議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 南房総市

平成19年第1回臨時会(第1号) 本文




2007.08.06 : 平成19年第1回臨時会(第1号) 本文


◯議長(渡邉政久君) 皆さんにご報告いたします。
 青木正孝議員から、本日都合により欠席する旨の届出がありましたので、ご報告いたします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎開会宣言


◯議長(渡邉政久君) おはようございます。
 ただいまの出席議員数は、23人です。
 したがって、平成19年南房総市議会第1回臨時会を開会いたします。
                                        (午前10時00分)
   ──────────────────────────────────────────
    ◎開議の宣告


◯議長(渡邉政久君) 直ちに本日の会議を開きます。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎議事日程の報告


◯議長(渡邉政久君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会議録署名議員の指名


◯議長(渡邉政久君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、13番、吉田弥一君、14番、羽山誠君を指名いたします。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎会期の決定


◯議長(渡邉政久君) 日程第2、会期の決定を行います。
 本臨時会の会期につき、去る7月30日に議会運営委員会が開催され、協議の結果、議会運営委員会の意見は、本日1日ということであります。
 お諮りいたします。本臨時会の会期を本日1日と定めることでご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、会期は本日1日と決定いたしました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎諸般の報告


◯議長(渡邉政久君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 初めに、平成19年5月分・6月分の南房総市に係る全会計につき、例月出納検査の結果報告がありました。なお、詳細につきましては、事務局に報告書が保管してあります。
 次に、平成19年第2回定例会において可決いたしました議員提出議案の発議第2号、義務教育費国庫負担制度堅持に関する意見書について、発議第3号、国における平成20年度教育予算拡充に関する意見書について、発議第4号、地域手当の県内格差支給の是正に関する意見書について、以上3件の意見書を平成19年6月22日付で議長名をもって関係行政庁へ提出いたしましたので、報告いたします。
 次に、本臨時会に説明員として出席要求を行い、出席通知のありました者の職、氏名は、一覧表としてお手元に配付のとおりであります。
 次に、市長から提出のありました議案等は、お手元に配付の議案一覧のとおり4件であります。
 以上をもちまして、議長の諸般の報告を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎市長提出議案の上程説明・議案の補足説明


◯議長(渡邉政久君) 日程第4、承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成19年度南房総市一般会計補正予算(第2号))から議案第58号、平成19年度南房総市一般会計補正予算(第3号)までを一括議題といたします。
 市長に報告及び提案理由の説明を求めます。


◯市長(石井 裕君) 本日、ここに平成19年第1回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かとお忙しいところご参集賜り、開会の運びとなりましたことを厚く御礼申し上げます。
 今回提案いたします案件ですが、一般議案2件、予算議案2件であります。以下、その概要についてご説明申し上げます。
 まず、承認第5号、専決処分の承認を求めることについてですが、本年6月29日に地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めるものであります。承認第5号は平成19年度南房総市一般会計補正予算(第2号)であり、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ386万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ197億4,488万5,000円とするものであります。その内容といたしましては、市消防団第5支団第1分団の千葉県消防操法大会出場にかかります訓練及び大会出場経費につきまして、早急な対応が必要であったためのものでございます。
 次に、議案第56号、南房総市立和田中学校屋内運動場改築工事請負契約の締結についてですが、和田中学校屋内運動場改築工事に係る一般競争入札の結果、青木総業株式会社が3億4,860万円をもって落札しましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするため、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第57号、市道加茂真野線道路改良工事(トンネル工)工事請負契約の締結についてですが、市道加茂真野線道路改良工事(トンネル工)に係る一般競争入札の結果、前田建設工業株式会社千葉営業所が2億5,830万円をもって落札しましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするため、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第58号、平成19年度南房総市一般会計補正予算(第3号)ですが、歳入歳出予算の補正及び地方債の補正であります。歳入歳出予算の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,052万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ198億7,541万1,000円とするものであります。今回の補正は、市役所本庁舎の冷暖房設備改修工事及び7月14日から15日の台風4号により発生しました農林水産業施設及び公共土木施設の災害復旧費の追加が主なものとなっております。冷暖房施設の故障に伴います改修工事及び災害復旧事業であるため、緊急を要しますので本臨時会に提案するものであります。
 以上、提案理由を申し上げましたが、よろしくご審議のほどお願いいたします。


