議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  9月 定例会(第3回) 09月17日−08号




平成26年  9月 定例会(第3回) − 09月17日−08号







平成26年  9月 定例会(第3回)





         平成26年第3回四街道市議会定例会 第17日

                           平成26年9月17日(水曜日)午後1時開議
 議 事 日 程 (第8号)

 日程第1 一般質問                                      
       ・斉 藤 耀 一                                 
       ・広 瀬 義 積                                 
       ・長谷川 清 和                                 
                                              
〇本日の会議に付した事件
 1、開  議                                         
 1、議事日程の報告                                      
 1、諸般の報告                                        
 1、一般質問                                         
    斉 藤 耀 一                                     
    広 瀬 義 積                                     
    長谷川 清 和                                     
 1、休会について                                       
 1、散  会                                         

午後1時開議
 出席議員(20名)
     2番   関  根  登 志 夫         3番   鈴  木  陽  介
     4番   成  田  芳  律         5番   中  島  康  一
     6番   清  水  清  子         7番   大  谷  順  子
     9番   戸  田  由 紀 子        10番   斉  藤  耀  一
    11番   宮  崎  昭  彦        12番   岡  田  哲  明
    13番   山  本  裕  嗣        14番   高  橋  絹  子
    15番   吉  本  貴 美 子        16番   長 谷 川  清  和
    17番   石  山  健  作        18番   清  宮  一  義
    19番   阿  部  治  夫        20番   森  本  次  郎
    21番   市  橋  誠 二 郎        22番   広  瀬  義  積

 欠席議員(1名)
     1番   市  川  尚  史

 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  市   長   佐  渡     斉      副 市 長   武  富  裕  次
  教 育 長   ?  橋  信  彦      危機管理監   平  井     進

  経 営 企画   大  野  芳  久      総 務 部長   麻  生  和  雄
  部   長                                     

  福   祉   小  澤  芳  雄      健康こども   高  橋  靖  明
  サ ー ビス                   部   長             
  部   長                                     

  環 境 経済   杉  山     毅      都 市 部長   勝  山  博  昭
  部   長                                     

  水 道 事業   櫻  井  克  已      会計管理者   岡  田  篤  男
  センター長                                     

  消 防 長   能  城  俊  一      教 育 部長   ?  野  松  男

  監 査 委員   成  田  勝  彦                        
  事 務 局長                                     

 本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      主   幹   小  林     武
  主 査 補   仲  田  鋼  太      副 主 査   藤  井  康  行





△開議の宣告                               (午後1時)



○市橋誠二郎議長 ただいまの出席議員20名、定足数に達していますので、本日の会議は成立しました。

  直ちに本日の会議を開きます。



                        ◇                      





△議事日程の報告



○市橋誠二郎議長 本日の日程については、お手元に配付の日程表のとおりです。

                        ◇                      





△諸般の報告



○市橋誠二郎議長 日程に入るに先立ち、諸般の報告を申し上げます。

  市長から平成26年度第3回9月四街道市議会定例会追加報告事項が送付され、お手元に配付してあります。



                        ◇                      





△一般質問



○市橋誠二郎議長 日程第1、一般質問を行います。

  発言時間については、質問時間のみで30分以内としますので、ご了承願います。

  では、順次通告者の発言を許します。

  10番、斉藤耀一さん。

    〔斉藤耀一議員登壇〕



◆斉藤耀一議員 議席10番、四街道21の斉藤です。通告に沿って4項目質問します。

  第1項目、佐渡市政が目指すまちづくりとは何か。セカンドステージの手応えはいかに。3点伺います。

  1、四街道にふさわしい市民主役のまちづくり、四街道っ子の未来に託せる持続可能なまちづくりとはいかなるものか、じっくり語っていただきたい。

  2、佐渡斉のセカンドステージ、あるいは市長2期目の滑り出しは順調なのか。第2項目で取り上げた懸念に加え、都市計画道路3・3・1号線と成台中土地区画整理事業、同じく3・4・7号線と鹿渡南部土地区画整理事業の行方等々、幾つか気がかりな点もある。それぞれの進展や見通しもにらみつつ、率直にお答えください。

  3、市民参加、市民力活用への取り組みについては活発な印象を持っているが、これを維持、発展させる上で市民参加条例を初めとした現状は万全と言えるのか伺います。

  第2項目、中学生模擬議会についてです。先日成田議員が多項目にわたり中学生議員たちの関連質問をされたのに対し、副市長が一括答弁されたのはなぜか気になりましたが、とりあえず通告に従い3点伺います。

  1、ことしの工夫と成果はいかなるものか。

  2、3年ごとの開催にこだわるのはなぜか。

  3、一部の都道府県議員の軽挙妄動、批判報道の余波が大であり、中学生議員にその悪影響や戸惑いがなかったか心配であるが、その辺について状況を伺います。おかしな質問で恐縮です。

  第3項目、都市環境常任委員会関連について伺う。委員長のくせに所管の質問をするのはいかがなものかと会派議員の指摘はありましたが、今回このような質問をしたのは理由があります。その背景をまず申し上げます。3月議会より従来の建設並びに環境経済常任委員会が統合され、都市環境常任委員会が発足しました。所管が多岐にわたることになったのは当然ですが、改めて実感するのはこの委員会の所管はまちづくり、四街道市政の根幹にかかわる重要課題を抱えているということです。委員会発足後、まだ大きな議案は出ていませんが、ごみ焼却場問題、都市計画道路、土地区画整理事業、産廃埋め立て汚染等々、懸念多き事業の解決に全力を尽くさねばなりません。その中で10月に予定している管外視察のテーマは迷った末にゲリラ豪雨対策と空き家対策に絞りました。いずれも四街道市の深い悩みであり、議会としても大いに議論するべきであり、その解決の糸口を探りたいと考えたからにほかなりません。そういう思いを理解して、以下の質問6点にわかりやすく答えてください。なお、昨日まで多くの同僚議員がされた質問と重なるものばかりなので、要点だけで結構です。

  1、ごみの自区内単独処理への方針変更、現行施設での継続操業についてその後の動向や見通しはどうか。これまでの答弁で何となく理解しているが、力強い意欲を聞かせてほしい。

  2、栗山の残土埋め立て汚染問題は無事に解決すると考えてよいのか。

  3、鷹の台付近の墓地問題はおさまるのか。

  4、ゲリラ豪雨対策の具体的な進捗について確認したい。

  5、空き家対策は全国的課題だが、当市の対処はどのような方向性なのか。

  6、気がかりなヤード問題について、関根議員の明快なわかりやすい答弁がありましたが、もう少々知りたいので伺います。不法ヤード対策として千葉県ヤード設置適正化条例制定に期待しているが、その後の動きはどうか。当市の把握状況や見解を伺う。

  最後の第4項目、あえて伺うが、国を信用できるのか、国に頼っていいのかです。サプライズも含め、改造人事が順調に行われたこともあり、通告書は見当外れの感もあり、勝手ながら少々修正しつつ質問することをご容赦願います。1点目、政権の安定は喜ばしいと思うが、野党の無力化に乗じ暴走ぎみなのは気がかりだ。時代に逆行した中央集権の強化、逆に地方分権後退の危惧はないか。

  2点目、日本創成会議が人口減少により多くの地方自治体が消滅の危機に直面するとの予測、警鐘を示したが、これをどう受けとめているか。

  3、特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、安全保障など結論以前の問題として決定経緯が透明性に欠け、疑問も多々あるが、地方からの反論や確認は必要ないか。

  壇上からの質問は以上です。ご答弁よろしくお願いします。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

  市長、佐渡斉さん。

    〔市長 佐渡 斉登壇〕



◎市長(佐渡斉) 私からは第1項目、佐渡市政が目指すまちづくりとは何か、セカンドステージの手応えはいかにの1点目、四街道にふさわしい持続可能なまちづくりとは、2点目、佐渡斉の第2ステージ滑り出しは順調か並びに第4項目、国を信用できるのか、国に頼っていいのかの3点のご質問につきまして順次お答えいたします。

  初めに、第1項目の1点目、四街道にふさわしい継続可能なまちづくりとはについてでございますが、市では基本構想に基づき、本市の魅力であります活力ある市民活動と緑豊かな良好な住環境、そして充実した子育て施策について一層の拡充を図り、市外の人にとって住んでみたいまち、市民にとってずっと住んでいたいまちとして選ばれるまちとなることで人口増加基調の維持を図ってまいります。また、充実した学校教育や地域活動を通して、未来を担う四街道っ子たちに四街道らしさをつないでいく、そして四街道の魅力も引き継いでいけるよう持続可能なまちづくりを進めてまいります。

  次に2点目、佐渡斉の第2ステージ滑り出しは順調かについてでございますが、現在本年度からスタートいたしました総合計画のもと、計画事業、各事業はおおむね順調に進行しております。また、市政の重要事項、懸案事項につきましても市政概要等でお知らせしておりますとおり、適宜的確な対応に努めているところでございます。今後とも議員の皆様のご協力を賜りながら、ご負託賜りました市民の皆様の期待に応えられるよう市勢進展に向け邁進してまいります。

  最後に、第4項目の1点目、中央集権化、地方分権後退の危惧はないか、2点目、人口減少により多くの地方自治体が危機に直面するとの予測をどう受けとめているか及び3点目、特定秘密保護法、集団的自衛権、安全保障など疑問だらけだが、地方からの反論は必要ないかにつきまして一括してお答えいたします。第2次安倍改造内閣の発足に伴い、地方創生の司令塔となるまち・ひと・しごと創生本部が設置され、地域活性化に向けた地方創生の理念を定めた基本法案が秋の臨時国会に、また集団的自衛権の行使容認を含む安全保障に関連する法案が来年の通常国会に提出される見通しで、今後さまざまな議論がなされ、透明性が図られていくことから、その動向を注視してまいりたいと考えております。また、特定秘密の保護に関する法律につきましては、同法公布日の昨年12月から1年以内に施行されるものとされております。今後本市及び市民への影響について、地方行政の視点からその運用を注視してまいります。なお、持続可能なまちづくりに向け、子育て世代を中心とした若い世代の転入促進、定住促進を図る本市といたしましては、人口減少に対しまして基本的にはその最大の要因となる少子化に対する地方創生の取り組みを初めとした国政レベルでの的確な対応を求め、引き続き子育て施策の充実に係る国、県への要望を行うとともに、未来創造プロジェクトを初めとした前期基本計画の諸施策を推進することで、将来都市像に掲げる選ばれるまちの実現を目指してまいります。

  私からは以上でございます。他のご質問につきましては、担当部長等よりご答弁いたさせます。どうぞよろしくお願いいたします。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。

    〔経営企画部長 大野芳久登壇〕



◎経営企画部長(大野芳久) 私からは、第1項目、佐渡市政が目指すまちづくりとは何か、セカンドステージの手応えはいかにの3、市民参加、市民力の活用について、市民参加条例を初めとした現状は万全かについてお答えいたします。

  平成19年に施行した市民参加条例は、市民の皆様に市政への参加を権利として保障し、市民自治によるまちづくりを推進することを目的とした条例でございます。本条例は、市の基本的な事項を定める計画の策定、変更や市の基本方針を定める条例及び市民の皆様に義務を課す、あるいは権利を制限することを内容とする条例の制定、改廃、また大規模な市の施設の計画の策定などの行政活動に際しての市民参加手法を定め、その実施を義務づけるとともに、市に対し政策等の提案を行う権利を保障したものとなります。本市では、これまでこの条例やみんなで地域づくり指針を定め、市民の皆様が主体的に市政に参加、協働する仕組みを整え、市民自治のまちづくりを推進してまいりました。今後も市民参加条例及びみんなで地域づくり指針の適正な運用を図るとともに、みんなで地域づくりセンターのコーディネートにより新たな総合計画に掲げるまちづくりの基本理念「みんなが主役のまちづくり」のもと、市民の皆様の参画、市民と行政との連携、協働を進めてまいります。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。

    〔総務部長 麻生和雄登壇〕



◎総務部長(麻生和雄) 私からは第2項目、中学生模擬議会について伺うの1点目、ことしの工夫と成果はいかなるものか及び2点目、3年ごとの開催にこだわるのはなぜかにつきましてお答えいたします。

  まず初めに1点目、ことしの工夫と成果はいかなるものかにつきましてお答えいたします。中学生議員には事前に議事の進め方や質問の仕方をわかりやすく説明し、壇上での質問とあわせ、再質問についても自発的に行うよう働きかけを行ったところでございます。質問に立った中学生議員は、緊張した面持ちの中にも堂々と自分の意見、要望、提案を述べ、通告予定した以外の議員からも再質問があり、政治への興味関心やふるさと四街道への思いがより一層深まったと考えております。さらに、議員発議により心と心をつなぐ、みんなの合言葉「スマイル&ハーモニー」宣言が可決されたことも成果の一つであると考えているところでございます。

  続きまして、2点目の3年ごとの開催にこだわるのはなぜかについてでございますが、今後につきましては生徒の皆さんからいただきましたアンケートの結果や学校現場の声を踏まえ、関係部署間で協議してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。

    〔教育部長 ?野松男登壇〕



◎教育部長(?野松男) 私からは、2項目、中学生模擬議会についての3点目、悪影響あるいは戸惑いなどは見られなかったかについてお答えいたします。

  中学生議員の議会に臨む真剣な様子から影響は全くなかったと考えております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。

    〔環境経済部長 杉山 毅登壇〕



◎環境経済部長(杉山毅) 私からは、3項目の都市環境常任委員会関連についてのうち1点目から3点目及び6点目についてお答えいたします。

  初めに、1点目、ごみの自区内単独処理、現行施設の継続操業の変更について、その後の動向や見通しはどうかについてですが、市では現施設の継続操業につきましてご理解を得るためにみそら自治会及び山梨地区においてタウンミーティングをそれぞれ2回開催し、ご質問や要望事項に答えるとともに、これらへの質疑やご意見、ご要望をいただいたところです。タウンミーティングやみそら地区でのアンケート等を通じ、継続操業に対する賛否意見をいただく一方で、賛否にかかわらず現施設の排出ガスによる健康被害や環境への影響を不安視している方も多くいらっしゃることから、今後は現施設での安定的な継続操業に努めるとともに、よりクリーンな最新鋭施設の建設を視野に入れてまいります。これらをもとに年内に直接投票を実施予定であるみそら自治会や年内にご回答をお願いしている山梨地区の皆様に対し、継続操業へのご理解を得てまいりたいと考えております。

