議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 大網白里市

平成18年  2月 定例会 03月01日−03号




平成18年  2月 定例会 − 03月01日−03号









平成18年  2月 定例会



    平成18年3月1日(水)

◯議事日程(第3号)

 第1 町政に対する一般質問

 第2 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 日程第1 町政に対する一般質問

 日程第2 休会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時01分 開議

出席議員 21名

欠席議員 1名でその氏名は次のとおり

     内山孝次郎君



○議長(瀧澤正之君) それでは、皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員数は21名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 町政に対する一般質問



○議長(瀧澤正之君) 日程第1、町政に対する一般質問を議題といたします。

 通告者、岡田憲二君の発言を許します。

 岡田憲二君。

          (岡田憲二君 発言席着席 拍手)



◆(岡田憲二君) おはようございます。

 時間の関係上、直ちに一般質問に入らせていただきます。

 執行部におかれましては、簡潔、明確なる答弁をお願い申し上げます。

 それでは、第1点目、九十根地区入口信号機設置についてお伺いいたします。

 これは、非常に私も以前から担当課に何とか早く信号機をつけるようにというお願いをいたしておるものでありますけれども、一向に進展しないと、こういうことで今回質問をさせていただくわけであります。

 九十根地区より正式にこの地区入口の交差点の信号機設置を要望されたのは、いつ頃されているのかと。それと、非常にその交差点周辺に関する交通事故が多いという話も聞いております。

 昨年1年間で何件ぐらいの交通事故が発生しているか、この2点をまずお伺いいたしましょう。



○議長(瀧澤正之君) 生活環境課長、鵜沢邦男君。

          (生活環境課長 鵜沢邦男君 登壇)



◎生活環境課長(鵜沢邦男君) お答えいたします。

 九十根入口交差点への信号機の設置につきましては、平成9年8月4日付で九十根区長から設置要望があり、同日付で東金警察署へ要望書を提出しております。

 しかしながら、当該交差点に信号機を設置するには交差点の改良が必要であることの回答をいただいております。また、交通事故の発生状況につきましては、平成17年中に物損事故が3件発生しております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 約10年前から正式な要望が担当課に出されておるということでございます。

 現場を見ていただければわかりますけれども、本当に非常に危険でありますね。私も運転にはいささか自信がありますけれども、あそこ、県道まで出るときにもう首が痛くなるほど右左、右左と、左が大丈夫だから出ようかなと思えば右から来て思いとどまると、こういう本当に危険な状況でありますね。これを早く改善してやらないとやがては大きな事故につながると。

 行政当局におきましては、信号機設置に関しまして死人が出なければなかなか進めないというようなそういう話も聞いておりますけれども、死人が出てからは遅いんでありますね。今課長の答弁がありましたように、1年間に3件もの事故が発生しているということは、これはゆゆしき事態である。

 したがいまして、これは早く信号機が設置なされるようにしなければいけないと、こういうことであります。

 それで、10年前からの要望事があって、なおかつ今現在信号機が設置されないと、その原因は果たしてどこにあるのかと、また今後の対応はどういうふうに担当課としては考えているのか、この2点をお伺いいたしましょう。



○議長(瀧澤正之君) 建設課長、田口雅之君。

          (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えいたします。

 九十根地区からの要望を受けまして、生活環境課で信号機設置の要望をしたわけでございますけれども、その中で交差点の改良工事が必要ということで私どもといたしましても千葉県警と協議をいたしました。

 その中で、正規の車両交通を制御します信号機の設置につきましては、変則的に交差しております道路の線形、こちらを改良する交差点の改良工事が必要という結果でございました。

 それには交差点周辺の用地買収が伴いますものですから、かねてから地権者の方に、また地元地区にもご協力をいただきながら、用地の取得についてご協力をお願いしてきたところでございます。その中で、町からの提示条件と地権者の方のご希望、こちらの方が合意いたしませんで、取得に至っていない状況でございます。

 今後の進め方につきましては、現状のその用地の取得、こちらの方をまたさらに進めていきたいとは考えておりますけれども、その進捗状況によりまして可能であれば道路線形の変更。この変更を行いますとまた別の新たな用地買収、こちらの経費関係がまた生じてまいりますけれども、現計画、また道路の線形の変更、またほかにも押しボタン式の信号機等の設置という方法も含めまして、生活環境課または地元と連携をとりながら引き続き関係者、また関係機関の方と協議してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 道路改良が必要であるということでありますけれども、まさしくそのとおりなんですね。それで、今まで約10年間その地権者との交渉がうまくいかないということで遅れていたということらしいですけれども。要は、何が何でも最初計画したとおりの道路をつくらなければならないということではないと思うんですね。

 危険な状況にあると。1年間に3件も交通事故が発生しているというような状況のところに、早く信号機を設置して安全なものにするということになれば、10年前に計画したその計画を改めて見直して、多少変形であっても早く信号機が設置できるような道路改良もまた必要ではないかなと、私はこのように考えております。

 また、今担当課長が答弁にありましたように、押しボタン式の信号も視野に入れて今後考えるということでございますが、これは非常にいいことでありますね。

 今後、生活環境課または建設課両課が担当することでございますけれども、密接に協議しながら、またはこれは予算は警察の関係でありますので、地元の東金署、三位一体となって一生懸命に協議しながら一日も早く信号機が設置されるように頑張っていただきたいと、こういうふうにお願いする次第であります。

 続きまして、町立体育館大網白里アリーナについてお伺いいたしましょう。

 6月に完成しまして8月に供用開始と、こういうふうに順調に建設は推移しているわけでありますが、いざ供用開始となった後の管理運営体制はどのようにするのか。また年間維持費はどのくらいかかると想定しているのか、これをお尋ねいたします。



○議長(瀧澤正之君) 答弁を求めます。

 スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) お答えいたします。

 大網白里アリーナにつきましては、平成16年6月に着工いたしまして今日まで約21カ月間無事故無災害で遅延もなく順調に工事を進めてまいりました。

 これからの予定は、3月末には建物部分をほぼ終了し、その後外構工事を進めて予定どおり5月末には完了する見込みとなっております。それから、同時に8月のオープンを目指しまして、体育備品や一般家具備品等を整備していく計画でございます。

 次に、完成後の管理運営方法につきましてでございますけれども、現在町の柔剣道場内に事務室がございます。スポーツ振興課をアリーナ内に移しまして、今までと同様、町体育協会や体育指導委員等と連携を図りながら、既存の社会体育施設の管理運営とあわせて体育館の業務、企画運営を行っていきたいと考えております。

 続きまして、維持管理費の試算でございますけれども、年間でおおむね6,300万円と見込んでおります。平成18年度当初の予算ベースでは、8月からの8カ月間分約4,500万円を計上したところでございます。

 なお、この試算額につきましては、大規模な大会や各種イベントまたは興行等の実施回数により変動する部分が多々ございますので、参考数値とさせていただきたいと考えております。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 想定している年間維持費は6,300万円ということでございますけれども、これはそれにかかわる職員の給料も全部入って6,300万円ということですか。

          (「当然でしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) お答えいたします。

 職員数は入っておりません。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 職員の給料がこの中に入っていないと。維持管理費というのは職員の給料も含めたものを維持管理費というのではないんですか。

          (「そうだ」と呼ぶ者あり)



◆(岡田憲二君) そんな数字のまやかしみたいなことを言ってはいけませんよ。私は、明確に言っているでしょう。維持管理費っていっているんだからね。6,300万円年間にかかって、じゃその何人そこに職員を配置して、それで職員の給料を含めてすべての維持管理費がいくらかっていうことを私はお尋ねしているんだよ。



○議長(瀧澤正之君) スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) ただいま申し上げました職員数はということでございますけれども、現在スポーツ振興課の職員を含めまして同じく運営企画をしていくということでございます。ですから、体育館ができたからといってその職員数が増えたり減ったりという、若干のところはあろうかとも思いますけれども、そのへんのところで人件費は入れていないところでございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) そうなるとスポーツ振興課の職員は大変だね。従来どおりの業務をやらなくてはいけないし、このスポーツアリーナに関する管理運営もやらなければいけないしということで大変ですね。それでやれるならやっていただきたいけれども、後でまた職員を増員したり、そういうふうにならないように念を押しておきます。

 それと、この大網白里アリーナ建設に関しまして、本町の業者、県のAクラスの業者も本町には存在しているけれども、本町の業者がこの大網白里アリーナ建設に関しての仕事、要はそのT建設がこれを一括してとっているから、その下請けになると思うんですが、この本町の業者が下請けとしてどのくらいこの建設工事にかかわっているのか、これをお答え下さい。



○議長(瀧澤正之君) スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) お答えいたします。

 地元業者の下請けの採用状況でございますけれども、まず敷地周辺の用水路改修工事が1つ目でございます。それから、ガス設備工事、それから建物内装工事、それから敷地内の植栽工事、各1社の計4社が採用されておるようです。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) この今課長の答弁にありました本町の業者がかかわっておるというのは、金額にしたら、私もいろいろ聞いてみたんですけれどもいくらでもないんだね。25億円の建設費を投入して建てたこの体育館。本町の業者がこれにかかわり合いにならないという、そういう不条理なことをしてはいけないということで、この建設が決まったときから担当課には本町の業者でできる工事は、本町の業者にやらせるべきだということを私が言ってあるでしょう。

 そしたら、課長の答弁はちゃんと契約書に地元の業者を使うようにっていうふうに指導していると前回答えておりましたね。今のこの答弁を聞くと、単なる契約のときに地元の業者を使いなさいよと覚書に書き入れただけで、実際は使っていないじゃないですか。

 この件に関してちょっとお答え下さい。



○議長(瀧澤正之君) スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) 下請けの採用状況につきましては、深くは存じておりませんが、いろいろな条件がかみ合うかみ合わないというようなことはあろうかと思います。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 子どもの使いじゃないんですよ。町が金出してやらせる事業じゃないですか。それで、議会の多くの議員も地元の業者にも仕事をやらせるべきだという、そういう議会からの要望もあると。契約書、覚書に書いてあるだけで実際そういうことが実行されない場合、それはあなた方がきちんとその元請けの業者に何やっているんだと、何で大網白里町の業者を使わないんだというのがあなた方の立場でしょうよ。値段が合わないからって、そんなことは最初からわかっているでしょう。

 だから、私たちが言っているんじゃないの。地元の業者を使うようにしろと、こういうふうに言っている。全然あなた方が、ただ役目済ましみたいな感じで推移しているというのはおかしいんだね。それで、この体育館が建設するというふうに決まったときに、当時は建設協力会といっていたんですかね。この協力会、今は建設協会といっているんですか。この当時の会長、副会長2人と町長に面会しまして、この体育館に関して町の業者でできることは町の業者でやらせていただきたいとこういう要望をしたことがございますね。

 いかがでしょうか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 時節柄、地元民も仕事が大変少なくなっている状況下でございますから、できるだけ地元業者をご指名いただけるようにと、町長からも一声かけていただきたいという要望がございましたので、私からも受注業者に対しまして地元業者を十分考慮した中で工事をやっていただきたいということは要望したところであります。

 また、ただいま議員のご質問の中で、私ども行政としてどうあるべきかという姿勢についてお答えいたしますけれども、本工事は公共工事であります。ひも付き発注ということはこれはできない中でございまして、特殊工事でしたらいざ知らず通常のものにおきましては、私どもからも地元の業者を考慮した中で考慮していただきたいという要望をするのが精一杯でございまして、あとどの業者をどういうようにお願いしたいということは、これは私ども行政として行き過ぎの見解ではないかなというふうに感ずるところでございまして、そういった面で、ただいま4社しか参加できなかったということでございまして、大変残念には思いますけれども、この受注業者にいたしましても当然受注した金額に見合う予算編成もあることでございましようし、一概に地元だけでというわけにはいかない内容もあったかと思いますけれども、いずれにしてもこういうような時期でございまして、大変厳しい業界でございます。

 そういった中で、地元業者があまり参加できなかったということは、私自身も残念に思っておるところでございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 町長のところに面会して、何とか地元でできる仕事をやらせていただきたいという、こういうお願いした経緯があるということでございますね。そのとき町長は、わかったと言ったのか、それとも何らかの理由があってそれはできないと言ったのかどちらですか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 要望の内容はよくわかりましたと、私からも要望しておきますということはお答えしましたし、その後も業者についてどのような状況かということは私も何回か聞いたことがございますけれども。そのときの状況は、ただいま課長から答弁されたような内容でございましたけれども、私ももっと使えなかったのかという話も実はお話を聞きましたけれども、受注業者にすればそれなりの理由を持っているようでございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 私の聞いたところでは、町長にお願いしたら、この工事をやってもあなた方が赤字になるからかわいそうだからと言って断られたというような話をしている人もおりましたよ。

 だから、なぜ地元の業者に仕事をさせないのか。町長は今おっしゃっていたように、私の方からも業者に言ったと、地元にやらせるように言ったと、それでちゃんと担当課からも契約のときの覚書に地元の業者を使うようにと指導していると、議会からも言っている。町が全部地元の業者を使うようにとそういう要請をしておる。それを要請を無視して町外の業者をどんどん使う。こういうことがあっていいのかと。町から仕事をもらっているんじゃないですか。

 町長も業者もいろいろあるんでしょうということでしたけれどもね。そんなことを超えて言わなければいけないでしょう。私は別に何々建設にやらせなさいとかと言っているわけじゃないんですよ。町内業者でたくさんの業者がいるでしょう。やれることをやらせてあげればいいじゃないですか。

 今何社かかかわっているということだったけれども、これは金額にすればいくらでもないんですよ。25億円のうち一番多いのは1,000万円ぐらいなんですよ。あとはもうそれにいかないものばかりなの。ほとんど本町の業者がこの25億円かけて建てたアリーナに恩恵をこうむっていない、そういうこと。

 だから、私はそういうことではおかしいんではないかということをこの建設が決まったときから、こういう事態が想定されるから地元の業者を使うようにということを執行部に要望しているわけでしょう。それが結局、実際は要望が何にもなっていないということ、そうなってしまうとこういう会社を選んでやらせた執行部の責任じゃないんですか。元請け業者がどの業者を使おうと、そんなことは勝手だという。それは確かに一つの理屈ではありますよ。だけれども、そういうものを通り越して町でできるものはちゃんと町の業者にやらせなさいという指導をするのがあなた方の立場じゃないですか。

 ただ、金だけ25億円やって、言葉だけちゃんと町内業者を使うんですよと言って、実際大した使い方もされていないと。それでいいんですか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 仮に地元業者に発注いたしましても、すべてが地元で私はやるとは思っておりません。それぞれの分野の中でお互いに見積もりをとり、責任施工できる会社を確認した中で、私は地元業者が受注されどもやるんではないかなというふうに考えております。

 今議員が断定されまして、地元業者に発注すればよかったんじゃないかなというようなご提言もございましたけれども、なぜ我々がこの業者に決定したかと申しますと、議員がよく言われます指名入札の明確性をするためにも、今回は一般競争入札制度をとったわけでございます。

 要するに、この事業に対して仕事をやりたいという業者が手を挙げてきた中で、この入札に加わる業者が決まっていったわけでございまして、私どもがあえて好んで大網白里町の地元業者を外したわけではございません。私どもの日頃の発注方式におきましても、できる限り地元業者で私は対応させるべきじゃないかというのが基本的な考え方でございます。

 以前は、下水道工事とかいろいろ町外の業者が多かったとも聞いておりますけれども、現時点においては、できるだけ地元業者に発注するように、そういう体制をとっておりますけれども。このかかわっている下請け業者に大変地元業者が少ないと言われる内容につきましては、受注業者の考え方もございますでしょうし、予算的に本町の業者が対応できたかできないかと、商業的な考え方もこの中に入っているわけでございます。

 私ども行政としてお願いできることは、できるだけ地元業者にも仕事をやる、参加するような考え方を持ってほしいということはかねがね要請をしてきたところでございますので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 一つの町が業者に要請して、業者がそれを実行しないという、そういうことを今後してはいけないということを私は言っている。こんなことはおかしいでしょう。

 25億円、町民の税金−−25億円で思い出した。この大網白里アリーナ建設に関する補助金はいくらぐらい出るんですか。



○議長(瀧澤正之君) スポーツ振興課長、伊藤靖雄君。

          (スポーツ振興課長 伊藤靖雄君 登壇)



◎スポーツ振興課長(伊藤靖雄君) 補助金につきましては、平成17年6月20日付で千葉県教育庁から平成17年度公立学校等施設整備費補助金の内定についての通知をいただいております。

 内定額につきましては、8,115万1,000円でありました。

 建設計画を進めておりました平成14年度当時の補助金につきましては、約1億8,900万円を見込んでおりましたが、三位一体の改革に伴います国の補助負担金の一般財源化により大幅な減額の影響を受けたものであります。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 25億円のうち8,115万円、非常に町民の負担が多いというそういう中で、町民のもう少し、せめて町内の業者を使って、町内の業者を使えばやはり町内に税金として金が回るじゃないですか。そういうふうになぜ考えられないのか。ただ、私たちは業者には言ってありますって。言ってあったってやらなければ、何で君たちやらないんだって言うのがあなたたちの立場じゃないの。子どもでもできますよ、言ってありますよっていうのは。そういうことを今後は改めてもらいたい。

 これはこのへんにいたしましょう。

 それから、次は白里海岸の活性化についてお尋ねしましょう。

 これも活性化をいわれてから久しいのですが、一向になかなかその形としてあらわれてこないということで、白里地区の人たちももう大変だと思いますけれども。中央海岸や海の家の現状、これはどうなっているのかと。

