議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富里市

平成16年 12月 定例会(第5回) 12月03日−02号




平成16年 12月 定例会(第5回) − 12月03日−02号









平成16年 12月 定例会(第5回)



         平成16年第5回富里市議会定例会会議録(第2号)

                 12月3日

出席議員

  1番 相川嘉也君          11番 中野信二君

  2番 秋本真利君          12番 栗原恒治君

  3番 窪田 優君          13番 杉山治男君

  4番 櫻井優好君          14番 岩井好夫君

  5番 鈴木英吉君          15番 佐藤照子さん

  6番 高橋益枝さん         16番 柏崎のり子さん

  7番 猪狩一郎君          17番 立花広介君

  8番 伊藤澄雄君          18番 佐藤繁夫君

  9番 江原利勝君          19番 中野善敦君

 10番 押尾 隆君          20番 森田清市君

           …………………………………………………

欠席議員

 なし

           …………………………………………………

地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名

  市長    相川堅治君       消防長   池田 明君

                    参事兼

  助役    石橋 規君             越川健彦君

                    総務課長

  総務部長  鴻崎英明君       財政課長  林田博之君

  健康福祉              社会福祉

        鈴木康之君             森田武臣君

  部長                課長

  経済環境              産業経済

        原 一之君             山田照好君

  部長                課長

  都市建設

        原 清一君       建設課長  熊木和男君

  部長

  教育長   新谷喜之君       庶務課長  今井清治君

  教育次長  関谷邦松君       水道課長  高岡明仁君

           …………………………………………………

出席した事務局職員の職氏名

  事務局長  岩澤新一        主査補   岡村和宏

  副主幹   鳴田啓一        副主査   佐藤まゆみ

           …………………………………………………

議事日程

               議事日程(第2号)

            平成16年12月3日  午前10時開議

 日程第1 一般質問

           …………………………………………………

本日の会議に付した事件

  1 一般質問

  2 追加日程第1 議案の訂正について

           …………………………………………………

             ………………………………

              午前10時00分 開議

             ………………………………

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) これから本日の会議を開きます。

……………………………



△日程第1 一般質問

……………………………



○議長(森田清市君) 日程第1、一般質問を行います。

 順番に発言を許します。

 杉山治男君。

             (杉山治男君登壇)



◆(杉山治男君) では、一般質問をいたします。

(1)日吉台地区に消防団を

 山もなければ川もない富里市でございますので、大地震が起きても土砂災害等は少ないと思いますけれども、市内各所に危険なところはあります。対応はどのようになっていますか。

 また、その中で日吉台地区には消防団がありません。日吉台ができてもう20年以上が過ぎています。当地区の住民にも自主防災の認識を高めていただくためにも、消防団若しくは消防協力隊のようなものの考えはないでしょうか。市からの投げ掛けだけでもあっていいのではと考えます。

 近い将来、起きると言われている関東地域での大地震。市の対応・対策について何点かお聞きします。

 ?日吉台地区に消防団は考えないのか。

 ?現在ある危険箇所はどのくらいか。対応は。

 ?火災等のとき、各分団への出動手当はどうなっているか。

 ?防災無線の今後の見通しは。

 ?消防団員のほか、消防協力隊などの考えはないか。

 ?今回の台風災害で雨水の滞積が問題になっているが、今後の見通し・対策はいかがでしょうか。

(2)青年団等の復活を考えられないか

 市長は「子供たちのために」とよく口にします。大変いいことだと思いますが、その子供たちが大きくなったときに受け入れるものがないように思います。

 行財政改革を言われる昨今であります富里市の行事をよく思い出してください。体育祭、産業まつり、福祉まつり等々いろいろありますが、目につくのは子供と年配の人ばかり。20代の人は、農協の青年部くらいのものです。活気ある町とは、若い人が生き生きしているところだと思います。若い人がいないのは、そういう組織がないためではないでしょうか。

 昔は青年団や婦人会があり、体育祭等には活躍していました。婦人会は今もありますが、だいぶお歳を召して、新たに作った「なの花会」も若い人は少ないようです。

 市の中にはいろいろな団体がありますが、スポーツ団体以外では若い人たちがいないような気がします。どこでもそうなのでしょうが、若い人たちの選挙での投票率がすこぶる悪いのは、若い人たちの組織が少ないからではと思っています。若い人たちが市行政とかかわれる組織等を考えていただけないでしょうか。消防団においても、なる人が少なくなってきました。下の組織がないためと考えます。活気あるまちづくりのためにも、市長には頑張っていただきたいと考えます。金を掛けなくてもある程度できると考えます。いかがでしょうか。

(3)体育祭の中のゴルフの部について

 今年は、10月の台風・長雨で残念ながら体育祭が中止になりました。ゴルフの部は、雨でしたが無事終わりました。参加した多くの人から苦情がありましたので、ご報告がてら質問します。

 地区により選手15人はきついとのことです。人が集まるところは上手な人がたくさんいますが、農村部には少なく、ゴルフを競技としてとらえている方と趣味の方が一緒にやりたくないとのことです。どうにかならないでしょうか。グロス勝負ですが、団体戦についてはいいが、表彰の中にはハンデ戦も含められないのか。地区により予選会をやっているが、出場したくても参加できない。広く参加できないものですか。

 オープン参加の市のゴルフ大会を年2回ぐらい開催できないものか。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(森田清市君) 杉山治男君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 杉山議員の一般質問にお答えいたします。

 なお、教育関係のご質問につきましては教育長が答弁いたします。

 まず、日吉台地区の消防団の設置については、日吉台地区には消防分署があり、また成田市との消防協定もございますので、現在のところ分団を設置する考えはございません。

 次に、危険箇所についてでございますが、本市においては土砂災害の危険箇所として6か所を指定しております。対策についてでございますが、随時パトロールを行い状況を把握するとともに、多量の降雨があった場合は監視などの対応をとっております。

 次に、火災のときの各分団への出動手当はどうなっているかについてでございますが、各分団への出動手当につきましては、段階に関係なく一律に年間3,000円でございます。

 次に、防災無線の整備についてでございますが、本市の防災無線屋外子局設置計画において未整備な箇所の中で、地区や地域住民の要望、既存の施設の設置状況を踏まえ、段階的な整備を進めているところでございます。今年度は七栄地区に1基増設予定でございます。

 次に、消防団員のほか消防協力隊など考えはないかについてでございますが、消防協力隊につきましては現在のところ考えておりませんが、今後、大きな災害に備えるため、自主防災組織の育成・強化を推進してまいりたいと考えております。

 次に、今回の台風災害での雨水の滞水でございますが、市内全地域での畑の被害面積は約145ヘクタールに及んでおります。しかしながら、県営事業の畑地帯総合整備事業で実施した四区、実の口、五反、金堀の89.5ヘクタールについては、畑の表面排水施設が効果を発揮したため、冠水が起こりませんでした。

 現在、市は、県営畑地帯総合整備事業において、畑の用水及び排水整備を実施しておりますが、排水施設の整備が急務と考え、用水整備に先行して排水路や末端の調整池等の排水改良工事を実施しております。平成16年度の排水施設の整備としましては、畑の表面排水として排水管路を10ヘクタール、暗渠排水を4ヘクタール実施しております。

 議員ご質問の今後の見通し・対策についてですが、今後は県と協力して、地元の理解を得ながら、県営畑地帯総合整備事業により調整池の設置、畑の表面排水としての排水管路の敷設、暗渠排水を順次実施し、早く効果が現れるよう事業推進に努めてまいりたいと思っております。

 次に、若い人たちの行政とのかかわりについてでございますが、市総合計画の中でも、我が国の人口が近い将来減少期に移行するものと予想される中で、若いファミリー層の定住と誘引が必要です。これからは、本市においても調和のとれた人口・世帯構成を確保し、まちの活力を維持・向上させていくことが必要であると考えております。

 しかし、議員ご指摘の青年団につきましては、社会教育団体としてレクリエーション、スポーツ、学習、社会活動を主とした活動を実施してまいりましたが、その後、団員数の減少などの多くの困難に直面して、平成4年度に連合青年団が解散に至ったところであります。

 したがいまして、青年団が解散を選択した経緯などを考慮しますと、青年団の復活にこだわらない形の中で、仲間づくりや地域の問題への取組、趣味サークルなど新たな団体の育成が今後の検討課題と考えます。

 若年層の社会参加につきましては、今後の富里市を支える上でとても重要なことであり、市といたしましては、審議会・委員会など市行政に係る諸団体への積極的な参加を推進するとともに、ボランティア、自治会活動などへの自主的な参加を期待するものでございます。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 教育長、新谷喜之君。

             (教育長 新谷喜之君登壇)



◎教育長(新谷喜之君) 杉山議員の一般質問についてお答えいたします。

 まず、市民体育祭ゴルフの部の開催運営方法についてでございますが、現在、運営方法等については市民体育祭実行委員会及びゴルフ競技実行委員会で決定しております。今後とも、より良い運営を目指し検討してまいりたいと考えております。

 次に、オープンコンペの開催についてでございますが、今後のゴルフ人口の推移や住民ニーズ並びに市内及び近隣のゴルフ場・ゴルフ練習場で行われているオープンコンペの状況などを総合的に勘案して考えていきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 杉山治男君。



◆(杉山治男君) 再質問をいたします。

 消防からいきます。

 日吉台に消防団の分署等々があるから考えないということでございましたけれども、考えないのはそっちの考えでしょうから構わないんですが、七栄の第五分団ですか、あそこは今30何名かですか。そのくらいの人数がいないと七栄の住民が集まっているところの巡回等々いろいろできないという形でもって、多分第五分団には一番人数が、大変多く配置されていると思うんです。今、日吉台地区だと第一分団の日吉倉が多分見ていると思うんですけれども、あそこは20人そこそこぐらいの分団で、日吉台を全部見回すというかやれるほどいない。消防署があるからいいというのは、消防署は日吉台のためだけにあるわけではないと思いますし、この間ちょっと窪田議員とも話をしたら、窪田議員も、消防団は作れないであろうけれども、そういうものも必要だとは考えるという話をしたのですけども、今の日吉倉の分団に10人でも15人枠でもいいですから、日吉台から一分団に加入していただき、消防というのはどういうものだということを理解するような施策なり、手法なりがあると思うんです。

 そういうことで、分団は作らないというのもそれはそれで理解するし、今はちょっと難しいというのも分かるんですけれども、日吉台だけ特別区のような形になってしまうと思うんです。各地域に消防団があるからいいという問題ではないでしょうけれども、なくていいという考えの方がよほどおかしいと思うんです。各部落に、部落というのは差別用語でしたか、そういうところに分団が、一応富里じゅうに配置されているのに日吉台はないというのは。私も今、本部員でございますのでほかの消防団の方々と話しますと、あそこは口ばかりで何もやってくれないんだよねという話がどうしても出てきてしまうんです。協力的ではないと。

 別に協力的ではないわけではないと思うんですけれども、やはり日吉台からも何人か消防団員がいるという形をとれれば、ほかの分団の方々も、もし火事があってそっちの災害に出向いたときに、あそこの者がやっているんだからおれらも手伝ってやらなければという気にもなると思います。消防の人たちだから別にそんな損得でやっているわけではないですけれども、やはりそういう形だけでもできた方がいいんではないかと思いますので、更に要望します。

 次に、災害箇所ですが、対応は先ほど6か所で見て歩いているというようなことでしたけれども、先般11月13日ですか、消防で各分団を私たちが見回りしたときに、立沢なんでしょうか、あの分団のところの機庫のわきといいますか、何か土手を削っていて、個人でやったら何百万円も掛かって、もう片方は町も協力して補助金を出してやっているような話もあったのをちょっと聞いたんですけれども、後ろの土手のがけをなだらかにするというか削るみたいなものはどんなふうになっているのか、お聞きしたいと思います。

 それから、火災等の各分団への出動手当ですけれども、年間3,000円ということが出ていました。自分が団長をやっていたころには、確か1回出ると500円くらいもらえたような気もするんですけれども、お金がどうのこうのではなくて、この間うちの団長と話をしていたら、印旛郡管内の団長会で出動手当がないのは富里市だけなんだよなとちょっと愚痴をこぼしていたので聞いたら、年間3,000円ということで、よそは1回につき幾らとかいろいろ出ているようです。

 どこの分団が出ていないとかと言うと、私はここで言いつけるわけにもいきませんので余りあれしませんけれども、機庫から車を出したことのないような分団もあるのも事実なので、私たちも団会議などのときには言うんですけれども、今みんな勤め人が多くなってしまって出られないとかいろいろあるからしようがないのかなというのもあるんですが、一律に年間3,000円という形ではなくて、もうちょっと出たところには出たなりに、出ないところには出ないなりにというような施策をとっていただきたいとお願いします。

 防災無線は1基、これは順繰り順繰りで、お金がないと言っている中ですのでしようがないのかなというのもあるんですけれども、何回か前に質問をいたしました火の見やぐらの撤去ですか、その進捗状況ぐらいは聞いてもいいのかな。それをちょっと教えておいてください。

 それから、消防団員のほかに消防協力隊というものは、これは実際にうたってみましたけれども、消防のOBの方に頼めばいいということだけで私は済むと思います。ただ、さっきも言いましたけれども勤め人が多くなってしまったおかげで、消防車を火事だといっていざ出すときに、実際に人が集まらなくてなかなか出られないと。保険とかなんとかでいろいろ面倒くさいところもあるという話も聞いているんです。もう50歳くらいの人だったら、若いところだと三十五・六歳で退団という形になってしまう分団もたくさんありますけれども、40歳そこそこだったらまだ火事場へ行ってしっかり働けますので、地元にちょっと消防車が出られないようなときに出ても、保険がきくような何か手法を考える中でやっていただけないものかということで今回質問をしてみました。

 雨水の方は、多分いっぱいの議員さんがいろいろ質問していますのでその方にお任せいたしまして、次に青年団の方ですけれども、青年団が解散したわけもその当時のいきさつも知っております。これは結局消防にもいろいろくっついてしまうんですけれども、昔、まだ青年団というものが富里市の各学区にありまして、自分たちが青年団に入っていますと、「おまえ、もう少したったら消防だな」と、おのずと自分たちで消防に入るというか、そういうのが分かるところでもありました。そういうのが今はなくなった。ほかにも親が子供の面倒を見ないといいますか、親が子供の自主性に任せるという形なんでしょうけれども、私からするとそれはただの言いわけでしかないと思うんですけれども。消防を自分が経験していて、そのせがれに消防に入れと勧誘に行っても今は入ってくれないという、そういう時代です。

