議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 袖ケ浦市

平成18年 第5回 定例会(12月招集) 12月01日−議案説明−01号




平成18年 第5回 定例会(12月招集) − 12月01日−議案説明−01号







平成18年 第5回 定例会(12月招集)





             平成18年第5回(12月招集)
            袖ケ浦市議会定例会会議録(第1号)

平成18年12月1日
現在議員は23名で次のとおり
      1番  片 倉 憲太郎 君      2番  神 ?   寛 君
      3番  田 邊 恒 生 君      5番  塚 本 幸 子 君
      6番  鈴 木 喜久男 君      7番  立 原   勇 君
      8番  福 原 孝 彦 君      9番  遠 山   修 君
     10番  小 野 光 正 君     11番  露 ? 信 夫 君
     12番  篠 ? 典 之 君     13番  岡 田   實 君
     14番  林   弥 雄 君     15番  渡 辺   盛 君
     16番  出 口   清 君     17番  田 村 満 廣 君
     18番  関   政 彦 君     19番  江野澤 吉 克 君
     20番  石 井 俊 夫 君     22番  鈴 木   勇 君
     23番  秋 葉 光 枝 君     24番  近 藤 利 勝 君
     25番  榊 原 靖 夫 君
                                      
      議事日程
議事日程(第1号)
 平成18年12月1日(金) 午前10時開会
日程第 1 会議録署名議員の指名                             
日程第 2 会期の決定                                  
日程第 3 議案第1号ないし議案第23号                         
                               (提案理由の説明・補足説明)
日程第 4 陳情第29号ないし陳情第31号                        
                                      (委員会付託)
日程第 5 休会について                                 




                       〇                



△教育委員会委員長あいさつ



○議長(江野澤吉克君) 皆さんおはようございます。議員の皆さんに御紹介申し上げます。

 12月1日付にて教育委員会委員長に國廣隆紀君が就任いたしましたので、御紹介いたします。

               (教育委員会委員長、自席であいさつ)

                       〇                



△開会

               平成18年12月1日 午前10時00分開会



○議長(江野澤吉克君) ただいまの出席議員は22名でございます。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 これより平成18年第5回袖ケ浦市議会定例会を開会いたします。

                       〇                



△開議

                     午前10時00分 開議



○議長(江野澤吉克君) 直ちに本日の会議を開きます。

                       〇                



△諸般の報告



○議長(江野澤吉克君) 日程に入る前に、諸般の報告を申し上げます。

 14番、林弥雄君から本日欠席届が提出されておりますので、御報告いたします。

 議長の出席要求に対する出席者は、お手元の印刷物のとおりでございます。

 次に、監査委員から10月分の例月出納検査の報告がありました。お手元に配布の印刷物のとおりでございます。御了承願います。

 次に、各種会議につきましては、お手元に配布いたしました印刷物のとおりでございます。御了承願います。

 次に、県南12市議会議長会議員研修会の議員派遣につきましては、お手元に配布いたしました報告書の印刷物のとおりでございます。御了承願います。

 なお、ただいま報告いたしました案件の詳細につきましては、議会事務局でごらんいただきたいと思います。

                       〇                



△会議録署名議員の指名



○議長(江野澤吉克君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、16番・出口清君、17番・田村満廣君、18番・関政彦君、以上の3名を指名いたします。

                       〇                



△会期の決定



○議長(江野澤吉克君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、議会運営委員会において御協議を願いまして、本日から12月19日までの19日間という答申がございますが、これに御異議ございませんか。

               (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(江野澤吉克君) 異議ないものと認めます。

 よって、会期は本日から12月19日までの19日間と決定いたしました。

                       〇                



△諸般の報告



○議長(江野澤吉克君) 市長から議案の送付があり、これを受理いたしましたので、報告いたします。

 なお、議案につきましては、お手元に配布のとおりでございます。

                       〇                



△議案第1号ないし議案第23号(提案理由の説明・補足説明)



○議長(江野澤吉克君) 日程第3、議案第1号ないし議案第23号を一括議題といたします。

 なお、議案の朗読につきましては省略いたします。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長、小泉義弥君。

               (市長 小泉義弥君登壇)



◎市長(小泉義弥君) おはようございます。提案理由の説明を申し上げます。

 本日ここに、平成18年第5回袖ケ浦市議会定例会を招集し、提案の諸案件について御審議願うことといたしました。今回提案いたしました案件は、人事案件4件、条例の一部改正11件、指定管理者の指定1件、市道路線の変更1件、財産の取得1件、補正予算1件、千葉県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議1件、規約の改正の協議3件の計23件であります。以下、その概要を御説明いたします。

