議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富里市

平成18年  9月 定例会(第4回) 09月08日−04号




平成18年  9月 定例会(第4回) − 09月08日−04号









平成18年  9月 定例会(第4回)



      平成18年第4回富里市議会定例会会議録(第4号)

               9月8日

出席議員

   1番  窪田 優君          11番  佐藤繁夫君

   2番  中野信二君          12番  柏崎のり子さん

   3番  立花広介君          13番  江原利勝君

   4番  高橋益枝さん         14番  佐藤照子さん

   5番  秋本真利君          15番  杉山治男君

   6番  櫻井優好君          16番  伊藤澄雄君

   7番  相川嘉也君          17番  押尾 隆君

   8番  鈴木英吉君          18番  岩井好夫君

   9番  猪狩一郎君          19番  中野善敦君

  10番  栗原恒治君          20番  森田清市君

        …………………………………………………

欠席議員

  なし

        …………………………………………………

地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

  市長        相川堅治君   消防長       鈴木康之君

  助役        石橋 規君   代表監査委員    藤井十郎君

  総務部長      越川健彦君   総務課長      佐々木 智君

  健康福祉部長    大塚良一君   財政課長      林田博之君

  経済環境部長    山田照好君   社会福祉課長    岩澤新一君

  都市建設部長    原 清一君   産業経済課長    細野 明君

  教育長       新谷喜之君   建設課長      熊木和男君

  教育次長      原 一之君   監査委員事務局長  関 利之君

  教育総務課長    森田武臣君

        …………………………………………………

出席した事務局職員の職氏名

  事務局長      今井清治    主査補       岡村和宏

  副主幹       鳴田啓一    主任主事      篠塚昌子

        …………………………………………………

議事日程

               議事日程(第4号)

           平成18年9月8日  午前11時開議

 日程第1 一般質問

 日程第2 諮問第1号、同意第1号及び議案第1号から議案第15号まで(質疑・委員会付託)

 日程第3 請願・陳情の件(委員会付託)

        …………………………………………………

本日の会議に付した事件

  1 一般質問

  2 諮問第1号、同意第1号及び議案第1号から議案第15号まで(質疑・委員会付託)

  3 請願・陳情の件(委員会付託)

        …………………………………………………

          …………………………………

            午前11時00分 開議

          …………………………………

出席議員  19名

欠席議員   1名

 佐藤繁夫君



○議長(森田清市君) これから本日の会議を開きます。

……………………………



△日程第1 一般質問

……………………………



○議長(森田清市君) 日程第1、一般質問を行います。

 順番に発言を許します。

 鈴木英吉君。

          (鈴木英吉君登壇)



◆(鈴木英吉君) 市民クラブの鈴木です。それでは、一般質問をさせていただきます。

 (1)総合開発と農業施策について

 第2次合併に向けて、県に各市町村は判断を求められます。空港圏の中でも、多古町、神崎町、栄町、芝山町の4町は合併を推進しています。特に芝山町は、立地条件のよさから積極的です。最近、成田空港会社(NAA)とも頻繁に接触しているようです。その結果、芝山空港対策委員会の推進で、同町、国土交通省、県空港地域振興課、成田空港会社の4機関が参加して、空港と地域が共に栄えるために「共栄」の2文字を入れて共栄推進委員会を立ち上げたそうです。芝山町は、単に成田市との合併を望んでいるだけでなく、いかに同町が空港や成田市にとって必要であるか、また合併によってお互いに発展していくかを考えて合併を推進しています。

 合併は、単なる財政難の回避ではなく、お互いに相乗効果が出る合併が望ましいと思います。そのために富里市も対等合併を望むならば、それなりの立地条件を生かした開発や農業改革をしていかなければなりません。富里は、緑と共生する住みよい場所で、商業地域として農業を営むにもすばらしい環境にあります。それらをいかに運用していくかです。その点の企画や外交努力が足らないと思います。

 そこで、次の点についてお聞きします。

 ?総合開発について

  ア 酒々井インター完成時における富里市の利害関係はどうなっていますか。

  イ 酒々井インターから富里インターまでのアクセスは、それによる経済効果は考えていますか。

  ウ 南・北新木戸と木戸前との一体化した開発計画になっていますか。

  エ 木戸前が事業認定された場合、都市計画道路を含めたアクセスの計画はどうなっていますか。

  オ 交通広場の利用計画とオープン時期と式典等について教えてください。

  カ 多目的公園の進行状況はどうなっていますか。

  キ 富里市の資産状況と利用及び売却計画を教えてください。

  ク 空港会社との共栄についてどのように考えていますか。

 ?農業施策について

  ア 宅地化している農地が多いが、その周辺の営農対策を考えていますか。

  イ 都市農業による新鮮な地場農産物の提供、環境保全市民農園などのレクリエーションの場の提供等、やりがいのある農業についての将来の計画はありますか。

  ウ 暗渠及び中央用水の設置状況はどうなっていますか。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 鈴木議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、総合開発についてでございますが、酒々井インター完成時における富里市の利害関係はどうなっているかにつきましては、成田国際空港に近接する市では、国際物流機能を初め、首都圏の機能発展を柔軟に支える地域の一つとして大きな発展が期待されており、そのような中での隣接における酒々井インターの設置は、第二工業団地の企業誘致の促進に大きく貢献するばかりか、市の骨格である二つの核を初め、それらを取り巻く地域の実現に大きく寄与するとともに、南部地域の活性化にも役立つものと考えております。

 次に、酒々井インターから富里インターまでのアクセスは、それによる経済効果は考えているかについてでございますが、それぞれのインターにつきましては、富里の玄関口としての役割を担う富里インターと、空港や物流拠点等のアクセス強化を図るべき酒々井インターといったように、異なった目的による計画であったことから、酒々井インターについては、空港からのアクセスを重点に置いてきたものであります。

 しかしながら、酒々井インターの計画が明確となり、かつ酒々井南部地区の都市計画の変更を受けまして、現在、上位計画の根拠となるよう、構想との整合を図るべき見直し作業を実施しておりますので、あわせて道路計画等も踏まえ、富里インターとの連携強化等の検討を行ってまいりたいと考えております。

 次に、南・北新木戸と木戸前との一体化した開発計画になっているかについてでございますが、上位計画である「臨空パークタウン富里開発構想」でも示しているとおり、市の商業集積地の拠点として、南・北新木戸地区とあわせ「にぎわいの核」の形成を図る地区として位置付けられております。

 よって、事業の熟度に合わせ、既に事業を遂行しております南・北新木戸地区の計画との整合を図るよう指導してまいるとともに、一体となった核拠点の形成を目指してまいります。

 次に、木戸前が事業化された場合、都市計画道路を含めたアクセスの計画はどうなっているかについてでございますが、上位計画でもお示しの都市計画道路3・4・31号の一部については既に社台牧場跡地のほぼ中心部に整備がなされていることから、隣接する本地区の骨格道路としての延伸並びに都市計画道路3・4・20号との結節等を踏まえ、今後検討するとともに、さらに将来に向けた新たな都市計画道路等の推進に努力してまいりたいと考えております。

 次に、交通広場の利用計画とオープン時期と式典等についてでございますが、利用計画につきましては、現在、千葉交通社とJRバス関東社により運行されております高速バス「のさか・八日市場東京線」の富里インター停留所を移設し、運行する計画としております。今後もバス事業者との連携により公共交通の一層の充実を図ってまいりたいと考えております。

 また、オープン時期につきましては、現在のところ平成19年3月を予定しております。式典などにつきましては、市民を初め多くの方々に交通広場を活用していただけるようPRを兼ねまして、記念号の運行など、今後バス事業者を交えながら詳細について調整しているところであります。今後、決定次第、広報やホームページ等を活用し周知してまいりたいと考えております。

 次に、七栄北新木戸区画整理事業地区内に計画しております(仮称)七栄北新木戸公園の進行状況についてでございますが、当該公園につきましては、住民参加の公園として、昨年度ワークショップを3回開催いたしまして、公園のコンセプトやゾーニングといった基本的なプランをまとめました。これをもとにしまして、今年度に設計を行い、平成19年度から着工して平成21年度完成予定であります。なお、設計につきましては、本年7月26日の入札により業者が決まりましたので、今後ワークショップでの意見を取り入れながら作業を進めてまいりたいと考えています。

 次に、富里市の資産状況と利用及び売却計画についてでございますが、まず資産状況につきましては、17年度末現在で道路用地を除く土地が122万7,714平方メートル、うち集会所用地など無償で貸し付けている土地が3万1,265平方メートル、駐車場など有償で貸し付けている土地が1,442平方メートルであります。また、建物は11万3,655平方メートルで、うち本年4月から新たに集会所など無償で貸し付けている建物が1,790平方メートルであります。

 次に、売却計画につきましては、現在、七栄霊園に隣接する市有地について七栄地区の地縁団体とほぼ協議が整い、売却等に向けた分筆作業を進めているところであります。

 次に、空港会社との共栄についてどのように考えているかについてでございますが、議員ご指摘のとおり、空港と共に栄えることが重要であり、平成16年度の民営化以降も、これまでと同様、空港を核とした地域振興について積極的に推進してまいりました。今後も空港会社との連携を一層強化し、空港に隣接する立地条件を最大限に生かした地域振興を積極的に推進してまいりたいと考えております。

 次に、農業施策についてでございますが、宅地化している農地が多いが、その周辺の営農対策を考えているかにつきましては、農地を宅地化するには、農振法、農地法、その他関係法令等の条件、基準を満たしたものについて許可されております。周辺の営農対策ですが、例えば、農薬の適正使用や堆肥の散布による臭気対策など、周辺の住民に配慮した農業経営の啓発を図っております。今後も、農業との共生が図れるよう、努力してまいりたいと考えております。

 次に、都市農業による新鮮な地場農産物の提供、環境保全市民農園などのレクリエーションの場の提供等、やりがいのある農業についての将来の計画はあるかについてでございますが、市では効率的かつ安定的な農業経営を図るため、生産基盤の整備、農業施設の近代化、農業者の育成、農地の流動化など支援・推進をしているところであります。まず、新鮮な地場農産物の提供ですが、富里農協におきまして、産直センターでの直売、また市内、市外の数多くのスーパーとの契約など、毎日新鮮な野菜を出荷販売しております。

 また、市民農園につきましては、市は県下有数の農業地域として市場出荷や契約出荷等による農業経営が主となっておりますことから、市民農園は少ないところでありますが、今後、農地活用の選択肢として必要に応じて検討してまいりたいと考えております。

 以上のように、市としましても今後とも魅力ある産業としての農業の確立・発展に努めてまいりたいと考えております。

 次に、県営畑総事業の暗渠排水及び国営・県営事業の整備状況についてのご質問と思われますが、まず暗渠排水につきましては、四区の一部、面積にして8.1ヘクタール、金堀において1.3ヘクタールの面積を実施しております。ちなみに、緊急畑総事業の暗渠排水を合わせますと、42.4ヘクタールの面積が整備されております。

 また、国営北総中央用水事業の整備状況でありますが、第2取水口、第2号送水路、富里機場、第1号幹線用水路、第2号幹線用水路、12号支線調整水槽まで整備しております。北総中央用水は、八街市滝台の12号調整水槽まで来ており、現在12号調整水槽付近に試験ほ場を設置して、北総中央用水を使った野菜の栽培を行っております。

 また、本年度は、千葉市に行く2号幹線用水路及び14号支線と調整水槽、佐倉市に行く8−1号支線と調整水槽、山武市に行く4号支線及び2−3号支線と調整水槽を整備する予定と聞いております。富里市関係では旭地区の1号支線と調整水槽及び高松入の6号支線と調整水槽を整備する予定と聞いております。

 県営畑総事業の北総中央?期地区におきましては、高松入の調節池及び四区の一部の畑地排水、暗渠排水及び金堀の調節池、畑地排水、暗渠排水を整備いたしました。本年度は1−1及び1−2調節池を実施する予定と聞いております。

 次に、北総中央?期地区ですが、平成17年度に境川水系の山武郡中央土地改良区と排水協議が成立し、実の口の山武市寄りのS−C調節池下流の道路横断工及び排水路を整備し、調節池工事ができるよう準備をいたしました。本年度は、S−C調節池を整備する予定と聞いております。

 以上でございます。

 訂正をさせていただきます。

 昨年度のワークショップを5回開催したんですが、3回と言ったようですので、5回に訂正させていただきます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) それでは再質問をさせていただきます。

 その前に、私、何回かの一般質問で大体富里市の将来のビジョンということで、また合併問題に関して質問しているんですけれども、残念ながら回答は、具体的な回答を得られないまま、今回も総合開発ということで質問させていただいております。

 まず、できないことを言われてもどうしようもないし、また、できるために何が必要か、そういうことをきちんと回答してもらわないと、これ一般質問、質問にならないんですよね。ですから、ここに書いてある単なる概略だけだったら、これは質問しなくてもわかることですから、もう少し具体的に、どういうふうにしていくのかという、そういうようなものをきちんと回答していただきたいと、こういうふうに思います。

 以前と違って、以前もあったのかもしれませんけれども、現在、市民というのはいろいろな情報を得ておりますので、以前よりも危機感というのはすごく持っているわけですよ。反対に、市民の方がいろいろ周知している場合もあるし、そういう面で行政に対する不信感というのはかなりあるわけです。そういう意味で、やはり市民も単なる行政に対して批判しているわけではなくして、いかに富里市が裕福な市になってほしいか、また自分たちも協力しながら富里の明るい将来を望んでいくんだと、こういう形で市民は思っているわけですから、そういう形でもう少し真摯に受け止めて働いてもらわないと、市民は高い税金を納めながら生活を切り詰めてやっているわけですから、将来に夢がないと、やはり人生生きていて何もないというような感じになってしまいますから、もう少し夢の持てる回答またはビジョンを示していただきたいと、こういうふうに思います。

 それから今、はやっていると言ってはあれですけれども、ローカル・マニフェストということが今度の首長選挙あたりにはこれをきちんとしていかなければいけないんではないかということを言われていますけれども、ローカル・マニフェストと公約の違いは何かというと、公約というのは大体今までは、大体概略的な、できるかできないかわからないけど、一応挙げてみようというような感じの公約だったんですけれども、マニフェストといのうのはやはり公約には違いないんだけれども、きちんとできるものを担保して、市民との契約になるわけですよね。ですから、そういう何ができて、できないものを挙げてもいけないし、やはりできるだろうということをきちんと表明して、そしてそれを一つずつどういうふうな経過でできなかっただとか、こういうふうにすればできるんだと、そういう細かいところまで掘り下げてマニフェストをつくっていかないと、市民は納得しないと思うんですよね。その代わり、市民もそのマニフェストを受けて、首長や議員を選ぶわけですから、今度は市民にも責任があるわけですよね。そういう意味で、議会、市民、行政と、この三位がきちんとした組織づくりと考えを示していかないと、これからの社会は単なる今までどおりのようなあいまいなことでは市自体もやっていけないし、市民も納得できないと思います。

 そういうことを踏まえてちょっと質問したいと思うんですけども、酒々井インターの件なんですけども、これは設計変更がされた段階で富里市がどれだけ周知していたか、それと、もう酒々井インターができた時点でこれから検討するとかいろいろ言っていますけれども、この酒々井インターの計画というのは大分前からあったわけですよ。ですから、これができるのはわかっていますから、そのできた時点で富里市がどういうふうな対策、将来、企画をしていくかという、そういうものは前々から考えておかなければいけないことで、できたから、じゃ、これからどうしようかでは遅いわけですよね。そういうことについて、そういう考え方とか企画をきちんとしていたかどうかちょっとお願いします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) その件についてお答えをさせていただきたいと思います。

 市も総合計画であるとかいろいろな計画を立てておるわけでございまして、酒々井インターができるということは周知はしておりました。それについて今いろいろな形の中で構想も練っているところでございます。遅れないように、十分今後も検討してまいるというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 今回の請願にも出ていますけど、請願じゃなくて陳情かな、新橋地区の混雑も予想されるわけです。それで、やはり一番、ここにもさっき回答にありましたけど、第二工業団地の企業の誘致とか南部地域の活性化に大変役立つだろうというふうな回答を得ていましたけども、じゃ、それに対する対策はどういうふうにしているのか。ただ酒々井インターがオープンすれば、それで第二工業団地とか南部地域がもう自然に発展するんでしょうか、その回答をお願いします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 酒々井インターができたからすぐに自然で栄えていくかというようなご質問でございます。そうではないと思います。やはりそういうものができて、第二工業団地を生かすとかそういうことになれば、それなりのインフラ整備というものが必要になるかと思いますので、そのようなものもあわせて今検討をしている段階でございます。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 今の回答は当然だと思うんですけど、そのインフラ整備というのはどういうふうな、具体的に計画ありますか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) まだ計画といいましても、今ここで、こういう形でやっているということではございませんけれども、職員同士あるいは各、八街市、酒々井町等の職員とも、これは公ではないんですが、内々の話などもさせていただいております。それは道路網のことでございますけれども、例えばこうだということはここでは申し上げられませんが、空港を取り巻く南口もありますし、そのようなものを第二工業団地から接続できるようなことも話は内々ではしております。これは富里市の将来にかかわることでございますので、今後も十分検討していきたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 確かにそのとおりですけども、行政としてやはり確実にできないうちに答えは出せない面もあると思いますので、それはわかりますけれども、やはり一番大事なのは空港との接道の道路だと思うんですけども、やはりこれは現在いろいろな予算的に確保するのは難しかったり、十分にそれだけの受け入れ財政の予算がない場合には、これは不可能に近いんですけれども、前から言われている008号線の接道とか、いろいろ道路関係、これはインフラ整備が一番とにかく北新木戸、南新木戸あの周辺についても、富里の発展に寄与するには一番大事だと思うんですけれども、これが非常にすごく遅れているんですね。いろいろな議員の方々も質問していますけども、これは一番大変なものをきちんと先に行動していかないと、やはりこれ幾らどんないろんなことを考えても実現しないんではないかなというふうに思いますので、この点については頑張って実行していただきたいと思います。

