議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富津市

平成17年 9月定例会−09月01日-01号




平成17年 9月定例会

                 平成17年9月招集
             富津市議会定例会会議録(第1号)

                   議 事 日 程
             平成17年9月1日(木) 午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 議案第1号ないし議案第29号
     (提案理由の説明)
日程第4 休会について

〇本日の会議に付した事件
1.開  会
1.開  議
1.市長のあいさつと報告
1.議長の報告
1.会議録署名議員の指名
1.会期の決定
1. 議案の上程(議案第1号ないし議案第29号)
1.市長の提案理由の説明
1.財政部長補足説明(議案第3号)
1.財政部長補足説明(議案第19号及び議案第24号)
1.市民福祉部長補足説明(議案第25号及び議案第27号)
1.水道事業管理者補足説明(議案第28号)
1.休会について
1.散  会

〇出席議員
  1番 大 野 裕 二 君    2番 岩 本   朗 君    3番 長谷川   剛 君
  4番 石 井 志 郎 君    5番 藤 川 正 美 君    6番 澤 田 春 江 君
  7番 永 井 庄一郎 君    8番 中 後   淳 君    9番 平 野 明 彦 君
 10番 鈴 木 幹 雄 君   11番 福 原 敏 夫 君   12番 竹 内   洋 君
 13番 長谷川 恒 夫 君   14番 小 林 新 一 君   15番 岩 崎 二 郎 君
 16番 平 野 良 一 君   17番 鈴 木 敏 雄 君   18番 平 野 隆 司 君
 19番 三 平 正 昭 君   20番 高 橋 謙 治 君   21番 高 梨 良 勝 君
 22番 嶋 田 政 市 君

〇欠席議員
 なし

〇出席説明員
 市長         佐久間 清 治 君   助役         長谷川 満 雄 君
 収入役        三 平 榮 男 君   教育長        黒 川   逸 君
 水道事業管理者    嶌 津 久 夫 君   総務部長       平 野 和 夫 君
 総合政策部長     小 澤 俊 平 君   財政部長       高 橋   聖 君
 市民福祉部長     綾 部 正 吉 君   経済環境部長     吉 田 和 男 君
 建設部長       三 平 稔 純 君   参与兼秘書室長    稲 村 治 助 君
 農業委員会事務局長  正 司   勲 君   選管・監査事務局長  丸   繁 雄 君
 消防長        佐 藤   一 君   教育部長       笹 生 憲 平 君
 水道部次長      小 川 三 雄 君   総務部次長      長谷川 友 宏 君

〇出席事務局職員
 事務局長       馬 場 勝 行     庶務課長       金 井   茂
 庶務課長補佐     古 宮 浩 二     議事係長       鈴 木 康 夫

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   開     会

             平成17年9月1日 午前10時00分開会
○議長(小林新一君) ただいまから平成17年9月富津市議会定例会を開会いたします。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   開     議

             平成17年9月1日 午前10時00分開議
○議長(小林新一君) 直ちに本日の会議を開きます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                市長のあいさつと報告

