議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 南房総市

平成23年第1回臨時会(第1号) 本文




2011.02.03 : 平成23年第1回臨時会(第1号) 本文


    ◎開会宣言
◯議長(川名晴作君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は、23人です。
 したがって、平成23年南房総市議会第1回臨時会を開会いたします。
                                        (午前10時00分)
   ──────────────────────────────────────────
    ◎開議の宣告


◯議長(川名晴作君) 直ちに本日の会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議事日程の報告


◯議長(川名晴作君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会議録署名議員の指名


◯議長(川名晴作君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、9番、鈴木直一君、10番、川上清君を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会期の決定


◯議長(川名晴作君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。
 お諮りいたします。本臨時会の会期を本日1日と定めることにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、会期は本日1日と決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎諸般の報告


◯議長(川名晴作君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 市長から提出のありました議案は、お手元に配付のとおり4件であります。
 次に、監査委員から、平成22年度における第1回定期監査の結果報告がありました。また、平成22年12月及び平成23年1月執行の例月出納検査の結果報告がありました。詳細につきましては、事務局に報告書が保管してあります。
 次に、本臨時会に説明員として出席要求を行い、出席通知のありました者の職、氏名は、一覧表としてお手元に配付のとおりであります。
 以上をもちまして、議長の諸般の報告を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎承認第1号から議案第3号の上程・説明


◯議長(川名晴作君) 日程第4、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成22年度南房総市一般会計補正予算(第6号))から日程第7、議案第3号、平成22年度南房総市一般会計補正予算(第7号)までを一括議題といたします。
 市長に提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長(石井 裕君) 本日ここに平成23年第1回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとお忙しいところご参集を賜り開会の運びとなりましたこと、厚く御礼申し上げます。
 今回提案いたします案件ですが、承認案件1件、条例議案1件、一般議案1件、予算議案1件であります。以下、その概要についてご説明申し上げます。
 まず、承認第1号、専決処分の承認を求めることについてですが、平成22年12月24日に地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしました。平成22年度南房総市一般会計補正予算(第6号)につきまして、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。
 歳入歳出予算の補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,600万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億3,695万6,000円とするものであります。その内容といたしましては、光ファイバー網の活用を図るために情報発信力の強化と利便性の向上を目的とした南房総地域再生ユビキタスプロジェクトが総務省の情報通信技術地域人材育成・活用事業の事業採択を受けたことから、年度内に事業を完了するために早急な対応が必要であったため、専決処分をしたものであります。
 次に、議案第1号、南房総市行政組織条例等の一部を改正する条例の制定についてですが、平成23年度の行政組織の機構改革に伴い、部の分掌事務や名称の変更など所要の改正をしようとするため、本条例を制定しようとするものであります。
 次に、議案第2号、契約の締結について(南房総市千倉衛生センター第3次基幹的施設整備工事請負契約)ですが、南房総市千倉衛生センター第3次基幹的施設整備工事に係る一般競争入札の結果、アタカ大機株式会社東京事業所が落札しましたので、同社と5億293万9,500円をもって工事請負契約を締結しようとするため、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第3号、平成22年度南房総市一般会計補正予算(第7号)ですが、歳入歳出予算の補正及び地方債の補正であります。歳入歳出予算の補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,460万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億9,155万6,000円にしようとするものであります。その内容といたしまして、道路新設改良事業に対する国庫補助金の追加交付及び過疎対策事業債の追加発行が可能となったことにより事業費を追加するものであります。地方債の補正につきましては、過疎債を追加するものであります。継続的な整備が必要と考えておりました道路整備事業に対し有利な歳入財源を確保できる見通しが立ったことから、早期の完成を目指し、本臨時会に提案させていただくものであります。
 以上、案件に対する提案理由についてご説明申し上げました。よろしくご審議をお願いいたします。