 それから、これは酒々井インターができる時点で6日の日か5日の日かわかりませんけれども、代表質問のときですから、合併問題が出たときに、市長は例として、酒々井町との合併を考えているということを言っていましたけど、私が酒々井町の職員とかいろいろ情報を集めた中では、酒々井町は今やはり危機感を持ってこのインターに大変かけているわけですよね、商業地域として72町歩の開発。それから駅前のJRの商業地域としての開発。いろいろやっている中で、先にどうなるかわかりませんけれども、富里と合併する気はないよと、酒々井町は酒々井町で独自で一生懸命やっているし、酒々井町は独自で、反対に、ある幹部職員から言わせれば、印旛郡規模の合併しかないんではないかと、そこまで大きい構想を言っているわけですよ。

 それから、ここにも書いてありますように、芝山町は呉方式で合併をうちは進めていると、そういうことも言って、今、NAAとも一生懸命協議をしながら、芝山町の発展を考えて、その付加価値をつけてやはり合併を考えていくと。そういうことを考えた場合に、他力本願で、じゃ、成田とだめなら酒々井町と合併すればいいんではないかと、そういう安易な考えでは富里の将来はすごい不安になると思うんですよね。だから自分なりのきちんとしたビジョンを持っていないと、これは市民にとっても納得いかないし、合併というのはそんな簡単なものではないし、私自身もただ合併すればいいというふうな、そんな安易な気持ちでは思っていません。

 しかし、現在のことではなくて20年、30年後のことを考えれば、やはり今からスタートしていかなければならないし、いつ合併が実現するかはわからないけれども、今から進めていかなければ、それは不可能に近いんですよね。皆さんも自分のうちのことに関しては、子供や孫の時代までどうしようかというような考えはきちんとした計画を持っていると思うんですよ。ですから、やはり富里市のこともそういうふうに考えて真剣に考えていただきたいと、そういうふうに考えます。

 それで、次に、南・北新木戸と木戸前の一体化の問題なんですけれども、これは実際にいろんな経済状況とかいろいろ見たときに、現在の北新木戸、南新木戸の計画では商業地域としての発展はこれは望めないと思うんですよね。ということはどういうことかというと、やはりもっともっと企業や進出する人たちが、使い勝手のよい計画をしなければいけないし、また富里には商店街というのはないわけですよね。そういう中で、やはりあそこを一つの商店街様式にして、やはりにぎわい核としていかなければならないというふうに考えた場合に、設計のやり方も多々あるし、それには企業とかコンサルタントとかいろんなそういうふうな周知した人たちと協議して考えていかないと、税金をかけてつくったのはいいけれども、全然にぎわい核とならないというようなこともあり得るわけですから、そういう意味で今後の北新木戸に対するどういうふうな開発を、今ちょっと見直しということも言っていますので、何かそういうような今までと違った計画があるかどうか、ちょっとお願いします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) お答えをいたします。

 本市の上位計画でも示してございますが、富里インターチェンジ周辺は人や物が集まるにぎわいの核としての形成を図るべき地区として、先導的役割を果たすべき北新木戸地区について、公共団体施行による都市整理事業を展開しているところでございます。

 また、具体的には商業中心にアミューズメント機能を備えた総合的な土地利用の中で、またさらには公共施設等も加えまして、交流や快適空間を提供することで、訪れた人たちが地区内を回遊するということで核としての魅力を伝えていきたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 結果としてはすばらしい回答なんですけれども、では、それをどういうふうな内容にしていくかということになると、これは大変難しいことなんですけれども、やはり今いろいろなところで、ただアウトレットをつくればいいとか、そういうような商業地域のいろいろな店を出せばいいという、そういうだけではこれは発展しない。もう飽きられているという傾向もありますので、やはり若者が集い、またいろいろな面でにぎわい核になるような職種をやっぱり導入しなければいけない。そういうことを考えた場合には、やはり専門のコンサルタントや企業の人たちと頻繁に協議していかないと、これは難しいと思うんですよ。

 それと同時に、木戸前が前から何人かの地権者の人たちがあそこも開発したいという要望が出ている中で、何回か会議等をやっているんですけれども、ただ、あそこは私たちも、市としてはあそこをにぎわい核になって開発できれば、それはそれでいいんですけれども、やはり地権者のいろいろな将来のことがありますので、ただやればいいということではなくして、そういう財産の維持ですとか、きちんとそういうふうな開発した場合に担保とれるような収益を得られるのかとか、また一番大事なのは、いつも言っている道路ですよね。3・4・21号ですか、あれも行き止まり。3・4・20号も行き止まり。これでは幾らあそこにいろいろなものを持ってきてもこれは発展、何もしないんですよね。そういうふうにしますと書いてありますけれども、そんなものはもう北新木戸だってもう20何年もかかっているんですよ。それでもまだ3・4・20号は全然動いていない。

 それで、北新木戸の区画整理ができてからそっちをやりますよというような考えもたまに聞いていますけど、そうじゃなくて、お互いに建設課、都市計画課、区画整理課ね、みんな企画あるわけですから、おのおのの立場において並行して進めていかないと、では、北新木戸何年かかってできるかわからないけれども、その後に、では、3・4・20号の道路を進めていきますなんていったら、これ本当に何十年かかってもできないですよね。だからそういう面で、一番、木戸前の今後の計画というか、そういうのをちょっと回答をお願いします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 木戸前の計画につきましては、先月やっと組合の準備委員会ですか、組織というものが提出されまして、これからということで、まだ内容的には煮詰まっておりませんので、これから出てくるものと思われます。十分協議をしていきたいと思います。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) それと、賛成の人たちが何人かいて、その時点で市の方にお願いに来たと思うんですけれども、賛成がいれば反対の人もいるわけでね。それはどこの計画でも同じなんですけども、やはり賛成の人たちは、行政動いてくれたと浮かれて、もう何年か後にはもうできちゃうんじゃないかと、そういうふうに思っている人もかなりいるわけですけれども、反対派の人にしてみれば、冗談じゃないと、そんなのいつできるかわからないと。自分たちは反対しているんだというふうなことを言っておりますから、だから反対している人たちにもやっぱりそういう具体的なことを説明していただいて、できれば賛成していただいて一致団結してやるということは、これは行政の人も知っていると思うんですけれども、反対している人たちのことも掌握をしていますか。人数というか、そういう意見とか、またそれに対する説明とか、そういうのはやっていますか。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 一応全体の中で説明等をしておりますが、そういう反対の意見等も多分聞いておるとは思います。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 大きく言えば空港問題等ありますので、あんまり話がこんがらかっていかないように、そういう点も考慮してきちんとした説明と進行をしていただきたいと思います。

 それから、先ほど言いましたように、それに対するインフラ整備をどういうふうに考えていますか。道路です。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 3・4・20号、今後の計画でございますが、今年度国道409号の交差点付近からの工事に着手する運びとなっておりますが、これにつきましては市街化調整区域部分、これも含めまして継続的な整備を心がけ、早期の完成を目指してまいりたいというふうに思います。

 また、街区道路等につきましても将来にわたりまして各権利者ございますので、土地利用等を踏まえまして調整を図って整備に努めてまいりたいと。

 以上です。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) それはわかりますけれども、3・4・20号はもうずっと前から国道409号の入り口、また区画整理内のことはわかるんですけれども、その先の日吉台に抜ける道ですね、これに対してどういうふうな今まで進め方をしてきたか、それとも現在どういうような形で進めようとしているか、そこの回答をお願いします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 一応今の段階では19年度設計、地権者等の説明を19年度以降に始めたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) それに関連して、やはり一番難しい問題なんですけれども、成田との接道をこれはしていかなければいけないと思うんですけれども、これも単なるやはり成田に対して多少の温度差はあると思いますけれども、余りいい印象を持っていない方々が多いと思うんですけれども、やはりこれ成田と協議していかないと、いろいろな面で富里は道路にしても完成していかないわけですよね。そういう意味で、初め行ってすぐオーケーだよということはあり得ないし、またそれに大きな事業なんで、すぐできることはないと思うんですけれども、やはり成田との接道を随分前からみんな、市民の人たちも希望しているわけですから、あれが日赤であろうとどこであろうと、道路と接合すれば、これはもうすばらしい経済効果が生まれるし、これは皆さんもわかっていると思いますので、どうかこれに対して本当にもう、よく死ぬ思いと言いますけれども、そういう全力を投資してかかるような意気込みを示してほしいんですよ。できるできないはこれはいろいろな問題がありますので、ただ、動いている様子が全然見受けられないということが一番市民の皆様方も憤慨しているわけですから、そういう意味で今後、道路を接道するに当たって、3・4・20号が日吉台とつながったとしても、あの住宅街ですね、大型がばんばん通るようであっては、これは好ましくないわけですから、ほかに接道をつくっていかなければいけないということはもう当然ですので、その点について何か考えがあったらお願いします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) それについては成田市との結節点、これについて今成田市との協議は何回か行っているところでございますが、今後とも十分成田市とそういう会議を開いていただいて進めてまいりたいというふうに思っております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 次に、交通広場と公園の問題ですけれども、交通広場もようやく19年の3月にオープンということでなっているそうですけれども、公園についても先ほども言いましたけど、常に何年も前からあそこは公園にすると、交通広場にすると、そういうことをわかっているわけですよね。それがいまだに具体的な考えを示されない。また、ここにも書いてあるけど、これから設計が決まったので、いろいろな意見を聞きながらやりますとか、そんなあいまいなことで、どこがどれだけ信頼していいかわからないですよね。もう周りの民間はどんどん供用開始してオープンしているのに、行政のやるべき一番大事なところが、リーダーとるべきところが依然としてあのままでいるということは富里としては恥じゃないですか。それで空港が富里の顔だとか玄関だとかよく言えますよ。そういうことについてちょっと公園についてと、交通広場は3月にオープンするということなんで、公園についてもう少し具体的な計画をお願いしたいと思います。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 公園につきましては、利用者が利用しやすく愛着の持てる公園づくりということを目指しまして、季節を感じる公園、また、来た人が楽しくなれる公園、安心と安全な公園をコンセプトとしまして、多目的スペースを広くとれるように、各施設や植生を配置し、当該地区の位置付けであるにぎわい核のオープンスペースとして整備をしていく計画でございます。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) そういうことですから、一生懸命頑張ってお願いしたい。それにあそこは唯一の一番国道に面した公園でありますし、富里市の顔として宣伝できる、PRできる場所ですので、そういうことを踏まえて、オープンするときには、ああすばらしい公園ができたなというような形でつくっていただきたいと思います。

 これは交通広場も当然ですけれども、ここにいろいろこれから交通広場あれだけ立派なものができるわけです。そしてまた鉄道の駅のない富里においては最大の駅なんで、あそこからどういうふうな方面へ発着して、どれだけ人が集客できて繁栄していくかということを、これがすごく大事だと思いますので、いろいろな交通機関等の検討も大事かもしれないけど、とりあえず自分がどういうふうにしたいということを、きちんとそういう企業に示せるような、そういう計画をまずつくることが大事。やっぱり自分が主体になっていかないと、相手が主体で、ただそれに動かされているだけでは駄目だと思うんですよね。やはりこれから自主財源を確保していかなければいけないし、すべてにとってやはり自分がどうしていきたいか、市がどうしていきたいかということをきちんといろいろな事業においてもはっきり示していただきたいと思います。

 次に、富里市の資産状況なんですけれども、先ほど市長の方からいろいろ示されましたけれども、一番私ちょっと聞きたいのは、高松入の土地の問題なんですけれども、かなり広い場所、いろいろなスポーツに利用されている面もありますけれども、あれだけの広大な市の資産なんで、今後の利用計画等またありましたらお願いします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 高松入の土地ということでございますけれども、現在は運動広場として利用しているところでございます。一部土地改良関係で土地を使いたいというような申し入れもあるやに聞いております。ただ、面積的なものとか細かい数字はわかっておりません。そういう要望があれば、そういうふうにお答えをしていくものかなというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 高松の土地、また15町歩の面もそうなんですけれども、やはり市の貴重な財源を使って確保しているわけですから、個人のうちだったら固定資産税を取られたり、何の利用もしなかったら大変な思いで、持っていられないと思うんですよ。そういう面を考えて、今いろいろな面で税金も値上げして、個人の人は大変な思いをして支払っておりますので、行政としても自分のこともきちんと市民に模範となれるような資産の運用をしていただきたいと思います。

 それから、次に空港会社との共栄についてですけれども、ここに私の質問にも書いてありますけれども、富里はどうも何か外交が余りうまくないのではないかというふうなことが内外の方から聞かれるんですよね。ですから、もっと何か自分たちがそんな悠長していられる場合ではないんですから、もっとがむしゃらに、やはりいい意味で利用できるところはどんどん利用していかなければいけないということになれば、どんどん働き掛けていかなければいけないわけですよね。合併はしなくとも周りの行政と首長同士がいろいろな常に協議をしたり、空港会社とも、今度は公団ではなくて民営になったわけですから、それだけ向こうも利益を考えたりいろいろなことを考えるわけですから、もっともっと話しやすくなると思いますので、その点に対してもう少し具体的に、空港会社とのこれからの協議をどうしていくか回答をお願いします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 空港会社と提携をどうしていくかと、強めていくのかというご質問かと思いますが、富里市も空港と共に栄える市であるというふうに認識をしております。NAAになりまして民間会社でございますので、いろいろと企画もあろうかと思います。富里市も今後、今までもいろいろ協議したり共同でやってきたこともあるわけでございますけれども、今後はなおそれを一層充実をさせていきたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 石原都知事が、羽田をもう1本、滑走路を増やしていますけれども、やはりただ成田が貨物便となるとか話ありますけれども、羽田も貨物便をどんどん取り入れて、羽田空港をもっと利用しようとする計画がいっぱいあって、今、原木なんかも大分にぎやかになってきているということを情報も聞いておりますので、成田もただ漠然としていればいいのではなくて、やはり周りの行政も成田空港を盛り上げていかなければいけない。共に共栄していかなければいけないという面では、どんどんアイデアを出せば利益を空港会社にも求めているわけですから、富里ともいろいろな話し合いもしてくれるのではないかと思いますので、そういう面で今後とも努力をしていただきたいと思います。

 それから、農地の宅地化についてですけれども、今やはり固定資産税が上がったり、いろいろな農家の収入が安定しないとか、いろいろな面で七栄の方では大分農地が宅地化して増えているんですけれども、線引きして市街化とかそういう宅地化しているということで、きちんとした宅地とか商業地域とか分けてあったんですけれども、現在こういうことになると大体の40戸連担とかいろいろな問題があって、許可さえあれば宅地は建つんですけれども、そのため周りの農家が大変圧迫されているわけですよね。だったら用地の見直しをしてくれというようなことも農家の人が言っています。ですから、そういう面でこれは許可をせざるを得ない、条件がそろえば許可せざるを得ないと思いますけれども、そこのところの周りの農家の今度はだんだんとやりづらくなるわけですから、そういう面も少しずつ意見を聞いて、何か対策を練っていただきたいと、そういうふうに思います。

 それから、次に主に南部地域の農家に対してですけれども、今スイカが農協の方でブランド化されてきていますけれども、やはりこれは、確かに農協の地場産業を推進するためにいろいろな対策を考えて、売り上げも伸びているということは聞いていますけれども、一番顔である富里スイカが一番農産物で農協の一番の顔と収入源になっているわけですけれども、この整合性が、例えば農家が一生懸命つくって、農協は売り上げてあげて多少利益上げているというけれども、では、農家がそれに並行して純益が上がっているかというと、そうでもないんですよね。

 ということは、農協は市場価格で農家から買って、それ以上の値段でスイカを売っているわけですよね。直売場はいろいろな野菜を持ってきてもいいんですよと。15パーセントのあれを取りますけれども、だけどスイカだけは直接持っていけないと。そういうようなことを考えた場合に、一番何か収入を欲しいものが制約されている。またスイカロードレースにおいても、そういうときに来た人たちにスイカを売る場合に、とみちゃんマークですか、あれの入った箱は使っては駄目だよとかいろいろな制限があるわけですよね。

