議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成19年  9月 定例会(第3回) 09月10日−01号




平成19年  9月 定例会(第3回) − 09月10日−01号







平成19年  9月 定例会(第3回)



いすみ市告示第136号

 平成19年いすみ市議会第3回定例会を次のとおり招集する。

  平成19年8月14日

                           いすみ市長  太田 洋

1 期日    平成19年9月10日

2 場所    いすみ市議会議事堂

          平成19年いすみ市議会第3回定例会

議事日程(第1号)

                 平成19年9月10日(月曜日)午前10時開会

日程第1 会期の決定について

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 議案第1号から議案第14号まで及び報告第1号(提案理由説明・報告)

      議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

      議案第2号 専決処分の承認を求めることについて

      議案第3号 いすみ市バス交通試行運行に関する条例の制定について

      議案第4号 政治倫理の確立のためのいすみ市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について

      議案第5号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

      議案第6号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算

      議案第7号 平成19年度いすみ市国民健康保険特別会計補正予算

      議案第8号 平成19年度いすみ市介護保険特別会計補正予算

      議案第9号 平成19年度いすみ市水道事業会計補正予算

      議案第10号 平成18年度いすみ市一般会計歳入歳出決算の認定について

      議案第11号 平成18年度いすみ市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第12号 平成18年度いすみ市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第13号 平成18年度いすみ市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第14号 平成18年度いすみ市水道事業会計決算の認定について

      報告第1号 事業会計の継続費精算報告書について

日程第4 請願第1号及び請願第2号(委員会付託)

      請願第1号 「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択を求める請願書

      請願第2号 「国における平成20(2008)年度教育予算拡充に関する意見書」採択に関する請願書

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(25名)

  1番   田井秀明君    2番   横山正樹君

  3番   中村松洋君    4番   高梨庸市君

  5番   元吉 基君    6番   渡辺敏男君

  7番   飯高米蔵君    8番   青柳英俊君

  9番   鈴木麗子君   10番   杉山敏行君

 11番   吉野勝己君   12番   君塚泰三君

 13番   川嶋英之君   14番   石井 博君

 16番   麻生 実君   17番   兼沢謙一君

 18番   熱田彰司君   19番   山口 稔君

 20番   半場新一君   21番   荒井 正君

 22番   松崎敏雄君   23番   井上栄弌君

 24番   君塚利雄君   25番   米本利雄君

 26番   岩井豊重君

欠席議員(1名)

 15番   石川光男君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長       太田 洋君     副市長      渡辺雅文君

 総務部長     吉原 誠君     市民生活部長   鶴岡芳和君

 産業建設部長   吉野 勤君     総務課長     渡辺文雄君

 財政課長     佐藤達夫君     課税課長     渡辺吉富君

 収納課長     永石雅宏君     企画政策課長   中村 博君

 福祉課長     江澤正利君     健康・高齢者支援課長

                             鈴木俊幸君

 市民生活課長   上島浩一君     環境保全課長   荘司康弘君

 産業経済課長   藤平明功君     建設課長     木嶌久雄君

 水道課長     古川 弘君     教育長      鈴木 智君

 教育次長     浅野冨士雄君    学校教育課長   黒川 薫君

 社会教育課長   江澤 進君     夷隅地域市民局長 佐久間富央君

 岬地域市民局長  渡辺健司君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長       横山俊寿      主査       毛利雅一

 副主査      荘司照雄

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会の宣告



○議長(兼沢謙一君) おはようございます。出席議員25名であります。定足数に達しておりますので、これより平成19年いすみ市議会第3回定例会を開会いたします。

                            (午前10時10分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(兼沢謙一君) これより本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(兼沢謙一君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について



○議長(兼沢謙一君) 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、お手元に配付した会期日程のとおり、本日から10月11日までの32日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は32日間と決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(兼沢謙一君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

   9番議員 鈴木麗子さん

  10番議員 杉山敏行君

 を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号から議案第14号まで及び報告第1号の上程、説明、報告



○議長(兼沢謙一君) 日程第3、議案第1号から議案第14号まで及び報告第1号を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

         〔市長 太田 洋君登壇〕



◎市長(太田洋君) 議案第1号についてご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてでございます。

 内容は、平成19年度いすみ市一般会計補正予算(第3号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ818万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ136億9,866万8,000円にしたところでございます。

 歳入の内訳につきましては、国庫支出金279万5,000円、繰越金61万3,000円、諸収入477万3,000円でございます。

 歳出の内訳につきましては、総務費9万3,000円、消防費139万7,000円、教育費13万2,000円、災害復旧費655万9,000円でございます。

 緊急を要しましたので、専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、議案第2号についてご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の承認を求めることについてでございます。