○議長(小林新一君) 日程に入るに先立ち、市長から発言を求められておりますので、これを許可します。市長、佐久間清治君。
                (市長 佐久間清治君登壇)
◎市長(佐久間清治君) おはようございます。平成17年9月富津市議会定例会の開会に当たり、ごあいさつと御報告を申し上げます。
 議員の皆様方におかれましては、大変御多用の中、本定例会に御出席を賜り、まことにありがとうございます。
 本定例会に御提案いたします議案は、専決処分案2件、条例案16件、一般会計及び特別会計の補正予算案5件、決算の認定案6件の計29議案でございます。よろしく御審議の上、御可決あるいは御承認くださいますようお願い申し上げます。
 次に、諸般の御報告を申し上げます。
 初めに、消防操法大会について申し上げます。去る7月9日に行われました第26回千葉県消防協会君津支部消防操法大会におきまして、議員初め多くの皆様に激励をいただき、ポンプ車の部で当市第2分団が優勝、小型ポンプの部でも第3分団が準優勝いたしました。優勝いたしました第2分団につきましては、君津地域4市の代表として7月29日、千葉県消防学校において開催されました第41回千葉県消防操法大会に出場し、努力賞の成績をおさめました。大会を通じて得られた成果を市民の安全確保に役立てるとともに、防災活動に一層精進してまいりますので、議員の皆様方におかまれしては、今後とも御支援を賜りますようお願い申し上げます。
 次に、大貫中学校野球部全国大会出場について申し上げます。去る7月末に行われた千葉県総合体育大会において準優勝を遂げ、8月8日から横浜市保土ケ谷球場を中心に開催された第30回関東中学校軟式野球大会に出場いたしました。その結果、準決勝で東京代表の足立区立第九中学校に延長戦の末3対4で惜敗いたしましたが、全国大会代表決定戦において埼玉代表の上尾市立上尾中学校に2対1で勝利し、見事、全国大会出場を決めました。
 これにより、8月20日から静岡市草薙球場を中心として開催された第27回全国中学校軟式野球大会に出場し、1回戦は近畿代表の京都市立二条中学校に2対1で勝利しましたが、準々決勝では東北代表で宮城県の利府町立しらかし台中学校に0対2で惜敗いたしました。最後まであきらめない全力プレーで接戦を物にし、一戦一戦力をつけ、全国大会ベスト8まで進出した大貫中学校野球部の健闘を大いにたたえたいと思います。皆様方の御支援、御協力に対し感謝申し上げます。
 次に、台風11号による被害状況について申し上げます。去る8月26日未明に房総半島を直撃した台風11号により、前日の25日から配備体制をとり、防災行政無線による市民への災害防止を呼びかけました。交通機関では、内房線の運休のほか、市内に一部停電の影響はありましたが、幸い、大きな被害はありませんでした。被害報告のあったものといたしましては、農林土木災害15カ所、公共土木災害9カ所でございますので、御報告申し上げます。
 次に、市道新田中線道路改良工事に伴う県立君津商業高等学校代替野球場の引き渡しについて申し上げます。市道新田中線道路改良工事に伴い実施しておりました県立君津商業高等学校代替野球場整備事業につきましては、千葉県まちづくり公社に委託し、立て替え施工により実施してまいりましたが、本年5月15日に完成をいたしましたので、千葉県教育委員会に対し、去る8月31日に代替野球場施設の引き渡しを行いましたので、御報告申し上げます。
 次に、第26回八都県市合同防災訓練千葉県会場訓練について申し上げます。来る9月3日から4日にかけ、大貫中学校及び周辺地域を会場とし、避難所開設・運営訓練を初め、救出救助訓練などを実施いたしますので、議員の皆様方の御来場をお願い申し上げます。
 次に、高速バスの廃止等について申し上げます。高速バスの市内運行については、竹岡と上総湊駅前に停留所が設置されております白浜・東京線、青堀駅を起終点とする君津・東京線、金谷と千葉駅を結ぶ東京湾フェリー・千葉線が運行されております。このうち君津・東京線については、開設当初上り6便、下り6便の運行でしたが、市民の交通利便性向上のため、関係事業者に輸送の増強を要望してまいりましたところ、今月中旬には上り下りともに11便に増便する予定となっております。しかし、東京湾フェリー・千葉線については、開設当初より利用者が少なく、この路線維持に当たりバス事業者に大きな負担が生じていることから、9月15日をもって廃止することとなりました。
 また、10月1日より路線バスの湯沢線及び金束線を廃止し、鴨川市の亀田病院から東京湾フェリーを経路とする路線が新たに開設され、上り下りとも各4便運行される予定です。今後、事業者においてチラシ等でお知らせするとともに、「広報ふっつ」や市ホームページに関連記事を掲載し、市民の皆様に周知してまいりたいと存じます。
 次に、国勢調査について申し上げます。国勢調査は、大正9年に第1回目の調査を行い、以来5年ごとに10月1日を調査日として実施されてまいりました。本年度は国勢調査年となり、9月下旬から10月初旬にかけまして調査員が各家庭を訪問いたしますので、よろしく御協力のほどお願い申し上げます。
 次に、ふれあいスポーツフェスタ2005について申し上げます。昨年に引き続き、10月10日の体育の日に市民の手づくりによるふれあいスポーツフェスタ2005を開催いたします。市民の健康づくり、体力づくりを目的に新しい発想と視点のもと、皆さんの意向を組み込んだスポーツイベントを市内にあるレクリエーション施設、市民ふれあい公園を主会場として実施いたします。
 次に、富津市民文化祭について申し上げます。市民の皆様が芸術文化に親しみ、その活動を促進し、市民相互の親睦と融和を図りつつ、地域文化の向上に資することを目的として、10月28日の金曜日から10月30日の日曜日まで富津公民館、中央公民館、市民会館、総合社会体育館を会場として富津市民文化祭2005を開催いたしますので、議員の皆様にも御鑑賞いただきたいと存じます。
 以上で開会に当たりましてのあいさつ並びに報告を終わります。
○議長(小林新一君) 以上で市長のあいさつ並びに報告を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   議長の報告

○議長(小林新一君) 続いて、私から報告いたします。
 本日、市長から議案の提出があり、これを受理いたしましたので報告いたします。
 次に、今期定例会に説明員として出席通知のありました者の職氏名は、議案つづりの裏面に印刷してありますので、御了承願います。
 次に、陳情1件の提出がありました。お手元の陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたので、御了承願います。
 次に、監査委員から例月出納検査の結果報告がありました。例により各控室にその写しを配付してありますので、ごらんいただきたいと存じます。
 次に、契約締結状況一覧の印刷物の提出がありましたので、お手元に配付してございます。
 次に、去る6月定例会会議録をお手元に配付してございますので、ごらんいただきたいと存じます。
 次に、議会図書室に備えてあります第二次富津市行財政改革推進実施計画進捗状況報告書の加除が8月末に行われましたので、御活用いただきたいと存じます。
 以上で私からの報告を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                会議録署名議員の指名

○議長(小林新一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第81条の規定により、7番・永井庄一郎君、8番・中後淳君、9番・平野明彦君を指名いたします。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  会期の決定

○議長(小林新一君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 今定例会の会期は、去る8月25日に議会運営委員会が開催され、9月1日から9月27日までの27日間と決定しました。
 お諮りいたします。会期につきましては、議会運営委員会の決定のとおり、本日9月1日から9月27日までの27日間といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日9月1日から9月27日までの27日間と決定いたしました。
 なお、会期中の会議日程につきましては、お手元に配付いたしました会期日程表のとおりでございますので、御了承願います。