 まず、議案第1号ないし議案第3号は、袖ケ浦市固定資産評価審査委員会委員の選任についてでありますが、議案第1号は平野政則氏が平成18年12月9日をもって任期満了となるため、同氏を再任することについて、議案第2号は細矢春吉氏が平成18年12月9日をもって任期満了となるため、同氏を再任することについて、議案第3号は進藤武氏が平成18年12月9日をもって任期満了となるため、同氏を再任することについて、それぞれ地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第4号は、教育委員会委員川島一昭氏が平成18年12月14日をもって任期満了となるため、同氏を再任することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。

 議案第5号 袖ケ浦市総合開発審議会設置条例の一部を改正する条例の制定については、総合開発審議会の組織の見直しに伴い、条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第6号 袖ケ浦市税条例の一部を改正する条例の制定については、個人市民税の納期前納付奨励金を廃止するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第7号 袖ケ浦市介護保険条例の一部を改正する条例の制定については、介護保険法の一部が改正されたことに伴い、新設された地域包括支援センター及び地域密着型サービスに関する事項を袖ケ浦市介護保険運営協議会の所掌事務とすることにより、その適正な運営を確保するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第8号ないし議案第11号は、審議会の組織の見直しに伴い、それぞれ条例の一部を改正しようとするものでありますが、議案第8号は袖ケ浦市地域医療審議会設置条例の一部を改正する条例の制定について、議案第9号は袖ケ浦市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第10号は袖ケ浦市環境条例の一部を改正する条例の制定について、議案第11号は袖ケ浦市農林業振興審議会設置条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 議案第12号 袖ケ浦バスターミナル駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、袖ケ浦バスターミナル駐車場の改修に伴い、公設駐車場としてより広く一般の利用に供することを目的として定期利用を廃止するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 議案第13号ないし議案第15号は、審議会等の組織の見直しに伴い、それぞれ条例の一部を改正しようとするものでありますが、議案第13号は袖ケ浦市公共下水道事業運営審議会条例の一部を改正する条例の制定について、議案第14号は袖ケ浦市水道事業運営委員会条例の一部を改正する条例の制定について、議案第15号は袖ケ浦市消防委員会条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 議案第16号 袖ケ浦市農畜産物直売所の指定管理者の指定については、指定管理者の指定に当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第17号 市道路線の変更については、市道川原井林線の改良整備工事の実施に伴い、路線の認定を新たに築造する道路に変更することについて、道路法第8条第2項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第18号 財産の取得については、市道川原井林線建設事業用地の取得をするに当たり、袖ケ浦市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第19号 平成18年度袖ケ浦市一般会計補正予算(第2号)については、歳入歳出それぞれ1億1,221万7,000円を追加し、総額を206億7,580万3,000円にするものであります。

 議案第20号 千葉県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議については、平成19年1月1日から千葉県後期高齢者医療広域連合規約を制定すること及び千葉県後期高齢者医療広域連合を設置することについて、地方自治法第284条第3項の規定により関係地方公共団体と協議するに当たり、同法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第21号 君津郡市広域市町村圏事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議については、地方自治法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律施行令の一部改正並びに障害者自立支援法の制定に伴い、規約の一部を改正することについて関係地方公共団体と協議するに当たり、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第22号 君津広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議については、地方自治法の一部改正に伴い規約の一部を改正することについて、関係地方公共団体と協議するに当たり、同法290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第23号 君津中央病院企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議については、地方自治法の一部改正に伴い規約の一部を改正することについて、関係地方公共団体と協議するに当たり、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上、このたび提案いたしました案件の概要について御説明いたしました。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、補足説明を求めます。

 議案第1号ないし議案第4号は、補足説明は省略します。

 議案第5号について補足説明を求めます。

 企画政策部長、稲沢良訓君。

               (企画政策部長 稲沢良訓君登壇)



◎企画政策部長(稲沢良訓君) 議案第5号、総合開発審議会設置条例の一部を改正する条例について補足の説明を申し上げます。

 この条例は、これまで袖ケ浦市総合開発審議会に参画をお願いしていた市議会議員がこの11月1日付で辞任されたことから、審議会の委員構成等について改めて検討し、今回提案させていただくものでございます。

 それでは、議案書で5ページ、それから議案参考資料の9ページの方、両方お開きいただきたいと思います。本審議会は、18人の委員で構成されておりましたが、辞任により5人減となるため、県内他市の状況を参考にいたしまして、本市の人口規模等も考慮の上、定数を15人以内といたします。また、現行の審議会委員の選出区分について、市農業委員会の委員、市教育委員会の委員という個別の選出区分を行政委員会の委員とし、公共的団体等の役員を各種団体等の役職員とすることにより幅広く柔軟な人選が行えるようになります。さらに、学識経験者に区分されていた公募による市民を新たな選出区分とするなど、今回選出区分、定数の見直しをしようとするものでございます。