 それから、この中央海岸を中心とした今後の各種整備についてどのような計画があるのかと。町長もこの議会の冒頭、町長事務方針の中で千葉県立九十九里自然公園に属する白里海岸の本格的な整備ということを言っておられますから、それがどういうような内容で今後整備されていくのか、これをお尋ね申し上げます。



○議長(瀧澤正之君) 産業振興課長、梅原英男君。

          (産業振興課長 梅原英男君 登壇)



◎産業振興課長(梅原英男君) お答え申し上げます。

 はじめに、白里中央海岸の海の家の撤去状況でございますけれども、平成16年度当初に15軒建っておりました海の家は、海の家事業者のご理解をいただき7軒が自主撤去をされまして、平成17年度は残り4軒の不法占拠の海の家と、昨年の夏から季節営業の海の家として許可を得ました5軒を合わせ計9軒の海の家で来遊客の受け入れを行ったところでございます。

 そして、残り4軒の経過につきましては、事務方針でもご報告を申し上げておりますように、1軒が本年1月18日に国による確定判決に基づく強制撤去が行われ撤去をされております。さらに、残り3軒のうち2軒の事業者が自主撤去を行い、中央海岸におきましては残すところ1軒となっております。

 これにより白里海岸全体では、中央に1軒、そして四天木に1軒の2軒となっており、今後県の撤去指導に応じない海の家につきましては、いずれも近いうちに強制撤去が行われると伺っております。

 次に、これからの中央海岸の整備計画でございますけれども、昨年町営の有料駐車場といたしまして一部舗装工事を実施しておりますけれども、来年度以降も継続的に駐車場の舗装整備を進めてまいりたいと考えております。

 さらに、新年度は中央の老朽化した公衆便所トイレ、これを水洗に建てかえるべく、その事業費等を平成18年度の予算案に上程をさせていただいておりますので、これもご審議をお願いするところでございます。

 なお、海岸整備をする際には海岸管理者の許可が必要となることから、精力的に県との協議を現在重ねているところでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 中央海岸に関しては、そういうふうに整備を進めていっていただければいいと私は思いますけれども。要は、問題はその中央海岸以外の北今泉地区だとか四天木地区、こういうところの活性化をいかにして図っていくかということが一番大事だと思うんですね。

 あの海岸線に沿っては、民間でありますけれども福祉施設も何箇所かあるということであります。本町にはやっぱりほかの町にはない海岸線といういい財産を持っているんですから、その財産を最大限に生かして今本町がどういうふうに物事を進めていくか。町には金がないということは私も重々承知しております。金を使って活性化するということができないという現状ならば、金を使わなくて活性化させるような方法を考えなければいけないということでありますけれども、福祉を、あの海岸線に大幅にそういう施設を誘致するという、そういうのも一つの案ではないかなと思うんですね。

 積極的に、あの今あいている土地を何とかしたいと考えている地権者の方も多いように私は聞いております。そういう地権者とよく町が協議いたしまして、どういうこの土地の利用をするかということを地権者と町とで考えて、それでじゃこういう方法がいいんではないかという方向になれば、今度は町が音頭をとって、そういう例えば福祉施設、ここに例えば老人ホームを誘致するとか、そういうような計画を立てて老人ホームなんかを計画しているそういう事業主に、本町も最大限のバックアップしますからどうですかここにそういう施設を建てるのはというような感じで、いわゆる海岸線を一つのそういう福祉の拠点にするというのも私は非常にいいことじゃないかと思うんだね。

 年いった人たちもいる、軽度の障害者の人たちもいる、そういう人たちが自然豊かな海岸線を散歩して英気を養うということも非常にいいことであるし、白砂青松という今はもう名前だけみたいな形になったけれども、町が積極的に松を植栽して本当の白砂青松にするのも一つの案でありますし、金がなければ例えば1つの福祉施設を誘致したいというそういう方針が決まれば、じゃどういうふうにしてやるかと、金がないということになれば町がやっぱりバックアップして、町の方でいろいろ大金は持っていないけれども50万円、100万円の金なら出せますよという人を募って、それが何十人か集まれば1つの立派な施設ができるじゃないですか。

 そういうような方向で私は町が実際に金を使わなくても、町の皆さん方の知恵とそういうものを使えば、白里海岸、ほかの町にはないいい財産を持っているんだから、それを生かすべきだと。そして、その海岸の方、ハマヒルガオだとかよくいわれておりますね。そういうものをどんどん今度増やしていって、海岸じゅう、散歩道でもいいじゃないですか1本つくって、その両側にそのハマヒルガオを群生させるとか。それとか、私どもの議会の議員も常々言っておりますね。白里海岸に海ガメが産卵に来るというような事実もありますし。海ガメが来て安心して産卵して、ここは安全だからまた来年来ましょうやというようにして、どんどん海ガメが来るようになれば、またそれも一つの観光の目玉になるじゃないですか。

 そういうふうな考え方を町はしていくべきだと私は思うんですね。金があれば別に金使って、そんなものどんどん施設をつくればいいんだから。それができない以上、そういうような方向でその白里地区の活性化をしていくしかないと思うんですが。

 町長のご見解を伺いたい。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 その高齢化社会へ向けた施設誘致などはどうだろうかと、特に今高齢化社会への施設につきましては今需要が大変多い中でございますから、アイデア的に大変いいアイデアだなというふうに私は思っております。

 四、五日前に私県の自然保護課へ実は行ってまいりました。海の家を所有者の皆さん方の協力をいただきながら、解体があと何軒でもなくなったと、こういう状況下を踏まえた中で、大網白里町は九十九里海岸活性化に向けてこれから取り組んでいきたいと。ついては、今までの既成の海の家の今後の対応、また駐車場の整備、水洗トイレ化を町としては緊急の課題として現在考えていると。

 そういう中で、自然保護課におきましては、この九十九里海岸一帯が自然環境保護法に実は網がかけられております。私どもの町としては、自然環境を守る会の皆さん方が海ガメあるいは海浜植物の増殖に向けていろいろ努力をしていただいているんですね。自然を守るべきところは守る。また、海岸振興に必要なものは必要な方々が対応するという中で取り組んできております。

 それが解体して今度は改善策を打ち出したら、1万平米以上については新たな環境アセスメントが必要であると。これじゃ、今までの既得権は何なんだということで実は行ってきたわけでございましてね。そういう中で、県も今までの内容を考えた中で最大限の協力はいたしますよと。これが中央海岸の現在の内容でございます。

 今後、北も南も海岸線が全長3.5キロぐらいですか。この中でその他の地域があるわけでございますけれども、地域の皆さん方にすればそれぞれ北も南もできればそういうような対応をしたいなというような要望も実は聞いております。聞いておりますけれども、その自然保護法をどういうようにクリアしていくかというのが、やっぱりこれは開発行為になるわけでございまして、内容が厳しいものを持っておりますけれども。今議員ご提言にように確かにそういった高齢化社会へ向けての施設誘致というのは、お年寄りも入られて大変心が広やかになるんじゃないかなというふうに、アイデアそのものは大変私も評価するところでございますけれども、本町の調整区域と同じでございまして、大変厳しい網がかかっているのが現状でございます。

 行政とすれば、千葉県が今提案、提唱しております観光立県を目指すと。その一つとして九十九里沿岸を知事もお考えのようでございますから、今後は広く観光だけではなしにそういった福祉面も加味した中での整備というものについて、県・国に要望してまいりたいというように考えております。

 以上であります。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 要するに、町長いろいろお答えいただきましたけれども、このことに関しましては、私が今提案申し上げましたことを町としても真剣に考えていただけると、こういうことでよろしいんでしょうか。

          (「いいんじゃないですか」と呼ぶ者あり)



◆(岡田憲二君) はい、わかりました。それでは、この問題はこれにて終わります。

 それから、次は山武地域医療センター構想についてお伺いいたします。

 これは、さまざまけんけんがくがく必要である、必要でない、見直せとか言われておりますけれどもね。その中で、同僚議員も詳細にわたる質問もいたしておりますし、いたす予定でもありますようですけれども、私はごく素朴な問題でありますけれども、この3点についてお伺いしたいと思います。

 まず、これは3月までに開設許可申請をしなければだめなんだと言うことをいっておりますけれども、なぜ3月までにそういう申請をしなければいけないのか、なぜそんなに急ぐのか。もともとこの山武医療センター構想の中で、私ども議会の中に入ってきたときに、もう去年の8月までに用地を決めなければいけないと。それが終わると今度3月までに許可申請を出さなければいけないんだということで、もう何か内容もたたき台もさっぱりわけがわからない中で、とりあえず立ち上げなければということで、どんどんこれは進んで来ているんですが、なぜこれは3月までに開設許可申請をしなければならないのか。

 そのあたりを−−町長が別にやるわけじゃないから非常に難しい立場であろうと思いますけれども、構成市町村会議に町長が常に参加してその状況をよくご存知のことと思いますので、お答え願いたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 今回の議会におきましても複数の議員方からこのセンター病院構想につきまして、いろいろご質問を賜っております。皆さん方にすれば、医療の必要性はもう本当にせっぱ詰まっておりますし、そういった中で何が何だかわけのわからない議論が進んでいくということについては、大変判断しかねるというようなもとに立った質問が多かったと存じますけれども、まさに私どもも検討している中で、まず平成18年3月までにこの病院を立ち上げなければならない内容というものは何なのかということを私の知っている範囲でお答えいたしますれば、現在この大網白里町は印旛・山武の医療圏構想の中に入っているわけでございます。

 その中でベッド数というのが割り当てられてまいります。この中で、この山武・印旛圏域の中で病院立ち上げが3月までで期限が切れるわけでございます。この中であれば、現在その病院の設立も可能であるというのが現状況でございます。

 しからば、4月以降はどうなるんだと言われた場合に、新たな医療、国が示す医療問題がどういうような内容になってくるかは、まだ私も明確には存じていませんけれども、県と協議した中では、場合によってはベッド数の確保というのが大変厳しくなると。

 したがいまして、3月までに病院を立ち上げてその中で今後の病院の建設、オープンまでの中でいろいろな議論はしてくださいよというのが私の認識している範囲でございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) このいわゆるその山武医療圏に属していて、そのベッド数の関係で急ぐんだというような、端的に言えば、そういうお話でありますけれども。このベッド数が云々って、誰がどういう機関がそれを決めるんですか。

 これは、担当課どなたかな。



○議長(瀧澤正之君) 健康福祉課長、佐藤重雄君。

          (健康福祉課長 佐藤重雄君 登壇)



◎健康福祉課長(佐藤重雄君) お答えいたします。

 ただいま町長から答弁いたしました内容と一部重複いたしますが。

          (「いえ、どこがでいいんだ」「聞いたことだけ答えればいいんだ、聞いたことだけ」「そうだよ、そういう余計な答弁が長過ぎるんだよ」と呼ぶ者あり)



◎健康福祉課長(佐藤重雄君) はい。あくまでも中央病院の開設許可申請につきましては、13年度から17年度を計画期間とするこの千葉県保健医療計画の中で病床の配分を受けております。その配分を受けている中央病院の病床数が450床ということでございまして、これがこの計画期間内であります17年度末、18年の3月までに行うというような形になっているというふうにお聞きしております。

 以上でございます。

          (「要は県の機関でしょう」と呼ぶ者あり)



◎健康福祉課長(佐藤重雄君) はい。

          (「もういいよ、はい、はい」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 県の機関がこれを審議して許可するしないというふうになるということでありますね。もともとこれは東金病院が老朽化したからということ。本来は老朽化したものなら、新しく県がしなければいけない県の施設じゃないですか。それを県が放っぽり出して、山武郡構成市町村であなたたちで金出してやりなさいよと言っている。

 それならば、こんなもの県だって多少なり融通きかせるべきでしょう。何も3月までに出さなければ認可しないだとか、そんなばかな話ないでしょう。県の都合でこれは我々がやらされているんですよ。

 今度、町長会議のときそれを言ってくださいよ。あなた方がやらないことを私たちがやっているんだと。それで、それに対して3月までに出さなければ認可しないぞと、何だって今どきやくざだってそんなことをしませんよ、本当の話、おかしいんだから。それを言ってくださいね。

 それと、これは約総額240億円と想定されているというふうに聞いておりますけれども、国・県の補助金が二十数億円ということでありますね。

 もともと、さっきも言ったように、これは県の施設でしょう。県の施設が老朽化したから建てかえなければいけないということじゃないですか。それならば、県は最低でもこれの半分ぐらい補助金を出すべきなんだ。1割しか出さないで、それで3月までに許可申請しなくてはだめだとか、金出さないでものばっかり言うっていうのはおかしいでしょう。もともとこれは県が悪いんだから。そうでしょう。県がやらないことを我々山武郡の構成市町村に、おまえたち金出してやりなさいと押しつけているんだから。

 こんな県行政なんか私でもできますよ。いや、本当の話。そんな無責任な話なら私でもできる。それも言ってくださいね。いや、いや、いいですよ、うん。はい、はい。町長の答弁は長いから。

          (「簡単に言います」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 先日も答弁したところでございますけれども、県知事の県議会答弁として同センターが山武地域の中核病院として機能するように病院づくり、経営、財政など包括的な支援を惜しまないつもりですと。こういうような議会答弁をされておりますので、私はこの答弁に期待しているところでございますし、今まさに議員がおっしゃられたように、県がどのように医療について責任を考えているかということはかねがねご質問しているところでございます。



○議長(瀧澤正之君) 岡田憲二君。



◆(岡田憲二君) 知事が質問の答弁にそういう答弁をしたというのは、私たちも重々聞き及んでおりますよ。聞き及んでいるけれども、実際出てくるのは補助金1割しか出さないというような話も聞こえてくる。違うの、もっと出るの。

          (「いや、決まっているのはおそらく先生の言うとおりです」と呼ぶ者あり)



◆(岡田憲二君) 1割ぐらいでしょう、だから。

          (「待っているだろう」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 答弁を求めますか。



◆(岡田憲二君) いいよ、もうだってそんな大して変わりないじゃないですか。約1割ぐらいしか出さないということなんでしょう。うん。そんなもの堂本知事はあれは何をやっているんだ。あの人のは環境と福祉しかないんですよ。あと取り柄なんかないんだから。医療だって福祉でしょうよ。

          (「そうだ」と呼ぶ者あり)



◆(岡田憲二君) 自分のステータス、こうやって私は一生懸命やるんだって言っている、それが堂本知事本当にそういうふうに考えているなら、東金病院なんかもっときちんとやるべきだと思うんだね。私はそう思います。ちゃんと言ってください。堂本さんに会ったらそう言ってくださいね。あなたがだらしがないからこういうふうになるんだって。福祉の看板おろしなさいって。もともと本当に東金病院がああいうふうになった。

 今、今日の11時かな、もうぼちぼちだけれども。九十九里のある区民館、公民館ですね。そこに28歳の男子青年の告別式が行われます。それは、死亡した原因は脳梗塞。これはなぜかといいますと、まず、夜ですけれども友人と一緒に車で移動していた際に具合が悪くなったと。それで、急遽東金病院に連れていったと。そしたら東金病院は私のところではそんなもの診られませんよと言われたので、やむを得ずに今度は成東病院に行ったと。成東病院でも救急車で搬入される患者しかうちは診ないと言われたと。それで、やむを得ず一たん病院から出て、それで救急車を呼んで救急車に乗せて行ったと。とき既に遅し、脳梗塞で死んでしまったと。それが11時から葬儀やるんですがね。

 そういうことを考えると、なるほど山武医療センターっていうのは、これは必要だなと思うんですね。だけれども、もっと先にやることがあると私は思うんですよ、ね。山武医療センターを立ち上げてこれからつくるんだから、東金病院、成東病院がいい加減であっていいという法律はない。

          (「そのとおり」と呼ぶ者あり)



◆(岡田憲二君) そういうことと山武医療センターをつくるということは次元が違うんだ。わかりますか。つくるならつくったってそれは別に構いはしない。つくるまで何で県が管理している県立東金病院、また成東の構成市町村で運営している成東病院。これをもっときちんと維持管理しなければならない義務があるわけでしょう。東金病院何ですか、医者なんかだんだんいなくなって。もう七、八人しかいないんじゃないですか。成東病院、内科医がもういなくなっちゃう。

 必要だから山武医療センターっていうのはつくらなければならない。しかし、そのつくるから今の東金病院、成東病院は−−うちは町長、あなたが頑張っているから、大網病院はまだ健全だからいいんですよ。その点は私は評価しますからね、うん。いや、今度会議へ出たら言ってくださいよ、そういうことをね。

 構想を起こしてつくることはいい。だけれども、その前にやることがあるでしょうと。自分たちの責任を県が果たさないで、人の命にかかわることじゃないですか。現実に1人死んでいるじゃないですか。そういうものをおざなりにして、箱物だけ立派な240億円ものものをつくりましょうと。県は金がないから総額の1割ぐらいしか補助しませんよと。あとは構成市町村でみんなやりなさいと。こんな行政ならさっきも言ったように私でもできる。

 時間も過ぎましたけれども、町長本当に町長は常にその山武地域医療センターのその会議に出席されておりますから、これを一つ声を大にして、しっかりしろと、何をやっているんだと、堂本さんあなた何をやっているんだと。

 また、何か色気を出して来期も何ていう話もし出したらしいけれども、来期なんかやる気があるんなら、もう少ししっかりやれというふうにはっぱをかけてください。そうすると町長も株が上がる。

