議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 いすみ市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月27日−04号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月27日−04号







平成19年  6月 定例会(第2回)



          平成19年いすみ市議会第2回定例会

議事日程(第4号)

                 平成19年6月27日(水曜日)午前10時開議

日程第1 議案第4号から議案第11号まで(委員長報告・質疑・討論・採決)

日程第2 議案第12号 いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について(提案理由説明・質疑・討論・採決)

日程第3 議案第13号 いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について(提案理由説明・質疑・討論・採決)

日程第4 議案第14号 いすみ市消防団条例の一部を改正する条例の制定について(提案理由説明・質疑・討論・採決)

日程第5 議案第15号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算(提案理由説明・質疑・討論・採決)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(26名)

  1番   田井秀明君    2番   横山正樹君

  3番   中村松洋君    4番   高梨庸市君

  5番   元吉 基君    6番   渡辺敏男君

  7番   飯高米蔵君    8番   青柳英俊君

  9番   鈴木麗子君   10番   杉山敏行君

 11番   吉野勝己君   12番   君塚泰三君

 13番   川嶋英之君   14番   石井 博君

 15番   石川光男君   16番   麻生 実君

 17番   兼沢謙一君   18番   熱田彰司君

 19番   山口 稔君   20番   半場新一君

 21番   荒井 正君   22番   松崎敏雄君

 23番   井上栄弌君   24番   君塚利雄君

 25番   米本利雄君   26番   岩井豊重君

欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長       太田 洋君     副市長      渡辺雅文君

 総務部長     吉原 誠君     市民生活部長   鶴岡芳和君

 産業建設部長   吉野 勤君     総務課長     渡辺文雄君

 財政課長     佐藤達夫君     課税課長     渡辺吉富君

 収納課長     永石雅宏君     企画政策課長   中村 博君

 福祉課長     江澤正利君     健康・高齢者支援課長

                             鈴木俊幸君

 市民生活課長   上島浩一君     環境保全課長   荘司康弘君

 産業経済課長   藤平明功君     建設課長     木嶌久雄君

 水道課長     古川 弘君     教育長      鈴木 智君

 教育次長     浅野冨士雄君    学校教育課長   黒川 薫君

 社会教育課長   江澤 進君     夷隅地域市民局長 佐久間富央君

 岬地域市民局長  渡辺健司君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 局長       横山俊寿      主査       毛利雅一

 副主査      荘司照雄

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(兼沢謙一君) おはようございます。引き続きご苦労さまでございます。

 出席議員は26名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                            (午前10時08分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(兼沢謙一君) 本日の日程は、お手元に配付の議事日程のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号から議案第11号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第1、議案第4号から議案第11号までを一括議題といたします。

 去る6月18日の本会議におきまして、各常任委員会に付託いたしました各議案について、その審査の経過と結果について、各委員長より報告を求めます。

 最初に、総務常任委員会委員長より報告をお願いいたします。

         〔総務常任委員会委員長 青柳英俊君登壇〕



◆総務常任委員会委員長(青柳英俊君) お手元に配付されました審査報告の朗読をもって審査報告といたします。

 総務常任委員会審査報告。

 総務常任委員会に付託されました議案2件につきまして、審査過程と結果についてご報告いたします。

 本委員会は、6月20日に開催し、総務部総務課、財政課及び企画政策課より説明員の出席のもと、審査に入りました。

 各議案については、既に本会議において提案理由の説明を受けておりましたが、再度詳細な説明を受け、質疑に入りました。

 まず、議案第4号 いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、改正による報酬の支払い対象となる地域公共交通会議委員数と、会議の開催予定回数及び委員構成の確認をし、住民を代表する委員として公募により委員を選任する考えはあるかとの質疑がありましたが、執行部からは国土交通省に確認をしても一般的には例がないということであり、公募についての考えはないとのことでありました。質疑終結後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第9号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管するものについては、防火水槽の撤去工事が予定されており、本会議においては消火栓により代替対応する旨の答弁があったが不安はないかとの質疑に対し、多くの消防車が消火栓を利用した際の水圧等に懸念はあるが、今後地域住民と協議した中で必要とならば既存の場所に設置することも考えられるが、今のところその考えはないとの回答でありました。

 質疑終結後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、総務常任委員会の審査報告を終わります。

         〔総務常任委員会委員長 青柳英俊君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 次に、民生環境常任委員長より報告をお願いします。

