議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  教育民生常任委員会 03月10日−01号




平成26年  教育民生常任委員会 − 03月10日−01号







平成26年  教育民生常任委員会





               教育民生常任委員会日程

                                   平成26年3月10日
                                   第1委員会室

開  会                                         
日程第 1 議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)のうち教育民生常任
             委員会所管事項                         
日程第 2 議案第 6号 四街道市社会教育委員設置条例の制定について           
日程第 3 議案第11号 四街道市こどもルーム条例の一部を改正する条例の制定について   
日程第 4 議案第12号 四街道市ひとり親家庭等医療費等助成条例の一部を改正する条例の制定
             について                            
日程第 5 議案第24号 平成25年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)   
日程第 6 議案第16号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計予算          
日程第 7 議案第26号 平成25年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算
             (第2号)                           
日程第 8 議案第18号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計予算   
日程第 9 議案第28号 平成25年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第3号)     
日程第10 議案第20号 平成26年度四街道市介護保険特別会計予算            
日程第11 議案第29号 平成25年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  
日程第12 議案第21号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計予算         
閉  会                                         
                                            
出席委員(6名)
    委 員   関  根  登 志 夫        委 員   成  田  芳  律
    委 員   戸  田  由 紀 子        委 員   森  本  次  郎
    委 員   市  橋  誠 二 郎        委 員   広  瀬  義  積

欠席委員(なし)

委員外議員(なし)

説明のため出席した人
  福   祉   小  澤  芳  雄      健康こども   高  橋  靖  明
  サ ー ビス                   部   長
  部   長

  教 育 部長   渡  辺  義  幸      福   祉   伊  藤  良  平
                          サービス部
                          次   長

  福 祉 政策   谷  嶋  み か お      生 活 支援   鎗  田  芳  典
  課   長                   課   長

  高齢者支援   ?  口  新  一      障害者支援   鶴  岡  久  雄
  課   長                   課   長

  健   康   大  川  喜 代 彦      こども保育   植  草  俊  幸
  こ ど も部                   課   長
  次   長

  家 庭 支援   石  井  多 佳 子      健 康 増進   ?  橋  一  成
  課   長                   課   長

  国 保 年金   香  取  好  隆      教育部次長   櫻  井  克  已
  課   長

  教 育 総務   佐 久 間  和  重      教育部参事   長  谷     勇
  課   長                   学 務 課長

  教育部参事   ?  野  松  男      社 会 教育   竹  内  俊  也
  指 導 課長                   課   長
  青少年育成                   四 街 道
  セ ン ター                   公 民 館長
  所   長

  図 書 館長   吉  橋  敦  雄

出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      局 次 長   金  親  信  治
  主   幹   鈴  木  眞  一      主   査   岩  井  勝  明



             開会  午前 9時00分



○森本次郎委員長 ただいまの出席委員5名、定足数に達していますので、これより教育民生常任委員会を開会いたします。

  お諮りします。傍聴の希望がありますので、これを許可したいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 異議なしと認めます。

  傍聴人の入室を認めます。

  暫時休憩します。

             休憩  午前 9時00分

          〔傍聴人入室〕

                                            

             再開  午前 9時01分



○森本次郎委員長 再開します。

  本日の日程につきましては、お手元に配付の日程表のとおりです。

  直ちに議事に入ります。

  日程第1、議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)のうち教育民生常任委員会所管事項を議題とします。

  初めに、教育委員会所管分について、提出者の説明を求めます。

  教育部長。



◎教育部長(渡辺義幸) 議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)のうち教育委員会所管の主なものについて補正予算書に基づいてご説明いたします。

  最初に、補正予算書の7ページをお開きください。第2表、繰越明許費補正の追加ですが、9款教育費の公民館管理運営事業、四街道公民館耐震補強等工事及び同工事管理委託6,705万3,000円は、エレベーター設置工事の年度内完成が困難なため、翌年度に繰り越して使用することができる経費として追加するものであります。

  8ページをお開きください。第3表、地方債補正の変更です。最下段、公民館整備事業は事業費の確定に伴い、起債対象事業費の精査の結果、限度額を変更するものでございます。

  次に、歳入歳出補正予算事項別明細書についてご説明いたします。歳出補正ですが、教育費は57ページから65ページまでとなります。歳出予算の主なものですが、人件費の補正については、人事異動や給与条例の改正を見込んだ中で増減を計上しております。職員人件費以外の各事業における減額補正は、執行額の確定及び執行見込みに基づく不用額の整理でございます。

  59ページをお開きください。説明欄、最下段の小学校施設管理事業の11節需用費の光熱水費180万円及び61ページの中学校施設管理事業の11節需用費の光熱水費150万円の増額補正は、電気供給業者の変更、すなわち26年2月1日から東京電力から日本ロジテックに変更による料金の支払い形態の変更、すなわち翌月請求による支払いから当該月請求による支払いに変更に伴い、3月利用分の電気料支払いが生じることにより、既定額に不足が見込まれるため、所要の経費を計上するものです。

  64ページをお開きください。青少年育成支援事業の8節報償費の補導員報償6万9,000円は、青少年補導員による該当補導活動への従事者が増加したことに伴い、報償費の不足が見込まれるため、所要の経費を計上するものでございます。

  以上で議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)のうち教育委員会所管の主な補正予算の説明を終わらせていただきます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第23号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 歳入のところで、18ページですか、中学校費補助金の千葉県被災生徒就学援助事業交付金、これが25万5,000円というふうになっているのですけれども、これちょっと教えていただけますでしょうか。



○森本次郎委員長 長谷課長。



◎教育部参事学務課長(長谷勇) 被災生徒のほうが中学生で2名ございまして、そちらのほうの就学援助の金額となります。2名ございます。中1と中3に該当します。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 あれは、福島の原発の関係ということでしょうか。



○森本次郎委員長 長谷課長。



◎教育部参事学務課長(長谷勇) そのとおりでございます。福島からの避難ということです。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 この歳入の部分の歳出というところでは、どういう形なのか、支払いの方法も含めてお聞きしたいのですけれども。



○森本次郎委員長 長谷課長。



◎教育部参事学務課長(長谷勇) 支払いのほうですが、就学援助ということで、学用品、通学用品、それから校外活動費、新入学用品等の購入費、修学旅行、それから通学費、給食費等に支払われております。それは、それぞれの支出に当たりまして支給のほうを行っております。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 では、これはそれぞれの項目に含まれているということで理解してもよろしいでしょうか。



○森本次郎委員長 長谷課長。



◎教育部参事学務課長(長谷勇) そのようにご理解いただければと思います。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ありがとうございました。

  次、61ページの先ほど説明のございました中学校施設管理事業の150万円、これが今までの東京電力だったものが、変わったことによって、年度、本来であれば次の月という形になるのだけれども、本年度内に少し増加が見込まれるという話なのですが、いわゆる効果というのですか、この電力会社を変えることによっての効果というのはどういうことなのか、説明いただきたいのですけれども。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) これは、東電から日本ロジテックということで業者が変わるわけでございますけれども、こちらに移行、これは全庁的に変わっていますけれども、東電よりも経費の削減が見込まれるということで、変更したというふうに聞いております。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 これは、管財課か総務課ちょっとわからないですけれども、そちらのほうで掌握した上でということでやっていると思うのですけれども、経済的な効果というのは、要するに学校関係のところでどのぐらいだということは掌握はしていないということでしょうか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) 今の段階では、まだ金額的にはっきりはしてございません。今後年間を通して支払いの額が確定すれば、比較をした上で削減が見込まれるということでございますので、今のところまだ額についての言及はちょっと差し控えさせていただきたいと思います。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 こんなこと言うと失礼かもしれないですけれども、僕らもそんなことではこの予算認められないのです。だから、どれだけの経済的な効果があるのかどうかというのは、担当課のところからちゃんと資料もらってやってもらわなければ、ほかのところ、総務だとか、いろんな庁舎関係も含めてでしょうけれども、どれだけの部分がメリットがあって、どれだという話がなければ、ではこれ認めました、ではロジテックのほうに行きました、それは実は東電より高かったなんていう話にはならないわけです。だから、その辺は明確に、もし時間内で間に合うようだったら、ちゃんと担当課のほうから資料もらって説明していただくようにしないと、僕は責任持ってこの部分についてはできません、今の答弁のような話では。そうですよね。どうでしょうか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) 担当のほうとちょっと話を伺ったところ、2割程度の削減が見込まれるのではないかという話でございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 それは、ある程度確定的なことだということでしょうか。それから、それなりの契約ですとか、そういうことも含めて2割程度の部分というところが示されたということなのでしょうか。そこは、担当課のほうと十分な連携をとってお話をされていると思うのですけれども、ちょっと今のお話では、どうなのでしょう、そこは。私は責任持って、そのところではお話ができないかなと思うのです。今のただ2割という話の中では。どれだけの、どういう形で、その契約の方法だとか、そういうことも含めてお話をするという形にしていかないといけないのかなというふうに思うのですけれども。



○森本次郎委員長 暫時休憩します。

             休憩  午前 9時12分

                                            

             再開  午前 9時16分



○森本次郎委員長 再開します。

  佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) FMからの見込みでございますけれども、26年分で小学校におきましては、年間で効果として729万ほどの削減効果が見込まれると。中学校では428万円ほどの削減効果が見込まれるということで、小中合わせますと1,150万ほどの削減効果が見られるということでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 それは、事前に説明があったということでしょうか、担当のほうに対して。

  それと、いわゆる電力というか、その部分については、単純に安いところだからいいと飛びついて、後々よく値上がりをしたりとか、当初契約の部分では値上がりしたりとかということがあるのですけれども、その分についてのいわゆる契約内容だとかということは、今契約書を見せろとかという話ではなくて、その辺のことについては問題ないということなのか。それからもう一つは、安定供給というところについては問題ないのかどうか、これは確認をしておりますでしょうか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) その辺のところ、金額の削減効果もそうですけれども、安定的に供給できるかどうかということは確認してございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 いずれにせよ、私もうここの場では、後で採決しなければいけないということでしょうし、今お話のところでは削減効果が得られるということなのですが、ぜひこの契約の内容ですとか、そういうものがきちっとわかるような資料を、教民だけではなくて、ほかの委員も含めたところで、きちっと説明をしていただくように担当課のほうにお話をしておいていただけますでしょうか。



○森本次郎委員長 暫時休憩します。

             休憩  午前 9時18分

                                            