 内容は、平成19年度いすみ市一般会計補正予算(第4号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ838万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ137億705万1,000円にしたところでございます。

 歳入の内訳につきましては、繰越金838万3,000円でございます。

 歳出の内訳につきましては、災害復旧費838万3,000円でございます。

 緊急を要しましたので、専決処分をさせていただいたものでございます。

 次に、議案第3号についてご説明を申し上げます。

 本案は、いすみ市バス交通試行運行に関する条例の制定についてでございます。

 内容は、平成19年12月より、いすみ市内等において公共交通としてのバス交通試行運転を行うため、本条例を制定しようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成19年12月1日から施行しようとするものでございます。今後、バス交通試行運行の結果により、市内交通網の構築を考えてまいりたいと思っております。

 次に、議案第4号についてご説明を申し上げます。

 本案は、政治倫理の確立のためのいすみ市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 内容は、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律及び証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴い、政治倫理の確立のためのいすみ市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正しようとするものでございます。

 改正点は、法の改正に伴う条文の整備でございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成19年9月30日から施行しようとするものでございます。ただし、第2条第1項第4号の規定は、平成19年10月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第5号についてご説明を申し上げます。

 本案は、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでございます。

 内容は、郵政民営化法等の施行に伴い、いすみ市情報公開条例、いすみ市個人情報保護条例及びいすみ市道路占用料徴収条例の一部を改正しようとするものでございます。

 この改正点は、日本郵政公社が解散することに伴い、条文を整備しようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成19年10月1日から施行しようとするものでございます。

 次に、議案第6号についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成19年度いすみ市一般会計補正予算(第5号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億3,293万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ141億3,998万5,000円にしようとするものでございます。

 歳入の内訳につきましては、地方特例交付金1,287万2,000円の減額、地方交付税1,245万1,000円、分担金及び負担金770万1,000円、国庫支出金1,098万4,000円の減額、県支出金1,681万6,000円、財産収入1万1,000円、繰入金185万7,000円、繰越金3億9,025万4,000円、諸収入250万円、市債2,520万円でございます。

 歳出の内訳につきましては、議会費12万円、総務費971万9,000円、民生費7,928万2,000円、衛生費649万4,000円、農林水産業費3,837万3,000円、商工費1,575万4,000円の減額、土木費8,142万5,000円、消防費575万7,000円、教育費9,274万9,000円、諸支出金1億3,476万9,000円でございます。

 次に、議案第7号についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成19年度いすみ市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億2,329万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ55億6,641万6,000円にしようとするものでございます。

 これは歳入につきましては国民健康保険税の税額変更及び平成18年度決算による繰越金の変更であり、歳出につきましては平成18年度決算及び精算により、国民健康保険財政調整基金条例に基づく基金の積み立て及び国庫支出金に返還金が生じたための補正でございます。

 歳入の内訳につきましては、国民健康保険税8,264万7,000円の減額、繰越金2億593万7,000円でございます。

 歳出の内訳につきましては、基金積立金7,435万8,000円、諸支出金4,893万2,000円でございます。

 次に、議案第8号についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成19年度いすみ市介護保険特別会計補正予算(第1号)でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億7,953万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27億3,413万3,000円にしようとするものでございます。

 歳入の内訳につきましては、国庫支出金5,353万8,000円、支払基金交付金8,120万4,000円、県支出金2,934万3,000円、繰入金2,676万8,000円、繰越金8,868万2,000円でございます。

 歳出の内訳につきましては、保険給付費2億1,721万5,000円、地域支援事業費189万1,000円の減額、基金積立金2,768万8,000円、諸支出金3,652万3,000円でございます。

 次に、議案第9号についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成19年度いすみ市水道事業会計補正予算(第1号)でございます。

 内容は、人事異動による人件費並びに山田浄水場及び小沢・小池配水池送水制御関連工事の補正でございます。

 第2条、平成19年度いすみ市水道事業会計予算第3条に定めた収益的支出の予定額、水道事業費用、既決予定額を891万3,000円に補正し、17億9,802万3,000円にしようとするものでございます。

 次に、第3条、予算第4条に定めた資本的支出の予定額、既定予定額を4,898万8,000円補正し4億7,242万9,000円にしようとするものでございます。

 なお、本文括弧書き中、資本的収入額が資本的支出額に対し、不足する額4億1,107万円を4億6,005万8,000円に、過年度分損益勘定留保資金1億7,700万8,000円を2億2,599万6,000円にしようとするものでございます。

 次に、第4条、予算第5条議会の議決を経なければ流用することのできない経費、職員給与費でございますが、891万3,000円を補正し1億4,693万9,000円にしようとするものでございます。