             平成17年9月富津市議会定例会会期日程表
                                   (会期27日間)
  ┌────┬──────┬───┬───┬─────┬───────────────┐
  │日  次│ 月  日 │曜 日│区 分│開議時刻 │  こ  と  が  ら   │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │    │      │   │   │     │開 会            │
  │    │      │   │   │     │諸般の報告          │
  │第1日 │ 9月 1日│ 木 │本会議│午前10時│会議録署名議員の指名     │
  │    │      │   │   │     │会期の決定          │
  │    │      │   │   │     │議案の上程(提案理由の説明) │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第2日 │ 9月 2日│ 金 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第3日 │ 9月 3日│ 土 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第4日 │ 9月 4日│ 日 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第5日 │ 9月 5日│ 月 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第6日 │ 9月 6日│ 火 │本会議│午前10時│一般質問           │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第7日 │ 9月 7日│ 水 │本会議│午前10時│一般質問           │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第8日 │ 9月 8日│ 木 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │    │      │   │   │     │議案質疑(委員会付託)    │
  │第9日 │ 9月 9日│ 金 │本会議│午前10時│               │
  │    │      │   │   │     │決算審査特別委員会設置    │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第10日│ 9月10日│ 土 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第11日│ 9月11日│ 日 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第12日│ 9月12日│ 月 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第13日│ 9月13日│ 火 │休 会│     │委員会            │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第14日│ 9月14日│ 水 │休 会│     │委員会            │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第15日│ 9月15日│ 木 │休 会│     │委員会            │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第16日│ 9月16日│ 金 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第17日│ 9月17日│ 土 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第18日│ 9月18日│ 日 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第19日│ 9月19日│ 月 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第20日│ 9月20日│ 火 │休 会│     │決算審査特別委員会      │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第21日│ 9月21日│ 水 │休 会│     │決算審査特別委員会      │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第22日│ 9月22日│ 木 │休 会│     │決算審査特別委員会      │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第23日│ 9月23日│ 金 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第24日│ 9月24日│ 土 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第25日│ 9月25日│ 日 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │第26日│ 9月26日│ 月 │休 会│     │               │
  ├────┼──────┼───┼───┼─────┼───────────────┤
  │    │      │   │   │     │委員長報告          │
  │第27日│ 9月27日│ 火 │本会議│午前10時│議案等審議          │
  │    │      │   │   │     │閉 会            │
  └────┴──────┴───┴───┴─────┴───────────────┘

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   議案の上程

○議長(小林新一君) 日程第3、議案第1号から議案第29号までを一括議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案につきまして、その表題を事務局長に朗読いたさせます。事務局長、馬場勝行君。
◎事務局長(馬場勝行君) 申し上げます。
 議案第 1号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成17年度富津市一般会計補正予算(第1号)について)
 議案第 2号 専決処分の承認を求めることについて
        (平成17年度富津市一般会計補正予算(第2号)について)
 議案第 3号 富津市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について
 議案第 4号 富津市体育施設の設置及び管理に関する条例の制定について
 議案第 5号 富津市高宕山自然動物園の設置及び管理に関する条例の制定について
 議案第 6号 富津市立公園の設置及び管理に関する条例の制定について
 議案第 7号 富津市簡易給水施設の設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定について
 議案第 8号 富津市地区コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第 9号 富津市ふれあいシニア館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第10号 富津市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第11号 富津市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第12号 富津市簡易宿泊施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第13号 富津市海浜公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第14号 富津市民の森の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第15号 富津市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第16号 富津市農業近代化資金利子補給条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第17号 富津市漁業近代化資金等利子補給条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第18号 富津市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
 議案第19号 平成17年度富津市一般会計補正予算(第3号)について
 議案第20号 平成17年度富津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 議案第21号 平成17年度富津市老人医療特別会計補正予算(第1号)について
 議案第22号 平成17年度富津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
 議案第23号 平成17年度富津市水道事業会計補正予算(第2号)について
 議案第24号 平成16年度富津市一般会計歳入歳出決算の認定について
 議案第25号 平成16年度富津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
 議案第26号 平成16年度富津市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について
 議案第27号 平成16年度富津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
 議案第28号 平成16年度富津市水道事業会計決算の認定について
 議案第29号 平成16年度富津市温泉供給事業特別会計決算の認定について
 以上でございます。
○議長(小林新一君) 朗読は終わりました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                市長の提案理由の説明

○議長(小林新一君) 議題といたしました議案につきまして、提案理由の説明を求めます。市長、佐久間清治君。
                (市長 佐久間清治君登壇)
◎市長(佐久間清治君) ただいま提案いたしました議案につきまして、提案理由の説明をいたします。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第1号) 専決処分の承認を求めることについて
          (平成17年度富津市一般会計補正予算(第1号)について)

◎市長(佐久間清治君) 初めに、議案第1号についてであります。この議案は、平成17年9月3日から4日にかけて実施する第26回八都県市合同防災訓練千葉県会場訓練に要する費用負担について、千葉県と協議が整ったため、早急に補正予算の必要が生じましたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行ったもので、その承認をお願いしようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────


  (議案第2号) 専決処分の承認を求めることについて
          (平成17年度富津市一般会計補正予算(第2号)について)

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第2号についてであります。この議案は、公職選挙法第31条第3項の規定による衆議院議員の総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査法第2条の規定による国民審査に係る経費について、早急に補正予算の必要が生じましたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行ったもので、その承認をお願いしようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第3号) 富津市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第3号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第4項の規定に基づき、同条第3項に規定する指定管理者の指定の手続等に関する事項を定めるため、新たに条例を制定しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第4号) 富津市体育施設の設置及び管理に関する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第4号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に社会体育館、市民運動広場及び浅間山運動公園の管理を行わせるため、現行の条例を一括して廃止し、これらの施設を統合した条例を新たに制定しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第5号) 富津市高宕山自然動物園の設置及び管理に関する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第5号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき、富津市高宕山自然動物園の設置及び管理に必要な規定の整備を図るとともに、指定管理者に同施設の管理を行わせるため、新たに条例を制定しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第6号) 富津市立公園の設置及び管理に関する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第6号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき、市立公園の設置及びその管理に関する事項を定めるとともに、指定管理者に富津市立公園の管理を行わせる必要が生じたため、新たに条例を定めるものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第7号) 富津市簡易給水施設の設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第7号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市簡易給水施設の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の全部を改正しようとするものであります。