             再開  午前 9時28分



○森本次郎委員長 再開します。

  ほかに質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 光熱水費のことでもうちょっと聞きたいのですけれども、今年の冬はちょっと寒くて、光熱水費等も、特に灯油の値上がり等もあったと思うのですが、その辺のことについての補正、これ小学校で180万、それから中学校で150万と、これはこの中に含まれているのでしょうか。それとも、先ほどの部分でいけば相殺されて、予算の部分には特に大きな問題はないということなのでしょうか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) 確かにこの寒さで、各小中学校とも灯油の消費量がふえております。それで、単価も上がっている関係であれなのですが、実際は今の予算の範囲内で対応はできていると。それで、流用等も若干ありますけれども、それは補正を組まなくても何とか対応可能だということでございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 私の聞き及ぶところでは、市に予算がないから、灯油をできるだけ買わないようにしようということで、生徒にもそんな話をして、灯油を一時買い控えたというようなところがあったということをお聞きをしているわけです。ですから、今教育委員会としてそのことのセーブをしようということはないと思うのですけれども、ぜひ子供たちが寒い思いして、勉学等、それから体調に影響のあるようなことのないように、その分の予算はきちっと市としてつけるから大丈夫だということをぜひ言っていただいて、この原油高、そういうことに対して関心は持たなければいけないとは思うのですけれども、子供たちに影響がないような形をぜひとっていただくことを要望して終わります。



○森本次郎委員長 暫時休憩します。

             休憩  午前 9時31分

                                            

             再開  午前 9時32分



○森本次郎委員長 再開します。

  ほかに質疑はありませんか。

  戸田委員。



◆戸田由紀子委員 今の光熱費とかに関連してなのですけれども、26年度予算では電話料も一応契約先を変更ということになっていますよね。そこの補正予算で、これ役務費で通信運搬費がマイナスになっているのですが、その辺のところは、通信費のほうはもうこれは変更は来年度分からということでよろしいのですか。この補正予算の59ページの小学校通信運搬費78万9,000円の減額になっていますけれども、それはただ単に金額の削減だけというふうに受けとめてよろしいのでしょうか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) 通信運搬費、これは中身は電話の関係でございます。こちらにつきましては、これはもう既に25年、昨年の7月2日から変えてございます。NTTからソフトバンクへの変更でございます。ですから、既に25年度中から業者が変わっておりますということです。

  以上です。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 それは、削減効果があるということが1つあるかと思うのですが、その変更された理由とか、何かほかにもありましたらお願いいたします。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) これにつきましては、金額的なものもかなり検討精査した上で見直しをかけました。具体的には市内の通話、これは3分でNTTだと市内で7円ちょっとかかっておりますけれども、ソフトバンクとの契約の額は3円弱というようなことで、大幅に効果があると。これは当然市内だけでなくて、県内市外だとか、当然県内の通話等ございますけれども、その辺も精査した上で変更させていただきました。それに伴って、削減効果は見込まれてございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 わかりました。

  それで、この教育委員会関係で、この電話料の削減というのが今回の補正でのっているのは小学校だけですね。マイナスになっているのは。

          〔「中学校も」と言う人あり〕



◆戸田由紀子委員 小学校、中学校ですね。そうすると、ほかのところのソフトバンクに変更したことによる削減というのは、いわゆる教育関係の施設ではないということですか。



○森本次郎委員長 佐久間課長。



◎教育総務課長(佐久間和重) 現在のところ、小中学校だけの削減でございます。これは、教育総務が小中学校の関係担当しておりますので、そちらのほうを委員会として変更をしたということで、削減額ということでマイナスの減額補正をさせていただいております。

  以上です。



◆戸田由紀子委員 ありがとうございます。



○森本次郎委員長 以上ですか。



◆戸田由紀子委員 はい。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 暫時休憩します。

             休憩  午前 9時35分

                                            

             再開  午前 9時35分



○森本次郎委員長 再開します。

  ないようですので、教育委員会所管分に対する質疑を終結します。

  暫時休憩します。

             休憩  午前 9時36分

                                            

             再開  午前 9時38分



○森本次郎委員長 再開します。

  続いて、福祉サービス部及び健康こども部所管分について提出者の説明を求めます。

  福祉サービス部長。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 私からは、議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)につきまして、福祉サービス部所管の主なものをご説明いたします。

  初めに、歳入でございますが、補正予算書14ページをお開き願います。14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金の説明欄、障害者自立支援給付費負担金891万4,000円の減額と、2段下になりますが、障害児施設措置費給付費等負担金1,267万3,000円の増額、あと16ページになりますが、15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金の説明欄、1段目と3段目の同負担金それぞれ445万7,000円の減額と633万6,000円の増額につきましては、障害者自立支援給付事業におきます介護給付費等支給費の見込みの額により補正を行うものでございます。

  15ページにお戻りいただきたいと思います。14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、6節生活保護費負担金4,680万円の減額につきましては、生活保護受給者が当初の見込みを下回ることになったため補正を行うものです。

  同ページ、14款国庫支出金、2項国庫補助金、1目民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金の説明欄、地域生活支援事業費補助金791万2,000円の減額につきましては、国庫補助金の内示額に基づき補正を行うものです。

  下段の障害程度区分認定等事務費補助金191万1,000円の減額につきましては、同補助金が地域生活支援事業費補助金に見込まれたことにより補正をするものでございます。

  その下になりますが、下段になりますが、3節生活保護費補助金のセーフティネット支援対策等事業費補助金249万9,000円の減額につきましては、体制整備強化事業補助金が千葉県離職者等生活就労等支援対策事業補助金として交付されることとなったため補正をするものでございます。

  16ページをお願いします。15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金、7節生活保護費負担金の424万5,000円の減額につきましては、平成24年度県負担金の額が確定したことにより補正をするものです。

  続いて、17ページになりますが、15款県支出金、2項県補助金、2目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金124万4,000円の減額につきましては、歳出の重度心身障害者医療費助成金が当初の見込みを下回ったことにより、説明欄記載の金額について補正を行うものです。

  20ページをお願いします。20款諸収入、3項雑入、1目雑入、1節雑入の説明欄、生活保護法第63条等返還金1,740万円と、同返還金滞納繰り越し分135万円につきましては、それぞれ返還実績に基づき補正をするものでございます。

  同じく説明欄の最下段、市補助金返還金321万7,000円と、上段の損害賠償金29万2,000円につきましては、国の交付金の一部取り消しにより、市が国に返還した交付金及び加算金をそれぞれ事業者に求償しておりますことから、同額の補正を行うものでございます。

  続きまして、歳出でございます。33ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、5目障害福祉費の説明欄、経済支援事業248万7,000円の減額につきましては、20節扶助費、重度心身障害者医療費補助金が当初見込みを下回ったため、不用額の補正を行うものです。

  下段の障害者自立支援給付事業の20節扶助費1,004万9,000円につきましては、実績見込みにより不用額を補正するものでございます。

  下段の23節償還金、利子及び割引料1,423万9,000円の減額につきましては、平成24年度障害者自立支援給付費負担金が確定したことにより補正をするものです。

  続きまして、34ページをお願いいたします。同款同項同目、説明欄上段の地域生活支援事業588万9,000円の減額につきましては、20節扶助費、地域生活支援給付費において、サービス利用が当初見込みを下回ったため不用額を補正するものでございます。

  同款同項6目老人福祉費の説明欄、長寿者褒賞事業109万円の減額につきましては、競争入札による記念品代の安価な落札、それと対象者の転出等により実績が当初見込みを下回るため補正を行うものです。

  35ページをお願いします。同款同項同目、説明欄、老人保護措置事業、13節委託料の老人ホーム入所措置委託料550万円の減額及び下段、高齢者在宅生活支援事業、13節委託料の高齢者配食サービス委託料300万円の減額、老人デイサービス事業運営委託料290万円の減額につきましては、実績見込みによる不用額の補正を行うものでございます。

  39ページをお願いします。3款民生費、3項生活保護費、1目生活保護総務費の説明欄、住宅手当緊急特別措置事業160万3,000円の減額につきましては、住宅支給給付事業の実測見込みによる不用額の補正を行うものでございます。

  同款同項2目扶助費の説明欄、生活保護給付事業4,500万円の減額につきましては、生活保護受給者の減少による不用額の補正を行うものでございます。

  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 健康こども部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) 私からは、議案第23号の健康こども部所管の主なものについてご説明申し上げます。

  初めに、補正予算書の8ページをお開きください。8ページの下段でございますが、第3表、地方債補正のうち、下段にございます廃止でございますが、表の1段目、こどもルーム整備事業、限度額940万円につきましては、当該事業には地域の元気臨時交付金、こちらを充当し、市債は充当しないこととしたため、廃止するものでございます。

  続きまして、歳入歳出補正予算について、事項別明細によりご説明申し上げます。初めに、歳入でございますが、補正予算書13ページをお開きください。下段でございます。12款分担金及び負担金、1項負担金、2目民生費負担金、3節児童福祉費負担金の一時保育事業利用者負担金133万5,000円の増額につきましては、中央保育所の一時保育事業の利用者が増加していることから、利用者負担金の増加分を見込んだものでございます。

  続きまして、14ページをお開きください。14ページの下のほうでございます。14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、2節児童福祉費負担金のうち保育所運営費負担金514万1,000円の増額につきましては、保育所入所児童数やその年齢別内訳の変動に伴う負担金の増加分を見込んだものでございます。

  続いて、その下、4節児童手当負担金の児童手当交付金1億6,560万1,000円の減額につきましては、主に国の今年度交付決定額に合わせて予算を減額するものでございます。なお、実績に基づく差額につきましては、26年度に精算されることになります。

  続きまして、16ページをお開きください。15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金のうちの最下段、一番下でございますが、国民健康保険基盤安定負担金630万2,000円の増額につきましては、保険者支援分の交付申請額の増加に伴うものでございます。

  続きまして、その下の3節児童福祉費負担金のうち保育所運営費負担費257万1,000円の増額につきましては、国庫負担金同様、入所児童数や年齢別内訳の変動に伴う県負担金の増加分を見込んだものでございます。

  続きまして、その下の5節児童手当負担金2,339万5,000円の減額につきましては、県の今年度交付決定額に合わせて予算の減額を行うものでございます。なお、実績に基づく差額につきましては、国庫負担金同様、26年度に精算されることとなります。

  続きまして、17ページをごらんください。17ページ、同款2項県補助金、2目民生費県補助金、3節児童福祉費補助金のうち子育て安心応援事業補助金55万4,000円の減額につきましては、民間認可保育所の大規模修繕に係る補助対象事業費の確定に伴い、県補助金が減額になることから補正するものでございます。

  次に、その下の3目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金のうち千葉県風しんワクチン接種緊急補助事業補助金40万7,000円の減額につきましては、補助対象となる風疹ワクチン予防接種の助成申請件数が当初の予定件数を下回る見込みとなったため補正するものでございます。

  続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。初めに、32ページをお開きください。32ページでございますが、3款民生費、1項社会福祉費、3目国民健康保険費の国民健康保険特別会計繰出金のうち保険基盤安定繰り出し853万8,000円の増額につきましては、国、県の負担金が増額となることに伴い、これを特別会計に繰り出すに当たり、既定額との差額を補正するものでございます。

