議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 袖ケ浦市

平成19年  議会運営委員会 11月28日−議案審議−12号




平成19年  議会運営委員会 − 11月28日−議案審議−12号







平成19年  議会運営委員会



                議会運営委員会会議録

                                  平成19年11月28日(水)

                                  市議会会議室     

              開会  午前9時27分



○委員長(渡辺盛君) 時間前ですけれども、始めさせていただきます。きょうは早朝より御苦労さまでございます。委員の皆様、執行部、事務局の皆様御苦労さまでございます。副議長まだ来てないんですけれども、副議長少しおくれるということですから始めさせていただきます。

  ただいまの出席委員は8名でございます。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

  これより議会運営委員会を開催いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  審査日程は、お手元に配布してございますが、配布漏れはございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり) 



○委員長(渡辺盛君) 配布漏れないものと認めます。

  これより日程に入ります。

  審査方法につきましては、お手元の審査日程により審査を行いたいと思いますので、委員各位の御協力をお願いいたします。

  審議に先立ちまして、議長からごあいさつをお願いいたします。



◎議長(石井俊夫君) 皆さんおはようございます。座ったままで失礼させていただきます。

  大分冬らしくなりまして、寒さが厳しくなっていきますが、皆様にはお体御慈愛いただきたいと思います。ご存じのように、先般の袖ケ浦市長選におきまして、新たな出口市長が決定されたわけですが、その後にですね、この22日に前市長小泉義弥さんの退任式が行われまして、私と副議長が出席させていただきました。その後、26日に新しい出口市長の就任式が無事終了いたしましたので、御報告させていただきます。就任式のときに申し上げたんですが、お互いに立場を認識して、市民または袖ケ浦市発展のために努力しましょうということで申し上げました。議員の各位におかれましてもよろしくお願いしたいと思います。議会運営委員会運営につきましては、また委員の皆様にはよろしくお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。御苦労さまです。



○委員長(渡辺盛君) ありがとうございます。

  これより議件に入らさせていただきます。

  (1)の平成19年第6回(12月招集)袖ケ浦市議会定例会の運営についてを議題といたします。

  初めに?の市長提出案件及び早期議決案件について、執行部に議案概要の説明を求めます。

  大野総務部長。



◎総務部長(大野与一君) では、今12月議会に提案するものといたしまして御説明をさせていただきます。

  まず、議案でございますが、条例の一部改正が3件、指定管理者の指定に関するものが8件、それと補正予算3件の計14件でございます。また、そのほか追加議案として、これは後で申し上げますが、人事案件3件、これは人事院の勧告に基づきまして条例の改正とそれに伴います補正予算を予定しております。

  では、議案について簡単に御説明を申し上げます。まず、議案の第1号 袖ケ浦市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてでございますけれども、これは本市の個人情報保護条例は、平成9年から運用されたものでありまして、近隣市より早く設置されました。その後近隣市ができ、また個人情報保護法が平成17年に施行されましたために、後発の規定についてはより多くの事例等踏まえました規定となっていることから、近隣市との規定とに疑義等が発生しないように個人情報保護法との整合も図りながら、市の個人情報保護制度をよりよく運営するための一部改正をするものであります。

  続きまして、議案第2号 袖ケ浦市重度心身障害者(児)医療費等支給条例の一部を改正する条例の制定についてでございますけれども、重度心身障害者(児)の入院時の食事療養費について、障害者自立支援法等との関係から支給をしないこととしたために、これを改正するものでございまして、この改正は20年の4月1日、その他の医療支給対象者等の規定がございますので、これが平成20年1月1日の施行日ということでございます。

  続きまして、議案第3号 袖ケ浦市精神障害者医療費等給付条例の一部を改正する条例の制定につきましては、これについても議案第2号と同様でございまして、入院時の食事療養について給付対象から外すものでございまして、施行日は平成20年4月1日からということでございまして、この二つの理由につきましては、障害者福祉施策全体として整合性が図れなくなることから、また県の補助も廃止されたこと等によることから、本市においても給付から外すことししたということでございます。

