議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 四街道市

平成26年  議会運営委員会 08月26日−12号




平成26年  議会運営委員会 − 08月26日−12号







平成26年  議会運営委員会





                 議会運営委員会日程

                                  平成26年8月26日
                                  第 一 委 員 会 室

開  会
日程第1 平成26年第3回(9月)四街道市議会定例会会期日程等について
日程第2 議案の委員会付託割について
日程第3 発議案の取り扱いについて
日程第4 請願の取り扱いについて
日程第5 陳情の取り扱いについて
日程第6 決算審査特別委員会設置要領(案)について
日程第7 その他
閉  会
                                            
出席委員(10名)
    委 員   市  川  尚  史        委 員   鈴  木  陽  介
    委 員   中  島  康  一        委 員   清  水  清  子
    委 員   斉  藤  耀  一        委 員   岡  田  哲  明
    委 員   山  本  裕  嗣        委 員   吉  本  貴 美 子
    委 員   石  山  健  作        委 員   清  宮  一  義

欠席委員(1名)
    委 員   長 谷 川  清  和

委員外議員(2名)
    議 長   市  橋  誠 二 郎        副議長   宮  崎  昭  彦

説明のため出席した人
  副 市 長   武  富  裕  次      総 務 部長   麻  生  和  雄
  総務部次長   本  田  耕  資      総 務 課長   谷  嶋  み か お

出席した事務局職員
  事 務 局長   林  田  良  一      局 次 長   金  親  信  治
  主   幹   小  林     武      主 査 補   仲  田  鋼  太
  副 主 査   藤  井  康  行



             開会  午後 1時30分



○吉本貴美子委員長 ただいまの出席委員10名、定足数に達していますので、これより議会運営委員会を開会いたします。

  本日の日程につきましては、お手元に配付の日程表のとおりです。

  日程第1、平成26年第3回四街道市議会定例会会期日程等についてを議題とします。

  本定例会に付議される議案について、提出者の説明を求めます。

  麻生総務部長。



◎総務部長(麻生和雄) 総務部長の麻生でございます。それでは、平成26年第3回四街道市議会定例会に提案させていただきます議案の概要につきましてご説明を申し上げます。

  本定例会への上程議案は、合計20件を予定しております。内訳といたしましては、事務組合規約に係る協議議案が1件、条例の制定及び一部改正を行う議案が4件、工事請負契約の変更契約の締結議案が1件、平成26年度一般会計補正予算及び各特別会計補正予算案が6件、平成25年度一般会計及び各特別会計歳入歳出決算並びに水道事業会計決算の認定議案が8件でございます。

  それでは、議案第1号から議案第20号までの提案理由につきまして、その概要をご説明申し上げます。

  議案第1号 千葉市ほか10市1町8一部事務組合消防指令事務協議会規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について。本案は、千葉市ほか10市1町8一部事務組合消防指令事務協議会規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、地方自治法第252条の6の規定により提案するものでございます。

  議案第2号 四街道市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について。本案は、子ども・子育て支援法の規定に基づき、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営基準に関する必要な事項を定めるため提案するものでございます。

  議案第3号 四街道市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について。本案は、子ども・子育て支援法及び就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の規定に基づき、家庭的保育事業等の運営等の基準に関する必要な事項を定めるため提案するものでございます。

  議案第4号 四街道市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について。本案は、子ども・子育て支援法及び就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の規定に基づき、放課後児童健全育成事業の運営等の基準に関する必要な事項を定めるため提案するものでございます。

  議案第5号 四街道市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について。本案は、地方税法施行令の改正に伴い、後期高齢者支援金等課税額及び介護納付金課税額の限度額を改定するため提案するものでございます。

  議案第6号 工事請負契約の変更契約の締結について。本案は、四街道市立栗山小学校改築工事(建築)において、労務単価等の変動により工事請負契約書第25条第6項に基づき、請負代金額の変更契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により提案するものでございます。

  議案第7号 平成26年度四街道市一般会計補正予算(第2号)。本案は、平成26年度四街道市一般会計予算について補正する必要が生じたため、地方自治法第218条第1項の規定により提案するものでございます。