 次に、議案第10号から議案第14号までは、平成18年度いすみ市一般会計、特別会計及び水道事業会計の決算の認定についてでございます。

 議案第10号についてご説明申し上げます。

 内容は、平成18年度いすみ市一般会計歳入歳出決算で、歳入総額147億6,344万7,854円、歳出総額141億860万6,533円、歳入歳出差引額6億5,484万1,321円でございます。

 平成18年度におけるいすみ市の財政運営は、合併後初めての通年型の予算編成となりました。近年の日本経済の景気好調を反映して、市税や交付金等は前年度に比べ若干の増加となりました。また歳入の34.4%を占める地方交付税は、合併の算定効果等により前年度比3%、1億4,867万4,000円の増加となりました。

 しかし、財政状況は基金繰入などの臨時的な収入で財源を確保し、義務的経費である人件費は、合併効果や行政改革の取り組みにより若干減少していますが、社会保障経費としての扶助費は、生活保護費や児童扶養手当費が市になったことで、県から事務委譲され、大幅な増となりました。

 さらに、広域的な行政経費の負担も増加し、なお一層の行政改革の取り組みが必要な状況でございます。このような状況下で、子育て支援を初めとする少子高齢化対策、道路や排水路の整備、合併浄化槽等の生活環境の整備を初め、地場産業の育成等各種産業の振興、さらには保健、医療、福祉の充実、教育施設の整備など諸事業の積極的な推進を図り、多様化する住民要望を反映し、市民の福祉向上に努力してきたところでございます。

 次に、議案第11号についてご説明を申し上げます。

 内容は、平成18年度いすみ市国民健康保険特別会計歳入歳出決算で、歳入総額53億2,936万160円、歳出総額50億7,738万6,756円、歳入歳出差引額2億5,197万3,404円でございます。

 国民健康保険特別会計の運営につきましては、低所得、無所得者を多数抱える国民健康保険の構造的な問題もあり厳しい状況が続いております。

 このような中、歳入の主要な部分を占める保険税につきましては、一般会計からの多大な繰入支援を受けながら税率等を据え置き、加入者の急激な負担増を抑えてまいりました。

 一方、歳出につきましては、保険給付費が対前年度比で5.66%、金額にして1億8,296万7,000円の大幅な増加となりました。

 次に、議案第12号についてご説明申し上げます。

 内容は、平成18年度いすみ市老人保健特別会計歳入歳出決算で、歳入総額48億4,589万9,652円、歳出総額48億1,383万2,831円、歳入歳出差引額3,206万6,821円でございます。

 老人保健特別会計は、医療という特定目的支出のため、医療諸費が大半を占めております。

 医療の高度化、高額化が進む中で、制度改正により加入者年齢が引き上げられたことによる被保険者の減少、平成18年の法改正等による3割負担者の増加に伴い、医療諸費が対前年度比較で9.33%、金額にして4億7,920万7,000円の減少となりました。

 次に、議案第13号についてご説明を申し上げます。

 内容は、平成18年度いすみ市介護保険特別会計歳入歳出決算で、歳入総額25億1,579万6,332円、歳出総額24億2,612万3,497円、歳入歳出差引額8,967万2,835円でございます。

 運営状況につきましては、平成18年度末の高齢者人口は1万2,848人で前年度と比較いたしますと2.5%の増、要介護、要支援認定者数は1,749人で4.9%の増、サービス利用者数は1,342人で7.8%の増となりました。

 歳入では、保険給付費等の増加が見込まれる中、第3期介護保険事業計画に基づき、合併後初めての介護保険料見直し等に伴い、歳入全体では前年度比3.2%の増となりました。

 歳出では、サービス利用者数の増加やグループホームなどの地域密着型介護施設の新設、また配食サービス事業や家族介護用品支給事業などを新たに取り入れたことに伴い、歳出全体では前年度比1.8%の増となりました。

 次に、議案第14号についてご説明を申し上げます。

 内容は、平成18年度いすみ市水道事業会計決算で、収益的収入及び支出では、水道事業収益16億2,000万5,029円、水道事業費用17億3,448万4,920円、損益計算書上での当年度純損失額は1億2,825万5,634円となりました。

 資本的収入及び支出では、資本的収入3,222万7,500円、資本的支出5億8,918万7,542円となり、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額5億5,696万42円は、過年度分損益勘定留保資金及び減債積立金で補てんをいたしました。

 次に、業務の状況につきましては、給水戸数1万5,735戸となり、前年度より77戸の増となりました。年間総有収水量は405万1,476トンで、前年度より4万9,001トンの減となり、有収率は79.6%となりました。

 建設事業といたしましては、前年度からの繰越事業でありました音羽浄水場活性炭吸着設備設置工事が完了したほか、前年度からの繰越工事を含め、配水管改良工事、鉛管更新工事などを実施いたしました。

