議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 香取市

平成29年  9月 定例会 08月29日−01号




平成29年  9月 定例会 − 08月29日−01号







平成29年  9月 定例会



               会議の事件

議案第1号 平成29年度香取市一般会計補正予算(第2号)

議案第2号 平成29年度香取市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

議案第3号 平成29年度香取市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

議案第4号 平成29年度香取市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

議案第5号 平成29年度香取市観光事業特別会計補正予算(第1号)

議案第6号 平成29年度香取市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

議案第7号 平成29年度香取市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)

議案第8号 平成29年度香取市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)

議案第9号 平成29年度香取市太陽光発電事業特別会計補正予算(第1号)

議案第10号 平成29年度香取市簡易水道事業会計補正予算(第1号)

議案第11号 香取市専用水道の設置及び給水に関する条例の制定について

議案第12号 香取市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について

議案第13号 工事請負契約の締結について

       (調整池整備工事)

議案第14号 工事請負契約の締結について

       (香取市立山田小学校建設工事(建築工事))

議案第15号 工事請負契約の締結について

       (香取市立山田小学校建設工事(電気設備工事))

議案第16号 工事請負契約の締結について

       (香取市立山田小学校建設工事(機械設備工事))

議案第17号 千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について

議案第18号 香取市東庄町病院組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について

認定第1号 平成28年度香取市一般会計歳入歳出決算

認定第2号 平成28年度香取市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

認定第3号 平成28年度香取市介護保険事業特別会計歳入歳出決算

認定第4号 平成28年度香取市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算

認定第5号 平成28年度香取市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算

認定第6号 平成28年度香取市観光事業特別会計歳入歳出決算

認定第7号 平成28年度香取市下水道事業特別会計歳入歳出決算

認定第8号 平成28年度香取市土地取得事業特別会計歳入歳出決算

認定第9号 平成28年度香取市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算

認定第10号 平成28年度香取市太陽光発電事業特別会計歳入歳出決算

認定第11号 平成28年度香取市水道事業会計決算

認定第12号 平成28年度香取市簡易水道事業会計決算

報告第1号 平成28年度香取市継続費精算報告書について

報告第2号 平成28年度決算に基づく香取市財政健全化判断比率について

報告第3号 平成28年度決算に基づく香取市公営企業会計の資金不足比率について

報告第4号 専決処分の報告について

      (専決処分第5号 損害賠償の額を定めることについて)

報告第5号 専決処分の報告について

      (専決処分第6号 損害賠償の額を定めることについて)

               一般質問通告

宇井正一議員

 1.環境基本条例について 生活経済部参事

  (1)環境保全協定の締結に対する対応について

  (2)再生土による埋め立て処分場事業者に対する指導について

 2.市道の維持管理に関する市の管理責任について 建設水道部長

  (1)市道の破損が予見出来うる業者に対する行政指導について

  (2)事業開始前の協定書等の文書確認について

 3.再生土処分場の規制に対する取り組みについての現状と今後の方針について 市長 (生活経済部参事)

