわらず町内全域の各区、自治会等、84団体の方々がご協力をいただき、約4,300人の参加を得て、7.72トンの空き缶などを回収することができました。

 このほかにも、地域の環境美化につきましては、町内の清掃活動を自主的に行っているボランティア団体があり、定期的に活動を行い、環境美化にご協力をいただいているところであります。今後も住民、事業者、行政が一体となり環境美化運動の推進を図ってまいりたいと考えております。

 次に、観光関係について申し上げます。

 白里海岸にこれまで通年で設置されておりました海の家は、3月30日の国による強制執行により、すべての撤去が完了いたしました。町といたしましても、白里海岸は、県立九十九里自然公園でもあることから、撤去後の本格的な整備に向けまして、県の関係部局と海浜公園整備事業の実現に係る協議を進め、環境影響評価を実施の上、去る3月21日の千葉県環境審議会に諮り、海岸整備の合意をいただいております。

 今年度につきましては、海岸駐車場の舗装整備を進めるとともに、老朽化した海岸のトイレを順次改築いたしまして、白里海岸が海浜公園として来遊者の皆様に喜ばれ、そして、再び訪れていただけるよう、これまで以上の利便性の向上と観光地としてのイメージアップに取り組んでまいります。

 また、今後は県の指導に基づき、(仮称)「海の家等適正利用調整会議」を設置し、秩序ある海岸利用を推進してまいります。そして、海水浴場の安全を祈願する海開き式も7月14日に開催される運びとなっております。この日から8月下旬までの長期間にわたり、中央海水浴場をはじめ、2カ所に集約し、海水浴場を開設してまいります。

 この期間中には、来遊客の安全を守るべく夏期観光安全対策本部を設置し、海水浴場においては、無謀遊泳等の対策として専門業者に委託するとともに、交通事故等の防止につきましても警察署や交通安全協会等の関係団体と密接な連携を図りながら、人命を最優先とした安全対策に万全を期してまいります。

 また、今年で第8回目となります地曳きまつりは、7月29日に開催する予定で、なつまつり実行委員会が内容につきまして鋭意検討を重ねているところでございます。

 次に、学校教育関係について申し上げます。

 本町では、平成10年度から全小・中学校において朝の読書に取り組んでおりますが、本年度は、季美の森小学校が読書活動優秀実践校として文部科学大臣表彰を受賞いたしました。今回の受賞は、千葉県内の公立小・中学校1,242校のうち中学校の受賞はなく、小学校が3校受賞しました。その中の1校に季美の森小学校が選ばれ、積年の読書活動推進の実績が認められたものと考えております。今後も町内全校が受賞することを目指して、学校教育の充実と推進を図ってまいります。

 水泳教室につきましては、昨年度に引き続き、全小学校7校を会場に8月1日から4日までと8月8日から11日までの各4日間を4校と3校の2回に分けて予定しております。専門インストラクターによる救助活動のデモンストレーション等を含めた実践的な指導を通して、安全への意識高揚とともに、泳力の向上が図られることを期待しております。

 次に、本年度の各学校施設の主要な整備計画につきましては、大網中学校では剣道場床改修工事やグラウンド門扉設置工事をはじめ、増穂中学校では洋式便器に改修する便所衛生設備改修工事を、白里小学校では下水道接続工事等を行う予定となっております。

 現在は、夏休みの着工を目指し、発注の準備を進めているところでございます。

 次に、スポーツ振興関係について申し上げます。

 スポーツを通じ、町民の健康増進はもとより、地域づくりや仲間づくりの場の提供として、各種スポーツ大会が、4月8日土曜日の少年野球を皮切りにスタートし、全16種目の競技が行われる予定でございます。

 また、大網白里アリーナ建設工事につきましては、予定どおり5月に工事が完了し、建築基準法、消防法による検査が終了しました。今後は、施設の引渡しを受け、6月中に事務所等の移転を行い、8月にオープンし、これを記念して各種記念事業を順次予定しております。

 8月6日に関係機関等のご協力を得ながら落成式、8月26日にはNHKと共催の健康フェアを開催いたします。なお、できるだけ多くの方々がこの記念事業に参加していただけるよう、現在、大網白里アリーナオープン記念事業実行委員会を中心に準備を進めているところでございます。

 これを契機に多くの方々が利用していただけるよう、さらに町民のスポーツ振興に鋭意努力してまいります。

 最後に、大網病院の病床変更について申し上げます。

 平成16年度に創設された新医師臨床研修の必修化に伴い、大学病院への医師の引き上げ等に伴う医師不足が問題となっている中で、近隣の公立3病院においても医師の減少に伴う病棟閉鎖、外来診察の縮小がされ、救急医療を含めて深刻な問題となっております。

 大網病院では、受診希望者は増加傾向にありますが、看護師の確保が問題となっており、救急患者を含め増加傾向の急性期患者への対応には現看護体制では難しく、また、医療安全の観点からも看護師の確保は重要であります。

 これらを踏まえ、現在の医療体制及び山武地域の医療状況の中で、診療体制の見直しを図らざるを得ない状況から、一般80床と療養20床の病床配分の見直しを行い、一般100床に変更すべく、現在関係機関との協議を進めているところでございます。

 以上、当面する諸問題についてご報告を申し上げました。

 その他の事業につきましても、鋭意努力してまいりますので、議員の皆様におかれましては、引き続き町政の執行にあたりましてご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げ、事務報告といたします。



○議長(瀧澤正之君) 以上をもちまして、行政事務の報告を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 休会について



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第4 休会についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 明6日は、委員会審査のため、休会といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 異議ないものと認め、さよう決しました。

 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 なお、6月7日は定刻より会議を開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

 大変ご苦労さまでございました。

               午後0時17分 散会