  続きまして、議案第4号から議案第11号までにつきましては、指定管理者の指定でございまして、議会の議決を求めることとなってございますので、これを提案するものでございます。4号につきましては、放課後児童クラブ会館平岡放課後児童クラブ、それから議案5号につきましては、袖ケ浦公園、議案第6号は百目木公園、議案第7号は百目木公園のプール、議案第8号が新堰公園、議案第9号が都市公園及び緑地、議案第10号が駐車場、それから自転車駐車場及び袖ケ浦バスターミナル、議案第11号が総合運動場、今井野球場、のぞみ野サッカー場及び永吉運動広場の指定に関するものとなっております。

  続きまして、議案12号から14号の補正予算につきましては、宮原部長から御説明申し上げます。



○委員長(渡辺盛君) 宮原部長。



◎企画政策部長(宮原寛充君) それではですね、続きまして、議案第12号、13号、14号、それぞれ19年度袖ケ浦市の一般会計補正予算及び国民健康保険特別会計補正予算、老人保健特別会計の補正予算につきまして順次その概要を御説明申し上げます。

  まず、議案第12号、一般会計補正予算でございますが、既定の予算額に8,699万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を212億5,752万7,000円にしようとするものでございます。主な歳出の内容といたしましては、民生費でございますが、児童福祉費におきまして私立保育園児童措置事業、これは園児がふえたということがございまして、それに1,724万5,000円増、それから保育所費におきまして、低年齢児童の増加に伴う臨時職員賃金2,422万3,000円増などが主なものでございます。また、土木費におきまして、代宿神納線2期工事、いわゆる平成通りの神納地先の1車線のところが用地買収が終わり、それから順次工事をしたいということで、この用地費、工事費関係4,204万1,000円を計上してございます。これで平成通りの4車線化が終了するというようなことになっております。

  なお、歳出の財源といたしましては、入札による執行残及び前年度繰越金を充ててございます。

  次に、議案第13号、国民健康保険特別会計でございますが、既定の予算額に760万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を59億8,250万3,000円にしようとするものでございます。主な歳出といたしましては、来年3月に送付いたします保険証のカード化に伴う印刷費277万8,000円、同じくそれに伴います郵送料268万円等でございます。これは保険証のカード化というのは、従来は1世帯1枚でございましたけれども、各個人別に、だから3人いれば3枚、4人いれば4枚というような個人別の保険証になります。それらの準備という経費でございます。

  それから、老人保健特別会計、次の第14号でございますが、既定の予算額に947万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を30億4,847万5,000円にしようとするものでございます。主な歳出といたしましては、高額医療費給付額938万4,000円の増などでございます。

  以上、簡単でございますが、補正予算の概要を御説明いたしました。よろしくお願い申し上げます。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) 大野総務部長。



◎総務部長(大野与一君) ちょっと追加させていただきますが、先ほど申し上げました人事案件のほかに人事院の勧告による条例改正とそれに伴います資金の関係ございますので、追加でお願いすることになるわけでございます。そうなりますと、現在この12号、13号、14号の補正予算について早期議決をしていただきたいと思いましてお願いするものでございます。

  また、追加議案の提出につきましては、19日を予定してございますので、よろしく、19日、はい。よろしくお願いいたします。



○委員長(渡辺盛君) よろしいですか。説明が終わりました。

  質疑等お受けいたします。質疑等ございますか。

  田邊委員。



◆委員(田邊恒生君) ちょっと追加議案がね、19日になるという理由、ちょっと聞き漏らしたんで、済みません、もう一回。



○委員長(渡辺盛君) 大野総務部長。



◎総務部長(大野与一君) 人事院勧告によりまして、職員のですね、給与改定が職員に限らず給与改定を予定しておりますので、それに伴いまして、議案を当初で提案できればよろしいんでございますけれども、県の方とか近隣市がまだ率とかそういったものについてですね、決定してございませんので、そこら辺近隣市の状況を見た上でないと提案ちょっとできないと考えておりまして、追加で申しわけございませんが、提案させていただくということにいたしました。よろしくお願いいたします。



