議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年 12月 定例会(第4回) 11月25日−01号




平成26年 12月 定例会(第4回) − 11月25日−01号







平成26年 12月 定例会(第4回)





          平成26年第4回四街道市議会定例会 第1日

                          平成26年11月25日(火曜日)午後1時開議
 議 事 日 程 (第1号)

 日程第1 会議録署名議員の指名                                
 日程第2 会期の決定                                     
 日程第3 施政概要の説明                                   
 日程第4 議案第1号〜議案第13号(提案理由の説明)                     
 日程第5 休会の件                                      
                                              
〇本日の会議に付した事件
 1、開  会                                         
 1、開  議                                         
 1、議事日程の報告                                      
 1、諸般の報告                                        
 1、会議録署名議員の指名                                   
 1、会期の決定                                        
 1、施政概要の説明                                      
 1、議案第1号〜議案第13号の上程、説明                           
 1、休会について                                       
 1、散  会                                         

午後1時開議
 出席議員(20名)
     2番   関  根  登 志 夫         3番   鈴  木  陽  介
     4番   成  田  芳  律         5番   中  島  康  一
     6番   清  水  清  子         7番   大  谷  順  子
     9番   戸  田  由 紀 子        10番   斉  藤  耀  一
    11番   宮  崎  昭  彦        12番   岡  田  哲  明
    13番   山  本  裕  嗣        14番   高  橋  絹  子
    15番   吉  本  貴 美 子        16番   長 谷 川  清  和
    17番   石  山  健  作        18番   清  宮  一  義
    19番   阿  部  治  夫        20番   森  本  次  郎
    21番   市  橋  誠 二 郎        22番   広  瀬  義  積

 欠席議員(なし)

 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  市   長   佐  渡     斉      副 市 長   武  富  裕  次
  教 育 長   ?  橋  信  彦      危機管理監   平  井     進

  経 営 企画   大  野  芳  久      総 務 部長   麻  生  和  雄
  部   長

  福   祉   小  澤  芳  雄      健康こども   高  橋  靖  明
  サ ー ビス                   部   長
  部   長

  環 境 経済   杉  山     毅      都 市 部長   勝  山  博  昭
  部   長

  水 道 事業   櫻  井  克  已      会計管理者   岡  田  篤  男
  センター長

  消 防 長   能  城  俊  一      教 育 部長   ?  野  松  男

 本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      主   幹   小  林     武
  主 査 補   仲  田  鋼  太      副 主 査   藤  井  康  行





△開会の宣告                                (午後1時)



○市橋誠二郎議長 ただいまより平成26年第4回四街道市議会定例会を開会します。

  ただいまの出席議員20名、定足数に達していますので、本定例会は成立しました。



                        ◇                      





△開議の宣告



○市橋誠二郎議長 直ちに本日の会議を開きます。



                        ◇                      





△議事日程の報告



○市橋誠二郎議長 本日の日程については、お手元に配付の日程表のとおりです。



                        ◇                      





△諸般の報告



○市橋誠二郎議長 日程に入るに先立ち、諸般の報告を申し上げます。

  去る11月12日付で市川尚史さんから議員辞職願が提出され、地方自治法第126条の規定に基づき、11月12日付でこれを許可しました。

  次に、閉会中に開催された議会運営委員会において、副委員長互選の結果、副委員長に清水清子さんが決定しましたので、ご報告します。

  次に、委員会条例第8条第1項の規定により、議会運営委員会委員に広瀬義積さんを指名しましたので、ご報告します。

  本職の出席要求に対する出席者については、お手元に配付の一覧表によりご了承願います。

  次に、本定例会前に提出された請願1件については、お手元に配付の請願文書表記載のとおり、所管の常任委員会に付託します。

  次に、本定例会前に提出された陳情6件については、2件は参考資料とし、4件はお手元に配付の陳情文書表記載のとおり、議会運営委員会及び所管の常任委員会に付託します。



                        ◇                      





△会議録署名議員の指名



○市橋誠二郎議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  本定例会の会議録署名議員に、会議規則第81条の規定により、

  6番   清 水 清 子 さん

  7番   大 谷 順 子 さん

 を指名します。



                        ◇                      





△会期の決定



○市橋誠二郎議長 日程第2、会期の決定を議題とします。

  お諮りします。本定例会の会期を本日から12月18日までの24日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○市橋誠二郎議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は24日間と決定しました。