 なお、議案書6ページの附則第2項に、経過措置といたしまして、現在委嘱している委員は改正後の新条例の選出区分において委嘱されたものとするみなし規定を定めております。

 また、第3項は、現在の委員の任期である平成20年3月31日までに新たに委嘱する場合は、現在委嘱している委員の任期までとするものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議くださるようお願いします。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第6号について補足説明を求めます。

 市民部長、大野与一君。

               (市民部長 大野与一君登壇)



◎市民部長(大野与一君) 議案第6号 袖ケ浦市税条例の一部を改正する条例の制定について補足の説明を申し上げます。

 議案参考資料の10ページをお開きいただきたいと思います。財政の効率的な運用を目的とした納期前納付報奨金につきましては、地方税法の適用を受けて個人市民税分と固定資産税分を市税条例と定め、交付しております。今回提案させていただきました市税条例の一部改正は、このうち個人市民税分の納期前納付報奨金を廃止しようとするものです。現在交付の適用を受けている普通徴収の納付者と交付の適用のない特別徴収による納付者間の不公平を是正しようとするものであり、市税条例第42条第2項及び第3項を削除するものであります。

 なお、この条例の施行は、三位一体改革での税源移譲により両者の不公平感がさらに増大する平成19年度の個人市民税分から適用させるため、平成19年4月1日からとしております。

 以上、議案第6号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第7号及び議案第8号について補足説明を求めます。

 保健福祉部長、宮原寛充君。

               (保健福祉部長 宮原寛充君登壇)



◎保健福祉部長(宮原寛充君) 議案第7号及び8号について補足の説明を申し上げます。

 まず、議案第7号 袖ケ浦市介護保険条例の一部を改正する条例の制定につきましては、議案書10ページ、11ページ、参考資料では11ページに記載されておりますので、参考資料により御説明申し上げます。11ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。御案内のとおり、昨年6月に公布され、本年4月から施行されました改正介護保険法の規定により、新たに地域包括支援センター及び地域密着型サービス制度が制定されたところであります。これを受けまして、本市におきましても平成19年度を目途に地域包括支援センターの設置及び地域密着型サービス実施事業所の誘致を図るため準備を進めておりますが、包括センター及びサービスの運営について介護保険の被保険者や有識者等の意見の反映をするため、必要な方策を講じることが想定されております。このことから、介護保険事業の運営に関する事項全般を審議する機関として既に設置してございます介護保険運営協議会の所掌事務に新たに地域包括センターの設置及び運営に関する事項並びに地域密着型サービスの指定等に関する事項を加え、これらの適切な運営を図るため、所要の改正を行おうとするものでございます。具体的に申し上げますと、第10条の3中第3号及び第4号としてそれぞれの事項を追加するものでございます。

 続きまして、議案第8号 袖ケ浦市地域医療審議会設置条例の一部を改正する条例の制定につきましては、議案書12ページ、13ページ、議案参考資料12ページに記載されておりますが、議案参考資料で御説明いたします。12ページ、設置条例新旧対照表をごらんいただきたいと思います。この条例は、これまで袖ケ浦市地域医療審議会に参画をお願いしていました市議会議員がこの11月1日で辞職されましたことから、同条例第3条に規定する審議会委員の定数と選出区分を改正しようとするものでございます。第3条第1項の委員定数を12名から10名に改正し、同条第2項第1号を削除するものでございます。

 以上、議案第7号及び第8号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第9号ないし議案第11号について補足説明を求めます。

 環境経済部長、森茂隆君。

               (環境経済部長 森 茂隆君登壇)



◎環境経済部長(森茂隆君) 議案第9号ないし議案第11号について補足の御説明申し上げます。

 今回の各議案における条例の一部改正につきましては、それぞれの条例の規定でございます各審議会の委員のうち議会選出委員の辞任に伴いまして、それぞれの条例の一部を改正しようとするものでございます。

 議案参考資料の13ページをお開きください。議案第9号 袖ケ浦市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、条例第11条第1項の委員定数15人以内を13人以内と改め、同条第2項の委員の選出区分(1)の市議会議員を削除するものです。

 次に、14ページをお開きください。議案第10号 袖ケ浦市環境条例の一部を改正する条例の制定につきましては、条例第53条の委員定数17人以内を14人以内と改めるものです。