 消防も飲むばかりだという悪評もありますし、いろいろあるんですけれども、そういうのをおいても地域には今、消防くらいしか若い人たちが集まるところがなかなかないという中で、やはり地域の連帯感とかそういうものを育てるためにも、青年団というものにこだわるわけではないんですが、町で何か役ができないのかなと。

 今、農協青年部がありますけれども、自分が27か28歳くらいのときだったと思いますが、当時の部長さんが私のところに来まして、農協青年部も人がいなくなってしまったから人集めをしてくれないかと頼まれまして、では、その辺で顔がきくのを何人かそろえようかという話で、当時何人かで始めたんです。それから、やはり農協の方もすごく協力的に農協青年部というものを育てるためにいろいろ努力してきた結果、今ここまで来ているし、農業士会みたいなものの中にも若い人たちがたくさん集まっていると思っているんです。

 そういう意味で、青年団を作れとかということではなくて、そのきっかけになれるようなもの、成人式をやるにしても各中学校単位で代表者に集まってもらって、あの何百人も集まる中あれだけの人数を集めて成人式ができるというのを見ますと、ちょっとしたきっかけでもって若い人たちというのはまとまれるんではないかと思うんです。若い人たちの行政の参加に期待しますと。期待するんではなくて、期待したってだれもやってくれないですよ、今こんな時代に。やはり用意してあげないとこれはできないんではないかと。

 それは、青年団ではなくてスポーツ団体をもっと盛り上げるなりなんなりいろいろ方法はあると思うんですけれども、その辺は、そっちの方が頭がいいんでしょうからしっかり研究していただいてやっていただきたいと思います。ここにも、金を掛けなくてもある程度やれるんではないかという話も書きましたけれども、ある程度顔がきくというと失礼な言い方ですけれども、目ぼしい人というのは結構いるんですね、その学年学年に。そういう人たちに声かけをしてやれるんではないか。日吉台の、さっき窪田議員と話したという話もしましたけれども、昨今みんな勤めてしまっていていないと言っていても、1割、2割の人は絶対地元に残っているんです。地元から通っているというのがあるんです。そういうのをうまく利用すればうまくいくというか、できるんではないか。

 さっきの日吉台は特別区ではないという意味合いのものでも、年配の方々はある程度、いろいろな産業まつり等々の催し物に参加していますけれども、若い人を見ると農村部の人しかほとんど出ていない。あとたまに見かけるのが商工会の人たちがぽろぽろといるのかなと思うくらいで、富里市の中のボランティア団体から何から全部見ても、私もいろいろなところに出させてもらって見ると、別に年配の人が悪いと言っているわけではないんですけれども、そればかりなんだよね。いつも同じ人で、どうなってしまっているのかなと。どこの会議に出ても同じ見たことのある人しかいない。その間の人はどうしているんだろう、その下の人たちは育っていないんだろうかと。決してそんなことはないと思うんです。そういう人たちを引っ張り出してこないと、もっと組織的に大きなものができないというか、町自体が潤わないとか活気づかないとかというように考えるんですけれども、その辺については市長はどういうようにお考えになっているのか。

 期待しているのではなくて、もうちょっと違う方法といいますか、やれるのではないかと思うので今回質問をいたしました。結構理想論的なところがいっぱいありまして、難しいというのもよく分かるんですけれども、きっかけとちょっとした石を投げてあげれば、それでできるんではないかという部分もありますので、お尋ねいたしました。

 それで、ゴルフの部ですけれども、これはもともと15人というのが実は一番問題があるんですけれども、今回うちの学区と根木名小と浩養小と、第一小も多分15人集まっていなかったと思うんです。その人たちのほかに全部参加で15人フル出場だと、日吉台のゴルフは83以上たたくともう選手になれないと。うちの方は120たたいてもまだ余裕があるとかいろいろあるんです。

 地区や人口の比率によっても違うのはしようがないんですけれども、そうすると70台で回ってくるような人たちはゴルフの大会が楽しみで出ている人で、一々といいますか正式なルールでゴルフを楽しむ人たちなんですが、農村部の我々の方のあんちゃんらは、まあいいかというような大ざっぱといいますか、ほとんど楽しみとしてゴルフをとらえています。それが学区対抗で、別に洗心小学校がゴルフの部で勝とうなどとは甚だ思っていませんけれども、上手な人とやって、出場したことがある人は分かると思うんですが、すごく何か暗いイメージで大会だとゴルフをやるんです。そうすると、楽しみにゴルフやっていた人たちが大変窮屈な思いをするらしいんです。

 自分はこういう性格ですのでだれと回っても平気なんですけれども、もう嫌だと、ああいうところではやりたくないという話をよく聞きます。それはうちの学区だけではなくて、もう100以上たたく人は、とてもじゃないけどあの大会には出たくないと。涙ながらには訴えないんですけれども、そういう話をよく聞きます。

 それで、逆にふだん80を切るくらいで回ってこられるような人でも、予選会の当日にちょっとたたいてしまって選手になれなかったという人も多々います。だからといって私はこれをやめろと言うのではなくて、どっちみち始めたことですので、体育祭の競技としてではなくてもうちょっと住民が楽しめるような形の中で、オープン参加の中で、その中で学区でできればそれは入れてもいいと思うんです。

 それで、もうちょっと楽しく、各学校から1人ずつで4人で、初めて行き会うような人たちばかりで回るというのが100幾つたたく人たちにはすごく大変らしいから、これは飽くまでも形ですけれども、各学区2人くらいずつ組ませれば話す相手もいるしそれはそれでいいし。女の人と回るだけで緊張してしまうと言う人もいるし、上手な人と回ると嫌だと言う人もいるし、下手な人と回るのは嫌だと言う人もいるし、そんなのを聞いていたら切りがないというのもよく分かるんですけれども、2人ずつ組ませてあげればどうにかなるんではないかというように思います。

 福祉ゴルフでしたかチャリティーゴルフだったか8月の頭にやると、結構皆さんにこやかな雰囲気でゴルフをやって、大変楽しく過ごせているのかなと自分は思って見ていますので、学区対抗のゴルフと随分違う雰囲気を感じます。だから、できればそのような形にしていただけたらということを要望しておきます。

 以上です。



○議長(森田清市君) 池田消防長。



◎消防長(池田明君) 杉山議員の再質問にお答えいたします。

 最初に第一分団、これは日吉倉と日吉倉新田でございますけれども、その中に日吉台の方から何人かということでございます。一応日吉台の方に団員ということで話は、第一分団の分団長さん等と話をして、できればそのようにしたいと思っております。

 それで第一分団は、消防署はもちろんですけれども、歳末警戒時には日吉台の方も全部巡回しております。

 それから出動手当を、年間3,000円ということではなく、出た分団にはというようなお話ですけれども、印旛管内を見てみますと富里市は年間ということで、あとの市町村はほとんど一回につき幾らということになっておりますので、その辺は今後検討していきたいと思っております。

 それから、ホースタワーの件がちょっと出ましたけれども、前の質問からは、平成16年度まではないんですが、一応平成17年度で何箇所か撤去する予定でおります。

 それから、協力隊の保険というようなことで、消防庫から出られないときもというようなことでございましたが、この辺については検討させていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 原経済環境部長。



◎経済環境部長(原一之君) 危険箇所の関連で立沢地先の崩壊現場の事業でございますが、これにつきましては平成14年に一部崩壊しまして、地権者の一部が手直し等をやったんですが、永久的な工事に至っておりませんので、市といたしまして内部協議いたしまして、治山事業にのせて県に要望いたしまして、県事業で平成16年、17年にかけて恒久的な工事を進めるというような形で今現在進めております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) 若い人たちが行政とかかわる組織等を考えられないか、こういうことについての再質問にお答えをさせていただきます。

 市で何かできないかということについて、若干角度は違うかもしれませんけど、市と若い人たちとのかかわりということで、行政改革の項目の中で市民との協働のまちづくりという視点がございます。この中で現在、行革の作業の中でプロジェクトチームを作って検討を進めてまいりました一つの項目の中に、審議会の見直しというのがございます。

 現在50近くの審議会がございまして、市の施策等についてご意見をいただくあるいはご審議をいただくというものでございますが、その見直しの視点の中で公募委員の可能性がないかどうか。なるべく広く市民の中から意見を、世代のことあるいは地域のことといろいろございますが、偏りのないようになるべく多くの方からご参画をいただく、ご意見をちょうだいするという趣旨から、公募委員の可能性がないかというのも視点の一つに加えまして、各審議会の見直しを今これから行うところでございます。可能な限り広い意見を聞き、市政へ反映していく体制をということで、一つ検討を進めておるところでございます。

 そういう中で若い方の参画も、今ご指摘にあったような視点も加えながら検討を加えていきたいと思います。

 それから、先ほど期待というような部分がございました。これは審議会・委員会の見直しと対比する意味で、地域の自主的な行事、団体等についての対比で期待というように申し上げたわけでございますが、市の基本計画の中にも、青少年の社会参加の機会を拡充していきますという項目もございますので、市で何ができるかということからいたしますと、今ご指摘・ご提案のあったとおり、市の主催あるいは市が参画する行事につきまして、ご指摘のように若い人にスタッフとして参加してもらう、こういったような工夫も考えられるのではないかというように思います。今後、前向きに取り組んでまいりたいというように思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 関谷教育次長。



◎教育次長(関谷邦松君) 市民体育祭のゴルフの関係につきましてご答弁申し上げます。

 体育祭のゴルフの部につきましては、平成9年第46回町民体育祭から参加されておるところでございます。この時点で各学区から参加者15名、得点については上位5名のトータルということで各学区に加算されておったわけですが、今回の開催に当たりましてたくさんのご意見がございました。やはり15名参加しているということなので、もう少し得点の加算の範囲を広げてもいいんではないかというようなご意見もございまして、上位7名ということで今回変更させていただきました。

 ただ、その中でも各学区における住民の開きがございます。たくさんの住民がいらっしゃる地区と、それから少ない地区等もございまして、やはり得点等の中で不公平が生じるんではないかというようなご意見もございました。

 そのようなことから、今後については今回の状況を見極めながら、また市民体育祭の実行委員会あるいはゴルフ実行委員会の中で、参加される方が楽しくかつ公平に参加できるような形で検討していこうというように考えておるところでございます。

 また、より多くの市民が参加できるオープン参加型のゴルフ大会ということでございますが、先ほど教育長が答弁しましたように、ゴルフ場の大会であるとかあるいは練習場の大会等もございますので、それらを含めて総合的に判断して今後検討してまいりたい、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 次に、佐藤照子さん。

             (佐藤照子さん登壇)



◆(佐藤照子さん) 2点にわたりまして一般質問をさせていただきます。

(1)災害時の飲料水、食糧、生活必需品等の確保と供給計画は

 今年は台風や大雨による大きな自然災害が多く、富里市もにんじんで3億5,000万円、全体では5億8,000万円以上もの作物の被害があったそうです。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

 また、新潟中越地震も発生し、災害に対する市民の関心も大きくなっています。日ごろの備え、心構えが重要視されています。

 やはり何といっても災害の対策は手が抜けませんが、被災者の生命維持に欠かせない水、食糧等の確保は極めて重要なことです。

 都市基盤整備調査特別委員会は、府中市に応急救水槽ウオーターカプセル(地下埋設型の耐震貯水槽)を見に行きました。地震が起きても地域住民の方々に確かな「水の備え」と「安心」を届けるという優れものです。いざというときすぐ使え、市民に供給できるそうです。府中市は、生命維持に最低限必要量として1日3リットルとし、23万人口分を確保したそうです。備蓄品も豊富でした。

 そこでお伺いいたします。富里市の現状と計画について。

 ?富里市の水の備えと供給の現状と計画について

 ?備蓄物資の量と保管場所について

 ?12か所の自治会で自主防災組織があるそうですが、資機材の整備の助成の実態とこれからの計画について

 お伺いいたします。

(2)行政改革、行政評価とパブリックコメント制度の導入について

 富里市は、第2次行政改革大綱及び行動計画を策定し、行財政運営全般にわたる総点検を実施し、行動計画の数値目標、取組項目のもと積極的に進めていると思われます。その進捗状況もとても気になるところです。

 自治体は、市民から生命・健康・財産・サービスを公共信託されています。そのため自治体は、効率的行政の展開、政策選択の最適化を追求する責務があります。事務事業の見直しで行政評価の導入を検討するとのことですが、その結果はどうなりましたでしょうか。

 総務常任委員会は、北海道の登別市・恵庭市・石狩市に行政改革、行政評価についての勉強に行きました。どの自治体も厳しい財政運営です。今までの資源の投入型により活動を評価してきた行政運営から、危機的な財政状況、複雑多様化する市民ニーズと行財政課題等に対応し得る成果志向型の行政経営へと転換しておりました。

 さらに、市民は、参加は当然、市民も責任を持ってお互いの立場を理解しながら、協働で市民と共に築く都市づくりを求めています。そして、効率的で開かれた行政システムの実現を目指しています。

 富里市も市民の声をもっと聞くために、パブリックコメント制度等を導入して、もっと開かれた住民と行政が協働する仕組みを築いていくべきだと思います。

 そこでお伺いいたします。

 ?行政改革の進捗状況は。

 ?情報提供や広報・広聴機能の現状について

 ?パブリックコメント制度の導入について

 ?行政評価、予算への反映について

 ?第三者による評価への考えは。

 ?市民ふれあいアンケートの登録と現状について

 以上よろしくお願いいたします。



○議長(森田清市君) 佐藤照子さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 佐藤照子議員の一般質問にお答えします。

 まず、当市の水の備えと供給の状況と計画についてでございますが、現在、飲料水の備蓄施設はございませんが、浄水場内の配水池には緊急遮断弁が設置されていますので、緊急時の水の流出と確保が可能となっています。また、成田市、酒々井町との協定に基づき緊急連絡管が設置されていますので、相互の応援が可能となっています。その他、給水タンク1基、水袋10リットル用1,000枚、ポリタンクなどの確保をしているところであります。