◯議長(川名晴作君) 提案理由の説明を終わります。
 続いて、承認第1号から議案第3号までを一括して補足説明を求めます。
 総務部長。


◯総務部長(和田和正君) それでは、ご説明申し上げます。
 肩ナンバー4を初めにご用意してください。
 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて、平成22年度南房総市一般会計補正予算(第6号)についてでございますが、光ファイバー網の活用を図るために情報発信力の強化と利便性の向上を目的とした南房総地域再生ユビキタスプロジェクトが総務省の情報通信技術地域人材育成・活用事業の事業採択を受けたことから、年度内に事業完了するために早急な対応が必要でありました。平成22年12月24日に専決処分をいたしましたので、平成22年度南房総市一般会計補正予算(第6号)の承認をお願いするものでございます。
 内容につきまして、補正予算書の1ページをお願いいたします。歳入歳出予算の補正ですが、歳入歳出それぞれ6,600万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億3,695万6,000円とするものでございます。
 8ページをお願いいたします。6款の商工費、1項の商工費、3目の観光費、補正額6,600万円の追加でございますが、光ファイバー網や光iフレームを活用し、旬の地域情報をリアルタイムで配信し、観光客や様々な業種の方々に幅広く利用できるよう電子情報看板やハイビジョン対応ライブカメラの設置など、情報発信基盤を構築しようとする南房総地域再生ユビキタスプラットフォーム構築業務の委託料でございます。
 7ページをお願いいたします。歳入につきましては、国庫補助金の情報通信技術地域人材育成・活用事業交付金6,500万円と繰越金100万円を充ててございます。
 肩ナンバー4のほうの説明を終了いたします。
 続きまして、肩ナンバー5、6をお願いいたします。
 まず、議案第1号、南房総市行政組織条例等の一部を改正する条例の制定についてでございますが、平成24年度に予定しております支所再編に伴う本庁の窓口体制の対応や、住民サービスの向上と迅速な対応のできる組織改編を行うため、それに伴いまして、3条例について所要の改正を行うものでございます。
 肩ナンバー6の新旧対照表でご説明申し上げます。
 1ページをご覧いただきたいと思います。
 第1条でございますが、保健福祉部に属していた市立富山国保病院を独立させるため、部の次に「及び病院」を追加しようとするものでございます。
 第2条でございますけれども、現在、総務部に所属している税務課を生活環境部に移管し、生活環境部に属している環境保全課を建設部に移管させるため、また、部の名称を、第4号となりますけれども、生活環境部から市民生活部に、第7号となりますが、建設部から建設環境部に改めようとするものでございます。また、8号でございますけれども、保健福祉部から独立させる病院を追加しまして、水道部につきましては、地方公営企業法の全部適用の事業の組織として、南房総市水道事業の設置等に関する条例において水道部を規定してございますので、本条例から削除しようとするものでございます。
 第3条でございますけれども、課の部間移動等に伴う部の事務分掌の改正でございます。第1号でございますが、企画部は、秘書課を総務部へ移管させることに伴いまして、その事務分掌を削除しようとするものであります。第2号でございますが、総務部は、税務課を今回改編する市民生活部に移管し、その分掌事務を削除いたします。そして、秘書課の分掌事務を追加しようとするものでございます。
 2ページをお願いいたします。第3号でございますが、保健福祉部は、部内に所属しておりました市立富山国保病院を独立させ、その分掌事務を削除しようとするものでございます。第4号でございます。生活環境部は、環境保全課を今回改編する建設環境部に移管しまして、その分掌事務を削除するもの、また、税務課の分掌事務を追加し、部の名称を変更しようとするものでございます。5号、6号につきましては変更はありません。第7号になりますが、建設部は、環境保全課の分掌事務を追加しまして、部の名称を変更しようとするものでございます。第8号になります。水道部は、先ほど説明申し上げしましたとおり削除いたしまして、保健福祉部から独立させた病院を新たに追加しようとするものでございます。
