議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成23年 11月 臨時会(第1回) 11月28日−01号




平成23年 11月 臨時会(第1回) − 11月28日−01号







平成23年 11月 臨時会(第1回)



いすみ市告示第164号

 平成23年いすみ市議会第1回臨時会を次のとおり招集する。

  平成23年11月21日

                           いすみ市長  太田 洋

1 期日  平成23年11月28日

2 場所  いすみ市議会議事堂

3 付議事件

 (1) 専決処分の承認を求めることについて

 (2) いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

        平成23年いすみ市議会第1回臨時会

議事日程(第1号)

               平成23年11月28日(月曜日)午前10時開会

日程第1 会期の決定について

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 議案第1号及び議案第2号(提案理由説明・質疑・討論・採決)

      議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

      議案第2号 いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(19名)

  1番   山口朋子君    2番   高森和久君

  3番   田井秀明君    4番   横山正樹君

  5番   中村松洋君    6番   高梨庸市君

  7番   元吉 基君    8番   渡辺敏男君

  9番   飯高米蔵君   10番   君塚泰三君

 11番   川嶋英之君   12番   石川光男君

 13番   麻生 実君   15番   半場新一君

 16番   荒井 正君   17番   松崎敏雄君

 18番   井上栄弌君   19番   君塚利雄君

 20番   岩井豊重君

欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長         太田 洋君   副市長        渡辺雅文君

 総務部長       上島浩一君   市民生活部長     江澤正利君

 産業建設部長     佐藤達夫君   総務課長       平野孝幸君

 財政課長       伊大知幸俊君  公民館長       高地和生君

 教育長        鈴木 智君   教育次長       岩瀬 亮君

 夷隅地域市民局長   浅野一夫君   岬地域市民局長    中村敏一君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長         神山栄治    主査補        吉清勝美

 副主査        隈部清丈

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○議長(井上栄弌君) おはようございます。

 出席議員19名であります。定足数に達しておりますので、これより平成23年いすみ市議会第1回臨時会を開会いたします。

                            (午前10時00分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(井上栄弌君) これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(井上栄弌君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について



○議長(井上栄弌君) 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) 異議なしと認めます。

 よって、今臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(井上栄弌君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

   12番議員 石川光男君及び

   13番議員 麻生 実君

を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号及び議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(井上栄弌君) 日程第3、議案第1号及び議案第2号を一括議題といたします。

 市長から説明を求めます。

          〔市長 太田 洋君登壇〕



◎市長(太田洋君) 初めに、議案第1号についてご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてであります。

 内容は、平成23年度いすみ市一般会計補正予算で、歳入歳出予算の補正です。

 大原文化センター設置の自動火災報知設備が老朽化等により作動不良の状態となっております。防火管理上、支障を来すことから、その改修経費の359万2,000円の予算措置を行ったものであります。

 よって、緊急を要することであるため、専決処分をさせていただきました。

 次に、議案第2号についてご説明を申し上げます。

 本案は、いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。

 内容は、平成23年10月27日の千葉県人事委員会の給与勧告に基づき、一般職の職員の給料月額を引き下げようとするものであります。

 主な改正点は、月例給の引き下げ改定、特定任期付職員の給料月額の一部を減額しようとするものなどであります。

 以上、議案第1号と議案第2号につきましてご説明をさせていただきました。

 なお、議案第2号 いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてにつきましては、担当課長からご説明をさせますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 以上でございます。

          〔市長 太田 洋君降壇〕



○議長(井上栄弌君) 説明が終わりました。

 議案第2号の補足説明はございますか。



◎総務課長(平野孝幸君) 議案第2号について補足説明をさせていただきます。

 本案は、いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 国では、本年9月30日に人事院勧告が行われましたが、10月28日の閣議決定により、人事院勧告による給与法改正法案は国会に提出せず、東日本大震災による復興費用に充てるための給与臨時特例法案を審議することになりました。

