議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 南房総市

平成21年第2回臨時会(第1号) 本文




2009.08.24 : 平成21年第2回臨時会(第1号) 本文


    ◎開会宣言
◯議長(折原信夫君) 皆さん、こんにちは。
 真木利幸君から本日都合により欠席する旨の届け出がありましたのでご報告いたします。
 ただいまの出席議員数は、23人です。
 したがって、定足数に達しておりますので、平成21年南房総市議会第2回臨時会を開会いたします。
                                        (午後3時00分)
   ──────────────────────────────────────────
    ◎開議の宣告


◯議長(折原信夫君) あらかじめご通知申し上げました開議時間を繰り下げ、これより本日の会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議事日程の報告


◯議長(折原信夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会議録署名議員の指名


◯議長(折原信夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、16番、渡邉政久君、17番、小澤公雄君を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会期の決定


◯議長(折原信夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。
 お諮りいたします。本臨時会の会期を本日1日と定めることでご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、会期は本日1日と決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎諸般の報告


◯議長(折原信夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 市長から提出のありました議案は、お手元に配付のとおり2件であります。
 次に、監査委員から平成21年度5月分、6月分の例月出納検査の結果報告がありました。
 なお、詳細につきましては、事務局に報告書が保管してあります。
 次に、平成21年第2回定例会において可決いたしました議員提出議案の発議第4号、義務教育費国庫負担制度堅持に関する意見書について、発議第5号、国における平成22年度教育予算拡充に関する意見書については、平成21年6月19日付けで議長名をもって関係行政庁へ提出いたしましたので報告いたします。
 次に、本臨時会に説明員として出席要求を行い、出席通知のありました者の職、氏名は一覧表としてお手元に配付のとおりであります。
 以上をもちまして、議長の諸般の報告を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第52号・議案第53号の上程説明・補足説明


◯議長(折原信夫君) 日程第4、議案第52号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第4号)及び議案第53号、平成21年度南房総市国保病院事業会計補正予算(第1号)を一括議題といたします。
 市長に提案理由の説明を求めます。
 市長。


◯市長(石井 裕君) 本日ここに平成21年第2回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとお忙しいところご参集賜り開会の運びとなりましたこと、厚く御礼申し上げます。
 今回提案いたします案件ですが、予算議案2件であります。以下その概要についてご説明申し上げます。
 まず、議案第52号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第4号)ですが、歳入歳出予算の補正、及び地方債の補正でございます。歳入歳出予算の補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ33億3,154万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億5,523万1,000円にしようとするものであります。主な内容でありますが、国の経済危機対策に基づきます地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業13億882万1,000円及び地域活性化・公共投資臨時交付金事業20億2,272万2,000円を追加するものであります。地域の景気対策及び活性化など、その事業の趣旨から速やかな事業執行が求められているものと考え、本臨時会に提案させていただくものです。
 次に、議案第53号、平成21年度南房総市国保病院事業会計補正予算(第1号)ですが、4条予算の資本的収入及び支出において、支出として建設改良費を8,000万円追加し、また、収入は一般会計からの出資金7,871万円を追加し、資本的支出額1億2,592万1,000円を見込み、資本的支出額に対し不足する額1,513万円については、過年度分損益勘定留保資金で補てんしようとするものであります。主な内容でありますが、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業に伴い、国保病院の老朽化した医療機器の整備や新型インフルエンザ対策に向けて施設改修を計画しており、快適な医療体制の確立を図ろうとするものであります。
 以上、各案件に対する提案理由についてご説明申し上げましたが、よろしくご審議をお願いいたします。