  次に、2点目、栗山地先の埋め立て問題についてですが、これまでもご答弁申し上げましたが、事業者が行った調査と市が行った調査では水素イオン濃度に大きな差が見られました。市の行った調査方法が妥当と考えることから、それに基づき事業者に対して改善計画書の提出を求めてまいりますので、提出された改善計画を含め、今後の対応について県の研究機関や民間の専門機関と相談しながら進めてまいりたいと考えております。

  次に、3点目の鷹の台付近の墓地問題についてですが、吉岡地区における墓地の経営許可事務事前協議事項に係る訴訟については、7月4日に千葉地裁にて第1回口頭弁論が開催され、市としては原告からの請求を全て棄却する旨を主張しました。次回第2回口頭弁論が9月26日に千葉地裁にて開催される予定となっておりますが、市といたしましては事前協議事項不適合通知の正当性を主張してまいります。

  次に、6点目、不法ヤード対策についてですが、その後の状況について県に確認いたしましたところ、条例の制定に向けて現在検察庁と協議を行っているところであり、協議が調い次第県議会に提案したいと考えているとのことでした。市といたしましては、条例制定後、千葉県を初め関係機関と連携し対応してまいりたいと考えております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。

    〔都市部長 勝山博昭登壇〕



◎都市部長(勝山博昭) 私からは、1項め、佐渡市政が目指すまちづくりについて、3項め、都市環境常任委員会関連について、都市部が所管をいたします事項につきまして順次お答えをいたします。

  都市計画道路3・3・1号山梨臼井線の第1工区約800メートルの進捗状況につきましては、工事関係では橋脚築造工事を発注し、現在本体工事に向けての準備工事として仮設道路などの造成工事を行っております。その他の本年度予定工事につきましても、発注に向け設計検討及び積算を行っております。また、用地関係では残り約10%の用地取得に向け、引き続き鋭意交渉を進めております。都市計画道路3・4・7号南波佐間内黒田線の整備状況につきましては、予備設計の修正及び交通管理者と協議、調整が調ったことから、地元関係者を対象に説明会を開催する予定で準備を進めております。

  次に、今後の取り組みでございますが、地権者等との説明会を通じて事業内容のご理解をいただいた上で用地測量を実施してまいります。なお、この2路線の都市計画道路につきましては、その整備状況が組合区画整理事業が行うまちづくりや周辺地域の生活、居住環境に影響を与えることとなりますので、都市計画道路の整備進捗を図るとともに、組合事業の促進を図ってまいります。

  次に、4点目のゲリラ豪雨対策の進捗状況についてですが、JR東日本千葉支社に委託をしておりますさちが丘1丁目からみのり町までの軌道横断工事につきましては、JRより先日請負業者が決定し、10月から工事に着手する旨報告を受けております。

  次に、四街道雨水幹線関連では、国からの財政支援が可能となる公共下水道事業として整備を進めるために必要な都市計画決定を行うために要する経費を今議会の補正予算に上程をさせていただいております。

  次に、第3排水路流域でのゲリラ豪雨対策につきましては、上流流域での浸水被害を軽減すべく、一時的に雨水をためる貯留施設の設置事業を進めているところです。このうち緑ケ丘第9幼児公園地下を利用した貯留施設の設置工事につきましては、7月に工事発注を行い、年内の完成を目指して鋭意工事を進めているところです。また、四街道西中学校グラウンドを利用した貯留施設につきましても現在調査設計業務を進めているところです。

  次に、5点目、空き家対策の方向性についてお答えをいたします。近年少子高齢化が進む中、管理されていない空き家が全国的に増加し、社会問題となっております。空き家対策につきましては、現在空き家等実態調査の調査地区の選定を行っております。選定地区の決定後、空き家の状況を確認し、所有者アンケート調査を行い、その調査結果をもとに住生活基本計画策定検討委員会の中で空き家の対策を検討してまいります。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 再質問はありませんか。

  斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 わかりやすいご答弁ありがとうございました。再質問させていただきます。実は項目が多過ぎて息切れするかもしれませんが、できるとこまでお付き合いください。

  第1項目ですが、1点目、2点目についてはわかりました。後ほど第4項目のところで一言申し上げます。3点に関連して、市民参加のところです。前の経営企画部長が廃止を望んでおられた、住民投票を教訓とし、住民主体の市政を推進する条例、これに対する見解、プラス・マイナス評価などを伺いたい。よろしくお願いします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  前の経営企画部長が廃止を望んでおられたというご発言ですが、私としては公的な場でそのような発言は経営企画部長から確認しておりません。本定例会におきまして、住民投票を教訓とし、住民主体の市政を推進する条例に関します議員提出議案、これが上程される予定であると伺っております。見解につきましては、この条例そのものが議員発議で出されたものであり、また今回議員発議という形で議案が提出されるということでございますので、私の見解についての答弁は差し控えさせていただきたいと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 経営企画部長が廃止を望んでおられたというのは正確ではありませんでした。私の発言に対して答弁されたわけではなくて、苦笑いされてうなずかれていたというのが正確な反応です。今市長から軽くあしらわれたのですが、もうちょっと続けます。

  この住民投票を教訓とした云々の条例は議員発議で成立したものです。当時の市長のワンマン暴走を食いとめ、市民合意の重要性を訴えるのが狙いでした。当時は絶対不可欠だともちろん考えていましたが、その後すぐに立ち上がった都市核北周辺地区の整備計画検討委員会、熱心にやられていましたけれども、ここで住民投票の教訓についての解釈に悩まれて、整備計画のあり方議論に行き詰まるという状況がありました。また、その後2度の市長選を経て、市民合意のない無駄な箱物はつくらないというコンセンサスができてきたと理解しています。これらを勘案すると、この条例は廃止しても都市核北周辺地区の整備は支障なく具体化する。また、市民合意を重視した諸施策、市民主役のまちづくりが進むと思われますが、そのように考えてよいか、信じてよいかお答えください。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) ご答弁としては、先ほどと同じような答弁をせざるを得ない立場でございますので、ご理解いただきたいのですが、斉藤議員ご指摘のとおり、この整備計画検討委員会が今おっしゃられましたように条例の中でもいろんな解釈に行き詰まっていた状況があります。そして、また市役所の隣の都市核北周辺地区、これにつきましては文化センターの駐車場の地下に地下貯留槽をつくるとか、また市役所の耐震性の弱い場所、本館3階建てがそうなのですが、こういった建てかえ等のときに市民の皆様の文化センターや市役所利用のための駐車場として最低でも5年間は使わなければいけないので、実際この整備検討委員会があるのですが、実際にはこの検討委員会で議論するテーマが5年間の中ではこの土地は利用できないので、また今回庁舎整備検討につきましても昨年の8月に市民参加条例に基づいて市民の方々がこの庁舎の整備についての意見、報告書を出されていますが、議会でもまた独自に特別調査ということで委員会をつくられていらっしゃいますので、またそういった動向を見なければなりませんので、そうしますといろいろ漏れ伺いますと、例えばそちらに庁舎を建てろというようなご意見もあるようですし、またここで庁舎を建てるに当たっては駐車場が絶対必要になります。ですから、実質的にはこの条例に基づく整備検討委員会が動かないという現状があるのは私も認めるところでございます。しかしながら、議員提出議案が上程される予定と聞いていますので、これ以上のコメントは差し控えさせていただきたいと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 ご答弁ありがとうございました。私としては、新しい議員発議に賛成してもよい、特に問題はないと、そういうふうに理解しましたが、それについては確認する必要はないですよね。うなずいていただきましたので、最終日に安心して賛成させていただきたいと思います。

  第2項目、中学生模擬議会に移ります。誰もが認めると思いますけれども、議長に選ばれた中学生、大変適任だったと思います。また、再質問を催促されたというのもよかったし、これに応えて何名かが再質問したということも大変有意義だったと敬意を表します。従来の質問しっ放し、1問してこれで質問を終わります、ありがとうございましたで終わってしまうスタイルから質問のやりとりができるようになったというスタイルは大変大きな進歩だと思います。さらに活発化してほしいのですけれども、今後の取り組みについて現在お考えがあればお聞かせ願いたい。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。



◎総務部長(麻生和雄) お答えいたします。

  中学生模擬議会の活発化につきましてでございますけれども、これにつきましてはまず生徒の皆さんの負担を減らしたいということが第一でございます。そのためにより自由に質問や意見等が発言できる、そのようなことに配慮することが活発化につながっていくのではないかと考えております。そういうようなことから、今後につきましては主役である生徒の皆さんを中心に置きまして、関係部署間において十分協議を行ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 また、中学生議員の質問に対して、理事者の答弁が聞いていて大変わかりやすいという印象を持ちました。絶賛に値すると思います。また副市長が出ますけれども、副市長が何度も答弁をにこやかにされていた、その笑顔がとても印象的でした。また、本会議のほうでもぜひその笑顔を見せていただきと思います。

  ところで、思いつきにすぎないのですけれども、中学生議員に議会を傍聴させるとか、あるいは代表質問、関連質問に加えて何か架空の議案を審議させるというようなことは考えられないか、念のために伺います。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。



◎総務部長(麻生和雄) お答えいたします。

  ご提案につきましては、参加される生徒の皆さんにとっては大変貴重な体験となると思われますので、この点につきましても今後関係部署間で協議をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 よろしくお願いします。さまざまな意見があると思いますけれども、とてもすてきな事業なので、ぜひ継続、充実していただきたいと思います。また、先ほど来主役の中学生たちを中心によりよい議会を目指して協議していただけるというので、大いに期待しております。

  ところで、傍聴していての印象なのですけれども、要はこの中学生模擬議会って誰が主宰、主宰ってつかさどっているほうの主宰なのですけれども、曖昧な印象もありました。改めて責任者としての見解を伺いたいと思います。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。



◎総務部長(麻生和雄) お答えいたします。

  中学生模擬議会の主催につきましては、開催趣旨から考慮いたしまして、四街道市、そして四街道市議会、さらには四街道市教育委員会、この3者による主催としているところでございます。担当課につきましては、総務部総務課、それから議会事務局、そして教育部指導課でございますけれども、それぞれがそれぞれの役割を分担いたしまして、さらに連携をとりながら取り組んだということでございます。結果といたしまして、大変すばらしい議会につながったというふうに考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 議会事務局にちょっと意見を聞くわけにいかないので、教育長に急で申しわけないのですけれども、当日最後に講評でもうまくまとめておられましたけれども、その辺も含めて教育長の立場からのご意見を念のためにお聞かせください。



○市橋誠二郎議長 教育長、?橋信彦さん。



◎教育長(?橋信彦) 先ほどから議員仰せのとおり、また総務部長の回答しましたように、中学生代表でしたけれども、この模擬議会の開催については非常に有意義だったというふうに思っております。また、この経験を学校に持ち帰って、全校のものとして政治や議会に興味を持って自分自身の道を歩んでもらいたいなというふうに思っております。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 ありがとうございました。

  3点目なのですけれども、一部の都道府県議の発言で政務活動費の不適切使用問題、特に不快でなりませんでした。これは、四街道では厳格運用していますし、考えられないことだし、先ほど教育部長のほうから、恐らくセクハラやじも含めてなのでしょうけれども、中学生議員への悪影響は全く見られなかったということで安心しました。実はこの場をかりて政務活動費等の問題について鬱憤を晴らしたいと考えていたのですが、ちょっと時間配分に自信がないので、とりあえずそれは置いておいて先に進みます。

  第3項目です。まず、ごみ処理施設について伺います。みそら並びに山梨地区に隣接した現施設での操業継続については、過去の経緯もあり、当然苦慮することが多々あるわけですが、合理的な、あるいは割り切った判断だと敬服しています。引き続き誠意を忘れず、最善を尽くしていただきたいと思います。該当の地区外の一住民として受け入れ地区に対する最大限の配慮、積極的な共栄策を望みつつ支持したいと思っておりますが、議会に望むこと、あるいは議員個々にできることについて何かないか伺います。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。



◎環境経済部長(杉山毅) 現施設の継続操業とこれに対する共栄策の実施についてご理解をお示しいただきありがとうございます。壇上でも申し上げましたとおり、現施設での安定的な継続操業に努めるとともに、よりクリーンな最新鋭の施設の建設を視野に入れてまいる方針でございます。これをもとにみそら、山梨地区のご理解を得てまいりたいと考えております。このようなことから、今後議会、議員の皆様方におかれましてはこれらへのご理解をいただくとともに、あわせてしかるべき共栄策に対するご理解も賜りますようお願い申し上げるところでございます。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 わかりました。共栄策については、今まで例えば周辺の道路の枝の伐採とか、あるいは集会所の補助とかいろいろされてはいましたけれども、そういうことも大事だけれども、もっとほかにも大胆な策があっていいのではないかということは思いますので、ぜひ検討を願います。

  次に、栗山に移ります。この汚染問題については、これまでの同僚議員の質疑あるいは答弁を聞いているととても一筋縄ではいかないようだし、解決に時間がかかる、あるいは先が見えないという受けとめ方をしています。事業者への毅然たる指導はもちろん、一方で条例の抜本的改正、いずれも欠かせないわけですが、今後どう取り組むつもりでいるか改めて伺います。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。



◎環境経済部長(杉山毅) 市といたしましては、事業者に対し条例に基づき引き続き粘り強く指導してまいります。また、現在予定している条例改正では、今回のような問題の発生を防止するため、年度内の改正を目指してまいりたいと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 いずれもこれまでの同僚各位の意見も十分に勘案して取り組んでいただきたいと、そのように思います。細かな質問は控えます。といって乱暴な質問をするようで恐縮なのですが、今わかっている土壌汚染の状況はどれほど深刻なものなのかということを伺いたい。早い話が市がやったクロス調査と業者がやった乾燥した土壌でやったものでpHが1ちょっとの違い、これがたかがpH1、されどpH1ということなのでしょうけれども、埋め立ての影響による地下水汚染に対する不安の声を聞きます。これまで四街道の水道の地下水については、100年かけて涵養されたというふうなことを聞いていますが、水道用の地下水まで影響する心配があるのか伺います。



○市橋誠二郎議長 水道事業センター長、櫻井克已さん。



◎水道事業センター長(櫻井克已) 市営水道は安心して飲めるという観点からご答弁させていただきます。

  水道事業センターでは、水質検査計画に基づきまして取水井や浄水場などで原水及び浄水の水質検査を実施しております。ご質問の箇所に近い井戸を含めまして、市内で取水している原水及び浄水の水質検査結果につきましては特に問題はありませんが、今後水質検査の結果を注視してまいりたいと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 ちょっと念のため確認します。安心して飲めると、心配はないが今後検査結果を注視していくというのはかすかながらそういう危険性もあると、万が一のために引き続き注視していくということでよろしいですか。



