議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 大網白里市

平成17年 12月 定例会 12月12日−04号




平成17年 12月 定例会 − 12月12日−04号









平成17年 12月 定例会



    平成17年12月12日(月)

◯議事日程(第4号)

 第1 議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定について

 第2 議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 第3 議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定について

 第4 議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議について

 第5 議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について

 第6 議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議について

 第7 議案第14号 財産の取得について

 第8 請願・陳情の審査について

 第9 常任委員会委員の選任

 第10 議会運営委員会委員の選任

 第11 山武郡市広域水道企業団議会議員の選挙

 第12 東金市外三町清掃組合議会議員の選挙

 第13 大網白里町消防委員会委員の推薦

 第14 閉会中の継続調査・審査に付することについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 日程第1 議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第2 議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第3 議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定について

 日程第4 議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議について

 日程第5 議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について

 日程第6 議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議について

 日程第7 議案第14号 財産の取得について

 日程第8 請願・陳情の審査について

 追加日程第1 発議案第1号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書の提出について

 追加日程第2 議長辞職について

 追加日程第3 議長選挙

 追加日程第4 副議長選挙

 日程第9 常任委員会委員の選任

 日程第10 議会運営委員会委員の選任

 日程第11 山武郡市広域水道企業団議会議員の選挙

 日程第12 東金市外三町清掃組合議会議員の選挙

 日程第13 大網白里町消防委員会委員の推薦

 追加日程第5 JR大網駅周辺整備特別委員会委員の辞任について

 追加日程第6 JR大網駅周辺整備特別委員会委員の選任について

 日程第14 閉会中の継続調査・審査に付することについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時23分 開議

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(高知尾進君) おはようございます。

 ただいまの出席議員数は22名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

 諸般の報告は、朗読を省略し、お手元に配付してあるとおりでございますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(高知尾進君) 日程第1、議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) 皆さん、おはようございます。

 ただいま議題に供されました議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、地方税法の一部改正が行われたことから、町税条例の一部を改正しようとするものです。主な改正内容といたしましては、町民税の非課税の範囲の見直しなどでございます。

 以上が、議案第8号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

 内山 清君。



◆(内山清君) いくつかお聞きをしたいと思いますけれども、この地方税法の改正に伴う税条例の改正で、年齢65歳以上で合計所得金額が125万円以下の人たちである個人住民税が、均等割、それと同時に所得割の非課税措置が平成20年度までに廃止されると。ですから、来年の、18年の1月1日から、このままここで通ってしまいますと、18年1月1日からこれが対象になります。そのことによって、18年度、19年度、20年度とこれに該当する人たちがどれだけの負担増になるのか。言葉を言いかえれば、増税になるのか、その試算をぜひ伺っておきたいと思います。



○議長(高知尾進君) 税務課長、吉野寿雄君。

          (税務課長 吉野寿雄君 登壇)



◎税務課長(吉野寿雄君) ただいまの質問でありますが、所得割につきましては、算定した数値がございませんので、均等割のみということで回答させていただきます。

 9月26日現在の試算です。887人が該当いたしますので、18年度は、1,000円掛ければ88万7,000円の増税と。そして、19年度もその人たちが対象になりますので、掛ける2,000円で177万4,000円の増収と。20年度は廃止になりますので、3,000円を掛けると266万1,000円が増収になります。そういう経過になります。



○議長(高知尾進君) 内山 清君。



◆(内山清君) 今お聞きのとおり、来年の、18年度すぐこれが適用されるわけですから、168万円の増税になるわけですね。887人がその対象になると。19年度では、177万4,000円。廃止になりますと、266万1,000円の、現在の対象者数でいきますと、いわゆる負担増になると。増税になるというふうにいいます。このことについては、当然、反対するものでありますけれども、私が今読み上げた数字で、課長、間違いなかったでしょうか。

 ないならいいです。失礼いたしました。18年度は88万7,000円になるそうであります。以下の数字でありますけれども、いずれにしても260万円というのが887人の方々に新たに負担増になるということで、この議案に反対の立場を表明しておきたいと思います。終わります。



○議長(高知尾進君) ほかに希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、委員会審査を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第8号 大網白里町町税条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立多数。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第2、議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、現在平成18年8月のオープンを目指して、(仮称)大網白里町民体育館の建設を進めておりますが、町民の皆さんの体力づくり、健康増進、スポーツ、レクリエーション活動の拠点施設としてふさわしい名称を大網白里アリーナとさせていただきたく、今回、条例の一部を改正しようとするものでございます。

