議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富津市

平成18年 3月定例会−03月07日-02号




平成18年 3月定例会

                  平成18年3月招集
               富津市議会定例会会議録(第2号)

                   議 事 日 程
            平成18年3月7日(火) 午前10時開議

日程第1 議案第1号ないし議案第9号
     (総括質疑、委員会付託省略、討論、採決)
日程第2 議案第10号ないし議案第41号及び議案第48号ないし議案第51号
     (総括質疑、委員会付託)
日程第3 議案第42号ないし議案第47号
     (総括質疑、予算審査特別委員会設置、付託)
日程第4 議案第52号
     (質疑・委員会付託省略)
日程第5 議案第53号
      (質疑、委員会付託)
日程第6 休会について

〇本日の会議に付した事件
1.開  議
1.議長の報告
1.議案第1号ないし議案第9号
  (総括質疑、委員会付託省略、討論、採決)
1.議案第10号ないし議案第41号及び議案第48号ないし議案第51号
  (総括質疑、委員会付託)
1.議案第42号ないし議案第47号
  (総括質疑、予算審査特別委員会設置、付託)
1.予算審査特別委員会設置及び付託
1.予算審査特別委員会委員の選任
1.予算審査特別委員会正副委員長の互選結果報告
1.議案第52号(質疑・委員会付託省略)
1.議案第53号(提案理由の説明、質疑、委員会付託)
1.休会について
1.散  会

〇出席議員
  1番 大 野 裕 二 君    2番 岩 本   朗 君    3番 長谷川   剛 君
  4番 石 井 志 郎 君    5番 藤 川 正 美 君    6番 澤 田 春 江 君
  7番 永 井 庄一郎 君    8番 中 後   淳 君    9番 平 野 明 彦 君
 10番 鈴 木 幹 雄 君   11番 福 原 敏 夫 君   12番 竹 内   洋 君
 13番 長谷川 恒 夫 君   14番 小 林 新 一 君   15番 岩 崎 二 郎 君
 16番 平 野 良 一 君   17番 鈴 木 敏 雄 君   18番 平 野 隆 司 君
 19番 三 平 正 昭 君   20番 高 橋 謙 治 君   21番 高 梨 良 勝 君
 22番 嶋 田 政 市 君

〇欠席議員
 なし

〇出席説明員
 市長        佐久間 清 治 君   助役        長谷川 満 雄 君
 収入役       三 平 榮 男 君   教育長       黒 川   逸 君
 水道事業管理者   嶌 津 久 夫 君   総務部長      平 野 和 夫 君
 総合政策部長    小 澤 俊 平 君   財政部長      高 橋   聖 君
 市民福祉部長    綾 部 正 吉 君   経済環境部長    吉 田 和 男 君
 建設部長      三 平 稔 純 君   参与兼秘書室長   稲 村 治 助 君
 農業委員会事務局長 正 司   勲 君   選管・監査事務局長 丸   繁 雄 君
 消防長       佐 藤   一 君   教育部長      笹 生 憲 平 君
 水道部次長     小 川 三 雄 君   総務部次長     長谷川 友 宏 君

〇出席事務局職員
 事務局長      馬 場 勝 行     庶務課長      金 井   茂
 庶務課長補佐    古 宮 浩 二     議事係長      鈴 木 康 夫

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   開     議

             平成18年3月7日 午前10時00分開議
○議長(小林新一君) ただいまから本日の会議を開きます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                    議長の報告

○議長(小林新一君) 日程に入るに先立ち、私から報告いたします。
 初めに、本日、市長より追加議案1件の提出があり、これを受理いたしましたので、報告いたします。
 次に、議案第1号から議案第4号までの4議案につきましては、市長より日程上から、また議案第5号から議案第9号までの5議案につきましては予算執行上から先議の要請があり、本日の日程第1としてありますので、御了承願います。
 次に、会議日程につきまして、一般質問を13日から15日までの3日間行うことといたしましたので、御了承願います。
 なお、一般質問の一覧表をお手元に配付してございますので、ごらんいただきたいと存じます。
 以上で私からの報告を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                議案第1号ないし議案第9号