 次に、15ページをごらんください。議案第11号 袖ケ浦市農林業振興審議会設置条例の一部を改正する条例の制定につきましては、条例第4条の委員定数22人を20人に改め、同条第2項の委員の選出区分(1)、市議会議員2人を削除するものです。

 以上、簡単でございますが、補足の説明にかえさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第12号及び議案第13号について補足説明を求めます。

 都市部長、望月照也君。

               (都市部長 望月照也君登壇)



◎都市部長(望月照也君) まず、議案第12号 袖ケ浦バスターミナル駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の補足説明を申し上げます。

 議案書20ページから21ページ及び議案参考資料の16ページをごらんいただきたいと思います。現行の第10条第2項では、駐車料金は普通駐車料金、定期駐車料金及び紛失清算料金と規定されておりますが、このうち定期駐車料金を削るものであります。

 袖ケ浦バスターミナルにつきましては、平成19年度に高速バスの発着がスムーズできるように昇降場所の増設や利用者の安全性の確保と利便性の向上を図るため、一般送迎者やタクシーの待機場所などを新設します。この改修工事に伴い、既存の駐車場の収容台数が約半減することから、周辺の民間駐車場の利用状況及び整備計画を勘案した中で、バスターミナル駐車場の定期利用を廃止し、公設の駐車場としてより広く一般の利用に供するため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 なお、この条例は、平成19年6月1日から施行するものですが、別表中備考3を削ることについては、1回の申請による定期駐車の最長期間を3カ月と定めておりますので、定期利用を5月末で終了させるため、平成19年3月1日から施行するものでございます。よろしく御審議くださるようお願いいたします。

 次に、議案第13号 袖ケ浦市公共下水道事業運営審議会条例の一部を改正する条例の制定について補足の説明を申し上げます。この条例は、これまで袖ケ浦市公共下水道事業運営審議会に参画をお願いしていた市議会議員の辞任に伴い、審議会の委員構成について改めて検討し、今回提案させていただくものでございます。

 それでは、議案書の22から23ページと議案参考資料の17ページをごらんいただきたいと思います。その変更内容について御説明いたします。今まで下水道事業運営審議会は、10人の委員で組織しておりましたが、行政改革の観点から組織の合理化を図りまして、委員の構成につきましては市議会議員2名を減じまして、今後は受益者及び使用者4名、学識経験者4名の合わせて8人の委員で組織しようとするものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行するものでございます。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第14号について補足説明を求めます。

 水道事業管理者、染谷勝君。

               (水道事業管理者 染谷 勝君登壇)



◎水道事業管理者(染谷勝君) 議案第14号 袖ケ浦市水道事業運営委員会条例の一部を改正する条例の制定について補足の説明を申し上げます。

 この条例は、ほかの改正条例と同じように袖ケ浦市水道事業運営委員会に参画をお願いいたしておりました市会議員の辞任に伴いまして、運営委員会の委員の構成について改めて検討し、今回提案させていただくものでございます。

 それでは、議案書の25ページ、議案参考資料の18ページ、19ページをごらんいただきたいと存じます。まず、第1条におきまして、現行の定員10名から議員選出区分の2名を減員しようとするものであります。また、第2条におきましては、現行の選出区分である受益者及び公益的団体の委員をそれぞれ水道使用者及び学識経験者に改め、よりわかりやすい表現にしようとするものであります。

 なお、附則につきましては、まず第1条は公布の日から、また第2条は現委員の任期満了である平成19年11月3日からそれぞれ施行しようとするものであります。

 以上、補足の説明をさせていただきました。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第15号について補足説明を求めます。

 消防長、花澤秀雄君。

               (消防長 花澤秀雄君登壇)



◎消防長(花澤秀雄君) 議案第15号 袖ケ浦市消防委員会条例の一部を改正する条例の制定について補足の説明を申し上げます。

 この条例は、これまで袖ケ浦市消防委員会に参画をお願いしていた市議会議員の辞任に伴い、委員会の委員構成について改めて検討し、今回提案させていただくものでございます。

 議案参考資料の20ページをお開きください。本委員会は、消防本部、消防署及び消防団に関する重要事項を調査審議するものでございます。消防は、施設及び人員を活用して市民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災または地震等の災害を防除し、災害による被害を軽減することでございます。しかし、消防を取り巻く環境は複雑多様化しており、震災や水害などによる大規模災害発生時には常備消防だけでは地域住民の安全を確保することが難しく、地域に密接した自治会の皆様方が自らの地域は自らが守るという考えのもと、災害に対応していかなければなりません。今回の一部改正により自治会の代表者3名を新たに委員に委嘱し、幅広い御意見、御提言をいただくべく一部改正をするものでございます。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第16号について補足説明を求めます。