  補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7億2,200万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ259億572万6,000円とするものでございます。

  継続費については、四街道雨水幹線改修事業を追加するものでございます。

  債務負担行為については、地域づくりコーディネーター業務委託外3件を追加するものでございます。

  地方債については、防災備蓄倉庫整備事業外1件の限度額を変更するものでございます。

  議案第8号 平成26年度四街道市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ619万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ102億9,009万6,000円とするものでございます。

  債務負担行為については、集団特定検診・健康診査等業務委託を設定するものでございます。

  議案第9号 平成26年度四街道市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,966万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億466万2,000円とするものでございます。

  議案第10号 平成26年度四街道市障害者就労支援センター事業特別会計補正予算(第1号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ198万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,998万3,000円とするものでございます。

  議案第11号 平成26年度四街道市介護保険特別会計補正予算(第1号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,278万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億3,618万6,000円とするものでございます。

  議案第12号 平成26年度四街道市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。補正の内容は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ415万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億375万1,000円とするものでございます。

  次に、議案第13号から議案第19号までは、平成25年度一般会計及び各特別会計歳入歳出決算の認定に係る議案で、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見書をつけて議会の認定に付するものでございます。

  続きまして、議案第20号 平成25年度四街道市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定につきましても、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見書をつけて議会の認定に付するものでございます。

  以上、本定例会に上程させていただきます20議案につきまして、その概要を説明させていただきました。

  また、最終日に追加議案といたしまして、固定資産評価審査委員会委員2名の選任に係る人事案件を予定しております。

  次に、議会報告事項といたしまして、記載の4件を報告させていただくものでございます。

  以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○吉本貴美子委員長 続いて、会期日程案について、事務局の説明を求めます。

  金親次長。



◎事務局次長(金親信治) それでは、事務局で作成いたしました平成26年第3回(9月)四街道市議会定例会会期日程案についてご説明いたします。

  本定例会の会期日程につきましては、9月1日から9月30日までの30日間となっております。

  第1日として、9月1日午後1時に開議させていただき、会議録署名議員の指名、会期の決定、施政概要説明、議案審議として提案理由の説明を予定しております。

  次に、9月3日は、議案審議といたしまして、質疑、常任委員会付託、決算審査特別委員会の設置及び付託を予定しております。

  なお、設置後、本会議を休憩いたしまして、委員の指名、正副委員長の互選、設置要領についてご協議をいただく予定です。

  次に、9月4日、5日及び8日につきましては、各常任委員会を開催する予定です。4日は都市環境常任委員会、5日は教育民生常任委員会、8日は総務常任委員会の開催ということで、各委員長と調整させていただきたいと考えております。

  次に、9月9日から12日、16日、17日は、本会議を午後1時から開議させていただき、一般質問を予定しております。一般質問予定者でございますが、配付してございます一般質問予定者一覧をご参照いただきたいと思います。通告のあった方は17名でありますので、9日は2名、10日から12日まで及び16日、17日は3名の割り振りとさせていただく予定でございます。

  なお、議会運営委員会終了後に質問の取り消し等が出て、割り振りの人数に変更が生じた場合でも、最終日等の日程の変更は行わない予定としております。

  また、9月18日は、議案調査日としております。

  次に、9月19日、22日、24日及び25日につきましては、決算審査特別委員会を開催する予定でございます。

  9月26日、29日が議案調査日として休会になっているのですが、ここで日程案のところ、備考欄ですね、丸印をつけさせていただいてあります。こちらは今定例会中の特別委員会開催可能日として表記させていただいておりますので、各委員長、また議長並びに事務局のほうと相談して特別委員会の可能日ということで表示させていただきました。

  最後に、9月30日は、本会議を午後1時から開議させていただき、議案の総括審議を予定しております。内容といたしまして、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を予定しております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 会期日程及び一般質問予定者の割り振りについて意見を伺います。

  意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、会期は9月1日から9月30日までの30日間とし、日程については、別紙会期日程案のとおりとしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第1、平成26年第3回四街道市議会定例会会期日程等についてを終了します。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時45分