 やはりブランド化するために選果とかいろいろな問題もあると思うんですけれども、やはり資材から何から全部農協が農家に納めているわけですよ。そして今度はまたそれに生産した農産物はまた農協が買い入れていると。そこのときに、じゃ、農協から農家がお金が必要になったと。じゃ、貯金から下げようかと思ったときに、行ったらもうほとんど金がなかったと、全部資材引かれたらほとんど残らなかったと。そういうような、一生懸命重い思いをして、いろいろな大変な思いしてつくったスイカが、果たして農家の人たちに喜ばれているかというと、余り喜ばれていない面が多いし、だんだんと作付面積も減っているし、そういうことを考えると、確かに富里スイカというのはすばらしいという評判はあるんですけれども、農家がもっとスイカをつくってよかったと、スイカをつくって生活も楽になったとか、そういうようなことも考えてあげないといけないと思うんですよね。だから、農協がある程度利益を多少削除して農家の方へ持っていけば、もう少し農家の人たちもやりがいがあるのではないかという感じがするんですけれども、それは行政がどこまで立ち入れるかどうかわかりませんけれども、そのことについてちょっと回答お願いします。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) まず、宅地周辺の農地の件ですけれども、確かに宅地に近いと農業をしにくい状況になっております。それに対してもいろいろ問い合わせといいますか、苦情等ありましたら、それに対応するような形で取り組んでいるような状況でございます。

 また、スイカに対する話ですけれども、価格の話になってきますと、なかなか行政の方では立ち入った話できないのかなというふうに思っております。ただ、いずれにしてもスイカも今減少傾向にありますし、やっぱり農業者が高齢化になっております。そういった中でやっぱり市としても、対応していかなければならない部分があるのかなと思っております。いずれにしても、農協でも地区座談会今行っておりますので、終わりましたら、どんな意見があったかお伺いした中で、市としてもそれに対して対応できるものがあれば取り組んでいきたいと、こう思っております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 私たちも富里に生まれて富里で育っていますので、スイカと共に生きてきたという感じは受けます。私も20代までは農家やっていましたので、スイカは余りつくってなかったんですけれども、その農家の気持ちというのはよく理解しているつもりですし、現在南部地域を回っても、私たちが農家やっていたときとほとんど余り変わらない状態なんですよね、生活というのは。ただ機械が入って多少楽になったり、収入源では私たちが農家やっていたころから見たらもう雲泥の差ですけれども、やはり、では、そこから純益と考えたら、大したそんなに上がっていないし、また精神的に頭を使ったり気を使うことはもう私たちが農業をやっている以上の大変な苦労をしているわけですから、やはり明るい農村という言葉がありますけれども、基幹産業が農業ですから、やはり農業をもっともっと盛り上げていっていただきたいと、そういうふうに思いますし、農家がやっぱり農家やっていて良かったなと、そういうふうなやりがいのある、また自信の持てるそういうふうな対策をやはり考えてほしいと思います。行政の農家に対する対策は、一応ハードな面とかそういう面が主だと思うんですけど、やはりそういうふうなソフトの面もできるだけ介入できる範囲内で考えていただければ幸いだと思いますので、よろしくお願いします。

 それから、暗渠と中央用水の問題なんですけれども、暗渠は大体ここに先ほど回答得られたような形でいいのかなという感じはしますけれども、中央用水に関しては、もう10年か10何年かわからないですけれども、それをずっと以前にお願いしたものが今やっとおりてきた段階で、もう農家の人も待ち切れないで自分たちで自己資金でかんがい設備をしたと。

 そういう中で、確かに公共用水というのは割合的にはそれほどの金額ではないと思うんですけど、やはりこれがずっと長い間に、借金とか、また利用の代金を払っていかなければいけないということを考えると、やはり農家の人たちは不安もあるし、また果たして、こんなことを言ってはあれですけれども、ずっと農家をやっていかない、やめてしまうところもあるわけですね。そういうときに、果たして今、そういう公共的な農業用水を導入することがいいのかということで大分苦慮している農家の人が多いんですけれども、そのことについてよろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 農業経営についてでございますけれども、もちろん収益が上がるような形で側面からになりますけれども、農協さんと連携をした中で支援をしていきたいというふうに思っております。

 それから、農業用水の北総中央用水の件でございますけれども、今、用水に先立って排水の方を先にやっているような状況でございます。用水についてはまだ北総中央用水の国営の分が終わってない部分があるんで、まだ給水はできないわけですけれども、いずれにしても地域の皆さんとよく協議した中で、今後細部については進めていきたいというふうに思っております。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 最後に、自分のところは商業地区ということで南部の人から見たら、うらやましがられておりますけれども、やはりこれはただ収入が多いということではなくて、税金も高いし借金もしていますから、ただそれで安易にうれしいという段階ではなくて、これを維持するのも大変ですし、また、かといって夜、南部の方へ行くと本当に真っ暗で、またいろいろな施設もないし、そういうことを考えると、やはり私たちもなかなか行くのがちょっとおっくうになるというか、行きづらくなったりすることもあるんですけども、やはり富里の場合は商業、それから基幹産業である農業、この二通りのあれでいかなければいけないと思いますので、そういうことを基準にして行政の方が計画して繁栄させるようにしていただきたいと思うんですけれども、先ほどから言いますように、にぎわい核とか商業というのはそんな簡単なものではないので、ただ癒着とか何とかでなくて、企業とかそれから店舗の人たちとか、そういう人たちともっともっと協議して、せっかくこれ税金使って、もう2回はできないわけですから、これを失敗のないような、そういうような商業地域、にぎわい核にして、本当の意味の国際空港の玄関口、また富里の玄関口という顔をですね、どうかつくっていただきたいということをお願いしながら終わりにしたいと思います。どうもありがとうございました。



○議長(森田清市君) 午後1時まで休憩します。

            午前11時58分 休憩

          …………………………………

            午後1時00分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、秋本真利君。

          (秋本真利君登壇)



◆(秋本真利君) 一般質問をさせていただきます。

 (1)各種事業の現状・進捗について

 お伺いいたします。

 ?酒々井インターの進捗状況について

 ?光ファイバーの利用可能地域について

 ?葉山保育園整備及び周辺水路へのふたかけの進捗状況について

 ?図書館のホームページの充実、ホットスポットの設置等のIT化の推進を提言し続けてきました。現在の取組状況について

 ?フィルムコミッション事業の現状について

 ?保険証のカード化については、1年以上前から提言し続けております。昨年6月の本会議で一般質問をいたしましたが、現在の取組状況について

 ?昨年度と今年度で、廃プラの回収処理方法の変化の有無について

 お伺いいたします。

 次に、

 (2)下水道(浄化槽)について

 お伺いいたします。

 ?流域下水道は、枝・幹・処理場が一体となって初めて下水処理施設としての機能を発揮するシステムです。管理運営については、1事業者がトータルに行う方が望ましいとの総務庁行政監察局の勧告もありますが、市はどのように感じていますか。

 ?下水道法により、流域下水道にかかる事業費の全部又は一部の負担を強いられていますが、地方財政法で、必要最低限の支出で果実を得ることが義務づけられています。まして、下水の負担金には使用料だけではなく、市民の血税も含まれています。市は、負担金の支出内容を精査するとともに、市民に対する説明責任を果たす上で、流域下水道事業の支出に対しても内容を精査し意見をするべきではありませんか。

 ?自市よりも他市の接続点が近い場合、接続は可能でしょうか。

 ?下水道計画区域内で集中浄化槽の大規模改修が近い区の数について

 (3)監査について

 お伺いいたします。

 ?監査委員の監査における権限について、どのような点に意を用いていますか。

 (4)市長公約(発言)について

 お伺いいたします。

 ?住民投票について

  ア 公約並びに6月議会答弁に、合併は「最終的には住民投票で決めたい」とあります。

 現在まで住民投票は行われておりません。結果的に、最終決定はされていないということでよろしいでしょうか。

  イ 「私の公約の住民投票」、これは6月議会でおっしゃったことですが、具体的に何を指していますか。

  ウ 選挙時のあいさつや公約を見ると、市長は合併推進派であるように私は思いましたが、いかがでしょうか。

  エ 現在の市のスタンスは、当面の間「単独」と感じます。しかし、市長の公約である住民投票をご自身の任期中に行う考えはありますでしょうか。

  オ 市長は、住民投票は議会制民主主義を否定するものだと考えていますか。



○議長(森田清市君) 秋本真利君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 秋本議員の一般質問にお答えいたします。

 なお、教育関係のご質問につきましては教育長が、監査関係のご質問につきましては代表監査委員が答弁いたします。

 まず、各種事業の現状・進捗についてでございますが、酒々井インターの進捗状況につきましては、現在、平成21年度の完成に向け、事業主体である千葉県において事業区域を確定するための用地境界の立ち会いに向けた作業を都市計画の変更手続と並行に進めていると聞いております。

 また、酒々井インターへのアクセス道路として、都市計画道路2路線の変更が生じており、中でも墨・七栄線の一部が富里地先となることから、地元説明会等を経て、今年8月8日から8月22日までの間に素案の縦覧を酒々井町・富里市により実施したところであります。

 次に、光ファイバーの利用可能地域についてでございますが、個別の接続環境は別途と考えます。光ファイバー回線を利用したインターネットサービスが提供されている地域といたしましては、日吉倉、久能、大和、根木名、七栄、新橋、中沢、立沢新田、御料、日吉台の地域と把握しております。

 また、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた回線を含めますと、立沢及び十倉の一部地域もサービスが提供されていると伺っております。

 次に、葉山保育園整備の進捗状況でございますが、解体工事に起因し、7月中旬に旧園舎から新園舎に引っ越しし、7月18日から新園舎において業務を開始しております。

 また、8月下旬には旧園舎の解体工事が終了し、現在、外構、遊具の設置等の工事について9月15日を目途に完成に向けて進んでおります。進捗率につきましては、8月末現在で建築・電気設備・機械設備全体で約95パーセントであります。

 次に、周辺水路のふたかけについてでございますが、ふたがかかっていない部分の水路は130メートルほどあります。現在、水路の横断箇所で断面が小さいところを敷設替えしているところであり、ふたかけにつきましても予算の範囲内で順次整備していきたいと考えております。

 次に、フィルムコミッション事業の現状についてでございますが、現在、千葉県フィルムコミッションが設立され活動が行われており、市といたしましても映画やテレビのロケが行われた場合に、一時的にはロケ班による経済効果があり、その映画やテレビを見た人々からロケ地を訪れることによる二次的経済効果が期待されることから、県フィルムコミッションへの撮影候補地の登録をしております。

 また、映画やテレビ撮影班からの様々なニーズやコンセプトに応じるため、県フィルムコミッションから候補地の問い合わせや協力依頼を受けた場合は、積極的に協力するため、候補施設と調整を行い、情報提供を行っているところであります。今後も県フィルムコミッション事業へ積極的な協力を行っていきたいと考えております。

 次に、国保の保険証カード化の取組についてでございますが、18年度当初予算に予算計上したことは議員もご存じのことと思います。カード化につきましては、8月1日付けで委託契約したところであり、9月中旬の納品にあわせて、配達記録にて世帯主あてに郵送する予定でおります。また、カード化に関する周知につきましては広報で行ってまいります。

 次に、昨年度と今年度で、廃プラの回収処理方法に変化の有無についてでございますが、廃プラの回収につきましては、農家の要望を受けまして、昨年度より廃プラの回収処理方法を従来の一斉回収に加え自己搬入という方法の二通りで実施されているところであります。

 昨年度の状況ですが、夏の回収が合計で農家数382軒、処理量379.17トン、このうち自己搬入が農家数16軒、処理量34.9トンでありました。続いて冬の回収ですが、合計で農家数161軒、処理量101.88トン、このうち自己搬入が農家数8軒、処理量12.65トンでありました。

 今年度でございますが、現在、夏の回収が実施中でありまして、約半分が実施されたところであります。実績は出ておりませんが、申し込みでは農家数400軒、処理量367トン、このうち自己搬入が農家数20軒、処理量40トンとなっておりまして、これは昨年の夏回収の申し込み数とほぼ変わらないため、実績としても昨年並みではないかと考えられます。

 次に、下水道(浄化槽)についてでございますが、下水道施設の管理運営の一元化につきましては、経費の削減や施設運用の効率化等、一定のメリットがあるものと思われます。富里市のように、終末処理場を所有せず、流域下水道に接続する場合、原則としてその流域下水道は都道府県が設置・管理し、流域関連公共下水道は市町村が設置・管理することとされておりますので、より効率的に管理運営していくためには、県との調整の強化を図ることが重要であると感じております。

 次に、流域下水道事業の支出に対して、内容を精査し意見するべきではないかとのことにつきましては、市を初めとした流域関連市町村の維持管理負担金、建設負担金について、その使途等を明確にすることは当然のことと考えております。現在において、その使途等決算関係につきましては情報提供を受けておりますが、今後は、より詳細についてわかりやすい情報提供を求めるとともに、印旛沼流域下水道事業連絡協議会等の場を活用し、意見交換等をしていきたいと考えております。

 次に、自市よりも他市の接続点に近い場合、接続が可能かにつきましては、県に確認したところ、経済的に有利であれば、県並びに関係市と協議の上、所定の認可手続を経ることにより可能であるとのことであります。

 次に、下水道計画区域内で集中浄化槽の大規模改修が近い区の数につきましては、現在市の公共下水道全体計画区域内における集中浄化槽設置地区数は10か所であります。大規模改修の必要性については、浄化槽設置・維持管理が各団地自治会や管理組合等で行われているため、詳細については把握しておりませんが、どの施設も設置から相当の年数が経過しているため、少なからず改修の必要があるものと思われます。

 公共下水道計画区域内の集中浄化槽設置区の公共下水道への切り替えについては、今後とも事業の推進に向けて努力してまいりたいと思います。

 次に、市長公約(発言)についてでございますが、住民投票につきましては、実施する時期として合併協議会が設置されて合併に関する協議が進み、新市の将来像や市民サービスについて具体的に示すことができる段階となった時点で、市民の意思を確認するために行いたいと考えておりますので、現時点で、住民投票を実施する状況には至っておりません。したがって、合併につきましては最終的な決断はしておりません。

 次に、私の公約の住民投票についてでございますが、今申し上げたとおり、市民の皆さんの意思を確認する方法として、最終的に合併について決断を下す前に、住民投票を実施したいということであります。

 次に、私の合併に対する姿勢についてでございますが、選挙時から現在において、空港周辺都市としてあるべき基礎自治体の姿を実現する選択肢の一つとして検討してまいりたいという思いには変わりはございません。

 次に、住民投票を任期中に実施するかということについてでございますが、現時点では実施する状況には至っていないと考えております。

 次に、住民投票は議会制民主主義を否定するものかということについてでございますが、最終的な決定権は議会にありますので、合併に対する個別条例のもとで住民投票が議会制民主主義を否定するものとは考えておりません。住民投票の結果は、市長としての私の意思を最終的に決断するためのものであり、最大限尊重されなければならないものと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 教育長、新谷喜之君。

          (教育長 新谷喜之君登壇)



◎教育長(新谷喜之君) 秋本議員の一般質問にお答えいたします。

 図書館のIT化推進への取組の件についてでございますが、図書館のホームページ機能の充実につきましては、平成18年7月から図書資料に係る利用状況の照会や、予約・回送依頼図書の取消し、メールアドレスの登録・変更が可能となりました。

 また、利用者検索機からは利用状況の照会や予約登録画面へのメールでの連絡を追加し、利用者の利便性と利用者サービスの向上へとつなげていくとともに、図書館本館からは利用者への電子メールによる予約本の連絡を開始しております。

 また、ご提案のございましたホットスポットの整備につきましても、現在、具体的な方法や詳細等について検討を重ねており、できるだけ早い時期の開設に向けて努力したいと思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 代表監査委員、藤井十郎君。

          (代表監査委員 藤井十郎君登壇)



◎代表監査委員(藤井十郎君) 秋本議員の一般質問にお答えいたします。

 一般に、監査委員制度運営の精神あるいは監査権限行使の方針は、地方公共団体の経理上の不正又は非違の摘発を旨とする点にあるのではなく、行政の適法性あるいは妥当性の保障にあるというべきであり、いかにすれば、公正で合理的かつ効率的な地方公共団体の行政を確保することができるかということが最大の関心事でなければならないものとされております。もちろん、監査の過程においては、非違をただし、不正を摘発する必要が生じてくるでしょうが、それらはいわば副次的な目的であり、行政運営の指導に重点が置かれるべきものであり、監査委員の基本的な職務は、地方自治法第199条第1項に「監査委員は、普通公共団体の財務に関する事務の執行及び普通地方公共団体の経営に係る事業の管理を監査する。」と規定されているように、財務に関する事務の執行や経営に係る事業の管理の監査を通じて、地方公共団体の行政の適法性あるいは妥当性を確保、保障することにあるのであって、各種の監査はこのための手段として行っているものでございます。

 また、監査執行上の基本的な留意点についてでございますけれども、これはまさに公正さの確保でございます。地方自治法第198条の3第1項においては「監査委員は、その職務を遂行するに当たっては、常に公正不偏の態度を保持して、監査をしなければならない。」と規定されております。監査委員が監査を行うに当たっては、公正不偏という服務の基本基準に即して職務を遂行することを強く求められているところでございます。

 また、これは同時にですね、公平・公正・中立性の保持にあるのは言うまでもないところでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 酒々井インターについてお伺いいたします。

 いろいろなところで酒々井インターの説明を最近よく受けます。市でも受けるし、市の外でもよく受けるんですが、ほとんど大体、聞いても酒々井のことだからよくわからないというようなことを発言されております。

