議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富里市

平成19年  3月 定例会(第1回) 03月01日−02号




平成19年  3月 定例会(第1回) − 03月01日−02号









平成19年  3月 定例会(第1回)



      平成19年第1回富里市議会定例会会議録(第2号)

               3月1日

出席議員

   1番  窪田 優君          11番  佐藤繁夫君

   2番  中野信二君          12番  柏崎のり子さん

   3番  立花広介君          13番  江原利勝君

   4番  高橋益枝さん         14番  佐藤照子さん

   5番  秋本真利君          15番  杉山治男君

   6番  櫻井優好君          16番  伊藤澄雄君

   7番  相川嘉也君          17番  押尾 隆君

   8番  鈴木英吉君          18番  岩井好夫君

   9番  猪狩一郎君          19番  中野善敦君

  10番  栗原恒治君          20番  森田清市君

        …………………………………………………

欠席議員

  なし

        …………………………………………………

地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

  市長        相川堅治君   教育次長      原 一之君

  助役        石橋 規君   消防長       鈴木康之君

  総務部長      越川健彦君   選挙管理委員会書記長兼総務課長

                              佐々木 智君

  健康福祉部長    大塚良一君   財政課長      林田博之君

  経済環境部長    山田照好君   社会福祉課長    岩澤新一君

  都市建設部長    原 清一君   産業経済課長    細野 明君

  教育長       新谷喜之君   建設課長      熊木和男君

  水道課長      高岡明仁君   教育総務課長    森田武臣君

        …………………………………………………

出席した事務局職員の職氏名

  参事兼議会事務局長 今井清治    主査補       岡村和宏

  副主幹       鳴田啓一    主任主事      篠塚昌子

        …………………………………………………

議事日程

               議事日程(第2号)

           平成19年3月1日  午後1時開議

 日程第1 一般質問

 日程第2 議案第1号(質疑・予算審査特別委員会設置・同委員会付託)

        …………………………………………………

本日の会議に付した事件

  1 一般質問

  2 議案第1号(質疑・予算審査特別委員会設置・同委員会付託)

  3 議長の報告

        …………………………………………………

          …………………………………

            午後1時00分 開議

          …………………………………

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) これから本日の会議を開きます。

……………………………



△日程第1 一般質問

……………………………



○議長(森田清市君) 日程第1、一般質問を行います。

 本日から、個人質問を行います。

 今定例会におきましても、一問一答方式により実施いたしますので、質問者また答弁者におきましては、議事進行にご協力を願いいたします。

 順番に発言を許します。

 猪狩一郎君。

          (猪狩一郎君登壇)



◆(猪狩一郎君) 猪狩一郎でございます。3点にわたりまして一般質問を行います。

(1)総合病院誘致について経過を伺いたい

 平成18年9月議会でお伺いした総合病院誘致について、千葉県側の判断についてどのようになされているのか伺いたい。

(2)日吉台小学校南門側の土手の管理について

 土手が雨水等により崩れて土砂が歩道に流出していますが、管理をどのようにされておられるのか伺いたい。

(3)日吉台中継ポンプ場で中断されている計画道路の見解を伺いたい

 ?根木名川の樋函工事が終了後、久能から京成成田駅へ行く道路に接続するとの計画であると記憶していますが、市としての考えを伺いたい。

 ?城ノ腰調整池へ立ち入りができないようにしていたさくが最近なくなったので、子供たちが容易に出入りができる状況であるので、管理について伺いたい。

 以上3点、よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 猪狩一郎議員の一般質問にお答えします。

 なお、教育関係のご質問につきましては、教育長が答弁いたします。

 まず、総合病院誘致についての経過でございますが、平成18年6月に告示されました千葉県保健医療計画におきまして、市の属する印旛・山武二次保健医療圏に352床の不足病床数が提示されました。これを受けまして、医療法人徳洲会が同年10月に(仮称)成田富里徳洲会病院として352床の病院開設計画を県に対して提出し、去る2月13日に285床の病床配分を受けたところであります。

 次に、日吉台中継ポンプ場で中断されている計画道路についてでございますが、この道路につきましては、平成9年12月議会において請願が出され採択された経緯もございます。この道路は、日吉台開発の中で位置付けられた道路であり、市として整備していくものとして考えております。しかし、調整池内にあり、その機能解除が前提となります。

 現在、県による根木名川への樋函は完了しており、今後は水路の改修及びボックスカルバートの補修を行い、雨水幹線としての機能を確保することで調整池の機能が解除できるものであります。

 しかし、道路整備につきましては、現在実施している事業を優先し、事業進捗を図ることが必要でありますので、当該道路整備の重要性は認識しておりますが、事業着手については十分に検討させていただきます。

 次に、城ノ腰調整池の管理につきましては、調整池部分は民有地でありますので市では管理しておりませんが、水路部分については市が管理しております。ご指摘の点につきましては、早速現地を確認し対応を行ったところであります。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 教育長、新谷喜之君。

          (教育長 新谷喜之君登壇)



◎教育長(新谷喜之君) 猪狩議員の一般質問にお答えいたします。

 日吉台小学校南門の土手の管理についてでございますが、当該箇所については、ご質問にありますとおり、学校敷地内から歩道への土砂の流出が見られ、過去には土どめ対策としてネット芝の敷設工事を実施した経緯がございます。

 しかしながら、時間の経過とともに土砂の流出が発生してきていることから、定期的に現場の状況を確認の上、土砂の撤去作業を実施するとともに、抜本的な土どめ対策等について検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) それでは、順を追って再質問させていただきます。

 総合病院については、富里市、それから市議会、区長会ということで、非常にご努力されてこういう結果になったということは、私としても非常に喜ばしいことだなと思います。本当にご苦労さまでございました。

 それで、新聞にも報道されておりますけども、いろいろと地元としても住民からの意見というか、聞きたいことがあるということでございますので、ちょっと順は不同になるかと思いますけども、何点か再質問させていただきたいと思います。

 きのうの佐藤照子議員に対しての答弁の中で、市民の要望を申し入れるというふうに答弁されておりますけども、市民の意見をどういうような形で把握されるのかお伺いしたいと思います。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 市民の要望把握についてでございますが、この把握につきましては、市民あるいはその議員さん方から直接のご意見として承って、伝えていきたいというふうに考えているところでございます。

 また、地域に根差した開かれた病院であることが重要と考えていることから、外部意見を取り込むため、地域住民や医療関係者などで構成する組織の立ち上げにつきまして要望をしているところでございまして、回答といたしましては、今後協議するというような状況になっているところでございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) よろしくお願いしたいと思いますけども。

 それから、成田市側には成田赤十字、日赤病院ですか、ちょっと正式名称わかりませんけども、赤十字病院だと思いますけども、その日赤病院との関係というか、調整といいますか、それはどういう形になるんでしょうか。市としての考えをお聞かせいただきたいと思いますけども。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 日赤との関係についてでございますが、まず日赤病院の当市市民の利用状況につきましては、2004年12月から2005年11月までで、通常通院延べ人数が4万5,337人で、病院全体利用者の12.9パーセント。これ初診通院でございますけれども、このような状況になっているところでございます。

 成田赤十字病院は、当医療圏でも多くの役割を担っております。今後も第三次救急救命などを初めとして依存するところは大きいのかなというように感じているところでございます。

 また、徳洲会さんの開院につきましては、院長さんとも面談をしているところでございまして、二次救急医療等につきましては、ぜひとも担ってほしいというようなご意見もいただいているところでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) ありがとうございました。

 それと日吉台、徳洲会さんの予定地の周りは、病院とかクリニックとか小さな病院があるんですけども、そういう周辺の病院に対する関係といいますか、どうなっていくのか、ちょっと市としての考えを伺いたいと思います。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 周辺病院の関係でございますけれども、現在、日吉台小学校区には病院が1、診療所が7、歯科医院が九つございます。そういう関係で徳洲会としては、医師会への加入により開業の先生と密接な関係を築き、医療機関の共同利用や開放病床の提供、また、かかりつけ医との逆紹介等、病病・病診連携を進める考えであるというふうに聞いているところでございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) わかりました。ありがとうございました。

 それでは、病院関係で最後にお聞きしたいんですけども、285床とれたということで大変喜ばしいことではありますけども、病院関係者としては将来どのようにするのかといいますか、どういう将来像を描いているのか、もしわかればお聞かせいただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 病院の将来像ということでございますが、現在350床の申請というようになっているところでございまして、ご承知のように285床ということでですね、配分が申請よりも若干下回っておりますので、その辺の関係で明確には申し上げられないところもあるわけでございますけれども、診療科目等につきましては、当初の診療科目どおり実施していただきたいというようなことも考えておりますし、また今後の病床数でございますけれども、当初352床で申請しているということもございますので、将来的には、また増床ということも考えているのかなというようには推測できるところでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) どうもありがとうございました。

 次、日吉台小学校前の、小学校南門の土手の件ですけども、関係者はみな御存じだと思いますけれども、グラウンドが非常にかたくて、雨が降るとそこに水がたまってプール状態になるわけですね。そうしますと、そのプール状態の水が土手を伝わって流れてくるわけですよ。それが年月とともに、どんどん歩道を侵食していて、歩道に今土砂が乗っている状態ですね。芝生はもう全くはがれちゃっておりまして、犬の散歩の方なんかも、もう犬が自由にそこら辺を歩いているということでございまして、近所の方から、何だ、この状態はということでお叱りを受けました。

 実際、バス通りの方はコンクリートできちんとやって、土どめをして、雨水が流れないようにしっかりとされていると。この点は非常に評価されております。その方は、やっぱり南側の方までコンクリートで何でしっかりやらないんだという主張をされておりますので、ある程度、近所の方はほっておけないということがありますので、ひとつ再考していただきたいと思うんですけども、どうでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) ただいま校舎内の排水問題も含めて、今後排水状況等を検討した上で、どういう水の流れになっているかをとりあえず把握したいと思っております。その上、校舎内の排水をどのように持っていくか、南側に持っていくか北側に持っていくか、そこら辺についても今後検討していきたいというふうに考えております。

 なお、乗り物の対策でございますが、メーン通りにつきましてはバス通りでございますので、高低差がある関係から現場打ちのコンクリートでの対応策をしたわけですけれども、南側につきましては高低差が比較的ないような状況でございますので、芝張り等で対応してきたところでございますけれども、今後につきましては、芝のはがれ等につきましては修復もしながら対応していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) わかりました。ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 それでは、小学校の方は終わりますけども、続いて、いわゆる計画道路の件ですけども、これはきのうの佐藤照子議員に対しての回答もございましたけども、真っすぐ計画道路やっていただければ、第5児童公園のところくねくねと曲がって、非常にあそこは、すれ違いも非常に危険なんですね。それを何十年とこういう状態が続いていますから、市の方の財政も大変厳しいかと思いますけども、やはり真っすぐ道路を貫通するように、ひとつご努力をいただきたいなと思います。

 それから、周辺のいわゆる土地の件なんですけども、いわゆるボックスカルバートの周辺の空き地に、セイタカアワダチソウが群生していまして、花の咲いている時期はその花粉でアレルギーを起こしていらっしゃるご婦人がいるんですけども、そのご婦人というのは、その空き地に隣接したところにお住まいでございます。

