議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富津市

平成18年 3月定例会−03月13日-03号




平成18年 3月定例会

                  平成18年3月招集
               富津市議会定例会会議録(第3号)

                   議 事 日 程
            平成18年3月13日(月) 午前10時開議

日程第1 一般質問
     (代表質問)

〇本日の会議に付した事件
1.開  議
1.議長の報告
1.鈴木幹雄君の代表質問
1.福原敏夫君の代表質問
1.鈴木敏雄君の関連質問
1.平野明彦君の関連質問
1.散  会

〇出席議員
  1番 大 野 裕 二 君    2番 岩 本   朗 君    3番 長谷川   剛 君
  4番 石 井 志 郎 君    5番 藤 川 正 美 君    6番 澤 田 春 江 君
  7番 永 井 庄一郎 君    8番 中 後   淳 君    9番 平 野 明 彦 君
 10番 鈴 木 幹 雄 君   11番 福 原 敏 夫 君   12番 竹 内   洋 君
 13番 長谷川 恒 夫 君   14番 小 林 新 一 君   15番 岩 崎 二 郎 君
 16番 平 野 良 一 君   17番 鈴 木 敏 雄 君   18番 平 野 隆 司 君
 19番 三 平 正 昭 君   20番 高 橋 謙 治 君   22番 嶋 田 政 市 君

〇欠席議員
 21番 高 梨 良 勝 君

〇出席説明員
 市長        佐久間 清 治 君   助役        長谷川 満 雄 君
 収入役       三 平 榮 男 君   教育長       黒 川   逸 君
 水道事業管理者   嶌 津 久 夫 君   総務部長      平 野 和 夫 君
 総合政策部長    小 澤 俊 平 君   財政部長      高 橋   聖 君
 市民福祉部長    綾 部 正 吉 君   経済環境部長    吉 田 和 男 君
 建設部長      三 平 稔 純 君   参与兼秘書室長   稲 村 治 助 君
 農業委員会事務局長 正 司   勲 君   選管・監査事務局長 丸   繁 雄 君
 消防長       佐 藤   一 君   教育部長      笹 生 憲 平 君
 水道部次長     小 川 三 雄 君   総務部次長     長谷川 友 宏 君

〇出席事務局職員
 事務局長      馬 場 勝 行     庶務課長      金 井   茂
 庶務課長補佐    古 宮 浩 二     議事係長      鈴 木 康 夫

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   開     議

            平成18年3月13日 午前10時00分開議
○議長(小林新一君) ただいまから本日の会議を開きます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  議 長 の 報 告

○議長(小林新一君) 日程に入るに先立ち、私から報告をいたします。
 本日13日の一般質問は、新世紀の会並びに賢政会の代表質問を行います。また、明14日及び15日は個人質問を行いますので、御了承願います。
 以上で私からの報告を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  鈴木幹雄君の代表質問