 実はきのうも市外で市民対象に開かれた説明会に、私はたまたまその市民団体の役員をやっておるものですから、たまたま参加をしておりまして、市の職員が来て説明をしておりました。一般の市民の方の酒々井地先にできるものに対して不安を持っているわけですね。あれだけ大きいものができるわけですから。富里はどう考えているのかと、どうなるんだということを質問したときに、担当の課長さんが答えたことは、「酒々井地先だから正直わかりません」と一言で終わりだったんですね。私はもうこれを聞いたときに恥ずかしくて、顔から火が出る思いでした。当然終わった後に、市はどうなっているんだと、議会の方でそういうものに対して何か意見しないのかということを、おしかりを少し受けました。

 正直言って、私この問題について最初に質問したのは、当選直後間もないころのもう2年半くらい前に、記録を見ましたら、一番最初に質問しているんですね。そのころはまだ決定もされてないようなころで、うわさの段階でしたが、できたときにどうするんだということを質問しておりました。過去の議事録を見ると、当時の私でさえも相当心配をしておりました。とにかく早く手を打つべきではないかと。18年度前後に行われる市街化や何かの都市決定、もう残り二、三年で間に合わないのではないですか、市長と、何度も質問した覚えがその議事録を読み返していて思い出しました。

 それで、今回これ都市計画も富里の中を走っている都市計画道路、国道296号まで行く部分ですが、佐倉都市計画に取り込まれてしまって、自分の市の中の道路を勝手に線を引かれているんですよね。それで、ある程度こういう形になったけれども、富里さんどうですかという形で、自分の市の中を走っている道路、勝手に線引かれているわけですよ。それで、都市計画審議会、私たまたま委員もやっていますけれども、何も聞いていません。つまり酒々井町や県に先手、先手打たれて、富里はもう全く置いてきぼりを食らっているというようなイメージを物すごく受けます。私はぜひ、酒々井だからということではなくて、富里の端っこですけれども、かすってできるわけですから、メーンは富里インターだ、酒々井インターはうちのインターではないんだというような考え方ではなくて、ぜひあそこも富里の端といっても、展開次第では物すごいすばらしいものになりますので、もう少し姿勢を強く持って、酒々井の方から情報を取ってくる、県とけんかをしてでも情報を取ってくる、そういった姿勢が必要なんではないかなと私は思うんですが、その辺についてどのようにお考えかお答えください。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 酒々井インター周辺の関係でよろしいでしょうか。

 上位計画におけます酒々井インターの周辺につきましては、新市街地及び開発構想検討候補地としての位置づけが持たれておりますので、具体的には富里第二工業団地も含めた工業を中心としたゾーンとして定めております。しかし、酒々井南部地区、これにつきましては工業的な土地利用から複合的に対応できます土地利用に変更されたことを受けまして、現在周辺についての土地利用等も調整を図っているところです。特に、工業系につきましては情勢の変化等も影響しますし、新規展開が厳しい状況が続いていますので、これらの実態や将来の推測並びに酒々井南部地区との共存も念頭に実施してまいりたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 渋い答弁ですけれども、もうちょっと他人事というような感じではなくて、酒々井インターということですけれども、富里にできているのと同じようなものですよね。あれ端っこにできてしまって、要は現状の8号はあるけれども、あれはちょっと線形や何かからしても大量交通には向かない道路ですから、はっきり言うとアクセス道路がないわけですよ、全く。つまり富里市民はあそに大挙として押しかける、交通的な社会資本が全くないわけですよね。あそこにあれだけ大きいモールや何かもできるという情報もありますし、なぜインターの開設に間に合うように8号を計画しなかったのかと。まだほとんどだれも質問していないころから私しつこく言いましたよね、8号。記録を見てももう2年も前から言っているわけですよ。8号どうするんですかと。いつも答えは検討、検討、検討、検討で、ついこの間、うちの代表質問で、間に合うのかということを質問したときに、とうとう造れないと、開設に間に合わないということをおっしゃいましたが、酒々井インターができて、行く道がないわけですよね、そうすると。間に合わないと。これはなぜこういう状況になったのかということをちょっとぜひ説明を聞きたいんですが、いかがでしょうか。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 8号バイパスにつきましてはこの整備につきましては、必要性につきましては十分認識しておりますが、約2.2キロメートルということで約20億円の事業が必要でございます。これにつきましては過去に9号バイパスの延伸としまして補助率が高い、また交付税措置もある成田財特事業として国や県に働き掛けてまいりましたが、事業としての位置付けがいただけなかった経緯がございます。現在考えられる国庫補助といたしましては臨時交付金でございますが、交付金を充当したとしても半分程度の市の単独費が必要となります。ということで、現在の厳しい財政状況ではほかの継続して実施している事業、これらの事業への進捗への影響も懸念されますので、難しいものと思われますが、今後整備手法等も踏まえまして、早期に事業着手できるように検討してまいりたいと思います。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) きのうの市民説明会でも、ぜひ8号はちゃんとつくってくれということを言われていたと思いますので、ぜひお願いしたい。

 また、財特の延伸、井野さんがいたころに言っていましたけれども、ちょっと無理だということを今おっしゃっていました。だけども臨交は結局、通常50パーセント裏付けがないと駄目なわけですよね。20億円となると10億円単費になるわけですけど、いろいろな、ほかに特例や何かで多少割合が上がったりだとか、それ以外に別のところから引っ張ってくるということもぜひ考えていただいて、今現在の状況であるならば、酒々井インターができることによって被害者に近いわけですよ、状況としてはこのままでいったら。ですから、ぜひその辺も県ときちんと相談をしてもらって、貧乏くじを引くことのないように展開していっていただきたいと思います。

 市長におかれては、ぜひ酒々井町だとか県とかと、けんかというとちょっと言葉があれですけれども、そのぐらいの意気込みで議論を交わして、できるだけ富里に有利な形をつくるというのが富里市民に対する市長の責務ですから、何とか酒々井インター、いい形になるように力を尽くしていただきたいというふうに思います。

 次に、光ファイバーの方に移りますが、ADSLもなかなか展開できなかった市において、やっと光ファイバーもおおよその地域に入ってきました。ぜひ今後、まだ南部の一部の地域が光ファイバー利用できない状況にありますので、引き続きそういったところにでも敷設されるような形で、行政としても何かしらのお力添えをいただきたいなと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 光ファイバーというのは大変有効なものであるというふうに認識をしておりまして、多くの市民が望んでいるというふうにも伺っております。できるだけ早い時期に富里全域がカバーできるような形が望ましいと思いますので、そういうものも要望していきたいというふうに考えています。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) ぜひひとつよろしくお願いします。

 次に、葉山保育園の方に移りますが、葉山はとうとう形が見えてきました。見たのですが、やはり私は予想しておりましたが、余りいい形ではないと思います。正直いろいろな方に言われますが、みんな都市公園の方が表だと思うんですね。都市公園は当然園庭になると思って見ていたら、さくをやっているものだから、結構いろいろな人に聞かれました。あれは何でやっているんだと。だからそれは説明しました、都市公園だと。そもそもあの都市公園を使って全面占用できないところを使って工事をすると。とにかくあの場所を選んだということ自体に多少の無理があるわけですよね。だから私は反対をしたんです。だけども、もう市としては政策として進んでしまっていると。進んでしまっているんであれば、せめてああいう形になってしまった保育園の周辺整備をして、使いやすい形にするというのが当然だと思うんですね。だけども建設のときは声を大にしていろいろな方が一生懸命推進していました。議員さん、また問わず、一般の市民、そういうものを含めすべてですね。

 でも、どうも執行部もそうですけれども、建ててしまった後の周辺整備の話をすると、どうも反応が渋い。建てればいいんですか。あそこは決して、建てただけで安全で使用できるような状況ではないですよ。朝晩行ってもらえればわかりますけれども、車は路駐しながら子供を降ろしていたり、最近は少し減りましたけれども、今度支援センターの方、私、年が同い年ぐらいの友達の女性で子供がいる方が何人もいますけれども、使いづらいと。何が使いづらいかといったら、車がとめられないというんですよ、やっぱり、あんな状況では。どことめるんですかという話に私は答えられないですよ。実態としてはナリタヤ何かにとめてしまったりとかしているわけですね、話を聞くと。大きい声では正式には言えないかもしれないけれども。でも実態としてはそういうふうになるしかあり得ないですよね、実態は。でも、ああいう形で建ててしまった。そうしたら少なくとも安全対策をするとかいろいろ手はずを整えるべきじゃないですか。私はあそこに反対したにもかかわらず、建てたからにはきちっと整備するべきだと言っているわけですから。

 これをさっき何人かの部長さんに配りましたけども、見てもらいたいんですけれども、支援センターの入り口のガードレールのところ、ぽっこり約1メートル半ぐらいあいているわけですよ、ガードレールのところが。下は1メートルぐらい深い開渠ですよ。ヒューム管が出ているわけですよ、ここに。これどう思います、これ。ここに子供を置いて乗っかったりしますよ。落っこちたらどうするんですか、これ。つまりこういう整備さえしてないわけでしょう。あそこにせっかく選んで造ったのは市ではないですか、あそこに造ったのは。これはぜひ、ここはもうすぐに早急にフェンスをしていただきたいと思います。

 そして、先ほどの水路ですが、水路も私はずっとお願いしております。あそこに造るんだったら水路はふたするべきだと。先ほど、水路がふたがしていないのが130メートルだとおっしゃっていましたが、この130メートルというのは園舎の周りの水路も含めた距離が130メートルでしょうか、お伺いします。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 支援センターの入り口部分についてでございますが、これにつきましても私、昨日現場の方を確認させていただいております。いずれにしましても、まだ工事は終わってないわけでございますが、子供の安全対策といたしましては、周りの一部分については実施する方向で検討していきたいと。また関連課もございますので、そういうことも打合わせながら実施していきたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 先ほど路面に面した130メートルと言いましたが、路面に面した延長が130メートルです。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) そうすると、私、昔からずっと言っているけれども、園舎の周りにも水路あるわけですよ、深い開渠が。そうすると今の話を聞くと、市はもうそもそもそこは全然想定してないわけですよね。私の質問に対しても、道路に面している部分だけを測ってきているわけですから。私はこれは実は前から言っているけれども、あそこはぜひ福祉の予算で整備してもらいたい。だって、隣の集会所をどかすのに補償費という、私は認めてないですけれども、ああいう補償費という、通常私は認められないと思うけれども、ああいうやり方で福祉の予算で補償費で出して、集会所をどかしたんですよ。福祉施設を建てるための補償費としてどかしたわけですよ。あの集会所をどかすのに補償費なんてやり方は普通あり得ないと思うんですよね。現場を政策の遂行のためにやったと。そうしたらどうして保育園の周辺の整備は福祉の予算でできないんですか。あの集会所をどかすのだって整備の一環ではないですか、土地を得るための。私はそれがちょっとどうも理解できない。

 今、建設課の話だと、私の質問に対しても道路っぷちのことを言っている。園舎の周りは何も答弁がない。つまり意識がない。ぜひ、課で話し合っていただいて、あの周りの水路も決して安全なものとは言えないですよ、だれが見ても。何かしらの対策を早急に練っていただきたいと。あそこに幼稚園を建てるというふうに決めたのは市なんですから。ぜひお願いしたいというふうに思いますので、要望をいたします。

 次に、図書館ですが、できるだけ早い時期にやりますということを教育長に言っていただきましたので、なるたけ早い時期にやっていただけますように、ひとつよろしくお願いします。

 次に、フィルムコミッションの方にいきます。

 フィルムコミッションですが、積極的に県に働き掛けるということですが、別にフィルムコミッションの事務所というのは市だとか市の商工会だとか、ああいうところに置いてもいいわけですよね。別に県でなければやってはいけないとなっていませんから。私、前1回質問したときも、市でやるべきではないかということを言いましたが、1件今話が来て、実際撮影が行われるような状況にきていますよね。それを私聞いて、企画だとかにいったら、全く情報を把握してないんですね。私、議員に本当ですかと聞いているわけですよ。当然、なぜかというと、撮影される部署が教育委員会の施設だから情報がきちっと行ってなかったわけでしょうね。当然教育委員会は把握していたでしょうけれども。

 そうすると、せっかくこういうものが来て、さっきの答弁でそういったものを使って市の価値を上げていきたいというような答弁をしていたけれども、どういうことですか、これ。結局教育委員会は把握していても企画は全くわかっていないと。情報の管理というのはどうなっているのかなと、私は正直これを聞いたときに思いました。ちょっとひどいなと思ったんで、ぜひ市長におかれましては、その辺もう少し精査していただいて、きちっと情報を得て、それを有効に使える体制というのを整えてもらいたいというふうに思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) フィルムコミッションについては、市でまだそれはやるということではないんですけれども、情報は常に伝わるようにということは常に言っております。また、富里でも何箇所か映画のロケが来ているところが確かにございますので、これからも役場内で縦割りではなくて、すべて情報伝わるようにしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 次に、廃プラに移ります。

 廃プラですけれども、先ほどの数字を聞いても件数は少ない。だけどもトン数の割合で見ると、全体の軒数からの軒数と、全体のトン数からの運んでいったトン数からすると、考えられるのは1軒当たり少ないけれども持っていっているトン数が多い。つまり大量に排出する農家は持っていっているということですよね。私、正直言って南部でちょっと歩いたときに、お礼を言われたこともありますよ。こういうシステムをつくってくれてありがたかったと。ただ、私ちょっとどうしても前から部長に言っているんですが、廃プラスチック協議会が案内つくるんですよね。このつくった案内に、どうも持っていかないでくださいということではないんだろうけれども、どうも自主搬入にマイナスな文言というか後ろ向きな文言が書いてあるような気がするんですよ。

 例えば、積み下ろしは自分でやってください。個別におろしていただきますよ、何だかんだというところに書いてあるんですね。これは書いてもいいんですけれども、何でわざわざ二重線引いてあるんですか、ここだけ。ほかは引いてないですよ。この注意事項のこういうところだけ何で二重線引くんですか。ほかにも注意事項、別に同じように大事な注意事項だなと私は普通に読んで思いますけれども。つまり持っていったら大変ですよというところに二重線引いてあるわけですよ。これはちょっと意図はわからないですけれども、ちょっと普通に読んだときに、持っていったら大変だというふうなことをアピールしているやもしれないような書き方ですので、ぜひ検討していただきたい。

 それでもう一つ、これに絡めて聞きたいんですが、協議会のメンバーを変えて、要は搬出を手伝う方というのが増えたということはないんですか。つまり、農協、市以外にほかの組合や何かから手伝いを出してもらっているということは今現在はあるんでしょうか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 廃プラの件でございますけれども、文書のつくり方につきましてはそういう意図的なことは全くございません。要は初めてのことでございますので、トラブルがないようにという形の中で、こういう書き方をさせていただきました。

 それから、手伝いの関係ですけれども、基本的にはやっぱり事務局ということで、農協さんとそれを支援している市という形での対応の仕方だけでございまして、今後、廃プラ対策協議会ありますので、その支援体制、その辺のところも協議はしていきたいと思っております。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) はっきり農協と市以外の組合から手伝いを出してもいいよということがあるんだと思うんですね、事実として。事実行っていたと思うんですよ。それが全くこの案内に書いてない。例えばそういったものも書いて、手伝う人も一人いますよとか。今度は協議会に正式に入ったわけですから、協議会として行っていれば書きますよね。残念ながら書いてない。自分でおろせとはっきり書いてあるわけですね。自分でおろせというところに二重線引いてあるわけですから。これ注意項目6個あって、何でここだけ引いてあるんですか、ここだけ。意図的なことはないというのかもしれないけれども、通常で見たって、6個注意事項があって、1か所だけ二重線引いてあったら、これ思いますよ、ちょっと。やっぱり目はそこに行くし、意図的なことはないということですから、ないんでしょうけれども、ぜひこの辺の文書のつくり方ももう一度精査していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。

 次に、下水の方に移ります。

 下水ですけれども、最初にお伺いしますが、徴収率、直近で幾つぐらいだったのか教えてください。使用料です。負担金。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 下水道の使用料の徴収状況でよろしいですか。これにつきましては17年度現年分につきましては、収入済額が2億5,655万828円、収入未済額につきましては299万865円でございまして、徴収率につきましては98.85パーセントです。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 流域は、私は個人的には流域というのはちょっといろいろ問題があるなとすごく思うんですね。例えば徴収率に関してでも、県は使用料100パーセントの数字で計算をはじいてきて徴収して持っていっちゃうんですね、お金。市は当然その徴収率の危険負担を負うわけですよ。100パーセントには決してほとんどとか、課長に確認をしましたら、100パーセントのところはないと。つまりすべての市町村が県に100パーセントで吸い上げられて持っていかれるけれども、徴収は100パーセントない。そうするとそれはどこから出るかというと、一般財源だとかから繰り入れた金で出すわけですよね。つまり血税ですよ。出した、出したはいいけれども、今度は決算ちゃんと来ないんですよ、これが、県の方から。つまり出すだけ出して、吸い上げるだけ出して、ブラックボックスになってしまっていてわからないわけですよ。意見も言えない。

 さっきの接続点の話の方でも振るんで話はしますけれども、権限は県が持っているんですね。だからおかしいわけですよ。負担はすごい市町村の負担は大きいんですよ、これ。なのに県はお金出してますよ。でも国から交付税措置されているんで、かなり交付税措置されちゃって、事業規模からすると予算の規模で比較すると大した金額出してないんですよ、県は。なのに権限はしっかり持っている。徴収率の危険負担もない。それでいて、つながしてくれ、場外下水道もそうですけれども、何だ、やれ何だかんだというと拒否すると。私はこれとんでもない話だと思って、流域下水というのは、私はいろいろな学者さんも言っているけれども、システムとしては見直されるべきところがたくさんあると思います。

