議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  6月 定例会(第2回) 06月20日−09号




平成26年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−09号







平成26年  6月 定例会(第2回)





         平成26年第2回四街道市議会定例会 第19日

                           平成26年6月20日(金曜日)午後1時開議
 議 事 日 程 (第9号)

 日程第1 一般質問                                      
       ・長谷川 清 和                                 
       ・広 瀬 義 積                                 
 日程第2 休会の件                                      
                                              
〇本日の会議に付した事件
 1、開  議                                         
 1、議事日程の報告                                      
 1、諸般の報告
 1、一般質問                                         
    長谷川 清 和                                     
    広 瀬 義 積                                     
 1、休会について                                       
 1、散  会                                         

午後1時開議
 出席議員(21名)
     1番   市  川  尚  史         2番   関  根  登 志 夫
     3番   鈴  木  陽  介         4番   成  田  芳  律
     5番   中  島  康  一         6番   清  水  清  子
     7番   大  谷  順  子         9番   戸  田  由 紀 子
    10番   斉  藤  耀  一        11番   宮  崎  昭  彦
    12番   岡  田  哲  明        13番   山  本  裕  嗣
    14番   高  橋  絹  子        15番   吉  本  貴 美 子
    16番   長 谷 川  清  和        17番   石  山  健  作
    18番   清  宮  一  義        19番   阿  部  治  夫
    20番   森  本  次  郎        21番   市  橋  誠 二 郎
    22番   広  瀬  義  積

 欠席議員(なし)

 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  市   長   佐  渡     斉      副 市 長   武  富  裕  次
  教 育 長   ?  橋  信  彦      危機管理監   平  井     進

  経 営 企画   大  野  芳  久      総 務 部長   麻  生  和  雄
  部   長

  福   祉   小  澤  芳  雄      健康こども   高  橋  靖  明
  サ ー ビス                   部   長
  部   長

  環 境 経済   杉  山     毅      都 市 部長   勝  山  博  昭
  部   長

  水 道 事業   櫻  井  克  已      会計管理者   岡  田  篤  男
  センター長

  消 防 長   能  城  俊  一      教 育 部長   ?  野  松  男

  選 挙 管理   須  田  守  彦
  委 員 会
  事 務 局長

 本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      主   幹   小  林     武
  主 査 補   仲  田  鋼  太      副 主 査   藤  井  康  行





△開議の宣告                                (午後1時)



○市橋誠二郎議長 ただいまの出席議員21名、定足数に達していますので、本日の会議は成立しました。

  直ちに本日の会議を開きます。



                        ◇                      





△議事日程の報告



○市橋誠二郎議長 本日の日程については、お手元に配付の日程表のとおりです。



                        ◇                      





△諸般の報告



○市橋誠二郎議長 日程に入るに先立ち、諸般の報告を申し上げます。

  本職の出席要求に対する出席者について、選挙管理委員会委員長から「平成26年第2回(6月)四街道市議会定例会6月20日の説明員について」の送付がありましたので、お手元に配付のとおり報告します。



                        ◇                      





△一般質問



○市橋誠二郎議長 日程第1、一般質問を行います。

  発言時間については、質問時間のみで30分以内としますので、ご了承願います。

  では、順次通告者の発言を許します。

  16番、長谷川清和さん。

    〔長谷川清和議員登壇〕



◆長谷川清和議員 議席番号16番、会派四街道21の長谷川です。通告に従い順次質問をさせていただきます。一般質問もきょうが最終日となります。同僚議員の質問と重ね合うと思いますが、よろしくお願いします。

  安心、安全なまちづくりについて。?、小中学校の校庭、グラウンド整備について、今年度は四街道小学校のグラウンド全面整備を行うが、他校の荒れている校庭、グラウンドは随時整備していくのか。また、整備を行うならば、次はどこの学校かお伺いします。

  ?、中央公園グラウンドについて、中央公園の野球グラウンドが荒れているが、本格的な整備が必要だと思うが、いかがでしょうか。

  ?、桜並木の保存について、和良比踏切の近くにある桜並木に伐採のうわさがあるが本当か、お伺いします。桜の木の所有者は誰か、土地の地権者は誰か、それぞれの関係者はどのような話をしているのか、わかる範囲でいいので、お答えください。また、市はどのような立場なのか、そしてどのように考えているか、お伺いします。

  ?、消防団の現状について、平成26年度の消防団員は何名いるか、また各分団の構成は、各分団の平均年齢は、今年度の女性消防団は何名か、また今年度は何名入団したか、また平均年齢は、お伺いします。

  ?、四街道十字路の整備について、過去に何回か質問させていただいている四街道十字路は、交差点形状が悪く、交通量が非常に多く、また歩道が狭く危険な状態です。早急に交差点改良が必要と思われるが、いかがでしょうか。

  ?、交通の不便な地域の対策について、路線バスのコースの変更とか減少に伴う交通不便地域の対策はどのように考えているか、お伺いします。

  ?、雨水対策について、これから本格的な梅雨に入ります。近年の雨は、予想を超える大雨や集中豪雨が降ります。本議会においても、雨水対策は数多くの議員より質問がありましたが、どれもその対策には時間も大きな予算も必要となります。

  そこで、お伺いします。過去に大雨や集中豪雨のときに被害があった地域、場所はどのような対策をしているのか、また床上浸水、そして床下浸水の対策はどのように考えているのか、お答えください。

  ?、各球技スポーツの現状について、四街道市の各球技スポーツの現状について質問させていただきます。球技スポーツには、ソフトボール、バレーボール、野球、卓球、テニス等の各球技スポーツがあります。その中でもソフトボールは、小学校からハイシニアクラブまで各年代が全国大会や関東大会に参加し、輝かしい成果を上げ、四街道市のソフトボールの盛んなことは全国的にも知られているところです。しかし、残念ながら四街道市には専門グラウンドがありません。

  そこで、お伺いします。すぐとは言いませんが、専門グラウンドをつくっていただきたいと思いますが、可能性ありますか。

  以上、壇上からの質問を終わらせていただきます。前向きな答弁をよろしくお願いします。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

  市長、佐渡斉さん。

    〔市長 佐渡 斉登壇〕



◎市長(佐渡斉) 私からは、第2項目、中央公園グラウンドについてのご質問にお答えいたします。

  中央公園野球場の整備工事といたしまして、平成21年度に約110万円の費用で内野の整地工事を行っているところでございます。グラウンド利用状況は、野球等のスポーツに加えて、ふるさとまつり、産業まつり、ガス灯ロードレース大会、消防出初め式や操法大会などなど、市のさまざまなイベントで多目的に利用されております。これらのイベントにおいては、グラウンドへの雨天直後の自動車の乗り入れやくいの打設、仮の電線を地中に埋設する行為等、イベント実施の内容や天候によってグラウンドが荒れる原因となっております。イベントでのグラウンド使用後は、主催者による原状回復をお願いしているところですが、完全にもとに戻すことは困難な状況でございます。このような中央公園野球場の利用状況を踏まえますと、野球場として本格的な整備をすることは難しいものと考えております。しかしながら、今後適宜、適切な整備に努めてまいります。

  私からは以上でございます。他のご質問につきましては、担当部長等よりお答えをいたさせます。よろしくお願いいたします。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。

    〔教育部長 ?野松男登壇〕



◎教育部長(?野松男) 私からは、1項め、安心、安全なまちづくりについての1点目、小中学校の校庭、グラウンドの整備について、3点目、桜並木の保存について及び8点目の各球技スポーツの現状について順次お答えいたします。

  初めに、1点目の小中学校の校庭、グラウンド整備についてですが、四街道小学校以外の荒れている校庭、グラウンドは随時整備をしていくのかについてですが、校庭やグラウンド改修につきましては学校からの要望等により現地を確認の上、防じん処理剤の散布やスプリンクラーの改修などを行い、維持管理に努めてまいりました。また、グラウンド全面への防じん処理剤の散布や不陸整正などの大規模な改修工事を行っており、近年では四和小学校、旭小学校、和良比小学校で実施しました。今後も現状を確認の上、必要に応じた整備をしてまいります。

  次に、整備を行うなら次はどこの学校かについてですが、全面的な改修や整備としては平成27年度に栗山小学校のグラウンド、平成28年度に四街道中学校の第2グラウンドの整備を予定しています。

  次に、3点目、桜並木の保存についてお答えします。ご質問の和良比踏切付近の桜並木ですが、JRの敷地内にある桜のことと思いますが、そこに設置されている看板には、四街道小学校の昭和35年卒業生による卒業記念樹として記載されております。また、その桜並木の代表世話人や連絡責任者、卒業生代表者の記載があることから、桜の所有者はその方々となり、土地の所有者はJRと確認をしています。この桜並木は、既に植樹後50年ほどが過ぎており、老木のため枯れているものや幹が空洞化しているものが多く、倒木の危険性があるため、関係者の方から対応等の相談が市にありました。市が管理する桜並木ではないため、市が対応することは困難となりますが、小学校の卒業記念樹ということもあり、教育委員会でご相談を受け、JRの担当部署や記念樹の関係者の方々への連絡調整を行いました。

  なお、現在この関係者の方々により今後の対応等について話し合いが行われているところです。

  次に、8点目の各球技スポーツの現状についてお答えいたします。ソフトボールはもとより、各スポーツ団体の活躍については認識しているところでございます。現在各ソフトボール団体の大会及び練習については、総合公園多目的運動場、中央公園野球場、市内小学校の校庭等において行っている状況です。その中で、関東大会や全国大会に出場し活躍することは、次代を担う子供たちに大きな夢を与えるばかりでなく、生涯にわたりスポーツをする上でもよいきっかけづくりになると思います。

  ご質問の専用グラウンドの整備については、現段階での整備計画はございませんが、既存施設の有効活用を図るなど各団体間で共有し、利用していただきたいと考えております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。

    〔消防長 能城俊一登壇〕



◎消防長(能城俊一) 私からは、安心、安全なまちづくりについて、4項目め、消防団の現状について順次お答えいたします。

  初めに、平成26年度の消防団員数につきましては、条例定数354名のところ、本年4月1日現在の実員は267名でございます。

  次に、各分団の構成につきましては、18個分団のうち最少で9名、最多で18名でございます。また、平均年齢につきましては、平均年齢の一番低い分団は第17分団で34.6歳、一番高い分団は第13分団で58.4歳であり、18個分団の平均年齢は41.9歳でございます。

  次に、今年度の女性消防団員数及び今年度の入団数並びに平均年齢につきましては、今年度新たに3名の方が入団され、4月1日現在で11名となり、平均年齢は44.3歳でございます。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。