 一方、地方公共団体の本年の給与改定等につきましては、人事委員会を置いていない市町村にあっては、都道府県人事委員会における職員給与等の改定の勧告をもとに適切な改定を行うこととされたところでございます。

 いすみ市といたしましては、これを受け、10月27日の千葉県人事委員会の勧告に基づき、いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例、いすみ市一般職の任期付職員の採用に関する条例、いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の3条例の一部を改正しようとするものでございます。

 主な改正の内容でございますが、月例給の改正につきましては、高齢層の官民較差が大きいことを踏まえ、高齢層に重点を置き、40代半ば以上の職員の受ける号給に限定し、平均0.27%引き下げようとするものでございます。

 また、給与構造改革に伴い、平成18年3月31日に受けていた給料月額に達しない者の経過措置額についても、月例給の改正に合わせ引き下げようとするものでございます。

 実施時期につきましては、本年12月1日から施行しようとするものでございますが、民間との比較を本年4月時点で行っており、4月から較差相当分を解消する必要があることから、較差相当分に11月までの月数を乗じて得た額と6月に支給された特別給に調整率を乗じて得た額の合計額を12月期の期末手当で減額調整しようとするものでございます。

 それでは、条ごとにご説明を申し上げます。

 第1条は、職員が所有する住宅に居住する場合にかかる住居手当を廃止するとともに、任期付短時間勤務職員の期末手当並びに勤勉手当の率を再任用職員の率と同じ率に改正をしようとするものでございます。

 また、臨時的に任用される職員及び非常勤職員の給与についての規定を追加するとともに、今回の千葉県人事委員会の勧告に基づき、行政職給料表を改正して月例給の引き下げ改定を行おうとするものでございます。

 第2条は、行政職給料表の改正にあわせ、一般職の任期付職員の採用に関する条例に規定されている給料月額を改正しようとするものでございます。

 第3条は、給与構造改革に伴う経過措置額を行政職給料表の改正にあわせ、引き下げようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成23年12月1日から施行しようとするものでございますが、第1条中、住居手当の規定は平成24年4月1日から施行しようとするものでございます。また、本年12月の期末手当について、本年4月からの月例給の引き下げ相当分を減額して支給しようとするものでございます。

 以上で補足説明を終わらせていただきます。

 よろしくご審議くださいますよう、お願いいたします。



○議長(井上栄弌君) ただいま議案の補足説明が終わりました。

 これより議案第1号及び議案第2号の質疑を一括により行います。

 質疑ありませんか。



◆16番(荒井正君) 1点だけちょっと伺います。

 今度の給与改定の減額されるところが40歳から上のくらいになっていますということの説明で、資料を見てもかなり上のほうの部分が減額対象になっているのがわかるんですが、おおむね現在、いすみ市で40歳というか、何万円という、どれぐらいの金額から減額対象になるのかだけ教えていただきたいと思います。



◎総務課長(平野孝幸君) 今回の人事院勧告に関する影響額でございますが、40代以上が対象となりまして、今回の改定の影響を受ける職員数は174名でございます。40代の人で24人影響を受けまして、年間の影響額は約2万9,000円程度でございます。50歳から55歳未満につきましては73人影響を受けまして、年間の影響額が3万5,000円程度でございます。55歳以上につきましては7級未満の職員が51名、年間影響額が3万9,000円でございます。それから55歳以上で7級以上の職員が26名で、年間影響額が4万5,000円程度でございまして、先ほど言いましたように職員全体では174名、総額で約660万円の影響ということになります。

 以上でございます。



◆20番(岩井豊重君) 25日の県議会で議案になったもので、26日の新聞に出されたものですから、それについて間に合いませんでしたので、市のご意見をお聞きしたいと思うんですけれども、今、荒井議員からの質問にも若干ダブるところは、大体いすみ市の場合には146人ですから全職員の3分の1弱ですかね、そのぐらいになると思うんです。ただ、今までと違うところは、今まで払った分を返さなくちゃならないという、そういうのが一つあるということですね。これが今までよりもかなり厳しい面だと思うんです。