         〔民生環境常任委員会委員長 松崎敏雄君登壇〕



◆民生環境常任委員会委員長(松崎敏雄君) 議長のご了承をいただきましたので、民生環境常任委員会審査報告をいたします。

 民生環境常任委員会に付託されました議案3件の審査経過と結果についてご報告をいたします。

 本委員会は、6月21日に開催し、市民生活部より説明員出席のもと、審査に入りました。

 各議案の説明については、本会議において説明も受けていることから省略し、直ちに質疑を行いました。

 まず、議案第9号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管するものについて、主な質疑を申し上げますと、老人医療費の後期高齢者医療システム関連経費について、平成20年4月の制度運用開始に向けて、今後の周知方法や準備状況はどうかという質疑に対し、住民周知に関しては、7月に制度の概要を説明したパンフレットを全戸配布します。また、このシステム関連経費は、千葉県後期高齢者医療広域連合のシステムと市町村のシステムをつなぐもので、住民情報提供システム及び市町村が行う保険料徴収システムの開発で、制度の運用開始に向けての準備経費です。今後の準備状況については、本年の10月よりシステムの稼働が始まり、その後、保険料が広域連合議会で決まる予定ですとの回答がありました。

 次に、市町村側の後期高齢者医療システムの構築は、広域連合で準備するものではないのか。なぜ市町村が負担するのかとの質疑に対し、この制度に関して市町村と広域連合の役割分担があり、保険料の賦課や給付等は広域連合が行い、納入通知書の送付、保険料の徴収等を市町村が行うこととなっているので、これらの市町村の事務を行うための準備経費で、市町村負担となりますとの回答がありました。

 質疑終了後、採決の結果は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第10号 平成19年度いすみ市国民健康保険特別会計補正予算につきましては、質疑はなく、採決の結果は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第11号 平成19年度いすみ市老人保健特別会計補正予算につきましては、異議はなく、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上をもちまして、民生環境常任委員会の審査報告を終わります。

         〔民生環境常任委員会委員長 松崎敏雄君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 次に、産業建設常任委員会委員長より報告をお願いいたします。

         〔産業建設常任委員会委員長 川嶋英之君登壇〕



◆産業建設常任委員会委員長(川嶋英之君) 産業建設常任委員会審査報告をいたします。

 産業建設常任委員会に付託されました議案4件につきまして、審査経過と結果についてご報告します。

 本委員会は、6月21日に委員会を開催し、産業建設部建設課、各地域市民局地域事業課より説明員の出席のもと、審査に入りました。

 各議案については、既に本会議において提案理由の説明を受けておりましたが、再度詳細な説明を受け、質疑に入りました。

 まず、議案第5号 いすみ市道路線の認定については、当該地区における排水の状況は以前より悪い箇所であり、排水についての不安はないかとの質疑がありましたが、道路の勾配の関係により、起点側の10メートルほど側溝整備されていない箇所があるが、地区からの要望もあり、排水が集中した場合にはJR線沿いにある水路に流れる施設も整備されているとのことでありました。質疑終結後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第6号から議案第8号までの3件のいすみ市道路線の全部廃止については、全員異議なく、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。

         〔産業建設常任委員会委員長 川嶋英之君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 最後に、文教常任委員会委員長より報告をお願いいたします。

         〔文教常任委員会委員長 君塚泰三君登壇〕



◆文教常任委員会委員長(君塚泰三君) 文教常任委員会の審査報告をいたします。

 文教常任委員会に付託されました議案1件につきまして、審査経過と結果についてご報告いたします。

 本委員会は、6月20日に委員会を開催し、教育委員会の社会教育課より説明員の出席のもと、審査に入りました。

 議案第9号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管するものについては、既に本会議において提案理由の説明を受けておりましたが、再度詳細な説明を受け質疑に入りました。

 その主なものについて申し上げますと、社会教育施設管理費の委託料で作成する絵はがきの使用方法について、また、販売する予定はあるのか、市の収入として計上してあるのかとの質疑に対して、絵はがきの写真を提供していただく寺院にお礼として配布し、残りは「いすみ市郷土資料館友の会」に依頼して販売する予定で、金額は1セット8枚で300円程度を想定しています。売り上げ代金のうち、友の会への手数料を差し引いた金額が市の歳入になる予定ですとの回答がありました。また、今後も引き続きPR活動が大切だと思うが、ほかの配布先についてはどうかとの質疑に対して、同じ委託料で作成するパンフレットをJRの駅等にも配布し、啓発する予定ですとの回答でありました。

 質疑終了後、採決の結果は全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして、文教常任委員会の審査報告を終わります。