○議長(小林新一君) 日程第1、一般質問。
 これより代表質問を行います。先例により、通告してあります質問を許可します。質問時間は、答弁及び関連質問を含めて 120分以内とし、関連質問は会派代表質問通告者が全員質問を終了した後、発言を許可しますので、念のため申し添えます。
 初めに、新世紀の会の代表質問を許可します。10番、鈴木幹雄君の発言を許可します。10番、鈴木幹雄君。
                (10番 鈴木幹雄君登壇)
◆10番(鈴木幹雄君) 皆さん、おはようございます。議席番号10番、新世紀の会、鈴木幹雄でございます。新世紀の会は、市長の施政方針を受け、通告申し上げました項目に沿い、新世紀の会を代表して私が質問に立たさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、国内の経済も少しずつ上向いてきているようでございますが、なかなか一般の私たちまで実感として感じてこないのが現実であります。我が富津市においても、平成16年度から平成20年度までの5カ年の収支見込みを見たときに、46億円の財源不足が予測されたところでありましたが、平成17年10月に作成された収支見込みでは、歳入において鉄鋼関連企業による市税や地方譲与税などが増収方向に転じ、また歳出において退職者の増によるなどの人件費の削減などによって5カ年の財源不足が16年度程度までに縮減されたことで、財政再建団体への転落の心配が薄れたとの判断をされ、市長は平成17年11月21日の全員協議会において、6年ぶりに財政非常事態宣言の解除をされたところであります。しかし、非常事態の解除をしたとはいえ、まだまだ厳しい財政状況の中にあることは間違いないと思います。
 さて、そういった状況の中で、市長は2度目の予算編成をされたところでございますが、市長は平成18年度当初予算の中で市民のために何をしようとするものでしょうか。また、18年度予算は市長にとってどんな予算編成であるのか、まずお聞かせをいただきます。
 次に、施設整備についてお伺いをいたします。
 まず、1つ目として、市長の公約でもある複合施設についてでございますが、庁内検討委員会で検討中と伺っておりますが、どんな検討がなされてきたのか、お聞かせをいただきます。
 2つ目として、観光の振興策の一つでもある集客施設計画がありますが、この計画についての調査、検討内容をお聞かせいただきます。
 3つ目として、以前、質問させていただいております消防本部庁舎整備計画についてでございますが、既に結果が出ているようでございますので、それについてお聞かせをいただきます。
 4つ目として、学校施設整備計画についてでございますが、平成18年度に耐震優先度調査をされる計画があるそうですが、その調査内容をお聞かせいただきます。
 次に、まちづくり交付金事業についてお伺いをいたします。この事業は、基本構想における富津市のまちづくりの基本となる神明山、山王地区の区画整理事業ができなくなったことで面整備から線整備へと方向転換をし、まちづくり交付金事業へと動き、青堀駅周辺整備を行うというもので、先日、全員協議会において青堀駅周辺の都市再生整備計画の説明があったところでございますが、どんなまちづくりになるのか、お聞かせをいただきます。
 次に、企業誘致についてお伺いをいたします。本市になかなか企業誘致が進まなかったわけでございますが、木更津港がリサイクルポートの指定を受けてから自動車のリサイクルなど、エコ産業の進出が始まり、企業誘致に光明が差してきたように思います。そこで、企業誘致の現況をお聞かせいただきます。
 次に、観光施策についてお伺いいたします。我が市は、海、山、川など自然が豊かで観光資源に恵まれており、観光に力を注ぎ、観光で生きていくような話は今まで何度か聞いております。しかし、どこに力を注ぎ入れてきたのかよくわからないのが現実であります。また、館山道の全面開通が平成19年度あたりとも伺っているところであり、富津市の地域性に合った観光施策を一日も早く実施することが必要不可欠と思います。そこで我が市の観光施策についてお考えをお聞かせいただきます。
 次に、社会福祉の中の保険医療の充実として、乳がん検診についてお伺いいたします。最近は、若い女性の乳がん発生率が高くなっているとも聞くところでありますが、女性にとって乳がんはとても恐ろしい病気であると認識いたしております。市は、健康づくり課で乳がん検診を実施されておりますが、その内容についてお聞かせをいただきます。
 次に、介護保険制度についてお伺いをいたします。介護保険制度は、平成15年に第2次介護保険計画が実施され、さらにこの平成18年度には第3次介護保険計画の中で制度改正が行われ、保険料の改定や介護サービスなどの内容が変わるようでございますが、その制度改正の内容についてお聞かせをいただきます。
 次に、市長の市政運営の基本でもある市民と対話をするまちづくりについてお伺いをいたします。佐久間市長は、市長に就任されてはや1年5カ月がたとうとしているところでありますが、市長の基本でもある市民と対話するまちづくりをこの1年5カ月間の間、どのようにされてきたのかお伺いをいたしまして、私の1回目の質問といたします。どうか、実のある質疑とさせていただきたく、前向きで建設的な御答弁をお願い申し上げます。
○議長(小林新一君) 鈴木幹雄君の質問に対する答弁を求めます。市長、佐久間清治君。
                (市長 佐久間清治君登壇)
◎市長(佐久間清治君) 鈴木幹雄議員の御質問にお答えいたします。
 施政方針についてのうち、平成18年度当初予算の中で市民のために何をしようとするのか、及び平成18年度予算は市長にとってどんな予算編成であるのかについての御質問にお答えいたします。
 平成18年度の予算編成は、私が市長に就任して2回目の当初予算編成でありますが、施政方針の中で申し上げましたように、市政運営に当たっての5つの柱をもとに18年度中の事務事業を遂行してまいりたいと考えております。
 また、18年度予算編成に当たりましては、第2次基本計画に沿った編成に努めたところであり、誠実、対話、実行により「よりよい富津市づくり」、「いきいとした富津市づくり」の実現を目指した中で、市民福祉の向上につながる予算編成に努めたところであります。
 次に、施設整備についてのお答えをいたします。
 まず、健康福祉総合支援センターと図書館の複合型施設の検討経緯についてですが、庁内に設置しました(仮称)福祉・教育施設整備促進検討委員会において、概略規模や施設構成、整備手法等の検討を進めているところでありまして、本年度中に施設整備の基本構想を取りまとめの上、平成18年度にはこれをもとに専門機関に調査委託し、技術的に裏づけられたより詳細な施設整備基本計画を策定したいと考えております。
 次に、特産物販売施設等集客施設の整備と今後のスケジュールにつきましてお答えいたします。議員も御承知のように、現在、検討委員会及び調査検討部会を設置し、検討を重ねております。調査検討部会では、集客施設の施設内容や規模、また設置場所等、活発な意見交換がなされ、今月中には総括されました御意見が中間報告として提出される予定となっております。また、今後のスケジュールといたしましては、調査検討部会において施設の規模や運営方法、設置場所の具体的な検討をしていただいた上で、集客施設の建設を進めてまいりたいと思います。
 次に、消防本部庁舎の整備についての御質問にお答えいたします。消防本部庁舎につきましては、昭和49年に建設し築31年が経過する中で、老朽化もかなり進んでおるのが実情でございます。消防本部庁舎は、市民の安全と安心を守る防災拠点として十分な災害対策機能が求められており、施設の整備を行う必要があると考えております。現在、庁内に消防庁舎整備促進検討委員会を設置し検討をいたしておりますので、御理解を賜りたいと存じます。
 次に、今後の学校施設整備につきましては、教育長より答弁いたさせます。
 次に、まちづくり交付金事業についてお答えいたします。青堀駅周辺の歴史・文化・自然環境などの特性を生かし、地域住民の生活の利便性向上と地域経済・社会の活性化を図るためにまちづくり交付金を積極的に活用し、計画的な整備によりにぎわいと活力のあるまちづくりを進めるため、平成18年度より平成22年度までの5カ年で基幹事業としての青堀駅東口第1号線整備事業を含む道路事業5路線、史跡情報板設置等の地域生活基盤施設の整備を初め、提案事業として交通安全施設整備事業や文化財ガイドブック作成事業などを実施ていく計画としています。
 次に、企業誘致についての御質問にお答えいたします。本市の企業誘致につきましては、臨海部と内陸部があります。そのうち、臨海部においては分譲予定地 380ヘクタールのうち平成16年度までに83.4%に当たる 317ヘクタールが分譲され、本年度はこれまでに製造業等5つの企業へ4.24ヘクタールが分譲され、分譲面積の割合は84.5%となっております。現在、このほかにも数社から進出の相談を受けており、今後、十分精査した中で優良企業の誘致を図り、雇用の確保、定住人口の増加に結びつけてまいりたいと考えております。
 次に、内陸部につきましては、吉野・大貫地区に出光興産株式会社が所有しておりました研究生産施設用地を、岐阜県に本社を置く三甲株式会社が平成17年12月に買収し、現在、土地利用に関する変更手続中であり、詳しい計画内容については聞いておりませんが、プラスチックのコンテナ等の製造を行いたいとの意向であり、早ければ年内にも建設に着手したいとのことであります。
 次に、浅間山砂利採取跡地ですが、19年度には富津中央インターチェンジと君津インターチェンジ間も供用開始となることから、今後とも社会情勢を注視しながら早期に有効活用が図られるよう、関係企業へ働きかけてまいります。
 なお、企業誘致とは異なるかもしれませんが、リゾートビラ富津につきましては、来年度早期に工事を再開するものと聞いております。
 次に、観光施策についての御質問にお答えいたします。観光の推進につきましては、現在、県において温暖で豊かな自然を生かした観光地づくりの実現に向けて観光立県千葉を目標に戦略プロジェクトを展開中であり、県内全市町村を挙げて3カ年のキャンペーンを実施しております。
 また、近年の観光の動向といたしましては、少子高齢社会の到来やニーズの多様化によりさまざまではあるものの、個人個人それぞれの趣向に合わせて心の深い満足や健康の回復など、いやしや安らぎを求める方向にあります。
 当市は温暖な気候と豊かな自然、新鮮で豊富な食材、自然体験や健康づくりに適した施設もあることから、新しい価値観や多岐にわたる需要にこたえられる観光資源を有していると考えます。これらの方向を見据えつつ、自然と調和のとれた観光施設の整備や農林漁業と結びついた体験型観光の推進を図るとともに、観光関連団体の組織強化を図り、地域の力を結集した観光を推進してまいります。
 次に、社会福祉施策についての御質問にお答えいたします。乳がん検診については、平成17年度から40歳以上の受診希望者を対象に集団検診による乳房エックス線検査、一般的にはマンモグラフィ検査を実施しておりますが、平成18年度においても、本年度と同様に行う予定であり、超音波検診につきましては、その効果等を総合的に判断して、その実施方法をよく検討してまいります。
 次に、介護保険制度がどう変わるのかについてでありますが、今回の介護保険法の一部改正は、制度発足から5年目の大幅な改正でありまして、高齢者の自立支援、尊厳の保持を基本としつつ、制度の持続可能性を高めていく改正であります。当市では、要支援、要介護状態になるおそれのある高齢者を対象とした介護予防事業の地域支援事業を平成18年度から実施いたします。また、要支援、要介護状態の方々がこれ以上悪化することを防止する介護予防事業の介護予防給付を、地域包括支援センターの設置を含めて、平成19年度から開始いたします。
 次に、介護保険料でありますが、平成15年度から平成17年度の介護給付費の推移と今回の法改正を織り込み、平成18年度から平成20年度までの介護保険料は月額 3,480円となります。また、サービスの内容についての改正は、さきに述べたサービスのほかに地域密着型サービスが創設され、要介護者の住みなれた地域での生活を支えるため、当市では平成18年度から富津地区、大佐和地区、天羽地区に日常生活圏域を設定し、きめ細やかなサービスを展開することになります。
 次に、対話によるまちづくりについての御質問にお答えいたします。まちづくりを進めていく上で市民の皆様からの御意見は大変貴重なものと考えております。このことから、従来から行っていた地区懇談会や各種団体との懇談会などのほか、対話集会につきましては昨年11月に天羽中学校において生徒会役員と21世紀の富津市をどのような市にしたらよいかをテーマに話し合いを行いました。また、本年2月に富津地区3小学校の少年野球に参加している児童の母親と豊かな心をはぐくむ子育て環境についてをテーマに話し合いを行いました。今後も、市内4中学校はもとより、各世代、各階層の皆さんとの対話集会をふやしていきたいと考えております。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
                 (教育長 黒川逸君登壇)
◎教育長(黒川逸君) 私から、施設整備についての御質問のうち、今後の学校施設整備についてお答えいたします。
 市内小・中学校の校舎等の施設整備につきましては、昭和56年5月以前に建築された3階建て 1,000平米以上の建物の学校施設耐震化優先度調査を進め、その調査結果をもとに教育委員会といたしましては学校統廃合の方針を十分考慮に入れ、老朽建物の大規模改造等を行い、教育環境の整備を進めてまいりたいと考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 市長よりの答弁、また教育長よりの答弁、まことにありがとうございました。それでは、これより再質問をさせていただきます。順番に沿って再質問させていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。
 まず、複合施設の関係についての再質問させていただきます。この複合施設につきましては、答弁にもございましたように、平成18年度には教育委員会の中に複合施設建設推進課というものが設置されるようでございますが、この新たに設置される課はどんなことでこの新しい課を設置しようとするものなのか、お聞かせをいただきます。
○議長(小林新一君) 教育部長、笹生憲平君。
◎教育部長(笹生憲平君) 検討委員会の中である程度のというか、基本的な考え方というのを詰めてきたわけでございますけど、今後は市長の複合施設の建設という強い意思があるわけでございまして、それに沿うような形での推進課というものを教育部内に建設をすると。建設する中で、18年度に新たにその予算を組んだところでございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 当然、市長の公約でもある複合施設のことでございますから、積極的な形の中で検討がされてきておるかと思います。平成18年度には、予算的にも 890万円とってあるわけでありますので、こういった中でのいろいろと進行がされるというふうに認識しておりますが、こういった建設推進課を設けるということは、この複合施設、この建設の可能性はかなりの可能性を持った中で進めていくというふうに認識してよろしいんでしょか。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) お答えいたします。そのとおりでございます。基本計画の中でもそれなりの位置づけをしてございます。以上です。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いろいろな行政が箱物をつくる場合、またこういった複合施設、または学校関係の建設、いろいろな建設のものがあるわけですけれども、この複合施設の必要性または優先度、こういったものを考えたときに、今、富津中学校の改築の問題があるわけでございますけれども、学校施設、またはこういった複合施設、こういったものをあわせて考えたときに、この優先度、こういった部分を改めてとらえたときには、例えば学校施設とこの複合施設、どっちが優先度が高いかというふうに解釈をされているかどうかをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) お答えいたします。どちらが優先かということについては、確としたことは言いかねますが、はっきり言えば、両方ともぜひ必要なものというふうに考えております。しかしながら、整備の状況は富津中学校はもう既に建設の段階である、複合施設の場合はこれから基本構想から1段ずつ高めていくものですから、そういう意味であれば、富津中学校の方が先行してるということは言えるかと思います。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 私が今申し上げましたのは、富津中学校の改築の工事は、今回、18年度から計画どおり進んでいくわけでありますけれども、富津中学校以外の学校で老朽化をしたり、または大変傷んで、すぐにでも修理しなきゃならないと。または、いろいろな施設がまだ足らない、そういった学校も現実ある中で、教育という問題をとらえたときに、教育の施設、これは富津市の中である小・中学校の児童・生徒、これは皆さん、公平、平等の中での施設整備だとか、またはそういった環境整備をして、皆さんが本当に平等の中での学習、勉強していだたくということが、まずもって非常に大事ではないのかなという観点から今、お聞かせをいただいたわけであります。ですから、確かに学校の環境も大事、また福祉総合施設、こういったものも大事、これはよくわかります。ただ、教育施設、これは子供たちのことということをよく言われるわけですので、そのあたりをもう一度、御答弁いただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 市長、佐久間清治君。
◎市長(佐久間清治君) 今、総合政策部長の方からお答えが出たわけでございますけれども、両施設、大変必要な施設であります。また、複合施設につきましては、図書館については自治体として、市として整備してない市と言われて、皆さんから長年の間、要望が強かった施設であります。そういう点から、ぜひ図書館は設立したい、建設したいと。それにつきましても、近隣、同じような規模のものが、あるいは同じような程度の図書館ではもったいないと。ですから、富津市は特色のある図書館、あるいは施設にしたいと。そういうことで保健福祉の関係と複合して建設したいと。そうしますと、高齢者から小さい子供さんまで一緒にその施設で活動することができる。それによって、また図書館についても現代的な施設を装備した特色のある図書館をつくりたいということで考えたわけでございます。
 学校につきましては、議員おっしゃるとおり、教育は非常に大切なところでございます。今、18年度予算に耐震化優先度調査を盛り込んでございます。その調査によりまして、どこがどういうふうな整備が必要なのか、それが出てまいります。それによって、また学校については整備の計画を進めていきたいというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、御答弁いただきましたような内容で私もよくわかるんですけれども、学校関係、特に整備というものを最優先度をつけていただきまして、学校関係に積極的な整備を推進していただけるようにお願いをしておきたいと思います。
 それでは続いて、集客施設についての御質問をさせていただきます。この集客施設は、地場産業の活性化、こういったものの中で特産物の販売施設等の設置計画、調査研究を進めておるわけでありますけれども、今までも何度も同じような話を聞いております。そういった中で、先ほど御答弁がありましたけれども、検討委員会の中で内容的には、規模だとか場所だとか、いろいろなものを今、検討しておりますよと。今月中には中間報告をされるようであります。しかしながら、こういった問題はできるだけ早く動いていただいて、施設整備を図る。そうでないと、自治体間の競争だとか、地域間の競争の中で置いていかれてるような感じがいたします。そういったことで、南房総の玄関口という好立地条件を有効に生かしていくために積極的に動かなきゃならないと思いますので、そのあたりの考え方をお聞かせいただきいたと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 議員言われるとおり、一刻も早く建設したいというふうなことで考えておるわけでございますけども、検討委員会あるいは調査部会を設置いたしまして、我々机上では考えられないようなことも出てきておりますので、それらも参考にして建設を進めたいというふうに考えているところでございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) この集客施設は、観光または地場産業、こういったものとリンクをさせて地域の活性化と観光客の誘致、こういったものに大きく寄与できるものであろうかと思います。そこで、提案的な話になりますけれども、内陸部につきましては、一つには浅間山がポイントであろかと思います。館山道の全面開通を間近にして富津中央インターなどからもこの浅間山周辺の集客施設、こういったものを考えるのが一つあろうかと思います。例えば、富津中央インターを活用して浅間山の砂取跡地への集客施設の設置、これは大きな目玉となりますから、そういったことが一つあろうかと思います。今、砂の採取業者、将来のことを思いまして事業の転換を真剣に考えて動いているところもあります。そういったことで、こういったいろんな事業者といろんな話しをする機会を設けて、官民が一体となって地域の活性化をどうしたらいいんだということで、研究、またそういった話し合いをしてみるというのも一つですが、そのあたりいかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 検討部会の中では、市有地を使っての施設建設が望ましいというふうな意見も出てるところでございます。具体的にはこれから検討していただくわけでございますけども、今、議員が言われました浅間山周辺、そこら辺もターゲットにはなるかと思います。その時点において事業者と話し合うことも必要かと思っております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いろんな形の方から、いろんな方向から検討していただくのがいいかと思います。
 内陸部でもう一つ、市南部においては金谷の温泉、これが資源的には非常に有効な資源であろうかと思いますが、今、金谷の温泉の利用が頻度が低下している、そんな状況にあろうかと思います。この温泉を活用した集客施設を館山道の利用者が立ち寄れるような形のものとして設置をするというのも一つかと思います。金谷のどこか景観のいいところ、海や鋸山が見える、そういったいい場所がもしあれば、そういったところに設置するというのも一つかと思いますが、こういった考え方、どうでしょうか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 検討部会の中でも、この集客施設を建設を進めるには近隣にない独自性のものをやっていかなければ集客は難しいだろうというふうな意見も出されているところでございまして、その部会の中でそういうことも提案して考えていきたいというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) それから、もう一つ、臨海部の方の提案的なものですが、私、前々から臨海部においてはこういう集客施設については海の駅というネーミングでやったらどうかということでお話をさせていただいたところでございますけども、こういった海の駅構想、フィシャーマンズワーフ、地元でとれた魚介類、こういったものを売るような施設、こういったものあわせてつくってみるというのも一つかと思いますが、この臨海部についてはいかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) それも含めて部会で検討してもらうというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、今、提案的なものが今後、検討部会の方で、いろんな形の方から、いろんな方向から検討していただけたらと思います。
 そこで、こういった集客施設、行政がつくって民間組織が運営する、こういったものが結構、近隣にはあるわけでございますが、こういった検討している中では、集客施設を市がつくる、そういった方向も考えていらっしゃるのかどうか、お聞かせいただきます。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 議員、今言われたように、市がつくって民間に営業をお願いするという方法も一つあろうかと思いますし、また民間が独自で施設をつくって、そういうものをやりたいということも聞いたことございますので、そこら辺も両方あわせた中で検討していくというふうに考えてます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、御答弁では、市がこういったものをつくる、または民間がつくる、両方の考え方あわせて検討していかれるというお話でございました。私は直接耳にしたわけでございますが、こういった施設を行政がつくって民間が活用し、一生懸命、地域経済の活性化のために民間が働いていくという形のものを、人のふんどしで相撲をとると、こういったふうに行政が考えていらっしゃる部分かあるかどうか、この当たりお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) それは民間の考えがという意味でございますか。(「行政」と呼ぶ者あり)行政がですか。行政が施設をつくって民間が営業する場合、民間もそこで営業しようという意気込みがなければどうしようもないと思います。市では、そういう考えを持っていたんじゃ何もできないというふうに思っておりますので、人の施設で相撲とるといいますか、そのような考えは持っておりません。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、部長さんの答弁聞きまして、そういう考え方は毛頭ないというお話で非常に安心したところでございますが、そういったことが心の中に発生しないように、ひとつお願いしたいと思います。
 それでは、続いて消防本部の庁舎の整備の問題についてお伺いいたします。消防本部の庁舎整備、これについてはいろいろと調査された結果が出ておると思いますが、その結果についてはどのような内容であるのか、お聞かせをいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) 耐震診断の結果についてのお尋ねだと思うんですが、お答えをさせていただきたいと思います。消防本部庁舎の耐震診断は、平成17年度予算において耐震診断業務委託を実施いたしました。その診断結果につきましては、東西の揺れに対しては所定の耐震強度を満たしておりますが、南北の揺れに対しては強度が不足しております。今後、耐震補強等の対策につきまして、庁内に設置されております消防庁舎整備促進検討委員会で検討してまいりたいと考えております。以上でございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、調査をしたその結果を今お話しいただいたわけでございますが、南北方向が強度の不足ということであったように、今お話があったわけですが、この強度不足のものを補って、今ある庁舎を使う場合にかなりの不具合が生ずると思うんですが、どのくらいの不具合が生ずるのか、そのあたりをお話しいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) おっしゃるとおり、建物に対して補強をする。それで建物自体は強度を保つということでございますので、補強した結果で車が出なくなるとか、人の出入りが不自由になるとか、そういう場合も考えられます。診断の結果については、ある一つのパターンで出てきておりますので、今後まだ詳しく診断した業者に対して、こういう場合、どうなんだ、この場合はどうなんだということをまだ、その辺をよく確認した中で補強をするのか、あるいはほかの方法をとるか、そういうことについて種々検討してまいりたい、そのように思っております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 補強することによって車の出し入れ、こういったもの、または人の出入り、こういったものが非常に不具合が生ずるおそれがある。こういった中で改修か改築かという問題もあろうかと思いますが、改修する場合も、今言ったような補強する部分、また補強するに当たってはいろいろな部分を取り壊して、また再度、改めてつくったりするような部分もあろうかと思います。そういったことで改修、改築、いずれが消防長としてはいいかなというふうに考えているのか、そのあたり、考え方をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) 補強して支障がなくてというのが一番、今の財政状況やなんかいろんなこと考えた場合には、それが一番だと思います。以上でございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 財政状況等々いろいろありますので、今、消防長から御答弁いただいたように、財政を見ながら、どっちがいいのか、改修で使えれば改修の方が予算的にも安く上がるかもしれません。また、将来の先を見たときには、思い切って改築をして、耐震度のあるいいものをつくっていくというものが市民にとってもいいのかなというふうにも考えられるところであります。
 以前も同じようなことを私、お話しさせていただいたんですが、先ほど市長のお話の中にありました複合施設、これが今、検討がされている中でありますけれども、場合によってはこの複合施設の中に消防施設もあわせて、こういったものも一緒につくってしまうというようなことも一つ考えられるわけですけれども、こういった考え方についてはいかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 複合施設を検討するとき、福祉的なものと図書館が残っておりますが、そのほかでも幾つかの施設を入れたらという、当初、議論がございました。その中で消防もあったんですが、消防とは、どうしても訓練だとか音を出すとか、そういう緊急時の雑多なことがあったりして、これはなじまないということで、割合と複合施設の検討の初期の段階で消防とは相いれないという形で結論づけております。以上です。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、この消防庁舎については一日も早く考えをまとめていかなければならないものであろうかと思います。市民の生命、財産を守るという重要な役割、任務を担っている消防行政であります。これは市民にとって一つの保険というふうに考えてもいいものであろうかと思います。そういったことで、しっかりとした内容を持つものでなければならないわけでありますから、そこのところは行政も責任を持てる施設整備を図ることが第一命題であろうかと思います。消防行政を市で対応するにしても、また広域的な考え方で対応するにしても、市民が安心して暮らせる保障をしっかり持ってなければならないということだけは忘れないようにして、今後検討、そして考えていただければいいかなと思っております。そういったことで、よろしくお願いしておきます。
 次に、学校施設整備計画についてお伺いいたします。学校施設整備計画につきましては、平成18年度、小学校5校、9施設9棟、中学校3校、4棟、耐震優先度調査が行われるということであります。これは時期的にはいつごろ実施をして、調査結果はいつごろ出せるような予定になっているのかをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 教育部長、笹生憲平君。
◎教育部長(笹生憲平君) 18年度事業でございますので、18年度に入りましたら、早々に、入札ということがありますから、入札をした後に、早々の入札をやらせていただいて、その後の業務となろうかと思いますけど。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 18年度の予算の中で早々にこういったものを進めていかれたいというお話でございました。これ、考え方でありますけれども、調査結果を見たときに、この調査結果をどう反映させるのか、この5カ年の中でこの調査結果を反映させることのできるものがあれば、また積極的にこの5カ年の中でもこの調査結果によっては反映させていく、そういった考え方があるのかどうかをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 教育部長、笹生憲平君。
◎教育部長(笹生憲平君) 教育委員会といたしましては、この調査結果に出るこたえというのは大きな事業になるわけでございます。そういう中で、第2次の基本計画の中に位置づけをしていただいて、老朽施設整備を進めてまいりたいと考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにいたしましても、先ほどもお話し申し上げましたように、学校の児童・生徒のための施設でありますから、子供たちが本当に学校に来て、安心して、安全な施設の中で本当に実のある学習ができるような、そういった環境を一日も早く整えていただきたいなと思っております。
 次に、富津中学校の改築について、特にドームの部分についての議論があるわけでありますけれども、執行部、特に教育委員会はこのドーム型の校舎を計画するに当たって、今、本当に必要なものなのか、財政との整合性はどうなのか、また他の施設整備との整合性、市内で義務教育を受ける児童・生徒への平等、公平ということなどからも十二分に議論を重ねて、慎重に事を進めてきたのか、また最終決定までどう進めてきたのか、このあたりの経緯、考え方をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) ただいまの点でございますけども、さきの全員協議会の折にもお話しいたしましたが、そういう中で富津中学校の現在の状況、これについてはお話ししたと思います。富津市内ではもちろんですが、袖ケ浦からずっと南下いたしまして、茂原の方まで含めて、外房の方まで含めて中学校の規模としては一番大きな生徒数を抱えてる学校でございます。そういう実態を踏まえた上で、現在の富津中学校が抱えてる問題、これは学校の状況等もお聞きしました。そういう中で、教育活動の面でも、そして教育活動の一環としてやっておる部活動の面でも、非常に厳しいスケジュールの中でやっておるんだということをお伺いしました。これについては、過去に私も何年か前まで現場の校長でありましたから、そういう実態は把握してるつもりでございます。
 そういう状況の中で富津中学校の、当初は改修という形で進んできたわけです。改修の形で進んできた中で、耐震に向けての補強という形をとると、あそこは3階と4階の棟を持ってるわけでございまして、その中で、鈴木議員さん御承知でしょうか、天羽高校のところ、道路から見ますと鉄のブレスが入っておりますね、窓のところに。ああいうブレス状ものが富津中学校の場合は 104カ所も入れなきゃいけないという形が出てきたわけです。そういう中で、ブレスが入ることによって、機能的に今度、非常にマイナス部分が出てきてしまうと。子供たちが非常に使い勝手が悪い、入り口が1カ所になってしまうと、そういうようなことがございまして、これは改修では乗り越えられないだろうということで改築という方向へ変わったわけでございます。
 そこで、改築ということになりましたので、これについては地元の方々の声も聞きながら、新しいものをつくるわけですから、そういう声も反映した中で子供たちの環境として、できるだけいいものをつくっていこうではないかということで、いろんな課題を解決し、さらにいいものをということでもって、もちろん財政的な部分については非常に苦しい実態は私ども教育委員会としてもわかっております。しかし、先ほども申し上げたように、実態があるわけですので、そういう実態を少しでもいい形に変えてやらなきゃいけないという部分がございます。
 それに加えて、もう一つはそういう検討委員会の中で進んできた中で、空間をいかに活用したらそういうことが解決できであろうかいうことで話が進んでいったわけでございます。そういうときに、できることならば、そのスペースをオール天候型で活用できるようなものにできれば、これは教育活動の部分もカバーできるし、加えて地域の方々の一時的な避難所にも災害時にはなり得ると、そういう部分も考えたときに、屋根ということが出てきたわけでございます。そして、今のような形で設計の形になったという次第でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(小林新一君) 会議の途中ですが、ここで暫時休憩をいたします。