 以上が、議案第9号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、委員会審査を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第9号 大網白里町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第3、議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、行財政改革の一環として、地方自治法第168条第2項ただし書きの規定に基づき、収入役を置かずにその事務を助役が兼掌するとともに、関連条例の一部を改正しようとするものでございます。

 以上が、議案第10号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、委員会審査を省略することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第10号 大網白里町収入役事務兼掌条例の制定についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第4、議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、平成18年3月27日から山武郡成東町、同郡山武町、同郡蓮沼村及び同郡松尾町が廃止され、山武市が設置されることに伴い、組合の名称、組合を組織する地方公共団体、共同処理する区域の指定、組合議員、執行機関の組織等を改正し、あわせて文言の整理を行うため、規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議するに当たり、地方自治法第290条の規定により議会の承認を求めるものでございます。

 以上が、議案第11号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、以後一切の手続きを省略し、直ちに採決に入ることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより採決に入ります。

 議案第11号 東金市外三町清掃組合規約の変更に関する協議についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第5、議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、平成18年3月27日から山武郡成東町、同郡山武町、同郡蓮沼村及び同郡松尾町が廃止され、山武市が設置されること及び山武郡横芝町及び匝瑳郡光町が廃止され、山武郡横芝光町が設置されることに伴い、山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数が減少するため、山武郡市広域水道企業団規約中、企業団を組織する地方公共団体、共同処理する区域及び企業団議員の定数を改正し、あわせて文言の整理を行うため、規約の一部を改正することについて、関係地方公共団体と協議するに当たり、地方自治法第290条の規定により議会の承認を求めるものでございます。

 以上が、議案第12号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、以後一切の手続きを省略し、直ちに採決に入ることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより採決に入ります。

 議案第12号 山武郡市広域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び山武郡市広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第6、議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、平成18年3月27日から山武郡成東町、同郡山武町、同郡蓮沼村及び同郡松尾町が廃止され、山武市が設置されること及び山武郡横芝町及び匝瑳郡光町が廃止され、山武郡横芝光町が設置されることに伴い、平成18年3月26日をもって山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の一部を改正しようとするものでございます。

 以上が、議案第13号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、以後一切の手続きを省略し、直ちに採決に入ることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより採決に入ります。

 議案第13号 山武郡市予防接種健康被害調査委員会を共同設置する地方公共団体の数の減少及び山武郡市予防接種健康被害調査委員会共同設置規約の変更に関する協議についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第14号 財産の取得について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第7、議案第14号 財産の取得についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 町長、堀内慶三君。

          (町長 堀内慶三君 登壇)



◎町長(堀内慶三君) ただいま議題に供されました議案第14号 財産の取得について、提案の理由をご説明申し上げます。

 本案は、町内みどりが丘地内の公用公共用地の取得をすべく、地権者と交渉を重ねてまいりました結果、このたび、地権者と合意に達しましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、財産の取得につきまして、議会の議決を求めるものであります。

 以上が、議案第14号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(高知尾進君) ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 今回のこの案件は、学校建設の負担金として、本来ならば現金で受け取るべき趣旨のものを代物弁済ということで、企業の持っている土地を大網白里町の名義に変えていくというようなことで提案されたわけですけれども、私はこのことについては異議はないわけですけれども、現金の負担ということで7,542万4,836円ということが、企業から支払われる現金負担分だというふうになると思うんですけれども、このことについて質問をしたいと思います。

 これは当然、学校建設に関する負担金ということで企業からいただくわけですから、これは私は、そのいただいたものをずっと学校建設の基金として積み立てておくべきだというふうに思っているわけですけれども、そのへんは執行部の方はどういうふうにお考えでしょうか。



○議長(高知尾進君) 暫時休憩します。

               午前10時44分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時45分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(高知尾進君) 再開します。

 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) 答弁させていただきます。

 一般質問の中で、本間議員より同様のご質問があったわけでございますが、現在5,000万円ほど、現金の管理といたしましては、財政調整基金の中の内数ということで管理しておりますので、この7,000万円についても同等の扱いになると考えております。