 今後につきましては、現在、水道事業における災害対策マニュアルの作成を進めていますので、その中で計画に基づき供給を検討していきたいと考えています。

 次に、備蓄物資についてでございますが、食糧につきましては乾パンが590食、アルファ米が7,000食で、富里中学校にあります防災倉庫に保管しております。その他機材などにつきましては、富里中学校及び日吉台小学校の防災倉庫及び市役所の倉庫に保管しております。

 次に、自主防災組織の資機材の整備の助成についてでございますが、現在の自主防災組織は、議員ご指摘のとおり12の自治会等で組織されております。資機材などにつきましては、必要な資機材を市が用意いたしまして貸与契約を締結し、自主防災組織に配備しております。今後も各自治会に自主防災組織の設立について働き掛けていきたいと存じます。

 次に、行政改革の進捗状況についてでございますが、本市の第2次行政改革は、平成15年10月に、平成17年度までの3か年を計画目標として決定したものでございます。個別の行動計画としては、当初87の項目を設定しておりましたが、平成16年度には追加等がございまして、現在は90項目の行動計画を設定しており、それぞれの行動計画に基づきまして見直しを進めているところでございます。

 平成15年度の取組実績といたしましては、改革が達成できた項目は21項目ございます。また、平成15年度の行政改革による実績額といたしましては、約8,800万円の節減効果が出ております。

 次に、情報提供についてでございますが、行政改革の取組状況につきまして、随時市ホームページに掲載して情報提供を行っております。また、平成15年度の実績などにつきましては、12月1日号の「広報とみさと」並びにホームページに掲載したところでございます。

 なお、改革実績の公表とあわせ、行政改革懇談会からの意見につきましても掲載しております。

 次に、パブリックコメント制度の導入についてでございますが、市の主要な計画等の策定に当たっては、市民の意向を反映させていくことが重要であると考えておりますので、意向集約の手法として、今後、パブリックコメント制度の導入を含め検討してまいりたいと考えております。

 次に、行政評価、予算への反映についてでございますが、行政評価の導入につきましては、評価した結果を予算に反映させていくことは非常に重要なことであると考えておりますので、予算編成などと連携したシステムの構築に向けて検討しているところでございます。

 次に、第三者による評価についてでございますが、市民などによる評価としての外部評価と、いわゆる内部において自主的に行う内部評価がございますが、評価においては、まず内部による自主的な評価を実施した後、それに対する評価という意味で外部評価を考えております。

 次に、市民ふれあいアンケートの登録と現状についてでございますが、今年度は98名の登録をいただいております。今年度につきましてはアンケートを実施しておりませんが、市民意見の集約は行政運営・行政課題への対応に必要なことと認識しておりますので、今後もこの制度を有効に活用していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 佐藤照子さん。



◆(佐藤照子さん) 再質問いたします。

 まず、水と食糧の方ですが、私たちが見に行った応急給水槽は平成15年2月28日に設置されたそうです。利用の内容としては給水不足地域の飲料水、それから広域避難場所・避難市民への飲料水、災害時医療拠点への医療用の水、火災時の防火水槽だそうです。工事費としては1億円だそうです、ちょっと大変な額ですが。維持管理は東京水道局がやっているそうです。

 また、府中市の飲料水の供給計画は、給水活動の編成とか給水箇所、給水拠点・場所、それから耐震性貯水槽とかで、給水基準は一人一日お水は3リットル必要だそうで、それが基準になっているそうです。避難場所への給水体制、仮設給水栓の設置とか、また給水可能な水量は市の施設の貯水量が約22万トンあるそうで、一人一日3リットルを給水した場合、22万市民の33日分の飲料水を確保することが可能だそうです。一日給水能力156.1立方メートル、それから、ろ水機は20台あるそうです。このろ水機は1台20万円ぐらいするそうですけれどもそれだけ備えて、非常にすばらしい府中市の状況を見てまいりました。

 それをそのままそっくりやれというのは無理かと思いますが、これから、今お答えをいただいたことについて少し述べさせていただきたいと思います。

 まず、?の富里市の水の備えということで今お話がありましたが、広域でもということで成田市、酒々井町との協力体制もできているということですが、具体的に府中市のように何人分確保してあるのかということをお聞きしたわけです。大体ではなくて何人分大丈夫なのかということを、担当の方からお伺いしたいと思います。

 ?の備蓄物資ですけれども、これもやはり富里中に7,000食あるということですが、ほかのも今お聞きしましたけれども、これももっと詳しくお伺いしたいと思います。いざというときに、やはり北部とか南部の人は富里中まで駆けつけてというのもちょっと無理かと思います。配るんでしょうけれども。この辺の保管場所を分散していろいろなところに作っておかなければいけないと思うんですが、その辺の計画と、市民が安心できるような備蓄があるかどうか。

 どんなものがあるかと今お聞きしましたけれども、これだけなんでしょうか。この間も新潟県に行かれたそうですけれども、そのときの物資内容も、今必要なものということでお子さん用のおむつとかミルクとかを買って持っていったというお話もお伺いしましたが、そういういざというときに必要なものの備蓄についてお伺いしたいと思います。

 それから、?の自治会12か所で自主防災組織があるそうですけれども、未整備地区への対応についてはどうするのかとか、あと資機材の内容はどんなものがあるのかとか、未整備地区への働き掛けですね、これからどうやっていくのかということをお伺いしたいと思います。

 それから、かつて私は防災グッズの支給をということで、議員になりたてのころよく訴えました。成田市などは、入居と同時に防災グッズということで一式袋に入れてもらえるわけですが、富里市はなかったので言ったんですが、今は財政的にとても無理だと思いますので、やはり多くの市民に個人個人で災害の備えが必要だということで、そういうものをそろえた方がいいということをどんどんアピールしなければいけないと思うんです。

 またさらに、市にはこういうものがあってこうだから個人個人ではこういうものを備えなさいということで情報を流して、更に自分たちで災害の備えを、対策を立てさせなければいけない時代が来ていると思いますので、その辺のことについてお伺いします。

 それから、もう一つの行政改革の方ですが、そのとき一緒に、個性をいかしたまちづくりということで、長野県栄村に私たちは行ってきました。その村は人口2,600人で世帯が900という本当に小さな山あいの町で、9割は山村に占められた町でした。そこは自主の村づくりを進めるということで、平成16年1月に意思の確認をされています。平成20年を目標年次として、現在の財政規模は30億円だそうですけれども、それを3割削って20億円にということで、3分の1削ってしまうわけですけれども、すばらしい施策のもとにやっておりました。

 また、改革の方針としては、自主財源の確保とか経費の効率化とか住民との協働を掲げておりました。施策としては、田直し事業とか道直し事業とかげた履きヘルパーの支援とか雪害対策救助員制度など、独自の個性ある施策で行政経費の削減をしながら、小さくとも輝く自治体づくりを目指しておりました。全国でも非常に注目を集めて、視察がとても多いということでした。

 富里市も合併ではなくて自立を選んだわけですので、市長のリーダーシップのもとに、行政改革を更に進めていただきたいと思います。

 今お答えのありましたことを再質問させていただきます。

 まず?、行政改革の進捗状況ということで、これは広報に載っておりましたがそのとおりだと思います。あれは平成15年度でしたので平成16年度はどうなっているのか、今回の予算にどう反映させていったのか、詳しいことをお伺いしたいと思います。

 ?の情報提供ですが、ホームページ等々でやっているということですが、それではそのホームページの行政改革コーナーへのアクセス数はどれくらいあったのか。

 ?のパブリックコメントですが、これは先ほど検討していくということですが、やはり1人でも多くの市民の声を聞くためにパブリックコメント制度は必要だと思いますので、検討して是非取り入れていただきたいと思います。

 ?の行政評価ですが、これは検討して、検討結果はどうなったのかどうか。平成16年度の実施計画の中にも行政評価については平成16年度にやるということで出ておりましたが、その検討結果はどうだったのか。やはりこれからは成果主義ということで、お金がどう使われてどうなっていったのか。1,000万円つけたら、それだけ市民の満足度はどういうふうに得られたのかというその成果主義が問われる時代ですので、やはり行政評価は必要だと思います。行政評価には政策評価とか施策評価とか事業評価がありますが、事業評価が一番予算に反映できるわけですけれども、その辺はどうでしょうか。

 私たちが行った石狩市では、平成13年度から行政評価システムを取り入れ、平成14年には詳細評価シートというのを作成し、全コミュニティーセンターとか図書館とか病院とか、あらゆるところにその詳細のシートを置きまして、市民の満足度がどうだったのかということを検討しておりましたけれども、すばらしいなと思いました。そこまでやるのは大変かと思いますけれども、やはり情報を公開してそうやって評価システムを取り入れて、市民と一緒に市を作っていくんだというような観点でやっていただきたいと思います。その辺のことについてお伺いします。

 それから、第三者による評価ですが、内部評価と外部評価があるということで、まず内部からということですが、内部でやると手前みそで甘くなることもありますが、やらないよりはやった方がいいわけですので、是非これもやっていただきたいし、どの形でやるのかお伺いしたいと思います。

 ?の市民ふれあいアンケートですが、これについては98名の登録があったということですが、まだまだ98名程度では足りないと思いますので、何としてもこれも頑張って大きくやっていただきたいと思います。200人ということですけれども、もっと登録させる必要があると思うので、その方策について再質問をさせていただきます。

 よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) それでは、私から防災関係あるいは行革関係等についての再質問にお答えをさせていただきます。

 まず、備蓄関係の内容をもっと詳しくということで、失礼いたしました。具体的に申し上げます。

 先ほどの市長答弁とも一部重複いたしますけれども、備蓄物資は富里中学校、ここは食糧関係を主にしておるわけでございますが、富里中学校に乾パン590食、アルファ米7,000食、それから毛布270枚、マット215枚、食器700セット、10リットルためられる水袋が1,000枚保管されています。それから、日吉台小学校に毛布が450枚、マットが15枚、炊飯装置等を保管しております。その他、市役所の防災倉庫に発電機、防水シート、テント等の機材について保管しております。

 新潟県の中越地震の応援に行ったわけでございますが、たまたま防災担当が現地の避難場所になっておりました小学校の避難場所の責任者と連携がとれまして、こういったものが欲しいということで、今ご指摘がございました粉ミルクですとか哺乳瓶あるいはおむつ等を持っていったわけでございます。ただ、災害もいろいろな種類がございまして、どんなものが当市において必要なものかということについても、今後、今回の例も参考にしながら研究してまいりたいというように思っております。

 それから、自主防災組織等へ資機材の貸出し、どんなものを貸し出しているのかということでございますが、発電機、投光機、夜間照らせる照明関係、それからヘルメット、自主防災用の腕章、こういったようなものでございます。あるいは担架、メガホン、リヤカー、救急医療セット、こういったようなものを貸し出せる態勢になっています。

 それから、自主防災組織の未整備地区への働き掛けということでございますが、引き続き、活動事例等も紹介をしながら、丁寧に啓もう活動をしていくしかないのかなというように考えております。引き続き丁寧に働き掛けを行ってまいりたいというように思っております。

 それから、防災グッズの配付、これはご指摘のように今の財政下で困難な状況にございます。各家庭で配備をしていただくように積極的にアピールをしてまいりたいというように思っております。

 続いて、行革の進捗状況でございます。

 12月1日付けの広報あるいはホームページで平成15年度の進捗状況を発表したわけでございますけれども、平成16年度は、これから各部局の調査を行いまして取りまとめた上、行革懇談会等にも付しました上で公表してまいりたいというように考えております。今はまだ取組中でございますので、年度末終了と同時に取りまとめをする予定になってございます。

 ただ、既に効果の出ているもの等については、今、各部局で枠配分による予算編成を行っておりますので、自主的な反映がされているのではないかというように期待をしておるところでございます。具体的にどういう反映をしたかについては、まだ取りまとめを行っておりませんので未確定ということでございます。

 それから、ホームページの行革コーナーへのアクセス数でございます。これは月間でございますが、9月が284件、10月が261件、そして11月が269件ございました。12月1日に先ほど申しました平成15年度の成果を行革懇談会の委員の意見も付して公表しましたので、アクセス数が今後増えてくるのではないかというように予想しております。

 それから、パブリックコメントの件でございます。これは今、行革推進委員会の中に分科会を五つ設けました中に、審議会等の見直しという分科会がございまして、この中で今50近くございます審議会の一斉見直しをかけておるわけでございます。政策決定に当たって市民の方の意見をいただく審議会でございます。その見直しの中で、当然審議会の必要ないものについての統廃合の可能性も含めて検討しておるわけでございますけれども、審議会等を設置しない場合についてその代替措置をどうするのかということ、あるいは審議会で十分もんだ後その先をどうするのかといったようなことも含めまして、審議会の見直しの中でパブリックコメントの活用ということも検討してまいりました。そして、先の11月29日の行革本部会議でも、この審議会の見直し作業の中でパブリックコメントにつきましても、導入について検討していくべきだという方向性も決定したわけでございます。

 今後、より行政の政策決定に当たっての公正の確保、あるいは透明性の向上、あるいは市民参加の促進という観点から、積極的に導入について検討を加えてまいりたいというように考えております。

 それから、行政評価の検討状況ということでございます。若干スケジュール的には遅れておるわけでございますけれども、行政評価と一言で申しましても、最終的に事務事業評価、現在行っております事務の内部評価から、やがては政策評価までのいろいろな段階があるわけでございますけれども、これまでの検討の中で、まず事務事業評価の実施から積み上げていこうという方向で行革本部でも決定を見たところでございます。今後、事務事業評価のシート、それから目的あるいは職員への徹底方法、どんなものを取り上げるか等につきましても具体的に検討してまいりたいというように考えております。

 続いて、第三者評価につきましても行政評価とも絡めて検討しているわけでございますけれども、まず内部で事務事業評価を具体的に行い習熟していく中で、その結果を第三者に評価していただくというような形で、まず内部評価を先行して、次の段階として第三者評価の利用の方法について検討していく、こういう二段階でもって進めていきたいというように考えております。

 それから、市民ふれあいアンケートの件でございます。目標200名に対しまして現在98名と、約半分という状況でございます。これは各行政区あるいは行政連絡員の方にお願いをいたしましてご推薦をお願いしているわけでございます。引き続きこのふれあいアンケートの趣旨を訴えいたしまして、ご理解いただきながら、登録人数の拡充について引き続き努力をしてまいりたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 高岡水道課長。