 何年か前、去年ですか、ことしと2回ほど地権者のご了解をいただきまして、アレルギー状態をほっておけないということで、自治会で自主的に草刈りをしたんですよね。ですけども、また草が生えてきたということで、これは自治会でやっていますけども一時的な対策でありまして、本当の解決にはなっていないんですよね。その空き地にはいろいろな雑草が繁茂しておりまして、また同時に、いわゆる、入るとぬかるみに足をとられるという湿地帯でもありますので、最近伺ったんですけども、蛇が入ってきてびっくりしたということを伺いました。何十年間もそういう状態が続いておりますので、その家族のご心労は大変なものだと思うんですよね。

 こういう背景からして、ひとつその周辺の土地の草刈りとかいうようなところを解決するようにお願いしたいと思いますけども、ご見解を伺いたいと思いますけども、よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) お答えをいたします。

 この水利用地につきましては市の管理となっておりますので、市が管理すべきものですが、暫定調整池につきましては民地となっておりますので、市での管理はできないというふうに考えております。

 しかしながら、今議員おっしゃられましたように、周辺住民への影響も大変大きいということですから、地権者に対しまして管理をお願いするなど、対策を検討してまいりたいと思います。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(森田清市君) 次に、高橋益枝さん。

          (高橋益枝さん登壇)



◆(高橋益枝さん) 高橋益枝でございます。2点について一般質問をさせていただきます。

(1)学校給食について

 ことし1月24日、文科省の発表で2005年度、約22億円の未払いがあったということ、全国ですね、これは。児童数の1パーセントに当たる10万人。未納の主な原因として、全体の約6割の人が保護者の責任感や規範意識の欠如ですね、払わない保護者が増加しているということなんです。それで、給食費の未納について我が市ではどういう対策をとられているかということをお聞きしたいと思います。

 また、給食費の設定の基準はということですが、今、食材費として1食当たり小学生230円、中学生270円徴収しておりますけれども、この基準をお聞きしたいと思います。

(2)環境問題について

 ?プラスチックトレー等の回収について

 今、富里市では部分的なところで回収しておりますが、それが何箇所ありますか。

 また、これからプラスチックトレーを分別回収をすることは考えていますか。

 ?ごみ収集袋の有料化についてはどうですか。

 ?生ごみの堆肥化について

  ア 可燃ごみの年間処理費用は。

    その中で生ごみはおよそ何パーセントくらいか。

  イ 住民が行っている生ごみの堆肥化について、市はどのようにとらえていますか。

  ウ 生ごみの堆肥化について、これまで市として検討したことはありますか。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 高橋議員の一般質問にお答えします。

 なお、教育関係のご質問につきましては、教育長が答弁いたします。

 まず、環境問題についてでございますが、プラスチックトレー等の回収につきましては、現在、北部コミュニティセンターにおいて食品トレーの回収を行っております。また、平成13年から実施している、ごみの減量・リサイクル協力店に登録している4店舗で、食品トレーの自主回収を行っております。また、これからの分別回収については、現時点で予定はございません。

 次に、ごみ収集袋の有料化についてでございますが、ごみの有料化は一定の削減効果や市民の意識改革にもつながることから、ごみの発生抑制に有効な手段と考えられておりますが、住民への理解、負担の公平性、不法投棄への配慮などさまざまな課題がございますので、今後検討してまいりたいと考えております。

 次に、生ごみの堆肥化についてでございますが、平成17年度の可燃ごみの処理費用は、約2億8,000万円であります。その中で生ごみの占める割合は、正確には把握できませんが、約2割から3割くらいであると思われます。

 次に、住民が行っている生ごみの堆肥化について市はどのようにとらえているかでありますが、平成3年度から生ごみ堆肥化容器等助成事業として、容器等を購入し、ごみの減量化に取り組んでいる世帯に対し、購入費用の一部を助成しております。生ごみの堆肥化は、ごみの減量効果が期待されることから、今後とも普及啓発に努めてまいります。

 次に、生ごみの堆肥化について市として検討したことがあるかのご質問ですが、検討したことはございません。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 教育長、新谷喜之君。

          (教育長 新谷喜之君登壇)



◎教育長(新谷喜之君) 高橋議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、給食費の未納対策についてでございますが、学校給食は保護者に負担いただく給食費で成り立っていることを理解していただくため、学校だよりなどに給食費納付の記事掲載、入学説明会での給食事業の経費に関する説明書の配付など、さまざまな機会を通して納付についての理解を求めております。

 しかし、折に触れ理解を求めているにもかかわらず未納になった場合は、未納通知書の発行、あわせて電話催告の実施、保護者面談時の納付のお願い、一部未納者を対象に口座振替から現金納付への切りかえなど、納付いただくための取組を実施しております。それでも納付されない保護者については、戸別訪問により納付をお願いしているところであります。

 今後は、これまでの取組の一層の強化を図ることとし、他市町村において効果のあった取組を参考に有効な手法を考えてまいります。

 次に、給食費の設定基準についてでございますが、給食費は、学校給食法第6条第2項に基づき、同法施行令第2条の設置者の負担すべき学校給食の運営に要する経費としての人件費と、施設及び設備の修繕費を除いた経費を、受益者である保護者に求めるものであります。

 本市におきましては、保護者の負担を考慮して、給食の賄い材料費のみを給食費としていただいております。給食費の算定につきましては、学校栄養職員が栄養のバランスやカロリーなどの1日の摂取量を計算し、献立の年間計画を立てておりますが、現在、幼稚園と小学校は1食当たり230円、月額3,870円であり、中学校は1食当たり270円、月額4,640円となっております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) お答えありがとうございました。それでは、再質問させていただきます。

 今、未納の、富里市ではどのくらいあるかをお聞きしたいんですけれども、全国的に見ますと、学校数が、小学校ですね、1万3,446校のうち、そのうち未納の生徒がいた学校数が9,107ですね、平成17年度の学校給食費の徴収状況から見ますと。中学校が4,568校あるうち、四千八百……違いました、すみません。9,368のうち4,800ですね。小学校は2万2,553のうち9,107。この中で、未納ではない学校もあるわけですよね。小学校が40パーセント未納がある学校、中学校が約51.2パーセントということなんですけども、そのうち児童・生徒数が、小学校が6万865人、中学校が3万8,128人ということで、ある程度どんどん増えている状況なんですが、富里市の中で未納のない学校というのはあるんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 未納のない学校というのは、まだ年度で締めておりませんけれども、現在の納付期限時か納付すべき日までに入っていない学校は、全部入っているということはあり得ないんで、年度末になりますと、大体過去の類型からしますと、ほとんどの学校が未納者がいるという状況でございます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 今まででそういう、単年、まだ年度末になっていないかもしれませんけれども、前年度まで、今年度じゃなくて前年度まででも、ないんですか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 全額納まっている学校は、ございません。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) じゃ、富里市では、もう本当に全学校、中学校、小学校、ほとんど全部が未納の子供たちがいるということですね。その中で、先ほど教育長がおっしゃいましたけれども、戸別訪問までなされているということですね。それは大変なことだと思うんですけど、学校の先生が行っているんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) それはケース・バイ・ケースでございまして、過年度分につきましては教育委員会の職員が対応しているというところでございます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 学校の先生は別にそういうことはしていないんですね。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 学校側の方は、現年度の方を中心的にやっていただいておりますので、現年度分につきましては、電話連絡等を各先生方でやっていただいております。

 教育委員会の方としては、過年度分を戸別訪問をしながら処理しているという現状でございます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) わかりました。

 それでその徴収方法として、他の自治体ですね、自治体でどういうことをしていますかと聞くと、裁判して給与差押さえの場合もあるみたいですけれども、児童・生徒が、その現象をなくすために、未納の家庭をなくすためにどういうことをしていますかというと、児童・生徒が直接学級担任に手渡している、それが約、全国で小・中合わせて12パーセント。児童・生徒が直接学校事務職員に手渡している、それが1.3パーセント。保護者の金融機関の口座から引き落としている、それが多くて70.9パーセントですね、全国で。富里市はこれだと思うんですけれども、指定した金融機関へ振り込んでいる、これが6.1パーセント。PTA等と連携し徴収をしている、これが3.6パーセント。

 その他として、専ら徴収業務に従事する臨時職員の採用、それと集金箱を設置し、教員、学校、事務職員等が徴収、教育委員会や委託を受けた金融機関が学校に出向き徴収。いろいろあるんですけれども、これから強化されるということでしたので、どういう強化の仕方をなされるのかと、それが心配なんですが。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 今言われた徴収方法というのは、個人が学校に現金を持ってきて、指定された銀行員が学校で集金して口座に振り込むという委託関係でやっていると思うんですよね。ですから、今現在、富里市の場合は、口座振替で対応しております。未納があった場合にはすぐ、直ちに数字、出てきますので、電算によって出てきますので、すぐ個人に未納であるという旨を早急に学校を通して、担任から子供さんに、未納であるよというような状況をすぐ知らせているような状況でございます。そうしますと、父兄は口座から振り落とされませんでしたので、慌てて教育委員会なり学校の方に現金でお持ちになって納入していただくという形を、今とっております。

 それでも未納の場合につきましては、再三にわたり学校側、それから教育委員会等で電話並びに文書で督促したりしているような状況でございまして、年度内になるべく納入していただくよう、今、学校と再三にわたって努力しているわけですけれども、やはりどうしても次の年度になって過年度分として残りますので、それについては、教育委員会が重点的に保護者に通知を出して家庭訪問をして、納入についての督促をしているという状況でございます。

 先ほど高橋議員おっしゃられました法的ないろいろな問題点、今後あろうかと思いますんで、先般の国における調査の結果が出ましたので、保護者面談とかそういう形で未納が少なくなったという事例もあるようでございますので、その辺も参考にして学校側といろいろな協議の中で、保護者面談時に納入のお話をするとか、入学の説明会では当然そういう問題につきましても十分説明していって、対応していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 今、入学時に説明とかいろいろなさっているらしいんですけれども、そういう給食費とか給食の、保護者との契約とかそういうのはないんですか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 民法上の契約的な形はとっておりません。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) いろいろと、これに関しては大変なところがあると思うんですけれども、今後払わない人がどんどん増えて、払っている人の中のお金で食材費、賄うようになると寂しい給食になっちゃいますよね。それ、すごい心配なんですが、そういうところはまだ、そこまではいっていないということなんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) そこら辺まではいっていないというふうに言えるかどうか、私自身はちょっとわかりませんけれども、要するに今現在の給食費の状況の中で、年間の予算の中で栄養士がカリキュラムを組んで、当然1食のカロリー計算した上で対応して、市内の業者を重点的にそういう見積りをとった上でやりくりをやっておりますので、今のところ、御存じのように平成18年度から民間委託した関係もありますけれども、皆さん努力してカロリーを落とさない、なおかつ量も落とさないような方向で今努力しておりますので、今のところそういう影響はないのかなというふうに、私は感じております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 今は大丈夫でしょうが、将来的にそういう心配はあり得るんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 未納が多くなればなるほど、そういう問題は懸念されると思っています。そういう認識でおります。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) そうしますと、その中で先ほど申しましたように、払っている方に影響が出てくるわけですよね。ですから給食費の、先ほど食材費で、小学校・幼稚園が230円、中学校が270円という設定で、富里市は幼稚園と小学校が月3,870円、中学校が4,640円になっています。それで全国平均が、小学校が3,900円、中学校が4,500円。千葉県平均ですと小学校が4,100円、それで中学校が5,200円。近隣市町村ですと酒々井町が、小学校が4,500円、中学校が4,800円。四街道市が4,500円、小学校ですね。中学校が5,500円。成田市は小学校は4,000円、中学校が4,600円。富里はすごく恵まれていると思うんですね、安くてね。だから、それですごく努力なさっているのはわかります。