 以上、平成18年度いすみ市の各会計の決算につきましては、監査委員の審査を受け決算審査意見書が添付されておりますので、よろしくご審議の上、認定くださるようお願いいたします。

 次に、報告第1号についてご報告申し上げます。

 本報告は、事業会計の継続費精算報告書についてでございます。

 いすみ市水道事業会計継続費に係る音羽浄水場の活性炭吸着設備設置事業が完了いたしましたので、地方公営企業法施行令第18条の2第2項の規定により報告をしようとするものでございます。

 内容は、音羽浄水場の活性炭吸着設備設置事業を平成17年度に1億500万円、平成18年度に1億8,795万円、計2億9,295万円にてこの事業を完了いたしましたので、ご報告いたします。

 以上、第1号から議案第14号、報告第1号につきまして、ご説明及びご報告をさせていただきました。

 なお、議案第1号及び議案第2号 専決処分の承認を求めることについて、議案第3号 いすみ市バス交通試行運行に関する条例の制定について、議案第6号から議案第9号、平成19年度いすみ市一般会計及び特別会計補正予算の詳細につきましては、担当課長からご説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

         〔市長 太田 洋君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案の補足説明を求めます。最初に議案第1号及び議案第2号の補足説明を求めます。



◎財政課長(佐藤達夫君) 議案第1号 平成19年度一般会計補正予算(第3号)について補足の説明をさせていただきます。

 今回の補正は、過年度分河川災害1カ所の契約解除分と台風4号による消防費分が主な内容でございます。

 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 4ページの歳入からご説明申し上げます。

 初めに、14款国庫支出金、土木施設災害復旧費負担金279万5,000円、災害復旧事業負担金の補正でございます。

 18款繰越金61万3,000円、前年度繰越金でございます。

 19款諸収入、雑入477万3,000円、過年度分の前払金返納金、違約金に対する保証金、前払金利息でございます。

 次に、5ページの歳出でございます。

 2款の総務費、6目企画費で9万3,000円、姉妹都市のダルースに行く旅費が原油高騰のため、航空運賃などが値上がりしたためでございます。

 8款消防費、4目災害対策費で139万7,000円、台風4号により使用した災害用備蓄品の補充と消毒作業用品代等でございます。

 9款教育費、1目保健体育総務費で13万2,000円、いすみ市出身者が世界陸上2007大阪大会と日整全国少年柔道大会に出場するに当たり、横断幕を作成するためでございます。

 次のページでございます。

 10款の災害復旧費、1目土木施設災害復旧費で655万9,000円、18年度分河川災害復旧工事費と河川災害復旧工事前払い金の国庫負担金相当額の返還金でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご承認くださるようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第2号について補足の説明をさせていただきます。

 今回の補正は、台風4号による農林と土木の災害復旧経費が主な内容でございます。

 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 4ページの歳入からご説明申し上げます。

 まず、18款繰越金、前年度繰越金838万3,000円でございます。

 次に、5ページの歳出でございます。

 7款土木費につきましては、委託料と工事請負費の予算の組み替えでございます。

 10款災害復旧費、1目農業施設災害復旧費373万8,000円で、台風4号によります農地農業用施設災害復旧事業6カ所分の測量、設計業務の委託料でございます。

 同じく2目林業施設災害復旧費94万5,000円で、公共林道災害復旧事業1カ所分の測量業務の委託料でございます。

 2項公共土木施設災害復旧費、1目土木施設災害復旧費370万円で、公共土木災害復旧事業32カ所分の測量業務の委託料でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご承認くださるようお願い申し上げます。



○議長(兼沢謙一君) 次に、議案第3号の補足説明を求めます。



◎企画政策課長(中村博君) それでは、議案第3号 いすみ市バス交通試行運行に関する条例の補足の説明をさせていただきます。

 現在、いすみシャトルバス、大原巡回バス、いずれも暫定条例、規程によって運行しておるものでございます。今回、これらの運行の状況を踏まえて条例化し、施行を行い、試行結果に基づきまして、これからのいすみ市の公共交通としての交通網を構築しようと考えておるところでございます。

 それでは、本条例の内容について説明させていただきます。

 まず、条例の第1条でございます。目的でございまして、今後試行運行を行い、今後のいすみ市内等の交通網の構築を目的とするものでございます。

 第2条で、試行運行方法でございます。道路法に基づく一般乗合旅客自動車運送事業の許可を受けた事業者に委託して行おうとするものでございます。

 第3条でございます。試行運行期間です。市内バス交通運行期間を平成19年12月1日から1年間試行運行しようとするものでございます。

 第4条でございますけれども、運行路線及び乗降方法でございます。このことにつきましては、今朝路線図をお配りいたしましたが、試行運行路線、別表にして書いてございますが、それとあわせて地図を見ていただき、この路線と乗降場所を定めようとしたものでございます。

