議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富津市

平成18年12月定例会−12月08日-05号




平成18年12月定例会

 平成18年12月招集
               富津市議会定例会会議録(第5号)

                   議 事 日 程
            平成18年12月8日(金) 午前10時開議

日程第1 議案第1号ないし議案第13号
     (総括質疑、委員会付託)
日程第2 休会について

〇本日の会議に付した事件
1.開  議
1.議案第1号ないし議案第13号
  (総括質疑、委員会付託)
1.休会について
1.散  会

〇出席議員
 1番 大 野 裕 二 君   2番 岩 本   朗 君   3番 長谷川   剛 君
 4番 石 井 志 郎 君   5番 藤 川 正 美 君   6番 澤 田 春 江 君
 7番 永 井 庄一郎 君   8番 中 後   淳 君   9番 平 野 明 彦 君
 10番 鈴 木 幹 雄 君   11番 福 原 敏 夫 君   12番 竹 内   洋 君
 13番 長谷川 恒 夫 君   14番 小 林 新 一 君   15番 岩 崎 二 郎 君
 16番 平 野 良 一 君   17番 鈴 木 敏 雄 君   18番 平 野 隆 司 君
 19番 三 平 正 昭 君   20番 高 橋 謙 治 君   21番 高 梨 良 勝 君
 22番 嶋 田 政 市 君

〇欠席議員
 なし

〇出席説明員
 市長        佐久間 清 治 君   助役        平 野 和 夫 君
 収入役職務代理者  正 司 行 雄 君   水道事業管理者   三 平 稔 純 君
 教育長       黒 川   逸 君   総務部長      小 澤 俊 平 君
 総合政策部長    綾 部 正 吉 君   財政部長      吉 田 和 男 君
 市民福祉部長    池 田 泰 夫 君   経済環境部長    稲 村 治 助 君
 建設部長      中 島 照 夫 君   農業委員会事務局長 丸   若 夫 君
 監査委員事務局長  丸   繁 雄 君   消防長職務代理者  松 井 朝 市 君
 教育部長      渡 辺 眞一郎 君   水道部次長     小 川 三 雄 君
 総務部次長兼選挙管理委員会事務局長
           長谷川 友 宏 君

〇出席事務局職員
 事務局長      馬 場 勝 行     事務局参事     金 井   茂
 庶務課長補佐    古 宮 浩 二     庶務課副主幹    鈴 木   茂