○議長(小林新一君) 日程第1、議案第1号から議案第9号までを一括議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして総括質疑に入ります。質疑ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 質疑もないようでございますので、総括質疑を終結いたします。
 ここでお諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号から議案第9号までにつきましては、委員会付託を省略し、直ちに全体審議といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号から議案第9号までにつきましては、委員会付託を省略し、直ちに全体審議とすることに決しました。
 それでは、これより議案ごとに順次、討論、採決をいたします。
 初めに、議案第1号 千葉県自治センターを組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第1号 千葉県自治センターを組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第2号 千葉県自治センターの解散に関する協議について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第2号 千葉県自治センターの解散に関する協議について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第3号 千葉県自治センターの解散に伴う財産処分に関する協議について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第3号 千葉県自治センターの解散に伴う財産処分に関する協議について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第4号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第4号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第5号 平成17年度富津市一般会計補正予算(第6号)について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第5号 平成17年度富津市一般会計補正予算(第6号)について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第6号 平成17年度富津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第6号 平成17年度富津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第7号 平成17年度富津市老人医療特別会計補正予算(第2号)について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第7号 平成17年度富津市老人医療特別会計補正予算(第2号)について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第8号 平成17年度富津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第8号 平成17年度富津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第9号 平成17年度富津市水道事業会計補正予算(第4号)について、討論に入ります。討論ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決をいたします。
 議案第9号 平成17年度富津市水道事業会計補正予算(第4号)について、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(小林新一君) 起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

