議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月07日−01号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月07日−01号







平成23年  6月 定例会(第2回)



いすみ市告示第91号

 平成23年いすみ市議会第2回定例会を次のとおり招集する。

  平成23年5月10日

                           いすみ市長  太田 洋

1 期日  平成23年6月7日

2 場所  いすみ市議会議事堂

        平成23年いすみ市議会第2回定例会

議事日程(第1号)

                 平成23年6月7日(火曜日)午前10時開会

日程第1 会期の決定について

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 議案第1号から議案第7号まで及び報告第1号から報告第4号まで(提案理由説明・報告)

     議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

     議案第2号 専決処分の承認を求めることについて

     議案第3号 専決処分の承認を求めることについて

     議案第4号 いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第5号 いすみ市三日月福祉基金条例の一部を改正する条例の制定について

     議案第6号 夷隅町児童送迎バス運行に関する条例を廃止する条例の制定について

     議案第7号 平成23年度いすみ市一般会計補正予算

     報告第1号 専決処分の報告について

     報告第2号 繰越明許費繰越計算書について

     報告第3号 事故繰越し繰越計算書について

     報告第4号 事業会計予算の繰越計算書について

日程第4 休会の件

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(19名)

  1番   山口朋子君    2番   高森和久君

  3番   田井秀明君    4番   横山正樹君

  5番   中村松洋君    6番   高梨庸市君

  7番   元吉 基君    8番   渡辺敏男君

  9番   飯高米蔵君   10番   君塚泰三君

 11番   川嶋英之君   12番   石川光男君

 13番   麻生 実君   15番   半場新一君

 16番   荒井 正君   17番   松崎敏雄君

 18番   井上栄弌君   19番   君塚利雄君

 20番   岩井豊重君

欠席議員(1名)

 14番   山口 稔君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長         太田 洋君   副市長        渡辺雅文君

 総務部長       上島浩一君   市民生活部長     江澤正利君

 産業建設部長     佐藤達夫君   総務課長       平野孝幸君

 財政課長       伊大知幸俊君  税務課長       所 治平君

 危機管理課長     田中 宏君   企画政策課長     田中一成君

 福祉課長       田中正己君   健康高齢者支援課長  古川 弘君

 市民課長       永野正晴君   環境保全課長     永野謙一君

 農林水産課長     小高信廣君   商工観光課長     吉岡 茂君

 建設課長       實方伊三郎君  都市整備課長     菰田和男君

 教育長        鈴木 智君   教育次長       岩瀬 亮君

 学校教育課長     高橋國雄君   夷隅地域市民局長   浅野一夫君

 岬地域市民局長    中村敏一君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長         神山栄治    主査補        吉清勝美

 副主査        隈部清丈

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○議長(井上栄弌君) おはようございます。出席議員19名でございます。定足数に達しておりますので、これより平成23年いすみ市議会第2回定例会を開会いたします。

                            (午前10時00分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(井上栄弌君) これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(井上栄弌君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について



○議長(井上栄弌君) 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、お手元に配付した会期日程のとおり、本日から6月24日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) ご異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は18日間と決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(井上栄弌君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

    7番議員 元吉 基君及び

    8番議員 渡辺敏男君を

 指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号から議案第7号まで及び報告第1号から報告第4号までの上程、説明、報告



○議長(井上栄弌君) 日程第3、議案第1号から議案第7号まで及び報告第1号から報告第4号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明及び報告を求めます。

          〔市長 太田 洋君登壇〕



◎市長(太田洋君) まず初めに、議案第1号についてご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてであります。

 内容は、地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成23年4月27日に公布されたことに伴い、いすみ市税条例の一部を改正しようとするものであります。

 改正点は、附則に東日本大震災に係る雑損控除等の特例、住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例及び固定資産税の特例を受けようとする者がすべき申告等を追加しようとするものであります。

 緊急を要しましたので、専決処分をさせていただいたものであります。

 次に、議案第2号についてご説明申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてであります。

 処分の内容は、健康保険法施行令等の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布されたことに伴い、いすみ市国民健康保険条例の一部を改正しようとするものであります。

 改正点は、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間、暫定的に4万円引き上げた出産育児一時金の支給額について、平成23年4月1日から恒久化することとしたことに伴い第5条を改正し、附則第5項を削る改正でございます。

