議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成22年  6月 定例会(第2回) 06月25日−04号




平成22年  6月 定例会(第2回) − 06月25日−04号







平成22年  6月 定例会(第2回)



        平成22年いすみ市議会第2回定例会

議事日程(第4号)

                 平成22年6月25日(金曜日)午前10時開議

日程第1 議案第3号から議案第7号まで並びに陳情第1号及び陳情第3号(委員長報告・質疑・討論・採決)

日程第2 発議第1号 民生環境常任委員会の閉会中の継続審査について

日程第3 議案第11号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算(提案理由説明・質疑・討論・採決)

日程第4 議案第12号 副市長の選任について(提案理由説明・質疑・討論・採決)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(25名)

  1番   田井秀明君    2番   横山正樹君

  3番   中村松洋君    4番   高梨庸市君

  5番   元吉 基君    6番   渡辺敏男君

  7番   飯高米蔵君    9番   鈴木麗子君

 10番   杉山敏行君   11番   吉野勝己君

 12番   君塚泰三君   13番   川嶋英之君

 14番   石井 博君   15番   石川光男君

 16番   麻生 実君   17番   兼沢謙一君

 18番   熱田彰司君   19番   山口 稔君

 20番   半場新一君   21番   荒井 正君

 22番   松崎敏雄君   23番   井上栄弌君

 24番   君塚利雄君   25番   米本利雄君

 26番   岩井豊重君

欠席議員(1名)

  8番   青柳英俊君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長         太田 洋君   副市長        渡辺雅文君

 総務部長       中村 博君   市民生活部長     江澤正利君

 産業建設部長     佐藤達夫君   総務課長       上島浩一君

 財政課長       伊大知幸俊君  税務課長       藤平寿雄君

 危機管理課長     田中 宏君   企画政策課長     平野孝幸君

 健康高齢者支援課長  中村敏一君   市民課長       渡辺吉富君

 環境保全課長     内堀利明君   農林水産課長     小高信廣君

 商工観光課長     吉田一夫君   建設課長       實方伊三郎君

 水道課長       古川 弘君   教育長        鈴木 智君

 教育次長       大屋和夫君   学校教育課長     高橋國雄君

 夷隅地域市民局長   齋藤文男君   岬地域市民局長    木嶌久雄君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長         岩瀬 亮    主査補        吉清勝美

 副主査        目羅登一

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(杉山敏行君) おはようございます。引き続きご苦労さまです。

 出席議員25名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                            (午前10時01分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(杉山敏行君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号から議案第7号まで並びに陳情第1号及び陳情第3号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(杉山敏行君) 日程第1、議案第3号から議案第7号まで並びに陳情第1号及び陳情第3号を一括議題といたします。

 去る6月15日の本会議において、各常任委員会に付託いたしました各議案について、その審査の経過と結果について、各委員長より報告を求めます。

 最初に、総務常任委員会委員長より報告願います。

          〔総務常任委員会委員長 兼沢謙一君登壇〕



◆総務常任委員会委員長(兼沢謙一君) 議長のお許しをいただきましたので、報告させていただきたいと思います。

 総務常任委員会に付託されました議案4件及び陳情1件につきまして、審査経過と結果についてご報告いたします。

 本委員会は、6月16日に開催し、総務部総務課、財政課、税務課、企画政策課及び地域プロモーション室より説明員の出席を求め、審査に入りました。

 各議案の説明については、既に本会議において提案理由の説明を受けていることから省略し、直ちに質疑を行いました。

 議案第3号 いすみ市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、質疑なく、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第4号 いすみ市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、市においての育児休業の取得の実態はとの質疑に対し、出産後ほとんどの方が取得しているとの回答がありました。