  次に、35ページをお開きください。同款同項6目老人福祉費のうち後期高齢者医療制度負担金の19節負担金補助及び交付金301万5,000円の減額につきましては、千葉県後期高齢者医療広域連合共通経費負担金の額が決定されたことに伴い補正するものでございます。

  続きまして、37ページをお開きください。同款2項児童福祉費、1目児童福祉総務費のうち子ども医療対策事業、20節扶助費の子ども医療費676万6,000円の増額につきましては、支給件数の増加により不足が見込まれるため、所要額を補正するものでございます。

  次に、その下の2目児童措置費のうち保育所運営委託事業、13節委託料の保育所運営費委託料3,033万9,000円の増額につきましては、歳入でもご説明いたしましたが、保育所入所児童数やその年齢別内訳の変動に伴い、所要額を見込んだものでございます。

  続きまして、38ページをお開きください。同款同項5目保育所費のうち、保育所等緊急整備事業、19節負担金補助及び交付金の子育て安心応援事業補助金83万2,000円の減額につきましては、歳入でもご説明しましたが、民間認可保育所の大規模修繕に係る補助対象事業費の確定に伴い補正するものでございます。

  次に、40ページをお開きください。4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費の予防接種事業、19節負担金補助及び交付金のワクチン接種助成金194万6,000円の減額につきましては、高齢者肺炎球菌ワクチン接種、及び歳入でもご説明申し上げましたが、緊急対策として実施いたしました風疹ワクチン接種のそれぞれ接種費用助成金について、申請件数が当初の予定件数を下回る見込みとなったことから補正するものでございます。

  以上、健康こども部所管の補正予算の主なものでございます。ご審査のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第23号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 8ページのこどもルーム整備事業の940万円が、これを起債しなくて済んだということなのですが、もうちょっと詳しく説明いただけますか。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) こちらにつきましては、財源が起債から地域の元気臨時交付金に変わったということで、事業内容その他については全く変更はございません。市が一般財源として負担する分について、市債から交付金に変わったということでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 起債というのは、後々いろんな補助があったりしたりするのですが、この基金からの部分ということは、多少市として有利だから、こちらのほうに行くということだろうと思うのですけれども、起債しないで。その辺のいきさつというのは、ちょっと説明、わからなかったので聞きたいのですが。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) こちらは、当初の予算化の段階では、財政課との協議の中で、起債をして市債ということで財源を充当するということで当初予算化をされておりましたけれども、その後この地域の元気臨時交付金の対象事業に充てることが可能だということでのお話がございましたので、そちらのほうに切りかえまして、今回の補正予算で市債としては廃止をするということでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 交付金をもらうことによって、市としても有利だからということですよね。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) そのとおりでございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 では、次に13ページなのですが、分担金及び負担金の中の民生費の中の一時保育事業利用者負担金133万5,000円、今説明があったところで、一時保育の人がふえたということなのですが、これも今大分待機児童が増えているという状況もあって、このことが多少影響しているのかなというふうに考えてしまうのですけれども、そういうことはないのでしょうか。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) 一時保育につきましては、今市立の保育所で、中央保育所、千代田保育所双方で行っておりますけれども、それぞれ定員を設けております。その定員の範囲内で、今回については中央保育所分について利用が伸びているということで、中央のみ増額をさせていただくものでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ですから、その要因というのは、何かふえた要因というか、予算に対してふえた要因というのはどういうふうに考えていますか。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) こちらのほうで把握しております理由でございますけれども、事由から申し上げますと……失礼いたしました。就労等に伴っての利用については、それほどの変化はございませんけれども、私的事由、保護者の方の精神的、肉体的な負担軽減とか、そういったことでの利用が伸びているようでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 では、その一時保育本来の目的に沿った形で利用者がふえているということですよね。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) そのように考えております。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 あと、40ページの衛生費の中の説明欄の負担金補助及び交付金の中の印旛郡市小児初期救急診療所運営費負担金、これが31万9,000円ふえているのですが、この理由をお聞かせください。



○森本次郎委員長 ?橋課長。



◎健康増進課長(?橋一成) これにつきましては、会計年度といたしまして、10月1日から翌年9月末までの会計年度になっておりまして、診療所における各市町の診療件数によりまして配分金が決定されております。総事業費に対しまして、受診した人数によりまして算出したもので、31万9,000円が計上ということになっております。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 わかりました。

  次、37ページの上段の説明欄、子ども医療費対策事業ということで676万6,000円、先ほどもちょっと簡単に説明があったのですが、これ負担金がゼロになったということですけれども、そういうことのいろんなことも含めて、全体的な部分というのは、この子ども医療費がふえているこの中身というのは、これは単純に予想よりふえたということなのか、その中身ちょっと教えていただけますか。



○森本次郎委員長 石井課長。



◎家庭支援課長(石井多佳子) 医療費の請求額の中身についての詳細につきましては、負担金を無料にしたからという部分が幾らかといった、そういう内訳についてはちょっと検証ができない状況なのですけれども、冬場の受診者がやはりふえておりまして、今年度インフルエンザとかノロウイルスとか非常にはやっているということで、その辺で冬場に医療費の増が見込まれていまして、当初予算、今の現在の予算額では若干足りないということでの補正増額を今回計上いたしました。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ありがとうございました。

  では、最後、ちょっと戻って済みません。34ページの説明欄上段の在宅生活支援事業の福祉タクシーの協力金及び助成金のことなのですけれども、これも増額補正されているのですが、これは当初見込みよりもふえているということだというふうに思うのですが、この要因というのは、やっぱり全体的にこういう、これ多分寝たきりですとか、多分というか、予定では寝たきりですから、そういう方の利用ということになっていると思うのですが、そういう方がふえていると。全体的にそういう方がふえているということの部分なのでしょうか。簡単に説明いただければと思います。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) こちらのほうの対象は、障害の対象になってございますので、身障であれば1級、2級の方、療育手帳であれば(A)からA2の方、そして精神ですと手帳が1級の方が対象となっております。こちらのほう、やはり年々利用者の方がふえておりますし、あと若干これ言えないのは、利用の限度額が1,000円ということになってございますが、その利用する道の距離によって、利用者が単純にふえたから金額がふえるというわけではないのですが、ただ増加傾向にあることは間違いないようでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 高齢化等によって、障害を持たれる方もふえていると思うのです。そうすると、対象者もふえているのかなという、その辺が影響しているのかなというふうに思っていて質問させていただいたのですけれども、そういうことも多少は影響があるということでしょうか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) そのとおりでございます。



◆広瀬義積委員 以上で終わります。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  戸田委員。



◆戸田由紀子委員 それでは、お願いします。

  33ページの障害福祉費の障害者の自立支援給付事業の中の13節の委託料、障害程度区分認定調査業務委託料が53万7,000円の減額になっています。これ予算書見ると、予算が一応81万6,000円ということで計上されていて、その半額以上がちょっと減額になっているのですけれども、これはどのような理由からでしょうか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) こちらのほうは、一応調査件数のほうが、昨年24年度は254件あったところが、現在そのプラン等進みまして、今年度の見込みとしましてはトータルで79件ということでございます。当初のほうは、私どものほうも委託のほうがある程度、この予算額等で伸びていこうかという見込みがあったのですけれども、実際はこちら、年度見込みで、もうトータルとして41件程度の見込みということにいたしましたので、その辺で減額をさせていただきました。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 その24年度と比較すると大分減っているということなのですが、そのあたりは何か理由みたいなのがあるのですか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) こちらのほう、認定のほうが3年に1回ふえていくということでございまして、その影響が出てきたものだと思われます。

  以上です。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 ありがとうございました。

  では、続けて35ページの老人福祉費のほうで、13節の委託料、高齢者配食サービス委託料が300万の減額、それからその下の老人デイサービスの事業運営委託料も290万の減額になっています。これも予算から見ると減額が、約半額ぐらい減額になっているのですが、このあたりの理由をお願いいたします。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 最初に、高齢者配食サービス委託料でございますが、ここのところ、戸田委員がおっしゃるとおり少しずつ需要が減ってきてございます。ですので、その需要が減ったことによる減額でございます。

  それから、老人デイサービス事業運営委託料の減額につきましては、こちらにつきましてもやはりかなり実利用者が減ってきてございます。平成24年度では実利用者が18人いたところなのですが、12月末の実利用者は11人と減ってきてございます。こういった状況からの減額ということでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 その高齢者の配食サービスは、かなりこれは民間のところが実施し始めてきているというところはありますけれども、何か需要が減ってきて、市の配食サービスの需要が減ってきているというのは、何か大きな原因とか何か、例えば民間のほうが使いやすいとか、民間というか、いろいろなところやっていますよね、コープとかそういうところが。そういうところのほうが利用しやすいとか、そのような理由があるのでしょうか。何かつかんでいらっしゃいますか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 実際に調査しているわけではございませんが、今戸田委員がおっしゃったとおり、コープのほうでかなり充実した配食サービス等も行われ、民間での進出はかなりふえております。私どもでは、どうしても65歳以上の高齢者を対象にして、要は安否の確認を行うということを重点的に行っておりますので、そういったことよりも、一般のほうを利用するという方もいらっしゃるのかと推定はされます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 わかりました。選択肢がふえるということは、利用する側にとってはいいことだと思いますが、ただ安否確認というところを市の事業では入っているということでは、これが必要な方もいらっしゃると思いますので、その辺のところが利用しやすいような形で、また来年度も継続していただけたらいいなと思います。

  それと、もう一つです。37ページの児童措置費の中の保育所運営費委託料、これは先ほどからご説明いただきまして、利用者の増と、それから年齢別内訳の変動があったということなのですが、その年齢別内訳の変動というところを、もうちょっと詳しくご説明いただけますか。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) こちらの増額につきましては、先ほどのご説明のとおり、やはり定員がございますけれども、まずその定員の20%超過までは国のほうでも待機児童解消という観点から認めているところです。まず、人員の増という部分では、そちらの超過した定員の範囲内でも、やはりご希望と空き状況が合わなかったりというケースもございますので、その辺の中での増加が見られたことと、今お尋ねの年齢別という意味では、やはり年齢が低いお子さんについては金額のほうがかかってまいりますので、その定員の範囲の中で、園のほうでの受け入れの状況によっては、小さいお子さんのほうが多少多くなる場合もございますので、そういったものを総合的に計算した結果、こういった額の増額ということになったものでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 ゼロから1歳児の方たちが結構待機しているという状況があると思うのですが、そのような方たちが入りやすくなっている状況があるのかなというふうに思っております。