 以上です。



○議長(高知尾進君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) ただいまの答弁ですと、その財政調整基金の中に繰り入れられるというような趣旨だと思うんですけれども、私はそのへんは非常に疑問に思いますね。財政調整基金というのは、一般会計に自由に繰り入れのできる趣旨の基金だというふうに思うわけですけれども、現在みどりが丘は、家の建っている割合からいいますと、多分17パーセントとか18パーセントぐらい宅地の数から推しての家の建っている割合ですね、17、8パーセントだと思うんですけれども、当然これがみずほ台ぐらいの60数パーセントぐらいの宅地化率というか家の建っている割合ですね、そのくらいになってきたときには、当然、学校建設ということが具体的になってくるわけですから、その学校建設の負担金ということで、企業からこれはいただくというような趣旨の現金だというふうに思うわけですけれども、将来に備えて当然私は、これは自由に使えるような趣旨のお金ではないんではないのかなというふうに、私自身は思っています。

 ですから、基金の科目というものが現在あるのかどうか、ちょっと私はわかりませんけれども、基金のこれを繰り入れるような科目がないとすれば、そういうものを新たにつくってですね、この7,500万何がしの現金というものは、将来に向けて絶対につくってはいけないというような趣旨の現金であるというふうに思うわけですけれども、いま一遍、私の考え方に対しての答弁をいただきたいと思います。



○議長(高知尾進君) 財政課長、北田光夫君。

          (財政課長 北田光夫君 登壇)



◎財政課長(北田光夫君) ただいまご質問の件につきましては、やはり特定目的基金という解釈からすれば、ご指摘のとおりだと思うところでございますが、ただ、財政調整基金の中での現金が非常に少ないものですから、先だっても答弁の中でもお答えさせていただきましたが、物納の形式が非常に高いということで、今後の数値におきましても、物納か現金かという、ただいま協議中でございますので、今後そういう現金が入ってくるということが確定になるということであれば、ちょっと検討させていただきたい。

 この基金の管理については、昔から財政調整基金で経理していたということを申し添えるものでございます。

 以上でございます。



○議長(高知尾進君) 田中吉夫君。



◆(田中吉夫君) 私の考えとは若干、今の答弁はやはり違いますね。学校建設に関する負担金ということでいただくわけですから、これはぜひ、検討という言葉も最後には入りましたけれども、私は、財政調整基金の中に組み入れて自由におろせるような、そういう趣旨の金ではないのではないかというふうに申し上げて、これをずっとやっていると議論は永遠に尽きないと思いますので、執行部でいま一回このことはよく検討して、きちんとした、我々にも納得のできる結果を出していただきたいと思います。

 以上で質疑を終わります。



○議長(高知尾進君) ほかに希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題に供しております案件については、以後一切の手続きを省略し、直ちに採決に入ることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認め、さよう決しました。

 これより採決に入ります。

 議案第14号 財産の取得についてを採決いたします。

 これを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 請願・陳情の審査について



○議長(高知尾進君) 次に、日程第8、請願・陳情の審査についてを議題といたします。

 まず、委員長の報告を求めます。

 文教福祉常任委員会委員長、本間誠一君。

          (文教福祉常任委員会委員長 本間誠一君 登壇)



◆文教福祉常任委員会委員長(本間誠一君) 陳情・審査報告をいたします。

 報告書を読み上げ、報告といたします。

 文教福祉常任委員会に付託された陳情の審査の結果を会議規則第94条第1項の規定により報告いたします。

 陳情第5号(平成17年11月22日付託)

 1.文化施設の建設を求める陳情書。

 (1)審査の結果。

 1.採択。

 2.町長に送付することが適当と認める。

 (2)理由。

 本陳情の趣旨は「大網白里町の第4次総合計画では、平成22年までに達成すべき施策目標が掲げられておりますが、その中で文化施設の建設については『図書館を含めた複合施設の建設』がうたわれております。

 生涯学習時代到来ともいわれている昨今、本町では年毎に団体及び人員とも増加の傾向を示しているとともに、公民館活動のための施設の手狭さが叫ばれてかなりの年月が経過しており、近隣市町村と比べても本町の施設整備がいかに立ち遅れているかは明白であります。

 昨年、旧大網駅北側に施設の建設計画が発表されましたが、突然中止となり代案の提示もなく、今日に至っております。また一方においては、本町の貴重な歴史的文化資料等はその収集システムも確立されておらず、保管展示の場もなく年毎に散逸の危機にさらされております。

 町民が本町の歴史を学び、各種行事に参画し、手をとりあって文化活動のできる施設の建設を早期に実現していただきたく、1,268名分の署名をもって陳情いたします。」というものである。

