議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 袖ケ浦市

平成19年  議会運営委員会 06月15日−議案審議−06号




平成19年  議会運営委員会 − 06月15日−議案審議−06号







平成19年  議会運営委員会



                議会運営委員会会議録

                                  平成19年6月15日(金)

                                  市議会会議室     

              開会  午後1時27分



○委員長(渡辺盛君) ただいまの出席委員は8名でございます。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立しました。

  これより議会運営委員会を開催いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  審査日程は、お手元に配布してございますが、配布漏れはございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 配布漏れないものと認めます。

  これより日程に入ります。

  審議に先立ちまして、議長からごあいさつをお願いいたします。



◎議長(田村満廣君) どうも御苦労さまです。本会議中の議会運営委員会ということでございますけど、2件ほど議題などが入りまして、議運で審議してもらうということになりましたので、どうぞよろしく御審議のほどお願いしたいと思います。



○委員長(渡辺盛君) どうもありがとうございました。

  これより議件に入らさせていただきます。

  (1)の平成19年第4回(6月招集)袖ケ浦市議会定例会の運営について議題といたします。

  ?の永年勤続議員への表彰状伝達式について、議会事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 全国市議会議長会で、10年以上の在職議員として篠?典之議員、岡田實議員、林弥雄議員の3名が来週19日に開催されます全国市議会議長会定期総会において表彰される予定となっております。それにつきまして、6月25日の午前9時45分より表彰状の伝達を予定することとし、議員及び執行部へ通知したいので、協議させていただきます。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等ございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 質疑はないようですので、議会事務局の説明のとおり決定することに御異議はございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) 御異議ないものと認め、さよう決定させていただきます。

  じゃ、これ9時45分から議会ということですね。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) はい。



○委員長(渡辺盛君) ひとつお願いいたします。9時45分に本会議場に集合していただきます。

  次に、(2)の本会議場でのクールビズについてを議題といたします。

  現在庁舎内では夏期のクールビズの着用が許可されておりますが、本会議場は対象外となっております。最近は、本会議場でのクールビズ着用を行っている議会が増加していることから、本市議会においてもこれを取り入れることとしたいと思います。本会議場でのクールビズの基準について事務局に説明を求めます。

  高吉次長。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 本会議場でのクールビズということで、国会議員等をテレビで皆さんごらんになっていると思いますが、上着を着用し、ネクタイはしないこととする形で提案させていただきたいと思います。

  それで、近隣ですけども、君津と富津はまだ実施されていないと。市原市は、申し合わせにより自由だそうでございまして、50%ぐらいがクールビズということだそうでございます。それと、隣の木更津市さんは既にクールビズで、テレビでも見ている方がいると思いますけど、そのようになっております。これは、あくまでも参考までに御理解いただきたいと思います。

  以上です。



○委員長(渡辺盛君) 説明が終わりました。

  質疑等をお受けいたします。質疑等はございませんか。

  田邊委員。



◆委員(田邊恒生君) いいことじゃないかなと思うんですけど、問題はですね、背広は着るとして、ネクタイはいいよと。ワイシャツということも考えられますけど、ちょっとその辺多少制限があるのかないのか、つけた方がいいのか悪いのかということをちょっとね、皆さんの御意見どうかなと思って。もちろんワイシャツはいいと思うんですよね。じゃ、どの辺までいいのかと。今までちょっと持ち合わせていないもんでね。



○委員長(渡辺盛君) それは、一つの意見ですね。



◆委員(田邊恒生君) 意見です。



○委員長(渡辺盛君) じゃ、聞いてみます。ちょっと待ってくださいね。

  林委員。



◆委員(林弥雄君) 現在の本会議場の温度は、何度に設定してあるんですか。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) あれは、大変古い機械でですね、何度とかという設定はできないんで、低、中、高の3ランクのうち一番下の段階で入れたり切ったり、ごらんのとおりですけども、それを繰り返しておりますので、もうかなり古い冷房機器でございます。



◆委員(林弥雄君) 一番下の段階ということは、低ランクになるんですか。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 一番低いので、もうあれ以上調整がきかないという。



◆委員(鈴木勇君) クールビズだったら、温度を高くすればいい。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) それはできます。



◆委員(鈴木勇君) クールビズということになれば、省エネでやっていくんだっぺ。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) ええ。ですから、それは調整がききますので、今は一番低いのでやっていますけども、入れたり切ったり中にしたりと。ただ、非常にまた手間とか時間がかかる。効率悪いという、それは変わらないと思いますけど。