◯議長(渡邉政久君) 提案理由の説明を終わります。
 続いて、承認第5号について、補足説明を求めます。


◯生活環境部長(栗原重雄君) それでは、承認第5号につきまして補足説明をいたします。肩ナンバー4をご用意願います。資料の3枚目になりますが、平成19年度南房総市一般会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。それでは、予算書の1ページをお願いいたします。今回の補正は、既定の歳入歳出予算額に歳入歳出それぞれ386万4,000円を追加いたしまして、予算の総額を197億4,488万5,000円とするものでございます。内容といたしましては、7月28日に行われました第43回千葉県消防操法大会出場にかかる経費について、緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がございませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をさせていただいたものでございます。
 それでは、補正予算の内容につきまして、事項別明細書により歳出からご説明を申し上げます。8ページをお願いいたします。8款消防費、1項消防費、2目非常備消防費でございますが、386万4,000円を追加し、補正後1億8,738万1,000円となります。内容といたしましては、先ほど市長が申し上げましたとおり、第5支団第1分団の県消防操法大会出場にかかる経費でございます。訓練の際の費用弁償、祝賀会の経費、あるいは、大会当日の弁当代等でございます。
 続いて、歳入をお願いいたします。7ページでございます。1ページ戻っていただきたいと思います。20款繰越金、1項繰越金、1目繰越金でございますが、386万4,000円を追加し、補正後5億4,919万7,000円となります。すべて前年度の繰越金で措置させていただいたものでございます。
 以上で説明を終わります。よろしくご承認のほどお願い申し上げます。


◯議長(渡邉政久君) 次に、議案第56号から議案第58号まで、一括して補足説明を求めます。


◯総務部長(和田和正君) それでは、肩ナンバー5、6、7をご用意願います。初めに、肩ナンバー5でございます。議案第56号、契約の締結についてでございますが、南房総市立和田中学校屋内運動場改築工事請負契約の締結につきましてご説明を申し上げます。工事概要についてでございますが、延べ床面積1,664平米、鉄筋コンクリートづくり、一部鉄骨づくり、2階建ての屋内運動場、延べ床面積70平米、木造1階建ての部室棟及びアスファルト舗装工819平米の外構工事を施工するものでございます。契約方法については、制限付き一般競争入札により、平成19年6月15日に入札の公告を行いまして、県内に本店を有する単体企業と市内業者との特定JVの混合入札により、平成19年7月11日に入札執行した結果、鴨川市の青木総業株式会社が3億4,860万円をもって落札いたしましたので、同社と平成19年7月12日に工事請負の仮契約の締結をしたところでございます。契約の締結に当たり、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 続きまして、肩ナンバー6をお願いいたします。議案第57号、契約の締結について(市道加茂真野線道路改良工事(トンネル工)請負契約)の締結について、ご説明を申し上げます。工事概要につきましては、トンネル工延長115メートル、車道幅員6メートル、全幅9.75メートル、トンネル等級はB等級、掘削はナトム工法で施工をするものでございます。契約方法については、制限付き一般競争入札により平成19年6月27日に入札の公告を行い、千葉県内に本店または建築業法に基づく許可を得た営業所を有する単体企業と特定JVの混合入札により、平成19年7月23日に入札執行した結果、千葉市の前田建設工業株式会社千葉営業所が2億5,830万円をもって落札いたしましたので、同社と平成19年7月26日に工事請負の仮契約の締結をしたところでございます。契約の締結をするに当たり、南房総市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 続きまして、肩ナンバー7をお願いいたします。議案第58号、平成19年度南房総市一般会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。歳入歳出予算の補正及び地方債の補正でございます。補正予算書の1ページをお願いいたします。歳入歳出予算の補正は、歳入歳出それぞれ1億3,052万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ198億7,541万1,000円とするものでございます。主な内容といたしましては、市役所本庁舎の冷暖房設備改修工事及び7月14日から15日の台風4号により発生いたしました農林水産業施設及び公共土木施設の災害復旧費の追加でございます。
 7ページをご覧ください。初めに歳入でございますが、15款の国庫支出金、公共土木施設災害復旧費負担金2,993万8,000円、16款の県支出金、林道施設災害復旧費補助金154万5,000円、1つ飛ばしまして、22款の市債でございますが、災害復旧債1,600万円の追加でございます。20款の繰越金につきましては、歳入歳出額の差引額について繰越金8,304万3,000円を充当しようとするものでございます。
 8ページをお願いいたします。2款の総務費、5目の財産管理費でございますが、5,701万5,000円を追加いたします。本庁舎冷暖房設備の改修工事及び設計監理委託費でございます。改修工事につきましては、本館で天井つり型9台、天井埋込型19台、別館で天井つり型13台、床置型4台の計45台の設置でございます。これらにつきましては、既存空調設備と同等の機能を果たすという台数でございます。
 7款の土木費でございますが、災害復旧にかかる人件費等128万円を10款の災害復旧費へ組みかえをしようとするものです。10款の災害復旧費、1項の農林水産業施設災害復旧費につきましては、林業施設災害2カ所のほか、応急復旧のための機械借上及び原材料の追加でございます。2項公共土木施設災害復旧費につきましては、道路災害1カ所、河川災害6カ所及び小規模災害の復旧にかかる経費を計上いたしました。
 続きまして、4ページにお戻りいただきたいと思います。地方債の補正でございますが、災害復旧事業実施に伴いまして、起債制限額を林道災害復旧債120万円、公共土木施設災害復旧債1,480万円としようとするもので、起債の方法などにつきましては記載のとおりでございます。
 なお、災害関係につきましては農林、建設部長よりご説明を申し上げます。
 以上です。よろしく。