       議案第10号ないし議案第41号及び議案第48号ないし議案第51号

○議長(小林新一君) 日程第2、議案第10号から議案第41号まで、及び議案第48号から議案第51号までを一括議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして総括質疑に入ります。質疑ございませんか。
                 (「はい」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 議案第10号 富津市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について、議案第11号 富津市国民保護協議会条例の制定について、お伺いいたします。
 いずれも提案理由は武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に対する法律、いわゆる国民保護法に基づく条例の制定とのことであります。何点かお聞きします。
 第1点は、第10条の対策本部の設置と第11条の国民保護協議会との関係ですね。どういう関係かお聞きしたいということ。第2点は、富津市国民保護計画を作成する予定になっておりますけれども、これはどこでつくるのかということ。第3点は、第10条の緊急対策本部と緊急対処事態対策本部、そしてまた現地対策本部をつくることになっているんですけれども、その違い、お聞きしたいと。それと、そこの構成メンバー、何人で、内訳をお聞きしたいということであります。
 次に、もう一点は、同じく第11条の富津市国民保護協議会の構成メンバー、何人で、内訳をどう予定しているのかお聞きしたいということであります。以上です。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) ただいまの御質問の、何点かございますが、抜けるかもしれませんが、またお願いしたいと思いますが、議案第10号では対策本部の設置でございます。また、11条では国民保護協議会の制定ということでございますが、10条におきましてはもととなる法律が、通称、国民保護法と言われてるものでございますが、そこの条文の中で第31条で条例への委任ということで、この法律には国がやるべき仕事、また県がやるべき仕事、市町村が行わなければいけない仕事ということが明文化されておりまして、対策本部の設置につきましては31条の規定により設置するものでございます。そして、40条には市町村協議会の組織を立ち上げて行うということが義務づけられておりまして、それに基づいて本会を組織化するものでございます。
 今から計画をつくるわけですが、そういう状況の中で、いつ起こるかわからない対処法でございます。そういったことで、市民の生命、財産等を守るためには、避難誘導するという義務も市町村にはございます。そういうのもございますので、この条例については一括して今回出させていただいたということでございます。
 計画策定はどこでつくるかということでございますが、素案につきましては担当部局でつくりまして、協議会に諮った中で決定をしてまいります。
 次の質問の対策本部でございますが、国民保護対策本部と緊急対処事態対策本部ということでございますが、これにつきましては国民保護対策本部は通常置かれているものについての組織化して行うものでございますが、そして何か起こったときに対応していくときのものが緊急対処事態対策本部でございます。ほとんど同じ組織になろうかと思いますが、法では別に定めるということになっております。
 メンバーでございますが、対策本部につきましては国民保護法の第28条に規定がされております。第28条ですが、ここには市町村対策本部の長は市町村国民保護対策本部長として市町村長をもって充てるとなっております。そして、市町村対策本部に本部員を置き、次に掲げる者をもって充てるということでございまして、1が助役、2、教育委員会の教育長、3、消防長、4、市町村長が職員のうちから任命する者、こういった方が国民対策本部という形になろうと思います。
 次の協議会の方でございますが、市町村協議会の組織というのは、国民保護法の第40条に規定されております。これも40条は、市町村協議会は会長及び委員をもって組織する。会長は、市町村長をもって充てる。会長は会務を総理する。そして、委員は次に掲げる者のうち市町村長が任命するということになっておりますが、これは査定する、多くいるわけでございますが、当該市町村の区域を所管する指定行政機関の職員、国の出先機関でございます。2番目として自衛隊に属する者。括弧書きで、任命する防衛庁長官の同意を要するということになっております。3番目が都道府県の職員、4番目が市の助役、5番目が市の教育委員会の教育長と消防長、6番目が市の職員、7番目が市の区域において業務を行う指定公共機関または指定地方公共機関の役員や職員、8番目として国民保護の措置に関し知識または経験を有する者、そういった方が委員になるということでございます。人数的には、今の防災対策本部に非常に類似しておりまして、その職員にプラスアルファが出てこようかなということで考えておりますが、協議会委員については今、防災課25名でございますので、それより若干ふえるのかなというような感じで計画を進めたいというふうに考えます。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 今、構成メンバーのお話が出まして、対策本部の方は法令によって市長というふうに、今、話があったように決まってるわけですね。それぞれですけども、主に庁内でつくるということになると思うんですね、対策本部についてはね。そうしますと、長の方はわかったんですけれども、消防の職員と市の職員はどのくらい考えていらっしゃるかお聞きしたいと思います。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) 消防職員も市の職員でございますので、一緒にこの中で動くような形になろうかと思います。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) まだ、人数は決まってないんですか。消防長は1人というのは決まってるわけですけどね。市の職員は何人参加するか、あるいは一般職員の方、どのくらい参加するかわかりましたら。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) 対策本部とその下に部制をしいていろんな組織をつくるわけでございます。本部の職員については部長クラスの職員、プラス特別職、プラス消防団の団長等を考えております。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 対策本部の方ですけども、この法律見ますと、自衛隊員と書いてないんですけども、そういう人たちも会議に出席させることができるというふうになってるんですね。その辺は富津市の場合はどうなさるんでしょうか。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) 先ほども御説明申し上げましたが、自衛隊員等が出席できる会議は国民保護法の協議会の方でございます。対策本部の方は市の執行部で組織するというふうになろうかと思います。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 今の話ですと、庁内のところには自衛隊員は参加しないということですね。一つは、今、話あったように、国民保護協議会の方には参加するということですね。そうしますと、どういう人が参加することになるんでしょうかね。例えば、木更津から来るとか、その辺がわかりましたらお聞きしたいと思います、協議会の方ですね。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) その計画を今から立ち上げるんですが、これは先ほどもお話ししましたように、国の方である程度同意を得るということ、任命するには防衛庁長官の同意を要するということでございますので、これは今から協議をさせていただいた中で決めていくわけでございますが、今、防災対策の方でもここですと、千葉県の連絡は陸上自衛隊の下志津駐屯地といいますか、そちらの方が窓口ということになっておりますので、多分、そちらの方の方が委員に入ってくるんではないかということぐらいしか、まだ今のところは決まっておりません。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) ちょっとダブるかもしれませんけども、この富津市国民保護計画を来年度つくるということは市長の施政方針の中にも入ってるわけですけども、そうすると、今までの話聞きますと、庁内の本部で原案をつくる。そして、富津市国民保護協議会でその案を中心に検討するというか、そういう流れになるんでしょうか。
○議長(小林新一君) 総務部長、平野和夫君。
◎総務部長(平野和夫君) 国等のマニュアル等を重視した中で、そのような形になろうかと思います。
○議長(小林新一君) 質疑もないようでございますので、質疑を終結いたします。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                    委員会付託