                                            

             再開  午後 1時45分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第2、議案の委員会付託割についてを議題とします。

  本定例会に付議される提案の委員会付託割案について、事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) それでは、本定例会における委員会付託割案につきまして、ご説明申し上げます。

  議案第1号につきましては、組合関連の協議事項でございますので、会議規則第37条の運用3の見直しにより、これまでは委員会付託を省略しておりましたが、今回から付託することとなりましたことから、総務常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第2号から議案第6号、議案第8号、議案第10号から議案第12号につきましては、教育民生常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第9号につきましては、都市環境常任委員会に付託を予定しております。

  続きまして、議案第7号につきましては、所管の常任委員会に分割付託を予定しております。

  続きまして、議案第13号から議案第20号の決算認定議案につきましては、設置予定でございます決算審査特別委員会への付託を予定しております。

  また、先ほど総務部長から説明がありました最終日提出予定の追加人事議案につきましては、会議規則第37条の運用3によりまして、質疑、委員会付託、討論を省略し、採決を行う取り扱いとなっております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいま説明のあった委員会付託割について意見を伺います。意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、各議案の委員会付託割については、お手元に配付の委員会付託割案のとおりとしたいと思います。これにご異議ありませんか。 

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第2、議案の委員会付託割についてを終了します。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時48分

                                            

             再開  午後 1時48分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第3、発議案の取り扱いについてを議題とします。発議案第4号 住民投票を教訓とし住民主体の市政を推進する条例を廃止する条例の制定について。

  初めに、当該発議案について、提出者の説明を求めます。

  どうぞ、成田議員。



◎成田芳律議員 お忙しい中、大変恐縮でございます。今回の発議案第4号として、先ほど委員長からご説明ございました住民投票を教訓とし住民主体の市政を推進する条例を廃止する条例の制定についての発議、ご提案をさせていただきました。提案理由といたしましては、上記の記載の形ではございますが、恐らく定例会最終日に上程をさせていただくことが今までの通例でございました。その間にこの提案理由の中で何かこういったことがあればと、またそれ以外につきましてもご指導いただきまして、皆様方のご賛同をいただけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

  雑駁ではございますが、以上でございます。



○吉本貴美子委員長 次に、当該発議案の取り扱いについて、事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 発議案第4号 住民投票を教訓とし住民主体の市政を推進する条例を廃止する条例の制定についてにつきましてご説明申し上げます。

  提出者は、成田芳律議員、賛成者は、清宮一義議員です。本発議案の取り扱いにつきましては、9月30日水曜日の定例会最終日に上程し、提案理由の説明後、質疑を行い、委員会付託を省略し、討論、採決を行う予定としております。

  なお、全会派の賛成が得られました場合の取り扱いにつきましては、提案理由の説明後、質疑、委員会付託、討論を省略し、採決を行う予定としております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、当該発議案の取り扱いについては、事務局の説明のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時51分

                                            

             再開  午後 1時52分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  発議案第5号 子宮頸がん予防ワクチンについて接種者の追跡調査と副反応被害者の救済を求める意見書の提出について。

  初めに、当該発議案について、提出者の説明を求めます。

  戸田議員。



◎戸田由紀子議員 では、よろしくお願いいたします。発議案第5号、これは国への意見書の提出を求めるものでございます。それで、一応3点ほど要望項目が書いてあります。それを国へぜひ実施してほしいということで、一刻も早い原因究明と被災者の救済が求められていることから、国民の健康と安全を守るために、また拡大する国民の不安を解消するため、国への意見書提出を提案するものですということですので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。



○吉本貴美子委員長 次に、当該発議案の取り扱いについて、事務局の説明を求めます。

  小林主幹、どうぞ。



◎事務局主幹(小林武) 発議案第5号 子宮頸がん予防ワクチンについて接種者の追跡調査と副反応被害者の救済を求める意見書の提出についてご説明申し上げます。

  提出者は、戸田由紀子議員、賛成者は、斉藤耀一議員です。本発議案の取り扱いにつきましては、9月30日水曜日の定例会最終日に上程し、提案理由の説明後、質疑を行い、委員会付託を省略し、討論、採決を行う予定としております。