 その中で、体の大きさが違いますよね、小学校1年生と6年生では。その中で、県の方で調べたのによりますと、小学校が、低学年、中学年、高学年と分かれていまして、その中で少しずつ、低学年になるほど給食費の値段が安くなっているわけですね。月、給食回数188回で計算していますけれども、そういうように食べる量が違いますし、また配分する量も違うと思うんですね。一律には、1年生から6年生、全部同じ量、配分していないと思うんですね。そうしますと、未納の問題もありますけれども少し、低学年、中学年、高学年と分けなくてもいいですから、下の方の1、2、3年生ぐらいですね、違うような費用に、費用を低学年と高学年で少し違えることができないんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 今のご質問でございますが、要するに、低学年の子供さんと上級生の子供とのメニューを変えるということは、ちょっと現実的にはやっておりませんので、やはりどうしても小学校は小学校の同じメニューで対応して、同じような取扱いをせざるを得ないのが今の状況でございますので、料金によって、食べる食べないから料金を下げるというようなことは、ちょっと現実的には難しいのかなというように考えております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 食べる食べないとか、メニューじゃなくて、分配する量ですよね。1年生と6年生、同じ入れ物の中に同じ量を配っているんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 現実的には、同じ量の配分で対応していると思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) それですと、1年生だとすごく残ってしまうと思うんです。6年生だと足らないと思うんですけど。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 各学校において、クラスによってはすごく余るものもあるし、やはり体の大きい子供はかなり食べておりますので、そこら辺については、やはり個々のクラス担任が判断して対応しているというような現状でございます。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) それと、それに連動して、幼稚園も同じ値段なんですよね。幼稚園も、小学校6年生と同じ量なんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 幼稚園の場合には特例として対応しておりますので、やはり小学校と同じメニューであれば、量どうのこうのじゃなくして、やはり同じ料金で対応せざるを得ないのが現実だと思っておりますので、ご理解していただきたいというように考えております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 保護者にしてみれば、少しでも低学年のときに、量が少ないというのは6年生と1年生の子供を持っていればわかりますよ、食べる量が違うというのは。それでやっぱり同じ、6年生にいて1年生にいて、2人お子さんいた場合に、同じお金を払うわけですよね。やっぱり親にとっては、ちょっと納得がいかないかなというところがあるんですけれども。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 現実的に幼稚園の場合は、小学校と違いまして、確かに高橋議員が言うように量が少ないかもしれませんけれども、メニューそのものは全部同じ、カロリーも計算して対応しております。やはり公立幼稚園だからといって、仮に今の3,870円を、幼稚園だから3,000円という対応をいたしますと、やはり仕入れとあれは全部一緒にやっておりますので、その辺は理解していただきたいというふうに考えています。

 それから、私立の幼稚園については、学校給食会の方で1食幾ら、500円ぐらいで対応しておりますので、500円はちょっと高いのかなと思いますけれども、やはり私立とのバランスもありますので、やはりその辺は理解していただければというふうに考えております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) あまり納得いかないんですけれども、親にしてみれば、3人いたら、もう本当に違ってしまうんですね。中学校行けばまた違いますけれども、中学校3年間はそれほど体力的にも、身長も伸びる時期ですけれども、そんなに変わらないと思うんですけど、小学校は6年生と1年生、随分違うと思うんですね。だから、メニューとか食材とか、カロリー計算もしてあると思いますけど、小学校1年生は6年生ほどのカロリー必要ないですし、何かちょっと納得いかないんですけれども。

 そういう、納得いかないんですけども、これからそういうことが、低学年と高学年で少し給食費の値段をちょっと違えるというようなことはお考えいただけないでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 今の小学校の給食費の料金でございますけれど、現時点では、やはり全体の流れの中で判断しますと難しいのかなと。今、議員ご指摘の小学1、2年生と3年、4年、確かに量は多少変わってきておりますけれども、やはり全体的なバランス、全体の年間のことを考えますと、やはり同じ料金でいかざるを得ないというのが今、我々の考えでございます。

 当然、今の高橋議員の意見につきましては、給食センター運営委員会の方に意見を出しまして、こういう意見があった旨はお伝えして審議していただこうというように考えております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 是非検討していただきたいと思います。文科省が言っています「早寝、早起き、朝ごはん」ですか、それを提唱するぐらい朝御飯を食べないお子さんたちが多いので、給食というのはすごく大事な、そういうお子さんもいると思うんですね。ですからやはり、そういうところも加味して考えていただきたいと思います。

 それから、払えるのに払わない、そういう家庭とはまた別に、払いたくても払えない家庭もあると思うんですね。そういう方には準要保護とか要保護とか、いろいろとあるわけですが、それ今まで民生委員の方もやっていましたが、これからは学校の方で対応するようになったと思うんですが、それの周知はどういうふうになっているんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 要保護と準要保護の関係だと思うんですが、それにつきましては当然学校の方からやはりそういう状況を判断して、各地区の民生委員にもお願いして対応していきます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) それに関連して、また後であれしますけれども、いろいろこの給食費に関しては、いろいろと問題あると思いますけれども、一つ提案として、今、ある市ですね。今、少子化対策とかそういうために、無料にしている市があるんですね、給食費を。すごい大変なことだと思うんですけれども、我が市としては、いろいろ大変なところはあるとは思いますけれども、きょうテレビで群馬県太田市の清水市長さんという方が出てらしていまして、子供の教育に関するお金です、かかる費用ですね。給食費無料、子育て費無料、医療費無料、出産検診、出産費無料、そういうのやっていました。

 それは子供を持つ親にとっては、すごく子供を産みやすい環境になるわけですけれども、そういう進んでいるというか、子供たちにとってと親ですね、そういう人にとってすごい助かると思うんですけれども、その他に北海道の方とか山口県の方などでも、これは過疎化対策のために無料になっているそうです。

 それはやっぱり特別な例なんですけれども、富里市としては、無料とまではいかないでも、もうちょっと安くはなりませんでしょうか。



○議長(森田清市君) 新谷教育長。



◎教育長(新谷喜之君) 無料化の問題につきましては、これは当然学校教育法にございますように、基本的には賄い材料費については保護者負担ということで、当然、これ実際に、例えば料理を、メニューを見ていただいたらわかると思うんですけれども、食べるよりはるかに安い形になっている。最大限、今努力しているところでございます。更にということであれば、これは市の財政状況を十分検討した上で、考慮した上で検討すべき問題だというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) ちょっと一応お聞きしたんですが、今のは。

 その次に、給食ってやっぱり親にとってはありがたいことなんですね。カロリー計算から、いろいろ食材のあれもちゃんとしていますし。

 それで、未払いの人のこともありますけれども、年間給食数が今決まっていますよね、188回かな。それで、学校に出席する日数の方が多い場合、年間二、三回お弁当の日があるらしいんですが、そのお弁当を子供たちがすごく楽しみにしているというんですね。ですから、いろんなことを考えまして、給食のありがたさとかそういうのも、子供たちの楽しみとか考えまして、週1回とか月1回なんですが、お弁当の日とかそういうのは、学校単位で考えるんでしょうか。そういうのを提案したいんですが。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 給食の日数に関しては185日ということで今対応しているんですが、やはり当然学校の方の、学校の年間行事予定といいますか、そういうのがありますので、弁当の日もあるように聞いております。

 ただ、今ご指摘の週1、月1ということになりますと、やはり給食センターそのものが1か所で、各自校方式であれば高橋議員が言われたような考え方も一理あるのかなという気がいたしますけれども、センター方式でございますので、やはり年間を通してやる日とやらない日を、Aという学校はきょうはやらないとか、そういうふうにはちょっとなかなかできませんので、やはり今後の、その辺については課題とさせていただきたいなというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) わかりました。なるべく、子供もお弁当を楽しみにしているので、是非考えていただきたいと思います。

 それから、これは要望というかお願いなんですが、経済的な問題がなくて払えるのに払わない人は別として、そういう方はどんどん厳しく取り立ててほしいと思います。裁判所に提訴して給与差押さえという場合もあるみたいですけど、富里市はないと思いますが。

 でも、準要保護、要保護を受けられないでぎりぎりのところでお子さんを育てているご家庭とかもあるんですよ。そういう方は、よくよく考えて、考慮して、配慮してあげていただきたいと思います。本当に頑張って給食費払っている家庭もあると思います。3人、4人も子供さん抱えていれば、それなりにすごくかかりますから。だから、そういうところを一律にしないで、やはり払いたくても払えないというご家庭ですね、そういうところはよくよく考えて配慮していただきたいと思います。

 以上です、給食費は。

 次に、それでは環境の問題の方に移らせていただきます。

 北部コミセンと4店舗、スーパーですか、食品トレーを集めているようなんですけれども、あと富里市として、資源回収じゃないですけれども、要所要所に置いて、蛍光灯とかそういうのも回収していますよね。それと、あとコンビニが富里市にはたくさんあります。ですから、そういうところでも集めてもらうような考えはできないんでしょうか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) コンビニで回収という件につきましては、今、食品トレーとしてはうちの方の分別収集の位置付けになっておりませんので、経費等出ない状況であります。そういった中でのお願いというのは、かなり厳しいものがあるかなと思っております。

 また、拠点回収という形ですけれども、これについては内部でよく検討させていただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) なぜかといいますと、食品トレーって一般家庭のごみの中にすごく多いんですね。何買っても食品トレーがついてくるわけですよ。ですから、それをやはり可燃ごみの中に入れないで、あれは高温になりますよね、燃やすとね。ですから可燃ごみの中に入れないで、なるべくそういうふうにリサイクルの方にやっていただけたらなと思いまして質問したんですが。

 じゃ、先ほどおっしゃいました拠点回収の方ですね、そちらの方は検討していただけるんですね。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 今、日吉台地区で、コミセンでもって回収を行っているわけですけれども、ただその資源回収の中では、なかなかその食品トレーもいろんな種類がありまして、これを分別しなければいけないということもあるらしいんですよね。そういった中では、それもよく検証しておかないと、費用対効果ですか、そういったことも考えていかないと、安易に回収という形をとるといろいろ負担が多くなってくるのかなと思いますので、その辺も十分検証した中で考えていきたいということでございます。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) わかりました。十分検討していただきたいと思います。

 それから次に、ごみ袋の有料化の件なんですけれども、先ほどいろいろと負担かかったりなんかして、市民にですね、今のところ検討中だということだったと思うんですが、本当に今、富里市では不法投棄が非常に多いんですね。それからごみのポイ捨ても多くて、それ皆さんアダプトでやっていますけれども、それで、そういうことをなくすためにも、私はごみ袋の有料化はしてほしくないんですね。そうなんです。

 あるところで、ごみの有料化というのをやっている市で聞きましたら、それにするまでに2年間、各自治会に説明したりなんかしてやったらしいんですけども、なかなかそれが守られない。ということはだんだん、ここら辺、山林が多いですから、もっとどんどん不法投棄されるわけですよね。有料化になるのかなという心配があったので質問したわけです。だから、当分ないみたいですので安心しました。