 4.太陽光発電事業所の在り方について 市長

  (1)メガソーラー設置に関する住民からの景観・電磁波障害などの苦情・意見について 生活経済部参事

  (2)太陽光発電設備の適正な設置をはかるための条例制定について

 5.新市建設計画に基づく道路整備計画について 市長

  (1)合併10年後における道路整備計画の検証と今後の計画について 建設水道部長

坂本洋子議員

 1.県立佐原病院の存続と充実を願って 福祉健康部長

  (1)保健医療計画改定作業の進捗状況は

  (2)県に対してこれからの対応は

 2.国民健康保険の都道府県単位化による影響は 生活経済部参事

  (1)「納付金・標準保険料」の仮試算結果について

  (2)改定される国保条例は誰もが安心して受診できる制度に

 3.第7期介護保険事業で1号被保険者(65歳以上)の保険料はどうなるか 福祉健康部長

 4.住宅リフォーム制度の導入を 建設水道部長

田代一男議員

 1.地域公共交通について 市長

  (1)循環バスの充実について 総務企画部長

 2.子育て支援について 市長

  (1)子育て世代包括支援センターの取組みについて 福祉健康部長

 3.学校教育について 市長

  (1)がん教育の取組みについて 教育長

小野勝正議員

 1.安定的な水の供給を確保するために 市長

  (1)水道事業の現状と将来の見通しについて 建設水道部長

  (2)水道台帳の整備状況について

  (3)管路更新率の状況は

  (4)アセットマネジメントの実施状況は

  (5)広域連携に向けた市の取り組みは

  (6)施設更新の今後の見通しは

 2.人口減少対策について 市長

  (1)地方創生の方向性について 総務企画部長

  (2)地方創生の鍵は

  (3)持続可能な社会を作るには

伊藤友則議員

 1.教育行政について 教育部長

  (1)小・中学校の運動会・体育祭について

  (2)小・中学校の部活動について

高木 寛議員

 1.国保小見川総合病院の建設について 市長

  (1)進捗状況及び整備予定は 福祉健康部長

  (2)具体的な財源内訳は

 2.旧小見川西中跡地への清水保育園の移転について 福祉健康部長

  (1)進捗状況及び整備予定は

  (2)整備費用及びその内訳は

  (3)土地の賃借料は

 3.山田地区橘ふれあい公園整備について 建設水道部長

  (1)進捗状況及び整備予定は

  (2)市内外への周知方法は

 4.主要地方道成田小見川鹿島港線の整備について 建設水道部長

  (1)進捗状況及び整備予定は

香取市告示第145号

 平成29年9月香取市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成29年8月22日

                         香取市長  宇井成一

 1 日時 平成29年8月29日 午後1時

 2 場所 香取市役所 議場

            香取市議会会議録1号

                         平成29年9月定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  議事日程(第1号)

平成29年8月29日(火曜日) 午後1時開会

  第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 議案第1号〜第18号、認定第1号〜第12号、報告第1号〜第5号

       (提案理由説明・報告)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員22名で、その氏名下記のとおり

  1番  久保木清司君        2番  小野勝正君

 副議長

  3番  平野和伯君         4番  田代一男君

  5番  鈴木聖二君         6番  高木典六君

  7番  高木 寛君         8番  久保木宗一君

  9番  林 信行君        10番  田山一夫君

                   議長

 11番  高岡正剛君        12番  眞本丈夫君

 13番  伊能敏雄君        14番  坂部勝義君

 15番  伊藤友則君        16番  坂本洋子君

 17番  林 幸安君        18番  河野節子君

 19番  平松大建明君       20番  根本太左衛門君

 21番  宇井正一君        22番  木内 誠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者

 市長         宇井成一君   副市長        旭 健一君

 教育長        粟井明彦君   総務企画部長     大堀常昭君

 生活経済部長     伊奈 亘君   福祉健康部長     下川裕之君

 建設水道部長     木内勝司君   会計管理者      伊藤勝重君

 教育部長       林 高志君   生活経済部参事    大友俊郎君

 総務課長       高橋 稔君   企画政策課長     増田正記君

 財政課長       浅野仙一君   市民協働課長     林 春江君

 農政課長       飯田利彦君   社会福祉課長     平野安敏君

 都市整備課長     宮崎秀行君   水道課長       岩山富幸君

 教育総務課長     久保木浩明君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 事務局長       岩立一郎    次長         斎藤栄造

 主査         齋藤信彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成29年8月29日(火曜日)午後1時開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会



○議長(眞本丈夫君) これより平成29年9月香取市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事につきましては、お手元に配付の日程表により進めますので、ご了承願います。

 日程に入るに先立ち、理事者側より発言を求められておりますので、これを許します。

 大堀総務企画部長。



◎総務企画部長(大堀常昭君) 皆さん、こんにちは。

 議会開会直後に発言の機会をいただき、ありがとうございます。

 平成29年6月15日に行われました香取市議会定例会の市政に関する一般質問の中の、河野議員の入札制度に関する質問のうち、非公表になっている最低制限価格は最終的に誰が決めるのかとの問いに対しまして、指名審査会等を開いて決めていく形になっていますとお答えいたしましたが、説明が不足しておりました。