 慎重審議を経た後、原案について採決した結果、総員賛成で願意は妥当と認め、採択すべきものと決定した。

 続いて、陳情第6号(平成17年11月22日付託)

 1.山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める陳情書。

 (1)審査結果。

 1.採択。

 (2)理由。

 本陳情の趣旨は「山武地域は人口あたりの医師数が少なく、小児医療や救急医療体制も不十分であり、文字通り医療過疎地域となっています。現在、県立東金病院の老朽化などを理由に新病院の建設計画が進められていますが、山武地域医療センター基本計画策定委員会で決めた「山武地域医療センターの整備・運営についての基本方針」によれば、施設整備と周辺運営をPFI特定事業で実施し、医療は地元の1市8町村による一部事務組合に委ねる等、新病院の建設や運営から県は撤退し、地元市町村に押しつける内容となっています。このままでは、市町村負担は莫大となり、将来にわたり市町村財政を苦しめることになりかねません。山武地域医療センターの建設と運営については、?不採算部門も含め、現状の医療体制を維持充実し、さらに救急救命などの高度医療に対応できる病院とすること、?地元市町村の過重な負担とならないよう、県も一部事務組合の構成員として建設と運営に参加し、財政負担などの責任を果たすこと、?現在の医師不足などを解消し、安心して受診できる病院に改善すること、以上3点については県民の生命と健康に責任を持つ県が、山武地域医療センターの建設・運営に参加し、その責任を果たすことがどうしても必要です。

 つきましては、千葉県知事に対し、新病院の機能充実と建設・運営への県の参加を求める意見書を提出していただきたい。」というものである。

 慎重審議を経た後、原案について採決した結果、山武地域医療センター中央病院の開設に向け、県の果たすべき責任とその役割は重要な課題であり、地域としての意見は積極的にあげていくべきとの願意は妥当なものと認められることから、総員賛成で採択すべきものと決定した。

 なお、当該陳情書の前段階として、酷似している内容で提出され、平成17年2月16日に本委員会に付託された陳情第8号(16)「山武地域医療センター構想における新病院の機能充実と、県営継続を求める陳情書」については、先の平成17年9月定例町議会において、当委員会からの審査のとおり、新病院の開設に向けた準備作業が既に進展している現状を踏まえ「不採択」と決したところです。

 しかしながら、当該陳情書の内容が、新病院をあくまで県立で、また県営を継続するというものから、建設及び運営への県の参加を求めるという趣旨に変更されていること、加えて、本町議会議員全員で構成する山武地域医療センター構想協議会での慎重なる協議を重ねた末、各委員の認識が深まったこともあり、この度の総員賛成による「採択」結果となった次第です。

 以上、報告します。



○議長(高知尾進君) ただいまの委員長報告に対し、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 陳情第5号 文化施設の建設を求める陳情書の委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認めます。

 よって、陳情第5号は委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

 次に、陳情第6号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める陳情書の委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認めます。

 よって、陳情第6号は委員長報告のとおり採択することに決定されました。

 次に、産業建設常任委員会委員長、岡田憲二君。

          (産業建設常任委員会委員長 岡田憲二君 登壇)



◆産業建設常任委員会委員長(岡田憲二君) 平成17年12月12日。

 大網白里町議会議長、高知尾 進様。

 産業建設常任委員会委員長、岡田憲二。

 請願審査の報告をさせていただきます。

 本委員会に付託された請願の審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので、会議規則第94条第1項の規定により報告いたします。

 記。

 請願第5号(平成17年8月29日付託)

 1.二号排水路改修に関する請願書。

 (1)審査結果。

 1.採択。

 2.町長に送付することが適当と認める。

 (2)理由。

 本請願の趣旨は「富田北区域内使用の二号排水路の崩壊が激しく、毎年町や区域住民により部分的な補修修理を行っている状態です。また、この区域は大網東小学校の通学路となっており、自動車通行時に児童に大変危険な状態であるとともに、排水路に生活排水が流出し、滞留した雑廃水による悪臭も発生しています。過去に排水路の管理を町で行う旨を口頭で回答いただいているところですが、現在まで町での管理はほとんどされていません。