○市橋誠二郎議長 水道事業センター長、櫻井克已さん。



◎水道事業センター長(櫻井克已) 水質検査計画というのは毎年度始まる前に計画を立てて、どういう検査をやるかやっていますので、水質に異常等があればまたさらに詳しいことをやっていくとか、そういう形もできるかと思いますので、検査結果を注視してまいりたいと思っております。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 済みません。私検査結果の検査を違うものと勘違いしていました。水道事業センターでやっている水道水の水質検査ですよね。わかりました。失礼しました。埋め立て業者に対する市の厳しい対処、これは今からどうなるかわかりませんが、それによって事業者の負担が大変重いものになると思います。考えられることとして、少なくとも彼らの調査結果を生かして埋立地を掘り返し、残土あるいは改良土を外気にさらしてpHを下げるという妥協策とか、抜本的な解決策として埋め立てをやり直させる、これなどが考えられます。いずれにしても、事業者がそれに耐えられるかという問題があります。極論を言えば、計画倒産や夜逃げもあり得ない話ではありません。その場合大混乱が生じます。当然埋立地利用はできないはずだし、跡地の処分については地権者にも飛び火する。農地転用を働きかけた市民も知らん顔はできない。市にとっても頭の痛い事態が起こり得ると思われます。そうしたことも視野に入れなければならないでしょうが、とにかく毅然たる対処や解決を探っていただきたい。これは強い要望です。今の発言、何か間違いがあればそれを指摘してください。よろしいですか。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん、続けてください。



◆斉藤耀一議員 いきなり手が挙がらなかったところを見ると別に間違っていないのだろうと思います。いろいろ何が出てくるかわからないことなので、今架空の話をしてもしようがないので、とにかくしかるべき道をとっていただきたいと改めて要望して終わります。

  次に、雨水排水対策なのですけれども、先ほど答弁の中にもありましたけれども、9月の補正予算に公共下水道の都市計画決定に係る委託費が計上されています。これを見ると、今年度内に調査を含め準備を進めて、来年度に申請手続をするというふうに見えますが、そういう理解でよろしいか。あわせて、この計画の範囲あるいは規模、期待される効果、計画決定までの手順と事業実施の大まかな見通しをご説明いただけないでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、計画の範囲と期待、効果でございますけれども、四街道雨水幹線を含みます四街道排水区、約290ヘクタールを予定しておりまして、幹線及びその周辺の溢水に対して一定の効果があるものと考えております。続きまして、都市計画決定までの手順と見通しでございますが、今年度中に調整池の規模及び設置位置並びに調整池に接続をします管渠等の検討を行い、あわせて下流の河川管理者であります佐倉市及び県との協議資料の作成、協議を経まして、平成27年度中に都市計画決定を行ってまいりたいと考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 よろしくお願いします。今のことで抜本的な対策については理解をしましたが、それ以前に現実の問題について少し質問します。

  とにかく本質的には下流の整備ができない限り解決し切れないということだということですが、個別にさらなる努力をしてもらいたいと思います。それで、学校の校庭や公共施設地下の一時貯留施設に加えて、先日関根議員が質問された例えば緑ケ丘三差路の雨水溢水の軽減策として警告看板に照明をつけるのも有効だと思います。これは事故を防ぐために。一方で排水のほうをちょっと考えたときに、道路両側の側溝があそこは全部ふたつきなわけです。あれは大変排水の効率が悪いのではないか。せめてグレーチングに切りかえるということはできないのかということと、路面、路肩なのだろうけれども、低いわけです。それは左右で低いのではなくて前後でも低いわけ。東西で。当然あそこは水がたまるようにできているわけです。あれは、例えば車道の路面を高くするとか、何か緩和する方法はないのですか。その辺を含めて検討の余地がないか、あるいは検討していただけますか伺います。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  これまでも側溝のふたをグレーチングに取りかえたりしながら、何とか良好な排水の環境をつくってきたわけですけれども、いずれにしましても第3排水路の対応ができる限度というものがございますので、例えば今議員が仰せの道路を高く上げた場合にその周辺に対してどういった溢水の影響が出てくるのか、そういったことも踏まえながら、これは慎重に検討させていただきたいと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 そうですね。フタバ食品のところの水がふえるとまずいので、その辺は慎重にお願いします。別に雨の日だけのことを考えるわけにはいかないので大変だと思うのですが、とにかく工夫をよろしくお願いします。

  次に、住生活基本計画について伺います。これはどういうものを想定しているのか。この中で空き家対策等を検討されるということですけれども、この基本計画に対する基礎調査及び空き家対策に係る実態調査はどんなものか。それから、計画策定検討委員会はどんな役割でどういう構成で取り組まれるのかお聞きします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、当市で考えております住生活基本計画でございますが、一部の地域の人口減少や少子高齢化が進んだことによりまして増加すると思われる空き家の対策、それから住生活の安全を確保するための耐震診断や耐震改修、さらには住宅のリフォーム、そういったものがございます。こうした課題の解決に向けました基本方針あるいは施策等をこの住生活基本計画の中で位置づけてまいりたいと考えております。

  続きまして、調査の内容でございますが、調査は基礎調査と空き家の実態調査がございます。基礎調査の内容としましては、世帯主の年齢ですとか家族構成、住宅あるいは住環境の満足度、改修の予定、住みかえ意向、今後の住まい方に関する意識、それからリフォームや耐震など行政に望みます支援施策などについて調査を行ってまいります。

  次に、空き家の実態調査でございますが、空き家の状況を確認するために現地に赴きまして、空き家の構造、階数、接している道路の幅員、老朽化の程度などを目視にて確認をいたします。また、所有者アンケートとして建築時期、設備、空き家にした理由、それから空き家の経過年数、現状のままでいる理由などにつきましてアンケート調査を行ってまいります。

  次に、策定検討委員会の役割でございますけれども、基礎調査及び空き家対策に係る実態調査の調査結果をもとに、四街道市のこれからの住生活の課題、それからそれに対した解決に向けた基本方針や施策を学識経験者、それから関係団体、関係行政機関、それから公募による市民で構成する委員によりましてさまざまな観点から検討をしていただきたいと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 わかりました。ところで、空き家対策がどういう制度になるかはまだこれからでしょうけれども、その辺の諸制度が実行に移されるのはいつごろと想定していらっしゃいますか。あるいは、いつごろできると期待してよろしいのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えいたします。

  この計画は今年度、それから来年度の2カ年で行ってまいりますので、そういった中で策定の施策等が進められるのは29年度からと考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 当然29年度を見通した計画をつくられるのだろうと思います。よろしくお願いいたします。

  ヤードにいきます。千葉県のヤード設置適正化条例制定は、全国に例を見ない画期的なものであるという答弁を以前にいただいたことがあります。これが制定されるというのは大変大きな前進だと期待しているわけですけれども、同条例の検討委員会というのが熱心にされています。これの議事録等を見ますと、まだ当分難航しそうにも見えます。その検討されている条例素案はどのような内容であるか。そもそも前例のないチャレンジはなぜ始まったのか、ご承知の範囲でお知らせ願いたいと思います。またあわせて、繰り返しになるかもしれませんが、条例制定にどれだけ期待されているのか、その辺も含めてご答弁ください。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。



◎環境経済部長(杉山毅) 県の条例の素案では、生活環境の保全上の支障や自動車の解体及び自動車の主要な部品の保管に係る不法な行為を未然に防止し、県民生活の安全の確保に資することを目的とするという内容となっています。また、条例を制定することとなった背景といたしましては、県内において多くのヤードが確認されているにもかかわらず、ヤードそのものを規制する法律がないことや、一部のヤードで盗難車両の解体が行われ、不正輸出の作業場となっているなど、犯罪の温床となっている状況があり、これらの問題への対策を講じるため条例の制定を目指しているとのことでございます。県内の7割のヤードが印旛地域に集中している状況の中で、条例の制定によりまして報告の提出を求めたり、立ち入りを行うことで違法なヤードの実態の把握が可能となりまして、不法ヤードを規制することができるほか、県内に不法ヤードをつくりにくくする効果も期待できると言われておりまして、市といたしましてもそういったことを期待しているところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 このヤード設置適正化条例は既存の各種法令等との兼ね合いですとか、拘束力の持たせ方など課題が多いように見えますが、関根議員の計算によるともしかするとヤード数全国一の市かもしれない四街道としてはこれが制定できるというのは朗報だろうと思うのです。それで、動向を注意するのみならず、積極的に早期制定を働きかける、そういったご尽力を願いたいのですが、お願いできますか。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。



◎環境経済部長(杉山毅) 壇上でもお答えいたしましたとおり、ただいま検察との協議を行っているというところでございまして、それが整い次第議会のほうに提案されるというふうに伺っておりますので、それを注視してまいりたいと思います。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 それでは、第4項目に移ります。

  大変ちょっと面倒くさい質問をしたのですけれども、市長がうまくまとめて答弁していただきましてありがとうございました。それで、びっくりして聞いていましたので、あるいは答弁を聞き漏らしているかもしれません。重複する質問をしてしまうかもしれませんが、その場合は澄まして答弁してください。まず、地方創生についてなのですけれども、この4文字が何を意味してどう理解したらいいのかというのは難しい問題だと思いますけれども、依存財源の比率が高い四街道としては重要だと思うのです。期待を込めて注目したいと、そういうふうに思います。

  人口減少問題について、これは危機論の一方で新たな機械論というというのもありますので、冷静な議論は避けたいと思いますけれども、2点改めて伺います。1点目、人口減少に立ち向かう自治体連合の発足、あるいは地方版総合戦略策定などの動きについてどう考えているか伺います。

  2点目、この2つの動きが四街道っ子に未来を託すための持続可能なまちづくりに与える影響はあると思うか。新たな総合計画がぐらつくことはないと思いますけれども、今後に向けてどのような取り組みをされる考えか、念のため伺います。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  地方創生基本法案、この法案は地方創生に関する国と自治体の役割を明確にし、政府と都道府県がそれぞれ総合戦略を策定するということが明記されております。都道府県に対しては、地域の少子化対策や産業振興策を含む地方版総合戦略の策定が求められると、このように報道されております。また、地方創生に意欲的な市町村が独自の総合戦略を掲げることができる、こういった規定も明記されておりますことから、人口減少等、あと東京への一極集中に対しまして危機感を強める93市町村、33都道府県なのですが、そのうちの93市町村が地方版総合戦略を作成して、そして国に対する政策提言を行っていくことを目的に、来月になりますが、人口減少に立ち向かう自治体連合、これを発足させると、こういった報道も今なされています。四街道市といたしましては、地方創生基本法案、この内容を確認した上で国の動向、そしてまた千葉県は千葉県としての地方版総合戦略、これを策定するという動きになろうかと思いますので、またこういったものを四街道市としてもどういう対応が図れるのか、それを検討してまいりたいと、このように考えています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 斉藤耀一さん。



◆斉藤耀一議員 ありがとうございました。3点目については、大変市長の答弁はわかりやすくて勉強になりました。これについて、集団的自衛権についてちょっと申し上げます。これは憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の閣議決定、これに対して国民を無視して憲法を踏みにじるものだと、立憲主義、民主主義の否定だと我が会派の戸田代表が怒りをあらわにしました。彼女は、公務員は憲法を守る義務を負っている。これを自覚する特別職の公務員である全国各地の首長や地方議員が閣議決定は憲法違反だと反発し、さまざまな行動を起こしている。我々もできることを急がねば四街道市民に申しわけないと力説しておりますので、しかるべき言動をしなければと熟慮中であることを申し上げて質問を終わります。本当は鬱憤を晴らそうと思ったのですけれども、順番が変わったので、これで終わります。ご答弁ありがとうございました。



○市橋誠二郎議長 以上で斉藤耀一さんの質問を終結します。

  暫時休憩します。



    休憩 午後 2時01分



    再開 午後 2時20分





○市橋誠二郎議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                              





○市橋誠二郎議長 22番、広瀬義積さん。

    〔広瀬義積議員登壇〕



◆広瀬義積議員 議席番号22番、広瀬義積です。通告に従い、6項目の質問をします。

  第1項目、みそら小こどもルームの国、県補助金損失問題についてお聞きします。6月議会の引き続きになりますが、このような質問をしなければならないことを残念に思います。?、補助金への認識、?、経過と問題点、?、責任の所在と今後の対応についてお聞きします。

  第2項目、こどもルームの充実について伺います。共働き世帯の増加とともに対象の児童数も増加し、ルームによっては増設や指導員の増配も必要となってきています。また、学童保育のあり方も時代の要請に応えて変えていかなければならない状況もあります。そこで、?、現状の課題と問題点及び改善策、?、こどもルームの今後のあり方と充実策。

  第3項目、鷹の台地区の課題について伺います。6月議会の引き続きとなる項目もありますが、鷹の台地区の課題について対策の充実のため質問させていただきます。

  ?、旭中への通学については通学の安全のための施策、バスダイヤの改善、雨天時のバス停での対策及びそのほか実施をしている対策があれば伺います。

  ?、行政サービスの充実については、鷹の台地区の状況を踏まえ、支所の設置が必要と考えます。支所及びこれに類する施策の考えがあれば伺います。

  ?、救急及び火災等災害の対応については、消防分署の課題も含め、今後どのように取り組まれるのかお聞きします。

  ?、周辺の環境整備についてですが、商用墓地建設など鷹の台地区の皆さんにとって住環境に大きく影響のある施設の建設が計画されるなど、周辺の環境悪化に強い懸念を持たれています。自然環境、住環境を守る対策が望まれるところであり、市としての考えや施策について伺います。

  第4項目、市のイメージアップについて伺います。住み続けたい、四街道市に戻りたい、住んでみたいと思われる市にしていくことがさまざまな施策で必要になってきます。そこで、?、現状の取り組み、?、先進市の取り組みと今後の施策展開。

  第5項目、サンワークの充実について、6月議会での答弁をもとに質問させていただきます。サンワークに入所及び今後入所される方のことを最優先に考え、市財政からの負担を考慮しながら事業の改善に取り組むことが必要です。そこで、6月議会での質問を踏まえ、?、現状の作業内容と問題点、?、今後の対応と計画についての変化がないのかお聞きします。