  なお、全会派の賛成が得られました場合の取り扱いにつきましては、提案理由の説明後、質疑、委員会付託、討論を省略し、採決を行う予定としております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、当該発議案の取り扱いについては、事務局の説明のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第3、発議案の取り扱いについてを終了します。

  暫時休憩します。

             休憩  午後 1時54分

                                            

             再開  午後 1時55分



○吉本貴美子委員長 再開します。

  日程第4、請願の取り扱いについてを議題とします。

  本定例会前にお手元に配付の請願3件が受理されています。

  初めに、請願第2号 「国における平成27(2015)年度教育予算拡充に関する意見書」採択に関する請願書について、本請願の取り扱いについて、事務局の説明を求めます。

  仲田主査補。



◎事務局主査補(仲田鋼太) 請願第2号 「国における平成27(2015)年度教育予算拡充に関する意見書」採択に関する請願書につきましてご説明申し上げます。

  本年8月14日付で、請願者、千葉市中央区中央4―13―10、千葉県教育会館子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体千葉県連絡会会長、関山邦宏氏から提出されたものです。紹介議員は、広瀬義積議員でございます。

  内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本請願の取り扱いでございますが、会議規則第134条(請願の委員会付託)の規定により、教育民生常任委員会への付託を予定しております。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、本請願の取り扱いについては、事務局の説明のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  次に、請願第3号 「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択に関する請願書について、本請願の取り扱いについて、事務局の説明を求めます。

  仲田主査補。



◎事務局主査補(仲田鋼太) 請願第3号 「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択に関する請願書つきましてご説明申し上げます。

  本年8月14日付で、請願者、千葉市中央区中央4―13―10、千葉県教育会館子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体千葉県連絡会会長、関山邦宏氏から提出されたものです。紹介議員は、広瀬義積議員でございます。

  内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本請願の取り扱いでございますが、会議規則第134条(請願の委員会付託)の規定により、教育民生常任委員会への付託を予定しております。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、本請願の取り扱いについては、事務局の説明のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  次に、請願第4号 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出を求める請願書について、本請願の取り扱いについて、事務局の説明を求めます。

  仲田主査補。



◎事務局主査補(仲田鋼太) 請願第4号 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出を求める請願につきましてご説明申し上げます。

  本年8月19日付で、請願者、四街道市大日191―12、高山慎一郎氏外2名から提出されたものです。紹介議員は、石山健作議員でございます。

  内容につきましては、お手元の資料をご参照ください。

  本請願の取り扱いでございますが、会議規則第134条(請願の委員会付託)の規定により、総務常任委員会への付託を予定しております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、本請願の取り扱いについては、事務局の説明のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第4、請願の取り扱いについてを終了します。

  日程第5、陳情の取り扱いについてを議題とします。

  本定例会前にお手元に配付の2件の陳情が受理されています。陳情第3号 軽度外傷性脳損傷の周知、及び労災認定基準の改正などを求める陳情、陳情第4号 集団的自衛権の行使について国民的な合意と慎重な対応を求める国への意見書提出に関する陳情書について、事務局の説明を求めます。

  仲田主査補。



◎事務局主査補(仲田鋼太) 陳情第3号 軽度外傷性脳損傷の周知、及び労災認定基準の改正などを求める陳情につきましてご説明申し上げます。

  本年8月12日付で陳情者、大阪府東大阪市六万寺町3―12―33、軽度外傷性脳損傷仲間の会代表、藤本久美子氏から提出されたものです。内容につきましてはお手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務に関する事項でないと認められる意見書の提出を求める陳情ですので、原則として参考資料とする取り扱いとなっております。