◯議長(折原信夫君) 提案理由の説明を終わります。
 続いて、議案第52号について補足説明を求めます。
 総務部長。


◯総務部長(和田和正君) それでは、議案第52号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第4号)についてご説明を申し上げます。
 今回の補正予算第4号は、歳入歳出予算の補正及び地方債の補正でございます。お配りしてございます肩ナンバー4の1ページをお願いをいたします。歳入歳出予算の補正ですが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ33億3,154万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億5,523万1,000円とするものでございます。
 それでは、初めに歳入についてご説明申し上げます。7ページをお願いをいたします。
 13款の分担金及び負担金、1項の分担金、1目の農林水産業費分担金は公共投資臨時交付金事業の和田漁港漁村再生交付金事業地元分担金250万円でございます。
 15款の国庫支出金、2項の国庫補助金につきましては、公共投資臨時交付金対象事業などに対します国庫補助金の追加及び地域活性化・経済危機対策臨時交付金10億808万円でございます。地域活性化・公共投資臨時交付金11億1,700万円も追加させていただきます。
 20款の1項の繰越金につきましては、歳入歳出差引額に前年度繰越金1億7,197万9,000円を充てるものでございます。
 8ページをご覧ください。22款の市債になりますけども、1項市債は各公共投資臨時交付金事業の市負担分に予算書記載の金額を充当させていただこうとするものでございます。
 9ページになります。引き続きまして歳出についてご説明いたします。経済危機対策臨時交付金事業につきましては、経済対策事業経費を明確にするために2款総務費、1項総務管理費、15目の地域活性化経済危機対策費として新たに目を設定し一括して計上させていただきました。また、そのほか、国の補助事業の追加に伴います公共投資臨時交付金事業につきましては目的ごとの科目で計上をさせていただきました。
 予算の内訳につきましてはお手元の肩ナンバー5、補正予算説明資料により説明をさせていただきます。
 説明資料の1ページから6ページには今回国の経済危機対策の概要及び臨時交付金の内容について記載をさせていただきました。
 地方公共団体への配慮として地域活性化・経済危機対策臨時交付金、地域活性化・公共投資臨時交付金の形で地方に2兆3,790億円交付されます。
 まず、地域活性化・経済危機対策臨時交付金でございますが、南房総市の交付限度額につきましては、10億808万円でございます。また、地域活性化・公共投資臨時交付金につきましては国の補正予算により追加されました国庫補助事業の市負担分として11億1,700万円の交付が見込まれております。
 7ページをご覧ください。臨時交付金の対象となります各事業の一覧表でございますが、款項目の次に示しました番号の1番から36番が経済危機臨時交付金事業、国が示しております主な事業項目に基づきまして地球温暖化対策事業、少子高齢化社会対策事業、安全安心対策事業、地域活性化対策事業、国保病院会計繰出金、学校情報通信技術環境整備事業に分類をしましたほか、既に予算計上されている対象事業につきまして財源補正をするものでございます。総額13億882万1,000円となります。
 番号の37から41番は公共投資臨時交付金事業でございまして、国庫補助事業の追加内示を受けました4事業、20億2,272万2,000円でございます。今回の補正額合計は33億3,154万3,000円となります。
 各事業の内容につきましては、8ページ以降の所管別事業内容をご覧いただくことにしたいと思いますが、8ページ左隅の番号は7ページの一覧表の番号となっております。
 また、各事業の財源につきましては事業内容欄、下欄に特定財源を記載してございます。事業費と特定財源の差額が一般財源所要額になります。交付金を満額活用できるよう、各事業とも執行差金などによります事業費変動に対応するため一般財源を計上してございます。8ページ以降について事業内容が掲載してございますのでご覧をいただきたいと思います。
 以上で、雑駁ですが説明を終了させていただきます。


◯議長(折原信夫君) 次に、議案第53号について補足説明を求めます。
 保健福祉部長。


◯保健福祉部長(鈴木竹男君) それでは、議案第53号、平成21年度南房総市国保病院事業会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。
 肩ナンバー6の資料をご用意をお願いをいたします。
 1ページをお開きください。第2条の資本的収入及び支出の補正でございますが収入につきましては、既決予定額に対し新たに出資金7,871万円を追加し、資本的収入を1億1,079万1,000円にしようとするものでございます。
 また、支出につきましては、建設改良費に8,000万円を追加し、資本的支出額を1億2,592万1,000円にしようとするものです。資本的支出額に対し不足する1,513万円につきましては、過年度分損益勘定留保資金で補てんをしようとするものでございます。
 3ページをお願いをいたします。補正予算実施計画でございますが、資本的収入及び支出の補正でございます。収入につきましては既決予定額に対し、新たに一般会計からの出資金7,871万円を追加し、資本的収入を1億1,079万1,000円にしようとするものです。
 支出につきましては、建設改良費の有形固定資産購入費に8,000万円を追加し、資本的支出を1億2,592万1,000円にしようとするものでございます。
 補正の主な内容につきましては、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用いたしまして、老朽化した医療機器の整備及び感染症指定医療機関としての新型インフルエンザ等に対し、院内感染防止に努めることを目的にエレベーター設置の計画をしておるなど快適な医療体制の確立を図ろうとするものでございます。
 なお、4ページにつきましては補正に伴う資金計画でございます。ご覧をいただきたいと思います。
 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