  第6項目、接遇向上施策について伺います。市民の皆さんや来庁者等の皆さんにあらゆる場面で満足を提供することが必要であり、接遇を改善することが市のイメージアップにもつながります。人は快適なサービス、接遇で対応してくれるほうへ流れます。サービスそのものには値段はありませんが、金銭的な価値のある行為とも言えます。そして、このことはいわゆるサービス業だけでなく、あらゆる業種に当てはまります。サービスの心を身につけることが必要となっています。そこで、?、現状の取り組みと課題、?、今後の施策充実について伺います。

  以上、6点の項目について誤りを誤りとして認め、正直に前向きであすの改革につながる明快な答弁を壇上からお願いいたします。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

  健康こども部長、高橋靖明さん。

    〔健康こども部長 高橋靖明登壇〕



◎健康こども部長(高橋靖明) 私からは、大項目の1、みそら小こどもルームの国、県補助金損失問題及び大項目の2、こどもルームの充実について順次お答え申し上げます。

  初めに、大項目1の1点目、補助金への認識についてでございますが、みそら小こどもルーム建築工事に係る補助金については2月20日時点では工期内の完成を見込んでいたため、繰り越し手続はとっておりませんでしたが、年度末に至って資材の調達におくれを生じ、年度内の完了ができなくなったことにより補助金の交付を受けられなくなったものでございます。3月26日に請負業者から期限内の完了が困難となった旨の遅延理由書の提出があるまでは、市としては3月末までに工事が完了すると判断しておりましたので、年度内完成により補助金の交付を受けられるものと考えておりました。

  次に、2点目の経緯と問題点についてお答え申し上げます。みそら小こどもルームをめぐる一連の経緯につきましては、これまでも議会に対しご報告、ご説明を行うとともに、市政だよりなどで公表してまいったところでございます。今回の整備については、工事関係の予算を平成26年度に繰り越した上で事業を完了させるため、3月31日付で事故繰越手続及び補正予算の専決処分を行っております。この専決処分については、6月定例市議会に承認を求める議案を提案させていただきましたが、不承認となったため、監査員に事務処理の適否についての監査要求を行うなどの措置をとってまいりました。8月21日に当該監査に係る監査結果の報告を監査委員からいただきましたので、今後再発防止策を講じていきたいと考えてございます。

  次に、3点目の責任の所在と今後の対応についてお答え申し上げます。監査結果にあるように、今回行った事務処理に違法あるいは不当な点はなかったものと考えております。しかしながら、監査委員の意見にもございますが、補助金の交付を受けることができなかったことを重く受けとめ、再発防止策を検討するとともに、今後同様のことがないよう必要な措置を講じてまいります。

  次に、大項目2の1点目、現状の課題と問題点及び改善策についてでございますが、本市のこどもルームは本年4月に全小学校への設置が完了し、全て小学校の敷地内に整備しております。また、以前から小学6年生までの受け入れを行っており、他市町村の学童保育と比較しても充実した内容で実施しているものと考えております。しかしながら、こどもルームを利用する児童は増加してきており、将来的に定員の不足が見込まれるこどもルームについては入所児童数の状況を見きわめ、増設についても検討していく必要があるものと考えております。

  次に、2点目のこどもルームの今後のあり方と充実策についてお答えいたします。現在の本市のこどもルームは学童保育所父母の会による開設依頼、同会の指定管理を経て、現在は市社会福祉協議会への一部業務委託による運営となっており、現在まで円滑な運営が行われているものと考えてございます。厚生労働、文部科学の両省では、本年8月、放課後子ども総合プランを策定し、現在は全国で90万人となっている学童保育の定員を平成31年度末までに約120万人に拡大することを目指しており、あわせて余裕教室などを活用して学校への設置を進めるとともに、放課後子供教室との一体的な運営なども検討されております。そこで、本市の状況でございますが、学童保育所の学校施設内または学校敷地内への整備率は昨年度の全国集計では約52%でございますが、本市では既に100%となっております。また、放課後子供教室については本市で活動している3団体のうち、小学校を活動場所としているのは1団体のみであること、活動場所や開催日数がこどもルームとは大きく異なることから、一体的な運営には慎重な検討が必要であると考えてございます。このような中、国の動向も踏まえ、今後も必要な児童がこどもルームを利用できるよう適正なこどもルームの設置、運営に努めてまいります。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。

    〔教育部長 ?野松男登壇〕



◎教育部長(?野松男) 私からは3項目、鷹の台地区の課題の?、旭中への通学についてお答えします。

  1点目の通学路の安全のための施策といたしましては、鷹の台から自転車で通学する際に横断する国道51号線の整備について国に対して要望済みですが、引き続き関係課を通して国に要望するとともに、他の通学路についても学校や地域と連携して現場確認と危険箇所の把握に努め、児童生徒の通学路の安全確保に努めてまいります。

  2点目のバスダイヤの改善についてですが、学校から要望があった場合、関係課を通してバス会社へ要望してまいります。

  3点目の雨天時のバス停での対策及びその他の対策についてですが、学校では生徒たちが雨の中で長時間バスを待つことなく下校できるように、教育課程を工夫するなどの対策をとっております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。

    〔経営企画部長 大野芳久登壇〕



◎経営企画部長(大野芳久) 私からは、第3項目、鷹の台地区の課題の?、行政サービスの充実、第4項目、市のイメージアップの?、現状の取り組み、?、先進市の取り組みと今後の施策展開についてお答えいたします。

  初めに、第3項目の?、行政サービスの充実についてでございますが、公共施設の設置を伴う行政サービスの提供に当たりましては、地域特性や地域バランス、そして効果や効率性を考慮しながら、財政面も含めた総合的な観点から判断するものと考えております。支所の設置につきましては、行政面積34.7平方キロメートルという狭い市域であります本市の状況を踏まえますと、財政面も含め難しいものと考えておりますが、今後も鷹の台地区の地域性を十分に踏まえた対応を図ってまいりたいと考えております。なお、市民の皆様のご利用が多い住民票の写しなどの証明につきましては、鷹の台市民サービスコーナーにおきまして交付しているところでございます。

  次に、第4項目の?、現状の取り組み及び?、先進地の取り組みと今後の施策展開について一括してお答えいたします。市では、市外の人にとって住んでみたいまち、市民にとってずっと住んでいたいまち、これを目指し、基本構想におきまして「人 みどり 子育て 選ばれる安心快適都市 四街道」を将来都市像として掲げ、その推進を図っているところでございます。具体的な施策といたしましては、本年度からスタートしました前期基本計画に掲げる四街道未来創造プロジェクトに位置づけられた事業の推進に取り組んでいるところです。本プロジェクトは、充実した子育て環境創造プロジェクト、シティセールスプロジェクト、魅力的な住環境創造プロジェクトの3つのプロジェクトで構成され、子育て世代を中心とした若い世代の転入促進、定住促進の観点から、特に先導的な役割を担う事業を設定し、重点的に推進することとしております。市では、今後この3つのプロジェクトに掲げる施策についてそれぞれの分野における先進的な他団体の取り組みも十分に参考にしながら、積極的な施策展開を図ることで魅力ある子育て環境、住環境を創出し、さらにシティセールスによりその魅力を発信することで選ばれるまち四街道の実現を目指してまいります。

  私からは以上です。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。

    〔消防長 能城俊一登壇〕



◎消防長(能城俊一) 私からは3項目め、鷹の台地区の課題の3点目、救急及び火災等災害時の対応について、消防分署の課題を含め、今後どのように取り組まれるのかについてお答えいたします。

  救急及び火災等災害時の対応につきましては、平成25年4月1日より千葉消防共同司令センターの共同運用が開始されたことで消防司令業務の効率化を初め、複数の消防本部にまたがる広域的な災害などに迅速、的確な対応が図られるようになりました。鷹の台地区に限らず、応援出動につきましては千葉消防共同司令センターにおける隣接市町村等応援実施要綱により、救急に関しましては消防本部に出動可能な救急隊がない場合及び傷病者の救命に不可欠であると判断できる場合での隣接応援が行われております。また、火災につきましては消防本部に出動可能な消防隊がない場合における災害出動に限り、最も早く到着できる隣接消防本部から消防隊が選別される出動体制となっており、隣接する市町村の相互応援体制の強化が図られております。

  次に、消防分署の課題につきましては、消防力の整備指針による署所の設置基準に至っていないことから、現状では消防分署の建設予定はございません。なお、市境の救急及び火災等の応援出動の取り組みにつきましては、今後より迅速な対応ができるよう関係消防本部と協議してまいります。

  私からは以上です。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。

    〔都市部長 勝山博昭登壇〕



◎都市部長(勝山博昭) 私からは3項め、鷹の台地区の課題についての4点目、周辺の環境整備についてお答えいたします。

  鷹の台周辺地区を初めとした市内の市街化調整区域につきましては、都市計画法に基づき市街化を抑制すべき区域であり、原則として建築物の建築または特定工作物の建築はできませんが、例外的に一定の要件が整えば千葉県の許可を受けて建築ができることとなっております。

  私からは以上です。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。

    〔福祉サービス部長 小澤芳雄登壇〕



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 私からは、大項目5、サンワークの充実についてお答えします。

  1点目、現状作業内容と問題点ですが、現在サンワークでは生産活動として布おむつの洗濯事業、シイタケの原木栽培及び点字名刺の作成やラミネート加工などの軽作業を行っています。問題点としましては、一部の事業、これは布おむつになりますけれども、受注の減少、それと利用者の確保が挙げられます。

  2点目、今後の対応と計画ですが、現在行っている生産活動につきましては引き続き受注の確保に努め、また新たな生産活動の導入など運営の見直しを図ってまいりたいと考えております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。

    〔総務部長 麻生和雄登壇〕



◎総務部長(麻生和雄) 私からは、第6項目、接遇向上施策の2点のご質問につきましてお答えいたします。

  初めに、現在の取り組みでございますが、本年4月に接遇能力の改善、接遇マナーの向上を図るため、職員の自主研究グループにより四街道市職員接遇マニュアルを発行いたしました。マニュアルでは身だしなみ、挨拶、言葉遣い、さらには窓口での対応、電話対応など接遇の基本となる行動を取りまとめております。このマニュアルにつきましては、既に職員研修テキストとして活用しておりますが、あわせまして各所属職員の手元に置き、接遇の参考とするよう配付をしているところでございます。また、接遇向上のための研修では、民間企業への派遣研修といたしまして市の指定金融機関のご協力を得て、同金融機関の接遇マナー研修への参加と店頭での実務研修を行っていただき、ご指導をいただいております。課題といたしましては、職場全体に接遇に対する意識を浸透させ、定着させていくことであると考えております。

  次に、今後の改善、充実策といたしましては、より効果的な研修を取り入れて内容を充実させていくこと、また研修参加者みずからが実践をするとともに、同僚へのアドバイスや研修成果を共有することでより充実したサービスの提供につなげてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 再質問はありませんか。

  広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それでは、第1項目から再質問をさせていただきます。

  みそら小こどもルームの国、県損失問題について、6月の議会でも質問して、その引き続きの部分ということもあるのですけれども、市長としてこの間さまざまな対応、期間もあったというふうに思うのですけれども、この間の議会対応、それについての反省点、それから今後の対応についてその後変化があったのか、まずお聞きしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  市長としてというご質問でございますので、私は基本的に今回のみそら小こどもルームの件につきまして専決処分、これが6月議会の議案として提出いたしましたが、不承認ということでございましたので、監査委員に監査を要求し、その監査結果を待っていたと。一応8月21日、9月議会が始まる本当に10日前の話でございましたので、今市長として議会に対してどのようなというご質問でございましたが、監査結果を8月21日まで待っておりましたので、議会に対しましてはこの点については今後の対応として皆様方に再発防止策を検討した後、速やかに示していきたいと。先日森本議員にご答弁したとおりでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 もう一人事務方というのですか、市長のもとにあって市長を補佐する立場の副市長として、特に今度の補助金の問題については県の補助金、県を通じてのというところがあるわけですけれども、副市長としてこの間のさまざまな対応について適正であったのか、またそのことに対しての感想及び今後の反省点があればお聞きしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 副市長、武富裕次さん。



◎副市長(武富裕次) 今回の一連の補助金をめぐる問題については、結果として補助金を受けることができなくなったということは大変私としては残念に思っております。この問題、こういう事態になった最大の原因は、やはり年度内に終わるという工事をそれが終わらなかったというところであって、それをもっと早い時点でちゃんと請負業者が判断していれば繰り越しの手続とかとることができたわけですが、それをせずにぎりぎりまで終わると言っていた請負業者に私は最大の責任があるというふうに思っております。最初に申し上げましたように、補助金が受けられなくなったということは大変残念に思っておるのですけれども、経緯をずっと今振り返ってみてもこの件は、こういう結果になったのはやむを得ない、遺憾ですが、やむを得なかったというふうに思っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それでは、これから流れについてお聞きをしていきたいのですけれども、住民監査請求に対する監査報告について、監査委員事務局長もおられますので聞きたいのですけれども、この監査、確かに関係法令の調査や事実関係を調べた上で結果を出されたと認識していますが、ここに書かれたことは事実に関して間違いがないのかどうかを確認いたします。



○市橋誠二郎議長 監査委員事務局長、成田勝彦さん。



◎監査委員事務局長(成田勝彦) お答えいたします。

  監査結果の第3で監査結果というところがあるわけなのですけれども、監査により認められた事実ということでまとめております。今議員おっしゃった事実としての認識をもってこの監査委員意見書に記載をさせていただいているという理解でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 現時点では誤りがないということなのですけれども、これからその誤りがあったというところについてお話をしていきたいというふうに思っています。

  まず、監査についての部分で工事を施工した業者に調査をしたのかどうか確認します。



○市橋誠二郎議長 監査委員事務局長、成田勝彦さん。



◎監査委員事務局長(成田勝彦) お答えいたします。

  工事業者さんに直接お話をすると、伺ってお話を聞くというような監査委員からの指示はございませんでした。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 重大なことだと思うのですけれども、なぜしなかったのですか。



○市橋誠二郎議長 監査委員事務局長、成田勝彦さん。



◎監査委員事務局長(成田勝彦) これは、事務局長が必要あるいは必要でないというようなものではございませんので、監査委員の皆さんが……特に私には指示がなかったということでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 通常であれば、工事業者に対して聴取をするというのが普通だろうというふうに思うのですけれども、これをしなかったということは監査委員会の中での協議もなかったということですか。



○市橋誠二郎議長 監査委員事務局長、成田勝彦さん。



◎監査委員事務局長(成田勝彦) 特に監査委員の中で協議があったかどうかということですが、私には指示がなかったということでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 事務局の立場として発言することについては限られるかなというふうに思いますので、次のところから質問したいと思います。