○委員長(渡辺盛君) よろしいですか。



◆委員(田邊恒生君) はい。



○委員長(渡辺盛君) ほかにございますか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 追加案件はもう一回確認するけれども、今の給与関連の事案のほかに人事案件というふうにも先ほどおっしゃったように聞いたんですけれども、ちょっと聞き間違いだったら申しわけないんですけれども。



○委員長(渡辺盛君) 大野部長。



◎総務部長(大野与一君) 人事案件を今のところ3件ということで市長の方から聞いておりますので、その提案がなされると思いますが、これにつきましては、提案が19、20日、21日の本会議ですか、そこに提案されるのか、また最終日になるのか、ちょっとその辺は定かでございませんが、人事案件があるということでお願いしたいと思います。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) よろしいですか。



◆委員(篠?典之君) はい。



○委員長(渡辺盛君) ほかにございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 質疑はないようですので、次に進みたいと思います。

  次に、?の請願及び陳情について、議会事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) それでは、請願・陳情について御説明申し上げます。

  資料の4ページをお開き願いたいと思います。括弧と数字が書いてありますが、数字の方の4でございます。請願番号、請願第6号ということで、受理年月日が平成19年11月21日、件名といたしまして、肝炎問題の早期全面解決とウイルス性肝炎患者の早期救済を求める意見書の採択を求める請願でございます。請願人は千葉県松戸市松戸1281−29、東葛総合法律事務所薬害肝炎訴訟を考える会千葉ということで、紹介議員は榊原靖夫議員でございます。請願趣旨と請願項目については、ここに記載のとおりでございます。

  次に、6ページをお開き願いたいと思います。陳情第39号、受理年月日が平成19年11月9日、件名といたしまして、「二万円米価」を保障するよう国に意見書を提出を求める陳情ということで、陳情人は千葉県八街市農民運動千葉県連合会会長、大木傳一郎。陳情趣旨、項目については記載のとおりでございます。

  次に、8ページをお開きいただきたいと思います。陳情第40号、受理年月日が平成19年11月15日、件名といたしまして、日豪EPA/FTA交渉に対する陳情書、陳情人が千葉県木更津市富士見、日本農業と緑を守る君津・木更津地区労農会議議長、金木丈夫。陳情趣旨、陳情項目については、記載のとおりでございます。

  次に、10ページをお開き願いたいと思います。陳情第41号、受理年月日が19年11月16日、件名といたしまして、高齢者が安心して医療を受けられるよう国への意見書提出を求める陳情書、陳情人が千葉県中央区長洲1−10−8、自治体福祉センターということで、社会保障推進千葉県協議会会長、鈴木雄一、陳情趣旨、項目については記載のとおりでございます。

  以上でございます。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等はございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 質疑等はないようですので、議会事務局の説明のとおり決定することに御異議はございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 御異議ないものと認め、さよう決定させていただきます。

  次に、?の議案及び請願・陳情の委員会付託について、議会事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) それでは、平成19年第6回(12月招集)袖ケ浦市議会定例会議案等総括表をごらんいただきたいと思います。

  まず、1ページでございますが、まず議案12号、13号、14号、これは先ほど御説明いただきました袖ケ浦市一般会計補正予算(第2号)が総務企画常任委員会へ、それと平成19年度袖ケ浦市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)が文教福祉常任委員会へ、議案第14号 平成19年度袖ケ浦市老人保健特別会計補正予算(第1号)、文教福祉常任委員会へ。