◯議長(折原信夫君) 以上で説明を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議案第52号・議案第53号の質疑・討論・採決


◯議長(折原信夫君) これより、議案第52号、平成21年度南房総市一般会計補正予算(第4号)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 12番、吉田弥一君。


◯12番(吉田弥一君) 12番、吉田でございます。簡単なことですので時間の都合上聞くまいとは思いましたが、一応念のためにお尋ねをしておきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
 まず、肩ナンバー5番の番号は1番、堆肥流通促進事業というのがありますが、私、簡単に考えていたんです。これは農林水産部長の所管かなと思ってたらば企画部の所管だということで、これの事業は農業者にとっては大変大事な事業なのです。ですから、これはどんどん促進していただきたいと考えておりますが、もし、この臨時議会で予算が通りますと、これはどなたかに請け負わせると考えているのか、それともそういう人は決まっているのか、これからですよというのが1点です。
 続いて、簡単で結構ですがお答え願います。これは仮定の話ですが、まもなく衆議院の選挙が行われますが仮にちまたでも民主党優勢じゃないかと言われております。その民主党は私どもが政権をとれば予算の組み替えをやるというふうにはっきり言っていますので、そうしますとこういう予算というものに影響があるかどうか、この2点をひとつよろしくお願いいたします。


◯議長(折原信夫君) 企画部長。


◯企画部長(加藤文男君) まず、堆肥のまく方たちでございますけれども、これは、国のほうが昨年の第二次補正予算で県に雇用創出のための基金を設定いたしまして、私どもとしてこれをまく人たちの人夫賃金について県のほうに申請してございまして、ほぼ内示をいただいております。それを含めましてコントラクターという中間事業者というような形の業者を公募いたしまして、そこに委託して堆肥をまいていただくと、そのための機械も用意いたしますが、そういうように考えておるところでございます。
 それから、今回の景気対策関係の補正について選挙後にそういうようなお話も漏れ承っておるところでございますけれども、今回の臨時対策交付金10億808万円については内示が来ております。
 それから、公共投資分については内内示という形で示されております。ですから、公共投資分についてそのような話が巷間出ておるのかなというような気はしておりますけれども、今回、南房総市のほうで補正予算に盛り込んだ費用というのは、南房総市において非常に必須的に地域活性化のためにはどうしても必要な事業でございますので国の体制が万が一変わるようなことがあっても予算には影響しないだろうというふうな強い希望を持っておるところでございます。


◯議長(折原信夫君) 吉田君。


◯12番(吉田弥一君) 企画部長にとりましても大変いい事業を考えているなと私考えるんですよ。その割には4,600万円といえば多いように見えますけども南房総市全体でこの堆肥を利用しようとするときには、もう少しこういう事業というのは積極的にやっていただきたいというのと、それから第2点目の質問で政権が代わっても影響はないだろうということは、代わる可能性もあるというふうにも含めてですか。


◯企画部長(加藤文男君) 恐らくですね、過疎地域の活性化には必然的な事業を組んでおるわけでございますから、国のほうも万が一そういうことになった場合も一つずつ精査していくことになろうかと思いますが、その精査から漏れるような予算編成はしてこなかったと思っております。9月以降については一体どういうような形になるか私どもには、うかがい知れない部分がございますのですが、市としての要望をきちっと予算案という形で今回上程させていただいたということで、その辺のところをしんしゃくしていただければありがたいと思います。