○委員長(渡辺盛君) 田邊委員。



◆委員(田邊恒生君) クールビズの本来の趣旨はもちろん省エネですけど、その省エネにいくに当たって、28度でしたっけ。ちょっと確認ですけどね、28度以上と言った方がいいのかな。それより下げないと。そのための省エネと。温暖化防止だというようなことだろうと思うんですよね。本会議場は、そうすると28度程度に保つということは難しいということですか。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) きょうはかっていた温度でですね、26度になりますと、どこかから暑いという声が出てきますし、逆にですね、低い方だと、大体24度がおおむねの目安で、切ったり入れたりしている状況ですけど、28度は無理だと思います。



○委員長(渡辺盛君) 小野委員。



◆委員(小野光正君) 参考までということで高吉次長から話がありましたが、私の持論としてはね、私のあくまで持論ですよ。意見だから、言わせていただきますけれども、国会では確かにね、ノーネクタイでね、ちょっとだらしない格好に見えますよ。国会議員たる者が何だと、今の国会を象徴しているような感じに見えるんだけど、せめて本会議なんていうのはそう余計ないんですから、本会議だけはネクタイを着用、もし暑ければ上着を脱げばいいんだと。そういう日もあるかもしれませんのでね。私は、そういう意見を持っています。意見ですよ、あくまでね。



○委員長(渡辺盛君) いろんな意見が出たようなんですけど、やっぱり県にしても、一応よそはよそで、よそをどうのこうのということはないんですけど、いつも2チャンネルで夜木更津の議会があるときは議会等のあれ見ているんですよ。きのうも見て、ほとんど見たんですけど、木更津の場合はノーネクタイで、議員はノーネクタイ、上着はかけていると。執行部は、上着は着ないで、ネクタイをしてワイシャツでやっていましたよね。ですから、それを一律に強制にするか自由にするか別として、どっちにするかということは別としましてですね、そういった形で、県もそうらしいんですけど、近隣の市原もそうらしいですけど、別によそがどうのこうの、よそがやっているからうちもやるというあれじゃなくて、一応6月から9月まではクールビズというような対策というか、うちの市の方でもですね、要領の対策をとっているのが現状なんですよ。これ1年中ということはなくてですね、夏期の6月から9月ですか、3カ月ですか、その間をですね、クールビズにしたいと思うんですよ。それで、クールビズだからネクタイを必ずしもしちゃいけませんよということじゃなくてですね、別にネクタイしたい人はしてもいいと。強制というか、個人のあれを束縛するというんじゃなくてですね、そういった形にしたいと思うんですけど。

  田邊委員。



◆委員(田邊恒生君) 今委員長はそういうような意見ですけど、やっぱりちょっと理屈が合わないと思うんですよね。要するに28度にある程度保てなければね、じゃ何でやるんだといったときにね、物すごく暑い日もあるかもしれないですよね。だから、そこのところを整理しないと、私は賛成は賛成なんですけどね、28度にしようということができないのにね、暑いとか言われたときにどうあれするかですよね、ほかの議員さんから言われたように。だから、その辺をきちんとしておかないと。今全体的にはクールビズで、委員会はいいということになっているわけですよね。それはそれでいいんじゃないかと思うんですけどね。ちょっとそこが気になるんですけどね。



○委員長(渡辺盛君) これ一応28度でクールビズにして、28度に保って温室ガスを少なくしようというような、国からいえばそういう対策だと思うんですけど、だけどやっぱり実際問題としてですね、幅広く役所の中の構造的なものがあると。議会は特殊だと思うんですよ。周り全部囲まれちゃって、窓一つなくてですね、異様な雰囲気というか、異様な構造になっていますから、28度に設定できないんだったらですね、できるなら施設というか設備、設備というとクーラーですね、空調関係、それ見直してくださいよ、28度に設定できるように。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 28度だとですね、恐らくネクタイ外しても暑くていられない状況になると。



○委員長(渡辺盛君) じゃ、そこのとこはね、私どもも考えて28度にすれば一番いいんでしょうけど、やっぱり過ごしやすいような環境の中で……

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) きょうなんかも気温がちょっと低くて、中には足腰が痛い方もいらっしゃるようで、余り低くなってもあれだし、やっぱり人間ですから、感覚がどうしても差が出ちゃうというのはあると思うんですけど、例えば議会事務局で今やっているように、現状の中でも扇風機みたいなのを要所要所に上向けて回すようなことをやるとか、何かしらそういうすぐ空調にどうのこうのって何かできるような方策があれば、そういうこともあわせてやったらいいんじゃないかと思うんですけど。



◆副議長(露?信夫君) 別の部屋は調節できるの。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 調整できます。あれが28度です、今。