                 午前10時59分 休憩

──────────────────── 〇 ────────────────────

                 午前11時10分 開議

○議長(小林新一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 先ほど教育長から答弁いだたきました。富津中学校の改築工事についての詳細、また経緯、こういった中での御答弁いただいわけでございますけれども、私が先ほど御質問したのは特にドームの部分、全体のそれは確かに御答弁いただきまして、よくわかりました。このドームの部分についての経緯、どこの部分でこのドームの話が出てきたのか。また、最初からこのドームの形の話があったのか、このあたりを詳しくお話しいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) ただいまのドームの部分ですが、検討委員会が16年度に立ち上がりまして、その年度、最初の段階で基本設計という形で素案的なものをいろいろ考えていくわけですが、そのときに検討委員会のメンバーの中に区長さんだとか、学校代表だとか、あるいはPTAの方の代表だとか、校長会長さんだとか、そして私ども事務局の方とか、建設関係の方、財政の方、いろいろ入っておるわけです。そういう中で話し合っていったときに、当初は確かにドームという考え方、基本的なスタートの部分ではなかったんですが、そういうのを話し合っていく中でいろんな要望、こういうものがあったらいいだろう、ああいうものがあったらいいだろうということが項目的にも相当上がってきたわけです。もちろん、それが全部取り入れられるかどうかは検討していく中で消去されたものもあるし、取り入れられたものもございます。そういうふうにしてまとめていったときに、特に学校は学校現場の子供たちが使いやすいということをメーンに置かなきゃいけないだろうという中で、学校現場の声として、できればこういうふうに、せっかくのスペースなので生かしてほしいんだということで、その点で先ほどお話ししましたように、授業でも、例えば体育の授業一つとっても、例えば雨の日なんかに授業が重複しちゃって体育館使えないで、やむを得ず保健学習に切りかえざるを得ないとか、今までもそうだったわけですよね。そういう形で何とか苦労してやってるんですが、それを何とかこの際、新しいものを建てるんであれば、クリアできるようにしてもらいたいんだと、そういうような要望が強うございました。
 そして、また加えて、教育活動の一環である部活動の面でも、今度は体育館で今までやってた、インドアでやってたスポーツ、例えばバレーボールだとか、バスケットボールだとか、バドミントンとかってあるわけですが、中学生の場合は男の子と女の子では運動の体力的なものとかそういうものが男と女、全然違いますので、別々で活動していきます。そういう点で、現時点でも、今、例挙げたように3つの部が男女に分かれると6団体になるわけですね。それが月曜日からずうっと割り振りでもって少しずつやっているわけです。加えて、今度、校舎改築となると、現在、技術科棟の2階で卓球やってるんですが、この技術科棟も今度はなくなって校舎の中へ入り込んでくる。そうすると、その子たちが今度はまた体育館の中へ、ローテーションの中へ入ってくると、今まで以上にローテーションが厳しくなる。子供たちの運動量が、結局、少なくなっていくということにつながっていくわけですね。その点もカバーしてほしいんだというようなことで、教育活動面ではそういう話が出た。もう一つは、今言ったように、そういうものをカバーするのに、もし屋根ができれば、そういうものはクリアできるであろうということから、ぜひそういうものをお願いしたいんだということで声を上がってきて、検討委員会の中で進めてきたと、そういうことでございます。
 そういう中で、そうすれば、地域にもこれは多目的に生かすことができるなということが検討委員会の中でも確認されてきたわけです。以上でございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 検討委員会の中で会議を進める段階の中でドームの話が出てきた。そして、地域の皆さん方も選ばれた方たちが検討委員会に入っていたと。それから、また教育委員会の関係、学校の関係の皆さんもその中に入っているという中で、そのドームの話が出てきたんだよと。そうすると、地域からの要望があった、また学校関係からも要望があったということでよろしいですか。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) 先ほどお話ししましたように、最初の段階は子供の活動の場の確保という声が強かったわけです。ただ、多目的広場ということですから、これは活用は非常に広範囲であろうということで、先ほど言いましたように、地域への一つの場として提供できる場であるということで意義があるだろうということになったわけでございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 学校の施設として考えて、子供がいろいろな授業の中で体育館を使う授業、そういった中で雨天のときに体育館が足りなくなるということも発生することがあろうかと思います。そういった中でドーム形式になっていれば、そこが体育館がわりに使えるといったこともあるし、また地域の皆さんが地域活動の中でそういった部分の多目的広場を使うということも可能なわけですよね。そうしますと、これは富津市全体の学校施設については同じような考え方、条件を当てはめることができるかどうか、確認させていただきます。
○議長(小林新一君) 答弁は簡潔にお願いいたします。教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) ただいまの件ですが、富津中学校については、そういうふうな形で検討してきた結果で現時点に至っておるわけですが、議員おっしゃる部分について、ほかの学校についてこれから優先度調査等を行った中で計画的に進めていくというときに、そういうことが考えられるのかと、こういうことでございますが、その学校、どの学校になるかはこれからの結果によりますけども、その学校の検討する段階でよりいいものをつくっていくという形で私どもは考えていきたいと、こういうふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、子供たちが学ぶ施設でございますから、全児童・全生徒に対して同じような条件、また同じような施設、こういったものを整備してあげて、そこで安心、安全な中での学習ができるように、これはひとつくれぐれもお願いしたいと思います。
 また、この富津中学校の改築、特にドーム、こういったものがつけ加えられたものとしてとらえたときに、第2次の行革の中に財政運営の効率化という中で、公共工事コスト縮減計画の検討というものがあります。この部分について、この富津中学校においてはどのように考え方を反映させてあるのか。要するに、公共事業をできるだけコストを下げるんだと。それには構造的なものだとか品質だとか、そういったものを満たして、そういう中での効率化を図っていくんだよ、コスト削減をするんだよというような私は意味合いだと思いますけれども、この行革の部分との整合性といいますか、そのあたりどのようにお考えかどうか、お聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) コスト削減、これは確かにどういう場合でも考えるのは行政の考えるべきことだと思います。ただ、よく費用対効果ということも耳にするわけですけども、私は教育の施設はこの1年、2年だけで活用するものではない、こういうふうに考えます。非常に長いスパンで物を考える、そういうふうにとらえております。したがって、効果についても非常に多くの人間が、これからその施設によって十分な効果を得て卒業していく、将来に生きると、こういうふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、教育長が御答弁されたように、教育施設、特に長く使うものでございますから、確かにコストだけの問題ではない。中身についても、また構造的にもしっかりしたいいものをつくっておくということが、これは富津市の将来にとっても有効なものであり、また利益につながるものであろうかと私は思っております。しかし、財政的な問題も実際絡むわけですから、そういった財政的な問題と将来にわたってのどういうものをつくったらいいのか、現実の問題ですよね。こういったものの中で、それはいろんな方面からいろんな考え方を示しながら、調整してつくり上げていくものだと思います。そういったことで、本当に将来、よかったなと思えるものはつくれるように、これは本当に慎重に慎重を期して検討を進めていただきながらつくっていただくということが、私は好ましいと思います。そして何よりも大事なのが、富津市の義務教育を受ける全児童・生徒、この皆様方に公平にこういったお金が割り当てて使っていただけるような、そういった施策、また公共事業においても、私はあるべき姿だと思っております。そういうことで、そういった部分を責任をしっかりと持っていただいて、今後も進めていただけたらいいのかなというふうに思っております。よろしくお願いいたします。
 それでは、続いて、まちづくり交付金事業についてお伺いをいたします。先日、全協の中で都市再生整備事業計画の説明をいただいたところでありますけれども、改めてもう一度お聞かせをいただきたいと思います。まちづくり交付金事業の対象となる事業にはどんなものがあるのか、まずお聞かせをいただきます。
○議長(小林新一君) 建設部長、三平稔純君。
◎建設部長(三平稔純君) まちづくり事業の事業内容ということでございますけれども、冒頭、市長から御答弁申し上げましたとおり、道路整備や排水整備、その他文化財を活用、整備するような事業等に取り組んでいるわけでございますけれども、具体的には、御質問ありましたように、全員協議会の中で資料等もお配りしてございますので改めてごらんいただければというふうに考えておりますけれども、道路事業といたしましては、市道の川岸富津公園線、二間塚汐入線、坂口線、青堀駅東口第1号線、役場五区線を予定しております。そのほか地域生活基盤施設ということでございますけれども、これにつきましては排水整備等が主たる事業になるわけでありますが、大堀二間塚線、石原青木線等、この事業の対象としているところであります。そのほか高質空間形成施設ということで、これは照明になりますけれども、道路照明等、考えているものでございます。これが主たる基幹事業というものになっております。
 そのほかに提案事業というものがございまして、この中では地域創造支援事業という大くくりの中になっておりますけれども、これにつきましては維持的なもの等含めまして計画しております。まず、1つ目は青堀駅の自由通路の塗装修繕を考えております。あと、ソフト的な話になるわけですが、文化財ガイドブックの作成とまちづくり活動推進の中では古墳案内人の育成等、考えているところであります。また、大堀の区画整理地内に既にできております道路の白線等が消えてると、こういうことから、交通安全施設の整備事業と、こういうようなものをメニューとしては考えておるところであります。以上です。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、部長さんの方から御答弁いただきましたように、主たる事業、道路だとか、排水、文化財、いろいろなものを含めた中での事業がありますよという話でございましたけれども、都市再生整備計画の中で富津市の表玄関にふさわしい風格と個性ある交流生活都市の創造をしてまいるんだよという話になっておりますが、この事業をした後と事業をする前、まちがどのくらい見た目で変化していくのか、外部から来た人にとって魅力のある、そういったまちにこの事業の中でどのくらい変化されていくのか、そのあたりお話しいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 建設部長、三平稔純君。
◎建設部長(三平稔純君) でき上がったときの事業効果、どういうものかという御質問でございますけれども、いずれにしましても、議員も御承知のとおり、駅周辺というものが幹線道路がまだ完全に整備されてない、こういう問題もあります。そういうようなもののネットワークを図っていくことによりまして、交通アクセスが改良されると。そうなりますと、この大きな目標等も掲げることが議員から質問のあったところでございますけれども、そういうようなものをやることによって市街化促進されることにもなりますし、ひいては人口の増加やこういう来訪者がふえるだろう、こういうふうに考えておりまして、指標というもので一応、うちの方は考えております。
 その一つとしては、市の第2次基本計画をつくるときに、この対象地区からの市民アンケートを参考にさせていただいております。そういうものを指標化しておりますけれども、そのアンケート調査による主要道路の整備状況の満足度というものがあるわけであります。これは飯野、大堀地区のそういう、先ほど申し上げましたように、対象地区を絞った中での数字でありますけれども、この数字が2.48という数字が出ております。これを何とか3ポイントぐらいの数字に上げたいなというのが目標であります。
 それと、現在の駅周辺の建築件数の割合と、これが各地の数字が現在、住居が建っている実数、こういったものが約72%になっております。これを5%程度上げて77%程度に引き上げたいと、こういう中の計画になっております。具体的に申し上げますと、大堀地区と青堀駅裏地区、ここで約 120区画ぐらいの宅地がございます。そのうち現在、申し上げましたように、72%程度の住宅の張りつけがあると。これを、先ほど言いましたように、もう少しふやしていった中で77%までぐらいの市街化を図っていきたい、これが目標でありますし、この目標達成することによって、冒頭申し上げましたように、交流人口の増加、あるいは市街化の増進による人口の定住促進、こういうものに結びつけていきたいと、このように考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、御答弁いただいたように、道路のアクセスを整備していく、または住宅をさらに張りつけてまちづくりをしていくんだということであります。このまちづくり交付金事業されるわけですが、富津市の基本構想、この交付金事業と基本構想で掲げるまちづくり、これはどう関連していくのか。また、この都市再生整備計画と都市整備に必要とする平成19年度までとされております都市計画税、こういったものをどう関連づけていくのか、またいかないのか、このあたりをお話しいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 建設部長、三平稔純君。
◎建設部長(三平稔純君) 基本構想との考え方ということになろうかと思いますが、基本構想ではまちづくりの基本理念という中で4つの方向性を示しております。そういう中で、この事業そのものについては、この地域にある、先ほども申し上げておりますように、歴史やいろんなそういう地域の特性があるわけであります。そういったようなものを大いに助長することによって、この基本理念に基づくようなまちづくりを進めていきたいというふうな考え方であります。
 次のこういう事業を進める中での財源対策という面でのお話かと思っております。この事業が約18億円程度の総事業費を見込んでおります。当然、交付金は4割でございますから6割が負担になるわけであります。そういう中で、基礎的な財源確保ができるということになれば、それはそれなりに、この事業を推進するにも弾みがつくものと思っております。しかしながら、議員から今御質問のありましたように、都市計画税の導入に当たりましては19年度までの間にまた施行する条例を決めると、こういうことになっております。そういう中では、18年度が残された最後の1年間というふうには考えておりますが、いずれにしましても経済情勢等、そういうものを十分慎重に見極めた中で対応していかなきゃならないものだなというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、富津市のまちづくりが一歩一歩確実に先へ進んでいけるような事業の積み重ねてをしていっていただきたいと思っております。
 次に、企業誘致についてお伺いいたします。我が市は、少子高齢化の中で市の人口が今、5万人を切ったんじゃないかと言われているような状況にあります。第2次基本計画の目標年次となる平成22年の総人口、過去の推移や開発を考慮して5万 1,000人と想定をされております。この人口減に歯どめをかける手だてとしての企業誘致をどう考え、どう関連づけて進めていかれるのかお聞かせいただきます。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 人口増加に対する企業誘致の考えということでございましょう。人口につきましては、議員さんおっしゃるように、今、5万人前後ということで非常に厳しい状況にあるというふうに認識しております。この人口につきましては、基本的に死亡者並びに出生者の差が、この数年間、といってもこの二、三年で限りますと、マイナス 250から 300ぐらいでございます。もう一つの人口につきましては、社会増減の話でございます。富津市でも企業誘致が割合と順調でございました平成6、7年ぐらいまでは社会的な増減はプラスでございました。その後、企業誘致もなかなかはかばかしい進展がなく、社会減が大幅になってございます。そういう意味で、企業誘致が順調に推移するということは、社会増減に対して大きな影響があるものと思っております。そういう意味で、人口の減をできるだけ少なくするためにも、ぜひこの企業誘致を積極的に推進し、少しでも人口増加に結びつくように努力してまいりたいというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 積極的な優良企業の誘致、こういったものが定着人口をふやす一つの大きな手だてとなるということも理解できますけれども、最近、進出をしてきてくださっております関連企業、非常に使われる人数は少ないですよね。せいぜい50とか80とか、かなり人数的には私は少ないように思います。そういった中で、どういった企業がいいのか、この辺、非常に選んでいくには難しいかと思いますけれども、積極的なそういう優良企業の誘致というものが将来の富津市にとってはいい形の中で成果、効果をあらわしてくるのかなというふうに私は思っております。
 そういった中で、企業の誘致とはちょっと違うんですが、企業誘致の中の一つとして掲げられてると思うですが、富津の公園、富津岬を使った全国の実業団、駅伝や箱根駅伝等のチームの人たちが富津公園、この周辺で毎年、合宿練習を行って優勝できるほどのすばらしい成果を得ているというような話がございます。こういった話を聞きますと、富津市として、これは本当にありがたい話でありますので、全国の実業団の皆さんに毎年、安心して来ていただけるような、受け入れる側としての施設、環境の整備、こういったものもさらに必要かと思いますが、このあたりはどのような考え方の中で進めていらっしゃるのか、お聞かせいただきます。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 今、議員がおっしゃったようなことが、これは企業誘致とは別にして、観光とかという面では本当に大切なことで、地元の方々が来てくださる選手方を応援するような雰囲気をつくらなくちゃいけないと。そのためには、今言われましたような整備が必要だということでございますけども、市としてできる整備、民間といいますか、地元の方々の観光協会とか、そういうところでの整備、これらに分けられると思いますが、市としてできる整備については万全を尽くしてやっていきたいと、こう思っております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、御答弁いただいたように、そういった受け入れ側の体制、あらゆる宿泊施設だとか、またはトレーニング積む、そういったコース、こういったものも安全でなければならないので、そういった整備も必要かと思います。
 また、こういった実業団との誘致活動、交渉のような部分ですけれども、一度来てくださったそういう団体と、さらに次年度も来ていただけるような、そういう先に対する交渉的なもの、そういった話はされていらっしゃるんですか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 市に表敬訪問をされる場合がございます。市長室に来ていろいろお話しするわけですが、そのときには、ぜひ引き続き富津市でトレーニングしていただきたい、このようなことは申し上げているところでございます。また、民間の民宿とか旅館とかそういう組合でも、来年も来ていただけるようにと、再度訪れてもらうように、いろいろな工夫をされているというふうに聞いております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) せっかく富津市に来ていただいて、すばらしい富津市の環境の中でいろいろなチームが練習等されるわけですから、引き続いて富津市に何度も来ていただけるようにひとつ進めていただけたらいいのかなと思っております。
 一つ大きな提案として聞いていただければいいと思いますが、以前から提案されていることでありますが、東京電力さんの冷熱利用、これも本気で考えるとおもしろい時が今、来ているんじゃないかな、そう思っております。この富津市は、ここのところ企業誘致が動き出して、運がひとつ向いてきているような状況にあろうかと思います。この運を断ち切らないことが今、富津市にとっては大切なことだな、そんなふうに思います。
 そこで、過日、トリノ五輪が開催されまして、日本がメダルを何個とれるのか、大変盛り上がったところでありますが、結果はフィギュアスケートの荒川選手の金メダルが1個という結果となったわけでございますが、冬のスポーツが世界の人々を熱中させたことは本当にすばらしいことだなと強く感動したところであります。
 そこで、今、全国で経営されているスケートリンクが経費等の問題で経営不振に陥り、あの金メダルをとった荒川選手のホームリンクも同様で閉鎖に追い込まれているというような話も伺っております。
 そこで、提案なんですが、東京電力さんが、今ただ放出しております冷熱を利用して国際的なスケート強化施設をこの富津市に建設して、富津市から冬季オリンピックの選手を育て、送り出すことができたならば、この富津市は世界から注目を浴びて、企業誘致も、また観光も地域の活性化も、また定着人口に至っても、すべていい方向に動く一つの手だてではないのかなと思います。
 そこで、これは市長にお伺いしたいと思いますが、この計画をオリンピック選手を育てるという大きな命題を与えることで、国を挙げて取り組むものとして、国、県、市、企業、こういったものが一体となって話し合うことができたらいいのかなと思いますけれども、こういった提案についていかがお考えでしょうか。
○議長(小林新一君) 市長、佐久間清治君。