 最低制限価格は指名審査会、正式名称は香取市建設工事等指名業者選定審査会、と同じメンバーで構成されます香取市建設工事等入札契約制度検討委員会におきまして、香取市建設工事等の入札及び契約に関する事務取扱要綱を定めております。その要綱の中の算出方法によりまして、算出されました額を最低制限価格としております。

 なお、決裁区分につきましては、入札予定価格が2,000万円以上につきましては市長、2,000万円未満につきましては副市長としております。

 以上でございます。



○議長(眞本丈夫君) 以上で説明は終わりました。

 ただいまの件につきましては、さきの全員協議会においても同様の説明がありましたのでご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(眞本丈夫君) この際、諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の規定により出席を求めた方々は、お手元に配付の印刷物によりご了承を願います。

 次に、6月定例会以降の会務の報告につきましては、同じくお手元に配付の印刷物によりご了承願います。

 これより日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(眞本丈夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において鈴木聖二議員、河野節子議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(眞本丈夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から9月21日までの24日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(眞本丈夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から9月21日までの24日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号〜第18号、認定第1号〜第12号、報告第1号〜第5号(提案理由説明・報告)



○議長(眞本丈夫君) 日程第3、議案第1号ないし第18号、認定第1号ないし第12号、報告第1号ないし第5号を一括議題といたします。

 理事者より提案理由の説明及び報告を求めます。

 宇井市長。

     (市長 宇井成一君登壇)



◎市長(宇井成一君) 本日ここに、平成29年9月香取市議会定例会を招集し、提案いたしました各案件につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 議案第1号「平成29年度香取市一般会計補正予算(第2号)」の案件は、歳入歳出予算、継続費、債務負担行為及び地方債を補正するものであります。

 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出予算の総額から、それぞれ1,318万5,000円を減額し、補正後の総額を368億7,893万7,000円とするものであります。

 継続費の補正は、街路整備事業について、期間を平成30年度までとし、年割額を変更するものであります。

 債務負担行為の補正は、学校給食センター調理等業務委託及び小見川中央小学校のスクールバス運行管理業務委託を追加するものであります。

 地方債の補正は、事業の見直し等に伴い、事業債の追加及び限度額の変更を行うものであります。

 それでは、歳出の主な内容について、ご説明申し上げます。

 2款・総務費では、総務管理費の企画一般事務費に、成人式から10年を経過した年に香取市での定住、市外からの移住促進を目的に、香取市30歳の成人式を開催する団体への補助金50万円、成田空港周辺地域の観光振興に係る成田空港トランジット&ステイ協議会への加盟に伴う負担金50万円など107万2,000円を計上するほか、ふるさと香取応援寄附金事業に、本年7月から開始した民間サイト「さとふる」でふるさと納税が好調であるため、今後不足することが見込まれる記念品費及び郵送料など1,219万7,000円を追加するものであります。

 3款・民生費では、児童福祉費の子育て支援施設整備事業に、社会福祉法人等が実施する子育て支援施設整備事業費の増加及び補助基準額の改定に伴い、補助金4,760万3,000円を追加いたしました。

 4款・衛生費では、環境衛生費の環境基本計画推進事業に、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の内示を受け、主要施設の省エネ診断の実施などを含めた地球温暖化対策実行計画を作成するため、委託料411万1,000円を追加したほか、与倉汚水処理場更新事業に、施設の老朽化に対応するため、更新設計業務委託料1,274万4,000円を計上いたしました。

 6款・農林水産業費では、農業水産費の園芸農産振興対策事業で強い農業づくり交付金事業が採択されなかったことから、この補助金13億9,500万円を減額しております。

 また、農業経営基盤強化対策事業には、農地利用集積円滑化事業の取り扱い面積の増加に伴い、土地借上料360万円を追加いたしました。

 7款・商工費では、企業誘致費に、企業立地奨励金制度による立地奨励金など531万9,000円を追加したほか、観光費の観光振興対策事業には、佐原の大祭秋祭りにASEAN10カ国の大使館等関係者を招聘する業務委託料50万円を計上いたしました。