 第5条は、利用制限でございます。これにつきましては旅客運送の安全を確保するため、旅客自動車運送事業法の規定に基づき、利用の制限を定めようとするものでございます。

 第6条でございますけれども、6条につきましては使用料でございます。別表2に基づき、利用者に使用者として負担いただくものでございます。ただし、身体障害者福祉法第15条第4項の規定による身体障害者手帳の交付を受けた者及び介護者、療育手帳制度要綱に定める療養手帳の交付を受けた者及び介護者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第45条第2項の規定による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者及び介護者、それぞれ半額とする使用料を定めようとするものでございます。

 第7条は、使用料の免除でございます。これにつきましては、免除を必要とするものの理由によって免除することができるという規定を設けたものでございます。

 次に、第8条でございますけれども、使用料の払い戻しということでございます。利用者から払い戻し請求があった場合、使用料の払い戻しについて制定したものでございます。

 第9条は、委任でございます。この条例の施行について必要な事項を規則で定めようとするものでございます。

 また、附則といたしましては、この条例は、平成19年12月1日から施行しようとするものでございます。

 また、適用条例区分としまして、平成19年12月1日から平成20年11月30日までの間における、いすみシャトルバスの運行については、暫定条例であるいすみシャトルバス運行に関する条例にかかわらず、いすみ市バス交通試行運行に関する条例の定めるところとしますということで、試行運行を優先して適用するという形、なお、経過措置といたしまして、この条例の施行日の前日までに、いすみシャトルバス運行に関する条例の規定になされた処分、手続きその他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなすと、みなし規定をつけたものでございます。

 そのほかに、なお、いすみの中では大原巡回バスがございまして、この暫定規程につきましてもいすみシャトルバス同様に対処してまいりたいということでございます。

 以上で補足の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 次に、議案第6号の補足説明を求めます。



◎財政課長(佐藤達夫君) 議案第6号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算(第5号)についての補足説明をさせていただきます。

 今回の補正は、歳入において国県支出金、地方交付税、あるいは繰越金等を確定いたしましたので、それに伴い、歳出においても補助事業、あるいは当初予算に計上できなかったもの、そして4月の人事異動や共済費の負担割合の増などによります人件費などを主に計上させていただきました。

 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 9ページの歳入からご説明申し上げます。

 まず、9款地方特例交付金、地方特例交付金で減額の1,765万7,000円、交付額確定による補正でございます。

 2項特別交付金、特別交付金で478万5,000円、これも交付額確定による補正でございます。

 10款地方交付税、普通交付税で1,245万1,000円、これも交付額確定によります補正でございます。

 次に12款分担金及び負担金、農地費分担金、県単緊急ため池整備1カ所で200万円、漁港建設費分担金、岩船漁港漁村再生交付金事業で118万9,000円、林業費分担金、県単治山事業で66万円、2目の土木費分担金、土木費分担金、緊急急傾斜地崩壊対策事業で385万2,000円でございます。

 14款国庫支出金、企画費補助金、市町村合併推進体制整備費補助金等で減額の5,400万円、介護保険事業費補助金、地域介護・福祉空間整備等交付金で4,000万円でございます。

 3項委託金、社会教育費委託金で300万円、幼児期体力向上調査事業費委託金でございます。

 15款県支出金、障害者福祉費補助金、障害者自立支援対策臨時特例基金事業等で206万3,000円、児童福祉総務費補助金、プレーパークづくりで24万2,000円、4目の農林水産業費県補助金、農業振興費補助金、ちばのオリジナルブランド産地づくり支援事業等で541万5,000円、漁港建設費補助金、岩船漁港漁村再生交付金事業で712万5,000円、林業振興費補助金、県単治山事業で110万円、畜産振興費補助金、放牧活用実証展示事業で90万円の補正でございます。

 3項委託金、統計調査費委託金で減額の2万9,000円、就業構造基礎調査委託費の確定によります補正でございます。

 16款財産収入、利子及び配当金で1万1,000円、財政調整基金利子と用地取得基金預託金利子の補正でございます。

 17款繰入金、介護保険特別会計繰入金483万3,000円で、前年度繰出金の精算によるものでございます。

 4目高橋奨学基金繰入金、高橋奨学基金繰入金で減額の297万6,000円、奨学資金貸付金において新規貸付者数が当初見込み数を下回ったことによる補正でございます。

 18款繰越金、繰越金で3億9,025万4,000円、繰越金額の確定による補正でございます。

 19款諸収入、雑入で250万円、コミュニティ助成事業、大型遊具の補正でございます。

 20款市債、2目の農林水産業債、農業債、ため池等整備で270万円、水産業債、岩船漁港整備で100万円、3目の土木債、道路橋りょう債で急傾斜地3カ所分で1,960万円、6目の臨時財政対策債で190万円の補正でございます。