──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第8号) 富津市地区コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第8号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市地区コミュニティセンターの管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第9号) 富津市ふれあいシニア館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第9号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市ふれあいシニア館の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第10号) 富津市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第10号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市老人憩の家の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第11号) 富津市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第11号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市福祉作業所の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第12号) 富津市簡易宿泊施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第12号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市簡易宿泊施設の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第13号) 富津市海浜公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第13号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市海浜公園の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第14号) 富津市民の森の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第14号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市民の森の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

   (議案第15号) 富津市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第15号についてであります。この議案は、地方自治法第244条の2第3項に規定する指定管理者に富津市都市公園の管理を行わせるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第16号) 富津市農業近代化資金利子補給条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第16号についてであります。この議案は、国の補助金等の整理及び合理化等に伴う農業近代化資金助成法等の一部改正に伴い、現行の農業近代化資金助成法が農業近代化資金融通法に名称が改められたことから、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第17号) 富津市漁業近代化資金等利子補給条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第17号についてであります。この議案は、国の補助金等の整理及び合理化等に伴う漁業近代化資金助成法等の一部改正に伴い、現行の漁業近代化資金助成法が漁業近代化資金融通法に名称が改められたことから、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第18号) 富津市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第18号についてであります。この議案は、消防法が平成16年6月に一部改正され、平成18年6月1日から新築住宅には住宅用火災警報器等の設置が必要になるため、関係条文の整備を行う必要が生じたので、条例の一部を改正しようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第19号) 平成17年度富津市一般会計補正予算(第3号)について
  (議案第20号) 平成17年度富津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について
  (議案第21号) 平成17年度富津市老人医療特別会計補正予算(第1号)について
  (議案第22号) 平成17年度富津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
  (議案第23号) 平成17年度富津市水道事業会計補正予算(第2号)について

◎市長(佐久間清治君) 次に、議案第19号から議案第23号は、平成17年度の補正予算であります。
 まず、議案第19号は、一般会計補正予算(第3号)であります。今回の補正は、既定の歳入歳出予算にそれぞれ 2,773万 5,000円を追加し、補正後の予算額を 177億 8,048万 3,000円にしようとするものであります。歳出の主な内容といたしましては、私立保育所運営事業補助金やクリーンセンター試運転に伴う汚泥運搬関係経費及び現年発生災害復旧事業等の経費のほか、既定の予算を補正しようとするものであります。これらに対応する財源といたしましては、国県支出金及び繰入金等をもって措置いたしました。
 議案第20号は、国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は、既定の歳入歳出予算にそれぞれ11万 6,000円を追加し、補正後の予算額を53億 1,711万 6,000円にしようとするものであります。歳出予算の主な内容といたしましては、昨年度実施された国保保険者支援事業の継続に伴う疾病予防費の増額及び人事異動に伴う人件費の減額を措置しようとするものであります。これらに対応する財源といたしましては、県支出金、繰入金をもって措置いたしました。
 議案第21号は、富津市老人医療特別会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は、既定の歳入歳出予算にそれぞれ 628万 7,000円を追加し、補正後の予算額を44億 5,787万 8,000円にしようとするものであります。主な内容といたしましては、医療給付費負担金等の精算に伴う追加交付及び返還金を計上したもので、これに対応する財源といたしましては、国庫支出金及び繰越金をもって措置いたしました。
 議案第22号は、富津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は、既定の歳入歳出予算にそれぞれ 6,044万 4,000円を追加し、補正後の予算を25億 8,744万 4,000円にしようとするものであります。
 主な内容といたしましては、平成16年度の保険給付費確定に伴う公費負担分の返還金等と介護保険法の改正により、本年10月より施設入所者の食費と居住費が自己負担となることに伴い、この低所得者対策としての特定入所者介護サービス費並びに介護認定モデル事業の経費を措置しようとするものであります。これらに対応する財源といたしましては、国庫負担金や繰入金及び繰越金をもって措置いたしました。
 議案第23号は、富津市水道事業会計補正予算(第2号)であります。今回の補正は、平成17年4月1日付人事異動に伴う人件費の補正をしようとするものであり、収益的支出予算において水道事業費用では既決予定額15億 7,216万 4,000円から 288万 7,000円を減額し、補正後の予定額を15億 6,927万 7,000円にしようとするものであります。また、資本的支出予算におきましては、資本的支出で既決予定額6億 9,752万 4,000円から7万 9,000円増額し、補正後の予定額を6億 9,760万 3,000円にしようとするものであります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

  (議案第24号) 平成16年度富津市一般会計歳入歳出決算の認定について
  (議案第25号) 平成16年度富津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
  (議案第26号) 平成16年度老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について
  (議案第27号) 平成16年度富津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
  (議案第28号) 平成16年度富津市水道事業会計決算の認定について
  (議案第29号) 平成16年度富津市温泉供給事業特別会計決算の認定について