 8款・土木費では、道路橋りょう費に、道路維持事業8,640万円、道路新設改良事業9,518万3,000円を追加いたしました。

 都市計画費の街路整備事業には、社会資本整備総合交付金の内示を受け、本年度の事業進捗を見据え、道路改良工事費を増額するなど2,363万7,000円を追加しております。

 また、公園費では、公園維持管理費に、公園、緑地などの樹木伐採等、施設管理委託料830万円を追加するほか、老朽化した公園施設の改修工事費など、1,654万4,000円を計上いたしました。

 町並みまちづくり事業費では、街なみ環境整備事業に、ニッポニアサワラ宿泊施設への住宅等修景費補助金など1,164万3,000円を計上いたしました。

 10款・教育費では、教育総務費の学校統合整備事業に、平成30年4月から小見川南小学校を小見川中央小学校へ統合することに伴い、スクールバス購入費及び駐車場用地として土地開発基金で所有している土地の購入費など6,859万5,000円を計上いたしました。

 また、社会教育費では、伊能忠敬記念館運営事業に、記念館通路の排水改修工事費500万円を計上いたしました。

 11款・公債費では、後年度の財政負担を軽減するため、利率0.83%以上の銀行等借り入れ分を繰り上げ償還することとし、元金9億1,595万5,000円を追加いたしました。

 対応する歳入は、国県支出金等の特定財源について所要の補正を講じるほか、地方特例交付金、前年度繰越金等を追加いたしました。

 議案第2号「平成29年度香取市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ1億1,116万3,000円を追加し、補正後の総額を125億7,116万3,000円とするものであります。

 歳出の主な内容は、平成28年度事業の精算に伴う国県支出金等の返納金1億1,114万円を追加し、対応する歳入には、前年度繰越金を追加いたしました。

 議案第3号「平成29年度香取市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ3億6,853万6,000円を追加し、補正後の総額を71億6,653万6,000円とするものであります。

 歳出の主な内容は、平成28年度事業の精算に伴う国県支出金等の返納金1億4,078万3,000円、介護保険給付準備基金積立金2億2,505万5,000円をそれぞれ追加するほか、総務費の賦課徴収費に、平成30年度から介護保険料のコンビニ納付を実施するための準備経費90万3,000円を計上いたしました。

 対応する歳入には、精算に伴い追加交付となる支払基金交付金及び前年度繰越金等を追加いたしました。

 議案第4号「平成29年度香取市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算及び地方債を補正するものであります。

 歳入歳出予算の補正は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ2,004万6,000円を追加し、補正後の総額を2億604万6,000円とするものであります。

 歳出の主な内容は、昨年度実施した農業集落排水施設の診断結果などに基づき、管理費にマンホール調査委託料など362万円を計上し、また、建設費には、老朽化したマンホールの更生工事費など1,642万6,000円を計上いたしました。

 対応する歳入には、市債、一般会計繰入金及び前年度繰越金を追加いたしました。

 議案第5号「平成29年度香取市観光事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ50万円を追加し、補正後の総額を1億2,950万円とするものであります。

 その内容は、緑の募金運動の交付金を受け、水郷佐原あやめパークにアジサイ等を植栽する委託料50万円を計上するものであります。

 議案第6号「平成29年度香取市下水道事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ1,100万円を追加し、補正後の総額を18億8,200万円とするものであります。

 その内容は、処理場、ポンプ場施設の修繕料を追加するものであります。

 議案第7号「平成29年度香取市土地取得事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ4,230万8,000円を追加し、補正後の総額を4,235万8,000円とするものであります。

 その内容は、先ほど申し上げましたとおり、土地開発基金で持っている土地の一部を小見川中央小学校スクールバス駐車場用地等として売り払い、その収入を土地開発基金に積み立てるものであります。