    〔都市部長 勝山博昭登壇〕



◎都市部長(勝山博昭) 私からは、長谷川議員の一般質問、安心、安全なまちづくりについての5点目、四街道十字路の整備、7点目の雨水対策についてお答えをいたします。

  5点目の四街道十字路の現況は、主要地方道浜野四街道長沼線と主要地方道千葉臼井印西線及び市道四街道7号線が鋭角に交差しており、交通環境上、整備の必要性は認識をしているところでございます。しかしながら、四街道十字路の交差点改良は、印旛土木事務所の所管により整備を願うことになり、また交差点の改良を行う場合には、交通管理者より鋭角な交差の解消、交差点のコンパクト化が指導されているところであります。

  次に、7点目の雨水対策についてお答えをいたします。過去の大雨時に被害のあった地域、場所への対策でございますが、既に今議会においてもご答弁を申し上げておりますとおり、みのり町周辺では公共下水道管の整備を、第3排水路や四街道雨水幹線流域では、地下貯留施設の設置事業を進めているところです。また、床上、床下浸水の対策でございますが、警察、消防、市内土木協力会などの協力をいただき、交通規制、排水ポンプによる強制排水、土のうの積み立てなど、関係機関との連携により被害の軽減を図っているところです。

  なお、台風などの大雨が予想される場合には、雨水ポンプの点検、ますの清掃、要請に基づく土のうの配付など、事前に対策を行い、浸水に備えているところでございます。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。

    〔経営企画部長 大野芳久登壇〕



◎経営企画部長(大野芳久) 私からは、第6項目の交通の不便な地域の対策についてお答えします。

  公共交通空白地域、不便地域の対策につきましては、民間バス路線の活用を基本にしながら、利用見込みや地域の状況を踏まえた上での的確な支援を行ってまいりたいと考えておりますが、あわせて本市の課題の一つとなります高齢化への対応や地域の活性化も踏まえた包括的な視点から、デマンド交通も一つの方策として検討し、地域公共交通会議での議論を踏まえた上で、今年度中に新たな公共交通システムの導入方針を作成してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 再質問はありませんか。

  長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 答弁どうもありがとうございました。では、再質問をさせていただきます。

  まず、?の小中学校の校庭、グラウンド整備についてですけれども、随時荒れているところから直していくということで安心しました。その中で、今回四街道小学校のグラウンドの整備が始まりますけれども、いつごろからどのくらい日数かかるのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) ちょっと日数等確認させていただきます。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 実は小学校の先生、父兄、子供たちがえらい喜んでいまして、ただいろんなクラブ活動とか、地域の練習も使いますので、その日程調整してなるべくそれにかからない時期にお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

  では、続きまして、中央公園グラウンドについてですけれども、私もソフトボールチームをつくっていまして、選手に聞くと本当に中央公園のグラウンドは悪い、危険だ、危ないのだという声が随分来ているのです。それに対して、もう一度聞きます。どういう内容で平成21年に整備したのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  内野グラウンドの整地を行ったところでございます。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 今度都市部長もソフトボールの練習やってみて、どれぐらいイレギュラーするとか、本当危ないのです。子供たちもあそこで大会やりますから、せめてやっぱり大会前ぐらいにはグラウンドを整備してもらいたい。何でこういう話するというのは、ことしの消防団の出初め式、グラウンドがかなりぐちゃぐちゃで水分が上がっていて、そのグラウンドを私ずっと見ているのですけれども、その後の整備が全くされていないような気がするのです。ただトンボだけかけていては全くグラウンドはよくならないです。やっぱり砂を入れるか何かして。そういう意味で、私はグラウンドを使うのはいいのですけれども、使った消防なら消防でやっぱり最後にきれいに原状復旧して、皆さんが広く、浅く、いろんな人が安全に使えるような、そういうグラウンドにしてもらいたいのです。

  もう一度聞きます。今のグラウンドの状況はどうかご存じですか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  私は現地は見ておりませんけれども、担当課長あるいは担当が現地を見ております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 また、近いうちに印旛郡の操法大会ありますから、その後もう一度グラウンドを見てもらって、確認して整備するところはしてもらいたいと思います。

  そこで、もしくはこれは大規模な、先ほど市長が210万かかったと言いますけれども、本格的にやらなければいけないようなグラウンドだと思っていますので、もしこれが大規模な整備をするとしたらどのくらいの費用がかかるのか、概算でいいですからちょっとお聞きしたいのですけれども、わからなければわからないでいいですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) 中央公園グラウンドにつきましては、本格的な整備というものは現在考えておりませんので、そういった予算等につきましても把握はしてございません。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 これ長くやってもしようがないですから、とにかくグラウンドを使う試合に安心、安全に気配りしてグラウンド整備をお願いしたいと思います。

  そこで、ちょっと聞きたいのですけれども、去年あたりですけれども、グラウンドの周りの車が駐車禁止になりましたけれども、それはどういう理由で、どういう苦情が来たからあるなら、それちょっと一例を出してもらいたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、あそこの野球場の周りは園路でございまして、車が走る場所では本来はございませんでした。これまでやはりゲートボール大会とかグラウンドゴルフ大会、そういったものに配慮いたしまして、なるべく高齢者の方がお近くにまで荷物を運べるようにある程度認めておったわけですが、ほかの他の市民の方から小さい子供があの中で遊んでいると、そういったことでやはりあそこは車が通る場所ではないだろうということから、そういった方々にお願いをして中への車の進入はご遠慮願っているというところでございます。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 よくわかりました。では、自分も聞かれた場合には、そういうふうに説明してご理解してもらうように努めます。

  では、続きまして、桜並木の保存についてですけれども、あの桜並木の保存は我々の4年ぐらい先輩の方がたしか卒業記念で植えたと思うのですけれども、今いろいろお話聞きまして、やっぱり地権者と植樹した人たちの関係の中でこれは進めていって、我々がどうのこうの言う問題ではないと思いますので、ぜひ両方の意見を聞いた中で的確な措置をしていただきたいと思います。これは質問しません。

  では、続きまして、消防団の現状についてですけれども、自分も中央グラウンドを使って出初め式とか操法大会ありますけれども、本当にそのたびにさっき質問しましたけれども、グラウンドの荒れ方がひどいということで、できれば常備消防と18個分団がいつでも練習をでき、出初め式、操法大会ができるグラウンドを何かちょっと確保してもらいたいと思うのですけれども、すぐとは難しいですけれども、将来的にどういう考えでいるのかちょっとお聞きしたい。また、消防長にそういう旨があるならば、ちょっと一言話してもらいたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 消防団を含めて消防の式典、訓練についての会場については、大変苦労しております。現状では、中央公園、野球場、こちらを中心に大きなイベント、行事は実施させていただいています。それに向けての通常の訓練につきましては、南部消防用地を使う、あるいは旭分署の訓練棟、こういったところで訓練をしております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 先ほども四街道小学校のグラウンドで消防訓練かなりされていますけれども、今年度四小のグラウンドが整備されれば、恐らく消防団の練習はできなくなるのかなというような危惧あるのですけれども、そういう面を踏まえて、やっぱり大会近づけば本当に皆さん仕事終わって疲れた体の中で、自分たちの地域は自分たちで守るのだということで一生懸命訓練して、それを大会に向かって皆さんに披露という、やっぱりそういうためにも環境を整えたほうが私はいいと思うのです。だから、できればいい場所があれば、そういうふうに消防、我々市民の安心、安全を守る一番先頭を切る消防団員の組織ですから、ぜひ考えていただきたいと思います。それは要望しておきます。

  ところで、6月8日の消防操法大会で幾つかの分団が参加していなかったのですけれども、幾つの分団が参加せずに、そしてそれはどういう理由で参加しなかったのか、お聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 6月8日の市消防操法大会に参加できなかった分団は5個分団でございます。理由につきましては、団員の高齢化及び団員不足などでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 各分団の辞退した理由をお聞きしたいです。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 先ほど申し上げました5個分団のうち4個分団、分団名申し上げますけれども、第7分団、第9分団、第11分団、第12分団、第13分団、この5個分団が欠場ということです。第7分団を除きまして、理由につきましては団員の高齢化、それから団員不足、第7分団につきましては学校行事等との重複でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 教育部長より保留分の答弁の申し出がありましたので、これを許可します。

  教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) それでは、先ほどの四街道小学校グラウンド改修工事の日程等ですけれども、四街道小学校は秋に運動会予定されておりますので、運動会終了後、10月から3月までの工期で実施する予定でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 どうもありがとうございました。安全な作業やってください。子供たちがいますから、よろしくお願いします。

  また、消防のほうですけれども、5個分団も参加せずにして、きのうですか、山本議員からの質問で、再編成あるのかといったときに、考えていませんと言いましたけれども、全くちょっと考え方が違うような気がするのです。今回5個分団が辞退したのに対して、どういうような感想持っているのかお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 消防操法大会に参加できなかった分団が5個分団、前回大会は4個分団でありました。参加できない理由につきましては、ほぼ同様な理由です。この状況について、団長以下団本部と意見交換は十分しております。団員不足を解消するための施策として幾つかございますけれども、そういった施策を進めていく必要があると同時に、消防団全体の将来像を描いてのことも考えていく時期だという認識は、団本部、そして私ども共通して持っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 これ中台元消防長の時代に、私質問したこと今思い出したのですけれども、各地域と話し合ってこれから消防団をどういうふうに人員を確保するのか、ふやしていくのかという、そういう何か組織をつくってくれという話しして、つくりますという話ししたのです。ちょっと名前忘れてしまったのですけれども、今その地域とのコミュニケーションとっているのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 消防団の幹部と個別に地区を定めて協議等の場を設けている部分はございません。ただ一昨年の区長、自治会長会議において、消防団長から消防団への加入についてのお願いを直接した経緯等はございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 私たちのやっている時代とは違うのですけれども、これは自慢ではないけれども、私は副分団長、分団長、本部員やって、ほとんど欠員はつくりませんでした。それは人間関係で消防入ってもらいまして、やっぱり消防団もそれらの人間関係をどんどんつくっていただいて、消防はいいぞと、皆さんに仲間のところへ引っ張ってもらえれば、ここに若い消防団員も何人かいますから、そういう子たちにお願いして、やっぱり消防団確保してもらったほうがいいと思います。

  再度聞きますけれども、再編成は考えているかいないか、お聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 消防団の再編成について、これは課題として十分認識しております。再編成の仕方、内容につきましては、かなり自治会等との関係がございますので、慎重に行う必要があるというふうに思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 では、慎重に考えていただきたいと思います。