○委員長(渡辺盛君) 余談になっちゃうけど、本会議場の空調設備の装置というのはもう耐用年数切れているんだよな。あんな古いの使っているところないよね。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) それとですね、議場全体がですね、ちょうど真ん中の席、ちょうど石井議員さんなんかが座っている、あの後ろに吸引口があるんですよ。だから、真ん中が寒くて、両サイドはそうでもない。それと、前と後ろも違うと。今の空調と違ってですね、完全に局所的に差があるから、極端に寒いとか暑いとかって、そういう現状も起きていてですね、先ほど篠?委員さんがおっしゃいましたとおり、扇風機でもう少し回してみたらどうかという案もですね、去年検討してみたんですが、あの上で扇風機回すとですね、テーブルの上に資料とかなんかたくさんありますので、それもどうかなと。



◆委員(鈴木勇君) いろいろ意見が出ているんですけど、省エネということで田邊さんが言っているのと、本来ならば28度ということの中で省エネのクールビズですよというのは建前だと思うんですよ。中はね、28度でぴったり、やっぱり適温の中でね、クールビズならクールビズで、上中下ってあるんだから、高温、中温、低温って、そこで調整してもらうことと、あと委員長が今言ったように、クールビズでもいいよ、ネクタイでもいいよって一言言っていたんだけど、その辺ね、クールビズでもいい、ネクタイでもいい、何でもいいってなるとばらばらだよね。ばらばらでいいのか。また、クールビズにすれば、柄もあるし、いろんなのがあるから、そんなのはまちまちでいいのかね。上着は着てきて、ネクタイしているのはネクタイ、それはそれでばらばらというのもどうかなというふうに思うんだけど、その辺、委員長、みんなに相談してみてください。



○委員長(渡辺盛君) というのはね、一律だったらば一番いいんですけど、申し合わせでこういったことを決めてもですね、絶対的なことじゃないわけですよ。



◆委員(田邊恒生君) じゃ、市原市さんと木更津市さんはやっているというんだけど、そこのクーラーはどうなっているんですか。ちゃんと設定できるようになっているの。私はね、やっぱりそこがあれでないと、幾らクールビズとかなんとか言ってもですね、何か意味ないしね、なおかついろいろばらばらになっちゃってね、やるんだったらきちんとそこまでやらないとね。



○委員長(渡辺盛君) 予算で早急に。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 手をかけるってことになると、この旧庁舎をどうするかということでですね、ことし検討調査をやられていますので、このまま使うのかね、その辺の検討結果を……



○委員長(渡辺盛君) クールビズでやるということは、電気いっぱい使わない、熱いっぱい出さないということだから、あのぼろ機械でやっていれば、幾ら調整したって何したって逆行してるんですから。



◎総務部長(大野与一君) 建物の関係ですけども、耐震はうちの方は余りないということで、建てかえるか、わかっていると思うんですけども、耐震整備するかですね、設備をするか建て直さなければいけないのかどうかという調査を今ちょうど業者が決まってこれから委託をする。まだ業者は決まっていないんですけども、これから入札になると思うんですけどね、それを今やっている最中なんで、多分これからもつとは考えられませんので、建てかえの方向にはなるんじゃないかと思いますけど、ちょっとそういう状況なんで、ここで冷暖房設備というと、あの部屋だけというわけにいかないと思います。全体で電気関係とか配管関係がありますので。



○委員長(渡辺盛君) じゃ、何年ぐらいになる。2年ぐらいですか。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 結果が出るのは今年度中で、それからどうしようかという話になると思います。



○委員長(渡辺盛君) わかりました。

  じゃ、一応ですね、クールビズはやらせてもらうことにして、強制というか、全部ネクタイやったらいけないよということじゃなくてですね、ネクタイしたい方はしてもいいというか、おかしい話になるんですけど、そういった形でどうでしょうかね。



◆委員(林弥雄君) 上着は自由なの。



○委員長(渡辺盛君) 背広というかね、背広のあれじゃなくても別に……



◆委員(鈴木勇君) ブレザーでもいい。



○委員長(渡辺盛君) ブレザーというか、余り派手なやつじゃなくて、議会に、自分で判断してですね……



◆委員(鈴木勇君) 通常のやつだ。



○委員長(渡辺盛君) 通常のやつですね。



◆委員(田邊恒生君) じゃ、委員長、あれですね。今の話聞くと、要はクールビズじゃないですね。要はもう自由にやってくださいと。というのはね、暑いとこもあれば寒いとこもあるという議場の中でね、クールビズということは言えないですよね。



◆副委員長(神?寛君) 皆さんのお話を聞いたんですけれど、現状はこのままですよね。ずっとね。機械直っていないから。ということは、今までどおりでいいんじゃないですか、クールビズをするなら。



◆委員(田邊恒生君) 今議会でもね、本会議やるのはもう一回なわけですよ。いつからやるのか知りませんけどね、来年からになるんでしょう。9月議会はもうないでしょうから。