 ぜひですね、県だから、前回の議会でも言ったけれども、お上意識、自分の団体よりも上だなんて意識を持って、県だから言うこと言えないなんてことないように、きちっと物を言って、富里市にとっていい形になるようにつくっていただきたいと。先ほどの話だと、簡単な決算書はもらっているけれども、きちっとしたものはもらってないと。今後はもらっていこうと思っていますということの答弁でしたのでいいんですが、ぜひ今後はきちっとそのブラックボックスの中のものもきちっと請求すればくれるそうですから、本当であれば、もらっている方の県が、そんなもの請求がなくても、こっちにちゃんと出せという話なんですが、それはおいおいということで、とりあえず請求をしていただいてきちっと精査して、言うべきところは言うと。むだ遣いがあれば指摘をするという姿勢を保つようにしていただきたい。ただ言われた金額を黙って出して、何に使っているかわかりませんということにならないように、ひとつよろしくお願いいたします。

 他の接続点につなぐときに、つなげるということなんですが、これは計画に入っている中で、認可になってないところやなにかで聞きたいんですけれども、つなぐわけですよ。つないだときに当然市からの援助はないわけですよね。規模とかにもよるけれども、1軒当たり何十万円もかけてつないでいるところも市内にありますよね。第三分区や何かで、根木名の方の。そういうところというのは市の方でつなぐときに、本来市がやるべき仕事を住民が待ってられないからということでやるわけですから、その辺何か市の方で何かしら補助をする、援助をすることというのはできないんでしょうか。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 計画区域内であるが、調整区域になっていない自治会等の自費での接続ですか、これにつきましては補助金の支出はございません。自治会等が負担した公共下水道への接続にかかわります工事費、これは受益者負担を相殺しております。その後、認可区域になった場合も受益者負担金を納付する必要はないということでございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 後から精算して、多少なりとも市民の方にお金を出していただけるということを今おっしゃっていたんでいいんですが、多分額が平米で何百円という話だと、大きいお宅は別ですけれども、普通の一般の住宅だとそんなに大きい金額ではないと思うんですよね。合併浄化槽とかの補助金から比べると、多分、額、けたが1けた違うんじゃないかなと思いますから、ぜひそういうところで不公平が出ないように今後の検討課題としていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 次に、集中浄化槽の方なんですけれども、大規模改修千万円単位でお金かかるわけですよね。でもこれ、させてしまったら、その積み立てたお金ゼロになってしまうわけですよ。ゼロにならないにしても減るわけですよね。この辺をうまく時期が来ているときにタイミングが合えば、市の方としてもその辺は地元の区の協力もいただきながら、できるだけ大規模改修というふうになってしまうと二重投資になりますから、こういったことがないように、うまく地元とも話を今のうちから少しずつでもいいですからしながら、効率のいい管の敷設を進めていっていただきたいなというふうに思います。

 特に、第三分区は小さなミニ団地があって、大規模改修がきている団地が幾つもあります。まだ事業認可だって、21年とれるかどうかわからないような、とる方向でやってくれるというようなこともありましたが、さっき言ったように、権限は県が持っていて、進捗率80パーセントでいいと言っていたのが、今度は90にしろなんてわけのわからないことを言っていることもちょろっと聞きますから、そういったところでも県に強く意見を言ってもらって、ぜひ地元の市民の一番いい形で、そして市もいい形で施工できるというのが一番ベストですから、その辺をそういう形になるようにぜひ検討していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 次に、監査の方に移ります。

 まず最初に言いたいのは、監査、今答弁、松本さんの、地方自治法丸写しですよね、一部。読んでいて私も資料を持っているから、全く同じことを言っているなと思ったんですが、まず大前提としてお伺いしたいんですが、監査、権限当然お持ちですよね。自治法で監査はこういうことができるということが書いてありますが、それ以前に監査の権限というのはどこから発生している権限だというふうにご認識していますでしょうか。



○議長(森田清市君) 藤井代表監査委員。



◎代表監査委員(藤井十郎君) 議員の質問項目、先ほどお答えのとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 私が聞いたのはそういうことではないんですが、そうすると私の質問の仕方が悪いのか、それともご認識がないのか、それはわからないですが、私たち議員も職員もそして監査委員も当然ですが、これは私たちの権限というのは住民、市民から権限負託されて初めて発生しているんですよ、これは。生まれながらにして議員で権限持っている人間、監査で権限持っている人間なんていうのはいないんですね。あくまでも市民に権限を負託していただいて、その権限を私たちが定められた法規、条例にのっとって施行するから権限を施行していいですよ、権限を持っていいですよというふうになっているわけです。

 ですから、それぞれ役割があります。そしてその役割の中であなた方は仕事をしなさいと。その仕事をするから権限を行使していいですよというふうにシステムとしてはなっているわけですね。決して特権階級が最初からいて、下々を押さえるという構造には日本の法律はなってません。その辺をぜひご理解していただいて、いろいろ言いたいことはあるんですが、市長、ちょっと私一言言いたいんですが、これは今回はそんなに強くやらないですが、監査に対して情報公開請求をしたんですね。今回この質問するに当たって資料を集めようと思って。そうしたら不開示なんですよ。話したことを出してくれないんです。でも当然相手方がいますから、私は議会にも情報公開請求しました。そしたらちゃんと出てくるんですよ、議会は。同じ空間で公務員が同じことをやっていて、片や不開示、不存在ということですけれども、片方はちゃんと出してきているんですね。これは市長、姿勢の問題だと思うんですよ。法律で定められてないからどうのこうのということも書いてありますけれども、情報公開というのはもう政治の世界でもそうですけれども、今社会の流れですよね、出せるものは全部出すと。ぜひ、これは今回メーンのあれじゃないんでやりませんけれども、ちょっと一言市長の方に言っておきたかったので、この辺は少し心にとめておいてください。

 それで、監査権限ですね、私は前から多少踰越しているところがあるんではないですかということを言っていましたが、そういう認識はないということを前、関監査委員事務局長にも言われましたが、私が監査請求に対して質問をしているものに対して、こういう文書が、脅迫文ですね。当然私、事務局長に確認をしたところ、もう監査の方にも来ているということでしたが、代表監査委員はこちらの紙はごらんになりましたでしょうか。



○議長(森田清市君) 藤井代表監査委員。



◎代表監査委員(藤井十郎君) とくと拝見させていただきました。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) そうですか、それは私大変良かったなと思います。正直言って私の心が狭いのか、内容から言うと監査の関係者がしたのかもしれないなと、ふっと私の人間の心の狭さから思ってしまったもので、自作自演ということはないでしょうから、監査の関係者ではないということで、私はもう胸をなでおろしております。

 この脅迫文ですが、私はもうはっきり言いますけれども、警察の方にもう二度ほど相談に行きました。大変丁寧に対応してくださいました。そしてちょっとお伺いしますが、私の方には市の方にも捜査に行ったという連絡がありましたが、事務局の方でそれは確認しておりますか。



○議長(森田清市君) 関監査委員事務局長。



◎監査委員事務局長(関利之君) 9月5日、本会議があった日でございますが、午後、事務局の方に成田警察署の方がお見えになりました。

 以上です。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) 監査というのは、住民が、住民監査請求に関してはですけれども、不正な公金の使用があったんじゃないかとか、いろいろそういった部分で出すわけですよね。それを私、議員として当然取り上げて追及する。これは議員として当然の仕事だと私は思いますが、それに対してこのような卑劣な脅迫文が出て、警察が市役所にやってくると。ゆゆしき事態だなと私は思うんですが、このことについて監査委員はどのようにお考えでしょうか。



○議長(森田清市君) 藤井代表監査委員。



◎代表監査委員(藤井十郎君) 全く急なことでございますので、答えは持っておりません。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) こういったことがあるということは市の恥にもなりますので、本当は今監査委員にもこういうことは良くないと、よろしくないということを私は言っていただきたかったんですが、では市長に、市民の代表である二元代表制のもとで市長と私たちの市民は代表なわけですね。公選で選ばれた議員にこのような脅迫文が送られてくるということに対して、市長はどのように政治家としてお考えですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 今の傾向の一つのように私としてもとえらざるを得ないかなと、方々で脅迫とか、あるいは根も葉もない文章が流されることが最近非常に多いなというふうに私自身も憂慮していますし、私自身としても気をつけなければいけないことだと思いますし、そういうことはやはりあるべきでないなというふうに感じてはおります。



○議長(森田清市君) 秋本真利君。



◆(秋本真利君) このことについてはもうやめますけれども、いろいろと私も方々情報を集めております。本当はここで言いたいこともあるんですね。ただ、警察も捜査中だということですので、言えないこともあります。また、親身に大変相談に乗ってくださって心強く思っていますので、私が個人的に動くことでもないかなと。また、友人の県会議員を初め様々な方に相談をして、今回はこれ以上やらないということで相談した結果、きょうの朝ですけれども、私決めましたので、今回このことに関してはこれ以上やるのはこの議会ではやめさせていただきます。

 次に、2分しかないですけれども、住民投票の方に移らせていただきます。

 市長、酒々井ということをこの議会で重大発表に近い形だなと私は思ったんですが、おっしゃいました。住民投票ですけれども、私どうしても聞きたいのは、最終的な判断は住民投票によって行うと言っていますよね。最終的な判断は住民投票によって行われるということであれば、その結果は、市長を拘束する形の住民投票を行うという認識でよろしいでしょうか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 住民投票というものは、この前新聞にも書かれてあったように、住民投票を活用することで参加型の民主主義をもっと深めた方がいいだろうというような新聞もございます。私としては、これは将来我が子供、あるいはその子、またその子に対して、今我々が決めていることが本当にいいことかどうかということの責任が実際に持てるのだろうかという私は疑問がございます。したがって、これほど重要なことを一人の私自身の考え方で決めて、それで議会へ出して諮っていただく、最終的には議会が決めていただくんですけれども、それでいいんだろうかと常に思っておりますので、こういう大事なことはやはり住民投票によって私としては決めてもらいたいな、それでそれを皆さんに諮りたいなというふうに最初から思ってきたわけでありますので、よろしくお願いしたい。



○議長(森田清市君) 次に、猪狩一郎君。

          (猪狩一郎君登壇)



◆(猪狩一郎君) 3点にわたりまして一般質問をさせていただきます。

 (1)総合病院誘致に関する進捗状況について問う

 平成17年12月27日付けで、富里市議会議員20名全員の署名捺印をした総合病院誘致に関する要望書が出され、代表の方々が千葉県に要望書を提出されたとのことであります。それから、既に8か月が経過しました。市民の方々から、その後の状況を聞かれることが多く、対応に苦慮しています。

 そこで、直近の状況をお尋ねいたします。

 ?富里市としての対応は、どこまでされておられるのか。

 ?富里市区長会が署名を集めた経緯もありますので、区長会としての対応はどのような状況でしょうか。

 ?日吉台地区に土地を所有されている医療機関の対応、特に病床などの希望はどのようなものでしょうか。

 ?千葉県より、要望書に記載されている「新千葉保健医療計画」が公表されていますか。

 ?印旛山武地区の基準病床数は、決定されているのでしょうか。さらに、既存の病床数との過不足数は明らかになったのでしょうか。

 ?以上を踏まえ、市民の要望が満たされるのか、市としての展望をお伺いいたします。

 (2)富里市の観光推進事業について問う

 新聞報道等によると、2003年1月、総理大臣の施政方針演説で「我が国を訪れる外国人旅行者は、約500万人にとどまっており、2010年までにこれを倍増させることを目標とする」と述べています。

 既に、ビジット・ジャパン・キャンペーンの展開、観光ルネサンス補助制度が創設されました。観光には経済波及効果があります。本市においても、積極的に観光PRを実施するとあります。

 そこで、お伺いいたします。

 ?本市の観光事業の進捗状況を伺います。

 ?経済効果等の状況の検分はされていますか。

 ?近隣市町村とで、観光事業を共同で推進するようなことはなされていますか。

 (3)富里市の区の現状を問う

 最近、高齢化等により区を脱会される住民があるそうです。最初から区に入会されない住民もいらっしゃって、市への会費などの納入は区に入会されている会員の会費により賄われています。地区によっては、公平性が損なわれているように感じられますが、大きな争点となっていないようにも思います。しかしながら、そういう状況を放置されないような対策が求められると思います。

 区内では、空き家、高齢化、資源ごみ回収、防犯、防災、外国人との共生等など、多くの問題を抱えながら、区の役員さんの努力により運営されています。区の入会率、または加入率というのでしょうか、が今後の運営に影響を及ぼしてくるのではないかと危惧するものであります。

 そこでお伺いをします。

 ?現在の区の入会率または加入率はどのくらいですか。

 ?市は、区への入会を勧めることはされておられるのか。

 ?現在、区長会がありますが、定期的に区の諸問題について議論されていますか。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 猪狩議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、総合病院誘致に関するこれまでの市の対応及び富里市区長会の対応についてでございますが、議員もご承知のとおり、平成17年7月29日に富里区長会会長から総合病院の誘致につきまして市民1万8,051名、8,054世帯の署名が添えられた要望書が提出されました。更に区長会長は、同日に地元選出の千葉県議会議員及び富里市議会議長あてにも要望書を提出しております。

 市といたしましても、区長会からの要望書を重く受け止め、平成17年9月27日に署名簿を持参し、千葉県知事あてに富里市区長会会長及び副会長同席の上、要望書を提出いたしました。また、平成18年3月31日には成田市長と連名にて再度要望書を提出するとともに、県知事にも面談の上、要望してまいりました。その後、富里市区長会として平成18年3月15日及び5月23日に千葉県知事あてに病床数の割り当てについての要望書を提出したとの報告を受けております。

 次に、日吉台地区に土地を所有されている医療機関の対応、特に病床などの希望についてでございますが、当地においての病院開設につきましては特に強い要望を持っているようで、病床につきましても安定した病院経営の点からも、一定規模以上の病床数を確保したいとの希望があることは聞いております。

 次に、千葉県保健医療計画の公表についてでございますが、本年6月30日に公示され公表されており、県のホームページでもごらんいただけるようになっております。

 次に、印旛山武地区の基準病床数と既存の病床数との過不足数についてでございますが、千葉県保健医療計画におきまして、市の属する印旛・山武医療圏の基準病床数は7,305床で、既存病床数の6,953床を差し引きました352床が当該医療圏での不足病床数となっております。

 次に、市民の要望が満たされるのか、市としての展望についてでございますが、今後病床の配分を希望する各医療機関が計画書を千葉県に提出して、県医療審議会病院部会などの審議を経て配分を受けるという手順となりますが、市民要望の達成のためにも、市内に病院開設を希望する医療機関に病床配分されるよう期待しているところであります。

 次に、富里市の観光推進事業についてでございますが、千葉県では、広く県内に外国人観光客の誘致を図るため、平成17年10月に茨城県と共同で「外客来訪促進計画」を策定し、平成22年までに両県で150万人とする誘客目標を設定しております。富里市を含め県内45市町村が外客来訪促進区域として指定されております。

 この計画に基づき、本年6月に県域における推進組織として、千葉県国際観光推進協議会を設立し、円滑な計画の遂行に努めております。市の観光事業といたしましては、特産物であるスイカのPRやイメージアップを図るため、スイカロードレース大会やすいかまつりなどを実施しており、経済効果等はあると認識しておりますが、数値的には検証していないのが実情であります。

 今後は、富里の歴史や伝統・文化を再認識し、あらゆる分野にわたって広く開発・発掘に努めるとともに、千葉県が主体となって実施する「観光立県ちば推進ビジョン」「外客来訪促進計画」等、観光促進事業に積極的に参加をし、空港周辺市町村と連携を図りながら広域的に観光事業の推進に努めてまいりたいと考えております。

 次に、現在の区の入会率でございますが、現在76の行政区と29の行政連絡協力地区があります。この105の区並びに自治会の加入世帯は1万2,511世帯と報告されており、平成18年7月末現在の住民記録上では1万9,254世帯の登録があります。よって、入会率は約65パーセントになります。

 次に、市が区への入会を勧めているかでございますが、未加入世帯の問題は、各区・自治会はもとより、市でも重要な課題ととらえております。この問題につきましては、今後区長会とも協議しながら進めてまいりたいと考えています。

 次に、区長会が定期的に区の諸問題について議論しているかでございますが、区長会では各小学校区より役員を選出し、不定期ではありますが、区長会の活動内容を中心に各地区の諸問題についても議論しているとのことであります。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) 総合病院につきましては、せんだって中野信二議員のご回答で了解しましたので、再質問はしませんけれども、ひとつよろしくお願いをしたいと思います。

 次に、観光事業ですけれども、私の経験からちょっと申し上げたいと思うんですけれども、ことしの8月に私、茨城の方の親戚に行ったときに、富里のスイカの収穫作業ですか、それがテレビで紹介されていましたと。それには若いタレントさんが収穫を手伝っているというものであったそうです。その話を聞きまして、正直言ってうれしく思いました。そういう感想から、テレビで放映されるということは知名度を上げると思いますので、メディア対策についての考え方をちょっとお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 報道機関等からのそういった問い合わせに対しては適切に対応しているところでございますけれども、農業関係になりますと、農協さんに直に問い合わせが行っているような状況でございます。そういった中で、農協さんから聞きますと、ことしは何か10数件撮影というんですか、そういった依頼があったというふうに聞いております。いずれにしてもテレビで放送されることは最大なPRだと思っておりますので、その辺については今後もなお一層充実して対応してまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) わかりました。