  まず、これは監査委員事務局でも答えられないことだろうと思いますので、明許繰り越しの制度は施工業者との契約に含まれていますか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  施工業者との契約に明許繰り越しの規定が含まれているかというご質問ということでお答え申し上げたいと思いますが、工事約款につきましては明許繰り越しについてと申しますか、特に含まれておりませんが、ただ……明許繰り越しに、翌年度まで工事がかかるという見込みの場合には双方協議の上というような規定がございますので、その中で市としての財政上のものと含めて、具体的には明許繰り越しの手続がなされていくものだというふうに理解してございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 工事が遅延したことを補助金損失の要因としていますけれども、今度のこどもルームの工事の内容というのをちょっと概略説明していただけますか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  契約の概要ということでございますが、私の今お答えできる範囲でということで恐縮でございますが、約94平米のみそら小こどもルームの設置工事ということが、12月の24日だと思いましたが、から3月31日までの工期で平成25年12月24日から平成26年3月31日までの工期で施工するというような工事契約の内容でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 建築の内容というのはわかりますか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  先ほど94平米と申し上げましたが、述べ床92.18平米でございます。それから、建物の構造といたしまして軽量鉄骨づくり平家建て、それから主な設備といたしまして活動室、事務スペース、キッチンスペース、休憩スペース、それから一般用トイレと多目的トイレ、それから外構工事が含まれてございます。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 なぜ私がこんなことを言ったかというと、まだ平家の何も整地をされていないところに、プレハブと同様なものだというふうに思うのですけれども、しかしそこに一軒家を建てるというようなものです。通常でいえば、やっぱり3カ月、4カ月かかってもおかしくないようなものだろうというふうに思います。いろんな周辺の整備、それが10月の24日ということなのですが、実際は何日から始まりましたか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  実際には平成26年1月17日でございます。外構工事から着手でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 もう最初から期間的に非常に難しい状況だったということは明白な事実でしょうね。そのことの確認もこれからしていきたいというふうに思います。

  まず、ちょっと若干戻りますけれども、明許繰り越しの手続は工事業者と直接関係ない、工事業者に対してそのことも説明をしていないというふうに私は認識をしているのですけれども、そのことでよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  明許繰り越しについて業者に確認したかというご質問にお答え申し上げたいと思いますが、1月10日に施工体制が確保できたという申し出を受けまして、そのときに年度内完了という部分はまず最初に申し上げたというふうになってございます。それで、業者のほうから修正工程表というのですか、例えば雪が降ったり、今覚えているだけでも2月13日、2月20日、修正の工程表が出てきておりますので、それで年度内完了ができるというようなことがございましたので、私どもとしては本当にそのとおりできるのだなというところで確認を……感覚的なものではなくて、具体的に工程表の中で確認をさせていただいているというようなところがございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 工事日報の中身と違った発言をしていただいたようですので、それも後で確認をさせていただきたいと思います。明許繰り越しのことについて説明したかどうか、私は聞いていないというふうに業者から聞いているのですけれども、それでよろしいかどうか、再度確認します。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  請負業者のほうから年度内できないということになったときには、そのような明許繰り越しの手続という部分で正式な手続に入っていくものだと理解してございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 説明をしたかどうかという確認をしています。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 明許繰り越しについて業者のほうに説明したかどうかということについては、私どものほうで特に説明したということはございません。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 ということは、明許繰り越しのことについては業者は年度内に工事を終わらせることは契約書には載っているけれども、明許繰り越しのことについては説明はしていないということだろうと思います。これは私も確認をしておりますので、これも本当は監査の場できちっと確認をしてほしかったことなのですけれども、これもしていないということでちょっと不手際があるのかなというふうに思います。

  それから、ここに重大な誤りがあるのですけれども、監査報告の中にも、また市の報告にもあるわけですけれども、2月の20日に工事日報の中にこう書いてあるわけです。建築課としては、これまでの着工の流れ、現場の安全面等を考慮すると工期内に終了しない可能性があるが、請負業者からは残業、人員増により工期内完成の旨の回答があったことをこども保育課に意見する。このことを受けて、こども保育課は明許繰り越し手続しないことを決定しているのです。こういうことはあり得るのですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  2月20日の件でございますが、私ども関係部署集まりまして、協議させていただいたところでございます。その中で確かに議員仰せのようなことはございましたが、ただ業者のほうとしても精いっぱいやっていただくということがございましたので、私どもとしては明許繰り越しをしないという判断を県のほうに報告させていただいたものでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 こども保育課が決定しということになっているのですが、この決定権者はだれですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 先ほど2月20日ということで関係部署集まって協議させていただきと申し上げましたが、その後トップのほう、市長、副市長のほうに協議させていただいて、決定させていただいたというところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 決定し、報告をするということになっているわけですけれども、これはでは監査報告なり市の報告に誤りがあったということですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 繰り返しになるかもしれませんが、協議の結果、市長、副市長も交えて協議させていただいた結果、繰り越ししない判断をさせていただいたというところでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 明確に書いてあるわけですよね。こども保育課が決定したと。これは誤りですか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  8月21日に監査委員から監査結果報告が出ていまして、その5ページに2月20日のところで広瀬議員が今ご指摘ありましたように、こども保育課は明許繰り越しの手続を行わないことを決定し、その旨市長及び副市長に報告すると、こう書いてありますよね。この件のご質問だと思いますが、こども保育課は関係課と情報交換しながら、こども保育課としては手続を行わないと決定したと。そして、その旨を私と副市長に報告をいただいたわけです。報告をいただいた時点でこども保育課の決定が問題があれば、私と副市長段階でこれは覆る。2月20日時点におきましては、こども保育課の決定を私は妥当なものであると、このように判断したと、こういう趣旨のことが書かれているということです。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 明許繰り越しの予算というのは、議会に提出をしなければならないわけですし、専決という方法もないわけではないのですけれども、しかし決定権者は市長ですよね。これは間違いないですよね。確認します。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 明許繰り越しを行う場合についてのご質問、お答え申し上げます。

  明許繰り越しを行う場合は、補正予算に明許繰り越しという形で計上しなければいけませんので、これにつきましてはこういう明許繰り越しを行う場合には、今回の場合ですと3月議会に補正予算の中で明許繰り越しという形で議会にご提案して議会の議決を得ると、こういう形になります。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 ですから、市長が権限を持っているわけですよね。明許繰り越しをするかしないかという。そうですよね。それをこの20日の日に市長が決定をしたということですよね。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 2月20日の時点におきましてこども保育課の報告を受けて、明許繰り越しはしないと決定いたしました。明許繰り越しをするということであれば、3月補正予算に出しているわけでございます。2月20日時点であくまで業者のほうから工期延長願等のそういう意思表示がなくて、3月31日までに終わるということでございますので、これは明許繰り越しはできないと、こういう判断をいたしました。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 今の市のほうの右往左往する対応を見ていまして、本当にまさに……本来では最終的に市長が判断すべきことを課が判断をして、判断材料を与えるということはあるかもしれませんけれども、課が判断をする前に市長にやっぱりそのことをいろんな状況も説明した上で判断を仰ぐということが、これは正常な姿なわけですけれども、この間のいろんな事務執行の責任体制ができていないということはこのことを見ても明らかになるだろうと、まさに起きるべくして起こったことだろうというふうにこのことを見てもわかるかなというふうに思います。

  それから、3月26日のことについてお聞きしたいのですけれども、3月24日に請負業者から年度内にできないよということがあって、26日に遅延説明書が提出されて、公室においてこども保育課から市長及び副市長に報告し、今後の対応を協議している。その内容というのは何ですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  3月26日ですが、業者のほうから遅延理由書が提出されました。24日の日に申し出があったということで、その対応ということを協議させていただいたのですが、その内容ということでいえば、まず1つは最初にみそら小こどもルームの開設のこと、それからあと財源です。まず、その段では補助金が確保できなくなる可能性が非常に高いというようなことで26日に考えてございましたので、それが一番大きなところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 そのときの結論というのは何ですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) まず、私も県のほうに行かさせていただきまして、その前に市長、副市長を交えて協議させていただいて、その後県のほうに出向きまして、要望書という形で繰り越しをさせてくださいというようなことで県の担当のほうに伺ったところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 そのときの内容は何ですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) そのときの内容は、繰り越しの内容ということでございますでしょうか。明許繰り越しをしたいという内容でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 このときに県のほうからは難しいけれども、手続はできるよということだったというふうに思うのですけれども、これはなぜ明許繰り越しの手続というのをしなかったのですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 26日に要望書を出させていただきまして、27日に県のほうから明許繰り越しについては非常に難しい状況であるというようなお返事をいただいたところでございます。県のほうから連絡があって、繰り越し要望については非常に難しい状況であるというようなご連絡をいただいたところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 難しいということなのですけれども、これは明許繰り越しですとかいろんなものについては書類を提出するということはできるというふうに私は県の担当者からも伺っているのですけれども、なぜそのときに難しかったけれども、提出しなかったのですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 私どもとしては、県への要望書、これが明許繰り越しの要望書だと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それは、決まった書式のものなのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 決まった書式ではなくて、私どもの理由を書かせていただきました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 県はそれを受けて、明許繰り越しはできないということを断言をしたということで確認してもよろしいですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 県の配慮もいただきまして、国に相談してみるというようなことで26日の段ではそういうお返事がありました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 このときにはあれだったのですけれども、翌27日に県児童家庭課から関東財務局との補助金繰り越し協議は認めがたいという報告があったというふうなことの報告がありますけれども、これは事実でしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 明許繰り越しについては、難しい状況であるというような趣旨でございました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 私の聞いている限りでは、そのときにも提出はできたと県の担当者からお聞きしているのですけれども、これは私の誤りでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 申しわけございません。私の受け方としては、2月20日に一度明許繰り越しはしない旨県のほうに報告してございまして、そういったこともあってかなり難しい状況であるというふうに解釈させて認識をしたところでございます。したがいまして、その後もう一度要望書なりそのものを出せばどうなるということが私の中ではちょっとわからなかった状況がございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 ということは、その時点で断念したと、補助金をもらうことを断念したということで理解してもよろしいですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 私の中ではそのとおりでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 市長の指示で児童家庭課との協議をしたということですけれども、そのことは市長もしくは副市長に報告をしたということでよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  実際に26日、協議の後、県の児童家庭課のほう行っておりますので、そのとおりだと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 なぜ専決になったのかということの部分に入らなければならないのですけれども、27日の時点で断念して、市長にも報告をしているということの中で28日まで議会が開かれているという状況でなぜ専決処分にしたのか、これがわからないのですけれども、その説明をしていただけますか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  今私のほうで断念云々のお話、27日にしたと表現させていただいたのですが、申しわけございません。27日になかなか難しいのだなというところがありまして、その後対応策、もちろん財源措置も含めて行わなければなりませんので、断念という表現はちょっと間違っておりました。申しわけございません。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 書類も提出しなければもらえないということは明確ですよね。要望書でいいのかどうか私わかりませんけれども、きちんとした書類を提出すれば、これは国にそれが上がって、その判断は国で、難しいかもしれない、1%か2%かわからないけれども、もしかしたら通ったかもしれない。でも、その時点でもその判断はしなかったということは、27日の日に断念をして、そのことを市長に報告して、そのことは市長も理解しているということですよね。どうでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月の26日に請負業者のほうから3月31日までの契約工期内に完成ができなくなりましたという文書が来ました。3月26日、健康こども部長が文書を持って県の児童家庭課へ行っておるわけです。その文書が正式な要件を備えているか否かというご質問がございましたが、正直申し上げまして要件が整っていなかったと思います。例えば……要は3月26日に正式に工事延長願とかそういう文書を出してもらって、そしてこれが例えば4月とか5月までに終わりますという工程表を業者が出してくれないと健康こども部のこども保育課で幾らこういう経過でこういう理由でこういうことでということで文書を出しましても、その意味では正式な業者からの工期延長願とか社判をちゃんと押した工程表が添付されていないと、広瀬議員仰せのとおり不十分であるということは否めないと思います。そして、3月26日、健康こども部長が県の児童家庭課に伺っていろいろ明許繰り越しをお願いしたいと懇願して、それを受けて県の児童家庭課も動いてくれました。先ほど広瀬議員も県の担当が財務事務所という話もありましたが、千葉財務のお話だと思いますが、先日の森本議員の質問でもあったように、財務事務所、繰り越しとかそういった申請を受けますよと、10日ぐらいで何とかしますよという話がありましたよね。まさにそういうことを県の児童家庭課も高橋部長が26日に行ったことによって努力をしてくれたわけです。何で千葉財務に行くかといいますと、国の補助金、交付金、これ千葉財務に繰り越し承認の証明書を出してもらって、10日ぐらいでというふうなことを森本議員おっしゃっていましたけれども、それを出してもらって、それから今度は今回はこども保育課でございますので、国のほうに今回の補助金の所管である厚労省のほうにまた持っていくわけです。ですから、繰り越しの手続的には2回かかるのです。3月27日に千葉財務に行かれて、そしてもう残りが28日が金曜日で、29、30がもう土日ですから、31日、もう本当に日数がないわけです。非常に困難であるというような、難しいという電話が3月27日にこども保育課に入ったと。その報告を私は受けております。そして、いつ補助金をもらうことを市長が断念したかといいますと、3月28日の夕方、夜、要は判断させていただきました。千葉財務から繰り越しのそういう承認するという証明書を持って、また今度29、30、土日、今度31日に書類が出るかどうかちょっとわからない。出たとしてもまたそれから厚労省へ行かなければいけないので、実質的には28日の夕方まで待ったのですけれども、結局はこれはちょっと物理的に無理だという判断は3月28日の夕方といいますか、夜判断させていただいたところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 この間のいろんな動きを見ていて、まさに行政何でこんなにゆったりやっているのかなという気がいたします。日報の部分では、先ほどもお話があったとおり、24日は工期内に工事が完了できなくなったという報告があって、これは工事施行管理者のほうで4月7日に完成するように指示しているという、もうこの時点ではっきりしているわけですよね。だから、このときにさまざまな手続をしておけばいい部分について、まさに右往左往してしまったというところに大きな要因があるのかなというふうに思います。そのことは、ちょっとまた後に送りまして、時間も関係もありますので、まず専決処分について話をしたいと思います。

