議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 袖ケ浦市

平成18年  決算審査特別委員会 09月22日−議案審議、討論、採決−02号




平成18年  決算審査特別委員会 − 09月22日−議案審議、討論、採決−02号







平成18年  決算審査特別委員会







               決算審査特別委員会会議録

                                  平成18年9月22日(金)

                                  議会委員会室     

              開会  午前10時00分



○委員長(露?信夫君) それでは、本日決算委員会2日目ということで、委員の皆さん、また職員の皆さん、大変御苦労さまでございます。

  なお、決算委員会は予算に対しての執行状況また費用対効果等でございますので、議員必携にありますように、よくそれに沿って質問を願いたいと。また、早く終わるということは委員の皆様よく認識しておると、また逆に言えばわからないのか、そのどっちかでありますので、その点含めまして、よろしく進行がスムーズにいきますように御協力を賜りたいと、このように思います。

  それでは、ただいまの出席委員は12名でございます。したがいまして、定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

  直ちに本日の会議を開きます。

  お諮りいたします。本日、代表監査委員、石井宏君、監査委員、田村満廣君から傍聴の申し出がございます。これを許可したいと思いますが、御異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 異議ないものと認め、傍聴を許可することに決定いたしました。

  昨21日に引き続き、認定第1号中、平成17年度袖ケ浦市一般会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  初めに、歳出第9款及び歳出第10款並びにその関連歳入に対する質疑をお受けいたします。

  なお、質疑をする際には、決算書の何ページであるか、目、節、備考というように言った上で質疑をくださるよう御協力をお願いいたします。また、1回の質疑事項は2項目までといたしますので、御了承をお願いいたします。

  それでは、質疑をお受けいたします。

  立原委員。



◆委員(立原勇君) おはようございます。

  決算書の126ページ、消防費の目1番、常備消防費の中で福利厚生費2,297万、これ昨年より3倍近くの増加になっているんですが、増加理由とこの内訳を説明していただきたいと思います。

  それから、もう一つ、その次の128ページ、目3消防施設費、備考の1番の防火水槽構造事業962万、これは説明書の中にも事業内容については説明があるんですが、これの設置基準と現在設置されている状況と設置基準とのずれがあるのかどうかですね。あわせて、要望されている水槽の箇所が、処理されていないのがあるのかどうかですね、その辺の状況について説明をお願いします。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 初めに、防火水槽の方からお答え申し上げます。

  防火水槽、まず初めに施策の成果の270ページに目を移していただきたいと思います。まず、現在防火水槽は100トンと60トンと40トンと大きく分けられるわけですが、それが今現在243基ございます。そして、消防本部では基準といいますとおおむね10戸まとまった地域で、消防力の整備指針の基準からいう140メーター区画のエリアがカバーできないところの中で10戸あればやっていきたいというふうに考えております。これが今現在243基と申し上げましたけども、今期では消防本部自体は343基、ですから約100基ぐらいは必要な箇所があるんじゃないかというふうに把握しています。それは市街化区域と準市街化区域のエリアの中です。なおかつおおむね10戸以上をピックアップしていきますと、消防本部としては用地が確保できれば37カ所ぐらいは現時点で設置していきたいというふうに考えています。そして、今その140メーター区画のエリアというのは、消火栓とか消防にとっていろいろ河川とか、そういった自然水利がありますけども、そういった水利のないエリアというふうに御理解をいただければというふうに思っております。

  続いて、福利厚生事業の関係ですが、主に増減につきまして申し上げますと、これは隊員のB型肝炎とか、そういったものでございます。主な増につきましては、今年度防火衣を、防火服を購入しましたので、その関係で増になっております。

  以上でございます。



○委員長(露?信夫君) 立原委員。



◆委員(立原勇君) 防火水槽の方ですけれども、設置基準があって、水利の便の悪いところで140平米エリアですか、この基準でいくと100戸近くが足りない状況の中で、39基ぐらいは今後設置をするというふうに理解できるんですけれども、この37基の設置予定といいますか、どういう考えでこれを達成しようとしているのか、お聞かせいただきたいと思います。

  それと、あと先ほど質問すればよかったんですが、この設置基準にかかわらずですね、件数も10戸以内であるという中で、どうしても欲しいという、そういう地元の要望みたいのが出されている状況があるのかどうかですね、それをお聞きしたいと思います。

  ちょっと続けていきますので、福利厚生費の方で防火服を購入ということなんですが、これは制服の方の別の項目があるんですけれども、そちらの方とは別の項目になるんでしょうか。かなり金額が大きいものですから、予防接種だとか防火服だけでこの2,200万という金額になるのかどうかですね、内訳をもう少し説明してほしいんですけど。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 初めに、防火水槽についてお答えします。

  先ほどの数字の中で、100カ所ぐらいのもの、これ水利がない、これは1軒の家があって、防火対象物が1件でもあればということで100件になります。それと、消防本部が見て今危ないな、ないで困るなというのが37カ所と言いました。そして、その対応といたしましては、消防本部としましては3カ年実施計画に2基ずつ計画を今後も考えていくところでございます。ちなみに、充足率といいますか、水利の充足率は現時点で89%ということでございます。

  もう一点、福利厚生の関係でございますが、防火衣が主な単年度の増ですが、隊員の制服等もこの中の予算に含まれております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 立原委員。



◆委員(立原勇君) 先ほどの数字の89%という数字はですね、あと残りが100ぐらい計算上必要だという、この数字に対して89ということになるんでしょうか。それとも、条件に書いてあるようにですね、10戸以上のまとまったところで水利の便の悪いところと、140と、こういうのに絞った比率が89ということなんでしょうか、89がちょっと大き過ぎるような気がするんですけども。充足率89ですね、これの計算の分子と分母を教えてください。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) これは非常に複雑な説明になりますので、まず水利というのは自然水利、皆さんが頭に描くのは河川、池、海、そういうものがあります。その水利は、消防本部で毎年というか3年に1度消防力の整備指針の調査がございます。そのときに防火水槽も消火栓も河川もプールも池も海もカウントしますと、今年度は1,590という消防が活用できるだろうというものがあります。そして、水利の今度は充足率の計算になりますと、現時点では先ほど申し上げました140メーター区画を升に切っていって、そうするとその中には先ほど言いました1,590のポイントでも、消火栓が140メーターの区画の中に既に三つもあるようなものについてはカウントされていかなくなります。そうなると、現時点では防火水槽はそのまま234で計算し、消火栓は1,312基ありますが、そういう消防力の整備指針の140メーターの区画で整理してくると332のポイントです。そして、河川とか池とか、そういったものを活用できるというのが43で、609という数字が出てきます。そして、袖ケ浦の95平方キロの中に、家屋を網羅して1戸でも足りないというようなところについてカウントしていくと684、ですから水利の充足率の89%と申し上げたのは、分母が684、分子が608という数字の中にあります。そして、先ほど言った現時点で100を足りない箇所があると言ったのは、消防本部でそういう中でなおかつまた絞ってきて、これは1戸でも先ほど言った分母については防火対象物があるものはカウントしていっちゃいますから、それをやっていたらいけないので、消防本部としてはおおむね10戸当たりをこう計算し、市街化区域の準市街地ですか、そういうところのエリアをやってくると37ぐらいは必要じゃないかと、そういう計算になります。どうも長くなりました。



○委員長(露?信夫君) よろしいですか。ほかに質疑はございませんか。

          (「福利厚生」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 福利厚生の。



◎消防次長(森義臣君) お答え申し上げます。

  福利厚生の内訳につきましては、まず職員の被服関係で、それとあと署の寝具、炊事関係、これが500万ぐらいです。あと職員の医療材料、これは3万円程度ですが、あと救急毛布のクリーニング代、これが45万ぐらいです。その次に、職員の特殊健康診断とB型肝炎の関係で70万、防火衣の購入の関係で1,648万7,000円、あと車両を持っていますから安全運転者管理関係の3万円ぐらいの負担金です。

  以上でございます。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 2点ほど伺いたいと思います。決算書の127ページですね、説明資料の268ページですか、職員研修事業ということで16年度の対比だと149万ぐらいですね、決算額が多くなってきているわけですけど、その内容はこの説明欄にも書いてありますけど、救急救命士の2名を養成したということで、17名の救急救命士が3署の救急体制が充足したということで書いてありますけど、これは本市の世帯数に考えて、この救急救命士の場合は何名ぐらい今後必要になるかですね、どのくらい救急救命士が配置できれば、その理想の配置になるのか、その辺ちょっと教えてください。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) お答えします。

  16年度の対比で149万の差がある、これにつきましてはまず事業内容の初任科に3人ほど行っています。それは前年度はいませんでした。その初任科の関係で、1人当たり20万ほど学校へ払う経費がかかりますんで60万ぐらい、そして気管挿入、救急救命士試験受けて、またその後の研修の関係で気管挿入とかというふうな研修が約17万7,000円ぐらいです。そして、次、救急救命士のところの欄に1人ずつ東京研修所と九州研修所というのがありますけども、これが経費が大体東京研修所で1人当たりの経費が192万、それと九州に行くと交通費絡みで251万5,000円かかります。その差が約149万の差というふうに御理解いただきたいと思います。なお、東京の研修所につきましての研修日数112日、九州が114日と、大体半年ベースぐらいの間隔です。

  もう一点、救急車につきましては、救急救命士の基準的な考え方というか、消防車両には隊員が、救急車には3人乗るという基準がございます。そこに袖ケ浦の場合は3台とも高規格救急車です。救急救命士を乗せています。それと、まず本署の救急車1台、1人車を動かすには職員の休暇とか、そういったことを考えると、どうしても4人配置しないといけないと、すると救急車1台当たり、3台ありますから、三八、二十四、24人の職員が反対番、非番とあれでやっていますんで、必要になろうということで、そして高規格救急車に乗る職員は、救急救命士の資格を持ち、なおかつその後も気管挿入や薬剤投入の研修を受けた職員でなくちゃいけないと、そういうふうになりますと答えは救急車1台当たりに8人の職員が必要であるから24人というふうに考えております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、今救急救命士の役割というのは非常に多くなってきているわけですね。ですから、今後この救命士の研修ですか、職員体制の充実ですか、それを図っていかなけりゃいけないというふうに思いますので、特に市民の安全、生命ですね、預かっている部分がありますので、十分ひとつ職員の研修を積んで、実際その救急車にはすべて救命士の方が同乗されるということが非常に望ましいと思いますので、その辺はひとつよろしくお願いしたいというふうに思います。

  続いて、同じ決算書の129ページですか、説明書の269ページ、消防団活動の運営事業ということですけど、これは非常に最近は消防団員の減少といいますか、そういうことが見られますけど、本市の分団の状況、まずその辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) お答えします。

  団員は、施策の成果の69ページ、421というふうになっていますが、これは平成17年度の在籍の数字を落としています。そして、この18年の4月1日の、また任期で変わった団員の数は415人というふうに掌握しております。活動内容につきましては、まずここに記載していますように、消防は火災や災害とかの警戒、そういったことを旨としますが、主に消防団員といいますと男、そして女性もあります。そういう中で、特別警戒、会議、あと操法大会とか、そういったような形で、あと秋季、春季の火災予防活動、そして分団の地域にあっては水利の点検、そういったものとか、昨年では高須地域で不審火が発生しましたので特別警戒とか、そういったものが主な活動というふうになっております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 先ほど4月1日で415名ですか、実数が。定数が467ということで、まだ若干定数に満たないということなんですけど、その辺はどんなもんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 現在定数に満たないものにつきましては、分団をよく見てみますと、1ないし2分団が消防の考えている1分団20人程度をライン引いているわけですが、それに満たない分団が2分団、二つの分団、ケアなところがございます。それにつきましては、常に非常備消防団の募集をしております。そして、団員の確保ということで、今後はメディアを積極的に利用した広報活動、あと袖ケ浦市は北袖に大きな工場がございます。そこに東電、東ガス、住化、アデ化とか、そういったところにも働きかけをしまして、そこに勤める社員に分団の協力要請と、あわせて入団促進の対象者としましては大学生や消防OB等の入団の促進とか、そういったものを今後やっていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、今定数に満たない分ということで、いろいろこう介入をされているということなんですけど、これ統廃合とかというのは考えていらっしゃらないですかね。その小さいところですね、地域については少ない分団があると思いますけど、そういった場合のその統廃合してですね、一つの分団としてそれを形成していくと。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 団員減に伴う統廃合については、現時点では余り前向きにというか、考えていません。というのは、消防団の団を減らすことによって統廃合にするということになると、ポンプ自動車が1台になりますから、当然消防団員の定数が減ってしまいます。それで、全国で今消防団員が減になってどうのこうのとかというふうに言われる中で、消防とすれば主に旧袖地域が分団の数が多く、平川の方が大きいエリアを持った過去に一度大きい統合をやっていますが、そういった中にあるわけですが、一たび物事、有事の場合にはやはり現時点でも消防の団員が減のところに来て、消防ポンプ自動車を減らして、またその定数を減らした中で、またそういったような形になるというようなことについては、消防は広域化どうのこうのという中にありますけども、消防力の低下につながるので、極力この分団を大切に維持していきたいというふうに考えています。それに当たっては新しく移り住んだ自治会や、また地域の議員さん方の今後御支援をいただきたいというふうに考えていますので、よろしく御協力のほどお願いします。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) この事業内容の中に、交付金として女性の消防団ですか、これ15万ということで計上されておりますけど、これは女性の登用というのはあり得るんでしょうか、今後。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 今後も考えております。現時点で17名おりますが、目安とすれば二十二、三人ぐらいまでは考えております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) この消防というのは、なかなかこう皆さん仕事を持ちながら消防活動というのは、非常にこう大変なことですので、ひとつこれは地域の皆さんが協力体制をとらないと、なかなかこれは集まらないと思います。年々こう操法大会もですね、以前は夏やっていましたよね。だんだんこう春先に変わって、余りこう過激な運動を避けたいというようなことかと思いますけど、特に操法というのは、独特な雰囲気もありますし、また地域の結束ですか、そういったものも含まれていますので、ひとつこちらから行政の方から各分団に対して御指導いただいて、少しでもこう減らないような体制ですか、それをぜひつくっていただきたいというふうに思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  関連、神?委員。