 議案第8号「平成29年度香取市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額から、それぞれ31万7,000円を減額し、補正後の総額を8億6,368万3,000円とするものであります。

 歳出の主な内容は、平成28度事業の精算に伴い、後期高齢者医療広域連合納付金を減額するほか、総務費の徴収費に、平成30年度から介護保険料と合わせて後期高齢者医療保険料もコンビニ納付を実施するため、その準備経費90万2,000円を計上するものであります。

 対応する歳入には、前年度繰越金を減額し、一般会計繰入金を追加いたしました。

 議案第9号「平成29年度香取市太陽光発電事業特別会計補正予算(第1号)」の案件は、歳入歳出予算の総額に、それぞれ3,204万1,000円を追加し、補正後の総額を2億6,604万1,000円とするものであります。

 その内容は、平成28年度決算による消費税及び地方消費税を計上するほか、一般会計繰出金を追加し、対応する歳入には前年度繰越金を追加いたしました。

 議案第10号「平成29年度香取市簡易水道事業会計補正予算(第1号)」の案件は、収益的収支において、収入に一般会計からの補助金11万1,000円を追加するものであります。

 議案第11号「香取市専用水道の設置及び給水に関する条例の制定について」の案件は、平成30年4月に香取市が、みずほ台団地管理組合法人から同団地専用水道の移管を受け管理運営するため、当該施設の設置及びその給水に関する事項を条例で定めるものであります。

 議案第12号「香取市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について」の案件は、個人番号カードを利用し、コンビニエンスストア等の多機能端末機で印鑑登録証明の交付を可能とするため、所要の改正を行うものであります。

 なお、施行日につきましては、コンビニ交付サービスを開始する平成29年12月1日を予定しております。

 議案第13号「工事請負契約の締結について」の案件は、調整池整備工事について、去る7月26日に一般競争入札を行った結果、香取市北二丁目2番地1、大真建設株式会社が、3億2,378万4,000円で落札しましたので、同社と工事請負契約を締結いたしたく、香取市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 工事の内容は、市道?−10号線(旧三中前)の排水、及び周辺地域における冠水対策のため、九美上と助沢にまたがる地先に、容量約1万立方メートルの調整池を整備するものであります。

 なお、工事の完成につきましては、平成30年3月を予定しております。

 議案第14号から議案第16号までの「工事請負契約の締結について」の案件は、いずれも山田地域内の小学校5校を統合するため、山田中学校の敷地内に山田小学校建設工事を行うもので、去る7月26日及び7月31日に一般競争入札を行った結果、落札者が決定しましたので、それぞれ工事請負契約を締結いたしたく、香取市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第14号「香取市立山田小学校建設工事(建築工事)」につきましては、香取市佐原ロ2097番地の141、常総開発工業株式会社佐原支店が、14億6,232万円で落札したので、同社と工事請負契約を締結しようとするものであります。

 議案第15号「香取市立山田小学校建設工事(電気設備工事)」につきましては、香取市佐原ロ2164番地2、浅野電設株式会社佐原営業所が、3億808万8,000円で落札しましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするものであります。

 議案第16号「香取市立山田小学校建設工事(機械設備工事)」につきましては、成田市西三里塚1番地の596、株式会社サンショウ冷熱が、1億6,242万1,200円で落札しましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするものであります。

 なお、工事の完成につきましては、いずれも平成31年2月を予定しております。

 議案第17号「千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について」の案件は、千葉県町村会に委託している軽自動車税の申告書の受け付け等の事務を平成30年4月1日から千葉県市町村総合事務組合の共同処理とするため、地方自治法第286条第1項の規定により、同組合規約の変更について協議したいので、同法第290条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第18号「香取市東庄町病院組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について」の案件は、香取市東庄町病院組合の事務所の位置を土地の表示地番とするため、地方自治法第286条第2項の規定により、同組合規約の変更について協議したいので、同法第290条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 続きまして、認定第1号から第12号につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 平成28年度香取市一般会計の最終的な予算現額は、前年度からの繰り越し分を含め、371億4,721万8,672円となる中、歳入決算額は358億4,355万1,711円で、平成27年度決算より52億5,835万9,663円、12.79%の減、歳出決算額は335億7,050万750円で、同様に44億5,239万4,753円、11.71%の減となっております。