◎市長(佐久間清治君) 議案第24号は平成16年度富津市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第25号は平成16年度富津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第26号は平成16年度富津市老人医療特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第27号は平成16年度富津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第28号は平成16年度富津市水道事業会計決算の認定について、議案第29号は平成16年度富津市温泉供給事業特別会計決算の認定についてでありまして、各会計とも決算を遂げ、監査委員の審査を終了いたしましたので、地方自治法及び地方公営企業法の規定により、議会の認定をお願いするものであります。
 以上が提案いたしました議案の概要でございますが、議案第3号、議案第19号、議案第24号、議案第25号、議案第27号につきましては担当部長から、議案第28号につきましては水道事業管理者からそれぞれ補足説明をいたさせますので、十分御審議の上、原案どおり御可決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。


──────────────────── 〇 ────────────────────

                   補 足 説 明

○議長(小林新一君) 続いて、補足説明に入ります。
 初めに、議案第3号について補足説明を求めます。財政部長、高橋聖君。
                (財政部長 高橋聖君登壇)
◎財政部長(高橋聖君) 議案第3号 富津市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例につきまして、補足説明を申し上げます。
 議案つづりの2ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、本条例の制定の趣旨でございますが、地方自治法の一部を改正する法律が平成15年9月に施行され、この公の施設の管理、運営について、これまでの管理委託制度が廃止され、地方公共団体が指定する指定管理者に管理を代行させる指定管理者制度が導入されたところでございます。
 本条例は、この指定管理者の指定の手続等に関し、各公の施設に共通する事項について統一化を図るため、通則的条例を定めようとするものであります。
 次に、各条文の概要について申し上げます。第1条の趣旨につきましては、ただいま申し上げたとおりでございます。
 次に、第2条は、指定管理者の公募に関する必要な事項を定めたものであります。
 第3条は、指定管理者の指定を受けようとする団体の指定申請に関する必要な事項を定めたものであります。
 第4条は、指定申請のあった団体の中から、指定候補者を選定する基準等を定めたものであります。
 第5条は、公募によらず指定候補者を選定する場合の条件と、この場合の指定手続等を定めたものであります。
 第6条は、指定候補者の選定結果を申請団体及び指定候補者に通知する旨を定めたものであります。
 第7条は、指定候補者を議会の議決を経て指定管理者に指定し、その旨を告示する定めをしたものであります。
 第8条は、指定管理者の指定を受けた団体と指定施設の管理に関する協定を締結する旨と、その協定事項を定めたものであります。
 第9条は、指定管理者に対し管理業務及び経理状況報告を求め、実地調査と必要な指示ができる旨を定めたものであります。
 第10条は、指定管理者が指示に従わないときや管理を継続することができないときは、指定を取り消し、または管理業務の停止を命ずることができる旨を定めたものであります。なお、この場合において、指定管理者に損害が生じても市は賠償の責めを負わないものとしたものでございます。
 第11条は、指定管理者に指定施設に関する事業報告書の作成と提出を義務づけたものであります。
 第12条は、指定管理者に対し管理しなくなった指定施設の原状回復義務を定めたものであります。
 第13条は、指定管理者が故意または過失により指定施設と設備を損壊あるいは滅失したときの損害賠償の定めをしたものであります。
 第14条は、指定管理者が管理業務の全部または一部を行うことが困難となったときは、市長または教育委員会がみずから管理業務を行う旨を定めたものであります。
 第15条は、指定管理者に個人情報の保護に関し必要な措置を講じなければならない旨を定めたものであります。
 第16条は、指定管理者に情報公開に関し必要な措置を講じなければならない旨を定めたものであります。
 第17条は、本条例の施行に関し必要な事項は規則で定める旨を規定したものであります。
 最後に附則でありますが、この条例の施行期日と本条例の制定に伴う関係条例として、富津市個人情報保護条例及び富津市情報公開条例について所要の一部改正をあわせて行うものであります。
 以上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、議案第3号の補足説明を終わらさせていただきます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第19号及び議案第24号について補足説明を求めます。財政部長、高橋聖君。
                (財政部長 高橋聖君登壇)
◎財政部長(高橋聖君) 議案第19号 平成17年度富津市一般会計補正予算(第3号)について、補足説明を申し上げます。
 一般会計補正予算書の2ページをごらんいただきたいと存じます。補正予算の主な内容について御説明申し上げます。まず、歳入でございますが、14款の国庫支出金は29万 6,000円の増額で、この補正は国民年金未納者対策に係る基礎年金等事務委託金でございます。
 次に、15款の県支出金は 767万 9,000円の増額補正で、主な内容は新たに障害児保育円滑化事業補助金で 119万 4,000円や一時保育促進事業補助金に係る補助基本額の改定で 434万 1,000円のほか、去る4月11日から13日にかけての降雨により被災した林業施設災害復旧事業補助金で82万 7,000円などでございます。