 東金の市長選が今度始まるでしょう。東金の志賀市長が株が上がってしまったんだね。ものすごい株が。前は合併け飛ばされて沈下していたんだけれども、今上がってしまった。それはなぜかといったら、山武医療センターを東金市に持ってきたということで。大網白里町が無償で提供しますよというのをけっ飛ばして東金市に持ってきたと。志賀市長の政治力は大したもんだというふうに上がってしまった。

 町長笑っておりますけれども、その半面もあるんですよ。東金市長が上がったけれども、あなたは下がってしまっているの。その点よく考えてね。今後本当に言うことはびしっと言ってくださいよ。

 よろしくお願い申し上げまして、本日の一般質問を終了いたします。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(瀧澤正之君) それでは、以上ももちまして岡田憲二君の一般質問を終結いたします。

 暫時休憩をいたします。

               午前11時01分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時11分 再開

出席議員 21名

欠席議員 1名でその氏名は次のとおり

     内山孝次郎君



○議長(瀧澤正之君) それでは休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、本間誠一君の発言を許します。

 本間誠一君。

          (本間誠一君 登壇 拍手)



◆(本間誠一君) 千葉市との合併を推進するわかしお会の本間誠一です。

 本日は議長、議員各位に対し、質問の機会をいただきまして感謝を申し上げます。

 さて、トリノオリンピックでは日本選手の活躍を女房と一緒にテレビで観戦しました。こぶしに力が入りましたが、ため息の連続でした。ただ、私にはもう一つ楽しみがありました。それを申し上げさせていただきます。それはアメリカのある機関が発表した日本のメダル獲得予測です。これによると銅メダル2個、種目はスピードスケート500メートルとフィギアスケートで、個人名も公表されました。結果は皆様もご承知のとおりです。データに基づいた予測は大したものだと再認識しました。

 通告書に従いまして、質問をいたします。町長はじめ執行部の明快なる答弁を期待するものです。

 教育施設関連では、耐震改修促進法が改正されました。改正の要点をご説明願いたい。

 また、個人住宅の国交省、住宅局の平成18年度の予算と過去の耐震関係の支援はどうなっているか説明を求め、以降の質問は発言席より行います。

          (本間誠一君 発言席着席)



○議長(瀧澤正之君) 管理課長、金坂重信君。

          (管理課長 金坂重信君 登壇)



◎管理課長(金坂重信君) お答えを申し上げます。

 既存建築物の耐震改修を緊急に促進することを趣旨とする建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律が、関係政令等とともに改正され、平成18年1月26日から施行されております。

 教育委員会が管理します施設関係といたしましては、建築物の所有者等に対する指導・助言対象施設となる特定建築物に幼稚園等が追加され、あわせてこれらの対象面積要件が引き下げられ、現行は用途にかかわらず一律3階建て、1,000平方メートル以上が対象であったものが、幼稚園が2階建て500平米以上、小・中学校が2階建て1,000平米以上。一般体育館が改装要件なしの1,000平米以上に改正されました。

 そのほかに、指示、立ち入り検査対象施設としても面積要件がありますが、これらの施設が具体的に改正・指定されたものでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 建築指導課長、武藤聖一君。

          (建築指導課長 武藤聖一君 登壇)



◎建築指導課長(武藤聖一君) 私の方からは、国土交通省の個人住宅に対する支援策についてお答えいたします。

 国土交通省住宅局が平成18年度予算に盛り込んだ耐震関係の支援制度といたしましては、住宅建築物耐震改修等事業にかかる補助がございます。国土交通省は住宅の耐震診断については今後5年間で約100万戸。10年間で約150から200万戸の実施を目標に掲げており、全国で耐震改修を促進するため、そして構造計算書偽装問題による住宅建築物の耐震性に対する国民の不安を解消するために、住宅建築物耐震改修等事業にかかる補助の予算額を130億円と大幅に増額して、耐震診断を推進するとしております。

 ちなみに、これまでの予算額は平成16年度が16億円、平成17年度が20億円となっております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、お聞きのとおりです。

 昨年来白里小をはじめ、私は前議会では、個人住宅は町長のお話ですと自費でやるべきだと。また、教育施設に関しては、後期5カ年実施計画の策定の中で取り込む。または、10カ年計画に取り込むとの答弁でした。

 世の中がどう動いているか敏感にならなければなりません。即、計画を立て直し、実施すると答弁を訂正され、関係各課に指示してくださるようにお願いいたします。答弁を求めます。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 安全・安心なまちづくり、まさに議員のご質問されている内容は、今の私どもの地域にとって大変大事な課題であるということは認識しております。そうした中で、特に公共建築物につきましては、早急に対応が必要なわけでございまして、18年度をもって、アリーナの建築も終わるわけでございまして、その後、やはり積極的にそういった施設の改修に取り組むべきではないかなということで、今期皆さん方に提案させていただきました平成18年度予算の中に重要項目として、耐震に取り組む内容の予算が組まれております。

 18年度に関しましては、とりあえず耐震内容についての調査の予算でございますけれども、白里、大網、これらの小学校につきましては、大網小学校につきましては耐震補強のみならず、今までの協議の中で建てかえというような実は内容も含んでおります。そのような内容を含みますので、この前の答弁の中では−−区長会かもしれませんけれども、一応その開発業者との責任問題もあるので、そういう検討もされているというお話をしましたけれども、いずれにしても、公共建築物の耐震化というものは、我々が前向きに取り組んでいく課題だというふうに考えておりますので、18年度の予算化から始まりまして、今後鋭意努力していきたいというふうに考えております。

 また、個人建築物についてでございますけれども、国土交通大臣による基本方針の概要というのが、実は公表されております。「住宅建築物の所有者などが、自らの問題、地域の問題として、意識をもって取り組むことが不可欠。国及び地方公共団体はこうした取り組みをできる限り支援する」と、こういうようにその概要を述べておられる。まさに、個人財産の私は安全性についてはそうだと思いますけれども、国がそういったものに対して、あるいは県が補助制度を設けて支援するということになれば、当然町もそれとともに対応していくのが私は筋ではないかなというふうに考えております。

 したがいまして、今後の本町の住宅に対する考え方につきましては、国・県の対応を見ながら考えてまいる所存でございますけれども、いずれにいたしましても、このような危険性の問題につきまして、危機管理につきましては、町も積極的に取り組むべきかと存じております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) やや前向きな答弁だとは思いますが、今の住宅の支援については、初年度的にはいつぐらいに実行される予定でおられますか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 対応年度につきましては、当初予算には計上されておりません。しかしながら、今後、先ほども申し上げましたとおり、県・国のどのような方針であるか、今担当課長から概要についてはお話がありましたけれども、今後それに沿って町も対応していくと。それと時と場合によっては、皆さん方に補正予算でご審議を願うかもしれませんけれども、いずれにしても、これは前向きに検討すべき課題だというふうに存じております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) ぜひ、安心・安全なまちづくりのために、実行をよろしくお願いします。

 次に、財政について過去から現在までの経常的な経費の推移を説明していただきます。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答えいたします。

 過去から現在までの経常的な経費の推移ということで答弁させていただきます。

 毎年度実施しております地方財政状況調査、通常決算統計と申し上げますが、区分されている経常経費にこの調査上では、一部臨時が区分されている一部事務組合負担金、出資金、他会計繰出金を加えた額を経常経費として、答弁させていただきます。

 地方財政改革の始まる前の平成12年度におけます経常的経費は約87億円でございました。平成13年度以降でございますが93億円、94億円、96億円、平成16年度決算で97億円で推移しております。平成17年度当初予算でも97億円前後と推移しているわけでございます。

 このように経常経費は増加傾向にあるわけでございますが、これにあわせるように、経常的歳入が増加していれば何の問題もないわけでございますが、三位一体改革や町税の低迷によりまして、経常的歳入は平成12年度には106億円程度あったものが、13年度以降、交付税振りかえの臨時財政対策債を加えても105億円、104億円、105億円、101億円と伸び悩みどころが減少に転じているのが現状でございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) わかりました。

 次にこれからのことに関しまして、来年度からアリーナの維持管理費、5年後には医療センター建設負担金と合わせて、私の試算では7億4,000万円程度の経常的経費が発生すると見込んでいるんですが、そのへんを払っていけるのかお尋ねします。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答えいたします。

 平成18年度予算案の中には、既にアリーナの維持管理費4,500万円。大網病院の繰出金といたしまして約1億5,000万円を計上しておるところでございます。議員のおっしゃるとおり7億4,000万円の支出を見込みとすると、実質的に増加するのは約5億円となるわけでございます。

 そこで将来にわたるこの経常経費の増加を行っていけるのかというご質問でございますが、財政収支のここ数年の状況や、今後の財政収支見通しから見ると厳しいと言わざるを得ないと思っております。

 本町も今まで以上に行財政改革をはじめ、組織の機構改革等を積極的に進めるなどして、経常的経費の抑制に努めているところでございますが、義務的経費の割合が高く、思い切った発想の転換による行財政改革を実施し、計画的に推し進めていかなければ難しいものと考えております。

 以上です。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 次に、昨年議会答弁で約束されました財政見通しの予測、責任は問われないという前提だったと思うんですが、財政課長としての見解をさらにお伺いします。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答えいたします。

 平成18年度までの三位一体改革につきましては、全体像が示されたところで、影響等が大体見えてきております。その後においても第2次三位一体改革が取りざたされている中で、中央財政の将来ビジョンが示されるまで行方が明確ではございません。

 国の政策も随時変更されていくことで、長期計画は立てにくい状況下でございます。現行の制度と現在見込めます制度改正の前提に基づきまして、向こう5カ年間において、毎年臨時的経費に充当可能な一般財源がどのくらいかということで、財政収支見通しを作成したところでございます。この財政収支見通しは、あくまで仮定でございまして、必ずしもこれからはこうなるということを示すものでありませんことを申し添えさせていただきまして、答弁も続けさせていただきます。

 財政収支見通しといたしましては、年度を追うごとに臨時的経費に充当可能な一般財源は減少していき、経常収支比率で表現いたしますと90パーセントを超える数値になると見込まれます。さらに歳入が伸び悩む一方で、公債費、扶助費、保険会計等への繰出しの累積が試算されているためでございまして、人件費も含めて行財政改革によって歳出総額の抑制を図るとともに、新税としての目的税などによります税収の増や、受益者負担の原則に基づく使用料収入によって、自主財源の増額を図らなければならないと考えておるところでございます。

 いずれにいたしましても、財政の硬直化が今後進んでいくことが予想される中で、財政収支については毎年度見直していくものとし、事態が変化すれば臨機応変に財政計画を改定していかざるを得ないものと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、今、財政課長から財政見通しについてご説明いただいたわけですけれども、町長の所感をお尋ねいたします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 まさに財政問題は大変その見通しも立てにくいと、経済情勢のこのような悪化の中で自主財源確保というものが、どの程度今後考えられていくのかということも大変予測するのが難しい状況下でございます。

 こういった中で、私ども行政の財布を預かる立場とすれば、やはり出を厳しくチェックした中で、適正に財源を使っていくということが肝要ではないかというふうに考えております。当然、私ども行財政改革がそれについていくわけでございますけれども、いずれにいたしましても、これから出ることは決して少なくなるわけではございません。

 先ほど申されましたけれども、山武郡市の今、医療センターにつきましても、議員の想定された金額以下にやはり我々は現在考えております。今、町村会の中で要望している事項は、現在、大網病院に一般会計から繰出しております財源以上に要望されるということは、今後、本町の財政運営に非常に困ると。したがいまして、それで納まるようなやはり医療計画というものを、ぜひ、検討していただきたいということで議論をしているところでございます。

 先ほど議員申されました内容につきましても、明確に決まっているわけではございませんので、今後、私どもの責任として、やはりできるだけ町の財政で耐えられるような医療構想の進め方というものを検討していく必要があろうかというふうに考えております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、私、先ほどオリンピックのメダルをとることを例にとりまして、データに基づいた予測ということを言ったわけですけれども、生きた、動いた競馬馬とかと一緒にするわけにはいかないけれども、そういう難しいものですらデータで語れる部分があるわけです。うっかりすれば歳入については、交付税がゼロ円になることはないという前提に立てば、もう残り幾らでもないじゃないですか。立てられるでしょう、仮定というのは。そのシミュレーションをやはり住民に正しく認識していただくべきじゃないですか。私はそう考えますよ。

 今、私の申し上げて、今の答弁をお聞きしますと、経常的経費で102億円と言ったら、今年113億円ですよ、予算が。金ないじゃないですか、もう。職員の給料と我々の歳費を支払って、あと住民に何もしないんですか。何が徹底を厳しくですか。そんな状態じゃないですよ、今はもう。もってくるところないじゃないですか。

          (「そのとおりだよ」と呼ぶ者あり)



◆(本間誠一君) それについて町長もう一度お願いします。

 前議会でも町長には、ある書面を渡したと思うんです。いや、お忘れですか。じゃ、申し上げます。職員給与の表です。そういうところから他自治体と我が町がどういうレベル、給与水準にしろ、何にしろどういうレベルにあるのか、そういうところをきちっと把握されて、正しい認識のもとに進められたらいかがですか。町長、答弁をお願いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 私なりに情報を集めて、将来のことを考えながら行政運営をしているわけでございまして、その中のデータが今どういうデータを入れたらいいのかということは、明確に我々今では及びもつかない内容が多いわけです、あまりにも。

 税収にいたしましても、それから町の今の経済状況から考えました法人税にいたしましても、すべて景気に左右される面もあると。あまりにも今、進み方が早すぎるんです。そういった中で、的確なデータのもとにシミュレーションを出してくれと言われましても、国が今後どういうような三位一体の内容でくるのかも、いろいろ不明瞭な点がたくさんあるわけでございまして、そういった意味で、先ほど担当課長から答弁をした内容でございまして、それに基づいて、我々は予算編成をさせていただいたと、そういうようなことでございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長も執行部も大変厳しい時代だというふうに認識しているわけですから、オープンに住民といいますか、町民にご説明になれば、理解が深まって協力も得られようというものだと思うんです。それを言いまして、次の質問に移ります。

 町長、「平成の大合併」の背景について、改めて町長はどのように理解しているのかお尋ねいたします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 過去に行われました2回の大合併につきまして、何を目的にしていたかということに関しまして、議員は「平成の大合併」でございましたけれども、その前の「明治の大合併」についてもちょっと触れたいと存じます。

 市町村に必ず小学校を持たせるというねらいが「昭和の大合併」が、市町村に必ず中学校を持たせるというねらいがあったというふうに言われております。最近でもそのくらいの規模を持つ基礎的自治体としての姿を目標としていたものと思われます。

 今回いわゆる「平成の大合併」につきましては、その必要性ということで、大きく4つのことがいわれております。1番目に地方分権時代にふさわしい基礎的自治体。2番目に少子高齢化への対応。3番目に住民の生活圏の広がり。4番目に国・地方の財政状況の悪化。以上4つの問題に関しまして、どれも重要なものばかりであることは今さら申し上げるまでもございませんけれども、これまでの大合併と異なることは、それではどのぐらいの規模の自治体像が目標とされているのかという点でございました。

 ようやく平成17年の7月に総務省が、市町村の合併の特例等に関する法律、いわゆる合併新法に規定される合併を推進するための基本指針を出したところでございます。県はその基本指針に基づき、市町村の合併に関する構想を策定することとなり、その構想を定めるための基準として、構想対象市町村の組み合わせを以下の3つに示されましたことから、現段階においては、これが目安の一つとして考えられるものと解釈をしております。

 その3つとは、生活圏域を踏まえ、行政区域の形成を図ることが望ましい市町村であること。2番目にさらに充実した行政権能等を有する指定都市、中核市、特例市等を目指す市町村。おおむね人口1万人未満を目安とする小規模な市町村となっております。このように総務省で3つの組み合わせを示している一方、首相の諮問機関でございます第28次地方制度調査会においては、道州制に関する議論が行われており、国、道州、市町村の事務配分について議論が行われております。

 最終的な答申はまだ出されておりませんが、道州の役割によっては市町村へ大幅な権限移譲がされる可能性があり、そうなると現在総務省で示している組み合わせで対応することは、可能なのかということが不透明な状況で、整合性がとれているのかどうか疑問に感じているところでございます。

 繰り返しになりますけれども、基礎的自治体の規模としてふさわしい姿が、いまだにはっきりと見えていないのが今回の合併の特徴であると思いますので、逆にそれがはっきりと見えてくれば、町の進むべき自治体の姿というものが見えてくるものと考えております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、もっと町長の頭の中にある自分の意見を聞きたかったもんだと思っているんですけれどね。私はこの「平成の大合併」の背景にいつの議会でしたか忘れましたけれども、要は介護保険制度の地域間のバランスをとるためにということが底流にあるんだよということを、この県の合併の枠組みに携わった方から聞いた覚えがあります。

 次に町長、昨日千葉市長に年始のあいさつに行かれたことはご苦労さまでした。私も時々、市長室の隣室までは行きますが、面談できるのはさすが首長だと思います。

 ただ、千葉市は今すぐの合併を望んでいないと感じられたのも、また無理からぬことです。目先だけのことを言えばヒアリング調査でも明らかなように、千葉市にとって特段のメリット、必要性が感じられないためとあります。町長もそのくらいは想像がつくでしょう。自身も合併を避けて通れないと言っている。今、頑張りで食いつないだとしても、先に明るさが感じられなければこの危機は乗り越えることができません。町長、決して先に合併を言い出したからといって、面子を失ったりはしません。逆に太っ腹と評価されると思うのは私だけでしょうか。