  続きまして、陳情第4号 集団的自衛権の行使について国民的な合意と慎重な対応を求める国への意見書提出を求める陳情書につきましてご説明申し上げます。

  本年8月20日付で陳情者、四街道市めいわ3―23―11、井本秀史氏から提出されたものです。内容につきましてはお手元の資料をご参照ください。

  本陳情の取り扱いでございますが、市の事務に関する事項でないと認められる意見書の提出を求める陳情ですので、原則として参考資料とする取り扱いとなっております。

  以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

  どうぞ、鈴木委員。



◆鈴木陽介委員 陳情第4号についてちょっと伺いたいのですけれども、これは国に対する意見書を市議会として出してくださいというものなのですけれども、参考資料でこのまま終わってしまう場合と、実際に本会議等で取り扱われる場合でどう違うのかというか、意見書を国に提出してくださいというものが本会議に諮られて何か採決がなされるのであれば、採決になったら意見書を出さなければいけないということなのか、参考資料でもその効力は生じているのか。



○吉本貴美子委員長 小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 参考資料でこの陳情を各議員に配付しまして、その中で議員のほうから発議案として出していただいた場合には、発議案で採決して通れば国のほうに意見書を提出するという取り扱いになっております。

  以上です。



○吉本貴美子委員長 鈴木委員。



◆鈴木陽介委員 ということは、これをどこの委員会へかけるかというのは非常に難しいと思うのですけれども、そういう俎上にのらなくても参考資料として配られて、それを発議案で出すしかない。そうですよね。いずれにしろ一緒ということですか。



○吉本貴美子委員長 どうぞ、小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 発議案で出していただく形になります。



○吉本貴美子委員長 鈴木委員。



◆鈴木陽介委員 この課題について、課題ではないか、この内容については、いろんな市議会で結構意見書が出されたり議論がなされていると思うのですけれども、非常に国民的な議論が必要なところで、市にとっても結構関係あることだと僕は思うのですけれども、参考資料のままでいいのかどうなのかということをできれば議論していただきたいなと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○吉本貴美子委員長 鈴木委員のほうから、この陳情に関して、参考資料の取り扱いで、事務局の説明どおりでいいのかどうかというご提案がございました。それについて、皆様、ご意見をいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

          〔発言する人なし〕



○吉本貴美子委員長 例えばこの陳情書が採択、賛成されたとしても、この文章が国の意見書として提出されるのかといったらどうなのでしょうね。その辺も含めて、皆様、ご議論というかご意見をいただきたいと思います。

  それと、あとこの参考資料という、この陳情書を参考にして発議案、発議案が出されますともう一回議会運営委員会を開くわけですけれども、その中で取り扱いについてはまた議会運営委員会で決めなくてはいけませんが、質疑、討論ができるということがプラスアルファされると思いますが、いかがでしょうか。



◎戸田由紀子議員 意見はいいのですよね、言って。



○吉本貴美子委員長 どうぞ、戸田議員。



◎戸田由紀子議員 では、代理の者ですけれども、発言させていただきます。今のこの陳情4号、陳情書の内容を読ませていただきまして、この集団的自衛権の行使、陳情項目ですよね、行使について国民的な合意というのは、これからいろいろと出てくるであろう関連法案について、国民的な合意と慎重な対応を求める意見書を国に提出するというふうにも、意味にもとれるのですが、その辺はどういうふうにこれ皆様、それとも今もう閣議決定されてしまった、そのことに関して、もう一度国民的な合意と慎重な対応を求める意見書をまた国に出してくださいというふうな意味なのか、ちょっとその辺が私わかりかねるのですが。両方ちょっと読み取れるような気がして。



○吉本貴美子委員長 その内容については、紹介議員の方がいらっしゃれば、そのところで確認ができるのですけれども、いらっしゃらないので、細かな文章の意味合いというのは、ここでお答えする人がいないということですね。ここで言いたいのは、やっぱり意見書を国に提出してくださいということなので、ちょっと内容については確認がとれないということになりますが。

  清宮委員。



◆清宮一義委員 確認がとれないのを国に出すということですか、先ほどの話、何だか詳しくわからなかった、言っていることがわからないのだけれども、確認のとれない文章を鈴木委員のほうでこれを国に出しなさいということですか。



