議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 浦安市

平成27年  9月 定例会(第3回) 09月04日−01号




平成27年  9月 定例会(第3回) − 09月04日−01号







平成27年  9月 定例会(第3回)



浦安市告示第114号

 平成27年第3回定例市議会を平成27年9月4日市議会議事堂に招集する。

  平成27年8月28日

                          浦安市長  松崎秀樹

       平成27年

               浦安市議会第3回定例会会議録(第1号)

       9月4日招集

●平成27年9月4日午前10時浦安市議会第3回定例会が浦安市議会議事堂に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●現在議員は21名で次のとおり

     第1番  元木美奈子        第2番  美勢麻里

     第3番  広瀬明子         第4番  柳 毅一郎

     第5番  折本ひとみ        第6番  吉村啓治

     第7番  岡野純子         第8番  毎田潤子

     第9番  小林章宏        第10番  宮坂奈緒

    第11番  秋葉 要        第12番  一瀬健二

    第13番  中村理香子       第14番  水野 実

    第15番  西山幸男        第16番  岡本善徳

    第17番  西川嘉純        第18番  宝  新

    第19番  末益隆志        第20番  辻田 明

    第21番  深作 勇

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    議事日程(第1号)

 1.日程第1 議案第1号ないし議案第24号及び認定第1号

        (提案理由の説明)

 1.日程第2 休会の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会(午前10時00分)



○議長(深作勇君) これより平成27年第3回定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議



○議長(深作勇君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の変更



○議長(深作勇君) はじめに、議席の一部変更を行います。

 お諮りいたします。

 会議規則第4条第3項の規定により、第10番、宮坂奈緒君を第19番に、第19番、末益隆志君を第10番に、それぞれ議席を変更することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(深作勇君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたします。

〔参考〕

     第1番  元木美奈子        第2番  美勢麻里

     第3番  広瀬明子         第4番  柳 毅一郎

     第5番  折本ひとみ        第6番  吉村啓治

     第7番  岡野純子         第8番  毎田潤子

     第9番  小林章宏        第10番  末益隆志

    第11番  秋葉 要        第12番  一瀬健二

    第13番  中村理香子       第14番  水野 実

    第15番  西山幸男        第16番  岡本善徳

    第17番  西川嘉純        第18番  宝  新

    第19番  宮坂奈緒        第20番  辻田 明

    第21番  深作 勇



○議長(深作勇君) 暫時休憩いたします。



△休憩(午前10時00分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議(午前10時01分)



○議長(深作勇君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の報告



○議長(深作勇君) 次に、報告事項を申し上げます。

 はじめに、平成27年7月31日付で自由民主党・無所属クラブより異動届が提出され、それに伴いまして末益隆志議員から議会運営委員の辞任願が提出されましたので、議長において許可いたしました。その後新たに結成された会派かがやきより、委員会条例第3条の2の規定により議会運営委員に末益隆志議員が選出され、同条例第6条の規定により議長が選任しましたのでご報告いたします。

 なお、このことで欠員となっておりました議会運営委員長の互選が9月1日開催の議会運営委員会において実施され、議会運営委員長に末益隆志君が選任された旨の通知がございましたので、ご報告いたします。

 次に、本日の議事日程につきましては、お手元に配付してあるとおりでございますので、ご了承願います。

 次に、議案説明のため出席する者の名簿並びに寄附受入れについての報告、浦安市土地開発公社及び公益財団法人浦安市施設利用振興公社の事業計画及び事業報告についての書類及び報告第1号 継続費精算報告書について、報告第2号 平成26年度健全化判断比率について、報告第3号 平成26年度資金不足比率について、報告第4号ないし報告第6号 専決処分の報告について、報告第7号 債権の放棄についてが提出されましたので、お手元に配付の印刷物によりご了承願います。

 次に、監査委員より定期監査の結果報告について、例月出納検査の結果に関する報告についてが議長に提出されましたので、お手元に配付の印刷物によりご了承願います。

 次に、本日、市長より議会に提出されました議案は既に配付してありますとおり議案第1号ないし議案第24号及び認定第1号でございます。

 なお、陳情が5件、一般質問の通告が18件でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期決定の件



○議長(深作勇君) 次に、今回の定例会の会期の決定をお願いいたします。

 お諮りいたします。

 今回の定例会の会期を本日から9月30日までの27日間とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(深作勇君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から9月30日までの27日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(深作勇君) 次に、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において

  岡野純子君

  水野 実君

 の両君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の挨拶



○議長(深作勇君) 次に、市長よりご挨拶をお願いいたします。

 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) おはようございます。本日ここに平成27年浦安市議会第3回定例会が開催されるに当たりまして、議員の皆様には全員のご出席をいただき、ありがとうございます。

 さて、本日上程の案件は、既にお配りのとおり平成27年度浦安市一般会計補正予算(第4号)をはじめ議案24件及び認定1件です。

 よろしくご審議の上ご決定くださるようお願い申し上げまして、簡単ですが、挨拶といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号ないし議案第24号及び認定第1号(提案理由の説明)



○議長(深作勇君) 日程第1、議案第1号ないし議案第24号及び認定第1号を一括議題といたします。

 当局より提案理由の説明を求めます。

 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 議案第1号ないし議案第3号、平成27年度浦安市各会計補正予算について、一括して提案理由の説明を申し上げます。

 はじめに、議案第1号 平成27年度浦安市一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億9,420万円を減額し、歳入歳出の予算の総額を1,171億9,491万円とするものです。

 繰越明許費の補正につきましては、市街地液状化対策事業について、年度内に事業の完了が見込めないことから追加するものです。

 次に、議案第2号 平成27年度浦安市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億2,226万円を減額し、歳入歳出予算の総額を49億274万円とするものです。