 緊急を要しましたので、専決処分をさせていただいたものであります。

 次に、議案第3号についてご説明申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてであります。

 内容は、平成22年度いすみ市一般会計補正予算で、繰越明許費の補正です。

 民生費における高齢者支援事業について、年度内に完了しないため、繰越明許費の追加をいたしました。

 これは緊急を要したため、専決処分をさせていただいたものであります。

 次に、議案第4号についてご説明申し上げます。

 本案は、いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 内容は、地方税法施行令の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布されたこと及び医療費の増加等に基因する負担分の財源確保のため、いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正しようとするものであります。

 改正点は、課税額の上限額の改正、所得割の税率の改正及び医療分に係る均等割と平等割をそれぞれ改正しようとするものであります。

 次に、議案第5号についてご説明申し上げます。

 本案は、いすみ市三日月福祉基金条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 内容は、去る4月8日に三日月物産株式会社及び株式会社三興並びに小高芳男氏から、現行のいすみ市三日月福祉基金に積み立てて、高齢者、障害者、児童等の福祉の増進に活用していただきたいと、それぞれ1,000万円ずつ、合計3,000万円のご寄附をいただきました。

 つきましては、この貴重な浄財を基金に積み立て有効に活用するため、いすみ市三日月福祉基金条例の一部を改正しようとするものであります。

 改正点は、三日月物産株式会社及び株式会社三興を加え、6,000万円を9,000万円に改めようとするものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行しようとするものであります。

 次に、議案第6号についてご説明を申し上げます。

 本案は、夷隅町児童送迎バス運行に関する条例を廃止する条例の制定についてであります。

 内容は、夷隅地域の遠距離通学児童の交通手段を確保するため、合併後も暫定条例として、夷隅町児童送迎バス運行に関する条例に基づき送迎事業を続けてまいりました。

 しかしながら、事業委託先である都自動車が、昨年度でバス事業を廃止いたしましたことから、関係部署で協議を進めた結果、新たに夷隅地域遠距離通学児童送迎バス利用規程を制定し、本年4月からは、市で購入いたしました保育所園児送迎バスを利用して児童の送迎が継続できるようになりました。これに伴い、暫定条例である夷隅町児童送迎バス運行に関する条例を廃止しようとするものであります。

 附則といたましまて、この条例は、公布の日から施行しようとするものであります。

 次に、議案第7号についてご説明申し上げます。

 本案は、平成23年度いすみ市一般会計補正予算であります。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億9,930万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ159億8,308万3,000円にしようとするものであります。

 歳入の内訳につきましては、国庫支出金8,197万7,000円、県支出金8万7,000円、寄附金3,000万円、繰入金5,633万9,000円、諸収入500万円、市債2億2,590万円であります。

 歳出の内訳につきましては、総務費426万6,000円、民生費99万6,000円、衛生費79万3,000円、農林水産業費209万1,000円、商工費530万円、土木費3億1,912万9,000円、消防費1,666万1,000円、教育費961万9,000円、災害復旧費1,044万8,000円、諸支出金3,000万円であります。

 第2条は、地方債の変更であります。

 次に、報告第1号についてご説明申し上げます。

 本報告は、専決処分の報告についてであります。

 処分の内容は、平成22年10月13日午前10時ごろ、いすみ市岩熊573番地、いすみ市立古沢保育所すみれ組の保育室内において、保育士が園児に話をしているときに園児1名が立ち上がり、走り出して転倒、顔面をごみ箱に強打し負傷した事故について、顧問弁護士との協議を踏まえ、被害総額10万1,115円を賠償金として支払い、和解することで専決処分をしましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、専決処分書の写しを添えて報告いたします。

 次に、報告第2号についてご説明を申し上げます。

 本報告は、繰越明許費繰越計算書についてであります。

 平成22年度いすみ市一般会計補正予算第2条及び第2条、第1条の繰越明許費は、翌年度に繰り越しをしたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものであります。