◆委員(神?寛君) 関連で、これ今ちょっと見たんですけれど、非常勤の報酬として1,307万7,200円ですね、報酬が。これ421人いますけれど、規定か何かこれあるんですか。規定でこういうふうな。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) お答えします。

  まず、非常勤、これは消防団員につきましては地方公務員法の第3条の特別職、特別地方公務員に位置づけられていますので、袖ケ浦市の場合は非常勤特別職の中に報酬を位置づけています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 今簡単に421人で割っちゃうと、年間3万1,000円ぐらいになるんですよ。じゃ、その非常勤特別職の規定があるというふうに、学校医とか産業医とかいろいろありますけれど、規定ありますけれど、これ単価的には幾らなのか、教えていただけますか。



○委員長(露?信夫君) では、すぐ出せますか。では、資料を……



◎消防次長(森義臣君) ちょっと時間いただきたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 今の消防団なんですけれども、今もいろいろ議論、質疑がありましたけれども、私の地元のところでもですね、相当やっぱり人員がなかなか集まらないということで悩みの種になっておりまして、自治会でも年度末になると非常にみんなでどうしようかというふうな話にもなったりするんですけれども、実際現実問題として思うところは、こういう特に今若い世代といいますか30代、40代もそうですが、非常に職業自体がやっぱり大変な、仕事もないとか、あるいは職についていても非常にもう残業だったり、一方で家庭も抱えていたりというような子育て世代だったりするわけで、そういう中で特に農村地域にそういう青年、若い世代がいるというふうでもないのが現実の中で、悩みを抱えているというのがあるんですけれども、現実にそういう中でなかなかふえていかないという原因というか、そういうのはどのように分析を消防としてはなさって、それをまた改善できる点があるんならば、どういうふうなことを考えているか伺いたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 決算委員会でありますので、それに沿った質問をまたお願いしたいと思いますし、またじゃ答弁。



◎消防次長(森義臣君) アンケートとか、そういった分析というものは正式には地元等にはしていません。しかし、まず少子化、高齢化に伴って減少というのはもう否めないだろうと、そして消防本部としましては、消防側としてはもう少し地元におりた非常備消防団の宣伝というか啓発というか、協力依頼というものを今後やっていかなくてはいけないだろうというふうに考えております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) じゃ、先ほどの。

  森次長。



◎消防次長(森義臣君) 先ほどの報酬の関係をお答え申し上げます。

  まず初めに、団長が月額報酬で1万9,000円、副団長が1万3,000円、本部長が1万1,000円、分団長が8,500円、副団長が4,400円、団員の方が2,000円というふうに規定されております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) これ何回も質問して回答はわかるんですけど、交付金の分団の活動運営費19分団掛ける130万、これをもっとふやせないものかね。他の市町村から比べると、うちの方が余計だと回答が来ると思うんですけど、そうじゃなくて、うちの方独自でやっぱりこれ1人にすると6万弱、金でどうのこうの言うんじゃないんですけど、やはり何というか多くやれということはないんですけど、これじゃ少ないと思うんですよ、そこをどういうふうに考えているか。



○委員長(露?信夫君) 花澤消防長。



◎消防長(花澤秀雄君) 渡辺委員も昔分団長さん、また消防委員なんかやってよく御存じだと思うんですが、確かに当市の場合、以前は消防協力費だとか、そういうので調整して運営をしていたわけでございますが、それが十数年ぐらい前から地元からの消防後援会費なり運営費というのは一切徴収しないんだよということで、1分団につき130万ということで今まできたわけでございますが、確かに委員おっしゃるように、130万ですと例えば分団詰所の清掃だとか、修繕とか、そういうのは当然私どもで持つわけでございますけども、そういったようなただ1人当たり何万と、確かに低いわけでございます。今後も財政の方が許せばですね、もう少し検討したいなと、そのように思っています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 財政の方は許すと思うんですよ、今の袖ケ浦の財政だと。だから、余計にやるというんじゃなくて、結局やっぱり、それとじゃいいや、これはわかりました。

  それと、こんなこと言っちゃ失礼に当たるかわかんないんですけど、団員が不足している部分がある。やっぱり団員減るのに強制はできない部分もある。いろいろなやっぱり苦慮していると思うんですけど、今去年は421人で今年18年の4月は415人というと、もうここでやっぱり6人ぐらい減ってきているわけですよ。その中の一つの考え方として、こんなこと言うと非難受けるかもわかんないんですけど、市役所の職員でやっぱりその地域に若い人たちだっていると思うんですよ。だから、分団の消防もやっぱり公的な部分があるし、いろんな部分がある。職員だってもちろん公務員ですけど、入れれば、強制はできないですね、これは。役所の職員でも一般の家庭の子供でもですね。できればやっぱりそういうところが協力というか、仕事とやっぱりいろんな部分で大変なのはみんなやっぱりお互いさまだと思うんですけど、だれが団員になっても一緒だと思うんですけど、そういったことは考えらんないかね。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) お答え申し上げます。

  消防団員に市役所の職員等協力できないかということですが、現時点でも操法要員やったりなんかして、市役所の職員いろいろ御協力をいただいているところです。団員の入団促進対策の一環として、一番最初に求められるのが公務員や特殊法人に準ずる職員の農業協同組合、郵便局さんとかというようなことがちょっとあるわけですが、そういったところにもウエートを置いていきたいというふうに考えています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 職員が、その分団の中で年齢制限というか、ある程度の制約があると思うんですけど、その制約の中にはまる市内の職員というのは何人ぐらいいて、何人ぐらい消防入っているんですか。すぐわからないか、じゃいい、余り言うと悪いからいいです。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  小野委員。



◆委員(小野光正君) 私も消防に長く入っていたんで、消防の実情はよくわかるんですが、我々のころは消防入らないと半人足だと言われるような状態で、本当にボランティア精神でうちにいた人たちが要は消防に入ってくれたと、どこが一番先その火事場に急行できるかということを一生懸命こうやったもんなんですが、今は実際問題員数だけ寄せても、実際はとんでもない方に勤めちゃっているわけですよ、だからどうにもならないんだというのが実情で、時代のそういう変遷を考えて今日では常設消防というものがまずできたわけですよね、48年に。それから長浦分遣ができ、平川の分遣ができたわけですよ。袖ケ浦も名実ともに常設消防が完備されてきているということでありますんで、私は絶えずこの統合はどうなんだということを言っていますが、統合は余りよろしく、確かに私たちも消防入っていて精神教育もやりましたですね。正直精神教育というのは消防、出初めももちろんそうですが、操法大会や何かでも一生懸命1位になりたいということでやりましたですけども、今年は神納は、神納の話しちゃって申しわけないけど、神納は一番びたになっちゃったんですが、情けないな、我々のころは1位か2位かというような争いで頑張ったものだけど、そのように衰退をしているというのが現状だということはちょっと言わせていただきたいということです。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 決算書の127ページ、一般職人件費になろうかと思うんですけれども、先ほども職員研修の中で、議論の中で救急車3台で1台当たり8人で24人と、3人乗員が必要だというような話が出てきましたけど、例えば火災のときなどは消防車と救急車と同時出動ということになると、それなりの人員が同時に出ていかなければいけないと思うんですけど、その辺の人員充足率といいますか、消防の体制としてどこでもそういうちゃんとした充足体制を満たして出動できるような定員というのは確保できているものなんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 答弁者、挙手をお願いしたいと思います。

  石井消防署長。



◎消防署長(石井正義君) 救急車と消防車の同時出動で、体制可能かどうかということでございますが、現在PA連携、いわゆる救命率の向上のために、例えば救急車だけ出動すればいいわけなんですけども、現在救命率の向上を図るということで、傷痍者の方から連絡があったりした場合、2階とか、それから狭いところ、搬送に支障がある、また早くそれを収容して病院の方へ搬送しなければならないということで、消防車隊と救急隊を同時に出動させ、救命率の向上を上げようと、そういう考えで実施しているところでございます。

  以上です。

          (「充足率は」と呼ぶ者あり)



◎消防署長(石井正義君) 充足率の関係ですが、特に問題ありません。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 問題ありませんじゃなくて、充足率を、ちゃんと定員を満たして職員が今出た、そういう同時出動体制をできるようなことも含めて、要は定員にちゃんと充足されているかという、定員充足は何%かという、100%満たされているのか、それとも何人足りないのか、その具体的な数字がわかれば、わかると思うんですけど、お願いしたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 消防の場合には、車両から人員を算定しております。そして、救急車は先ほど申し上げましたように、3人以上乗りなさいという規定があります。ポンプ自動車については5人です。そして、周知のように、3点セットと言われる科学車とか高所、そういったものについては現在はその中で乗りかえをしていますので、消防力の基準の中では差し支えのないような形のものになっています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 要するに、だから定員の割合です。充足率100%それで定員が、条例の定員がありますね、法定定員もあると思うんですけども、その充足の何%の確保ができているかということをさっきから、最初から聞いているんですけど。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 失礼しました。条例定数が135、現員が、現状が129です。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「まだ終わってない」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 終わったんじゃないの、終わってないの。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 済みません。そうすると、これ条例定数からすると6人減と、6人不足しているんですけど、これは今後確保する予定だとか、そういうものが満たされているのか、またこれは法定定数と条例定数と別だったと思うんですけども、その辺の関係はどうなっているのか、伺います。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) この定員135を定めた過去の数値がございますけども、その間に公務員にとっては逆風であります定員削減とか、いろいろ叫ばれる中で、また市の人員の管理、そういうものを受けて、消防につきましては現有でもう少し頑張ろうということになっています。

          (「法定定数は幾つか」と呼ぶ者あり)



◎消防次長(森義臣君) 委員長、ちょっと次のもう一点が何か私によく理解できませんでしたので、もう一度。



○委員長(露?信夫君) 法定定数と条例定数の……



◆委員(篠?典之君) 条例定数が違うと私は認識しているんですけど、その関係があると思うんで。



○委員長(露?信夫君) 森次長。



◎消防次長(森義臣君) 議員の御質問のその趣旨というか、何かそういった定義というか、何かその違い、乖離というような見解は消防では持っていませんので、御理解いただきたいと思います。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  神?委員。



◆委員(神?寛君) 決算書の127ページで、説明書の方は274ページ、危険物規制事業ですか、この事業内容、ここに書いてあるんですけれど、立入検査及び危険物の安全協会の指導ということで、もうちょっと具体的に説明していただけますか。



○委員長(露?信夫君) 在原参事。



◎消防参事(在原盛君) 委員の質問に対してお答えします。

  ここにも記載してあるとおり、危険物施設の事業所、この関係の規制と思われます。この関係では、事業内容とか、こういうものにつきましてはここにもあると思うんですが、具体的に法的な問題につきましては、いわゆる法的なものの中で消防法ですか、消防法の16条の5とか、その立ち入りの問題とか、いろいろそれと一般地区の危険物施設の立ち入りの問題、それと申請に対する許可、認可とか、そういうものの執行をしているわけでございます。さらに、細かい点につきましてはいろいろ維持管理に対する指導とか、そういうものを含めて行っております。それと、またいろんな面で法的な問題とか、そういう中で国から指導とか、そういうものはあった問題につきましては、各事業所とか集めて教育なんかしております。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 今の説明で大体わかるんですけれど、例えば私なんかは石油プラントなんかに入りますと、通称消防検査、そういうのがありますよね。それに対して、図面等を見られてやっておられると思うんですけれど、どういうところを、細かいことを言って申しわけないけど、ポイントで1人で歩いているのか2人で歩いているのか、その辺をちょっともう少し教えてください。



○委員長(露?信夫君) 在原参事。



◎消防参事(在原盛君) この事業所、コンビナート地区も含めてですね、危険物施設のあるところはすべて職員で立ち入る場合とか施行する場合は、すべて2名1組で行っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑は。

  片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 決算書の131ページ、説明書の276ページですか、奨学資金貸付事業ということで、今年度の決算額は1,480万6,000円ですか、この推移を見ますと年々こう14年度から見ますと落ち込んで決算額が少なくなっているんですけど、これはやっぱり児童の減少だとか、そういうことで予算額が1,700万に対しての決算額ということで、若干220万ぐらいですか、少なくなっているということで、この現状についてまずお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 奨学資金貸付事業でございますが、現在17年度に新規が14名貸し付け者がおりまして、合計して全体で40名の貸し付け者でございます。全体の貸し付け者見ていきますと、16年度が37名、15年度が38名、14年度50名、13年度が46名というふうに、一方的に下がるというわけじゃなくてですね、こう上がり下がりございまして、それほど大きく下がっているというふうではないかと思います。貸付金額も17年度は1,400万で、おっしゃるとおり16年度は1,541万4,000円というふうに下がっておったんですが、15年度につきましては1,478万2,000円ということでございまして、大きな移動はございませんがですね、片倉委員おっしゃるように、この少子化の影響はあるかもわかりません。これないとは言い切れない部分でございます。

  以上でございます。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、当初予算の1,700万という数字はどういうふうな内容で組まれたのか、お聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 決算に対しての質問ということでお願いをしたいと思いますけども、答弁できます。

  齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 当初予算でございますが、私立大学10名、これが実績では私立大学12名ということでございます。予算では国立大学1名、これは実績ではなかったと、私立高校1名がこれが実績ではなかったと、国公立高校1名がこれが実績では2名あったということでございます。その他の継続はいろいろございます。継続の部分は実績で見ておりますので、大きな乖離はございません。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) これを事業の内容を見ますと、これは貸し付けの状況の中で、私立大学の方が35名ということで断トツの人数を示しているわけですね。特に今こういう厳しい社会ですので、大学に行かれる家庭のお子さんというのは非常に多くなってきているということですね。そういった意味では、本来はこの予算というのは大体組まれたぐらいの、やはり予算というのは多分私は出るんじゃないかなというふうに思ったわけなんですけど、これは貸付条件というのが借りる方にとって厳しいかどうか、その辺はどうでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) この貸し付けの条件なんですが、6項目ほどございまして、まずは当然ながら袖ケ浦市に住所を有する方、高等学校入学が決定し、また在学している方、性行が正しく健康で成業の見込みのある方と、この資金と類似の資金を借り受け、または支給を受けていない方というようなことで、この以上4項目についてはそれほど厳しいというわけではございません。ごく普通のことだと思いますが、5番目に経済的理由により就学が困難な者という条件がございますんで、その中の一つとして生活保護世帯の方、生活保護世帯に準ずる世帯、教育委員会において準要保護に認定された世帯の方ですね、準用保護ですね、それとこれに類似する世帯で、経済的理由により就学が困難と認められる者ということなんで、どうなんですか、それほど厳しい条件とはならないと思うんですが、またこれ以上の経済的余裕のある方はですね、奨学資金をお借りしなくても就学されるというふうに思っております。