 自治体比較を早急に住民に知らせて、理解を求めるべきです。昨日、メリット、デメリットを精査してとの答弁がありましたが、行政のすべきことは、真実をそのまま住民に知らせることであり、注釈はつけるべきではありません。

          (「そうだ」と呼ぶ者あり)



◆(本間誠一君) 住民の判断にゆだねるべきです。そして、良民のため町長の仕事は相手に「三顧の礼」を尽くすべきだと思います。与えられた立場、器があります。私には町長に手伝えてもリーダーシップをとることはできません。堀内慶三さんにしか今はできないのです。いかがですか。お伺いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 合併問題につきまして、本間議員の考え方を今お聞きしましたけれども、まさに首長としてのリーダーシップがどうあるべきか、やはり町民の先頭に立つからにはリーダーシップを示して、町の方向性を定めていく必要があるんではないかというご提言ではないかというふうに考えております。

 ただ、こと合併になりますと、東金市が大変いい参考になったと思うんです。市長が一生懸命に山武郡市の合併をやるべきだ。議会の皆さん方の合併やむなしの同意をいただいた上でと、市長がおっしゃっておられましたけれどもね。でも、現実に住民の皆さん方の審判を仰いだら合併は要らないと。必ずしも首長の考えが住民の考えではないです。これは私ども深く認識しなきゃいけない課題ではないかと思っております。

 この大網白里町が50年前に合併をしたということは、もう皆さん方ご存知でございますけれども、そのときにどういうようなプロセスで合併へ進んでいったかと申し上げれば、商工会の皆さん方、議員の皆さん方、この方々が中心となって地域をまとめ上げていったと。その上で町長がバックアップして、この合併を成立したというふうに先人の方々がおっしゃっておられました。

 まさに大網白里町におきましても、町長が合併するとかしないとかじゃないと思うんです。本旨、本望とするところはやっぱり住民代表は議会の皆さん方、そして住民の皆さん方、それぞれがやはり熟度が増すことが一番肝要ではないかというふうに考えております。私自身も最終的にこの町が合併の方向性をとるならば、いろいろな住民の反応を私は確認する必要があろうかと思っております。そのときに、私どもだけで先走っちゃって、下がついてこないとなるとやはり町にとって大変不幸な結果を招くわけでございますから、そういった意味で、私は考えております。

          (「もう、招いているじゃないか」と呼ぶ者あり)



◎町長(堀内慶三君) 以上であります。

          (「住民の真意を問えばいいんだよ」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、今、東金市のことを申されましたけれども、私は住民に広く公開してこなかったことが、ああいうことを招いたんですよ。そういうふうに私は解釈するんです。町長ご自身で合併は避けて通れないって言うんであれば、と言いながら、単独市制の人もいる。いろいろなことは出すけれども、じゃ、情報提供なされたかといったら、なされてないじゃないですか。

          (「そうだ」と呼ぶ者あり)



◆(本間誠一君) 町長がどうして自分が合併が避けて通れないっていうふうに議会で再々答弁されるんですか。もう一度そこのところを言ってください。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 当初から私が合併は避けて通れないということは、皆さん方に答弁したとおり財政の問題、それから少子化の問題、さまざまな内容が伴っている。したがいまして私どもは合併は十分考えなければいけないよということで、議会の皆さん方、合併について検討してくださいという私は答弁をしたわけでございます。今もその考えは変わっておりません。私のやれる範囲、例えば、先日も答弁したとおり、私自身がやはり千葉市に行って、千葉市の見解を聞くこと。東金市、九十九里町、今残っているのはこの南部の方ではこの2地区でございますから、そういった地域への考え方というものは、私は私なりに情報収集というのを努めているわけでございます。決して私は合併しないというふうに皆さん方に言っているわけではございません。

 ですから、そういった意味で、状況がそろえば合併も私はあり得るよと。ただ、現時点ではそういう状況下にないわけでございますから、単独でやっぱり行財政改革をしながら、やっていこうということで、皆さん方に提言したわけでございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 町長、言われていること私は理解に苦しむんですよ。町長が合併は避けて通れないっていうことを、今の町長の言葉でいけば民衆は理解してくれていないというふうに聞こえるんです。であれば、首長としてそういう心配ごとに、町長にすれば心配事になるかどうかわかりませんけれども、こういうふうに強く思われれば思われるほど、そういう情報を広くオープンにすべきじゃないですか。そういうことを申し上げているんです。もう一度お願いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 今までの時期の中で、例えば千葉市、山武郡市、そういった中で完全にお互いに合意に達せられるような状況下の中で進んでこなかったのは一つ。その中で私もやはり時期がくれば自分の政治生命をかけた中で、町民の皆さん方に提案するのは当然のことでございます。ただ、今のような状況下の中で、私が言うべきか、言うべきでないか、やはり熟度の増した時点で私はきちっとそのへんは提言して、住民の皆さん方に周知させる必要があろうかと思っております。

 ですから、私がいつまでもわけのわからないような方向性じゃなくて、やはり今後の過程の中で、そういう時期はいずれくるかと存じております。私も議会の皆さん方からどっちを向いてんだかはっきりしろよというご質問大変いただいた中で、平成14年初頭に現時点では単独で行かざるを得ない、行くべきだという私は表明をさせていただいたところでございまして、そういうことで、私の今後の政治生命の中で、そういう時期がいずれ来るかと思いますので、そのときは明確にやはりそういう方向性で、住民の皆さん方の考え方をまとめていく必要があろうかというふうに考えております。

 今、いたずらに、いたずらと言うと語弊ございますけれども、いろいろな情報を発するということは、住民の皆様方もいろいろ混乱させる原因にもなりかねませんので、私はそういうことはできるだけ避けていきたいというふうに考えております。

          (「混乱するかしないか、やってみなきゃわかんないだろうよ」「町長が決めることじゃないでしょう。住民が決めることでしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 同僚議員の励ましが多くて、私が何を言っていいかわからなくなっちゃって……。

 町長、私は町長のその時期が来たらというのが、どういうものをもって言うのかが理解できないんです。先ほどの財政、県にいわせますと、財政が行き詰まったからそれを前提に合併するだなんては愚問だということはもちろん承知していますし、その前に住民に理解を求めるべきじゃないでしょうか、ということをお聞きしているんですけれども。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 私の言いたいことは、今仮に、住民の意識が合併をしたいという結論が出たときに、じゃ、その合併が可能かどうかということは、相手があっての話でございますから、私はやはりそのへんを責任ある見解をただしていかなければならないと思うんです。今まで四街道市にしても、「ただ千葉市と合併したい、合併したい。」と言って、最終的にああいうふうに破れたじゃないですか。やはり首長として、私はやっぱりある程度住民の温度も見なきゃいけないし、千葉市の温度も見なきゃいけないと思うんです。そういう責任が私は首長ではないかということを言いたいんです。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 質問を変えます。

 町長は千葉市は合併にその気がないんじゃないかというようなことを言われますけれども、合併基礎調査報告書をまとめたことに対しては、どのように解釈されておられますか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 千葉市におきまして、大網白里町、四街道市というのは、長年の合併を対象として考えられてきた地域だというふうに私は考えております。ということも過去に大網白里町は土気が千葉市へ編入されるときに、そういう実はいろいろないきさつがあったとも聞いております。

 したがいまして、千葉市が仮に合併を考えるならば、今、四街道市と大網白里町だと。隣接しているところとして、そういうような見地から調査は私はされたものだというふうに考えております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 今までの大網白里町の出方に対して、先だっての町長が感じられたようなことがあるんだろうと私は考えていまして、千葉市にその気がないなんていうことはあり得ない。むだ金を使ってわざわざ大網白里町との合併のシミュレーションをつくるだなんてことは考えてもいなければ、やるわけがないんです。

 ただ、今、後で言おうかなと思いましたけれども、今の関連で申し上げますと、今回県に出されたヒアリングの一節に、大網白里町が千葉市に……たくさん東金市から九十九里町、茂原市、白子町、千葉市ってあるわけですけれども、この中で「地理上隣接しているが、行政面での結びつきがほとんどない。」こんな負の表現をわざわざ県に出すというところも、行動自体を疑いますよ。東金市ですら300メートルぐらいしか千葉市と隣接していないんですよ。土地の隣接でいけばですね、間口が。それを町長、聞いてくださいよ。東金市でも千葉市との結びつきをアピールしているんですよ、この中では。こういう表現は全くもって私にすれば理解に苦しみますよ。何を考えているのか。答弁を求めます。



○議長(瀧澤正之君) 暫時休憩いたします。

               午前11時53分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時55分 再開



○議長(瀧澤正之君) 再開いたします。

 企画政策課長、古山正洋君。

          (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 今、ご質問の行政圏での一体性があるかどうかという問いでございますので、現在、行政面で千葉市との事務的な連携というのはほとんどないというような観点からここに記述したということでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 私の申し上げているのは、企画政策課長、負の表現をわざわざなされるのかということを聞いているんですよ。例えば、東金市のちょっと読みましょうか。「九十九里町、成東町、千葉市、生活圏としては周辺町村を商圏として商業が発展してきている状況であるが、本市としては千葉市の商圏でもあるという、二重性を持っていると考えている。」私が先ほど負の表現と言いましたように、何もこんなこと出さなくていいんじゃないかということを言っているんですよ。もう一度答弁してください。

          (「そのとおりだ」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 企画政策課長、古山正洋君。

          (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 商圏につきましては、行政圏とは違うという認識でございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 次の質問します。

 総合計画の前期5カ年において、当初計画事業の進捗状況は25%程度ですが、先送りした事業も含め、どのように対応されるおつもりですか、お尋ねいたします。



○議長(瀧澤正之君) 企画政策課長、古山正洋君。

          (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 平成17年度末までの見込み額を進捗率といたしますと59.3パーセントとなっているというところでございます。その中で、先送りした事業もございます。その対応ということでございますので、これらの先送りした事業を含めまして、当初計画した事業すべてにつきまして、後期5カ年計画での実施につきましては、近年の財政状況等考えますと、かなり厳しいという状況でございます。その中では、総合計画を定めた各分野の施策の方向といったものは維持しながら、より緊急性が高く、また極めて効果が期待できる事業を厳選いたしまして、後期5カ年実施計画を現在策定しているところでございます。

 なお、今後も町民アンケート、そしてまたその中の重要度、満足度、それらを的確に把握いたしまして、またさらに行政評価を活用いたしまして、5カ年実施計画を遂行してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 特定財源としての目的税の新設、使用料の見直しを事務方針または県に対してのヒアリング調書で述べておられますが、内容を具体的にいつからかお伺いいたします。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答えいたします。

 目的税の新設、使用料の見直しの内容をということでございますが、将来の財政運営の観点から申し上げますと、歳入の確保と歳出の削減をあわせた中での運営をしていかなくてはならないと思っております。

 このようなことから、目的税とはすなわち都市計画税の新規賦課でございます。本町の都市計画は、都市の健全な発展と秩序ある整備を目的として、市街化区域と市街化調整区域の線引きを定めています。このような観点から地方税法第102条第1項によりますと、都市計画事業、または都市区画整理事業に要するに費用に充てるために、目的税として課税されるものでございます。

 また、使用料の見直しにつきましては、受益者負担の公平性の観点から今後は将来においてもあわせて検討していくべきものと考えているところでございます。

 以上です。



◆(本間誠一君) 今の件で改めてお尋ねいたします。

 都市計画税導入の場合の地域の範囲をちょっとお尋ねしたいんですが。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 今、地域はどのようにということでございますけれども、私がこれ大事なことでございますから、必要性についてからお話をさせていただきたいと存じます。

 近隣の市におきましては、都市化に伴いまして、既に都市計画税を導入しておられます。県内で都市計画区域を定め、線引きをしている市町村の中で、30市5町2村ございますけれども、この都市計画税を導入していないのは2市1町1村。浦安市、これは不交付団体でございます。それから富津市。この富津市におきましては平成19年までに賦課の予定だというふうに聞いております。また、本埜村そして大網白里町のみでございます。

 このような状況の中で、都市計画事業を実施しております本町におきましては、下水道、道路、公園などの基盤整備や町政の重要な柱となってきております。これらの事業に対しまして、他の一般財源から多額の財源を充当している状況の中でございますが、これに対応する財源がないというのが現状でございます。これらにかかる財源の不足から他の一般事業にも大きな影響を与えること、また、今後住民ニーズの増大する中におきまして、行財政需要への対応、そのほか都市計画事業などの区域におけます本来の受益者負担の制度や、近隣市町村の税負担のバランス、市街化区域と市街化調整区域の課税の均衡、さらに地方分権の趣旨にあたります財源の充実確保などをかんがみるならば、近隣市と同様、早期に導入する必要があるではないかというふうに考えまして、今回そのような内容を付させていただいたところでございます。

 しかしながら、このような税を勝手に住民の皆さん方に賦課するわけにはまいりません。当然議会の皆様方と今後この税についてご審議をいただきながら、そしてどういうような対応が、またどういうような税率でやるべきが妥当なのか、そういった面について十分議論を交わした中で、町は取り組みべきというふうに考えております。

 したがいまして、地域だとか、あるいはいつからということは現在のところは考えておりませんけれども、早急にやはり対応を考えていくべきではないかというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 今回県にお出しになられた合併推進構想策定にかかわる市町村ヒアリング調書の中から、質問させていただきますが、まず、このような大事なことは少なくとも議会にも相談してほしかったと思いますが、どのようないきさつで議会といいますか、執行部だけでお決めになったのか、そのへんをちょっとお尋ねしたいんですが。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 本内容につきましては、町へ質問されてきた内容でございまして、議会とともに整合のとれた内容を公表しろということではございません。そういった意味でご理解を賜りたいと存じます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 県の調査に対して、合併検討の意向についての項目につきましては、検討をしていく意向である。(県の合併推進審議会を注視する)とありますが、県から示されなければ合併のための検討はできないのでしょうか。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 大村議員にもお答えしたかと存じますけれども、千葉市と合併について、個人的に向こうの市長と話し合いをしたのも、合併に対する私の協議ではないかなというふうに考えております。

 また、山武郡市内におきましても、九十九里町や東金市と合併についてのそういった内容について、協議会こそ立ち上げてございませんけれども、やはりそういった積み重ねが私は合併をするならするようにつながっていくんではないかというふうに考えております。

 したがいまして、文章で明確化にどうこうという内容ではございませんけれども、私たち、また議会の皆さん方も絶えずやはりそういった内容につきましては、ご審議をお願いしたいというふうに考えております。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 県の合併推進構想策定審議会から発行されたものでいきますと、うちの町は周辺の今まで話題といいますか、のぼった地域に対してのことは表現されていますけれども、東金市につきましては、現在その合併するつもりはありませんか。

 また九十九里町につきましても、これからいきますと、東金市との結びつきが強いということをうたっていまして、反面、私もちょっと肩透かしかなというふうなことは感じております。そういうことがありまして、それが私のこれを読んだ感想なんですが。

 次の質問に移らせてもらいますけれども、町長、このうちの方から出された資料の中に、ちょっと私は本当は頭にきていることがあるのは、中長期的に見込まれる課題と対応ということで、「5団地における高齢者世帯の増加による地域の活性化の喪失と税収の減少による財源確保が課題となる」時間がないのでここで切りますけれども、じゃ、5団地が高齢化だと言うんであれば、よその地区とどのように高齢化なのか、それを発表してください。



○議長(瀧澤正之君) 企画政策課長、古山正洋君。

 簡潔にお願いいたします。

          (企画政策課長 古山正洋君 登壇)



◎企画政策課長(古山正洋君) お答えいたします。

 長期的な推計にあたりましては、今、不確実な時代で大変難しいところがございます。その中で企画政策課独自での推計でお答えをさせていただきますが、オーソライズされたものではございませんので、そのへんはご承知おきいただきたいと思います。

 時間の関係上、詳しくご説明できませんが、平成47年までの推計にいたしますと、急激に高齢化していくという状況がございます。これについては、一般論におきましても、住宅購入者が一挙に増えてくるわけですので、その分を将来的に見ますと、一気にまた減少してくるという状況がございます。これについては、ちょっと時間の関係で詳しくはご説明できませんが、将来的には高齢化が進むということでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 本間誠一君。



◆(本間誠一君) 答弁になっていない、今のは。5団地がどうして高齢化だっていうことを聞いているんで、将来見通しなんか聞いているわけじゃない。

 これで終わります。



○議長(瀧澤正之君) 以上をもちまして本間誠一君の一般質問を終結いたします。

 暫時休憩をいたします。

 なお、午後1時から再開いたします。ご苦労さまでございます。

               午後0時11分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時01分 再開

出席議員 21名

欠席議員 1名でその氏名は次のとおり

     内山孝次郎君



○議長(瀧澤正之君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、内山 清君の発言を許します。

 内山 清君。

          (内山 清君 登壇 拍手)



◆(内山清君) 皆さん、引き続きご苦労さまです。

 私は、日本共産党を代表し、5万町民の健康と暮らし、営業を守る立場から町当局が積極的な施策を講じられるよう強く要望し、通告してあります5点について質問をいたします。