 ついてはこのような状況をかんがみ、コンクリート構造物による全面改修工事を早急に実施していただきたい。」というものである。

 慎重審議を経た後、原案について採決した結果、総員賛成で願意は妥当と認め、採択すべきものと決定した。

 以上です。



○議長(高知尾進君) ただいまの委員長報告に対し、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 請願第5号 二号排水路改修に関する請願書の委員長報告は採択であります。

 委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認めます。

 よって、請願第5号は委員長報告のとおり採択することに決定されました。

 暫時休憩いたします。

               午前11時02分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時04分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(高知尾進君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(高知尾進君) ただいま本間誠一君から、発議案第1号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書の提出についてが提出されました。

 この際、これを日程に追加し、追加日程第1として議題といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ご異議ないものと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 発議案第1号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書の提出について



○議長(高知尾進君) 追加日程第1、発議案第1号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 まず、提案趣旨の説明を求めます。

 提出者、本間誠一君。

          (本間誠一君 登壇)



◆(本間誠一君) ただいま議題に供されました発議案第1号につきまして、提案趣旨の説明をさせていただきます。

 本案は、陳情第6号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書を議会で採択していただいたという陳情の採択に基づきまして、議会として関係機関に意見書を提出すべく、その案文を皆様にお示ししたものでございます。

 読み上げさせていただきます。

 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書(案)。

 山武地域は、人口あたりの医師数が全国平均の半分、県平均の3分の2と県下最低であり、周産期死亡は全国2位ときわめて高く、小児医療の立ち遅れも深刻である。また、救急医療体制が不十分で病院への搬送時間が長く、4人に1人が山武地域外に運ばれ、救急患者の死亡率が高いことも問題となっている。さらに、現在の県立東金病院は、医師数が23人から14人に激減し、診療科が18科から半減するなど、山武地域の医療過疎に拍車をかけている。

 千葉県は、県立東金病院の老朽化などを理由に、新病院の建設計画を進めている。山武地域医療センター基本計画策定委員会で決めた「山武地域医療センターの整備・運営についての基本方針」によれば、施設整備と周辺運営をPFI特定事業で実施し、医療は地元の1市8町村による一部事務組合に委ねる等、新病院の建設や運営から県は撤退し、地元市町村に押しつける内容になっている。このままでは、市町村負担は莫大となり、将来にわたり市町村財政を苦しめることになりかねない。

 千葉県はこれまで「県立病院は採算が合わなくてもやるべきことがある」として、県立県営で行ってきた。県民の生命と健康に責任を持つ県は、新東金病院(山武地域医療センター)の建設・運営に参加し、財政負担など県の責任を果たすことはどうしても必要である。

 こうした状況を踏まえ、山武地域医療センターの建設と運営について、下記のとおり実施されるよう、強く要望する。

 記。

 1.不採算部門も含め、現状の医療体制を維持充実し、さらに救急救命などの高度医療に対応できる病院にすること。

 2.地元市町村に過重な負担とならないように、建設と運営に一部事務組合の構成員として県も参加し、財政負担など県の責任を果たすこと。

 3.現在の県立東金病院の医師不足などを解消し、安心してかかれる病院に改善すること。と、配付してありますが、ここの最後のくだりを「安心して受診できる病院」に改善することというふうに訂正したいと思います。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 提出先につきましては、千葉県知事でございます。

 なお、議案提出者は、私、本間誠一。

 賛成者は、山田繁子、花澤政広、上家初枝、加藤岡美佐子、中村勝男議員でございます。

 以上が、発議案第1号の提案の理由でございます。

 何とぞ慎重ご審議の上、速やかにご可決くださいますようお願いいたします。



○議長(高知尾進君) ただいま提出者から発議案中、記、3のうち「安心してかかれる病院に」というところを「安心して受診できる病院に」と変更がございました。これについてご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認めます。さよう決しました。

 ただいま議題に供しております案件について、質疑を許します。

 質疑の通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、質疑を終結いたします。

 次に、討論ですが、通告はありません。別に希望者はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高知尾進君) ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 発議案第1号 山武地域医療センターの機能充実と、建設・運営への県の参加を求める意見書の提出についてを採決いたします。

 これに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(高知尾進君) 起立総員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

 議員各位にご連絡申し上げます。直ちに議会運営委員会を開催しますので、関係者は第1会議室にお集まり願います。また、議会運営委員会に引き続き、議員控室において全員協議会を開催しますので、議員の方々はお集まり願います。

