議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成20年  8月 臨時会(第2回) 08月29日−01号




平成20年  8月 臨時会(第2回) − 08月29日−01号







平成20年  8月 臨時会(第2回)



いすみ市告示第165号

 平成20年いすみ市議会第2回臨時会を次のとおり招集する。

  平成20年8月22日

                        いすみ市長  太田 洋

1 期日  平成20年8月29日

2 場所  いすみ市議会議事堂

3 付議事件

   岬中学校校舎等新築工事請負契約について

         平成20年いすみ市議会第2回臨時会

議事日程(第1号)

             平成20年8月29日(金曜日)午前10時開議

日程第1 会期の決定について

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 議案第1号 岬中学校校舎等新築工事請負契約について(提案理由説明・質疑・討論・採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(26名)

  1番   田井秀明君    2番   横山正樹君

  3番   中村松洋君    4番   高梨庸市君

  5番   元吉 基君    6番   渡辺敏男君

  7番   飯高米蔵君    8番   青柳英俊君

  9番   鈴木麗子君   10番   杉山敏行君

 11番   吉野勝己君   12番   君塚泰三君

 13番   川嶋英之君   14番   石井 博君

 15番   石井光男君   16番   麻生 実君

 17番   兼沢謙一君   18番   熱田彰司君

 19番   山口 稔君   20番   半場新一君

 21番   荒井 正君   22番   松崎敏雄君

 23番   井上栄弌君   24番   君塚利雄君

 25番   米本利雄君   26番   岩井豊重君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長        太田 洋君   副市長       渡辺雅文君

 総務部長      渡辺文雄君   市民生活部長    中村 博君

 産業建設部長    佐久間富央君  総務課長      上島浩一君

 財政課長      佐藤達夫君   教育長       鈴木 智君

 教育次長      渡辺健司君   学校教育課長    黒川 薫君

 夷隅地域市民局長  木嶌久雄君   岬地域市民局長   佐久間廣幸君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長        菰田和男    主査        毛利雅一

 主任主事      目羅登一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○議長(兼沢謙一君) おはようございます。

 出席議員は26名であります。定足数に達しておりますので、これより平成20年いすみ市議会第2回臨時会を開会いたします。

                         (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(兼沢謙一君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(兼沢謙一君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について



○議長(兼沢謙一君) 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、今臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(兼沢謙一君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

   22番議員 松崎敏雄君及び

   23番議員 井上栄弌君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第3、議案第1号 岬中学校校舎等新築工事請負契約についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

     〔市長 太田 洋君登壇〕



◎市長(太田洋君) 議案第1号についてご説明を申し上げます。

 本案は、岬中学校校舎等新築工事請負契約についてであります。

 本工事の契約方法は、一般競争入札で、契約金額は11億8,545万円、契約の相手方は、千葉市美浜区ひび野1丁目4番3、新日本建設株式会社、代表取締役 金綱一男であります。

 工事内容は、2階建て校舎及び機械棟の新築並びに駐輪場等の屋外施設整備工事で、工期は平成21年7月31日までであります。

 詳細につきましては、担当課長からご説明をいたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

     〔市長 太田 洋君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案の補足説明を求めます。



◎財政課長(佐藤達夫君) 議案第1号の入札手続について補足の説明をさせていただきます。

 本案につきましては、一般競争入札により執行したもので内容は参加資格要件を付し、予定価格は事後公表、最低制限価格は予定価格の85%として行ったものでございます。経過は、6月25日に入札参加資格審査会を開催し、入札参加資格要件を決定いたしました。その後6月27日に告示をし、参加業者を公募したところ7社から申請があり審査した結果、申請のあった業者のうち、鵜沢建設株式会社、新日本建設株式会社、東亜建設工業株式会社、株式会社ナカノフドー建設東関東支店、古谷建設株式会社、松井建設株式会社東関東営業所の6社が参加資格要件に該当しておりましたので、7月18日に入札参加の決定通知をいたしました。その後、6社により8月12日に入札を行ったところでございます。その結果予定価格以下で、しかも最低制限価格の範囲内で最低の価格をもって入札した、新日本建設株式会社が11億2,900万円で落札したものでございます。つきましては、新日本建設株式会社と消費税額を含めました11億8,545万円で工事請負契約の締結をするものでございます。

 以上が入札手続についての補足説明でございます。



◎学校教育課長(黒川薫君) 議案第1号につきまして、工事の概要について補足の説明をさせていただきます。

 岬中学校校舎等新築工事につきましては、市内3中学校校舎としては最後の耐震化事業として、今年度から平成21年度にかけて実施することになりました。現校舎は昭和40年に建設され築43年が経過しております。そこで建物の老朽化や耐震診断及び耐力度調査の結果により建てかえを実施するものであります。

 以下、本工事の概要につきましてご説明申し上げます。お手元の議案の次の資料をご覧いただきたいと思います。

 資料第1号は工事概要でございます。この中で下のほうにございます屋根付屋外通路でございますが、アルミ製というものは支柱及び枠材でございまして、屋根材はポリカーボネート製になっております。

 続きまして資料第2号の配置図をご覧いただきたいと思います。着色してある箇所が本工事の施行範囲でございます。赤色で表示してあります校舎棟新築1棟、機械棟新築1棟、既存部室棟改修1棟、この部室棟はトイレの改修になります。青色で表示してあります箇所は、障害者用2台を含む52台分の駐車場となります。黄色で表示してあります箇所は、自転車360台分の屋根付駐輪場となります。茶色で表示してあります箇所は、新校舎から既存体育館までをつなぐ屋根付屋外通路となります。黒色で表示してあります校舎棟及び体育館周囲の箇所は、校内通路の舗装部分でございます。緑色で表示してあります箇所は植栽地となります。