 環境経済部長、森茂隆君。

               (環境経済部長 森 茂隆君登壇)



◎環境経済部長(森茂隆君) 議案第16号 袖ケ浦市農畜産物直売所の指定管理者の指定について補足の御説明を申し上げます。

 議案書の28ページをお開きください。袖ケ浦市農畜産物直売所の指定管理者の指定につきましては、袖ケ浦市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例第2条に基づき指定管理者になろうとするものを公募しましたところ、1団体より申請がございました。この1団体より提出されました事業計画内容について、袖ケ浦市公の施設の指定管理者候補者選定委員会で審議した結果、申請団体である君津市農業協同組合が指定管理者の候補者として選定されたとこでございます。したがいまして、袖ケ浦市農畜産物直売所の指定管理者については、君津市農業協同組合を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 なお、指定の期間といたしましては、平成19年4月1日より平成24年3月31日までの5年間とするものでございます。

 以上、簡単でございますが、補足の説明にかえさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第17号及び議案第18号について補足説明を求めます。

 土木部長、山口幹雄君。

               (土木部長 山口幹雄君登壇)



◎土木部長(山口幹雄君) それでは、議案第17号及び議案第18号につきまして補足の説明を申し上げます。

 初めに、議案第17号 市道路線の変更について補足の説明を申し上げます。議案書の29ページと議案参考資料の21ページをお開きいただきたいと思います。今回変更いたします市道川原井林線につきましては、起点となります県道南総昭和線から終点となります国道409号線までの区間におきまして、議案第18号において御審議をいただく新たに用地を取得し、整備を行う区間がバイパス区間となるために、終点の位置の変更と幅員及び路線の延長が変更となるため、市道路線の変更を行おうとするものでございます。

 次に、議案第18号の補足の説明を申し上げます。議案第18号 財産の取得についてでございます。議案書の31ページと議案参考資料の22ページをお開き願います。市道川原井林線の整備事業につきましては、本年度の国庫補助事業としまして議案参考資料に示します区間914メートルの用地取得を行いまして、来年度から改良工事に着手しようとするものでございます。取得内容を申し上げますと、取得延長は914メーター、地権者数は31名、取得面積は1万3,774.55平方メートルでございます。地目ごとの取得面積を参考までに申し上げますと、宅地で607.11平方メートル、畑3,991.45平方メートル、田3,119.48平方メートル、雑種地105.32平方メートル、原野999.44平方メートル、山林4,951.75平方メートルでございます。以上、合計1万3,774.55平方メートルを総額3,610万1,127円で取得しようとするものでございます。

 以上、大変簡単ではございますが、議案第17号及び議案第18号の補足の説明にかえさせていただきます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第19号について補足説明を求めます。

 企画政策部長、稲沢良訓君。

               (企画政策部長 稲沢良訓君登壇)



◎企画政策部長(稲沢良訓君) 議案第19号、一般会計補正予算(第2号)について補足の説明を申し上げます。

 お手元の補正予算書5ページをお開きいただきたいと存じます。第1条で、予算額でございますが、既定の予算額に1億1,221万7,000円を追加するものでございます。

 第2条では、地方債の補正でございますが、これについては10ページと11ページをお開きください。減税補てん債の額が決定したので、増額するとともに、本年度の財源不足を補うため、借り入れを予定しておりました臨時財政対策債、これについて市税の増収によりまして財源手当てが可能となりましたので、借り入れを取りやめるものでございます。

 続きまして、歳出予算の主なものから御説明を申し上げます。24、25ページをお開きください。款2項2目2賦課徴収費、説明欄1番、過誤納還付金加算金増700万円でございますが、市税に係る還付金に不足が見込まれますので、これを増額しようとするものでございます。

 次の26、27ページをお開きください。款3項2目2児童措置費、説明欄1番、市立保育園児童措置事業増1,337万8,000円でございますが、児童の措置数が増加したことにより措置費に不足が見込まれますので、これを増額しようとするものでございます。説明欄2番から6番までは、各種児童手当でございますが、合計で1,805万円の減でございます。支給対象者の所得状況により各手当間で異動が生じたこと及び本年度から対象者が拡大されました小学校修了前特例給付事業におきまして認定者数が見込みを下回りましたので、増額またはそれぞれ減額しようとするものでございます。

 目4保育所費、説明欄2番、一般管理事業増3,009万7,000円でございますが、措置児童数の増加などから、保育士の不足が見込まれますので、賃金を増額しようとするものでございます。