◎市長(佐久間清治君) 今、オリンピック選手の育成、あるいはそのために施設の整備というお話ですけれども、これは一つ自治体だけ、あるいは企業だけで話になるものだとは思いません。JOCあるいは日本体育協会、文部科学省、それと企業、自治体というところで練っていかなければいけない話だと思います。いい選手をより多くつくることには賛成でございます。また、施設について、経済的なものもございますでしょうし、以前に東電の関係で検討に付したようなところもあるようですので、その辺については総合政策部長の方からお答えさせていただきます。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 議員さんからの御提案ですが、非常に内容的にはそのとおりかなと思います。しかしながら、冷熱についてはなかなか難しいところがございまして、まず、東京電力が当初発電所をつくるとき、冷熱発電をしようということで計画を当初からされておりました。それが技術的に難しくてできないということで断念をいたしました。しからば、冷熱をどうするかいうと、今は議員さん、そのままただむだにしてるということですが、温排水というのが出ます。要するに、タービン等回したものを下げて、海水よりも数度高い温排水、それを下げるために今、利用しております。ですから、全く利用されてないというのはちょっと違うのかなと思います。
 かなり昔になりますが、冷熱を利用したらということで、例えば野菜等の冷凍庫、あるいは水産物の、あるいはリンク等ということでございまして、東京電力と話し合ったことがございます。御存じのとおり、LNGのタンクというのはマイナス 160度前後の話ですから、周辺に影響を及ぼさないように断熱だとか、そういうものが異常なぐらいの経費をかけてございます。例えば、コンクリートだと何メートルも厚いと。その中を水をじゃかじゃか流して、冷たいのが外に出ないように。それをどこかに冷熱を持っていく場合には、同じようにそういう何メートルもあるようなコンクリートのものをつくって、その中を通すと。その維持管理も含めると尋常ではない数字になるそうでございます。そういう意味で、東京電力として、少なくとも東京電力自体ではそういうものはとても難しかろうということでございますが、今、議員さんの御提案もありましたので、再度また東京電力とまず一番にその辺の可能性について聞いてみたいというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、部長さんの答弁、大変いろんな条件の中で、この冷熱利用が難しい、または経済的にもいろいろお金がかかりそうなお話でございました。しかしながら、東京電力さんと再度お話しをしてみたいというお話でございますので、いろいろな壁や問題があろうかと思いますけれども、とれるものがあれば一つ一つとっていただいて、できるだけああいった冷熱についても富津市の資源、エネルギーとして考えれば、有効に活用する方が市にとっても得策であるわけですから、そのあたりも積極的にお願いをしたいと思います。
 次に、観光施策についてお伺いいたします。富津市の観光施策、これは観光誘致のための施策でありますけれども、観光マップの作成だとか、ホームページで情報提供するとか、毎年同じような状況の中で行っているように私は感じております。その効果、成果、どうなっているのか、お聞かせをいただきます。そして、この成果、効果があって観光客がふえているのかどうか、このあたりもあわせてお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 議員言われるように、観光施設の整備ということでも、事あるたびにお話をしているところでございますけども、施設の整備ということになりますと、既存のものの施設の整備、そういうものはやってるところでございますが、新たな施設の整備というものについてはなかなか難しくなっているところでございます。
 また、御質問のパンフレットとかホームページ、この活用でございますけども、その市に問い合わせはパンフレットください、ホームページが出ているけど、具体的にもっとこういうことを聞きたいとか、こういうふうな問い合わせが多いというところでございまして、活用されているというふうに考えているところでございます。なお、それによる観光客がどうふえたかというのは、つかんでないところでございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 人口がふえているということじゃなくて、ごめんなさい。観光客がふえたかどうかということなんですが、話聞きますと、観光客が減ってきていると。一時 300万人ぐらい、富津市全体であったものが、今 270万人ぐらいの人数になっているんじゃないかというようなお話も伺っております。しかし、富津市は先ほどもお話し申し上げた中にありましたけれども、南房総の玄関口として立地条件が備わっているわけでございますから、この好条件を生かさない手はないわけですね。館山道が全面開通をしますと、館山、白浜に向かうお客様は富津市を通り抜けて真っ直ぐ行ってしまうということも考えられるわけですから、富津市に何か目玉的な、お客さんが行きたいな、行ってみたいなというものをどうしてもこれはつくっていかないと、お客さんがおりないですよね。ですから、皆さんが、どこかよそに観光に行くときに、どこどこにこういうものがあるから、あそこへ行ってみたいんだということで行かれると思うんですね。ですから、そういった皆さんが行ってみたいなというようなものを、この富津市に置いていかなくちゃいけないと思うんですよ。そういうことで、そのあたりを今後どういうふうに考え、進めていかれるのか、考え方をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 平成17年度の状況は、横ばいというふうに見ているところでございます。
 ただいまの質問で、富津市が持っている好条件を生かして目玉的なものをというふうなことでございます。私も経済環境部長として来ましたときから、何かやらなければ、先ほど言いましたように富津市を通過するだけになってしまうということで、いろいろ検討してもらいたいということで課員等に話をしているところでございますが、特産物の集客施設も一つではございますけども、それだけで集客できるかというと、これもまた難しいということでございますので、目玉的なものがどういうものをやったらいいのか、もう少し調査、検討していきたいと思っています。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、観光客の皆さんに来ていただけるための施策、これは積極的に進めていかなければならないと思っております。木更津市がこの平成18年度、中の島に大橋がかかっておりますけれども、あの中の島大橋にイルミネーションを飾るんだということで予算を 500万とったそうです。それから、みまち通りにキャッツアイの撮影されたセットが、床屋さんのセットだそうですが、セットがあるそうです。これを木更津市が借り入れて観光の一つの目玉として活用していくんだと、こういうように、他市ではいろいろやってるんですね。ところが、富津市はこういったものすらなかなかやれないという部分がありまして、このあたりをどういうふうに考えられるのか、お聞かせいただきたいと思います。地道なこういう積み重ねって大事だと思うんですよ。そのあたりです。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 地道な活動が必要だということは、私も考えているところでございまして、今、例にとりました中の島の話、あるいは床屋の話ございましたけども、そういう小さいことでも皆さんでやってみようという、まずこれがなければ、行政だけがやろう、やろうといっても難しい問題でございまして、地域の方々と一緒にやってみようという機運をつくりたい、このように思っております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、皆さんがやってみようという機運が高まればという、それは確かにそうです。しかし、地域の皆さんがそういった意識が高まれば、それは一番いいわけですが、行政としても率先して、こういうものはどうかな、ああいうものはどうかなという、そういう材料を民間の皆さんに提供するというのも、これは行政の大きな役割ですから、そういたっものも行政の仕事として、また行政の方々も一人の市民でございますから、一人の市民としてそういった機運を高めながら官民が一つになって物を動かしていくということが、この富津市に今、一番求められている部分じゃないのかなというふうに私は思います。
 そこで、木更津市さんがそういうイルミネーションをやったからということではないんですが、私も以前から新富の避難港がございますね。あそこにみなと公園があるわけですけれども、あそこを私も最近、散歩してみたんです。なかなかいい公園になっているわけですけれども、海きわの柵が今壊れて、あそこ、入れないようにしちゃってあるんですけども、あそこにピラミッド型の構造物があるんですが、全体の公園の整備をしながら、あのピラミッドあたりに例えばイルミネーションを飾るとか、またはあの公園に市民の皆さん、また市外の皆さんが安心してあそこへ来て遊べるような、そういった施設に変えていくという、公園に変えていくというようなことも、あの公園の有効利用につながるわけですから、せっかくあれだけお金かけつくっあるものを何とか活用できないのかどうか、このあたり、考え方をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) みなと公園のあの三角のところでございますが、確かに一部、封鎖されているところございますが、ちょっとわきを通ると中へ入れるようになっております。
 また、みなと公園については、公園とか芝生広場のほかに、現在も整備を進めているようなものがございます。これらについて、市の施設とあわせて一体的に有効活用していきたいと、このように考えておるわけでございますが、今、議員の御提案の、例えばイルミネーションみたいなものということでございます。御承知のように、施設が県の管理になっているところでございまして、県とそういうものをやってみたいという気持ちを持って協議していきたいと思います。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 確かに木更津港湾の管轄で県のものであるということは承知しております。そういった中で、県と協議を進めながら、そういったものができるかどうか。木更津の中の島、聞いたところは市の所有だそうでございますから、市でいろんなことが可能だと思います。しかし、そういった積極的な施策を観光の誘致のためにひとつ頑張っていただきたいなとお願いしておきます。
 続いて、社会福祉の保健医療の充実として乳がん検診についてお伺いをさせていただきます。今、生活習慣病対策として健康づくり課で定期的に、毎年11月ごろと聞いておりますけれども、期間的には1カ月間ぐらい、集団検診をされていると。現在はマンモグラフィの検診のみだというように伺っております。私が自分の家での体験の中で、お医者さんにかかわったわけでありますけれども、この乳がん検診については触診、マンモグラフィ、超音波、この3点セットにするのが一番いい形ですよ、そういうふうにお医者さんから伺ったわけであります。今現在、富津市では触診は余り効果がないからやっていないんだというお話を伺いました。しかし、私はどんなに時代が進歩しようが、触診という部分はお医者さんの基本の基本じゃないかなと。昔のすばらしいお医者さんは、手でさわっていろんな病気を探し出す、そういったすばらしい能力があったわけであります。何もかにも機械化して機械ですべてやっていくと、人間の持つ能力が退化していくんじゃないかな、そういったことで、この触診という部分もひとつ大切な診療の部分であります。まして、本人が自分で胸をさわったときに、そこから何かおかしいなと発見が始まるわけですから、これはお医者さんにとっても触診は大事な部分だと思います。そして、現在マンモグラフィ、もう一つの超音波、これは私の家で今回、体験したわけですが、超音波でなければ見つけ出すことができなかった本当に微小なものがここで発見されたということで、お医者さんは非常にラッキーだったねというお話をいたしました。超音波で発見できないものがマンモグラフィで発見できる。マンモグラフィで発見できないものが超音波で発見できる、こういうあわせもってやることが乳がん検診では非常に大事だということであります。
 そこで、この富津市の乳がん検診に対して、こういったものも盛り込んでやることが可能かどうか。これはいろんな財政的な問題もあろうかと思いますが、どんな考え方を持っているのか、お聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。乳がん検診についての検診方法等のお話かと思われます。議員おっしゃるように、生活習慣病と言われるがんの一つに入っております。乳がんの対策については、私どももいかにしたらいいかという形を常日ごろ考えているところでございます。そういう中で、17年度から検診については乳房のエックス線検査、いわゆるマンモグラフィ検査を取り入れさせてもらいました。お話しありましたように、触診、マンモグラフィ、また超音波検査、その3つの方法等あると思います。私ども、今の中では県のガイドライン等に沿わさせてもらいまして、この検査をさせていただいているところでございます。県のガイドラインによりますと、若い方については超音波でやるのが有効じゃないか、高齢と言ったら失礼かもしれませんけど、40歳を超えた場合については一般的に言うマンモグラフィが有効ではないかというガイドラインにのっとって私どもやっているところでございます。いずれにしても、市民の健康管理の中では重要なことでありますので、検診のあり方含めた中で総合的に検討させていただきたいと考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今後、検討していかれるというお話でございますので、前向きに検討をお願いしたいと思います。いずれにしましても、命にかかわる問題になるわけですから、検診をするに当たっては一番いい状態の中、最良の検診ができるような対策、施策を講じていくということが市にとって非常に重要かと思います。
 今、定期的に行われているわけですが、これ、いつでも行かれるような形にはなれないですか。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) ただいまの御質問ですが、この検診に当たっては、一定の時期を示した中で集団でお願いしているところでございます。個別でできるようにならないかとの御質問だと思いますが、実は現在、管内4市の中で検査できる医療機関と申しますか、その体制の整った機関が4機関でございます。1回通年となりますと、不特定多数のことでありますので、医療機関の通常の診療等に影響があるやに聞いているところでございまして、その辺は4市共通しているところでございますので、担当者会議等でまた、医師会の会議等ありますので、その辺の中で、できるかどうかわかりませんけど、協議をしてみたいなと考えております。以上でございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、4市の中でそういった形のものはどこもやっていないという話がありましたけれども、どこでやっていなくても、富津市が率先してやっても別に構わないと思いますから、富津市が率先して提案をして、3市がそろってやるんならやるのもいいと思います。とにかく、積極的に取り組むということが大事だと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 この問題につきましても、市長の言うよりよい富津、これはきょうよりもあしたの方が、また今月よりも来月の方が、ことしよりも来年の方がよりよくなっていくんだという意味があろうかと思います。そういうことで市長にお伺いいたしますが、こういった問題、よりよくいい検診をしていくためにはどういう考え方を持って臨んだらいいのか、市長の考え方をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 市長、佐久間清治君。
◎市長(佐久間清治君) 市民の皆さんの健康保持、増進ということでございますので、また医師会等、三師会等と協議させていただきながら検討させていただきたいというように考えます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 市長には、女性にとっていい施策をどんどんどんどん打ち出してやっていただきたいなと心からお願いを申し上げます。
 続いて、介護保険制度についてお聞かせいただきます。平成18年度から第3次の介護保険計画として制度改正が行われるわけでありますけれども、制度的には先ほどお話しいただきました。また、料金の改定等にも御答弁いただいております。そこで、今回の保険料の改定をされたわけですけれども、積立金、基金の取り崩しをかなりされたというお話を伺っております。そこで今後の介護保険の運営に問題はないのか、そのあたりをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。今回、介護保険の事業計画を作成させていただき、その中で介護保険の料金と申しますか、皆さんに御負担いただく保険料を決めさせていただくところなんですが、それに伴ってサービスと申しますか、給付の計画を立てました。基本的な考えなんですが、給付費につきましては12年度から5年経過しております。その伸びの推移と、また今回改正になりました部分等を国から示された係数等で推計した中で、また逆に被保険者の数も推移して割返したところなんですが、正直申し上げまして、準備基金1億 9,500万円ほど取り崩しさせていただく計画になっております。その中で、私どももこのまま介護を必要とする方がふえたとすると、大変苦しいんではないかというか厳しいんじゃないかと危惧してるところなんですが、御案内のように、今回の改正の中では介護にならないような状態になる予防給付、またなったとしても、それ以上区分が重くならないようにするサービス等が計画されてございます。そういう中で、介護に必要となる方ができるだけ少なくなるような事業、また、なったとしても、これ以上重くならないようなサービスにすることによりまして、何とか健全財政の中でこの介護保険事業を進めていきたい、このように考えております。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 今、御答弁にありましたように、積立金基金が1億 9,000万円の取り崩しをというお話がございました。前回の15年度では1億 1,000万円ぐらいの取り崩しだったと思うんですけれども、15年から18年度の間でかなりの基金もできたということになると思うんですが、この18年度に取り崩した後の3年間、この積立金がどのくらいできるのか、そういった見通しのようなものはできますでしょうか。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。基本的な考えでございますけど、先ほども申し上げさせていただいたように、説明が足らなかったかもしれません。申しわけございません。3年間の給付費全体の事業量を見込みます。3年間の延べの保険者数を見込みまして、それで割返しまして1年当たりの費用、また月当たりの費用を見ます。先ほど、準備基金を1億 9,500万円ほど取り崩させていただくというのは、18年度で1億 9,500万円ではなくて、3年間合わせて1億 9,500万円、それで収支が予防事業等取り入れる中で健全な事業経営、特別会計の事業を経営していきたい、このように考えております。以上でございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) いずれにしましても、これから高齢化がさらに進んでいくわけでありますので、今回のこの介護保険制度の改正の中で料金の改定、またはちょっと前になると思いますが、食事の費用、または居住費の費用、こういったものが自己負担へと変わってきたり、非常に厳しい状況になっているかと思います。そういった中で高齢者の皆さんが本当に安心して老後を過ごせるような、そういった介護保険制度にしていただきたいなと思います。
 次に、市長にお伺いいたしますが、市民との対話によるまちづくり、この中で出前講座の中で市民と対話をしてきたということで、先ほどお話がありました。天羽中学校の生徒会の皆さん、中では21世紀のまちづくりというお話をされた。また、2月には小学校3校の野球少年の父母さんとのお話し合い、こういった懇談もされたようでございますが、市長はこの対話からどんなものを得て、その得たものをこの1年5カ月の中でどのように生かしてやってこられたのか、具体的にお話をお聞かせいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 市長、佐久間清治君。
◎市長(佐久間清治君) 中学生、そして、中学生については市内5校の中学校を対象に全学校でやる予定をしております。そのうちの天羽中学校の生徒さんと話し合いをしたところであります。また、小学校のスポーツクラブをやっている子供さんのお母さん方と話し合いを持ったわけであります。中学生につきましては1年生から3年生まで、役員の方いらしたんですけれども、いろいろと議会で議論になったもの、あるいはそれに近いことも出ました。また、人口をどういうふうにしたらふやせるだろうかというようなことも出ました。こちらでもなかなか結論が出ないもの、そういうものも子供さんの意見、あるいは考え方として出ました。お母さん方の中では、子供の安全というようなことで、学校と地域、そして保護者との連携について等々お話が出ました。そういうお話のあったものにつきましては、5か年計画、あるいは18年度予算に反映してあるというふうに考えているところでございます。
○議長(小林新一君) 10番、鈴木幹雄君。
◆10番(鈴木幹雄君) 時間があと1分になってしまいましたので、今の御答弁は承っておきます。
 対話という考え方の中でもう一つお聞かせいただきたいんですが、職員との対話という形の中でお話を伺いたいんですが、庁内で職員の仕事場へ市長が足を運んで、職員の仕事ぶり、または職員がどんな仕事されているのか、またいろんな悩みを持っていることもあろうかと思います。そういったことを、直接、仕事場へと足を運んで、職員とのコミュニケーションを図るとか、そういった職員とのふれあい、こういったものを私は以前、ぜひやってほしいんだというお話ししたと思いますが、そのあたり、市長、どうでしょうか。
○議長(小林新一君) 市長、佐久間清治君。
◎市長(佐久間清治君) 職員の間につきましては、職員と特別に対話する会というようなことは特別には持っておりません。職員につきましては、日ごろ顔を合わせるところ、そういうところでまた話はしておりますけれども、また、夜間滞納整理とか、そういう関係で出ていくとき、あるいは帰ってきているときに職場へ顔を出すというようなこと。それから、1年5カ月足らずの間で全職員と一々会って話をしたということは全員ではありませんけれども、そのときどきで顔を合わす職員には話を聞いたりしてる状況でございます。
○議長(小林新一君) これをもって新世紀の会の代表質問を終わります。
 会議の途中ですが、ここで暫時休憩をいたします。