          ─────────────────────────

                   開     議

            平成18年12月8日 午前10時00分開議
○議長(嶋田政市君) ただいまから本日の会議を開きます。

          ─────────────────────────

                議案第1号ないし議案第13号

○議長(嶋田政市君) 日程第1、議案第1号から議案第13号までを一括議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして、総括質疑に入ります。質疑ございませんか。15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 2点、伺います。議案第5号 千葉県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議についてでありますけれども、これは広域連合の規約の制定と広域連合の設置を協議する案件であります。この中で、どういう機構がつくられるのか、お聞きしたいということと、この構成の中に職員が入っているわけですけども、どういう職員が入るのか。
 もう一点は、情報公開の規定といいますか、どうなるのか、まずお聞きします。
○議長(嶋田政市君) ただいまの質問に対する答弁を求めます。市民福祉部長、池田泰夫君。
◎市民福祉部長(池田泰夫君) お答えを申し上げます。広域連合の機構の御質問でございますけれども、今回5号でお願いしてございますのは、規約、要するに基本となるものでございます。この中で、まず補足で御説明申し上げましたけれども、この広域連合の議会の議員が各市町村から、県下56団体でございますので、56名と、こういうことになるわけでございます。そして、執行機関と申しますか、それにつきましては広域連合長、副連合長、あるいは会計の責任者、監査と、こういうふうなことになって、これの補助機関として職員を置くという形になってくるわけでございます。なお、詳細につきましては、今後、この規約の承認を得た後、規定等でそれを整備していくと、こういうことになろうかというふうに考えております。また、この組織についての具体的なものについては、まだ私どもの方には示されておりませんので、御了解を賜りたいと存じます。よろしくお願いいたします。
 もう一点、情報公開につきましては、どのような形でやってくるかということについては、この規約上でも定められておりませんので、当然ながら今後の中で規定等は出てくるんではなかろうかというふうに考えておりますが、まだ私どもの方へはどのような形でやるというようなものを示されておりません。また、今後、今、準備室の方で種々検討されておりますので、そういう形の中で、そういう議論も当然ながら出てくるということで私どもの方は考えておりますが、そういう機会を通じて、また反映してまいりたいというふうに考えております。
 職員につきましての御質問もございましたが、職員については一部、各市町村からの出向ということもあるようでございますけれども、今のところ、どういう形でそれがなるかということについては、まだ明解に出ていないところでございます。
                 〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) いずれにしろ、全県の市町村をまとめる、要するに県にかわる広域連合をつくろうというんですね。ですから、そこのメンバーが大事になってくると思うんです。議員が1人ずつ出るということなると、これは憶測ですけども、議長あたりとなるわけですよね。執行部の方はどのくらいになるか、全員の市長、出ないでしょうから、何人かの市長と、こういうふうになるわけですね。処理する事務というのが、いろいろな基本的なところはそこで決めるんですね、保険料とか、こうやりましょうとかね。市町村の方は決まったことをどう実行するかと、こういう事務というか役割分担になっているようです。それに伴って必要経費を人口割、いろいろ割合によって負担すると、そういうことなんです。
 一つは、そういうことを決めるあれですから、大事な例になるわけですね。私は、これは例は悪いかもしれないけれども、君津中央病院が大きくなったような組織になるわけですから、情報公開が大事になるんじゃないかと。行った議員も大変ですよね。その状況をつかんで、富津市にこういう状況になって、こうなっていると説明しなくちゃいけないという問題も出てくると思いますので、それをお聞きしたわけです。
 職員は、今、各市1人というと56人ということになるんですけども、多分、これは県絡み、場合によっては国絡みのあれが入ってくるのかなという感じするんでお聞きしたわけです。
 それと経費の負担割合ですよね。これは法律で決まっているから、こういうふうにやるんでしょうけども、医療給付費とか、保険料の納付とかということになってきますと、きのう質問で言ったように、最終的には保険料を払えない人が当然出てくるわけですね。また、資格証明証、短期保険者証と、こういう問題になるわけです。これをどこでどう処理するか、その辺は大まかでいいんですけど、お聞きしたいと思っているんですけど。
○議長(嶋田政市君) 市民福祉部長、池田泰夫君。
◎市民福祉部長(池田泰夫君) 今の資格証絡みの御質問でございますけれども、まず参考までに申し上げますと、国民健康保険税は当然、市が保険者でございますので、そこら辺には裁量権というものがありまして、独自にどの程度の未納があった場合は資格証にするのか、短期保険証にするのかというものがあるわけでございますけども、これは千葉県下1本でございますので、当然ながら市町村の裁量というのは、この中には入ってこないものと私どもの方は今、考えております。もし市町村の裁量が入ってきますと、千葉県下56市町村がばらばらの取り扱いになるということは、これは不公平になりますので、当然、一定の基準が適用されるというふうに考えております。そういう中では、どのような形で、どのような基準でということも、今後の大きな課題であろうというふうに考えております。
 また、市町村で取り扱う事務につきましては、その判定は当然、広域連合の方でされるということになるというふうに私は考えますけれども、そういうものの交付あるいはすべてのそういう給付金の申請、そういうことを市町村で行うというふうになると私は考えております。
 この市町村で取り扱う事務につきましては、議員お手元にお持ちだと思いますが、この規約のつづりの16ページに市町村が取り扱う事務というのが大まかに示されて、6項目示されておりますが、これについても具体的に今後どういう基準でどういうふうにやるかというのが詰められて、56市町村が統一された形の中で進められるものと考えております。
 ただ、この規約上では、あくまでも6項目が市町村が行うんだよということしか示されておりませんので、より具体的な運用、取り扱いを示していただく。そして、市町村がこれによってばらつきのないような事務の取り扱いが必要であろうと、このように考えております。
                 〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) もう一点は、議案第10号の一般会計補正予算ですね。ここの13ページに載っております民生費の児童福祉費の中で扶助費、乳幼児医療扶助費 548万 6,000円計上されておりますけども、この計算の基礎をお伺いします。
○議長(嶋田政市君) 市民福祉部長、池田泰夫君。
◎市民福祉部長(池田泰夫君) お答えを申し上げます。今回の補正の 550万 9,000円の補正でございますが、これは乳幼児医療の医療費給付に係るものでございます。これにつきましては、きのうの一般質問でご答弁申し上げたところでございますが、県の乳幼児医療の要綱に沿いまして、私ども8月1日から3歳以上の入院、今まで7日以上だったのですが、これを1日以上に拡大したところでございます。これに係る経費を当初では見込んでございませんでしたので、今回の12月補正でお願いをするものでございます。
 なお、この対象者の人数でございますが、今まで7日であったものでありましたので、これを当初から1日は見込んでおりました。そういう見込みの中の人数では、全体で 1,073人と当初的につかんでおりますので、この数字でまず補正をお願いしているということでございます。
                 〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) この人数の関係ですね。今まで 1,073人の基礎ですね。7日以上はわかったわけですね。そんなに人数いないと思うんですけども、この 1,073人、これはどういう計算で出たんでしょうか。あるいは、今までのデータで調べたんでしょうか。要するに、小学校入学まで入院でかかった方の人数わかると思うんですけど、その辺、お聞きしたいんですけど。
○議長(嶋田政市君) 市民福祉部長、池田泰夫君。
◎市民福祉部長(池田泰夫君) お答え申し上げます。人数の関係ですが、当初でも1日は 1,073人としてカウントされているんですね。今まで7日以上ということで、当初ではその人数が入ってたんですね。その 1,073人が7日じゃなくて1日に拡大されたということですので、当初からこの 1,073人という数字は動いていかないというふうに解釈いたしたいと思います。
 なお、この 1,073人は、今までの実績等、それらをすべて勘案した中で積算してあると、こういうことでございます。
               〔わかりました」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) ほかにございますか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) ほかに質疑もないようでございますので、総括質疑を終結いたします。