◎水道課長(高岡明仁君) 佐藤照子議員の再質問にお答えいたします。

 飲料水の確保は何人分かというようなご質問があったかと思います。災害等につきましては、いつ何どきどのような状況で来るか分かりませんけれども、今現在水道課にございます配水池、水をためる施設でございますが、そこが崩壊しなかった場合の計算上の数値で申し上げさせていただきたいと思います。

 満水時の場合、最大の貯水能力が8,540立方メートル、8,540トンです。それに対しまして、生命維持に必要な水が最低3リットルというような形で計算をさせていただきますと284万6,000人分ということで、富里市の人口を全5万人と計算した場合には56日分というような形になります。これは最後の一滴まで使った場合の計算上です。

 施設がたまたま水が一番少ない時期のレベルで申し上げますと、最低レベルで2,520立方メートル、これを先ほどの生命維持に必要な3リットルの水で計算させていただきますと84万人分ということになります。そうしますと、16日分の水量だけは計算上ではあるというような形になります。

 以上です。



○議長(森田清市君) 佐藤照子さん。



◆(佐藤照子さん) 今、水の供給を聞きまして安心いたしました。5万人で56日分もあるということですから、それを実際に本当に供給できればすばらしいことだと思いますので、更に綿密に供給計画を立てていただきたいと思います。

 さらに、備蓄物資の方ですが、これも非常に少なくてとても5万人には足りないと思いますから、これもどんどん増やしていただいて、市民が安心できるような量にしていただきたいと思いますし、保管場所も、日吉台小と富里中だけではなくてもっといっぱい作っていただきたいと思います。

 また、日吉台などでも三丁目とか二丁目とか自治会ごとに小さな備蓄倉庫を作っておりますけれども、その内容についてお伺いしたいと思います。

 ?の自治会の方ですけれども、12か所できているところはいいんですが、先ほども進めていくということですが、未整備地区への対応を考えていただいて、きちんと全地域に整備できるようによろしくお願いしたいと思います。

 それから行革の方ですが、いろいろ今お話がありまして、この平成16年度は12月でまとめるということですが、いつごろ報告して、まあ広報で来年度に報告するんでしょうけれども、既に平成15年度で21項目やっているわけですから大変だと思いますが、予算にどうやって反映させたのかお伺いしたいと思います。

 それから行政評価ですが、事業評価をやるということですが、非常にこれは、予算に直接関係ありますのですごいことだなと思います。

 また第三者の評価ですが、これは内部でやってということですが、特に私がこれを掲げたのは外部に委託するということですよね、業者に。相当お金が掛かると思いますけれども。そして、富里市の職員はどれくらい必要なのかとか、この事業はこうだとか、そういうことはやる気はあるかないかお伺いしたいと思います。

 それから、市民ふれあいアンケートの方ですが、これは98名登録して行政区別にお願いしているということですが、どんな人が登録しているのか。行政区別ではどんな地域の人がどれくらい登録しているのかをお伺いしたいと思います。

 それから?の情報公開ですが、恵庭市では行政情報の公開ということで、情報の共有化ということでやっているわけですが、情報提供のやり方について、いろいろな整備を掲げてやっております。情報提供に関する特に市民の意向調査を実施するということで今年度やっているそうです。市のホームページや市民電子掲示板の整備とか充実を進め、市民と行政の情報の共有化によって、市民に信頼され開かれた市政を目指しているそうです。うちの市でも、市民がどれだけ満足しているかという情報に対して市民の意向調査を実施する気があるかないか、その辺をお伺いしたいと思います。

 それから、パブリックコメントの方ですが、検討するということですが、やはり今もいろいろお話がありましたように、まだまだ情報公開とか市民が市政のことについて知っている範囲というのは狭いわけです。やはり広く市民に問いかけていかなければいけないパブリックコメント制度ですので、是非取り入れていただいて、多くの市民の声を聞いていただきたいと思います。

 最後になりますが、どれだけ市民の声を聞いたかで、市民の声をどれだけ施策に生かせたかで市民は納得するわけですから、是非パブリックコメント制度を取り上げていただきたいと思います。

 また、行政改革というのは、やはり今こういう財政難ですので、これをどう乗り越えていけるかというのが行政改革ですので、力を入れてやっているとは思いますが、更に詳細にわたってやっていただきたいと思います。

 また特に、事業評価をやるにしても職員の意識の向上が必要かと思います。やはり職員の一人一人が研修をして、少ない人材で大きな成果を得られるような制度を作っていかなければいけないと思いますので、今までは8時半に出社して5時に退社ですか、それまでいれば良かったんですけれども、これからはそうはいかない。一人一人が大人材になっていかなければいけない時代ですので、職員の意識向上と研修には力を入れていただきたいと思います。

 また、先ほども言いましたように成果主義、どういう結果が得られたのかということが求められますので、自分の税金をどう使ったのか、どんな結果が出たのかというそういう満足度も必要ですので、その辺にも目を注いで、大きく変わっていかなければいけない時代かと思います。

 また今は、パブリックコメント制度を通り越して協働のまちづくり条例の時代になってきております。富里市もいずれはこの条例を作っていかなければいけないと思いますが、条例化についてはどうでしょうか。

 それから、後期基本計画の策定の中に市民部会の設置ということがうたってありましたけれども、この市民部会の設置というのはどういう形を考えているのか。

 また、最後ですけれども、庁内の行革についてお伺いしたいと思います。

 職員の意識もそうですが、先日、公運審が開かれまして、予算の前でしたけれども、計画書は来たんですが事業の発表がありませんでした。これはなぜかといったら、予算が50パーセントカットされる予定なのでこの計画はまだ発表できませんということで、検討しませんでした。

 さらに、あそこで「山ざくら」という冊子を作っているんですが、この度は財政難ということで、こういうペラペラの職員が作った冊子になりました。ところが、こっちの次世代育成の実態調査結果というのは立派な本になっております。ちょっと例に挙げて申し訳ありません、ほかの課も作っていると思うんですが、庁内でも、このように削減されている課もあるし立派なものを作っているのもあるし、どうなっているのかなと。削減できないところもあるかもしれませんが、いろいろなところでやはり目に見える庁内の行革というものを示していただきたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) まず、自治会の備蓄倉庫の内容ということでございます。これはちょっとそこまで掌握はしておりませんが、今後伺う中で、行政との連携ということもございますので把握していきたいというように考えております。お答えは、今現在掌握していませんので、申し訳ございません。

 それから、未整備地区の対策ということで再々質問がございました。逆に整備されている地区を見ますと、日吉台とかあるいは新たに開発造成されましたニュータウン関係、そういったようなところで組織をされている例がございまして、12か所ということでございます。その他の地域につきましては、先ほどお話に出ました自主防災とは違いますけれども、既存の消防団が整備されている地区なのかなというようにも考えております。お互いに役割分担ということもございますでしょうけれども、既存の消防団がきちっとある中で、加えて防災組織という必要性についても、地元で検討されていくことにはなろうかなとは思いますけれども、引き続き市内全域の防災という観点から、消防団の整備状況等も絡めまして検討していきたいというように考えております。

 それから、事務事業の評価ということについて、外部への委託についてどうかということでございます。先ほども申し述べましたとおり、外部の監査機関等へ委託をいたしますと、事務事業の内容をヒアリング調査されるのと同時に、それを自分たちでどのように評価しているのかということも問われますので、まず行政機関内部の内部評価、これをきちんと体制を整備した上で、外部評価あるいは外部への評価の委託等について検討していくという段取りになるというように考えております。

 それから、ふれあいアンケートの関係で、どういう地域でどんな方がということでございました。これは先ほど申しましたとおり各行政区にお願いをしておりまして、それぞれ市内全域にわたっております。各行政区から2名のご推薦をお願いをしておりまして、現在、登録が49地区から2名ずつということで98人の登録ということになります。全体200名埋めるといいますか、目標を達成するためには行政区あるいは行政連絡協力員、区のないところですね、行政連絡員制度をとっているところも含めまして96地区あるわけでございますので、96地区について引き続き訴えかけを行っていきたいというように考えています。

 それから、パブリックコメントに関連いたしまして市民の意向調査、あるいは市民部会の設置等も含めまして、これは総じて市民協働のまちづくりという中の市民の声をどのように聴取していくのかという観点で検討を進めていく事柄なのかなというように認識をしております。したがいまして、現在、ご指摘の条例化とか市民部会とか個々の検討にはまだ入っておりませんけれども、どのように市民参加を進めていくかという大きなくくりの中で検討を加えていきたいというように考えております。

 以上でございます。(佐藤照子さん「まだ答えのないところがいっぱいあります」)



○議長(森田清市君) 全部答えていないそうですけど。

 もう一回確認のためにお願いします。

 佐藤照子さん。



◆(佐藤照子さん) 今いろいろ話しましたけれども、どうでしょうか。答えはないんでしょうか。条例のあれだということですが、職員のことですね。職員の研修とか庁内の行革について、この点は特に聞きたいところですのでお答え願いたいと思います。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) 申し訳ありません。確かに職員の研修等ございました。

 職員の研修につきましては、毎年度テーマを決めて実施をいたしております。若年層もテーマにした、あるいは部課長クラスを対象にした研修等々各種取りまぜながら、職員の研修については積極的に実施しておるところでございます。今後とも、研修内容の強化に努めてまいりたいと思っております。

 それから、庁内の行革というのは、庁内の行革の推進体制がどうなっているかという角度でございましたでしょうか。(佐藤照子さん「やり方の違いというんですか」)先に視察したものとの比較ということで。



○議長(森田清市君) そうじゃないですね。要するに立派な組織を継続する……。

 では佐藤照子さん。



◆(佐藤照子さん) 度々、すみません。訴えたことを検討していただいて、庁内を統一して更に行革を進めていただきたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(森田清市君) 議会運営委員会開催のため、午後1時まで休憩します。

              午前11時27分 休憩

             ………………………………

              午後1時00分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、立花広介君。

             (立花広介君登壇)



◆(立花広介君) 一般質問を行います。

(1)今年の水害について

 今年の水害についてお尋ねをいたします。

 ?被害の実態についてどのように把握しているか。

 ?どのような対処をしたか。

 ?今後どのように対策を進めるか。問題点と推進強化策について。

 このように三つに簡略に書きましたが、最初に被害の実態ですが、前から被害面積あるいは被害の額について報告はされていました。ただ、あの被害の実態というのが、きのう配られた、11月15日現在ということが書かれていましたけれども、度々雨が降ったわけで、被害の状態というのは最初に調べた数字、あるいはその後何回かに分かれて被害を被ったわけですけれども、その都度被害の広がりがあったということなのか、一番最初が基本的なダメージだったのか。いわゆる、建設課とかあるいは農業のことを調べているそれぞれのセクションで、いろいろ大変なご苦労があったと思いますけれども、どういうように被害の実態が広がったりしていったのか、そういうことを聞きたいと思います。

 それで、どのような対処をしたかということですが、これは富里市の特徴的な地形によって、流末の問題が解決しないと一定のところに水がたまっていくという状況なんですが、そうはいっても、実際に郵便配達の人がなかなか個人の家へ入っていくのも大変だというような状況が何日も、滞水状態が改善されないというような状況があったと思います。私も何度も市内を見て歩きましたけれども、ひどいところは落花生の積んである山が半分も水につかっているとか、中にはボートで落花生を集めていた人たちもいました。これは流末との関係で放流できないというような事情があったらしくて、私は確認していますけれども、11月7日にもまだほとんど水が引かないで湖のようになっていたというようなところが何箇所かあります。

 こういうような状況に対して、やはり市長を初め、市民のそういう非常に苦しい状況というのはよく理解されていたと思いますので、柔軟な対処をいろいろされたと思いますけれども、どういう活動をされてきたのか報告していただきたいと思います。

 ?ですが、今後どのように対策を進めるかということですけれども、やはり本当に水がたまって緊急を要する対処の仕方と中・長期的な対策に分けて問題を考えていかないと、問題は解決しないと思うんですが、どういう問題があり、それらをどのように解決しようとしていくのか。例えば今、県営畑総を実施しているわけですけれども、仮にそれをもっと強力に進めるといっても、やはり国・県の財政状況などによってもいろいろ違ってくる場合がありますし、なかなか市としてもご苦労があると思うんですが、そこら辺の問題点を率直にお聞きしたいと思います。

(2)シルバー人材センターの整備計画

 それから二番目にシルバー人材センター整備計画ですが、9月の議会で私は、来年度の予算執行の中でシルバー人材センターの整備はやるのかというふうに聞きましたところ、来年は現状のままで対応しますという答弁でした。ほかの問題に頭が行っていて、それ以上私も聞かなかったんですが、先日、福祉センター運営審議会が開かれて、その席でもシルバー人材センターの実績について報告があり、その中で多くの委員から障害者・高齢者が集まる施設なのに、シルバーは朝時間に追われて出勤する、全く性質の違う事業を一緒にしておくのは全く考えられない、事故が起きてからでは遅い等々の意見が出ました。

 そして、出席していた鈴木部長から、出入口について検討をするとの発言がありましたが、シルバー人材センターの作業場、機具保管庫等も含め、独立した施設の整備を早急に計画して、根本的な問題解決を図るべきと考えますけれども、市当局の答弁を求めたいと思います。

(3)「戦争と平和」への基本的認識について

 三番目に、教育長にお尋ねをいたします。「戦争と平和」への基本的認識についてお尋ねをしたいと思います。

 ?私は、幼少時の体験からも、国及び公共団体が国のために命をささげろとか、武器を持って人を殺せということは、法律で強制することも、また、教育を進めることも絶対にあってはならないと思います。

 しかし、昨今の政治状況は平和主義と反対の方向に進んでおり、大きな危機感を感じています。(「中国の原潜の方がよほど危機感を感じる」)

 富里市の教育は、日本国憲法と教育基本法にしっかりと立脚して平和主義を貫いてもらいたいと思います。

 ?国の義務教育費国庫負担削減は、行きつくところ小規模校は維持できないのではないかと危惧しますが、教育長の見解はどうでしょうかお尋ねいたします。



○議長(森田清市君) 立花広介君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 立花議員の一般質問にお答えいたします。

 なおここに?から?、?と書かれていることについてまずお答えをさせていただきます。このことについて検討を重ねて答えを書きましたので、膨らんだ部分については後でまたご質問をお願いしたいと思います。