  それでは、女性消防団の今回の大会の役割をお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 先ほど申し上げましたが、4月1日現在11名の女性団員がおりました。うち3名が新人ということです。業務内容につきましては、受け付け及び進行、式典の補助等に従事していただきました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 私、ただあのとき顔は出したのだけれども、脇で見ていたのですけれども、受け付けに消防団員の女性団員が五、六人いて、ただ立っているだけです。私は、何で女性消防団というのをいつも言っているかというのは、私は本部員のとき中台元市長が、これから男性消防団がどんどん減っていくから女性消防団も採用したらどうかということで、それから入った話だと思うのですけれども、自分の描いている女性消防団のイメージが全く違うのです。だから、何回も、何回もお聞きしているのですけれども、そこで改めて聞きますけれども、もう11人もいて、操法大会の整列を何でそこでさせないのかと、自分は本当に疑問持つのです。だって、女性消防団PRするには一番いい場所です。女性消防団がいるのだ、それを受け付けとか進行係とか、そういう隠れた部分にいたら一般市民はわかりません。今度来年からは、出初め式からでもいいですから、女性消防団を整列させてください。女性消防団PRをしてください、そこでPRになるのです。余りにもちょっと考えていないような気がする。これは、自分の考えですから、皆さんそれぞれ違いますから何とも言えませんですけれども。私は、毎回、毎回質問で聞いていますけれども、何で女性消防団に操法のお披露目をさせないのか、お聞きします。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 長谷川議員からは、3月の予算審査特別委員会の質疑の中で要望をいただきました。その後、直ちに消防本部としては団本部会議を開きまして、議員の中からこのような意見があったということでお伝えしました。その結果ですけれども、先ほど申し上げましたとおり女性消防団員の年齢がかなり上がっているということ、それから練習期間が短いということ、それからもう一つは常備消防、我々の問題ですけれども、指導体制が厳しい、こういった理由から団本部、私ども含めまして、操法大会で女性団員の演技は難しいだろうという結論になりました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 私は、大分前から言っているのです、この話。委員会のときではないです。一般質問でも言っているのです。女性消防団も出してPRしてくださいと、下手でもいいのです。こういう女性消防団が活動しているのだということを皆さんに見せてくださいと、いい場ではないですか。今のちょっと詭弁です。いいですけれども、その中で、では消防長に聞きますけれども、女性消防団は団本部のためにあるのか、消防団の団員確保のためにあるのか、ちょっとそこのところを確認したいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。



◎消防長(能城俊一) 現在11名の女性の団員は、全て団本部の所属というふうになっております。その外見を見て、団本部のためというように見えるかもしれませんが、消防団の活動の範囲につきましては、現場活動が中心ではありますけれども、広報等を含めて幅広い活動をしております。救急救命関係の講習会ですとか、火災予防の広報などになりますけれども、そういった部分で女性団員は男性の団員とほぼ同等以上の活動をしているというふうに思います。この部分について、消防団員の活動範囲の大部分でありますけれども、かなりの効果があるというふうに思います。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 それは、女性消防団の役目というのは自分も重々知っています。しかし、我々消防団入ったときも、入ってすぐ操法訓練するのです。やっぱり入ったからには、その次の日火災になったらすぐ出動するという、そういう決まりでみんな消防団入っているのです。幾ら団本部づきだといっても、やっぱり消防団員ですから、少なくとも最低の基礎、操法、これやっていることによって火災現場に参加して、そこでそれからその役割分担ができるのです。だから、基本は操法なのです。そこのところはちゃんと認識して、今度の、これだけ言ったのですから出初め式にはやると思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 長谷川議員の女性消防団に対する大きな期待、これまでのいろんな議会でのご質問等々でよく理解しております。しかしながら、消防団本部、それからまた常備消防と消防団本部の中での検討の中で、まだ女性消防団が出初め式であるとか、いろんな操法大会での操法演技、これについてはまだ現時点ではそれを行う段階にはないという判断をしているのです。ですから、長谷川議員のお考えもわかりますし、またそういう消防団本部のそういったお考えもご理解を賜りたいと思います。一番大きな原因が先ほどから何度も消防長がご答弁していますが、18個分団男性の平均年齢が41.9歳です、さっきお答えしたとおり、女性11名の平均年齢がそれを上回る44.3歳、そして高齢化等によって、年齢的な原因によりまして、今回消防操法大会5個分団欠場しているのです。ですから、こういった理由をご説明していますので、そういった状況も加味していただきながら、長谷川議員にもいろいろご検討賜ればと思います。したがいまして、来年の消防出初め式で即女性消防団が出場すると、そういうことはこの時点ではかなり難しいと、そのようにご理解ください。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 市長に逆らって悪いのですけれども、操法というのはスピードとかそういうのは大会であって、演技を見せろということなのです。こういう最低な基礎は知っているのだよということを皆さんに見せてくださいと、そういう意味で女性消防団の操法をやってくださいという意味ですから。大会に出るという意味で言っているわけではないですから。市長の言っていることもよくわかりますので、ここでこの話はやめさせていただきます。

  では、続いて5番目の四街道十字路の整備についてですけれども、本当に印旛土木事務所との話し合いがありますから、なかなか市としても難しいと思いますけれども、以前にも質問しましたけれども、今四街道十字路の千葉方面から四街道に向かって船橋に行くカーブのところ、あそこの歩道が物すごく狭いのです。ぶつかると車道へ出て歩く人もいるのです。あそこを何とか、あそこだけでも何とか改良してもらいたいと思うのですけれども、市の単独ではできないのですから、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  県道でございますので、整備はあくまでも県のほうでお願いをしたいと、このように思っています。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 でも県がやるにしても、やっぱり地元の市町村が環境をつくってやれば県も動くと思うのです。そこで、私地権者、あそこみんな知っているのです。地権者の方は、自分がここを改良したいのだよと言ったら、そういうことなら協力するというのです。だから、要は土地は譲り渡してもいいよという考え持っているのです。そういう意味もやっぱり地権者と会って、その旨を、もしくは自分の言っていることが間違いなければ、印旛土木へ行ってこういうわけで地権者が譲ってくれるから、あそこのたまり場というのですか、結局信号待ちしているときに1人しか立てないのではなくて、あそこにちょっと広場をつくってもらって、そこでまた反対側に建物壊せば広がりますから、視野が。そうすると、より安全な歩道になると思うのです。そういう意味では、ちょっとお考えしてもらえるかどうかお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  ご提案のありました隅切りにつきましては、これもやはり用地買収、これが絡んでまいりますので、私のほうから印旛土木事務所のほうに、こういった整備の要望というものを行ってまいりたいと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 私も地権者にもう一度確認してみて、私のほうからも印旛土木に行って、両脇から攻めれば何とか、あとは県会議員2人いますから、そのバックアップを行って何とか四街道の十字路の安心、安全のためにも、ぜひ私も協力しますので、よろしくお願いします。

  続きまして、交通の不便な地域の対策についてですけれども、バス会社も商売ですから赤字路線は縮小するか撤退のどちらかを選択するのは仕方ないと思います。しかし、現実には交通手段がなくなり、病院にも行けない困っている高齢者が多々います。そこで、交通不便な地域の対策をもう一度どういう対策するのか、お聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) お答えさせていただきます。

  減便とかそういう要因で交通不便地域になってしまった地域があるかと思いますが、その辺の対策につきましては先ほど壇上でもお答えいたしましたとおり、その利用見込みや地域の状況を踏まえた的確な支援とあわせまして、新たな公共交通システムの導入に当たり、高齢化への対応等踏まえた包括的な視点も含めまして検討を行ってまいりたいと考えております。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 今現実でもやっぱりバスがあったときは病院行けたのだ、買い物行けたというのだけれども、清宮議員も話をしましたけれども、本当に自分の家に車がないと困るというのです。そういうやっぱり公共交通機関が欲しいということで、だから私の考えですけれども、そういうお医者さんとか高齢者に対して、タクシーの一部の補助金、負担ですか、それができないかどうか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) また、いろいろな対応方法があろうかと思います。タクシーの補助金というのはなかなか、現在福祉のほうでやっている部分がありますけれども、市内全域でそういう形というのはなかなか難しいところがあるかもしれませんけれども、現在それも検討の一つなのですが、それも含めまして今年度中に対応方針を作成してまいりたいと考えております。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 よろしくお願いします。

  続きまして、雨水の対策についてですけれども、私2年前集中豪雨のとき市役所の反対の鹿渡ですか、あそこに水がみんな集中して床下浸水、現場私見に行きました。そのときに川の流れのようにすごい、坂になっていますから、本当にひどいです。みんなあそこに集中してしまうのです。ただ先ほど都市部長言いましたけれども、一生懸命市も床下、床上浸水なくすためにも頑張っていますので、それに対しては何も質問しませんですけれども、ただそのときにすごく市民に喜ばれたのです。自分が行って、役所に電話入れたら、役所の職員がすぐ土のう持ってきて、皆さん必要ですか、必要でないですかと聞いて歩いてくれて、必要な人にはそれだけの分量を置いてくれたということで、その後にまた大雨降ったのですけれども、そのとき私行きましたら、土のうもらってよかったという、本当に市の職員に感謝していると言われました。やっぱり今回もこれから大雨、集中豪雨もどんどんこういう時期ですから来ますので、市民から土のうくださいと来るのではなくて、確保、床下、床上浸水なったところは報告受けているわけですから、きょうからでもいいから、やっぱり回って歩いて土のうの準備をしますけれども、どうですかと聞いて歩いてもらいたいと思います。行政はサービス業ですから、ひとつそういうお考えあるかだけちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  できればそのように対応していきたいのですが、非常に職員の数も少ない状況でございますので、できれば事前にご要請をいただければ、その場所に事前に土のうの配付は行っていきたいと思っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 では、人が足りないなら、我々議員がやりますから、それぞれの地区の議員にこういうところに困っているもので持っていってくださいと言ってくだされば吹っ飛んできます。それが我々の仕事でもありますから。ぜひ遠慮なく議員を使ってください。よろしくお願いします。

  次は、最後ですけれども、四街道は本当にソフトボールの盛んな市ということで、全国的にも結構知られているそうです。この8月の2日から6日まで四街道の少年ソフトクラブですか、が県大会優勝して全国大会に行くということで、滋賀県の草津市ですか、それほどやっぱり四街道市というのはソフトボールがよその地区よりもかなりレベルの高い地域と聞いております。