○議長(小林新一君) ただいま議題となっております議案第10号から議案第41号まで、及び議案第48号から議案第51号までにつきましては、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
 なお、付託されました常任委員会におきましては、休会中の日程に従い審査をいただき、最終日に御報告願います。
                    議案付託表
〇総務教育常任委員会
 議案第10号 富津市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について
 議案第11号 富津市国民保護協議会条例の制定について
 議案第13号 富津埋立記念館の設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定について
 議案第14号 富津市青年館設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について
 議案第18号 富津市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第19号 一般職の職員の給与等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
 議案第28号 富津市体育施設の指定管理者の指定について
〇民生水道常任委員会
 議案第12号 富津市障害者介護給付等認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について
 議案第16号 富津市交通安全対策会議条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第20号 富津市家庭奉仕員派遣手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第21号 富津市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第23号 竹岡コミュニティセンターの指定管理者の指定について
 議案第24号 金谷コミュニティセンターの指定管理者の指定について
 議案第25号 佐貫コミュニティセンターの指定管理者の指定について
 議案第26号 飯野コミュニティセンターの指定管理者の指定について
 議案第27号 天神山コミュニティセンターの指定管理者の指定について
 議案第29号 青堀ふれあいシニア館の指定管理者の指定について
 議案第30号 大貫ふれあいシニア館の指定管理者の指定について
 議案第31号 関豊ふれあいシニア館の指定管理者の指定について
 議案第32号 富津老人憩の家の指定管理者の指定について
 議案第33号 大佐和老人憩の家の指定管理者の指定について
 議案第34号 天羽老人憩の家の指定管理者の指定について
 議案第35号 富津市福祉作業所の指定管理者の指定について
 議案第53号 富津市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
〇建設経済常任委員会
 議案第15号 富津市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第17号 富津市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第22号 青木地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第36号 富津市簡易給水施設の指定管理者の指定について
 議案第37号 富津市簡易宿泊施設の指定管理者の指定について
 議案第38号 富津市海浜公園の指定管理者の指定について
 議案第39号 富津市民の森の指定管理者の指定について
 議案第40号 富津市高宕山自然動物園の指定管理者の指定について
 議案第41号 富津市都市公園及び富津市立公園の指定管理者の指定について
 議案第48号 市道路線の廃止について
 議案第49号 市道路線の認定について
 議案第50号 市道路線の認定について
 議案第51号 市道路線の認定について

──────────────────── 〇 ────────────────────

               議案第42号ないし議案第47号

○議長(小林新一君) 日程第3、議案第42号から議案第47号までを一括議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして総括質疑に入ります。質疑ございませんか。
                 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 質疑もないようでございますので、質疑を終結いたします。

──────────────────── 〇 ────────────────────

               予算審査特別委員会設置及び付託

○議長(小林新一君) ここでお諮りいたします。ただいま議題となっております議案第42号から議案第47号までの6議案につきましては、11名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、当該委員会に付託し、審査することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、議案第42号から議案第47号までの6議案につきましては、11名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、当該委員会に付託し、審査することに決しました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                予算審査特別委員会委員の選任

○議長(小林新一君) それでは、ただいま設置されました予算審査特別委員会委員の選任を行います。
 予算審査特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。事務局長から発表いたさせます。事務局長、馬場勝行君。
◎事務局長(馬場勝行君) 申し上げます。1番・大野裕二議員、2番・岩本朗議員、4番・石井志郎議員、6番・澤田春江議員、7番・永井庄一郎議員、8番・中後淳議員、9番・平野明彦議員、11番・福原敏夫議員、12番・竹内洋議員、16番・平野良一議員、19番・三平正昭議員。以上11名でございます。
○議長(小林新一君) お諮りいたします。ただいま事務局長の発表のとおり、11名の方々を指名し、決定いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、予算審査特別委員会委員は事務局長の発表のとおり、11名の方々を選任することに決定いたしました。
 なお、予算審査特別委員会につきましては、休憩中に委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、その結果を御報告願います。
 ここで委員会条例第10条の規定により、議長において予算審査特別委員会を招集します。直ちに第4委員会室に御参集願います。
 ここで暫時休憩をいたします。