 それに対する市の考え方と、それからもう一つは、6月の県議会でみんなの党の職員給与引き下げを求める質問に対して、県知事が、「本県は今まさに、大震災からの一日も早い復旧・復興に向けた取り組みを進めているところであり、職員には高い士気を維持しながら、より一層頑張ってもらわなければならないと考えているところでございます。このため、職員の給与を減額することは現在は考えておりません。」というふうに森田知事が明快に答えているんですけれども、そのもう一つの裏づけとしましては、いざというときに自治体職員がいかに住民の安全・安心、復旧・復興に欠かせない存在なのか、改めて浮き彫りになりました。こういった中で、今回の引き下げということについて、市もある意味やむを得ないというお考えかもわかりませんけれども、もう一度この辺についてお考えをお聞かせいただけたらと思います。



◎総務課長(平野孝幸君) まず、4月にさかのぼって支給する件でございますけれども、これにつきましては、今回の人事院勧告が4月時点での調査でございまして、年間を通しての民間と公務員との給与の差額を調整するというような趣旨でございますので、そういうことでご理解をいただきたいと思います。

 それから、この公務員給与を下げますと、いろいろ地域経済に影響等が出てくるということもありますし、ある面、昔から言われていますように、企業も給料を引き下げやすくなるような、いわゆる負の連鎖的なものも出てくることは否定できないところでございますけれども、公務員の給与は民間とのバランスを考慮して定めるということでございまして、そのバランスのとり方の一つとして、人事委員会を持たない市町村では国・県の人事院勧告をもとに実施をしているところでございます。

 市民の方々からも、職員の給料は高いのではないかというような声も聞こえてきますけれども、逆に安いから上げたほうがいいというような、そういう話は聞こえてこないのが実情でございまして、やはり民間との公平性というバランスをとるというためには、現状では今までと同様に人事院勧告というこの制度を使っていくのが一番いい方法ではないかなというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(井上栄弌君) よろしいですね。ほかにございませんか。



◆3番(田井秀明君) 各論的なところで1点だけちょっとお聞きいたします。即答できなければ、その旨お答えいただければいいです。

 臨時職員についてお聞きします。

 例えば、給食センターの職員とかがありますけれども、例えば調理ですね、この人たちというのは社会保険だとかそういうことに入れていると思うんです。こういう場合、最初の3カ月の平均給与を幾らにするかという基礎給与の額にしていると思うんです。ですけれども、こういう職員は、例えば夏休みはほとんど働かないんですね。それから冬休みだとか、春だとか。その場合に、実質的には収入がなくなるとか、それに近くなる、それから大幅に減るというところでも基礎額が変わらないので、引かれる額はずっと同じになってしまう。その月は収入ががくっと減っちゃうということがありますけれども、そういうことについての認識は執行部としてはありますか。



◎総務課長(平野孝幸君) 大変申しわけないんですけれども、ちょっと資料が手元にございませんので、その辺の状況を調べまして、後日ご報告をさせていただければと思います。

 以上でございます。



◆3番(田井秀明君) 結構です。



○議長(井上栄弌君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第1号及び議案第2号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) なしと認めます。

 よって、議案第1号及び議案第2号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより議案第1号及び議案第2号の討論を一括により行います。討論ございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第1号及び議案第2号を採決いたします。

 採決はそれぞれ行います。

 まず、議案第1号を採決いたします。

 議案第1号を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(井上栄弌君) 起立多数であります。

 よって、議案第1号は承認されました。

 次に、議案第2号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(井上栄弌君) 起立多数であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(井上栄弌君) 以上をもちまして今臨時会に付議された事件はすべて議了いたしました。

 これにて平成23年いすみ市議会第1回臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。

                            (午前10時16分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

         議長

         署名議員

         署名議員