 21款寄附金、1目教育費寄附金、3目商工費寄附金については予算の組み替えでございます。

 次に、12ページの歳出でございます。

 1款議会費、1目議会費で12万円、議員研修用バス借上料等でございます。

 2款の総務費、一般管理費で減額の2,281万9,000円、職員採用試験負担金14万円と人件費の補正でございます。

 5目の財産管理費で405万9,000円、大原庁舎玄関雨漏り改修工事216万3,000円等でございます。

 6目の企画費で643万円、乗合タクシー運営事業414万円とコミュニティ施設7カ所の改修事業補助金229万円でございます。

 10目文化振興費で312万6,000円、岬ふれあい会館風呂用濾過ポンプ等の修理ほかで145万6,000円と、いすみ文化会館冷房施設の修理167万円でございます。

 2項の徴税費、1目税務総務費、3項戸籍住民基本台帳費、1目の戸籍住民基本台帳費、4項の選挙費、1目選挙管理委員会費、5項統計調査費、1目の統計調査総務費は、それぞれ人件費の補正でございます。

 次に16ページでございますが、2目の各種統計調査費で減額2万9,000円、就業構造基礎調査費確定に伴う補正でございます。

 6項の監査委員費、1目監査委員費で1万4,000円、人件費の補正でございます。

 3款民生費、1目社会福祉総務費で減額の170万5,000円、人件費の補正でございます。

 2目の障害者福祉費で420万2,000円、精神障害者地域生活支援事業等の委託料等の補正でございます。

 3目老人福祉費で15万円、消防署に設置します緊急通報システム用パソコン購入費でございます。

 4目の介護保険費で7,578万2,000円、地域密着型サービス拠点等として小規模特別養護老人ホーム建設補助4,000万円、介護給付費の繰出金2,715万1,000円と人件費の補正でございます。

 5目国民年金事務費で減額44万7,000円、人件費の補正でございます。6目の国民健康保険費で減額440万9,000円、人件費の補正でございます。

 2項児童福祉費、1目児童福祉総務費で減額221万1,000円、プレーパークづくり事業48万6,000円等と人件費の補正でございます。

 3目の保育所施設費で減額7万1,000円、コミュニティ事業助成金、長志下区大型遊具250万円等と人件費の補正でございます。

 4目の児童館費で4万8,000円、みさき児童館の遊具設置・撤去工事41万3,000円と人件費の補正でございます。

 3項生活保護費、1目生活保護総務費で794万3,000円、人件費の補正でございます。

 次に24ページでございます。

 4款衛生費、1目保健衛生総務費で1,465万1,000円、人件費の補正でございます。

 2目予防費で減額389万7,000円、健康づくり事業パンフレット作成126万5,000円等と人件費の補正でございます。

 4目環境衛生費、2項清掃費、1目清掃総務費、これは人件費の補正でございます。

 次に26ページの5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費、2目の農業総務費までは人件費の補正でございます。

 次に27ページでございますが、3目の農業振興費で1,492万1,000円、ちばのオリジナルブランド産地づくり支援事業1,085万3,000円、そば用コンバインほかの備品購入等の補正でございます。

 4目畜産業費で90万円、正立寺地区の放牧活用実証展示事業補助金の補正でございます。

 5目農地費で1,473万4,000円、行司畑地区のため池改修500万円と各土地改良区維持管理適正化事業8カ所907万5,000円等と人件費の補正でございます。

 2項林業費、1目林業総務費で30万2,000円、人件費の補正でございます。

 2目林業振興費で372万8,000円、下布施地区の補助県単治山事業等の補正でございます。

 3項水産業費、1目水産業総務費で減額689万6,000円、人件費の補正でございます。

 4目漁港建設費で950万円、岩船漁港工事費の補正でございます。

 6款商工費、1目商工総務費で減額2,313万5,000円、人件費の補正でございます。

 2目商工業振興費で600万円、いすみ市商店街活性化事業補助金の補正でございます。

 3目観光費で138万1,000円、イベント事業補助金の減額50万円と人件費の補正でございます。

 7款土木費、1目土木総務費で1,204万5,000円、市内114路線分の道路台帳補正業務の委託料1,761万6,000円等と人件費の補正でございます。

 2項道路橋りょう費、1目道路橋りょう総務費で888万4,000円、人件費の補正でございます。

 2目道路維持費で1,399万9,000円、市道岬1号線の舗装補修工事650万円と、タイヤショベル525万円の購入等と人件費の補正でございます。

 3目道路新設改良費で3,812万6,000円、災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業3カ所2,568万円等と人件費の補正でございます。