  工期内に終わらないことがはっきりしたというのが、今市長の言うところでは議会の最終日の夕方というところだと思います。これは、まさに議会中というところなのですけれども、まさに議会を開いているさなかに誰がどのように判断したということなのでしょうか、お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  議会が3月28日の夕方まで開かれておりましたので、議会が終わった後、3月28日のその後夜、私は最終決断としてこれは補助金はもらえないのだなと、あとは財源手当て等をどうするのだと、財政調整基金で持ってくるのか、元気交付金とかいろいろ財源調整しなければいけないところいっぱいありましたので、その調整をするようにという指示を28日に出したところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 いろんなさまざまな状況を精査したとしても、少なくとも24日の日にさまざまな問題が起きているということははっきりしているわけです。それを議長もしくは所管の委員長にも何ら議会に対して報告をしていないということについては、これはどう説明してもおかしな話だろうというふうに思います。なぜ議会に対して、今後こんなことがあるとこういうことについて、今進めているというようなことについて説明をし、必要があれば議会の中で発言をするということだってこれは可能な部分だろうと思います。それから、この点だけ1つ確認をさせていただきたいのですけれども、条例では4月1日からこどもルームが開設をしなければならないということになっています。それが最終日そのときにおくれるのが事実として、4月1日から別の形で開設はできましたけれども、そのことの報告も全くないという状況というのは、これは正常な行政としてのあり方というふうに考えてもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月28日の夕方まで議会が開催されておりましたが、議会に報告する、そういった報告に至るまでのさまざまな内容の決定がなされていなかった。例えば業者からは3月31日までに工事は終わらないという文書が来ただけでございまして、私どもとしては工期延長願、そしてまた要は実際4月何日に終わるのか、5月に終わるのか、はっきりとした工程表、責任あるものを出していただきたい、こういうものがないと実際議会にご報告できない。要は3月24日に現場監督の請負業者の人間が資材が入らなくなったのでもうお手上げですというお話があったのですが、会社としてそれに対して正式にどう扱うのだ、工事をどこまで延ばして、そのための工程表をどうするのだというようなことが私どもには提出されておりませんので、私どもはそういった客観的な工程表の資料に基づいて私どもの態度を決定して、そういうことを明確にして議会に報告すると、こういう時間が必要であったと。したがいまして、3月28日の議会がございましたので、議会に十分説明する、また市の方針を明確にしてご説明する、そういうような状況ではなかったということでございます。

  また、広瀬議員のほうから3月議会のこどもルームの設置条例の一部改正のお話がございましたが、3月議会の議案はみそら小こどもルーム、これをみそら、たしか何丁目何番地に設置する、その部分を追加させていただいています。あれは、小学校の代表地番なのです。要は小学校のあの中にみそら小のこどもルームを設置するという条例でございまして、4月1日からみそら小学校の空き教室を使わせていただいて、そして設置しているこどもルーム、あれは条例に基づく正式なこどもルームでございます。3月議会の議案と現実のこどもルームの設置については何ら矛盾はございません。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 私は、議会に対してのきちんとした説明責任を果たしているかということについて言っているわけです。まさに市長が今言われた部分について、市長はああ言えばこう言うという形で責任逃れをいかに口でごまかすかという話しかないかなというふうに思うのです。それは、今まで私も佐渡市長といろいろおつき合いをしてきましたからよくわかるのですけれども、今のような発言でまさに市政運営というものが議会との正常な関係が保てるかといったら、それは間違いだろうと思う。ですから、ここには3月の25日に必ず入所できるよう施工完了するように指示、4月7日には指示というふうになっているわけ。実際今市長が言われたとおり、条例の部分については確かにそうなのですけれども、実際はやはり新設をされる場所に対してそのことが入るというのが、これは通常の考え方であり、そのことが……私は条例違反がどうのこうのということではないです。実際は子供たちがそのことによって問題なくなったということはよかったわけですけれども、しかしそのことは新しい施設には入れなかったことは間違いないわけです。そのことをまさに鬼の首でもとったような話をするということは、私はちょっとおかしな話なのかなというふうに思いますし、私の答えにきちっと答えていないから、私はこういうふうな発言をせざるを得ないということなのです。ですから、まさに3月の25日の時点で、そのことがはっきりした時点で議会に対してきちんと説明をし、市長のほうから指示をして、少なくとも教育民生常任委員会の委員の皆さんにはきちんとこういう経過でこうです、申しわけありませんなり、またそういう経過になっていますという報告はあってしかるべきものがされていないということについて、これがごく当たり前のことだというふうに市長はお考えなのでしょうか、お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月24日から3月28日の時点まで請負業者のほうから3月31日の年度内に工事が終わらないという文書をいただいただけで、これに対していつまでにできる、そのできると業者が見込んでいる日までにどういう工程表でどういう形で工事が終わるのだ、そういうものを求めておりましたが、出されませんでしたので、議会に具体的な今後の対応等をご説明できませんし、また一現場の監督者のきょう資材が入らなかったからもうできなくなってしまいましたよという3月24日のそういう話ではなくて、ちゃんと代表取締役の社判の押してあるそういう文書がないと責任がある説明は議会にご報告できないし、また説明をすることもできないと、このように申し上げておるのですが、ああ言えばこう言う、また言葉をすりかえるといろいろ評価されましたが、それは広瀬議員の表現の自由でございますので、私は的確に伝えておるつもりでおります。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 多少私も言葉の部分についてはおわびをしたいというふうに思うのですけれども、ただ実際そういうふうに思われている方も多いのではないか、私の質問に対しての答えの部分では。その後の部分として、教育民生常任委員会の皆さんに4月ごろですか、事故繰越のことを報告していますが、これは事実でしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  4月という問いでございますが、私ども専決処分させていただいたので、必ず6月議会には上程しなければなりません。その具体的な説明は、特に教育民生常任委員会の皆さんにも差し上げていなかったと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 外部の方に報告を受けたということだったのですが、それは事実ではなかったということでしょうか。それはご本人にまず確認をしたいと思うのですけれども、このような大きな問題、1,064万3,000円の補助金が損失したということについて、6月2日の全員協議会の場まで明らかにならなかった、私が質問をしたときに初めてわかったわけですけれども、なぜそのことを事前に報告をしなかったのですか。これが正常な行政と議会との関係ということに考えてもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  先ほどもお答え申し上げましたが、専決処分ということで、これは議会のほうに必ず出る事案でございます。したがいまして、そういうことも含んできちんとした形で報告事項ということでご報告申し上げたというところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それでは、ちょっと話の方向性というかを若干かえさせていただいて、明許繰り越しの制度について少し質問したいと思うのですが、繰り越しをする限度額の設定ということですよね。その手続をしておいて年度内に工事が完了しなくても、これはいわゆる工事が遅延しても、年度内に完成しても問題はないという制度だというふうに思うのですけれども、その認識に誤りはございませんか。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) お答えいたします。

  明許繰り越しにつきましては、地方自治法213条に規定されているものでございまして、予算成立後の理由に基づいて年度内に支出を終わらない見込みのあるものについて、翌年度に使用することができるという制度でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 手続をしておいても、これはペナルティーも何も問題はないということだろうというふうに思います。入札前に明許繰り越しの手続をすることもできることをご存じでしょうか。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) お答えいたします。

  事故繰越については負担行為、契約がしてあることが前提となりますけれども、明許繰り越しにつきましては契約等まで要しませんので、そのことは可能だと思います。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 では、1回目の入札が不調になったわけですけれども、12月議会も間に合ったわけですけれども、なぜこのときに明許繰り越しの手続をしなかったのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) 1回目の入札が不調になりまして、私ども12月に2回目の入札ということで、そちらのほうに何とか応札者があらわれてほしいというふうに考えてございました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 する気もなかったということなのかなというふうに思うのですけれども、通常でいくとそのほかの工事の場合、特に先ほども申し上げましたとおり、土台から含めて確かにプレハブ形式ですけれども、工事期間とすれば相当な期間を要するところです。それが1回目の入札で不調に終わって、工事期間も年を越すような状況があって、また年度末もぎりぎりの状況だったというところの部分では、まさに明許繰り越しというのを12月の議会に出しておいても何ら不思議のない、議会としてもそのことについて何ら疑問を持つような部分ではないと思いますし、むしろ褒めたたえられるような話だろうというふうに思うのですけれども、なぜそのことをしなかったのでしょうか。通常はそういうことが実施をされるということなのではないでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 今回のみそら小こどもルームの規模につきましては、先ほど健康こども部長がご答弁いたしましたように、30坪弱の一般のご家庭、住宅、軽量鉄骨のそういうプレハブというようなものでございますので、現実的には今回も4月15日ぐらいまで工事がかかっていますが、実質的に業者、作業員が入って作業をした日数というのは大体2カ月ぐらいなのです。ですから、実質的に2カ月くらいで今回も終わっています。ですから、12月で明許繰り越しをしなくても私どもの判断としてこの程度の規模でこういう内容であれば残り3カ月もあればできるという、そういう判断をしておったので、明許繰り越しは12月はしていない。

  それから、もう一点は議会のほうでもまた特に批判はないし、それはみんな喝采だというお話あったのですが、私はそうは思っておりません。みそら小のこどもルーム、4月1日からそのこどもルームを利用されるお子さんの募集をもう12月からやっているのです。やっていて、それで4月1日から子供が入ってくる。そのときに四街道市としてこれはもう3月31日まで終わらないかもしれない、では明許繰り越し、これを補正予算で出します。これ保護者の方から見たらどうなのですかね。これ4月1日から子供どこに入るのだと不安がどんどん広がっていって、それは私は市長として市民の皆さんに不安を与えるような、そういう明許繰り越しの仕方は考えておりません。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 市長は、明許繰り越しについての制度をご存じなのでしょうか。今の発言では、まさに先ほど私が申し上げましたけれども、この明許繰り越しをしたからといって何らペナルティーはないわけです。工期内に終わったからといって何のペナルティーもないわけです。ですから、明許繰り越しの手続だけをしておけばいいわけなので、それが工期内に終わろうが、延長しようが、今回の場合はまさに工期が延びて別な手法でみそら小内に別の空き教室を使ってこどもルームができたわけですから、そういうことも可能だったわけですよね。だから、今市長の言われたことというのは、まさに市長がきちんと反省をしてきちっとやらなければいけないことなのではないでしょうか。もう一度反省も含めてお話しください。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) こどもルームの利用される保護者の皆さんとかお子さんの立場を考えますと、4月1日からこどもルームがちゃんとオープンして利用できるのだという安定した、安心したそういう行政サービスをしなければいけないというのが私の基本的な考え方でございまして、この点につきましては広瀬議員とはちょっと見解が違うみたいなので、見解が違うことについては考え方の相違ですから、それは議論するつもりはございませんが、お答えといたしましては明許繰り越し、これをやる場合には具体的に先ほどから何度も言っていますが、こういう工程表でこういう理由で具体的に繰り越しが必要なのだというのを、特に国の補助金が入っている場合には担当課としては文書を申請するに当たりましてはそういった書類が調っていなければいけません。もしかしたらできないのではないか、年度内に終わってもいいやというような、そういう曖昧な形で資料をつくって持っていってもなかなか国、県のほうでは認めがたいという面もございますので、その点の事務処理的なものもご理解いただければと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 何か子供たちに迷惑がかかるというようなお話もありましたけれども、今回の問題そんなこと質問していないですよね。実際に手続をしたことによって何らそのことというのは関係ないわけですよね。何で私の質問に対してそれに市長が答えるのか、ちょっともう一度お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 昨年の12月議会でこどもルームの工事請負費の予算をなぜ明許繰り越しという形で12月の補正予算として出してこなかったのだという質問でございましたので、12月時点でまだ工期的には3カ月少々残っておりますので、十分この規模からいって、またこの内容からいって工事は終わるという判断をしたというお答えをいたしました。2点目として、なぜ明許繰り越しをしていないのかということに対して、4月1日からお子さんが入りますので、保護者の皆さんやお子さんの行政サービスの確保を図るという観点から繰越明許はしなかったと、そういう観点からご質問にお答えいたしました。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 明許繰り越しというのは事務手続上の問題であって、利用者の皆さんに迷惑かかるとかかからないとかという話ではないでしょう。今回の場合は、補助金の損失が起きたことに対しての市の責任があるということを私は申し上げているわけであって、そのことをすりかえるというのはちょっとおかしな話ではないですか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 補正予算で議案として明許繰り越し、昨年の12月補正でもし出したとした場合に、これは議案でございますので、補正予算でございますので、これは単なるそういう手続的なものだということではありません。予算というのは、市長が市民の皆様にこういう市政を具体的にこういう予算でやるのだという内容でございまして、私は広瀬議員がおっしゃられたような手続的なものであると、予算に伴う明許繰り越し、そのような考えは持っておりません。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 明許繰り越しの制度については予算で定めることです。本来は工事業者の選定前に工期の状況や天候の見込みなど不特定要因を総合的に鑑みて設定すべきものであり、設計の段階で工期内に終わると判断したものであっても、少しでも不安要因があれば明許繰り越しの議決や専決処分をしておくべきものであるはずです。そのことを明確に市長は否定しているわけですよね。それに間違いありませんか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 制度上の問題と実態的な問題と2つございますが、今回12月議会に補正予算の中で明許繰り越しを出さなかった理由は先ほどから2回にわたってご答弁しているとおりでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 本当は12月の議会で明許繰り越ししておけばよかったのですけれども、その後にも何回も、特に先ほども申し上げているとおり、2月の18日に県から問い合わせがあって、明許繰り越ししないのですかという話がございました。この間にも雪が降ったり、もしくは工程表の部分ですとか、私の確認している限り10回ほどの工程表の中で遅延の部分があったわけです。なぜそのときに明許繰り越しの手続をしなかったのか、この確認をさせてください。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  2月20日の件で申し上げますと、それまでに大雪が2回ほど2月……済みません、記憶が間違いなければよろしいのですが、2月の10日前後に2回ほど降ったと思います。その後基礎工事等ほぼ終わっていたということ、あるいは工程表の提出もいただいた上で何とか年度内に完成できるというような業者からの工程表もございましたので、私どもとしてその段で繰り越しの手続はとらなかったということでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 先ほどもお答えをいただいたわけですけれども、工事業者がおくれたことの要因ということなのですけれども、では工事業者に対して責任があるということで確認してもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 工事業者に責任があるので、契約約款に基づいて違約金を取っていると、こういったことでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 補助金損失の問題について伺っております。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 今回の補助金喪失の最大の原因は、一番最初のご質問で副市長がはっきりお答えいたしましたように、これはもう業者に責任があるのだと、私もそのように思っております。ただ、業者につきましては契約約款に基づく違約金であるとか、あるいは1年間の指名停止とか、その程度しかできないのです。これが現在の私どもの法的な壁でございまして、四街道市が現在いろんな工事関係で結んでいる契約約款は国交省のほうから示されている標準的な契約約款、これを使いなさいという勧告、そういったもとにやっておりまして、この点がある意味ではちょっと請負業者に有利な点になっているということは今回痛感したところでございます。ですから、市の職員、適切に処理を行い、一生懸命3月31日まで工事を終わってほしいということで適切に事務を進めたところでございますが、国を通した県からの補助金がもらえなかったというのは大変これは遺憾でございまして、やむを得ず専決予算をさせていただいたところでございますが、監査委員の意見を真摯に受けとめまして再発防止に努めてまいりたいと、このように考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 工事業者に補助金損失の責任があるという話でしたけれども、工事業者を訴えるというようなことはあるのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) その件につきましても顧問弁護士と相談した件もございますが、やはり過去の判例等を見ましても工事の契約約款等の範囲を超えた賠償請求、これは裁判官といえどもそういう判決は下すことはできないという、そういう形になるだろうということでございまして、1年間の指名停止、これが精いっぱいであったというのが現状でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 工期がおくれたことに対しては責任はあるでしょうけれども、補助金損失の問題、これははっきり言って私も法的にはいろんなものを調べましたけれども、問題はないです。今回のケースは、工期がたびたび遅延して変更になっています。余裕を持った工期の設定でないことは日報等を見ても明らかです。市には専門の技師がおり、工事の進捗状況を逐次監視をしています。その工事業者もおくれるかもしれないけれどもということの報告はしておって、その判断に基づいて先ほど言ったような繰り越しの手続をしなかったということになるわけですけれども、その担当者が終わらない可能性があると言っていた、疑問を持っていたのにもかかわらず明許繰り越しをしないで、そのことは誤った判断ではないということを今でもお考えですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  私どもといたしましても工事内容、規模、私どもの営繕担当課でもいろいろ協議させていただいた中で、工事業者からの工程表の再々度の提出等々もありました。その中で休日あるいはそういったものも含めて精力的にやるということ、それからその工程表の中身も見ていただいた中で、このとおりやれれば年度内の完成はできると、工事内容と規模、それらも勘案して、そういったことで繰り越しをしない旨の判断をさせていただいたところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 先ほど申し上げたとおり、工期の問題、それからたびたびおくれているということですとかいろんな状況を見ても、明許繰り越ししなかったことが不思議でならないのです。それから、この間の市長の議会に対する説明についても全くと言っていいほど誠意がないわけです。そこで、この責任を市長はどういうふうにとられるつもりなのか、再度お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 監査委員に監査の要求をして、8月27日に私のほうにその監査結果をいただきました。監査委員の監査の結果としては、事務的には適正であったと、それから繰り越し手続をしなかったことが必ずしも不適正とは言えないと。そして、ただし国を通した県の補助金、これをもらえなかったのは遺憾だと、私もそう思います。したがいまして、監査委員の意見にありますように、再発防止を図るための再発防止策、これを一生懸命検討させていただきたい。そして、またこのようなことがないようにこれからも努めてまいりたいと、このように思っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 以上で広瀬義積さんの質問を終結します。