 質疑終結後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第5号 いすみ市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、質疑なく、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第6号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管するものについては、緊急雇用創出事業補助金にて行う、田舎暮らし情報発信事業委託料及び家屋特定調査委託料について、計画している雇用者数、賃金、募集の方法はとの質疑に対し、家屋特定調査委託料は、平成22年度8名、平成23年度8名、賃金は時給1,300円です。田舎暮らし情報発信事業は、平成22年度3名、平成23年度3名、賃金は時給800円であり、この補助事業により2カ年で延べ22人の雇用を予定しています。また、募集の方法は公共職業安定所において募集するとの回答がありました。

 次に、一般コミュニティ助成事業補助金について、申請の時期はとの質疑に対し、前年度に県から要望の取りまとめがあり、市において申請を行い、交付決定が5月にされますとの回答がありました。

 質疑終結後、採決の結果は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、陳情第1号 永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書の提出に関する陳情は、陳情理由の内容を協議した結果、政府・与党では時間をかけて検討する姿勢を示し、慎重姿勢で取り組むことを表明していることから、経過を見るべきとの意見により、採決の結果、賛成少数で不採択とすべきものと決定いたしました。

 また、本委員会として次の事項について指摘・要望することといたしました。

 1、緊急雇用創出事業は、厳しい雇用情勢に対応するため地域の実情に合った雇用機会を創出する事業であるが、市では市民との協働のまちづくりを推進する観点から、市民や各種団体に制度の情報提供をさらに行い幅広く募集を行うなど、市民の雇用創出につながるような事業を検討されたい。

 以上をもちまして、総務常任委員会の審査報告を終わります。

          〔総務常任委員会委員長 兼沢謙一君降壇〕



○議長(杉山敏行君) 次に、民生環境常任委員会委員長より報告願います。

          〔民生環境常任委員会委員長 元吉 基君登壇〕



◆民生環境常任委員会委員長(元吉基君) 議長のお許しをいただきましたので、民生環境常任委員会審査報告を行います。

 民生環境常任委員会に付託されました議案2件及び陳情1件につきまして、審査経過と結果についてご報告をいたします。

 本委員会は、6月17日に開催し、市民生活部福祉課、健康高齢者支援課及び環境保全課より説明員の出席を求め、審査に入りました。

 各議案の説明については、本会議において説明も受けておりますが、再度詳細な説明を受け、質疑に入りました。

 議案第6号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管するものについては、保育所児童送迎用バス購入費について、現在の運行形態はとの質疑に対し、夷隅地域は業務委託にて3台、大原地域は市所有バスにより2台、岬地域はリースにて2台の運行を行っています。日本宝くじ協会助成事業助成金により市全域7台分を購入するものですとの回答がありました。

 次に、環境保全対策用備品購入費について、海岸に漂着する流竹木を粉砕するものだが、粉砕したウッドチップの処理方法はとの質疑に対し、ブルーベリー農家などで引き取りたいとの希望があり、希望者に引き取っていただきたいと考えています。また、公園の樹木の周りに敷き詰めるなどの検討もしていますとの回答がありました。

 次に、八幡神社境内公衆便所改修工事設計業務について、改築内容はとの質疑に対し、現在は男女兼用のトイレで大3基、小5基であります。改築に当たり男女別とし、男は洋式便器大1基、小2基、女は洋式便器を2基とし、ほかに身障者用1基を設置する予定ですとの回答がありました。また、既存の単独浄化槽を引き続き使用するとのことだが、市では合併浄化槽を推進しているが設置の考えはとの質疑に対し、一般家庭の排水とは条件が違うので水質基準を満たしていれば既存の単独浄化槽でも使用可能であるが、今後設計段階で検討したいとの回答がありました。

 質疑終了後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 議案第7号 平成22年度いすみ市介護保険特別会計補正予算については、質疑なく、採決の結果は全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、陳情第3号 人権侵害救済法の成立に反対する意見書の提出に関する陳情書は、採決の結果、全会一致で不採択とすべきものと決定いたしました。