  それから、あともう一つなのですけれども、38ページの保育所、この中央保育所の分園の給食なのですが、これが給食業務委託になっているのですけれども、これ分園のあれは、中央保育所からのあれを配食している形ではなかったのでしょうか。ちょっとそのあたり確認させてください。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) 中央保育所分園の給食につきましては、施設がみそら小学校の中にございますので、東部学校給食共同調理場の業務と同じ業者にお願いをしているという形でございますので、そちらの調理場を利用して、保育所のほうは別契約になりますけれども、お願いをしているという形でございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 そうしますと、東部のほうに委託しているということで、その委託料が106万1,000円の減額になっていますが、これはどのような要因でしょうか。



○森本次郎委員長 植草課長。



◎こども保育課長(植草俊幸) こちらは、平成25年度、26年度、2年間の債務負担行為を設定して契約をしておりますが、一般競争入札で行っておりますので、そのときに契約額が予算を下回っておりましたので、当初予算段階では平成25年度、26年度2カ年ですので、予算を組んでいたのですが、入札の結果下がりましたので、それを今回その分について減額させていただくものでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  関根委員。



◆関根登志夫委員 39ページの3款の民生費の扶助費の一番下の生活保護給付事業で、4,500万円と減っているのですけれども、これだけ急に減ったという要因とかがあれば教えていただきたいのですけれども。



○森本次郎委員長 鎗田課長。



◎生活支援課長(鎗田芳典) 要因というか、当初の見込みを24年9月末の数値で計上しているのですけれども、それが今年になって受給者が減少してきたということで、例えば……減少してきたということでございます、受給者の。



○森本次郎委員長 関根委員。



◆関根登志夫委員 では、26年度もその減少した形でいく見込みになるということでしょうか。



○森本次郎委員長 鎗田課長。



◎生活支援課長(鎗田芳典) 26年度の当初予算につきましては、25年の9月末現在の数値で要望しておりますので、25年度の当初よりは減少しております。

  以上です。



○森本次郎委員長 関根委員。



◆関根登志夫委員 わかりました。

  あと一個だけ。41ページの一番上の保健センター管理運営事業の需用費の光熱費がふえているというのは、これはどのようなあれでふえているのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?橋課長。



◎健康増進課長(?橋一成) 例年の実績に比べまして、やはり電気代、節電に努めておりますけれども、若干当初の見込みより使用料がふえると推測したために、増額の要望をしているものです。



○森本次郎委員長 ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、福祉サービス部及び健康こども部所管に対する質疑を終結します。

  以上で議案第23号に対する質疑を終結します。

  暫時休憩します。

             休憩  午前10時14分

                                            

             再開  午前10時16分



○森本次郎委員長 再開します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第23号 平成25年度四街道市一般会計補正予算(第4号)のうち教育民生常任委員会所管事項は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前10時17分

                                            

             再開  午前10時25分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第2、議案第6号 四街道市社会教育委員設置条例の制定についてを議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  教育部長。



◎教育部長(渡辺義幸) 議案第6号 四街道市社会教育委員設置条例の制定についてご説明いたします。

  本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる第3次一括法の成立に伴い、社会教育法第15条及び第18条が改正され、社会教育委員の委嘱の基準等が、省令を参酌し、条例で規定することとされたことにより、所要の規定を見直すため、本市条例の制定について提案するものでございます。

  主な内容でございますが、第2条においては、社会教育法第17条に定める社会教育委員の職務を明記いたしました。

  第3条関係ですが、改正後の社会教育法第18条第1項においては、委嘱の基準、定数及び任期、その他社会教育委員に関し必要な事項は、当該地方公共団体の条例で定めるとし、委嘱基準については文部科学省令で定める基準を参酌するものとするとなっております。今回の制定案では、委員の定数を15人以内とし、委嘱の基準としては文部省令で定める基準を参酌し、改正前の社会教育法第15条の規定により委嘱の基準を加えました。また、会議における委員の出席については、改正前の3分の2以上から制定案第5条第2項の過半数の出席がなければ開くことができないとしました。

  附則事項として、条例案の施行期日は平成26年4月1日となりますが、現社会教育委員の任期が平成25年6月1日から平成27年5月31日までとなっていることから、経過措置として附則第2項で、現委員は制定案第3条第2項の規定により委嘱されたものとみなされることとなります。

  なお、文部省令で定める基準を参酌し、市民の参加を推進するため、制定案第3条第2項に公募による市民を加えるものとし、附則案第1項中に平成27年6月1日の施行日を加えました。

  以上が本議案の提案趣旨と内容でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 議案第6号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ちょっと教えていただきたいのですけれども、条例の改正等については、改正案ということで、一部の改正という形で出てきますので、今回は四街道市社会教育委員条例、昭和30年の条例第26号を全部改正するという形なのですが、こういう形で問題がないのかどうか。それから、附則の部分で、附則の3ですか、平成26年度、括弧の部分ですね、括弧の一部を。これどういうことなのか、その辺も含めてご説明をいただきたいと。



○森本次郎委員長 竹内課長。



◎社会教育課長兼四街道公民館長(竹内俊也) 今回の四街道市社会教育委員設置条例につきましては、全部を改正するということです。こちらにつきましては、第3次一括法の関係で、全面的に内容を見直しましたので、全部改正ということになりました。

  あと、今回の設置条例案の中で、附則の第3番目に、四街道市社会教育委員設置条例の一部を次のように改正する。第3条2項に次の1号を加えるということで、(公募による市民)とありますが、こちらは附則の上のほうにありますが、ただし附則第3項の規定は平成27年6月1日から施行するということで、現在の委員の任期が平成27年5月31日までありますことから、このように平成27年6月1日から施行するということで附則に規定させていただきました。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 全部改正ということですので、これが全部差しかえという形になるのですが、昭和30年の条例第26号については、これはそっくり消えてしまうということですよね。これは、一括法の関係ということの部分で、そのようなことが盛り込まれているのかどうかも含めて、全部改正ということでの指示があったのかどうかも含めて聞きたいのと、それからこの附則の、今お話があった四街道市社会教育委員条例、この空欄になっていますよね。(平成26年条例第 号)の、このような形というのは、これ例規についてのこの部分というのはちょっと問題があるのではないかなというふうに思うのですけれども、これはいわゆる確認をした法律の詳しいというか、その部分についての確認をしたかどうか。問題がないかどうか。私もこのような条例、附則の部分ですけれども、このようなことを見たことがないので、これが正しいのかどうか再度お聞きしたいのですけれども。



○森本次郎委員長 竹内課長。



◎社会教育課長兼四街道公民館長(竹内俊也) 全部を改正することにつきましては、今までも各市町村で社会教育委員の設置条例をそれぞれ定めておりますが、その定め方は各市町村によって違いますので、第3次一括法で全部改正という、そういう指示はございません。全部改正で定めるようにという、第3次一括法によりそういう指示はありませんでした。



○森本次郎委員長 櫻井次長。



◎教育部次長(櫻井克已) これについては、今課長のほうから説明したとおり、指示はないけれども、総務課の文書法規と相談した上で、今回の場合は全部改正するという形で制定しましょうという形になっております。

  なお、附則の3項についての書き方ですけれども、ここに入ってくる何号というのは、今議会で議決された後に、公布したときに初めて番号がつきますので、その番号が入ってくる形になります。今回上げている設置条例案が今議会で議決された後に、その後番号が入る形になりますので、今の段階では番号を入れていないという形になります。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 これ全部改正については、法規のほう、法規の担当者とも相談をしてということで、本来であれば条例を一部を改正するなり、一旦廃止をして、新しい条例という形になるというふうに思っていたのですけれども、今回は全部改正ということで、一応そういうことなのかなということで理解したのですが、ただ附則の部分で、確かにこれ条例が通った後の附則の部分なのですけれども、この附則も含めて条例というのは可決をしなければならないので、このスペースというか、空欄の部分でやるというのは、ちょっと私は問題があるような気がするのですけれども、本当にこれで、こういう事例というのはあるのでしょうか。私の今までの経験から、こういうことはないと思いますし、このスペースというか、空欄のままでの部分というのは、後々の部分で条例何条に、括弧書きの部分の中に、これはこの条例、その内容についての説明をするということになるのかなというふうに思うのですけれども、このような書き方というのはちょっと問題があるのかなというふうに思うのですけれども、これは全く問題ないということでお話があったのでしょうか。再度確認をいたします。



○森本次郎委員長 竹内課長。



◎社会教育課長兼四街道公民館長(竹内俊也) こちら括弧の平成26年条例第何号は、議会で議決していただいて、その後に決まるものですので、空欄とさせていただいております。



○森本次郎委員長 通常そうだということですね。

          〔「暫時休憩して」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 暫時休憩します。

             休憩  午前10時36分

                                            

             再開  午前10時55分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第2、議案第6号については保留し、日程第3のほうに入りたいと思います。

  暫時休憩します。

             休憩  午前10時55分

                                            

             再開  午前10時56分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第3、議案第11号 四街道市こどもルーム条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  健康こども部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第11号 四街道市こどもルーム条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

  本案は、四街道市立みそら小学校にみそら小こどもルームを設置することに伴い、条例の改正を行うものでございます。

  改正の内容でございますが、みそら小学校敷地内に、本年4月からみそら小こどもルームを新設するに当たり、本条例第2条の表に名称及び位置を規定するものでございます。また、今回の改正に際し、他のこどもルームの位置の表記を変更するなど、所要の規定の整備もあわせて行っております。

  説明は以上でございます。ご審査のほどよろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 議案第11号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第11号 四街道市こどもルーム条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前10時58分

                                            

             再開  午前10時58分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第4、議案第12号 四街道市ひとり親家庭等医療費等助成条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  健康こども部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第12号 四街道市ひとり親家庭等医療費等助成条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

  本案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の名称変更に伴い、本条例の引用条項を改正する必要が生じたため、その他所要の規定の整備を行うため提案するものでございます。

  配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律は、改正により生活の本拠をともにする交際関係にある相手からの暴力及びその被害者についてこの法律を準用すると適用対象が拡大されたことで、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律に名称が変更されたものでございます。これに伴い、本条例第2条第3項第1号のオで引用している同法の名称を改めるものでございます。

  その他医療費助成の受給資格者認定手続について、利用者にわかりやすくなるよう第6条第3項に規定を整備するものでございます。

  説明は以上でございます。ご審査のほどよろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 議案第12号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第12号 四街道市ひとり親家庭等医療費等助成条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前11時00分

                                            

             再開  午前11時01分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第5、議案第24号 平成25年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  健康こども部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第24号 平成25年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。補正予算書の71ページから77ページまでが該当ページでございます。よろしくお願いいたします。

  初めに、71ページをお開きください。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ358万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ102億3,117万8,000円とするものでございます。