◯12番(吉田弥一君) 終わります。ありがとうございました。


◯議長(折原信夫君) ほかに質疑はありませんか。
 20番、木曽貴夫君。


◯20番(木曽貴夫君) 私は先ほど新型インフルエンザの話題が少し出ていましたけども、447万8,000円これで十分だと思われてこういうふうに担当のほうが上げてきたと思うのですけども、富山町の保育園で何か発生あったみたいです。富山町はここに来て野球大会があって、富浦はミニバスケがあって、千倉のほうでサッカーですか。こういうのがあってこういうふうに発生が出て、対応とかそういうのを表に出てない、出さないみたいにしているみたいですけども、そういうのは後々になって大丈夫なんでしょうか。
 あと1週間もすれば、ここからまた学校が始まるというのに、ほかの地区としても対応とか、手洗い、うがいのそういうのも防災無線か何かで流さない、表に出てくると少しはパニック状態になるかもわかりませんけども、ある程度そういうのは予防対策の一環で何か防災無線か何かでも流したらいいんじゃないかと思うのですけども、それは発生したという判断はちょっと大げさになるから、その辺は私のほうとしてもわかりませんけども、ある程度マスクなどの装備品、空気清浄機、薬品、マスクは職員だけのあれでしょうか。
 それと、同じ10ページのところ千倉清掃センターの土壌浄化事業ですけれども、いつわかって、土壌処理を行うと言ってますが、業務とかそういうのは支障がないのでしょうか。
 それと、11ページの中の白間津海岸トイレ整備事業、千倉大橋にトイレがあると思うのですけども、これはまたどこへやるんでしょうか。
 それとあわせて13ページの耐震補強のことですけども、平成9年に欠けていたという診断されたんですよ、小学校舎耐震補強、この大規模改造、これ補正予算に組んでありますけども、平成9年2月に欠けているという結果はもう出ていたんだ。これまでずるずるこのままうっちゃっといたんですか。もし、この国からの補正予算が来なければまた延び延びになったんでしょうか。私は少し怠慢じゃないかと思うのですけども、予算がないのはわかりますけどもやりくりしても、こういうのは最初に重点的にやったほうがいいのじゃないかと思うのですけども、どうでしょうか。


◯議長(折原信夫君) 保健福祉部長。


◯保健福祉部長(鈴木竹男君) 新型インフルエンザの絡みでございますが、まず予防対策として広報等の啓発事業も積極的にやった方がいいだろうということでございますが、それについては、新学期が間もなく始まりますので、新型インフルエンザが普及する可能性もございますので十分また考慮してまいりたいと思います。
 また、マスク等の備蓄品が十分かということでございますが、今回の補正でお願いしておりますマスクが27万枚を今回買う予定でございます。これまでに6万枚備蓄がございます。計33万枚の備蓄品になるところでございます。また、それ以外につきましてもガウンとか予防液とかいうことについても今回もまたあわせて備蓄体制を整えて秋以降、9月以降の予想に対して対応をしてまいりたいと思います。
 また、現在保育園はやっているのですが、幼稚園、小学校、中学校等は夏休み期間中ですので、それらについても教育委員会等と十分協議を図りながら情報収集等は迅速にして対応を検討してまいりたいと思っておりますのでよろしくお願いをいたします。
 以上です。


◯議長(折原信夫君) 生活環境部長。


◯生活環境部長(栗原重雄君) それでは、木曽議員の質問にお答えをいたします。
 今回の揮発性の塩化化合物なんですが、具体的にはトリクロロエチレンという化学物質でございます。これは、検出されたのは本年の5月の水質検査によりまして個人の民間の井戸から検出されたものでございます。その関係で汚染度としては水道水の水質基準よりも相当低い数値ではございますが汚染が拡大する恐れもございますので、撤去をするということでございます。
 また、もう一つの質問でございますが、業務上支障はないのかということでございますが、その化学物質が埋まっているところが最終処分場の部分と現在使われておりますが、それよりも民間側、民地側にあるところに物質の存在が確認されておりますので、この関係の中で一応は清掃センターについては現在焼却はしておりませんので、何とか業務支障のない中でやれるのではないかというふうに考えております。
 以上です。