  そこで、部長に聞きたいのですけれども、少年チームからスーパーシニアあるのですけれども、そういう過去の実績というのを、少年はどこの、県大会優勝した、全国大会優勝したという、わかる範囲の中でちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) お答えします。

  各種大会で立派な成績を上げているチームがあることは存じております。例えばですけれども、小学校では、男子のチームがことしの春ですか、関東大会で準優勝しております。それから、女子のチームもことしの春、全国大会を出場しております。それから、中学校のほうでも女子のチームがことしの春ですか、関東大会で準優勝しております。それから、高校のほうでも全国選抜大会で3位になったチームがあることを存じております。あとシニアクラブですか、ことしですが、関東大会、県の予選で優勝、関東大会出場、それからあと一般の女子、それも県大会出場等々存じております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 これだけ四街道各年代の人たちが本当に頑張って四街道の名前を売ってくれているというのです。感謝しております。その中で、四街道市出身で全日本の選手、世界選手権に出る選手なんか何人もいるのですけれども、何人かお名前ご存じですか。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) 申しわけありません。すぐ浮かんではまいりません。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 では、ここで教えてあげます。男子では、半田君、これ桜ケ丘です。それと、松田君、これは斉藤議員のおいっこさんです。これは、全日本のエースですから。半田君もソフトボールの雑誌の中では、本当に有名なのです。あと女性のほうでは、世界ジュニア選手権のキャプテンやった黒川さんがいまして、それで今やっぱりこれ日本代表のチームですか、大久保さん、これすばらしい選手です。そういうすばらしい選手が四街道からいっぱい出ているのです。そういう方が四街道市でグラウンドもないのでは、だから私は部長にお聞きしたいのですけれども、そういうすばらしい選手が輩出されて、すばらしい成績をとって、専用グラウンドがないという、そういう中で部長どういうふうなお考え持っているのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) お答えします。

  先ほども答弁しましたけれども、やはりそういう関東大会、全国大会等で活躍することは大変子供たちに大きな夢を与えますし、それから生涯スポーツという観点でも大変すばらしいとは思います。ただやはり現段階で専用グラウンドの建設の予定ありませんので、既存の施設を活用していただくということでお願いしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 長谷川清和さん。



◆長谷川清和議員 現状では、それ仕方ないのです。最後ですけれども、四街道市のソフトボールは全国に誇れるスポーツです。なのに環境が著しく悪いと思います。来年つくれとは言いませんが、費用はかかりますから、しかし各チーム、各年代の全国レベルの活躍に見合う環境整備を整えていただきたいと思います。よろしくお願いして、要望です。

  最後に一言申し上げます。限られた財政の中で運用しているのはわかります。私は、今回の質問は四街道市民が一人一人安心で安全で暮らせるまち、子供から高齢者まで環境のよい施設でそれぞれのスポーツが盛んなまち、私はそれを目指して質問させていただきました。四街道に生まれてよかった、住んでみてよかった、住んでよかった、そのような全国一の環境のよいまちにしたいと思いましたので、質問しました。どうもありがとうございました。



○市橋誠二郎議長 以上で長谷川清和一さんの質問を終結します。

  ただいまの長谷川清和さんの発言については、後刻速記録を調査の上、適当な措置を講ずることといたします。

  議員暫時休憩します。



    休憩 午後 1時52分



    再開 午後 2時10分





○市橋誠二郎議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                              





○市橋誠二郎議長 引き続き一般質問を行います。

  22番、広瀬義積さん。

    〔広瀬義積議員登壇〕



◆広瀬義積議員 議席番号22番、市民くらぶの広瀬義積です。通告に従い、7項目の質問をします。

  第1項目、溢水対策について伺います。今までの議会でも申し上げているとおり、溢水対策は緊急かつ最重要課題です。四街道市は、雨水排水を考慮して都市計画、開発計画が行われたとすれば、溢水被害が生じる可能性は低い地形です。旧都市核北地区土地区画整理事業における雨水排水対策の不備を指摘したとおり、四街道雨水幹線で頻繁に起きている溢水被害は、雨水排水の対策を怠ったことによる人災と言っても過言ではありません。その意味でもでき得る限りの早期の対策と被害を受けている住民の皆さんの安心と市への信頼を取り戻すための抜本的対策の計画を早期に実行に移さなければなりません。

  そこで、?、溢水対策の現状と課題。

  ?、四街道雨水幹線改修事業の進捗状況。

  ?、抜本的な溢水被害の計画推進について伺います。

  第2項目、障害者就労支援センター事業改善についてお聞きします。障害者の就労への訓練の場として、就労の機会が得られるまでの就労の場としてサンワークの果たしてきた役割は多大なものです。しかし、就労者の環境変化とともに、サンワークの事業を抜本的に見直す時期が来ていると痛感をしています。おむつ事業は、資源の有効利用や環境問題からも評価すべき事業と考えますが、障害者就労支援センターの事業の目的や入所者の作業環境、現在の入所者の数、市からの大きな繰り入れをしている財政状況からも、早期の見直しが必要です。

  そこで、?、センター事業の課題及び問題点。

  ?、事業の見直しと改善策についてお聞きします。

  第3項目、子育て支援についてお聞きします。四街道市においては、保育所入所者が増加し、待機児童が予想を上回っているとお聞きしています。

  そこで、?、待機児童の問題など現状の課題。

  ?、今後の改善計画について伺います。

  第4項目、小中学校の施設整備、校舎や体育館等の耐震対策は、栗山小学校の建てかえ等で終了しますが、老朽化し、整備の必要な校舎等が散見されます。

  そこで、?、現状の課題と改善計画。

  ?、今後の整備指針と計画についてお聞きします。

  第5項目、市内施設の利用料金、市における施設使用料などを決めるための手続や方法が不十分ではないかとの指摘があります。

  そこで、?、庭球場値上げ等について問題点はなかったのか。

  ?、利用料金のあり方と今後の改定手法について伺います。

  第6項目、消防団への助成事業、消防団は災害時における対応や防災、防犯などにおいて重要な役割を果たしていただいており、今後においてもさらに重要な取り組みでもあります。

  そこで、?、消防団の現状と課題。

  ?、充実強化に向けた対策についてお聞きします。

  先ほどの長谷川議員への質問と重複するところもありますが、前向きなご答弁をお願いいたします。

  第7項目、四街道市長選挙、3月定例議会、市民くらぶの代表質問で、2月の市長選挙における課題や問題点を指摘させていただきました。また、選挙違反と思われる文書が配布されたことについても指摘をさせていただきました。このようなことは、候補者の名誉の問題はもとより、市民にとっても市の将来を決める重要な選挙であり、法に基づいた選挙であることは当然のこととして、市民に的確な判断をしていただくためにも、あってはならないことです。

  そこで、3月議会以降における対応として、選挙管理委員会内において、?、市長選挙における問題点と課題について総括されたのか。されたとすれば、その内容の報告をお願いします。

  ?、選挙違反等への対応と対策についてお聞きします。

  以上で壇上からの質問といたします。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さんの質問に対する当局の答弁を求めます。

  都市部長、勝山博昭さん。

    〔都市部長 勝山博昭登壇〕



◎都市部長(勝山博昭) 広瀬議員の一般質問、1項め、溢水対策、5項め、市内施設の利用料金のうち、庭球場値上げ等の問題点についてお答えをいたします。

  まず、1項め、溢水対策の?、溢水対策の現状と課題及び?、四街道雨水幹線改修事業の進捗状況、?、抜本的な溢水被害の計画推進について、関連がございますので一括してお答えをいたします。四街道雨水幹線は、昭和44年に都市下水路事業として都市計画決定及び都市計画法の事業認可を取得し、昭和54年に事業は完了しております。しかしながら、近年はゲリラ豪雨と称されます局地的な大雨が多発するなど、気象の変化や都市化の進展により、雨水の浸透量が減り、流出量が増加しているなどの理由から、局地的な浸水、冠水等が発生しております。短期的な対策としましては、文化センター駐車場に降雨時に市役所周辺の雨水を一旦貯留し、流出量を抑制するための地下貯留施設の実施設計を行っており、実施設計完了後には速やかに工事を行ってまいりたいと考えております。また、あわせまして大日緑ケ丘地先の調整池の有効利用を図るための実施設計を今年度行う予定でございます。さらに、抜本的な対策としましては、国からの財政支援が可能な公共下水道事業として整備をするために必要な都市計画決定などの手続を進めてまいりたいと考えております。

  次に、5項め、市内施設の利用料金の?、庭球場値上げ等の問題点はなかったのかについてお答えをいたします。使用料の改正に当たっては、機会を捉えて庭球場及び広報並びに市のホームページ、地域振興財団ホームページで繰り返し周知を図ってまいりました。また、昨年の12月議会の使用料改正議決後において、市民の声を連名で同一の方より2回いただき、丁寧に回答をさせていただきましたが、ご納得はいただけず、3月議会に陳情が提出されたところでございます。なお、この方々以外の個人及び団体利用者からは、使用料の値上げに対する意見はいただいておりませんことから、庭球場等の値上げにつきましては問題点はなかったものと考えております。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。

    〔福祉サービス部長 小澤芳雄登壇〕



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 私からは、第2項目の障害者就労支援センター事業改善についてお答えします。

  障害者就労支援センターサンワークは、昭和58年4月の開所以来、身体に障害がある方が社会参加のための日中活動の場を提供するとともに、就労に向けた支援等を行ってきています。ここ5年で6名が一般就労に結びついており、サンワークの就労支援の目的も達成されています。一方、現在定員20名に対し、利用者は10人ですので、今後も利用者の就労に向けた支援と利用者の確保を図るため、現行の事業の受注拡充と新たな生産活動の導入等に努めてまいります。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。

    〔健康こども部長 高橋靖明登壇〕



◎健康こども部長(高橋靖明) 私からは、大項目の3、子育て対策の1点目、待機児童の問題など現状の課題及び2点目、今後の改善計画についてお答え申し上げます。なお、本定例会における森本議員への答弁と重なる部分もございますが、ご了承願います。

  初めに、1点目の待機児童の現状と課題でございますが、本年4月現在の認可保育所の入所待機児童数は56名となり、昨年同時期と比較して20名の増加となりました。本市では、これまでも民間による保育所整備を進めてきており、民間保育所については平成22年度以前は4園だったものが、現在は8園となり、公立保育所を含めた園の数は7カ所から分園を含め11カ所に、定員は629名から872名にそれぞれ増加いたしております。定員では40%弱の増加となってございます。本年4月1日にも定員60名の認可保育所が新たに開設されましたが、待機児童数は増加する結果となり、認可保育所への入所を希望される方の増加には、子供を預けることができれば就労したいという潜在的な需要の影響も多いものと考えてございます。