 項3目2扶助費、説明欄1番、生活保護費増3,000万円でございますが、高度医療を必要とする世帯が発生しておりますので、医療扶助費に不足が見込まれることから、増額しようとするものでございます。

 次の28、29ページをお開きください。款4項1目1保健衛生総務費、説明欄1番、乳幼児医療費助成事業増1,172万7,000円でございますが、受診者数の増加が見込まれるので、これを増額しようとするものでございます。

 款6項1目3農業振興費、説明欄4番、ちばのオリジナルブランド産地づくり支援事業でございますが、県の補助事業が再編されましたので、説明欄3番、ちばブランド産地総合支援事業を減額いたしまして、新規に計上しようとするものでございます。

 次の30、31ページをお開きください。目5農地費、説明欄1番、資材支給事業増521万1,000円でございますが、本年度上半期の長雨により農道への資材支給が多く発生したところから、増額しようとするものでございます。説明欄3番、県営ため池等緊急整備事業増722万2,000円でございますが、三箇にございます光福堰の全体の補修に係る市の施行部分が増加したため、これを増額しようとするものでございます。

 以上、歳出予算の主なものについて御説明申し上げました。

 次に、歳入予算の主なものについて御説明を申し上げます。もとの方に返っていただきますが、18、19ページをお開きいただきたいと存じます。款1項1目2法人、説明欄1番、法人市民税増4億890万円でございますが、石油精製会社におきまして増益になっておりまして、当初見込みより7億円余りの増収となっております。今回の補正では、このうち4億890万円を予算措置することとし、当初予定しておりました財政調整基金からの繰り入れを2億減額するとともに、臨時財政対策債の借入額2億3,300万円を取りやめるものでございます。

 項4目1市たばこ税、説明欄1番、紙巻きたばこ減2億9,000万円でございますが、売り上げ本数が大幅な減少となっておりますことから、これを減額しようとするものでございます。

 次に、款9項1目1地方特例交付金、説明欄1番、地方特例交付金増1億7,331万5,000円でございますが、この交付金につきましてはバブル経済崩壊後の景気浮揚策といたしまして実施された市民税における定率減税、市税収入の減収分を補てんするために創設された制度でございますが、本年度分について交付額が確定したので、これを増額するものでございます。

 なお、定率減税は2カ年をかけて廃止されておりますので、この交付金につきましては来年度以降大幅に減額されてまいります。

 次に、款14項1目1民生費国庫負担金は、歳出の事業で増額いたしました生活保護費、児童手当支給に対し国の負担額を増減しようとするものでございます。

 次に、22、23ページをお開きください。款18項1目1財政調整基金繰入金、説明欄1番、財政調整基金繰入金減2億円でございますが、年度間の調整財源として繰り入れを予定しておりましたが、市税収入等の増額によりまして減額するものでございます。

 款19項1目1繰越金、説明欄1番、前年度繰越金増でございますが、平成17年度の決算におきまして9億4,846万円の繰越金が生じ、7億6,746万4,000円については既に予算措置済みでございますので、今回の補正では残りの1億8,099万6,000円を全額計上するものでございます。

 最後に、款21項1目1総務債、説明欄1番、減税補てん債増5,210万円でございますが、地方特例交付金と、これはセットとして交付を受けるものでございまして、これの方も同様の理由、内訳でございます。説明欄2番、臨時財政対策債減2億3,300万円でございますが、市民税の増収によりまして借り入れを取りやめるものでございます。

 最後に、現在まだ予算措置をしていない余裕財源と申しますか、予算外で留保しております補正財源の状況について申し上げておきますと、先ほど歳入で説明いたしました市税において法人市民税等の増加によりまして4億円、それから水道事業の老朽管布設替に対する出資について、一般財源で措置しておりましたが、これについては出資債という制度、起債、地方債が認められることになりましたので、これによりまして市債の増加見込額7,000万円、合計で現在のところ4億7,000万円余りを補正財源として持っております。この財源については、次期の補正、3月補正になりますけれども、現在議会において審議されております土地開発公社経営健全化への対応、あるいは財政調整基金の取り崩しを当初9億5,000万が今回の2億円の減額によりまして7億5,000万になっておりますけれども、さらにこれを少なくいたしまして財政調整基金をおろさなくても済むというような、そんなような運用を考えております。

 以上をもちまして補正予算の補足の説明にかえさせていただきます。

               (何事か呼ぶ者あり)