 次に、議案第3号 平成27年度浦安市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、保険事業勘定におきまして、債務負担行為の補正としまして高洲地域包括支援センター指定管理料を追加するものです。

 以上、各会計補正予算の詳細につきましては財務部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(深作勇君) 財務部長、及川 力君。

     (財務部長 及川 力君登壇)



◎財務部長(及川力君) おはようございます。議案第1号ないし議案第3号、浦安市各会計補正予算について、一括して説明します。

 参考資料、平成27年度9月補正予算のポイント、こちらの1ページをご覧ください。

 議案第1号 平成27年度浦安市一般会計補正予算(第4号)は、1億9,420万円の減額補正となっています。

 具体的内容は、後ほど補正予算に関する説明書で説明させてもらいます。

 次に、3ページをご覧ください。議案第2号 平成27年度浦安市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)です。

 歳出の15款公債費は、平成26年度の市債借入額や償還条件が確定したことに伴い1億2,226万円を減額するものです。

 また、歳入では、これと同額を25款繰入金で減額するものです。

 次に、議案第3号 平成27年度浦安市介護保険特別会計補正予算(第2号)です。

 保険事業勘定においては、債務負担行為の追加となっています。これは高洲地域包括支援センターの設置に伴い平成27年度から平成32年度までの指定管理料について、その限度額を設定するものです。

 続きまして、一般会計の主な補正内容について説明します。

 補正予算に関する説明書6ページをご覧ください。

 第2表繰越明許費の補正は、48款災害復旧費、10項公共土木施設災害復旧費の中、市街地液状化対策事業について368億4,564万4,000円を追加設定するものです。

 続きまして、14、15ページの歳入です。

 29款地方特例交付金は、交付決定を受け1,340万円を減額するものです。

 次に、50款国庫支出金は5,788万円の追加です。このうち10目民生費国庫補助金では、国の補助制度変更に伴い、従来の保育緊急確保事業費国庫補助金を新たに子どものための教育・保育給付費補助金国庫補助に振り替えるとともに、対象予定事業費の減額に伴い補正を行うものです。

 また、15目衛生費国庫補助金の健幸ポイント事業補助金は、歳出側で説明させていただきます。

 次に、55款県支出金は612万円の減額です。これは国庫支出金と同様、国の補助制度変更や対象事業費の減額に伴う補正となっています。

 次に、60款財産収入は3,648万円の追加です。これは株式会社ジェイコム千葉からの株主配当金が確定したことに伴い追加をするものです。

 次に、70款繰入金は1億9,367万円の減額です。このうち財政調整基金繰入金は財源調整により1億8,503万円の減額、また少子化対策基金繰入金では対象事業費の減額に伴い864万円の減額となっています。

 75款繰越金は、前年度からの繰越金が当初見込みを下回ったことから7,537万円の減額です。

 続きまして、歳出です。

 18、19ページをご覧ください。15款民生費は264万円の減額です。10項児童福祉費、5目児童福祉総務費のうち、こどもプロジェクト事業では、フィンランド視察の旅費について執行残を減額するものです。

 また、認可外保育施設運営等支援事業費補助金(少子化対策基金事業)は、対象予定となる認可外保育施設が見込みを下回ったことから2,447万円を減額するものです。

 次に、25目児童福祉施設費の中、こども発達センター使用料過年度返還金は、報酬算定基準等の見直しにより過誤調整の必要性が生じたことから2,094万円を計上するものです。

 次に、20款衛生費は7,662万円の追加です。

 5項保健衛生費、17目成人保健費のうち在宅医療連携推進事業運営費補助金は、当該事業の運営業務に要する経費の一部として浦安市医師会への補助金を新たに650万円計上するものです。また、スマートウエルネスシティ推進事業は、1,500名の追加募集を行うため7,012万円を追加するものです。なお、これと同額を歳入の国庫支出金で追加計上しています。

 次に、20、21ページになります。35款土木費は1億2,226万円の減額です。これは公共下水道事業特別会計繰出金の減額によるものです。

 次に、45款教育費は1,636万円の追加です。

 このうち30項保健体育費、10目体育施設費では、運動公園整備において震災の影響を受け当初の設計内容に修正が必要となったことから追加をするものです。

 50款公債費は、平成26年度の市債借入額や償還条件が確定したことなどに伴い1億6,162万円を減額するものです。

 以上です。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第4号 浦安市情報公開条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、独立行政法人通則法の改正に伴い規定の整理を行うため、改正を行うものです。

 次に、議案第5号 浦安市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、実施機関における特定個人情報の適正な取扱いに関し必要な事項を定め、特定個人情報の開示、訂正及び利用停止を請求する個人の権利を明らかにするとともに、その他所要の改正を行うものです。

 なお、詳細につきましては総務部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 総務部長、工藤陽久君。

     (総務部長 工藤陽久君登壇)



◎総務部長(工藤陽久君) 議案第5号 浦安市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本案は、主に行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が施行されることに伴い、新たに保有することになる個人番号について厳正な管理と適切な運用を行うため、浦安市個人情報保護条例の一部を改正するものです。

