議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  議会運営委員会 11月19日−14号




平成26年  議会運営委員会 − 11月19日−14号







平成26年  議会運営委員会





                 議会運営委員会日程

                                  平成26年11月19日
                                  第 一 委 員 会 室

開  会
日程第1 副委員長の互選について
日程第2 平成26年第4回(12月)四街道市議会定例会会期日程等について
日程第3 議案の委員会付託割について
日程第4 発議案の取り扱いについて
日程第5 請願の取り扱いについて
日程第6 陳情の取り扱いについて
日程第7 選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について
日程第8 四街道市議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について
日程第9 その他
閉  会
                                            
出席委員(10名)
    委 員   鈴  木  陽  介        委 員   中  島  康  一
    委 員   清  水  清  子        委 員   斉  藤  耀  一
    委 員   岡  田  哲  明        委 員   山  本  裕  嗣
    委 員   吉  本  貴 美 子        委 員   長 谷 川  清  和
    委 員   石  山  健  作        委 員   清  宮  一  義

欠席委員(なし)

委員外議員(2名)
    議 長   市  橋  誠 二 郎        副議長   宮  崎  昭  彦

説明のため出席した人
  副 市 長   武  富  裕  次      総 務 部長   麻  生  和  雄
  総務部次長   本  田  耕  資      総 務 課長   谷  嶋  み か お

出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      局 次 長   金  親  信  治
  主   幹   小  林     武      主 査 補   仲  田  鋼  太



             開会  午後 1時30分



○吉本貴美子委員長 ただいまの出席委員10名、定足数に達していますので、これより議会運営委員会を開会いたします。

  お諮りします。傍聴希望がありましたので、これを許可したいと思いますが、ご異議ございませんでしょうか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 異議なしと認め、傍聴を許可いたします。

          〔傍聴者入室〕



○吉本貴美子委員長 本日の日程につきましては、お手元に配付の日程表のとおりです。

  日程第1、副委員長の互選についてを議題といたします。

  先般、市川副委員長が議員辞職し、副委員長不在のため、直ちに副委員長の互選を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認めます。

  副委員長互選を行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。互選の方法は、投票か指名推選か、いずれの方法により行いますか。

  石山委員。



◆石山健作委員 指名でいいと思います。



○吉本貴美子委員長 ただいま指名推選との発言がありましたが、これにご異議ございますか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 異議なしと認め、互選の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  指名について発言はありませんか。

  石山委員。



◆石山健作委員 清水委員がいいと思います。



○吉本貴美子委員長 清水清子さんを推選するという発言がただいまございました。

  お諮りいたします。清水清子さんを、副委員長選挙の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認めます。

  よって、清水清子さんが副委員長に当選されました。

  では、こちらへどうぞ。

  では、副委員長就任のご挨拶をお願いいたします。



◆清水清子副委員長 どうも皆さんこんにちは。ただいま皆様よりご推挙いただきました副委員長になりました清水です。議会運営しっかり委員長を補佐し、頑張っていきたいと思いますので、ぜひ皆様のご協力もよろしくお願いします。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 どうもありがとうございます。よろしくお願いいたします。

  以上で日程第1、副委員長の互選についてについてを終了いたします。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時33分

                                            

             再開  午後 1時34分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第2、平成26年第4回四街道市議会定例会会期日程等についてを議題といたします。

  本定例会に付議される議案について、提出者の説明を求めます。

  麻生総務部長。



◎総務部長(麻生和雄) 総務部長の麻生でございます。12月定例会に提案をさせていただきます議案の概要についてご説明申し上げます。

  本定例会への上程議案は、合計12件を予定しております。内訳といたしましては、専決処分の承認を求める議案が1件、条例の制定及び改廃に伴う議案が5件、平成26年度一般会計を初めとする5特別会計に係る補正予算案が計6件でございます。

  それでは、議案第1号から議案第12号までの提案理由について、その概要をご説明申し上げます。

  議案第1号 専決処分の承認を求めることについて。本案は、平成26年度四街道市一般会計補正予算(専決第1号)について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により提案するものであります。補正内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ35万1,000円を追加し、歳入歳出総額を歳入歳出それぞれ259億607万7,000円とするものであります。

  議案第2号 四街道市学校給食費の管理に関する条例の制定について。本案は、学校給食費の公会計への移行に伴い、学校給食費の管理に関する必要な事項を定めるため提案するものであります。

  議案第3号 四街道市保育所における保育に関する条例を廃止する条例の制定について。本案は、子ども・子育て支援法及び就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の規定に基づき、本条例を廃止するため提案するものであります。