                        ◇                      





△施政概要の説明



○市橋誠二郎議長 日程第3、施政概要の説明を行います。

  施政概要の説明を求めます。

  市長、佐渡斉さん。

    〔市長 佐渡 斉登壇〕



◎市長(佐渡斉) 本日、ここに平成26年第4回四街道市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位にはご参集をいただき、まことにありがとうございます。

  本定例会に提案いたしました案件につきましては、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。

  それでは、施政の概要について申し上げます。

  初めに、本市の直面する重要事項及び懸案事項への取り組みについてでございますが、本年度からスタートしました「四街道市総合計画」に掲げる将来都市像「人 みどり 子育て 選ばれる安心快適都市 四街道」の実現を目指し、計画の効果的かつ着実な推進を図るため、「四街道市総合計画推進本部」を10月に設置しました。本組織において、今後計画の策定・推進・進行管理・評価という総合計画全体のシステム管理を行いながら、その推進を図ってまいります。

  ごみ処理施設については、さきの9月定例会において、最新鋭施設の建設を視野に入れることを表明しましたことから、10月1日付の行政回覧及び11月1日号・15日号の市政だよりにより、市民の皆様にその内容をお知らせしたところです。

  今後については、みそら自治会において、直接投票の実施方法等について検討を重ねた上で、投票を1月に実施する予定であると伺っています。みそら自治会及び山梨地区ともに、現施設の継続操業についてご理解をいただくことができるよう、引き続き努力してまいります。

  子育て支援については、「子ども・子育て支援事業計画」の策定に関し、計画案を保健福祉審議会子ども・子育て部会にお示ししてご審議をいただいているところです。今後も27年3月の策定に向け、引き続き策定作業を進めてまいります。また、あわせて27年4月に予定される子ども・子育て支援新制度の導入に向けた準備を進めています。

  住環境の整備については、「住生活基本計画」策定に向けた基礎調査として、「住まいに関するアンケート調査」を10月から11月にかけて実施しました。また、空き家の実態調査として、地区選定の結果をもとに、現在調査対象地域の現地調査を行っているところです。今後も市民の豊かな住生活の実現を目指し、策定作業を順次進めてまいります。

  消費税率及び地方消費税率の引き上げに伴い国から支給される臨時福祉給付金については、10月末現在、6,869件分の支給を行いました。また、子育て世帯臨時特例給付金については、10月末現在、6,274件分の支給を行いました。引き続き申請受け付けしたものについて審査し、支給を行います。

  10月31日に行いました市表彰式では、功労表彰として8名の方々の表彰を行いました。受賞された皆様におかれましては、今後とも一層のご活躍を祈念申し上げる次第です。

  引き続きまして、主要施策について、総合計画の基本目標に沿って申し上げます。

  基本目標1「だれもが健康でいきいき暮らせるまち」の分野でございますが、子供家庭支援については待機児童の解消に向けて、27年4月開園を予定している和良比地区の民間保育園整備のための支援を行っているところです。

  また、27年度中に整備し、28年4月に開園を予定している民間保育園運営事業者の公募を実施したところです。

  高齢者支援については、「第6期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画」の策定作業を保健福祉審議会のご意見をいただきながら進めており、現在計画素案の検討を行っています。

  また、高齢者に対する見守りを目的として、11月20日に株式会社セブンイレブン・ジャパン、生活協同組合コープみらい及び株式会社地域新聞社の3者と「高齢者見守り活動に関する協定」を締結しました。

  障害者支援については、「第4期障害福祉計画」の策定作業を保健福祉審議会及び障害者自立支援協議会のご意見をいただきながら進めており、現在計画素案の検討を行っています。

  地域福祉については、保護観察対象者に対する社会復帰を支援するため、11月12日に佐倉地区保護司会と「就労支援に関する協定」を締結しました。

  健康づくりについては、自殺予防の対策として、市民を対象としたゲートキーパー研修会を11月7日に開催しました。

  また、12月には、市役所窓口相談の対応職員と市内小中学校の教職員を対象とした研修会も予定するなど、自殺予防対策に取り組んでいるところです。

  基本目標2「安全・安心を実現するまち」の分野でございますが、防災・減災については、10月に2回の台風が通過しましたが、警戒配備態勢をしいて対応し、本市では大きな被害はありませんでした。

  また、新たに四街道中学校地区に整備を予定している防災備蓄倉庫兼地域防災拠点施設の用地を取得し、来年度の建設に向けた設計業務に着手しました。

  消防・救急については、市民の防火意識の高揚を図るため、11月8日、8日の両日に市産業まつりに合わせて中央小会場で「消防フェスティバル四街道2014」を開催し、盛会裏に終了しました。