 それでは、お手元の参考資料(議案第5号)新旧対照表をご覧いただきたいと思います。

 まず、1ページ、第2条では用語の定義といたしまして、特定個人情報、保有特定個人情報、情報提供等記録を規定しています。

 次に、第6条の2及び2ページ、第6条の3では、特定個人情報の目的外利用の制限について規定したものです。

 次に、第11条から第13条及び4ページ、第25条、第26条については、保有特定個人情報に係る開示、訂正について、任意代理人による請求を認めることとするものです。

 戻りまして3ページ、第13条第3号では、独立行政法人通則法による特定独立行政法人を行政執行法人に改めるものです。

 次に、4ページ、第32条の2では、情報提供等記録に訂正があった場合の提供先への通知について規定をしています。

 次に、第33条から5ページの第34条では、保有特定個人情報の利用停止請求について規定をしたもので、任意代理人による請求についても認めることとしています。

 最後に、附則につきましては、この条例の施行に際し、それぞれの施行期日を規定するものです。

 以上です。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第6号 浦安市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、地方公務員等共済組合法等の改正に伴い、規定の整理を行うため改正を行うものです。

 次に、議案第7号 浦安市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、自己啓発等休業の対象となる教育施設に司法研修所を加えるため改正を行うものです。

 次に、議案第8号 浦安市税条例等の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、地方税法の改正等に伴い、市民税の所得割の課税標準の算定方法、身体障がい者等に対する軽自動車税の減免の申請書等の提出期限を改めるなど所要の改正を行うものです。

 詳細につきましては財務部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 財務部長。

     (財務部長 及川 力君登壇)



◎財務部長(及川力君) 議案第8号 浦安市税条例等の一部を改正する条例の制定について、その主な内容を説明します。お手元の参考資料をご覧ください。

 1ページから16ページまでの第1条が、現行の浦安市税条例の一部を改正する内容となっています。

 また、17ページからの第2条が、平成26年条例第15号、浦安市税条例の一部を改正する条例の一部を改正する内容となっています。

 今回の条例改正には、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆるマイナンバー法の施行に伴う改正が半数程度を占めています。これらについては、市民税をはじめ固定資産税、軽自動車税、入湯税に関する申告書などに個人番号もしくは法人番号を記載する旨の改正となっていますので、個々の説明を割愛させていただきます。

 それでは、2ページ中段、第33条です。市民税の所得割の課税標準は、計算の基礎となる所得金額をこれまで所得税法等に関する法令の規定によるものとしていましたが、市民税では課税権が発生しない国外転出時課税制度、この制度が所得税法において創設されたことにより、この分について所得税法等の計算によらないものとする改正を行うものです。

 次に、6ページの第90条です。この改正は、身体障がい者などに対する軽自動車税の減免申請期限を自動車税と同様の取扱いとすることとしたため、申請期限を納期限とする改正を行うものです。

 次に、8ページ下段、附則第7条の3の2です。この改正は、住宅借入金等特別控除の適用期限が平成39年度から平成41年度まで延長されたことに伴い改正を行うものです。

 次に、9ページ下段、附則第10条の2です。この改正は、地域決定型地方税制特例措置、いわゆるわがまち特例として固定資産税の減額割合を規定するものです。

 今回の改正では、高齢者の居住の安定確保に関する法律第7条第1項の登録を受けた同法第5条第1項に規定するサービス付き高齢者向け住宅のうち、耐火構造や戸数等の一定の要件を満たした新築住宅に対し、当該住宅にかかわる固定資産税を最初の5年間、3分の2減額とするものです。

 次に、13ページをご覧ください。附則第15条、特別土地保有税の課税の特例は、その適用期限をこれまでの平成26年度から平成29年度までに延長されたことに伴い改正を行うものです。

 次に、14ページの附則第16条です。軽自動車税の税率の特例は、平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に新規登録した軽三輪、軽四輪に対し、一定の環境性能を有する車体について、その性能に応じ平成28年度分の軽自動車税を減額する措置が講じられたことに伴い改正を行うものです。

 次に、附則第16条の2、たばこ税の税率の特例は、これまで市たばこ税の税率の特例を適用していた紙巻たばこ3級品について、段階的に税率の特例が廃止されるためその改正を行うものです。

 続きまして、17ページの第2条について説明します。

 ここでは、平成26年第2回定例市議会において可決いただきました浦安市税条例の一部を改正する条例、平成26年条例第15号の一部改正を行うものです。

 第1条の改正は、平成28年4月1日を施行日としていた附則第16条、軽自動車税の税率の特例について、今回の改正で新たに環境性能に応じて税率の減額の条項が追加されたことに伴い規定の整理を行うものです。

 最後に、18ページ以降の附則は、この条例の施行期日及び経過措置を規定するものです。

 以上です。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第9号 浦安市手数料条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の施行に伴い、新たに通知カード及び個人番号カードの再交付に係る手数料を規定するため、改正を行うものです。

 次に、議案第10号 浦安市地域包括支援センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、高洲地域包括支援センターを設置するとともに、その管理を指定管理者に行わせるため、所要の改正を行うものです。

 次に、議案第11号 浦安市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、国民健康保険税の基礎課税額、後期高齢者支援金等課税額及び介護納付金課税額の限度額を引き上げ、上場株式等に係る配当所得に係る国民健康保険税の課税の特例等の規定を改めるとともに、その他所要の改正を行うものです。

 詳細につきましては健康福祉部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 健康福祉部長、新宅秀樹君。

     (健康福祉部長 新宅秀樹君登壇)



◎健康福祉部長(新宅秀樹君) 議案第11号 浦安市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、その主な内容をご説明申し上げます。

 お手元の議案第11号の参考資料をもとに説明させていただきます。

 今回の改正は、地方税法及び地方税法施行令の改正に伴い改正するものです。

 まず、第2条、課税限度額の改正ですが、第2項の基礎課税額の51万円を52万円に、第3項の後期高齢者支援金等課税額の16万円を17万円に、第4項の介護納付金課税額の14万円を16万円にそれぞれ改めるものです。