  議案第4号 四街道市一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について。本案は、人事院及び千葉県人事委員会の給与改定に関する勧告に準じ、一般職の職員の給料及び手当の支給額並びに支給割合を改定するため提案するものであります。

  議案第5号 四街道市税条例等の一部を改正する条例の制定について。本案は、千葉県県税条例の一部改正等に伴い、所要の規定を整備する必要が生じたため提案するものでございます。

  議案第6号 四街道市スポーツ推進審議会条例の一部を改正する条例の制定について。本案は、四街道市審議会等に関する指針に基づき、四街道市スポーツ推進審議会の委員構成を変更するため提案するものであります。

  議案第7号 平成26年度四街道市一般会計補正予算(第3号)。本案は、平成26年度四街道市一般会計予算について補正する必要が生じたため、地方自治法第218条第1項の規定により提案するものであります。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億4,830万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260億5,438万2,000円とするものであります。債務負担行為については、市政だより「よつかいどう」印刷製本ほか9件を追加するものであります。

  議案第8号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億284万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ103億9,293万6,000円とするものであります。

  議案第9号 平成26年度四街道市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ759万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億1,225万9,000円とするものであります。

  議案第10号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ43万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,954万7,000円とするものであります。

  議案第11号 平成26年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ15万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億3,634万1,000円とするものであります。

  議案第12号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ233万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億609万円とするものであります。

  以上、本定例会に上程させていただく12議案についてその概要を説明させていただきました。また、昨日18日に内閣総理大臣による衆議院の解散表明があり、21日に解散されたときには急遽選挙に係る予算が必要となることから、専決処分の承認を求める議案1件を議案第13号として追加させていただく予定としております。予定しております議案第13号の概要につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,000万円を追加するものであります。

  なお、議案第13号 専決処分の承認を求めることについてを追加することにより、歳入歳出予算の総額が変更となることから、議案第7号 四街道市一般会計補正予算(第3号)については、11月25日の本会議開会前に差しかえさせていただきます。

  また、最終日に追加議案といたしまして、教育委員会委員の任命に係る人事案件を予定しております。

  次に、議会報告事項といたしまして、記載の2件を予定しております。

  以上、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○吉本貴美子委員長 ありがとうございました。

  続いて、会期日程案について、事務局の説明を求めます。

  金親次長。



◎事務局次長(金親信治) それでは、平成26年第4回(12月)四街道市議会定例会会期日程案についてご説明いたします。

  本定例会の会期日程につきましては、11月25日から12月18日までの24日間となっております。第1日として、11月25日午後1時に開議させていただき、会議録署名議員の指名、会期の決定、施政概要説明、議案審議として提案理由の説明を予定しております。11月26日、27日は、議案調査日として休会とさせていただく予定でございます。

  次に、11月28日は議案審議といたしまして、質疑、常任委員会付託を予定しております。11月29日及び30日は市の休日ですが、これ以降、市の休日については省かせていただきます。

  12月1日は、議案調査日として休会とさせていただく予定でございます。

  次に、12月2日から4日につきましては、各常任委員会を開催する予定です。2日は都市環境常任委員会、3日は教育民生常任委員会、4日は総務常任委員会の開催ということで各委員長と調整させていただきまして、開会時間、こちらの日程案にもお示しさせていただきましたが、各常任委員会とも10時開会と考えております。よろしくお願いいたします。

  次に、12月5日、8日から12日は本会議を午後1時から開議させていただき、一般質問を予定しております。一般質問予定者でございますが、配付してございます一般質問予定者一覧をご参照いただきたいと思います。通告のあった方は18人でありますので、5日、8日から12日まで3人ずつ割り振りとさせていただく予定でございます。

  なお、議会運営委員会終了後に質問の取り消し等が出て、割り振りの人数に変更が生じた場合でも、最終日等の日程の変更は行わない予定としております。

  また、12月15日から17日は議案調査日として休会させていただく予定となっております。なお、12月16日10時からでございますが、議会改革特別委員会を予定しております。

  最後に、12月18日は本会議を午後1時から開議させていただき、議案の総括審議を予定しております。内容といたしまして、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を予定しております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 会期日程及び一般質問予定者の割り振りについてご意見を伺います。

  意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、会期は11月25日から12月18日までの24日間とし、日程については、別紙会期日程案のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で、日程第2、平成26年第4回四街道市議会定例会会期日程等についてを終了いたします。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時48分

                                            

             再開  午後 1時48分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第3、議案の委員会付託割についてを議題といたします。

