議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 香取市

平成28年 12月 定例会 12月16日−05号




平成28年 12月 定例会 − 12月16日−05号







平成28年 12月 定例会



            香取市議会会議録5号

                        平成28年12月定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  議事日程(第5号)

平成28年12月16日(金曜日) 午後1時開議

  第1 議案第1号、第5号〜第8号、第10号〜第12号

       (総務企画常任委員長報告 質疑・討論・採決)

  第2 議案第2号、第3号、第9号、第14号〜第17号

       (福祉教育常任委員長報告 質疑・討論・採決)

  第3 議案第4号、第13号

       (生活経済建設常任委員長報告 質疑・討論・採決)

  第4 議案第18号

       (提案理由説明 質疑・討論・採決)

  第5 諮問第1号

       (採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員22名で、その氏名下記のとおり

  1番  久保木清司君        2番  小野勝正君

  3番  平野和伯君         4番  田代一男君

  5番  鈴木聖二君         6番  高木典六君

 副議長

  7番  高木 寛君         8番  久保木宗一君

 議長

  9番  林 信行君        10番  田山一夫君

 11番  高岡正剛君        12番  眞本丈夫君

 13番  伊能敏雄君        14番  坂部勝義君

 15番  伊藤友則君        16番  坂本洋子君

 17番  林 幸安君        18番  河野節子君

 19番  平松大建明君       20番  根本太左衛門君

 21番  宇井正一君        22番  木内 誠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者

 市長         宇井成一君   副市長        旭 健一君

 教育長        山本有香君   総務企画部長     大堀常昭君

 生活経済部長     伊奈 亘君   福祉健康部長     下川裕之君

 建設水道部長     塚原康由君   会計管理者      伊藤勝重君

 教育部長       篠塚富義君   生活経済部参事    大友俊郎君

 総務課長       宮崎秀行君   企画政策課長     増田正記君

 財政課長       久保木浩明君  市民協働課長     伊藤勝弘君

 農政課長       高橋 稔君   社会福祉課長     片野美喜雄君

 都市整備課長     木内勝司君   水道課長       藤田伸宏君

 教育総務課長     遠藤健一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 事務局長       岩立一郎    次長         篠塚和広

 班長         渡邊 浩    主査         齋藤信彦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成28年12月16日(金曜日)午後1時開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(林信行君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事につきましては、お手元に配付の日程表により進めますので、ご了承願います。

 直ちに日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号、第5号〜第8号、第10号〜第12号(総務企画常任委員長報告 質疑・討論・採決)



○議長(林信行君) 日程第1、議案第1号、第5号ないし第8号、第10号ないし第12号の以上8件を議題といたします。

 本件について、総務企画常任委員長の報告を求めます。

 総務企画常任委員長 伊藤友則議員。

     (総務企画常任委員長 伊藤友則君登壇)



◆総務企画常任委員長(伊藤友則君) 総務企画常任委員会に付託されました議案第1号、第5号から第8号、第10号から第12号の8件について、審査が終了しましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 各議案について、理事者側より説明を求めつつ審査を進めましたところ、質疑において、議案第1号、平成28年度香取市一般会計補正予算(第5号)の歳入歳出予算の補正に関し、委員中より「佐原駅周辺地区活性化拠点整備事業に関し、公有財産購入に係る面積、単価、地権者数は」との質疑に対し、「面積は10筆2,683.04?で、地権者数は8人です。単価は、今後の用地交渉に影響する可能性があるため、回答は控えます」との答弁がありました。

 また、「物件移転等補償費の算定方法は」との質疑に対し、「土地収用法や公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱など、国の法令や要綱等に基づいて算定しています」との答弁がありました。

 次に、米政策改革事業に関し、「飼料用米出荷奨励金及び飼料用米等拡大支援事業補助金の概要は」との質疑に対し、「飼料用米出荷奨励金は、飼料用米に取り組む生産者に対して、10a当たり1万2,000円を補助するもので、当初予定した面積より取り組みが増加したため、不足分を補正するものです。飼料用米等拡大支援事業補助金は、新規需要米である飼料用米等への取り組みが当初予定した面積から増加したことと、一般種で取り組む飼料用米の補助単価が1,500円から3,000円に引き上げられたため、不足額を補正するものです」との答弁がありました。