  以上でございます。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) この生活保護世帯と準要保護世帯ですか、こういった方は確かにこれは経済的な面で非常に苦労されている方だと思いますけど、これに近い方もやっぱりこれはいるんじゃないかなと思うんですね。ですから、せっかくこういう貸付事業ということを実施して、予算も組まれているようですので、できれば借りやすくということをある程度考えていただきたいと思います。

  それと、この相談件数ですかね、こういう例えば貸し付けに対して親御さんが相談に来る件数というのはどのくらい年間にあるんでしょうかね。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 大体相談に見える方は、ほとんど借りる対象になっております。ごくたまに御両親共稼ぎとか、そういう場合以外はほとんどこの該当するような形になっておりますので、17年度については新規に14名の方々お借りしたんですけども、せいぜい受けられなかったという方が四、五名あったのかなというふうに思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、これ貸し付けのことなんですけど、実際はあくまでも貸し付けですから返済ということで、当然それは出ると思いますけど、その貸し付けに対してですね、その返済状況はどのような状況になっているんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 今までこの事業は昭和57年度から開始されております。それで、奨学資金の貸し付けを受けなくなった、卒業ですね、卒業後半年を経過後から10年間の間に返済すればいいという状況になっております。それで、現在までのところ、返済できなかったというようなケースは1件もございません。すべて返されております。また、計画どおりということもありますし、また一括返済等を認めておりますので、いろんな条件で返済は受けております。それで、その返済金額がこの特財になっておりますが、これが決算書の方の55ページですね、55ページの諸収入でございますが、項3番の貸付金元利収入という項の目が4番目でございます。教育費貸付金元利収入ということで、備考欄の方に奨学資金貸付金返還金ということで881万6,600円、これが17年度の返済額になっております。返済の人数でございますが、55名の方から返済いただいております。

  以上でございます。



○委員長(露?信夫君) 11時10分まで休憩いたします。

              休憩  午前11時01分

                                           

              再開  午前11時11分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  ほかに質疑はございませんか。

  神?委員。



◆委員(神?寛君) 決算書の149ページ、成果の説明書337ページですか、この中で決算書の県民体育大会派遣事業ですか、これ424万2,000円となって、説明多分これ337ページの説明書なんですけれど、これ見ると中止になっているんですけれど、ほかに何かやられたのか。



○委員長(露?信夫君) 小堀課長。



◎体育振興課長(小堀正雄君) 千葉県の県民体育大会ということで、体育の各専門部が参加しておりますが、17年度御指摘のとおり休止というふうになっております。昨年県内で高校のインターハイが運営されたということで、県民大会中止されたわけですが、ということで、かわりに平成11年度、12年度とユニホームを交換したんですが、それが古くなってきたということで、今回各専門部のユニホームの購入ということで、そこにあります420万ほどの支出というふうになっております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 内容はわかったんですけれど、細かく言って申しわけないんだけど、何人ぐらい。



○委員長(露?信夫君) 小堀課長。



◎体育振興課長(小堀正雄君) ソフトボールは購入希望ないということで、全部で20競技の県民大会用のユニホームを購入いたしました。全部で20専門部で251名分ということで、424万ということになっております。よろしいでしょうか。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 成果の説明書の中の319ですか、決算書は147ページ、埋蔵文化発掘事業で両方あるんですけれど、これ318と319なんですけれど、いろんなものが出土しているんですけれど、これは出たやつは学校教育等でこういう出土品を教材として使っているかどうか、その辺ちょっとお聞きしたくて。



○委員長(露?信夫君) 小沢課長。

生涯学習課長(小沢 進君) 出土された埋蔵文化財の発掘されたものについては、学校に陳列もしたこともあります。博物館を通してですね、陳列をしております。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) じゃ、その土器等は児童生徒に直接さわったりして見せたりとか、そういう授業はやっていないですか、そういうのもやっているんですか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 今お話のとおり、学校で歴史であるとか、それから図書館の指導の中で学芸員さんが学校の方に直接いらっしゃって、現物を持ちながらというような授業も各学校においては、こま数は多くありませんけれども、実施をしていただいております。



○委員長(露?信夫君) よろしいですか。

  林委員。



◆委員(林弥雄君) 教育費の方に入っていますので、私も1点だけお聞きしたいことがありますので、質問させていただきます。成果の説明で288ページ、さわやか教員配置事業なんですけれども、これは決算書の方は小中学校に分かれておりますので、この項目であわせて質問をいたします。御存じのように、市独自の採用によるさわやか教員事業ということなんですけれども、一応この成果で見ると小学校が8名、中学校が5名と、全学校に1名ずつ配置されているようになっております。教科の指導、生徒の指導、そして部活の指導等ということで、教員の同じレベルで教鞭をとっているようになっております。そして、それなりに成果を上げているということで、父兄には相当歓迎を受けているのでありますけれども、まずこのさわやか教員の身分保障、それから契約などについてお伺いしたいと思います。また、あわせまして児童に近い年齢と言われますけれども、平均年齢は何歳なのか。また、採用についてはですね、詳しくわかりませんからお聞きしますけれども、男女の別があるのか、まずこの辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) さわやか教員の勤務条件、身分等ですけれども、一応勤務日数については小学校は年間205日、中学校は部活等も考えまして215日という現状です。勤務時間としましては8時間、賃金としては1時間につき1,275円と、あと時間外も働いてもらう場面がありますので、小学校については大体3万1,860円、中学校で19万というような形の、これは年額になりますけども、実績の支給で行っております。それから、各学校で校外学習等行いますので、それについていく場合はですね、それにかかわる経費も支給をしております。社会保険にも厚生年金に加入するというふうな形をとっております。同じようなですね、いわゆる一般教員と同じようなことをしているのではないかというふうなお話でしたけれども、これはあくまでも本来のいわゆる正式な教員のお手伝いということになりますから、具体的に言いますと、例えば一人で単独で教壇に立って指導するということはできません、ありません、それは。あくまでもお手伝いという形になります。それから、平均年齢ですけども、大体25歳ぐらいになろうかと思います。採用ですけども、特に男女の比率云々というのはございません。ただし、中学校等は対応する生徒が大きいものですから、どちらかというと応募する者もですね、男性の職員が結果的には多くなるのかなというふうに見ております。あとその採用ですか、採用にかかってのことですけれども、一応私どもで筆記をやったりですね、それから面接等もしながら採用をしております。

  以上でよろしいでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 林委員。



◆委員(林弥雄君) その採用のときにですね、まず申し込みですね、これは当然広報等で出すんでしょうけれども、何人くらいいて、そして今の教員補助しているさわやか教員は長い人で何年になるのか。17年度も採用しているわけですよね、ですからそれは何人の応募があって採用したのか、お願いします。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) ちょっと今その正確な申し込み等の人数は出ませんけれども、今の定員プラス……わかりました。20名ですね、20名の応募があって13名という形になります。長い者では2年ぐらいが大体長い方です。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 林委員。



◆委員(林弥雄君) この2名というのは何年、2年ね、はい。

  今大体19万ですか、月額、年間にすれば、これから出していくと二百五、六十万になるようでございますけれども、これは今話ありましたから教壇には立てないんだけれども、一応生徒の指導、補助教員と言っていいのかな、やっぱり教室に入るわけですか、それとも教壇に立たないということは、この先生たちは教室には入れないということなのかな、その辺はどうなんでしょうか。入っても教壇に立たないということあるのかな。先生のかわりとして教壇に立つことはあると、そういうふうな解釈でよろしいんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 先ほど申し上げましたけれども、単独で立たないということです。ですので、正式の採用の教員がいますですね。その者と一緒に同じ教室の中で、例えば学習に若干遅れのある子だとかですね、そういう者に個別指導をどんどん、どんどんしていくと。体育等でも得意な者もいますし、苦手な子もいますしですね、そういう子について個別指導もしながら、お手伝いをしていくと、そういうふうな形になります。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 林委員。



◆委員(林弥雄君) やはり採用の条件というと、ある程度報酬ということが絡んでくるんですけれども、近隣他者に比べた場合に、この月額19万というのは妥当なのか、その辺はどのように見ていますか、お伺いします。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 先ほど申し上げましたように、時間当たりにして1,275円ということになりますから、大体月額にしますと幾らになるでしょう、19万まではいかないかな。月額ちょっと今計算しますけども、これについてはですね、あくまでも市の方の臨時採用がございますですね、その決まりの中ではこのさわやか教員については最高の額になっております。それから、先ほど申し上げましたように、ほとんどのさわやか教員の志願者が将来的には正規の教員を目指しているという者でございますので、補助をしながら先生方を眺めながらですね、生徒指導のあり方であるとか教科指導であるとか、そういうものをやはり学んでいると、そういうふうなことから考えればですね、今の額については妥当であるのかなというふうに思っております。ただし、先ほど来ちょっとお話出ていますけども、部活をやったりとか、いろんなこの時間外がございますので、その辺のところについては何とかしてあげたいなと思っているのが私どもの本音のところでございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 林委員。



◆委員(林弥雄君) 事業の成果を見ますとね、要するに児童生徒に対して幅広い指導をしていると同時に、いじめ、不登校、その他問題の早期発見、早期対応に役立っているという、非常にありがたいさわやか教員だと私は思っております。それで、こうして正規の採用されている道へは閉ざされているのが現状だと思いますが、これまでに今の事例に従いまして正規の教員としていった方がいるのか、またこれは教員は県で採用すると思うんで、そういったようにアドバイスして採用されたという先生ですね、いるのか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) もちろん今申し上げましたように、正規の教員目指しておりますので、試験を受けてですね、頑張っております。それで、毎年3人とか4人とかですね、そういう数の者が正規採用として上がっております。大変それだけの経験を積んでおりますので、評判がよろしいというふうに私どもとらえております。ただし、今申し上げましたように、この試験についてはですね、委員さんもお話にありましたけども、県の採用が大変厳しいものでございますから、なかなか私ども送りたいと思っておりましても試験の壁がありますので、状況は厳しいものがありますけども、とにかく年々何人かはそこに受かって正規の教員として、また袖ケ浦の方に入ってきている者も結構おりますので、そういうような状況でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 林委員。



◆委員(林弥雄君) さわやか教員はですね、今言われるように、やっぱり目標は正規に採用される、そういう道を開いていただきたいんじゃないかと思っております。日常私も中学校ですけれども、行きます。そうしますと、一生懸命精進しております。そしてまた、自己研磨にも尽くされているし、よりよい学校構築のために邁進していると思っております。特に課外学習といいますか、放課後の運動については一生懸命ですよ。自分も一緒になってユニホームに着がえて、陸上だったらばコースを走ったり、幅跳びだったらば足の運動のあれを教えてやったり、野球であればボールの投げ方から始まって捕球の仕方とか、そういうふうな指導を一生懸命やっていますので、ただ一時的な腰かけとせずに、やはり今採用されております13名の方ですか、にはやっぱり数年後には正規の教員として採用できるように、皆さんも指導してですね、そしてまた次の新しいさわやか教員を入れると、そういうふうに御努力してくださることをお願いしまして、質問にかえさせていただきます。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑は。

  関連、篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 今の関連ですけれども、時給1,275円で月にして19万弱というお話で、これで妥当だという話があったんですけども、それは確かに市の規定としては最高なのかもわかりませんけれども、実際のこの現場の教員の皆さんや御本人はなかなか言いづらい立場があるかと思うんですけれども、そういった要望というか教員の周りの目から見て、これで妥当だというふうに周りからもそういうふうに言われているのか。あるいはまた、教育委員会などではそういう議論がないのか伺います。



○委員長(露?信夫君) 予算委員会ではないので、決算委員会でありますので、予算委員会のときにそのような質問をお願いできればと思いますけども、よろしいですか。

  川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 今の御指摘でございますけれども、当然私どもそういう臨時的な任用の待遇等については実績であるとか、林委員さんからもお話のありました今の学校での働きの様子でありますとか、そういうものを考えながらやはり見直していこうというものはもちろん話題には出ております。先ほど来も申し上げましたように、時間外であったりですね、それから校外学習等々への参加の旅費であったりですね、いろんな面で考えていこうということについてはもちろん論議はしております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに。

  渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 決算書の151ページ、款10の目6、備考欄の1、臨海スポーツセンターの改修事業、これ当初予算にあって不用額が2,831万2,000円あるんですけど、これどういった経緯か。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 渡辺委員の御質問にお答えします。

  臨海スポーツセンターの改修事業でございますが、この事業につきましては継続費を含みまして3カ年の継続ということでございます。施策の成果の279ページをごらんいただきたいと思いますが、3番目でございますが、決算の推移ということで15年度、16年度、17年度の3カ年継続事業でございました。御指摘の件でございますが、16年度の昨年の決算におきまして逓次繰り越し分が、継続費の逓次繰り越し分でございますね、これが767万7,000円余りございました。本来継続費の使い順序でございますが、逓次繰り越し分をまず支出して、その後当初予算のものを支出するという事務手続があるわけでございます。しかしながらですね。

          (「それはいいよ。当初予算は2億七千何万組んであるんですよ

            ね」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 前のはいいんですよ、3年継続の前のはいいんですよ。当初予算2億七千何万組んであって、支出額が2億4,000万強なんですけど、それで不用額が2,800何万余っているんですよね。その余った理由はいろんな部分があると思う。契約のときの入札が低かった部分とか、あとほかに使わなかったという部分があるとか、その説明をお願いいたします。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 決算書の151ページの不用額でございますが、これは865万4,000円何がしが不用額でございますけども……

          (「じゃ、いいよ、わかった。ここに書いてあるから」と呼ぶ者

            あり)