○吉本貴美子委員長 鈴木委員、どうぞ。



◆鈴木陽介委員 この陳情書をそのまま読むと、市が市議会として何か発議案をしてくださいと、国に対して意見書を書いてくださいという内容だと思うのです。この文章から発議者がその内容を酌み取って書けば、私はいいのではないかなと思うのですけれども。この文章をそのまま書くと、私もよくわからないので、恐らくちゃんとその提出者、提出する人がもしいるのだったら、提出者がいろんな質疑とかに答えながら、どういう思いで書いたのかというのをしっかり発言する中でそれは明確になるので、そこはこの陳情者と話ができれば一番いいのでしょうけれども。



◆清宮一義委員 では、請願か何かに直すということ。



◆鈴木陽介委員 いや、これを受けて発議として提出、どなたかが提出者となって議員発議で出せれば、恐らくこの陳情の意を酌み取ることにはなるのではないかなと思う。

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 暫時休憩します。

             休憩  午後 2時09分

                                            

             再開  午後 2時12分



○吉本貴美子委員長 再開いたします。

  この陳情第4号の取り扱いに関しましては、事務局のとおり参考資料といたしまして、その後のその対応については、参考資料をもとに請願という一つの選択肢もあるかもしれませんけれども、発議という流れも、議員発議という流れもあります。その場合は改めてまた議会運営委員会を開いて取り扱いを決めるということをご了承いただくということになりますが、そのように……。

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 いろいろありますので、その辺は会派でご議論いただきたいと思いますが、そのようにしたいと思いますが、第4号に関してよろしいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 では、第3号についてはご意見ございますでしょうか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 では、ないようですので、本陳情2件の取り扱いについては、事務局の説明のとおりとしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第5、陳情の取り扱いについてを終了します。

  日程第6、決算審査特別委員会設置要領(案)についてを議題とします。

  事務局の説明を求めます。

  小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) それでは、決算審査特別委員会設置要領(案)につきましてご説明申し上げます。

  まず最初に、変更点についてご説明いたします。今回の決算審査特別委員会の発言時間につきましては、旧建設常任委員会と旧環境経済常任委員会を都市環境常任委員会にしたため、都市環境常任委員会の一般会計決算をそれぞれの発言時間を合わせた6分とし、特別会計と同時に行うこととする予定でございます。また、教育民生常任委員会の一般会計決算につきましては、24年度から福祉部門の部が増えたことなどにより1分増やし6分とする予定です。

  また、委員会運営に関する申し合わせ事項(イ)につきましては、質疑の項目が多項目にわたる場合は、「概ね3項目程度に区切って質疑を行う。」となっておりましたが、「質疑は原則として一問一答により行うものとする。」に変更する予定です。

  続きまして、案の1から4までは記載のとおりでございます。

  5、審査日程につきまして説明いたします。審査日程につきましては、9月定例会中の休会日に当たる9月19日金曜日、22日、24日及び25日木曜日の4日間で行い、開会時間は、19日、22日、24日が昨年と同様に午前10時から、25日は総括質疑として午後1時からとなっております。

  別紙の日程案、最後の6ページに添付してありますけれども、これにつきましては委員会の初日に都市環境常任委員会所管の特別会計と一般会計の一括質疑を行い、2日目に教育民生常任委員会所管の4特別会計一括質疑と一般会計質疑を行い、3日目に総務常任委員会所管の一般会計、水道事業会計の質疑を行い、4日目に一般会計歳入歳出決算全般に係る質疑(総括質疑)及び討論、採決並びに各特別会計と水道事業会計の討論、採決を予定しております。

  6、審査方法、議案説明につきましては、一般会計と特別会計においては平成25年度歳入歳出決算の概要を、企業会計においては平成25年度決算の概要を事前に配付することにより、各所管部長の口頭による概要説明を省略することとしております。

  審議方法につきましては、一般会計の歳入に対する質疑は、当該歳入を所管する部局の一般会計歳出の質疑とあわせて行うこととし、各常任委員会の所管事項の質疑終了後、25日に別途決算全般に係る事項に対する質疑、これは通告制になります、を行い、その後、討論、採決を行うこととしております。