◯議長(折原信夫君) 商工観光部長。


◯商工観光部長(近田秀樹君) 白間津のトイレの件でございますが、場所は潮風大国のほうから白浜へ向かいまして橋を渡り、右側に区有地がございますが、そこの周辺を考えております。
 なお、このトイレの関係でございますが、今現在、露地花の関係の観光客の数がこの千倉地区、千田、大川、白間津というそれぞれの地区があるわけでございますが、今現在、統計的に年間約30万人の観光客が訪れているというような現状がございます。そして、白間津の花のパーキングという駐車場があるわけでございますが、ここには普通車28台と大型3台のスペースしか現在ございません。時期になりますと下の海岸道路410号の路肩に延々と道路に乗用車等がつながってしまいます。大型観光バスにつきましては今現在、白間津の共有地のところへバスをとめてお客様が花畑から約500メートルぐらいあるのですが、そこを歩いてバスまで戻ってくるというような現状でございます。このような中で地域の住民からトイレを草むら等々、また畑の隅等々で非常に困っているという現状がございますので、その近くへと設置をしたいというふうに考えております。なお、そこからくじら公園のところまでは約500メートルぐらいの距離がありますのでそこまで歩いていくということは現実的に不可能と判断しておりますので、ここへ設置をしたいというふうに考えております。


◯議長(折原信夫君) 教育次長。


◯教育次長(青木加津夫君) 富浦小学校の耐震の件でございます。ご指摘のように平成9年に耐震診断の結果はIs値が0.55という結果でございました。昭和46年に建築された建物でございますがこのたびの補強により安全値である0.7以上に改めたいものでございます。
 合併後学校再編が考えられまして、学校再編につきましては、平成21年5月に実施されました富浦地区の学校再編検討委員会におきまして富浦小学校と八束小学校の統合に伴い、小学校の位置は富浦小学校と合意がされております。この再編の関係が決まりましたので延びておりまして今回有利なと言っていいんでしょうか、お金がついたのでやらせていただきたいということでございます。


◯議長(折原信夫君) 木曽貴夫君。


◯20番(木曽貴夫君) 今、答弁ありましたけど、新型インフルエンザのことですけども、十分対応、対策が後手後手に遅れないよう気を抜かないで、今から流行の発生大きくなる恐れがありますので、この辺を十分に気を引き締めて対応してもらいたいと思います。
 それと、千倉の清掃センターの土地のことですけども、これ除去しちゃえばあとは検査するでしょうけども、大分これはきれいになって民間のほうとはうまく話ができるのでしょうか。井戸水ですからその辺のところは生では飲まないと思うのですけども、その辺のところは民間との話し合いでしょうけども。
 それと耐震のことですけども、再編のことを言ってましたけども、平成9年のことですから、本当だったら合併前にこれは終わってなければいけないでしょう。こういうのがあって相手は子供ですから十分早目早目に予算との関連もあるでしょうけど、早目早目にやってもらわないとこういうのは安心して預けられないでしょう。こういうのはたまたま予算がついてこういうような形で出てきましたけども、十分にいつも当初予算でもこういうのがありましたら重点的に最初にやってもらいたいと思います。


◯議長(折原信夫君) 生活環境部長。


◯生活環境部長(栗原重雄君) それでは、ただいまのご質問でございますが、きれいになって問題はないのかというようなお話でございますが、当然のことながら汚染物質は除去するわけでございますが、今我々が調査時点で承知している部分について土壌の浄化を行ってきれいになった土をもう1回返すわけでございまして、その汚染が場合によっては我々が考えているよりも広がっている可能性もあるわけでございまして、そういう面についてはこれからもモニタリングを行いながらしっかりと監視をして生活環境に汚染を生じないようにしてまいりたいと思っております。また、井戸水ということでございますが、使用につきましては清掃センターの隣接3軒の皆様の井戸のモニタリングを行っているわけでございますが、この井戸水についてはかねてからそういうようなトリクロの問題が発生したことの経過があるわけでございまして、その後トリクロについては沸騰することによって、いわゆる煮沸することによって、5分程度煮沸すればほとんど揮発してしまうということでありまして、そういうことの中で必ず使う場合は煮沸沸騰してから使用するようにというようなことで指導もしておりますし、近隣3軒の民家においては守っていただいております。これからも井戸水として使わないとは思いますが、本人のほうも井戸水としては使わないよというようなこともおっしゃっておりますのでこれからもいろんな形でモニタリングをしっかりとして汚染が拡大しないように努めてまいりたいと思いますのでご理解を賜りたいと思います。