 次に、17款の寄附金は5万円の増額補正で、教育費寄附金として富津市青木の上総モラロジー事務所代表世話人、三枝一雄様から御寄附をいただいたものでございます。
 次に、18款の繰入金は 2,134万円の増額補正でございます。内容は、介護保険事業特別会計の平成16年度保険給付費等に係る一般会計負担額の精算に伴う繰り入れでございます。
 次に、19款の繰越金は 425万円の減額で、歳入歳出予算の財源調整として計上したものでございます。
 次に、20款の諸収入は 262万円の増額で、新市町村振興宝くじ交付金などでございます。
 続きまして、歳出について御説明申し上げます。4ページをごらんいただきたいと存じます。今回の補正につきましては、常勤一般職及び非常勤一般職を合わせて3人減の 637人になったほか、人事異動に伴う会計間の調整を行ったことにより、各款において人件費の増減補正をしてございます。
 まず、1款の議会費は 503万 6,000円の減額補正で、人件費の減によるものでございます。
 次に、2款の総務費は 1,967万 5,000円の増額補正でございます。補正の主な内容は、人件費の増額のほか1項の総務管理費でコミュニティ推進関係費として地区集会所備品購入費補助金で 140万円の増額補正などでございます。
 次に、3款の民生費は 493万 2,000円の減額補正でございます。補正の主な内容は、人件費の減額のほか1項の社会福祉費で国民健康保険事業特別会計への職員給与費等繰出金で60万 3,000円、また国民年金未納者対策に係る電算業務委託料で29万 6,000円、介護保険事業特別会計への事務費繰出金及び職員給与費等繰出金を合わせて 144万 2,000円の増額、2項の児童福祉費で次世代育成支援対策推進事業費に86万 4,000円及び私立保育所運営事業補助金で補助基本額の改定などに伴いまして 418万 1,000円の増額補正などでございます。
 次に、4款の衛生費は 1,518万 4,000円の減額補正でございます。内容は、人件費の減額と2項の清掃費で、クリーンセンター整備事業の試運転に伴う汚泥運搬委託料に96万 5,000円、備品購入費に 270万円を増額補正するものでございます。
 次に、6款の農林水産業費は 725万 3,000円の増額補正でございます。補正の主な内容は、人件費の増額と1項の農業費で特産物販売施設等集客施設設置検討事業費に76万 2,000円を増額補正するものでございます。
 次に、7款の商工費は85万 9,000円の増額補正で、人件費の増額と桜並木環境美化委託料などで34万 4,000円の補正でございます。
 次に、8款の土木費は 2,362万 4,000円の増額補正でございます。主な内容は、人件費の増額のほか1項の土木管理費で法定外公共物に係る公共用財産調査業務委託料に 100万円、2項の道路橋梁費で排水路用地測量業務委託料に 100万円などを補正するものでございます。
 次に、9款の消防費は 196万 4,000円の減額補正でございます。内容は、人件費の減額と警防活動運営事業に係る備品購入費で92万円の補正でございます。
 次に、10款の教育費は 134万 9,000円の減額補正でございます。主な内容は、人件費の減額のほか、2項小学校費で指定寄附に伴う図書備品購入費に5万円、3項中学校費で富津中学校校舎改築事業に係る地質調査委託料に 260万 6,000円の増額補正などでございます。
 次に、11款の災害復旧費は 478万 9,000円の増額補正でございます。補正の内容は、1項の公共土木施設災害復旧費で去る6月22日から23日にかけての豪雨により被災した梨沢地先の普通河川と山中地先の市道及び7月9日から10日にかけての豪雨により被災した金谷地先の市道に係る道路橋梁災害復旧費を合わせて 272万円の補正でございます。
 次の2項農林水産業施設災害復旧費は、去る4月11日から13日にかけての降雨により被災した豊岡地先の林業災害復旧費で 206万 9,000円の補正でございます。
 以上、歳入歳出それぞれ 2,773万 5,000円を追加し、補正後の予算額を 177億 8,048万 3,000円にしようとするものでございます。
 以上で平成17年度富津市一般会計補正予算(第3号)の補足説明を終わらさせていただきます。
 続きまして、議案第24号 平成16年度富津市一般会計歳入歳出決算に係る補足説明を申し上げます。決算書の附属資料として決算に係る主要施策の成果説明書を提出してございますので、これにより御説明をいたします。
 主要施策の成果説明書の2ページと3ページの会計別決算総括表のうち2ページ左側の一般会計の欄をごらんいただきたいと思います。予算現額 171億 5,071万 3,000円に対しまして、歳入決算額は 172億 3,223万 3,092円、また歳出決算額は 166億 5,006万 3,648円で、歳入歳出差引額は5億 8,216万 9,444円でございます。
 また、この額から17年度に繰り越すべき財源として、大貫漁港漁港漁場機能高度化統合補助事業に係る繰越明許費繰越額の 184万 6,000円を差し引いた実質収支額は5億 8,032万 3,444円でございます。予算に対する執行率は、歳入が 100.5%、歳出が97.1%でございます。
 次に、歳入の概要を御説明申し上げますので、4ページと5ページの一般会計性質別目的別決算額調の表をごらんいただきたいと思います。この表は、縦の列が歳入の款別、横の行が財源別の決算額でございます。
 表左側の下から3行目の平成16年度決算額の行をごらんいただきたいと存じます。1款市税の決算額は96億 3,973万 8,000円で、対前年度 3.2%の増額でございます。
 市税の税目別決算につきましては、恐れ入りますが、13ページの右の欄をごらんいただきいたと存じます。市税収入のうち主な税目について申し上げます。1の市民税は20億 3,573万 8,000円で、対前年度 9.3%の増額でございます。市民税のうち個人については均等割の税率が16年度税制改正で 2,500円から 3,000円になったことで、対前年度約 960万円の増額となったものの、所得割において給与所得や営業所得の減少により、個人市民税全体では減額であります。また、法人については、鉄鋼関連企業などの税収増により増額決算であります。
 次に、2の固定資産税のうち純固定資産税は71億 6,654万 5,000円で、対前年度 1.7%の増額でございます。増額要因は、土地については地価下落により減収となったものの、家屋の新増築による増収と償却資産で富津火力発電所の大規模償却資産の増収により固定資産税全体では増額決算となったものであります。