  本定例会に付議される議案の委員会付託割案について、事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) それでは、本定例会における委員会付託割案につきましてご説明いたします。

  議案第1号につきましては、専決事項の承認を求める議案でございますので、会議規則第37条の運用3の見直しにより、これまでは委員会付託を省略しておりましたが、9月議会より付託することになりましたことから、総務常任委員会に付託を予定しております。また、議案第4号、議案第5号についても総務常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第2号、議案第3号、議案第6号、議案第8号、議案第10号から議案第12号につきましては、教育民生常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第9号につきましては、都市環境常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第7号につきましては、所管の常任委員会に分割付託を予定しております。

  なお、ただいま執行部より説明がありました議案第13号につきましては、総務常任委員会に付託を予定しております。また、最終日の追加議案、教育委員会の委員の任命に係る人事案件につきましては、委員会付託、質疑、討論を省略し、採決を行う予定です。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 よろしいですか。

  ただいま説明のあった委員会付託割について意見を伺います。

  意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、各議案の委員会付託割については、お手元に配付の委員会付託割案のとおりとしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で、日程第3、議案の委員会付託割についてを終了いたします。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時50分

                                            

             再開  午後 1時51分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第4、発議案の取り扱いについてを議題とします。

  では、発議案についてです。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に対し、立憲主義を尊重する立場から慎重な対応を求める意見書の提出について。

  この当該発議案について提出者の説明を求めます。

  提出者、戸田議員。



◆戸田由紀子議員 それでは、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に対し、立憲主義を尊重する立場から慎重な対応を求める意見書の提出についてをご説明させていただきます。もう、これは皆さんも十分ご承知のように、7月1日閣議決定をされました。それに対しまして多くの市民の方、国民の方たちからこの決定に至るまでの経過について疑問の声が上がっております。憲法を擁護する立場の特別職の市議会議員といたしましても、この集団的自衛権の行使容認に対して国のほうへ意見書を提出したいと思いまして、ぜひ皆様のご賛同を得たいと思います。それで、一応内容につきましては、案としてお手元にございますので、これをぜひご理解いただいた上、ぜひ賛成していただき、最終日に全会派賛成の上、国のほうへ提出したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  なお、文面に対しましては、ちょっと案ということですので、いろいろとご意見がございましたら、私のほうへお聞かせいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 次に、当該発議案の取り扱いについて事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に対し、立憲主義を尊重する立場から慎重な対応を求める意見書の提出について、につきましてご説明申し上げます。

  提出者は、戸田由紀子議員、賛成者は斉藤耀一議員です。

  本発議案の取り扱いにつきましては、12月18日木曜日の定例会最終日に上程し、提案理由の説明後、質疑を行い、委員会付託を省略し、討論、採決を行う予定としております。

  なお、全会派の賛成が得られました場合の取り扱いにつきましては、提案理由の説明後、質疑、委員会付託、討論を省略し、採決を行う予定としております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、当該発議案の取り扱いについては、事務局の説明のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で日程第4、発議案の取り扱いについてを終了いたします。どうもご苦労さまでございました。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時54分

                                            

             再開  午後 1時55分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第5、請願の取り扱いについてを議題といたします。

  本定例会前にお手元に配付の請願1件が受理されています。

  初めに、請願第5号 (仮称)四街道市郷土歴史館整備に関する請願。本請願の取り扱いについて事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 請願5号 (仮称)四街道市郷土歴史館整備に関する請願につきまして、ご説明申し上げます。

  本年11月13日付で請願者四街道市鹿渡1200―13、ふるさと四街道の歴史学習会代表、和田孝男氏ほか3名から提出されたものです。紹介議員は、山本裕嗣議員でございます。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本請願の取り扱いでございますが、会議規則第134条の規定により、教育民生常任委員会への付託を予定しております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、本請願の取り扱いについては、事務局の説明のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で日程第5、請願の取り扱いについてを終了いたします。

  日程第6、陳情の取り扱いについてを議題といたします。

  本定例会前にお手元に配付の8件の陳情が受理されています。陳情第5号 戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成する……

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 暫時休憩します。

             休憩  午後 1時57分

                                            

             再開  午後 1時57分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  失礼いたしました。お手元に配付の陳情は7件でございます。7件受理されておりますので、訂正いたします。