◎企画政策部長(稲沢良訓君) 1カ所先ほど私の説明の中で訂正をさせていただきます。

 予算書の27ページ、これは児童措置費の中の上の方になりますけれども、1番の市立保育園児童措置費増、これについて予算書の方に1,737万8,000円でございますが、私これを1,337万8,000円と申し上げたということでございます。これは、訂正させていただきます。申しわけありません。

 以上でございます。よろしく御審議くださるようお願いいたします。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第20号について補足説明を求めます。

 市民部長、大野与一君。

               (市民部長 大野与一君登壇)



◎市民部長(大野与一君) 議案第20号 千葉県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議について補足の説明をさせていただきます。

 議案書33ページ、議案参考資料23、24ページでございますが、議案書により説明をさせていただきます。33ページをお開きいただきたいと思います。まず、本定例会に規約を提案いたします趣旨、目的でございますが、医療費適正化の総合的な推進、新たな高齢者医療制度の創設及び保険者の再編統合を柱とした医療制度改革関連法が公布されたことに伴いまして、平成20年度から75歳以上の後期高齢者を対象とした後期高齢者医療制度が新たにスタートいたします。その運営主体として、千葉県内全市町村が加入する千葉県後期高齢者医療広域連合を平成19年1月1日に設立する予定であります。

 それでは、規約の各条文の内容を説明させていただきます。第1条から第3条は、連合会の名称、組織及び区域について規定しております。

 第4条は、広域連合の処理する事務及び市町村の事務について規定しております。

 第5条は、広域連合が作成する広域計画の項目について規定しております。

 34、35ページをごらんください。第6条は、広域連合の事務所の位置について規定しております。

 第7条から第10条は、広域連合議会の組織の関係であります。議員の定数、選出方法、任期及び議長、副議長の選出方法について規定してございます。

 第11条から第13条は、広域連合執行機関の組織の関係であります。広域連合長、副連合長及び会計管理者を置くこと、またその選任方法と任期について規定しております。

 第14条は、広域連合の執行機関を補助する職員を置くことについて規定しております。

 第15条、第16条は、広域連合の選挙管理委員会及び監査委員の人数、選任の方法、任期について規定しております。

 36、37ページをごらんください。第17条は、広域連合の重要事項を審議する協議会の設置について規定しております。

 第18条は、広域連合の経費に充てる収入について規定しております。

 第19条は、補則でございますが、この規約の施行に関し必要な事項は規則で定めることを規定しております。

 最後に、附則でございますが、1項では施行期日を定めており、この規約は、平成19年1月1日から施行します。ただし、広域連合に会計管理者を置くことの規定は同年4月1日から、広域連合及び市町村事務に関する規定は平成20年4月1日からの施行となります。

 2項から4項までは、経過措置を定めております。

 また、別表第1は第4条に関する市町村の事務内容を規定し、別表第2は第18条に関する市町村の経費の負担について規定しております。

 以上で議案第20号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議のほどをお願いいたします。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第21号及び議案第22号について補足説明を求めます。

 企画政策部長、稲沢良訓君。

               (企画政策部長 稲沢良訓君登壇)



◎企画政策部長(稲沢良訓君) 議案第21号及び第22号につきまして補足の説明を申し上げます。

 まず、議案第21号、広域市町村圏事務組合の規約の一部を改正する規約でございますが、初めにこちらの方は議案書の38ページ、議案参考資料では25ページの新旧対照表、こちらの方をお開きください。初めに、第4条第8号でございますが、これは障害者自立支援法の制定に伴い、これまでの社会福祉施設が障害者支援施設という名称に改められたことから、条項を整理するものでございます。

 次に、第6条から第9条でございますが、これは地方自治法の一部改正に伴い、助役にかえて副市町村長を置き、収入役を廃止し、会計管理者を置くとともに、吏員とその他の職員の区分を廃止するものとされたことから、該当するものを改正するものでございます。

 次に、第9条の3でございますが、これは地方教育行政の組織及び運営に関する法律施行令の改正に伴う条項のずれに対応するための改正でございます。

 施行期日でございますが、第6条から第9条までの改正規定は平成19年4月1日から、その他は知事の許可のあった日からとなっております。

 続きまして、議案第22号、広域水道企業団規約の改正でございますが、議案書の40ページ、それから議案参考資料28ページの新旧対照表の方をお開きください。第5条、第6条及び第8条でございますが、地方自治法の改正に伴いまして助役にかえて副市町村長を置き、吏員とその他の職員の区分を廃止するものとされたことから、該当する部分を改正するものでございます。

 なお、施行期日は、総務大臣から許可のあった日からとなっております。

 以上で議案第21号及び第22号の補足説明とさせていただきます。よろしく御審議くださるようお願いいたします。



○議長(江野澤吉克君) 次に、議案第23号について補足説明を求めます。

 保健福祉部長、宮原寛充君。

               (保健福祉部長 宮原寛充君登壇)