 質問の第1、町民の健康づくりについて伺いたいと考えます。

 2002年の高齢者の患者負担増にあわせて、2003年4月のサラリーマン3割負担に続いて、2006年国会での医療関連法案等、医療をめぐる環境はますます大変になることが予想されます。今こそ医療制度を悪くさせない運動と、いざ病気になったときに安心して医療が受けられる環境づくりを進めていかなければならないと考えます。そして誰もが願う健康であるために健康づくり、予防活動がどう取り組まれているのかお聞きしたいと思います。

 はじめに、大網白里町町民の疾病の特徴とその状況をお聞きしたいと考えます。

 次に、予防活動、予防治療はどう取り組まれているのか。とりわけ今、社会的に大きな問題になっています生活習慣病、この生活習慣病が子どもたちにも大きく広がりつつあるこの現実。太った子どもが6人に1人と言われています。この指摘をどう受けとめられているのか。子どもの偏食、好き嫌いの問題もあわせてお聞きしたい。この内容については、後で質問します農業行政の質問の中でも触れたいと思っています。

 去る2月12日、東金病院の院長の話を伺うことができました。患者1人当たりの人工透析に投じられる健康保険からの高額な支出、患者負担の軽減や治療方法に、診療所、医院でも対応できる取り組みとネットワークづくり、この話には大変感動をしました。また別の集まりで聞いた、県立東金病院の看護師の話では、山武地域は糖尿病による足の切断が異常に高い比率にあるという話はショックでありました。そのための予防活動、食生活の改善、指導もあわせて伺っておきたいと思います。あわせて、健康増進の施策、実施状況と内容、今後の方針についてもお聞かせいただきたいと思います。

 いま1点は、最近オーダーメード医療という言葉を耳にしますけれども、これが一体どういうものなのか教えていただきたい。

 いま1点は、莫大な予算を投じたアリーナも8月にオープンの予定ですが、町民の健康増進にどう役立てるのか、どう活用されるのか、この辺についても具体的に、町長からは基本的な答弁をいただきたいと思います。

 以後の発言は、発言席より順次進めていきたいと思います。

          (内山 清君 発言席着席)



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 アリーナの今後の活用方法について、町長の思っていることをというようなご質問の趣旨でございましたけれども、議会の皆さん方のご協力をいただいたおかげで、多くの予算を投入いたしましたアリーナも、5月いっぱいで完成のめどが立ったわけでございます。8月1日を竣工の儀式の日というふうに現在予定しているところでございますけれども、多くの町民の皆様方にご活用いただきたいというのが私の本音でございます。

 内容的には、今までに皆様方にお話をしてまいりましたけれども、バレーボールコートが5面をはじめ、あるいは武道場、あるいは他のスポーツ、そしてまた高齢者向きの筋力トレーニングできるような、そういうような施設も兼ね備える予定で、今進んでいるところでございます。

 こういうことによって、やはり今は病気も予防の時代だと言われております。そういうのに対応するためには、健康増進が最大のやっぱりこれは大事なことでございまして、多くの方々がさまざまなスポーツに興じていただけることが、私は一番いいことではないかというふうに思っております。

 また、1,000人からの方々が、集会施設としても今後ご活用をいただくわけでございまして、そういった意味からも、今までお話ししましたけれども、成人式においても多くの若者が後ろに立っているような現体制から、今度は全員が余裕を持って座れる成人式も可能になると、そういうようなわけで、大変私は大事な施設として、皆さん方に愛していただきたいというふうに願っているところでございます。

 最後に申し添えたいことは、今日、議員からもご質問ございました。問題は運営をどういうようにコスト削減に踏み切っていくのかというようなお話もございました。限られた財源の中で、やはりこれだけの施設を運営していくとなると、それなりの運営費が当然必要となるわけでございますけれども、できるだけボランティア団体、あるいはスポーツ各種団体の皆さん方、そういった方々のご支援をいただくとともに、運営方法についても、今後やはり研究をしてまいる必要性があろうかと思っております。

 今回の自主運営につきましては、検討委員会の皆さん方の内容によりまして、とりあえずは自主運営をというような内容をいただいたわけでございますけれども、今後におきましては、町がさまざまな施設について検討しております指定管理者制度、このような内容も検討をしていく必要があろうかというふうに考えておるところでございます。

 いずれにいたしましても、5万余の町民の皆さん方が有効に使えるようなアリーナとして、今後とも町民の皆様方に広く周知徹底をさせながら、みんなの殿堂として今後運営をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(瀧澤正之君) 健康福祉課長、佐藤重雄君。

          (健康福祉課長 佐藤重雄君 登壇)



◎健康福祉課長(佐藤重雄君) お答えします。

 まず、町民の疾病の特徴とその状況についてとのご質問ですが、町が保険者である国民健康保険加入者の状況について、平成17年5月診療分の疾病統計の全体の疾患を見ますと、高血圧、脳血管疾患、心疾患等の循環器疾患、歯科疾患、眼科疾患が多く見られ、年代別に見てみますと、50歳までの受診状況は齲歯等による歯科疾患や風邪等による呼吸器疾患が多く、19歳から34歳まではうつ病や統合失調症を含む、精神疾患での受診が目立っております。50歳以上になりますと、高血圧等の循環器疾患が1位となり、糖尿病等の内分泌疾患の受診も目立っております。

 次に、町で実施しております基本健診の結果から見ると、血圧、糖代謝、脂質等での異常者のいわゆる高血圧症、糖尿病、高脂血症などの予備軍と言われる人々が多く見受けられます。疾病統計や健診結果から見ても、悪い生活習慣が原因となっている生活習慣病が特徴として挙げられます。

 次に、予防活動について、特に子どもたちへの生活習慣病に対する予防活動について、町の所見を伺いたいとのことでございますが、1点目の社会的に大きな問題となっています子どもたちの間に広がりつつある生活習慣病予備軍の問題ですが、確かに今の生活を続けていくと、将来生活習慣病を発症する恐れのある子どもたちが多く見受けられます。三つ子の魂百までと申しますが、健康福祉課といたしましては、規則正しい生活習慣を身につけられているかどうか、3歳児健診においてチェックを行っております。この中では、将来肥満になる傾向と言われている肥満度15パーセント以上の3歳児が6〜7パーセントおります。また、市川市が小・中学生に健康調査を実施し、その結果100人に5人は、成人病予備軍という結果が報道されたところでもございます。この数字が多いのか少ないのかは比較するデータがありませんが、決して少ない数字ではないと思われます。

 そのほかにも、生活リズムの乱れから朝食を欠食する児童等が増えています。また野菜嫌いの児童等も多く、親の生活習慣が大きく影響しているものと推測されるところでございます。このような状況から、幼児期からの生活習慣改善が、生活習慣病予防の重大な鍵になると考え、乳幼児を持つ親に対し、規則正しい生活習慣が身につけられるよう、特に食生活に関しては、町食生活改善協議会の協力を得ながら、薄味、バランスのよい食事などについて、調理実習や個別指導などに取り組んでおるところでございます。

 2点目の成人に対する健康づくり、予防活動といたしましては、住民基本健診を基幹事業として、運動方法、食生活、生活全般などについて、個々人に合った内容で支援する個別健康教育、また健康相談の開催、正しい知識の普及のための講演会の開催などが挙げられます。住民一人ひとりが自分の健康について考え、実践できるよう医師会や町食生活改善協議会など、関係団体の協力を得ながら支援してまいりたいと考えております。

 次に、町の健康増進施策についてでございますが、現在健康日本21が計画され、千葉県においても、健康ちば21が策定されておるところでございます。町では、今のところまだ未策定でございますので、この健康増進計画を策定し、健康なまちづくりに向け進んでいければと考えております。住民の声を反映させた計画づくりができるように計画策定に向け、鋭意努力してまいります。

 最後になりますが、オーダーメード医療とはというご質問でございますが、私どももよく掌握はしておりませんが、現在医療研究機関で研究が進められているとのことでございます。内容は、近年のヒトゲノム解析研究の成果をもとに、個々人の薬物反応性などの体質や病気の質の違いを考慮に入れて、個々人に最も適した医療を行おうとするもので、これまでの病名が決まるとそれに応じた画一的な医療を行う医療に比べまして、コストは高くなるが、副作用の少ない効果的な医療が期待でき、個人化医療とも言われ、21世紀の医療の中核になると予測されているものだそうでございます。

 以上です。



○議長(瀧澤正之君) 内山 清君。



◆(内山清君) 今一通り、町の現在の政策、これからの方針に若干触れていただいたわけですけれども、健康づくりの基本は食生活だというふうにも言われています。今、課長の答弁の中にもありましたように、子どもたちの中では、あるいは若者の中でもそうですけれども、朝食をとらない生活というのが定着しつつあるというんですかね。このことが健康を維持していく上で、大きな影響になるという点では、これまでも当然取り組まれてきたというふうに思いますけれども、やはり幼児教育あるいは学校教育、とりわけ学校給食といういい制度があるわけですから、それを生かした取り組みというのが今後必要になってくるんではないか。

 一方で、生活習慣病、それは承知の上だけれども、過密労働で食生活がきちっと決められた時間にとれないという問題、過労から仕事が終わったら一杯飲んで寝てしまうという状況がその背景にあるわけですから、その環境づくりにもやっぱり行政としては目を向けていく必要があるんではないか。

 それからもう1点は、やはりそれぞれが同じ会社に向かわれるんであっても、歩く時間を増やすとか、自転車に乗る時間を増やすとか、歩く場合でも早足で歩くとか。また目の問題で言えば、遠くを見るとか、緑を見る、青空を見上げる、星空を見上げるというのが万病を防いでいる点でも大いにそのことが評価されるわけですから、一人ひとりが、自分の体を心配しながらもなかなかそういうものに取り組めない環境を改善すると同時に、その中でも1つでも取り上げられるような方策というのが、今後求められていくというふうに思います。

 これからも集団健診がその基本だというふうに課長答弁されましたけれども、やはり財政難から来るのかどうかわかりませんけれども、これまでですと、がん検診というのは個々、別な形での募集があったんですが、広報で、あるいは回覧板で回した中で往復はがきで申し込んでくださいと。このことがやはり受診を、あるいは検査を遅らせることにつながるというふうにも私はどうしても見てしまうんですけれども。こういうものをどう徹底していくのか。住民健診でのこれまでのあり方の反省、そしてこれからの取り組み方について、担当課としてどう考えられているのか、その点は簡単で結構ですからもう一度お答えをいただきたいというふうに思います。



○議長(瀧澤正之君) 健康福祉課長、佐藤重雄君。

          (健康福祉課長 佐藤重雄君 登壇)



◎健康福祉課長(佐藤重雄君) お答え申し上げます。

 がん検診等につきましては、議員おっしゃるとおり、今措置をとっておるところでございます。今後の対応につきましては、今までとってまいったその状況等を踏まえた中で、今後の実施状況、これを見た中で、また考えていければと思っております。



○議長(瀧澤正之君) 内山 清君。



◆(内山清君) 住民健診が基本だというのは、これは当然のことであります。その基本に忠実に、1人でも多くの方が住民健診が受けられる。そのことによって早期発見、早期治療が可能になってきます。と同時に、予防活動が一方で求められるわけであります。担当課としては、やはり受診率が高まる、あるいは健康診断が徹底できることによって、そのことが医療費の抑制にもつながりますし、それからそれぞれの健康保険への、とりわけ町が所掌する国民健康保険財政への影響にもつながってくるわけですから、徹底した予防活動、さまざまな形での健康増進運動をこれからもぜひ進めていっていただきたい、このように強く要望して、この問題での質問を終わりにしたいと思います。

 質問の第2は、ごみ減量化について伺いたいと思います。

 これまでも毎回のように指摘をし、提言をし、町の対応を伺ってきたわけですけれども、家庭内のごみ有料化が言われている中で、私は町として、自治体の固有の仕事として有料化を容認することはできませんが、一方自治体の負担をできるだけ軽くする、こういう立場で十分対応することが求められています。これまでもごみの減量化、資源の有効利用促進が重要課題だとして、さまざまな啓蒙、啓発が行われてきましたが、いま一つ決め手がないようにも見えます。いま一つ、啓蒙、啓発が浸透していないようにも受け取れます。そういう観点から、まず、ごみの実態をもう一度明らかにする。どこからどれだけ出ているのか、どう処理されていて、どのくらいのお金がかかっているか、どんな影響があるのかを知ることだと考えます。

 毎日毎日、私たちは何らかの形でごみを出しています。一人ひとりが日々かかわっているわけですから、ごみ問題で関心が高まれば、それは住民共通の関心にもなりますし、ごみを減らす運動が大きく広がっていく可能性があります。

 具体的にお聞きしたいと思います。

 町民アンケートの中のごみ処理に関する結果をどう見るのか。また広報での周知も一定の効果はありました。これは十分評価をしたいと思いますけれども、しかし十分とは言えない。この循環型をどう進めるのか。住民の協力、関心を高めるために、例えば出前講座といいますか、リサイクル交流会等、こういうような呼びかけ、働きかけが必要だと考えます。見解を伺っておきたいと思います。

 次に、プラスチック容器やペットボトルの容器の包装が、日本のごみに占める割合は、重さで2割、容積で6割。これを完全リサイクルすれば、ごみは大幅に減るわけですけれども、容器包装リサイクル法は95年に制度化され、プラスチック類が2000年から対象となりました。しかし、プラスチック容器やペットボトルは、軽く、かさばるために回収効率が悪い。集めた容器の選別も自治体の責任です。一番お金のかかる部分が自治体に担わされている。こういう点からも事業者負担にする。生産者責任といいますか、こういう言い方もあるわけですが、容器包装の価格に反映させることを関係機関に、担当課・町長は強く求めていくべきではないか。そういうふうに考えますが、その点についてもお答えください。そしてその関係機関に働きかけていくためにも、今の町のごみの実態というのが、数字を出して求めていくことが非常に大事になってくるんではないか。

 リサイクル法は10年で見直しをするわけですから、去年が多分見直しの年だというふうに思いますけれども、この見直し法が、具体的に担当課が所掌する中でどういうふうに改正部分が変わってくるのか、これは今後の形になるわけですけれども、その取り組みなどもお聞きをしておきたい。

 以上、お答えをいただきたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 生活環境課長、鵜沢邦男君。

          (生活環境課長 鵜沢邦男君 登壇)



◎生活環境課長(鵜沢邦男君) お答えいたします。

 まず、町民アンケートのごみの分別収集体制についての結果でございますけれども、おおむね6割の方が満足、やや満足していると回答をいただき、またその重要性に対しましても、同じく6割の方が認識している状況でございますが、その反面、約3割の方はやや不満、不満であるとの回答結果から、今後これらの評価をもとに、ごみ処理に関するさらなる研究が必要であろうと考えております。

 次に循環型をどう進めるか、また分別化の徹底についてお答えいたします。

 循環型社会を実現するための基本であるごみの発生抑制とリサイクルは、環境負荷の低減とその処理に要する歳出コストの削減につながるものと考えております。昨年2月の広報で、住民1人当たりに要するごみの処理経費、それと排出量を掲載しました。そのほかに資源リサイクルの情報をたびたび掲載してきたところでございますが、前年同月と比較いたしますと、1月末の実績といたしまして、可燃ごみで178トン減量し、またリサイクル倉庫の回収量が52トン、地域の集団回収量が94トン増加したことにより、合計324トンが焼却せずにリサイクルされ、ごみ処理量が削減したわけであります。しかしながら、本町の可燃ごみの処理費の約2.9パーセントの削減にすぎず、今後もこうした減量化に向けたPRをさらに推進しなければ、ごみ処理費の軽減にはつながらないものと認識しております。

 こうした状況を踏まえますと、議員ご提案の出前講座は、資源循環型社会の構築に向けた町の取り組みを直接住民の方々にご理解、ご協力いただける有効な方策の1つとして考えております。この出前講座の進め方といたしまして、住民ボランティアによるごみの減量化推進アドバイザーを養成し、ごみ処理の現状と減量化に向けた実践活動を推進する形態も含め、現在検討しております。

 また、そのほかの容器リサイクル法の問題でございますけれども、これにつきましては、今後県町村会等を通じまして、要望してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 内山 清君。



◆(内山清君) これまでさまざまな減量化に向けた取り組みをされてきたという点では、一定の評価をしたいというのは先ほど申し上げたとおりであります。そういう努力を積み重ねた結果としても、全体の占める割合の2.9パーセントにとまっているという、こういう回答があったわけでありますが、ごみの分別については、よく何人かのほかから越されてきた方々の中には、そういう分別でいいんですかというふうなことを聞かれることがあるという話も聞くわけです。そういう点では、分別の徹底というのはまだまだ住民の皆さんに協力をお願いすることが大事だというふうに思います。まだまだ分別については徹底し切れていないというふうにもとっていいと思います。

 それから、これまでも何度も指摘してまいりましたように、生ごみの堆肥化というんですか、自家処理という形で進めていくことが求められているわけであります。これもコンポスターを利用して、家庭内の生ごみは堆肥にして、植木の肥料にする、あるいは家庭菜園のよき肥料として使われているということもこれまで進めてまいりましたし、一定の前進はあったというふうに見ているわけですけれども、これをもっと大きな角度で取り上げていく必要があるというふうに思います。せっかくの資源ですから、ある意味では自然に帰していくことによって環境も守れますし、町の財政上にも大きなプラスになるわけですから、この点での取り組みは一段と今後強めていただきたい。具体的に産業振興課などと連携をとりながら、生ごみを収集してそれを堆肥化していく装置、そしてそれを農家に配分して畑で使ってもらう、そういう循環システムといいますか、そういう方策も今後の課題として進めていかなければならないというふうに思います。