 歳入歳出差引額は22億7,305万961円となっており、そのうち翌年度へ繰り越した事業の財源、1億6,737万950円を差し引いた実質収支額は、21億568万11円の黒字となっております。

 なお、そのうち1億4,000万円は、翌年度へ繰り越さず、地方自治法第233条の2の規定により、財政調整基金へ積み立てております。

 それでは、まず、歳入決算の主な項目について、ご説明申し上げます。

 市税については、固定資産税において、太陽光発電設備等による償却資産が堅調であることに加え、徴収率の向上もあり、約2億円の増加となっております。

 地方消費税交付金は、消費の低迷により、約1億9,500万円減少いたしました。

 地方交付税については、液状化対策事業の完了により、震災復興特別交付税が約11億8,000万円減少するなど、約14億7,000万円の減となっております。

 また、国庫支出金についても、液状化対策事業の完了により、東日本大震災復興交付金が約39億8,000万円減少するなど、約36億6,000万円の減となっております。

 繰越金については、平成27年度から28年度への繰り越し事業費が、平成26年度から27年度への繰り越し事業費に比べ大幅に増加していること、さらに、市債の繰り上げ償還に資するため、平成27年度決算剰余金処分による財政調整基金への積立額を抑制したことにより、約10億1,000万円の増となっております。

 市債については、おみがわこども園整備に係る起債額が約9億8,000万円増加したものの、小学校空調設備設置、十六島出張所整備、伊地山可燃処理施設整備、国営土地改良事業の完了などにより、約12億9,000万円減少いたしました。

 続いて、歳出決算の主な項目について、ご説明申し上げます。

 3款・民生費では、おみがわこども園の整備などにより、約13億3,000万円増加いたしました。

 4款・衛生費では、伊地山可燃処理施設整備が平成27年度に完了したことなどにより、約4億7,000万円減少いたしました。

 9款・消防費では、液状化対策事業に係る復興交付金基金の積み立てがなくなるなど、約45億7,000万円減少いたしました。

 10款・教育費では、小見川中央小学校大規模改修及び小学校空調設備設置の完了などにより、約8億8,000万円減少いたしました。

 11款・公債費では、平成19、20年度に借り入れた地域振興基金債の繰り上げ償還を実施したため、約7億6,000万円増加いたしました。

 次に、特別会計決算の概要をご説明申し上げます。

 全ての特別会計において、実質収支はいずれも黒字又は収支均衡の決算となっており、国民健康保険事業特別会計においては、一般会計と同様、実質収支額の一部を翌年度へ繰り越さず、財政調整基金へ積み立てております。

 なお、当特別会計では、被保険者数の減少などにより、歳入では国民健康保険税が約1億3,000万円、歳出では保険給付費が約2億2,000万円、それぞれ減少いたしました。

 介護保険事業特別会計では、介護予防・日常生活支援総合事業への完全移行により、保険給付費が減少し、地域支援事業費が増加いたしました。

 訪問看護事業は、平成28年9月の事業休止により、歳入歳出ともに減少いたしました。なお、平成28年度をもって当特別会計を廃止しております。

 観光事業特別会計では、園内再整備工事の完了により、観光事業費が大幅に減少いたしました。

 太陽光発電事業特別会計は、伊地山、大戸、大崎及び附洲新田、4カ所の太陽光発電施設整備の完了により、歳入では事業収入が約9,600万円増加し、支出では太陽光発電事業費が約3億円減少しました。

 水道事業等の公営企業会計につきましては、収益的収支はいずれも黒字であります。

 平成28年度の市債現在高については、公営企業会計を含めた全会計の合計が、平成27年度末残高より約5億7,000万円、0.97%増加し、約588億8,000万円となっております。