 それから、次に生ごみの堆肥化なんですけれども、この前部長さんも一緒に、茨城県取手市の方に生ごみの堆肥化、微生物による生ごみの堆肥化ですね、それに一緒に行っていただきました。視察しました。

 NPO法人がやっておりますけれども、富里市でもそういう生ごみの堆肥化を進めているグループがあります。微生物とか、コンポストとか、いろいろなところありますけれども、その行ったところでは、家庭から出る生ごみで週1回、場所を指定しておいて回収してくれる。それがシルバー人材センターの人。それとNPO法人の人たちがそれを運んできて、生ごみをぼかしというのでやって、微生物で堆肥化するわけなんですが、本当にそういうことをやった場合に、搬出先がなかなかなくて問題なんですが、そこは普通の家庭とか、あとイチゴ農家とか、そういうのをやはり開拓して配っていて、今足りないぐらいなんだそうですね。本当にもう無臭になりますので、生ごみを堆肥化して、また土に入れて、またそれを野菜として育てて、また食べて、こういくわけですよね。だからすごく本当に、リサイクルなんです。土も本当によくなりますし。

 ですから是非、そういうことを今まで検討したことがないと言われていますけれども、これから検討していただきたいんですよね。それをやっている一般市民の人たちも一生懸命やっていますので、市としてお手伝いいただけるとしたらどういう部分があるのかなと思いまして、それを質問します。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) ごみを堆肥化するということは、資源的な意味合いでも大変いいことだなと思っております。

 いずれにしても、こういった堆肥化の問題は入り口の部分は非常にいいわけですけれども、出口の部分では、かなりうまくいかない部分があるかなと思っております。

 そういった中で、出口の部分に対して、農家等に対する使い、要するに使用ですか、そういったことに対しては農協さん等ありますので、協力というんですか、支援はできるかなと思っております。

 ただ、市としてこれを事業化するということは、かなり非常に厳しいことがあるかなと思っておりますので、そういう団体さんが行っているということに対しては、協力できることに対しては協力はしていきたいと思っております。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 出口が本当に大変なんですけれども、でもそれをやっているグループがあります。この前の市長の平成19年度施政方針で、市民との協働ということを強調されました。まさにこれが、私は市民が行っていることを市として協働して、生ごみの堆肥化、小さなことですけれども少しずつやっていけたら、それはいいことなんじゃないかなと思いますが。非常に熱心にやっているグループがあるんですね。それとあと、千葉県でもありますし、あと全国的に、いろんな微生物でそういうのを堆肥化しているところがあります。ここの取手市は、市も年間1,600万円ですか、出してやっているわけですよね。

 ですからそういうことも、これから環境をよくするためにも、少しずつ市の方としても協働ですね、手助けしていってくれたらいいなと思っておりますが、市として今まで検討したことがないわけですから、これから検討なさると思いますが、どの程度まで、さっき農協の方に照会する、農協の方に。すると農協に投げられちゃうわけですね。あと給食残渣とかかなりあるみたいなんですが、そういう残渣ですね。あとスーパーとか病院とかですね。そうところの残渣をまた堆肥化している、それは有限会社とかいろいろありますけれども、そういうのもまたみんな燃やされるわけですよね。それもまたもったいないという考えもあるんですよ。ですから、そういうところも考えて、これから検討していただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 終わりですか。



◆(高橋益枝さん) はい。



○議長(森田清市君) 教育委員会、原部長の方から訂正がありますので。

 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 先ほど高橋議員の、給食の日数が185と言いましたが、187日でございます。

 それと、先ほど各学校の給食費の未納の状況でございますが、平成17年度においては、浩養小学校が100パーセント完納されておりますので、全部じゃありませんで、浩養小だけは完納されているというふうに。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) しばらく休憩します。

            午後2時02分 休憩

          ……………………………………

            午後2時17分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、秋本真利君。

          (秋本真利君登壇)



◆(秋本真利君) (1)過去の質問事項の経過について

 お伺いいたします。

 ?馬産業への振興策について

 ?自転車政策について

 ?選管の公印規程について

 ?駅やリニアシャトルについて

 ?警察署誘致について

 ?ノーマライゼーションの推進について

 ?集会施設の政策変更について

(2)市長給与などについて

 お伺いいたします。

 ?特別職の給与と退職金について

  ア 特例条例ではなく給与条例そのものの減額について

  イ 特例条例の減額率アップについて

  ウ 任期満了時の退職金額について

 ?市長交際費について

 ?市長の資産公開について

(3)各種基盤整備について

 お伺いいたします。

 ?都市基盤整備について

  ア 新年度予算は十分な配慮をしたか

  イ 北新木戸に設置予定の公園について

 ?法務基盤整備について

  ア プロパー職員を配置する法務支援室設置について

  イ 市民参加型の自治基本条例制定について

 ?財政基盤整備について

  ア 民間資金調達の現状について

  イ 部課をまたぐ税徴収専門室などの設置について

(4)子育て支援制度について

 お伺いいたします。

 市の現有制度と取組について

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(森田清市君) 秋本真利君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 秋本真利議員の一般質問にお答えします。

 なお、選挙管理委員会につきましては、書記長が答弁いたします。

 まず、過去の質問事項の経過についてでございますが、馬産業への振興策につきましては、馬のふるさとのPR活動として、平成17年度から船橋競馬場での開催となりました馬のせり市におきまして、来場者への富里スイカの試食を実施しPRを行っております。

 また、一般市民の皆様方が身近に馬と触れ合える場を創出することも重要と考え、産業まつりのイベントでは日本軽種馬協会と両総馬匹農業協同組合の協力をいただき、ポニーの乗馬コーナーを設け、人と馬との親交に努力しております。

 なお、ホースサミットにつきましては、所期の目的は達成されたものと判断し、昨年12月をもって脱会いたしました。

 来年度からの新たな振興策といたしまして、以前から検討を進めておりましたJRAが実施する富里特別競走への参画を予定しております。この事業により、馬産業の振興につながるよう、馬のふるさとを広くPRしていきたいと考えております。

 次に、自転車政策についてでございますが、放置されている自転車の撤去、移動につきましては、他市町村の設置及び管理に関する条例や規則を参考に、自転車法に抵触することのないように条例を改正したいと考えております。

 次に、富里市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の第6条の損害賠償につきましては、市としましては、利用者が故意に施設に損傷を与えた場合を想定しておりまして、どのような場合においても損害の賠償を求める考えはございません。

 なお、設置が原因で損傷を与えた場合には、市の責務として補償するものと考えております。

 次に、駐輪場整備につきましては、駅周辺の対策として成田市と協議を行っておりますが、栗山駐輪場に対する空きスペースがあったことなどから、京成やJRとの協議は行っていない状況でございますが、今後はこの件についても検討させていただきます。

 なお、株式会社ヤオコー、ダイエーと駐輪場の設置等についてお願いしたところですが、来客以外の駐輪場は管理上及び経営上設置できない等の理由から、協力は得られませんでした。

 今後の対応としましては、成田市栗山駐輪場に駐輪スペースが相当数あることから、利用促進について広報等を通じて啓発するとともに、ダイエー跡地等の開発の際には、宅地開発等の指導要綱に基づく事前協議の中で、駐輪場の設置について事業者に依頼してまいります。

 次に、リニアシャトルについてでございますが、昨年の議会で答弁させていただきましたが、それ以来、芝山町においても新たな動きはないようです。

 リニアシャトルの視察はしておりませんが、駅の整備は、市域の都市化の進展や成田空港を取り巻く空港圏地域全体の発展などを見据えた上で、長期的な課題としてとらえる必要があると考えておりますので、今後とも周辺市町や関係機関と連携しながら、情報の収集に努めたいと考えております。

 次に、警察署(交番)誘致についてでございますが、交番の誘致については関係機関に要望しておりますが、人員的な問題もあり、現状では厳しい旨の回答をいただいております。

 しかしながら、市としましては、警察官の増員や交番の誘致に向け、これからも要望を続けてまいります。

 次に、ノーマライゼーション推進についてでございますが、市においても、ノーマライゼーションプランの基本理念である、障害のある人もない人も共に暮らせるまちを目指して、障害をお持ちの方々の実態やニーズの把握に努め、在宅福祉サービスや施設サービスの充実、社会参加の促進等、各種施策を推進し、障害者福祉の向上を図っているところであります。

 今後の施設整備等につきましては、いわゆるハートビル法やバリアフリー法などについて遵守することは当然でございますが、ノーマライゼーションの基本的理念を旨としてまいりたいと考えております。

 次に、庁舎におけるバリアフリー化対策につきましては、階段の手すりの設置やトイレの洋式化に努めているところでございます。

 お尋ねのエレベーターの設置につきましては、本庁舎本体が老朽化してきており、修繕の必要な箇所が増加してきている状況にあります。

 また、電話や冷暖房施設などの附帯設備も老朽化してきており、これらの改修資金も必要になることに加え、本年度はアスベスト飛散防止工事を行うなど、突発的な費用が発生したため、いまだに実現していない状況でございます。

 今後とも、庁舎の全体的な整備計画の中で、予算措置等も含め引き続き検討してまいります。

 次に、集会施設の政策変更についてでございますが、集会施設の補助金制度につきましては、集会施設の設置管理条例制定前から各自治会所有と市所有を区別せず、同等な位置付けにより補助し、整合性を図ってまいりました。

 一方、青年館につきましては、設置当初から設置管理条例がありましたので、昭和60年に青年館と集会所を一体として、富里町集会施設の設置及び管理に関する条例を制定したと思われます。

 なお、設置当初は各地域の利便性を考えて、当時の町が便宜的に事業主体となり整備を図ったと考えられることや、自治会に法人格がなかったことなどから、自治会名義の登記ができず、市に帰属されたと思われますが、本来であれば補助制度に変更した時点で、普通財産と位置付けるべきだったのかもしれません。

 現在は、設置管理条例の廃止により、普通財産に切り替え、各区・自治会に無償貸付けをしており、今後は各区・自治会に地縁団体制度を奨励し、法人化されれば、帰属・寄附により市が所有しているものについては、議会の承認を得て無償譲渡する方向で検討していきたいと考えております。

 次に、私や助役、教育長の給与などについてでございますが、給与条例そのものの減額につきましては、諸事情を勘案し、特別職報酬審議会のご意見もお聞きし、判断することになると思います。

 次に、特例条例の減額率アップにつきましては、減額率を上げる方向で検討してまいります。

 次に、任期満了時の私の退職金につきましては約1,700万円になります。また、助役につきましては約800万円となります。

 なお、教育長につきましては、国家公務員として復職するため支給されません。退職金の計算については、特例条例適用後の減額された金額で計算することとなります。

 次に、市長交際費についてでございますが、現在、市で、交際費の支出につきましては、独自に内規を設けて支出をしているところでございます。

 なお、公職関係者の弔慰金につきましては、公職関係者弔慰金等贈呈要綱に基づき支出させていただいております。

 次に、私の資産公開についてでございますが、前回の定例会で申し上げましたとおり、私の資産等の公開は、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律の第7条の規定により定められた、政治倫理の確立のための富里市長の資産等の公開に関する条例に基づき作成したものを提出させていただいているものであり、その内容は、資産等報告書、所得等報告書及び関連会社等報告書であります。

 次に、各種基盤整備についてでございますが、都市基盤整備についての新年度予算の住民アンケートへの配慮でございますが、平成11年度に実施いたしました住民意識調査によりますと、優先すべきまちづくりといたしまして、広域の幹線道路や市内の公共交通の整備を進めることが最も多い回答となっております。