 いま1点は、何といっても増え続けていますプラスチック容器の問題です。これは国や関係機関に向かって、住民の声を届けていくということですけれども、せっかくリサイクル容器法ができて10年、そして去年あるいは今年に入っているかどうかわかりませんけれども、見直しがされているわけですから、ここできちっとさせていく必要があると。やはりペットボトルの瓶というんですか、こういうものはデポジット方式という方式がありますけれども、ここを生かすことがされなければ、依然として容器は大量生産し、大量使用して、大量破棄、そして焼却ということになっていくわけですから、当然そこで発生する自然への影響、こういうものも当然念頭に置いて取り組んでいく必要があります。年々増え続けるごみ、それにかかわる経費、即ごみ袋の有料化というふうになるということは、やはり行政としては責任が問われるんではないか。そういう点でもぜひ今後の課題として取り組んでいただきたいと、これは要望にとどめておきたいと思いますので、ぜひ私の要望が実りますようなそういう施策、運動を今後強めていただきたい、こういうふうに思います。

 それでは、質問の第3点に入ります。農業行政について伺いたいと思います。

 増え続ける農産物の輸入、自由化、規制緩和の名のもとに、農業経営は一段と厳しさを増しています。今日はとりわけ遊休農地の拡大の問題。中でも畑の遊休地が本町でも進行しているのは見たとおりであります。

 内閣府が2月18日に発表した、都市と農山村の共生に関する世論調査では、都市部の住民で、週末は田舎で過ごしたい、こう考えている人の割合が団塊の世代を含めて50歳代では最も高く、半数近くで、そのうちの3割が定住を望んでいることもわかりました。週末の田舎暮らしを望む人37.6パーセント、50歳代では45.5パーセント、60歳で41.4パーセント、40代で36.2パーセントとなっていると発表されています。その中で定住願望は20.6パーセントですから、かなり高い。5人に1人は田舎に移り住んでそこで暮らしたいという願望を持っていられる、そういう結果が出ています。

 そこで遊休農地を解消する一環として、この方向性を今後の課題として考えていくことを求めて要望しておきたいと考えます。そういう観点に立ってのグリーン・ツーリズムの施策。かつて町長は、今進められています瑞穂土地改良の中で、そういう位置づけができたらしていきたいというふうな発言を町長から聞いたことがあります。この場所でお聞きをしてあります。このグリーン・ツーリズムの施策と海岸の民宿との連携を視野に入れた施策を打ち出してはと考えますが、見解をお聞かせいただきたいと思います。

 それから農業問題の一番最後にお聞きをしたいと思っていましたが、昨日もこの問題に大村議員が触れられていましたけれども、十分な回答がなされないまま時間的に打ち切られたという経過がありますんで、いま一度聞いておきたいと思います。

 それは、砂田地区で進められてまいりました農業特区、特区は解かれたというふうにも聞いていますが、確か7町歩用意したと思うんですが、実際にはその1割程度しか利用されていないではないかというふうに仄聞もしていますけれども、この問題はやはり遊休農地の解消という点でも非常に大事な取り組みであったわけですから、この具体的な現況とそれから今後、なぜそのことが十分生かされていないのか、それをどう生かしていくのかを伺っておきたいと思います。

 それでは、農業問題の2点目では、先ほどの健康づくりの質問とも関連してまいりますけれども、小・中学校における体験農業、食育の面からも子どもの生活習慣病の予防の一環としても、偏食をなくしていくためにも、自分たちでつくった物を食べたり、好き嫌いをそういう機会を通じて、少しでもなくしていく、こういう取り組み、とりわけ学校給食に取り入れていただくことができないのかどうか。これまでも地元の野菜を学校給食にという提言はしてまいりました。

 いま1点は、学校給食での米飯給食が、かなり多く取り組まれているようであります。これは正しく評価をしたいと思います。そういう中で仄聞するところによりますと、米飯給食を扱っているところで、本来ですと、大網白里町産のお米が使われることになっていますが、他町村の米袋をそこで見たという話もありましたけれども、間違いであってほしいというふうに思いますけれども、そこらへんの真意も伺いたいと思います。

 それからいま1点は、これも前にもお願いをした経緯がありますけれども、現在は大網白里町産の多分金谷米のふさおとめが使われる話になっていますけれども、これがこしひかりを子どもたちに食べさせることはできないのかどうか。私が前の質問で聞いたときは、やはり給食費に上乗せになってしまうという観点から現状では無理だというふうにも、多分そういう答弁だったというふうに思います。せっかく本町でとれたお米、とりわけおいしさでは定評のある金谷米ですから、そういうものが大網白里町の子どもたちに、学校給食として提供できるためにはどうすればいいのか、何が障害なのか、どうすればできるのかをお答えをいただきたい。

 いま1点は、これは要望にしておきたいと思いますけれども、今後の課題として今話題になっています米の粉によるパン、こういう給食も今後検討されていってほしいというふうに思います。もし答弁の用意があればこの点についても伺っておきたいと思います。

 以上、お答えください。



○議長(瀧澤正之君) 産業振興課長、梅原英男君。

          (産業振興課長 梅原英男君 登壇)



◎産業振興課長(梅原英男君) お答えを申し上げます。

 はじめに、遊休農地の解消対策の要望でございますけれども、都市部の住民が週末を田舎で過ごしたいとの意向があることは、そのまま農業の担い手につながるとすれば、人手不足で悩む農家や遊休農地の解消に期待が寄せられるものとして、今後の課題とさせていただきたいと思います。

 では、グリーン・ツーリズムの施策でございますけれども、グリーン・ツーリズムとは、都市に住んでいる人が日常で味わえない緑豊かな農村や漁村に滞在し、農業体験を通じ、地域の伝統文化や自然景観、さらには人々との交流などにより、ゆっくりと余暇を楽しむものと理解をしているところでございます。

 本町におきましては、この農業体験に適する場所といたしまして、瑞穂や山辺地区など、山あいの農村風景を色濃く残している地域が候補地として考えられます。これらの地域で活動の拠点となる施設といたしましては、やまべの郷農村ふれあいセンターや、現在瑞穂地区で進めております圃場整備事業に関連して検討しております地域交流施設などが考えられます。これらの施設を中心に、体験農業や農産物の販売、あるいは農家レストランなどによる食事の提供など、地域の農家と来訪者との交流を図ることができれば、地産地消や食育の実践にもつながるものと考えております。

 現在本町において、滞在型の農業体験活動が行われているところはないと思われますけれども、具体化するためには、農家の強い熱意と協力が不可欠なことから、今後地域農家の意向などを伺いながら、推進方法について検討をしてまいりたいと考えております。

 また、海岸民宿との連携でございますけれども、宿泊のほかにも観光地引網などをメニューに加えることにより、より魅力ある企画を検討し、民宿の利用が増えれば、白里地区の活性化にもつながるものと考えるところでございます。

 なお、グリーン・ツーリズムの一環といたしまして、前島の市民農園、通称あおぞら農園と申しておりますけれども、この農園が平成16年7月にオープンをいたしまして、現在の利用形態では、ほとんどが町民の方が利用されておりますけれども、その利用率も高く、評価を博しているところでございます。

 このように、本町のグリーン・ツーリズムにつきましては、農業と海、そして市民農園を連携させた構想を検討したいとそのように考えているところでございます。

 次に、農業特区の関係でございますけれども、砂田地区の農業特区につきましては、平成15年度に認定をされたことによりまして、不耕作地となっておりました遊休農地の利活用とともに、人と自然、農業を見つめ直す自然共生活動、これはエコトープと言いますけれども、この実践が展開をされております。そして現在、NPO法人の会員4人による営農が行われており、認定から昨年まで約7ヘクタールの農地に、根菜類を中心に野菜の作付が行われております。この農地は特区が導入される以前は、畑を耕すだけで、作付されない農地が見受けられておりましたが、特区の導入により一部で野菜の作付が行われるようになってまいりました。また、地元農家との交流により、ごみの不法投棄もなくなり、徐々ではございますけれども、地区の活性化にもつながっているものと認識をしております。しかしながら、昨日もお答え申し上げましたけれども、農業特区に関する基本方針の改正に伴いましてNPO活動推進特区、これの認定取り消しが行われ、本町の砂田地区につきましても同様に認定の取り消しが行われたところでございます。

 なお、取り消しとなりましたこの砂田地区の農地につきましては、引き続きNPO法人が貸与期間まで借り受けいたしまして、より付加価値の高い作物の作付に着手する予定でございます。またその間、あるいはその後の農地利用につきましては、会員の増員を図ることや、特に企業の参入による農業経営を検討してまいります。

 このように、農業特区の取り組みにより、耕作放棄や遊休農地を利活用できたことは、将来的に次の農地活用の展望を含め、本町の農業振興に重要な役割を果たしているものと考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 管理課長、金坂重信君。

          (管理課長 金坂重信君 登壇)



◎管理課長(金坂重信君) お答えを申し上げます。

 学校におけます米づくり等の体験農業の実態につきましては、小学校の生活科や理科及び社会科におきまして、植物や農作物を育てる授業を実施しております。さつまいも、ミニトマト、なす、ピーマン、トウモロコシ、ジャガイモ、米などの作物を授業と関連づけながら栽培をしております。

 米づくりにつきましては、一部の学校で、田んぼでの植えつけ作業の実体験を行っておりますが、主は観察が容易にできるバケツ栽培という方法で、学校敷地内において栽培している状況でございます。

 本町の学校給食では、週3回の米飯給食を実施しております。その米は、地元山辺地区産のふさおとめを使用しております。こしひかりによる米飯給食につきましては、現在使用しているふさおとめと比較いたしますと、1食当たりのコストが高くなり、給食費の値上げを検討しなければならない状態となります。町学校栄養士会と相談しながら、採用について検討してまいりたいというふうに考えております。

 学校の教育課程は、学習指導要領の指導内容、児童・生徒、地域の実態、そして現在の教育ニーズを考慮し、各学校長が定めるようになっております。食育の大切さは現在の大きな教育ニーズになっており、その背景には、朝食抜きの生活や偏食等の食生活の乱れによる子どもたちの健康の悪化が挙げられております。

 先ほどご質問のありました子どもの生活習慣病予防にもかかわりがあると思われます栄養や食事の取り方、また個々の体力向上に向けた適度な運動などについて、正しい基礎知識に基づいて、子どもたちが食べる大切さを見直し、将来にわたる自分の健康について考える食育の重要さが問われております。

 現在、町内の小学校では、さつまいもやジャガイモ、トウモロコシなど大量に収穫できるものは給食に使用しておりますし、また生活科や家庭科の授業の中で調理し、食の大切さを考える学習を進めております。しかし、本町の学校規模では、給食の食材に自分たちで栽培した作物を年間を通じて使用することはかなり難しいものと思われます。もし、実施するとすれば、教育課程の見直し等も検討しなければなりませんので、町校長会や町栄養士会に課題として投げかけていきたいというふうに考えております。

 また最後に、米の粉によるパンの採用についてというご質問でございますが、今後栄養士会等と検討してまいりたい、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 内山 清君。



◆(内山清君) 先ほどのグリーン・ツーリズムの中で触れられていた問題では、新聞報道によりますと、栗源町というのが香取郡にありますね。ここで県内初の滞在型市民農園、クラインガルテン栗源、これを4月にオープンさせるというふうに聞いています。野菜栽培などを通じて、首都圏の住民に自然の恵みとゆとりある環境を味わってもらいますとあります。先ほど産業振興課長の答弁は、山あいの山辺、瑞穂地区を拠点として、そういう方向を今後考えていきたいということ。それと白砂青松の白里海岸の民宿、海水浴と海岸散策を兼ねた農作業、そういう海岸民宿に宿泊をして、それで丘陵のありますそういうところでの農作業、こういうことが週末に行われる。あるいは滞在型となって遊休農地の解消につながってくれればいいなと、こういうふうに思いますので、そういう点では今後の課題としてぜひ取り組んでいただきたいと思います。

 それから、昨日の千葉日報の報道の中では、展望06千葉市予算案というのが写真入りで紹介されていますけれども、ここでも新規就農への強力な後押し、こういう大きな見出しで農業振興策、遊休農地対策にも本腰というように書かれていますけれども、この主な農業振興事業を見てみますと、本町でも実際にはやられております市民農園、それから地産地消の推進というふうになっていますけれども、こういうものにも具体的な方針というより、むしろ具体的な事業化が進められているという点では正しい評価をしたいと思います。

 それから遊休農地の実態調査の実施というのは、多分本町は既にやられているというふうに私は思っていますけれども、そのへんを1回確認しておきたいと。もしまだ実態調査が終わっていないとするならば、今後どういうスケジュールで実施される予定なのか、お聞かせをいただいて農業行政に対する質問をまとめたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 産業振興課長、梅原英男君。

          (産業振興課長 梅原英男君 登壇)



◎産業振興課長(梅原英男君) お答えを申し上げます。

 遊休農地の調査でございますけれども、既に産業振興課内では実施をしております。そしてその体制につきまして、農業委員会事務局あるいは農業委員会委員の方々と協議をしているところでございます。今後も精力的に考えて進めてまいりたいと、そのように考えております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 内山 清君。



◆(内山清君) それでは最後に、事務方針について2点ほどお聞きをしたいと思います。

 1点は、11ページにあります主要地方道山田台大網白里線のバイパスにつきましてもという中で、2期事業区間の用地取得の進行状況、そして工事完成の予定を伺っておきたいと思います。

 いま1点は、12ページの都市計画の見直しに関しまして、一部地区の市街化の地域拡大を目指しております。この目指している地域は具体的にどこなのか。その2点をお聞かせいただいて、終わりにしたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 建設課長、田口雅之君。

          (建設課長 田口雅之君 登壇)



◎建設課長(田口雅之君) お答えをいたします。

 山田台大網白里線のバイパスにつきましては、平成16年度に宮谷地先まで開通したところでございます。現在、宮谷から国道の128号バイパスまでの残りの区間、約1.3キロメートル、こちらを2期事業として国の方で整備を図っていただいております。用地につきましては、約90パーセントの取得が完了していると伺っているところでございます。

 また現在、一部区間で切り土、また盛り土、そういったような工事を進めていただいておりますけれども、今後関連する排水施設整備を進めていきたいと聞いておるところでございます。

 開通の時期につきましては、まだ残りの10パーセントの用地取得のめどが確実にはついておりませんことから、明確な時間の想定はまだできないということで、回答をいただいております。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 都市整備課長、永山 巌君。

 時間ですので、簡潔にお願いいたします。

          (都市整備課長 永山 巌君 登壇)



◎都市整備課長(永山巌君) お答えをいたします。

 ただいまの質問にございました今回の都市計画の見直しの中で、市街化区域編入を目指す地区につきましては、1つは季美の森南地区でございます。この地区につきましては、ご存知のように、季美の森複合開発という形で開発が行われておりますけれども、前回平成12年の見直しの中で、将来的に市街化区域へ編入するということで、これは都市計画用語で特定保留地区という用語がございますが、その特定保留地区として設定されておったところでございまして、今回の見直しの中で編入をしていくということで進めております。

 2つ目は、国道128号沿道地区になります。国道128号沿道地区につきましては、ご存知のように町の総合計画、それから都市マスタープランにおきまして、商業業務系機能を誘導する、そういった土地利用転換を図っていくということで、位置づけられておるわけでございますけれども、現在の都市計画の制度では、市街化調整区域になっておりまして、なかなか土地利用が図れないと。その中で都市計画法の開発許可制度を活用してやっていこうではないかということで、ここ数年、県と協議を進めてまいったところでございますけれども、その方向については非常に厳しかったと。今回の見直しの中で、県の方から見直しに関する技術指針等々が示されておりまして、その中では、住宅系の新しい市街地の拡大はしないという方向でございますが、本町におきましては、先ほども申し上げましたように、町の方針がございますので、そういった内容をるる説明していく中で、国・県の担当のレベルでは理解を示していただいているという状況でございます。

          (「時間です、時間」と呼ぶ者あり)



◎都市整備課長(永山巌君) したがいまして、そういった状況を受けてやっております。



◆(内山清君) どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(瀧澤正之君) 以上をもちまして、内山 清君の一般質問を終結いたします。

 暫時休憩をいたします。

               午後2時02分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後2時15分 再開

出席議員 21名

欠席議員 1名でその氏名は次のとおり

     内山孝次郎君



○議長(瀧澤正之君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者、黒須俊隆君の発言を許します。

 黒須俊隆君。

          (黒須俊隆君 発言席着席 拍手)



◆(黒須俊隆君) それでは、早速質問席より始めたいと思います。

 はじめに、山武地域医療センター構想についてご質問いたします。

 質問をするにあたって、はじめに申し述べておきたいことがあります。今議会でも賛否が大きく分かれている山武地域医療センター構想について、町長は事あるごとに救急病院はなくてもよいのですかと、我々議員に投げかけてきます。救急医療を含む地域医療がなくてはならない大切なもの、例えば電気や水道と同じように重要な、大切なインフラ整備の一環であると、そう私も認識しております。しかしながら、山武地域医療センター構想は、この地域における医療の1つの形態、構想にすぎなく、その他さまざまな医療のあり方がある中で、現在策定委員会で進められている構想を行政組合に任せるかどうかが、今まさに問われているのだとはっきりと述べておきたいと思います。

 昨日から、多くの同僚議員がこの件に関して質問をしているので、通告をしている項目を一部省きながら質問を始めたいと思うので、質問に対してのみ、執行部は明快に答弁いただけるように期待します。