◯農林水産部長(渡辺静夫君) 続きまして、農林水産部より10款の災害復旧費、1項農林水産業施設災害復旧費について、肩ナンバー7の補正予算書(第3号)の8、9ページでご説明を申し上げます。先ほど市長からご報告がありましたとおり、7月14日から15日の台風4号の大雨による災害でございますが、農地・農業用施設災害復旧費の国庫補助対象災害の発生はありませんでしたが、市単の小規模農地・農業用施設災害復旧箇所につきましては、48カ所でありました。補正額につきましては、14節機械使用料601万5,000円、16節原材料費97万1,000円を復旧費として計上いたしました。
 次に、林業施設災害復旧費につきましては、肩ナンバー10によりご説明を申し上げます。国庫補助対象といたしましては、林道貝沢線の復旧費300万円、市単の単独災害復旧事業といたしまして、林道平群線の復旧費160万円、合計460万円を15節の工事請負費に計上いたしました。これらの災害箇所につきましては、次ページの災害箇所をご覧いただきたいと思います。
 また、肩ナンバー7の補正予算書(第3号)の9ページをご覧ください。14節機械使用料184万8,000円でございますが、林道8路線の14カ所の崩落土砂の撤去として計上いたしました。
 また、これら災害関連の歳入につきましては、県補助、市債、一般財源等を充当しております。
 以上で農林水産部からの説明を終了いたします。


◯建設部長(高梨房夫君) 続きまして、建設部より資料の肩番号8及び9についてご説明をいたします。初めに肩番号9、資料2の公共土木施設災害箇所一覧表及び災害箇所図をご覧いただきたいと思います。台風4号による南房総市の公共災害箇所についてでございますけれども、道路災害箇所は富山地区の仮家宮田線1カ所で1,408万2,000円と、河川災害箇所、富山の荒川地区の外野川ほか5カ所で2,824万円の災害復旧工事費をお願いするものでございます。また、県管理の道路災害箇所は2カ所で1,100万円と、河川災害3カ所で1,150万円の被害がありましたので、あわせて報告させていただきます。なお、国の災害査定の時期につきましては、9月中旬に千葉県に入るということを聞いております。
 次に、肩番号8、資料1をご覧ください。10款災害復旧費、15節工事請負費、補正額2,637万9,000円のうち、単独災害復旧費分14カ所で1,229万7,000円を計上いたしましたが、その中に昨年12月26日の大雨による和田地区黒岩の市道375号線は、3月29日に野中土建株式会社と契約をし、繰越工事として9月28日までの工期で災害復旧工事を進めておりましたが、資料1の1枚目のとおり、赤色で示してございます箇所、施工済みの分でございますけれども、コルゲート管、擁壁の一部、盛土1,136立米の流出がありました。2枚目の標準横断図は、赤色の斜線部分の盛土が今回の台風で1,136立米が赤色で示した下流に流出したことを示した図面でございます。
 3枚目は被害額の見積書を添付してございますが、今回の災害は契約書の第31条に不可抗力による損害についての記載事項がございます。この契約書第31条の内容ですが、工事中に天災等で損害が生じたときは、業者は直ちに状況報告を行い、報告を受けた市は業者が現場管理としての注意義務を怠ったことに基づくものなのかを確認し、その結果を業者に通知するということになっております。そして、業者は通知を受け、損害の状況を確認したときは、費用の負担を市に請求することができます。請求を受けた市は、損害合計額のうち請負代金の100分の1を超える額を負担しなければならないと第31条に明記されています。
 以上の契約事項があることから、この手戻り工事、つまり今回の被災の扱いについて、7月24日に千葉県と協議をいたしました結果、台風による被災額の全額を国の災害査定を再度受け、公共施設災害復旧費で再復旧するのは延長等の増破ではないので適当ではないとのことでありました。そこで、今回市単独災害復旧費として積算しました資料に記載してございますが、被災総額では1,012万2,000円でありますが、今回お願いをしております補正予算は業者にも応分の負担をしていただくと考えまして、諸経費を除く直接工事費分616万2,000円を計上させていただきました。この金額の範囲内で現在施工をしております、野中土建株式会社と協議をしたいと考えております。
 4枚目の上段の写真は、被災前の写真で、以下の写真は被災状況写真を添付してございます。
 以上で資料についての説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきまして、ご採択くださいますようお願いを申し上げます。