  それでは、歳入歳出補正予算について、事項別明細により、主なものをご説明申し上げます。

  初めに、歳入でございます。76ページをお開きください。1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分、現年課税分5,400万円の増額につきましては、医療給付費分、一般被保険者国民健康保険税について、調定額が既定の額を上回ることが見込まれるため補正するものでございます。

  次に、同款同項2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分、現年課税分2,000万円の減額につきましては、医療給付費分、退職被保険者等国民健康保険税について、調定額が既定の額を下回る見込みとなったことから補正するものでございます。

  次に、8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金853万8,000円の増額につきましては、保険税軽減に係る保険基盤安定繰入金の予定額が既定額を上回る見込みであるため補正するものでございます。

  次に、同款2項基金繰入金、1目1節財政調整基金繰入金3,107万5,000円の減額につきましては、今回の補正で財源が超過する額を国保の財政調整基金に繰り戻すため補正するものでございます。

  続いて、歳出でございます。同じく77ページ、下のほうをごらんください。77ページでございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、内部管理事業の13節委託料、レセプト点検委託料166万8,000円の減額につきましては、レセプト点検業務に執行残が生じる見込みとなったため補正するものでございます。

  次に、8款保険事業費、1項1目特定健康診査等事業費の特定健康診査等事業、13節委託料の特定健康診査委託料249万9,000円の減額につきましては、集団健診終了により、特定健康診査委託の額が確定したことから残額を整理するものでございます。

  以上議案第24号 平成25年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の主な内容とさせていただきます。ご審査のほどよろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 議案第24号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 まず、76ページの一般被保険者国民健康保険税、医療費分の課税分ですか、これが5,400万ふえているわけです。一方、退職者のほうについては2,000万円の減額ということです。まず、これは当初見込みというところで、ある程度ざっくりとした形でやったものなのか、もしくは保険税が順当に入ってきたものなのかどうか、その辺状況を説明いただけますでしょうか。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  まず、こちらなのですけれども、まず一般被保険者分の健康保険税ですけれども、こちらにつきましては先ほどのご質問のように順当に入ってきてはおります。それで、退職分につきましては、やはり決算でもそうなのですけれども、退職者保険者数が減っておりまして、これに伴って減っているのだろうと。なぜ減っているのかと申しますと、多分定年制の延長とか、あとは団塊の世代が一時落ちついて、退職者が減ってきているのではないかというようなふうに思っております。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 わかりました。

  それで、同じところの滞納繰り越し分200万円が減額になっております。いわゆるこれは当初予定よりもということなのですが、滞納繰り越し分というのは相変わらずの状況なのかどうか、確認をしたいのですが。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  退職者の滞納繰り越し分なのですけれども、退職者の被保険者、60歳から64歳までの方なのですけれども、ごく少ない一部の層でございまして、少しの変化でも動きがあるのですけれども、先ほど申しましたように現年度分がふえておりますので、繰り越し分のほうは少し減ってきてくるのかなということで見込んでおりますけれども、こちらの額が500万とか600万とか、そういう単位でございますので、一応控え目にマイナスさせていただいておりますけれども。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 わかりました。

  それから、繰入金と、それから財政調整基金の部分ですが、いわゆる保険基盤安定繰入金が増額、これは既定額を上回るのでふえて、その分先ほどの収入も多かったということで、財政調整基金の部分になるのですが、まず財調の部分は、今基金がどのぐらいになっているのかどうか。この3,107万5,000円ですか、これが減額になった部分で、どのぐらいの金額になっているのか。それから、保険基盤安定繰入金ですか、それをまず聞きたいです。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  まず、繰入金なのですけれども、繰入金につきましては……基金ですか。



◆広瀬義積委員 両方、できれば。



◎国保年金課長(香取好隆) まず、基金ですけれども、基金は当初予算の概要の68ページのほうでいる金額なのですけれども、基金で、今回の補正をお認めいただいたとして、3,107万5,000円をお認めいただいたとして、基金残高は2億9,136万3,245円というような形になります。

  繰入金なのですけれども、この繰入金の今後なのですけれども、こちらにつきましては25年度の決算見込みでいきますと、2月、3月の大きな医療費の変動が生じなければ、歳入歳出での差異はないので、予算どおりになるだろうと。この一般会計からの繰入金のほうも、計上にのっていますけれども、こちらのほうは引き続きこれよりか少なくなっていくのかなというような感じで思っています。ただ、これは歳入のほうで、前期高齢者交付金とか、そういったものも多く入ってきていますので、この辺が非常に左右されるところなので、この辺が少なくなってくれば、またその辺もふえてくるというような関係でございます。

  あと、基盤安定なのですけれども、こちらにつきましては低所得者に伴う保険税の軽減に対しての公費による助成を行うこととしているのですけれども、こちらにつきましても軽減が多少ふえておりますので、一般会計からの繰り入れ、国から、県からの繰り入れも多少はふえてはいるのです。その中で、職員給与繰入金というのがあるのですけれども、こちらにつきましては事務管理費だとか、保険の特定健診委託料とか、そういったものを含んでおりまして、そちらの分は多少減額になっておりますので、こちらのほうは少し減っているというようなことになっております。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 よくわかりました。ありがとうございました。

  77ページの下のほう、特定健診等の部分で、委託料で特定健康診査委託料があるのですが、これは受診率が見込みよりも低かったということなのでしょうか。確認をしたいのですが。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) こちらの部分につきましては、当初の集団健診の保険者数が、当初4,600人で見込んでいたのですけれども、執行見込みで4,400人ということで、200人減っております。あと、後期高齢者分が1,200人であったのが1,000人と、200人ぐらい減っているというようなことで、受診者数が全てが少しずつ減っているということで減額させていただきました。

  以上です。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第24号 平成25年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前11時12分

                                            

             再開  午前11時14分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第6、議案第16号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計予算を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  高橋部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第16号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書のページでございますが、259ページから283ページまででございます。よろしくお願い申し上げます。

  初めに、259ページをお開きください。本特別会計予算は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ102億8,390万円とするもので、対前年度比6.7%、6億4,770万円の増額となってございます。

  それでは、歳入歳出予算について、事項別明細書によりご説明申し上げます。初めに、歳入でございますが、265ページをお開きください。1款国民健康保険税、1項国民健康保険税の計25億550万円は、一般被保険者及び退職被保険者等の保険税で、前年度比160万円の増額となっております。それぞれ医療給付費分、後期高齢者支援金分、介護納付金分に係る現年度及び過年度の保険税でございます。

  次に、下のほうから266ページをごらんください。2款国庫支出金、1項国庫負担金の計16億5,269万3,000円は、療養給付等負担金、高額療養費共同事業負担金、特定健康診査等負担金でございまして、265ページの一番下、一般被保険者分の保険給付に係る療養給付費等負担金15億9,575万6,000円が主なものとなります。

  また、申しわけございませんが、266ページをごらんください。同款2項国庫補助金、1目1節財政調整交付金の1億1,567万4,000円につきましては、市町村間における財政力の不均衡を調整するために交付される交付金でございます。

  次に、3款1項1目療養給付費等交付金、1節現年度分4億7,394万5,000円につきましては、退職者の医療給付費等に要する費用として、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございます。

  次に、4款1項1目前期高齢者交付金の33億6,782万4,000円につきましては、65歳から75歳未満を対象とした前期高齢者の医療給付費等に対し、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものでございます。

  続きまして、その下の5款県支出金、1項県負担金、1目1節高額療養費共同事業負担金4,533万2,000円につきましては、共同事業拠出金の4分の1を県が負担するものでございます。

  次に、その下の2目1節特定健康診査等負担金1,160万4,000円につきましては、共同事業の3分の1を県が負担するものでございます。

  次に、267ページをお開きください。同款2項県補助金、1目1節県財政調整交付金4億821万3,000円につきましては、療養給付費等負担金等に対する県からの交付金で、交付率は32分の6となっております。

  次に、その下段の6款1項共同事業交付金の1目1節高額医療費共同事業交付金2億1,868万5,000円は、レセプト1件当たり80万円を超える部分について、また2目1節保険財政共同安定化事業交付金7億5,687万3,000円はレセプト1件当たり30万円を超え80万円までの高額医療費について市町村国保財政への影響緩和のために国保連合会より交付されるもので、交付率は100分の59となっております。

  次に、8款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金の計4億5,610万9,000円につきましては、保険基盤安定繰入金、職員給与費等繰入金等の法定繰り入れ分及び財源補填とするためのその他一般会計繰入金となってございます。

  続きまして、歳出についてご説明申し上げます。273ページをお開きください。273ページ下段でございますが、2款保険給付費、1項療養諸費で、274ページに合計として62億9,247万1,000円を計上しておりますが、療養給付費、療養費などを国保連合会及び被保険者に支出するものでございます。前年度と比較として1億6,681万1,000円の増額となっておりまして、増加の傾向が続いているところでございます。

  次に、下段の同款2項高額療養費で、275ページでございますが、合計7億1,290万7,000円を計上しておりますが、一般分及び退職分の高額療養費等として、こちらも前年度比較で6,224万7,000円の増額となっております。

  次に、276ページをお開きください。3款1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金14億8,637万8,000円は、後期高齢者医療制度に対する保険者の支援分として、社会保険診療報酬支払基金に支出するものでございます。

  続きまして、278ページをお開きください。6款1項1目介護納付金5億5,867万4,000円は、介護給付費として社会保険診療報酬支払基金に対して支出するものでございます。

  次に、その下の7款1項共同事業拠出金につきましては、1目高額医療費共同事業拠出金1億8,133万2,000円及び2目保険財政共同安定化事業拠出金8億1,911万6,000円は、歳入でもご説明申し上げましたが、市町村間の保険税の平準化と保険財政の安定化を図るため、千葉県国民健康保険団体連合会に拠出するものでございます。

  続いて、その下段から279ページにかけての8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費6,702万8,000円は、40歳以上の被保険者に対して行う特定健康診査等に係る経費でございます。

  以上平成26年度四街道市国民健康保険特別会計予算の主な内容とさせていただきます。ご審査のほど、よろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 議案第16号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 276ページの保険給付費、葬祭費の部分なのですが、前年度に比べて900万円ほどの削減ということなのですが、これは高齢化で亡くなる方もふえているのではないかなと思うのですけれども、この減額の理由は何でしょうか。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  こちらは、25年度の見込みを出しまして、155件ということで、退職者が減っているといったようなことで、前年の147件よりかは減っていると見込んだということでございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ありがとうございました。