  2点目の今後の改善計画といたしましては、四街道市総合計画に基づき、認可保育所の計画的な整備を着実に進めていくとともに、国、県の補助制度を活用した保育所整備について、状況に応じた対応を図っていきたいと考えてございます。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。

    〔教育部長 ?野松男登壇〕



◎教育部長(?野松男) 私からは、4項目め、小中学校の施設整備についてお答えします。

  1点目の現状の課題と改善計画についてですが、学校は子供たちが一日の大半を過ごす場所であり、災害時には地域の避難場所となることから、施設の安全確保のため耐震化を優先して実施してまいりました。しかしながら、建築後30年以上経過している学校施設が多く、老朽化も進んできていることから、修繕や大規模改修等が必要となってきており、学校運営に支障を及ぼさないように日ごろの維持管理や補修を行うとともに、計画的な修繕と大規模改修等に取り組んでまいります。

  次に、2点目、今後の整備指針と計画についてですが、施設の老朽化や現状等により修繕や改修工事等を行ってまいります。なお、今後の整備計画としましては、前期基本計画に千代田中学校及び八木原小学校の大規模改造事業を位置づけしており、千代田中学校は平成27、28年度で、八木原小学校は平成29、30年度で校舎の改修工事を実施する予定です。

  私からは以上でございます。



○市橋誠二郎議長 総務部長、麻生和雄さん。

    〔総務部長 麻生和雄登壇〕



◎総務部長(麻生和雄) 私からは、第5項目、市内施設の利用料金の2点目、利用料金のあり方と今後の改定手法につきましてお答えいたします。

  市内施設の利用料金につきましては、第7次四街道市行財政改革推進計画におきまして使用料、手数料の適正化の項目を位置づけ、負担の公平性の観点から、受益者負担のあり方やサービス提供に要する経費の算定方法等について、市としての統一的な方針を作成することとしており、現在検討を進めているところでございます。今後は、この方針に基づき、27年度に使用料、手数料の改定に向けての準備を行った上で、28年度に使用料、手数料の見直しを予定しているところでございます。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 消防長、能城俊一さん。

    〔消防長 能城俊一登壇〕



◎消防長(能城俊一) 私からは、6項目め、消防団への助成事業、?、消防団の現状と課題、?、充実強化に向けた対策についてお答えいたします。

  初めに、消防団の現状と課題につきましては、昨日の山本議員、そして本日は長谷川議員にお答えしましたとおり、当市消防団員の条例定数354名のところ本年4月の実員は267名であり、消防団員の確保が重要な課題となっております。消防本部では、消防団員の確保について、これまで消防団本部、各分団による募集活動、自治会への広報や各種行事を活用した広報等を実施しております。また、昨年4月には、区・自治会長会議において消防団長から消防団員募集について協力を要請したところでございます。

  次に、充実強化に向けた対策についてですが、消防団員の安全確保と災害活動上必要な装備の充実につきましては、その必要性を勘案しながら適宜対応してまいりたいと考えております。

  また、入団促進につなげるため、消防団員の処遇の改善としましては、退職報償金が全ての階級で一律5万円増額され、団員報酬、費用弁償の支給額につきましても、今後の検討課題と考えております。なお、このほかにも消防団と十分な意見交換をし、消防団の充実強化に向けて支援をしてまいります。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 選挙管理委員会事務局長、須田守彦さん。

    〔選挙管理委員会事務局長 須田守彦登壇〕



◎選挙管理委員会事務局長(須田守彦) 私からは、7項目めの四街道市長選挙の?、市長選挙における問題点と課題及び?、選挙違反等への対応と対策につきましてお答えいたします。

  まず、?、市長選挙における問題点と課題につきまして、議員ご指摘の選挙違反と思われる文書が配布されたことがご質問の問題点と課題の内容とのご認識であれば、その問題点と課題は選挙管理委員会が総括すべきものではありませんので、総括はいたしておりません。

  次に、?、選挙違反等への対応と対策についてお答えいたします。選挙違反につきましては、当該事案が違反であるか否かの認定を含め、司法判断に委ねるべきものであり、その取り締まり等につきましても警察等の司法機関に対応をお願いすべきものであると理解しております。選挙管理委員会といたしましては、明るく公正な選挙の推進のため、啓発活動などを行うことがその果たすべき役割であると考えております。このため、選挙管理委員会としてとり得る選挙違反等への対応と対策といたしましては、警察当局との連絡、相談等の協力体制の連携強化及び明るい公正な選挙を目指す啓発活動の推進の充実をそれぞれ実施してまいりたいと考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 再質問はありませんか。

  広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それでは、順次再質問をさせていただきます。

  第1項目、溢水対策についてですが、まず今、先ほど壇上でのご答弁で、文化センターの駐車場、緑ケ丘地先の調整池の実施設計ということなのでしょうけれども、この実施設計がいつになるのかも含めて完成はいつになるのか、ご答弁をお願いいたします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、文化センターの駐車場につきましては、今月末に実施設計が完了をする予定でございます。また、緑ケ丘周辺、調整池の周辺の実施設計は、今発注準備を行っているところでございますので、完成は来年の3月末になるものと思っております。また、工事につきましては、これは予算との兼ね合いがございますので、ただ事業費的に見れば文化センターの地下駐車場は約2年程度、それから緑ケ丘調整池の周りから雨水を集めて調整池に流すわけですけれども、これについても1年程度はかかるのかなと、今現在ではそういうふうに思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それでは、確認なのですが、今月末に文化センターの駐車場の実施設計が終わって、それから予算の問題もあるということなのでしょうけれども、およそ28年度末ぐらいには工事が終わるということ……29年ですか、この辺をちょっと確認をしたいのですけれども、それと同様に緑ケ丘地先の調整池の利用の関係については、これは27年に工事が始まって、その年度内に終わるというようなことで、予算がつけばということなのですが、それでよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  まず、文化センターの貯留施設につきましては、できれば9月補正で予算を要望をしてまいりたいと思っております。また、大日の緑ケ丘調整池のほうでございますけれども、これにつきましても実施設計が終わった段階で、できれば速やかに予算要望を図ってまいりたいと、このように思います。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 できるだけ1カ月でも2カ月でも早く工事が始まるように対応をお願いできればというふうに思います。

  次に、四街道雨水幹線の現有施設は老朽化しているところが散見されます。また、コンクリート製の薄い板を使ったところもあり、高速道路の渋滞のように大雨のときにその部分で水流が減速し、被害が出やすい構造となっています。全面改修や改善の計画はないのか、お聞きします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  四街道雨水幹線の現状でございますけれども、両側に家屋が密集をしておりまして、用地的にも余裕がございませんので、工事用の車両が入れない状況でございます。そのために、議員仰せの全面改修、これは非常に難しいものと思っておりますが、老朽化に伴います部分的な補修、これは行ってまいりたいと、このように思っています。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 該当する自治会等でも調査を行っているようですので、その状況等も踏まえて、できれば速やかに改修等にかかっていただければというふうに思います。

  次に、ヤマダ電機が本日オープンをいたしましたけれども、ヤマダ電機の雨水対策に問題はないのか、確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  本日オープンをいたしましたヤマダ電機でございますけれども、駐車場の舗装、これを透水性舗装を実施をしていただきまして、雨水の流出係数の低減にご協力をいただいております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 先ほど壇上でも申し上げましたけれども、本来であれば旧北地区の都市区画整理事業については調整池等の整備が必要だったというところで、今回文化センターの駐車場等の対応がされるわけですけれども、それまでの間は大変な問題になるわけです。ヤマダ電機でも敷地内の部分については問題がないというふうなことですけれども、流出係数も増大していることですので、ぜひ今後あの地域も幾つかの施設を建てられるというようなことも予定をされているところでございますので、ぜひその辺についても注視をして問題のないように対応していただきたいと思います。

  次に、流域内の敷地と家屋があるところですけれども、そこに浸透ますですとか雨水利用施設等の設置指導はできないのか、また補助金等ですとか、今雨水利用については補助金があるわけですけれども、これの増額はできないのか、確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  四街道排水区の流域内において許可を要します開発行為、これにつきましては都市計画法に基づきまして敷地内に雨水の流出抑制施設を設置をしまして、抑制を行った後に開発区域外に放流するように指導をしております。また、四街道市の建築指導要綱、これの第9条に基づきまして、調整池が設置をされていない区域におきましては、原則として雨水は敷地内で処理をするよう指導しておりますが、例えば敷地内に所定の貯留施設を設ける場合には、そのオーバーフロー分を敷地外のU字溝に放流することは認めているところです。また、確認申請等の相談、建築相談の際には、印旛沼流域水循環健全化会議の印旛沼ルールというものがございますけれども、そのパンフレットを配布しまして、雨水浸透ます設置のお願いをしているところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 補助金等の増額については、ご答弁いただけますでしょうか。



○市橋誠二郎議長 環境経済部長、杉山毅さん。



◎環境経済部長(杉山毅) 私どもが所管しております小規模雨水利用設備の設置費等に関する補助制度というものがございます。これにつきましては、雨水の有効利用を目的に散水用等のために雨水を貯留する施設、容器に補助するものでございます。補助率が2分の1で上限が2万5,000円というふうになっております。増額ということですけれども、これにつきましては状況を見て検討していきたいと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 流域内の流出係数を下げるためには、雨水ますですとか、浸透ます、それとか雨水利用施設、これは抜本的な改革ということにならないわけですけれども、少しでもその流出係数を減らすということでは有効な手だてなのかなというふうに思いますし、指導と、それからお答えはいただかなかったのですけれども、補助金等の新設も含めて、流域内に限るということになるでしょうけれども、ぜひその辺もご検討いただければと、これは要望にさせていただきます。

  次に、抜本的対策、文化センターですとか緑ケ丘地先の部分だけでは、これは問題があるので、今市において対策を検討されているということなのですけれども、その内容について明らかにすることはできないでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えします。

  現在の取り組み状況でございますけれども、下流の河川管理者であります佐倉市、あるいは千葉県との事前協議に必要な資料収集等を行っている状況でございます。今後は、この資料収集の準備が整った段階で協議を行ってまいりたいと、このように思っています。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 担当の方ともいろいろお話をさせていただいている中で、さまざまな対策を考えられているということで、これが完成すれば相当な効果があるのかなというふうに思うわけですけれども、できるだけ早期に都市計画決定、また事業認可が受けられるように対応をとっていただければというふうに思いますので、よろしくお願いします。