 今議会で行政組合の規約改正案が上程されています。この規約改正案の内容は、行政組合に山武地域医療センターの設置、管理、運営を任せるというものです。町長は、今まで決まっているのは事業主体と建設地だけで、内容はこれから決めると言っています。問題はそこです。内容が決まっていないものをそう関単に行政組合に預けるわけにはいきません。昨日執行部答弁の中でもあったように、この規約が通れば、本町議会には内容に関する議決案件は一切なくなります。予算のとき反対すればいいなどという意見もありますが、そんな無責任なことで町民の税金を少しでも使うことは許されないのです。

 例えば町長が内容は決まっていませんが、図書館をつくります、学校をつくります、役場庁舎をつくりますから、賛成してくださいと言っているようなものです。検討する時間がないからとか、住民に広報する時間がないからなどと、昨日来繰り返されておりますが、そんなことはなかったはずです。大まかな構想が明らかになってから1年もたつのですから、いくらでも広報できる時間はあったと考えます。

 規約改正案は、総務常任委員会に現在付託されています。さまざまな疑問を少しでも解決するため、行政組合事務局長と県の担当者を委員会に招請したところ、既に説明済みでこれ以上ほかに説明することはないと欠席の通知がありました。こんな状態で行政組合に任せることはとてもできません。今回の一般質問の中で何が問題なのかを明らかにしていきたいと考えます。

 先に東金で行われたシンポジウム前半で、策定委員会の秋葉座長は、センター病院の候補地選定について次のように述べました。建設地は取得価格等を十分考慮し、細かく点数比較して決定したと。また、後半の質疑応答の中でも、中央病院建設地はアクセス、難易度、価格で決まったと言っています。これは明らかなうそです。町長による首長会議の報告では、価格は考慮されていないはずです。北部の首長を中心に価格じゃないんだ、大網白里町では遠すぎるから反対だという声に押されて決定したと、町議会は堀内町長より報告を受けています。秋葉座長は、住民を前にしたシンポジウムで、二度にわたってうそをついている。これでは、このシンポジウムは一体何なんでしょうか。町長に見解をお尋ねしたい。

 あわせて、センター病院建設地決定の根拠の1つであるインターチェンジに近いという内容について、患者は高速道路に乗ってやってくるのか、この2点を町長にお尋ねしたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 用地選定については、その都度議会の皆さん方に機会があった場合に報告をしてきたところでございまして、今さら私からどうこう言うことは、二番せんじになるわけでございますけれども、基本的には東金市と大網白里町、両候補地が最終的に残ったわけであります。その中で、東金市はインターチェンジのすぐそばに位置をしているということ、大網白里町が提案しているのは、そこの地域からおよそ1.2キロぐらい離れているかと存じます。インターチェンジのアクセスにつきましては、大網白里町が積極的に整備はいとわないよということは私も申し上げておりますけれども、現時点で考えるには東金市の方がより効果的であるというような皆さん方が印象を受けられたんではないかと思っております。

 現地を見たのは首長、また議会の議長会の皆さん方も現地を見られておりますけれども、決定にあたっては、私も議長会の意向はどうなっているんだという中で、これは首長の中で決定すべき事項であるから、首長の判断をまず第一に、策定委員会に提案をすべき内容であるということでございましたので、その中で議論された内容につきましては、それぞれの首長が、果たしてインターチェンジを使う方だけの利用なのか、私は海岸線の方々が山の手のインターチェンジまで行くには、あるいは病院の近くまで来る可能性もあるんじゃないかという意見も実はいたしましたし、そういう意見もございましたけれども、そういうようなことで大変利便性がいいということ、それから圏央道の現在いろいろ今事業が進められておりますけれども、その中といたしましても、この地域における救急体制の医療病院としては、このセンター病院が大変有効に機能するというような位置づけもされております。

 また、大網白里町が提案しているのは、既成団地のど真ん中に計画されるわけでございますから、周辺住民に対する救急車のサイレン、また救急患者を運ぶであろうと思われるヘリコプターの来所について、どういうような地域住民に影響を与えていくのかという問題も当然あるわけでございます。そういった内容を勘案した中で、東金市の方が工業団地でございますから、そういった面では、非常に問題性が少ないというのが、結論に達した大きな点ではなかったかというふうに私は考えているところでございます。

 いずれにいたしましても、シンポジウムで座長が金額も考慮に入れた大事な案件のような内容発言されたということにつきましては、私も甚だ遺憾に思うところでございまして、本件につきましては、私どもの議長も同席した席上の中で、本件は金額については明確に整合は図れていないわけでございますから、その点については、十分な議論をした上で、価格等については決定されるようにという要望を出しているところでございます。

 また、なぜこの3月に病院を立ち上げなければならないかということは、もう既に答弁でもいたしたとおりでございまして、現在印旛・山武医療圏の中で位置づけられておりますベッドの不足数等を勘案した中で、山武・印旛地域の中で450床の病院立ち上げが可能だよと、それを過ぎますと大変厳しい状況下にこの医療圏は陥るということは説明したとおりでございますので、ご理解をお願いしたいと思っております。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 秋葉座長が、東金丘山台に決定したと言っている理由の1つの点数比較を細かくしたと。価格が考慮されていないことは昨日の田中議員の質問でもありました。土地の価格を考慮すれば、当然点数は変わってくるものと思われます。土地の価格を点数評価に入れないでつくったこの点数表、おそらくそれなりに高いお金をコンサルタントかシンクタンクかに払って点数評価表をつくったのではないかと思いますが、土地の価格を入れない点数評価表というのは一体何のためにつくったとお考えでしょうか。堀内町長のご見解をお聞きしたいと思います。

 もう一つ、あわせて先ほどの秋葉座長の発言、今のその点数を細かく評価したというのも1つですが、価格で決まったんだ、価格を考慮したんだという明らかなうそをこういうシンポジウム、山武の住民に対する説明会の中で二度もやったことを、これはおそらくテープに残っていると思いますし、町長の方で後で確認していただければ間違いないはずですが、抗議と責任を座長にはとらせるべきだと思いますが、町長のお考えをお答えください。

 2点お聞きします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 当初の提案の段階におきましては、当町は提案用地からインターチェンジまでの接続道路の工事費用が当然かかるわけでございまして、私ども町とすれば、これは議会の皆さん方にまだ諮る前でございましたけれども、当然そういう経費というものは、私は当然組合で計上すべきではないかということで、有償という提案をしてございます。

 後に、最終判断をいただくときに、私どもはその中で無償提供ですよと、用地につきまして、また接続道路についても町として頑張ってまいりますよという説明をしたわけでございますけれども、そういう中で、東金市におきましても、大網白里町におきましても、提案当初におきましては有償という形が出ております。その後、議会の皆様方のご意向を伺った中で、皆さん方は無償で出すべきだろうというようなご賛同をいただきましたから、私は無償だということに切りかえたわけであります。山武町も無償では出ておりますけれども、これはインフラ整備が大変お金がかかるということで、当初におけます有償、無償の段階においては、いろいろなそういった評価できない内容が含まれておりましたので、したがいまして、あまり点数には入っておらなかったんじゃないかなというふうに考えております。

 要は、その後の私どもが最終提案の議論の中で、そういった内容を私は当然皆さん方が考えていただいたものというふうに考えているところでございますけれども、その評価が、東金市の方が適当な土地であるというその決定に至ったということでございます。

 それから座長の発言でございますけれども、私自身もまだ確認してございません。座長がどういう発言をされたか。またどういう趣旨でそのようなことを発言されたかわかりません。ただ、推定ですから言わない方がいいかもしれませんけれども、直接首長の会議の中に座長が入っていたわけではございませんから、そういう意味で言われたかどうかそれはわかりませんけれども、それは確認させていただきたいと思っております。

 したがいまして、それについて責任云々につきましては、今後の行政組合の中でどうあるべきかということは、やはり私も議論の1つにさせていただきたいと存じます。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 秋葉座長が策定委員会、その首長会議には出ていなかったから、どういう報告を受けていたかどうかまだ確認できていない。そのとおりだと思いますので、秋葉座長が勝手にそういう発言をしたのか、それともでたらめなそういう報告を首長会議から受けていたのか、もしくは首長会議と策定委員会をつなぐ事務局から出ていたのか、ここはきちんとそういうことを明らかにしてもらって、今後このようなことがないようにしてもらわないと困ると。

 今町長は、この点数比較表には当初は両方とも有償だったから入っていなかったんだと、その話は私も伺っております。そういう中で、東金市が706点、これは比例評価。大網白里町のみどりが丘が690点と。706点と690点ですから、本当にわずかな差です。それでそのほかのところはだいぶ点数が低い。成東町が次で655、山武町が595とだいぶ落ちてくる。そういう中で、東金市と大網白里町のどっちかしかないだろうとそういう話までは私もよくわかります。そうなったときに土地の値段というのは、例えば重要な要素だったはずで、大網白里町が無償になったと。私はその無償だから大網白里町にしろということを言いたいわけじゃなくて、そういう無償とか有償だとかいくらだとかそういうものが、何でこれだけ最初の段階で細かく点数評価をして、判断材料にしたのにもかかわらず、最後は北部の町長が言って、誰のあれだかは聞いていませんが、点数じゃないんだと、大網白里町じゃ遠いんだとか、そういう話で過ぎてしまうのか。これは全然納得いかないと思います。

 それでは、次に行きます。

 芝山町は、この行政組合の中で、申請時には入るけれども、成田市と合併するからそのときは抜ける、そういうふうに議事録に載せて担保をとったという話を聞きました。また、横芝町は光町と合併して、横芝光町になり、東陽病院が横芝光町にあると。そういう中で支援病院として将来入れることをやはり約束するような内容を議事録に載せている。これは首長会議でよろしいんですか、町長。それとも策定会議ですか、何の会議でしょうか。

 また、何の会議だか今教えていただく質問をしたいと思うんですが、その会議で議事録に載った内容というのは、堀内町長も含めた山武郡市の首長間の公約と考えてよいのかどうか、この2点お尋ねします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 首長の会議の中でも、当然そのような話が出ましたし、全員協議会の中でも出たんじゃないでしょうかね。それから策定委員会の中でも出たような感じを持っております。

          (「答弁漏れ」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 町長、答弁漏れです。公約に関連する質問が1つ出ております。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 答弁漏れがあったようでございますので、追加させていただきますけれども、まず、芝山町におきましては、空港圏の合併があると、そういうような前提の中で、今後山武センター病院への利用度というものは大変少ないと。したがいまして、なるだけ合併が決まった場合に、この山武圏域の中の病院から離してほしいというような内容の要望が出たわけです。それについて皆さん方議論した中で、合併ありきで離れていくのは仕方ないんじゃないかと。例えば、光町が今後横芝町と合併することによって山武郡市の中に入ってくると、同じようなケースじゃないかと思うんです。したがいまして、芝山町については、そういうことについてもある程度合意すべきじゃないだろうかと。

 それから東陽病院の件でございますけれども、これも山武郡に光町と横芝町の合併した行政体が入ってくるわけでありますから、新たな山武郡市の中の一員として、対応はともにすべきのが本筋ではないかというような意見があったわけでございます。ただその中で、今日も議員の質問ございましたけれども、それぞれの病院が持っている負債総額、こういうものが今までの構成団体と変わるわけでございますから、その内容をうのみにしてすべて我々が負担をすべきかどうかということは、これはまた次元の違う話ではないかと思っております。ただ、枠内に入れますよという基本合意はできておりますけれども、内容については、これから私は話し合うべきじゃないかと。今までの構成団体で整理してきなさいというのが、私から見ればしかるべき筋じゃないかなというふうに思っております。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 先ほど、質問する前から3月申請のことを町長話されていましたが、3月末までに病院申請しないとベッド数の確保ができなくなり……、そこまでは昨日から何度も何度も言われています。先ほど来私の言っているシンポジウムの中で、松尾の古谷町長が質疑応答の中で、1番前の列の座席でいきなり立って、答弁を始めて、ベッド数確保云々の話の後に、これを逃すと5年後に先送りになってしまうとはっきり言っています。これもシンポジウムのテープ起こしでも確認していただきたいんですが、この5年後になってしまうというのは本当なのかどうか。

 私は、東金、成東、大網、場合によっては、今入るという東陽病院もベッド数、病床数あるわけで、そういうものを振りかえたり組みかえたりする中で、病院申請のためのベッド数確保という手法は、仮に新規が認められなくたって十分可能じゃないかと思うのですが、5年後に先送りされてしまうということについて、本当なのかどうかお願いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 私も法律的なものを読んだわけではございませんから、確認のとれた答弁ではございませんけれども、私が県に行って聞いた内容では、今の印旛・山武圏域の中で、基本合意に達せられているベッド数が900何床かあったと思うんですけれども、その中の450床がセンター病院の今回の位置づけとして今提案をしようとしているわけです。この決定については今日の岡田議員も質問ございましたけれども、誰が決めているんだと。これは千葉県が医療計画の中で、そういった地域、要するに圏域の中のそういった不足ベッド数等を審議した中で、厚生労働省ですか、そういうところとの整合性を図られておるというふうに私は聞いております。

 問題は、ではこの内容が3月を過ぎたらどうなるんだという問題につきましては、私の聞いた範囲では非常に厳しい、おそらく対応できるベッド数はなくなるんではないかというようなニュアンスの、実は私は回答をいただいたわけでございまして、それからもう一つは、既存の病院のベッド数を集約すれば、ある程度対応ができるんじゃないかというような考え方につきましては、私の認識しているところでは、やはり大網病院であれば私が管理者としてあるわけですけれども、事業主体が誰であるかという問題がそこに出てくるんではないかと思っております。事業主体の違うベッド数をまとめて、勝手に新たなベッド数の病院ができるというふうには聞いておりません。そういうような内容を含んでいる内容でございますから、県の指導の中で、とりあえず3月いっぱいに病院計画を立ち上げなさいと、内容についてはその後協議すればそれでいいんじゃないだろうかというのが県の指導をいただいてきた範囲でございますので、ご理解をお願いいたします。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 私も少し調べてみました。ベッド数がどうやって決まるんだろうかと。

 ベッド数、すなわち基準病床数ですね。これは医療法第2章の2、医療計画の中に書かれている。医療法第30条3の2項で、医療計画においては、次の事項を定めるものとするとあり、同条3の2項3号で、療養病床及び一般病床にかかわる基準病床数に関する事項とある。さらに第30条の5で、国及び地方公共団体は、両計画の達成を推進するため、病院または診療所の不足している地域における病院または診療所の整備、その他必要な措置を講ずるように努めるものとする。さらに30条の7では、都道府県知事は、医療計画の達成の推進のために必要がある場合には、病院もしくは診療所を開設しようとする者、または病院もしくは診療所の開設者もしくは管理者に対し、都道府県医療審議会の意見を聞いて、病院の開設もしくは病床数の増加、もしくは病床の種別の変更または診療所の療養病床の設置、もしくは療養病床の病床数の増加に関して勧告することができるとあり、そしてその施行規則の中で、基準病床数の算定について細かく数式で決められております。

 そこで今度は県の医療審議会、そういう話になってくると思うわけですが、この12月県議会で、ある県議の質問に対して大槻副知事が、現在平成18年度からの次期保健医療計画について、千葉県医療審議会地域保健医療部会で策定作業を行っているという答弁をしています。

 さて、ここで一体何の根拠があって、基準病床数が確保できないのかと言っているのか。県が、担当が言っているというけれども、数式まで入っているわけで、ちゃんとこんなに大事なことなんだから、厚生労働省の確認をとった上で、答弁をするべきだと私は思います。こんなのすぐ厚生労働省に確認なんかとれるでしょう。

 答弁お願いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 ただいま行っておりますセンター病院構想につきましては、県が関与しております。県の職員も来て、事務局を担当されております。そういった中で、県の方針というのもある程度私どもに話をいただいたところでございますけれども、厚生労働省まで確認した中で、今回は私答弁に及んでおりませんけれども、いずれにいたしましても、この内容をご審議いただいているのは、総務常任委員会を中心に皆さん方いただいておるわけでございますけれども、本日にも早速県を通しまして、ただいまの内容について正確な回答をよこすように要望をさせていただきたいと存じます。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 続いて、来年度からの見直しに関してお伺いいたしますが、先ほども述べましたように古谷町長は、5年先になってしまうと言っていました。現在、山武医療圏で450床、少なくも山武医療センター構想の中での確保をしているわけです。それが3月31日に切れた途端、450床の空きが、民間病院ができちゃうとかそんな話は私は聞いたこともないし、そういう話はないから、少なくともそれは残るんだろう。残りのその948のうち、400いくつは印旛の医療圏の中で病床数が申請している病院がいっぱいあって、大体割り当てられているから、少なくとも3月31日の時点ではなくなるでしょう。また、当然病床数を待っている小さな病院なんかもいくつかはあるかもしれない。しかし450ないし460が、そう簡単にすぐなくなっちゃうわけじゃなくて、そしてそれが5年先になるという根拠が一体何なのかと思って、私ちょっとほかの事例を調べてみました。