 次に、宿泊施設誘致事業に関し、「公有財産購入の面積は」との質疑に対し、「JRバス関東株式会社の1,646.58?及び高崎不動産有限会社の844.01?です」との答弁がありました。

 また、「宿泊施設誘致についての既存施設側への意向・意見聴取や影響調査は行ったか」との質疑に対し、「誘致場所が確定したことから、今後説明する考えです。既存施設に対しては、施設設備の改修等に係る支援を検討中です」との答弁がありました。

 次に、「水の郷さわら費の補正内容は」との質疑に対し、「水の郷さわらの施設増床拡張工事に対する設計業務委託などです」との答弁がありました。

 次に、「空き家対策事業に係る委託料の積算根拠は」との質疑に対し、「積算根拠は見積もりによるものです。内容は、保安上、著しく危険な状態にある空き家に対し、危険部位の解体・除去やネット養生等、必要最小限の措置を講ずるものです」との答弁がありました。

 次に、債務負担行為の補正に関し、委員中より「総合計画策定支援業務委託の内容は」との質疑に対し、「新たな総合計画策定のため、現行の総合計画の検証、市の基礎的データ等の整理、市民アンケートの実施等が主な業務内容です」との答弁がありました。

 次に、討論において委員中より「議案第1号に旧清見屋跡地の土地購入費2億8,623万9,000円が計上されています。西側市有地を駐車場用地として使えば、市側が出した駐車台数の確保は可能で、新たに駐車場用地を購入する必要はありません。また、宿泊施設の土地購入に9,570万6,000円が計上されています。この大部分の土地は、民間が駐車場としている土地です。民間の駐車場を市が同じ駐車場として使う土地として購入する必要はありません。また、優遇措置をして宿泊施設を誘致するのであれば、既存業者に対しても同じく支援・援助策を今の段階で持っているべきで、その対案なき誘致には到底納得できません。よって、議案第1号に反対します」とする旨の意思表示がありました。

 続いて、委員中より、同議案に対し、同様趣旨から反対する旨の意思表示がありました。

 最後に採決を行った結果、お手元の委員会審査報告書のとおり、付託された議案8件については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、総務企画常任委員会の報告を終わります。



○議長(林信行君) 以上で、総務企画常任委員長の報告は終わりました。

 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) 質疑なしと認めます。

 これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はありませんので、討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 なお、議案等の採決に際しまして、賛成の諸君の起立は明確にお願いいたします。

 議題のうち、まず議案第1号、平成28年度香取市一般会計補正予算(第5号)について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立多数であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号、香取市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例等の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立多数であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号、香取市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号、香取市税条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号、香取市手数料条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号、香取市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号、香取市諸収入金の督促手数料及び延滞金徴収条例等の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第12号、香取市諸収入金の督促手数料及び延滞金徴収条例の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第2号、第3号、第9号、第14号〜第17号(福祉教育常任委員長報告 質疑・討論・採決)



○議長(林信行君) 日程第2、議案第2号、第3号、第9号、第14号ないし第17号の以上7件を議題といたします。

 本件について、福祉教育常任委員長の報告を求めます。

 福祉教育常任委員長 田代一男議員。

     (福祉教育常任委員長 田代一男君登壇)



◆福祉教育常任委員長(田代一男君) 福祉教育常任委員会に付託されました議案第2号、第3号、第9号、第14号から第17号の7件について、審査が終了しましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 各議案について、理事者側より説明を求めつつ審査を進めましたところ、質疑において、議案第3号、平成28年度香取市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)について、委員中より「訪問看護事業休止に伴う他事業者へのサービスの移行はスムーズに行われたのか」との質疑に対し、「平成28年7月から8月ごろに利用者の方々、そしてケアマネジャーに説明を実施し、引き継ぎ時には市担当者も利用者を訪問するなどの対応を行ってまいりました。これまでのところ、問題の報告もなく、スムーズに移行ができていると考えています」との答弁がありました。