  陳情第5号 戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成する意見書提出を求める陳情書。

  陳情第6号 「議員倫理条例」早期制定の陳情。

  陳情第7号 みそらクリーンセンターのダイオキシン類に関する陳情。

  陳情第8号 住宅リフォーム助成制度の継続と助成金の増額を求める陳情書。

  陳情第9号 来年10月からの消費税10%への増税中止を求める陳情。

  陳情第10号 四街道市議会の正常な議事進行を求める陳情。

  陳情第11号 工事請負契約書第45条「履行遅滞の場合における損害金等」に関する陳情について事務局の説明を求めます。

  仲田主査補。



◎事務局主査補(仲田鋼太) 陳情第5号 戦没者御遺骨帰還に関する法律制定の賛成する意見書提出を求める陳情書につきましてご説明申し上げます。

  本年9月22日付で、陳情者、千葉県柏市豊四季714―106、硫黄島遺骨収容団信濃幹事長兼柏市支部長、北島一男氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務に関する事項でないと認められる意見書の提出を求める陳情ですので、原則として参考資料とする取り扱いとなっております。

  陳情第6号 「議員倫理条例」早期制定の陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月11日付で、陳情者、四街道市鷹の台2―32―13、皆川孝壽氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務と認められますので、会議規則第138条、陳情書の処理の規定に基づき、同規則第134条、請願の委員会付託の規定を準用して、議会運営委員会への付託を予定しております。

  陳情第7号 みそらクリーンセンターのダイオキシン類に関する陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月11日付で、陳情者、四街道市みそら4―5―4、田中良太氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務と認められますので、会議規則第138条、陳情書の処理の規定に基づき、同規則第134条、請願の委員会付託の規定を準用して、都市環境常任委員会への付託を予定しております。

  陳情第8号 住宅リフォーム助成金制度の継続と助成金の増額を求める陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月13日付で、陳情者、四街道市千代田5―5―17、矢野吉宏氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務と認められますので、会議規則第138条、陳情書の処理の規定に基づき、同規則第134条請願の委員会付託の規定を準用して、都市環境常任委員会への付託を予定しております。

  陳情第9号 来年10月からの消費税10%への増税中止を求める陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月13日付で、陳情者、千葉県佐倉市石川629、佐倉民主商工会、金丸敏男氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務に関する事項でないと認められる意見書の提出を求める陳情ですので、原則として参考資料とする取り扱いとなっております。

  陳情第10号 四街道市議会の正常な議事進行を求める陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月17日付で、陳情者、四街道市千代田1丁目20―10、多田熙孝氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務と認められますので、会議規則第138条、陳情書の処理の規定に基づき、同規則第134条、請願の委員会付託の規定を準用して、議会運営委員会への付託を予定しております。

  陳情第11号 工事請負契約書第45条「履行遅滞の場合における損害金等」に関する陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年11月17日付で、陳情者、四街道市大日207―1、橋本弘道氏から提出されたものです。内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務と認められますので、会議規則第138条、陳情書の処理の規定に基づき、同規則第134条、請願の委員会付託の規定を準用して、総務常任委員会への付託を予定しております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

  岡田委員。



◆岡田哲明委員 陳情6号。



○吉本貴美子委員長 倫理条例。



◆岡田哲明委員 倫理条例早期制定なのですけれども、うちの会派の代表だからというわけではないのですが、議会改革特別委員会、成田委員長にという個人名が明記されていることで、これの取り扱いについて、ちょっと前例があるかどうかを教えてほしいのですけれども。



○吉本貴美子委員長 個人名がある陳情の取り扱いについての点で。



◆岡田哲明委員 はい。



○吉本貴美子委員長 事務局、どうでしょうか。

  金親次長。



◎事務局次長(金親信治) 済みません、少しお時間をいただきたいのですが。



○吉本貴美子委員長 岡田委員は、次の質問はやっぱりそれが出て。



◆岡田哲明委員 それが出てからで。

  では、ほかの人に聞いて。



○吉本貴美子委員長 ちょっと、ある程度時間、短時間にわかりますか。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 今年度はちょっとないですね、こういったことは。去年、ことしについてはございません。



○吉本貴美子委員長 岡田委員。



◆岡田哲明委員 私、まだ2期なのですが、この6年ぐらいでちょっとこういうケースはなかったので、それ以前の話だと思うのですけれども、個人名が入っていて、本会議でこれを審議するわけです。そうした場合に、どういうふうな。何かなじまないような気がするのですけれども、その辺はどのようなお考えでしょうか。



○吉本貴美子委員長 皆さんのご意見。

          〔「まず、事務局」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 事務局のほうで、その辺で見解ございましたら。