          ─────────────────────────

                    委員会付託

○議長(嶋田政市君) ただいま議題となっております議案第1号から議案第13号までにつきましては、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託をいたします。
 なお、付託されました常任委員会におきましては、休会中の日程に従い御審査をいただき、最終日に報告願います。


                    議案付託表
〇総務常任委員会
 議案第1号 富津市副市長定数条例の制定について
 議案第2号 富津市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について
 議案第3号 行政組織の改編に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
 議案第4号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
 議案第6号 君津郡市広域市町村圏事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について
 議案第7号 君津広域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について
 議案第10号 平成18年度富津市一般会計補正予算(第4号)について
       (議会委員会条例第2条第1号該当のもの)
〇教育福祉常任委員会
 議案第5号 千葉県後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議について
 議案第8号 君津中央病院企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について
 議案第10号 平成18年度富津市一般会計補正予算(第4号)について
       (議会委員会条例第2条第2号該当のもの)
 議案第11号 平成18年度富津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について
 議案第12号 平成18年度富津市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について
〇建設経済常任委員会
 議案第9号 君津富津広域下水道組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について
 議案第10号 平成18年度富津市一般会計補正予算(第4号)について
       (議会委員会条例第2条第3号該当のもの)
 議案第13号 市道路線の認定について

          ─────────────────────────

                   休会について

○議長(嶋田政市君) 日程第2、休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。委員会審査のため、11日から15日まで、18日及び19日の7日間を休会といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(嶋田政市君) 御異議なしと認めます。よって、11日から15日まで、18日及び19日の7日間は休会と決しました。

          ─────────────────────────

                   散     会

○議長(嶋田政市君) 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は12月20日午前10時から会議を開きますので、念のため申し添えます。
 本日はこれにて散会といたします。

                 午前10時14分 散会