  消防団については、10月に5名が入団し、272名となりました。今後も消防団の強化に向け、消防団員の確保に努めてまいります。

  消費者保護については、市産業まつりに合わせて、第2会場で「くらしに活かそう 消費者の知恵」と題して消費生活展を開催するなど、啓発活動に努めています。

  基本目標3「豊かな心を育み学ぶ喜びを実感できるまち」の分野でございますが、子供教育については、小中一貫教育の推進を図るため、小中一貫教育推進委員会を組織し、10月に第1回会議を開催して、基本方針や今後の指針について協議しました。また、研究モデル地区である千代田中学校区内の小・中学校3校において、交流授業や研修会を実施するなど、小中一貫教育のあり方についての実践研究を行っています。

  豊かな心の育成では、「命の教育」を推進し、全ての小中学校で「『いのち』のつながりと輝き」を重点主題とした道徳授業が行われ、児童生徒の思いやる心、強い心、自尊感情の育成を図っています。また、11月11日から12月10日の「人権デー」までを期間として、「いじめ撲滅キャンペーン」を実施し、懸垂幕の掲示や児童生徒、保護者、教職員への啓発資料の配付、相談機関の周知を行うなど、各学校のいじめ撲滅の取り組みを支援しています。

  また、児童生徒の通学路の安全確保のため、7月に実施しました保護者、地域住民、学校職員、四街道警察署及び市の関係職員による通学路の危険箇所の合同点検の結果を踏まえ、関係課を通じて国や千葉県に対して改善要望を行うなど、危険箇所の改善に向けた取り組みを進めています。

  教育環境の整備では、10月11日から栗山小学校新校舎部分の使用を開始するとともに、特別教室棟の解体工事を実施しています。

  生涯学習については、千代田公民館において、10月7日から11月30日まで臨時休館とし、空調設備改修工事を実施しています。

  文化・スポーツについては、10月19日から恒例の市民文化祭を開催し、文化団体の各種発表会等を実施したほか、11月6日には児童生徒作品展表彰式及び文化講演会を行い、11月9日に盛会裏に終了しました。

  また、体育の日の行事として、10月11日に総合公園体育館を主会場に「スポーツde健康大作戦」を実施し、各プログラムに多くの参加をいただきました。

  11月16日に開催しました「第17回四街道ガス灯ロードレース大会」では、4,000名を超える参加申し込みをいただき、盛会裏に終了しました。

  基本目標4「みどりと都市が調和したうるおいのあるまち」の分野でございますが、住環境については、栗山みどりの保全事業において、散策路の整備を進めるほか、バイオトイレ設置工事は年内の完成を予定しています。また、事業区域の名称募集を行い、「たろやまの郷」に決定しました。

  生活基盤については、四街道雨水幹線の溢水対策として、大日緑ケ丘地先の雨水管渠実施設計委託を発注しました。

  また、排水溝整備事業として、大日富士見ケ丘3号線ほか2路線の工事及び排水路整備事業として、東部排水路整備工事をそれぞれ発注しました。

  水道事業では、安定した給水と安全性を確保するため、栗山地先ほか5カ所において老朽管の更新などの配水改善工事を発注するとともに、第3浄水場の薬品注入設備更新工事を発注しました。

  基本目標5「にぎわいと活力にあふれるまち」の分野でございますが、道路・交通については、都市計画道路3・3・1号山梨臼井線において、引き続き用地取得に努めるとともに、橋脚工事などの契約手続を進めています。

  また、大日五差路改良事業では、用地交渉を重ね、事業用地の取得を進めているところです。

  交通環境の整備では、鷹の台2号線ほか7路線の舗装修繕工事及びさちが丘1丁目地先における鹿渡24号線の道路改良工事を発注しました。

  また、四街道駅北口広場の再整備について、四街道駅北口広場管理運営協議会のご意見を踏まえながら計画素案を作成したことから、現在市民参加手続の実施に向けた準備を進めています。

  市街地形成については、鹿渡南部特定土地区画整理事業において、繰り越し事業となりました都市計画道路3・4・12号線の車道部築造工事が9月末に、また雨水地下貯留施設築造工事は10月末に完了しました。引き続き事業の促進を図ってまいります。

  産業については、「みつめよう 我がまちふるさと 四街道」をテーマに、第38回四街道市産業まつりを11月8日、9日の両日に、四街道中央公園を主会場に開催しました。各関係者のご協力のもと、農産物や商工業製品の展示、即売等が行われ、盛会裏に終了しました。