 続いて、区・自治会の問題ですけれども、区長会と定期的に会議をされているということでございますけれども、市としては区または自治会の意見をどのようにして市政に反映されておられるのか、お答えをいただきたいと思います。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) その件についてお答えをさせていただきたいと思います。

 区長会とは年度当初に区長会議がございまして、そのほかに役員会であるとかいろいろな会議が随時行われております。そのような意見はそれぞれお伺いをいたしまして、各担当部局の方にも反映させているところでございます。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) 会議の内容といいますか、要望事項があると思うんですが、それはお互いに各地区地区の意見をわかり合えるという意味で、ぜひ公開していただきたいなと思うんですが、公開する考えはおありかどうかお尋ねしたいと思います。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 各、集まった要望事項を公開する考えはあるかということでございますけれども、この要望も多岐にわたっておりまして、市の方から積極的にこういうことがありましたという公開ではなくて、情報の公開条例もございますので、もし必要であれば、そのようなものを利用していただければというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) 多岐にわたりますということでございますので、市民の方がいろいろ問題あると各課ごとにいろいろと電話をかけなければならないということもありますので、窓口は一本化すべきだというふうに思うんですが、今まで多くの議員がそういうことで質問されておりますけれども、一本化すべきだということについてのご見解をお尋ねしたいと思います。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 要望事項を1か所で受けて各部に、あるいは関係課ですか、そういうものをどうかということでございますけれども、これも非常に多岐な問題もございまして、1か所で集めてそれぞれに配付するということは時間等もかかることもございます。緊急性を伴うものもございますので、これは現状のままお願いするとして、もし各課あるいは各部にまたがれるものがあれば、それは調整してまいりたいと思います。



○議長(森田清市君) 猪狩一郎君。



◆(猪狩一郎君) よくわかりました。

 それでは、最後に質問をさせていただきたいと思いますけれども、自治会というのは、特に非常に本当に多岐にわたるんですけれども、現状、少子・高齢化、犯罪の多発化、地域商業の地盤変化ですね、それから外国人の方の定住化など地盤の地殻変動といいますか、地域の構造が変化してきてるんですけども、例えば一番今心配なのは地域のひとり暮らしのおじいちゃん、もしくはおばあちゃんの問題なんですけども、これは地域としてはとっても無視できない問題だと思うんですね。そういう身近な問題を自治会が非常に頑張っているというのが印象が強いんではないかというふうに思います。例を挙げればたくさんあるのでしょうけれども、多くの課題がたくさん出てきて、もはや行政だけでは対応できないのではないかというふうに思います。

 そこで、市民との協働型、協同して働く型ですね、協働型の自治運営が注目されているところであります。富里も地域によってはいろいろ温度差があるかと思いますけれども、市として協働型の自治運営について検討していただきたいなと思いますが、ちょっとご見解をお尋ねいたします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) 市の方と、行政と自治会の協働型を検討したらどうかということでございます。大変それは重要なことでございまして、自治会にもいろいろ大変なことをお願いしているのはよく認識をしております。そういう協働型をしている市もあるやに聞いておりますので、富里市といたしましても、今後十分調査研究してまいりたいと思います。



○議長(森田清市君) しばらく休憩します。

            午後2時20分 休憩

          …………………………………

            午後2時36分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、立花広介君。

          (立花広介君登壇)



◆(立花広介君) 一般質問を行います。

 最初に、

 (1)最終処分場建設計画について

 お尋ねをいたします。これは最終処分場だけではありませんが、お尋ねをします。

 最初に、

 ?自区内処理の原則を理念として、市独自の最終処分場計画を進めてきたが、焼却灰処理の技術の進化等、最終処分場の建設は必須とばかりは言えなくなっていると考えるが、どうか。

 ?このように考えれば、リサイクルセンターを先行させるのは、進入路・周辺対策等、財政効率から見て疑問が出てくる。?、?の計画を見直す中で、焼却場の解体に財源を回すべきだと思う。リサイクルセンターは当面延用したらどうか。

 ?ごみ処理を広域で行う以上、本来、最終処分もリサイクルセンターもすべて一元化しなければ意味がない。近い将来、そのような方向に軌道修正される可能性は十分あると考えるが、どうか。

 (2)今後の着工までの手順と予定は(焼却施設)

 機種検討委員会が結審したまでは聞いているが、今後のスケジュールはどうなっているか。正式に

 ?機種の決定

 ?施工業者の選定

 ?契約

 ?着工

 ?完成

 ?運営方式の決定

 等々についてお尋ねをします。

 (3)戦没者慰霊祭について

 ?対象者はどうなっているか。

  ア 人数

  イ 対象の選定方法

 ?不戦と恒久平和を祈念する催しとして、今まで対象になっていた人々はもちろんのこと、各地の戦火の被害者、原爆被爆者、外地での犠牲者等、対象を戦争犠牲者に広げて充実させる考えはないか。

 ?平和事業として、市民の全世帯を対象に、戦争被害者の実態を調査する考えはないか。

 (4)自然保護行政の充実を求める

 ?環境基本条例・基本計画の主旨から言って、担当部署も職員の配置も全く遅れていると思う。まず初歩的・基本的なことから着手するためにも、必要な情報の整理・分析・記録等から始めなければならないと思う。そのために、担当部署を明確にするとともに、職員を配置する必要があると思うが、どうか。

 ?例えば、私はホタルにかかわっていることから、若干、ホタルについては知っている。富里市内では、昨年は発生を確認できなかったところでも、今年新たに新橋・中沢・立沢等で確認している。オニヤンマも群舞している状況が見られる。これらの状況は、せめて市当局も確認し記録するなどの姿勢を示すべきだ。いずれにしても、富里の宝とも言っていいものを市民の共通の意識にしてほしいと思う。

 以上です。



○議長(森田清市君) 立花広介君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

          (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 立花議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、最終処分場建設計画についてでございますが、最終処分場の必要性につきましては、成田市と共同で進めております新清掃工場の機種を、成田市長と協議の上「ガス化溶融炉・シャフト式」を基本とすることで合意したところであります。当該方式は、これまで埋立て処分を行ってきた不燃残渣も焼却処理が可能であり、排出される溶融スラグにつきましても資源利用が可能であることから、最終処分場への負荷軽減が期待される方式であります。今後は、焼却処理するごみや溶融スラグの資源利用の促進等、成田市と十分協議を行いながら、最終処分場、リサイクルセンターの施設体系を検討してまいります。

 次に、焼却施設の解体とリサイクルセンターの延用についてでございますが、現在のクリーンセンターの機能移転及び跡地利用につきましても重要な課題であります。このことを踏まえ、限られた財源を有効的に活用できるよう、焼却施設の解体とあわせ、整備スケジュールを総合的に検討してまいります。

 次に、最終処分場、リサイクルセンターの広域化についてでございますが、今まで成田市との協議を重ねてきた経緯を踏まえますと、計画変更は難しいと考えておりますが、最終処分場につきましては申し込みをいたしたいと思っております。

 次に、新清掃工場の今後の着工までの手順と予定についてでございますが、先に申し上げたとおり、焼却施設の機種につきましては、成田市長と合意したところであります。今後は、用地測量調査、用地設計等の業務を行い、平成20年度に施工業者の決定及び建設工事に着工する予定であります。

 なお、清掃工場の稼働は、平成23年度からを予定しておりますが、稼働後の運営方式につきましては、基本協定書に基づき、建設工事着工までに協議を整える予定であります。

 次に、戦没者慰霊祭についてでございますが、市では隔年で戦没者追悼式を実施しており、本年は10月13日にとり行うべく準備を進めているところであります。

 対象者はどうなっているか、及び不戦と恒久平和を祈念する催しとして、今まで対象になっていた人々はもちろんのこと、各地の戦火の被害者、原爆被爆者、外地での犠牲者等、対象を戦争犠牲者に広げて充実させる考えについてでございますが、追悼式の開催に際しましては、市の遺族会を経てご遺族の参列者を募集していただいております。

 また、市遺族会の会員となる要件につきましては、市に住居する戦没者の遺族と規定されております。特に、戦没者との血縁の近さなどを条件とするものではございません。また、会員数は現在263名であり、平成16年度に追悼式を開催した際にご参列いただきました遺族につきましては123名、来賓等と合わせて約200名での実施となっております。

 なお、その参列者につきましては、一般戦没者や戦災死没者など、市民の参加を可能としており、広報紙を通じてお知らせいたしております。

 次に、平和事業として、市民の全世帯を対象とした戦争被害者の実態調査についてでございますが、調査実施後の具体的な事業計画がないことなどから、今のところ予定しておりません。

 市における平和事業としましては、昭和59年に恒久平和の達成を願い、「非核平和都市」を宣言するとともに、毎年、平和映画会や平和ポスター展を実施しているところであります。

 今後も、先の大戦で学んだ幾多の貴重な教訓を風化させることなく、平和の大切さや戦争の悲惨さを次の世代にもしっかりと語り継ぐため、平和事業を継続して実施してまいりたいと考えております。

 次に、自然保護行政の充実を求めることについてでございますが、自然環境保護に関する組織体制の充実につきましては、平成14年に策定しました「市環境基本計画」をもとに、「豊かな自然に抱かれた安心して暮らせるまち 富里」を目指して、経済環境部を初めとした関係各部署で、それぞれ施策に取り組んでいるところであります。今後とも自然環境保護に関する組織体制の充実について取り組んでいきたいと考えております。

 次に、市内における動植物の実態の把握のための取組についてでございますが、一部地域でありますが、ホタルの生息地域の確認調査を行ったところであります。しかしながら、一部地域での特定生物の確認でありますので、今後も動植物の実態把握につきましては、調査の方法、対象生物の絞り込みなどを検討し、専門的な知識を有する方や市民の協力を仰ぎながら取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 私の質問要旨のまとめ方も抽象的でいけないところもありますが、結局、今のいわゆる最終処分場あるいはリサイクルセンター等々の実施計画というのは、建設計画というのは、いわゆるガス化溶融・シャフト式という方式がほぼ決まったという状況の中で、かなり構想を修正するということに聞こえましたけれども、それでいいですか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) いずれにしても焼却炉がここで決定しましたので、その焼却炉は不燃残渣も溶融できるという状況でございまして、最終処分場に対する軽減が図れます。そういった中で規模等についてはやっぱり再検討を要するべきではないかと、こういうふうに思っております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 私はそのことについて計画を大胆に見直すべきだということを主張したいわけです。先日、私たち会派の3人で習志野を視察させてもらいました。習志野はシャフト式を採用したことによってスラグがかなり安定して製品がいいということから、最終処分場を持たないで済んでいるということを言っていました。それはシャフト式を契約する際に、そのことをメーカーが強調したために、それじゃ責任持って引き取ってくださいと言ったら、じゃ、それは必ず約束しますよということで引き取っていると。どうしても飛灰は出るんだけども、それについては非常に全体とすれば量が少ないので、それは市外へ民間に出していると。

 そういうことを聞く中で、今市長や市当局の話を聞いてきても、やっぱりシャフト式を採用したという条件の中に、かなり最終処分場に対する負荷を減らすんだという意識が相当働いてシャフト式というのを選んだと思うんですよね。そういう意味からいうと、私は当分の間、最終処分場を持たなくてもいいのではないかと、そういうことを考えてもいいのではないかというふうに考えるんですけれども、いかがでしょうか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) いずれにしても基本的な考え方としては最終処分場は持つべきではないかと、今はこう思っています。大きさはともかくとしても、やっぱりいろいろリスク等ありますので、基本的には持つべきだと思っています。

 ただ、時期についてはやっぱり財政的な問題もありますので、その辺との勘案の中で今後の事業年度ですか、その辺をきちんと考えていかなければならないと、こう思っております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 私はね、今も山田部長が最終処分場はやっぱりどうしても、いずれ小さくなったにしても必要だと。そういう認識がバランスの問題だとか成田市との共同のやり方の形態の進め方で、例えば最終処分場はどうしても小規模であっても必要だということは認めるとしても、それを成田市と富里で別々につくるという必要があるのかということが非常に問題だと思うんですよ。私は今も、例えば今度の予算でも葬祭費を10万円を5万円にするとか、そういうもう財政が厳しいということでいろいろやっていますよね。そういうことをやりながら、つまり爪で拾って箕でこぼすような巨額の財政投資ですよね、これ。きのうも中野議員に答弁がありましたけど、概略67億円だと。だけども進入路だとか解体だとか、そういうものもろもろ入れたら、今後いろいろ入れたらもう100億円近い金を財政投資しなければならないわけですよね。

 乱暴な言い方をすれば、これ一元化すれば、例えば合併して成田市になっていたら、こういう方法をとるだろうかというふうに思うんですよね。リサイクルセンターもつくります、最終処分場もこっちへ別々につくりますってやるだろうかと。私はそれは絶対やらないと思うの。いずれにしても丸々100億円なら100億円かかるものを丸々ゼロにはできないにしても、今財政が厳しい厳しいと言っている中で、こんなざくざくお金を投じるような方法は、やっぱり真剣に考えるべきだと思うんです。

 そういう意味で、先ほど市長が形態についても変更、一元化の方向は今までの経過からいっても無理だというふうに言われました。この間、資料を配られた中にも明記されているのが、事務委託方式だと。率直に言えば、事務委託方式というのは結局お金を払って成田市にお願いするということであって、つまり富里市民に対しての行政責任を本当に成田市と一緒に対等の立場でやるということにならないんですよ。私はそうだと思うんです。そのことについて経過もあるとか何とか言っているけども、富里市は本当に成田市と対等の関係でやりますというふうに、やりたいと。これはリサイクルセンターも含めて一元化しようよと。例えば成田市と一緒にやっていて、それで20年後になるか30年後になるか、その施設が老朽して設備を更新しなければならないときには富里が引き受けるよとか、そういうことはあるにしても、枠組みとしてこういう財政を浪費するスキームをやるのは、私はやっぱり市長の責任だと思うんです。これは今からでも熱心に働き掛けていけば必ず修正されていくものだと思うんですけれども、そういう認識はありませんか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 先ほど市長が答弁いたしましたように、そういった話をこれから申し入れるということございますので、協議の方を早速していきたいと、こう思っております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 最終処分場については一歩踏み込んだ回答がありましたよね。申し入れたいというふうに言われました。もし最終処分場を、計画を延期するとしますよね。今度はリサイクルセンターだけやるんだと。でもリサイクルセンターだけつくっても、進入路だとかその他もろもろのことはお金かかるわけですよね。規模が小さくなっても基礎的な財政は変わらないだけかかるわけですよ。効率はすごく悪くなると思うんですね。

 だから私はそういう意味で、今、焼却場があるところについて、いずれ最終処分場があそこあったわけですよね。あれはなかなか閉鎖する見込みはこれからしばらくかかると思うんですよ。最終処分場にリサイクルセンターが今機能しているわけですよね。そういうことから言うと、今あるものを延用して、実際問題として成田市と一元的にやっていくという方法を私はやるべきだと思うんですけれども、そういう考えはないですか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) リサイクルセンターの件でございますけれども、いずれにしても焼却施設は成田市になりまして、焼却できるものについては成田市に搬入するということでございます。そういった中で、粗大ごみ等の中でも焼却できるものもあるかなと思っておりますし、うちの方のリサイクルセンターといいますか、それはもう本当に古い施設でございまして、効率が悪いような状況でございます。最近のもう施設というのは新しい施設ですから、破砕機もついていたりとかいろいろついています。そういった中で分別をできて、どうしても焼却しなければならないものは焼却すると。リサイクルできるものはリサイクルできるという形でございますので、担当としてみれば、あと自己搬入の件もありますので、やっぱりリサイクルセンターはきちんと慎重に考えていかなければならないことだと思っております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 私はかなり思い切ったことを言っているので、いろいろ必ずしもみんな、そうだ、そうだと言ってもらえるとは思っていません。そういう中で、市長に答えてもらいたいんですが、先日来、成田市の市長の不祥事が新聞で報道されましたよね。あれについて小林市長から何か釈明はありましたか。



○議長(森田清市君) これは関連していますか。



◆(立花広介君) 関連しますよ、当たり前じゃないですか。



○議長(森田清市君) じゃ、内容を最後まで。立花広介君。



◆(立花広介君) 私は富里の市民にとって、非常に生活に密着する大切な事業を進めていく上で、成田市の市長が、正直言ってああいう状態のままで、富里の市長が本当に安心してこの巨額な契約を伴う事業を安心して進めていけるんだろうかということを心配するわけです。そういう意味で聞いたわけです。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 成田市長からの釈明ということは、それは私にはございません。しかしながら、この進めてきた一連の過程を見て、私としては決して裏があるとかどうこうということを余り疑ってはいません。選定の皆さんも恐らく、選んでそこへ出て協議をしていたので、余りそういうことはないんではないかなというふうに思います。よく私に言う人がいます。「もっと疑った方がいいよ。人を疑った方がいいよ」と私に言いますけれども、私は信じている方が楽ですし、人は信じますということでいつも言うものですから、もっと疑いなさいと言われますけれども、今本当に小林さんは苦しい立場にありますということを私には言いますし、いろいろなことを相談は確かにします。しますけれども、この事業に関して富里市が今とっていることは、それとは全く関係のあるとは思っていないし、そういうことにかかわっている人も絶対にあり得ないと思っておりますので、この過程を信じてこれからも粛々と進めていかなければならないかなというふうに私自身は考えています。