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) この事業においては、当初17億幾らの予算だったんですよ。それで、7億幾らになったんですけど、この経緯といいますと、健康支援センター、風呂をつくるのとリンクして、この事業をやっぱり先送りというか、もう実施設計してあって、次年度やる予定になっていたんですけど、17事業ぐらいが先送りになった経緯があるんですよ。それで、この実施計画で3年で今これ整備したんですけど、あと本体というか、体育館の屋根だとか耐震はどうなっているかわかんないんですけど、中はまだ何も手つけてないわけですよ。それをもうやんなくちゃいけないと思うんですけど、やるような計画は考えているか、今計画はないんですけど、考えているかどうかというのを聞きたいです。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 臨海スポーツセンターのアリーナ部分でございますが、現在策定しております第3期の実施計画の中で検討してまいりたいと思っております。よろしいですか。



◆委員(渡辺盛君) じゃ、それはお願いしますというとおかしいけど、ちゃんとやってもらわないと、つぶれることはないでしょうけど、屋根は老朽化しているし、やっぱりあれは30年ぐらい、34年、5年たっているから……



○委員長(露?信夫君) ほかに。

  渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) もう一つ。消防の方に聞きたいんですけど、消防の本署もかなり老朽化していてて、やっぱり維持費なんかが4,000万からかかっていると思うんですけど、将来的というか近い将来というか、将来的にあの本署をもっと機能、道路面に対しても出動とかいろんな面に対してももっと機能というか、今も機能は整えていると思うんですけど、今やっぱり前面の道路に4車線の道路に出ていったり、それとかまた手狭になっている部分もいろいろあると思うんですよ。あの本署を移転することは考えていると思うんですけど、今どのような状況になっているか、ちょっと1点だけお聞きいたします。



○委員長(露?信夫君) 花澤消防長。



◎消防長(花澤秀雄君) 確かに本署と長浦分署を統合して一つの消防本部にするという計画は内部的にはございますが、長期計画等々にはまだ諮ってございません。今後当然建物も老朽化、消防行政の多様化等々によりまして、そういう事態が発生はすると思います。したがいまして、内部的にはいわゆる若い職員、私ども先ほど来年でもう定年でございますので、若い職員、第一線で活躍している職員たちで、任意でそういう庁舎の検討会議をやっているというのが実情でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  近藤委員。



◆委員(近藤利勝君) 1点お尋ねをいたします。決算書の145ページの図書館費でお願いします。予備費から15節の工事請負費に320万ほど、工事請負費が360万、充当しておりますけれども、これはこの内容と予算計上し得なかった理由についてお尋ねします。



○委員長(露?信夫君) 鈴木館長。



◎中央図書館館長(鈴木菊夫君) 長浦の図書館においてですね、冷暖房機空冷ユニット圧式といいますけど、これが9月の初旬、冷房運転中に故障いたしました。冬場の暖房にも影響するということから、至急補修が必要となりまして、12月補正を行わず予備費より流用させていただいて工事を行ったということでございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 近藤委員。



◆委員(近藤利勝君) おおむね了解しました。では、工事請負は360万、充当は320万、差額の40万は館長のポケットマネーですか。



○委員長(露?信夫君) 鈴木館長。



◎中央図書館館長(鈴木菊夫君) 工事請負費ですが、ほかに中央図書館の冷房、クーラーですね、クーラーの工事を行っております。それの執行残が150円ということでございます。

  以上です。



◆委員(近藤利勝君) はい、了解しました。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  立原委員。



◆委員(立原勇君) 決算書の137ページですね、項3の中学校費の学校管理費の中で学校管理工事費2,000万が決算になっておりますけれども、これたしか予算のときは3,200万ということで、約3分の1ぐらい低い金額で、これも補正された内容とも関係すると思うんですが、当初予算と決算額との差、それとこれはメインはエアコンの設置だと思うんですが、その決算の内訳ですね、項目別内訳を説明してください。お願いします。



○委員長(露?信夫君) 齋藤次長。



◎教育部次長(齋藤一男君) 施策の成果の278ページをお開きいただきたいと思います。中学校管理工事費でございます。これが御質問のこの中学校学校管理費の部分でございます。2番目に事業の内容とございますが、2,026万8,680円、これが備考欄4番の学校管理工事費の金額に符合してございます。事業の内容といたしましては、昭和中学校ほか4校の学校図書室にエアコンを設置いたしてございます。これが1,514万1,000円、それと長浦中学校の武道場の大屋根の側溝防水工事が126万2,702円と記載のとおりでございます。その他の管理工事ということですが、7件、386万4,000円何がしでございまして、合わせて2,026万8,680円ということでございます。



○委員長(露?信夫君) 予算に対しての差異だけ答えていただければいいのではないかなと思いますけど。質問がその約1,000万の差異、その大きなものだけ。

          (「入札の執行残」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) その執行残の。

          (「要するに残った金を聞いているわけ、何でこんなに残ったか

            ということで」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質問は、予算3,200万、それで予算執行が2,000万ということで、その……



◎教育部次長(齋藤一男君) 執行残でございますが……



○委員長(露?信夫君) 長谷川主幹。



◎庶務課主幹(長谷川重義君) これは今次長もお話ししましたが、契約の執行残ということで、エアコンの方、当初予算が1,656万のところを契約額が1,514万1,000円ということで、そういう執行残が出てございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 立原委員。



◆委員(立原勇君) エアコンで約1,000万、契約によるという説明なんですが、1,000万の差が出るような積算をされた予算だったということになるんですけれども、その辺がちょっと大き過ぎるんじゃないかということで今質問しているんですけれども、予算を積算したときの中身と契約されたときの中身で、どういう項目でこれだけの1,000万の差が出たんでしょうか。ちょっと大き過ぎるんで、単なる契約による減少と思えなかったんですよ。その辺わかれば教えてください。



○委員長(露?信夫君) 尾?部長。



◎教育部長(尾?文男君) これはうちの方、一応見積りをとったり設計を組んだりして予算金額を決めたわけですが、実際その入札をしたところの執行残ということが大きく出たということで、御理解いただきたいと思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに。

  神?委員。



◆委員(神?寛君) じゃ、1点だけお聞きします。決算書の133ページ、小学校管理費の節1の報酬、決算書133ページ、小学校の学校管理費の節1の報酬535万9,500円、これは学校医の報酬でしょうか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 今のお話のとおりですね、これは学校保健運営事業の中の非常勤の、いわゆる学校医、内科医、歯科医、眼科医、耳鼻科医、薬剤師という者の報酬になります。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) じゃ、わかりましたけれど、ちょっと内科医と歯科医と眼科医と耳鼻科医と薬剤師、これちょっと人数だけ教えていただけますか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) 内科医が、これは小中一応同じ先生が手分けをして行きますけれども。



◆委員(神?寛君) 小学校だけでいいですよ。



◎教育部参事(川島悟君) 小学校だけでいいですか。小学校は、内科医が12名です。歯科医が13名、眼科医が7名、耳鼻科が7名、薬剤師が8名です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 内科医とか歯科医とかは、市内で賄えると思うんですけれど、眼科医とか耳鼻科になってくると結構人数が少なくなって、市内では少ないと思うんですけれど、そういうところはどちらの方でお願いしてあるんですか。



○委員長(露?信夫君) 川島参事。



◎教育部参事(川島悟君) おっしゃるとおりでございまして、隣の木更津市の方で開業されております眼科医さんであるとか耳鼻科医さんの方に協力をいただいております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 成果書の298ページの、決算書ですと151ページになりますが、給食センター運営費事業なんですけれども、説明欄だと3番ですか、その中で成果書の中によりますと、調理等業務委託ということで委託額が1億3,041万ということになっているんですけども、委託先が給食事業協同組合ということなんですけども、これは具体的にはどういった現在の構成団体なり構成内容になっているのか伺います。



○委員長(露?信夫君) 花澤センター長。



◎学校給食センター所長(花澤一男君) 袖ケ浦給食事業協同組合の構成がどのようになっているかということで御質問ですけども、それについてお答えさせていただきたいと思います。

  現在給食センターには、第1調理場と第2調理場の2カ所で学校給食を提供しております。その中で、給食の調理業務等の業務委託をお願いしております。委託としましては、事務職員3名、栄養士2名、調理員11名、技師4名の正職員が20名、パート職員が46名、調理員が19名の配ぜん員27名のパート職員46名、66名の人件費相当でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) すると、これは事業協同組合という形でこういう調理員さんなりパートなりを雇って委託していると、委託ということだと思うんですけれども、この調理業務を担っているような業者さんとか、そういうのはあるんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 花澤センター長。



◎学校給食センター所長(花澤一男君) 調理業務につきましては、この平成5年度より袖ケ浦給食事業協同組合に調理業務を委託をお願いをしているところです。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) じゃ、済みません。要するにこの協同組合としてちゃんと調理の、例えば献立の立案ですとか、そういうものをずっと担っていて、別に業者さんがこれに何か、組合の中に団体として入っているとか、そういうことは一切ないということでよろしいんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 花澤センター長。



◎学校給食センター所長(花澤一男君) 献立につきましては、県職員の栄養士4名おりまして、毎月献立を工夫されまして、作成しております。その献立に合わせまして賄い材料費を購入しているところでございまして、組合の方で一切献立の作成については市の方で行っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) あと最後に、このパートさんとかが相当入っていらっしゃったり、調理員さんもいらっしゃると思うんですけども、この辺の人件費ですとか処遇についての管理というのはどのようになっているのか、あと時給だとか、もしわかればお願いしたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 花澤センター長。



◎学校給食センター所長(花澤一男君) 正職員とパート職員の人件費につきましては、すべて組合の方で行っておりますので、市は関与しておりませんので、ちょっとその辺はわかりません。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて歳出第9款及び歳出第10款並びにその関連歳入に関する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  午後1時まで休憩といたします。

              休憩  午前11時53分

                                           

              再開  午後1時00分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  次に、国民健康保険特別会計決算に対する質疑をお受けいたしますが、ページ数またその質疑内容等はっきりと、答弁者にわかりやすいように要旨を踏まえて質問をいただきたいと思います。

  それでは、質疑をお受けいたします。

  神?委員。



◆委員(神?寛君) 決算書の185ページ、これ款1、項3ですか、運営協議会費ということで報酬、一番上。

          (「百八十何ページ」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 185の。



◆委員(神?寛君) はい、上の運営協議会費の報酬、一番上です。節1の報酬ですか、金額は少ないんですけれど、16万6,500円と旅費の3万2,460円、報酬、どなたにどういうふうに渡したのか、これちょっとその辺の説明お願いします。



○委員長(露?信夫君) 185ページの1の。



◆委員(神?寛君) 183ページから続いているやつです。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) お答えを申し上げます。

  国民健康保険の運営の状況あるいは議案として提出いたしますもの、審議していただく市長の諮問機関として運営協議会を設置しております。委員さんは13名でございます。その方々の費用というようなことで計上してございます。御質問の報酬でございますが、1回幾らというような規定でございます。それと、人員が欠席の場合は当然お支払いできないということで、当然会長さんと他の委員さん、報酬違うわけでございますが、欠席の方もいらっしゃる。予算額に対しまして支出額16万6,000円というような額でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) じゃ、その下の旅費というのは視察か何か来るための費用なんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) 視察ではございませんで、会議に出席していただくための費用弁償でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに。

  片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 1点お伺いしたいと思います。この説明書の345ページですか、国民健康保険特別会計の方ですけど、この国民健康保険税の状況の中にですね、現年度分のこれは収納率ですかね、毎年13年度からここに書かれていますけど、その収納率はほとんど変わっていないんですけど、これは前年度16年度から比較しますと0.1%ですか、若干これ減っているということですけど、この収納率はこれほとんど数字がこういう横並びになっているんですけど、この今の現状を毎年毎年こうなっているんですが、この現状についてまずお伺いしたいと思うんですけど。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 収納率の現状でございますけども、徴収の月なんですけども、今まで納期6期のところを16年度までですか、納期6期にやっていたんですが、17年度から8期に変わりました。8期に変わった中で、今まで7月から2月までやっていたのを毎月納付ということで、8期に変更したところが現状でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、非常にこの下の滞納分ですね、これは不納欠損額がこれは2,000万ですかね、2,022万7,000円ですか、非常に不納欠損額が若干下がっていますけど、この状況についてもう一度お伺いします。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 16年度と比較しまして、17年度におきましては594万5,000円ほど減額というか不納欠損させていただきました。内容につきましては、無財産で117人の方、それと生活困窮の方で67人、所在不明で55人、それと市外の方が今のやつは市内でございますが、市外で42件、死亡が4人と、そういうことでございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) これは毎年不納欠損額が計上されているんですけど、これ生活困窮ということなんですけど、やはり先ほどもお話出ていたようにですね、やはり税金はなるべく払いたくないというのが市民の考えと思いますけど、やはり払っている方に平等ということがありますので、これはきちんとやはり徴収しなければならないということだと思うんですね。ですから、先ほど困窮者の方も無財産ですか、そういった方も非常に多くおられるということなんですけど、こういった方についてどのように徴収をされているかですね、その辺の実情をちょっとお話いただきたいと。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) まず、生活困窮なんですが、生活困窮の方につきましては、無財産も同じなんですが、臨戸に徴収に行きますけども、その生活状態また家屋の状況、それからその年度年度の申告状況とか家族構成、そういうものを全部クリアした中でですね、やむを得なく状況の、徴収できないというようなことが判断されましたところにおいて不納欠損したということでございます。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 確かに困窮者の方になかなか払えないところを払えというのは厳しいかと思いますけど、やはりこれ相談もたしかやっていらっしゃるということですね。相談件数はどのくらい、年間来ているんでしょうかね。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 17年度におきましては、納税相談に490件の方に通知いたしまして、実質相談者数は84人の方が見えられてございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 490に対して84ということで、実際はかなり少ないかなと、件数が多い割には実際に少ないように思います。こういった滞納者についてはですね、やはりこれ分納もやっていらっしゃるということで、何回か分けて、相談に乗って幾らかこう分けて支払う、そういう形もとれるんですか、分納。



○委員長(露?信夫君) 相談者に対する内容ですか。



◆委員(片倉憲太郎君) 内容です。



○委員長(露?信夫君) 内容だそうです。

  鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) もちろん先ほど言いましたように、相談者84件の中にですね、いろいろな方もおりますけども、その生活状態によりまして、その納入額といいますか毎月の分納計画を立てまして、その誓約されました内容によって納付されている方もおります。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そういうことで、滞納者に対してきめ細かなやはりサービス体系ですか、それをぜひやっていただきたいというふうに思います。