  これに伴って下流域の改修が進んでいないところについては、調整池が必要になってくるわけですけれども、この点についても同様に取り組まれるということで考えてもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  今後抜本的な対策を進めていく中で、当然調整池につきましても場所とか大きさとか、そういったものは都市計画の手続の中で明らかになってまいりますので、そういった中で検討してまいりたいと、このように思います。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 早期に取り組んでいただくことをお願いします。

  この項最後に、水路に並行して走る道路のU字溝はふたもない、小さなものであって、冠水時にも子供、特に学童等が、また高齢者などが足をとられるという危険性もあります。溢水対策としても、交通安全の観点からも整備が必要と考えますけれども、整備に取り組まれるお考えがないか、確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  ご質問の四街道雨水幹線と並行して走る道路、これ大日緑ケ丘から栗山新町、電々栗山に抜けます市道大日緑ケ丘33号線と思われますけれども、議員仰せのとおりほとんどの側溝にふたがかかっておりません。このようにふたのない側溝は市内には数多くございますが、そのままふたかけをしますと路面排水が入らなくなるばかりでなく、つまずく原因にもなります。こうしたことから、路面との段差がない落ちぶた式の側溝に改修していくか、あるいは鋼製のグレーチングのふたをかけていくのが望ましいわけでございますけれども、どちらも多額の費用が必要となってまいります。したがって、現在は側溝そのものの老朽化あるいは排水不良、あるいは歩行者数に比して道路幅員が極端に狭い場所、こういったところから順次対策を講じているところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 このことも抜本的な改革ということにはならないわけですけれども、できるだけ早期に、子供の安全、高齢者の安全という面からもぜひ早期に取り組んでいただくことを要望して次の項目に移ります。

  第2項目、障害者就労支援センターサンワークについてですが、今現状が10名ということでお聞きをしているわけです。同会派の大谷議員の質問で事業収支の報告がございました。歳出の中身は、これは何かまず確認をしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) お答えします。

  支出の内訳は、電気料金、水道料金、ボイラー及び自動車の燃料代、洗剤等の消耗品代、利用者の工賃となっております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 ここに勤めている市の職員、運転手さん等、おむつ事業にかかわっている人の人件費は経費に含まれているのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 職員の人件費は含まれておりません。サンワークの職員は市の職員と一緒です。本庁の職員と一緒ですので、サンワークの収入から全て人件費を賄うというものとは考えていません。大谷議員の質問の繰り返しになりますけれども、サンワークでは障害のある方の自立支援、社会参加、就労支援を市の障害者福祉施策として進めてきています。ここ10年ほどで、先ほどは5年で6人と申し上げましたけれども、ここ10年ほどで10人以上の方が一般就労をしています。障害のある方々が就職をすること、これが大きな目的を持った施策でありまして、目的を果たしてきていると思います。しかしながら、広瀬議員仰せのとおり、布おむつのクリーニングの右肩下がりの状況には危機感を持っておりますので、周辺の60カ所ほどの高齢者施設に昨年布おむつのPRをしてきました。また、布おむつのクリーニングの事業は環境に配慮したエコ事業でもありますので、厚生労働省がもっと積極的に福祉サイドから環境対策を進めるために、老人ホーム等の新規開設施設を含め既設の公立病院等への施設での布おむつの使用をもっと積極的に指導すべきではないかという旨の要望書、これを昨年8月に出前民主党の要請を受けまして、国への要望として提出をしております。布おむつを使用する病院や特別養護老人ホーム等に環境を重視している事業所として、国がもし認定して介護報酬等の引き上げなど積極的な支援が当然なことながら必要であります。その結果、新たな施設への雇用の創出にもつながるものと期待をするところですので、今後も布おむつの利用事業者等の開拓を努めながら、洗濯事業につきましても継続してまいりたいと思っておりますが、新規事業の開拓も含め事業の見直しは図ってまいりたいと考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 後でちょっとお聞きしようと思ったことも答えていただきまして、ありがとうございます。

  そこで、今お話があったのですけれども、PRをしておむつ事業についてはさまざまな対応してきているということなのですが、まずこれについての成果はあったのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) お答えします。

  60カ所回って、既に布使っているという事業所もかなりあります。ただそれは民間のクリーニング事業者もありますので、そちらからリースを受けているというところと、布おむつは今考えていないというところ、それと新規のところにつきましては検討してみたい、それぞれございますが、大体が今紙おむつを使用している施設が多うございました。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 そこで、この5年間ぐらいの一般会計の繰入額の推移と、それからこれは多分ないと思いますけれども、国、そして県からの助成ですとか繰り入れ、それから交付税の算定等について有利なものがあるのかどうか確認をしたいと思います。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) お答えします。

  一般会計から障害者就労支援センター事業特別会計への繰入額は、平成21年度が3,883万2,000円、平成22年度が2,513万3,000円、平成23年度が3,744万6,000円、平成24年度が3,971万8,000円、平成25年度が3,971万2,000円となっております。なお、国、県からの繰入金というのはございません。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 今お話があったとおり10名の入所者に対して約3,000万、それから年によっては4,000万近いお金が一般会計から繰り入れられているという状況になってくるわけです。このことは、今後も続けるということで考えてもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 当然特別会計を組んでいる関係上、一般会計からの繰り入れはしてまいりますが、先ほど答弁申し上げましたとおり職員の人件費というのは、これ市の職員ですので、基本的にサンワークというのは障害ある方の就労支援、社会参加、そういったことで成果を上げてきております。ただ、今の状況がいいと思っておりません。ですので、今後クリーニングについても進めていきたいと思っていますが、国のほうからの反応まだありませんし、周辺の施設から、もう3カ所、4カ所もし契約がとれれば一気にふえるのですけれども、今とにかくここ1年ぐらいでそのくらいの契約を何とかとりたいなという気持ちで来ております。それと、今ある事業、クリーニング、園芸、軽作業とありますけれども、新たな事業についても、今検討チームを立ち上げて新たな事業をつくっていこうという方向でいきますので、特別会計を組んでいる以上、こういった繰り入れというのは続けていくようになると思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 おむつ事業に関連して、洗濯機や乾燥機等も取りかえの時期に来ているということを聞いているわけですけれども、どのような状況になっているでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 確かに基本的に耐用期限というのはボイラー等は過ぎています。ただ洗濯機については、平成20年に大規模なメンテを行っております。ですので、ボイラーについても確かに大分老朽はしていますが、その都度メンテをして行っておりますので、当面はまだ使用できると考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 今お話があったとおり、ボイラーは耐用年数過ぎているということで、近々改修をするということについて検討をしなければならない時期に来ていると思うのですけれども、それは再度確認しますけれども、そういう確認でよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) いずれにしましても、サンワークのボイラーというのはおむつを乾燥させるための蒸気を発生させるためのものでございますので、今申したように何とかおむつの事業をもっと右肩上がりにしていきたいという思いでおります。ただおむつの今かえるとすると、数千万単位の支出になってしまいますので、当面は何とか今のボイラーをメンテを繰り返しながら使っていく方向でいきたいと思います。事業が好展開するかどうか、その段階でまたボイラーについてはどうするか、またまだバイオ燃料の問題もございました。そういったもので事業として展開ができるようになってくれば、サンワークのボイラーが今度BDFの燃料でということも可能になってきますので、そういう方向にいけばいいのですが、とにかく今のボイラーを何とか長もちさせたいと、メンテをして長もちさせたいということでいきたいと考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 先ほどのお答えの中で、国からの助成を期待するようなちょっとご答弁があったのですけれども、これは期待はできるのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 福祉サービス部長、小澤芳雄さん。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) これ厚生労働省のほうから環境、それと障害者就労支援ということを踏まえて新たに認可される特別養護老人ホームですとか、あるいは既設の公立病院等に布おむつを使ってもらいたい、そういう指導をしてくれませんかというお願いをしているわけです。ですので、これ申しわけないですけれども、昨年出前民主党の要請で出しております。ただまだ回答はいただいておりません。ですけれども、そういったことで国への要望を受けて出していただけるということで、昨年8月渡していますので、その回答がどう来るのか期待はしたいと思っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 壇上でも申し上げたとおり、私はおむつ事業そのものについて反対しているものでもございません。ただ障害者の就労施設として、いわゆる障害者の人たちが就労に向けての施設、またそこで就労して仕事する施設として、おむつ事業をどうしてもやらなければならないという理由はないわけです。ですから、この人件費の中にはいわゆるトラックの運転手さんが2名含まれております。この方は、ほぼ専属でおむつの事業にかかわっていると言ってもいいわけです。ほかの事業をすれば、その方は何らかのほかのことで使えるという部分もございますし、そういう意味で考えればもっといろんな意味で考えていかなければいけないというふうに思っております。先ほど施設の老朽化による改修で何千万かのお金がかかるということもございましたし、早期に私は今までトイレットペーパーの事業ですとか、それからパン工房、そういうものですとか、農業の支援といったようなことで幾つかの事業、こういうものをやったらどうだということも提言をさせていただいております。そういうことも含めてぜひ庁内の中で検討していただいて、できるだけ赤字が少なくなるように、そして就労されている皆さん、そしてこれから入所をされるという希望の方がサンワークに入ってよかったと思っていただけるような、今10名ということですけれども、もっともっと対象者がふえるような、そういう施設に改善をしていく、そのことが必要だろうというふうに思いますので、ぜひ前向きなご検討をお願いできればと思います。よろしくお願いいたします。

  次に、第3項目、子育て対策について伺います。待機児童の問題について質問させていただいたわけですけれども、子育て支援については私のほうから幾つか質問をさせていただくこととさせていただきたいと思います。再質問の通告もしてありますので、ぜひお願いいたします。

  まず、新たな保育所の新設についての詳細な部分がわかりましたらお答えをいただきたいと思います。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  平成27年度に実施が予定されます子ども・子育て支援新制度に向けて、今年度に策定する子ども・子育て支援事業計画におきましては、小規模保育などの地域型保育事業や地域子ども・子育て支援事業などの計画的な整備を図るため、さまざまな方策を検討しながら子育て環境の充実に努力していきたいと考えてございます。