  1枚、2ページをお開きいただきたいと思います。請願でございますが、請願第6号を肝炎の早期全面解決とウイルス性肝炎患者の早期救済を求める意見書の採択を求める請願につきましては、文教福祉常任委員会へ、それと次に陳情でございますが、陳情第39号 「二万円米価」を保障するよう国に意見書提出を求める陳情を建設経済常任委員会へ、それと次に陳情第40号 日豪EPA/FTA交渉に対する陳情書、これを建設経済常任委員会へ、次に陳情第41号 高齢者が安心して医療を受けられるよう国への意見書提出を求める陳情書、これは文教福祉常任委員会へ、以上御提案申し上げます。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等はございますか。

          (発言する者なし)



○委員長(渡辺盛君) 質疑等はないようですので、議会事務局の説明のとおり決定することに御異議はございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 御異議ないものと認め、さよう決定させていただきます。

  次に、?の選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について、議会事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 資料の14ページをお開きいただきたいと思います。

  地区割にて選出をお願いいたしておりました選挙管理委員会及び補充員の名簿をごらんいただきたいと思います。選挙管理委員会委員といたしまして、大地寛、大山秋人、武田弘、宗政丈夫、それと補充員といたしまして、御園武男、小林亨、伊藤敏夫、土井宣孝、以上この8名でございます。住所、地区については省略させていただきます。

  それで任期がこれ12月5日でございますので、初日に提案申し上げたい。

  以上でございます。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等はございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 質疑等はないようですので、議会事務局の説明のとおり決定することに御異議はございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 御異議ないものと認め、さよう決定させていただきます。

  次に、?の一般質問の通告受付についてでございますが、本件につきましては、11月7日に開催いたしました議会運営委員会において一般質問の通告受付日を12月7日とすることで御了承いただいておりましたが、所信表明から通告締め切りまでの期間が短いという指摘がございました。正副議長と協議した結果、通告受付日を12月10日に変更することで御了承いただきました。本来であれば委員の皆様に御参集願うところでございますが、書面をもって協議願う形とさせていただきましたので、御了承いただきたいと存じます。

  次に、?の会期について、議会事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 最後の15ページをお開きいただきたいと思います。

  平成19年度第7回(12月招集)袖ケ浦市議会定例会会期(案)でございますが、まず12月5日午前10時より本会議、議事内容につきましては、省略させていただきます。それと12月10日、議会運営委員会が4時45分、この日一般質問受付を午後1時から4時まで行います。それと12月11日午後2時から総務企画常任委員会、明けて12日午後2時から文教福祉常任委員会、13日午後2時から建設経済常任委員会、それと休会を挟みまして、19日午前10時から本会議、それと20日10時から本会議、21日午前10時から本会議、それで最後が26日午前10時から本会議で、議会終了後全員協議会及び議会運営委員会を予定してございます。

  以上でございます。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等はございますか。

  副議長。



◆副議長(露?信夫君) 先ほど7日が一般質問だったかな、これ何か各市のこの前いただいた状況等を見ますと、袖ケ浦市の場合は一般質問というか所信表明をやったときは6日から1週間かな、そのように何か決まっているような感じも受けたんですけれども、そういうのはやはりある程度守っていっていかなくちゃいけないんじゃないかと思いまして、今回10日ということは5日間ぐらい、非常にある程度そろっているのかなという気はするんですけれども、そういうものはやはりある程度1週間なら1週間とか、これは守っていくような方向でした方がいいんじゃないかな。