  それと、もう一点ですね、この治療費の方ですけどね、これはここにも書いてありますように、急速な高齢化ですか、その医療技術の高度化に伴う年々増加しておりということで書いてありますけど、このレセプト点検を実施しているんですけど、現在これ点検員は前の話ですと3名ぐらいということで聞いている。よろしいでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) そのとおり3名でございます。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) その中に、過誤請求ですか、そういったものが今までどの程度判明しているか、状況ですね、説明をお願いいたします。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) レセプトの点検の枚数でございますが、一般あるいはその退職、老人と入れまして、一般、退職、老人いきまして36万6,000件ほどレセプトの点検を行っております。このうち再審査請求と言いまして、今おっしゃったようにレセプト点検員が点検いたしまして再度審査をお願いするという、その件数が合わせまして5,011件ほどございます。これによりまして、県の方の連合会の中に審査会があるわけでございますが、再度その審査会にかかります。5,011件のうち我々の方の主張が認められたといいましょうか、そういうものが3,596件というような状況でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) そうしますと、先ほど点検員が3名ということで5,011件ですか、非常に多かったということだと思いますけど、点検員のこの3名というのは今の現状で合っているかどうかですね。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) その基準というものがございませんで、おのおの市町村で連合会の方に、この医療費につきましては審査、それと支払いの関係をお願いしていると。その請求が市の方に連合会の方から来るわけでございますが、一旦県の方では大部分が、県ではなくて連合会でございますが、連合会の方で支払われると、その中で支払った中で再度市の方に来まして、レセプト点検、いわゆる医療事務の資格といいましょうか、それを持った方がいらっしゃるわけですが、専門的にそれを見る。今言いました、その5,000件ほどが再審査請求の、17年度につきましては対象になったと。先ほども言いましたが、じゃそれが3名でどうかということでございますが、我々の方とすれば今現在のこの3名で足りているというような状況ございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 一応その現状では十分足りているということですので、このレセプト点検のやはり過誤請求についてはもう年々何かこう複雑化になっていますよね、中身がね。ですから、介護段階もかなりこう複雑化になってきていますので、そういった面ではこれからその点検員もやはり資質とか、そういう問題も出てくるんじゃないかなと思いますので、その辺はひとつ注意をしながらですね、経緯を見ていただきたいというふうに思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 成果書の345ページの中ですけれども、今も話がありました国保税の状況の中の不納欠損額なんですけども、これ16年度は2,617万2,000円ということで、17年度は若干不納欠損としては減っている一方、収納率が若干上がったということなんですけども、この不納欠損せざるを得なかった状況の理由ですか、中身について伺います。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 先ほどの片倉委員さんに答弁したんですが、内容でよろしいですか。内容は、先ほど無財産、生活困窮、所在不明、こういうお話、人数もお話ししたんですが、最終的に執行を停止しまして不納欠損せざるを得ない、先ほども言いましたけども、財産調査とかですね、それぞれの臨戸徴収のときに生活状況、家屋状況とか、すべて把握しまして、そういう調査をクリアした中で、やむを得なく不納欠損したと、そういうのが理由の一つです。内容については、監査審査意見書の中の9ページの方に載っております。御確認いただきたいと思います。



○委員長(露?信夫君) よろしいですか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) はい、失礼しました。9ページにありますね。ここを見ても、生活困窮が67とか、財産なし117ということなんですけども、要するに本当にお金がなくて払いたくても払えないということで、不納欠損になっているんじゃないかと思うんですけども、先ほどからの臨戸徴収のお話とか滞納整理員さんがいろいろ臨戸訪問しているというような話も伺っているんですが、この滞納整理員さんにしましても、勤務状況をせんだってお聞きしましたところ、やっぱり昼間訪問中心で、勤務としては5時に一旦帰られて2人組で回られたという話もせんだって伺ったんですけれども、現実にこの滞納者に対して接触ができている、できない方というか、連絡が全くつかない方の率というのはどのようになっているのか、またそういう方に対してはどういうふうな接触の努力を現実には、もちろん文書はやっているんでしょうけども、直接接する努力というのはどういうふうにされているんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 率ということなんですけども、特に率は確認してございませんですが、最終的に不在、いなかった家庭につきましても再三徴収というか臨戸訪問いたしまして、確認また近所の方の確認、そういうものをすべてクリアしております。また、市外の方でもですね、市町村、その該当市にですね、滞納実態調査を確認しまして、また向こうの方から報告も受けております。そういう状況の中で、公示送達したとか全く不明で、その市においても申告なし、来た状況もなしと、そういうような状況の中でもうやむを得ないというような判断の上で不納欠損に至っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) そういう方に対しては、保険証というのはどういう対応になっているんでしょうか。もう初めから連絡つかない方というか、こういう方については1年以上というようないろいろあるでしょうけども、短期被保険者証でもそういうことになっていくのか、資料を事前にいただいたものを見ますと、16年度で当初1,500件だった短期被保険者証交付が532件、年度末になってそういうふうになる。17年度だと1,549件から625件という交付数だという資料をいただいているんですけれども、先ほどの説明ですと相談の通知が490件という話があったんですけれども、こういった方に対しての対応として被保険者証が最終的に625件という数からすると、ちょっと合わないような気がするんですけど、その辺の一つは短期被保険者証の発行を、そういう連絡つかない方はどうしているのか、この数字が合わない理由は何なのか伺います。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 年度当初に発行した枚数と最終的に3月末で発行した枚数は若干違ってきております。その理由につきましては、年度内において先ほど言いましたように、相談内容によって分納される方、そういう方につきましては資格から短期に変わるとか、そういうふうになっております。最終的に全額というか、すべて履行されたものにつきましても短期から一般保険証と、そういうふうに変わってきております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 要するに、滞納している方については資格証明書にしましても短期証にしましても、当然年度当初からいろいろ努力しているわけですから数は変わってくるのは当然なわけですけれども、資格証明書でいえば年度を通して大体200件ぐらい減っていますよね。短期証は900件ぐらいですか、17年度だと減っているんですよ。それで、一方で相談通知先ほどの話で490件の方に通知を出していると、実質84人来られたというようなことなんですけれども、この辺の要するに資格証明書と短期証で合わせれば、合計で2,100件程度あるわけですよね、滞納と言われるようなところが。そういう中で接触できない人もいる、そういう中で相談通知が490件ということになっている、この数字の差の理由について、どのようなことなのか伺いたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) 先ほど主幹の方から、短期それと資格の当初とその後の減った数というものが違ってきますよということで御説明をさせていただきました。資格証でございますが、納税相談の通知490件というふうにお話をさせてもらいました。それにつきましては、資格証明書の数がたしか資料ですと485になっていますか、その数でございまして、短期につきましては分納でありますとか、そういう税の方を納めていただいているというようなことで、資格証の方の方につきまして納税相談の通知を差し上げているというような内容でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) そうしますと、先ほど最初に聞いたのが接触できていない数が相当いらっしゃるというふうに思うんですけど、そういう方に対しては資格証や短期証の発行というのはどういうふうに現状なっているんでしょうか。

          (「済みません、もう一度お願いできますか。済みません、失礼

            します」と呼ぶ者あり)



◆委員(篠?典之君) 要するに、相当数臨戸訪問しても整理員さんに頼っても、接触できていない数が相当あると思うし、その数も把握していなければならないと思うんですけれども、そういう方、接触自体、文書を送っても連絡も来ないと、相談にも来ないという方に対しては、保険証の発行は資格証明書をそのまま送っているのか、あるいは短期証を送っているのか、その扱いはどういうふうにしているのかということ。



○委員長(露?信夫君) 大野部長。



◎市民部長(大野与一君) 議員さんの言われていることについて大体理解いたしました。要するに、相談しなければ保険証は差し上げられないという方についてですね、490件あるのに84件しか面接をしていないじゃないかというような御質問だろうと思いますけども、これ通知を一度出してですね、年4回通知を出しましてですね、その4回分に来ていただいた方が84人ということでありまして、通常はこういう方たちのところには臨戸であったり電話であったりですね、その他何度も徴収に行ったりいたしまして、この滞納者についての生活状況、先ほど申し上げましたが、そういうものについては調査をして、また督促をしております。そういうこちらから分納の相談も申し上げるわけでございますけども、それに対応できない方たちについては資格証ということでございまして、ただいま490と84名にこうちょっと数字が出ておりますので、そういう勘違いされるかもわかりませんが、実際には接触をしておりますので、そのことだけは申し上げておきたいと思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) そうしますと、徴収員さんというか整理員さん、あるいは職員もそうでしょうけれども、全く接触できていないというような方はほとんどいないという理解でいいんですか。



○委員長(露?信夫君) 鶴岡主幹。



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 全く折衝できないというのは、先ほど申しました所在不明が市内で55人、市外で42人、そういうことでございます。

  以上です。

          (「いるんじゃない」と呼ぶ者あり)



◎国保年金課主幹(鶴岡弘君) 文書の方も、もちろんその所在不明の方についても所在不明の文書は出しておりますけども、返戻されて何回か返ってくると、先ほども言いましたけども、臨戸徴収した中での確認、すべて行っております。市外の方も同じような形でやっております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (何事か呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて国民健康保険特別会計決算に対する質疑を終結いたします。

  次に、老人保健特別会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 決算書の200ページ、201ページですが、これ全体の歳入ということですけれども、歳入歳出ですか、になりますが、医療諸費で支出済額が31億5,670万1,252円ということで、一方で不用額が1億1,599万8,848円ということなんですけども、この理由についてまず伺います。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) きのうの一般会計の方の繰り出しでもお話がありまして、医療費につきましては計上は3カ年の推移を見ると、それから単年度の、例えば17年度であれば18年度の高い時期といいましょうか、そういうものを見ながら計上をしている状況でございます。特に3月の補正の時期でございますが、当然老人保健でございますので、お年寄りが加入しているわけでございまして、お年寄りの冬場のインフルエンザというものも、当然通常の医療費よりも多く見なければいけないというような状況でございます。先ほど言いましたその3月補正の時期でございますが、時期的には計上は1月でございます。1月でございますが、我々の方の実績を、医療費の推移の実績でございますが、単年度の17年度の医療費の実績をこう見てくるわけですね。予算の執行状況を見てきます。そうしますと、3月補正で例えば足りるか足らないかという問題になるわけでございますが、そのときの額といたしまして当初の3月補正のときの実績、11月の9月診療分、11月の支払いでございますが、2億6,200万ほどが月の平均でございます。そうしますと、トータル的には23億5,875万7,000円の支出がございました。その平均が今言いました2億6,200万でございます。予算とすれば、30億3,200万がございましたので、その実績、それと先ほど言いました冬場の医療費をどう算定するかと、見ていくかということになるわけでございますが、そうしますと今までのその単年度の一番高い額でこれを残りの3カ月分を計上させてもらい、その補正額が医療給付費になりますが、そうしますと3月補正の額1億7,674万7,000円というようなことで、トータル的には32億900万のお金が必要だろうというような計算をしたところでございます。結果的には、そのインフルエンザはありましたが、そんなにはやったというような実績はないわけでございまして、結果的には医療給付費の方では1億1,300万の執行残が生じたというような状況でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) それはきのうもそういう話出たんですけども、参考資料の方347ページを見ますと、老健加入者自体が年々、15年度ごろまではふえているんですけども、その後老健の制度の変わったこともあって、徐々に減って、これからも減ってくるんじゃないかとも思うんですけども、今後は横ばいの可能性があるんですけども、その辺の対象年齢が変わってきたという影響というのは、この不用額に及ぼす影響というのをどのように見ておられるんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) おっしゃるとおり、そういう影響が当然あるわけでございます。今347ページの方にも書いてございますが、14年の10月に老人保健対象者の年齢が引き上げになりました。したがいまして、老人保健の対象、この人数の中では年々減ってきているというような状況でございます。もう一方はですね、その14年の10月に支払基金の交付金、それと公費負担、国、県、市でございますが、この負担が公費の方が上がりまして、支払基金が減ったと、年4%ずつ減ってきまして、今年の10月からはその負担割合がフィフティー・フィフティー、いわゆる50%ずつになります。その経過もあります。その負担割合も、この会計上は4月から3月ということになっておりますが、国の方は負担割合の変更が10月で年4%の額がちょっと違ってきますんで、ここいら辺の影響も出ているのではないかなというふうに思っております。数字的には17年度の決算額でございますが、16年度から比べますと上がっておりますが、人が減って上がったということでございますんで、1人当たりの医療費というものが、ここで書いてございますが、医療の高度化等に起因するんではないかなというふうに思っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 不用額といってもいろいろ要因があることはわかったんですけども、こういったものについてまた、きのうもちょっと言いましたけども、弾力的に翌年度とか、そういう今後の問題にもなるかもしれませんが、例えば国保の方もこういう老健の減った分は国保に行っているわけですから、そういう弾力的な今後の運用というものはどのように考えておられるんでしょうか。

          (「弾力的といいますと、どういう」と呼ぶ者あり)



◆委員(篠?典之君) 要するに、例えばこういう結果としていろいろ理由はあっても、こういう1億1,000万という不用額が生じたのは事実なわけですよね。理由はいろいろインフルエンザが少なかったとか、そういうことでしょうけども、そういう今後の中で例えば国保の方に予算配分をふやすような方に考え方としてですけれども、事務的なことはまた別として、そういう実際に減っていくというのは事実としてあるわけですので、予算の考え方を国保の会計に、きのうも言いましたけど、法定外繰り入れなどの金額を考慮していくとか、そういった検討というのはされているものなのでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 老人健康保険の特別会計ですので、その不用額……先ほど不用額の内容は説明してありますけども、形をじゃ変えて質問をいま一度お願いをしたいと思います。

          (「言葉を変えて」と呼ぶ者あり)



◆委員(篠?典之君) じゃ、来年というか、この不用額が現実に出たのは理由としてはそういうことだと思うんですけど、今後もこういった不用額の見通しを持っているんでしょうか、この決算踏まえて。