  暫時休憩します。



    休憩 午後 3時50分



    再開 午後 4時05分





○市橋誠二郎議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                              





○市橋誠二郎議長 引き続き一般質問を行います。

  16番、長谷川清和さん。

    〔長谷川清和議員登壇〕



◆長谷川清和議員 議席番号16番、会派四街道21、長谷川清和です。一般質問も私が最後となりました。15名の同僚議員がそれぞれの視点で質問をされました。同僚議員と重複する質問が多々あると思いますが、私は私の視点で質問をさせていただきます。それでは、壇上より通告に従い一般質問をさせていただきます。

  安心、安全、そして公正なまちづくりについて。1項目め、消防団の現状について。

  ?、本市消防団の現状をどのように捉えて評価しているのかをお伺いします。

  ?、先月の吉岡地区での火災に際し、消防団はどのような役割を果たしたかお伺いします。

  2項目め、四街道十字路について。6月議会でも質問をさせていただきましたが、再度質問します。

  ?、現状の四街道十字路について、交差点形態をどのように評価しているかお伺いします。

  ?、交差点改良の必要性について、印旛土木とはどのような協議をしているのかお伺いします。

  3項目め、各スポーツ競技の現状について。この項目は取り下げさせていただきます。

  4項目め、市内業者の育成及び現状について。

  ?、市内業者の入札参加状況はどうなっているのかお伺いします。

  ?、市内業者の落札率はどのくらいかお伺いします。

  ?、落札業者が市の工事等の実績がない場合、市のほうから契約拒否はできるのかお伺いします。

  5項目め、監査請求について。

  ?、みそらこどもルームについて、監査委員の監査結果によると事務処理は適正である。繰り越し手続を行わなかったから適正ではなかったとは言えない。しかしながら、遺憾である。したがって、再発防止策を講じなさいという文言があるが、事務処理が適正であるならば監査委員の指摘する再発防止策とはどのようなことが想定されるのか、また他市の事例などがあれば教えてください。

  ?、今回の監査結果を市はどのように受けとめているのかお伺いします。

  ?、市長からの監査請求の結果では、本件については繰越明許の手続を行うかどうかは年度内に工事完成ができるという請負業者からの報告等を考慮し、協議を重ねて検討した結果、繰越明許の手続をしなかったと監査されている。都市部においては、繰り越しが多々あるが、負債業者が年度内に工事完了ができると言っているのに繰り越し手続を行った事例はあるのかお伺いします。

  また、都市部において業者の主張を無視し、市が一方的に契約延長や繰り越しをすることは法的に可能なのかお伺いします。

  ?、ところで6月議会において森本議員からみそら小こどもルームの入札に市議会議員が関与していたかどうかという質問がありましたが、監査の中でこの点は明らかになったのかお伺いします。さらに、契約の履行に関し市議会議員が関与したことがあるのかお伺いします。

  前向きなご答弁と率直な答弁を期待しています。以上、壇上から質問を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

  消防長、能城俊一さん。

    〔消防長 能城俊一登壇〕



◎消防長(能城俊一) 私からは安心、安全、そして公正なまちづくりについての1点目、消防団の現状についてお答えいたします。

  初めに、本市消防団の現状をどのように捉え評価しているかでございますが、当市消防団につきましては昭和40年代から消防団員の定数割れが続き、マンパワーが低下している状況が続いております。しかしながら、現在267名の消防団員は各種災害出動はもとより、各種消防団事業、さらには市の防災訓練などでも積極的に活動しており、十分な機能を発揮されており、現実に地域防災力の充実強化を進めるに当たって消防団の活動は必要不可欠であると考えております。

  次に、吉岡地区での火災に際し、消防団はどのような役割を果たしたかでございますが、本火災は8月の11日17時41分に覚知した木造平家建ての民家1棟が全焼した建物火災であり、カヤぶき屋根であったことから消火活動は困難をきわめ、鎮火は翌日の8月12日5時36分で、約12時間を要したものであります。当初からこの火災はカヤぶき屋根という特殊な構造からカヤを抜き取りながらの消火活動となり、長時間の活動が予想され、現場交代が必要なものと判断しておりました。そのため、消防職員20名を非常招集し、さらに活動部隊を増員する必要があったため、消防団員の出動を要請し、消防職員42名及び消防団員46名の連携により真夏の夜から明け方までの長時間にわたる過酷な条件下での防御活動を終結することができました。

  私からは以上です。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。

    〔都市部長 勝山博昭登壇〕



◎都市部長(勝山博昭) 私からは安心、安全、そして公正なまちづくりについてのうち都市部が所管します事項につきまして順次お答えをいたします。

  四街道十字路の現状についてですが、1点目の四街道十字路の交差点形態をどのように評価しているかにつきましては、6月定例会の一般質問の答弁でも申し上げましたが、主要地方道浜野四街道長沼線と主要地方道千葉臼井印西線及び市道四街道7号線が鋭角に交差しており、歩道幅員も狭いことから、良好な交通環境とは言えない状況にあると認識をしております。

  2点目の印旛土木とはどのような協議をしているかとのことでございますが、歩行者の安全確保及び円滑な交通を確保するため、道路管理者である千葉県印旛土木事務所に平成9年度より四街道十字路の交差点改良の要望を継続しているところであり、一部歩道の改良整備は実施されましたが、交差点の形状変更を伴うような大規模な整備には至っていないのが現状でありますので、今後も引き続き交差点改良整備を要望してまいります。

  次に、監査請求についての3点目、請負業者が年度内に工事が完成できると言っているのに繰り越し手続を行った事例はあるかについてお答えをいたします。都市部では繰り越し手続については請負業者から工期内に完成ができない旨の工期延長承認願を受け、その延長理由、変更工期の内容を請負業者と十分協議をした上で工事が年度内に完成しない場合は契約工期の延長、繰り越し手続を行っております。したがいまして、都市部では発注者から請負業者の了承を得ないで繰り越し手続を行った事例はございません。

  次に、4点目、都市部において業者の主張を無視し、市が一方的に契約延長や繰り越しをすることは可能かについてお答えをいたします。契約延長につきましては、工事請負契約約款第21条に基づき、請負者から工期延長の請求があった場合に発注者と請負者の協議が整った上で契約延長や繰り越しをできることとなっており、市から一方的に契約延長をすることはできません。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。

    〔経営企画部長 大野芳久登壇〕



◎経営企画部長(大野芳久) 私からは安心、安全、そして公正なまちづくりについての4項目、市内業者の育成及び現状について及び5項目、監査請求についての2点目、今回の監査結果をどのように受けとめているかについてお答えいたします。

  まず、4項目、市内業者の育成及び現状についての1点目、市内業者の入札参加状況はどうなっているかにつきましてお答えします。平成25年度分工事の一般競争入札による契約件数は84件であり、うち75件に市内業者が入札参加をしましたので、率にして89.3%ということでございます。

  次に、2点目の市内業者の落札率はどうかにつきましてお答えします。市内業者によって落札されたものが84件中58件、69.0%を占めており、58件の平均落札率は89.5%となっております。

  次に、3点目の落札業者が市の工事等の実績がない場合、市のほうから契約拒否はできるのかにつきましては、ご質問の趣旨では契約拒否はできないものでございます。

  次に、第5項目、監査請求についての2点目、今回の監査結果を市はどのように受けとめているのかについてお答えいたします。今回の監査要求に対して、みそら小こどもルーム新築工事に係る事務執行及び平成25年度放課後児童クラブ整備費助成金に係る事務処理は適正であったとの監査結果ということで受けとめておりますが、再発防止策を講じられたい旨の意見が付されておりますので、補助金の交付が受けられなくなったことを重く受けとめ、今後このようなことがないよう必要な措置を講じていきたいと考えております。

  私からは以上です。



○市橋誠二郎議長 監査委員事務局長、成田勝彦さん。

    〔監査委員事務局長 成田勝彦登壇〕



◎監査委員事務局長(成田勝彦) 私からは、5項目めの1点目及び5点目について答弁を申し上げます。

  まず、監査委員の指摘する再発防止策とはどのようなことが想定されるのかについてお答えいたします。監査結果につきましては、8月21日付で公表をさせていただきましたとおりでございます。また、このたびの監査要求及び監査請求に類似した事案は確認することができませんでした。なお、ご質問の再発防止策につきましては、具体的な内容の言及はなされておりません。

  次に、5点目の入札への議員の関与はとのご質問ですが、7月22日に提出のありました四街道市職員措置請求に係る監査結果の第3、1、監査により認められた事実の(3)、契約手続にありますとおりでございます。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 再質問はありませんか。

  長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 ご答弁どうもありがとうございました。私は、再質問は爽やかに質問しようと思いますので、よろしくお願いします。

  1の消防団の現状についてですが、消防団の方はいざのときにすぐ活動できる、本当に大したものだと思います。そこで、最近女性消防団員が週3回規律訓練を行っていると聞いているが本当か。近い将来操法訓練も視野に入れているのか、また操法をする目的でやっているのかお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 女性消防団員がたしか週3日だと思いますけれども、中央小学校で訓練を行っているのは承知しております。指導に当たっては、団本部の団員が指導しているということでございます。目的につきましては、女性団員の活動の場を広げるというような意味合いから、消防出初め式に向けての操法訓練、この準備だというふうに聞いております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 私も長年女性消防団の訓練、操法大会の参加ということで訴えていましたけれども、ここへ来てやっと活動が動き始めたということで感謝しております。ぜひけがのないように練習をしていただければと思います。そこで、消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律の運用について、これお手元に持っていると思いますけれども、その中で今の女性消防団の活躍を考えた中で、こういう消防団の活動環境の改善、(1)、消防団員が安全に活動できる環境の整備、その中で全国の消防団にお知らせしたが、これは若い者にとって魅力的なデザイン性にも配慮したものと、これは制服だと思うのです。前からも自分はよく言っていますけれども、本部員のときに3カ所視察に行きまして、女性消防団の服装、服装で憧れて入る女性消防団もいるのです。女性消防団といろいろ研究、勉強しながら、やっぱり制服も考えたらどうかと思うのですけれども、ひとつこれは要望としておきます。よろしくお願いします。

  続きまして、2番の四街道十字路の現状についてですが、お答えいただきましたけれども、県との折衝がなかなか難しい、ただ前向きでいってくれるというのはよくわかっております。それは、もう感謝しております。ただ、今地権者の方が土地を手放してもよいと言っているので、今がチャンスと思うのですが、早急に印旛土木と協議して、その件も話をしていただいて、何とか土地を確保して改良に、特に歩道がすごく狭いので、歩道確保という意味でも早急に印旛土木と協議していただければと思います。これも要望です。爽やかに質問しますので。

  続きまして、4の市内業者の育成及び現状についてですが、市内業者はほとんど中小零細企業で、やっぱり大きな仕事で、入札の場合には結構市外にとられるところが多々あると思います。しかし、市内業者というのはそこで仕事とれて売り上げ上がれば従業員の確保もできるし、また従業員が地元でお金を落とす、そういう意味ではやっぱり地元の中小零細企業にもっと環境いい仕事を1つでも2つでもやらせていただければと思います。これも要望です。

  ところで、落札業者が市の工事等の実績がない場合、市のほうから契約拒否ができるのかという質問に対して、部長が工事実績がないことを理由に契約を拒否したり解除することはできない旨の答弁をいただきました。なぜ私はこのような質問をしたかというと、先日の一般質問でみそら小こどもルームを落札した業者は市の工事実績がない業者だから、契約を解除すべきだとの主張がありましたので、本来のあり方を確認させていただきました。よくわかりました。