  保育所の整備では、先ほどの質問でございますが、総合計画にも位置づけた認可保育所の整備を着実に進めさせていただくほか、幼稚園における預かり保育等については、民間幼稚園の意向も踏まえて対応してまいる所存でございます。また、認可外保育施設につきましても、本年度から利用者への補助制度を拡充いたしましたので、引き続き周知を図ってまいる所存でございます。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それから、いわゆる幼稚園に関係をするところなのですけれども、認定こども園ですとか、それから四街道市は実施をしていない認定保育園ですか、いうものについての検討はされているのかどうか、確認をします。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  子ども・子育て支援新制度では、これまでの制度からの変更点が数多くございますが、その中でも最も大きな変化を伴うのは幼稚園ではないかというふうに言われております。市内所在の民間幼稚園の運営者の皆様とは、昨年、ことし、ご説明と意見交換の場を設けさせていただきまして、各幼稚園が今後求められることになる新制度に加わるのか、あるいはこれまでの私学助成制度の中で引き続き運営していくのかという選択に大変迷われ、不安に感じておられる現状がございました。そういった中にあって、今後とも選択に当たっての必要な情報を私どもとしても情報提供に努めながら、協議を進めさせていただきたいと思っております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 できるだけ待機児童がなくなるように取り組んでいただければというふうに思いますし、また保育環境の整備についてもさまざまな面から検討して取り組んでいただくことをお願いしたいと思います。

  次に、鷹の台地域から旭中への通学についてお聞きをしたいのですけれども、今バスの本数は実態に合っていない、本数が少ないとか、自転車で通っている方が多いわけですけれども、それも通学路が非常に危険であるとか、部活も思うように出られないというような状況があるとお聞きをしているわけですけれども、これについての改善に取り組まれている状況があればご報告をいただきたいと思います。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) お答えします。

  部活動も含めまして、充実した教育活動が行われるようバスの本数につきましては、関係課を通して増便及び通学時間に合わせた時刻表の改正をさらに引き続き要望してまいります。なお、2キロメートル以上の通学につきましては、生徒と保護者の希望により、バス通学、徒歩通学、自転車通学の選択制となっております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 自転車通学の場合の危険箇所の通学路の整備とかということについては、どうでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  通学路につきましては、毎年各学校から要望等を教育委員会のほうが受けまして、それを市のほうの道路管理課あるいは道路建設課、あるいは自治振興課、あるいは警察、県道であれば印旛土木事務所、そういったところで合同の点検等を行って、それに基づいて次年度の予算化を図って、その対策工事を行っているところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 鷹の台から旭中への通学の部分については、道路非常に狭隘な部分があって危険な箇所もあるわけですけれども、これについての抜本的な対策とかというところは考えていらっしゃらないでしょうか。



○市橋誠二郎議長 都市部長、勝山博昭さん。



◎都市部長(勝山博昭) お答えをいたします。

  現時点では、いろんなご要望等、保守等で行っているところでございます。ただ私が記憶している中では、一番大きな問題は国道51号を横断するところの改修がご要望があったということで、それにつきましては所轄の四街道警察署、あるいは県の本部のほうも赴いていただきまして、点検をして、ただご要望のようなスクランブルは、これは難しいということでご回答させていただいていると思います。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 私のほうでも通学に関しての部分だけでも大変な要望いただいているところですので、今後そういうこともお伝えしてまいりますので、ぜひ地元の皆さんの声もお聞きしながら対策をとっていただくことをお願いしたいというふうに思います。この問題については、後でまた相談をさせていただければというふうに思います。

  次に、南小学校の増築の関係について、議案質疑のところでも多少ちょっと質問させていただいたわけですけれども、南小学校の増築については、今現時点はどのような取り組みをされているのか、確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) お答えします。

  児童増加への対応策としまして、案としまして特別教室の改修、それから仮設校舎の建築について、案としまして示しておりますけれども、現在学区審議会で審議中でございますので、答申をいただいた後に決定をしてまいります。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 その点ぜひまだ十分ではないということの声もお聞きしていますので、地域の声もお聞きをしながら対応していただければというふうに思います。

  次に、第4項目、小中学校の施設整備について、今後八木原小、千代田中の改修が進んでいくということでのお話がございました。これは、計画どおり進むということで確認してもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 教育部長、?野松男さん。



◎教育部長(?野松男) お答えします。

  先ほど壇上でもお答えしましたが、千代田中学校は平成27、28年度、八木原小学校は平成29、30年度で改修工事を実施する予定でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 このところ入札の不調というか、入札が不成立というようなことも盛んに出ております。オリンピックの問題、大震災の問題等が影響しているのかなというふうに思うわけですけれども、ぜひ計画はきちんとできるように対応いただきたいと思います。

  次に、みそら小のこどもルームができて学童保育、こどもルームについては全校に整備されたわけですけれども、老朽化した施設や定員を上回り、改修や増設が必要な施設がないのかどうか確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  本年4月に開設されましたみそら小こどもルームをもちまして、市内の小学校12校全てにこどもルームが設置されたところでございます。整備された年度により経過年数はそれぞれ異なりますが、施設の状況については担当職員や指導員が日常的に確認を行っており、修繕などを要する場合には速やかに対応するよう努めているところでございます。保育所への入所を希望する児童は増加しており、こどもルームにつきましても今後の増加が見込まれることから、小学校の児童数の推移等を確認しながら、定員の増加や増設などの必要性の有無を検討してまいる所存でございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 保育所の入所と同様、子供の数がふえている、学童ルームを利用する子供がふえているという状況の中で、ぜひそのことも四街道小学校等ではルームを2つに分けたりとか、いろいろ対応も過去行われてきているわけですので、そのような状況も含めて対応していただければと思います。

  次に、みそらルームの工事がおくれて、みそらの別の教室を使ってやったということなのですが、これについては特に問題がなかったということで解釈してもよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答え申し上げます。

  みそら小こどもルーム新築工事につきましては、資材調達におくれを生じたことなどにより、平成26年度への繰り越し手続を行った上で、整備を完了させていただきました。これに伴い、4月1日から16日までの間、みそら小学校のご協力により、校舎内の1室をお借りし、こどもルームを開設したところでございます。4月17日からは、新たに整備した施設においてこどもルームを運営しております。また、入所児童の保護者の皆様には4月1日の開設時、あるいは4月17日の移転時に先立って直接訪問させていただくなどし、状況をご報告するとともに、おくれたことに対し、おわびを申し上げたところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 この議会の中で問題が出たのですけれども、1,065万3,000円の国を通して県からの補助金がなくなるという状況があったわけですけれども、これに対する影響はありますでしょうか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  みそら小こどもルーム新築工事につきましては、工事に遅延を生じましたが、工事を完了させ、早期にこどもルームを開設するため、事故繰り越しの手続をとらせていただきました。繰り越しを行うに当たり必要な財源につきましてしは、放課後事業クラブ整備費補助金が対象外となったため、予算の補正により県支出金を減額するとともに、財政調整基金からの繰入金を追加することにより財源調整を行ったところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 このことに対して要因やなぜそれが起きたのか、問題点、今後に向けての改善策などの総括をしているのか、確認をいたします。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) お答え申し上げます。

  専決予算が否決されたわけでございますが、否決自体には効力、特に影響等がないわけでございますが、地方自治法の第179条第4項の規定によりまして予算に関する処理について承認を求める議案が否決されたときにつきましては、普通地方公共団体の長は速やかに当該処理に関して必要と認める措置を講ずるともに、その旨を議会に報告しなければならないとされております。通常予算に関する処理について承認が得られなかった場合、これは再度補正予算を編成することが考えられますけれども、本件の場合は前年度の予算に関する措置でございますので、再度補正予算を行うことはできません。

  そこで、当面の対応といたしまして、まず1点目といたしまして、予算の執行管理については年度の当初にも通知しておりますが、6月17日付で経営企画部長のほうから、私のほうから各部、課、室長宛てに予算の適正な執行管理の徹底について、依命通達を発出し、重ねて趣旨の徹底を図ったところでございます。

  2点目として、みそら小こどもルーム新築工事に係る今回の一連の経過につきまして、7月15日号の市政だよりで公表を行うとともに、あわせて市のホームページへも掲載してまいりたいと思います。また、みそら小こどもルーム新築工事に係る事務執行及び放課後児童クラブ整備費補助金に係る事務処理の適否を検証するため、6月18日付で四街道市監査委員に対しまして、地方自治法第199条第6項の規定によりまして、事務監査の請求を行いました。今後この監査結果を踏まえまして、必要な措置を講ずるとともに、その内容を議会へも報告してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 今後の対応について、179条に対応するということでお答えをいただきました。そこで、なぜこのようなことが起きたのか、この辺についてはどのように総括されたのか、もしされているとすればぜひご答弁をお願いします。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) 現在その辺につきましても、事務監査のほうに請求しておりますので、その報告を待たせていただきたいと思います。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 私は、この問題でなぜこのようなことになったのか、私は不思議でしようがないのです。何でもっとそういうことが早くできなかったのかどうか。もう既に3月議会のときにこの事態わかっていたわけです。それがなぜ6月議会にこのような専決事項というような形で行われたのか、このことで私は今度の議案が否決されたというふうに思っても間違いないのではないかなと思うのですけれども、ここについてはどうお考えでしょうか。



○市橋誠二郎議長 経営企画部長、大野芳久さん。



◎経営企画部長(大野芳久) これまで経過をご説明していると思いますけれども、3月議会の予算編成時においては業者のほうから工期内に終わるというような回答いただいておりますので、それに沿って予算的な措置は行わなかったということでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 これ起きてしまったことを、私もそのことを根掘り葉掘りするようなの嫌いですけれども、しかし予算が可決したのはいつですか、これ。お答えください。学童ルームの予算が可決したのはいつですか。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  平成25年度の当初予算でお認めいただきました。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 これ今入札が成立していないなど、工事の関係で非常に厳しくなっている状況ということが今あるわけです。こういうことを勘案しても、少なくても1年というこの期間の中でできないことではないのかなというふうに思うわけ、いろんな事情はあったことは、もちろんそのことは推察をしているわけですけれども、これは私は理由にならないのかなというふうに思います。そして、このような問題が起きたのに、なぜ議会にきちんと補助金が出なくなったこと、それからそのことの分を含めて所管の常任委員会、常任委員の皆さんに詳細を報告しなかったのか、お聞きをします。