○委員長(露?信夫君) 鈴木次長。



◎市民部次長(鈴木啓二朗君) 結果的にこういう結果になってしまいましたが、じゃ来年はどうかということでございますけども、できるだけその予算額に近い額をですね、執行できればというふうに思っております。ただ、来年度のことでございまして、今どうこうというお話はちょっとできないと思いますが、制度改正がございまして、年齢もこの10月ですか、これで19年度はもう75歳になりますんで、そうしますと国保の方も通常どおりの支出、したがいまして老保の方も通常どおりの支出になってくるのではないかということになりますと、やはりふえてくる、増加してくるだろうというような推計でございます。もう一つは、新たな後期高齢者の制度が20年の4月から始まってまいりますんで、そういうものの今後どのようにしていくかというのも、我々の方の今のちょっと課題になってくる問題ではないかなというふうに思っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて老人保健特別会計決算に対する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  暫時休憩いたします。

              休憩  午後1時39分

                                           

              再開  午後1時40分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  次に、介護保険特別会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 成果書の348ページですと、3ですが、介護認定審査会開催状況としてはこういう表のとおりなんですけれども、審査件数が相当、これは年間延べでしょうけども、1,500から多い年度だと1,700件、昨年度については1,500件余りということで、回数的には86回ということなんですけれども、この審査を通して1次審査とかでコンピュータ審査などで認定された後に、この審査会で変更になった割合というのはどのようなものなのか、また1回の開催件数で審査する件数というのはどのくらいの数なのか伺いたい。大体の数で、これ割ればあれなんですけども、要は1回の開催で過密じゃないのかどうか、伺いたいんですが。



○委員長(露?信夫君) 高山課長。



◎高齢者支援課長(高山栄作君) まず、1点目の1次判定と2次判定の比較ということでよろしいんでしょうか。



◆委員(篠?典之君) はい。



◎高齢者支援課長(高山栄作君) 1次判定と2次判定を比較いたしまして、2次判定で変更のなったものにつきましては、昨年度1段階上昇したものが390件、割合として25.2%です。2段階上昇が24件、1.6%、逆に下がったものですね、1段階下降したものが58件、割合で3.7%ということになっております。それから、1回当たりの審査件数ですけども、18件から20件ぐらいということで、毎週火曜と金曜日に行っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) そうすると、1、2段階合わせると二十六、七%で、変わったという点でマイナスというのも入れれば3割ぐらいは大体1次判定の段階よりは変わっているということなんですけれども、この変わったことによる本人への影響といいますか、例えばランクが下がったりすれば利用できる割合なども利用の限度額とかも違ってくるんですけれども、そういった変化に対しての当事者への説明など指導というのはどのように行われているんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 高山課長。



◎高齢者支援課長(高山栄作君) 認定結果通知と合わせまして、変わったという文章を添えてですね、本人の方には通知しています。これに対する苦情なんですけども、電話とか窓口へ訪れる方もいらっしゃいますが、その場で説明した段階で御了解はいただいています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) これはたしか半年に1回すべての方対象に審査でしたよね、ちょっと間違っていればあれなんですけど。



○委員長(露?信夫君) 高山課長。



◎高齢者支援課長(高山栄作君) 初回については大体6カ月、再交付というのか更新ですね、更新については12カ月で最大24カ月までということになっております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) そうしますと、少なくとも最長で2年ということですけども、その結果については文書でその内容についてというのは何段階ですよということで通知がされるんですけれども、その際の例えばそういう方々に対してのも、これは今年度の話になってしまうかもしれないですけど、例えば減免の通知などが今回はこの4月から平成18年度はつくられましたけども、いろんなそういう制度の変化のお知らせだとか周知徹底というのが生じた場合に、どのように17年度などでも行われていたものなのか伺います。



○委員長(露?信夫君) 高山課長。



◎高齢者支援課長(高山栄作君) 介護の認定を受けますと、ケアプランつくられます。その際に、ケアマネジャーと面接でどんなプランをつくるかということで話し合いをするわけですが、その中でもちろんケアマネジャーの方から、こういろんな制度的なお話もされます。本人からの要望もあります。そういった形でケアマネジャーから本人の方に周知はされているものと思います。それから、窓口の方にも介護保険の関係のサービスもののパンフ等々は置いて、訪れる方には配布しているというような状況です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて介護保険特別会計決算に対する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  暫時休憩いたします。

              休憩  午後1時48分

                                           

              再開  午後1時49分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  次に、農業集落排水事業特別会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 成果書の350ページの建設改良の中身なんですけども、この中の(仮称)松川上流地区の事業内容なんですけれども、17年度におけるこの委託料とか負担金とか、いろいろここに載っていますけれども、その17年度における状況の詳細について概要で結構ですので、伺いたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) 建設改良事業の(仮称)松川上流地区の内容なんですけれども、昨年度こちらの方、事業計画の方を策定いたしました。そのためのですね、これは国、県の方の補助金で、県の土地改良団体連合会が事業主体で計画の方を策定していただいたんですけども、それの負担金ということで229万9,397円支払ってございます。そのほか、事業着手前に集落排水事業については地域の農業用水の水質改善という目的もありますので、事業着手前の水質等の検査をさせていただきました。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) これは対象地区に対する説明会とかも以前からやられているんでは、もちろんいるんではないかと思うんですけども、実際これ一定の期間を置いて着手という話にもなってくるかと思うんですけど、そういう地元の皆さんに対する意識調査といいますか、負担の周知徹底ですとか合意ですとか、そういったものというのは最初のうちだけやられるものなんでしょうか、それとも一定程度間隔を置いて行われるものなんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) 農業集落排水事業は一応国の方の補助事業でありまして、当然事業同意をいただいて、その同意者について接続していただくといった工事でございます。採択前にはですね、当然ながら地元説明等を開いて、負担についても説明してございます。その後、地区推進委員の方々を地区ごとに選出していただいておりますので、その方々に対して事業の推進について説明しております。その方々から地元の地権者の方に、順次説明していただいているという状況でございます。



○委員長(露?信夫君) 篠?委員。



◆委員(篠?典之君) これは、スケジュール的にはどういう見通しで進む段取りになっているんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) 平成18年度、今年度事業採択を受けまして、平岡地区という名称の方に変わっておりますけれども、事業採択していただいております。

  それで、事業戸数が817戸ということで、受益面積としましては245ヘクタールということでございますので、かなり規模的に大きいということもありまして、国の方の事業、限度工期というものがございます。そういう関係で、2期に分割して採択していただいております。1期地区につきましてはですね、18年度から23年度まで、あと1年ダブらせて2期地区の方を採択していただきまして、27年までの10年間の計画で全体事業をやるという計画でございます。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 成果書の352ページの成果についてちょっとお聞きしますけども、これを工事をやって、今の今度の新しい平川地区ですか、それを除いてはとりあえず終わってきているわけですよね、事業としては。そういう中で、水洗化率がですね、これを見ると8年経過して東部が85%、松川地区は3年たってまだ59%ということなんですけどね、この辺の状況の内容とですね、これをとらえてちょっと低いような気がするんですよね。どういうふうに取り組むのか、ちょっとお聞きします。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) こちらの供用を開始した地区につきましては、水洗化の向上を目指しまして、昨年度につきましては年3回、両地区とも年3回個別に訪問いたしまして、接続の方をお願いしているわけでございます。袖ケ浦東部地区につきましてはですね、16年末に比べて9戸ほど1年間で接続していただきまして、接続率が83%から約85%に向上したわけでございます。松川地区につきましては、1年間で36戸接続していただきまして、16年度末で42%だったものが17年度末で59%になったということでございます。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) いや、それで要はそういう状況なんでしょうけれども、逆に言えばですね、つながない人はどういう人がいてですね、その人をどういうふうに説得しようとしているのかということですね、ちょっとお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) 接続していただけない方というのはですね、個別に訪問いたしましたところ、経済的な理由とか、あと建てかえを検討中で、建てかえたときに接続しますよという方、あるいはもう既にですね、事業中に実は合併浄化槽の方を設置してしまったと、当面そちらの方が使えるので、趣旨はわかるけれども、当面の間はちょっと接続はできないといったような方がございます。私どもといたしましては、鋭意事業の理解を深めまして、戸別訪問等行いまして、これからも接続の方をお願いしていくということでございます。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) よくその辺を分析されてですね、経済的な人と言われたけど、私はよくわからないですけどね、むしろこちらの地区の方は負担金が高いとか、そういうふうな要素が多いんじゃないかと思うんですよね。だから、そういうことでほかの人とも差をつけるわけにはいかないとは思うんですけどね、うまい方法を考えて出してですね、ぜひ促進をしていただきたいなと思います。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 今も接続戸数の話がありましたけど、この対象の中で、今経済的とかの理由とかとありましたけど、私のちょっと小耳に挟んだところでは、大家さんが別の自治体に住んでいて、それで借家で借りているようなおたくの場合に、本人には直接連絡が行っていなかったりするというのがあると聞いたことあるんですけども、実際この借家の方やアパートの方などの、接続に対する説明というのはどのようになさっておられるんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 高野課長。



◎農林土木課長(高野司君) これまで加入された方ということでですね、要は持ち主の方を中心にお願いをしていたわけですけれども、今後今年もこれから手紙等でも、水洗化のPRも兼ねてですね、お願いをするということを考えておりますので、その中で持ち主だけじゃなくてですね、借家に住んでいる方についてもPRの方を進めていきたいと考えております。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて農業集落排水事業特別会計決算に対する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  暫時休憩いたします。

              休憩  午後2時01分

                                           

              再開  午後2時02分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  次に、公共下水道事業特別会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  質疑はございませんか。

  田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 成果の356ページですね、水洗化の普及状況というんか事務事業というふうに書いてあるわけですけども、これも前々からだと思うんですけどね、横田地区が区域内世帯数が617戸あって、接続世帯が239、これずっと上からパーセンテージを出してみますとね、上の方の昭和地区は96.1%、長浦地区は93.4%、のぞみ野地区は100%ですよね、これに対して横田地区は38.7と、こういう言い方はいいかわからないですけど、ずっと低迷しているわけですね。この辺の状況をどのようにとらえて、どのような手を打とうとしているのか、お伺いします。



○委員長(露?信夫君) 斉藤課長。



◎下水道課長(斉藤陽一君) これもいつも指摘されるところですが、前年度については1月から2月の後半2カ月間ですね、集中的に横田を回りまして、基本的には戸別訪問をいたしました。全世帯回ったんですが、今回はアンケート調査をやってみました。接続をなぜできないかという形でアンケート調査をして、その結果一番多かったのがやっぱりお金がかかるということですね。それと、あとは倒産しちゃっているという、自己破産ですかね、そういう方もふえてきております。お金がないという、お金がかかるということですので、その世帯にはもう一度行きまして、無利子貸付金制度の提案をしております。中にはそれ使って、じゃやってみようという方もいらっしゃるんですが、結局借りたものは返すということでですね、それでやっぱりなかなかやってくれないという人もいるんですが、なるべく無利子貸付金制度を利用してもらうようにですね、これからも根気よくやっていきたいと、そういうふうに思っております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 無利子貸付金制度はいいと思うんですよね。それで、戸別訪問とかいろいろやられているようですけどね、要はさっき言ったように、お金がかかると、これ恐らく私は長浦駅前に住んでいるんで六十一、二坪しかありませんけども、高いというのは接続工事費のことではなくて受益者負担金だろうと思うんですね。あれが平米当たり450円ですよね。だから、やっぱり大きなところの家が多いんだと思うんですよ。100坪、200坪あると思うんですよね。だから、そういうところをどういうふうに説得していくかというのが一番大事だと思うんですよ。だから、今いろいろ条例で決められているんでしょうけども、やはり大きな土地を持っているから、この件に関してですよ、大きな土地を持っているから高いんだというのは、それは理屈は理屈だと思うんですけどね、大体こういうものというのは台所の数が幾つあって、それでトイレが幾つあって、そんなようなことで決める話ですよね。何かその辺のうまいアイデアはないんですかね。



○委員長(露?信夫君) 斉藤課長。



◎下水道課長(斉藤陽一君) 受益者負担金の決め方については、いろいろこう問題もあると思うんですが、基本的にはもう今まで平米450円という形でやってきておりますので、うちの方は去年やったのは再度その土地を再度確認するという作業をしました。それで、中には畑になっていたり田になったりのところありますから、そういうところについてはもう一度お伺いして、その猶予申請の手続をとってもらうということで進めております。ただ、その猶予についても規定が100%猶予じゃなくて50%猶予というものもあるんですね。農地でありながら、使わないのに50%猶予というのがありまして、50%でも結構大きな負担になるということで、その辺がちょっとうちの方も今までずっとそれで来ていますので非常に難しいんですが、中には猶予申請出さずに終わってしまっているところもありますんで、そこをもう一度調べて17年度はやってみました。それで、何件か猶予にしたケースもあります。ただ、今言ったように、土地をいっぱい持っていて、畑であっても50%とかお金がかかってしまいますので、その辺の問題はちょっと今検討中でございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) そういうことだと思うんですよね。土地を幾ら持っていても田んぼにしているとか、本当の住んでいる部分と、宅地であっても田舎の方ですと畑にされているとか草花を植えられているとか、そういうようなところもあると思うし、本当に農地のところもあるでしょうし、ですから今の話だと50%程度しか割引がきかないということになれば、その辺の法的根拠というんですか、今までの人に対するウエート感というのはもうどうしようもないというのはわかりますよ。だけど、法的にそういうものが縛られている、あるいは条例で縛られている、市の自由度というのはないものなのかどうなのか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 斉藤課長。



◎下水道課長(斉藤陽一君) 非常に難しいと思いますけども、うちの方はもう一つその分納という形でですね、これあれなんですが、分納で少しずつでも期間を長くして納めてもらおうと、そういうことを今考えています。どうしても受益者負担金の場合、今までの過程があってですね、都市計画法上でも決められていますので、今まではこうしていた、次からは来年からはこうするとなりますと、やっぱり不公平が出てきますんで、非常に難しいということがありまして、いずれは市街化区域ですから土地の利用は田んぼじゃなくて宅地になっていくという形でですね、これは市の方も進めていかなきゃいけませんから、長くお金を少しずつですね、できれば分納でもしていただくという形でお願いをしているところでございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 今分納と言われたのはですね、極論を言えばあれですか、20年、30年の分納という考え方ですかね。