 次に、議案第14号、工事請負契約の変更について、委員中より「(仮称)小見川認定こども園建設工事について、工事は通常、見積もりの段階でさまざまな調査をすることが前提で契約する。入札前に調査は実施しなかったのか。また、地盤の切り下げ工事を決定した際、土以外のガラ等の運び出しを想定した計算は行わなかったのか」との質疑に対し、「事前にガラ等の埋設物の調査はしていません。切り下げは設計段階で適正な地盤の高さを決定しました。契約については、当初、土のみの搬出を想定して行いました」との答弁がありました。

 次に、委員中より「入札において、工事の落札価格が最低制限価格と同額なのは違和感がある」との質疑に対し、「予定価格を公表しているため、落札希望業者は最低制限価格を推測して入札することとなります。落札希望業者が落札の可能性を高めようとする場合には、できるだけ最低制限価格に近い額で入札することになります」との答弁がありました。

 次に、議案第15号、工事請負契約の変更について、委員中より「小見川中学校校舎大規模改修工事について、給水管の埋設は事前に把握できなかったのか」との質疑に対し、「把握できませんでした」との答弁がありました。

 次に、委員中より「改修工事の内容は」との質疑に対し、「校舎については、建造物の骨組み以外の全てを工事対象とする大規模改修工事としています」との答弁がありました。

 次に、委員中より「工事契約変更の事案のみの上程で、補正議案がなかったが、今後の補正の予定は」との質疑に対し、「本工事については継続費が設定されており、予算額内での工事請負契約の変更のため、補正はしていません。今後の補正については、今のところ予定はありません」との答弁がありました。

 次に、議案第16号、工事請負契約の変更について、委員中より「佐原小学校屋内運動場大規模改修工事の変更内容は」との質疑に対し、「体育館の大屋根部分の既存の屋根を取り壊したところ、従前の屋根材1,870?の取り壊しが必要となったため、変更の対象としました」との答弁がありました。

 最後に採決を行った結果、付託された議案7件については、お手元の委員会審査報告書のとおり、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、福祉教育常任委員会の報告を終わります。



○議長(林信行君) 以上で、福祉教育常任委員長の報告は終わりました。

 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) 質疑なしと認めます。

 これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 議案第14号に対し、河野節子議員から反対討論の通告がありますので、これを許します。

 河野節子議員。

     (18番 河野節子君登壇)



◆(河野節子君) 18番議員の河野です。議案第14号に対し、反対の立場から討論いたします。

 (仮称)小見川認定こども園の建設工事の事業は、そもそも昨年11月12日に常総開発工業株式会社佐原支店が税込み7億4,649万6,000円という、本来非公開であるべき最低制限価格と1円たりとも違わない価格で落札したことから始まっています。本議案は、その工事請負契約の締結について、地中埋設物の積み込み、運搬、ふるい分け、処分費の増ということで4,412万8,800円を追加し、請負金額を7億9,062万4,800円に変更しようというものです。

 昨年11月24日の全員協議会の資料によれば、この事業概要は、事業費11億1,360万円が平成27、28年の継続費として予算化され、工事監理業務委託料1,360万円を除く11億円が建築、電気、機械等の施設整備工事費となっています。今議会12月1日の本会議での私の質疑に対する答弁でも、今回の追加工事のほかに外構工事は別発注されているとのことで、既に7,081万5,600円の設計額で常総開発工業が現在工事を行っています。また、今回の増額分については、その内訳で残土積み込み運搬などが7,655.4立方メートルの増で1,420万2,000円、コンクリートのガラのふるい分けが5,424立方メートルの増で2,299万3,200円の増額等が示されました。