 次に、4の市たばこ税は3億 2,864万 3,000円で、対前年度 1.6%の増額でございます。増額要因は、平成15年7月1日に税率の引き上げが行われ、16年度は平年度ベースの課税となり、増額となったものでございます。
 次に、5の特別土地保有税は 107万円で、この税は15年度から課税停止となり、16年度は滞納繰越分のみの収入であることから減額でございます。
 以上、主な税目を申し上げましたが、市税全体の徴収率は90.1%で、15年度より 0.9ポイントの上昇でございます。また、不納欠損額は1億 3,585万 3,000円を徴収不能により欠損処分といたしましたので、16年度末における市税の収入未済額は9億 1,749万 1,000円となります。
 恐れ入りますが、4ページに戻っていただきたいと思います。2款の地方譲与税は3億 9,775万 7,000円で、対前年度42.4%の増額でございます。この歳入は、国税として徴収された税金が地方公共団体に譲与されるもので、15年度より増額となった主な要因は、三位一体改革による国庫補助負担金の一般財源化に伴う税源移譲の暫定措置として16年度から新たに設けられた所得譲与税が 8,844万円の決算のほか、特別とん譲与税の入港トン数の増加などにより増額となったものでございます。
 次に、3款の利子割交付金は 3,233万 2,000円で、対前年度 7.9%の減額でございます。この歳入は、個人や法人が金融機関などから支払いを受ける利子に対し、県が課税する利子割額の一部が県から交付されたものでございます。
 次に、4款の配当割交付金と5款の株式等譲渡所得割交付金は、16年度から新たに設けられた科目でございます。このうち4款の配当割交付金は 781万 9,000円で、この歳入は一定の上場株式等の配当などに対し、県が課税する配当割額の3分の2に相当する額が県から交付されたものでございます。
 また、5款の株式等譲渡所得割交付金は 919万 2,000円で、この歳入は源泉徴収選択口座内の上場株式等の譲渡により当該選択口座に係る通算所得金額が増加した場合に、その増加した金額に対し、県が課税する株式等譲渡所得割額の3分の2に相当する額が県から交付されたものでございます。
 次に、6款の地方消費税交付金は5億 226万円で、対前年度11.6%の増額でございます。この歳入は、地方消費税額に相当する額を都道府県間で精算した後の2分の1に相当する額が人口と従業者数の按分により県から交付されたものでございます。
 次に、7款のゴルフ場利用税交付金は 6,855万 1,000円で、対前年度10.8%の減額でございます。この歳入は、総丘カントリークラブとエンゼルカントリークラブ及び随縁カントリークラブの利用者から県が徴収したゴルフ場利用税の7割が県から交付されたものでございます。
 次に、8款の自動車取得税交付金は1億 6,242万 7,000円で、対前年度 7.2%の減額でございます。この歳入は、県に納付された自動車取得税の66.5%が県内市町村道の延長と面積の按分により交付されたものでございます。
 次に、9款の地方特例交付金は1億 5,744万 4,000円で、対前年度 8.8%の減額でございます。この歳入は、平成11年度の税制改正で恒久的減税が実施されたことによる減収額の一部を補てんする措置として国から交付されたものでございます。
 次に、10款地方交付税の2億 8,416万 5,000円は特別交付税の決算額で、対前年度19.4%の減額でございます。主な減額要因は、普通交付税の臨時財政対策債振替前の財源超過分の相殺などによるものでございます。
 なお、16年度の普通交付税につきましては、基準財政収入額が需要額を上回る不交付団体であり、財政力指数は14、15、16年度の3カ年平均で 1.093、16年度の単年度財政力指数は 1.108でございます。
 次に、11款の交通安全対策特別交付金は 736万 1,000円で、対前年度 5.7%の減額であります。道路交通法に定める反則金が交通事故件数などの指標を用いて算定されたものでございます。
 次に、12款の分担金及び負担金は2億 1,843万円で、対前年度 0.3%の増額でございます。
 次に、13款の使用料及び手数料は2億 8,617万 2,000円で、対前年度 3.7%の増額でございます。増額の主な要因は、富津岬荘使用料や公共用財産使用料の増額によるものでございます。
 次に、14款の国庫支出金は11億 9,463万 4,000円で、対前年度53.1%の減額でございます。減額要因は、公立保育所運営費負担金が三位一体改革により一般財源化となったほか、電源立地地域対策交付金の減額などによるものでございます。
 次に、15款の県支出金は8億 6,894万 2,000円で、対前年度16.3%の増額でございます。増額要因は、緩衝緑地の取得事業に係る県企業庁の負担金や家畜糞尿処理施設に係る畜産経営環境整備対策事業補助金などの増額によるものでございます。
 次に、16款の財産収入は 2,959万円で、対前年度25.1%の減額でございます。主な減額要因は、土地売払収入の減によるものでございます。
 次に、17款の寄附金は 3,006万 6,000円で、対前年度26.2%の減額でございます。減額要因は、交通遺児対策費及び道路橋梁費等に係る指定寄附金の減によるものでございます。
 次に、18款の繰入金は4億 5,731万 4,000円で、対前年度25.5%の減額でございます。減額要因は、財政調整基金繰入金の減によるものでございます。
 次に、19款の繰越金は3億 9,102万 4,000円で、15年度決算の収支差額でございます。
 次に、20款の諸収入は2億 9,891万 5,000円で、対前年度 9.3%の減額でございます。主な減額要因は、道路公団からの公共施設整備助成金収入の減によるものでございます。
 次に、21款市債は21億 8,810万円で、対前年度31.2%の増額でございます。増額要因は、平成7年度と8年度に借り入れた市民税等減税補てん債の借り換えとして9億 3,050万円の借り入れを行ったためであります。
 以上、歳入決算の合計額は 172億 3,223万 3,000円で、対前年度 2.4%の減額でございます。
○議長(小林新一君) 説明中ですが、暫時休憩いたします。