  金親次長。



◎事務局次長(金親信治) 今主幹のほうも答えたように、私も議会事務局にお世話になって今2年目でございます。こちら2年については、このような案件がないと。今岡田委員がおっしゃったように、もう過去6年はこういうような案件がない。私どものほうとしましては、調査してみないと正確なことはわかりませんが、通常今回取り扱い、議会運営委員会への付託をということで今説明をしたのですが、こちらにつきましては、本議会運営委員会皆様のほうでこの内容を吟味していただき、お話ししていただければと思っておりますので、ご了解願います。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 これ陳情第10号にも市橋議長の口述についてが書いてあるのですが、こういう個人名が明記された陳情の取り扱いについては、今のところ前例がないということなので、この議会運営委員会の中で皆さんどういうふうにお考えになるかということだと思いますが。それについて皆様のご意見を伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。

          〔発言する人なし〕



○吉本貴美子委員長 ちょっと、もうちょっと時間を、何分かで。読む時間がないでしょうから、ちょっと時間を。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 2時09分

                                            

             再開  午後 2時14分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  そのほかの方、ご意見ございますでしょうか。

  斉藤委員。



◆斉藤耀一委員 これ、できたら、もう役職名にしておいてもらえれば一番よかったと思うのですが、山本議長にしろ、成田委員長にしろ公職なので、いわゆる一般市民の個人名というのは絶対まずいと思うのだけれども、このケースはやむ得ないのではないのかなと思います。それよりも、私はこの陳情を議運に付託することに疑問を持っているのです。その話ししていいですか。



○吉本貴美子委員長 はい、いいです。



◆斉藤耀一委員 成田委員長が議会報告会、ここで、この提出者に対してではないのですけれども、たびたび倫理条例についての要求を受けています。そのたびに今議会改革特別委員会に慎重に協議しているという説明しているわけです。これを、例えば議運がこれを付託されたときに結論が出せるのかという疑問が。本当は、これ受け付けてほしくないというのが正直なところですけれども、いかがでしょうか。



○吉本貴美子委員長 この陳情は速やかな制定を求めるということなので、それに対してイエスなのかノーなのかと。実際に進める、つくるとなったときに、では議会改革特別委員会に付託するのか、政治倫理条例特別委員会というのを新たにつくるのかということも含めて、やはり実行する委員会はまた別のものだというふうに考えていまして、この速やかに制定するという陳情に対してイエスなのか、ノーなのかというところではやはり議運に諮るべきだろうというふうに思って皆様に上程しているわけなのですが。議会側というか、成田委員長は、何度もそのことはおっしゃるとおり発言なさっているので、それは間違いないと思うのですが、それにもかかわらずこういう陳情が出てきたときに、それを先ほど事務局がおっしゃったように、受け取らないというわけにもいかないと思いますが。



◆石山健作委員 1ついいですか。



○吉本貴美子委員長 石山委員。



◆石山健作委員 この6号、実は20日ぐらい前ですか、私のうちにも怪文書、似たようなのが入っていまして、文書がほぼ同じような文書なのです。例えば上から8行目、市税を滞納する者、居眠りの常習犯と。これ個人名載っていました。一般質問ほとんどしない人、個人名載っていました。それで差出人が傍聴有志と書いてあったのです。傍聴有志と名が載っていました。今度は、これ皆川さんというのが陳情者ですよね。



○吉本貴美子委員長 はい。



◆石山健作委員 そうすると、ではこの皆川さんという人が出したということでよろしいですか。



○吉本貴美子委員長 それは、わかりません。



◆石山健作委員 だから、そういうふうになってしまうから。

          〔何事か言う人あり〕



◆石山健作委員 だから、その傍聴、同じような文で、それで傍聴有志というようなことで手紙が来て、こう何人かいます。それで、何やっているのだと私は思ったのですが、個人名がその手紙には載っていました。今回とまるっきり同じようなこういう文書載ってくるというようなことで、これ議会運営委員のときというのはどのようにとるのか。私はちょっとそれ疑問に思うのですが。



○吉本貴美子委員長 文書の内容については、付託が決まった中でまたご議論いただいて賛成するか、反対するかということになると思うのですけれども、ただ今回はご存じのように取り扱いだけなので、そんなので、これ個人名が入っている、成田委員長がもう既に言っているというようなことも含めて考えたときに、早期制定に対してのどうなのかというようなお願いする陳情なので、その辺は受けざるを得ないかなという気はするのですが、付託して審議すべきだというふうに私自身は思うのですが。まあ、いろんな疑問点はありますけれども。