  基本目標6「ともに創る将来に向けて持続可能なまち」の分野でございますが、みんなで地域づくりについては、「みんなで地域づくり事業、コラボ四街道」の本年度の提案募集が11月12日で終了し、現在事業提案者と提案内容についての意見交換を行っています。今後公開プレゼンテーションによる審査を経て、来年度の採択事業を決定してまいります。

  シティセールスについては、ちばアクアラインマラソンを初めとした市内外のさまざまなイベントに参加するほか、「ゆるキャラグランプリ2014」にドラマチック四街道プロジェクトナビゲーターである「よつぼくん」がエントリーし、総合228位、千葉県内7位となるなど、市の認知度向上を図っています。

  行財政運営については、下水道事業の地方公営企業法適用に向け、業務委託を発注しました。

  また、公共施設等の総合的かつ計画的な管理を推進するため、「公共施設等総合管理計画」の策定を進めてまいります。

  共生社会については、10月10日に姉妹都市のリバモア市から短期留学生20名と随行者及び訪問団11名が来市しました。翌11日には、四街道市国際交流協会主催による歓迎パーティーが行われるなど、ホストファミリーを初めとする多くの市民との交流が深められました。なお、来年3月には、本市から20名の短期留学生をリバモア市へ派遣する予定で、現在準備を進めています。

  以上、これまでの施政の概要について申し上げました。今後とも市勢発展のため、全力を傾注し、市政の課題に取り組んでまいります。議員各位におかれましては、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。



○市橋誠二郎議長 以上で施政概要の説明を終わります。



                        ◇                      





△議案第1号〜議案第13号の上程、説明



○市橋誠二郎議長 日程第4、提出議案の説明を行います。

  この際、議案第1号から議案第13号までを一括議題とします。

  議案第1号から議案第13号までの提案理由の説明を求めます。

  市長、佐渡斉さん。

    〔市長 佐渡 斉登壇〕



◎市長(佐渡斉) それでは、本定例会に提案させていただきました議案について、提案理由説明を申し上げます。

  議案第1号 専決処分の承認を求めることについて。本案は、平成26年度四街道市一般会計補正予算(専決第1号)について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により提案するものであります。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ35万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ259億600万余円とするものであります。

  議案第2号 四街道市学校給食費の管理に関する条例の制定について。本案は、学校給食費の公会計への移行に伴い、学校給食費の管理に関する必要な事項を定めるため提案するものであります。

  議案第3号 四街道市保育所における保育に関する条例を廃止する条例の制定について。本案は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の規定に基づき、本条例を廃止するため提案するものであります。

  議案第4号 四街道市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について。本案は、人事院及び千葉県人事委員会の給与改定に関する勧告に準じ、一般職の職員の給料及び手当の支給額並びに支給割合を改定するため提案するものであります。

  議案第5号 四街道市税条例等の一部を改正する条例の制定について。本案は、千葉県県税条例の一部改正等に伴い、所要の規定を整備する必要が生じたため提案するものであります。

  議案第6号 四街道市スポーツ推進審議会条例の一部を改正する条例の制定について。本案は、四街道市審議会等に関する指針に基づき、四街道市スポーツ推進審議会の委員構成を変更するため提案するものであります。

  次に、議案第7号から議案第12号までは、平成26年度の四街道市一般会計補正予算及び5件の特別会計補正予算でございますが、いずれも地方自治法第218条第1項の規定により提案するものであります。順次ご説明いたします。

  議案第7号 平成26年度四街道市一般会計補正予算(第3号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,800万余円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260億8,400万余円とするものです。債務負担行為については、市政だより四街道印刷製本ほか9件を追加するものであります。

  議案第8号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億200万余円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ103億9,200万余円とするものであります。

  議案第9号 平成26年度四街道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ700万余円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億1,200万余円とするものであります。

  議案第10号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ43万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,900万余円とするものであります。

  議案第11号 平成26年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ15万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億3,600万余円とするものであります。

  議案第12号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ200万余円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億600万余円とするものであります。

  議案第13号 専決処分の承認を求めることについて。本案は、平成26年度四街道市一般会計補正予算(専決第2号)について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により提案するものであります。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ259億3,600万余円とするものであります。

  以上、13議案の提案理由を申し上げました。ご審議の上、ご認定を賜りますようお願い申し上げます。



○市橋誠二郎議長 次に、議案第7号について細部説明を求めます。

  経営企画部長、大野芳久さん。

    〔経営企画部長 大野芳久登壇〕



◎経営企画部長(大野芳久) 議案第7号 平成26年度四街道市一般会計補正予算(第3号)の主な内容を説明いたします。

  最初に、補正予算書の2ページから4ページをごらんください。第1表、歳入歳出予算補正に記載のとおり、本補正予算は既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,830万5,000円を追加し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ260億8,438万2,000円とするものです。