◎保健福祉部長(宮原寛充君) 議案第23号 君津中央病院企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について補足の説明を申し上げます。

 この協議は、地方自治法の一部を改正する法律により平成19年4月1日から君津中央病院企業団規約の一部を改正するため、同法第286条第1項及び同法第290条の規定により協議がありましたので、その内容について御説明を申し上げます。

 議案書42ページ、43ページ、議案参考資料では29ページに記載されておりますが、議案参考資料で御説明申し上げます。29ページ、企業団規約の新旧対照表をごらんいただきたいと思います。規約第6条第2項、助役(助役が複数の場合は関係市の長の指定する者とする。)を副市長(副市長が欠けたときは当該市の長の指定する者とし、副市長が2人以上置かれているときは当該市の長が指定する副市長とする。)で、各1人に改正し、同規約第9条第1項の吏員その他の職員を職員に改正するものであります。

 なお、本件につきましては、18年11月22日付で君津中央病院企業団と県との間で規約の変更について事前協議が調っております。

 以上、議案第23号 君津中央病院企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について補足説明とさせていただきます。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。

                       〇                



△諸般の報告



○議長(江野澤吉克君) 陳情4件を受理いたしましたので、御報告いたします。

 なお、陳情につきましては、お手元に配布のとおりでございます。

                       〇                



△陳情第29号ないし陳情第31号(委員会付託)



○議長(江野澤吉克君) 日程第4、陳情第29号ないし陳情第31号を議題といたします。

 陳情第29号ないし陳情第31号については、お手元に配布の請願・陳情文書表に記載した常任委員会に審査を付託いたします。

 なお、陳情第32号は委員会付託を省略いたします。

                       〇                



△休会について



○議長(江野澤吉克君) 日程第5、休会についてを議題といたします。

 お諮りいたしますが、12月2日から5日は休日及び議案調査のため休会といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

               (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(江野澤吉克君) 御異議ないものと認めます。

 よって、12月2日から5日は休会することに決定いたしました。

                       〇                



△散会



○議長(江野澤吉克君) 以上をもちまして、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 12月6日は定刻より会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

 御苦労さまでございました。

                     午前11時01分 散会





       本日の会議に付した事件
1.会議録署名議員の指名
2.会期の決定
3.議案第1号ないし議案第23号
4.陳情第29号ないし陳情第31号
5.休会について
                                      
       出席議員
議 長(19番)      江 野 澤  吉  克  君
副議長(11番)      露  ?  信  夫  君
議 員
      1番  片 倉 憲太郎 君      2番  神 ?   寛 君
      3番  田 邊 恒 生 君      5番  塚 本 幸 子 君
      6番  鈴 木 喜久男 君      7番  立 原   勇 君
      8番  福 原 孝 彦 君      9番  遠 山   修 君
     10番  小 野 光 正 君     12番  篠 ? 典 之 君
     13番  岡 田   實 君     15番  渡 辺   盛 君
     16番  出 口   清 君     17番  田 村 満 廣 君
     18番  関   政 彦 君     20番  石 井 俊 夫 君
     22番  鈴 木   勇 君     23番  秋 葉 光 枝 君
     24番  近 藤 利 勝 君     25番  榊 原 靖 夫 君
                                      
       欠席議員
     14番  林   弥 雄 君
                                      
       出席説明者
      市  長  小 泉 義 弥 君   助  役  伊 藤 彰 正 君
      収 入 役  在 原 和 興 君   教 育 長  三 上 雄 亮 君
      水道事業              代  表
            染 谷   勝 君         石 井   宏 君
      管 理 者              監査委員
      教  育              選挙管理
      委 員 会  國 廣 隆 紀 君   委 員 会  鈴 木 六 郎 君
      委 員 長              委 員 長
      農  業
                        企画政策
      委 員 会  杉 浦   正 君         稲 沢 良 訓 君
                        部  長
      会  長
      総務部長  近 藤 浩 之 君   市民部長  大 野 与 一 君
      保健福祉              環境経済
            宮 原 寛 充 君         森   茂 隆 君
      部  長              部  長
      土木部長  山 口 幹 雄 君   都市部長  望 月 照 也 君
      消 防 長  花 澤 秀 雄 君   教育部長  尾 ? 文 男 君
      総 務 部
            阿 津 光 夫 君
      次  長
                                      
       出席事務局職員
      事務局長  福 本   通 君   次  長  高 吉 文 夫 君
      主  査  斉 藤 明 博 君