         〔文教常任委員会委員長 君塚泰三君降壇〕



○議長(兼沢謙一君) 以上で、各常任委員会委員長の報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対します質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) これをもって、各委員長の報告に対します質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。



◆21番(荒井正君) 討論通告してありませんでしたけれども、議案第9号の一般会計補正予算及び第10号の国保特別会計の補正予算について、賛成できない立場で意見を申し上げたいと思います。

 一般会計の中で、特に後期高齢者医療保険システムについてなんです。一般会計はそれ以外にも地域公共交通会議だとか大変重要な内容があるので、1つを取り上げて反対ということは非常に心苦しいのですけれども、後期高齢者医療システムにつきましては、国の方で制度的に決まったのでという形の説明だけで果たしていいのだろうか。それで、これは新たに1兆円を超す負担を75歳以上の医療保険を別立てにして、新たな負担を求めると、そういうような内容なわけで、それに各自治体が徴収事務なりはかかわってくる、だけれども、その支払いとその具体的な事務についてなかなか意見が述べられない。いすみ市から1名の議員を広域連合に出して議論はできるんですけれども、十分な内容になり切れないというふうな思いがあります。

 そういう意味で、これが責任持って賛成して、この後期医療システムについて進めていくというには余りにも今までの議論経過が不十分過ぎるし、これらについて、私自身は常任委員会の中でも、決まったからだけじゃなくて、この制度の問題点についてもきちんと国を含めて意見を申し上げるべきではないのかという形で意見を申し上げました。

 来年の4月からの施行ですけれども、その準備としてこういう具体的な支出については、補助金をいただいて、独自の支出というのは持ち出しという形ではないんですけれども、この制度、システム、新しくつくられる制度について、私自身はどうしても賛成の立場をとれないという思いがありますので、やむを得ず9号、10号については賛成しかねるという意見を申し上げたいと思います。



○議長(兼沢謙一君) 次に、賛成討論を許します。

 ほかに討論ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第4号から議案第11号までを採決いたします。

 採決はそれぞれ行います。

 まず、議案第4号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第4号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第5号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第6号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第7号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第8号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号に対する各委員長の報告は可決であります。

 議案第9号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立多数であります。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第10号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立多数であります。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号に対する委員長の報告は可決であります。

 議案第11号を委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第2、議案第12号 いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。



◎市長(太田洋君) 議案第12号についてご説明を申し上げます。

 本案は、いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 内容は、このたびいすみ市消防団の役職の整理が整ったこと、並びに現在の消防団の役職名に整合させるための改正と、子供たちの健やかな成長と家庭教育の充実を図るための家庭教育指導員に対する規定は制定したものの、報酬の条例規定が欠けておりましたので、可及的速やかに是正しようとするため、いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例を改正しようとするものでございます。

 改正点は、別表に、消防団方面隊長、年額9万円を加えるとともに、消防団の職名の整合性を図るための改正と、家庭教育指導員、月額7万6,000円を加えようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用しようとするものでございます。

 よろしくご審議お願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案第12号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆21番(荒井正君) 1点お尋ねします。

 特別職の報酬が追加されましたけれども、家庭教育指導員の方で、月額7万6,000円の部分について、これは一般会計の方には既に組んであるのかどうか、あるいはこれは、ちょっと関連して、この部分だけではあれなんだけれども、一般会計の方でちょっと見たら組んでいない、今回提出されないような感じなんですが、これは事前に既にあるのかどうかだけちょっと確認して。



◎教育次長(浅野冨士雄君) 当初予算の方に計上されております。



◆21番(荒井正君) 計上してあるけれども、この表だけ漏れてしまったという説明でよろしいんですか。



◎教育次長(浅野冨士雄君) いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例のみが漏れておりました。



◆21番(荒井正君) 確認です。ありがとうございました。



○議長(兼沢謙一君) ほかに質疑ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第12号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第12号を採決いたします。

 議案第12号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第3、議案第13号 いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。



◎市長(太田洋君) 議案第13号についてご説明を申し上げます。

 本案は、いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 内容は、国民健康保険税の不均一課税を平成21年度に均一課税にすること及び介護納付金が増加することから、国民健康保険税条例の一部を改正しようとするものでございます。

 改正点は、旧3町の国民健康保険税の不均一課税を段階的に均一課税にするために税率を改めようとするものでございます。また、介護納付金課税限度額を7万円から8万円に改めようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。