 また、本委員会として次の事項について指摘・要望することといたしました。

 子宮頸がん予防接種について、接種の推奨年齢である中学生まで対象を拡大させ実施されるよう要望する。

 以上をもちまして、民生環境常任委員会の審査報告を終わります。

          〔民生環境常任委員会委員長 元吉 基君降壇〕



○議長(杉山敏行君) 次に、産業建設常任委員会副委員長より報告願います。

          〔産業建設常任委員会副委員長 渡辺敏男君登壇〕



◆産業建設常任委員会副委員長(渡辺敏男君) 議長のお許しを得ましたので、産業建設常任委員会の報告をさせていただきます。なお、青柳委員長ですけれども、きょうは欠席ですので、私のほうから報告をさせていただきます。

 産業建設常任委員会に付託されました議案1件につきまして、審査経過と結果についてご報告いたします。

 本委員会は、6月17日に委員会を開催し、農業委員会事務局、産業建設部農林水産課、商工観光課、都市整備課より説明員の出席を求め、審査に入りました。

 議案については、本会議において説明を受けておりますが、再度詳細な説明を受け、質疑を行いました。

 議案第6号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属するものについて、その質疑の主なものを申し上げますと、農林水産業費の農地制度実施円滑化事業について、農地利用状況調査員の賃金の内訳は、また、調査員はどのような方に依頼するのかとの質疑に対して、賃金の内訳は、日額6,000円の3日間で60人分を計上しています。調査員につきましては、1筆ごとの調査であり、ある程度それぞれの地域の状況を把握していることなどを考慮した上で、専業農家の方、あるいは現在農業に従事されている役場、農協のOBの方等を検討しております。

 また、これに関連して、いすみ市全体を調査するには、調査員60人に対する1人当たりの負担面積が大き過ぎるのではないかとの質疑に対し、対象面積は農用地全体で2,864.14ヘクタールであり、1人当たり約47ヘクタールとなりますが、水稲の作付けをした場所は調査対象外となっており、荒れている場所についてのみの調査となりますので、あらかじめ図面等を用意し、事前に見ていただき、現地調査をお願いしようとするものですとの回答がありました。

 同じく、農林水産業費の有害鳥獣駆除対策事業について、有害鳥獣の種類別の生息数は、また、今後事業費が増える可能性があるのかとの質疑に対して、有害鳥獣の生息数については現在把握しておりませんが、猟友会で有害鳥獣の駆除に携わっている方によると、年々生息範囲が拡大していると伺っており、頭数的に見ても増加傾向にあると思われます。また、昨年度の捕獲数実績は、アライグマ420頭、ハクビシン353頭、タヌキ384頭、アナグマ50頭、キョン47頭、イノシシ133頭、カラス500羽となっています。今後の事業費については、捕獲頭羽数も年々増えてはいますが、それ以上に生息数も増加傾向にある上、最近ではシカが目撃された例もあり、恒常的な生息となるとシカにも対応した電気さく等が必要になることから事業費も増加すると考えられます。また、これに関連して、電気さくの設置地域及び設置数はとの質疑に対し、当初予算と合わせまして夷隅地域で11基、大原地域で80基、岬地域で2基、全体で93基の設置を予定していますとの回答がありました。

 次に、土木費の住宅支援事業に係る住宅リフォーム補助金について、その内訳はとの質疑に対し、当初予算では15件分で300万円を計上しましたが、4月末で18件の申請があり、その交付決定額は245万円でした。この実績を踏まえ、1件当たり平均額13万円とし、月10件、11カ月分を計上したものですとの回答がありました。

 質疑終了後、採決の結果は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 また、本委員会として次の事項について要望することとしました。

 1、有害鳥獣駆除による農作物への被害は重大な行政課題となっており、市だけでの対策では限界があることから、有害鳥獣の駆除・防除については、広域的な見地から対応策を講じるよう要望されたい。