 なお、教育関係のご質問につきましては教育長が答弁いたします。

 まず、被害の実態についてどのように把握しているかについてでございますが、今年の水害については、9月の秋雨から始まり台風22号・23号と続いたものであり、道路はもとより特に農地等に大きな被害をもたらしたものであります。

 まず、建物に関する被害としては、台風22号では床下浸水が14軒、台風23号では床下浸水などはございませんでした。農作物の被害状況ですが、市内全域の被害面積は約145ヘクタール、被害額は約5億9,000万円と把握しているところです。道路関係の被害の実態については、市民からの通報を初め市内全域のパトロールにより、その被害度合などを把握しております。

 次いで、対処についてでございますが、市職員、消防署職員、消防団員が現地で土のうを設置し、浸水を防ぐとともに排水作業を実施し、浸水を防ぐ対応をいたしました。災害により被害を受けた農業者への対処としましては、経営の維持安定を図るため、災害融資資金利子補給事業を実施しているところです。

 現在、市では、県営畑地帯総合整備事業において畑の用水及び排水整備を実施しておりますが、排水施設の整備が急務と考え、用水整備に先行して排水路や末端の調整池等の排水改良工事を実施しております。

 平成15年度までの排水施設の整備としては、畑の表面排水として排水管路89.5ヘクタール、調整池3か所を実施しており、この地域での冠水の被害はありませんでした。しかし、排水施設が整備されていない地域は、議員ご承知のとおり冠水被害が生じております。幹線道路や住居被害のおそれのある箇所につきましては、道路の冠水に応じて一時的に通行止めを実施し、地区の消防分団の協力も仰ぎ、ポンプなどによる強制的排除や土のうの設置により、最小限の被害にとどめるよう努めてまいりました。

 また、9月の秋雨の状況を踏まえ、台風22号・23号では台風状況の情報収集に努め、特に人家を抱えている箇所については事前に土のうなどを設置し、未然防止に努力した次第でございます。

 なお、路肩や路面の破損につきましては、一時的な応急措置を行い、その後、修繕工事などを実施しているところでございます。

 次に、今後の対策と問題点等についてでございますが、住宅浸水時の排水先について確保が難しいという問題点がございましたので、排水先の調査等を至急行ってまいりたいと存じます。

 また、市としましては、現在進められている県営畑地帯総合整備事業において、排水管路、暗渠排水、調整池の整備を順次実施して、畑の冠水被害解消に努めるよう県と協力して進めてまいります。事業推進に当たり問題点としては、排水管路が農地を通過する際の権利設定や、排水路の流末部に設置する調整池の用地買収、下流の排水同意などの問題点がございます。これらの強化推進策としては、地元理解を得ながら、県を初め下流排水に関係する町や関係土地改良区と協議・調整を図り、関係する機関と排水に関して覚書等を結ぶよう努めてまいります。

 また、道路が起因となり人家に被害をもたらした箇所につきましては、関係機関の協力も仰ぎ、現在、是正工事などを計画・実施しているところでございます。

 今後は、道路冠水の被害の実態を念頭に雨水排水整備計画を検討していく所存でありますが、被害の実態からお察しのとおり、道路排水だけの対処では抜本的解決にはつながらないことから、県営畑地帯総合整備事業の推進はもとより、市民の理解と協力により行政との協働で改善策に取り組み、一体となった雨水排水対策を目指してまいりたいと考えます。

 次に、シルバー人材センターの独立した施設等についてでございますが、市の財政状況等から、早急に用地を確保し施設を整備することは難しい状況にあります。なお、ご指摘の件につきましては、福祉センター等と協議の上、対応してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 教育長、新谷喜之君。

             (教育長 新谷喜之君登壇)



◎教育長(新谷喜之君) 立花議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、平和教育についてでございますが、平和教育は、日本国憲法の理念とそれに基づく教育基本法の根本精神を基調として行われており、学習指導要領では、国際社会に生きる民主的資質や平和的な国家・社会の形成者としての資質の育成を目標としています。

 そこで、小・中学校におきましては、社会科や国語科、道徳、総合的な学習の時間において、平和教育に関連した学習を発達段階に応じて行っているところでございます。今後も、これらの学習を通して世界の中の日本人としての自覚を養い、世界平和と国際社会に貢献する人づくりの推進に努めてまいりたいと考えております。

 次に、国の義務教育費国庫負担削減についてでございますが、義務教育は憲法の要請により、全国どこにおいても、すべての国民に対してひとしく無償で提供されるものでなければならないものであります。本来、義務教育の水準と機会均等の確保は国の責任で行われるべきものであります。仮に義務教育費の国庫負担が削減された場合には、地域間での教育レベルに格差が生じることが危惧されます。同時に、市町村の財政負担が大きくなり、特に小規模校を抱える地域ではその負担も顕著であると考えられます。

 したがいまして、義務教育費の国庫負担制度については引き続き堅持されることが必要であると考えます。今後、中央教育審議会においての検討が、単なる財政論からではなく子供の未来や国家の将来を見据え、義務教育はどうあるべきかという観点から議論が尽くされますよう、その動向に注目したいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 立花広介君。



◆(立花広介君) 再質問をいたします。

 水害のことについての答弁は、大体私が予想していた範囲の答弁だったんですが、重ねてお尋ねしますが、県営畑総で解決するといっても、今回広く被害があった実態から見ると、これを県営畑総で解決していくということになると何年くらいかかるのか、そしてその費用はどのくらいになるのか、そういうことは具体的に想定されているんでしょうか。

 それと、いわゆる市街化区域内の農地でも恐らく当然冠水しているところもあると思いますけれども、農振地域以外のところの実態というのはどうなっているのか。県営畑総の計画外のところでは、そういう冠水の被害というのは出ていないということはあり得ないわけで、県営畑総の計画の範囲から超えるものについてはどうしていくのか。計画をされているかどうかお尋ねしたいと思います。

 それから、シルバー人材センターについては、福祉センター運営審議会でも鈴木部長から、入り口を工夫するということぐらいは部長の責任範囲で検討できるという趣旨の発言がありました。ただ、やはり私は今の財政状況から当分は考えられないと言っていますが、これはシルバー人材センターの目的というか、生きがい対策だとか雇用の緩衝的な役割だとかいろいろな意味からいうと、今、実績からいって一定の安定した契約件数があるわけだし、市の非常に大事な施策としてもうちょっと突っ込んで検討を加えるべきだと、財政がないから計画もたないというのでは、私はちょっと困るんではないかというように思いますので、重ねて前向きに考えていただきたいというようにお尋ねいたします。

 教育長の答弁ですが、若干私に与えられた時間がありますので、私のことも含めて聞いていただきたいと思います。

 私は、戦前、満蒙開拓団の家族として小学校1年生に入学した年に終戦でした。ですから、終戦前の状況も、小さいときですので断片的ですけれども一定の記憶があります。正に私の3歳だった弟は栄養失調で亡くなっていますし、本当によく帰ってこられたと。そういう状況の中で戦前私は、例えば憲兵によって現地の人を鉢巻きをして目隠しをして、そしてみんなで銃剣で突いて殺すというような現場も見ました。そういうときに、日の丸の旗が掲げられてそういうことがやられて、もう震えながら私は建物の陰で何人かの友達と一緒に見ていましたけれども、そういう状況も経験しましたし、先ほど言ったように家族も亡くしている。本当に、もうきょうまで生きるのが精いっぱいという、あしたは死ぬだろうという予感をしながら、しかし、やはり中国の人あるいは朝鮮の人でも食事の事情などは非常に厳しいのに、本当にそういう人たちのおかげで助けられたという経験をしてきました。

 最近、文部科学省の大臣が、教科書に従軍慰安婦だとか強制連行の記述が減って良かった(「良かった」)という発言もされています。教育基本法の改正を標榜している人たちが今年2月に、教育基本法改正促進委員会というところで、その設立に当たって推進している幹部の方がこういうように言っているんです。「国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す。お国のために命をささげた人があって、今ここに祖国があるということを子供たちに教える、これに尽きる」とあいさつしているんです。これは本当に私の経験から言うと非常に恐ろしいことで、こういうことが今後教育でされるような基本法に変えられていくとしたら、これは大変だと私は考えるわけです。そこで、さっき非常な危機感を持っているというように述べたわけです。

 最近、「新しい歴史教科書をつくる会」が、日本の近現代史の中で戦争について、「戦争は外交の手段であり、政治の延長であった。時に政治上のゲームである。戦争は悲劇である。しかし、善悪はつけがたい。どちらが正義でどちらが不正という話ではない。国と国とが国益のぶつかり合いの果てに、政治では決着がつかず最終手段として行うのが戦争である」、こういうことを、戦争というものはこういうものなんだよということを教科書に書いて、そういうものが日本の文部科学省によって認定されるというようなことが最近の事例で起こっているわけです。

 従軍慰安婦の記述あるいは強制連行だとかということについて減って良かったということに対して、今不規則発言で、良かったと思うというようなやじが出ましたけれども、これは1993年に河野官房長官が、「本件は当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である」と軍の関与をはっきりと認めて、歴史教育を通じて長く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないというふうに、国の責任で韓国や中国に言っているわけです。

 こういうにもかかわらず、さっきも述べたように国のために命を投げ出す子供を育てるんだとかそういう状況が繰り返され、しかも中国で南京虐殺あるいは毒ガスによる人体実験などがされただけではなくて、日本の私たちのすぐ近くの茨城県の神栖町でも、旧日本軍の毒ガスの被害が広く広がっている、そういう状況を私たちは本当に事実として見ないといけないと思うんです。

 私は教育長に、今私が述べたことを全部かわって学校で言ってくれと言っているわけではないわけです。私は、日本で60年前にどれだけ有能な青年が命を落としたか、そして未来をふさがれたか、そういうことを考えたときに、やはり富里市においては国際交流とかいろいろ言っていますけれども、事実本当に平和が大事なんだと、先ほど教育長はそういうように言われたわけですが、そういうことをしっかり認識していただいて、平和教育にあるいは教育基本法にきちんと立脚して進めていただきたい、こういうことを私は是非お願いしたいというように思うわけです。よろしくお願いいたします。



○議長(森田清市君) 原経済環境部長。



◎経済環境部長(原一之君) 県営畑地帯総合整備事業の目標年度でございますが、平成25年度を目標にして、今、事業にかかっているところでございます。なお、総額費用でございますが、概算ですけれども162億円ほど掛かるという概算でございます。

 それから、県営畑地帯総合整備事業以外の農地の問題でございますが、これは流末との問題がありますのでケース・バイ・ケースで対応していかざるを得ないのかなというように考えていますので、今後調査をして内部検討をさせていただきたいというように考えています。

 それから、シルバー人材センターの件でございますが、先ほど市長が答弁されましたように財政的にいろいろな問題もありますので、新たに土地を購入して建設という問題につきましては、当面は難しいというように判断しておりますので、福祉センターの方といろいろ協議して、いい改善策があれば対応していきたい。

 なお、その他の公共施設についても、あき等があれば、利用できるものがあればそちらの方も検討課題とさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 新谷教育長。



◎教育長(新谷喜之君) 三番目の平和教育に関することについてお答えいたします。

 立花議員からいろいろとお話を伺いまして、大変な経験をされたということで胸が痛んだ次第でございます。やはりそのようなことが再び繰り返すことのないよう、教育においてもしっかり行う必要があるというように認識しております。憲法の前文には、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意して」と、我が国の憲法が定められており、教育基本法もその精神にのっとって、立脚して定められているわけでございます。そういった憲法、教育基本法の精神にのっとって、富里市の教育もしっかり行っていきたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 次に、栗原恒治君。

             (栗原恒治君登壇)



◆(栗原恒治君) 1点についてお伺いをいたします。

(1)降雨対策について

 日本全国に被害をもたらした今年の台風による豪雨及び秋雨による降雨量により、市内においても多大な被害を被ることとなりました。農作物だけでも1億3,000万円とお聞きしましたが、これは災害時2日目の試算でございまして、昨日もお知らせいただいたように、6億8,782万円の被害とのことでございます。

 前市長も、平成3年に畑地帯が冠水した折、富里市においては北総中央用水と絡めて雨水排水を完備し、基幹産業である農業を守り、生活基盤の安定を図ると豪語し、3期市長を務めました。しかしながら、12年間どこがどう変わってきたのでしょうか。調整池が3か所、四区の畑整備による実の口の一部、そして五反、金堀の一部の排水対策で終わっております。今回の雨量に対し何も手だてがなされなかったと言っても過言ではないでしょう。

 道路排水・畑冠水について相川市長にお伺いいたします。

 ?道路排水で問題となった箇所は、市で把握しているところは何箇所で、対応して解決したところは何箇所か。また、今後の問題箇所は。

 ?これから新たに事業を展開しながら解決していかなければならないところはありますか。

 ?畑地帯における集落ごとの冠水の面積は。また、被害金額をお知らせください。これも全員協議会で昨日お示しいただいております。

 ?被害状況を推しはかり、どこから手を打つべきか、順位などの目安はついておりますか。

 ?調整池候補に挙げられた場所で、賛同を得られず、本来なら完成しているところもあると聞き及んでおりますが、事実ですか。また場所は。

 ?利子補給により2年据置き5年償還の融資資金も、さほど借り受ける人、金額も思ったより少ないと聞いておりますが、その要因はどこにあると思いますか。

 ?相川堅治市長の災害後の雨水排水対策を今後どのように進めていこうとしているのか、政治的判断も含めお聞かせください。

 以上です。



○議長(森田清市君) 栗原恒治君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 栗原議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、道路排水で問題となった箇所についてでございますが、国・県道を含めて市内全域において18か所あり、そのうち幹線道路や人家を抱える道路は10か所で、現在のところ、水害による道路の路肩・路面等の修繕が多々発生したことから、改善工事を優先して実施しているところでございます。

 また、今後の問題箇所でございますが、特に人家を抱える道路や幹線道路について、早急な対策が求められております。

 次に、これから新たに事業を展開しながら解決しなければならないところでございますが、国・県道を初めとする基幹道路を主に、千葉県の協力も仰ぎつつ、今年度において一部地域で実施する計画であり、他の幹線道路等につきましても、来年度着手に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、集落ごとの畑地冠水面積及び被害金額でございますが、市全域では被害面積約145ヘクタール、被害金額約5億9,000万円でございます。農家組合単位で取りまとめさせていただいた39地区のうち、34地区から被害が報告されており、そのうち地区別に被害面積が大きい約10ヘクタール以上の地区順に申しますと、三区、四区、武州、宮内、実の口の5地区で、この5地区を合わせた冠水面積は約99ヘクタールであり、被害額は約3億9,000万円で、全地域の約66パーセントを占める状況です。