 全体で22事業、9億8,283万2,841円を明許繰り越しいたしました。

 このうち主なものを申し上げます。

 第2款総務費、第1項総務管理費、事業名、地上デジタル放送難視聴対策事業、翌年度への繰越額は1億3,327万6,500円であります。

 第3款民生費、第1項社会福祉費、事業名、地域密着型サービス拠点等施設整備事業、翌年度への繰越額は1,000万円であります。

 同じく第3款民生費、第2項児童福祉費、事業名、保育所改修事業、翌年度への繰越額は3,066万5,211円であります。

 第5款農林水産業費、第1項農業費、事業名、農業施設整備事業、翌年度への繰越額は3,054万7,000円であります。

 第6款商工費、第1項商工費、事業名、商業関連団体支援事業、翌年度への繰越額は1,000万円であります。

 第7款土木費、第2項道路橋りょう費、事業名、市道維持管理事業、翌年度への繰越額は7,279万1,130円、市道整備事業、翌年度への繰越額は4億531万円であります。

 第9款教育費、第2項小学校費、事業名、小学校施設整備事業、翌年度への繰越額は1億6,441万9,000円であります。

 同じく第9款教育費、第3項中学校費、事業名、中学校施設整備事業、翌年度への繰越額は4,912万9,000円であります。

 第10款災害復旧費、第2項公共土木施設災害復旧費、事業名、公共土木施設災害復旧事業、翌年度への繰越額は1,181万7,500円であります。

 次に、報告第3号についてご説明申し上げます。

 本報告は、事故繰越し繰越計算書についてであります。

 平成22年度いすみ市一般会計予算において翌年度に繰り越しをしたので、地方自治法施行令第150条第3項の規定により報告をしようとするものであります。

 第3款民生費、第2項児童福祉費、事業名、統合保育所整備事業、翌年度への繰越額は4,932万9,000円であります。

 第7款土木費、第2項道路橋りょう費、事業名、地域活力基盤創造交付金事業、翌年度への繰越額は2,093万4,500円であります。

 繰り越しの理由でありますが、ともに3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、使用する資材の確保が困難となったため、工事の年度内完了が困難となったものであります。

 次に、報告第4号についてご説明申し上げます。

 本報告は、事業会計予算の繰越計算書についてであります。

 平成22年度いすみ市水道事業会計予算において翌年度に繰り越しをしたので、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告をしようとするものであります。

 内容は、地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰り越しであります。

 第1款資本的支出、第1項建設改良費、事業名及び繰越額は、鉛給水管更新工事に伴う舗装本復旧工事(その12)1,911万円、高谷加圧ポンプ場加圧ポンプ更新工事265万7,000円及び高谷加圧ポンプ制御盤更新工事56万6,000円であります。

 なお、繰り越しの財源につきましては、過年度分損益勘定留保資金であります。

 以上、議案第1号から議案第7号まで、報告第1号から報告第4号までにつきましてご説明をさせていただきました。

 なお、議案第1号 専決処分の承認を求めることについて、議案第4号、いすみ市国民健康保険税条例の一部改正議案及び議案第7号、一般会計補正予算は、それぞれ担当課長からご説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 以上でございます。

          〔市長 太田 洋君降壇〕



○議長(井上栄弌君) 説明及び報告が終わりました。

 これより議案の補足説明を求めます。

 最初に、議案第1号及び議案第4号の補足説明を求めます。



◎税務課長(所治平君) 議案第1号 いすみ市税条例の一部改正について補足説明をさせていただきます。

 初めに、附則第22条東日本大震災に係る雑損控除額等の特例についてでございますが、大震災により被害を受けた住宅や家財などの損失額を、平成22年において生じた損失の金額として、平成23年度の市民税の雑損控除額の控除及び雑損失の金額の控除の特例を適用することができるようにしたものでございます。

 続きまして、附則第23条東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例についてでございますが、住宅借入金等の特別税額控除の適用を受けていた住宅が、大震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について、引き続き住宅借入金特別税額控除を適用することができるようにしたものであります。

 続きまして、附則第24条東日本大震災の係る固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等についてでございますが、大震災において被災した住宅用地に対する固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等の提出期限と、申告内容等を定めようとするものであります。

 なお、附則としまして、附則第22条と第24条につきましては公布の日から、附則第23条につきましては平成24年1月1日から施行しようとするものでございます。

 また、地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令の一部を改正する法令及び地方税法施行令規則の一部を改正する省令が、平成23年4月27日に公布されたことに伴い、緊急を要しましたので、同日、専決処分させていただきました。