○市橋誠二郎議長 健康こども部長、高橋靖明さん。



◎健康こども部長(高橋靖明) お答えいたします。

  先ほど経営企画部長からございましたが、年度末ぎりぎりという部分がございまして、3月24日にどうしてもできないということが申し出が業者からあった次第でございます。そういったことで、28日まで議会は開催しておりましたが、その間に対処方針とか、そういったことを最後まで部材が、外壁材でございますが、そちらが入ってくるということの中で、3月31日までの工期の中で完了できないかということで、最後まで努力したというところでございます。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 3月議会のときにわかっていたことだろうというふうに思いますけれども、市長はこのことを熟知していたのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  3月議会のときには、あくまでもこどもルームについては年度内に完成するという形で3月の補正予算にも、またこどもルーム設置条例、これも議案出しておりますし、私どもは3月議会開催に当たっては、また3月議会始まってからも、先ほど答弁ありましたが、3月24日までは私どもわからなかったと、そういうことです。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 3月24日までわからなかったということでしょうか、再度確認します。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月24日までは年度内に完成するという認識でおりまして、3月24日に請負業者のほうから年度内には完成できないと、そういう報告があったと、そういう事実経過でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 その時点で補助金がなくなるということはわかっていたと思うのですけれども、その認識はございましたか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月24日の時点で補助金がなくなるという認識は全くございません。私ども3月26日に四街道市のほうから繰り越し手続ができないという形で県の児童家庭課に協議をしていると、ですから3月24日時点では補助金がもらえないというような、そういう認識は全くございません。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 3月24日以降に補助金が出たと、少なくとも年度内には、3月31日までにはこのことが判明して議会なり所管の常任委員会に報告をすべきだというふうに思うのですけれども、なぜその詳細の部分の報告がおくれたのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 先ほどご答弁いたしましたように、3月24日に請負業者のほうから年度内に完成できないと、それが事実かどうかを確認しなければなりません。それからまた、3月26日にはこれ年度内に完成しなければ県からの補助金がもらえない、したがいまして繰り越しの手続をしたいという形で千葉県と協議に入っていると、そういう形で進めておりまして、3月28日まで議会がございましたが、千葉県協議等々を進めていたために、説明する時間をとれなかったと、そういう経過でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 専決をしたのはいつですか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) これまで議会には2回全員協議会でこういう経過をご説明させていただいておりますが、広瀬議員のお考えとしては、議会でそういう質問をして市民の皆さんにも理解をしてもらいたいという趣旨だと思います。私どもも市民の皆さんに四街道市は職員全力を尽くして適正に進めてきているのだと、最善を尽くしたということを理解していただくために、なかなかいい機会をいただいたと思います。

  先ほどもご答弁させていただきましたが、地方自治法第199条第6項の規定によりまして、監査委員のほうに監査を要求しています。平成25年度みそら小こどもルームの新築工事に係る事務執行の適否について、これが1点目です。それから、2点目といたしまして、平成25年度の放課後児童クラブ整備費補助金に係る事務処理の適否、ですから今広瀬議員がいろいろご質問された件につきましては、監査委員のほうで私どもの監査要求を受理していただいておりますので、これから監査始まりますので、その監査の結果を受けて必要な措置を行って議会に報告してまいりたいと、今はこのように考えているところでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 私の質問にお答えいただいていないのですけれども、専決したのはいつですか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) ですから、全員協議会でご説明したとおり3月31日でございます。こういう緊迫した状態ですから、3月31日で専決する、これが通常の事務処理のやり方になります。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 先ほど経営企画部長のほうからお話があったとおり専決処分をした場合、179条、これ4項になるわけですけれども、速やかに必要な措置をということになってくるわけです。報告をしなければならない、専決の分については。今回は、6月の議会ということになるわけですけれども、なぜこのことがきちんと報告をされなかったのか、これは問題ではないというふうに考えているのでしょうか。これは、通常のやり方だというふうにお考えなのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月31日に専決処分をいたしましたので、直近の議会、6月議会の初日の全員協議会でご説明させていただいたと、こういう経過でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 事務監査を監査のほうに実施をしたということですけれども、ちょっと日にちを確認しますけれども、6月17日ということでよろしいのでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 先ほども経営企画部長ご答弁したと思いますが、6月18日で監査を要求して6月18日と告示されています。市役所玄関前の掲示板に載っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 これは、議会に説明してからと、議会の中で問題になったからということでしょうか。これなぜ事務監査ということになったのか、その経緯もう少し詳しく、先ほど市長が言われたとおりこの問題やっぱり市民の皆さんにもきちんと市の対応がよかったのか悪かったのか、また問題点があればそのことについて皆さんにお知らせをしていく本当にいい機会だろうというふうに思いますので、ぜひ市長のほうから誠意あるご回答いただきたいと思います。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 先ほども経営企画部長ご答弁いたしましたけれども、自治法の179条第4項の規定によりまして、予算に関する措置について承認を求める議案が否決されたときは、普通地方公共団体の長は速やかに当該措置に関して必要と認める措置を講ずるとともに、その旨を議会に報告しなければならないと、2年前に地方自治法改正になっているのです。ですから、この普通地方公共団体の長、私は速やかに当該措置に関して必要と認める措置を講ずる、このために監査委員に監査を要求して何が問題で、どういった措置が必要なのか、これを監査委員に委ねたと、こういうことでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 なぜいわゆる事務監査ということになったのか、お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 専決した予算を議会に承認していただく議案を提出したわけですが、それが否決されたわけです。承認されなかった、そのときに先ほど申し上げましたが、要は市長は必要と認める措置を講じなければいけないのですけれども、その必要と認める措置を客観的に、こういう措置が必要なのだ、こういう問題があるのだということを明らかにしていただくために、地方自治法に基づいて市長から監査委員に監査を要求したと、こういう経過でございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 だったらそのことについては、3月31日の時点でやるべきことだったのではないでしょうか、これは議会の中で問題になったからそのことについてということの分、確かに議案が否決になったということはあるかもしれませんけれども、専決をしたということに関してやっぱり今これだけの問題になって疑義になっているわけです。ですから、そういうことに対して確かに内部の中で検討されていろんな部分でどうしようかという話があったかもしれませんけれども、この間の経緯を見ておりますと、全く1,065万3,000円の国を通して県の補助金が出ないということに関して、全く所管の委員会の人も知らなかったし、要するに全員協議会のときに初めて知らされたというような状況があるわけです。これについては、市としても大きく反省をしなければいけないことだろうというふうに思うのですけれども、それはどういうふうにお考えでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 3月31日に予算を専決させていただきました。この時点においては、市の職員が進めてまいりました事務、それからあと千葉県と県の補助金の繰り越しの手続等全ていろいろ努力したのだけれども、結局専決予算を組んで財源を財政調整基金で穴埋めしなければならない状況だという報告を受けて、市の職員のこれまでの事務執行については適正だと私は判断して、3月31日に専決処分をしたわけでございます。そして、地方自治法に基づいて直近の議会、6月議会に議案として出させていただいて、6月議会の初日の全員協議会でご報告、説明させていただいたところでございます。

  私が監査を要求しているのは、私のコメントが新聞等で報道されていますけれども、事務処理、これは適正であったという私は考え持っています。しかし、その適正な事務処理について議会のほうでそれを認めていただかなかったわけですから、では第三者機関、今回の場合は監査委員の皆さんですが、この方々に判断していただくのが一番公平だろう、フェアだろうと、私はこういう判断をしたわけです。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 では、確認しますけれども、この間の事務処理に関する部分については全く問題がなかったということで、断言していただいたということでよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 私の監査要求に基づいて監査委員がどのような監査の意見書を出されるか、それはわかりませんけれども、私は適正であるということを、そういう考えのもとに専決予算を組まさせていただきましたし、この6月議会にも議案として報告させていただいたと、ですから事務処理は適正であったと、こういう判断がなければ議案としても出せませんし、またさかのぼって3月31日に専決もできません。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 では、この件に関して何ら反省すべきことはないということでよろしいでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  監査委員のほうから監査の意見書が出されると思いますが、その中身に対応した適切な対策を、また必要な措置、これを講ずるという考えでいます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 それで、今回の問題で大きく問題なのは、やっぱり詳細について、補助金が出なくなるということについては事前に議会にも何ら報告がなかったということ、何度もここで申し上げているのですけれども、そのお答えがないのですが、それについてお答えください。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 私どもは、3月の本当に末ぎりぎりまで千葉県と補助金の繰り越しについて協議を進めておりましたし、また予算を専決した件につきまして6月議会初日に全員協議会の時間をいただいて説明させていただいておりますので、私どもは議会にも説明責任を果たしていると、このように考えております。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 とても私はそういうふうには思えないのです。全員協議会の中で私が質問しなければ、全く補助金の分については触れられなかったという状況、あらかじめ常任委員会、議会に対してきちっと報告をすべきという事柄だったというふうに思うのですけれども、これは私の間違いだということでしょうか。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) 広瀬議員のお考えが間違いか正しいのか、これは私が判断する立場ではございませんので、それについては言及いたしません。しかし、財源につきましては補正予算を専決していますので、その予算書の中に財源が財政調整基金から調整して入れかわっておるとか、あるいは県の補助金が減額になっているとか、補正予算を議案として皆様方にお配りしているわけだから、それは理解していただいているという私はそのような認識を持っていた、こういうことでございます。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 その原稿いただいたのは今議会の当初の部分でございまして、そのことについて説明を聞いたのは全員協議会の場です。ですから、そのことを指摘をさせていただいているわけです。だから、そのことがもっと詳細に事前になぜ報告がなかったのか、1,065万3,000円というお金は出なくなったということについて、何らそのことについて市はこれは妥当なことだったということでお考えなのでしょうか、再度お聞きします。



○市橋誠二郎議長 市長、佐渡斉さん。



◎市長(佐渡斉) お答えいたします。

  妥当なことというふうには、そのようには考えておりません。最善の努力をしたのですが、獲得できなかった、本当に惜しい財源だったなと、このように思っています。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 広瀬義積さん。



◆広瀬義積議員 ほかの繰り越し、今議会の中でもあったわけです。しかし、これについてはまさに明許繰越という形で適正な処理がされ、補助金が出るような形になっているわけです。なぜこのことができなかったのかということが私は疑問でしようがないでしょうし、そのことを私は全員協議会の場の中でも全く知らされなかったということについては、これは大きな問題があるということを指摘をして質問を終わります。

  以上です。



○市橋誠二郎議長 以上で広瀬義積さんの質問を終結します。



                        ◇                      





△休会について



○市橋誠二郎議長 日程第2、休会の件を議題とします。

  お諮りします。6月23日、6月24日は議案調査のため休会とします。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○市橋誠二郎議長 ご異議なしと認め、そのように決定します。

  なお、6月21日及び6月22日は、会議規則第10条第1項の規定により休会とします。



                        ◇                      





△散会の宣告



○市橋誠二郎議長 以上で本日の日程は終了します。6月25日は定刻より会議を開きます。

  本日はこれにて散会します。

    散会 午後 3時37分