 新年度の予算につきましては、道路改良事業といたしましては、厳しい財政事情により前年度に比べ減額となっておりますものの、継続して整備中の市道01−006号線や市道01−002号線などの道路改良費として6,980万7,000円を、道路維持補修事業といたしましては、前年度に比べまして増額の5,762万6,000円を計上しているところでございます。

 公共交通の整備といたしましては、昨年度に引き続き、さとバス運行事業として1,046万9,000円を計上しております。

 次に、人員配置についてですが、厳しい定員管理下で職員を増やすことは難しい状況ですが、組織検討委員会での協議や各部等と協議を重ねた上で適正な人員を配置する予定であります。

 次に、七栄北新木戸区画整理事業地内に設置予定の公園の概要についてでございますが、この公園は区画整理により創出された、約1ヘクタールの公園用地を整備するものであります。

 この地区は、市の総合計画等におけるにぎわい核に位置することから、この公園につきましては、市街地のオープンスペースとして市民の憩いの場であるとともに、にぎわいを創出するための一翼を担うことが期待されています。また、鉄道を持たない富里市の玄関口ともいえる高速バスの発着する交通広場に隣接することから、来訪者に市の象徴性をアピールするものであります。

 公園設計の基本的なことにつきましては、地元市民と団体からの代表者12名からなる会議をワークショップ形式で開催、協議を進めております。今年度は、設計の業務を委託中であります。工事の完成予定につきましては、他の事業との調整を図りつつ平成21年度を目途としております。

 なお、公園施設につきましては、富里の原風景であります「野馬の里」のイメージを出すための牧場風のさくや、芝生の多目的広場、通常は日よけや雨天時の休養施設として機能し、またイベント時にはステージとしても利用できる屋根つき広場及びトイレ兼倉庫などがあります。

 次に、プロパー職員を配置する法務支援室設置につきましては、法務部門の充実は認識しておりますが、現状の組織を維持しつつ職員個々の能力向上を図っていくことで対応してまいりたいと思っております。

 次に、市民参加型の自治基本条例制定についてでございますが、分権型社会への移行が進展する中、地域のことは地域で考えて地域で決めるという自己決定・自己責任に基づく地域経営が進んでおり、自治体運営を市民の意思に基づいて行う市民自治を確立することが、今まで以上に大切となってきております。

 こうした背景を受け、自治体の自治の基本を定める規範として、自治基本条例などの制定に取り組む自治体が増えているところであります。

 近隣では、白井市が市民参加条例を、印西市が市民活動推進条例を、それぞれ平成16年6月に制定し、佐倉市が市民協働の推進に関する条例を昨年9月に策定しております。

 それぞれ名称は異なるものの、自治体運営の基本原則として、情報の共有、市民参加、協働のあり方などを定めたものとなっております。

 常設の住民投票制度を盛り込んだ条例の制定もございますが、近隣の自治体ではないようであります。

 市民との協働による行政運営については、私も極めて重要なことと感じており、条例の制定については、市民参加型も含め、今後十分検討をしてまいります。

 次に、民間資金調達の現状についてでございますが、現在、市では、市債の銀行等引き受け先といたしまして、指定金融機関のほか、富里市農協、市内及び近隣に支店を有する銀行等を中心に、利率の見積り競争により相手先を選定して借り入れを行っております。

 また、公募債についてでございますが、国から発表された平成19年度地方債計画では、郵政公社の民営化に伴う郵政公社資金の廃止などにより、公的資金は前年度比11.9パーセントの減額となり、民間等資金の占める割合が高まっております。

 このように、地方債を取り巻く環境が大きく変化する中で、現在、民間等資金につきましては、銀行等からの借り入れだけでありますので、資金調達の多様化に対応するため、住民参加型市場公募債、いわゆるミニ公募債の導入についても視野に入れ、引き続き検討をしてまいりたいと考えております。

 次に、部課をまたぐ税徴収専門室などの設置についてですが、収税部門の一元化を行った際のメリット及びデメリットを検証した結果、現状の組織で実施することとしましたので、現在のところ、徴収専門室のような部門を設置することは考えておりません。

 次に、子育て支援制度についての、市の現有制度と取り組みについてでございますが、市では、「子供が健やかに生き生きと輝く富里」を基本理念とする富里市次世代育成支援行動計画を平成17年に策定し、各種の事業を展開しております。

 具体的な事業といたしまして、子育て支援センター運営事業、母親教室の開催や新生児訪問等を行う母子保健事業、乳幼児医療助成事業等、子供、家庭、地域のそれぞれの育ちを応援する次世代育成支援を推進しているところでございます。

 その他の支援策といたしましては、経済的負担の軽減策として、児童扶養手当や児童手当の支給制度がございます。児童手当につきましては、小学校修了前までを支給対象としておりますが、平成19年4月より3歳未満の乳幼児がいるご家庭に対して、額の引き上げを行う予定であります。

 さらに、国民健康保険の被保険者が出産されたときに支給している出産育児一時金がございます。

 今後とも少子化対策の充実に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 選挙管理委員会書記長、佐々木 智君。

          (選挙管理委員会書記長 佐々木 智君登壇)



◎選挙管理委員会書記長(佐々木智君) 秋本議員の一般質問にお答えいたします。

 選挙管理委員会の公印規程についてでございますが、平成19年2月20日に開催いたしました第1回選挙管理委員会会議におきまして、富里市選挙管理委員会規程に、公印の使用、保管等について条文を加え、また、書記長の専決事項を明記するなどの一部改正につきまして議決を得ましたことから、同日付けで公布、施行いたしました。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 馬産業ですけれども、JRAの特別競走を利用していただけるということで、これ私、05年、2年ほど前にこちらで提案をして、最初はホースサミットがあるからということでしたが、2年間で検討していただいて、部長には視察にもつき合っていただいて、実際に中山競馬場まで行ってレースを見てきたわけですけれども、是非有効活用をしていただいて、富里の馬産業の発展に少しでも資するような形で利用していただきたいと。市長の地元の中沢にも、牧場もたくさんありますから、ぜひ活用していただきたいと。

 そこで一つ提案なんですが、行政側で何もかも勝手に決めて勝手に施行して、スイカって話も出ていましたけども、それ地場産業のスイカも一つですから、PRするのもいいんですけれども、ぜひ、馬に関係することなんで、馬に関係する人たちをチームの中に入れて、馬産業のPRにもなるような形でつながるように。というのは、部長と見に行ったときに、白井特別を見に行って、白井はナシが名産ですからね、ナシをPRしていましたよね。でも馬は当然、あそこはないですから馬はPRしていなかった。

 富里は馬のPRのために、私は一番最初に言ったということもありますから、ぜひ、行政側の、行政の都合ですべて決めるんではなくて、地元のその馬関係の人たちの意見も取り入れた中でやって、進めていっていただきたいなと。席をもらって適当に、そういう偉い、市長だとか政治関係だとか、そういうところにばらまいて「見にきてください」と言うだけじゃなくて、ぜひそういう地元の意見も聞いて、市民参加型で進めていただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。

 これは私、公約としてうたっていたことなので、実現したことについては、協力いただきまして本当にありがとうございました。

 次に、自転車政策のことについてにいきますが、これはちょっとはっきり言いますけども、はっきり言いますが、事前の答弁の打合わせのときは、条例で抵触しないように改正するということではなくて、規則で定めてやっていきたいというような答弁の内容でした。

 そこで、私はちょっとおかしいんじゃないかということで、自転車法の6条に、市町村長は条例で定めるところにより放置自転車等を撤去したときは、条例で定めるところにより、その撤去した自転車を保管しなければならないと、自転車等保管したときは、条例で定めるところにより、その旨を公示しなければならないと定めてありますよと。つまり、規則なんてことどこにも書いてないんですね。これはやるんだったら条例を定めろということが法律で決まっているわけですよ。なのに規則でと。

 私は、前の議会でもこれを指摘しましたよね。なのに、何を聞いていたのかなと私はちょっと思ったんだけれども、やっぱり執行部の考え方の中に、条例を定めるということに抵抗があるのかなとすごく思うんですよ。

 地方議会というのは二元代表制ですから、市長の権限だけで決められる規則というのでは片手落ちなんですよ、これ。片一方の民意の代表者の権限でしか決めていないわけですから、民意はそこに半分しか入っていない。条例で定めることによって、補完されて一つになるわけですね。法律でもそれを予定して、条例で、条例でと、これ先ほど読みましたけれど、しつこいぐらいに書いてあるわけです。つまり、条例で定めなければやっちゃ駄目だというのと同じぐらいに、必ず頭に「条例に定めるところにより」っていうのが、三つも四つも入っているわけです。

 なのに富里市は、私は前回の議会で1回質問しているにもかかわらず、今回で2回目ですよ。通告を出したにもかかわらず、「規則で」と。これは、私はちょっとどうなんだろうな、レベル的にと思うんですよ。だから、私は法務支援室なんかの質問もこの中に出しているわけですね。富里市の能力というのは、そういうところ少し欠けているんじゃないかなと。ほかの部門で優秀な職員さんはたくさんいますけども、ちょっと法務部門が弱いんじゃないかなと。こういう自転車条例一つ見てもそういうふうに感じましたので、ぜひ改善していただきたいと。

 自転車の中で、先ほど損害賠償についても触れていたし、いろいろ言っていましたが、一つ気になるところがあったんですけどね。佐藤議員の質問にも、徳洲会も出てくるし、開発指導要綱の中で事前協議をしていきたいと言っていましたよね。この開発指導要綱による事前協議には、強制力はありますか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 強制力はないというふうに考えています。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 強制力はないんですよね。それで、じゃ、自転車法の5条を見ると、地方公共団体は商業地域、近商地域、あそこは近商ですよね。その他の自転車等の需要の激しい、著しい地域で、区域内において、大量の駐車需要を生じさせる施設で、条例で定めるものを新築し又は増築しようとする者に対し、条例で当該施設もしくはその敷地内又はその周辺に自転車等駐輪場を設置しなければならない旨を定めることができると書いてあるんですよ。敷地内もしくはその周辺にですよ。つまり条例でこれを定めて協議をすれば、つくらなければ建設させないということもできるわけですよ。

 だから、私が言っているのは、条例をうまく使うことによって運営を、富里市が自分で独自で設置をしたり何をしたりすることがなくても、こういうふうにうまく使うことで前に進める場合もあるわけですよ。

 この間、ヤオコーだとかダイエーの話もしたときに、市長もそういうことができるのかわからないのでということをおっしゃっていましたが、条例をうまく使うことによってこういうことも可能ですから。

 病院もまだ何年かかかるというような話でしたから、今のうちにこういうものを精査していただいて、事前に準備をして、富里市に一番いい形で設置していただけるように。病院の建設もきちっとしていただいて、またそれが周辺の住民にとっても一番いい、望ましい形で建つということが一番理想なわけですから。その準備は今のうちからぜひしていただきたいと。

 JRだとか京成だとか、まだ協議もしていないと。これも自転車法の中に、もうしつこいんで言いませんけども、書いてありますよね、協議に努めると。いろんなことが書いてありますからぜひ、規則でというのは、1回目の答弁、実際、打合わせの段階の答弁は規則だったわけですけれども、条例というものに余り抵抗を持たないでもらいたいと思うんですよね。うまく条例を利用して、議会を利用して、その地域の民意だというものをつくれるわけですから、外部に対しても。