 4ページをお願いいたします。次に、南房総市予防接種健康被害調査委員会設置条例の一部改正でございますが、第9条、これまで健康増進課または子育て支援課において担当していました委員会の庶務について、今回改編する健康支援課で担当することとしたために、その改正をしようとするものでございます。
 5ページをお願いします。次に、南房総市消防条例の一部改正についてでございますが、第21条です。部の名称の改正に伴いまして、所要の改正をしようとするものでございます。
 最後に、この条例の施行日でございますが、平成23年4月1日からとなります。
 続きまして、肩ナンバー7をお願いいたします。
 契約の締結についてでございます。議案第2号、契約の締結について、南房総市千倉衛生センター第3次基幹的施設整備工事請負契約の締結についてご説明申し上げます。
 まず、南房総市千倉衛生センターでございますが、昭和59年度に朝夷地区管内のし尿、浄化槽汚泥を処理する施設として稼働を開始し、現在に至っております。この間、種々の機器の補修工事、定期点検等を行って適正管理に努めてまいりましたけれども、主要設備である水槽類を始め、建設当初からの設備等の老朽化対策が必要となりました。施設の延命化、処理効率の改善を図るために整備しようとするものでございます。
 今回の工事概要につきましては、主要機械設備、配管、ダクト、電気系装備等の更新、改修及び関連土木工事等を施工するものでございます。施設を停止することなく稼働しながら整備できるように検討してまいります。また、工期につきましては、平成23年4月1日から平成24年3月23日までとなっております。
 今回の契約に至る経緯でございますが、平成23年1月21日に制限付き一般競争入札により入札執行したところ、東京都のアタカ大機株式会社東京事業所が落札いたしましたので、同社と5億293万9,500円をもって平成23年1月27日に工事請負の仮契約の締結をしたところであります。本工事の契約の締結をするに当たり、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 以上で肩ナンバー7の説明を終了させていただきます。
 肩ナンバー8をご用意願います。平成22年度一般会計補正予算(第7号)についてでございます。
 肩ナンバー8の1ページをお願いいたします。歳入歳出の予算補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,460万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ212億9,155万6,000円とするものでございます。
 初めに歳出からご説明いたします。8ページをお願いいたします。
 7款の土木費、2項の道路橋りょう費、3目の道路新設改良費5,460万円の追加でございます。国庫補助金である道整備交付金の追加交付が見込まれる市道白浜111号線について、事業内容を変更の上、事業費を追加するもの及び過疎債の追加発行が可能となった市道丸山101号線の道路改良工事について追加補正しようとするものでございます。
 7ページにお戻りいただきたいと思います。
 15款の国庫支出金は、道整備交付金の追加交付見込み額2,000万円の追加補正でございます。20款の繰越金につきまして、歳入歳出の差引額に前年度繰越金260万円を充てるものでございます。22款の市債では、追加整備を行う両路線に係る過疎債の起債3,200万円を見込んでございます。
 続きまして、お戻りいただいて4ページをお願いいたします。
 地方債の補正についてご説明いたします。第2表、地方債補正でございますが、道路改良事業債での過疎債の追加でございます。補正後の限度額を1億5,900万円としまして、起債方法、利率、償還の方法については記載のとおり予定をしてございます。
 以上で議案第3号の説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。