  それから、278ページの説明欄の保険財政共同安定化事業の部分、これが前年度に比べて1億2,500万円ですか、ほどふえているのですけれども、これは先ほどの説明も若干あったのですが、県のそれぞれの団体の平準化ということなのですけれども、これ1億何千万か、約2,000万ふえているということについては、これはもっとふえているのかなというのを、ちょっと課題もあるのかなというふうに思うのですけれども、その辺の状況というのはどうなのでしょうか。これからその分について、平準化ということで、四街道そのものも余りふえていないのに、ほかがふえていくということなのでしょうか。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  多分今のお話は高額医療の共同事業が30万円から1円以上に下がってなるというようなことを懸念してのお話だと思うのですけれども、こちらにつきましては今30万円以上のレセプトからは80万円未満なのですけれども、1円になりますと確かに給付の部分が多くなります。こちらにつきましては、県内の市町村でお金を拠出し合って緩和していくということで、確かにおっしゃるように本市によってのしわ寄せはどうなっていくのだというようなことも懸念されるところですけれども、とりあえず29年度に広域を目指しているというようなことの中で、27、28ということから1円になるのですけれども、国のほうではこちらのほうの拡大する分を、定率の国庫の補助金を34%から2%分を、県のほうに調整金をそちらのほうに出して、県のほうからその2%分でこのしわ寄せになった部分を調整しろというようなことで考えておりまして、今こちらにつきましても、県内の市町村国保の支部が10支部ぐらいあるのですけれども、そこから支部代表ということで、今後どうしていくのだというようなことで協議しているのですけれども、とりあえず27年度以降、こちらにつきましても給付のやり方については現状でいくというような方向性ではいるのですけれども、この3月、今月の25日にそういう会議があるのですけれども、そちらのほうである程度の方向性が出るとは思うのですけれども、ただ国のほうの中でも、給付率を反映させたらどうかとか、いろんな案も言っておりましたので、今後もこちらのほうは注視していかなければいけないのですけれども、ただ一点言えることは、四街道市につきましては所得層から見れば安定的で、普通の平均よりかはちょっと高目の所得層が多いので、ほかの市に比べると拠出率のほうが多少多くなるのかなというようなことは考えております。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 全体で、財調の残高等も若干減ってきている状況もあるでしょうし、また今言ったように安定基盤のほうの拠出する額だとか、そういうことで個々の財政等も非常に厳しくなっているのかなというところもあるので、ぜひアンテナを高くしていただいて、国との補助ですとか、そういうものもできるように、そういう団体等を通じて要請をしていただければという要望を申し上げて終わります。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  戸田委員。



◆戸田由紀子委員 予算概要のほうで、先ほど出た国保事業の財政調整基金なのですけれども、26年度中の取り崩し額が2億4,000万、それで26年度末の見込みが5,136万4,000円ということで、非常に少なくなります。来年のことは来年度またいろいろと調整されると思うのですけれども、この国保の財政的なところ、今広瀬委員のほうからの質問にもお答えありましたけれども、財政的なところで、本当に厳しい状況になってきていると思います。それで、今年度中にこの基金を、国保の基金を取り崩して、使い切ってしまうような形なのですけれども、そのあたりについては、この予算を一応立てる上でどのような議論があったのでしょうか。保険料の値上げのこととか、いろんな話が出てきたのではないかと思うのですが、そのあたりを少しご説明いただきたいと思います。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  こちらに、今基金のお話が出たのですけれども、こちらの財政調整基金の繰入金なのですけれども、予算時には多少基金の繰入金はあるのですけれども、今繰入金になって、その他一般会計の繰入金もあるのですけれども、こちらは決算を見ますと、まずその他の一般会計の繰入金が決算ではゼロということで、経営については赤字になってはいないと。結果的にはなっていないと。基金については、繰り入れはしておりますけれども、決算にはその基金の全額とは言いませんけれども、その分は返ってきているということなので、依然として4億から6億の間で基金は積み込んであるということでございます。

  こちらがなぜそういうことになるのかというと、先ほどもご答弁申し上げましたけれども、歳入のほうで、前期高齢者交付金というのがございまして、こちらが税よりかはかなり多くて、33億ということで、そちらのほうが多く入ってきていると。こちらは、64歳から74歳までの方が全国に占める割合が本市では多いと。また、それにかかわる保険料も高いというようなことで、今までこれ前期高齢者交付金が29億、32億、33億ということで多く入ってきているのですけれども、この辺が財調に上がってくるような形に反映しているのかなというようなことは考えておりますけれども、こちらの、当然支払基金さんのほうなので、全国の保険者から集めますので、2年ごとに精算がありますので、来年、次の年はどうなるかというのはわかりませんけれども、今の状況でいれば、65歳から74歳の方が多くいるということでございますので、この辺は数年はそういうふうに入ってくる、歳入のほうに見込んで大丈夫なのかなというのは考えておりますけれども、ただ予断を許さない状況にはあるというふうに思っております。

  以上です。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 保険料の値上げについては、どのような議論がされているのか、されていないのか。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  こちらにつきましては、その他の繰入金、一般会計繰入金が予算では歳入で計上してございますけれども、こちらのほう、決算ではゼロ円ということで入っておりませんので、あと基金も4億なり5億円ぐらいありますので、ここで保険料を上げるというようなことは考えておりません。



○森本次郎委員長 よろしいですか。



◆戸田由紀子委員 はい。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第16号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前11時33分

                                            

             再開  午前11時34分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第7、議案第26号 平成25年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  小澤部長。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 議案第26号 平成25年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第2号)の主なものについてご説明をいたします。予算書のページは、91ページから98ページまでとなっております。

  まず、92ページ、93ページをお開き願います。補正の内容につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ241万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,260万3,000円とするものです。

  96ページをお願いいたします。歳入の主なものですが、1款分担金及び負担金、1項負担金、1目就労支援センター負担金、1節訓練等給付費負担金の説明欄、訓練等給付費負担費103万8,000円の減額は、当初の見込み額を下回ったため補正を行うものです。

  97ページをお願いいたします。歳出ですが、2款事業費、1項1目就労支援事業費、12節役務費163万1,000円の減額は、説明欄の手数料になりますが、利用者数が当初見込みを下回ったため、利用者に支給している作業工賃について補正を行うものでございます。

  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第26号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 就労支援センターに通っている方の当初の人数、それから現人数をお聞かせください。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) 当初は、年度当初13名でございました。現状は10名でございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 よろしいですか。

  ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第26号 平成25年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  日程第8、議案第18号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計予算を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  小澤部長。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 議案第18号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計予算の概要につきましてご説明いたします。

  予算書のページは、313ページから333ページまででございます。初めに、314ページ及び315ページをお開き願います。歳入歳出予算の総額は、それぞれ7,800万円とするもので、平成25年度当初予算と比較しますと4.87%、360万円の増額です。

  それでは、歳入の主なものについてご説明いたします。319ページをお開き願います。1款分担金及び負担金、1項負担金、1目就労支援センター負担金、1節訓練等給付費負担金1,733万円の主なものにつきましては、就労継続支援施設利用料の公費負担分として、利用者の居住市町村が負担する訓練等給付費を受け入れをするもので、利用者16人分を計上しております。

  次に、3款繰入金、1項1目1節一般会計繰入金5,138万9,000円につきましては、障害者就労支援センターの運営に係る歳入歳出予算差し引きの不足分を一般会計から繰り入れるものでございます。

  5款諸収入、1項1目1節雑入905万5,000円につきましては、その主なものは説明欄に記載のとおり洗濯事業収入780万円で、これは特別養護老人ホーム3カ所、障害者支援施設1カ所の計4施設との布おむつの貸し出し契約等により得られる事業収入でございます。また、軽作業事業収入の84万円につきましては、軽作業科の名刺の点字印刷等により得られる事業収入で、また園芸事業収入40万円につきましては、園芸科のシイタケの販売による事業収入でございます。

  次に、歳出の主なものについてご説明いたします。321ページをお願いいたします。1款1項総務費、1目一般管理費4,958万7,000円の主なものは、職員5人分の人件費でございます。

  322ページ及び323ページをお願いいたします。2款事業費、1項1目就労支援事業費2,741万3,000円の主なものは、11節需用費のうち消耗品費757万5,000円については、クリーニング科における布おむつ洗剤、軽作業科、園芸科の就労支援事業に係る消耗品の購入に要する経費でございます。

  次の燃料費429万8,000円につきましては、主に布おむつの洗濯に係るボイラー用の重油及び納品、回収に係る車両用の燃料購入に要する経費です。

  12節役務費のうち手数料574万5,000円の主なものは、利用者に対して支給する作業工賃でございます。

  続いて、324ページをお願いいたします。3款1項1目予備費100万円につきましては、当施設の管理運営に係る不測の事態に対処するために計上しているものでございます。

  以上が障害者就労支援センター事業特別会計予算の歳入歳出の主なものでございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第18号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 まず、歳入のところで、320ページですが、905万円、これを次の洗濯収入の部分の歳出というのは、人件費を除く部分でどれだけあるか。今どれだけの算定をしているのかお示しできますでしょうか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) 済みません、今ちょっとそちらのほうの資料がないので。



○森本次郎委員長 では、続いてお願いします。広瀬委員。



◆広瀬義積委員 いずれにせよ、膨大な赤字というところです。

  それから、今現状10名ですよね。それで、16名という話なのですが、この16名にした根拠というのは何でしょうか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) こちらのほう、やはり10名という状況が、先ほどのご質問にありましたけれども、平成25年度中、3名の方、うち2名が就職され、1名は転出されたということで減っている状況ですので、その中でも1名の方も……済みません、全部で4名ですね。それで、1人の方が……済みません、訂正します。4名の方の対象者がいらっしゃいまして、1名の方はご病気により、それからあともう一名の方が転出、そして2名の方が就労でございます。1名の方は新規で年度中に通所されていらっしゃいます。うちのほうとしましても、定員が20名いるところでの10名ということになりますと、運営というか、それについてそもそも16名というのは、25年度につきましても定員が16名、当時でも13名でしたので、16名を達成しようということで目標を掲げております。