 次に、議案第4号 いすみ市国民健康保険税条例の一部改正について補足説明させていただきます。

 初めに、第2条課税額についてでございますが、第2項中47万円から51万円に、第3項中の12万円から14万円に、また第4項中の9万円から12万円にそれぞれ改正しようとするものでございます。

 続きまして、第3条国民健康保険の被保険者に係る所得割額についてでございますが、第1項中の100分の5.6から100分の6.5に改正しようとするものでございます。

 次に、第5条国民健康保険の被保険者に係る被保険者均等割額についてでございますが、現行の2万2,000円から2万4,000円に改正しようとするものでございます。

 次に、第5条の2国民健康保険の被保険者に係る世帯別平等割額についてでございますが、第1項第1号中の2万1,000円から2万2,000円に、同項第2号中の1万500円を1万1,000円に改正しようとするものでございます。

 続きまして、第6条国民健康保険の被保険者に係る後期高齢者支援金等課税額の所得割額についてでございますが、現行の100分の2.2から100分の2.7に改正しようとするものでございます。

 次に、第8条介護納付金課税被保険者に係る所得割額についてでございますが、現行の100分の1.9から100分の2.5に改正しようとするものでございます。

 続きまして、第23条国民健康保険税の減額についてでございますが、第1項中の限度額をそれぞれ47万円を51万円に、12万円を14万円に、9万円を12万円に、第1項1号ア中の1万5,400円を1万6,800円に、同号イ(ア)中の1万4,700円を1万5,400円に、同号イ(イ)中の7,350円を7,700円に、同項第2号ア中の1万1,000円を1万2,000円に、同号イ(ア)中の1万500円を1万1,000円に、同号イ(イ)中の5,250円を5,500円に、同項第3号ア中の4,400円を4,800円に、同号イ(ア)中の4,200円を4,400円に、同号イ(イ)中の2,100円を2,200円に、それぞれ改正しようとするものでございます。

 なお、附則といたしまして、公布の日から施行しようとするものでございます。

 以上で補足説明を終わらせていただきます。



○議長(井上栄弌君) 次に、議案第7号の補足説明を求めます。



◎財政課長(伊大知幸俊君) 議案第7号 平成23年度一般会計補正予算について補足の説明をさせていただきます。

 今回の補正は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波で被災した漁業用施設等の復旧経費、市の防災対策に係る経費、都市計画道路大原駅前線の街路事業に伴う用地取得及び補償補填費等のほか、三日月物産株式会社、株式会社三興、小高芳男様からの寄附金の基金への積み立てなどが主な内容でございます。

 初めに、5ページの地方債の補正についてご説明いたします。

 市道整備事業債につきましては、都市計画道路大原駅前線の街路事業費の補正に伴い、2億2,590万円増額し、限度額を7億3,260万円に変更しようとするものでございます。

 次に、歳入歳出の詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 8ページをお願いいたします。

 初めに歳入からご説明申し上げます。

 14款国庫支出金、2項国庫補助金、4目土木費国庫補助金、街路事業費補助金7,997万円。街路事業、大原駅前線の用地取得等に対する国からの社会資本整備総合交付金で、対象事業費の55%が交付されるものでございます。

 7目災害復旧費国庫補助金62万5,000円。過年度の農地・農業用施設災害復旧事業に係る国庫補助金でございます。

 9目農林水産業費国庫補助金138万2,000円。漁業施設の災害復旧事業に係る国庫補助金でございます。

 15款県支出金、2項県補助金、3目農林水産業費県補助金8万7,000円。漁業施設の災害復旧事業に係る県補助金でございます。

 17款寄附金、1項寄附金、2目一般寄附金3,000万円。三日月物産株式会社、株式会社三興、小高芳男様からの寄附金でございます。

 18款繰入金、2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金5,633万9,000円。歳出に対して歳入が不足する財源として繰り入れするものでございます。

 20款諸収入、5項雑入、2目雑入500万円。千葉県市町村振興協会からの災害見舞金で、このたびの震災により被災した市町村に、災害対策費用の一部に充てるため、交付されたものでございます。