◯議長(川名晴作君) 以上で、説明を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎承認第1号の質疑・討論・採決


◯議長(川名晴作君) これより承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(平成22年度南房総市一般会計補正予算(第6号))の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 質疑ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。本案を承認することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、本案は承認することに決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第1号の質疑・討論・採決


◯議長(川名晴作君) 次に、議案第1号、南房総市行政組織条例等の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第2号の質疑・討論・採決


◯議長(川名晴作君) 次に、議案第2号、契約の締結について(南房総市千倉衛生センター第3次基幹的施設整備工事請負契約)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 木曽貴夫君。


◯21番(木曽貴夫君) 議案第2号、契約の締結について質問をしたいと思います。今回、一般競争入札を行われまして、5億293万9,500円で落札されましたけれども、当初、行政のほうで事業予算、12月議会のときに、全協か何かのときに総額7億6,300万円を予定と説明されましたけれども、それ、管理費900万円も含んでますけど。何でこのような、安くなるにこしたことはありませんけども、2億5,000万円という差がどういう計算のもとでこれ、出てきたんですか。業者の努力もわかりますけども、市の行政のほうとしても、こんなに差が出るような積算をやったんですか。私、その辺のとこ、250万円とか2,500万円とかそのぐらいになったらわかると思います。ゼロが1つ余計の金額ですよ。何でこのような、企業努力だけでは私は済まないと思う。入札された業者は、これで採算が合うと思って、これ、5億円で落としたと思うんですけども。行政のほうは何でこの7億6,300万円を予定、この差額はどのようなもとでこういう金額の差が出てきたんでしょうか。


◯生活環境部長(吉田幸夫君) 設計金額7億6,000万円というようなことは、設計業者に委託して算出しております。うちのほうとしては、やはり企業努力しか考えてございません。
 以上でございます。


◯21番(木曽貴夫君) 議会のほうに報告した7億6,300万円、入札のときが7億5,390万円、これが予定価格ですけども。幾ら企業努力としても、こんなに差が出てくるんですか。これ、何回も繰り返しても同じ答弁しか来ないと思うんですけども。これはどのようなことで本当に。一つ一つ部品とかそういうのを見てもらって、全部トータルを出して、こういう7億6,300万円という金額が出てきたと思うんですけど。どのようにすればこのように、2億5,000万円の差は本当に出てくるんでしょう。企業努力だけではない。行政はこれ、安いにこしたことはないと思うんですけども、余りにも行政としても、ちょっと積算、見積もりですか、根拠ですか、その辺のとこがある程度大ざっぱじゃないですか。ある程度、その点もみんな業者に任せてあると思うんですけどもね。日水コンですか、どこですか。そんなに差が出るものですか。再度聞きます。


◯生活環境部長(吉田幸夫君) 2億円の差というようなことでございますが、私のほうはちょっとお答えできないんですが、やはり先ほど申したとおりでございます。


◯21番(木曽貴夫君) 実績のある業者ですから、ある程度工期中にちゃんとした市のほうの予定を立てたとおりの工事はできると思うんですよ。もしまた次の契約とかそういうのがありましたら、十分にまた積算のほうを正確にして、契約に臨んでもらいたいと思います。
 以上です。


◯議長(川名晴作君) 鈴木孝雄君。


◯18番(鈴木孝雄君) それでは、契約の締結について質問をさせていただきます。今、木曽議員が2億円の差について、私にとっても少し差はあるんじゃないか、そういう設計事務所というのを選んだのは適正なのかどうかという疑問も持っているわけでして。まず最初に、それに対してどのような選定をされたのか。それから、入札にかかわって、3社で、失格業者が1社出たということで。この業者に関してどのような、失格審査のもとに失格になったのか、その2点について、まず質問したいと思いますけど。


◯生活環境部長(吉田幸夫君) 最初の設計業者の選定でございますが、実績のある業者を指名で選定をいたしましたところでございます。


◯総務部長(和田和正君) 2点目でございますが、入札無効、失格となった件でございます。今回の入札に参加できる者は、過去10年間に行政機関等の発注の1億円以上のし尿処理施設に係る工事実績を有する者等の制限で入札を行いました。そのうちの1社でございますけれども、し尿処理施設に係る工事実績を有していないということで、無効となったところでございます。


◯18番(鈴木孝雄君) では、一番最初の設計事務所の選定で実績と言われましたけども、このように入札の差が2億円も出るというのは、普通は、実績といっても、その選定基準からいって不適当なことじゃないんじゃないですかね、それは。その辺はどうなんでしょうか。


◯市長(石井 裕君) 先ほど部長がお答えいたしましたけども、この設計業者の選定については指名競争入札によって実績のある設計事務所を選んでいるわけでございます。先ほども部長が答弁いたしましたけれども、この差額については、私どもとしては事業者の努力という以上にお答えのしようがございません。私どもとしては今回選定をいたした日水コンですか、その設計業者についてはそれなりの実績も有していますし、その見積もりといいましょうか、その積算は適正であったものというふうに認識をいたしております。