○委員長(露?信夫君) 斉藤課長。



◎下水道課長(斉藤陽一君) 今の状況でいきますと、長い人は10年を超えてしまうということにもなります。その間に宅地化が進んで宅地利用になればですね、そのときに一括でいただくと、それまでは分納をしてもらうということを考えています。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) その方法もいいんじゃないかと思うんですよね。今電話のことをちょっと切り出して申しわけないんですけども、電話は昔は加入権というのが7万幾ら要って、それを今なくしてですね、加入権の要らない電話がすぐ取りつけられますよね。700円か月に余計に払うわけですけどね、そうすれば非常に薄まって一種の使用料の中になるんで、変な話が10年と言わず20年、30年で回収していくというような物の考え方もあながちないわけでなければ、ぜひそういうものを進めてもらって、要はやはりたまに聞くんですけども、そちらの方が言うにはですね、片やつないでいると、片やつながないと、その一番大きな理由が今のところのようなんですよね。ですから、何かしてつながないとですね、それは70か80ぐらいいきゃ、それはあとはしようがないというのはあるんでしょうけど、いつまでもこのような低迷では余りいい結果ではないと思いますんで、ぜひ何かのいろんな知恵を出し合ってですね、お願いしたいと思うんですね。

  それから、ちょっとこれに関連して、これはまた余分の話なんですけれども……いいです、これはやめましょう。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これに公共下水道事業特別会計決算に対する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  2時30分まで休憩いたします。

              休憩  午後2時13分

                                           

              再開  午後2時30分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  これより討論をお受けいたします。

  討論はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 討論はないようですので、これにて討論を終結いたします。

  採決をいたします。

  認定第1号 平成17年度袖ケ浦市一般会計及び各特別会計歳入歳出決算を原案のとおり認定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          (賛成者挙手)



○委員長(露?信夫君) 賛成多数でございます。

  よって、認定第1号は原案のとおり認定されました。

  暫時休憩いたします。

              休憩  午後2時31分

                                           

              再開  午後2時31分



○委員長(露?信夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  これより認定第2号 平成17年度袖ケ浦市水道事業会計決算に対する質疑をお受けいたします。

  神?委員。



◆委員(神?寛君) じゃ、1点だけお伺いします。角山の配水場ですか、アスベストの件なんですけど、撤去工事ということで、400平米ほど暴露しないために表面を固化剤を吹きつけして固められると思うんですけれど、すぐわからなかったら後でも結構ですけれど、耐用年数どのぐらいの耐用年数の材料を使われて、どういう材料を使われたか教えていただけますか。



○委員長(露?信夫君) どこの決算の事業。



◆委員(神?寛君) これ決算書の15ページ、済みません。



○委員長(露?信夫君) 15ページの。



◆委員(神?寛君) 28番。済みません、28番。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 角山の発電機室のアスベストの工事ですが、これアスベストが設計図、その他もろもろ調べまして、これはアスベストが含んでいるだろうということで、実はアスベストの含んでいるという確かな分析、これを実は実施しないで含んでいるだろうと、含んでいるからはこれはもうやらなきゃいけないということで予算化し、実施したものです。実際に施行する前に分析をいたしましたところ、そのアスベストが規定以上に含まれていなかったということがわかりまして、したがいましてそこで設計変更、いわゆる工事の方法がもう全く違いますので、設計変更をして実施をいたしました。いずれにいたしましても、あそこを私どもも現地へ見に行きましたけれども、かなりこうもうもろくなってはがれてきておりまして、あの中へ点検やら入りますので、作業環境上よくないということで、それをはがして、そういう工事を実施したものでございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 神?委員。



◆委員(神?寛君) 済みません、私の聞いたのはどういう耐用年数、塗料吹きつけした塗料の耐用年数と名前を教えてください、塗料の。わかればということで、今わからなかったら後で結構です。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 表面を処理したのは、アクリル系の表面硬化剤で処理をしております。耐用年数については、通常のアクリル系のペイントと同じふうに考えております。アクリル系の表面硬化剤でございます。



◆委員(神?寛君) はい、わかりました。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  立原委員。



◆委員(立原勇君) 決算書の14ページに工事内容が細かく書いてありまして、その中で老朽管の更新工事が14件、5億8,000万という工事があるわけですけれども、これはずっと継続している工事でこれからも続くわけですが、平成17年度においてですね、工事内容の見直しだとか、あるいは材質の変更だとか、そういう改良された点がもしあれば説明してください。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 特段の改良はございませんけども、今の管の材質をですね、ダクタイル鋳鉄管というもので施行をしております。



○委員長(露?信夫君) 立原委員。



◆委員(立原勇君) そうすると、この工事の工法だとか材質は最初から現在まで、あるいはこれからもほぼ同じやり方で最後まで行くと、そういうふうに理解してよろしいんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) やはり今これ補助金でいただいて進めている工事でございますので、今の材質で12年からやっております。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 決算書の3ページ、4ページ、資本的収入及び支出のところで建設改良費が2,100万ですか、不用になっているわけですけども、この内訳と理由ですね、これを教えてください。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) この主なものはですね、予算に対して執行した分の残りでございますが、やはり予算取りしたときと工事内容が若干変わってきたと、そういうことからこれだけの2,100万の不用額といいますか、そういうものに生じてきたと、主なものは工事で、工事の延長だとか、そういうものが縮まってきましたので、執行した結果ですね、このような予算が不用になってきたと、そういうことでございます。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) ですからね、どんな工事が不用になったのか、あるいは何か入札をやってですね、安くやったとか、どういうことなのか、もうちょっと具体的にお願いします。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 一番大きなものは、入札による執行の残でございます。それと工事の方の関係では、予定していた延長より若干調査をした結果ですね、予定延長に対して短くなってしまったと、そういうものがございます。それともう一つは、あとは細かなお話なんですが、深く管をいける予定であったものがですね、10センチ程度なんですけども、浅く管を入れることができたと、そういうことからこういうお金が生じております。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 別件ですけども、先ほど老朽管の話が立原議員の方から出たわけですけどね、老朽管のこの工事というのはですね、今長浦駅前盛んにやられているんですけどね、ああいう工事を見ると老朽管だけの工事費なんですかね、ちょっと私のところはまだ始まっていないんであれなんですけども、当然掘り返しますよね。その道路の補修というのはどういう形になっているんですか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 基本的には管を入れかえるという工事ですので、掘削した幅が決まっております。その部分を舗装は道路管理者と協議をしてやりかえるという形になります。全面を打ちかえるような場合は、道路と道路管理者がここ舗装打ちかえをやるよというようなときには、お互いが協議をしてですね、そういうときには全面を舗装の打ちかえを行っております。そうでない場合は基本的に管の入れかえ幅、工事した幅を舗装で打ちかえると、そういう格好になります。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 今の話ですと、基本的にはその切ったところは、切ったところだけ修復するということが前提なんですか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) はい、そうです。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) それで、その部分の道路の補修費用というのはここに入って、決算に入っているんですか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) はい、入っております。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 老朽管の結果、よく有収率が上がると、今回の決算の報告書でも0.3ポイント改善したとありますけども、これはあれですか、全体でなかなか試算も難しいのかもしれませんけども、どの程度の決算上の効果があるものなのか、わかりましたらちょっと。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) このなかなかどのくらい、更新したからどのくらいというようなのはなかなかはかり切れない部分がありますけれども、事実私どもも平成12年からこの石綿管の交換、更新工事を盛んにやってきております。その結果、年々その有収率、これは向上してきております。一方、近隣市を見ますと、やはりなかなかそういったものがやってきていないところもございまして、そういうところは私どもよりずっとやはり有収率は低うございます。ですから、これをやっていることによって、かなりの効果は出ているなというふうに考えております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 数字はわかんないわけですね。わかんなきゃ結構です。有収率が上がったことによって、どれぐらい費用が……



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 数字でと言うと、ちょっと今すぐぱっとこう出てこないんですけれども、例えば企業団の方から受水をしております。受水費を支払っているわけですね。これが漏水でその分逃げているということは損失になるわけですから、0.3ポイント上がったということは、それだけそういった受水費を支払う関連とか、そういったものが減ったという効果、そういったものが出てくるというふうに考えられます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 審査意見書ですか、それの6ページですね。ちょっと書いてあるんですけど、この総収入が3,970万ほどですか、減少して17億4,757万7,000円ですか、そういった数字になっていますけど、これはここにも書いてありますけど、大口利用者の節水意識ということが書かれていますけど、そのほかの背景ということで、これだけの背景でもって減収に至っているのかですね、まずその辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) いろいろな水道の使用の、例えば1から20立米、20立米から40立米の使用がどのくらいだというようなデータもとってございます。17年度、約9万トン近く減少をしておるわけでございますが、これがはからずもと言ったら何ですけれども、500トン以上の部分、ここの部分でやはり9万トン減少しております。あと1から20、40立米ぐらいまでのところは、実は給水量としてはふえてございます。というのは、人口も微増ですけれども、ふえてございますから、そこはふえているんですけれども、そういった大きいところが減っているというのが主な原因で、こういうふうな記載になっているというふうに御理解いただければと思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) その利用者がふえているということなんですけど、実際はですね、収益から見ると減少しているということで、この収益を上げるための対策というのは何か考えていらっしゃいますか。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 収益を上げる、なかなかこれ私どもの大口というか今の水も一つの資源でございますし、また会社は営業するときにはやはり経営を考えれば減らそうというふうに考えるのは当然なことだろうと思います。ですから、その辺できれば大きな椎の森とか、そういうところに水を使う企業さんが来ていただけるとか、そういうことぐらいしか今のところ私どもの方はちょっと考えられないんでございますが。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) もう一点ですね、水道使用料の徴収なんですけどね、これは過去5年間ですか、調定分の148万ですね、それを不納欠損として処理すると、その対象者が122名ですか、こういったものがですね、85名の方が所在不明ということで不納欠損にしたということなんですけど、今後もこういったものが多分出てくるんじゃないかなと思うんですよ。ですから、そういったものに対する対策ですか、これは過去5年間の分をまとめて本年度特別損失ということでやっていらっしゃると思うんですけど、これはこれを不納欠損にしても、また私は出てくるんじゃないかなと思うんですよ。ですから、そういったものに対する対策というのはどんなふうに考えていらっしゃるんでしょうか。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 不納欠損、今回148万ちょっとですか、させていただきました。この内訳を最初に申し上げますけれども、平成12年分で97万5,000円でございます。それから、13年から16年までの分が50万6,000円でございまして、この13年から16年分と申しますのは、もう会社が倒産してしまった、あるいは死亡したと、その客体がなくなってしまったものについては、いつまでもその債権を持っていてもいたし方がないというふうに考えまして、この分今年度ちょっと上乗せで不納欠損させていただきました。所在不明者が非常に多いわけでございますけれども、私どもの方は徴収率を上げるためにというか一つの対策といたしまして、私どもの最終手段として給水停止という方法がありますけれども、平成16年までは調定をしてから給水停止まで4カ月の、いろいろその市民の方といいますか納めていただけない方に督促ですとか、あるいは納入のお知らせですとか、そういった手続を踏んでやっておりましたけれども、平成17年からなるべく滞納額を減らそうということで、それを1カ月前倒ししまして、もう3カ月で給水停止をするような方法、こういった方法で少しでも滞納額を減らそうという努力をしております。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 片倉委員。



◆委員(片倉憲太郎君) 今答弁の中でですね、12年度から16年度でもって今こういう97万5,000円ですか、それと13年度から16年度の中で50万6,000円が出たということなんで、かなり年数がたっていますので、ですからこの年数はこれはやはり放置しないで、すべてが13年度、この12年から16年の中で対応できなかったかなというふうに思うんですけど、これまでね。ですから、その辺これは不納欠損ということでもう処理したわけですけど、今後そういう今言った3カ月で停止するとかですね、やはりもっと、使用している方にやはりもっと積極的に話し合っていくとか、これはやはりなるべく滞納のないようにですね、やはりやらざるを得ないんじゃないかなと思うんですね。でないと、逃げた者が勝ちになるわけですね。ですから、使うだけ使って、はい、さようならとするのが一番いいわけですけど、そういったことを極力減らしていただきたいというふうに思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) この決算書の最後の、最後でもないな、資本的収入という中に出資金がございますよね、1億円。これは一般会計から出ているわけですけども、そのことについてちょっとお伺いしたいんですけど、一つはこの出資金の目的は老朽管工事のためのものだという名目だと思うんで、それはそういうふうに理解していいのか、どうなのか。

  それから、当初予算が1億4,500万円の予算が17年度組まれているわけですけども、1億円しか出ていないと、一般会計から1億円で済ませたと、この理由と、それからこの出資金というのは、そういう意味であればですね、老朽管工事ちょっと今最終年度を忘れましたけども、いつまで一般会計から補てんしなきゃならないものなのか、この辺についてちょっとお聞きします。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) お答えをいたします。

  まず、出資金でございますが、ここにございます出資金は、これは地方公営企業の繰出金で、これには基準がございます。どういう場合は繰り出ししてもいいよというような国からの通知がございます。私どもこの該当するのは、石綿管の更新事業に使われたものに対する出資に限られておりますので、その出資金でございます。まず、1点目これですね。

  それから、1億3,000万が1億円に減ったと。

          (「1億4,500万」と呼ぶ者あり)



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 予算上ですと、1億3,000万でございますけれども、減った理由でございますけど、まず1点目ですけれども、この出資金を算出する場合に、これも計算式が示されております。減った理由は、まず工事費が当初69億6,000万ほど予定しておりました。17年度は58億8,000万程度になりまして、そこにここから1億5,000万の国庫補助金をさっ引きます。それの自己負担分というか地方負担分の4分の1ということで、当初は……失礼しました。それが国庫補助金も1億5,000万が補助対象だったんですが、それが1億7,000万にふえてきております。したがいまして、これに算出いたしますと1億3,000万が1億円に減ってしまうと、その分補助金は上乗せで500万ほどふえているかと思いますけれども、そういった算式になるということになります。

  それから、もう一つ、これがずっと続くのかというようなお話でございますが、現在この出資債の制度が一応平成の、たしか20年までだったかと思いますけれども、一応認められておりますので、そこまではという話になりますが、これも一旦また延期になっておりますので、私どもの期待としてはこれをまた今後も延期をしていただきたいなとは思っているんですけれども、一応制度的にはそういう話になります。ですから、制度の方がなくなれば、これはなくなってしまいますけれども、それでも今私どもの方はその耐震対策として老朽管更新を積極的にやってございますので、これはまた財政の方といろいろ協議をしなきゃいけないなというふうに考えてございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) ちょっと確認させてください。その今言われた……

