議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 南房総市

平成22年第2回臨時会(第1号) 本文




2010.03.24 : 平成22年第2回臨時会(第1号) 本文


    ◎開会宣言
◯議長(折原信夫君) おはようございます。
 お知らせいたします。事務局から写真撮影の申し出があり、承認いたしましたのでよろしくお願いいたします。
 ただいまの出席議員数は、24人です。
 定足数に達しておりますので、平成22年南房総市議会第2回臨時会を開会いたします。
                                        (午前10時00分)
   ──────────────────────────────────────────
    ◎開議の宣告


◯議長(折原信夫君) 直ちに本日の会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議事日程の報告


◯議長(折原信夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会議録署名議員の指名


◯議長(折原信夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、3番、石井久隆君、4番、川上清君を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会期の決定


◯議長(折原信夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。
 お諮りいたします。本臨時会の会期を本日1日と定めることでご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、会期は本日1日と決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎諸般の報告


◯議長(折原信夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 市長から提出のありました議案は、お手元に配付のとおり4件であります。
 次に、監査委員から平成21年度1月分の例月出納検査及び平成21年度第2回定期監査の結果報告がありました。
 なお、詳細につきましては、事務局に報告書が保管してあります。
 次に、本臨時会に説明員として出席要求を行い、出席通知のありました者の職、氏名は、一覧表としてお手元に配付のとおりであります。
 以上をもちまして、議長の諸般の報告を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第32号〜議案第35号の上程説明・補足説明


◯議長(折原信夫君) 日程第4、議案第32号、南房総市地域活性化公共投資基金条例の制定についてから、議案第35号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第10号)までを一括議題といたします。
 市長に提案理由の説明を求めます。


◯市長(石井 裕君) 本日ここに平成22年第2回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては何かとお忙しいところご参集賜り開会の運びとなりましたこと、厚く御礼申し上げます。
 今回提案いたします案件ですが、条例議案2件、一般議案1件、予算議案1件であります。以下、その概要についてご説明申し上げます。
 まず、議案第32号、南房総市地域活性化公共投資基金条例の制定についてですが、国の経済対策によりまして交付されます地域活性化公共投資臨時交付金を次年度以降の公共投資事業に活用するため、新たに基金を設置し、積み立てを行おうとするものであります。
 次に、議案第33号、南房総市男女共同参画推進会議設置条例の一部を改正する条例の制定についてですが、平成22年4月1日に予定しております組織機構の再編に伴い、男女共同参画推進会議の庶務を行う機関を企画政策課から市民協働課に改正しようとするものであります。
 次に、議案第34号、契約の締結についてですが、南房総市地域情報通信基盤整備推進交付金事業として、南房総市全域で光ファイバーによる情報通信サービスを受けられるようにするための幹線網を整備するに当たり、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第35号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第10号)ですが、歳入歳出予算の補正及び地方債の補正であります。歳入歳出予算の補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8億4,828万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ273億1,998万8,000円とするものであります。
 今回の補正は、国の経済対策であります地域活性化・きめ細かな臨時交付金、地域活性化・公共投資臨時交付金の交付限度額の確定に伴います歳入の追加のほか、交付金を有効活用するため制度要綱に基づきまして財源の組み替え及び基金積み立てを行おうとするものであります。
 以上、各案件に対する提案理由についてご説明申し上げましたが、よろしくご審議をお願いいたします。


◯議長(折原信夫君) 提案理由の説明を終わります。
 続いて、議案第32号について補足説明を求めます。


◯総務部長(和田和正君) それでは、補足説明をさせていただきます。肩ナンバー4の資料をお願いいたします。本条例でございますが、地域活性化・公共投資臨時交付金を平成22年度及び23年度に予定される市単独事業に活用するため基金を設置しようとするものでございます。
 条例の内容について説明をいたします。1枚めくっていただきたいと思います。
 まず、第1条でございますが、基金の設置規定でございます。地域活性化等に資する公共投資事業の速やかかつ着実な実施を図るため基金を設置することとしております。
 第2条でございますが、基金の積立額の規定で、一般会計歳入歳出予算で定める額としております。
 第3条でございます。第3条については管理、第4条では運用益の処理規定でございます。第1条で定める事業の財源に充てようとするものでございます。
 第5条でございますが繰替運用、第6条は処分の規定、第7条は委任について規定してございます。
 なお、附則におきまして施行期日、条例の失効について規定をしております。失効につきましては、国が定める交付金制度要綱の運用におきまして平成23年度中にすべてを取り崩し事業に要する経費に充当するものとされておりますので、平成24年3月31日で効力を失うこととなります。
 以上で説明を終了いたします。