 次に、第23条、国民健康保険税の減額ですが、51万円を52万円に、16万円を17万円に、14万円を16万円にそれぞれ改めるものです。

 次に、2ページにまいりまして附則についてですが、附則第3項は上場株式等の配当所得に特定公社債等の利子等が追加されたことに伴い改めるものです。

 次に、附則第6項及び第7項につきましては、株式等に係る譲渡所得等の分離課税について、一般株式等に係る譲渡所得等と上場株式等に係る譲渡所得等が別々の分離課税となったことに伴い改めるものです。

 次に、4ページにまいりまして、附則第11項、改正前の附則第14項ですが、条約適用配当等の分離課税に特定公社債の利子等が追加されることに伴い改めるものです。

 また、改正前の附則第16項につきましては、東日本大震災から4年半が経過し、職権による東日本大震災による減免が生じないことから削除をするものです。

 次に、5ページにまいりまして、附則につきましては、施行期日と経過措置を定めています。

 以上です。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第12号 浦安市東日本大震災復興交付金基金条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、国が定めた東日本大震災復興交付金基金管理運営要領の一部が改正され、実施期間が延長されたことに伴い、失効の期日を改めるため改正を行うものです。

 次に、議案第13号 浦安市市街地液状化対策事業に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、国が定めた東日本大震災復興交付金制度要綱の一部が改正され、計画期間が延長されたことに伴い、分担金の徴収期間を改めるため改正を行うものです。

 次に、議案第14号 浦安市老人介護支援センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、老人介護支援センターを廃止するため制定するものです。

 次に、議案第15号 契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、市道幹線11号高洲橋取付部液状化対策工事の請負について、去る8月18日に一般競争入札を行った結果、浦安市高洲三丁目8番13号、丸祐建設株式会社と1億6,826万4,000円で契約するものです。

 詳細につきましては都市整備部復旧・復興担当部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 都市整備部復旧・復興担当部長、宇田川義治君。

     (都市整備部復旧・復興担当部長 宇田川義治君登壇)



◎都市整備部復旧・復興担当部長(宇田川義治君) 議案第15号 契約の締結につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本案につきましては、今後の震災に備え、社会資本整備総合交付金を活用して市道幹線11号高洲橋取付部の液状化対策工事の契約を締結するものです。

 議案第15号の参考資料をご覧いただきたいと思います。

 工事名称は市道幹線11号高洲橋取付部液状化対策工事で、工事場所は高洲及び明海地区です。

 次に、資料2枚目の図面番号1の概要図をご覧ください。

 概要図に赤色で着色しております箇所で、液状化対策工事などを行うものです。

 工事の概要といたしましては、工事延長が高洲橋を除いて223.3メートル、工事幅員が19メートル、液状化対策工としまして浅層混合改良工が1,733平方メートル、改良土置換工が178平方メートル、舗装工としまして車道部、歩道部合わせまして3,753平方メートル、側溝工が279メートルなどとなっています。

 次に、資料3枚目の図面番号2の標準断面図をご覧ください。

 標準断面図?、?に示しますように、液状化対策としまして、車道部で浅層混合改良工や改良土置換工などを行うものです。浅層混合改良工につきましては、高洲橋取付部の道路高が橋に向かって約3メートル高くなっておりますので、路面から深さ3メートルから6メートルまで改良工事を行います。

 また、改良土置換工につきましては、雨水管が埋設されていることから、1メートルの置き換え工事を行うものです。

 なお、工期につきましては、議決を経て契約締結日の翌日から140日間となっています。

 以上で簡単ではございますが、詳細説明とさせていただきます。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第16号 契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、総合体育館アリーナ空調システム等改修工事の請負について、去る7月24日に一般競争入札を行った結果、千葉市中央区富士見二丁目5番15号、須賀・光特定建設工事共同企業体と3億3,426万円で契約するものです。

 詳細につきましては生涯学習部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 生涯学習部長、石田和明君。

     (生涯学習部長 石田和明君登壇)



◎生涯学習部長(石田和明君) 議案第16号 契約の締結について、ご説明いたします。

 総合体育館のアリーナの空調システムは、設置後20年以上が経過し基幹部品の腐食が著しく、さびなども配管内に詰まり始めていることから改修を行うものです。

 それでは、お手元に配付させていただいております参考資料の1ページをご覧ください。

 工事名称は、総合体育館アリーナ空調システム等改修工事です。

 工事場所は、浦安市舞浜2番27です。

 工事概要は、空調を制御する監視システムの改修や空調システムのエアハンドリングユニットの更新等です。

 工期は、議決を経て契約締結日の翌日から平成28年3月17日までとしています。

 入札の経過につきましては、次ページの入札経過書をご参照ください。

 次に、図面をご覧いただきたいと思います。

 はじめに、図面番号1ですが、この図面は運動公園各施設の配置図で、斜線の部分が体育館です。

 次に、図面番号2をお開きいただきたいと思います。

 この図面は、地下1、2階の平面図で、黄色い部分が工事エリアとなっております。

 以下、図面番号3にダクト系統図、図面番号4にダクト清掃範囲図、図面番号5に中央監視装置更新概要を添付しておりますので、ご参照いただきたいと思います。

 以上、雑駁ですが、説明とさせていただきます。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第17号 契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、浦安市運動公園屋内水泳プール特定天井等改修工事の請負について、去る7月24日に一般競争入札を行った結果、千葉市中央区新町1000番地、大成建設株式会社千葉支店と1億8,576万円で契約するものです。

 詳細につきましては生涯学習部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 生涯学習部長。

     (生涯学習部長 石田和明君登壇)