◯議長(渡邉政久君) 議案の補足説明を終わります。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎承認第5号・議案第56号〜議案第58号の質疑・討論・採決


◯議長(渡邉政久君) これから、承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成19年度南房総市一般会計補正予算(第2号))の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。


◯12番(川名晴作君) それでは、承認第5号について2点ほど伺っていきたいというふうに思います。
 まず第1は、これは確認ですけれども、県の操法大会のための経費ということですから、安房支部の大会が終わった6月16日から7月28日までの経費というふうな判断でよろしいんですねということの確認が1つ。
 それと、386万4,000円の80%を占めます費用弁償301万9,000円の算出根拠、それについて伺いたいというふうに思います。
 以上。


◯生活環境部長(栗原重雄君) それでは、川名議員の質問にお答えいたします。
 経費の計上について、これは安房支部の操法大会以降のものかと、1点目はそういう質問だったということでございますが、当然のことながら安房支部の操法大会以降のものでございます。
 それから、費用弁償の算出根拠ということでございますが、訓練に参加する場合の団員の費用弁償は1人1,700円ということになっております。この1,700円に延べ人員を掛けて算出したもの、それに加えまして、いわゆる今言ったのは第5支団第1分団の団員の選手だとか団員のものですね、そのほかに、各支団からの応援、要するに訓練をするためのいろいろな準備だとか、あるいは設備の設定だとか、そういうのがございますので、その応援にかけつけた団員の費用弁償、あるいは、大会当日の現地の訓練、宿泊等が入っております。
 以上でございます。


◯12番(川名晴作君) 期間については、安房支部大会が終わった6月16日から7月28日という確認をいただきましたので、ということはおおよそ50日になるわけですが、それを単純に300万円で割ると、1日約6万円という数字が出てくるわけですよね。その6万円を、例えば今言われた1,700円で割ると、1日35人出ているという計算になりますが、これは毎日50日出て35人という計算になるんですけれども、こういうある意味大変な訓練を50日間お続けになったというふうな、するという解釈でいいんですか。


◯生活環境部長(栗原重雄君) ただいまの訓練に参加した人数等の質問でございますけれども、先ほど私が申し上げましたのは、あくまでも予算についての説明でございまして、精算というのはまた違うわけでございます。精算の関係につきましては、費用弁償といたしましては、第5支団の訓練は18回行っているところでございます。また、他分団からの応援等も10回とか、あるいは、本部の応援も9回とか、いろいろございまして、最終的に費用弁償といたしましては180万2,500円の経費となっておるところでございます。
 確かに、いろいろ操法の訓練等につきましては、いろいろな方からいろいろなご意見があるというようなことについては、本部もまた事務方のほうも承知しているところでございます。今後、操法大会のあり方につきましては、消防委員会等におきまして十分な議論をしていただき、検討してまいりたいというふうに考えておるところでございます。よろしくご理解をお願いします。


◯12番(川名晴作君) 専決ですから、もう実際180万円ということが出てきて、そこまで私が今ここで踏み込んでいいのかどうかちょっとわかりませんが、とりあえずそういう金額で済んだということについては了解をします。
 以上です。


◯議長(渡邉政久君) ほかに質疑はありませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について、討論に入ります。
 討論はございませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これから採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第56号、契約の締結について(南房総市立和田中学校屋内運動場改築工事請負契約)の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 質疑はありませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について、討論に入ります。
 討論はございませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これから採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第57号、契約の締結について(市道加茂真野線道路改良工事(トンネル工)請負契約))の質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 質疑はありませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について、討論に入ります。
 討論はございませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これから採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第58号、平成19年度南房総市一般会計補正予算(第3号)について、質疑を行います。質疑のある方は発言願います。
 質疑はありませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 質疑がないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。
 お諮りいたします。本案については、南房総市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 本案について、討論に入ります。
 討論はございませんか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) 討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。
 これから採決いたします。
 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡邉政久君) ご異議ないものと認めます。
 したがって、本案は原案のとおり可決されました。
   ──────────────────────────────────────────
    ◎閉会の宣告


◯議長(渡邉政久君) 以上で、本臨時会の日程はすべて終了いたしました。
 これにて閉会いたします。ご苦労さまでした。
                                        (午前10時39分)



     上記会議録を証するため下記署名いたします。

      平成19年8月6日


          議     長   渡  邉  政  久

          署 名 議 員   吉  田  弥  一

          署 名 議 員   羽  山     誠