 詳細につきましては担当課長からご説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 以上でございます。



◎市民生活課長(上島浩一君) 議案第13号 いすみ市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、補足の説明をさせていただきます。

 改正の内容は、国民健康保険会計は医療給付費が年々増加し、厳しい財政運営が続いており、国民健康保険加入者の負担を急激に増加させないよう一般会計からの法定外繰り入れを行い運営している中で、旧3町の保険税の不均一課税を段階的に引き上げながら統一する必要があることから、税率を改めようとするとともに、平成12年度から7万円のまま据え置きしてまいりました介護納付金分課税限度額につきまして、8万円にするためいすみ市国民健康保険税条例の一部を改正しようとするものでございます。

 第2条は、介護納付金課税額の限度額7万円を8万円に改めようとするものでございます。

 第3条から第5条の2までは、国民健康保険税税率の改正のうち、医療給付費分の税率改正でございます。各条の改正とも、それぞれ上から旧夷隅町の地域、旧大原町の地域、旧岬町の地域と、旧町の地域ごとに区分され、地域ごとの率または額の表の改正でございます。

 第3条は、所得割額の規定で、率の改正、第4条は資産割額の規定で、率の改正、第5条は被保険者均等割額の規定で、額の改正、第5条の2は、世帯別平等割額の規定で、額の改正でございます。

 第6条から第7条の3までは、国民健康保険税税率の改正のうち、介護納付金分の税率改正でございます。各条の改正とも、それぞれ上から旧夷隅町の地域、旧大原町の地域、旧岬町の地域と、旧町の地域ごとに区分され、地域ごとの率または額の表の改正でございます。

 第6条は、所得割額の規定で、率の改正、第7条は資産割額の規定で、率の改正、第7条の2は被保険者均等割額の規定で、額の改正、第7条の3は世帯別平等割額の規定で、額の改正でございます。

 第13条は、低所得者に対する国民健康保険税の軽減制度による減額の条文で、第1項は第2条の介護納付金課税額の限度額7万円を8万円に改めようとすることに伴う改正でございます。

 第1号は、前年度所得が市町村民税の基礎控除額33万円を超えない世帯に対する減額で、旧夷隅町の地域は7割、旧大原町、旧岬町の地域は6割の減額となります。

 号の各細分の改正とも、それぞれ上から旧夷隅町の地域、旧大原町の地域、旧岬町の地域と、旧町の地域ごとに区分され、地域ごとの額の表の改正でございます。

 アは医療給付費分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、イは医療給付費分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正、ウは介護納付金分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、エは介護納付金分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正でございます。

 第2号は、前年度所得が33万円を超えるが、世帯主を除く被保険者1人につき24万5,000円を控除した額が33万円を超えない世帯に対する減額で、旧夷隅町の地域は5割、旧大原町、旧岬町の地域は4割の減額となります。

 号の各細分の改正とも、それぞれ上から旧夷隅町の地域、旧大原町の地域、旧岬町の地域と、旧町の地域ごとに区分され、地域ごとの額の表の改正でございます。

 アは医療給付費分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、イは医療給付費分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正、ウは介護納付金分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、エは介護納付金分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正でございます。

 第3号は、前年度所得が第2号の減額対象所得額を超え、被保険者1人につき35万円を控除した額が33万円を超えない世帯に対する減額で、旧夷隅町の地域に限り2割の減額となります。

 号の各細分の改正とも、旧夷隅町の地域の額の表の改正でございます。

 アは医療給付費分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、イは医療給付費分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正、ウは介護納付金分の被保険者均等割額の規定で、減額を行う額の改正、エは介護納付金分の世帯別平等割額の規定で、減額を行う額の改正でございます。

 附則といたしまして、第1条は、この条例は、公布の日から施行しようとするものでございます。第2条は、改正後のいすみ市国民健康保険税条例の規定は、平成19年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成18年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例にしようとするものでございます。

 なお、いすみ市健康保険税の税率等の改正案は、6月22日に改正されましたいすみ市国民健康保険運営協議会でご審議いただき、ご承認をいただいたところです。

 以上で、議案第13号の補足説明を終わらせていただきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 以上です。



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案第13号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第13号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第13号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第13号を採決いたします。

 議案第13号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第4、議案第14号 いすみ市消防団条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。



◎市長(太田洋君) 議案第14号についてご説明を申し上げます。

 本案は、いすみ市消防団条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 内容は、いすみ市消防団の役職の整理が整ったことにより、いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例との整合を図るため、いすみ市消防団条例を改正しようとするものでございます。