 現在、市では、県営畑地帯総合整備事業において畑の用水及び排水整備を実施しておりますが、排水施設の整備が急務と考え、用水整備に先行して排水路や末端の調整池等の排水改良工事を実施しております。平成15年度までの排水施設の整備としましては、畑の表面排水として排水管路89.5ヘクタール、調整池3か所を実施しております。また、平成16年度は畑の表面排水として排水管路10ヘクタール、暗渠排水4ヘクタールを計画しており、順次実施してきておりますが、用地買収や下流の排水同意等が難航し工事に着手できない区域もあります。

 今後進めていく目安といたしましては、県営畑地帯総合整備事業の中で県と協議・協力しながら進めていくわけですが、第一番目として、調整池が設置されている地域の排水管路及び暗渠排水の施工、第二番目として、下流の排水同意が得られ用地買収が済んでいる地域を順次実施していくと聞いております。

 また、道路の被害箇所につきましては、厳しい財政状況における対応となりますので、市民の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしておりますが、先ほど答弁いたしましたとおり、当分の間は幹線道路や生活道路を主体として対策を実施し、その後、随時改善に努めてまいりたいと思います。

 次に、議員ご指摘の調整池は、南小学校先の市営運動場近くに予定している調整池と思われます。本調整池は、県営畑地帯総合整備事業では「1−1調整池」と呼んでおります。「1−1調整池」工事につきましては、平成13年度に関係する地権者からの用地買収は済んでおりますが、調整池を造るに当たり「1−2調整池」の土を流用して造る計画のため、「1−2調整池」用地に一部未買収地があるので、いまだに工事が着手できないと聞いております。

 また、みどり台団地から排出される家庭雑排水について下流の土地改良区から改善を求められており、このことも工事に着手できない原因の一つになっております。

 市といたしましては、県に対し、速やかに用地買収を終わらせ工事に着手できるよう要望するとともに、みどり台団地の家庭雑排水に対しては合併浄化槽の設置を奨励してまいります。

 次に、農業災害融資資金を借り入れる農業者・借入金額が少なかった要因についてでございますが、10月の台風が雨台風であり、風による農業用施設への被害が少なかったため、施設復旧資金の融資希望者がいなかったことが要因であったと考えられます。

 次に、災害後の雨水排水対策を今後どのように進めるかでございますが、今年の雨につきましては、降雨量を初め短期間での降雨でもあり、道路はもとより農地などにも大きな被害をもたらしたものであります。特に、富里市は大きな河川などもないことから、抜本的解決は県営畑地帯総合整備事業等の早期完了によります。

 なお、短期での改善を目指す上では、行政だけの対応ではなく市民と行政が協働により、暫定的な水路の設置を初め、改善策について議論をし合い、双方が受け持つ責任を実行することが最も早期対応の方策と考えます。既に一部地域については、このような行政の姿勢に理解をお示しいただき、水路などについて来年の春先までの設置を目指して取り組んでおります。これを機に更に啓発に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 栗原恒治君。



◆(栗原恒治君) 道路排水について少し質問します。

 いろいろな道路をやはり歩くので、ここはひどい、ここはひどいというのは十分承知しているわけですが、やはり新規事業をもって対応しなければならないというお答えもございましたけれども、やはり家に流れ込む場所については県・国の事業をかりながら今も順次進めているし、新しいところも着手したいというお答えがありましたが、新規に着手したいという場所はどこなのか。

 それから、今までの雨水対策の中では、やはり県営畑総による解決しかないというようにお伺いしますが、またそれ以外にないのかなというような気もしますが、自分の近くの例をとりますと、二重堀から立沢台団地ですか、あそこが通学路になっているんですが、雨が降るとやはり川がわりに道路が流れている。でも、いろいろの機関で努力していただきまして、末端に吸水管というか流れる枠を組んでいただきまして、山林所有者の承諾をいただいて二重堀水田に落ちるようにしていただいて、流れがいち早く引けるようになったということで、流れるときは迂回して小学校に通ってくださいということで、学校から、PTAから自治会にお願いして対応しているのが現状です。

 そういう中で、事故がなくここまで来たのは幸いだと思いますし、そういうところはやはり今のような経済状況の中ではなかなかできないと思いますが、そういう点もやはり、県営畑総絡みでは、百何億円掛かると言いましたけれども、そういうお金でもって30年先になってしまうのかなというような気がしますので、やはりそういう場所もあるんだということを認識していただければ幸いであると思います。

 それから畑の排水ですけれども、1か所、大変行政にも迷惑をかけましたけれども、夜間の通行止めをしていただきましてポンプアップして対応した場所もあります。そういう中で、青道がふさがってしまっていて流れないというようなことで、何度か地権者とも相談しまして、切っていいということで切らせていただいて、地元負担で細いパイプですけれども埋設しました。また業者の中からどういう問題が出ますか知りませんが、そのときには自分のところに責任が回ってくるんではないかと思うんですが、そういう形で一部は取りあえず排水路ができたというような場所もあります。

 そして、今回いろいろなところから呼び出されて話を聞かされますが、やはり青道の復活ということで、非常に農家の皆さんはここで青道を重視するようになりました。それも、県営畑総に頼っては何年たつか分からないと。50年に1回という平成3年のあの雨量が13年目できてしまったわけでございまして、そうすると気象変更によってまたあるんではないかというようなことでございます。しかし、青道も今、市に払い下げされた部分がかなりあるということですので、そういう青道の復活をすることによって、かなりの滞水面積を減らすことができるのではないか。

 その青道もやはり転用されたりしてしまった部分もありますし、地域で、この間も両国の甲地の人と武州の人、両国の一部の人が集まりまして来いということで行きました。そうすると、自分が昔子供のころ遊んだときを思い出しますと、武州の左側、南小学校に行く左側の部分、それと甲地、それから両国の四つ角の近辺の水は、青道を伝って全部今の相川さんが作っている国有地のところに落ちて、内田前町長のわきを通って木戸川に流れていたわけです。そうしますと、それがあれば、復活させることによって、それは一時的には排水はできませんが、水が流れる道ができます。是非それをやってくれというようなことも言われています。

 現実に、山口商店から南小学校に行く道路の長谷川さんというお宅があるんですが、そこに市道が舗装されています。その中に管が通っておって右側の武州方面に落ちて、それがずっと流れて今の相川さんが作っている農地に、子供のころ通って遊んだ覚えがあるんですが、昔のことですから井戸枠だと思いますが、1メートル前後の管が通っていたはずです。

 やはり今機械化によったり、それから高度経済成長の中で無視されて全部なくなってきてしまっている。実際に埋まっていたものが消えてしまっているということがございます。やはりお金を掛けないで、少しでも前に進むのには青道の利用を早急に考えていくことが、お金をそう多く使わなくてできると私は思うんですが、その辺のことについて見解があればお聞かせいただきたいと思います。

 もう一点、道路がよく堤防になってしまっていると。それは宮内の現状を見ると、だれしもがそうだなという認識をもちます。しかし、地域の人は、もし市でやってくれなかったらおれたちで切ってしまって、あそこを通して、下からやってくる分には下へ落ちるんだからいいだろうと。でもそれはやめてくれと取りあえず言いましたが、しかしそういう形で横断管を通して下から順次やってくれば、ああいうようにいつまでも水がたまっていなくて流れるはずですし、木戸川との接点がどうだとよく問題になりますが、どさっといって調整池から落とすのではなくて、昔ながらの遊水路を通って流れる分には、これは政治的な判断で言うと駄目だということも起きようかと思いますが、それは許される問題であろうと思います。

 そういう中で、いち早くできるものから手をつけていくということが、やはり農家にとって非常にプラスになることだし、行政も努力したという結果が、先ほどの事業に対する結果をどういうふうにして示していくのかという質問もありましたけれども、それが一番大事ではないかというように考えますので、その辺の提案を含めてですが、どのようにお考えかお願いをいたします。

 それと、30万円くらいなら正直おれは金を出すよと。おれの金であそこのところを通してくれれば金を出すと言う農家も結構います。ですから、武州の南小学校から高野に抜ける道の滞水するところも、あそこに管を通していただければ自分らでやるというんです。でもそれも待ってくれと言ってあるんですが。そして、向こうの山林の調整池に、畑を通さずに、30センチの巻き取りのホースですけれども買ってあるんで、それをつなげれば畑に落とさないであそこまで行ってしまうんだと、そういう意見がかなり、もう実費でもやるというような方がおりますので、その辺はやはりこれから頭の中に入れておいていただいて、そういう地域からの相談があったら、前向きに対応していただきたいと思いますが、その辺はいかがなものでしょうか。

 それから、融資資金のあれは、建物というかハウスの被害が少なかったという市長のお答えでしたが、私が農家から聞く範囲では、大規模経営で5町歩も6町歩もやっている方は、自分の畑ではありません。今、農地の流動化でもって働き手のない農家の農地を借りてやっているわけですけれども、やはり規模拡大のためにすごく借金しているんだよと。これ以上借金したらどうなるか分からない、そういう方がかなりいます。

 そして仮に、うちの集落ですけれども、3町歩くらいやっていても、このところで作物がにんじんだけではなくてまた転換してきています。そうすると新しい機械を求めますので、そういうところの借金をかなり一戸一戸抱えているわけです。そういう中で、借りたくても今回は我慢しようというのが農家の現実だろうと思いますので、その辺をやはりきちっと行政サイドでとらえておかないと、これからの農業というのはやはりもっともっと厳しい状態に置いていかれるのではないか、そのように思いますので、その辺の判断も含めて、実際はハウスが、施設が壊れたからではなくて、そういうところがあるんだと私が言ったこともやはりそうかなというような認識があれば、その辺についてもお答えをいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) お答えいたします。

 新規事業の箇所でございますが、宮内地区とこれは十分協議を進めております。また、道路排水、畑排水の暫定排水ができるように、これからは努力していきたいと思っております。

 それから、青道につきましては国有財産でありますので、市に譲与され法定外公共物として取り扱っておりますので、今後、地域と利用について必要があれば協議をしてまいりたいというように思っております。

 それから、宮内の件でございますが、道路の横断管についても地元と協議をしながら、流末の問題とあわせまして検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 原経済環境部長。



◎経済環境部長(原一之君) 借入金の件でございますけれども、確かに栗原議員ご指摘のとおり、農家の方々によっては、今回は借り入れを申し込まないで我慢しようとかいろいろご意見等は聞いておりますけれども、今後、施設関係につきましてはまた内部で協議して対応していきたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 栗原恒治君。



◆(栗原恒治君) 再々質問ではないんですけれども、やはり農家が本当に窮地に追いやられているというのがもう事実、私が言うまでもなく議員さんも全員ご承知だろうし、職員の方々もみんな承知のことだと思います。そういう中で、そういう形で相談に乗るよと言ってくれたと言えば、地元から恐らく何件かすぐにも来ると思いますので、その辺はやはり末端に迷惑がかからない範囲で、青道の復活ということをこれから真剣に考えていただければ結構でございますので、これで質問を終わります。



○議長(森田清市君) しばらく休憩します。

              午後2時00分 休憩

             ………………………………

              午後2時27分 開議

出席議員  20名

欠席議員  なし



○議長(森田清市君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、鈴木英吉君。

             (鈴木英吉君登壇)



◆(鈴木英吉君) それでは一般質問をさせていただきます。

(1)新木戸地区の区画整理について

 新木戸地域の区画整理事業は、予定より大幅に遅れ、また、内容もその都度変わっている現状で、地元住民は不安な思いでいっぱいです。特に道路に対する計画が進まず渋滞を引き起こしている中で、3・4・20号線を整備しないまま、社台ファーム跡を商業地域に格上げして先行投資をして、平成18年度オープン予定を1年繰り上げ平成17年度オープンを目指していることは、25年間待っていた地元住民に対する裏切りではないのかと思わざるを得ません。ただ税金の収入だけを見込んでの前倒しの計画は、多くの混乱を招く原因になります。

 そこで、次の3点について質問します。

 ?新木戸地域の区画整理事業計画を今後どのように進めていくか、市長の考えをお伺いします。

 ?道路の整備について市長の見解をお示しください。

 ?ベイシアのオープンまでの出店計画について市長の考えをお示しください。

(2)ごみ焼却施設の進行状況について

 市は、平成20年を目安に成田市との中間処理施設計画を進めているが、順調に進んでいますか。また、現在の焼却炉も多額の予算を費やしリニューアルしたが、その能力には限界があるのか。跡地問題や新しい処理施設が完成したときのごみの排出・収集の方法等、これからの計画の明細をお示しください。

 次の3点についてお伺いいたします。

 ?新しいごみ処理施設の建設に当たり検討委員会が開かれたことと思いますが、その内容は。

 ?現在のクリーンセンターの跡地はどのような計画になっていますか。

 ?ごみの排出・収集の方法は。自己搬入対策は。

(3)富里市における農地の冠水対策について

 今回の集中豪雨は、富里市にとっては3億円以上の損害を出したと聞いておりますが、現に被害地を視察すると、聞きしに勝る状況です。ある農家は、自分の家に入ることもできないありさまです。用水は上から、暗渠排水は下からと工事のやり方は違います。暗渠はまず水の逃げ場を設けなければ工事が進められませんが、このまま放置しておくわけにもいかないし、市の対応に憤慨し、署名運動をして12月の議会に陳情書を提出しています。基幹産業でもある農業を繁栄させる対策を真剣に取り組む必要があります。

 そこでお伺いします。

 ?暗渠排水は、これからの農業に必要不可欠だと思いますが、市の考えは。

 ?ただ、資金の貸出しだけでは農家を苦しめるだけです。農家と行政がタイアップして農業の基盤整備をする計画はできるか。

 よろしくお願いします。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君の質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 鈴木議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、新木戸地区区画整理事業計画を今後どのように進めていくのかについてでございますが、この事業に関しましては市の重点施策として位置付けられ、富里インターチェンジ周辺における「にぎわい核」の形成を目指し、事業展開を図っているところであります。

 南新木戸地区につきましては、平成11年度に事業の認可を取得した後、平成12年度から工事に着手し、15年度末時点において事業費ベースによる約70パーセントの進捗を図っております。