                  午後0時13分 休憩

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  午後1時00分 開議

                  福原敏夫君の代表質問

○議長(小林新一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、賢政会の代表質問を許可します。11番、福原敏夫君の発言を許可します。11番、福原敏夫君。
                (11番 福原敏夫君登壇)
◆11番(福原敏夫君) 皆さん、こんにちは。11番、賢政会の福原敏夫です。賢政会を代表して質問させていただきます。
 今定例会には、本年度の予算が提示されました。本年も予算の骨格をなす歳入面でも、国と地方の税財政を見直す三位一体の改革により国庫補助金の削減、あるいは地方交付税の減少などによる地方行政の財政はますます厳しさを増す状況下にあります。行政は限られた財源のもとに効率的な行政運営が求められます。したがって、厳しい財政状況にあっても、最小の経費で最大の効果を上げるよう、職員一体となって知恵を出し合い、市民に対するサービスの向上を目指し、行政運営に当たってほしいと思います。
 そこで、昨年の11月に財政非常事態宣言を解除し、18年度の予算書もできました。また、人口動態を見ても、全国世論調査で大多数の人々が人口の減少を深刻な問題と受けとめ、それは今の社会保障制度が堅持できなくなる不安と感じているからです。これは急激に進むと見られる人口の減少に対する国民の強い危機感が浮き彫りになった結果であります。本市においても、平成13年に策定した富津市基本構想の最終年度人口は6万 5,000人としたところです。また、本年からの富津市第2次基本計画のいきいき富津5か年プランでは、平成22年の人口は5万 1,000人と想定しております。本年より人口減少を食いとめるには、人口減少の防止策、人口増加に対するさまざまな施策立案が必要です。今後も人口減少が予想される中で、発表された18年度の予算額は 165億 3,500万円でした。18年については、財政非常事態宣言も解除されたこともあり、もっと積極的な予算が組まれるものと私自身は思っておりました。また、期待もしておりました。そこで、本年度の予算編成に当たり、発表された予算の経緯についてお伺いをいたします。
 続いて、地場産業の振興についてお伺いします。本市においては、1次産業から第3次産業までの各産業に補助金制度の面、あるいは経営の安定を図るべく、相談機能等、さまざまな施策を講じてきました。しかし、実態は後継者問題や産地間競争による価格の下落等により、厳しい環境は変わりなく、経営の安定が望めない状況であります。そこで、市としてどういう振興策により地場産業の育成に取り組んでいくのか、また地方産業発展に寄与するか、集客施設の整備についても、今後の計画推進方策についてお伺いをいたします。
 続いて、安心して暮らしやすいまちづくりと住環境の整備についてお伺いします。本市は、これまで既存の市街地が分散し、市街地の規模も小さく、どう見ても市街地と呼べないまちであり、市にふさわしい都市機能が十分に発揮されていない。そこで、既存の住環境を含め、市庁舎を中心とした青堀駅から市役所を含め、大佐和地区にかけ区画整理事業等の都市基盤整備を初め、新たな都市整備を図る計画であったが、その計画はすべて白紙の状態になった今日、今後、どう安心して暮らしやすいまちづくりと住環境整備に取り組んでいくのかお伺いします。
 続いて、生活環境整備についてお伺いします。暮らしやすいまちを目指す中で、そのうちでも自然災害等による防災体制、あるいは大気汚染、粗大ごみ等の増加による不法投棄、大気汚染等の現状と今後の対応についてお伺いします。
 続いて、学校と学校の防犯についてお伺いします。今、子供を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。親が子供を思う気持ち、子供が親を思う気持ちは、昔、私どもが小さいころよりははるかに希薄になっていると思います。これは家庭環境、経済環境と社会情勢の変化も一因しているかと思います。なかなか一家庭では解決できないものがあるように思います。そこで、ゆとり教育の一環で実施された学校週5日制と土曜日の活用状況と、今後の対応についてお伺いします。
 まちの発展のバロメーターは交通網の整備がいかに進み、整備されているかにかかっていると言っても過言ではありません。施政方針による考えを見る限り、本市のまちづくりをどうやっていくのか、特に交通網の整備について前向きの考えは全く見えず、何をもって市民が安心して暮らせる、そして市民の利便性の向上を図る交通網の整備の充実について、感じるところは全くありません。もっと先を見、積極的な考え、行動政策を考える必要があるのではないのか。そこで、市街地形成の中にある青堀駅の整備と高速バスの充実、路線バスの現況を含めて、今後の取り組みと施策を改めてお伺いいたします。
 以上の質問を含め、厳しい財政のもと、今後の市政運営についてもお考えをお聞かせいただきたいと思います。
 続いて、保健、医療の充実についてお伺いします。少子高齢化の進む中、また人口減少の続く現況の中で、保健、医療の現状と課題についてお伺いします。
 安心して住めるまちを目指し、定住者人口の増加を目指し、若い人たちの住めるまちを目指す中で乳幼児の医療費の引き上げの考えはないのか、これをもってお伺いをいたします。
 また、国保の加入者が年々増加傾向が続いており、これは市の人口では減少傾向にあるのに対し、国保加入者は増加している現況、今後ますます国保会計は厳しさが予測されます。そこで、国保加入者に対する今後の対応、施策についてお伺いします。
 続いて、スポーツ振興について。当市では、ふれあい公園を初め各種学校の体育設備の開放により、運動、体育設備は県下に誇るものがあります。市民のスポーツに対する関心は、各種のスポーツ、レクリエーションの参加、子供から高齢者まで競技スポーツから生涯スポーツまで、市民のスポーツ熱は拡大の一途をたどっております。そこで、富津市のスポーツ振興の現況と今後の対策、考え方についてお伺いをします。
 また、恵まれた環境下にある整備された運動施設を生かし、富津市のスポーツ人口の増加をスポーツ施設を生かした各種大会の企画によるスポーツ大会の実施等、富津市とスポーツ施設と恵まれた環境を対外に発信するため、富津市スポーツ宣言都市を宣言したらどうかと考え、市のお考えをお伺いし、第1回目の質問を終わります。
○議長(小林新一君) 福原敏夫君の質問に対する答弁を求めます。市長、佐久間清治君。
                (市長 佐久間清治君登壇)
◎市長(佐久間清治君) 福原敏夫議員の御質問にお答えいたします。
 初めに、施政方針についてのうち、非常事態解除後の予算編成についてお答えいたします。財政非常事態宣言につきましては、今年度作成した平成22年度までの一般会計収支見込みにおいて財源不足額が8億円余りと大幅に縮減され、財政再建団体への転落を回避できる見通しとなったことから、昨年11月21日に解除したところであります。こうした中、平成18年度の予算編成に当たりましては、第2次基本計画掲載予定事業等を考慮した中で、健全財政を見据えた予算編成に努めたところであります。
 このようなことから、一般会計の予算規模は 165億 3,700万円で、対前年度比11億 8,400万円、 6.7%の減額となったところであります。この減額となった主な要因といたしましては、歳入では固定資産税の落ち込みによる市税の減収やクリーンセンター整備事業の完了などに伴う電源立地地域対策交付金のほか、市債の減額などによるものであります。また、歳出では、し尿の海洋投棄委託料やクリーンセンター整備事業の竣工に伴い、減額予算となったものであります。なお、新たな予算として道路整備事業を中心としたまちづくり交付金事業や義務教育施設整備事業予算のほか、少ない予算額でも次のステップにつながるような効果のある予算編成に努めたところでありますので、御理解を賜りたいと存じます。
 次に、地場産業の振興についてのうち、農林水産業の振興についての御質問にお答えいたします。
 まず、農業の振興につきましては、農地の保全を図り、農業生産力を維持するとともに、農地の集積を図るため、農業生産基盤整備事業及び農作物被害対策事業を広域的に実施してまいります。また、市内で生産される農作物に付加価値をつけ、安心・安全性を基調とする富津エコ農産物の認証制度の確立とあわせて普及促進を図るため、環境に優しい農業推進対策事業及び耕作放棄地の抑制等を事業目的とする中山間地域等直接支払推進事業を継続的に実施していきます。
 水産業の振興につきましては、漁業就業者の安全確保等を図るため、市営、県営漁港の計画的な事業執行を行うとともに、富津産のノリの安定供給と作業の効率化を図る関連施設整備事業や、養貝場に稚貝の放流を行うアサリ増産体制促進事業等を行い、水産業の振興を図ってまいります。
 次に、観光に絡めた集客施設検討委員会の進捗状況と今後の集客施設建設への姿勢についての御質問にお答えいたします。先ほどの鈴木議員の答弁と重複いたしますが、特産物販売施設等集客施設につきましては、調査検討部会で検討を重ね、集客施設の施設内容や規模、設置場所等、活発な意見が交わされ、今月中には総括された御意見が中間報告として提出される予定となっております。また、私の集客施設建設の姿勢につきましては、地域の活性化と観光振興を図ることから、今後の検討委員会の御意見を十分考慮し、調査検討部会においてさらなる具体的な検討をしていただき、建設を進めてまいりたいと考えております。
 次に、まちづくりと住環境の整備についてお答えいたします。市のまちづくりの方向といたしましては、恵まれた立地環境を生かし、企業立地の促進による土地区画整理地等への人口定住化を図るとともに、分散している市街地を連携する幹線道路網の整備を促進し、都市軸を形成することにより、躍動とにぎわい、安らぎとふれあいの交差するまちの実現を目指しているところであります。これらを実現するため、市内幹線道路網計画を推進するとともに、良好な住環境を図るため、地域排水整備等を含めた日常生活道路の整備に努力してきたところでありますが、引き続きまちづくり交付金や道づくり交付金を活用し、積極的に取り組んでいく計画としております。
 次に、生活環境の整備についてのうち防災の取り組みについてお答えいたします。局所的な集中豪雨や地震の発生など、大規模な災害が発生している中で、その被害を最小限にとどめるためには、災害に強い地域社会をつくることが重要であります。大規模災害時において、迅速かつ適切な応急対策が実施できるように、情報収集及び伝達体制の充実強化に努めるとともに、防災資機材の整備を図ってまいります。また、自主的な防災活動が効果的かつ組織的に行われるよう、地域ごとに自主防災組織を育成し、行政と市民が一体となった総合的な防災体制の確立を図るとともに、市民一人一人の防災意識の高揚を図るため、知識の普及や啓発に努めてまいります。
 次に、ごみの分別収集についての御質問にお答えいたします。市におけるごみの分別収集につきましては、現在、容器包装プラスチックを含め9種類14分類に分け、収集を行っています。分別の種類につきましては、近隣市と比べ多少の違いはありますが、ほぼ同様の内容となっているところであります。また、昨年度から導入した容器包装プラスチックの収集に関して、収集回数をふやしてほしいとの要望が多いことから、市民の実情や要望に即した収集回数について見直しを検討したいと考えております。
 次に、不法投棄の現状と対策についての御質問にお答えいたします。市内における不法投棄の現状としましては、昨今の経済情勢や法規制の強化などにより処分に負担が必要となっている家電製品などの不法投棄が年々増加する傾向にあります。このような中で不法投棄の防止対策としては、広報等により廃棄物の適正処理の啓発と意識の高揚を図るとともに、職員や不法投棄監視員による巡視、区長や市民からの通報等の協力の呼びかけを行っております。
 次に、大気汚染の現状とその認識についての御質問にお答えいたします。大気汚染の測定につきましては、常時監視テレメータシステムにより市内7カ所に設置した測定機器のデータを収集し、24時間体制で常時監視を実施しているところであります。大気の状況は、ここ数年大きな変化はないものの、降下ばいじんについて若干の増加が見られる状況にあることから、県等関係機関と連携し、法令等に基づく立入調査を行うなど、監視強化に努めてまいりたいと存じます。
 次に、教育と学校防犯についての御質問につきましては教育長より答弁をいたさせます。
 次に、公共交通整備についての御質問にお答えいたします。鉄道及び路線バス等の交通機関は、公共交通機関として通勤、通学を初め日常生活を営む上で欠くことのできない交通手段であり、また、まちづくり等の基盤としても重要な役割を果たしております。しかし、近年のモータリゼーションの進展やライフスタイルの変化等により、鉄道やバスの利用者は年々減少傾向にあり、乗り合いバスについては需給調整規制の緩和により、事業者の退出も危惧されているところであります。
 このような公共交通の状況を見据え、鉄道については現状の内房線の状況を十分考慮した上で、鉄道利用者の利便性向上策について、事業者と調整を図っていきたいと考えております。
 また、路線バスについては、交通弱者救済や地域住民の交通利便性の確保のため、市の財政負担を考慮に入れた中で、その効果的な運行を図っていきます。
 また、高速バスの運行については、交通機関利用者の選択肢が広がり、交通利便性が高まることから、バスステーションの整備や増便等について検討を行っているところですが、増便につきましては市内を運行している白浜・東京線及び君津・東京線の市内停車便が開設当初よりほぼ倍に増便されております。バスステーション整備につきましては、今後もバス事業者等と調整の上、職員で構成しているバスターミナル検討会で引き続き検討を進めていきたいと考えております。
 次に、今後の市政運営についての御質問にお答えいたします。私は、議会初日に行った施政方針でも申し上げましたように、これまで一貫して誠実、対話、実行により「よりよい富津市づくり」、「いきいとした富津市づくり」に全力を注いでまいりました。これからも富津市の将来を見誤ることなく、すべての市民が安全で安心して暮らせるまちづくりや、市民福祉の向上に誠心誠意努めてまいりたいと考えておりますので、なお一層の御支援を賜りますようお願い申し上げます。
 次に、保健、医療の充実についてのうち、現状と課題についての御質問にお答えいたします。
 保健については、高齢化の進展に加え、食生活を初め生活習慣の変化や運動不足などに起因する生活習慣病が増加しており、基本健康診査の結果からも要指導や要医療が増加している状況であります。したがって、市の保健活動においては、重点的に生活習慣の改善指導に力を注いでまいります。
 医療については、休日における市民医療の確保を図るため、医師会の協力のもと休日当番医制度や夜間急病診療所を引き続き実施してまいります。また、大佐和分院については、本年度中に救急棟増築工事が完了する予定となっており、今後も引き続き診療科目の充実等に努めてまいります。
 次に、乳幼児医療の拡充についての御質問にお答えいたします。乳幼児医療費助成事業は、次世代育成支援の大変有効な施策であり、県の2分の1の補助を受けて実施している事業ですが、この充実について、市単独で拡充して実施することが市の人口増加策として大変有効であるという御提案につきましては、保育所の充実や児童手当の対象年齢の拡大など、次世代育成支援策のその他の重要な施策との相乗的な効果を期待したとき、市民サービスの一貫的かつ総合的な展開の中に、これらの次世代育成支援策を積極的に位置づけておるところであります。特にこの乳幼児医療費の助成年齢の拡大による同制度の拡充は、保育所や学童保育、児童手当などとともに市民に対する子育てアンケートの結果でも、その充実について特に要望の多い事業ですので、よく検討した上で、真摯に取り組んでまいりたいと存じます。
 次に、国保加入者増に対する今後の対応についての御質問にお答えいたします。平成18年1月1日現在の国保加入者は、世帯で1万 1,677世帯、被保険者数で2万 5,276人となっており、平成13年度と比べてみますと、世帯で 593世帯、被保険者数で 176人増加しております。この理由としては、国民健康保険は国民皆保険を支える最後の保険としての位置づけの中で、社会保険離脱による国民健康保険加入者がふえていることと、現在、老人保健対象年齢の引き上げが行われている途中であり、平成19年9月までは老人保健へ移行せず、国民健康保険にそのまま前期高齢者として残っているという制度的な問題によるものです。当然のこととして、加入者、特に高齢者の増加は医療保険財政の逼迫を招きますので、非常に厳しいものとなります。そこで、国民健康保険では、疾病にかからない体づくりを目指すための1次予防事業展開により、増加傾向にある医療費削減に努めているところであります。
 次に、スポーツ振興についての御質問につきましては、教育長より答弁いたさせます。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
                 (教育長 黒川逸君登壇)
◎教育長(黒川逸君) 私より教育と学校防犯についてお答えします。
 初めに、完全学校週5日制が導入され4年が経過しようとしていますが、本市の教育の現状についてお答えします。この制度は、子供たちが主体的に使える時間をふやし、さまざまな体験活動等を経験させ、みずから学び、考える力や豊かな人間性などの生きる力をはぐくむために導入され、確実に定着していると判断されます。教育委員会も青少年を対象にしたさまざまな事業を企画し、体験学習の機会を提供しているところです。
 この制度下での本市の学力状況については、現行の学習指導要領に即し、各教科、領域の内容を確実に習得させるためにさまざまな工夫をして学力の定着を図っています。特に基礎、基本を確実に定着させるために少人数による個に応じたきめ細やかな指導、習熟の程度に応じた指導等を進める中で、成果が徐々にあらわれてきています。
 現在、学力の評価は学習指導要領に示された目標に照らし合わせて、どこまで高まったか評価する目標準拠評価です。目標にどれだけ到達したかと、その到達過程が重視されます。この視点から判断すると、学年や教科によって若干の相違はありますが、おおむね平均値に近い状況です。また、県標準学力テストや本市独自の学力状況調査からも、おおむね良好と判断できます。しかし、思考力、知識理解が若干劣る学年や教科も見られますが、年々、学校の努力でわずかずつではありますが、向上しつつあります。今後も学力向上は本市教育の重点課題と位置づけ、各学校の学校力、教師力を高め、小・中学校が連携を教科しつつ、取り組んでまいりたいと考えております。
 次に、学校防犯についてお答えします。昨年末、広島あるいは栃木県において下校中の児童が殺害されるという痛ましい事件が発生しました。近年、こうした悪質な事件が多くなり、児童・生徒の安全確保の必要性が叫ばれています。学校は、本来、安全で安心して過ごせる学習、生活の場でなければなりません。その安全、安心を確保するために、児童・生徒への安全指導、防犯指導の徹底を図っているところです。