  石山委員。



◆石山健作委員 ただ、これを議会に出しましたと、最終日採決とりましたと。いや、これに反対した議員は、誰です、誰です、賛成した議員は誰と誰ですと名前載せるのが私は彼らの第一の目的ではないかと私は思いまして、それに対して全部これからいろいろ全て陳情を受け付けれるのかという話も出てきますよね、これ。



○吉本貴美子委員長 気持ちわかりますけれども。



◆石山健作委員 例えば、今回こういう資料出てきたのだけれども、では一応議運でわかりましたと。その議運の中で、いや、これは議会改革委員会にこの陳情をお願いしたということで議会改革のほうで考えていますので、ぜひ陳情はどうでしょうかというようなことも入れるのかどうかです。取り下げることができるのか。例えばの話です。



○吉本貴美子委員長 それは、できるでしょう。皆さん、ここで。

  ちょっと暫時休憩します。

             休憩  午後 2時20分

                                            

             再開  午後 2時31分



○吉本貴美子委員長 では、再開します。

  ご意見ございますでしょうか。

  山本委員。



◆山本裕嗣委員 この件については、ちょっと文章的にも問題がある。内容については、賛成ですけれども、もう中身についてはちょっと問題点があるので、議長に預かっていただいて検討していただければと思います。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 今山本委員のほうから議長預かりというようなご意見がございました。ほかにご意見ございますでしょうか。

  どうぞ、宮崎副議長。



◎宮崎昭彦副議長 同じ問題がこれ陳情10号にも言えるのですよね、個人名が。

          〔何事か言う人あり〕



◎宮崎昭彦副議長 別にやるの。



○吉本貴美子委員長 では、この陳情6号についてですけれども、あえてほかにご意見ございますでしょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、陳情6号については議長預かりとしたいと思いますが、ほかにこの陳情7件出ておりますが、皆様ご意見ございますでしょうか。ほかのことで。この6号以外。

  どうぞ、宮崎副議長。



◎宮崎昭彦副議長 済みません。副議長で申しわけないのですけれども、今陳情6号の話はよくわかりまして、議長預かりごもっともだと思うのですが、同じようにこの10号もやっぱり個人名が出ていまして、こういうものが今後まかり通りますと、議員間でこんなことがあり得るわけです。どこかの市では個人名の出たものは取り扱わないというふうに定めているところもあるそうなので、同じく10号も非常に苦しいですけれども、やるのだったら議長預かりにしてください。これも10条もおかしいですよ、あえて言えば。



○吉本貴美子委員長 ただいま宮崎副議長のほうから、陳情10号についての取り扱いのご意見をいただきました。ほかにご意見ございますでしょうか。

  長谷川委員。



◆長谷川清和委員 ちょっと事務局に聞きたいのですけれども、この内容をばっばっとしか見ていないからわからないのだけれども、要は議長の議会の進行がまずいということで書いてあると思うのですけれども、この文章にとってやっぱり正しいか、正しくないという言葉は聞いてもあれなのだけれども、その流れについてこれは正しい流れなのかどうか、ちょっと聞いてみたいのだけれども。前例があるのか。



○吉本貴美子委員長 ちょっと審議に入ってしまいますが。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 先例について申し上げますけれども、通常動議について平成24年までは議会運営委員会で取り扱いとかを諮って、本会議で日程に追加するかどうかの採決を行っておりました。25年からですか、議会運営委員会で日程追加の採決を行うようになりまして、さらに本会議で日程追加の採決を行うということになっております。今回の9月議会では、25年度の先例に倣ったとおり、議会運営委員会で1回採決しまして、さらに本会議のほうで採決という形で前年度に倣った形でやっております。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 日程に追加を本会議で諮ったということですね。