 以上をもちまして、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。

          〔産業建設常任委員会副委員長 渡辺敏男君降壇〕



○議長(杉山敏行君) 最後に、文教常任委員会委員長より報告願います。

          〔文教常任委員会委員長 川嶋英之君登壇〕



◆文教常任委員会委員長(川嶋英之君) 文教常任委員会審査報告をいたします。

 文教常任委員会に付託されました議案1件につきまして、審査経過と結果についてご報告をいたします。

 本委員会は、去る6月16日に委員会を開催し、教育委員会の学校教育課、大原学校給食センター、大原公民館、岬公民館より説明員の出席を求め、審査に入りました。

 議案については、本会議において説明を受けておりましたが、再度詳しい説明を受け、質疑に入りました。

 議案第6号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属するものについて、その質疑の主なものを申し上げますと、保健安全管理経費のヘルメット購入費補助金について、1人当たり上限1,000円の補助と聞いていましたが、ヘルメットの単価は、また保証期間はついているのかとの質疑に対し、本年度から児童・生徒の安全対策として自転車通学者全員がヘルメットを着用することに伴い、これまでヘルメットを着用していない大原・岬中学校については、市内の指定業者で取り扱ってもらい、一括購入をしたものです。単価は3,200円です。品質を重視した上で規格を決定しておりましたので、保証期間についても問題はありませんとの回答がありました。

 続いて、社会体育施設管理経費の大原グラウンドトイレ改修工事について、過去にも改修工事を実施しているが計画的に改修が行われているのかとの質疑に対し、今回の改修は9月に開催されるゆめ半島千葉国体において大原グラウンドがホッケー会場として使用されることから、千葉県からの要請等もあり、来場される方が快適に使用できるよう、トイレ美化を図るための改修工事ですとの回答がありました。

 次に、学校給食運営事業の厨房設備改修工事に関連して、大原学校給食センターの給食実施状況はとの質疑に対し、給食数は1日約1,500食、年間稼働日数は約180日ですとの回答がありました。

 質疑終了後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、文教常任委員会の審査報告を終わります。

          〔文教常任委員会委員長 川嶋英之君降壇〕



○議長(杉山敏行君) 以上で、各常任委員会委員長の報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) 質疑なしと認め、これをもって、各委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより、議案第3号から議案第7号まで並びに陳情第1号及び陳情第3号を採決いたします。

 採決はそれぞれ行います。

 まず、議案第3号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第3号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第4号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第5号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号に対する各委員長の報告は可決であります。

 議案第6号を各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第7号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、陳情第1号に対する委員長の報告は不採択でありますので、原案について採決いたします。

 陳情第1号を原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立なしであります。

 よって、陳情第1号は不採択とすることに決しました。

 次に、陳情第3号に対する委員長の報告は不採択でありますので、原案について採決いたします。

 陳情第3号を原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立なしであります。

 よって、陳情第3号は不採択とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第1号の上程、採決



○議長(杉山敏行君) 日程第2、発議第1号 民生環境常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 民生環境常任委員会委員長から、委員会において審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付の申出書のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉山敏行君) 日程第3、議案第11号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。



◎市長(太田洋君) 初めに、議案第11号についてご説明申し上げます。

 本案は、平成22年度いすみ市一般会計補正予算であります。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ164万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ163億7,320万2,000円にしようとするものであります。

 歳入の内訳につきましては、繰越金164万4,000円であります。

 歳出の内訳につきましては、消防費164万4,000円であります。

 以上でございます。



○議長(杉山敏行君) 次に、議案第11号の補足説明を求めます。



◎財政課長(伊大知幸俊君) 議案第11号 平成22年度いすみ市一般会計補正予算について、補足の説明をさせていただきます。

 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 4ページの歳入からご説明申し上げます。

 19款繰越金、1目繰越金、補正額164万4,000円で、歳出額の総額を充てました。

 次に、歳出についてご説明申し上げます。

 8款消防費、2目非常備消防費で145万5,000円。去る6月20日に行われました夷隅支部消防操法大会におきまして、大原方面隊第三分団第三部が、ポンプ自動車操法の部におきまして最優秀賞を獲得し、7月24日に行われる千葉県消防総合大会に出場するための経費でございます。

 同じく、3目消防施設費で18万9,000円。大会にて使用するホースの購入費でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(杉山敏行君) 補足説明が終わりました。