                 午前10時29分 休憩

──────────────────── 〇 ────────────────────

                 午前10時46分 開議

            予算審査特別委員会正副委員長の互選結果報告

○議長(小林新一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に予算審査特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行った結果を事務局長から発表いたさせます。事務局長、馬場勝行君。
◎事務局長(馬場勝行君) 申し上げます。予算審査特別委員会委員長、平野明彦議員、予算審査特別委員会副委員長、竹内洋議員。以上でございます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                    議案第52号

○議長(小林新一君) 日程第4、議案第52号を議題といたします。
 ここでお諮りいたします。議案第52号につきましては、人事案件につき、質疑、委員会付託を省略し、最終日に全体審議といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、議案第52号につきましては、質疑、委員会付託を省略し、最終日に全体審議とすることに決しました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                    議案第53号

○議長(小林新一君) 日程第5、議案第53号を議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして、その表題を事務局長に朗読いたさせます。事務局長、馬場勝行君。
◎事務局長(馬場勝行君) 申し上げます。
 議案第53号 富津市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
 以上でございます。
○議長(小林新一君) 朗読は終わりました。議題といたしました議案につきまして提案理由の説明を求めます。市長、佐久間清治君。
                (市長 佐久間清治君登壇)
◎市長(佐久間清治君) ただいま提案いたしました議案第53号につきまして、提案理由の説明をいたします。
 この議案は、富津市介護保険条例第3条の保険料率を定める介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部改正が平成18年3月1日に公布されたことに伴い、追加提案をするものであります。
 平成18年度から平成20年度までの第3次富津市介護保険事業計画における第1号被保険者の基準保険料額を改正するとともに、平成17年度税制改正により高齢者に対する非課税措置が廃止されたことに伴う保険料額の上昇する被保険者に対する激変緩和措置及び地域包括支援センターの設置にあわせて行う介護予防給付の施行期日を定める必要から、条例の一部を改正しようとするものであります。
 以上をもちまして議案第53号の提案理由の説明とさせていただきます。
○議長(小林新一君) 続いて、議案第53号につきまして質疑に入ります。質疑ございませんか。
 ──15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 2点、お伺いいたします。今、提案理由の説明にもありましたように、第3次富津市介護保険事業計画に基づいて介護保険料の引き上げを含めた措置ということになると思うんですね。この介護保険事業計画はまだ出てないんですね。どうしてこれが出ないのかね。これに基づいてこの介護保険料の引き上げ、こういうことになるんですね。その辺はいつ出していただけるのかお聞きいたします。
 それと、制度が大きく変更するんですね。去年の何月ですか、法律が改正になりましたね。介護保険制度が大きく変わってるわけです。この内容の周知をどう進めていこうとしているのか、方策等がありましたらお聞きしたいというふうに思います。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。介護保険に関係します事業計画と申しますか、いつできるかというお話だと思われます。これにつきましては、市民アンケート等に基づき、作成懇談会等、これは民間の有識者も入っていただいております。そういう中で御意見を伺いながら進めてまいりました。現在のところでございますが、先ほど市長が提案理由で申し上げましたように、政令が3月1日に公布されました。という状況でございますので、今月、年度内に懇談会をもう一度開催いたしまして、そこで懇談会としての最終意見をちょうだいした中で市としての事業決定に持っていきたいと考えております。
 もう一点の市民周知でございますけど、これにつきましても、この計画の策定につきましては年度を明けました早々にでも市民の方には改正要点のところを周知していきたいと思っております。その前に、これは現在の予定として担当では考えてるところなんですけど、年度初めに市内の全体の区長会議を毎年計画しております。その中で介護保険制度の改正点と保険料の改正に伴う主立った点等について説明させていただき、それでさらに市民の方に対して啓発とか周知をしていきたい、このように考えております。以上でございます。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) この第3次富津市介護保険事業計画、来年度に入って相談して配布するというんですけども、今の時点で介護保険料上がるわけですから、その根拠を示すというか、また示していただかなくちゃいけないんですけれども、この製本ができるんじゃなくて、こういう理由でこうですよという、例えば介護の需要がどういう状況になっているのか、これからこういうところの介護がふえるとか、理由があって介護保険料の引き上げと、こうなるわけですよね。