  どうぞ、金親次長。



◎事務局次長(金親信治) 今主幹のほうの説明と、今陳情第10号の後半部分、117条違反ではないかという、違法行為ではないかということなのですが、9月議会最終日こちらの議会運営委員会で、あくまでも動議に対して日程の追加を皆さんにお諮りしたわけでございます。大変これ事務局の言いわけととられるかもしれませんが、日程の追加を諮って本会議に戻して、あのとき実は再開が16時55分なのです。いわゆる議会の延長、時間をまず延長しないといけなかったので、まずその関係で慌ただしい中で、私どもも森本議員、確かに私はこれ入場できない、入室できないよねという確認はされましたが、あくまでも日程の追加を諮っただけだったので、その採決を議場では私どものほうはそう思っていなかったので、本人の退室ですね。会議時間の延長して、それでその後また戻る、また戻って審議をする、いろいろケースがあるのですけれども、そのまますぐ採決を行ってしまう。ただし、日程の追加の採決、それをとったので、私はこのおっしゃる違反とは、確かに本人は議場にいました。それは、議場また議会に入る退室命令いろいろあるかもしれませんけれども、あくまでも日程の追加諮っただけだったので、その議員辞職勧告をする採決ではないので、日程の追加を諮るということであって退室しなかったのではないかと、議長のほうも退室命令を出さなかったのではないかと、このように解釈しているわけでございますので。いや、それでは違うとおっしゃられるのでしたら、いろいろあるのですが、内容としてはこういう今、まず先例、今までの先例にあったということと、117条の違反はその違反行為のその判断が少し難しいところではないかなと、このように思っております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 内容的な審議は、付託されればそこで議論されると思うのですが、先ほど宮崎副議長のご意見というのは個人名が出ているものに対しては、議長預かりどまりというようなご意見がいいのではないかというようなご意見だったと思うのです。先ほども陳情の個人名が出ておりまして、これは公職にある者の個人名なので構わないのではないかというようなご意見の中で、個人名は理由から外されたのですけれども、あえてこの陳情第10号に対してどういうふうにまた考えるかということは、皆様のご議論次第だというふうに思います。

  内容は、ちょっと置いておいても、これを付託して審議するのか、また違った方法があれば、そういうようなことも模索していかないといけないと思いますので、ご意見をいただきたいと思います。

  何かご意見ございますでしょうか。いただかないと進まないのですが。

  はい、清水副委員長。



◆清水清子副委員長 後ろから4行目の違法行為が四街道市議会でまかり通っている現状とあるのですけれども、具体的にこんな違法行為がまかり通っている事例というのはあるのですか。

          〔「わからないでしょう」「書いた本人に聞かなければ」

            と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 お答えできます。

  金親次長。



◎事務局次長(金親信治) この陳情者が議会運営に精通している方で、ここ数年おかしいのではないかという疑問等も、もし感じていたとするならば、そのようになのですが。私たち、この議会提要、会議規則等々、また今議事担当のほうが、主幹のほうからも言ったように先例等を見て行っておりますので、違法行為とは思っておりません。

  以上です。



◆長谷川清和委員 では、ちょっと1点聞いていいですか。



○吉本貴美子委員長 長谷川委員。



◆長谷川清和委員 先ほども次長が言われたのですけれども、この下の4行目のところに地方自治法第109条の2第4項及び第117条に違反でありと書いてあるのだけれども、これは違反か、違反かではないか、ちょっと、ではそれだけ聞いておきます。



○吉本貴美子委員長 金親次長。



◎事務局次長(金親信治) 個人的な意見としては、違法ではないと思っております。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 十分な議論をするというのが前提なのですが、3時から特別委員会があるので……

          〔「何があるの3時から」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 市庁舎の特別委員会があるのです。ですから、皆さんご協力をよろしくお願いします。

          〔「こっちが優先だよ」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 もちろん。ですから、ご協力をよろしくお願いします。



◆山本裕嗣委員 ちょっといい。



○吉本貴美子委員長 山本委員。



◆山本裕嗣委員 金親次長、違法ではないと思っておりますと言うけれども、違法ではないのでしょう。そこのところはっきり明言していただかないと、今までやっていることが全て違法だととられても、違法と思われるようなことがあっては大変。



○吉本貴美子委員長 金親次長。



◎事務局次長(金親信治) 失礼いたしました。違法ではないと。



○吉本貴美子委員長 です。

          〔「違法ではなければ」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 取り扱いなのですが、いかがいたしましょうか。



◆石山健作委員 さっき委員長、陳情6号と同じさっき内容云々といったら、これも内容云々言っているけれども、取り扱いどうするのだという話になる。



○吉本貴美子委員長 そうなのです。



◆石山健作委員 内容、どうでもいいよ。取り扱いのところで内容検討するのだから。



○吉本貴美子委員長 そうなのです。ですから、はっきり言って付託して審議するのか、いわゆる議長預かりにするのか、再度出してもらうのかとかいうようなことになるのだというふうに思いますが、これ十分な議論をしておりますので、申しわけないです。

  それなので皆様のご意見伺いたいと思いますが。

          〔「付託先どこだ、これ」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 これ議運です。ここです。

  斉藤議員。



◆斉藤耀一委員 大変盛り上がっている。早く終わらせなければいけないので、協力するのだけれども、議運に付託して、今の陳情を念入りにやったらどうなのですか、と思いますけれども。