 現状における校内の安全確保の取り組みとしては、不審者対応防犯マニュアルの作成、立て看板の設置、来校者の出入り口の統一、名簿の記入と名札の着用、校舎内外の巡視、富津警察署の協力のもと、防犯教室などを実施しております。
 また、各学校には不審者対応のため、刺股、防犯ブザーを配布しております。特に防犯ブザーに関しては、平成18年度より小学校の全児童に配布する予定です。また、各学校に次のことについて周知徹底を図っているところであります。まず1つ目に、通学路の再点検と要注意箇所のチェック及び通学路安全マップの作成。2つ目に、登下校が1人だけになってしまう児童・生徒の状況の把握と対策。3つ目に、防犯ブザーの点検と常に携帯することの指導。4つ目に、教職員、保護者、防犯ボランティア等による通学路及び地域パトロール。そして、5つ目に、子ども110番の家への協力要請と児童・生徒への周知徹底、などです。
 次に、学校外での児童・生徒の安全確保の取り組みとしましては、富津警察署との富津の子どもを支援する協定、学校警察連絡制度を活用し、不審者情報をメールていち早く学校に連絡したり、地域パトロールの折に学校敷地内巡回をお願いしているところであります。また、市役所公用車や民間企業のトラックに防犯パトロール中のステッカーを貼付し、不審者に対する抑止力としておるところであります。
 子供たちの登下校の安全に関する取り組みとしましては、地域の子供たちは地域で守るを掛け声に、地域住民のボランティアによる子ども見守り隊等が組織され、保護者だけでなく地域住民の協力を得て、児童の安全確保に努めているところであります。これらの組織では、腕章やステッカーなどを作成し、会員がそれを身につけて買い物や散歩などをしながら巡回してくれています。こうしたボランティア団体がほとんどの小学校で組織され、協力者数も次第にふえていますので、教育委員会としましても地域住民の防犯意識の高まりを大切にし、さらに充実するよう支援をしていきたいと思います。
 学校警察連絡委員会や警察による地域パトロールの充実、強化を図り、今後も学校内外を問わず、継続して児童・生徒の安全確保に努めてまいります。
 次に、スポーツ振興につきまして、初めに現状と今後についてお答えいたします。スポーツ振興については、市民の健康づくり、体力づくりの意欲高揚を図り、生涯にわたってスポーツに親しんでもらえるよう、年間を通じたスポーツ教室の開催や各種スポーツ大会の開催などを体育指導委員を初め、スポーツ・レクリエーション推進員の方々などの御協力により実施しております。また、恒例となっておりますふれあいスポーツフェスタにつきましても、実行委員会の皆さん方の御努力によりまして、多くの市民の皆さんの御参加をいただき、スポーツに親しみながら健康増進を図っていただいているところであります。
 このほか、市体育協会への助成により、各種スポーツ団体等を育成することにより、スポーツ活動の充実を図っているところであります。このスポーツ振興を施設の面で支援し、より良好な状態の中で市民の皆さんにスポーツを楽しんでもらえるよう、施設の整備を進めております。また、学校体育施設の開放も積極的に行っており、現在、屋内運動場、屋外運動場については、すべての小・中学校で開放しております。武道場につきましても、すべて開放しているところであります。
 今後もスポーツの振興にはできるだけの努力をし、その充実を図ってまいりたいというように考えております。
 次に、スポーツ都市宣言についてお答えいたします。健康増進と体力向上にとって、スポーツは重要な役割を担っていると考えられますで、スポーツの振興を進める上からも、スポーツ都市宣言を制定することにより富津市を強くアピールするとともに、市のイメージアップにつながると思われますので、関係部局と協議、検討してまいりたいと考えております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) それでは、再質問させていただきます。18年度の予算については、大変御苦労の中の予算編成だったかと思います。ぜひ、少ない予算で効率的な行政運営ができますように、特に財政部長にはお願いをしておきます。
 地場産業振興でございますけれども、午前中、鈴木議員からも質問がありました。また、市長の方からも細かく説明を受けました。その中でも、1次産業等については、最後は生産者みずからが努力しなければ、このものが幾ら行政指導されても、また各種団体が指導、援助しても見つからないところだと思いますけれども、従来のような指導をよりひとつ強化にしていただいて、また安定な生産ができるように、また安定収入が得られるようにお願いしておきます。
 なお、観光についてでございますけども、これも富津市にはたくさん観光がありまして、私どもは富津岬を抱えて住んでおりますけれども、ぜひ、できたら、これも富津の考え方一つでできることじゃございませんけども、昔の富津岬をイメージしますと、富津岬から一海堡まで本当に白い砂浜でつながっておりました。今、海岸のいろいろ構築物の変化によって、そのものが全く崩れ去りましたけれども、今行きますと内海まで潮が入っている状態。あれらも今度は富津の観光の一つと。富津は昔、天の橋立だという掛け声がございました。今、行ってみますと、いやいや、もう自分の富津の地が浸食されいる状態で、とてもそういう言葉が似合わないと。これから県とも協議して、ぜひお願いしていただいて、あの一海堡に向かった砂が内湾にかなり大幅にずれてるのが実態で、皆さんが目にしてるかと思いますけれども、昔の海岸を取り戻す努力と、今の海水浴場の方に向かって行ったときには、松林が浸食されている現況なんですね。そういうことも含めて、防波堤というのか、防潮堤というんでしょうか、それらを含めて、場合によったら道路も視野に入れながら、その防波堤もぜひ県、国との協議の中で入れておいて活動していただきたいと思います。
 農産物の集客施設の関係ですけども、午前中も出ました。今、市長からも答弁いただきましたけれども、これについては決して急ぐことなく、再度、いろんな面から検討してほしいと思います。つくってその効果が得られなかったら、最悪な状態になろうかと思いますけども、これについては当然ながら、私どもがさまざまな行政視察をしますと、地の利、つまり道路が完璧にできおって、交通量がたくさんあるというのが大変成功な道です。前回、私どもが2つの面を見せていただきましたけども、通行量が少ないところは本当に地場産業がわずかしか並んでないと。当然ながら、通る人がいませんから、そう並べても消費できないということになろうかと思います。これについても、多分に時間かかっても結構です。その地のそういう人の動き、あるいは道路網、あわせて検討した中で、ぜひ実現に向かっていってほしいと思います。
 まちづくりと住環境の関係ですけれども、私が一つお願いするのは、通称、足立の坂から上がって、駅の南側を通って青堀駅の南側から市役所に抜ける道路ですけれども、そこの東口から今、潮入線が計画にございますけれども、富津の顔をつくるんでしたら、あれはたしか県道157になるんでしょうか。その道路の拡幅等は考えられるのかどうか。まちづくりをいかにしてつくるかということで、あの道路は青堀駅から市役所に一番抜ける道路の顔になるんじゃないかというふうに考えておりますけれども、市当局の考えをいま一度お聞きしたいと思います。
○議長(小林新一君) 建設部長、三平稔純君。
◎建設部長(三平稔純君) 午前中の質問にもお答えしましたけれども、足立の坂の部分的な改良につきましては、まちづくり交付金の中で取り組んでいきたいというふうに考えております。
 それから、庁舎の方に来る道路の関係でありますけれども、この庁舎前から山王あたりまでは、今、市民も一生懸命取り組んでおります北笹塚大貫線のルートとやや重複したルートになっております。そういうことで、できるだけ早く庁舎前まで整備を図ってほしいということで進めておりますけれども、今現在、市道大堀二間塚線のところで事業進展が図れていないということになっております。そういうことで、県の方ともいろんな機会にいろんなお願いをしております。いずれにしましても、この道路につきましては、最近、自転車や歩行者も非常にふえてきているという状況にもありますので、何度か両方向から進める方向は、そういう検討はできないかということでお願いもしておりますけれども、なかなか県の方も財源的な問題を含めて難しいような点もありますけれども、ぜひ身近な利用に供する道路でありますので、早く安全性が図れるように引き続き、またいろんな面で協議、打ち合わせをしていきたいと思っております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) まさしく、今、部長の答弁のとおりで、かなりそのものの認識は感じ取れますけれども、富津市のまちの顔をつくろうということで、これは以前から青堀駅から南へということで銘打ってるわけですけれども、先般も私どもの行政に視察に来た人がこういう質問をしてきました。ところで、富津市役所は大変立派ですけれども、富津の市街というのはどこにあるんですかということを聞かされました、逆に。それこそ、市街というとなかなかありませんというわけにいきませんから、しばし、これから北側に行きますと少しは市街の形成したまちがありますけどもという、おおよそのことを答えましたけれども、少なくとも今、青堀駅のまちづくりに交付金事業で実施されるという話も先般の協議会でも聞きました。
 したがって、部長の今、答弁にありますように、県道でありますし、市単独ではなかなか難しい面があろうかと思います。しかしながら、市の姿勢としてどうしてもそういう幹線道路を一つずつつくり上げていかないと、市の顔はできないと。これは、当然ながら、さっきお話しをした集客施設等にも言えるかと思いますけれども、大変なことでしょうけれども、できるだけ早く市の財源を見ながらという考えもありますけれども、再三お願いし、早急に青堀駅の東口から、君津から抜ける道路にぶつかるまでも、早く両側に歩道がついて、富津に来たときには、市役所に行くまでにはまちが一つという、道路さえできれば、必ずまちはできてくると思うんですよ。
 富津にまちができないのは、道路がないからというか、ありますけども、幹線道路がないからですよね。幹線道路があっても行きどまり道路がほとんどなんですね。典型的なのが、今、新田中線もそうですよ。あそこは大変立派にできましたけれども、それからどこへ行きましょうかといったら、そこで途絶えてしまうと。ですから、道路は続けたのが道路であって、これは満遍なくつくるのは、金さえあれば問題ないでしょうけども、一つ一つどこからつくっていこうかという視点を変えていかないと、富津市の幹線道路はなかなかでき上がらないんじゃないかなという思いもします。潮入線については下から上がってきた道路、つまり産業道路から来た道路が市役所へ抜けるのには、どうしてもあの道路が必要な状態になろうかと思います。そういうことで、大変なひとつ努力かと思いますけれども、お願いをしておきます。よろしくお願いいたします。
 生活環境の整備の中でいろいろ答弁をいただきました。2つばかりお聞きをしたいと思います。
 1つは、防災の面についてはいろいろお答えをいただきました。ことしから新しい住宅については、住宅用の火災報知機を設置せよということに相なりました。新しい住宅、新築住宅はそういう一つの法令をクリアできますけれども、富津には従来住んでる方、きょうおいでの皆さんも含めて、そういう法的処置がなかったために住宅用の火災警報器の設置というのはないと思うんですね。そこで、これから新築住宅は義務づけられますけれども、既存住宅の対応についてのお考えをひとつお聞きしたいと思います。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) お答えいたします。既存の住宅につきましては、富津市火災予防条例によりまして、平成20年6月1日までに設置することを定めてございます。これは市民に対する普及促進につきましては、市で発行いたします広報紙への掲載、回覧による周知、富津市のホームページへの掲載、そして大勢の人が集まるイベント等にはパンフレット等を配布いたしまして、普及に努めてまいりたい、そのように思っております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) まさしくそういうお話になろうかと思いますけども、そのときになかなか設置するにはどのくらいかかるか私にもわかりません、費用自身がですね。既存の住宅に新しい法令に基づいた警報器を設置するのはどのぐらいかかるのか。もし、設置をしたいという方がおれば、行政において多分なるそういう助成制度を設ける考えがあるかどうか、そこら辺もひとつ含めてお伺いいたします。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) 助成につきましては、これは全国まちまちでございます。国の方からも特にそのために出るお金はありませんが、本市では極力市民の皆さんに御説明をして、納得をしていただいて、遅々として進まないという面もあろうかと思いますが、結局は自分のためになるものなんだよということを強く訴えて進めてまいりたい。
 ちなみに、住宅用火災警報器につきましては、煙を感知して知らせるものと熱を感知するもの、その2通りございます。煙の場合ですと 6,800円、 7,000円程度。もっとホームセンターやなんか行くと安いものもあろうかと思いますが、私がちょっと調べた段階ではそのようなものでございます。天井につけて10年間は電池を取りかえなくていいというものになりますと1万円を超える、1万二、三千円ぐらいになろうかと思いますが、そのようなものがございます。熱を感知するものは 5,000円程度のものでございます。以上でございます。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) どうもありがとうございました。正直、もっと高価なものだと思っておりました。さまざまなまた手法で、市民に対しては命の大切ということで、1万円以内の費用なら結構理解してくれるのかなという感じいたします。新築住宅と同じような体制がとれるように、ぜひ御努力をひとつお願いしたいと思います。
 ごみの問題については、何回かこの議会でも取り上げられておりますし、また今、本日、市長の方からも説明いただきました。その中で、今、私どもの周りを見ても、ごみステーションが定かに決まってないというんでしょうか、空き地利用がほとんど。新しい住宅地についてはそういうものがある程度設置されておりますけども、自分たちが管理しても、知らない間に荷物が置かれてると。その荷物というのはテレビであったり、あるいは、なかなか処分に金がかかるものが置かれているというのが現況です。行政の方で何回も札を張って、このものは処理ができないという警告を発しておりますけども、仲間同士が置いたものでは、持っていかなかったんだということになるでしょうけども、通りがかりで置かれてしまうと、そこを管理してる人たちも大変不便を感じるし、また集積所が狭くなってしまうということで、この対策は追いかけっこしてるような感じがあると思うんですね。
 そんな中で、これは1年の4月に施行された電気用品の安全法ということで、この4月にその法律が切れて、3月で切れるんでしょうか、4月1日からはPSEというんでしょうか、家電などの安全を保障するマークがないと、中古品は売買できないということになるわけです。今まではテレビでも冷蔵庫でも中古屋さんに買っていただいて、また中古屋さんが販売したという大変流通があったわけですけれども、この4月からはそれができなくなるということで、業者かければ、冷蔵庫でも 4,000円ぐらいの費用をかけないと引き取っていただけないということで、この不法投棄については思わぬそういう法改正のもとというんでしょうか、前々からあったんだけれども、5年間の猶予が切れてしまうということを含んで、今後さらにそういう不法投棄がふえる可能性があるんじゃないかということを感じるわけですけれども、そこら辺、行政としての今後の対応はいかにとるのか、お聞かせをいただきたいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 議員の言われるとおりだと思います。電気用品安全法というものがこの4月1日から適用になるわけでございますけれども、すべての電気用品がなるというものでもないわけでございますが、通常、一般家庭で使われている電気用品はほとんど該当するというふうなことになろうかと思います。議員も言われましたように、中古販売業者が販売できなくなるということで、個人売買については特に法が適用されるわけではございませんが、中古用品を扱う業者がそういうものが売れなくなるということから、不心得ならず者が大量に捨てることや、また個人が引き取ってくれないために、そこら辺に捨ててしまうということも考えられると思いますので、その対応を図りたいと考えております。
 まず、現在、富津市で不法投棄監視員という方々にお願いしておりますので、監視員との連絡を密にしまして、監視体制の強化を図りたい。それから、職員による監視体制も行っていきたいと。もう一つは、各地区の区長さん方にお願い、この時期、区長会議が開かれますが、そういうところでお話をして、なるべく見張ってというわけにはいかないとは思いますが、出たらすぐ連絡をしてもらうとか、そういう方法をとっていきいたと考えております。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) 先ほど、私、福原議員に御答弁申し上げた住宅用火災警報器のことで、ちょっと言葉足らずの答弁申し上げましたので、改めて申し上げます。1軒の家で1個というようなとられ方するかなということで、もう一度、改めて申し上げますが、例えば2階に子供部屋が2つある、そして1階に夫婦の寝室がある。そうした場合には、それぞれの寝室に1つずつと、2階ですと階段の上がったところに1個、そういう場合ですと4個必要になるということになります。それから、御夫婦で一部屋の寝室で、それも1階建ての寝室でということであれば、それは1個ということでございます。どうも失礼いたしました。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) 逆に関連します。それは、さっきの価格は1個について 6,000円とか1万円と。ですから、4つつけたら4万円という解釈でよろしいんですか。
○議長(小林新一君) 消防長、佐藤一君。
◎消防長(佐藤一君) そのとおりでございます。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) 不法投棄の問題もよく理解はできましたけれども、不法投棄監視員というのは、現在、富津ではどのぐらい、全部でですね、なかなか私どもお目にかからないというんでしょうか、正月の行事に富津公園使っておったときに来た方が不法投棄監視員かなというふうに思いますけども、どんな選定で、例えば地区に何人いるか、その現況を教えていただけますでしょうか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 富津市で10名の方にお願いしているところでございます。富津地区3名、大佐和地区3名、天羽地区4名、この10名の方にお願いしているというところでございまして、不法投棄監視員の名前については伏せてございますので、よろしくお願いしたいと思います。
○議長(小林新一君) 会議の途中ですが、ここで暫時休憩をいたします。