◎生涯学習部長(石田和明君) 議案第17号 契約の締結について、ご説明いたします。

 平成26年4月に国土交通省の告示により施行された天井落下防止対策について新たな基準が設けられたことから、その対象施設となる運動公園屋内水泳プールの天井補強のための改修工事を行うものです。

 それでは、お手元に配付させていただいております参考資料の1ページをご覧ください。

 名称は、浦安市運動公園屋内水泳プール特定天井等改修工事です。

 工事場所は、浦安市舞浜2番27です。

 工事概要は、屋内水泳プールの天井撤去及び新設、既存鉄骨部のさびと旧塗装膜の剥離及び塗装補修です。

 工期は、議決を経て契約締結日の翌日から平成28年6月30日までとしています。

 入札の経過につきましては、次ページの入札経過書をご参照ください。

 次に、図面をお開きいただきたいと思います。

 はじめに、図面番号1ですが、この図面は運動公園各施設の配置図で、斜線部分が屋内水泳プールです。

 続きまして、図面番号2です。

 この図面は1階平面図です。黄色の部分が工事エリアで、朱色の斜線部分が今回天井を撤去し、新設する部分です。

 次に、図面番号3をお開きください。

 この図面は屋上平面図で、こちらも黄色い部分が工事エリアで、朱色の斜線部分が撤去及び新設箇所です。

 最後に、図面番号4ですが、この図面は仮設足場を示しておる断面図です。青色の部分が工事箇所になっています。

 以上、説明といたします。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第18号及び議案第19号 契約の締結について、一括して提案理由の説明を申し上げます。

 これら2議案は、浦安市運動公園野球場の建設に係る建築工事及び電気設備工事の請負について、去る8月18日に建築工事を、8月20日に電気設備工事をそれぞれ一般競争入札を行った結果、各落札業者と契約するため議会の議決を求めるものです。

 はじめに、議案第18号につきましては、浦安市猫実三丁目16番43号、株式会社トヨダ工業浦安営業所と9億3,290万4,000円で契約するものです。

 次に、議案第19号につきましては、浦安市今川一丁目2番26号、株式会社TAKイーヴァック浦安営業所と3億8,653万2,000円で契約するものです。

 詳細につきましては生涯学習部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 生涯学習部長。

     (生涯学習部長 石田和明君登壇)



◎生涯学習部長(石田和明君) 議案第18号及び議案第19号 契約の締結について、ご説明いたします。

 はじめに、お手元に配付させていただいております参考資料(議案第18号)の1ページをお開きください。

 工事名称は、浦安市運動公園野球場建築工事です。

 工事場所は、浦安市舞浜2番27です。

 種別は、スタンド棟は建築物、スコアボード及び夜間照明塔は工作物です。

 構造は、スタンド棟は鉄筋コンクリートづくり地上3階建てです。スコアボード及び夜間照明塔は鉄骨づくりです。

 高さは、記載のとおりです。

 建築面積は1,106.87平方メートル、延べ床面積は2,149.01平方メートルで、内訳は記載のとおりです。

 各階の諸室につきましては記載のとおりで、後ほど図面でご説明いたします。

 工事内容は、建築工事一式です。

 工期は、議決を経て契約締結日の翌日から平成28年12月27日までとしています。

 なお、入札経過につきましては、次ページの入札経過書をご参照ください。

 続きまして、参考資料(議案第19号)の1ページをご覧ください。

 工事名称は、浦安市運動公園野球場電気設備工事です。

 2の工事場所から8の諸室リストまでは、議案第18号と同様です。

 2ページにまいりまして、工事内容は、スタンド棟は電話・放送設備等の配管・配線類、太陽光設備などです。スコアボードは、LED表示盤スコアボードの設備、配管等です。屋外設備は、LED灯光器162基による夜間照明塔、配管等です。

 工期につきましては、議案第18号と同様です。

 なお、入札の経過につきましては、次ページの入札経過書をご参照ください。

 次に、図面をご覧ください。はじめに、図面番号1をお開きください。

 この図面は、野球場を南側から見た鳥瞰図です。

 次に、図面番号2をお開きください。

 この図面は、運動公園各施設の配置図で、朱色で囲まれた部分が野球場です。

 次に、図面番号3ですが、この図面は野球場の平面図で、フィールドは両翼98メートル、センター122メートルで、硬式野球が可能な野球場となっています。

 次に、図面番号4をお開きください。

 この図面はスタンド棟1階、中央部の平面図です。本部席や審判控室、放送室などを配置します。

 次に、図面番号5及び6をお開きください。

 この図面は、スタンド棟1階の1塁側と3塁側の平面図で、それぞれ選手控室、ダッグアウト、更衣室などを配置します。

 次に、図面番号7ですが、この図面はスタンド棟2階の平面図で、観客用のトイレや授乳室、倉庫などを配置します。

 次に、図面番号8をお開きください。

 この図面は、スタンド棟3階の平面図で、1,000席の観客席を整備します。

 次に、図面番号9ですが、この図面はスタンド棟の立面図です。上の図はスタンドを外側から見た立面で、下の図はフィールド側から見た立面です。

 次に、図面番号10ですが、この図面はスコアボードの立面図です。左はフィールドから見た立面で、右は外側から見た立面です。高さは14.5メートルでLEDを採用しています。

 次に、図面番号11です。

 この図面はスタンド棟基礎伏図です。地中に太さ600ミリメートルで長さ43メートルから57メートルのくいを84本、支持層まで打ち込みます。くいの基礎構造につきましては、左下に記載のとおりです。