 町執行部各位にご連絡申し上げます。町長をはじめとする町執行部4役及び秘書広報課、総務課、財政課、企画政策課の課長以外の各課長等はご苦労さまでした。退席して結構です。

               午前11時12分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時40分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○副議長(瀧澤正之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(瀧澤正之君) ただいま議長、高知尾 進君より議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 議長の辞職をもって本日の日程に追加し、追加日程第2として議題といたしますことにご異議ございませんでしょうか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第2として議題とすることに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議長辞職について



○副議長(瀧澤正之君) 追加日程第2、議長の辞職についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、高知尾 進君の退場を求めます。

          (高知尾 進君 退場)



○副議長(瀧澤正之君) まず、議長の辞職願を白鳥事務局長より朗読をいたさせます。



◎議会事務局長(白鳥秀昭君) 辞職願。

 このたび、一身上の都合により、議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

 平成17年12月12日、大網白里町議会副議長、瀧澤正之様。

 大網白里町議会議長、高知尾 進。

 以上です。



○副議長(瀧澤正之君) それでは、お諮りいたします。

 高知尾 進君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、高知尾 進君の議長の辞職を許可することに決定をいたしました。

 暫時休憩をいたします。

 なお、各議員は速やかに全員協議会を行いますので、議員控室の方にご参集をお願いいたします。暫時休憩をいたします。

               午前11時43分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時18分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○副議長(瀧澤正之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(瀧澤正之君) お諮りいたします。

 欠員となりました議長の選挙を日程に追加し、追加日程第3として議長選挙を行うことにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第3として議長選挙を行うことに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第3 議長選挙



○副議長(瀧澤正之君) お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思いますけれども、ご異議ございませんでしょうか。

          (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○副議長(瀧澤正之君) 異議ありとのことでございますので、投票による選挙を行います。

 暫時休憩をいたします。

               午後1時19分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時21分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○副議長(瀧澤正之君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより、議長選挙を行います。

 議場を閉鎖いたします。

          (議場閉鎖)



○副議長(瀧澤正之君) それでは、ただいまの出席議員数は22名であります。

 次に、立会人を指名いたします。

 会議規則第32条第2項の規定により、立会人に大村敏也君、加藤岡美佐子君及び上家初枝君を指名いたします。

 投票箱を改めます。

          (投票箱点検)



○副議長(瀧澤正之君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 ただいまから投票を行います。事務局長の点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、順次投票をお願いいたします。

 なお、同姓がおられますので、氏名まで明記願います。

 点呼を命じます。

          (氏名点呼、投票)



○副議長(瀧澤正之君) 投票漏れはございませんでしょうか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(瀧澤正之君) ないものと認め、投票を終了いたします。

 開票を行います。

 大村敏也君、加藤岡美佐子君、上家初枝君、開票の立ち会いをお願いいたします。

          (開票)



○副議長(瀧澤正之君) それでは、選挙結果を報告いたします。

   投票総数  22票

 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、

   有効投票  20票

   無効投票  2票

 有効投票中、

   瀧澤正之  16票

   内山 清君 3票

   岡田憲二君 1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は、5.0票でございます。

 よって、私、瀧澤正之が議長に当選をさせていただきました。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場開鎖)

          (議長 瀧澤正之君 登壇)



○議長(瀧澤正之君) ただいまは、先輩議員並びに同僚議員のご賛同を賜りまして、42代目と記憶いたします議長に就任をさせていただきました。

 もとより、微力ではございますけれども、全力を傾注して取り組んでまいる所存でございます。引き続き、どうぞ円滑なる議会運営が目指せますよう、各議員皆様方のご支援とご協力を重ねてお願いを申し上げる次第でございます。

 また、今後における議会運営について申し上げたいと存じますが、基本的には、清潔、公平な議会運営に取り組んでまいります。そして、円滑で改革を旨とした議会運営を推進してまいります。また、協議と合議による議会運営に全力を挙げて取り組んでまいる所存でございます。今、再び不退転の決意で、また不惜身命、また前三後一という角度から全力を傾注してまいりますので、特段のご支援、ご協力をよろしくお願いを申し上げまして、議長就任のごあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手)

 それでは、暫時休憩をいたします。

 議員各位にご連絡申し上げます。直ちに議会運営委員会を開催いたしますので、関係者は第1会議室にお集まり願います。また、議会運営委員会に引き続きまして、議員控室において全員協議会を開催いたしますので、議員の方々はそれぞれお集まりをお願いいたします。