                  午後1時59分 休憩

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  午後2時11分 開議

○議長(小林新一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) 不法投棄監視員の今、お話を聞きましたけども、全体ではかなり寂しい人数のような感もいたします。そこで、どなたがやってるか、当然ながらこれは結構ですけれども、この広い富津で、この人数で不法監視ができるかなという観点からいったら、これに財政が伴ってるかどうかわかりません。しかしながら、この数で全富津を見るというのは幅が広過ぎる、地域が広過ぎるのではないかなという感がしますけれども、そこら辺で現況でこれからも進めていくのか、場合によったら広げたいんだという部長自身のお考えがあるのかどうか、お聞かせをしてほしいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 現状のような不法投棄の数が多くなってきたり、処分するに経費がかかるようなものが多くなってきますと、今の体制でいいかどうか、これはもう一度、検討する必要があるというふうに考えています。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) それこそ、この形でいくと、旧富津というか、表現悪いですけれども、大佐和に3人、天羽に3人、富津に3人ぐらいの割合、天羽4人かわかりませんけれども、それで自転車に乗ったって、結構運動ができますよね。ですから、それだけの人数でいったら大変苦労があるんじゃないかなと。せっかく富津には 107名の区長さんがおいでになりますから、その一環といっては大変失礼ですけども、そういうことで各地区を知ってる方というのは区長さんが一番地区をそういう不法投棄しやすい場所というんでしょうか、つまり暗いところ等、よく熟知してると思うんですね。区長さんでしたら、当然ながら区の組織としてさまざまな方が役についてるわけですね。あれば、そこからどんどん情報上がってくると思うんですけれども、今の組織は組織として、市が市として新しい、呼び方はわかりませんけれども、そういう組織づくりというんでしょうか、形とったらいいかでしょうかね。そこら辺はいかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) 今の監視員の制度じゃなくて、新しい組織づくりというお話でございますけども、新しい組織とするのかどうかはともかくとして、監視員の充実は図りたいと、このように思っております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) いい意味で富津が誇れるまちをつくるのには、ごみの山じゃなくて、ぜひそういう点ではひとつ富津の浄化をしてほしいと思います。県から出てる問題は問題として、別な組織でできるならば、地域に一番精通している方々の御協力をいただけるという組織づくりをしたら、よりもう少し目が届くんじゃないかということで、お願いをしておきます。
 それから、降下ばいじんの話もございました。大気汚染については、これからなおさら陽気もよくなってくると、排気ガス含めて、花粉症で悩んでる方も、今、子供さんまでが花粉症になる時代になりました。皆さんがマスクをされて、あるいは子供が眼鏡をして防じんに努めているという姿見ますけれども、外で火を燃すなということで大気はわかりますけれども、先ほど市長の答弁で降下ばいじんについては増加の傾向にあるという話をされました。この降下ばいじんがどのくらい来たら私どもに有害になるのかわかりませんけれども、そういう一般市民が見るときに、行政ではテレメータ等で監視しておられるということですけれども、一般の市民については降ってくるものは、どこかでさわってみて、こういうものが大変多いなとか、朝、洗濯を干すときにふいてみたらたくさんあるとか、そういう感触しかないと思うんですね。ですから、そこら辺でよく放送では、ただいまといって放送がありますけれども、降下ばいじんがたくさんありますから、市民の方、注意してくださいというのは聞いたことないですよね。ですから、どこが有害でどこが無害なのかわかりませんけども、今までもたしかそういうのは市民に広報してないというか、活字でもしてないじゃないかないという感がするんですけれども、これからの考え方として、降下ばいじんが増加傾向にあるというふうな先ほどの説明です。その対応を今後どういう形でされていくのか、また市民に対してどういう対応するのか、お考えあったら、ひとつお聞かせしてほしいと思います。
○議長(小林新一君) 経済環境部長、吉田和男君。
◎経済環境部長(吉田和男君) この降下ばいじんでございますけども、例えばオキシダントみたいに即そういう気配になってきたとか、そういう感じられるものでしたら、市民に対して即情報の提供ということができると思いますが、この降下ばいじんについてはテレメーター等で測定した結果が増加傾向にあるということで、即住民に周知することがなかなか難しいということから、これまでもしていないと思っております。
 この対策ということでございますが、私の今考えてるのは、監視体制の強化ということしか方法ない。それと、確かに増加傾向ということでお話ししたわけでございますが、増加したものは、この下飯野の測定局、本庁の測定局ではかった降下ばいじん、その中でも鉄とアルミニウムの分がふえているというふうに結果が出ているわけでございますが、量的には1平方キロ当たり 0.3トンとか、そんな数字でございますが、ふえてるものについては監視の強化をする。それから、この降下ばいじんのもとになるような事業所、ここについても監視、測定しておるところでございますので、その監視の強化を図ってもらうのと、降下ばいじんになるようなものを削減してもらうような努力をしてもらう、こんなことを考えているところでございます。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) まさしく今、部長の説明ありましたけども、地域によってはかなり、石の色まで変色するというんでしょうか、そういう状態で、それは長年の蓄積でそうなってるんだなということを感じ取ることできますけども、これはなかなか難しい問題というか、行政は企業あっての行政運営もできるし、ある面では共存共栄しなくちゃいけませんという面があると思います。しかしながら、市民についてはなかなかどこに行ったらというのもあるでしょうから、これからひとつそういうものについては、ぜひ企業の側と話し合いができれば、またそういう面を何か利用して、ぜひそれへの対策を講じてほしいと。また、これからは、場合によったら、降下ばいじんについても広報紙等で多分に市民にも1年数回はお知らせする必要があるのではないかと、できればそういうことでお願いしたいと思います。
 それでは、学校の教育と学校の防犯についてお伺いいたします。先ほど教育長からいろいろるる説明ございました。当市においては学校週5日制について、議会の都度、教育長答弁によりますと、総学力は問題がないということで私ども認識するわけですけれども、現実的に、たしか千葉県でも今あると思いますけども、どうしても土曜日があるおかげというか、余暇時間はたくさんできてるけれども、学力からいったら低下していると。この近隣でも一応、学力テストをしてみてというのもございました。ある市では、特別講師を頼んで土曜日は一応お休みですから、行政とすれば、教育委員会とすればできないけれども、一応、先生のOBが講師になっていただいて、学力補完をすると。あるいは、あからさまに土曜日があると、それだけ年間の授業量が数十時間削減されてるということで、土曜日を何とかせなければという行政も恐らく出てると思いますけども、今の教育長の答弁で聞く限りでは、一部を除けば、そう問題ないというふうに私ども聞き取っておるんですけども、現実に本当にひとつ、教育長、いかがでしょうかね。
 今までやってた時間を今度は削ったわけですから、どこかにそのしわ寄せが来てるのかなと。先般のある新聞を見ましたら、NHKの調査で、従前は土曜日にテレビを見る時間というのはかなり低レベルだったと。週5日制になったら、家族も含めて急激にはね上がっているという実績がございました。そういうことを見ると、必ずしも先生方が思ってるほど、子供たちというか、特に親御さんたちはそういう心配を、言わなくても思ってるんじゃないかなと。だって、現実論として数十時間、年間減ってるんですから、それが土曜日、うまく活用してくれればいいんですけども、なかなかその活用はできないというのが実態かと思うんですよね。ですから、教育長の考えと現場の考えというのは少しギャップがありやしないかなという感がしますけれども、教育長、そんなことはないでしょうか。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) ただいまの点ですけども、現在の5日制が出てきた背景を、もう一度振り返ってみたらいいのかなと私は思います。かつては、確かに議員おっしゃるとおり、土曜日も授業をしておりました。そういう中では、どちらかというと、表現は悪いかもしれませんが、詰め込み的な、ペーパーテストに強い、それだけの方に力を入れてきて、場合によると、それがすべて理解されておればいいけども、積み残しをしてどんどん先に進むという傾向があったやに思います。そういう時期の反省のもとに今の制度があると、こういうふうに私は解釈しております。したがって、今の学校5日制が始まってまだ4年でございますが、まだ4年というのか、もう4年というのか、これは人によってとらえ方がいろいろあろうかと思いますけども、これは確かに次数は減りました。そのかわりに教える内容も精選した中で、少しずつ減じてきておるのが実態であります。減じた中で、それをきちんと教えることによって、身につけていただくことによって、確実な定着を図るんだと。それが子供たちの将来生きる力のもとになるんだという考え方で今の方向は進んでおるというふうに解釈しております。
 そういう点で、今、議員の御心配の部分について、例えば現場ではどうなんだろうか。実際、子供の力はどうなんだろうかという部分に私どもも大きな関心を持っておるし、課題があれば、それを乗り超えなきゃいけないということで、今、現状把握に努めており、また各学校の校長を初め、私ども開催する研修会等でもその辺を現場の先生方にお願いし、場合によると現場へ入って指導主事を先頭に指導をしておるところであります。これからもまた、それを続けていきたい、こんなふうに考えております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) ぜひ、ひとつ今の心構えで土曜日の有効活用を図ってほしいと。ただ、恐らく子供さん持ってる方については、そういう心配を私は結構してると思うんですよね、その空き時間の利用についてね。うまく使っていれば問題ないけれども、そのものがうまく使いこなせなくて、結構むだになってしまってると、学力低下というのは免れることができないんじゃないかなという感じがします。そのひとつないようにしてほしいと思います。
 いまひとつ、高学年と中学生の関係ですけれども、スムーズに中学校に自動的に進みますけれども、学力が一応、中学校に入るときにギャップがあり過ぎるとまた学生生活が楽しくないでしょうから、小学校の高学年、中学校の低学年の差が縮まるような教育を、ぜひひとつ義務教育の中では特に監視してあげて、レベルを上げて、また中学校に進めるようにお願いしたいと思います。小学校で習わなくちゃいかんもの、最低限なものはひとつ、いろいろ小学生でも力の差というんでしょうか、わせとおくがあると思うんですよね。ですから、そういう点も含めてお願いをしたいと思います。
 防犯の問題ですけども、大変防犯については万全を期してるようなことでした。ただ、いろいろ整備をされても、私どものところは皆さん田舎の学校ですから、どこから学校に行ってもどこから帰ってもいいという、恐らく自由なシステムだと思うんですけれども、通学路で云々と言いますけれども、実態問題、市民、あるいは区民の方は、どこに通学路があるかというのは知ってる人が少ないじゃないかと思うんですけども。子供さん持ってる方は恐らく通学路はここですという指定があるでしょうけれども、一般の区民、市民が、その学校区の通学路を熟知してる人は私は少ないと思うんですけども、そういう点はいかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 教育長、黒川逸君。
◎教育長(黒川逸君) 議員のおっしゃられるのは、私も十分理解できます。といいますのは、地域の方もご自身が保護者の立場でいる間は非常に関心持ってくださいます。しばらくたちますと、それが少し希薄になっていくという形で、そういう点がちょっと残念なことなんですが、今、議員おっしゃられた点、私も十分理解いたしました。今後、早速4月、新しい子供たちが入ってきます。そういう点も踏まえて、各学校、そして保護者、さらには地域の方々にその辺を周知する形の努力を各学校とともにやっていきたいと、こんなふうに思っております。例えば地域回覧板等がありますので、そういうものもまた協力いただく中で、何々小学校の通学路はこうなってますという形で流せればいいのかなと、今ちょっと考えた点では、そういう点でこれからまた検討してまいりたいと、こんなふうに思っております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) ありがとうございます。と申しますのも、いろいろ各種防犯体制もできておりますよね。これも新聞報道で統計見ますと、毎日防犯に出るという団体は全体の6%しかないんだそうです。月1というのが34%あるんだそうです。そうすると、各団体はつくったけれども、ほとんど月1回というのが34ということは3分の1占めるわけですよね。ですから、毎日見てあげるというのは6%しかないということですから、そこら辺も含めて通学路の沿道の地域の人の力かりないと、ある程度のカバーリングができないと。住民からお願いしたんですけども、ぜひ、それを知らしめたからいいという問題ばっかりじゃなくて、違うまた悪用されても困るんですけれども、しかしながら、いい方にとらえて、一声でもいいから、うちの前通ったらお帰りという人がふえてくれれば、これは一番いいことで、そういう面からいったら、ぜひ防犯についてはいろいろ施策はありました。それを有効活用することについては、地域の方々に学校の帰るルートを少し示していただければということでお願いしておきます。
 公共の交通の整備についてですけども、これも今、答弁いただきました。私が提案したいのは、総合政策部長にお聞きしますけれども、青堀駅の整備について、前々から橋上駅あるいは複線化ということで議論を交わしておりますけれども、きょう、私が申し上げたいのは、大変それらについては、今のJRを相手にして難しい問題というふうにとらえております。しかしながら、このまま下がっているわけにもいかないと。というのが、富津市において人口の増加策を考えたときにも、何をとっても交通の問題を取り上げる、利便がいいから君津に住む、このままいったら本郷は君津の地に入ってしまうんじゃないかというぐらい、恐らく君津を利用してると思うんですね。それは、君津以南、つまり青堀から以南が交通の利便性がないから、住民はそういう選択を恐らくしてると思うんですね。ですから、せいぜい今、快速が湊まで何本か来ておりますけれども、青堀駅は昔、丸通があったときには、もう一つ、プラットホームがあって、貨物駅があったわけです。ですから、考え方によれば、君津、青堀は4分ちょっとの区間ですから、単線でも1時間1本の路線ですから、駅のホームさえできれば、快速を青堀まで引くことができるということは、当時の関係者に聞いて、それは不可能じゃないと。君津、青堀が4分少しぐらいの距離ですから、まして1時間1本しか走ってないんだと。ですから、青堀駅の整備仕方一つでということも聞いたことがあります。それはどういうふうなことを私が今申し上げるかというと、今は上り下りの線路ですけれども、単線を使っても君津から青堀まで来る。青堀にとめられる、ホームを片側ずつにつくったらどうかという提案です。
 その次のバスターミナルもそうですけれども、乗る人がいたらつくりましょうとか、そんな考え方で恐らく施策したら何もできないと思うんですね。道路つくりましょう。通る人が道路つくるかといったら、道路があるから通るんでしょう、人は。だから、せいぜい青堀駅をまずまちの顔にしていくんなら、今の複線化は大変難しいという意味合いから、青堀駅のそういう線路をふやすという考え方はいかがなものかということを、まず提案し、お聞きしたいと思います。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 議員さんのおっしゃるのはごもっともな点が多々あろうかと思います。プラットホームを新たにつくるということでございますが、JRに相談しても、JRの方から自主的にどうこうしようというのは出てこないんじゃないかと思います。そうすると、当然のことながら、費用につきましては市の方が主体的に持たざるを得ないということと、もう一つは国鉄からJRに行くとき、周辺の用地をかなり処分してしまいました。そういう意味で、そういうものをつくれる用地があるかも含めて、再度検討しなくちゃいかんと思います。
 今、提案のありましたことについては、その辺を検討してみる必要があろうかというふうに思います。ただ、どっちにしましても、仮にやれるにしても、かなり整備費用はかかるものというふうに思うことと、もう一つ、昔と違っていいことは、昔はJR東日本等には寄附行為については総務省の許可という、法律的なしばりがあったんですが、それについては13年12月にそういうものが解除されたから、ある意味でお金等、資金の方ですね。それが十分あるようであれば、昔よりは対応は、そういう意味では楽になったかなと思います。ただ、先ほど言いましたように、用地の関係等は国鉄からJRになったところ、かなりの部分が周辺を整備されておりますので、その辺はまた精査しなくちゃいかんかと思います。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) まさしく、そういう点では、ぜひ現場を見ていただくなりして精査する必要があろうかと思います。ただ、私は漠然と話したわけじゃなくて、私の目で見た限りでは昔の丸通用地を初め、行政側の持っている用地を利用すれば可能ではないかということで提案を申し上げたわけです。何しろすべてが金がなければということになりますと大変難しくなりますけれども、富津のまちをつくるという大きな角度から見たときに、市民の足を確保する。青堀から快速が出るか出ないかでは、つまり富津から出るか出ないかの問題なんですよね。そうなれば、必ずふえれば、電車の中から傘を差さなくても、外に出て、出札を出てきてから傘を出すような駅も当然必要になってくるでしょうし、それは乗降客の数によってくると思うんですね。今のところでしたら、若い人は電車の中から待ってましたって傘差しますけれども、年寄りはとてもそういう芸当はできないし、外で傘を差してる間にぬれてしまうと。それは、君津駅と比べたら天と地ですよ。片方では、まして今度は駅の、今エレベーターがありますけれども、今度はホームにおりるエレベーターをつけようというんでしょう。
 我が富津市には、屋根がない駅で、電車の中から傘を用意し、それでどっちに住んだらいいかといったら、皆さん、君津に行きますよ。部長の方だって、恐らく子供さんだけだったら半君津市民かと思うんですよね。だって、部長の方から青堀駅来る道路が真っ直ぐ道路ないでしょう。それを考えたって、不自然もいいところ、きょうの議会にもありましたけども、市内の幹線道路整備すると。これは先手打っても整備しなくちゃいけませんよ。道路がなくして、あるいは交通の便が悪くて、人をふやすって、これは無理ですよ。これは断言できるんじゃないかと思うんですね。なぜ君津に住むのか。富津に住んだら、いいものといったら一つもなくて、悪いものと言ったら、税金が高いわ、水道は高いわって、悪いものはどんどん出てくるんですよね。これも部長、大変でございますけども、ぜひ現場を見ていただいて、またひとつ前向きに取り組んでいただきたいと思います。
 続いて、時間がありませんから、バス路線です。高速バスのターミナル、これも再三出ておりました。でも、残念ながら、施政方針見る限りでは全く前を向いてないと。乗る人がいたらつくるという。乗る人がいたらって、設備がないのに、車で行ったらどこ行きますかって言われますよ。私らそうでしょう。子供に青堀駅からバスに乗っていけ、車で行ったときはどこ置きますかと、そこら辺置いてこいよと言わないでしょう。そういう姿勢が私は違ってるんじゃないかというんですよね。使う人がいたらつくりますといったら、世の中、こんな商売楽なことないですよね。それは集客施設もそう。だから、さっき言ったように、まずどのぐらいの利用者がいるか、どういう交通利便がとれるかというのを調査してと話しましたけれども、まして自動車が、見てわかるじゃないですか、袖ケ浦、あるいは君津、木更津、あれがあるから車が来るんですよね、乗降客が。これを幾ら青堀から1人とか1人半というけど、無理ないですよ。だって、乗る下準備ができてないんですから。ですから、今回の施政方針にある活字ではとっても納得できない。その様子を見てからつくりましょう、こんなばかげた話ないですよ。どう思いますか。もう一度、ひとつ聞かせてください。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 富津市には、御指摘のように大きなバスターミナルはございません。
金田あるいは袖ケ浦、君津、青堀駅とか君津駅、木更津駅から高速バスに乗った乗降客数の富津市内のデータを道路公団と千葉県がやったのを持っておりますと、四、五十名程度でございます。確かに富津にそういうものがないから、よその市に行かれる方もかなりいらっしゃるかと思いますが、それを含めてそういうことでございます。
 仮に今、富津市の高速バスが出ておる起点が青堀駅でございますが、あの周辺に駐車場がないかといえば、もちろん有料ですが、ございます。そういう意味で、有料駐車場があるところに君津も木更津も袖ケ浦も市営のものはつくっておりません。あえて言えば、あるのは君津駅でして、君津市はそれを有料でやってございます。
 もう一つは、基本的にロケーションの問題でございますが、富津市の場合には青堀駅周辺を仮にターゲットとして見た場合には、青堀から新日鐵、それから君津駅を回って、君津のバスターミナルに行っております。それについては二間塚大堀線がそう遠くないうちに開通することは聞いておりますが、そういうものが出ても基本的にはそのルートは変えられないということでございます。そうしますと、かなり君津から東関道に乗るまで時間がかかっておると、そういう意味で、本質的な高速バスの機能を発揮するには、やや難しい点があろうかというふうに思います。そういう意味で、先ほど言いました道路公団と県がやった調査によりますと、利用者の特徴は買い物に行く方々が多くて、通勤のお客は非常に少ないと。多分時間的な面等があろうかと思います。
 そういうことで、十分なバスターミナルの整備についてはまだ方針が決まっておりません。まだ検討しておりまして、あるところでやろうかということで、かなり煮詰まったんですが、そこの場所でいろいろ実際にどのくらい金がかかるかとかということを計算したところ、非常に金がかかると。もともと大きな場所じゃないんで、そこにトイレだ、待合所だ、そういうものをつくると、さらに効率が悪くなってしまうと。そういうものを含めまして、再度、原点に返りまして、もう一度、いい場所がないかというのを再度見直そうという形で今後検討したいというふうに考えております。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) 決してターミナルが駅のそばじゃなくちゃあかんということは、私は限定しないですよね。私は、今、車の社会ですから、青堀駅から離れておっても、利用する人たちが楽にとめられて、そこから乗降して、たまたま駅に回っていけばいいと。今の言葉を返すわけじゃないですけども、とてもこれからはルートを変えられないという話ししてましたけども、仮に満杯になったらどうですか。やがては変えられますよ。そこなんですよ、考え方が。それは、10人や10何人だったら迂回していかなくちゃいけませんよ。当初、スタートから満杯でしたら、バス会社だって路線変更してきますよ。次は新しい乗降場所からすぐ乗っていこうとか。だから、頭からそういう議論したら、時間がなくてそんな議論しておられませんけども、ぜひひとつ前向きで、駅のそばでなくていいです、バスターミナルは。ただ、それがなかったら乗降客はふえないということだけと、ひとつ頭の中に入れておってほしいと思います。これは前向きに考えていただくような回答いただきましたから、ぜひお願いしたいと思います。バス路線については、市民の足ということで、引き続き何らかの形で確保できますようにお願いをしておきます。
 保健、医療の充実ということで答弁をいただきました。一つには、入学前までの医療費の考え方をお話し申し上げましたけれども、これについても、ただ引き上げろじゃなくて、いかにこの富津に住民をふやすかという大きな問題があるわけですよ。当然ながら、人が住んでいただければ、私どもに係る市民税、固定資産税等含めて、半永久的にその方が住みついたおかげで入ってくるわけですから、これだけの引き上げされても、どこまでいったら、どのぐらい住んだらという損益見たときには、とんとんになるところがあるはずなんですよね。そういうことからいっても、まだほかの施策、やがてはきっと国の考え方としてなるかもしれませんけれども、先やることに意義があるわけじゃないですか。ですから、私は先ほど申し上げました。ぜひ、この富津地区の土地の利用の価値を上げることと、人口増加対策の一環としても前向きにひとつとらえてほしいと、これはお願いしておきます。先ほど答弁いただきました。かなり前向きな答弁をいただいということで解釈しております。
 それから、国保の問題ですけども、国保については、今、私どもの人口は減るばかりという中で、市長答弁にありましたように、最終的には皆さんが国保に加入するということで国保人口は大変右肩上がりを続けているということでございます。そこで、答弁のあったとおり、それらを加味しながら今後の運営していくということですから、中身を精査しながら、ぜひお願いをしたいと思います。
 ただ1点お聞きしますけれども、これも新聞等で見ますと、都市化になっているところ、あるいは若年層が大変未納が多いと。つまり、掛け金の未納が多いという数字が出ておりますけれども、当市においてはそういう状況があるかどうか、確認をしたいと思います。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。国民健康保険税の滞納の件で、若年層が多いではないかという御質問かと思われますが、正式な数字等抑えておりません。手持ちなくて大変恐縮なんですが、私の記憶の中ですと、50歳から60歳代の滞納者が一番多いんじゃないかなという記憶でございます。その次は40歳から50歳、そんな感じが受けてございます。ただ、議員おっしゃるように、今、国保の中で医療費がかさむと申しますか、というのは高齢者の方が多いと当然、医療費もかかります。国保の加入者の中で若い方が多いという形は医療費がそんなにかからないんじゃないかという、そういうとらえ方はできるんじゃないかと考えているところでございます。以上でございます。
○議長(小林新一君) 11番、福原敏夫君。
◆11番(福原敏夫君) こればっかりは行政が幾ら踏ん張っても、来る者を拒むことできませんし、国保会計についても運営がなかなか難しいでしょうけども、できる限り前向きな対応と未納が発生しないようなひとつシステムで運用していただきたいと思います。
 最後に、スポーツ宣言都市の宣言しないかという問題ですが、教育長の答弁では大変前向きな答弁いただきました。これについては、県で発行されてる振興課から出てる県内の公立の施設の一覧を見ても、富津市は確たる位置にこのスポーツ施設については持ってるというものがあります。ここにあります県の公立社会体育施設一覧というのを見ても、大分、陸上競技場を初め野球場からテニスから、この施設を見た限りでは千葉県はトップクラスにあると。残念ながら、施設はトップにあるけども、その内容はといいますと、大変寂しいものがあると。というのは、あの施設を 100%利用してるかといったら、大変寂しいものがあります。今後、スポーツ宣言をした中で、まずしていただいて、じゃあ次はということを考えたときには、ある程度、各組織の協力をいただいて、そういうひとつイベントが必要なのかなと。
 実は、きのう第13回千葉県実業団対抗駅伝大会、これ、私、行ってきました。これは富津で開いたんですよ、富津市で。この会長とお話しをいろいろしました。こういう駅伝を開く、あるいはマラソンを開くということでは、地域の理解がないとなかなかできないと。正直なところ、こういう各種団体は今、県内でもかなりマラソンを行ってますよね。先般、鴨川でも、あそこは駅伝やりました。でも、それは地域に根差したというんでしょうか、皆さん、実績つくったわけですよね。ですから、千葉県でもさまざまなマラソンもありますけども、これをやったら大変だけれども、まちおこしのために開いて、それがだんだんだんだん大きくなって、皆さん今日の歴史が積み上げた中での大会になったわけですね。
 きのう千葉県の陸上協会の会長とお話ししたんですけども、第13回迎えたと。幸いに我が市からも1チームが出ました。富津市役所もあるかと思ったら、残念ながら市役所ございませんでしたけども、それだけ各地区で走友会じゃないですけども、競技団体にあるたびに参加すると。富津陸協の駅伝というのは房総に行くと有名なんですよね。この間、鴨川で開いたあそこは、しばらく富津陸協が優勝してるんじゃないでしょうか。そのぐらい実力持ったチームがあるわけです。ですから、ぜひ宣言していただいて、富津の岬マラソンでも結構です。ネーミングは皆さんから募集すればいいんですから。そのぐらいの気持ちで、これから取り組んでほしいと。
 テニスコートにしたって、県下であれだけ誇るというのはなかなかないですよ、千葉市以外は。せっかく本年度も予算組みして改修したりいろいろやるわけですよね。ですから、今の富津は施設を管理するための管理人になっちゃっている嫌いがあるんですよね、使わせる管理じゃなくて。ですから、極端に言うと、今、民間委託になってきましたから、場合によったら、考え方として 365日というのが必要かもしれません。というのが、私、先般、鴨川に行ってまいりました。鴨川に行ってきましたら、富津と野球場は全く同じです。高麗芝を利用している。聞きましたら、暮れと正月だけはお休みするそうです。あとはすべてフルに使わせてると。管理、大丈夫かと聞いたら、使うしりから、その箇所箇所管理してれば十分いけますと。夏、心配ないのと言ったら、ちゃんとやったら肥料入れとか管理してしきますから、それは大丈夫ですよと、こういう回答でした。ですから、うちの方見ますと、管理だけ考えますと、11月から芝養育期間ということで、12、1、2、3、4カ月休んでたんですよね。姿勢として、そこが違うと。ですから、人的な対応もありますし、すぐさまそういうことはできませんけれども、せいぜいスポーツ宣言させていただいて、今ある施設をフルに利用させること、これは市民はもちろん対外的にも。それは富津というものを内外に発信してほしいと、こう思います。
 あとは取り組む姿勢は、その気になれば何ぼでもできると思うんです。ですから、ぜひ一つの、一番先は大変だけれども、何か富津はこれだというスポーツを取り入れていただいて、マラソンなんか考えたら、駅伝考えたって、富津はいいコースがとれますよ。海岸道路だって片側2車線があるじゃないですか。よそよりずっと楽に、これはもちろんやるとなればかなりの金額、予算化が必要です。ですから、それはちょっと今、考えると難しくなりますから、まずは小さい大会でもいいから開くという趣旨から、先ほど答弁で宣言都市を前向きに考えたいということがございました。ぜひ、それら含めて、本当にひとつ前向きに考えていただいて、近々にそういう結果をお願いします。そこまで申し上げて、本日の私の質問を終わります。どうもありがとうございました。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) ただいまの福原議員の国保税の滞納者で年齢別についての答弁申し上げたところでございますが、国保税を含めまして滞納者の年齢別の把握につきましては調査してございませんので、先ほど私が申し上げさせていただいたのは、私はそんな感じではないかという感覚的な、大変失礼ですが、申し上げさせていただいたところでございます。よろしくお願いいたします。
○議長(小林新一君) 以上で福原敏夫君の質問を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                 鈴木敏雄君の関連質問