○委員長(渡辺盛君) ここでやるって決まればですね、全協で25日に話して、9月から……



◆委員(田邊恒生君) わかるけど、今強制じゃないって言っていたんだけど、そこまでしてね、今ここでいろいろ議員としての服装、ネクタイをしないということも含めてね、する必要性があるのかなと思うんですけど。



○委員長(渡辺盛君) 今、クールビズ、クールビズってみんなね、今度やるっていうから、うちの方もやらないわけにはいかないから。



◆委員(田邊恒生君) それは、やっぱり温度は何度にするからね、だからこうするんですよという話が皆さんにないと、話としてはおかしいですよね。



◆委員(林弥雄君) 手持ちの寒暖計で大体温度というのはわかるんじゃないですか。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) 冷房を切るのが24度、暑いと言う人が大体26度です。私の席のところでは。



◆委員(鈴木勇君) 委員長はね、クールビズで、あと何回もない本会議だけども、クールビズでやってみようというようなことで委員長は提案してるんだから、それで委員長がネクタイする人はネクタイやってもいいんじゃないかというふうにしているからね、委員長の言うとおりでいいんじゃないですか。



○委員長(渡辺盛君) だから、クールビズということですよね。



◆委員(鈴木勇君) 基本はクールビズだということで。



○委員長(渡辺盛君) あとは、自分の判断でやるということでお願いしたいと思うんですけど、いいですか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) じゃ、そういうことでひとつよろしくお願いいたします。

  次に、第3のその他でございますけど、委員の皆様方、執行部、事務局、何かございますか。

  片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 一般質問がですね、今回10人ということで、4、4、2ということでやりましたよね。一応聞いている方もですね、それと答弁する執行部の方にしてもですね、午前中2人、午後2人というのはね、非常に聞きやすいとか、あるいは座ってもですね、そんなに疲れないとかという問題があります。ですから、1日4人ぐらいというのがね、非常に我々も快適というかね、きちんと聞けるというか、そういうものが集中できるんですね。ですから、4人体制というのはどうかなと、今回ずっと見ていてちょっと感じたんですけど、これが午後3人までになってくると、正直言って聞くことはできますよね。だけど、執行部の人も答弁がずっと10時から5時ぐらいまでかかるということで、かなりハードじゃないかなって思うんですけど、我々も座ってね、聞いているのにも、できれば午後2人ぐらいがですね、非常に聞きやすいなと思うんですけど、その辺はどうかなと思いましてですね、ちょっと提案させていただきたいと思います。



○委員長(渡辺盛君) 今片倉さんの1日4人、午前中2人、午後2人という提案なんですけど、委員の皆さん、どう思うということじゃなくてですね、人数というか、もし一般質問やる人が多い場合、また日程は後で決まるんですけど、今のところは10人ぐらいで推移していますけど……



◆委員(片倉憲太郎君) 10人で3日間。



○委員長(渡辺盛君) 3日というと、1日目が午後3人になっちゃう場合がある。そうなる場合も……



◆委員(片倉憲太郎君) それはだから平均してもらえれば。



○委員長(渡辺盛君) じゃ、高吉次長、その辺を念頭に入れて考えて議運の方に提案というかね、議運の方にあれしていただけると思うので。



◎議会事務局次長(高吉文夫君) ただ、人数が上回る場合は御了解いただくということであれば大丈夫だと思います。



○委員長(渡辺盛君) 1人ぐらいの人数の増だったらいいんですけど、いっぱいだったらやっぱり話さなくちゃいけない部分が出てくると思うんですけど、その辺を頭の中に入れておくようにお願いいたします。

  ほかにございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(渡辺盛君) それでは、これをもちまして議会運営委員会を終了させていただきます。

  慎重なる御審議、大変御苦労さまでした。

              閉会  午後1時50分





本日の会議に付した事件
 1.開  会(委員長あいさつ)
 2.議長あいさつ
 3.議  件
  (1) 平成19年第4回(6月招集)袖ケ浦市議会定例会の運営について
  (2) 本会議場でのクールビズについて
  (3) その他
 4.閉  会

出 席 委 員
 委  員  長  渡辺  盛 君
 副 委 員 長  神?  寛 君
 議     長  田村 満廣 君
 委     員
  片倉 憲太郎君    田邊 恒生 君    小野 光正 君
  篠? 典之 君    林  弥雄 君    鈴木  勇 君

欠 席 委 員
 な   し

委員外議員
 副  議  長  露? 信夫 君

出席説明者
 総 務 部 長  大野 与一 君    総 務 部 次 長  礒貝 弘一 君

出席事務局職員
 議 会 事務局長  阿津 光夫 君    議会事務局次長  高吉 文夫 君
 議会事務局主査  斉藤 明博 君