 しかし、総面積7,508.21?の敷地から、当初の追加分としてそれほどの残土が出るとは考えられません。根切りをしたところ、想定外の残土やガラが出てきたとのことでしたが、建物の総面積は約2,700?であり、その大半は旧文化会館側に建てられています。以前、製糖工場があったので、その残骸が出てきたというような答弁がありましたが、製糖工場の煙突や建物が建っていたのは旧文化会館があったところで、その旧文化会館の解体工事事業はナリコーが全て請け負って済ませているわけです。委員会の答弁では、隣接道路や隣接地に合わせ、地盤の高さを1m下げたからとのことでしたが、それは当然、当初の設計段階から計画に入っていなければならないわけですから、追加すべきものではないと思います。

 委員会でも委員の1人から、地盤を下げるということは予算に入っていたのだから、ガラは二重取りではないかとの指摘もありました。それに対する答弁が土の量が若干ふえたからということでしたが、5,000?、つまり5反歩の面積を1m掘った量ですので、その量は若干どころではありませんし、その中のガラの量は180立方メートルであったということです。

 いずれにしても、当初の契約時に十分調査をした上で見積もりを出していかなければならないはずですが、今回の入札では、最低制限価格とぴったり同額での落札でした。本事業概要の11億の中に大きな入札工事が3件あり、委員会では、さらに機械工事についても最低制限価格とぴったり同じということが指摘され、まさに神ってるという言葉が飛び出しました。私も同感です。

 契約時に安く入れても、その後、追加、追加で事業費を増加していくならば、契約の意味はありません。これがもし自分の家を建てるときだとしたら、皆さんもっとシビアになるのではないでしょうか。公共事業は善良な市民の税金を使っているわけですから、さらにもっとシビアにならなければならないと思いますし、私たち議員の使命として、納得のいかないものには反対せざるを得ません。二元代表の一翼を担う香取市議会の良識において反対の討論とさせていただきますので、多くの同志の賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(林信行君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これにて討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 議題のうち、まず議案第2号、平成28年度香取市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立多数であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号、平成28年度香取市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号、香取市放課後児童クラブの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第14号、工事請負契約の変更について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立多数であります。

 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第15号、工事請負契約の変更について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第16号、工事請負契約の変更について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第17号、香取市東庄町病院組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第4号、第13号(生活経済建設常任委員長報告 質疑・討論・採決)



○議長(林信行君) 日程第3、議案第4号、第13号の以上2件を議題といたします。

 本件について、生活経済建設常任委員長の報告を求めます。

 生活経済建設常任委員長 小野勝正議員。

     (生活経済建設常任委員長 小野勝正君登壇)



◆生活経済建設常任委員長(小野勝正君) 生活経済建設常任委員会に付託されました議案第4号、第13号の2件について、審査が終了しましたので、その概要と結果をご報告いたします。

 各議案について、理事者側より説明を求めつつ審査を進めましたところ、質疑において、議案第4号、香取市宿泊施設誘致条例の制定に関し、委員中より「ホテル建設予定地は、9月中に開催された行政協力員の会議で変更案が提示されたと聞いているが、議会に対しての報告は」との質疑に対し、「基本計画は、10月20日の第5回検討委員会で位置変更の承認を得ましたので、報告はこれ以降の全員協議会で報告させていただきました」との答弁がありました。

 次に、「当該条例の制定及び公有財産購入費の補正については千載一遇のチャンスと捉えているとのことだが、どのようなことか」との質疑に対し、「長年の課題であった宿泊施設の問題について、これまでより一歩踏み込んで出店の希望がある。事業者があったことを千載一遇のチャンスであると捉えています」との答弁がありました。

 次に、「ホテルを誘致した場合に、他の市内宿泊業者に対する支援が必要と思われるが、対応は」との質疑に対し、「他の市内の宿泊業者への支援については、補助率等を含めて今後検討しますが、用地の取得と並行して、他の市内の宿泊業者への説明も行っていきます」との答弁がありました。

 次に、「宿泊業者の誘致も大切だが、佐原駅周辺地区の活性化も大切です。佐原駅周辺地区の活性化についても、宿泊業者に対して市が主体性を持って要望してほしいが、可能か」との質疑に対し、「事業者は公募型プロポーザルで行います。選定基準に市への貢献についても考慮して選定します」との答弁がありました。