  26年度も同様に、16名を目標として利用者の確保をしていこうということをおっしゃってございます。そちらのほうにつきましては、障害者支援課の課内室ということもございますので、私ども、それとセンター長と含めて、周辺の市町村の実施機関のほうへ、あるいは特別支援学校のほうへ出向きまして、サンワークの利用者はいないかということの働きかけはやっている最中でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 これ時間がないので、端的に言いますけれども、いわゆる目的というのがやっぱり就労支援なのです。あくまでもいろいろな訓練をしたりとかということを、障害者の皆さんにやっていただくと。その部分の潜在的な利用をしたいという方は多いと思うのです。私の知っている人でも、ここに入りたいけれども、でもおむつの事業というのは、とても今耐えられるものではないと。もっといい仕事だったらやりたいけれどもという話なのだけれども、そういう訓練というか、ということも含めて。その事業を見直す考えはないですか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) 従前来申し上げておりますが、洗濯業務自体がサンワークの主たる科目の一つでございます。ですので、従前から容易には変更はできないということが当然あるわけなのですけれども、委員仰せのとおりやはり新しい事業、どうにか開発して、サンワークの科目として取り入れていかなければならないということは、実際のところ今課内、あるいはサンワークも含めて議論なり検討は始まっております。すぐに効果は出ていないのですけれども、直近で言えば1月にやりました県内の事業者が集まってやります新春商談会といったことで、県内の事業者がどのような業務を、科目をやっているのかというところを一応調査に行ったりというような動きございますし、なかなか容易ではないのですけれども、年度内等々で、新しい事業をどう見つけ出すかといったことを今検討し始めている最中でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 一般会計からの繰り入れが5,000万、1人当たり500万ほどかかっている。一般会計の繰り入れだけで。これは、そういう訓練をするということですから、ある程度のところは必要かなというふうには思うのですけれども、ただやっぱりそこはもうちょっと効果がある、もっと人数がふえなければおかしいでしょうし、潜在的にそういうことを求めている方はたくさんいると思うのです。ですから、その方たちのためにやっていくということが大事でしょうし、私はおむつ事業そのものが悪いと言っているわけではなくて、環境にもいいですし、そういうことはやっていかなければいけないと思う。ただ、これをこのサンワークでやらなければいけないという理由はないのです。だったら、本当にそういうことで大切だということであれば、市のいろんな独立した事業として、採算がとれる、採算ベースの部分としてやればいいわけですから、障害者が職業訓練としてやるという部分については、もっと別な事業を考えるべきだと前から申し上げているとおりですので、ぜひ年度内当初、この部分で言えばそのことを踏まえた上でやっていただくことを強く要望して終わります。

  以上です。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

  戸田委員。



◆戸田由紀子委員 先ほどのご説明で、昨年度2名の方が就労したということですが、これは就労されるまでに大分ご努力があったと思うのですが、どのようなところに就労されて、また26年度どのぐらいの方を就労させたいかというふうな目標を持っていらっしゃるのか。



○森本次郎委員長 鶴岡課長。



◎障害者支援課長(鶴岡久雄) 25年度中の方につきましては、1名の方は食品製造関係のほうに進まれていらっしゃいます。年齢は50代の方です。もう一名の方は20代の男性の方で、清掃関係のほうに進まれていらっしゃです。今後継続的なということがございますが、やっぱりサンワークとしましても、連続ではないですけれども、21年度も1名、22年度も2名、23年度も1名、それぞれ就職されている経緯がございますので、そのペースを保てるような形での取り組み。ですから、1名ないし2名といったことで取り組められればということは考えてございますが、こちらもいかんせん機会があるかないかの話になりますので、こちらのほうとしては、できるだけそういう取り組みをしていきたいと思っております。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 障害持っている方の就職というのは、受け入れ先の理解がどのぐらいあるのかというところも非常にポイントになってくると思います。

  それで、あとサンワークなのですけれども、あそこすごく職員さんたちのコミュニケーションがうまくとれていて、入っている方たちがとても明るく作業しているわけなのです。だから、そういう意味では、障害を持っている方たちというのは割と人とのコミュニケーションのところが非常に苦手とおっしゃる方もいらっしゃいますので、そのようなところにも力を入れながら、それからまた新たなる事業、おむつ、従来ある事業を発展させるような形、また新しいものを取り入れるような形で、ぜひこのあれを、ほかからの、四街道市内はもちろんですけれども、他市町村からもここに入所したいという方がふえるような形でご努力いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第18号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午前11時50分

                                            

             再開  午前11時51分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第9、議案第28号 平成25年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  小澤部長。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) 議案第28号 平成25年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。補正予算書の109ページから118ページまでとなります。

  まず、109ページをお開き願います。本補正予算は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,535万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ42億9,406万9,000円とするものです。

  初めに、歳入の主なものについてご説明いたします。114ページをお願いいたします。2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分1,183万9,000円及び3款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分2,673万8,000円及び4款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分1,812万8,000円及び15ページですが、6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分1,152万5,000円につきましては、介護給付費の減額に伴いまして、それぞれ減額補正をするものです。

  次に、同ページ下段の同款繰入金、2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金、1節介護給付費準備基金繰入金2,447万1,000円につきましては、介護給付費の減額に伴い、余剰分を基金に戻し入れるものです。

  続きまして、歳出の主なものについてご説明をいたします。116ページをお願いいたします。1款総務費、3項要介護等認定費、1目要介護等認定費、要介護等認定事務事業、1節報酬、介護認定審査会委員報酬94万6,000円の減額につきましては、審査件数が19件以下となり流会となるなど、開催回数が見込みを下回ることにより減額補正をするものです。

  2款保険給付費、1項介護予防サービス等諸費、1目介護・介護予防サービス等諸費、介護・介護予防サービス等諸費給付事業、19節負担金補助及び交付金、介護・介護予防サービス等諸費の9,220万3,000円の減額につきましては、介護・介護予防サービス等の諸費の上昇率が見込みより2.63%ほど下がることにより減額補正をするものでございます。

  次に、117ページをお願いします。3款地域支援事業費、1項地域支援事業費、1目介護予防事業費、高齢者保険事業、13節委託料、介護予防教室実施委託料77万円の減額につきましては、会場を、自治会館等の改修工事があったりですとか、昨年は台風等の悪天候を起因としまして、実施回数が見込みを下回る等によりまして減額補正をするものでございます。

  同款同項同目同節運動器機能向上プログラム委託料100万円の減額につきましては、体調不良等による欠席者の発生のため、参加者数が見込みよりも下回ることにより減額補正をするものでございます。

  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第28号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 116ページの要介護等の認定事務事業なのですが、認定者数が減っているということなのですが、これは全体としてはふえていると思うのですが、伸び率が予想よりも低かったのかなというふうに思うのですが、その辺の状況はどうなのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) お答えいたします。

  認定をするための審査会でございまして、当然伸び率というか、伸びてはきているのですが、どうしてもタイミングがございまして、最高35名をもって行うのが限度といたしまして、20名に満たない場合は流会という形になります。それとあと、いらっしゃっている方のうち1名がお休みになるとか、そういったもろもろの状況によりまして減額になったということでございます。ですので、認定者数については少し上向きの状況でございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 よろしいですか。



◆広瀬義積委員 はい、いいです。



○森本次郎委員長 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第28号 平成25年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  日程第10、議案第20号 平成26年度四街道市介護保険特別会計予算を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  小澤部長。



◎福祉サービス部長(小澤芳雄) それでは、議案第20号 平成26年度四街道市介護保険特別会計予算の概要につきましてご説明いたします。予算書の347ページから372ページまでとなり、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ43億6,340万円と定めるもので、昨年度と比較しまして1.7%、7,420万円の増額となっております。

  初めに、歳入の主なものについてご説明をいたします。353ページをお開き願います。1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料、1節現年度分9億4,649万1,000円につきましては、65歳以上の第1号被保険者保険料でございます。

  次に、その下段の2款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分7億5,022万1,000円につきましては、保険給付費に対する国庫負担金でありまして、交付率は施設等分が保険給付費補助対象額の15%、その他分が20%となっております。

  次に、その下段、同款2項国庫補助金、3目包括的支援等事業費交付金、1節現年度分2,705万4,000円につきましては、地域支援事業のうち包括的支援事業及び任意事業分で、交付率は本事業費総額の40%となっております。

  次に、その下段の3款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費交付金、1節現年度分11億9,639万3,000円につきましては、介護給付費に対する社会保険診療報酬支払基金からの交付金で、交付率は保険給付費補助対象額の29%となっています。

  続きまして、354ページをお願いします。4款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金、1節現年度分5億9,056万4,000円につきましては介護給付費に対する県負担金で、交付率は施設等分が保険給付費補助対象額の17.5%、その他分が12.5%となっています。

  次に、同ページ下段から355ページまでの6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金、1節現年度分5億1,568万8,000円につきましては、保険給付費に対する市負担金でして、負担率は保険給付費補助対象額の12.5%となっています。

  また、355ページの中段で、同款同項4目その他一般会計繰入金1億4,783万2,000円につきましては、1節職員給与費等繰入金8,793万9,000円及び2節事務費等繰入金5,989万3,000円となっています。

  次に、その下段の6款繰入金、2項基金繰入金、1目介護給付費準備基金繰入金、1節介護給付費準備基金繰入金1億4,081万円につきましては、介護給付費の不足に対する介護給付費準備基金からの繰入金となっています。以上が歳入の主なものでございます。

  続きまして、歳出ですが、358ページをお願いします。中段の1款総務費、3項要介護等認定費、1目要介護等認定費の4,486万1,000円につきましては、要介護認定に係る事務費で、主なものとしましては、1節報酬の介護認定審査会委員報酬985万8,000円、7節賃金の訪問調査員賃金1,255万7,000円及び359ページですが、12節役務費の手数料1,638万6,000円でございます。なお、手数料の主なものは主治医意見書等作成手数料となっています。

  次に、同ページ下段の2款保険給付費、1項介護予防サービス等諸費、1目介護・介護予防サービス等諸費、19節負担金補助及び交付金39億2,318万3,000円につきましては、介護及び介護予防サービスに対する保険給付費で、保険者としてサービス費の9割を支出するものです。

  続きまして、360ページをお願いします。同款2項特定入所者介護サービス等諸費、1目特定入所者介護サービス等諸費、19節負担金補助及び交付金の1億2,331万8,000円につきましては、施設利用に伴う居住費、食費が保険適用外であるため、低所得階層への負担軽減として支出をするものでございます。

  次に、その下段の同款3項高額介護サービス等費、1目高額介護サービス等費、19節負担金補助及び交付金のうち高額介護サービス等費6,271万1,000円につきましては、被保険者の経済的負担の軽減を図ることを目的としまして、利用者負担が一定額を超えた場合に支給をするものです。

  次に、下段から361ページの3款地域支援事業費、1項地域支援事業費、1目介護予防事業費2,055万6,000円につきましては、一般高齢者及び特定高齢者を対象に介護予防のための高齢者保健事業を行うもので、13節委託料のうち介護予防教室実施委託料866万円、運動器機能向上プログラム委託料680万4,000円が主に支出をするものでございます。

  次に、下段の同款同項2目包括的支援等事業費、13節委託料5,200万円につきましては、総合相談支援業務、介護予防ケアマネジメント等を行う地域包括支援センター運営委託料でございます。

  長くなりましたけれども、以上が介護保険特別会計予算の歳入歳出の主なものでございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○森本次郎委員長 議案第20号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 これページということはないのですけれども、需要と供給の関係で言えば、施設の数が足らないですとか、いろんな状況があると思うのですけれども、新しい年度において、施設というのはどういう。市から建ててくださいというか、そういうことも含めて、その状況というのはどういうふうに考えていますでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) お答えいたします。