 また、北新木戸地区につきましては、平成13年度に許可を取得し、15年度までに各種調査設計等を主体に作業を進め、事業費ベースにおいて約3パーセントの進捗となっております。北新木戸地区における当初の事業計画スケジュールでは、工事着手を平成16年度と設定しており、現状といたしましては計画どおり推進しております。しかし、今後は国・県を初め市の財政を取り巻く環境も厳しくなってまいりますので、地元地権者の方々のご理解を賜りながら着実に事業を進めてまいります。

 次に、道路整備についてでございますが、南新木戸地区及び北新木戸地区におけます国道409号整備に伴う用地の確保につきましては、平成16年度末において、全体8,004平方メートルのうち約92パーセントである7,366平方メートルを見込んでおります。このような状況を踏まえ、4車線化の早期工事について、千葉県を初め関係機関に強く要望をしているところであります。

 いずれにいたしましても、国道409号は都市計画道3・4・20号線と結節することから、早期完成を図る必要があると考えております。また、北新木戸地区における工事につきましても、平成16年度より着手いたしますので、平成17年度以降における地区内工事を着実に進めることによって、3・4・20号線の整備に努めてまいります。

 次に、ベイシアのオープンまでの出店計画についてでございますが、現状につきましては、社台ファームの責務において建築物や立竹木などの撤去が終了いたしましたので、今後は市におきまして区域内の工事に着手し、平成17年度の使用収益を目指しております。ベイシアとは、建築などに係ります造成工事などの協議を開始したところであります。

 なお、当該地を含み、北新木戸地区の一部において用途地域の変更と地区計画の決定に伴う手続も必要となりますことから、都市計画上の手続を進めております。また、国道409号及び隣接する成田市の市道との取り付けなど、周辺との各種調整や大規模小売店舗立地法等の調整事項もあり、現在のところ、オープンの時期について明確になってはございません。

 次に、新ごみ処理施設建設に当たっての検討委員会の内容についてでございますが、検討委員会では、平成20年度完成を目途とし協議・検討を行ってまいりました。平成16年2月に行った検討委員会にて、焼却施設の建設用地を成田市にするという基本合意を行ったところであります。

 その後につきましては、成田市が地元との協議に入っており、事務レベルではそれを見据えながら、今後の検討内容の整理やスケジュールなどについて協議を行っているところでありますので、その後の検討委員会は開催されておりません。

 次に、現在のクリーンセンターの跡地計画についてでございますが、新施設稼働後の現クリーンセンター跡地利用につきましては、成田市と共同設置する新清掃工場建設計画の検討結果や進行状況などを踏まえながら、今後、検討を行っていく課題であると認識しております。

 次に、ごみの排出、収集方法及び自己搬入対策についてでございますが、今後、成田市と共同設置する新清掃工場建設計画において、機種選定を初めとする様々な課題がございます。その課題の一つが、議員ご指摘のとおりごみの排出、収集方法及び自己搬入対策であり、これらにつきましては十分検討してまいります。

 今回の台風22号・23号の台風による冠水被害については、私も市内を調査して回ったわけですが、農家の皆様方には大変なご苦労をかけ、心を痛めている次第です。畑の冠水においては、県営畑地帯総合整備事業で実施した四区、実の口、五反、金堀の89.5ヘクタールについて、畑の表面排水施設が効果を発揮したため冠水は起こりませんでした。

 現在、市は、県営畑地帯総合整備事業において畑の用水及び排水整備を実施しておりますが、排水施設の整備が急務と考え、用水整備に先行して排水路や末端の調整池などの排水改良工事を実施しております。

 平成16年度の排水施設の整備としましては、畑の表面排水として排水管路10ヘクタール、暗渠排水4ヘクタールを実施しております。ご質問の暗渠排水につきましては、地域状況によっては必要と考えますので、調整池などの設置も含め今後も進めてまいります。

 また、農業の基盤整備の計画ですが、地元の理解を得ながら、県と協力して県営畑地帯総合整備事業をより一層推進し、冠水被害のない農地になるよう努めてまいります。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) 的確な回答をありがとうございました。それでは二・三再質問をさせていただきます。

 新木戸地域の区画整理の件ですけれども、現在、社台牧場が大分きれいになって、これからオープンにかけて3・4・31号線の整備も行うと思うんですけれども、しかし、現在国道409号のキャスティングから先をちょっと行くともう絞られて先が2車線になるということと、エクスポのところも信号があるという状態で、現在もパチンコ屋等ができましてかなり渋滞して身動きがとれないという中で、今度はベイシアができて、3・4・31号線から国道409号に出てくるとなると、もう本当ににっちもさっちもいかないと。

 イオンみたいに、駐車場が一つにあって歩いて行けるショッピングモール的なものだったら別ですけれども、車で移動するインター周辺であっては、余り混雑すると反対にお客さんが敬遠して来ないという状態にもなりますし、かといって今やはり3・4・31号線から3・4・20号線に接続する部分だけでも、あそこから国道409号につながるところまででも、できれば区画整理の範囲内の3・4・20号線は拡張をして同時進行していただきたい、そういうように考えます。

 ということは、社台牧場は調整地域で、これは区画整理が入る前まではそういう状態だったんですけれども、これが区画整理の中に入ることによって商業地域になったわけです。その前に、やはり地元民はあそこを「にぎわい核」とする意味で、また税金等の支払いの面でいろいろな努力をして、現在の商業地域の要請を考えたわけですから、それに対して確かに税金を払っているので、それは何も整備しなくても税金は上がってきますけれども、やはり区画整理の中で25年間いろいろと市とタイアップして話し合ってきたんですから、もう少し地元民のそういう意向を踏んで区画整理を進めていただかないと、ベイシアは税収が上がるので早急にオープンしてというような考えもあると思いますけれども、それはそれとして必要なんですが、その反面、やはり地元民の考え方ももう少し酌み入れていただきたいということです。

 この前、都市計画課で用途変更のあれで説明に来ましたけれども、やはり一番初めは用途変更になって良くなったことはうれしいんですけれども、またそこで1色だったのが3色ぐらいに色分けされたということで、狭い第2種住居地域で、あそこに建てては駄目だということは、1色にしたって用地が狭いからできないことなんですが、ただ色分けされると、やはり地元民というのは感情の問題で、何か自分たちが差別されているような感情になりますので、そしてその都市計画課の説明においても、これは国や県の指導でこうなったとしか言えないわけです。だから、その前にこういうようになるということを地元民に説明することも大事だし、やはり回答においてもはっきりした回答を得られないで戸惑っていたところもあります。

 また、こういう説明をするときに、確かに先日はそういうことで説明に来たんですけれども、できれば企画課、区画整理課、都市計画課、この3課がそろって説明に来ないと、住民が聞きたいことは全然聞けないし、何のための説明会か全然分からないんです。

 もう一つは、ちょっと私認識不足で分からないんですけれども、現の相川新市長になってから、地元民に区画整理に対して説明というか、自分の考え方とかこういうようにしたいというような説明に来たかどうかです。やはり新しく市長になったときに、あれだけの事業ですから、引き継いだことをきちんと計画して完成させるというような説明を地元民にするべきではないか、そういうように思います。

 あと公園です。公園がどのような形態になるのか。また、バスターミナルもどういう計画があるのか。計画中だということで済まされるかもしれないけれども、もうこの時点で、ある程度企画の方でこういう状態になるということが決まっていないんでは、ちょっと執行部としてはおかしいんではないかという気持ちもしますし、また調整池の問題も初めのころと大分変わってきているので、現在どういうような計画になって調整池を造ろうとしているか、その点もお願いします。

 そして、この前の台風のときに、3・4・20号線の一部が冠水して1軒が床下浸水になったんですけれども、やはり主要道路が冠水して通行止めの状態になるということは、やはりちょっと市のメーン道路としてもおかしいんではないかと思います。そういうような面で、本当は3・4・20号線を早く整備をしなければいけないのに、ああいうお粗末な状態になっているということももう少し考えてほしいと思います。

 区画整理については大体その程度で、ごみ焼却場の問題ですけれども、今のクリーンセンターの焼却炉がやはりスラグ化の問題で、灰で終わるよりもスラグ化して処理した方が安全とかそういうような処理の仕方がいいんではないかということで新しい中間処理場を造ろうとしたんだと思いますけれども、現在のクリーンセンターの焼却炉も内容としてはすばらしい焼却炉だということも聞いております。

 それで、最終処分場の成田市側の意見としては、現在の焼却場の跡にはもう焼却場を造らないということで住民に約束した手前、なかなか住民を説得することは難しいということを聞いております。それと、成田市ではごみの特別検討委員会が作られて、焼却炉の機器の選定とか視察をしているらしいんですけど、富里市は、共同でやるにもかかわらずそういうような機種の選定をする委員会はないのか。また、そういうことは全部成田市がやって富里市はそれに乗るだけなのか、この点をちょっとお願いしたいと思います。

 それから、そういう点で成田市自体でも平成20年までにはちょっと難しいんではないかという懸念も持っているということを成田市の議員の人から聞いていますけれども、20年までにできなかった場合にどうするのか。そしてこのクリーンセンターは、前に平成18年度までに地元の意向で撤去しないといけないということを聞いていたんですけれども、今の段階では、私の知っている限りではこの用地は全部市の用地になっているということなので、そういうことはしなくてもいいのかどうか、その点をお願いします。

 それと、これは余談ですけれども、スラグ化したガラスのものは、やはり急に冷却したりなんかしてあれなんで、亀裂が出て専門的にはこれは完全に安全ではないと。そういう意味では道路の基材に使うのは、もしかしたら一番下の方の瓦れきか何かの用材に使わないと使えないと。これは溶けてくる可能性もあるということを学識経験者の方から聞いております。これは余談ですから完ぺきということはありませんので、回答は要りません。

 それから、これは農業振興センターからいただいてきたんですけれども、これだけの冠水している畑があって、私もこんな湖みたいな畑を見たのは初めてです。先ほど来から回答をいただいておりますように、すぐできる問題ではありませんけれども、農家にしてみれば本当に切実な問題なので、できるだけ対処していただきたいということで、終わります。



○議長(森田清市君) 原経済環境部長。



◎経済環境部長(原一之君) 環境関係の方にお答えいたします。

 成田市との問題でございますが、機種選定とかごみ特別検討委員会というものにつきましては、飽くまでも議会内での検討委員会ですので、執行部がそういうことをするというような形は今現在考えておりません。成田市も、市の方から特別委員会を設定したり機種選定というような問いかけというか、執行部側からの申し出でできたものではございませんので、飽くまでも議員の勉強会として、機種選定とかいろいろ機種の勉強会をされているというように私は聞いております。

 それから、溶融化の問題でございますが、この辺についても先ほど市長答弁がありましたが、機種の選定という問題につきましてはいろいろな専門的な要素が絡みますので、今後の検討課題だろうというように認識しておりますので、ご理解のほどをお願いしたいと思います。

 それから、今現在市の焼却場の土地問題でございますが、駐車場の部分は確か当時の七栄連合区との問題で個人の名義のままになっておりますけれども、焼却施設とその周りの土地については市の土地でございますので、早急に壊すとかそういう問題については制限はございませんので、ご理解のほどお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 原都市建設部長。



◎都市建設部長(原清一君) 新木戸地区におきます国道409号の用地拡幅と社台ファームの面積等についてお答えいたします。

 まず、区画整理区間としましては、国道409号の拡幅については全体延長667メートル、全体面積が1,843平方メートルであり、そのうち社台ファームが延長約283メートルで42パーセント、面積が1,441平方メートルで約78パーセントを占めています。これにつきましては、社台ファーム前の約280メートルの4車線化、これについては平成18年度から平成19年度ということで計画されております。残り約400メートルの早期整備は、今、県の方に予算の確保を求めていくところでございます。

 それから、地元の意向を聞いて進めてもらいたいということでございますが、これからも、先ほど言われました都市計画課、区画整理課等と一緒に地元意見等を十分聞いてやってまいりたいというように思います。

 それから、公園の形態、バスターミナル、調整池の計画でございますが、これについては、この厳しい財政状況の中で一部公園の事業には着手予定でございますが、バスターミナルの駐車場等の整備については今検討中でございます。また、調整池につきましては、公園の約1ヘクタールの中に暫定措置として計画しておりまして、詳細については今検討中でございます。

 それから、3・4・20号線の冠水についても早急に整備を進めるよう努力してまいります。

 それから、3・4・31号線、3・4・20号線、国道409号の同時進行ということでございますが、国道409号の交差点改良につきましては、3・4・20号線の渋滞解消にもつながるということは十分承知しておりますが、県と関係機関に、また地元住民と協議をしながら、暫定的な右左折のレーンが確保できないかを検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 鈴木英吉君。



◆(鈴木英吉君) そういう予算的な面とかいろいろな問題があるので、すぐに完成させるということはできないと思いますけれども、できるだけ3・4・20号線と並行して広げていただきたいというように考えております。また、地区計画の中で商業地域とか3色に分かれていますけれども、そのことについてももう一回きちんとした説明をしていただかないと、地元の人は納得しないんではないかというように思います。区画整理に対しては反対はしておりませんので、どうか地域の皆さんに理解されるように、また市と地域の両方が良くなるような計画と説明会を今後もお願いしたいと思います。

 それから、冠水の問題について、いろいろな整備状況に対しては、みなさん、ほかの議員も質問されて答えられているんですけれども、このときの市の対応というか、そういうのがちょっと何か地元民に聞くと悪かったと。現場にきちんと行ってその現場の農家の人にきちんと声をかけてあげないとか、そういうような面で足りないのではないかというようなことを地元民から聞いて、それで今度はとにかく陳情書を出すんだということを聞いております。この工事などはすぐにできないにしても、やはり被害を受けた農民の痛みというものは酌んであげないといけないのかなと思いますので、そういう面でも今後広い心をしていただいて、農家の人たちのヘルプをしていただければと思いますので、よろしくお願いします。

 以上です。



○議長(森田清市君) 次に、高橋益枝さん。

             (高橋益枝さん登壇)



◆(高橋益枝さん) 高橋益枝です。質問をさせていただきます。

(1)公共交通機関の充実について

 先日、路線バスの廃止についての説明が市当局からありました。それによると、両国線5路線のうち、八街駅行きの両国・南小ルートを残し4路線廃止になるようですが、両国・南小ルートも武州までで、八街駅には届かなくなるようです。また、両国空港線も廃止となるようです。市当局の説明の中で、千葉交通とも協議中とのことでした。

