議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  教育民生常任委員会 03月18日−02号




平成26年  教育民生常任委員会 − 03月18日−02号







平成26年  教育民生常任委員会





               教育民生常任委員会日程

                                   平成26年3月18日
                                   第1委員会室

開  会                                         
日程第1 議案第30号 損害賠償の額を定め和解することについて              
日程第2 議案第31号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第5号)          
閉  会                                         
                                            
出席委員(6名)
    委 員   関  根  登 志 夫        委 員   成  田  芳  律
    委 員   戸  田  由 紀 子        委 員   森  本  次  郎
    委 員   市  橋  誠 二 郎        委 員   広  瀬  義  積

欠席委員(なし)

委員外議員(なし)

説明のため出席した人
  教 育 部長   渡  辺  義  幸      教育部次長   櫻  井  克  已

  ス ポ ーツ   上  野  義  典
  振 興 課長

出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      局 次 長   金  親  信  治
  主   幹   鈴  木  眞  一      主   査   岩  井  勝  明



             開会  午後 1時30分



○森本次郎委員長 ただいまの出席委員6名、定足数に達していますので、これより教育民生常任委員会を開会いたします。

  お諮りします。傍聴の希望がありますので、これを許可したいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ご異議なしと認めます。

  傍聴人の入室を許可します。

          〔傍聴人入室〕



○森本次郎委員長 本日の日程につきましては、お手元に配付の日程表のとおりです。

  直ちに議事に入ります。

  日程第1、議案第30号 損害賠償の額を定め和解することについてを議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  教育部長。



◎教育部長(渡辺義幸) 教育部長でございます。よろしくお願いします。私からは議案第30号 損害賠償の額を定め和解することについてご説明いたします。

  本案は、平成17年6月7日に四街道市温水プールで発生しました転倒事故に係る損害賠償請求事件について、損害賠償の額を定めるため及び民事訴訟法第89条の規定に基づく和解をするため、地方自治法第96条第1項第12号及び同第13号の規定により提案するものでございます。

  ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第30号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 今回和解勧告ということで2,500万円の支払いということなのですけれども、既に支払われている114万1,000円、このことについてはどうなるのか、その和解金との関係についてご説明いただければと思います。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) 今回損害賠償額として2,500万円を計上させていただいたところでございますけれども、損害賠償額としましては、今までの既払い金114万1,000円と2,500万円を加えた2,614万1,000円が損害の賠償額という形になります。なお、今までの既存の支払い金につきましては後日改めて保険会社のほうから充当されるという形になります。全額保険の対応ということになります。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 その114万1,000円についての医療費その他、ほとんどが医療費に使われたということでしょうけれども、そういうことで理解してもよろしいのかどうか。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) 全て医療費の一部支払い分の補填でございます。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  戸田委員。



◆戸田由紀子委員 ちょっと確認させていただきたいのですけれども、これは平成17年に起きた事故で今までかかったということなのですが、その間にいろいろと話し合いはされてきたと思うのですけれども、ここまでかかった理由というのでしょうかね、それぞれ主張に違いがあったというふうにお伺いしたのですけれども、主なところでどのような違いがあったのかをお願いします。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) 大きな論点は2つでございました。まず、過失割合が違ってございまして、相手方からは10・ゼロという形で示されておりました。当方のほうとしましては、保険会社を通じまして6・4または7・3までが限度という形で交渉を進めてきたところでございます。あと、その方の家事等の損害賠償の基礎額というのがやはり違っておりまして、その日数計算等で大きな差が出ておりましたので、その2点が大きなものという形になりました。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 わかりました。そのような経過がある中で、今回和解に向けての勧告がされたということなのですが、その和解の日にちというのはいつになるのですか。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) 今回は、議会の議決が必要となりますので、今お諮りしておりまして、議会の最終日までには採決をいただいて、議決をいただきたいと思っております。それ以後、裁判所のほうに届け出をいただくことになりまして、双方で和解調停をする形になります。ですので、早ければ今年度内に、またどうしても調わない場合については来年度という形になりますが、来年度早々には和解が結べるという形で考えています。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  市橋委員。



◆市橋誠二郎委員 この既払い済みの114万1,000円、ほぼ医療費だというのですが、健康保険を使っていたのですか、使っていないのですか。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) この部分につきましては、第三者行為等の保険の部分については使われていないということで、あくまで全て保険診療にはなるのですが、その部分で本人の一部支払い分に充当するという形で請求が上がっておりました。ですので、保険診療には間違いございませんが、保険の中で一部自分の支払いという形の部分で対応させていただいたという経緯です。



○森本次郎委員長 市橋委員。



◆市橋誠二郎委員 では、損害賠償なので、先々保険者から請求というのが来る可能性はないのかどうか、その点と、あと過失割合も全て含めた形の中での和解金額が盛り込んであるということですよね。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) この部分については、追求はないという形で私どもは捉えております。なお、今の損害賠償額については、今後の分も全て含んだ形で賠償額を算定されておりますので、追求分はないということで、要旨の中にもそういうことがうたわれておりますので、今後一切この金額以外には出てこないという形で捉えています。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第30号 損害賠償の額を定め和解することについては、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  日程第2、議案第31号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第5号)を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  教育部長。



◎教育部長(渡辺義幸) 議案第31号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第5号)の主な内容をご説明いたします。

  本補正予算は、平成17年6月7日に四街道市温水プールで発生しました転倒事故に係る損害賠償請求事件について和解するため、所要の経費を計上するものでございます。

  2ページ、3ページをお開きください。第1表、歳入歳出補正予算に記載のとおり、本補正予算は既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,500万円を追加し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ255億2,800万円とするものでございます。

  4ページをお開きください。第2表、繰越明許費補正は、体育施設管理運営事業について、年度内に支出を終わらない見込みがあることから、翌年度に繰り越して使用できる経費として追加するものでございます。

  7ページをお開きください。歳入補正予算では、18款繰入金、2項1目1節基金繰入金2,500万円は、財政調整基金を取り崩すものでございます。

  8ページをお開きください。歳出補正予算では、9款教育費、5項保健体育費、2目体育施設費の体育施設管理運営事業の22節補償、補填及び賠償金2,500万円は、温水プールにて発生した事故の損害賠償に対する和解金を計上するものでございます。

  以上で議案第31号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第5号)の説明を終わらせていただきます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第31号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 議案第30号の関連ということになるのですけれども、114万1,000円、医療費の部分、これは和解金も含めて全額が繰り入れられるということなのでしょうけれども、今回2,500万円だけということなのですが、その114万1,000円の取り扱いについてお聞きをしたいと思います。



○森本次郎委員長 スポーツ振興課長。



◎スポーツ振興課長(上野義典) 今歳入の仕方につきましては財政部局と協議をしているところでございます。わかりやすい方法としては、雑入という形で入れる形になりますが、2,500万円として一本で入れるか、両方合わせた形で2,614万1,000円で入れるかということで協議をしているところでございます。なお、先ほど言いましたように、歳出については過年度分で支出をしているものですので、その分も含めた形で雑入で入れると。2,500万円分については、基金から入れましたので、基金のほうに繰り入れるという操作をする予定でいます。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第31号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第5号)は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  以上をもって本委員会に付託された事件の審査は全て終了しましたので、教育民生常任委員会を閉会します。

             閉会  午後 1時42分