 ぜひ精査していただいて、こういう法務部門の充実というのは絶対に重要ですから。これ全く知らなかったわけですよね、市長は私に言われるまで。前回のときに認めましたけど。こういうものを使えば前に進めるわけですから、ぜひ精査していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。

 広告も、ちょっとあまり言いませんけど、これ写真撮りましたけど、12月5日付けで前の掲示板に公示されているわけですよ。自転車預かっているから取りに来いと。これも、先ほど言いましたけど、これ法律で、条例で定めてやれって書いてあるわけですから。富里市は条例ないんですから、これやるのは違法なんですよ、これ。つまり、条例で定めていないのに市民の財産権を侵しているわけですからね、これ。行政であっても、市民の財産権に即時強制で強制を加える場合は、条例で定めなければ侵害になるわけですよ。

 だからといって、やるなと言っているわけじゃないですよ。当然やらなければならない。やらなければならないけれども、法律に用意されているわけですから、その手順を。ちゃんと手順を踏んでやるべきだと思うんですよ。

 手順を踏んでやるべきだと私は思いますけども、部長はどのように思いますか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) その件につきましては、担当部課の方でそのようなことを行った経緯がございます。それにつきましても、今後はきちっとした形でできるように精査をしてまいりたいと思います。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 私の質問のときに、5万人の市民を預かっている500人の職員がいるこの組織が、私に毎回毎回このように指摘されて、毎回毎回謝罪していますよね。ぜひ、5万市民、預かっているわけですから。こういったミス、小さなミスがないように。これだって大した問題じゃないと思っているかもしれませんけども、もし万が一、これで住民側から訴えられたり何かして損害賠償でお金取られたら、それも税金なんですよ。これ負けますよ、市は。やられたら。

 だからそういったところで、今はそういうことが起きていないから大して問題に思っていないかもしれないですけども、無駄な税金を使うことにもなりかねないわけですから。5万市民の生命、身体、財産、預かって、それをきちっと運営して、富里市を健全な形で運営していくっていうのは職員の使命だと私は思いますから。もうちょっと精査してやっていただきたいなと思いますので、よろしくお願いします。

 次、選管の公印規程ですが、これも前回しつこくやりまして、ミスがあったと認めて、3か月、次の、今議会までの間に改定して中身全部変えてくれたということですので、評価いたします。大変早い対応だったなと思います。

 ただ、残念なのは、市の規程を準用していることと、書記長の印鑑がなかったということはちょっと残念だなと思ったんですが、それについては先々の検討課題にしていただきたいなと。近隣で、選管独自のものを定めているところなんかもありますので、参考にしていただきながら、短期から中期ぐらいの目標で検討していただきたいなと思いますので、よろしくお願いします。

 リニアシャトルについてですが、市長は視察していないということでしたが、実は前の、前市長は視察に来ていただきました。市長は500キロ出るリニアモーターカーの方にはお乗りになられていると思いますが、これ全く別物ですから、「リニア」とついていますが。空気で浮いて、リニアで推進するんですね。リニアで浮くわけではないので、全く別物です。これについて、ぜひいつか視察に来ていただきたいなと思うんですが、いかがでしょう。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) すぐそばにあるところへはまだ行ったことないんですけれど、実際、乗ったりなんかしたことありますので。あそこへも行って、芝山ですよね、そこへも行って、視察に、機会を見て行きたいと思います。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 視察していただけるということでしたので、ぜひ近いうちに視察していただいて、これは長期的なものになるのは間違いないですから、腰を据えて長期的な課題として取り組んでいただいて、ぜひ富里市に設置できればなと私は思っていますので。

 隣の芝山町の町長は物すごく意欲的に考えています。これは軌道法という法律を使って設置をしますと、大変安く設置ができて、国の方でも最先端の技術ですので、補助制度がたくさんあります。こういったものを使って設置するということも可能ですから。人件費もほぼかかりません。無人で運行しますから、ゆりかもめのようにですね。つくってしまえば運営費はそんなにかからないというような結果も出ていますので、長期的な課題になると思いますが、協力していただければと、市長、思いますので、よろしくお願いいたします。

 警察署(交番)の誘致については、引き続きやっていただけるということですので、南部の両国駐在所が前に出てきて、いい形で建て直していただきましたが、引き続き今後も、地域の治安というのは大事ですから、推進していただきますようによろしくお願いします。

 ノーマライゼーションの方ですが、何年か前に質問して、エレベーターや何か、ハートビル法に基づいてやっていただきたいということを質問しましたが、これも引き続き、苦しい財政事情でありますけれども、できる範囲の中で推進していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 集会所の政策変更についてですが、地縁団体というものを今つくって、指導して地域に投げていますよね。この地縁団体というのはいろいろと、地方自治法の260条や何かで規定があって、相当数の者が構成員となるものとか、それから富里市の苦手な不当な、差別的な扱いをしてはならないとか、その地域の住民が入ることを拒んではならないとかいう項目がありますが、この辺についてはきちっと要綱みたいなものをつくって、これ市町村長が許可するわけですけれども、これに当たっての何かきちっとしたきまり、規則というのをつくっているんですか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 一応、その件につきましては法人化の手引というものをつくって、これに基づいていろいろ指導しているということでございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) その手引も、私も見ましたけども、ちょっときちっと書かれていない部分も、今言ったような部分でありますので、ぜひ、地縁団体利用するというのはいいことなんですけれども、地縁団体というのはちょっと、一説では危ないんじゃないかというような意見もあって、その理由というのはこの間お話ししたので、ちょっと省略して省きますが、わかっていますよね。その辺を含めて、その辺がそういう手引には書いていませんので、きちっと精査していただきたいというように思います。

 集会所の施設の政策変更については、過去にもさんざん1年以上やってきたので、これ以上言いませんが、きちっと精査していただいて、先ほど普通財産にすればよかったと、早い段階で。それも私に1年間さんざんやられて、途中で政策変更して、集会所の施設も全部普通財産に変えて、全部地域に投げるようにしましたけど、これだって先ほど言った自転車条例と同じで、法律精査すればこんなことわかっていることなんですよね。この辺が、富里市っていうのはどうもちょっとレベルが低いような、はっきり言えば、思いますので、きちっと今後も精査してやっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 次に、市長の給与の方にいきますが、市長の給与、この間、県の方で調査結果が出て、全市、県内、出ましたよね。それで結局、富里市は市長給与は、全市町村の平均よりも高いんですよ。でも、富里市議会議員の報酬は全市町村の議員報酬よりも低いと。

 この辺のバランスを見ても、全市町村ごとと同じ比べ方をしても市長の方が高いわけですが、市長、先ほど特例条例の方の減額率を上げて、下げるような考え方もあるというようにおっしゃっていましたが、具体的にどういうように今考えているのか。この議会に10パーセント、今5パーセントのものを10パーセント下げさせてくれというのも、私も提案者で出していますが、この下げるということについてどのような見解をお持ちかお聞かせください。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) できれば条例化したい。そのときにきちっと下げたいな、10パーセント下げて条例化したい。そうすれば今度、この期間じゃなくて、市長の給与はそれで決まりますので、そのようにしたいというふうに思っています。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 今、期間ではないとおっしゃったのは、要は特例条例ではなくて、本条例自体を下げたいということでよろしいですか。もう一度、確認でお願いします。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) そのようにしたいと思います。ただし、これを私は公約としてやりたい。そういうふうには考えております。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 公約としてやりたいということは、次の6月議会ということではなくて、ご自身がこの間出馬表明されましたけれども、次の選挙の公約として戦うというような形でよろしいですか。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) じゃ、よくわかりました。方向性がよく見えたので。わかりました。

 じゃ、次に退職金の方ですけれどもね、市長1,700万円、助役800万円ということですが、これ辞退しても市の方には入らないということで、市長の判断はどうされるのかなと、期待してもらっていていいというようなことを発言されていたのでね。

 ここで一つだけ言いたいんですが、市長、市長がトップとして下に約500人の職員がいますが、市長以外の職員は職員ですよ。本当の意味で職員です、助役以下も。助役は政治任用ですが、助役はもともと職員ですし。政治家は市長しかいないんですよ。政治的な判断と行政的な判断というのは、ずれるときが多々ありますから。これを決断するのが市長の判断ですよ。これを職員に相談したところで、本当の意味で政治的に市長の立場を考えた答えが返ってくるかどうかというのは、私はわかりませんが、その辺は加味してお考えになられた方がよろしいんじゃないかなと。

 つい先日、某幹部の職員にその話をしたときに、やっぱり市の得には1円もならないからもらってもいいんじゃないかと。でも、この判断は政治的な判断だと私は思いますので、ぜひその辺は考えた方がよろしいんじゃないかなと私は思いますので、一言だけ申し上げておきます。

 あと助役についても、助役は元職員で早く退職して助役になったという、その事情もあります。わかっていますけれども、市長だけじゃなくて、助役の方も4年に1回800万円もらえるというのは、ちょっと一般の市民の感覚からすると驚くんじゃないかなと思いますので。一言ちょっと言っておきたかったので聞いたんですが、その辺も含めてぜひ、財政事情が厳しくて住民に我慢を強いている部分もたくさんありますのでね。

 市長は、すべてここにつながっちゃうんですけれども、次の交際費ですけどね。今の退職金も含めて、ここにお約束していますよね、住民に。見せなくてももうわかると思いますが、自身のなので。減らしますと、これを重点的な政策に配分するんだということを公約でうたっていますが、残念ながら、この交際費を見ても特段減っていません。500万円だった枠を300万円に下げているだけの話で、それは予算枠を減らしているだけで、決算枠ほとんど変わっていないんですよね。スイカの贈答をやめたのを除けば、ほぼ横ばいの推移です。

 試しに、一応サンプルの資料として、前の義雄市長のときの、平成14年8月から今の堅治市長になるまで。堅治市長になってから1年間で、額で比べると、義雄さんのときの直前の1年間、240万円使っているんです、8月から9月まで。堅治市長の9月から次の年の8月までで237万円なんですよ。市長はここの中で5万市民に、私の交際費を下げて重点政策に振り分けますよと約束したにもかかわらず、たったの3万円しか減っていないんですよ。

 この辺もわかります。職員は言うでしょう。何か会合に行くときに、市長、危ないですから、これ交際費で出せる内規になっていますから持っていった方がいいんじゃないですかと。

 でも、公職選挙法でも、会費制の会合に会費を、会費の額で持っていくことは決して違法じゃありません。前、違う議員も質問していましたが、市長に来てもらいたいというだけで、市長にお金を持ってきてもらいたいなんて思っている団体、いないと思うんですよ。

 会費制のところには、きちっと公選法でも認められているわけですから会費を持っていく。会費制がないところには会費を持っていかないと。そして、そういったものには市長交際費を使わないというだけで、これ内訳全部とりましたけど、やっぱりそういう会費が一番多いわけですよね。何百万円も使っているわけですよ。この辺をご自身が精査するだけでもかなり減るんじゃないかなと、そしてその減ったお金をこの公約の中で、自分の重点政策に使いますと。ご自身のために使えるわけですから、重点政策に。