◯議長(折原信夫君) 教育次長。


◯教育次長(青木加津夫君) 学校等大切な施設でございますので、誠意努力をさせていただきたいと思います。


◯20番(木曽貴夫君) 終わります。


◯議長(折原信夫君) ほかに質疑はありませんか。
 1番、寺澤利郎君。


◯1番(寺澤利郎君) 1番、寺澤です。
 簡単に1点だけちょっとお聞きしたいと思いますけども。例の光ファイバーのほう、ページでいいますと肩ナンバー4の9ページ、電子計算費16億969万2,000円、これ光ファイバーの件だと思うのですが、これに対する一般財源は本当に少なくて0.1%、169万2,000円と非常に有利な事業でいいと思うのですが、同じ肩番4の14ページ、9款教育費の例のパソコンの先ほど説明ありました学校管理費、1目の学校管理費と中学校費のほうの1目の学校管理費ありますけども、合わせると大体同じぐらいの金額が補正されてまして、1億6,000万円から1億8,000万円ぐらい、これで一般財源がパソコンの場合は10%、約1割使うような数字になっていますけども、私、パソコン、今までの例からいって金額は1校当たり計算してみますとかなり高い金額で見積もってあるので、まず1点その辺でかなり差が出てくるのじゃないかと、この10%という一般財源の負担は大きいのじゃないかとその辺についてまず1点どう思うかお聞きしたいと思います。


◯議長(折原信夫君) 企画部長。


◯企画部長(加藤文男君) 私のほうで全般的な点についてお答えいたします。
 光ファイバーの通信基盤整備については総務省の補助事業でございまして、学校のパソコン系につきましては文科省の補助金でございます。そんな関係で若干地元負担の取り扱いについて国のほうの取り扱いが変わるということをご承知おきいただきたいと思います。


◯議長(折原信夫君) 寺澤君。


◯1番(寺澤利郎君) 所管の関係でその補助金、それは理解できました。パソコンのほうこれ多分余ると思うんですけども、それともう一つの質問として光ファイバーとこのパソコン、校内LANも入ってますので先ほど青木議員からも全協で指摘ありましたけども、設置する時期によって機器の値段が違ってくると思うんですよ。まず光ファイバーを設置しておいて、後からこういう整備をしないと二重のあれになっちゃう可能性もあると思うのです、ありませんか。その辺時期の問題もあわせてお聞きしたい。


◯議長(折原信夫君) 企画部長。


◯企画部長(加藤文男君) まず、校内LANと光ファイバーの相関関係でございますね。それについては学校の引き込む手前までは今回光ファイバーとして整備いたしまして、引き込んだ後、校内の部分については今回のLANという形で整備してまいります。ですから、整備の時期的には今回がタイミングがいいのかなというふうには思います。それから、当然この費用、今回の景気対策全般について言えるわけでございますけれども、入札による差金が生じる可能性があったり、事業が縮小される可能性があるわけでございまして、そのために約13億円、これは市側の景気対策をやるんだという意気込みもそこに加わっておりますけれども、約3億近く幅を持って今回上程させていただいております。ですから当然、入札差金であるとか事業執行によって差金が生じた場合であっても国からの内示額の10億808万円を下回らないと、それを下回ってしまいますとお金を返すことになりますので、そういうふうにしてこの予算を組み上げておるところでございます。


◯議長(折原信夫君) 寺澤君。


◯1番(寺澤利郎君) 最後にですけども、特にパソコン等の事業についてかなり差額が出てくると思うのです。前の例からいいますと大体入札80%ぐらいでいってるはずですので、金額大きいですから、私前々からちょっと疑問に思ってるのですけども、差額が出た場合にどう処理してるのだろうと、どこにお金を繰り越しのあれ入れてやってるのだろうってことを非常に疑問に思う点もございますので、ぜひともその辺有効に無駄のないように使っていただきたいと思います。終わります。


◯議長(折原信夫君) ほかに質疑はありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第53号、平成21年度南房総市国保病院事業会計補正予算(第1号)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について討論に入ります。討論はございませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(折原信夫君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎閉会の宣告


◯議長(折原信夫君) 以上で本臨時会の日程はすべて議了いたしました。
 これにて閉会いたします。ご苦労さまでした。
                                        (午後3時44分)





     上記会議録を証するため下記署名いたします。

      平成21年8月24日


          議     長   折  原  信  夫

          署 名 議 員   渡  邉  政  久

          署 名 議 員   小  澤  公  雄