◯議長(折原信夫君) 次に、議案第33号及び議案第34号について補足説明を求めます。


◯企画部長(加藤文男君) 続きまして、議案第33号、南房総市男女共同参画推進会議設置条例の一部を改正する条例の制定について補足説明を申し上げます。肩ナンバー5及び6をご用意ください。
 肩ナンバー6の新旧対照表によりご説明を申し上げます。
 今回の条例改正は平成22年4月1日に予定しております組織機構の再編に伴い、男女共同参画に関する事務分掌が企画政策課から市民協働課へ変更となることから、第8条に定めました男女共同参画推進会議の庶務を所掌する機関についても同様に企画部企画政策課から同じく企画部の市民協働課へ移行しようとするものでございます。
 以上で、議案第33号の補足説明を終わります。
 続きまして、議案第34号、契約の締結について補足説明を申し上げます。
 肩ナンバー7をご用意ください。
 本契約は、国の地域情報通信基盤整備推進交付金を受け、市全域で光ファイバーによる情報通信サービスを受けられるようにするための幹線網を整備する事業に係る契約でございます。今回の契約に係る経緯でございますが、市と連携して光ファイバー網整備からサービス提供、保守までの一体的な整備運営を担う通信事業者を選定するに当たり、公募型プロポーザルを実施したところ、構成員東日本電信電話株式会社千葉支店及び株式会社NTT東日本千葉、代表者を東日本電信電話株式会社千葉支店とするNTT千葉グループ南房総市光ファイバ通信網施設整備運営コンソーシアム1社から参加申し込みがございました。提案につきまして審査した後、見積書を徴取し、平成22年3月23日に履行期限を平成23年3月31日とする仮契約を7億3,605万円で締結いたしましたので、本契約を締結するに当たり、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 以上で、議案第34号の補足説明を終わります。


◯議長(折原信夫君) 次に、議案第35号について補足説明を求めます。


◯総務部長(和田和正君) それでは、肩ナンバー8をご用意していただきたいと思います。
 平成21年度南房総市一般会計補正予算(第10号)についてご説明申し上げます。補正予算(第10号)でございますが、歳入歳出予算の補正及び地方債の補正でございます。
 まず、1ページをご覧いただきたいと思います。
 歳入歳出予算の補正ですが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8億4,828万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ273億1,998万8,000円とするものでございます。
 今回の補正につきましては、国の経済対策でありますきめ細かな臨時交付金及び公共投資臨時交付金の限度額の確定によります歳入の追加及び事務取扱通知に伴います財源の組み替え、基金の積み立てが主なものとなっております。初めに歳入からご説明申し上げます。
 7ページをご覧ください。
 15款の国庫支出金、2項の国庫補助金、6目の総務費国庫補助金につきましては、交付限度額の確定に伴いまして地域活性化・公共投資臨時交付金2億8,228万1,000円、地域活性化・きめ細かな臨時交付金7,820万7,000円をそれぞれ追加するものでございます。22款の市債でございますが、1項市債、公共投資臨時交付金を有効活用するため、地域情報通信基盤整備推進事業債、これは過疎対策事業債となります、4億3,200万円、道路改良事業債5,580万円のうち、過疎対策事業債が2,470万円、一般公共事業債が3,110万円を追加し、財源の組み替えをしようとするものです。
 8ページをお願いいたします。
 歳出について説明いたします。2款の総務費、1項の総務管理費、6目の企画費、25節の積立金、これにつきましては、公共投資臨時交付金の今年度充当残金7億7,128万1,000円を地域活性化公共投資基金として積み立て、次年度以降に活用をしようとするものでございます。2款の総務費、1項の総務管理費、8目の電子計算費につきましては、公共投資臨時交付金を基金として活用するため、財源を地方債に組み替えようとするものです。16目の地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業につきましては、交付金限度額追加に伴いまして財源補正をしようとするものです。
 7款の土木費、2項の道路橋りょう費、3目の道路新設改良費につきましても、公共投資臨時交付金を基金として活用するため、財源を地方債に組み替えをしようとするものでございます。
 12款の諸支出金ですが、1項諸支出金、歳入歳出差引額を財政調整基金へ積み立てるものでございます。
 4ページにお戻りをいただきたいと思います。
 地方債補正でございますが、各事業の起債限度額の変更を行うものでございます。限度額、起債の方法、利率等につきましては、記載のとおりでございます。
 以上で説明を終わります。


◯議長(折原信夫君) 以上で説明を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第32号〜議案第35号の質疑・討論・採決


◯議長(折原信夫君) これより、議案第32号、南房総市地域活性化公共投資基金条例の制定についての質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 質疑がないようですので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第33号、南房総市男女共同参画推進会議設置条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第34号、契約の締結について(南房総市地域情報通信基盤整備推進交付金事業請負契約)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第35号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第10号)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


◯議長(折原信夫君) 以上で本臨時会の日程はすべて終了いたしましたが、議場内の皆様方にはいましばらく着席をお願いします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎市長あいさつ
 ここで、市長から発言の申し出がありますので、これを許します。
 石井市長、ご登壇願います。