 私はそういうふうにお約束、ご自身がされているんだし、そのようにした方がいいんじゃないかなと思うんですが、いかがですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 非常にこの、難しいところがあるなというふうには思っております。ただ、私もだんだん手ぶらで行くことに慣れてはきたんですが、先代から比べると非常に駄目だという、どこに行っても言われている現在でございまして、その点なかなか解消ができないというところにつらいところがありますけれども、もう1期も終わりのところに来て、相当皆さんも慣れてきたのかなと思いますので、できればそういうことを持って歩かなくてもいいような時代に向けていくべきだと、私も思いますので、皆さんの協力をいただいてやっていきたいなと思います。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 市長交際費というのは、ここに手元に近隣の市のすべての交際費が書いてあって、これスイカを入れれば成田の次に多いんですよね。スイカ抜いたとしても、上から二、三番目なんですよ。成田の次ぐらい。ほぼ、スイカを入れちゃうと成田に準ずる額ぐらい使っちゃっているわけですよ、交際費をね。ほかの市というのは、例えば佐倉市であっても、17万都市の佐倉であっても124万円なわけですよ。先ほど言ったとおり、堅治市長になってから、相川堅治市長になってから、最初の1年間で237万円使っているわけですよね。この辺というのは、ご自身も公約されているわけですから、もう少し精査された方がいいんじゃないかなと思いますので、お考えになっていただきたいなと思います。

 次に、資産公開の方にいきますが、確認をしておきたいんですが、「前回も申し上げたとおり」というふうに答弁の中でなっていましたが、資産の中身について、私、前回も誤りや抜いているものや何かございませんかと質問して、間違いないという答弁をいただきましたが、今でもそのような認識でいらっしゃるか、お伺いします。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) すべて調べていただいて、出させていただいておりますので、もし間違いがあって何かほかに漏れ、落ちがありましたら、すぐまたそれをいたしたいと思っております。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 私、前回の議会でこれを聞いて、たった一言だけ、間違いありませんかと言って、間違いがないと言って次に行ってしまったんで、余り感じなかったかもしれませんが、ボールを投げたつもりだったんですよ。ぜひ聞きに来ていただくか、もう一度ご自身でよく精査していただきたかったんですが。

 この資産報告書、過去4年、15、16、17、18と4年分ありますが、この中に、土地の部分で中沢の387−1から始まる番地で6筆ぐらいあるのかな、ありますが、この住所、地権者を調べましたが、相川堅治というふうにはなっていませんけれども、中沢の387番地に土地をお持ちですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) ちょっと調べてみないとわからないですけども、すべて書き出して、出してありますので、その土地が私の土地でないか、ちょっと正確に調べてみないとわかりません。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) ここには中沢となっていますが、私、おかしいなと思って自分で調べたんですが、これは法務局の登記簿です、登記簿。立沢なんですよ、住所が。

 市長にお伺いしますが、私人なんで名前は出しませんが、Hさんの土地を入手された記憶がございますよね。あそこは立沢じゃないですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) あそこは立沢ですから、立沢になっていると思いますけど。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) ここに過去4年間の資産報告書がありますが、すべて中沢になっております。この間違いについては、過去4年間にさかのぼってすべて修正するということでよろしいでしょうか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) もしあの土地が中沢になっていたとしたら、修正しなくてはいけないと思います。だけど、そういう間違いがどこで起きたかちょっとわからないんですが、もし私の思っている土地であったら、工業団地の代替地として取得した場所ですので、あそこは全部立沢になっているはずだと思っていましたので、それは修正させていただきます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 修正するというお答えでしたので、ぜひ質問が終わった後に早急に調べていただいて。これ大事なことですからね。市民に対する、一歩間違えば裏切り行為ですから。ただの誤記載であったということだと私も思っていますし、それで間違いないと思いますが、ぜひよく調べていただいて。

 私、3か月前にこれ振ったわけですよ。3か月の間に気づかなかったのも、だからさっきの法務部門のあれじゃないですけど、よくお考えになっていただきたいなという思いで質問を出しましたので、終わった後に早急に精査して、間違いがあるんであれば早期に修正していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 次に、基盤整備の方に移りますが、新年度予算、都市建設部関係にもう少し、住民アンケートでも1位だし、厚く配分していただきたかったなと思って、お願いもしました。十分配慮していただいた結果でほぼ横ばい、ちょっと上伸び程度だったのかなと。この辺が苦しいところですが、こういったことを憂慮して、有能な職員が外に出てしまうという事態も起こってしまいました。

 私は、これは職員というよりも、市長ではなくて住民の皆様におわびしたいと。議会の20分の1の私個人の見解ですが、これは有能な職員がこのような事態で流出してしまったことに、市民の皆様におわび申し上げたいと。そして十分配慮していただいて、市長、何とか住民アンケート、数百件、数千件と来るわけですよね。手厚く配慮していただきたいと。やっぱりこれ、生活の基本なんですから。来年度もぜひ、補正なども含めて配慮していただきたいなと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 北新木戸の設置予定の公園についてですが、さくをやるとかラチ風にするとか、いろいろな話も聞いていますが、地元の方の意見を聞いているということもわかっていますが、ぜひ一つは馬関係、先ほども言いましたが、そういうところの団体の意見もぜひ取り入れていただきたいと。あそこは土地がもともとそういったところの土地を利用しているという経緯もありますから。地元の方の意見を聞くということも重要ですが、馬に関するような形でラチ風にしたいとかそういう思いがあるんであれば、ぜひそういう中に馬関係の人も入れてもいいんではないかなと。

 かえって行政だとか地元だからということで折衝するよりも、そういう馬関係なら馬関係同士で折衝した方がうまくいくんではないかなという思いも、私は持っていますので、その辺を十分考慮していただきたいと思いますが、いかがですか。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) そのようにさせていただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) あと、野外広場で屋根つきの部分ですけど、強く反対している議員さんも何人かいるようですし、十分その活用について、大きなお金をかけて投資してあそこにつくるわけですから、つくったはいいけれども廃墟になってしまったということでは仕方ないですから、管理費もかかるでしょうし、十分その活用も含めた中で、先ほど言った様々な人の意見を取り入れて有効に展開していっていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 プロパー職員を配置する法務支援室は、もうさんざん言ったので飛ばします。

 市民参加型の自治基本条例というのは、先ほど1回目の答弁の中で、市長が制定したいというような強い思いを感じましたので、期待をしております。

 財政基盤整備についてですが、公募債は、ちょっと私はいろいろと思うところがあるので質問しませんが、指定金融機関以外からの調達の考えについてですが、デクシア銀行というのはいつ認知しましたか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) この件につきましては、残念ながらおととい、私は認知をいたしました。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) おととい私が職員に話をして、調べてみたらどうだということで提案したんですが、これ04年に来ているんですよ、日本に。そして許認可は去年取っているわけですね。もう2年も3年もたっているわけです。これは自治体学会や何かの、自治体関係者の中ではすごく有名で、フランスにあるもので、物すごく大きな銀行です。フランスではもうシェアが40、50あって、自治体はほとんどそこから民間資金調達を頼っているような状況でありますし、70年もの長期にわたって貸付けてもいいと。自治体専門の銀行ですから。

 これ、こういったものを知らないということも、情報収集能力もどうなのかなと思うんですが、こういったものも有効に利用して、今後財政厳しいわけですから。

 市長、おととい知ったってわけですからね。こういうものも含めた中でぜひ、財政厳しいと言っているわけですから、せめて情報収集、富里市のプラスになるものは拾っていくと。これお金かからないわけですから、やっていただきたいなと。ただお金がない、お金がないと言い訳だけして市民に言っていればそれで済むのかといえば、そうはならないわけですから。こういったものを見つけて有効に利用していって、少しでも市民のためになるように政策展開していただきたいなと思いますので、よろしくお願いします。

 部課をまたぐ徴収専門室は考えていないというようなことでしたが、メリット、デメリットを検討した結果と言っていましたので、今ここで言ってもらわなくても結構なので、多分紙媒体の資料があると思いますので、後ほどその検討した経緯、結果の資料をいただきたいと思います。

 子育て支援についてですが、第二子の出産に10万円と大網白里町が決めて、予算も前年度に比べて20.3パーセントの伸びを示した。要は町長がここに、おれはやるんだ、手厚く振るんだということで、20パーセントも予算を増額したわけですね。これはもう完全に政治判断で、首長のやりたい政策の方向へのシフトだと思うんですよ、これ。町長がかわったことによって。この辺でこういうことで、こういうこともできますが、市長はこういうことについてどのように考えているかお聞かせください。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) それはもう、十分にできないことはないとは思います。しかしながら、今要望されていることが非常に多い。それにこたえていかなければならない。それを優先させておりますので、財政的にすべてを勘案して、これをやれるということは、今ちょっと不可能だというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 明2日にも一般質問を行います。

 本日はこれで一般質問を終わります。

………………………………



△日程第2 議案第1号

………………………………



○議長(森田清市君) 日程第2、議案第1号 平成19年度富里市一般会計予算を議題とします。

 これから質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、順次発言を許します。

 中野信二君。



◆(中野信二君) 議案第1号に対する質疑、通告書に基づいてさせていただきます。全部で5点ほどお伺いしたいと思います。

 最初は、平成19年度の当初予算において新規事業というものがどの程度あって、その予算額がどのぐらいになっているのか。その新規事業の項目と、その予算額についてお示しいただければと思います。

 それから、市長になってから枠配分方式ということで予算編成が一部されていると思いますが、その枠配分額というのはどのくらいの金額になっているのか。それから、平成19年度予算において、それがどのくらい昨年度に比べて増えているのか、減っているのか。その状況ですね。それから今年度から枠配分でやって、剰余分というんですかね、枠が余った場合には上乗せをするという新しいシステムが導入されているかと思いますが、その上乗せの状況は今どうなっているかということです。

 それから三つ目は、地方交付税がいろいろと変化しているわけですけど、その中で新型交付税、これは面積と人口で応じてするものと、算出されると言われていますけども、そのような新しい制度の導入に伴って、当市への影響はどのようなことが考えられるのか、又は考えているのか。その辺をお示しいただければと思います。

 それから四つ目は、昨日示されました市長の施政方針の中で、主要事業の概要、6ページ以下書かれていますが、市民の協働・連帯感を高めるソフト事業へのシフトをこれまで以上に図るというように言われていますが、予算面ではこのソフト事業へのシフトというものはどのように反映されているのか。具体的に、事業名とか金額等をお示しいただければと思います。

 それから、補助金等検討委員会の見直し結果というものは私どもいただきましたけども、その対象補助金100項目で、19年度の予算額は前年度比、その100項目では4パーセント弱の削減になっているわけです。ちょっと文章ここに書いていませんでしたけども、思ったほど削減されていないなというのが私の印象なんですけども。抜本的と言われていますから数十パーセントになるのかなと思っていましたら、非常に、4パーセント弱という少ない削減になっています。

 その中において、老人クラブ関係の補助金が3項目ありますが、それらを今回は統合したわけです。統合した結果として、その削減率は何と70パーセント。要するに30パーセントしか残らなかったということなんですが、当然、平均4パーセントということですから、当然、上下があって当然なんですけども、ちょっと70パーセントというのは金額が大きい中では、小さいところはゼロになったものもあるわけですから、そういうものは100パーセント、ゼロになったということでしょうけども、金額の大きい補助金の中では、際立って老人クラブ関係の削減率が高くなっているわけですけども、この辺はどのような理由でこういうことになったのか、お教えいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) それでは、4点についてお答えをさせていただきたいと思います。