 次に、「取得する予定の土地は、全てを事業者に貸与せず、既存の商店街や学生の通学の利便性を損なわないような宿泊施設を建設することが大切と思いますが、見解は」との質疑に対し、「宿泊施設の誘致は手段の1つであり、佐原駅周辺地区の活性化を一番に考えています。宿泊施設の位置等や道路についても事業者と協議していきます」との答弁がありました。

 次に、「今後決定される事業者には長期間にわたり貸与されることから、市が主導権を持って交渉してほしい。見解は」との質疑に対し、「条例制定の後に宿泊施設を誘致し、市街地の活性化と観光振興に取り組んでまいります」との答弁がありました。

 最後に採決を行った結果、お手元の委員会審査報告書のとおり、付託された議案2件については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、生活経済建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(林信行君) 以上で、生活経済建設常任委員長の報告は終わりました。

 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) 質疑なしと認めます。

 これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 議案第4号に対し、宇井正一議員から反対討論の通告がありますので、これを許します。

 宇井正一議員。

     (21番 宇井正一君登壇)



◆(宇井正一君) 日本共産党の宇井です。第4号議案、香取市宿泊施設誘致条例の制定について、反対討論を行います。

 この条例は、香取市へ宿泊施設を建設する者に対して優遇措置を定めて、ホテル誘致を図ることを目的に設置されるものであります。目的としては、産業の振興、雇用機会の拡大のみならず、地域経済の活性化や都市機能の充実に寄与するものとされ、観光資源が豊富な当市において、観光客のさらなる増加、滞在時間の延長など、観光産業への貢献、観光振興につながるものであるとされています。また、東京オリンピックに向けた外国人観光客の誘致にも寄与するものと説明されています。

 このような目的を持ってホテル誘致を図ることによって市街地の活性化が起こり、また、市民の雇用の場が生まれること、観光客の増加も見込まれるなどの効果については否定するものではありません。したがって、ホテル誘致を市の施策として推進することに異議を挟むものでありません。しかし、この間の議会の討論を通じて問題点が指摘され、疑問点が出てきましたので、その点について述べまして、反対討論といたします。

 1つは、優遇措置の内容でありますが、企業立地促進の立場から取り組むということでありますが、一番の中心は、第4条、奨励等の措置であります。2項で、市長は誘致企業に対し、宿泊施設を設置する土地について、貸し付けの契約締結の日から10年を経過する日まで無償または時価より低い価格で貸し付けることができるという措置であります。さらに、固定資産税については10年間、立地奨励金として交付することにより無税となります。企業の誘致のために、これほどの優遇措置が必要であるかは議論の余地があるものと思われます。

 さらに、今後、宿泊施設以外の他の分野の進出企業、ソニー跡地の活用などにおいても同様の条例制定がなされる可能性もあり、それについても今後、検討を要していくのではないかと思われます。

 第2点目は、ホテルからオファーがあって、千載一遇のチャンスであるからぜひ誘致したいという意向が何度も示されました。そこで、私が質疑の中で、ルートインホテルズの今後のホテルオープン情報には、「平成29年6月 千葉県 ホテルルートイン香取」が掲載されており、既に進出ホテルが決定しているのではないかと指摘したのに対して、全く接触していないということでありました。であるならば、オファーがあったのは他のホテルであるということになりますが、ルートインホテルが勝手に無断に掲載するとは考えられません。市としては、今後、土地買収、平成29年2月、ホテル事業者の公募の開始、3月、宿泊施設立地協定の開始というスケジュールが示されております。このような日程が示されている中でのルートインのオープン情報は、同地域を想定しているものであるならば異常であり、市の公募に対しても影響を与えるものとなり、公平性を確保できません。削除も含めて、同地域であるということが想定されるならば、抗議をすべきではないでしょうか。

 第3点目は、地元商店街や既存ホテルに対する事前説明であります。当然、このような形で宿泊施設の誘致を図るということであれば、地元の商店や既存のホテルに対する影響は大きなものがあります。事前に意見交換を行い、合意を得ておく必要があったのではないでしょうか。