 ただ、これから先はどういうふうに展開していくかというのはちょっとわかりませんけれども、今はそう考えています。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 将来、例えば運営方式なども長期にわたる契約をしなければならない、あるいはこういう新設の工場の契約金額は非常に大きいものですから、そういうものを契約するのに、やはり、私は疑えと言っているのではなくて、あの記事が一部には小林市長に対する対抗の人が情報を流して、それで引き下ろしのために報道しているんだというような話もありますけれども、しかし記事を見ていると、やっぱり同じ問題を起こした業者と事務所を建物を一緒にしたり、土地を共有したりとかというのは事実ですから。ああいうことはやはり本当に富里市民が安心して、ああいう市長と話を進めていくというのにはやっぱり不安があるんですよ。だからそういう意味で、この間の八富斎場での暴力団の使用の問題なんかもありますよね。

 市長は前に、事務委託方式について八富斎場の経営について、あれは成田市に任せて費用負担をするというのは基本的にいわゆる事務委託方式なので、富里の決定を守るしかできないんだと前言っていましたよね。それを今度の事業でも踏襲するわけですよ。だから、例えば確かに26パーセントの量の負担になりますけれども、富里からは遠いまま持っていくわけですよね。これから富里のごみの費用負担というのは富里市民にとってどうなるか、そういうようなこともみんな不安なわけですよ。そういうことも含めて、やはりできるだけ共同でやる以上は一元化するという方向を求めるべきだと。私は来年の4月の改選で必ずしも小林さんが当選するとも限らないし、そういうことからいうと、私必ずこれは一元化していく方向に粘り強くやれば解決していくというか、そういう方向に行くと思うんですけれども、そういう考えはおかしいですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 今、成田市の市長についてどうこうということは私は言うつもりもありませんし、それは別の問題でありまして、今、富里と行っていることについては私としては疑っていませんということであります。

 それから、要するに事務委託ではなくてやってくださいということは私は議会からも言われましたので、それもそのとおり言ってあります。この間、会ったときもそれは今でもまだ議会では事務委託方式でないようにしてくださいというふうに言っている人もいますよということは申し上げてあります。私は意外と物をちゃんと言っているつもりです。だた、事務委託方式で、じゃ、八富成田斎場が失敗したかというと、私は今失敗ではなかったんではないかなというふうにも思っておりますので、監視というものはしっかりとやらなければなりませんから、これからも言うことははっきりと言わせていただいて、この議会でも約束したとおり、最終処分場についても言わせていただいて、それで成田と一緒にやっていくという方向を見出したいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 市長が事務委託方式でない方法でやってほしいということは言っているということを聞いたので、幾らか気が済みますけれども、必ずそういう方向へ行くべきだというふうに私は思います。

 2番目の問題に入りますけれども、これは運営方式というのは大体何かこの間の議論の中で出てましたけれども、15年ぐらいを期間として、年間27億円とかという契約をするということはもう方向出ているんですか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) ちょっと今の質問、ちょっと理解しかねるんですけども、これからの話ということでございますので、ですから来年度が実施設計に入ってきますから、これから本格的ないろいろな細かい協議がなされるということでございまして、まだまだ細かなそういったことについては協議はされておりません。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) そうすると、市が成田と富里のいわゆる共同事業という形をとりながら、民間に委託して長期的に契約して委託するということもまだ決まってないというふうに理解していいですか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) いずれにしてもまだ決まっておりません。ただ、そういったいろいろ視察なんかした中では、そういう長期契約、その方が効率がいいというんですか、そういう話は聞いていますけども、まだ決まったということではございません。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) では、ごみ施設の問題については以上で結構です。

 3番目の戦没者慰霊祭についてですが、先ほど戦没者が263名、前回の実施されたときに263名だということでしたけれども、この内容は、戦前いわゆる召集令状を受けて亡くなられた方の富里出身の方はこの中に何人ぐらいいるんですか。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 富里出身ということになりますと、現在、私承知しておりません。

 それと、参加者が263名ではなくて、265名が遺族会会員でございまして、参加者数は123名でございます。これは平成16年度の場合でございますが。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 慰霊祭に参加したのは123名というのはわかっています。対象者が参加遺族会の方が265名だということを聞いたので、当時の富里村からの出身者は何人だったかということを聞いたんだけども、それは承知していないと。

 そうすると、この方々がどの地域で亡くなったとか、その方々が年齢が幾つとか、あるいはどこでどういう状態で亡くなったとかということについては、市は承知していませんか。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 今のご質問ですが、すべてがあるということではないようですが、あるはあるというふうに聞いております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 私なぜこれを聞くかというと、結構、もとの、昭和20年以前ですよね、富里村から徴兵されて亡くなられた方々を最初は中心で慰霊祭がされていたんですが、その後人口が急増しましたよね。それによって、一部は移ってきた人の家族の中に亡くなった方がいて遺族会に入ってきたという人もいるようですけれども、必ずしもみんなが対象になっているようではないんですよね。いろいろ聞くと、今さらそんなあれしてもらわなくてもいいという人もいるし、だけども、そこら辺はどうなっているのかなということを知りたくて聞いたわけです。

 正直言って、この時代は一銭五厘で人は集められるんだと。例えば軍隊に行くと「お前らは一銭五厘の消耗品だ」と。馬だと1,000円も払わなければならないけども、馬以下なんだぞということを軍の上層部から言われながら、本当にまさに人の命は鴻毛より軽しということでみんな召集されたわけですよ。そういう意味からいうと、本当にこういう事業を進めていく役場の人たちも、やはり2年に1回ずつ遺族会に対象者を選んでくださいというようなことではなくて、役場自体がやっぱり戦争を風化させないという立場でやっぱり取り組むべきだと思うんですよ。

 終戦間際の実態からいうと、満年齢で言えば13歳の少年兵から、徴兵された人の中には44歳で徴兵されているという人もいるんですよね。それが人が集まらなくて、当時は40歳から召集年齢を45歳に延ばしたとか、もう本当に悲惨な状態で、当初の軍の計画だと100万人いればいいと言ったのが、もう終戦間際では召集された兵隊は700万人いたと言われる状態ですよね。その中で本当に悲惨な状態で亡くなった人たちがいるわけなので、私はやはり、どういう地域でどういう状態で亡くなったのかというようなことについては、やはり役場も知っておく必要があるんではないかなというふうに思うんですけれども、いかがですか。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) いろいろなお話されましたので、どういうようなご質問かちょっとわからないですが、数字といたしましては現在特別弔慰金の手続をしておりますけれども、18年から17年では338名の特別弔慰金の対象者がおったということでございます。

 また、遺族会会員につきましては、先ほどは16年度で申し上げましたけれども、現在は263名ということでございます。

 それと、その辺の把握ということでございますが、これは一部市長答弁でも触れられておりますが、やはり目的を持たないそういう個人情報を集めるということには、いささか問題があるのではないかと私は考えております。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 時間がないので特別弔慰金のことについて、今出てきたので聞きたかったのですが、それはいいとしまして、市長にお願いしたいんですが、私は慰霊祭でここで徴兵されて亡くなった方を慰霊することは当然だと思います。ただ、実際問題として、そのほかに戦争で被害を受けた人ってたくさんいるんですよね。これは市民の中に広くいます。例えば自分の兄弟が亡くなった、自分のおじさんが亡くなった、そういうことを挙げていけばたくさんいますよね。

 例えば、ここに昭和20年の6月10日に千葉師範学校女子部のクラスが空襲を受けまして、8名の人が校舎が爆撃されたときに亡くなったということを中心にした文集があります。その当時の。これは私市内の人からいただいたんですけれども、これを読むと本当に、千葉の空襲というのもすさまじいものですよね。そのほか銚子でも空襲を受けている、あるいは東京大空襲の際には、例えばB29が落とし残した爆弾を帰り際に七栄あたりにばかばか落とされたという話も聞きます。

 そういう中で、非常に戦火に傷ついたり、もちろん召集令状で死んだ人じゃなくても死んだ人たくさんいますよね。あるいは例えば、佐藤議員が墓地の管理者をしている墓地に双葉会墓地というところに、満蒙開拓物故者慰霊碑というのがあります。そこに開拓団の団長が書いた碑文を刻んだ慰霊の碑があるんですが、その碑文などを読むと本当に生々しく書かれていますけれども、ちょっと読みますけれども、「こうして満州は東亜共栄圏の食料基地として位置付けられ、以来満州開拓に積極的に推進されるようになった。政府や軍の思惑など何の疑問も持たぬ開拓民はこの国策に乗って満州侵略の足を伸ばしていったのである。昭和16年2月現地入りした我々は、不幸にも入植1年にして勃発した太平洋戦争、ために開拓政策は国家総力戦の一環として非常時臨戦体制のもとに北辺鎮護の戦士として立たざるを得なかった。これからの開拓団は想像を絶する苦闘の連続で、昭和20年を迎えた。ついに来た我々の危惧しておったことが。それは日満両国政府はむろん、関東軍までが開拓民を弊履のごとく捨て去ってしまった。それは根こそぎ動員である。そして8月15日を迎えた。父を、あるいは夫を敗戦の戦場にかり立てられたあなた方の心中、私はあの人間の耐え得る極限の苦難と戦ったあなた方の生活記録を詳記する勇気を持たない。広野の片隅で墓標もなく寂しく眠る同志の霊よ、同じ広野のどこかに眠る8万の物故開拓民の霊とともに安らかなご冥福をお祈りして擱筆する。八丈町三根石井房次郎」という碑文が刻まれた慰霊碑があります。

 私は、やはり市長にお願いしたいんですが、慰霊祭では少なくとも対象者は200何十人の遺族会の人たちを対象にお招きをして追悼をするんでしょうけれども、やはり市内にはこういう関係の人たちもたくさんいるということを念頭に置いて、やはり再びこういうことが起こらないように、そういう気持ちを込めた言葉を述べていただきたいなというふうにお願いをしたいわけです。そのことは私、お願いをしておきたいと思います。

 それから、自然保護条例のことをお尋ねします。

 先ほど市長から明確な答弁はなかったんですけれども、先般も蛍を守る会で県立の中央博物館に、いわゆる研修に行きました。その席で、中央博物館の副館長が講師として話をしてくれたんですが、その中で、もうやはり自然保護にとって非常に大事なのが人だと。やっぱり各自治体が人を配置してほしいということを言っていました。これは市長も一緒に聞かれたので、覚えがあると思うのですが、例えば中学校や高校で理科を教えている退職された先生だとか、そういう方を嘱託で頼むというのもいいと思いますけれども、いずれにしても基礎的な資料になる記録や分析をきちんと継続的にやる部署をつくっていただきたい。これはいかがですか。



○議長(森田清市君) 相川市長。



◎市長(相川堅治君) 人の配置というのは確かにいろいろな部署で今求められ始めております。それは今どうしても減らさなければならないというところにきておりますので、いろいろ苦慮しているようでございますので、今もう1つ課をつくる、あるいは部をつくるということは、正直言って不可能に近いと思いますので、それは無理なことかなというふうに考えます。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) ちょっと市長、私は課や部をつくってくれって言っていません。今1人の職員を専門に配置してもらうだけで、もう画期的に事が進むんですよ。ですから、そういう意味で言っているわけです。だから今環境課の中でそれぞれのあれの中で、きょうも先ほども市長は一部記録をしていますと、確認をしていますというふうに言っていましたけれども、それも継続してね、きちんと担当がだれで、環境課のこの人に聞けば継続して基礎的なデータをずっと集めているよということを始めてもらいたいと言っているわけです。それはできない相談じゃないと思うんですけど、いかがですか。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 部署としては環境課の保全班になります。現在もそれは取り組んでおりますけれども、そういったことに対して今後充実を図っていきたいと、こう思っております。基本的には保全班で取り組んでおります。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 先ほど私質問の通告の中にも掲げましたけども、ことし二重堀のごみの山がある手前の田んぼがありますね。あの先から実の口から流れてくるかなり荒れたところがあるんですが、あそこはちょっと去年ぐらいまでは心もとなかったんですが、ことし相当たくさん出ましたよね。それから、そこから先の中沢に向かう通りは去年は1匹も見なかったんですよ、何回見ても。ことしは10匹ぐらい見えました。それから、市長の足元の中沢の集落と立沢に抜ける道のあの中間のいわゆる城跡の周りの堀ですよね。あそこも去年までは見えなかったんですよ。ことしもうかなりというか10匹ぐらいは確認しています。それから、新橋でもいわゆる焼却場というか処分場の予定地になっている田んぼと、それから南七栄から来る沢の左側の沢にはかなり数字を、もう来年からも安定して出ると思いますけど。

 そういうふうに、かなり今まで確認できなかったところも確認し始めているんですね。中央博物館の先生方が二人、専門の方が来ましたけれども、これはすばらしいと、これは長い目で見てすごい財産だよというふうに言っています。これは開発行政というのは目の前でぐりぐり状況が変わりますけども、こういう状況を維持するというのは非常にいろいろな面で大変な面はありますけれども、非常に貴重な財産だと思いますので、これはぜひそういう認識をしてもらいたいです。

 もう私最後ですからやめますけど、これ富里の環境基本計画の中で、私が言っているのは無理ではないことをちゃんと基本計画の中に書いてあるんですよ。目標を達成するための取組と。自然環境として、源流や緑を大切にし自然豊かなまちをつくるということで、市が行う施策の取組方針。そこに、「市内の動植物を調べる」星をつけて、「ホタルなど、豊かな環境を表す貴重な動植物を守る」、「身近な自然を学ぶ機会を創出する」と、ちゃんと書いてあるんです。私これ読んでくださいって私が言うんではなくて、部長から言ってもらいたいと思ったけれども、時間がないので言いますけど、認識してますよね。ぜひやってください。どうですか。



○議長(森田清市君) 山田部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 環境対策ですけれども、環境基本計画に基づいて各種施策といいますか、事業展開しておりますけども、確かにまだ内容的には不足な部分もあります。そういったことについては内容の方を充実していきたいと思います。

 また、蛍の件ですけれども、市内で6か所ほど確認がされていますので、この辺も引き続き調査し、記録等はとっていきたいと思っております。



○議長(森田清市君) これで一般質問を終わります。

……………………………………………………………………………………………



△日程第2 諮問第1号、同意第1号及び議案第1号から議案第15号まで

……………………………………………………………………………………………



○議長(森田清市君) 日程第2、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、同意第1号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、議案第1号 富里市道路線の認定についてから議案第15号 平成18年度富里市介護保険特別会計補正予算(第1号)までを一括議題とします。

 これから質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、順次発言を許します。

 中野信二君。



◆(中野信二君) 通告に従いまして質疑をさせていただきます。

 議案第1号並びに第2号、同じようなものですけれども、市道路線の認定、それから第2号の方は変更です。質問は、各道路の認定原因というのですか、それをお教えいただきたい。

 それから2番目は、議案の中に路線番号というのがあるんですけれども、路線番号のつけ方はどうやってつけているのか、教えていただきたいと思います。

 それから、市町村道というのは1級とか2級とかあるようですけれども、今回の議案第1号に上げられています市道は何級路線なのかということを教えていただきたい。

 それから、議案第2号、変更のところでは、今回の道路はかなり立派な道路だと思うんですけれども、1級市道なのか、それとも2級市道なのかお教えいただきたいと思います。

 それから、議案第8号及び10号は、場所は違いますけれども、建築物の制限という事業ですけれども、その中で法第86条の9第1項各号に掲げる事業というくだりがありますが、その事業とはどのような事業なのかお教えいただきたいと思います。

 それから、議案第10号の中に別表というのがあります。区域ごとに3区分されているかと思いますが、別表の変更はあったのか、またはあるのかということです。

 それから、議案第11号 一般会計補正予算の中で、ごみ処理施設建設事業の中で、埋蔵文化財調査が減額されているわけですけれども、この調査は今後どう進めていこうとしているのか教えていただきたいと思います。

 それから、19ページの区画整理事業の中で補償金が計上されています。国の方からお金が来ていると思いますが、補償金の内容と補償金は今後まだどの程度出ていくのか、見通しがあればお教えいただきたいと思います。

 それから、20ページ、小学校維持管理事業の中で、耐力度調査、それから耐震診断というのがありますが、耐力度調査と耐震診断とはどのような相違があって区分して行うのでしょうか。それから、今後この耐力度調査とか耐震診断等の実施予定はどうなっていくのでしょうか。

 それから、議案第12号の特別会計、国保補正予算ですが、保険財政共同安定化事業として保険財政共同安定化事業の概要と、この事業に変わることによる市民への影響はどうなるのかお教えいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 埋蔵文化財の調査の関係ですけれども、今年度は交付金の関係で見送ったわけですけれども、この交付金をもらうに当たりましては、循環型社会形成推進地域計画というのを立てなければいけません。これはおおむね5年間の計画をつくって、それを環境大臣に提出いたしまして承認を受けて交付金をもらうということでございます。この中には最終処分場だとかリサイクルセンター、これが本体の工事ですけれども、その年度の位置づけ、今いろいろ議論されていますけれども、財政的な問題とか最終処分場の大きさの問題とかあります。それがもう少しきちんとした中で埋蔵文化財をしていきたいなと。要するに一体として整備をしていきたいということでございまして、ですから年度的には、いずれにしても今年度は見送りましたし、来年度も計画を策定する年のような形になりますので、ですからそれ以降、埋蔵文化財は入っていきたいなと。要は施設と一体という形の中で取り組んで交付金を受けていきたいということでございますので、その年度がまだ定まってない部分がありますので、ちょっと先送りさせてもらおうかなと、こう思っております。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) まず、議案第1号 富里市道路線の認定ということで、各道路の認定の原因につきましてお答えをさせていただきます。