 例えば、今年の12月に病床数355床の急性期医療に特化した八千代総合医療センターというものがあります。この八千代総合医療センターの始まり、平成13年12月28日に、千葉県保健医療計画が公示されて、それをもとに14年1月17日に県のヒアリングを受け、そして2月18日に県から355の病床配分があったわけです。これどういうことを言っているかというと、現保健医療計画というのは、平成13年4月から平成18年3月までです。平成13年4月からの医療計画、それはその年の12月にはもう公示されているわけです。どういうことかというと、もう一度言います。今年の4月から始まる次期医療計画、それはもしこれと同じだったら、今年の12月にはもう発表されるということです。そしてそのときに450じゃなくても100でも200でも余っていたら、それをすぐ来年平成19年1月にはヒアリングを受けて、平成19年2月には、病床配分がある、そういうことを言っているわけです。

 病床数がゼロだとか、もしくは既存の病床が一切使えないとかそういうことが前提ならば、古谷町長の言うこともそうかもしれない。でもそれだったら5年後じゃないですよ。もしそうだとしたら、6年後とか7年後とか8年後なんです。古谷町長の言っている意味の5年後というのは、これは全く考え違いだと思います。1年後、せいぜい1年半後、場合によってはもっと半年後くらいかもしれない。4月で12月に公示されて1月ですから、半年ということはないですけれども、1年ないですよね。

 今申請しなきゃいけないというのは全くおかしい。ちょうど次の4月からの保健計画で、そして12月に公示されて、それで病床配分を受ければちょうど1年くらいあるから、1年くらいでこれから十分精査していけば、いい計画できるんじゃないかと思うわけです。行政組合の規約を拙速に改正して申請しなくても、ちょうど1年先くらいに病院申請は可能なんです。

 町長のご見解をお願いします。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) お答えいたします。

 法律を絡んだ議論でございますので、私はここでいらぬ答弁をしてもどうかと思いますし、また大変大事な内容ではないでしょうか。そういう意味で今の見解につきましては、やはり私も県の正式な回答を待った中で、後ほど議員に報告をさせていただきたいと思いますが、いかがでございましょうか。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 答えられないというのだから、後ほどよろしくお願いいたします。

 それでは、内容について1、2点、通告してありますので、お尋ねしたいと思いますが、現在PFIを中心に現計画は検討していると聞いております。指定管理者については、有力な候補者がいないという昨日答弁がございました。指定管理者の候補、例えば電話だけ、問い合わせだけ、資料請求だけ、その程度の候補でもよいのですが、そういうものがあったのかどうか、お尋ねしたいと思います。

 また、PFIや公設公営の場合と指定管理者の場合、県の分担金、負担金が変わるのかどうか。具体的にどういうことを言いたいかというと、例えば指定管理者が現れたときには、県が千葉市にモノレール代として手切れ金を払ったと、そういう形で多くの補助金を出す、そういうような話というのは1つもないのかどうか。この2点をお尋ねしたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 1点だけ、答弁させていただきますけれども、千葉県は県立東金病院の担保として、山武医療センターに対しての支援を惜しまないと、これは先ほど県議会の答弁の内容をお話ししたとおりでございまして、その内容について私どもはいろいろな考え方、今県立病院が年間どのくらいの赤字で、10年ぐらいこの地域をまだ見る責任があるんじゃないかとか、いろいろな算定資料はあろうかと思いますけれども、そういう内容で千葉県はこの支援をすべきじゃないかという要望はかねがねしているところでございますし、県議会におきましても、県議会議員がそのような質問をされているというふうに私は聞いております。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 公設公営とPFIでは、どちらが有力かということでございますけれども、これは、昨年の10月28日の策定委員会でございますが、協議をした結果、PFIが優先的に検討すべき事業手法とされ、これを受けて事務局ではPFIに関します条件設定、詳細検討のために、PFI導入可能性調査を実施していると伺っております。

 2点目の指定管理者に関する件でございますが、指定管理者に関する民間の参加意欲は少ないとのご報告を先般させていただいたところですけれども、私の方としては、どことどことどこということでは聞いておりません。大変申しわけありません。また後でご報告させていただきたいと思います。

          (「1つでもあるとかそういう話も聞いていないですか」と呼ぶ者あり)



◎財政課長(北田光夫君) はい。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 予算措置の行程についてお尋ねします。

 行政組合における本町の分担金が医療センター分ですね、18年度予算の中に少しでも入っているのかどうかお尋ねしたいと思います。

 また、今後における予算措置の中で、本町議会で議決を要するものはどのような日程で入ってくるのか、この2点をお尋ねしたいと思います。



○議長(瀧澤正之君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) お答え申し上げます。

 18年度予算では、予算書を持ち合わせていませんが、正確な数字は申し上げられませんが、行政組合への負担金という形で1,600万円台の数字を計上させていただいております。

 また、今後の予算計上ということでございますけれども、今現在では行政組合に対します負担金が1,600万円台ということでございます。この後また補正とか、何とかの行政組合との話の中で事業転換、展開等が進んでまいれば、また普通の予算編成上の中で組み入れて議会に諮らなければいけないという解釈をしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) それでは続きまして、山武医療センター構想について、大網病院と地域医療に関連づけて、これから質問したいと思います。

 現在成東病院が崩壊寸前です。9人の常勤内科医がいなくなり、内科系入院も救急の受け入れもできなくなりました。東金病院や大網病院も人ごとではありません。

 大網病院の医師、職員確保について、当面の見通しはどうなのか。大網病院の地域医療における位置づけとあわせてお答えください。

 また、これは細かく通告していなかったんですが、一般論で結構ですので、もし知っていたらお答えいただきたいのですが、医者1人いなくなると一体いくら減益になるか、もし事務長知っていたらお答えください。



○議長(瀧澤正之君) 答弁を求めます。

 国保大網病院事務長、中村寿雄君。

          (国保大網病院事務長 中村寿雄君 登壇)



◎国保大網病院事務長(中村寿雄君) お答え申し上げます。

 まずはじめに、大網病院の医師確保ということでご答弁申し上げたいと思います。

 大網病院の医師確保につきましては、昨日上家議員のご質問の中にもお答えをしたところでございますけれども、現在の大網病院の医師の状況といたしましては、常勤医10名、またこれを補助する非常勤医師13名という中での体制で行っておるところでございます。

 ご質問の医師確保にあたりましての当面の見通しということでございますが、医師の不足、これにつきましては、今全国的に平成16年度から新医師臨床研修制度、これが必修化されたことに伴いまして、これは当院に限らず、全国的規模で病院としては悩みの中の1つという状況でございます。こういう中で、研修制度の第1期が本年度3月末をもちまして、また後期研修が19年度末で終了をするということから、平成20年度以降につきましては、千葉大学等からの派遣につきましては、現在よりは改善はされるものという見込みでございます。

 また、当院のこれまで医師の確保にあたりまして、じゃ具体的にどういうことをやってきたかということを申し上げさせていただきますと、千葉大学の系列病院という関係上、千葉大学へ当然として内科医、外科医等を含めまして、医師の派遣要請を行ってまいったところでございます。また、これとあわせまして、自治医科大学、こちらからの派遣要請等もあわせて行っているところでございます。

 こういう状況でございますけれども、ただいま申し上げましたように、新医師臨床研修制度の必修化、この影響によりまして、思ったような確保に至っておりません。このような中で、医師確保にあたりましては、当大網病院といたしましては、派遣元の千葉大学等の意向もさることながら、医療機器等をはじめといたしまして、病院施設の充実、これを努めることによって、医師が魅力を感じて大網病院を選んでいただける、そういう環境づくり、これも重要なことであることと認識をしておるところでございまして、今後におきましても鋭意努力してまいりたいと考えておるところでございます。

 続きまして、大網病院の地域医療における位置づけというご質問でございます。

 大網病院につきましては、町内を代表する医療機関でございまして、これまでに代表機関として地域医療を担ってきたところでございますけれども、基本理念、また基本理念を受けた5つの基本方針に基づいた中で、本町をはじめ、近隣市町村の開業医の先生方等の医療連携、そういったことを昨年度から実施しておるところでございます。そういうことで、大網病院の地域病院としての目標につきましては、他の医療機関等の協力連携の構築を図りながら、地域医療のネットワーク化、よりよい医療サービスの提供に努めるということで、今鋭意努力しているところでございます。

 以上でございます。



○議長(瀧澤正之君) 答弁漏れありませんか。

          (「結構です」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) 私の方から答えちゃいますが、医者1人1億円稼ぎます。経費が大体仮に25パーセントだとすると7,500万の減益です。成東病院の場合9人いるから9×7,500で約7億円と。

 先のシンポジウムで成東病院長は、8億円もの繰入金がありながら、我が病院は黒字経営だと胸を張っておりました。来年は、このままだと15億円繰り入れて胸を張っているのかどうか私はわかりませんが、もはや成東病院こそが崩壊の道を歩んでいるとしか言いようがありません。そしてこれは大網も東金も他人ごとじゃない。大網は小さいから逆に医師の確保も成東みたいに深刻じゃないかもしれないが、逆に減ってしまったときの打撃は大きいわけです。

 今月はじめ、議会では茅野市の諏訪中央病院に視察をしに行ってまいりました。諏訪中央病院の事務局長より、舞鶴病院のことを例示されました。ちなみに病院事務長から舞鶴病院のことを聞こうかと思っていたんですけれども、事務長よく知っておられました。私の方から説明すると、京都にある市立舞鶴市民病院は、198床の総合病院だったんですが、2004年3月、14人の医者のうち、13人がやめて、その影響もあり、たった198床の総合病院が、瞬く間に30億円の累積債務を抱えて、療養型の民営病院にせざるを得なくなりました。2004年から内科入院棟を休止するなど、混迷を深めた上、今年平成18年2月に舞鶴市長が住民におわびの会見をしています。

 成東病院は第2の舞鶴市民病院になりかねない。もはやこのように激変する医療環境の中で、山武地域医療センター構想は、基本フレームを含めた抜本的な見直しが必要とされ、申請後に財務内容等を改善していくなどということはとても無理だと私は考えます。

 例えば成東病院、住民が不安なのは、かかりつけ医がないことが不安なんです。大網白里町は結構クリニック多いです。かかりつけ医、場合によってはこれが医療の水準が上がることと、そして標準化がなされれば、大網白里町はクリニックがそれなりに多いでしょう。でも東金病院がなくなるわけですから、東金市から成東町あたりには、ほとんどクリニックないです。それで成東病院がどうなるかわからないというのが、住民の方は本当に不安なわけです。それだったら例えば、成東病院を巨大なクリニックにしてしまうとか、クリニックの集合体にするとかそういう手法も例えばあるわけです。これは単なる一例です、例えばの話です。

 医療水準、医療内容の標準化がなされた上で、かかりつけ医を成東、東金地域に確保することはこれから大きな課題となるはずです。このセンター構想について、大網病院の位置づけも中途半端です。これは町長もよく考えていることだと思います。前にお話をしたときも、私よりもよっぽど町長の方がよくわかっていました。

 例えば、支援病院としてこの100床のベッド数自体、これは大変疑問があります。また、これだけ巨大なお金もかかるセンター病院をつくるのに、成東だ、東陽だ、大網だみたいな公営でこぶつきがいっぱいあること自体、大変経営が危ない。民営化もやっぱり大網の場合も考えなきゃいけないんじゃないか。採算のとれる運営形態を考えていこうじゃありませんか。大網病院については、私たちが、議会の執行部も住民も、力を、知恵を出すことでできるはずです。

 もう一つ、かかりつけ医の医療水準の向上と標準化が重要だと先ほど言いましたが、それをしないでセンター病院で高度医療を始めたらどうなるのか。それは先ほどの同僚議員も言っていたかもしれないですけれども、例えば糖尿病で重症化して透析する。そうすると1年600万円かかると。千葉県では1,000人増えているから、60億円ですか。毎年毎年60億円増えるわけですよ。それを何とかしてくれと、そういうふうに東金病院長は糖尿病が専門だから、堂本知事から言われているらしくて、何とか60億円を30億円にする計画を今一生懸命練っているらしいですが、それは一例であって、こんなことがもしかかりつけ医の医療水準向上とか、標準化がなされなかったら、もう医療が高度になって、逆に医療保険がパンクしちゃう。これは明らかです。

 これらさまざまな重要な課題の中で、山武のほかの首長は何考えているのかよくわからない。そういう中で大網白里町の堀内町長は、一番よく考えているんだから、堀内町長が山武全体を、さらには長生・夷隅も含めた医療圏全体を、これから1年くらいかけてリードしていけばいいじゃないですか。

 時間もないので、堀内町長のここの感想は置かせていただきまして、最後の質問に移りたいと思います。

 最後の質問の前に、一応通告ではほかにいっぱいありましたが、次回に回させていただくことをお許しください。

 さて、最後の質問なんですが、最後に私が述べること、このことを町長が聞いているかどうかは知りませんが、この構想の出発点が東金病院の老朽化というのは正しい回答じゃありません。

 ここに、「千葉県立病院のあり方報告書」というのがあります。平成13年9月発行です。千葉県立病院のあり方検討研究会の設置については、平成13年6月12日に設置されています。しかしこの文書は、平成13年度から保存期間3年ということで、もう県庁のどこにもないらしいです。抹殺された文書です。

 この県立病院のあり方報告書を、平成13年9月というのは、平成13年4月から、この現在の千葉県の保健医療のあり方が、5年間の中の話です。最初の出発点は何かというと、老朽化は老朽化でも東金病院の老朽化じゃなくて、幕張海浜にある千葉県救急医療センターの老朽化なんです。これ結構新しいからおかしいなと思って私調べたら、どういうことかというと、塩害でもうひどい目にあっていると。平成9年から毎年毎年1億円以上かけて直して、直してももういつ壊れるかわからないという。今度本間さんと一緒に行って見てもらおうと思いますが、それのそういうものを受けて、この報告書ができている。

 塩害でひどくなったこの問題を何とかしなきゃいけない。もう一つ、三次救急、全県的な課題にこたえていかない、そういうふうに当時位置づけていた。ところが幕張海浜病院の隣にある医療センターは、8割が千葉市民が使っている。そういう中で、全県的な課題にこたえていない。そういう中で、全県的な課題にこたえる救急救命センター、さらには東金病院や佐原病院やこども病院、そういうものの県の赤字の中で、県は統合を考えた。そしてそのために東金市に700床からなる巨大病院を県が責任を持って建設する計画が、平成13年の9月に、ここに書いてあるんですよ、ちゃんと。千葉県の病院局が中心になって。なぜこれがつぶれたんですか。町長は知っていますか。まさにこの問題がつぶされたことが、現在抱えているこの医療問題の、まさに問題の出発点だと私は言いたい。

 町長の見解を求めます。



○議長(瀧澤正之君) 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 私の知る範囲では、平成13年だったと思いますけれども、この地域では東金の市長が委員の中に入っておられるでしょうか。

          (「一番最初の策定委員会みたいな、あり方研究会には入っていないです」と呼ぶ者あり)



◎町長(堀内慶三君) 私が読んだのはその内容なんですけれども、いずれにいたしましても、県の医療に対する考え方というものは、いろいろ変わってきているんですよね。国も地域医療計画というものを立てなさいよという法律の中で、千葉県も取り組んでこられております。私がこの医療問題にかかわったのは、実はこの地域で、東金の市長と成東病院の関係で、成東の町長、入っていたかどうかわかりませんけれども、当初はその方が入られた中で、この医療問題について県と協議が始まったんです。それで結論として特例債を使って病院をつくるなんていう話が浮き上がってきた。

 私にすれば、何でこんな地域に大事な話を我々首長も入れないんだという中で、県に改善方求めたんです。それからいろいろ話が進んでまいりまして、県立病院も県の医療方針としては、撤退を考えていきたいというような話の中で、しからばセンター病院を、地域の医療は地域で担うというのが、基本的な考え方ですよというような中で、我々もその検討を始めさせていただいたわけであります。

 その中で、県が撤退をする理由の1つとして、いろいろあろうかと思うんです。1つは財政的に厳しいから、あるいは山武だけということでね、そういう問題があって、お話があったんですけれども、いずれにしても今言われたような内容、総論は私は把握しておりません。していないけれども、この地域の検討については私読まさせていただきました。



○議長(瀧澤正之君) 黒須俊隆君。



◆(黒須俊隆君) あと、1分少々になりました。

 この計画は、町長が言われた県が病院を赤字で撤退する流れというのは、この平成13年12月にはもうそういう流れになっている。この報告書出ているのは9月なんですよ。9月から12月の間に何かがあったわけですよ。誰がこの計画をつぶしたのか。これが徹底的に追求していくこれから私の課題になると思いますが、この中では何といわれているか、700床の大病院を建てるわけだから、今の450どころじゃないわけですよ。しかしこの過疎地域において、病床確保は可能だとはっきりと書いてあるわけです。

 以上をもちまして、一般質問を終わります。(拍手)



○議長(瀧澤正之君) 以上をもちまして、町政に対する一般質問を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 休会について



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第2、休会についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 明3月2日から5日までの4日間を、委員会審査及び休日のための休会として、6日については休会と予定しておりましたが、採決を急ぐ案件が生じておりますことから、午前中を委員会審査のため休会とし、午後は会議を開きたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認め、さよう決定いたしました。

 本日はこれにて散会をいたします。

 委員各位に申し上げます。

 3月6日の午後、会議を開くにあたりまして、議会運営委員会を午後1時30分より、第1会議室において開催をいたします。関係者はご参集を願います。

 さらに、午後1時45分より、議員控室において、全員協議会を開催いたしますので、議員各位はご参集願います。なお、午後2時から会議を開く予定をいたしておりますので、ご出席をお願いいたします。

 以上、ご報告申し上げます。

 どうもご苦労さまでございました。

               午後3時17分 散会