◯18番(鈴木孝雄君) この件について、設計事務所に関しては今後も引き続きこのような、選定をしていくと、選定というか実績を重んじていくということで、こういう事実については見直しはしない、今までどおりやりますということですね。もう1点の失格業者、なぜ失格したかということで、1億円以上の実績がなかったからというようなことでありますけれども、新規参入に関してはどの辺での、要するに、確かに1億円以上の実績がなければだめですよということでありますけれども、新規参入に関してどのようなご意見をお持ちですか。


◯総務部長(和田和正君) 新規参入、この件でお答えを申し上げれば、現在稼働中でございまして、全く実績のない会社に、この工事そのものを稼働しながらできるというあたりが、非常に実績がないということであれば疑問視せざるを得ないということと、住民の生活に密着をしていると、こういうことでございますので、事故があってはならないと、こういうことで実績を重視していると、こういうことだと思います。


◯18番(鈴木孝雄君) それでは、今、失格された業者というんですけども、その業者はどういう業者であって、審査会、要するに資格審査というのはどのような方がやられているんでしょうか。


◯総務部長(和田和正君) 資格審査をいたしましたのは財政課でございますけれども、こちらについては仕様書が担当部のほうで作成されております。この仕様書に基づいて審査をさせていただいたということでございます。


◯18番(鈴木孝雄君) それでは、共和化工という会社だったと思うんですけども、この会社が1億円以上の実績がないと。これは国内ですか、それとも、この地域において1億円以上の実績がないとだめなんですか。


◯総務部長(和田和正君) 国内におけるというふうに考えております。


◯18番(鈴木孝雄君) 最後でしたね。じゃ、まとめます。今回のように2億円もの入札で差が出るということは真摯に受け止めて、見直すというのはどこで見直していいかわかりませんけども、そういうとこに神経を注いで、税金の無駄遣いといいますか、そういうののないように計画の段階で差がゼロということはあり得ない話ですけれども、やはりきちんとした計画というか設計のできる事務所を選んでいただきたいというのが1つと、もう1点は、資格に関して1億円以上の実績がなければできませんよと。じゃ、新規参入というのがなかなか入ってくるのが非常に難しい状況にあるわけで、その点についても、新規参入が確かに1億円以上でなければできないという、資格審査会においてそういう規定があれば、それでやむを得ないかもしれませんけども、それについても新規参入をさせるような、できるような要するにそれこそ資格審査会においてできるものであれば、例えば1億円以上とか1,000万円以上とかいろいろあると思いますが、それに関しての今後の改善を求めたいというふうに思っています。
 以上、終わります。


◯議長(川名晴作君) 他に質疑はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論ございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第3号の質疑・討論・採決


◯議長(川名晴作君) 次に、議案第3号、平成22年度南房総市一般会計補正予算(第7号)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 安田さん。


◯1番(安田美由貴君) 道路新設改良費5,460万円について1点お聞かせいただきたいと思います。事業箇所が2カ所ということなんですけれども、それぞれどういった目的で道路改良がされるのでしょうか。


◯建設部長(高梨房夫君) どういった目的で道路改良がされるというようなご質問でございますけれども、まず、1点目の白浜の道路でございますけれども、これにつきましては白浜の清掃センター等もあるというようなことと、あとは生活道路というようなことの中での事業でございます。そして、加茂の丸山の関係でございますけれども、これにつきましても、これは合併に当たっての建設計画だとか、過疎事業等の中で計画をしていたと。これらにつきましても、やはり生活に密着した道路だというようなことでございますので、そういうような目的の中での工事を行うということでございます。


◯議長(川名晴作君) 他に質疑はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(川名晴作君) ご異議ないものと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎閉会の宣告


◯議長(川名晴作君) 以上で本臨時会の日程はすべて終了いたしました。
 これにて閉会いたします。ご苦労さまでした。
                                        (午前10時36分)





     上記会議録を証するため下記署名いたします。

      平成23年2月3日


          議     長   川  名  晴  作

          署 名 議 員   鈴  木  直  一

          署 名 議 員   川  上     清