 21款市債、1項市債、4目土木債、道路橋りょう債で2億2,590万円。都市計画道路大原駅前線街路事業に充てる合併特例債でございます。

 次に、9ページの歳出でございます。

 2款総務費、1項総務管理費、5目財産管理費で21万5,000円。庁舎2階西側設計室のエアコン設置経費の補正でございます。

 6目企画費405万1,000円。社会福祉法人つばさが運営するあかね園の作業棟建設に対して、夷隅郡市広域市町村圏事務組合が行う助成金に係る負担金の補正でございます。

 3款民生費、1項社会福祉費、3目老人福祉費99万6,000円。ひとり暮らし高齢者等家具転倒防止事業補助金で、震災後の希望者の増加や、対象を障害者、母子、父子家庭へと拡大するための補正でございます。

 4款衛生費、1項保健衛生費、4目環境衛生費79万3,000円。津波により故障したビチャ川の家庭雑排水共同処理施設の処理水弁の交換工事費の補正でございます。

 5款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費116万1,000円。ライスセンター利用向上対策事業補助金で、岬ライスセンターの利用率向上のため、JAいすみのもみコンテナ購入に対する補助金の補正でございます。

 10ページをお願いいたします。3項水産業費、2目水産業振興費93万円。漁業関係団体支援事業で90万3,000円。津波により漁港内に流された漁具の回収経費、活漁槽などの復旧等に係る経費に対する補助金の補正。同じく津波により消失したウミガメ保護看板の作成費2万7,000円の補正でございます。

 6款商工費、1項商工費、2目商工業振興費350万円。中小企業振興利子補給補助金の補正で、要綱の見直しを行い、運転資金の借り受け枠の拡大を行い、市内の中小企業の振興を図ろうとするものでございます。

 3目観光費180万円。万木城跡公園トイレの設計費の補正でございます。千葉県に要望していた観光地魅力アップ緊急整備事業補助金の内示を受け、実施設計を行うものでございます。

 7款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費126万5,000円。地震対策の啓発として地震防災マップを全戸配布するための印刷費の補正でございます。

 2目街路事業費3億1,786万4,000円。都市計画道路大原駅前線の事業用地確保のための用地購入費並びに補償補填費等の補正でございます。

 8款消防費、1項消防費、4目災害対策費1,666万1,000円。地域防災対策事業で1,433万3,000円。津波避難地マップ作成委託費及び避難場所看板の設置工事費、災害用備蓄倉庫、放射能測定器購入費等の補正でございます。災害用備蓄物資整備事業で232万8,000円。災害用組立式簡易トイレ等の備蓄品購入費の補正でございます。

 9款教育費、2項小学校費、1目学校管理費681万8,000円。大原小学校の大規模改修に向けた工事の設計委託費。12ページをお願いいたします。古沢小の給排水衛生設備の改修工事費、東小の高架水槽塗装修繕費等の補正でございます。

 3項中学校費、1目学校管理費230万1,000円。大原中の消防用設備の改修費、地震で破損した国吉中の窓サッシの改修工事費等の補正でございます。

 5項保健体育費、1目保健体育総務費50万円。児童・生徒向け地震、津波に対する防災啓発冊子の印刷費の補正でございます。

 10款災害復旧費、1項農林水産施設災害復旧費、1目農業施設災害復旧費、これは過年度分の国庫補助金を受け入れたための財源振り替えの補正でございます。

 2目漁港災害復旧費881万8,000円。津波被害を受けた東部漁業協同組合の共同施設の荷さばき所のサッシや、海水等冷却装置、漁船給油施設等の災害復旧費に対する補助金の補正でございます。

 2項公共土木施設災害復旧費、1目公共土木施設災害復旧費163万円。津波で被災した土木施設の復旧費で、岬町和泉地先1カ所、大原矢指戸3カ所、深堀1カ所の工事費の補正でございます。

 12款諸支出金、1項基金費、1目基金費3,000万円。三日月福祉基金への積立金の補正で、三日月物産株式会社等からの寄附金を基金に積み立てるものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(井上栄弌君) 以上で補足説明が終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の件



○議長(井上栄弌君) お諮りいたします。

 議案調査のため、6月8日は休会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(井上栄弌君) ご異議なしと認めます。

 6月8日は休会することに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(井上栄弌君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 9日は定刻より会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                            (午前10時27分)