  次に、5の監査請求についてですが、先ほど資料が届いたばかりなもので、主なものだけ抜粋して、その中から質問させていただきます。まず、四街道市職員措置請求に係る監査結果についての一つと、先ほどいただきました表と一覧の内容が書いてあるやつです。この中から抜粋させてもらって質問させていただきます。監査委員は中立な立場で事務処理は適正であると言っております。私は、6月議会においてみそら小こどもルーム関連の専決予算を承認いたしました。まさに監査委員と意見が一致したことにほっとしております。また、市議会議員として適正な行動をとったと自負しております。もう一度申し上げますが、監査委員は中立な立場で事務処理は適正であると言っております。すなわち適正や不適正なことはなかったと結論を出しております。本議会の一般質問を聞いていても、この点が法律違反であるとか、あの事務処理が不適正であったという根拠のある指摘は出てこなかったと私は思っております。しかしながら、二度とこのようなことがないよう、監査委員が市長への意見の中で言われているように、早急に再発防止策を検討していただきたい。それに議会に一刻も早く報告をしていただきたく、強く要望します。

  話は少しそれますが、先日私に一通の手紙をいただきました。読ませていただきます。「長谷川議員様へ。今回最後の質問者ということでいろいろ臆測が飛んでいます」、どういう意味だかわかりませんですけれども、「みそら小こどもルームの建築に関しては、建築業者を事前に調べてみるのも市の責任、決断は市長の責任です。某議員云々も全て見通すのは市長です。市民の多くは、市長が「自分の責任です。担当者も自分も処分を受けます。」というのが一番市民が納得すると言っています。市民の目線も意識して発言をしてください。余り非常識な発言だと、私は2区、3区に新聞を発行してお知らせするかもしれません」、これは一部省略しておりますが、このような内容の手紙をいただきました。私は、この手紙を読んで、直感的に何か一般質問にどういう質問をするのかわかっているのかなという、それに圧力をかけてきているのかなという、そういう判断をしていますけれども、しかし議員は我々も千何百人の票をいただいて負託されて議員になっているのですから、やっぱり自分の意見を言うのがこの議場ですから、あえてこれを読ませていただきました。この手紙について、市長に感想をお聞きしたいのですけれども、どうですか。わからないなら、手紙ありますから、見てもらって。



○市橋誠二郎議長 暫時休憩します。



    休憩 午後 4時29分



    再開 午後 4時30分





○市橋誠二郎議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  私の個人的な体験から申し上げますと、こういった文書はいっぱいいただきますし、匿名の文書が多いのですが、また無言電話もいっぱいありますので、私の感覚が麻痺していると思われるかもしれませんが……でも、これちゃんと差出人名前書いていますね。私ぱっと見て感想と言われても、これは専門家等にご相談されたほうがというぐらいしか言いようがございません。ただ、今長谷川議員が一部読み上げられたところで、建築業者を事前に調べてみるのも市の責任、決断は市長の責任とありますが、先ほど都市部長あるいは経営企画部長のほうからご答弁いたさせましたが、例えば今回の建築工事に関しては建築業の許可、千葉県知事の許可をとって、例えば市内業者あるいは県内業者という、そういう資格要件の範囲内で入札してきて落札した業者について、これはちょっと市長の立場でこの業者は実績があるとかないとか、そういう判断で外すとか、これはちょっと法律的にできないです。ですから、こういうことを市長に違法行為をやれという趣旨になってしまいますので、これは先ほど議員読み上げられた一部の中でおっしゃっていましたが、ちょっとこれは無理なことだと思います。

  感想は以上でございます。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 そうですね。自分なんかなかなかそういう手紙というのを若いころからもらったことないもので、うれしいのか不安なのかちょっとわからなくて、今市長に見てもらったのですけれども、どうも済みません。これは、自分がどういうふうに受けとめるか、自分が脅威だと思えば弁護士に相談してもいいのですから、それは自分で判断させていただきます。

  ところで、先ほど言いましたけれども、資料の一部もらって、その中で幾つかの項目を読まさせていただきます。表の表ですけれども、まず経過を示された表のうち建築課工事経過の欄の1月7日には某議員と請負業者の会長及び現場代理人が議会棟の議員控室に来庁し、こども保育課が対応したところ、市から他の業者へ下請協力をお願いするように依頼がありと書かれております。また、同ページに同日の建築課の欄にはこども保育課より下請に関する報告があったが、建築課から下請業者をあっせんすることは問題であるとこども保育課へ説明すると記載されております。また、補助金繰り越しにかかわる内部の検討会議資料の1ページ目の1月8日の日ですけれども、見ると市長、副市長との協議の中で市長より某議員からの下請協力の要請に市は関与しないこと、請負業者が資材の入手難等で工事に時間を要する場合、5月1日の開所もやむを得ないこと、4月1日からの利用者に対応するため、みそら小学校の空き教室使用について教育委員会と協議することの指示がある。また、請負業者が工事実施が困難と言っているため、早急に工事の実施可否の回答をさせ、再入札等工事の実施について検討することとする。補助繰り越しの可否について県に確認することとすると記載されていました。また、1月10日、財政課の欄を見ると、市長、副市長報告結果に補助金については請負業者が移行できないのなら契約を解除し、平成28年度開所に向けてもう一度準備をすること、その間みそら小の空き教室を利用して開所するように指示があった。また、同日午後のこども保育課からの報告を見ると、請負業者が来庁し、工事どおり行う旨伝えられる。工事は1月21日から開始するとのことを確認。補助金については、業者が工期内に完成させるとのことで、県へ繰り越ししないことを伝えたと記載されています。ここで単純な質問ですが、都市部長にお伺いします。下請業者とはどういうものかお聞きします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  建設業法では、下請業者とは一般的に元請業者と下請契約を締結して、元請業者の下で工事の一部を請け負う業者でございます。また、四街道市の建設工事適正化指導要綱第2条第1項第4号におきましては、下請業者とは下請契約における全ての請負人をいうと定義されており、請負代金が2,500万円以上の工事につきましては同第12条第1項で施工体制台帳及び施工体系図の提出が規定をされているところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 突然に質問して申しわけありませんでした。そうなると、某議員が役所に連れてきても下請というのは元請が決めることなのでという受け方をしてもいいのですよね。そこでですが、都市部長、では下請業者の選定に市の職員が関与したようなことはあるのか、さらにお伺いします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、市の職員は使用材料等の承諾、こういったものは行いますけれども、下請業者の選定について関与することはございません。なお、下請業者の選定につきましては、四街道市の建設工事適正化指導要綱の第9条で元請業者は下請業者の選定に当たっては施工能力、経営管理能力、雇用管理及び労働安全衛生管理の状況、それから労働福祉の状況、関係企業との取引の状況等を総合的に勘案をして、優良なものを選定するように努めるものとされております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 わかりました。では、都市部長、職員が関与することはないと言っていますが、ないということですよね。もし職員が関与した場合はどのようなことになるのか、ちょっと市長にお伺いします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  市の職員が元請業者、入札で落札した業者、また下請業者につきましては、工事の場合ですと監督指導を行うわけです。また、下請業者が元請業者に提供する資材等も、先ほど都市部長ご答弁しておりますが、要は資材、材料承認、その審査を市の職員が行う立場でございますので、管理監督をする立場でそういう下請に関与すると、これはまさに信用失墜行為でございますので、こういったことがもしあった場合には、これはもう懲戒処分対象になると、このように判断しております。したがいまして、1月8日の私の判断を先ほど長谷川議員、早口で読み上げられましたが、下請については一切関与するなと、これも最初から徹底しておりますので、それ以降につきましては関与したそういう事実は全くございませんので、また私が市長になってから市の職員が下請業者に関与してさまざまな信用失墜行為を行ったとか、そういった事例はないと、こういう状況でございます。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 どうもありがとうございました。私は、このもらった3つの資料見ていると、市長の1月8日の判断は適切であったと思っています。しかし、市長、職員に違法行為を行わせるような、某議員がこういうことを、業者を連れてきて職員に会わせた場合に市長はどのように率直に思ったのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 私が1月8日にその報告を受けた中で下請業者の選定については関与するなと、こういう話をしたと同時に、どういう状況でそういうお話が議員、そして請負業者のほうからあったのかという、そういうお話は聞きましたが、これにつきましてはその議員がどういうお考えでどういう状況の中でそういうご発言、そして市の職員にそういう要請をされているのかという、そういった細かい内容がわかりませんので、これにつきましては私は……例えば私ども公務員、また市長はそういう犯罪等を見た場合には、聞いた場合には告発しなければいけないという義務があるのですけれども、告発するとか、そういうような情報といいますか、そういう情報はなかったものですから、議員についての感想はどうのというお話がありますが、市の職員は一切関与していませんから、ただお話聞いただけですから、そこで全て終わっているのだと、私はこのように判断をしておるところでございます。ただ、市の職員にちょっとむちゃなことを議員、それからまた請負業者が要請したという話なのですが、これは先ほど私が言いましたように市の職員が関与していないし、またそのときの議員のいろんな状況、それは告発するような、そういうような材料はありませんので、これについては政治家としての議員個人のお考えとか、あるいは議会のお考えであって、私がコメントすることではないと、このように思います。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 市長がそういう答弁すれば、自分も意見は言う必要はないと思いますけれども、我々議員も気をつけていろいろ行動したいと思います。

  また、先ほどの都市部の工事の繰越明許の取り扱いの答弁で明らかになったように、業者からの工事延長願が提出されなければ繰越明許ができない、さらに請負業者との関係はわかりませんが、某議員が今回請負業者を連れていったというわけですけれども、おおよそ今回の問題はそこに本質があるような気がするのです。そこで、再度確認しますが、1月7日に某市議と請負業者が議員控室に職員を呼び出し、下請の話を持ちかけるのですが、市長と副市長はこどもルームオープンを5月1日に延長することや入札のやり直しなど検討するように指示しております。ところで、千葉県に繰り越し手続を報告する、1月10日に請負業者から下請の体ができた3月31日までに工事は完了すると市には申し入れがされました。これは本当に都合のいい話ではありませんかと自分は思うのです。市の職員や市長の動きが請負業者に全て伝わっていたと何か勘ぐられても仕方ないように私は思うのです。この点いかが考えているのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  請負業者のほうでは、その前になかなか施工体制が組めないということがございましたのですが、私の印象では長谷川議員おっしゃっていることとは若干違いまして、みずから……1月10日までに私ども県のほうに報告しなければなりませんので、そのことについては請負業者のほうに再三再四申し上げて、施工体制を組むようにということで申し上げた経緯がございます。その結果、1月10日にその段では無事と申しますか、みずから施工体制が確保できたという報告をいただきまして、その旨また協議をさせていただいて繰り越ししない旨の報告を県に申し上げたということでございまして、したがいましてそういった経緯がございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 済みません、急に質問いたしまして。角度を変えて質問したいのですが、私がまだよくわからないのは請負業者は3回にわたり工程表を出し直ししていますが、3回とも3月31日までに工事は終わると言っています。そうですよね。4月の中旬までに完了するという工程表と工事延長願を出せば、市は繰越明許ができ、県の補助金をもらえますし、業者も違約金や1年間の指名停止処分を受けることもなかったと私は思います。しかしながら、請負業者は3月31日までに工事が終わると言っていますけれども、今になれば何かうそを言い続けたような気がするのです。何の利益があったのかどうかわかりませんですけれども、市としてこの点をどのように捉えていますか、ちょっとお伺いしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 請負業者にとって3月31日までに終わると、3回も工程表を出し直させてもちゃんと社判をついて工程表を出し直しておることについては、何の利益があるのかなかなか私自身もわかりません。要は入札等々の中で下請の資材の調達とか、あるいは作業員の手配等々、こういったものをある程度やった中で入札に参加しているのではないかなというふうに通常のパターンでは思います。また、今回こどもルームについては3月31日まで終わらせる、それは4月1日から子供たちが入ってくるためですから、請負業者としてはその責任感があったのかなというふうにも思いますが、ただ補助金の面から見ればこういう入札に参加する業者というのは繰り越しの手続等とか、これはもう皆さんよくわかっていらっしゃいますので、また今回の業者はある意味では千葉県の東部のほうではある程度の実績もありますので、工期の延長願とか、あるいは工程表を出し直せば、これは特に違約金とか、そういう問題が生じないわけですから、何の利益があったのか、ちょっと私もわかりません。ただ、心配されるのは要は業者からの申し出なのか、あるいは市の工事監督している職員の判断なのか、その申し出たほうが、例えば4月1日からは消費税が5%から8%に上がりますので、市のほうからこうしなさいということになれば市の判断で工期が4月1日になりますから、消費税も5%ではなくて8%という形でお金を納めるわけです。そうしますと、工事契約額も3%ふえます。それから、また4月1日以降工事を延ばしなさいという話になると現場管理人等の人件費とか、そういった問題もあるので、ちょっとなかなか工期の延長について、やはり業者と十分協議する中で業者ができないのだとはっきり言ってくれなかった理由はなぜなのだというのがいまだに私自身も疑問です。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 市長も業者に何の利益もないその理由がよくわからないと言われていましたが、先ほども言いましたけれども、やっぱり市長を初め職員が甘かったのかなという考えを自分は持っています。私個人の考えですけれども、普通3回も工程表を出し直すというのは考えられないのです。これは業者と裏のところで何か動きがあるのかなという臆測をするような感じを持っているのです。何か市長に対して嫌がらせをしているようなふうにも見えるし、本当にその業者は理解に苦しむのです。それはいいですけれども、私は四街道市議会は感情論や闇の勢力に影響されることなく、公平、公正な判断をすべきであると申し上げるとともに、市長はこどもルームの監査をみずから要求したわけですから、その結果を真摯に受けとめ、再発防止策の確立を行っていただきますよう強く強く要望し、私の質問を終わらせていただきます。



○市橋誠二郎議長 以上で長谷川清和さんの質問を終結します。



                        ◇                      





△休会について



○市橋誠二郎議長 日程第2、休会の件を議題とします。

  お諮りします。9月18日、9月19日、9月22日、9月24日から26日まで及び9月29日は議案調査のため休会とします。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○市橋誠二郎議長 ご異議なしと認め、そのように決定します。

  なお、9月20日、9月21日、9月23日、9月27日及び28日は、会議規則第10条第1項の規定により休会とします。



                        ◇                      





△散会の宣告



○市橋誠二郎議長 以上で本日の日程は終了します。

  9月30日は定刻より会議を開きます。

  本日はこれにて散会します。

    散会 午後 4時51分