 以上でございます。

 暫時休憩をいたします。

               午後1時40分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時51分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(瀧澤正之君) お諮りいたします。

 私、瀧澤正之が新議長に当選いたしましたので、副議長の職が自動的に失われました。欠員となりました副議長の選挙を日程に追加し、追加日程第4として副議長の選挙を行うことにご異議ございませんでしょうか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) 異議なしと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第4として副議長選挙を行うことに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第4 副議長選挙



○議長(瀧澤正之君) これより副議長選挙を行います。

 議場を閉鎖します。

          (議場閉鎖)



○議長(瀧澤正之君) ただいまの出席議員数は22名であります。

 次に、立会人を指名いたします。

 会議規則第32条第2項の規定により、立会人に本間誠一君、山田繁子君、花澤政広君を指名いたします。

 投票箱を改めます。

          (投票箱点検)



○議長(瀧澤正之君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 ただいまから投票を行います。事務局長の点呼に応じ、投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、順次投票をお願いいたします。

 なお、同姓の方がおられますので、氏名まで明記願います。

 点呼を命じます。

          (氏名点呼、投票)



○議長(瀧澤正之君) 投票漏れはございませんですか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ないものと認め、投票を終了いたします。

 開票をお願いいたします。

 本間誠一君、山田繁子君、花澤政広君、開票の立ち会いをお願いいたします。

          (開票)



○議長(瀧澤正之君) 大変お待たせをいたしました。それでは、選挙結果を報告いたします。

   投票総数  22票

 これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、

   有効投票  20票

   無効投票  2票

 有効投票中、

   中村 正君 17票

   内山 清君 3票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は、5.0票でございます。

 よって、中村 正君が副議長に当選をされました。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場開鎖)



○議長(瀧澤正之君) それでは、ただいま副議長に当選された中村 正君が議場におりますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 副議長に当選された中村 正君をご紹介いたします。

          (副議長 中村 正君 登壇)



◆副議長(中村正君) ただいま大網白里町町議会副議長に当選をさせていただきました中村 正でございます。ご支援、ありがとうございました。

 瀧澤議長を支え、大網白里町の限りない発展のために、そして町議会のますますの活性化と、そして円滑な運営に努めてまいりたいと思います。

 議員各位のご指導とご協力をよろしくお願いを申し上げます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(瀧澤正之君) 暫時休憩いたします。

 各議員にご連絡申し上げます。直ちに全員協議会を開催いたしますので、関係者は議員控室にお集まりを願います。暫時休憩をいたします。

               午後2時09分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時11分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 常任委員会委員の選任



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第9 常任委員会委員の選任を行います。

 常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、総務常任委員会委員に黒須俊隆君、本間誠一君、田中吉夫君、瀧澤正之、北田雅俊君、中村 正君、江沢 清君、内山 清君。

 文教福祉常任委員会委員に山田繁子君、上家初枝君、加藤岡美佐子君、大村敏也君、倉持安幸君、岡田憲二君、萱生敏雄君。

 産業建設常任委員会委員に花澤政広君、峰尾博子君、高知尾 進君、吉田喜久夫君、内山孝次郎君、中村勝男君、板倉靜雄君。

 以上のとおり指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、各常任委員会の委員は、ただいま指名のとおり選任することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議会運営委員会委員の選任



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第10、議会運営委員会委員の選任を行います。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、五月会から岡田憲二君、自民クラブから内山孝次郎君、新生会から加藤岡美佐子君、町議会公明党から峰尾博子君、日本共産党から内山 清君、わかしお会から本間誠一君、無会派から黒須俊隆君、議長推薦により、倉持安幸君。以上のとおり指名したいと思いますが、ご異議ございませんでしょうか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) よって、議会運営委員会委員は、ただいま指名のとおり選任することに決定をいたしました。

 それでは、暫時休憩をいたします。

               午後3時14分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時16分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) それでは、再開をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(瀧澤正之君) ただいま議会運営委員会及び各常任委員会から正副委員長が互選されたとの報告が議長にありましたので、次の日程に入る前にその報告をいたします。

 議会運営委員会委員長に倉持安幸君、同副委員長に黒須俊隆君。

 総務常任委員会委員長に田中吉夫君、同副委員長に黒須俊隆君。

 文教福祉常任委員会委員長に大村敏也君、同副委員長に加藤岡美佐子君。

 産業建設常任委員会委員長に峰尾博子君、同副委員長に花澤政広君。

 以上のとおりでございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 山武郡市広域水道企業団議会議員の選挙