 これは、一般会計において、約9億9,000万円の繰り上げ償還を実施したものの、民生費では、おみがわこども園の整備などにより、また、土木費では、道路改良、橘ふれあい公園整備及び小見川市街地整備などによりそれぞれ増加したほか、特別会計では、水郷佐原あやめパークの整備により観光事業特別会計債が増加したことによるものであります。

 なお、これらには合併特例債を優先して活用しており、臨時財政対策債も増加していることから、通常の事業債は、約8億7,000万円減少しております。

 合併特例債の現在高は、約184億4,000万円で、全体の31.3%を、また、臨時財政対策債の現在高は、約151億7,000万円で、全体の25.8%を占めており、両方で全体の約57.1%を占める形となっております。

 基金の状況については、平成27年度末から約14億円減少し、約167億9,000万円となっております。

 減少した主な要因は、液状化対策事業の完了に伴い、東日本大震災復興交付金基金を約14億8,000万円取り崩したことによるものであります。

 続きまして、主な財政指標について、ご説明申し上げます。

 財政力指数は、平成27年度から0.005下がり0.544となっております。

 経常収支比率は86.5%で、3.1ポイント上昇しております。

 これは、臨時職員賃金の上昇により物件費が増となり、扶助費や繰り出し基準に基づく繰出金も増加したため、分子となる経常経費充当一般財源の総額が増加した一方、分母となる経常一般財源は、市税が増加したものの、地方消費税交付金、普通交付税及び臨時財政対策債の減により総額で減少したため、分子・分母ともに経常収支比率を引き上げることになったものであります。

 今後の財政運営に当たりましては、引き続き財源の確保を念頭に、合併算定がえによる普通交付税の優遇措置がなくなる平成33年度以降を見据えながら、行財政基盤の確立を図ってまいります。

 続きまして、報告案件について、ご説明申し上げます。

 報告第1号の案件は、一般会計において継続費を設定した事業のうち、平成28年度で終了した幼保一元化整備事業について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、精算報告をするものであります。

 報告第2号及び第3号の案件は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、「平成28年度決算に基づく香取市財政健全化判断比率」及び「平成28年度決算に基づく香取市公営企業会計の資金不足比率」について、報告するものであります。

 これらのうち、実質公債費比率及び将来負担比率について、ご説明申し上げます。

 実質公債費比率は、平成27年度と変わらず、8.6%でありました。

 将来負担比率は54.6%と、平成27年度から4.6ポイント改善いたしました。

 主な要因は、繰り上げ償還の実施により地方債現在高の増加を抑制したほか、合併特例債及び臨時財政対策債の地方債現在高に係る基準財政需要額算入見込み額が増加し、職員数の減により退職手当負担見込み額が減少したなど、対象負担総額が大幅に減少したことによるものであります。

 報告第4号「専決処分の報告について」の案件は、去る平成29年2月28日に、市内片野500番地地先の市道上で発生した車両物損事故による損害賠償の額を、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、同条第2項の規定により、議会に報告するものであります。

 報告第5号「専決処分の報告について」の案件は、去る平成29年6月16日に、成田市不動ヶ岡1994番地15地先で発生した公用車による車両物損事故に係る損害賠償の額を、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、同条第2項の規定により、議会に報告するものであります。

 以上、本日提案いたしました各案件につきまして、その概要を申し上げましたが、何とぞ慎重ご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。

 ただいまの提案理由の中で、誤りがございましたので訂正を申し上げます。

 2ページ、上から12行目、農業水産費と申し上げましたが、正しくは、農業振興費でございました。

 7ページ、下から6行目、3億808万8,000円と申し上げましたが、正しくは、3億808万800円となります。

 11ページ、上から11行目、民生費、土木費と申し上げましたが、正しくは、民生債、土木債となります。

 訂正して、おわび申し上げます。

 以上でございます。



○議長(眞本丈夫君) 以上で理事者側からの提案理由の説明及び報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(眞本丈夫君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日の会議は、これをもって終わり、明30日は休会といたします。

 8月31日は定刻より会議を開きます。

 この際、口頭をもって告知し、改めて通知いたしませんので、ご了承を願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

     午後1時37分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−