  特別会計につきましては、都市環境常任委員会所管及び教育民生常任委員会所管については、一般会計との一括質疑が終了後、25日に別途議案ごとに討論、採決を行うこととしております。

  また、企業会計については、質疑が終了後、25日に別途討論、採決を行うこととしております。

  発言順位につきましては、各会派の代表者によるくじ引きで順位を決定することとし、都市環境所管、教育民生所管、総務所管、企業会計の日程順にそれぞれ順位を繰り上げることとしております。

  会派別発言時間の1人当たりの割り振り時間につきましては、別表2ページのとおり質問時間のみでそれぞれの時間とし、また5ページの会派別の質問時間につきましては、この1人当たりの割り振り時間に基づき計算したものを資料として添付してありますので、ごらんいただきたいと思います。

  その他につきましては、一般会計から特別会計への操出金については、原則として特別会計の審査時において行うこととしております。

  なお、決算審査特別委員会の設置は、9月3日に行う予定です。

  雑駁でありますが、以上でございます。



○吉本貴美子委員長 ただいまの説明に対し、意見はありませんか。

  どうぞ、清宮委員。



◆清宮一義委員 単純なことですけれども、委員会運営に関する申し合わせ事項の1番の(イ)、原則として一問一答により行うものとするということであって、今までは3項目程度とさっきおっしゃっていました。それでやっていたのが、議会基本条例か何かがひっかかって、こういうふうに直すということなのですか。それともこれもともと3項目というのが間違っていたのか。どっちなのか。



○吉本貴美子委員長 小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) 今まで3項目程度ということだったのですけれども、わかりやすくするために一問一答で、傍聴者とかわかりやすくするために一問一答という形で考えました。当然議会基本条例も受けてでございます。



○吉本貴美子委員長 清宮委員。



◆清宮一義委員 わかりやすいから変えてしまうのだとか、わかりにくいから変えるのだとかと、そういうことではなくて、何々が何々でこういうふうに質問というのは条例で変わったからこうなのだよとか、ただ単にどこにも話をしないで申し合わせ事項変えましたというだけで、言っている意味がよくわからない。



○吉本貴美子委員長 議会基本条例との関連があると思うのですが、その辺もうちょっと詳しく説明してもらえますか。

          〔何事か言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 小林主幹。



◎事務局主幹(小林武) こちらについては議会基本条例を受けまして、さらに先ほど午前中行われました会派代表者会議でもこの辺ご説明しましてご了解いただいていますので、今回議会運営委員会のほうで再度諮るという形で行いたいと思います。



○吉本貴美子委員長 よろしいですか。

  ほかにご意見ございますでしょうか。

  清水委員。



◆清水清子委員 今の説明、会派代表者会議でも云々というのがあったけれども、私はやっぱり決算審査特別委員会は結構項目が細かくて、時間短縮というのかな、一問一答でやることもあるけれども、ある意味では向こうの答弁者が時間かかっていらいらするときは、結局事前にしっかり見て答弁できるようにしてほしい思いで、そういうふうに3つにしたことも自分自身あります。その辺の答弁者がしっかり一問一答で答えられるように、執行部のほうにもきちんとしていただければ賛成です。



○吉本貴美子委員長 そうですね。一問一答の一つの目的、それは大きな目的としてあると思いますが、これ原則ですよね。そういう意味では臨機応変に対応することも可ということで、基本的な姿勢は一問一答、これは議会基本条例にのっとった形で明確にするというふうにご理解いただければと思うのですが、いかがでしょうか。よろしいですか。

          〔「はい」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 では、ないようですので、お手元に配付の設置要領(案)のとおりとしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ご異議なしと認め、以上のように決定しました。

  以上で日程第6、決算審査特別委員会設置要領(案)についてを終了します。

  日程第7、その他を議題とします。

  何かございますか。

          〔「ありません」と言う人あり〕



○吉本貴美子委員長 ないようですので、以上で日程第7、その他を終了します。

  以上をもって本日の日程は全て終了しましたので、議会運営委員会を閉会します。

             閉会  午後 2時23分