  それともう一つ、これ一般質問10日やって、すぐ順に常任委員会ということで、執行部は一般質問の打ち合わせ等はこれもう問題ないんですか。



○委員長(渡辺盛君) 大野部長。



◎総務部長(大野与一君) 一般質問の打ち合わせというのは……



◆副議長(露?信夫君) 10日の日に受付して、すぐ次の日から1日例えばあけるとかしなくても別に差しさわりはないんですか。



◎総務部長(大野与一君) 特に問題ないと思っております。



◆副議長(露?信夫君) 結構です。



○委員長(渡辺盛君) いいですか。

  ちょっと高吉さんよ、今最初の期日、1週間ぐらいあけるという件なんですけれども、きのうはそうなったと思うんですけれども、なっていれば今ここであけるかあけないかは委員で協議したいと思うんですけれども、どういったあれになっているんですか、今まで。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 今まではですね、この前議会運営委員会でお話いたしましたとおり、改選時の初の議会はですね、こういう形で大体審議、進められていると。たまたま土日が入りますので、こういう形になるわけで、もっとこの後へ送るというのもあると思いますが、けつが26日ぐらいで決まっておりますので、ちょっとこれ日にち少ないんですが、今回についてはこの10日ということでつくった次第でございますけれども、これもう少しあった方がよろしいということなんでしょうか。



○委員長(渡辺盛君) 副議長。



◆副議長(露?信夫君) 所信表明したときは、そういうある程度何か決まっていないの。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) この明文化したものはないと思います。



○委員長(渡辺盛君) 所信表明というのは、これ所信表明を新しく市長がかわったときじゃなくて、所信表明のときにおいて1週間ぐらいあるということなんですけれども、市長がかわったかわらない別としてですね、4月所信表明しますよね、市長がね、施政方針か。

          (「3月」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) その後1週間ぐらいあるんだということを今言っているんですけれども……



◆副議長(露?信夫君) その部分はある程度決め……



○委員長(渡辺盛君) 決めておいた方がいいと。



◆副議長(露?信夫君) 決めた方がいいんはじゃないかなと。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) はい。ではまた、調査……



○委員長(渡辺盛君) じゃここで協議するんじゃなくて、事務局の方でそういった方向というかいろんなことを考えていただきたいと思います。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) はい。了解いたしました。



○委員長(渡辺盛君) ほかに質疑ございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 質疑はないようですので、議会事務局の説明のとおり決定することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 御異議ないものと認め、さよう決定させていただきます。

  次に、(2)のその他でございます。

  委員の皆様、執行部、事務局の皆様、何かございますか。



◎議長(石井俊夫君) じゃ資料配り終わる前に一言だけ私の方から報告申し上げますけれども、けさ市長の方から全員協議会の冒頭に議員の皆さんにあいさつしたいという申し出がありましたので、許可いたしましたので、御報告させていただきます。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) それでは御説明申し上げたいと思います。

  昨日執行部より議長の方に、きょうですね、話昨日あったわけでございますが、文書としてはきょうでございますので、議会運営委員会に提案できませんでしたので、改めて御説明申し上げたいと思いますが、ここに書かれておりますとおり、道路特定財源の暫定税率の延長に向けた活動についてということで文書が来てございます。これでこの中身はちょっと省略させていただきますが、19日の全員協議会で説明をお願いした後協議願いまして、その後発議として処理したいと思いますが、いかがでしょう。



○委員長(渡辺盛君) 委員の皆さんどうですか。

          (「何をどうしようというのが何にもわからない」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 大野部長。



◎総務部長(大野与一君) これは土木部からお願いするものでございまして、道路特定財源の税について暫定税率の延長を要望するものでございます。その理由といたしまして、下の方に要望事項、一番後ろです、書いてございますが、その理由といたしまして、今後の道路整備の計画的な整備とそれと道路財源の安定化、そして地方道路計画が道路整備が計画的に推進されるように今後ともその道路特定財源の暫定税率を延長することと交付金制度を継続するということをお願いしようと、発議案にてお願いしようということだそうでございます。



○委員長(渡辺盛君) わかりました。

  田邊委員。



◆委員(田邊恒生君) 要するにあれですか、今政府はこの暫定税率を何か変えようとしているんですか、何をどうしようと、政府は。



◎総務部長(大野与一君) 延長していただきたいということです、このまま。



◆委員(田邊恒生君) 政府は自分でやれば別に暫定税率を延長するというのは国会で決まる話じゃないの。



○委員長(渡辺盛君) 10年間延長したということ、どんどん、どんどん変えるんですか、国が。



◎総務部長(大野与一君) 今のところ一般財源化をするとかですね、そういう話は持ち上がった……



○委員長(渡辺盛君) そういうふうにしないで道路特定財源にしたいということですね。



◎総務部長(大野与一君) はい。



◆委員(田邊恒生君) 一般財源化の話があるけれども、そういうふうにしないで道路特定財源の……

          (「従来どおり」と呼ぶ者あり)



