議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 印西市

平成13年  6月定例会 陳情 陳情第13−2号




平成13年  6月定例会 陳情 − 陳情第13−2号
















印西市市議会


2001年5月22日







議長  板倉 正直殿


千葉県千葉市○区○○町1701-277

全日本建設交通一般労働組合千葉県本部

トラック交通運輸部会

部会長 和泉沢  孝

? 043-295-5506 







トラック輸送におけ破全安全確保・排ガス防止に関する陳情書















く陳情の趣旨〉







  住民生活の擁護と地場産業の振興など地域の発展につくされていることに敬意を表します。

  さて、国民生活と日本経済の動脈であるトラック運送は、長期不祝と規制緩和による過当競争のもとで、重大な事態に直面しています。

  その第1は、大手荷主による「運賃買いたたき」の問題です。2000年3月に全日本物流団体連合会が発表した「物流業における規制緩和の影響と安全輸送に関する調査」報告書によると、1年前に比べて「運賃が低下した」業者が97.7%、「運賃交渉におけるイニシアチブは荷主が握っている」と答えた業者が68.8%であり、公正であるべき取引関係が壊されている実態が示されています。

  第2にこの結果、賃金の3年連続低下をはじめ労働条件の著しい悪化とともに、過積載や過労運転などの違法行為が急増し、住民を巻き込む重大事故の多発を招いています。

  運輸省は、異常事態の改善を求めてきた私たちの要請に応えて、2000年2月8日に、97荷主団体への別項のような通達を発出しました。この中で当局は「売上げを量で確保しようとするような安易な過積載等の違法行為」が問題となっていることを指摘しています。これは、運賃買いたたきが過積載に連動し、重大事故にも及んでいることを当局が認めたものとしてきわめて重要です。

  以上のように、トラック業者と荷主との公正な取引関係の確立と適性運賃の収受が安全確保にも欠かせない条件となっています。そのためには、この運輸省通達を早急に実効あるものにすることが必要だと考えるものです。

  また、ディーゼル車の排ガス規制も重大化しています。政府と自動車メーカの責任で低公害車の開発、軽油の良質化をはかるとともに、取引関係の改善及び、中小トラック業者への適切な助成を実施することが必要です。

  つきましては貴議会において、前述の「運輸省通達」を実効あるものにするために、下記事項を内容とする議会決議を採択し「内閣総理大臣 国土交通大臣 厚生労働大臣 経済産業大臣 衆・参両院議長あてに「意見書」を提出して下さいますよう陳情します。










1、政府は、「過積載・スピード超過・過労運転」等の防止に努めるとともに、関係当局とも連携し運賃取引関係の実態を調査・把握し、荷主 の「運賃引き下げ」強要によって「売上げを量で確保する」等の違法行為については、荷主指導を適切に行うこと。


2、国と地方における貨物の搬出、搬入に関しては、過積載やスピード超過、過労運転等につながる不正常な契約、取引条件を排除し、届 出運賃の厳守をはかるよう指導、通達の徹底をはじめ必要な措置を講じること。


3、国会決議に従恥「トラックにおける産業別最低賃金制度」の確立による賃金および運賃の下支えを図り、「自動車運転者の労働条件の 向上を図ることを目的とする」と定めた「改善基準」告示の遵守によって早急に労働時間の短縮を図っていただくこと。


4、ディーゼル車の排ガス規制のために、政府とメーカの責任で低公害車の開発、軽油の良質化を図ると同時に中小トラック業者への適切 な援助を実施すること。







以    上