 要望書を提出され、朝晩の一定程度の便を残せないか八街市とも協議され、千葉交通からは不採算路線は切り捨てられるような内容の説明でした。

 そこでお尋ねします。

 ?廃止になる時期の見通しについて

 ?千葉交通に補助を出し、一日朝晩一便だけでも残せないものか。

 ?説明の中で、八街線は一日35人から40人が影響を受けるようですが、1か月にすると1,050人から1,200人、1年にすると1万2,600人から1万4,400人、延べだと思いますけれどもそういうようになります。これらの市民の窮状をどのように受け止めますか。

(2)最終処分場の設置について

 先日、新橋地区、七栄地区において環境課の方から説明会が開催されました。それによりますと、焼却施設は成田市に決定され、最終処分場とリサイクルプラザは当市になるとのことでした。そのおおよその場所も地図で示されました。ですが、そのほかの説明は平成14年に説明された資料を提示されました。

 そこでお尋ねします。

 ?生活環境影響調査を含めた最終処分場の建設計画について、完成予定の時期は。平成18年度を目指せるのかということです。

 ?処分場の設計方式はいろいろあると思われますが、説明会で示された方式になるのか。

 ?リサイクルプラザの建設計画と完成予定時期。これは平成20年度稼働を予定しているようですが、いかがでしょうかお尋ねします。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

 市長、相川堅治君。

             (市長 相川堅治君登壇)



◎市長(相川堅治君) 高橋議員の一般質問にお答えいたします。

 まず、公共交通機関の充実についてでございますが、初めに、一部廃止の申し出があった成田駅から両国を経由し八街駅又は三里塚方面に至るバス路線に関する関係機関との協議経過などについてご報告いたします。

 本年8月に、千葉県バス対策地域協議会北総分科会が開催され、当市におきましては、事業者より廃止の申し出があった路線について代替手段を確保することが極めて困難なことから、今後も当該路線を存続していただきたい旨の主張をいたしました。その後、公文書にて八街市と共に事業者に対して要望書も提出いたしました。

 その後、9月末に北総分科会が再度開催され、事業者側から、廃止対象路線に係る赤字を内部補てんすることは経営上厳しく、事業者として路線の存続は無理である旨の説明が再度なされました。当市は、当該路線の廃止については同意できない旨の回答をいたしました。したがって、バス対策地域協議会としては協議不調で終了となっております。

 しかし、事業者は道路運送法に基づく路線廃止の届出の制度を活用することが認められているため、9月30日付けで国土交通省に路線廃止の届出を行っていることを確認しております。この届出は事業者側の意向を妨げないものでありますので、6か月後に当たります4月1日より廃止できることになります。

 次に、補助による運行についてでございますが、本市では「富里市バス路線維持費補助金交付要綱」を整備していることから、事業者に対し、この交付要綱を活用し国庫補助対象路線として存続を図ることについての可能性について打診いたしました。しかし、事業者としては、国庫補助を受ける意向はないとのことでした。

 また、朝晩の運行につきましては、バスに対する需要が最も多い時間帯であることから、需要が高い他の路線の輸送力の増強に車両や運転手を充当したいとのことであります。

 議員ご指摘のとおり、バス路線の廃止などの公共交通機関の減少は、市民生活に不利益が発生いたします。今後とも市といたしましては、市内で路線バスの活用が不便な地域が多くあることから、市内全域を視野に入れ今後も検討してまいりたいと考えております。

 次に、最終処分場の設置についてでございますが、先般実施いたしました説明会では、最終処分場計画案や、平成14年2月に行った説明会での内容から変更又は協議が調った事項などの報告及び最終処分場の構造等の一例を説明いたしました。

 生活環境影響調査を含めた建設計画及び完成予定時期につきましては、今後、生活環境影響調査、測量地質調査、基本設計、埋蔵文化財調査などを行い、これらの調査内容を踏まえ、建設に着手してまいりたいと考えております。

 次に、最終処分場の設計方針についてでございますが、説明会でお示しした内容は飽くまでも一例であります。最終処分場の建設方針につきましては、国・県の基準を遵守することはもとより、前段で申し上げたような各調査を実施した上で、本用地に最適な最終処分場を様々な角度から検討してまいります。

 次に、リサイクルプラザの建設計画及び完成予定についてでございますが、リサイクルプラザの計画につきましては、成田市と共同設置する新清掃工場建設計画において、今後、協議していく機種選定やそれに伴うごみの排出、収集方法などの検討結果などを踏まえて、リサイクルプラザの建設計画を進めてまいります。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) それでは再質問をさせていただきます。

 バス路線のことから質問させていただきます。

 富里市は駅がありませんので、市民の足の確保というのが重要な課題の一つに常にあります。その重要性は市民の方が一番感じているわけですけれども、そこで今、福祉のバスとして循環バスが富里市の中で多大な貢献をしているというのは皆さん分かっていると思いますが、それとは別に駅まで行ける、駅のかわりをしているのが路線バスなんです。運転できない人などにとっては。

 その中で、両国線はこの説明をしますと一日平均乗客数は24人となっています。1か月にすると720人です。1年にすると8,640人になります。富里市の1割弱なんです。この人たちが困るようになるわけです、延べもありますけれども。また、残される両国線の収支は488万5,000円の黒字ですけれども、その廃止区間はマイナス243万3,000円となっているんです。ですから、もしも路線バスを何とか残せるというようなことができると、循環バスと違い路線バスですから運賃の収入も見込めるので、それほど経費はかからないと思われるんです。

 それから、さっき朝晩は採算がとれるので1便でも無理かなというようなお答えがあったんですけれども、ちょっと時間帯をずらして何とか残せないものでしょうか。

 あと、これは今まで私が何回か質問してきましたけれども、酒々井駅の件もありますけれども、八街駅から両国線ですね。そこから市役所の方へ行って、七栄の方へ行って酒々井の駅まで、そこまで、富里市を大きく縦断・横断みたいな路線、その路線の委託というようなことの計画は立てられませんでしょうか。

 市長は去年の9月議会で、あれもするこれもするのではなく、あれとこれとをするというようなことを述べられました。予算の問題もあるでしょうから厳しいのは分かっておりますが、是非この駅までバスで行けるというのは「あれ」の中に入れていただきたいと思います。

 それと路線バス運行で、一つの質問は八街駅から酒々井駅までの路線の計画ですが、もう一つ、路線バス運行を維持する計画が現時点であるのか、それともこのまま廃止になってしまうのか、どちらかお答えいただきたいと思います。

 次に、最終処分場の件ですけれども、生活環境影響調査とかやられることがあるようですが、その環境調査には目標とか基準を設定すると考えられます。もしその予測結果が達成できなかった場合はどうなるのでしょうか。

 それと、これからいろいろな計画があると思いますけれども、まず平成18年度を目指していたんですがこれからみたいですので、もう一度完成予定の時期が分かりましたらお答えいただきたいと思います。

 それと、その基本設計を作成するに当たりコンサルタントは何社ぐらいの中から選定されるのか、もし決まっていたらその会社名を教えていただきたいと思います。

 それから、今年の第2回の議会で、押尾議員がPFIの導入について質問されました。その中で、昨年10月の第2次行政改革大綱及び行動計画の中で調査検討することが盛り込まれており、また、そういうPFIの目標は平成17年度ということなんですが、最終処分場にそういう導入は考えていられるのかどうか。それと、リサイクルプラザも導入は考えていられるかどうかお聞きしたいと思います。

 それから、説明会のときに「事業推進にあたっての基本的考え方」というのを配られたんですけれども、その?です。「技術の進展を踏まえ最新の技術を検討し、町に相応しいものを導入する」となっております。そこで、先ほどお尋ねしたんですけれども、方式はいろいろとあると思われますが、それが説明では一例だというお答えでしたので、まだほかにもあるのかということがあります。私の方でも調べたことがありますけれども。

 それから、これは是非あれなんですけども、「住民の意見を踏まえ、地元住民の納得できる計画に努める」となっています。これは是非遵守していただきたいと思います。

 先ほど、リサイクルプラザもまだ成田市のごみ等を検討してからとかおっしゃっていましたけれども、これも平成20年度稼働の予定がずれるのかどうか、それもお答えいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) 私から、路線バスの関係についてお答えをさせていただきます。

 まず、両国・八街線につきまして今後の見通しはどうなのかというようなことがございました。市長答弁にございましたように、9月30日付けで国土交通省に路線廃止の届出をしたわけでございまして、この間、何とかご指摘のように便を減らしてでも、朝晩だけでもというようなことも当然主張してきたわけでございますが、にもかかわらずこのような届出を行ったということで、6か月後の来年の4月1日廃止ということになるものと思われます。

 この間、主張の中で、全体的には黒字路線ではないかということも当然主張したわけでございますが、相手も経営体でございまして、より利潤を上げたいということで、何とか採算ラインを割らない程度のことではいけないんだというようなことも言っておりました。実際にこの間に相当、実は減便も2回ほど、ダイヤ改正を5月、9月にやって少しずつ減便をしてきているわけでございますが、特に市民等の皆様から苦情もなかったといったようなことも理由に上げながら、廃止の方向に今動いているというのが実情でございます。

 次に、何とか残せないかという中で市の補助等についても、先ほど答弁にございました市の補助金交付要綱等も言いながら主張したわけでございますけれども、これは全額市が持つというようなものではございませんので、相手の考えは変わらないというようなことでございました。仮に全額補助というようなことになりますと、1,000万円以上の金額が、若干の試算ですが1,100万円くらい掛かるんではないかといったようなこともございまして、ちょっと市の財政では持ち切れないのではないかというようなことを考えております。

 あと、酒々井駅と八街を結ぶ設置につきまして、これも協議の中でございまして、千葉交通の方でも検討したようでございますが、仮に1日3往復程度、余り朝晩の1回とか何往復するかという回数はそれほど影響がなくて、バスを1台あてがわなければ、これは運転手、この辺の人件費が大層を占めますので、回数はそれほど費用の増減のファクターにならないようでございますが、仮に八街・酒々井で3往復程度で試算をしたようでございます。やはり1,000万円程度の経費が掛かるということで非常にきついと、困難であるといったような回答を得ております。

 ではどうするんだということについて、循環バスでもって代替手段が講じられるのかどうなのか。これはもともと八街駅まで行っておったものの代替というようなことでございます。八街市とも協議をしながら、どこまで路線バスで代替ができるのか。できない場合ほかにどのような手法がとれるかについて、今後検討していきたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 原経済環境部長。



◎経済環境部長(原一之君) 再質問にお答えいたします。

 まず最初に、環境影響調査の予測とその結果の問題でございますけれども、環境影響調査というのは、現在の環境状況、それから最終処分場を設置するに当たっての今後の影響調査を予測するわけですけれども、その予測によっては、環境が悪くなる場合には、そういうものを回避するための検討をしていかなければいけないとか、そういうのが環境影響調査である程度予測されますので、今後の基本設計等に生かしていきたいというように考えております。

 それから、基本設計をするに当たりコンサルタントはということでございますが、これにつきましては、今現在そういうコンサルタント会社は特定はしておりませんので、今後の課題になろうかと思います。

 それから、最終処分場のPFIの導入の件でございますけれども、現時点では最終処分場がPFIの導入についてなじむのかどうかという問題が多々ありますので、リサイクルプラザと併せて、今後そこら辺の各種の関係者の方々の意見を聞きながら、なじむかどうかちょっと検討させていただきたいと思います。

 それから、完成時期の問題でございますが、確かに当初の説明会で配付されたのが、平成14年当時の説明会資料に基づいてその変更箇所をある程度説明してきました。その中に18年度を目標と書いてありますけれども、現時点では市の財政状況、それから国の補助をいただく関係もありますので、国の予算措置等の問題もありますので、目標年度についてはちょっと、平成18年では無理なのかなと、これは私なりに感じているところでございますのでご理解していただきたいと思います。

 それから、リサイクルプラザにつきましても、これは中間処理施設の問題がありまして、成田市の方は現在地元と一生懸命努力して交渉に当たっておりますので、その結果を踏まえて今後両首長が入って、検討委員会の中でそこら辺も、目標年度が今平成20年になっておりますけれども、きちっとした形を再度検討しなければいけないかというように私自身も感じておりますので、今後の検討委員会にて、その辺については協議していきたいというように考えております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 高橋益枝さん。



◆(高橋益枝さん) 先ほどの循環バスについて、市長は市内全域を視野に入れていきたいというようなことをおっしゃいまして、部長は循環バスで代替できないかどうかというようなご答弁がありました。是非、循環バスは駅まで行けないようですけれども、路線バスの結論が出るまで何とか暫定的に循環バスでカバーできないでしょうか。それをお願いしたいと思います。

 それから、最終処分場に関しては、より安全でより安心できる建物の建設ですね。そういう処分場を造っていただきたいと思います。

 終わります。



○議長(森田清市君) 鴻崎総務部長。



◎総務部長(鴻崎英明君) 路線バスの代替ということで、代替を循環バスでというこういうご質問でございましたけども、まだ具体の検討を行っておりませんが、今の千葉交通のままその路線を循環バスで代替するというのは困難であろうと思います。市内全域もございますので、そこだけというわけにもいきませんので、今後の検討課題にさせていただきたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(森田清市君) 6日にも一般質問を行います。

 本日はこれで一般質問を終わります。

 お諮りします。

 11月30日、市長から提出された議案第1号 富里市道路線の認定について、12月1日付けをもって訂正したいとの申し出があります。

 議案の訂正についてを日程に追加し、追加日程第1として議題としたいと思います。ご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(森田清市君) 異議なしと認めます。

 議案の訂正についてを日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

………………………………………………



△追加日程第1 議案の訂正について

………………………………………………



○議長(森田清市君) 追加日程第1、議案の訂正についてを議題とします。

 お手元に配付しましたとおり、市長から、議案第1号について、議案の訂正の申し出があります。

 お諮りします。

 市長の本申し出を承認することにご異議ありませんか。

             (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(森田清市君) 異議なしと認めます。

 よって、市長の本申し出につきましては、これを承認することに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 明4日及び5日は、富里市議会会議規則第10条第1項の規定により休会とします。

 12月6日は、定刻午前10時から会議を開きます。

 本日はこれで散会します。

             ………………………………

              午後3時21分 散会

             ………………………………