 まず初めに、平成19年度の新規事業としてでございますけれども、まず一つとして公募型補助金事業が117万5,000円。それから、個別指導補助員配置事業が933万5,000円。これは新規というよりも、より手厚くということになりますか。それから、農地、水、農村環境保全向上活動支援事業が182万2,000円。高機能消防指令センター管理事業が645万5,000円等でございます。ただし、今申し上げましたように、個別指導補助員配置事業につきましては、従来は教育指導事業の中で実施しておりましたが、事業費を拡大した上で独立させたことから、新規事業として取扱いをしたということでございます。

 また、平成18年度補正予算で計上させていただきました障害福祉サービス等利用助成事業、これが14万9,000円も当初予算ベースとしては新規事業として取扱っております。

 2番目として枠配分、前年度比上乗せした状況ということでございますけれども、平成19年度当初予算編成での各部等への一般財源の配分額は、28億87万3,000円でございます。前年度比で5.7パーセントの増となっております。また、このうち各部等の平成17年度における歳入の確保、経費の削減の取組の成果として、各部等への配分額に上乗せ額、インセンティブの合計につきましては1,038万円でございます。

 3番目に、地方交付税の算定に向ける新型交付税等新制度の導入に伴う当市の影響ということでございますけれども、算定の一部に人口と面積を基本として算定する新型交付税や、その交付税改革の具体的な内容が示されておりませんので、現在のところどのくらいの影響があるかは、はっきりは申し上げられない状況にございます。平成19年度予算における普通交付税は、平成19年度の国の地方交付税総額が前年度比4.4パーセント減になること、新型交付税に係る千葉県の試算、これまでの本市の交付実績、財政情報等によりまして計上させていただきました。

 4番目といたしまして、市民との協働・連帯感を高めるソフト事業へのシフトをこれまで以上にということでございますけれども、平成19年度の主要事業として新規事業、公募型補助金事業が117万5,000円を計上しております。

 それと、5番目でございますが、補助金の見直しの中で老人クラブ関係が減額になった理由ということでございますけれども、老人クラブ単独の補助金、健康づくり、この質問でございますが、老人クラブ関係の補助金は老人クラブ連合会補助金、それから単位老人クラブ補助金、健康づくり事業補助金の三つの補助金という前提で回答させていただきたいと思います。

 これを平成18年度と比較いたしますと、全体で43.7パーセントの減となっております。ご質問の中で70パーセントということでございますけれども、70パーセントではございません。

 主な減額といたしましては、県補助金が減額となったこと、補助対象経費など市単独補助分を見直したことによるものでございます。



○議長(森田清市君) 中野信二君。



◆(中野信二君) 最後の老人のところですが、この手元にいただいた補助金見直し状況という中で見ますと、17番……失礼しました。28番から…27、28、29、この三つが統合されているわけですね。平成18年度当初予算で見ますと、27番の単位老人クラブ補助金というのは163万円、それから28番の老人クラブ連合会補助金が71万8,000円。それから健康づくりとして33万6,000円。これが一本化されて、平成19年度当初としては154万円になっていますね。ということは……そうですね、82万2,000円になったんじゃないんですね、154万円でしたね。失礼しました。

 それでも、今言ったようにかなり大幅ですよね、はっきり言いまして。ちょっと70パーセントというのはオーバー過ぎましたけども、私の計算間違いかもしれませんが、かなり大幅に減っているわけですけども、高齢者対策としてこういう老人クラブについてもあると思うんですけどもね。ぜひ、どういう事情でこういうことになってしまったのか、この理由だけお示しいただければと思いますが。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 先ほどもちょっと申し述べたんですが、県の補助が減額となったこと等でございます。



○議長(森田清市君) 柏崎のり子さん。



◆(柏崎のり子さん) 平成19年度の予算質疑を行います。

 単年度収支という自治体の予算からすれば、やはり今年度どれだけの歳入を見込んで、そして市民に対してどういう施策を進めるのかということの観点で予算を提案するわけですけれども、今年度、非常に私は、住民に負担増を強いられる中で、市税がどれだけ確保できるのかという問題があるわけで、その観点から私は、市民税について予算質疑したいと思います。

 まず、今年度の平成19年度は115億1,300万円ほどの予算に一般会計、なっておりますけれども、しかし学校給食が、事業が一般会計化になったことによって、111億円ぐらいの一般会計なんですね。この自治体予算からすれば、人口5万1,000人からすれば、本当に厳しい予算だなということを指摘しなければならないわけなんですけれども。

 そして、市民税の方の質問をお伺いいたしますが、昨年、老年者控除や年金控除を廃止・縮小に伴う住民税等の負担増で、税務課に電話が殺到したということで、非常に皆さんの重税感というものが抗議として電話が行ったわけなんですけれども、例えば個人住民税で、今まで4,000円ぐらいだったのが1万7,000円以上にもなったという中で、今年度どれだけの市民税、収納率が入ってくるのかということを考える中で伺います。

 まず一つ目として、住民税が10パーセントということでフラット化したわけなんですけれども、この定率減税、今年度廃止になります。による増税額は幾らなのかと。これは税源移譲分を除いた額を申し上げていただきたいと思います。

 2番目として、政府は住民税率10パーセントと所得税を合わせた全体の税率が変わらないようにということで、政府広報でも説明しているんでございますけれども、個人住民の負担が本当に変わらないのでしょうか、どうなのでしょうか、富里の方としてはね。いかにも全く変わらないという説明をしているわけなんですけれども、富里の市民にとっては、その影響というのはどういう形で今回の税収から出てきているんでしょうか。

 三つ目として、住民税、個人住民税のフラット化なんですけれども、税財政における受益者負担化を明確にしたわけですね。受益者負担が非常に多くなったと、多くしてしまったと。それで、個人住民税は何倍になったのかと。先ほど私申し上げましたけれども、一体全体、いろんなパターンがあるかと思うんですけれども、そのパターン化区分の中で、どれぐらい、何倍に個人住民税がはね上がっているのかお答えいただきたいと思います。

 こういう住民税の増税感の中で、市民税の歳入は29億9,460万円になっているわけなんですけれども、この収納見込みという目標をどの程度考えているのか。これだけ重税感、所得が下がっている中で、重税感があるわけですけれども、この個人住民税額が国保や介護保険料、また保育料の負担増にもつながって、連動して上がっていくわけなんですけれども、収入は上がっておりません。そういう中で連動するわけですから、この本年度の市税収入、どの程度を見込んでいるのかお答えいただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) それでは、お答えをさせていただきたいと思います。

 まず初めに、住民税のフラット化に伴いまして定率減税が廃止によって、増税額ということでございますけれども、定率減税廃止による市民税の調定額の増額は、定率減税が平成18年度に15パーセント上限でございまして、4万円から7.5パーセント、上限2万円となった経緯がございまして、そのときの影響額が約1億800万円でございました。

 今回、平成19年度は、定率減税が廃止となることによる影響額は、推計いたしますと1億1,000万円と見込んでおります。

 2番目といたしまして、住民税率が10パーセント一律ということでございますけれども、所得税率と合わせた全体の税率が変わらないというのが住民負担は……ということから住民負担は変わらないかについてでございますが、住民税の所得割の10パーセント化に伴い、所得税の税率構造も見直され、住民税は、最低税率が5パーセントから10パーセントに引き上げられ、最高税率が13パーセントから10パーセントに引き下げられます。

 逆に所得税は、最低税率が10パーセントから5パーセントに引き下げられ、最高税率は37パーセントから40パーセントに引き上げられます。また、人的控除の差額に対応した減額措置なども講じられております。税源移譲の前後で、住民税プラス所得税の納税者の負担は変わらないということになっております。

 3番目といたしまして、住民税のフラット化により、個人の住民税は何倍になるかについてでございますけれども、収入が500万円の夫婦、子供2人の家族構成として、一定の社会保険料を考慮したモデルケースの場合、税源移譲前の住民税額が7万6,000円でありますが、税源移譲後の住民税は13万5,500円となり、約1.78倍になります。また、年収700万円で同じモデルケースでは、税源移譲前が19万6,000円、税源移譲後が29万3,500円となりまして、1.5倍となります。

 それから、市民税の歳入が29億9,460万円の収納見込みの目標につきましては、厳しい市の財政状況の中、財源の確保に努め、また行政改革行動計画に掲げる市税の徴収率の向上、そのような目標の達成をすべく鋭意努力をしているところでございますが、平成19年度におきましては、更に徴収率の向上を図るため、収納指導員の任用に向けた予算を要求させていただいたところでございます。

 今後も引き続き徴収体制の強化を図りながら、自主財源の確保に努め、鋭意努力をしてまいりたいというふうに考えております。

 それと、住民税の課税所得が13パーセントから10パーセントに下がる対象についてですが、平成13年度課税状況調査から、対象者は654人となっております。

 また、収納率をどの辺に見ているのかということでございますけれども、現年課税分で平成19年度には96.58パーセントを見込んでおります。



○議長(森田清市君) 柏崎のり子さん。



◆(柏崎のり子さん) 次に、今それぞれ?のところの……失礼いたしました。?のところで所得税合わせた全体の税率が変わらないと、こういうふうに答弁されましたけれども、これいろいろ調べてみますと結局は、今までは給与所得者ですね、例えば年収380万円以上の給与所得者では、住民税より所得税の負担が大きいという構造になっていたけれども、しかしながら平成19年度を見ますと、950万円以下給与所得者の場合は、所得税よりも住民税の方が高い構造になるということでは、変わらないどころか負担が高くなっていくのではないかなと思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

 それと、あと定率減税分、今までは減税補てん債とか特例交付金から国の方が補てんしていたわけなんですけれども、それはなくなるわけですけれども、今回の税制改正で、自治体の財源として基本的実質増収との関係では、市が得するんですか、国が得するんですか。その辺をお答えいただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 今のご質問の件でございますけれども、一応このようなパンフレットもございまして、この中で、上がる分と下がる分ということで説明をされております。それで変わらないということで来ております。

 それから、定率減税の分でございますけれども、これにつきましては、今度は国から来たものは市が徴収するということでございますので、その辺の徴収率の関係も多少考慮しなければならないのかというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 柏崎のり子さん。



◆(柏崎のり子さん) 政府のパンフレットだけうのみにしたんではいけないんですよね。やはり具体的に、市の財政課もあるわけなんですけれども、グラフにあらわしたりなんかして、定率減税、今年度全廃ですからね。そういうのから判断した場合には、結局負担増が多くなるというあらわれとなっているんですよ。その辺のところを認識していただいて、いかに税金を有効に、少ない予算の中で効率的に使うかと、最大限に使うかということを考えた上で、また今後行われる予算特別委員会で審議したいと思いますので、これで終わります。



○議長(森田清市君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第1号 平成19年度富里市一般会計予算は、議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査をすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(森田清市君) 異議なしと認めます。

 議案第1号は、議員全員で構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査をすることに決定しました。

 これから予算審査特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選を行うため、しばらく休憩します。

            午後3時41分 休憩

          ……………………………………

            午後3時53分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

…………………



△議長の報告

…………………



○議長(森田清市君) 休憩中に開かれました予算審査特別委員会において、委員長、副委員長の互選の結果の通知がありましたので、報告します。

 委員長に鈴木英吉君、副委員長に櫻井優好君。

 以上で報告を終わります。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 明2日は、午後1時から会議を開きます。

 本日はこれで散会します。

          …………………………………

            午後3時54分 散会

          …………………………………