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第11、山武郡市広域水道企業団議会議員の選挙を行います。

 本件は、山武郡市広域水道企業団規約第6条第2項本文の規定により、本議会議員の内から1名を選出するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定をいたしました。

 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思いますが、異議はございませんでしょうか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、議長より指名いたします。

 山武郡市広域水道企業団規約第6条第2項本文の規定する議員に北田雅俊君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました北田雅俊君を山武郡市広域水道企業団議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました北田雅俊君が山武郡市広域水道企業団議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました北田雅俊君が議場におりますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 東金市外三町清掃組合議会議員の選挙



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第12、東金市外三町清掃組合議会議員の選挙を行います。

 本件は、東金市外三町清掃組合規約第5条の規定により、本議会議員の内から2名を選挙するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定をいたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、議長が指名することに決定をいたしました。

 東金市外三町清掃組合規約第5条に規定する議員に吉田喜久夫君、中村勝男君を指名いたします。

 ただいま議長が指名した両君を東金市外三町清掃組合議会議員の当選人に定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました吉田喜久夫君、中村勝男君が東金市外三町清掃組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました吉田喜久夫君、中村勝男君が議場におりますので、会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 大網白里町消防委員会委員の推薦



○議長(瀧澤正之君) 次に、日程第13、大網白里町消防委員会委員の推薦を行います。

 本件は、大網白里町消防委員会条例第3条の規定により、本議会議員の内から3名を推薦するものであります。

 お諮りいたします。

 推薦の方法については、議長において指名することといたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、議長において指名することと決定いたしました。

 大網白里町消防委員会委員に内山孝次郎君、北田雅俊君、本間誠一君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名をした3名を大網白里町消防委員会委員に推薦することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、大網白里町消防委員会委員に内山孝次郎君、北田雅俊君、本間誠一君が推薦されました。

 暫時休憩をいたします。

               午後3時19分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時20分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(瀧澤正之君) JR大網駅周辺整備特別委員会委員辞任の件を議題といたします。

 ただいま萱生敏雄君から、一身上の都合により、JR大網駅周辺整備特別委員会の委員を辞任したいとの申し出がありました。

 お諮りいたします。

 この際、これを日程に追加し、追加日程第5として議題といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第5として議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第5 JR大網駅周辺整備特別委員会委員の辞任について



○議長(瀧澤正之君) 追加日程第5、JR大網駅周辺整備特別委員会委員の辞任についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、萱生敏雄君の退場を求めます。

          (萱生敏雄君 退場)



○議長(瀧澤正之君) お諮りいたします。

 萱生敏雄君のJR大網駅周辺整備特別委員会委員の辞任について、申し出のとおり許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、萱生敏雄君のJR大網駅周辺整備特別委員会委員の辞任を許可することに決定をいたしました。

 暫時休憩をいたします。

               午後3時22分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時23分 再開

出席議員 22名

欠席議員 なし



○議長(瀧澤正之君) それでは、再開をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(瀧澤正之君) 次に、欠員となりましたJR大網駅周辺整備特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第6として議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、これを本日の日程に追加し、追加日程第6として議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第6 JR大網駅周辺整備特別委員会委員の選任について



○議長(瀧澤正之君) 追加日程第6、JR大網駅周辺整備特別委員会委員の選任について議題といたします。

 お諮りいたします。

 欠員となりましたJR大網駅周辺整備特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、吉田喜久夫君を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、JR大網駅周辺整備特別委員会委員は、ただいま指名のとおり選任することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 閉会中の継続調査・審査に付することについて



○議長(瀧澤正之君) 日程第14、閉会中の継続調査・審査に付することについてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 各委員長からお手元に配付のとおり、閉会中の継続調査・審査に付する申出書の提出がありました。これを許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(瀧澤正之君) ご異議ないものと認めます。

 よって、各委員長からの申し出は許可することに決定をいたしました。

 これで、本日の日程は、すべて終了いたしました。会議を閉じます。

 平成17年12月大網白里町定例町議会を閉会いたします。

 長時間にわたり大変にご苦労さまでございました。

               午後3時25分 閉会

 署名議員

    新議長    瀧澤正之

    前議長    高知尾 進

    新副議長   中村 正

    署名議員   黒須俊隆

    署名議員   花澤政広