◯市長(石井 裕君) それでは、この貴重な時間をいただきまして、この議会がこの4年間での最後になるわけでございまして、そういう状況の中でごあいさつの機会をいただきましたことをまず御礼申し上げる次第でございます。私も市長に就任をさせていただきまして、早いものでこの4年が過ぎようとしております。これまでの市政運営の中で、その都度いろいろ迷ったり、またあるいは戸惑ったり、いろいろな場面で議員の皆様方には、その都度大所高所から、ご指導、ご助言、そしてまたご協力をいただいてまいりましたこと、この場をおかりいたしまして改めて御礼申し上げる次第でございます。そしてまた、今日は多くの傍聴者の方々もいらっしゃいますけども、この4年間市民の皆様に対しましても、この市政に対しましてご理解とご協力をいただいてまいりましたこと、この場をおかりして御礼申し上げる次第でございます。
 私も、いろんな場面で申し上げていますけれども、非常に大ざっぱな言い方かもしれませんが、この4年間を総体的に考えますと、やはり合併後のいろいろな正直言って諸課題のある中で、この4年間はまさに例えるならば、畑を耕して、種をまいて、そして、その種が成長して、一部実をならして収穫したものもあったと思いますけれども、その多くはそのまいた種がようやく芽が出てきた段階なのかなと、そういう実感を持っております。もちろん、これも議員の皆様、市民の皆様のご協力があってそうした状況にあるわけでございますけども、私もこの改選に当たりまして、また2期目に向けて気持ちを新たにしておりますが、私はこの出たばかりの芽を大きく成長させて、そして市民の皆様の福祉の向上、生活の向上という成果を実らせることが、これからのまた私の責任だというふうに感じております。そうした意味において、私もまた改めてこの次の市政運営に対して気持ちを新たに持っておりますけれども、どうか、私ばかりではなくて、市議会の皆様方もこの4年でまた改選を迎えるわけでございます。またこれから議員の皆様方におかれましても、様々な場面で市政に対してご指導、そしてまたご協力をいただければというふうに思っております。また、改めて市民の皆様方に対しましても、同様にこれからの市政に対して、これからもさらにご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げる次第でございます。
 この4年間をこうして過ごして来れましたこと、まだまだ私の責任はこれからだという思いでいっぱいであるわけでございますけども、改めまして、この4年間を振り返り皆様方に御礼を申し上げ、この場をおかりいたしましてのごあいさつとさせていただきたいと思います。大変にありがとうございました。


◯議長(折原信夫君) ありがとうございました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議長あいさつ


◯議長(折原信夫君) 次に、私議長よりごあいさつを申し上げます。
 ここで副議長と交代いたします。
              〔副議長、議長と交代し、議長席に着く〕


◯議長(折原信夫君) 本日の臨時議会をもって、災害等特別の事情がない限り、私どもの任期最後の議会となると思われますので、一言ごあいさつ申し上げます。
 皆様、ご承知のとおり、ここ数年全く先の見えない世界的な金融経済危機、深刻な雇用情勢や、生産物の価格の低迷、歯止めのきかない少子高齢化の進展による過疎化、後継者不足、さらには農・漁業を取り巻く環境保全の問題など、非常に緊迫した状態が続いており、社会情勢は激変し、地方自治体はかつて経験したことのない厳しい時代に直面しております。安房7町村が合併し、南房総市として4年間、それぞれの町村のやりかけの事業の完成や、温度差の修復等、直面する様々な山積された課題解消に努力してまいったわけでありますが、まだまだ幾多の困難を乗り越え、地域の住民が不安と戸惑いのない幸せを実感できるよう、最大限の努力をしなければならない重要な時期であります。私ども議員は平成18年4月市議会議員に当選して以来、本日まで市民の信頼と期待に応えるべく、市政の運営に参加し、保健・福祉・観光の充実や、次代を担う子供たちの教育環境の整備を図るなど、市の発展と、市民生活の向上に努力してまいったところであります。近隣市町にまさるとも劣らない行政施策を実施するために、ご努力くださった市長を始め、役所執行部の皆さんに深甚なる敬意を表しますとともに、今後なお一層のご尽力を賜らんことをお願いいたします。また、市長、議員の皆様方には、4月4日告示、4月11日投票と決まり、厳しい選挙戦に臨まれるわけでございますが、くれぐれもご自愛の上、奮闘され、明るく正しい選挙運動のもと、見事に当選の栄誉を勝ち得て、再び本議場に相会し、思いも新たに市政発展のため、一層のご活躍をされますよう、お祈りを申し上げます。
 また、私、平成20年5月議長に当選以来、未熟ながらも本日こうして無事に任期最後の会議を終えることができましたことは、皆様方のご指導、ご協力の賜物と、深く感謝を申し上げます。
 なお、終わりになりましたが、執行部職員の方々には、今後ともますますご健康で、市政に格段のご尽力を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げます。
 南房総市のさらなる発展を祈念申し上げ、私の退任の言葉といたします。ありがとうございました。平成22年3月24日、南房総市議会議長折原信夫。
              〔議長、副議長と交代し、議長席に着く〕
   ──────────────────────────────────────────
    ◎閉会の宣告


◯議長(折原信夫君) これをもちまして、平成22年南房総市議会第2回臨時会を閉会いたします。ご苦労さまでした。
                                        (午前10時29分)





     上記会議録を証するため下記署名いたします。

      平成22年3月24日


          議     長   折  原  信  夫

          署 名 議 員   石  井  久  隆

          署 名 議 員   川  上     清