          (何事か呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) ちょっと訂正をさせていただきたいと思います。

  先ほど事業費「69億」というふうに言ったということなんですが、「6億9,000万」の誤りでございますので、訂正させていただきます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) 先ほどの答弁ちょっと確認させてください。

  制度と言われたのがどういう制度なのか、ちょっと教えてもらうのと、一応今のままですと20年度までは1億円は簡単に言えば約束されているというようなことで、その後は何とか頼みたいということのようですけれども、この制度というのはちょっと済みません、どういう制度なのか。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) それでは、今ここに地方公営企業繰出金についてという、総務省の自治財務局長通知の文書がございますので、ちょっと読ませていただいて。

          (「簡単でいいですよ」と呼ぶ者あり)



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 地方公営企業の現状にかんがみ、地方公営企業法に定める経営に関する基本原則を堅持しながら、地方公営の経営の健全を促進してやるためなんですけれども、そのために地方企業繰出金を計上することとしているということで、健全経営をするために、そういった出資債の制度がありますということでなっております。

          (「公布文の写しとかがあるんですか」と呼ぶ者あり)



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 申しわけありません。ここに出た交付金は、交付税の繰り出し基準というのは交付税の措置をされるんだということだそうでございます。



○委員長(露?信夫君) 田邊委員。



◆副委員長(田邊恒生君) これでやめますけど、何かそういう今言われた国の制度というのがあって、それが20年でなくなるということなんですか。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 出資債の制度がなくなるというふうに今現在なっております。

          (「石綿管の」と呼ぶ者あり)



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 石綿管ですね。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 金かかることですから、ちょっと聞いておきたいんですけど。老朽管の整備、あとの整備はどのくらいあって、どのくらいの年数がかかって、費用がどのくらいかかるかと。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) まず、老朽管の延長がどれくらいあるかということなんですが、今石綿管というふうに称しているものが17年度末で約92キロ残っております。

  それと、これをいつまで完了できるかというお話なんですが、今のところ全部が終了するのが平成の27年というふうに考えております。一つはですね、これ横田地区なんですが、農業集落排水、この事業とあわせて行う部分がございますので、その最終年度が27年度になっておりますので、今平成の27年度を最終年度というふうに考えております。

  それと、事業費についてなんですが、今最終的に全部設計やっていませんけど、おおむね管工事の場合ですね、管をいけるだけで約3万円から4万円ぐらい費用がかかりますので、その辺については延長掛ける約3万円から4万円の幅で、今お答えできるのはそういう考えです。といいますのは、曲がりの多い部分とかですね、やはり本管をいけるに当たって取り出し管を再度やり直さなくちゃいけない、そういう部分がございますので、ちょっとその数字が今把握していませんので、この老朽管更新工事に当たってはですね、管をいけるお金がおおむね3万円から4万円ぐらい、管径にもよりますけども、そのくらいかかると。そのほかに、だから直線部分とか、そういう曲がりの多い区間、それとか取り出しによって工事費が変わるということでお答えさせていただきます。



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) この石綿管の部分が92キロ残っていて、それの整備が今の答弁なんですけど、やっぱり石綿管以外の部分もこれ補修していかなくちゃいけないところがあると思うんですけど、そっちの部分はどうなっていますか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 今おっしゃるとおり、塩ビ管というものもございます。これも耐用年数が来ると非常に漏水起こしやすい部分がございますけども、今約49キロございます。これもやはり老朽管更新とあわせながらですね、整備を考えております。



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) すると、これ50キロと92キロだから141キロ全体であるんですけど、こっちの方もやっぱり3万から4万、3万から4万というのはこれメーター当たり3万から4万、どういったあれですか。



○委員長(露?信夫君) 鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 今1メーター当たりで約3万円くらい、管を入れるだけでかかろうかと思います。ただ、先ほど言いましたように、曲がりの多い工事だとか、そういうものによってはこのお金がですね、さらにプラスされていく事業になりますので、管をいける基本のお金がメーター3万円から4万円くらい、これは口径によってもお金が変わりますし、そういう現場条件によっても変わりますので、今3万円から4万円の範囲、管自体は3万円くらいでおさまるんですけども、そのくらいメーター当たりかかりますということでお答えさせていただきます。

          (「それでいけられるの」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 掛ける計算……

  鹿島課長。



◎工務課長(鹿島秀明君) 約42億円でございます。



○委員長(露?信夫君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺盛君) 42億円ぐらいだと、10年もかけないで早くやっちまえばいいじゃないか。その今の部分と起債が今幾らあって、これ全部を終わるとですね、起債はどのくらい、一番ピークのときでどのくらいの起債になるか聞いて終わります。



○委員長(露?信夫君) 佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 平成17年度末で起債残高約57億7,000万ほどでございます。ピークがいつかということになりますけど、これは工事量とか事業費によっていろいろ変化をしてきますので、明らかに幾らですよということはなかなか言いにくいんですけれども、今現在地域経営計画とか、そういったことで今策定をしておりますけども、それを見ますと大体78億、その辺になるのかな、それ以上私どもの規模の水道でこれ以上借りるとですね、これは経営の方も非常に支障が生じるというふうに考えております。一応その辺が限度かなというふうに考えてございます。

  以上です。



◆委員(渡辺盛君) わかりました。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 今の関連ですけども、18ページなんですが、これ17年度を見ましても、300万以上の重要契約の要旨ということだけでも、かなりこの老朽管更新工事自体が、各地石綿管中心に多いわけなんですけども、今も42億という金額が出てきたんですけれども、こういう工事の金額が出てくると、今度水道料とか市民負担への影響とかということがまた心配になるんですけども、その状況というのはこの工事ともかんがみて、どのような経営内容といいますか状況になっているのか伺います。



○委員長(露?信夫君) 決算と多少離れますけども、大分離れますけども。

  佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 決算と非常に離れますので、これにつきましては27日、議会最終日に全員協議会で、中期経営計画の一応原案ができ上がりまして、パブリックコメントをかけようということで、その内容につきまして皆様方に説明をしようというふうに考えてございますので、そのときにいろいろお答えできるというふうに考えてございます。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) 今のその表なんですけれども、徴収業務委託ということで、あと電算業務というのもこの中でも契約があるんですけれども、平成17年度だったか、ちょっとそれ時期的にちょっとあれなんですけど、以前千葉市の方での水道会社というのの不祥事だとかとの関係での入札が議論、問題になったことあるんですけども、そのあたりのチェック体制というのは17年度などではどのように行ってきておりますでしょうか。



○委員長(露?信夫君) チェック体制……いま一度質問をちょっと。

  篠?委員。



◆委員(篠?典之君) たしか報道でも、それから議会でも議論になりましたね、以前。水道の、当時は新都市サービスというあれでしたっけ、今はそのジェネッツということになりましたけど、名前が変わったと思うんですけども、それで徴収業務なり検針業務なりをめぐって不祥事がありまして、その後入札、たしか指名競争入札だったと思うんですけども、それで議会でも若干議論になったことがあったと思うんですけれども、そのあたりのその後の特に17年度においてのそういう業者のチェック体制といいますか、ちまたでもいろいろ例えば水道の水量計だとか、いろんなメーター計だとか、東京都なんかでも問題になったことが別件でありましたけども、その辺のチェック体制というのはどのように行っているのか伺いたいんですけど。 



○委員長(露?信夫君) 委託に対してのチェックということですか。

  佐久間参事。



◎水道事業参事(佐久間誠一君) 委託に対してのチェック体制ということでございますが、実はこのジェネッツというところと契約をしているわけなんですけれども、この契約、平成15年度に3社と、市の指名の参加登録というか届けを出して登録された業者を3社でもって入札を行いました。平成15年度に行いました。そのうち1社は辞退だったかな、実質2社でもって入札を行って、現在のジェネッツに決まったものでございます。私どもの方の考えでは、この後5年後というか平成20年ですね、これにまた入札をやろうということで、そういうことですので、この委託に対するチェック体制とかというのはちょっと特段実施はしておりませんけれども、そういったことでまた5年後に入札をやるということでもって、ちょっと回答になるかどうかあれなんですが、答えさせていただきたいと思います。

  以上です。



○委員長(露?信夫君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 質疑はないようですので、これにて平成17年度袖ケ浦市水道事業会計決算に対する質疑を終結いたします。

  執行部の皆さん、御苦労さまでした。

  これより討論をお受けいたします。

  討論はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 討論はないようですので、これにて討論を終結いたします。

  採決をいたします。

  認定第2号 平成17年度袖ケ浦市水道事業会計決算を原案のとおり認定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          (賛成者挙手)



○委員長(露?信夫君) 賛成全員でございます。

  よって、認定第2号は原案のとおり認定されました。

  これより委員会として要望事項がございましたら意見等を賜りますが、御意見ございますか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(露?信夫君) 御意見ないものと認めます。

  以上をもちまして、当委員会に付託されました案件の審査はすべて終了いたしました。

  これをもちまして決算審査特別委員会を閉会いたします。

  御苦労さまでございました。

              閉会  午後3時05分








本日の会議に付した事件 
 1.開  会(委員長あいさつ)
 2.議  件
 (1) 認定第1号 平成17年度袖ケ浦市一般会計及び各特別会計歳入歳出決算の認定について
 (2) 認定第2号 平成17年度袖ケ浦市水道事業会計決算の認定について
 3.散  会

出 席 委 員                            
 委 員 長 露? 信夫 君                      
 副委員長 田邊 恒生 君                      
 議  長 江野澤吉克 君                      
 委  員                              
  片倉憲太郎 君    神?  寛 君    立原  勇 君    
  小野 光正 君    篠? 典之 君    岡田  實 君    
  林  弥雄 君    渡辺  盛 君    石井 俊夫 君    
  近藤 利勝 君                          

欠 席 委 員                            
 な  し                              

傍 聴 議 員                            
 福原 孝彦 君    塚本 幸子 君    出口  清 君     
 榊原 靖夫 君    秋葉 光枝 君                

出席説明者                              
 企 画 政策部長 稲沢 良訓 君    企画政策部参事 川島 一郎 君
 企 画 課 長 高見澤洋彦 君    企 画 課 主 幹 今関 暢夫 君

 ま ち づ く り 笈川政登己 君    秘 書 広報課長 小畑 耕一 君
 推 進 課 長

 総 務 部 長 近藤 浩之 君    総 務 部 次 長 阿津 光夫 君
 総 務 課 主 幹 久野 博巳 君    管 財 防災課長 茂木 好明 君
 情 報 推進課長 加藤 康雄 君    工 事 検査室長 小藤田光男 君
 市 民 部 長 大野 与一 君    市 民 部 次 長 鈴木啓二朗 君
 国保年金課主幹 鶴岡  弘 君    市 民 課 長 木島  衛 君
 課 税 課 長 長谷川トシ枝君    納 税 課 長 関  洋夫 君


 納 税 課 主 幹 白石伊三夫 君    平 川 行 政 花沢 忠良 君
                    セ ン ター所長


 長 浦 行 政 稲垣 昭彦 君    保 健 福祉部長 宮原 寛充 君
 セ ン ター所長

 保健福祉部次長 花澤 敏夫 君    厚 生 課 主 幹 伊藤  繁 君
 高齢者支援課長 高山 栄作 君    児 童 家庭課長 石井 秀雄 君

 健 康 推進課長 須藤 博雄 君    袖ケ浦健康づく 笠原 幹夫 君
                    り支援センター
                    所     長

 環 境 経済部長 森  茂隆 君    環境経済部次長 平野 幹雄 君

 生活環境課主幹 鶴岡 芳男 君    袖ケ浦クリーン 増田 敏行 君
                    セ ン ター所長

 環 境 保全課長 渡辺 和雄 君    経 済 振興課長 礒貝 弘一 君
 農 林 土木課長 高野  司 君    土 木 部 長 山口 幹雄 君
 土 木 部 次 長 渡辺 哲夫 君    管 理 課 主 幹 金丸 雅昭 君
 土 木 課 長 小泉  誠 君    営 繕 課 長 坂本 勝正 君
 都 市 部 長 望月 照也 君    都 市 部 次 長 水野  勉 君
 都市計画課主幹 小倉 正夫 君    都 市 整備課長 及川 和範 君
 都市整備課主幹 小幡 光一 君    下 水 道 課 長 斉藤 陽一 君
 会 計 課 長 在原 大平 君    水道事業管理者 染谷  勝 君
 水 道 事業参事 佐久間誠一 君    工 務 課 長 鹿島 秀明 君
 消  防  長 花澤 秀雄 君    消 防 次 長 森  義臣 君
 消 防 参 事 在原  盛 君    消防総務課主幹 小林  好 君

 消 防 司 令 室 神子 秀男 君    消 防 署 長 石井 正義 君
 指 令 室 長

 消 防 署副署長 安田 勝美 君    長 浦 分 署 長 飯島 利和 君
 平 川 分 署 長 江尻  操 君    教 育 部 長 尾? 文男 君
 教 育 部 次 長 齋藤 一男 君    教 育 部 参 事 川島  悟 君
 市 民 会館館長 進藤 秀世 君    中央図書館館長 鈴木 菊夫 君
 庶 務 課 主 幹 長谷川重義 君    学校教育課主幹 鈴木 茂昭 君

 総 合 教 育 櫻井 啓一 君    学 校 給 食 花澤 一男 君
 セ ン ター所長            セ ン ター所長

 生 涯 学習課長 小沢  進 君    市民会館副館長 佐久間健夫 君

 根 形 公 民 館 古川 好男 君    平 岡 公 民 館 小原 幸治 君
 副  館  長            副  館  長

 郷 土 博 物 館 石井  正 君    体 育 振興課長 小堀 正雄 君
 副  館  長

 議会事務局次長 高吉 文夫 君    選 管 ・ 監 査 多田 幸夫 君
                    事 務 局 長

 農 業 委 員 会 齋藤 哲郎 君
 事 務 局 長

出席事務局職員
                    
 議 会 事務局長 福本  通 君    議 会 事 務 局 斉藤 明博 君
                    主     査

 議 会 事 務 局 小幡久美子 君
 副  主  査