◆委員(田邊恒生君) 従来どおりとしたいと、それを要望書で。



◎総務部長(大野与一君) そうです。



◆委員(田邊恒生君) 要望書ということで、議員に要望と言っているの、それとも市が出すということ。



◎総務部長(大野与一君) 議長、議会の方で。



○委員長(渡辺盛君) 議会から国の方に……



◆委員(田邊恒生君) 議会で出してくろということを言っているわけですね。



○委員長(渡辺盛君) わかりました。



◆委員(田邊恒生君) わかりました、言っていることは。



○委員長(渡辺盛君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) これはこのパターンが1から3まで今ここにある。この中の一つを選ぶということですか、要は。この内容は全く同じですか。



○委員長(渡辺盛君) 斉藤主査。



◎議会事務局主査(斉藤明博君) じゃ私の方から。これはですね、いただいたものをそのままコピーしてお渡ししてあります。パターン1から3までの案ということで文書が来ているということで、このうちのどれかを選択していただきたいということだそうです。



◆委員(片倉憲太郎君) これこの場で決めるんですか。



◎議会事務局主査(斉藤明博君) いえ、この場ではなくてもよろしいんじゃないかと思うんですけれども、一応こちらにつきましては、まだ担当部の方からこちらの案が一番適当ではないかというようなすり合わせをちょっとまだいたしておりません。けさ文書の方が正式に届きましたもんで、一応こういう文書が来ましたということで、ちょっとその他の方で皆様にお伝えをさせていただいたということでございます。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) 19日に説明して、本会議最終日にこれ朝に出してきて、その中で決めるということでしょう、みんな議員全員でね。



◎総務部長(大野与一君) そうです。



○委員長(渡辺盛君) ということです。わかりました。



◆委員(片倉憲太郎君) はい、結構です。



○委員長(渡辺盛君) ほかに何かございますか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) これは要するに私なんかはこの一般財源化はむしろすべきだという立場なんですが、従来から言っているように。これは議員発議というので、要するに議員の中で手続に従って議員の中からどなたかが議員発議をしてほしいという要請というかお願いということでいいわけですよね。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) そういうことでございます。



○委員長(渡辺盛君) よろしいですか。

  ほかにございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) それではこれをもちまして議会運営委員会を終了させていただきます。

  貴重なる審議大変御苦労さまでございました。どうも御苦労さまでした。

              閉会  午前10時06分







本日の会議に付した事件
 1.開  会(委員長あいさつ)
 2.議長あいさつ
 3.議  件
   ?平成19年第6回(12月招集)袖ケ浦市議会定例会の運営について
   ?市長提出案件及び早期議決案件について
   ?請願・陳情について
   ?議案、請願及び陳情の委員会付託について
   ?一般質問の通告受付について
   ?会期について
   ?その他
 4.閉  会

出 席 委 員
 委  員  長  渡辺  盛 君
 副 委 員 長  神?  寛 君
 議     長  石井 俊夫 君
 委     員
  片倉憲太郎 君    田邊 恒生 君    小野 光正 君
  篠? 典之 君    林  弥雄 君    鈴木  勇 君

欠 席 委 員
 な   し

委員外議員
 副  議  長  露? 信夫 君

出席説明者
 企 画 政策部長  宮原 寛充 君    総 務 部 長  大野 与一 君
 総 務 部 次 長  礒貝 弘一 君

出席事務局職員
 議 会 事務局長  阿津 光夫 君    議会事務局次長  高吉 文夫 君
 議会事務局主査  斉藤 明博 君