そこをしないと、私の方、判断できませんね。はい、介護保険料、今度上げますよと。どのくらい需要があるのかね。居宅サービスやるのか、施設サービスをやるのか、あるいは今度新しい包括的なサービスを力を入れていくのか、全然わからないですね。その辺はどうする計画でしょうか。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えさせていただきます。市民の方々にどのような形で周知と申しますか、説明するかということかと思われます。先ほども申し上げましたとおり、懇談会で最終的なことを今、詰めておる段階でございます。重ねて申し上げることになろうかと思いますが、正式には3月1日に政令が出ました。その前に情報としては来ておって、その情報に基づいて事務的には作業を進めたところでございます。
 周知と申しますか、市民全体の周知という形は今後になろうかと思いますけど、過去、この計画のための懇談会をやっておったところですが、その会議のあり方については、会議は公開という形で公開させていただき、傍聴等の席を設けさせていただいた中で会議は進めさせていただいております。政令等出た中で、最終的に市としての計画として決定しまして、市民の方に御理解いただくように勉強会等通じ、また広報等通じて周知をしていきたい、このように考えております。以上です。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 繰り返しになりますけど、市民に周知するのは決定してから出すでしょうけど、私たちが判断する材料がないということなんです。その辺は大まかな数字でも、あるいは今の方向性というんですか、そういうものは出せないでしょうかという質問なんですけど。要するに、介護保険料を決めるわけでしょう。さっき言ったように、何回も言いますけど、需要があるから介護保険上げますと、その需要がどのくらいあるのか、どういうことをやろうとしているのかわからないで、ただ介護保険料上げます、はい、賛成というわけにいかないんではないかというのが趣旨なんですけど、いかがでしょうか。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) 一言で言えば、もう資料は出してあるわけでしょう、出すとこへは。当然、今まで3年間計画ですから、いろいろ今までの需要とかそういうのは調べて、今後はこのくらいの人数になりますよという一定の資料出してるわけで、それを全議員に出してもらえないかということです、一言で言えば。それは出せるんですか。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) 失礼いたしました。ただいまの計画書等の配布とか周知の件でございますけど、実は既に所管の常任委員会につきましては協議という形で中間的な報告させていただいたところでございます。それに基づきまして御意見をいただいたり、また微調整等した中で今年度内に再度懇談会をするところでございますが、積算に当たっての資料、また介護サービスの見込み等の資料につきましては、後ほど皆様に予算委員会の期日までの間に配付させていただきたい、このように考えます。以上でございます。
○議長(小林新一君) 15番、岩崎二郎君。
◆15番(岩崎二郎君) くどいようですけど、予算委員会の直前に出されても困るんですよね。その前に出せないんでしょうか。できてるんでしょう。この提案理由に書いてあるように、この第3次富津市介護保険事業計画における第1号被保険者の保険料を改正すると。ですから、税制改正があって、それによる非課税措置が廃止されたから、それに伴う保険も変えますと、こう言ってるわけですよね。それを早めに出していただけないんでしょうか。以上です。
○議長(小林新一君) 市民福祉部長、綾部正吉君。
◎市民福祉部長(綾部正吉君) お答えいたします。できるだけ早く出せるように努力させていただきます。よろしくお願いいたします。
○議長(小林新一君) 質疑もないようでございますので、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第53号につきましては、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。
 なお、付託されました常任委員会におきましては、休会中の日程に従い審査をいただき、最終日に御報告願います。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   休会について

○議長(小林新一君) 日程第6、休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。議案調査のため、明8日から10日までの3日間を休会といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
                (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、明8日から10日までの3日間は休会と決しました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   散     会

○議長(小林新一君) 本日の日程はこれをもってすべて終了いたしました。
 次の本会議は3月13日午前10時から会議を開きますので、念のため申し添えます。
 本日はこれにて散会といたします。

                 午前11時02分 散会