○吉本貴美子委員長 そうですね。私もそう思います。

  ほかに。今斉藤委員のほうから積極的なご意見いただきましたけれども、いかがでしょうか。

  よろしいですか。ほかの陳情に関してもご意見いただけたらと思いますが。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないですね。では、ないようですので、本陳情7件の取り扱いについては、陳情第6号は、議長預かりといたします。しかし、それ以外の陳情6件については、事務局の説明のとおりとしたいと思います。これにご異議ございますでしょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で日程第6、陳情の取り扱いについてを終了いたします。

  日程第7、選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。

  事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) それでは、選挙管理委員会委員及び補充員の選挙につきましてご説明申し上げます。

  選挙管理委員会委員及び補充員は、地方自治法第182条の規定において、選挙権を有する者のうちから、議会においてこれを選挙することとなっております。

  お手元に配付の資料のとおり、本市選挙管理委員会委員及び補充員が、来年1月10日をもって任期満了となる通知を選挙管理委員会委員長より受けましたので、今定例会において新たな選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行うものです。取り扱いとしましては、会議規則関係を除く運用により、「選挙管理委員会委員及び補充員の選挙は、指名推選により行う。」こととなっております。会派代表者会議及び前回同様に全員協議会においてご協議いただき、ご承諾いただけましたら、最終日の本会議において指名推選による選挙を行う予定としております。

  この指名推選において、当選人として認定されるためには、全会一致が必要となりますことを申し添えさせていただきます。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、事務局の提案のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で日程第7、選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを終了いたします。

  日程第8、四街道市議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 四街道市議会議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の取り扱いについてご説明申し上げます。

  改正を行う場合には、議会運営委員会を構成している議員が発議者となり、発議案の議決を行う予定となっております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

  ないようですので、事務局提案のとおりとしたいと思いますが。



◆斉藤耀一委員 事務局提案とあったのですか。条例を改正するのであれば、議運が発議者だということではないですか。



○吉本貴美子委員長 そうです。そういう内容の。



◆斉藤耀一委員 では、発議をするしないの話ではないでしょう。



○吉本貴美子委員長 ないです。提案という言葉が間違っていますね。



◆斉藤耀一委員 と思います。



○吉本貴美子委員長 済みません。事務局の説明のとおりとしたいと思いますけれども、よろしいでしょうかということですか。

          〔「いいのではないですか」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご意見は、ちょっとあえてございますか。ないですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 では、ないようですので。

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 暫時休憩します。

             休憩  午後 2時49分

                                            

             再開  午後 2時54分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  以上でご意見はないようですので、事務局の意見のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  以上で日程第8、四街道市議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを終了いたします。

  日程第9、その他を議題といたします。本日までに会派に変更が生じています。この件について事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) それでは、市川議員の議員辞職に伴い、議会運営委員会で1名欠員となっております。議会運営委員会におきましては、定数を満たすまで定例会開会前に議長から指名を行い、本会議で報告を行う予定です。委員の選出につきましては、現在5人会派の創志会が3人、3人会派の四街道21が2人、新清が2人、みらいクラブ、市民くらぶ、公明党が各1人となっております。

  このことから、みらいクラブ、市民くらぶ、公明党の3会派より1人を選出をお願いしたいと思います。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 というとおりです。ただいまの説明に対し、ご意見はありませんでしょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 意見がないようですので、事務局の説明のとおりとしたいと思います。これに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

  ほかに何かご意見はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようでしたら、ちょっといいですか。

  視察の件なのですが、資料を配付してください。

          〔資料配付〕



○吉本貴美子委員長 小林主幹に随分ご努力いただきまして、やっと決まりました。

          〔「お疲れさま」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 もう断られ、断られ。

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ということなので、資料もお配りしますので、12月議会中に資料配れますよね。

          〔「はい」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 何か質問事項ございましたら、積極的に事務局に提出していただいて充実した視察をしたいと思います。日程につきましては、ごらんのとおりでございますので、ちょっといろいろわからないことがあったらまた後でということでよろしいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ほかにご意見。

  どうぞ、1つ。



◆鈴木陽介委員 この中に入った資料で、みそら小こどもルームのこの再発防止策というのが入っていたのですけれども、これは参考資料。違うか、これごめんなさい、こっちだ、こっち。ごめんなさい、失礼しました。こっち。失礼しました。



○吉本貴美子委員長 ほかにご意見ございますでしょうか。

  ないですか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 皆様のご協力で3時前に終わりました。

  以上をもちまして、本日の日程は全て終了いたしました。

  どうもお疲れさまでございました。これにて閉会します。

             閉会  午後 2時57分