 次に、図面番号12ですが、この図面はスコアボードの基礎伏図です。地中に長さ51メートルのくいを10本、支持層まで打ち込みます。基礎構造は記載のとおりです。

 次に、図面番号13です。

 この図面は夜間照明塔の基礎伏図です。照明塔1カ所につき長さ43メートルから57メートルのくいを4本、支持層まで打ち込みます。基礎構造は記載のとおりです。

 次に、図面番号14をお開きください。

 この図面は夜間照明塔の配置図で、丸く囲った箇所に高さ29.8メートルの夜間照明塔を6塔整備します。

 次に、図面番号15です。

 この図面は、夜間照明塔の構造図です。左側が立面図で、右側が塔部に設置するLED投光器1基の詳細図で、1塔当たり27基配置します。

 次に、図面番号16ですが、この図面は太陽光発電設備の配置図です。

 スタンド棟の屋根に設置し、環境面に配慮します。

 最後に、図面番号17です。

 この図面は、太陽光発電設備の構造図で、ソーラーパネル20枚を設置し、1時間当たり5キロワットの発電量を見込んでいます。

 説明は以上です。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第20号 契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、富岡公民館大規模改修建築工事の請負について、去る7月31日に一般競争入札を行った結果、浦安市猫実三丁目16番43号、株式会社トヨダ工業浦安営業所と2億4,532万2,000円で契約するものです。

 詳細につきましては生涯学習部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 生涯学習部長。

     (生涯学習部長 石田和明君登壇)



◎生涯学習部長(石田和明君) 議案第20号 契約の締結について、ご説明いたします。

 富岡公民館は昭和58年4月に開館以来32年が経過し、老朽化が顕著となっています。このため間取りの変更、トイレや外壁タイルの改修工事等を行い、社会的劣化等に対応します。また、施設面でも周辺住民の住環境に配慮した音楽室や多目的室の防音対策を行うなど、公民館の活動環境の改善に向け整備するものです。

 それでは、お手元に配付させていただいております参考資料、1ページをご覧ください。

 工事名称は富岡公民館大規模改修建築工事で、工事の場所は浦安市富岡三丁目1番7号です。

 敷地面積は3,970.22平方メートル、延べ床面積は2,082.5平方メートルで、内訳は記載のとおりです。

 構造並びに階数は、鉄筋コンクリートづくり地上3階建てです。

 工事概要は、内部改修工事、外部改修工事、外構改修工事で、後ほど図面と併せてご説明いたします。

 工事内容は、建築工事一式です。

 工期は、議決を経て契約締結日の翌日から平成28年5月31日までとしています。

 入札経過につきましては、次ページの入札経過書をご覧いただきたいと思います。

 次に、図面をご覧ください。

 はじめに、図面番号1をお開きください。

 この図面は、富岡公民館の配置図です。斜線の箇所及び自転車置き場等が工事範囲です。

 次に、図面番号2をお開きください。

 この図面は改修後の1階の平面図です。緑色の箇所の会議室を新設するため、応接室と管理人室等を配置替えを行います。また、中央緑色の箇所の授乳室を新設するため、印刷室と更衣室等の配置替え及び青色の箇所、男女のトイレの間取り変更工事を行います。他の工事につきましては、図面左上に記載のとおりです。

 次に、図面番号3と4をお開きください。

 この図面は改修後の2階と3階の平面図です。図面3の青色の箇所の多機能トイレ及び図面4の緑色の箇所の学習コーナーを新設するため、間取り改修工事を行います。他の工事につきましては、それぞれの図面左上に記載のとおりです。

 次に、図面番号5をお開きください。

 この図面は、改修後の屋上の平面図です。緑色の箇所の倉庫の内装改修工事を行います。

 次に、図面番号6をお開きください。

 この図面は、改修後の立面図です。

 建具の取替え、外壁タイル及びパネルの改修工事等を行います。

 以上、説明とさせていただきます。



○議長(深作勇君) 暫時休憩いたします。



△休憩(午前11時02分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議(午前11時12分)



○議長(深作勇君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第21号 変更契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、東日本大震災による入船地区道路災害復旧工事その4の請負について、平成26年10月20日に浦安市当代島一丁目26番21号、尾頭建設株式会社と契約を締結したものですが、工事内容に変更が生じたため、契約金額1億2,852万円を2億3,703万8,400円に変更するものです。

 詳細につきましては都市整備部復旧・復興担当部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 復旧・復興担当部長。

     (都市整備部復旧・復興担当部長 宇田川義治君登壇)



◎都市整備部復旧・復興担当部長(宇田川義治君) 議案第21号 変更契約の締結につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本案につきましては、東日本大震災で被災した街区内道路の災害復旧工事を行っております入船地区道路災害復旧工事その4の契約を変更するものです。

 参考資料2枚目の図面番号1の概要図をご覧ください。

 契約の場所は、入船四丁目地先です。

 変更いたします主な内容につきましては、概要図に赤色の斜線で示しております車道部が、先行して行いました下水道災害復旧工事により現在、仮舗装の状況となっておりまして、舗装の本復旧を行うに当たり、緑色で着色しました当初の車道舗装箇所と一体的に整備することから、車道舗装工を7,200平方メートルに変更するものです。

 また、赤の実線で示しております箇所については、工事着手後、側溝の内部調査を行ったところ一部破損がありましたので、側溝工を2,489メートルに変更するものです。

 なお、工期につきましては、本年8月5日付で平成27年12月25日まで延長しています。

 以上、簡単ではございますが、詳細説明とさせていただきます。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第22号 契約の変更について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、平成26年9月24日に議決を経た鉄鋼通り地区道路災害復旧工事の請負について、工事内容に変更が生じたため、契約金額8億244万円を11億3,168万8,800円に変更するものです。

 詳細につきましては都市整備部復旧・復興担当部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 都市整備部復旧・復興担当部長。

     (都市整備部復旧・復興担当部長 宇田川義治君登壇)