 これより、議案第11号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆5番(元吉基君) 今、補正の説明がございましたが、消防が郡大会で、千葉県大会に出場できるということは、非常にいすみ市としても喜ばしいことだと思われますが、この補正の説明は、もう少し詳細に説明することが必要ではないかと思うんです。

 例えばここに、委託料が大会テントの設営で9万3,000円ですと。1張なのか2張なのか。それと、あとは使用料及び賃借料で何を借り上げるのか。その辺をやはり議員の皆さん方26名いるわけですから、その辺を細かく、そんなに細かく10円とか1円まで説明しろということではなくて、やはり市の予算というものを使うわけですから、大ざっぱに説明するのではなくて、やはりこれこれ賃借料はこういうものに使いますよとか、テーブルを使うのか、あるいは扇風機を借りるのか、そういう問題もあると思うんです。

 やはり私は執行部の説明を聞いていると、こういう議会で説明する場合において、非常に雑に説明しているのではないかなと。ただ予算が通ればいいやということではなくて、やはり細かな説明も必要ではないですか。



○議長(杉山敏行君) 財政課長。



◎財政課長(伊大知幸俊君) それでは、ただいまご指摘がございましたので、詳細な説明のほうをさせていただきます。

 上程いたします経費でございますが、報償費として団員の出場報奨金99万円。それから、需用費の食糧費として、大会反省会の賄い料16万円。並びに、大会当日の昼食代30万円。委託料といたしまして、県大会出場へのテント設営委託料9万3,000円。それから、使用料及び賃借料といたしまして、団員及び関係者送迎のための自動車借り上げ料15万2,000円でございます。これらのほかに、備品購入費といたしまして、大会に出場いたします消防用ホースの購入費18万9,000円でございます。

 先ほど、需用費で食糧費のほうを30万と申し上げましたが、22万でございます。訂正させていただきます。

 以上でございます。



◆5番(元吉基君) どうもありがとうございます。

 今後やはり、こういう予算の説明の場合は、ある程度、内容はどうなのかということも説明を加えていただくということをお願いを申し上げます。



○議長(杉山敏行君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第11号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第11号を採決いたします。

 議案第11号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(杉山敏行君) 起立全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉山敏行君) 日程第4、議案第12号 副市長の選任についてを議題といたします。



◎市長(太田洋君) 議案第12号についてご説明を申し上げます。

 本案は、副市長の選任についてであります。

 副市長につきましては、現副市長の渡辺雅文氏を再度選任しようとするものであります。

 渡辺氏は、昭和47年3月、千葉商科大学を卒業し、同年4月より大原町役場に勤務し、都市整備課長、総務課長、合併後は総務部長を歴任し、平成18年7月から市助役、平成19年4月からは、地方自治法改正により、副市長を務めております。

 人格、識見ともに優れた人でありますので、ご同意くださるようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(杉山敏行君) 説明が終わりました。

 これより、議案第12号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第12号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 お諮りいたします。

 議案第12号については、討論を省略し直ちに採決いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) ご異議なしと認め、採決いたします。

 議案第12号に同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉山敏行君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号は同意することに決しました。

 ここで、副市長より発言を求められておりますので、これを許します。



◎副市長(渡辺雅文君) 議長のお許しをいただきましたので、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 私、このたび、皆様方の格別のご高配により、副市長選任のご同意をいただきましたことに厚くお礼を申し上げます。また、今日まで公私にわたり格別のご厚情を賜りましたことを、重ねてお礼を申し上げます。

 いすみ市は現在、多くの行政課題を抱えております。太田市長の市政運営の基本としております、市民の目線に立ち、市民の皆様方が幸せに暮らせるいすみ市づくりのため、微力ではございますが、誠心誠意、努力する所存でございますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げまして、お礼の言葉とさせていただきます。

 どうもありがとうございました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(杉山敏行君) 以上をもちまして、今定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。

 これにて平成22年いすみ市議会第2回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                            (午前10時38分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

         議長

         署名議員

         署名議員