  施設につきましては、基本的には介護老人福祉施設と介護老人保健施設でございますが、介護老人福祉施設につきましては、ご承知のように昨年の8月1日にリバーサイドがオープンしております。こちらは、29人の定員につきまして、8月1日から募集を始めたのですが、これが定員が埋まったのが12月になってからでございます。ですので、待機者が140名ほどいるのですが、実際にはなかなか入らないという現状もございます。平成27年度から第6期になりますので、平成26年度につきましては様子見という形になります。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ということは、今現状の中では新しい施設というところは、市内の中ではないということでよろしいのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 現在進んでいるのが、既に事業者の候補者を指定いたしまして、樹会というところで鹿放ケ丘に90人の特養、それと10人のショートステイ、これをやることになっておりますけれども、若干おくれぎみでございまして、何とか26年度にオープンできるようにということで働きかけてございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 26年って、どのぐらいの時期、大体今の予測ではどのぐらいになるのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) こちらは、26年度整備に向けて進めているのですが、ご承知のとおり今資材の高騰といったことで、なかなか入札が厳しい状況でございまして、実は本日この入札が行われます。その結果、入札が不調になるとまた遅くなるのですが、入札がうまくいって、何とか4月以降工事が進んで、27年3月にはオープンができるような形をとるということは考えておりますが、ただこれはどうしても入札等の状況がございますので、そういったところを注視しているところでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 ということは、状況によっては補正もあるということでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) こちら地域密着型ではございませんので、こちらから補助金が出るものではございません。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 今140名の待機ということなのですけれども、これの解消というところでは、今の対策は何か新しい年度の中でとるのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 先ほど申しましたとおり、90名の広域型特養の施設を今回つくることになっておりますので、それの状況を勘案しながら進めてまいりたいと思っております。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 平成26年度予算ということで、第5期の計画の最終年度に当たるわけですが、今回のこの予算を立てるに当たって、あの計画が最終年度ということで、何か力を入れた部分とか、そういうところがあったらお願いしたいのですが。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 26年度が第5期の最終年度ということでございますが、まだ分析のほうが始まっているわけではございませんので、まず予算のほうが先行するという形になります。もし何かございましたら、また補正で対応という形をとらせていただければと思います。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 わかりました。

  それで、予算書361ページの地域包括支援センターの運営に関してなのですけれども、26年度、27年度、これから包括支援センターの役割というのはとても重要になってきます。それで、26年度の中で、この包括、予算的に見ると昨年とほぼ同じ金額なのですけれども、包括のほうから、予算を策定するに当たって要望された金額を、ほぼこの金額だったのか、それとも予算要望はもっと金額的には多いものであったのか、その辺をちょっと。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 昨年度と同様のことでということでございました。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 昨年度と同様というところで、かなり人的にも大変になるかと思いますが、その辺は皆さんでご努力していただけるというふうに受けとめました。

  それから、その下の地域支援任意事業の中の成年後見制度に関する件なのですけれども、これは周知方法というのはどのような形で行っているのですか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) こちらにつきましては、高齢者福祉ガイド等を使っておりますし、またよく高齢者についてのいわゆる昔で言うオレオレ詐欺だとか、そういったことについては警察とタイアップをして寸劇をしたりとか、そういった形で皆様にお知らせをしているところでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 戸田委員。



◆戸田由紀子委員 やはりこの成年後見制度というのは、本当にせっぱ詰まった形で利用するのではなく、その前からある程度準備しておく必要があるかと思いますので、その辺当事者の方たちだけでなく、周りの方たちにもご理解していただく、周知、理解をしていただくことが必要かと思いますので、その辺のところはできるだけ幅広い形でお願いしたいと思います。

  以上です。



○森本次郎委員長 市橋委員。



◆市橋誠二郎委員 先ほど鹿放の特養、90人特養ですけれども、排水がネックになっていたと思ったのですが、それはもう解消されているわけですね。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) おっしゃるとおりで、解消してございます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 基金のことをちょっと確認というか、説明をいただきたいのですけれども、355ページの介護給付費基準繰入金、これが2,000万円ほどの減額に、昨年度というか、今年度に比べて減らしているのですけれども、これ基金の状況というのはどういうふうになるのでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 当初予算概要に書かれていたと思います。ちょっと今あけてみます。68ページでございますが、24年度末で6億4,097万9,000円、これが25年度見込みで5億8,347万5,000円でございます。ご承知のとおり、予算を組む際に、この基金を繰り入れることから始まります。ですので、繰り入れをして、そして通常であれば3月補正でそれを戻すという形をとりますので、例えば平成25年度で申しますと、当初1億6,208万ほど繰り入れましたけれども、3月補正でまた2,447万円をまた繰り戻すと。こういった作業が進んでまいりますので、ご理解のほう賜りたいと存じます。

  以上です。



○森本次郎委員長 広瀬委員。



◆広瀬義積委員 年々減っているということなので、この辺の対策も含めて、現状はこのまま減額をするような方向で進んでいくということでしょうか。



○森本次郎委員長 ?口課長。



◎高齢者支援課長(?口新一) 見込みでございますので、5億8,347万5,000円の見込みということでございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 さっきのやつと一緒。よろしいですか。

  ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第20号 平成25年度四街道市介護保険特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 零時15分

                                            

             再開  午後 零時16分



○森本次郎委員長 再開します。

  日程第11、議案第29号 平成25年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  高橋部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第29号 平成25年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。予算書のページ数は、119ページから126ページまででございます。

  初めに、119ページをお開きください。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ337万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億3,065万7,000円とするものでございます。

  それでは、事項別明細により歳入歳出補正予算をご説明申し上げます。初めに歳入でございますが、124ページをお開きください。2款繰入金、1項一般会計繰入金、2目1節保険基盤安定繰入金326万5,000円の減額につきましては、保険基盤安定繰入金の額の確定に伴い補正するものでございます。

  続きまして、歳出についてご説明申し上げます。125ページをごらんください。2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金の後期高齢者医療広域連合負担金、19節負担金補助及び交付金の保険料負担金326万5,000円の減額につきましては、保険料負担金の一部である保険基盤安定負担金が、歳入でご説明しましたとおり減額となりましたことから、千葉県後期高齢者医療広域連合へ納付する保険料負担金を同額減額補正するものでございます。

  以上平成25年度後期高齢者医療特別会計補正予算の主な内容とさせていただきます。ご審査のほどよろしくお願いします。



○森本次郎委員長 議案第29号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第29号 平成25年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  日程第12、議案第21号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

  提出者の説明を求めます。

  高橋部長。



◎健康こども部長(高橋靖明) それでは、議案第21号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書のページにつきましては、373ページから391ページまででございます。

  初めに、373ページをお開きください。予算の内容は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億9,960万円とするもので、対前年度比で7.9%、6,620万円の増額となっております。

  それでは、歳入歳出予算について、事項別明細によりご説明申し上げます。初めに、歳入でございますが、379ページをお開きください。1款1項後期高齢者医療保険料の合計といたしまして7億7,446万2,000円は被保険者から徴収する保険料で、対前年度比較で7.84%、5,629万7,000円の増額となっております。

  次に、2款繰入金、1項一般会計繰入金の合計1億1,659万8,000円につきましては、事務費、職員給与費及び保険基盤安定分として一般会計から繰り入れるものでございます。

  続きまして、歳出についてご説明いたします。381ページをお開きください。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の後期高齢者医療制度事務事業、19節負担金補助及び交付金の短期人間ドック助成金300万円につきましては、120名分の受検料に対して助成を行うために計上するものでございます。

  次に、382ページをお開きください。中ほどでございますが、2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金の後期高齢者医療広域連合負担金、19節負担金補助及び交付金8億6,430万円は、徴収した保険料及び歳入で一般会計から繰り入れた保険基盤安定繰入金を合わせて保険料負担金として、千葉県後期高齢者医療広域連合に支出するものでございます。

  以上平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計予算の主なものの説明を終わらせていただきます。なお、保険料の額など、多くは千葉県後期高齢者医療広域連合から通知された内容での予算編成となっております。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○森本次郎委員長 議案第21号に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 382ページの歳出の連合会の負担金のことなのですけれども、新しい年度においてこの広域連合で話し合われるというか、その中でいろいろ協議をしていくような内容というのは具体的に何か今ありますでしょうか。



○森本次郎委員長 香取課長。



◎国保年金課長(香取好隆) お答えします。

  こちらにつきましては、保険料が若干上がるということがございまして、そういうような関係で少し上がっているのがございまして、こちらにつきましては、もう組合議会のほうで決定している事項でございまして、こちらを反映させていただくような形になります。

  以上です。



○森本次郎委員長 よろしいですか。

  ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第21号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 零時23分

                                            

             再開  午後 零時24分



○森本次郎委員長 再開します。

  議案第6号についての質疑を再開しますが、何か教育部長のほうから説明があれば、これがその例ということですね。

          〔「はい」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 何か△△となっていたり。これは、本当に△△となっているわけですね。出された法案として。

  竹内課長。



◎社会教育課長兼四街道公民館長(竹内俊也) それでは、今お配りしました資料のご説明をさせていただきます。

  こちらは、国の法案の資料ですが、こちらは両面コピーで1ページから6ページありますが、5ページのところに赤く、5ページのところの真ん中よりちょっと上にありますが、こちらで(平成25年法律第△△△号)ということで、こういう形で国においても法案を提出してございます。

  以上でございます。



○森本次郎委員長 質疑はありませんか。

  広瀬委員。



◆広瀬義積委員 この三角にも何か意味があるのではないかと。ちょっと難癖つけるようで申しわけないのですけれども、これは、ほかの部分では空白とか、そういうことなのでしょうか。あくまでも括弧書きですから、その辺は余りにもとらわれなくてもいいという考え方もあるのでしょうけれども、その辺ちょっとお聞きしたいのですが。



○森本次郎委員長 竹内課長。



◎社会教育課長兼四街道公民館長(竹内俊也) 四街道市の過去に提出した議案につきましても調べましたが、平成22年11月22日に提出した議案第4号で、四街道市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、こちらにおきまして同じような形で(平成22年条例第 号)という形で、同じような形で過去に条例の一部改正の制定につきまして提出してございます。



○森本次郎委員長 例があったようでございますね。

  ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで質疑を終結します。

  続いて、討論を行います。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○森本次郎委員長 ないようですので、これで討論を終結します。

  本案について採決を行います。

  議案第6号 四街道市社会教育委員設置条例の制定について、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の方は挙手願います。

          〔挙手全員〕



○森本次郎委員長 全員賛成。

  よって、本案は本委員会においては原案のとおり可決すべきものと決定しました。

  以上をもって本委員会に付託された事件の審査は全て終了しましたので、教育民生常任委員会を閉会します。

             閉会  午後 零時25分