◎都市整備部復旧・復興担当部長(宇田川義治君) 議案第22号 契約の変更につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本案につきましては、東日本大震災で被災した街区内道路の災害復旧工事を行っております鉄鋼通り地区道路災害復旧工事の契約の一部を変更するものです。

 参考資料2枚目の図面番号1の概要図をご覧ください。

 変更いたします主な内容につきましては、概要図に赤色の斜線で示しております2路線の車道部が、先行して行いました下水道災害復旧工事により現在、仮舗装の状況となっておりまして、舗装の本復旧を行うに当たり、緑色で着色しました当初の車道舗装箇所と一体的に整備することから、車道舗装工を3万8,167平方メートルに変更するものです。

 また、工事を着手する前に各企業者と調整した結果、事業所前の舗装工や側溝などの工事が一部夜間での施工となること並びに各路線内の路盤掘削時におきまして、3,117立方メートルの硬質路盤が出てきたことから、その処分費が追加となり変更するものです。

 なお、工期につきましては、本年8月5日付で平成28年3月25日まで延長しています。

 以上、簡単ではございますが、詳細説明とさせていただきます。



○議長(深作勇君) 市長、松崎秀樹君。

     (市長 松崎秀樹君登壇)



◎市長(松崎秀樹君) 次に、議案第23号 契約の変更について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、平成26年6月26日に議決を経た入船地区学校統合整備建築工事の請負について、建設工事請負契約約款第25条第6項の規定に基づき、契約金額10億5,624万円を10億6,393万985円に変更するものです。

 よろしくご審議くださるようお願いいたします。

 次に、議案第24号 教育委員会委員の任命について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、浦安市教育委員会委員の川端秀仁氏が本年10月4日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を浦安市教育委員会委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会の同意を求めるものです。

 よろしくご同意くださるようお願いいたします。

 次に、認定第1号 平成26年度浦安市各会計歳入歳出決算認定について、提案理由の説明を申し上げます。

 各会計歳入歳出決算につきましては、地方自治法第233条第1項の規定により、平成27年7月24日、会計管理者より決算書が送付され、7月27日から8月21日の間に監査委員の審査を受け、計数的に正確であり、内容もおおむね適正であると認められました。

 よって、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見を添え議会の認定に付するものです。

 一般会計歳入歳出決算につきましては、予算現額963億3,397万9,334円に対して、決算額は歳入が935億9,061万754円、歳出が888億1,435万4,650円であり、歳入歳出差し引き額は47億7,625万6,104円です。このうち、繰越明許費などの翌年度へ繰り越すべき財源は35億1,161万7,259円です。

 次に、特別会計ですが、国民健康保険、公共下水道事業、墓地公園事業、介護保険及び後期高齢者医療の5会計を合わせました歳入歳出決算につきましては、予算現額361億6,441万5,128円に対して、決算額は歳入が362億3,058万1,553円、歳出が349億6,870万2,820円です。

 詳細につきましては財務部長が説明いたしますので、よろしくご審議くださるようお願いいたします。



○議長(深作勇君) 財務部長、及川 力君。

     (財務部長 及川 力君登壇)



◎財務部長(及川力君) 認定第1号 平成26年度浦安市各会計歳入歳出決算について、説明します。

 お手元の参考資料、平成26年度決算の概要をご用意ください。

 はじめに、1ページ上段の一般会計と墓地公園事業特別会計を合算した普通会計による決算の概要をご覧ください。

 歳入総額は935億9,398万9,000円となり、前年度に比べ273億1,525万9,000円、41.2%の増となっています。

 歳出総額は887億7,431万4,000円となり、前年度に比べ260億5,278万6,000円、41.5%の増となっています。

 実質収支が12億7,755万6,000円となり、前年度に比べ4億384万円、24.0%の減です。

 単年度収支は4億384万円のマイナスとなり、前年度に比べ1,427万4,000円の減です。

 実質単年度収支は55億7,640万3,000円のマイナスとなり、前年度に比べ78億4,212万9,000円のマイナスとなっています。このうち実質単年度収支が大幅なマイナスとなった主な要因としては、財源として52億200万円を財政調整基金から繰り入れたことによるものです。

 次に、3ページをご覧ください。

 財政力指数については、1.475となり、前年度に比べ0.007の増となっています。この指数は平成24、25、26年度の3カ年における単年度財政力指数の平均です。

 次に、4ページ、中段の表をご覧ください。この中で実質赤字比率、連結赤字比率、将来負担比率、公営企業における資金不足比率についてはいずれもマイナスとなるため、非表示となっています。これは赤字や資金不足が発生していないことを意味しています。

 また、実質公債費比率は5.5%、前年度に比べ1ポイント減少しました。これは地方債元利償還金の財政に及ぼす負担が減少したことを意味しています。

 次に、5ページをご覧ください。

 財政構造の弾力性を示す、経常収支比率は83.3%となり、前年度に比べ3.6ポイント低くなっています。

 なお、平成26年度では東日本大震災に伴う災害減免を実施しましたが、これを実施していなかった場合では81.0%であったと試算をしております。

 ただいま説明しました実質公債費比率や経常収支比率を踏まえますと、財政構造の弾力性といった面で健全財政を堅持している状況となっています。

 次に、6ページ、7ページには、会計別決算総括表とともに、一般会計及び特別会計ごとの増減理由を掲載していますので、お目通しください。

 次に、8ページの表をご覧ください。

 一般会計の歳入歳出決算について、主な増減理由を説明します。

 まず、歳入です。

 市税は402億8,508万8,000円となり、前年度に比べ30億4,959万3,000円、8.2%の増です。主な要因は、法人市民税において企業業績が好調であったことや、固定資産税の土地分において、災害減免を半減したことによるものです。