 3項河川費、2目河川維持費で1,000万円、上塩田川の河川清掃業務委託料の補正でございます。

 4項都市計画費、1目都市計画総務費で減額262万9,000円、人件費の補正でございます。

 3目公園費で100万円、都市公園のベンチ等施設修繕料の補正でございます。

 8款消防費、2目非常備消防費で190万8,000円、消防団員退職報償金補償事務負担金の補正でございます。

 3目消防施設費で236万7,000円、夷隅地域消火栓ホース格納箱設置工事10基分等の補正でございます。

 5目無線施設費で148万2,000円、下原区防災行政無線屋外受信装置交換工事141万9,000円等の補正でございます。

 9款教育費、2目事務局費で1,936万6,000円、人件費の補正でございます。

 3目奨学資金費で減額297万6,000円、貸付希望者が下回ったことによる余剰金積み立ての補正でございます。

 2項小学校費、1目学校管理費で3,498万9,000円、工事請負費で千町小浄化槽改修工事、大原小サッシ改修等の各小学校の改修工事等と人件費の補正でございます。

 2目教育振興費で50万円、寄附金による図書購入費の補正でございます。

 3項中学校費、1目学校管理費で1,803万円、大原中技術棟武道場耐震診断や校舎外壁塗装等の改修工事の補正でございます。

 4項社会教育費、1目社会教育総務費で1,194万1,000円、幼児期体力向上調査事業関連経費300万円と人件費の補正でございます。

 2目公民館費で131万1,000円、夷隅、岬公民館バス等の修繕料の補正でございます。

 3目社会教育施設管理費で129万5,000円、多目的研修センター空調設備改修工事の補正でございます。

 5項保健体育費、保健体育総務費で125万6,000円、ふるさとウオーキング大会事業看板と人件費の補正でございます。

 3目学校給食費で703万7,000円、人件費の補正でございます。

 12款諸支出金、1目基金費で1億3,476万9,000円、財政調整基金積立金、1億2,745万8,000円と、高橋奨学基金への積立金730万円等でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 次に、議案第7号の補足説明を求めます。



◎市民生活課長(上島浩一君) 議案第7号 平成19年度いすみ市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、補足の説明をさせていただきます。

 詳細につきましては事項別明細書によりご説明を申し上げます。

 4ページをお開きください。歳入からご説明申し上げます。

 1款国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分6,723万6,000円の減額、2節介護納付金分現年課税分1,978万7,000円の減額、2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分986万8,000円、2節介護納付金分現年課税分549万2,000円の減額、それぞれ平成19年度の税率をもとに本算定を行った結果によるものでございます。

 9款繰越金、2目その他繰越金2億593万7,000円、当初予算額を増額し、平成18年度決算歳入歳出差引額にしようとするものでございます。

 次に5ページの歳出でございます。

 7款基金積立金、1目財政調整基金積立金7,435万8,000円、いすみ市国民健康保険財政調整基金条例に基づく積立金でございます。

 8款諸支出金、3目一般被保険者償還金、国庫支出金返還金4,893万2,000円、平成18年度療養給付費等負担金の実績精算に伴う国への返還金でございます。

 以上で、議案第7号の補足説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 次に、議案第8号の補足説明を求めます。



◎健康・高齢者支援課長(鈴木俊幸君) 議案第8号 平成19年度いすみ市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足の説明をさせていただきます。

 6ページをごらんいただきたいと思います。

 歳入でございますが、4款国庫支出金、1目介護給付費負担金、1節現年度分で4,344万3,000円、これは歳出の保険給付費の増額に伴うものでございます。

 2項国庫補助金、1目調整交付金、1節現年度分1,086万1,000円、これも歳出の保険給付費の増額に伴うものでございます。

 3目地域支援事業交付金、1節現年度分76万6,000円の減額、これは歳出の包括的支援事業費の減額に伴うものでございます。

 5款支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分6,733万7,000円、これは歳出の保険給付費の増加に伴うものでございます。

 2節過年度分1,386万7,000円、これは18年度保険給付費の実績に伴います支払い金の精算交付金でございます。

 6款県支出金、1目介護給付費負担金、1節現年度分2,715万1,000円、これは歳出の保険給付費の増額に伴うものでございます。

 2節過年度分257万5,000円、これは平成18年度保険給付費の実績に伴います県の精算交付金でございます。

 2項県補助金、2目地域支援事業交付金、1節現年度分38万3,000円の減額、これは歳出の包括的支援事業費の減額に伴うものでございます。

 7款繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分2,715万1,000円、これは歳出の保険給付費の増額に伴うものでございます。