  5ページをごらんください。第2表、債務負担行為補正につきましては、平成27年度以降の事業執行に対し平成26年度中に契約事務を行えるよう債務負担行為として追加するものです。

  次に、歳入歳出補正予算事項別明細書についてご説明いたします。8ページをお開きください。歳入補正予算の主なものでございますが、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金及び15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金の障害者自立支援給付費負担金3,357万6,000円及び1,678万8,000円は、障害者自立支援法に基づく障害者福祉サービス等に対する国及び県の負担金を計上するもので、対象事業は予算書15ページをお開きください。3款民生費、1項社会福祉費、5目障害福祉費の障害者自立支援給付事業6,715万4,000円で、対象者の増加等により既定予算額に不足が見込まれるため所要額を追加するものであり、国2分の1、県4分の1、市4分の1の財源内訳となります。

  8ページにお戻りください。14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、5節生活保護費負担金4,874万7,000円の減額は、生活保護法に基づく国庫負担金を計上するもので、対象事業は19ページをお開きください。3款民生費、3項生活保護費、2目扶助費の生活保護給付事業6,500万円の減額で、保護世帯数の減少等により既定額を見直すものであり、国4分の3、市4分の1の財源内訳となります。

  9ページをごらんください。15款県支出金、2項県補助金、1目民生費県補助金、3節児童福祉費補助金の子育て安心応援事業補助金3,400万円は保育所等緊急整備事業に対する県補助金で、対象事業は18ページをお開きください。3款民生費、2項児童福祉費、5目保育所費、19節負担金補助及び交付金の5,100万円で、和良比地先に60名定員の認可保育園を新設するための補助経費を計上するものです。なお、補助対象経費は6,800万円であり、県2分の1、市4分の1、事業者4分の1の負担割合となります。

  9ページにお戻りください。18款繰入金、1項1目1節基金繰入金のうち財政調整基金繰入金7,549万5,000円の増額は、本補正予算における歳出の額が歳入の額を上回ることから、財政調整基金の繰入額を増額するものです。

  20款諸収入、3項1目1節雑入のうち損害賠償金2,614万1,000円は、平成17年度に発生した温水プールでの事故に対し支払いした和解金全額が保険会社から補填されたものです。

  続いて、歳出補正の主なものでございますが、まず職員人件費の補正について給与費明細に基づき説明をさせていただきます。32ページをお開きください。給与費明細書の1、一般職については、(1)、総括の比較欄、一番右に記載のとおり、合計で2,484万1,000円の減額となっております。これは、給与改定に伴う増加額及び時間外勤務手当等の増加額を人事異動及び育児休業等による給料の減少額並びに負担率改正に伴う共済費の減少額が上回ったことによるものです。歳入歳出補正予算事項別明細書の各科目における職員の人件費については、これらの要因による増減等を計上しています。

  11ページをお開きください。2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の職員人件費の4節共済費6,939万2,000円の減額は、負担金の見直しにより、総合事務組合へ支出する退職手当に係る負担割合が減少したことから、所要額を減額するものです。

  17ページをごらんください。3款民生費、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費の子ども医療対策事業3,349万5,000円は、医療費等の増加により既定予算化に不足が生じる見込みのため、その所要額を追加するものです。

  19ページをお開きください。3項生活保護費、1目生活保護総務費の生活保護給付事務事業のうち、23節償還金利子及び割引料6,341万8,000円は、平成25年度の生活保護費国庫負担金及びセーフティーネット支援対策等事業費補助金精算に伴う国庫支出金返還金を計上するものでございます。

  以上で議案第7号 平成26年度四街道市一般会計補正予算(第3号)の説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○市橋誠二郎議長 以上で提案理由の説明及び議案第7号の細部説明を終わります。



                        ◇                      





△休会について



○市橋誠二郎議長 日程第5、休会の件を議題とします。

  お諮りします。11月26日、11月27日は、議案調査のため休会とします。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○市橋誠二郎議長 ご異議なしと認め、そのように決定します。



                        ◇                      





△散会の宣告



○市橋誠二郎議長 以上で本日の日程は終了します。

  11月28日は、定刻より会議を開きます。

  本日は、これにて散会します。

    散会 午後 1時38分