 改正点は、第13条第2項を、「消防団員の報酬は、いすみ市特別職の職員で非常勤のもの等の報酬及び費用弁償に関する条例の定めるところによる」に改めようとするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用しようとするものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案第14号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第14号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第14号を採決いたします。

 議案第14号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(兼沢謙一君) 日程第5、議案第15号 平成19年度いすみ市一般会計補正予算を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。



◎市長(太田洋君) 議案第15号についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成19年度いすみ市一般会計補正予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ921万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ136億9,048万7,000円にしようとするものでございます。

 歳入の内訳につきましては、寄附金100万円、繰越金821万6,000円でございます。

 歳出の内訳につきましては、農林水産業費533万1,000円、商工費100万円、消防費288万5,000円でございます。

 詳細につきましては、担当課長からご説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 以上でございます。



◎財政課長(佐藤達夫君) 議案第15号 平成19年度一般会計補正予算について、補足の説明をさせていただきます。

 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げます。

 4ページをお願いします。

 初めに、18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、繰越金821万6,000円で、歳出額に対する不足分を充てさせていただきました。

 21款寄附金、1項寄附金、3目商工費寄附金、観光費寄附金100万円で、佐藤フジエ氏からの観光イベント事業に対する寄附でございます。

 次に5ページでございます。

 歳出、5款農林水産業費、3項水産業費、2目水産業振興費で533万1,000円、各種事業に対する補助金でございます。

 6款商工費、1項商工費、3目観光費で100万円、イベント事業への補助金でございます。

 8款消防費、1項消防費、2目非常備消防費で261万円、3目消防施設費で、27万5,000円、夷隅支部大会最優秀賞による千葉県消防操法大会出場のための経費でございます。

 以上でございます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(兼沢謙一君) 説明が終わりました。

 これより議案第15号の質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆21番(荒井正君) 歳出の5ページですね、水産業振興費の負担金、補助及び交付金の問題につきまして、全員協議会の中でも説明いただいたんですが、改めてこの問題が個人的な支出とかそういう仕事じゃなくて、行政全般については組織的な仕事なわけですから、そういうことが今後起こらない、そういう施策というんですかね、対策というか、そのことについてはやはりきちんとすべきだと思っていますし、その辺のことについてどのような対策を考えられているのか。補助金支出についてのきちんとした流れというかチェック機能というか、そういう部分がこの間不備だったということの中での発生事由だと思いますので、その辺の、今後起きない対策というんですかね、対処方法について伺いたいと思います。



◎総務部長(吉原誠君) 現在、予算の執行につきましては、四半期ごとの執行状況、あるいは年度末に特に来ますと、3月補正の前にチェック、それから年度末に、それから会計の締める5月前の、大きく分けてそういうチェックの期間がございます。今回の防止策といたしましては、さきに産業建設部長が申し上げましたとおり、担当並びに班長並びに課長というような方法でシステムを強化いたしますと同時に、全体で、市長も申し上げましたとおり電算の熟達、あるいは財政等のチェックのシステムをより強化していきたいというふうに思います。

 以上でございます。



◆21番(荒井正君) 公金の支出ですから、そういう意味では補助効果というか、そういうことがきちんとチェックされる、そういう中での支出の漏れとかそういうのがなくなっていくというふうに思っていますし、また、これは関連ですけれども、例えば今、市民提案事業などもプレゼンをしながら採択だとかやっているんですが、年度事業がかなり後でないとお金が入ってこない中で、やろうと思っても非常に滞ってしまうというのがあるんですよ。現実に今年度からやろうと思っても、今、市民提案事業ですと6月19日にプレゼンがあって、採択されるかどうかはもっと後になる。具体的にやっていいですよというのはもっと後になってしまう。そうすると、年間通してやる事業が非常に狭まっている。そういうことがありますので、そういう補助事業については、流れとして年間の補助事業をきちんとできるようなお金の出し方というんですかね、そういうことが必要になってくると思うんで、交付申請がずっと後にならないと出てこないということについてもやはり問題ですし、補助事業全体をきちんと見るような形での行政のあり方というんですか、そういうことをぜひ要望しておきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(兼沢謙一君) ほかに質疑ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第15号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号については、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

         〔「なし」と言う人あり〕



○議長(兼沢謙一君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより議案第15号を採決いたします。

 議案第15号を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(兼沢謙一君) 起立全員であります。

 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(兼沢謙一君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。

 これにて平成19年いすみ市議会第2回定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。

                            (午前10時47分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

         議長

         署名議員

         署名議員