○議長(小林新一君) 続いて、賢政会の関連質問を許可します。
                 (「はい」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 17番、鈴木敏雄君。
◆17番(鈴木敏雄君) それでは、福原議員の・のまちづくりと住環境整備について、1点ほどお伺いをします。18年度まちづくり交付金を利用しましていろいろまちづくり整備していただくと、大変喜んでおります。そういう中で、先ほど関連がございます、この庁舎周辺までの足立の坂からの道路、県道について1点ほどお伺いをしたいと。といいますことは、その間に君津の方へ行く道路ございますよね、Tの字の、上飯野の方。やまとさんのところから庁舎までの間、現在、県道、当然ございますよね。その中で先ほど整備という言葉出ましたけれども、この道路は法がついてなかなか地元でも危ないということで伺っておりますけれども、都市計画街路として裏を通るというような案もあったわけでございますけれども、この道路について現状危険だということで整備をされるのか、あるいは新道を通すのか、あるいは、とりあえず安全の面でどういう措置をされるのか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。当然、神明山の区画整理がとんざをしまして、そういう関係で線整備もございますけれども、その辺のお考えはどのようになっているのかお伺いをしたいと思います。以上です。
○議長(小林新一君) 建設部長、三平稔純君。
◎建設部長(三平稔純君) 庁舎前の道路の関係につきましての御質問でございますから、お答えいたします。議員の今、御質問のとおり、やまとさんの付近の都市計画道路の予定につきましては、裏を通ってくると。平行するような路線計画になっております。先ほどもお答えしましたけれども、確かにこの現道が最近、自転車、歩行者含めて非常に多くなってきていると。そういう中で、歩道が整備されてないということから、非常に危険な状態にあるのは十分承知しているところであります。
 そういう中で、御質問の話では、都市計画道路をそのまま通してくるのか、あるいは現道を整備していくのかと、こういうことになろうかと思いますが、計画として持ってる路線をあるにもかかわらず、それに代替えするような路線を平行して進めていくというのは、これは現実問題としていかがなものかなと、そういうふうに考えております。そういう中で、これは非常に難しい問題かと思っておりますが、都市計画街路も計画決定して相当の期間が経過してる中で、そのルート上ではいろいろ実態的な問題を含めて、当初考えた計画に合わせますと、なかなか困難な状況も生じてきているのが現実かなというふうにも考えております。そういう中では、都市計画街路の計画見直しというものも視野には入ってくる話だというふうに考えております。しかしながら、都市計画決定したものにつきましては、それなりの法的な制限もあります。現に計画決定されておりまして、その地域に土地をお持ちの方はそういう期待感もあるだろうということもあります。したがいまして、そういう見直しの必要性は十分承知はしておりますけれども、そこら辺については慎重にやらざるを得ないかなというふうに思っております。
 そういう中で、議員の皆さんも新聞等でいろいろ見ておりますから御承知かと思いますが、県もこの都市計画街路が長期未着手路線が県下含めて非常に多いという認識の中で、いずれそう遠くないうちにそういうものの見直しが入ってくるのかなというふうに受けとめております。そういう中で、そのような時期が来ましたならば、計画見直しというものにも取り組んでいきたいと思っておりますが、いずれにしましても、地域の皆さんの理解がなければなかなか難しい問題であろうかなと思っております。
 そういうことで、そう離れた位置に重複するような路線が、平行するような路線が来るわけでもありませんし、この地域については何とか現道を片側歩道でもいいから整備していっていただくというのがより一般的、現実的な問題かなというふうに考えておりまして、そういう面を含めて今、県の方にも、とにかく危険状態を回避するという意味も含めてお願いもしておりますし、また引き続いて要望もしていきたいなというふうに考えております。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  平野明彦君の関連質問

○議長(小林新一君) ほかにございませんか。
                 (「はい」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 9番、平野明彦君。
◆9番(平野明彦君) それでは、先ほど福原議員の方から富津市はせっかくの施設を利用してないということでお話がありました。私も十分その辺は感じております。そういった面では、富津市の特徴としては、一つ終わってしまうとそこで全部終わってしまう、物をつくって終わってしまうというのが現状かなと思っております。そういった面では、先ほどの高速バスにつきましても、例えば公民館の事業なり、生涯学習の事業なりで東京へ行って文化活動をするということも利用促進の一つの側面だろうと思うんです。と思ったところ、実は実際やってるんですよね、東京行ったりして。会費を取ってやってるんですが、それはJRを使っての活動なんですけども、高速バスを使って1回使い方を覚えるという意味でも、そういった形での利用の仕方というものある。利用促進という方法はあるんだろうと。
 また、火災報知機につきましても、助成は考えてないという話ですけども、設置したら、例えば税金は幾らか割り引きするとか、そういった形の、別にお金をかけなくても、そういった助成ができる部分が可能性としてできるんじゃないかというふうに思います。
 そういった一つの利用促進するという細かな施策の展開といいますか、その辺、細かなところで、今度、つくったものをうまく利用促進するという形の中のそういった部分の施策というものについて、そういった考え方がどうなのかということを一つお伺いしたいと思います。
○議長(小林新一君) 総合政策部長、小澤俊平君。
◎総合政策部長(小澤俊平君) 今の御質問の中の高速バスを利用促進の話だけでお答えさせていただきますが、JRの利用促進もありますし、高速バスの利用促進もありますし、両方の利便性向上をそれなりに図った上で、利用者に選択してもらう以外、立場上ないかなと、その件については思っております。
                 (「はい」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 9番、平野明彦君。
◆9番(平野明彦君) ストレートに物をやるんではなくて、そういった間接的な方法というのもあるんだろうということで、ひとつお願いしたいと思います。
 また、先ほどの火災報知機ではございませんけども、そういった面では、例えば一部防火地域として指定されているところもあります。例えば、そこに建設しようしたときに、そこに防火施設としてのハードルが一つできてきてしまう。そのハードルを低くするためには、その部分の助成という方法も考えなきゃいけないだろう。そういった部分の細かい施策というものを考えていかなきゃいけないんだろうなというふうに思いますので、その辺をこれから検討していただきたいと要望しまして、お話を終わります。
○議長(小林新一君) ほかにございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 質問もないようでございますので、賢政会の関連質問を終結いたします。
 これをもって賢政会の代表質問を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   散     会

○議長(小林新一君) 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は、明14日午前10時から会議を開きますので、念のため申し添えます。
 本日はこれにて散会といたします。

                  午後3時05分 散会