 次に資料3号をご覧ください。校舎棟の平面図でございます。構造は鉄筋コンクリート造一部鉄骨地上2階建てとなり、建築面積は2,925.56平方メートル、延床面積は4,658.97平方メートルとなります。下側の1階平面図ですが南側に生徒昇降口がございます。中央にスクールホール(ギャラリー)でございます。職員室その他特別教室が配置されております。上側の部分が2階の平面図でございます。西側に多目的ホール、そして南側に普通教室が配置されております。

 資料第4号ですが校舎棟の立面図で、外観がわかるかと思います。

 最後に工期でございますが平成20年9月より平成21年7月31日までの11カ月を予定しております。

 以上、よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(兼沢謙一君) 補足説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 1番議員、田井秀明君の発言を許します。



◆1番(田井秀明君) 通告書のとおり質問させていただきます。

 今回11億2,900万円で落札されて、税込みで11億8,545万円で契約が結ばれるわけですけれども、この金額というのは、当初予算の金額に近い枠で収まっているという点では、非常に皆さんの努力も見え結果も上々だと思うんですけれども、現在諸物価、コストが非常に高騰しております。契約を結んだ後になって、これでは十分でないからもう少し金額を上げてほしいというようなことも全国で起こっております。

 1981年の国の公共工事の契約書モデルにある約款に,工期1年以下の工事で主要な工事材料の価格に著しい変動を生じ、請負代金額が不適当となった時に変更できるように盛り込まれた単品スライド条項を、本年6月13日より国土交通省が発注した公共工事において摘要する旨が通達されました。

 それで質問ですけども、それを受けて全国の自治体のなかにはスライド条項を適用するという旨を発表したところもありますけれども、今回の契約の中にこのスライド条項は含まれているというふうに考えますけれども、それも確認したいと思います。

 それからこの契約の中にスライド条項がある場合に、どういうときにこのスライド条項が適用されるのかということをお答えいただければと思います。

 そしてまた、明記されていまして適用があった場合に、工期の途中で業者の側から非常に足りなくなってきた、それから市のほうからも見て不足するのではないかという危惧がある場合にどういうふうになっていくのか、特に市の財政は補正予算を組まなければいけないでしょうし、議会の議決を求めてこうしてやるものですから改めて議会の議決が必要になってくるわけですけれども、そうすると当然補正予算を組んで市の財政にも若干なりとも影響が出てくる。どういうふうに影響が出てくるのかということについてお聞かせいただければと思います。

 以上です。



◎財政課長(佐藤達夫君) ただいまの質問についてお答え申し上げます。

 本請負契約では第26条第5項に、特別な要因により工期内に主要な工事材料の日本国内における価格に著しい変動が生じ、請負代金額が不適当となったときは、甲または乙は前各号の規定によるほか、請負代金額の変更を請求することができると明記してございます。

 なお国土交通省通知の資材価格の急激な変動に伴う請負代金の変更等についてが千葉県を通じて周知され、内容は工事請負契約書の単品スライド条項の的確な運用をするようにとのことでした。本通知の概要は、対象となる主な工事材料は鋼材類または燃料油に該当する各材料、対象工事は実際の搬入時、購入時に超える各材料の実勢単価を用いて、当該工事の請負金額を再計算した金額に、当初請負金額よりも1%以上変動する工事であるとなっております。当市においては国土交通省通知に基づきまして、建設工事請負契約書第26条第5項の運用基準を定め適切に対処してまいりたいと考えておりますが、予算不足した場合どうなるのかというような質問でございますが、現在不用額が1億4,490万円ございます。その中で、もし不足した場合は対応したいというふうに考えております。

 それと、現在のニュースを聞いておりますと、鉄鋼あるいは原油の価格が落ちているように聞いておりますので、私ども少しは安心しているところでございますが、契約金額に変更するような状況が生じたときには、当然のことながら再度議会の議決を求めることとなっております。

 以上でございます。



◆1番(田井秀明君) ありがとうございます。

 1%を超えた場合に、その残りのパーセンテージ、例えば5%上がった場合には4%分を市が負担するというふうなことでよろしいのですね。



◎学校教育課長(黒川薫君) そのことにつきましてはまた県のほうと協議していきたいと思っておりますが、確実にすべてということでつかんでおりませんので、ただ協議ができるというふうに約款には書いてございますので、ただいまちょっとはっきりしたものは申し上げられません。



◆1番(田井秀明君) 協議することができるですから、契約の内容は確かに変更請求することができるということですから、業者の側ないし市のほうから価格を変更しましょうと、特にこの場合は業者のほうから泣きつかれるということは可能性ありますけど、これは業者の側がぜひともこうしてほしいというときに、市として考えるという条項というふうになっているわけですね。それでよろしいのですよね、今の解釈で。



◎学校教育課長(黒川薫君) そのように考えております。



○議長(兼沢謙一君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。



◆26番(岩井豊重君) 当初組んだ予算に対しまして、非常に諸物価値上がりということで約17、8%の引き上げを補正で組んだわけですけれども、それに対して今回の入札価格、これはいろいろ市の努力もあると思いますけれども、当初に近い額で落札されたわけですけれども、こういった中でですね、是非心配される点といいますか、材質であるとか構造であるとかそういうものを是非ですね、市のほうも今後きちっと検証していただきたい。このことが守られませんと大変な問題になりますので、その辺をお願いいたしまして賛成討論といたします。



○議長(兼沢謙一君) 他に討論ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。

 議案第1号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(兼沢謙一君) 以上をもちまして今臨時会に付議されました事件はすべて議了いたしました。

 これにて平成20年いすみ市議会第2回臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。

                         (午前10時17分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成  年  月  日

        議長

        署名議員

        署名議員