 次に、国庫支出金では226億3,451万5,000円となり、前年度に比べ155億4,286万9,000円、219.2%の増です。主な要因は、復興交付金、市街地液状化対策事業によるものです。

 次に、繰入金は91億9,376万8,000円となり、前年度に比べ79億7,715万9,000円、655.7%の増です。主な要因は、財政調整基金や東日本大震災復興交付金基金からの繰入金によるものです。

 次に、市債は41億1,990万円となり、前年度に比べ25億9,940万円、171.0%の増です。主な要因は、陸上競技場整備事業債や庁舎等建設事業債によるものです。

 次に、11ページの表をご覧ください。

 歳出決算について主な増減理由を説明いたします。

 総務費は75億9,959万7,000円となり、前年度に比べ29億4,477万8,000円、27.9%の減です。主な要因は、財政調整基金積立金や総合事務組合負担金の減によるものです。

 次に、民生費は258億9,922万5,000円となり、前年度に比べ58億5,903万7,000円、29.2%の増です。主な要因は、少子化対策基金積立金や国民健康保険特別会計繰出金によるものです。

 次に、土木費は233億3,911万円となり、前年度に比べ179億4,513万6,000円、332.7%の増です。主な要因は、東日本大震災復興交付金基金積立金や観光漁業基地関連用地取得事業によるものです。

 次に、教育費は157億2,720万円となり、前年度に比べ42億2,355万5,000円、36.7%の増です。主な要因は、陸上競技場整備事業や小学校維持補修費などによるものです。

 次に、災害復旧費は40億9,371万8,000円となり、前年度に比べ4億2,559万4,000円、11.6%の増です。主な要因は、道路等復旧関連事業や道路冠水対策事業などによるものです。

 次に、13ページの表をご覧ください。

 一般会計の性質別の歳出決算について主なものを説明します。

 義務的経費のうち職員給などの人件費は107億2,655万7,000円となり、前年度に比べ9億8,379万5,000円、8.4%の減です。主な要因は、総合事務組合負担金の支出がなかったことによるものです。

 一方、扶助費は104億3,199万9,000円となり、前年度に比べ7億7,307万8,000円、8.0%の増です。主な要因は、生活保護費などによるものです。

 また、公債費は34億3,621万5,000円となり、前年度に比べ3億3,130万2,000円、8.8%の減です。主な要因は、総合体育館建設事業などの償還終了によるものです。

 次に、経常的経費です。

 物件費は180億4,701万7,000円となり、前年度に比べ7億7,329万5,000円、4.5%の増です。主な要因は、ファシリティマネジメント調査検討経費や公園維持管理費などによるものです。

 また、維持補修費は21億3,661万1,000円となり、前年度に比べ15億5,771万4,000円、269.1%の増です。主な要因は、小学校維持補修費などによるものです。

 一方、補助費等は30億3,012万6,000円となり、前年度に比べ2億257万2,000円、6.3%の減です。主な要因は、被災者住宅等再建支援補助金などによるものです。

 次に、投資的経費です。決算額は163億8,940万5,000円となり、前年度に比べ77億6,841万3,000円、90.1%の増です。主な要因は、庁舎等建設事業をはじめ陸上競技場整備事業や災害復旧事業などによるものです。

 最後になりますが、15ページに決算カードを載せてありますので、後ほどお目通しをいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(深作勇君) 以上で当局より提案理由の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 休会の件



○議長(深作勇君) 日程第2、休会の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 明日より9月10日までの6日間は、議案調査のため休会とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(深作勇君) ご異議なしと認めます。よって、明日より9月10日までの6日間は休会とすることに決定いたしました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 9月11日は定刻より会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。



△散会(午前11時36分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 1.開会

 1.開議

 1.議席の変更

 1.議長の報告

 1.会期決定の件

 1.会議録署名議員の指名

 1.市長の挨拶

 1.日程第1 議案第1号ないし議案第24号及び認定第1号

        (提案理由の説明)

 1.日程第2 休会の件

 1.散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員

     第1番  元木美奈子        第2番  美勢麻里

     第3番  広瀬明子         第4番  柳 毅一郎

     第5番  折本ひとみ        第6番  吉村啓治

     第7番  岡野純子         第8番  毎田潤子

     第9番  小林章宏        第10番  末益隆志

    第11番  秋葉 要        第12番  一瀬健二

    第13番  中村理香子       第14番  水野 実

    第15番  西山幸男        第16番  岡本善徳

    第17番  西川嘉純        第18番  宝  新

    第19番  宮坂奈緒        第20番  辻田 明

    第21番  深作 勇

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席説明者

  市長       松崎秀樹      副市長      中村 健

  副市長      石井一郎      教育長      細田玲子

  教育委員会事務局理事         市長公室長    長峰敏幸

           小鍛治周二

  総務部長     工藤陽久      総務部参事(総務部次長)

                              露木智広

  財務部長     及川 力      市民経済部長   石川豪三

  健康福祉部長   新宅秀樹      こども部長    金子 昇

  都市環境部長   大塚伸二郎     都市整備部長   菊地良一

  都市整備部復旧・復興担当部長     会計管理者    角田義弘

           宇田川義治

  消防長      大塚 等      教育総務部長   鈴木忠吉

  生涯学習部長   石田和明      監査委員事務局長 米本慎一

  財務部次長    小檜山 天     生涯学習部次長  石井正幸

  秘書課長     花田 文

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

  議会事務局長   小澤壮司      議事課長     佐藤栄一

  議事係長     折本英明      副主査      文違敏枝

  主任主事     圖司 淳