 4目地域支援事業繰入金、1節現年度分38万3,000円の減額、これは歳出の包括的支援事業費の減額に伴うものでございます。

 8款繰越金、1目繰越金、1節繰越金8,868万2,000円、これは前年度繰越金でございます。

 8ページをごらんいただきたいと思います。

 歳出でございますが、2款保険給付費、1目居宅介護サービス給付費1億9,865万2,000円、これは訪問介護、通所介護等の在宅介護サービスの利用が増えたためでございます。

 2目地域密着型介護サービス給付費1,411万7,000円の減額、これは予定しておりました認知症対応型共同生活介護、グループホームの施設でございますが、これが白紙になったこと等によるものでございます。

 4目施設介護サービス給付費1億1,269万9,000円、これは新たに介護老人保健施設が10月に開設されることによりまして、利用者の増加が見込めるためでございます。

 6目居宅介護福祉用具購入費246万5,000円、これは腰かけ便座、入浴補助用具等の福祉用具購入の増加によるものでございます。

 8目居宅介護サービス計画給付費4,048万9,000円、これは要介護認定者及びケアプラン作成利用者が増加したためでございます。

 2項介護予防サービス等諸費、1目介護予防サービス給付費9,076万9,000円の減額、これは要支援認定者及び訪問介護・通所介護等の介護予防サービスが減ったためでございます。

 3目地域密着型介護予防サービス給付費804万7,000円の減額、これは認知症対応型共同生活介護の施設が白紙になったことや、要支援認定者及びサービス利用者が減ったためでございます。

 6目介護予防住宅改修費107万8,000円の減額、これは住宅改修利用者が減ったためでございます。

 7目介護予防サービス計画給付費2,225万7,000円の減額、これは要支援認定者及びケアプラン作成利用者が減ったためでございます。

 4項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス費394万1,000円、これは介護サービスの高額利用者が増えたためでございます。

 5項特定入所者介護サービス等費、3目特定入所者介護予防サービス費476万3,000円の減額、これは要支援認定者及びショートステイ等の利用者が減ったためでございます。

 3款地域支援事業費、1目包括的支援事業費189万6,000円の減額、これは6月の人事異動によるものでございます。

 12ページをごらんいただきたいと思います。

 3項任意事業費、6目配食サービス事業費5,000円、これは配食サービス事業の個人負担金を口座振替にするための手数料でございます。

 5款基金積立金、1目介護給付費準備基金積立金2,768万8,000円、これは介護給付費準備基金への積立金でございます。

 6款諸支出金、2目償還金3,169万円、これは18年度保険給付及び地域支援事業の実績に伴います国・県支払い基金への返還金でございます。

 2項繰出金、1目一般会計繰出金483万3,000円、これは18年度保険給付及び地域支援事業の実績に伴います一般会計への繰出金でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 次に、議案第9号の補足説明を求めます。



◎水道課長(古川弘君) 議案第9号 平成19年度いすみ市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、補足説明を申し上げます。補正予算積算基礎資料に基づきましてご説明申し上げます。

 6ページをごらんいただきたいと存じます。

 収益的支出の部でございますが、第1款水道事業費用、第1目原水及び浄水費、第2目配水及び給水費、第3目総係費につきましては、人事異動に伴います人件費の増減額でございます。

 次に、資本的支出の部でございます。第1款資本的支出、第1目浄水施設費、第2節工事請負費4,898万8,000円につきましては、山田浄水場及び小沢・小池配水池送水制御関連工事でございます。

 工事の内容でございますが、山田第1配水池、小沢配水池、小池配水池への送水を制御する制御盤の作成並びに山田浄水場、小沢配水池の敷地内にございます送水管の切り回し及び電動流量調整弁の設置を行おうとするものでございます。

 なお、工事の主な目的でございますが、1つ目といたしまして、山田浄水場内の機器類などの故障により浄水をつくることができなくなった場合、東地区では現在時間帯によりまして3時間程度で断水となってしまう状況でございます。これを20時間程度に改善しようとするものでございます。

 2つ目といたしまして、山田浄水場の敷地内にございます山田第1配水池への送水管の老朽化が進んでいることが判明いたしました。このためこの送水管の廃止と代替管による切り回しを行い、断水リスクの低減と送水管の更新期間の延長を図るものでございます。

 3つ目といたしまして、小沢配水池にございます送水ポンプ及び送水ポンプ用制御盤を廃止し、これらの更新費用と同料金の削減を図るものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議をお願いいたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第1号及び請願第2号の上程、委員会付託



○議長(兼沢謙一君) 日程第4、請願第1号及び請願第2号を議題といたします。

 請願第1号及び請願第2号につきましては、お手元に配付の請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(兼沢謙一君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 明11日は定刻より会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでございました。

                            (午前11時05分)