 開発行為等により築造された道路でありまして、市が帰属を受けたものであります。また4−0179号線につきましては、議案第2号の都市計画道路の変更に伴いまして新たな路線として認定するものであります。

 次に、路線番号のつけ方につきましては、市内を下から5つのブロックに割りまして、ブロック番号を一般市道の頭につけまして認定順に付番しております。何級路線かにつきましては、すべて一般市道でございます。

 議案第2号の富里市道路線の変更の一般市道かにつきましては、広域的な道路ネットワークの形成に寄与する都市計画決定された幹線道路でありますので、本来では1級市道の位置付けになろうかと思いますが、今回は部分的な開通になりますので、暫定的に一般市道として認定するものでございます。今後は土地利用や公共公益施設の整備などの状況を踏まえまして一般市道としての認定をする時期を検討したいと思います。

 それから、議案第8号の建築基準法第86条の9第1項各号に掲げる事業とはとございますが、まず建築基準法第86条の9第1項各号に掲げる事業とは、道路、河川、また土地改良、鉄道などの土地収用法の適用事業と、街路、公園などの都市計画法に基づく公共事業を言います。

 次に、別表の変更はあるのかにつきましては、詳細については新旧対照表をご参照いただければと思いますが、実質的な改正ではなく、建築基準法別表及び富里第二工業団地の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の別表と表現を形式的に整合させたものでございます。

 次に、区画整理事業の補償金の内容と今後の見通しでございますが、今回増額いたします補償金につきましては、国道409号拡幅に係るパチンコガイアに対します営業補償、また工作物、設備等及び宮本輝洋氏所有の建物、工作物、家賃減収に対するものでございます。今後の見通しにつきましては、本会議終了後、早期に補償額の算定を行いまして契約をしてまいります。

 以上です。



○議長(森田清市君) 山田経済環境部長。



◎経済環境部長(山田照好君) 先ほどの答弁の中で、循環型社会形成推進地域計画、来年度と申し上げましたけれども、まだまだ中身が詰まってないところがありますので、来年度以降の中でこういった計画を立てていきたいということでございます。



○議長(森田清市君) 原教育次長。



◎教育次長(原一之君) 補正予算の小学校維持管理事業の中の耐力度調査、それから耐震診断との相違点でございますが、耐力度調査と耐震調査をするわけですが、これは学校の今後の計画を立てていく上での調査でございまして、耐力度につきましては、どちらかというと鉄骨造りの校舎、それから園舎を対象にして今やっております。これは構造耐力、それから保存度、外力の条件等の基礎として評価するものでございまして、一方、耐震診断につきましては、鉄筋コンクリート造りのものを主として診断しまして、こちらにつきましては建物が地震に対してどの程度耐え得る力を有しているかという構造力学的な観点から診断するものでございます。

 それから、今後の耐震診断等の実施予定でございますが、今回補正として上げさせていただいた内容で小・中学校の対象となる校舎等につきまして完了する予定でございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 議案第12号につきましての保険財政共同安定事業の概要と市民への影響についてでございますが、本制度は市町村国保間の平準化、財政の安定化を図るための今般の医療制度改革の中で新たに実施するものでございます。1件30万円を超え80万円までの医療費に関する互助事業として各市町村で国保連合会に拠出金を支払い、実際に発生した医療費に応じての総額の59パーセントが交付金として交付されるものでございます。80万円までということでございますが、80万円を超えるものにつきましては、現在も高額医療共同事業拠出金として実施しているところでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 次に、立花広介君。



◆(立花広介君) ここに書かれている6号、この中に審議資料の説明の中に書かれていることに基づいて聞きますけれども、いわゆる2割から3割になる負担が増える人の対象者数と増収見込み額、それから出産一時金の支給額が増えることによる対象者数と金額がどのぐらいを見込んでいるのか。

 葬祭費の削減見込み額。

 それから、第7号、同じように対象者数と見込み額をお聞かせください。

 それから、11号ですが、障害者自立支援法の改変によって、非常に、自立支援どころか障害をつくっているという、大変評判が悪いんですが、これ利用者は減っていないかどうか。例えばマザーズホームなどの利用者ですね、その他。それから、もしそういう事態があるとしたら−−あると予想されますが、市独自の支援対策はとらないのか、考えてないのかお尋ねします。

 15号、介護保険の改変で利用者の増減というか動向は、あるいはそれに対する対策はどうなのか、概略ですが、お聞きします。



○議長(森田清市君) 大塚健康福祉部長。



◎健康福祉部長(大塚良一君) 立花議員の質疑にお答えいたします。

 まず、第6号関係についてでございますが、一部負担の対象者数、増収見込みの数ということでございますけれども、これにつきましては国民健康保険の前期高齢者では被保険者数が1,080名中107名でございます。老人保健では被保険者数3,316名中188名が上位所得者に該当しているところでございます。10月より窓口負担が3割となるわけでございますが、窓口での自己負担の変更であり、市への増収ということではございません。

 次に、出産一時金の見込みについてでございますが、18年度当初予算のとおり、件数的には見込みでございますので、118名で今のところはとらえているところでございますが、9月補正で330万円をお願いしているところでございます。これは半年ですからね。そういうことでございます。

 次に、葬祭費についてでございますが、本年度と同じ件数の場合には245件といたしまして、1,225万円の減額になろうかというふうに見込んでおります。これにつきましては、実施につきましては19年の4月1日でございますので、本当に荒い数字でという、本年度と比べた場合ということで申し上げたところでございます。

 次に、第7号議案の国保税条例の関係についてでございますが、18年度当初課税時における介護給付金限度超過世帯数は479世帯であり、限度額を1万円引き上げると約400万円程度の調定額ではないかというふうに考えているところでございます。これも19年の4月1日から施行ということであります。

 次に、議案第11号関係についてでございますが、障害者自立支援法の関係について申し上げます。

 施設系サービスについて、入所者については減少はしておりません。しかし、施設の通所者は利用回数が若干減少しているように見受けられるところがございます。

 マザーズホームも一つありましたので、その辺もお答えいたします。マザーズホームの関係でございますが、3月末で19人中、卒園した児童が6人おりました。4月1日現在の在籍数は13人でございます。現在は2名入園し15名となっております。また、入園の相談も現在3名いるところでございます。

 次に、市独自の支援策ということでございますけれども、市の任意事業といたしまして精神障害者支援、経過的サービス事業、日中一時支援事業等々10事業を計画しているところでございます。

 また、各サービスを併用した場合に独自の補助制度を計画しているところでございまして、これは利用負担の上限額について、市独自で上限額にあるものに対しては補助していこうと、こういうものでございます。

 次に、15号の介護保険関係についてでございますが、介護保険の改変で利用者の動向はというようなご質問でございますけれども、平成18年3月末、これは17年度、年度を申し上げればそういうことになるわけでございますけれども、認定者は802名で、平成18年7月末では801名でございます。居宅サービス利用者は平成18年3月末で464名で、平成18年7月末では居宅サービス利用者433名と地域密着型サービス利用者、これはグループホームでございますが、23名で、合計466名でございます。施設サービス利用者は199名と190名であり、大きな変化は見られない状況でございます。

 平成18年4月からの要支援1、2の区分が実施されておりますが、既に認定されている方は認定期間の更新時に変更されるものであり、更新時に窓口、ケアマネジャー、または包括支援センターにより説明しております。新規についても申請時に説明していると、そういうような状況でございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 次に、柏崎のり子さん。



◆(柏崎のり子さん) まず、議案第1号ですけれども、認定について新しいところでは事業者が工事をして市に移管して認定するという形になるんですけれども、これまで舗装の整備基準ですね、整備舗装要綱というそうですけれども、これに合致していないものがあったのかどうなのか。指導したりしてちゃんと整った上で、市に移管し認定する手続をとっているのかどうなのか、これまでにもあったのかお願いします。

 それと、2−0137号とか、また1−0355号等をちょっと場所を見てみますと、やはり2−0137号なんかは若い方々が住んでいるような新しい住宅地域から409号に出てくるところ、それでそこを見ますと、ただ「交差点あり」しか地面に印がないんですね。ですから、やはり今後の安全対策、それらについて現場を見た時点での当局が必要性について考えているのかどうなのか伺いたいと思います。

 それと、議案の4号、5号なんですけれども、私これ考え過ぎをいたしまして、6月の164国会等で消防法が改正されているものですから、それにもかかわりがあるのかと思いまして、条例等を見たらば、なんてことはない、字句の改正になっていましたので、これはお答えいただかなくて結構です。

 それと、第9号、10号ですね。これ条例文だけでは非常にわかりにくいなと思いまして、想像してみたんですけれども、何といってもまちづくりとか建築基準の改正等は、やはり地域に住む者たちの声というのはとても大事だなと思って、地域住民の声の集約はということについて通告を出したんですけれども、それほどそういうものには影響がないということだったんですけれども、とりあえずご答弁お願いいたします。

 それと、議案11号ですけれども、11ページの税務総務事業なんですけれども、2名分の報酬単価ということで、これについては以前にも、徴収をしていただくということで非常勤の予算措置をしたことがありますが、それについて日数、そしてまた徴収目標金額ですね。なかなか税務課にとっても今こういう作業をするのはとても大変なことだなと。出向いていく人たちも大変なことだなと思いますけれども、やはり一応は単価を払う以上は効率的な仕事をしなければなりませんので、徴収目標についてお願いいたします。

 それと、区画整理の方ですけれども、移転補償の積算基準、この改正が変わったということですが、その積算基準の改正がどう変わったのか、これまで従前と違ってですね。それについてお願いします。それと、一部の物件移転が難しいということで、見通しについて、このままにしておくのか、仮の交差点をつけたとしても最終的にはあくまでもこの物件の移転について交渉していこうとしているのかどうなのか、その辺についてお伺いいたします。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) お答えをいたします。

 舗装の整備基準につきましては、開発行為によりまして築造された道路につきましては、道路構造令や富里市の宅地開発行為指導要綱等の公共公益施設整備基準に基づきまして設計・施工された道路でございますので、大型車交通量や地盤の強さなどから舗装構成を決定しております。

 また、開発行為により市が帰属を受けるものにつきましては、認定行為が前提となりますので、工事の中間に設計のとおりに施工されているかについても検査を実施しております。

 それから、今後の安全対策につきましては、開発行為につきましては事前協議という形で、事業者にカーブミラー等の設置などの交通安全対策を指導しております。できるだけ今後の安全対策が必要ないよう努めておりますが、新たに交通安全施設の必要性が生じた場合につきましては、市が対応するということでございます。

 それから、議案9号及び10号についてお答えをさせていただきます。

 本件の条例改正は建築基準法の改正に連動するものでございまして、住民の意見を集約する必要がそれほど高くはないと思われます。しかしながら、富里市都市計画法に基づきます地区計画の内容の変更の手続に当たりましては、土地の所有者を初めとする住民の意向について、可能な限り傾聴してまいりたいと思います。

 区画整理事業の件ですが、積算基準の改正につきましては、補償費算出の基準となっております損失補償算定標準書の前年度単価の有効期限が6月中の契約までとなっております。7月以降の契約につきましては、新年度の標準書並びに単価を使用することになります。今回の改正につきましては、主に建物及び工作物等の単価の改正でございます。今後の見通しにつきましては、南新木戸のパチンコ店は早期に額の確定を行いまして契約したいと考えております。

 また、都計道の3・4・20号の交差点に位置する物件につきましては、今後、関係機関とも連携をし、早期に移転できますよう協議してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) それでは、税務課関係についてお答えをさせていただきます。

 収納補助員の報酬単価は幾らかということでございますけれども、これは日額で7,000円でございます。月平均16日勤務を予定してございます。6か月の2名ということで予算計上させていただいております。

 また、徴収目標、数値はあるのかということでございますけれども、数値目標は定めておりません。



○議長(森田清市君) 柏崎のり子さん。



◆(柏崎のり子さん) 区画整理の方で補償調査のその積算基準ですが、6月中の契約であったということですが、新しい単価という単価の基準ですよね、そうすると、積算基準の算定基準というのでしょうかね。それは単価的にはどう変わったんですか、その辺ちょっと聞いておきたいと思います。

 それと、徴収目標については決まっていないということで、それはわかります。私、今のこの非正規雇用が非常に増える中で、リストラされる中で、もちろん税収、徴収するのというのは市税で対応していくわけですから非常に大切なことです。しかし、本当に今、払い切れないという方が多いものですから、これ目標をつくって成果主義に結びつけるようなやり方をしたら大変だなと思ったものですから質問してみたんですけれども、やはりそれだけ成果目標につなげたり、徴収目標をつくったりしてやりますと、それだけ厳しく取り立てるということになってしまうわけですよね。だからまず生活することが大前提ですので、その辺はやはり配慮しながら、やっぱり気の長い説得をしながら納めてもらうというようなやり方をしてもらいたいなと思っているものですから、これはお願いですけれどもね。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 単価でございますが、今後委託契約をしまして、つかんでいくものでございますので、今は詳細はつかめておりません。



○議長(森田清市君) 次に、窪田 優君。



◆(窪田優君) 4人目ということで、ダブる点があることは重々承知しておりますが、お尋ねいたします。

 一つは総務部の方に、非常勤職員2名増員補正ということで134万4,000円の仕事の内容は具体的に今わかったわけですけれども、この人員は経験者なのか、また、そして具体的な成果は何だったのか、上がっているのかということ。

 二つ目は、区画整理事業。南新木戸補償調査(再積算)業務委託293万円は、積算基準が変わったということになっているが、再調査はどのような内容なのかを説明ください。

 ちょっと後先になって恐縮ですけれども、これもお尋ねしようと思って追記したものですからこういう順番になりましたが、七栄北新木戸土地区画整理で、区画整理事業をより円滑に進めるため換地を修正する必要が生じたことから業務委託を追加修正しようとしているが、測量変更154万4,000円はあるかもしれないんですけれども、91万4,000円の委託料まで追加しなければならないとすれば、今後も円滑にするため業務委託費が増える可能性があるのかどうか。委託契約内容はどんなものなのか説明してください。というのは、今開発中のところでありますので、今後も際限なく補正が組まれて、どんどん当初の予想よりかも増えていってしまうのではないかということをちょっと懸念したものですから、お尋ねをいたします。よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 越川総務部長。



◎総務部長(越川健彦君) それでは、収納補助員の件につきましてお答えをさせていただきたいと思います。

 現在1名でございまして、これはただ集金を行っているだけでございます。今後2名を予定しておることにつきましては、分納誓約をいただいている方々等に定期的な連絡をとるとか、あるいは電話で確認をとるとかをして、なお充実をしていきたいというふうに考えておるわけでございます。

 また、経験者かということでございますけれども、これは今、市の方にいろいろ申し込んでいただいている方から見ているんですが、その中ですべて対応できるかというと、そうでもございませんので、経験者でない方がほとんどでございます。

 それから、具体的な成果ということでございますけれども、今後2名を増員をいたしまして新たな取組をするわけでございますので、その成果につきましては今後見守っていきたいというふうに考えております。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 区画整理事業についてお答えをさせていただきます。

 初めに、補償調査業務の再調査の内容でございますが、積算基準の改正につきましては補償費算出の基準となっております損失補償算定標準書、先ほども申し上げましたが、前年度単価の有効期限が6月中の契約までとなっていますので、7月以降の契約については新年度の標準書並びに単価を使用することになります。今回の再調査につきましても、主に建物及び工作物の単価の改正でございます。

 次に、今後も業務委託料が増える可能性があるのかということでございますが、これにつきましては、換地計画につきましては土地所有者の方々と協議をしながら進めておるところでございますが、換地計画に基づき実際に現地で測量を行いまして、その位置を出す時点で細かい問題が発生する場合がございます。それらを解決するためには換地の修正作業が必要となってまいります。ということで、本市では換地設計並びに積算等ができないため業務を委託するものでございます。また、今後も事業を進めていく中でこれらの業務は多少なりとも必要になるものと考えております。

 また、委託内容でございますが、換地修正業務並びに仮換地変更指定業務でございます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 以上で通告による質疑は終わりました。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています諮問第1号、同意第1号及び議案第1号から議案第15号までは、お手元に配りました議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託します。

……………………………………



△日程第3 請願・陳情の件

……………………………………



○議長(森田清市君) 日程第3、請願・陳情を一括議題とします。

 本日までに受理した請願2件及び陳情1件は、お手元に配りました請願・陳情文書表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託しましたので、報告します。

 お諮りします。

 議案調査及び委員会開催等のため、明9日から26日までの18日間、休会したいと思います。ご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(森田清市君) 異議なしと認めます。

 明9日から26日までの18日間、休会することに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 9月27日は、午後2時から会議を開きます。

 本日はこれで散会します。

          …………………………………

            午後4時07分 散会

          …………………………………