 4点目は、既存のホテル対策として対策を講じるということが議論の中で明確にされました。要望も考慮して、ホテルの利用可能な対策をつくるべきであります。今後も、ホテル誘致に限らず、さまざまな企業の誘致が進められるものと思われますが、地元住民、地元関連企業に対する事前合意とそれに対する影響については、十分に考慮した対策が必要ではないかと思います。今回の対応策でさまざまな指摘がされた点については、十分な検討を要望いたします。

 以上の点を指摘いたしまして、反対討論とします。



○議長(林信行君) 以上で、通告による討論は終わりました。

 これにて討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 議題のうち、まず議案第4号、香取市宿泊施設誘致条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立多数であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第13号、香取市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第18号(提案理由説明 質疑・討論・採決)



○議長(林信行君) 日程第4、本日、議案第18号について追加送付がありましたので、これを議題といたします。

 理事者より提案理由の説明を求めます。

 宇井市長。

     (市長 宇井成一君登壇)



◎市長(宇井成一君) 本日、追加提案いたしました案件につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 議案第18号、平成28年度香取市一般会計補正予算(第6号)の案件は、歳入歳出予算を補正するもので、歳入歳出予算の総額にそれぞれ585万円を追加し、補正後の総額を331億6,979万6,000円とするものであります。

 それでは、歳出の内容についてご説明申し上げます。

 4款衛生費では、環境衛生費の木質バイオマス活用事業に510万円を計上いたしました。その内容は、去る11月25日付で地方創生推進交付金事業に薪需要の創出による低炭素社会の確立、林業の振興及び雇用の創出実証事業が採択されたことから、当該所要額を計上するものであります。

 10款教育費では、文化財保護費のユネスコ無形文化遺産登録記念事業に75万円を計上いたしました。その内容は、去る日本時間の12月1日、佐原の山車行事を含む「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念し、来年4月下旬に佐原の山車特別曳き廻しを実施するに当たり、宣伝用ポスターの作成経費などを計上するものであります。

 対応する歳入については、国庫支出金及び基金繰入金の特定財源について所要の補正を講じるほか、前年度繰越金を追加いたしました。

 以上、本日追加提案いたしました案件について、その概要を申し上げました。何とぞ慎重ご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(林信行君) 以上で、提案理由の説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 宇井正一議員。



◆(宇井正一君) 7ページの歳出ですけれども、木質バイオマス活用事業510万円、そのうちの調査委託料で100万円、施設備品購入費で340万円計上されておりますけれども、具体的にはこれは、活用事業を行う事業主体はどういう業者であるのか。そして、施設備品購入費というのは薪を燃やすのかなというふうに思いますが、施設備品購入費の内容についてももう少し具体的にご説明願えればありがたいなと思います。



○議長(林信行君) 大友生活経済部参事。



◎生活経済部参事(大友俊郎君) まず調査委託料の対象ということでございますけれども、この対象につきましては、薪ストーブを導入する市民、事業者を対象としております。

 続きまして、備品購入費につきましてでございますけれども、これは、今、再資源化を行っております清掃事務所に薪割り機及びフォークリフト等を導入するための経費でございます。

 以上です。



○議長(林信行君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) 質疑なしと認めます。

 これにて質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第18号につきましては、申し合わせにより委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) ご異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) 討論なしと認めます。

 これにて討論を終結いたします。

 これより、議案第18号、平成28年度香取市一般会計補正予算(第6号)について採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 諮問第1号(採決)



○議長(林信行君) 日程第5、諮問第1号を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第1号の人事案件につきましては、申し合わせにより正規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(林信行君) ご異議なしと認め、正規の手続を省略し、直ちに採決いたします。

 諮問第1号、人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて採決いたします。

 諮問第1号は、原案のとおり適任者とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(林信行君) 起立全員であります。

 よって、諮問第1号は、原案のとおり適任者と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(林信行君) これをもって本日の会議を閉じ、平成28年12月香取市議会定例会を閉会いたします。

     午後1時45分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  上記会議録を閲し、その相違ないことを認め、ここに署名する。

                  香取市議会議長

                  香取市議会副議長

                  香取市議会議員

                  香取市議会議員