                 午前11時05分 休憩

──────────────────── 〇 ────────────────────

                 午前11時17分 開議

○議長(小林新一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 財政部長、高橋聖君。
                (財政部長 高橋聖君登壇)
◎財政部長(高橋聖君) 続きまして、歳出について御説明申し上げます。主要施策成果説明書の6ページ、7ページをごらんいただきたいと存じます。この表は、縦の列が歳出の款別、横の行が性質別の決算でございます。
 表左側の下から3行目の平成16年度決算額の行をごらんいただきたいと思います。1款の議会費は2億 4,670万 3,000円で、対前年度 5.1%の減額でございます。主な減額要因は、議員定数の削減に伴う報酬などの人件費の減によるものであります。
 次に、2款の総務費は27億 4,604万 1,000円で、対前年度10.7%の増額でございます。主な増額要因は、人件費で総合事務組合負担金の増額、また参議院議院選挙、県知事選挙、市長選挙及び市議会議員選挙の執行による人件費や物件費のほか、積立金で緩衝緑地の取得事業に係る県企業庁負担金の増に伴う都市公園整備基金積立金の増額などによるものでございます。
 次に、3款の民生費は33億 6,019万円で、対前年度 6.1%の増額でございます。増額要因は、扶助費の中で知的障害者支援費や児童手当、生活保護費の増額、また繰出金で介護保険事業特別会計繰出金の増額などによるものであります。
 次に、4款衛生費は26億 1,134万 5,000円で、対前年度8%の増額でございます。増額要因は、普通建設事業費でクリーンセンター整備事業費や投資及び出資金で、株式会社かずさクリーンシステムの第2期整備に伴う出資金の支出などによるものでございます。
 次に、5款の労働費は20万円の決算であります。
 次に、6款農林水産業費は5億 526万 1,000円で、対前年度14.9%の増額でございます。増額要因は、普通建設事業費で家畜糞尿処理施設の畜産経営環境整備対策事業に対する補助金やバカ貝処理施設の水産物流通加工施設総合整備事業補助金の執行などによるものであります。
 次に、7款の商工費は1億 9,494万 6,000円で、対前年度2%の減額であります。
 次に、8款の土木費は21億 519万 5,000円で、対前年度 6.1%の減額でございます。主な減額要因は、普通建設事業費のうち館山自動車道関連整備事業、街路整備事業及びふれあい公園整備事業のほか、緩衝緑地取得事業費などの減額によるものであります。
 次に、9款の消防費は9億8,916万円で、対前年度 8.6%の減額でございます。減額要因は、普通建設事業費で電源交付金を財源とする消防自動車整備事業費の減によるものであります。
 次に、10款の教育費は13億 8,706万 8,000円で、対前年度58.2%の減額でございます。減額要因は、消防費と同様に普通建設事業費で電源交付金を財源とする学校施設整備事業費の減によるものであります。
 次に、11款の災害復旧費は 2,566万 4,000円で、対前年度 8.1%の減額でございます。
 次に、12款の公債費は21億 3,220万 1,000円で、対前年度71.6%の増額でございます。増額要因は、平成7年度と8年度の市民税等減税補てん債の借り換えに伴う元金の償還によるものであります。
 次に、13款の諸支出金は3億 4,609万円で、対前年度11.4%の減額でございます。減額要因は、土地開発公社に係る借入金残高の減少による逓次償還額の減によるものであります。
 以上、歳出決算の合計額は 166億 5,006万 4,000円で、対前年度 3.6%の減額でございます。なお、16年度決算における経常収支比率は89.9%で、15年度に比べますと 0.4ポイントの上昇でございます。経常収支比率が上昇した要因といたしましては、歳入の経常一般財源収入の増加額に対しまして、歳出の経常経費充当一般財源の増加額の方が多かったためでございます。
 以上で平成16年度一般会計歳入歳出決算の補足説明を終わらさせていただきます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第25号及び議案第27号について補足説明を求めます。市民福祉部長、綾部正吉君。
               (市民福祉部長 綾部正吉君登壇)
◎市民福祉部長(綾部正吉君) 議案第25号 平成16年度富津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、補足説明を申し上げます。
 まず、平成16年度の年間平均加入状況ですが、世帯数で1万 1,676世帯、被保険者数で2万 5,730人となっております。
 決算の状況ですが、歳入では収入済額で53億 551万 7,459円、予算に対する割合は100.35%となっております。歳出では、支出済額51億 8,597万 9,309円で、予算に対する執行率では 98.09%となりました。対前年度比較で申しますと、歳入で 7,379万 922円の増、率といたしまして 1.4%の増となりました。歳出で 1,420万 6,492円の増、率といたしまして0.27%の増となっております。その結果、歳入歳出差し引き1億 1,953万 8,150円の繰越金となっております。
 それでは、歳入歳出の主な点について事項別明細書で御説明いたします。富津市の歳入歳出決算書の 240ページをお開きいただきたいと思います。歳入について申し上げます。国民健康保険税ですが、調定額27億 9,527万 997円に対し、収入済額19億 620万 9,726円となりました。対前年度比較で申しますと、調定では 4,772万 2,155円の減、率といたしまして1.68%の減となりました。収入済額では 4,884万 8,297円の減、率といたしまして2.50%の減となりました。保険税の収納率は、全体では 68.19%で、前年度を0.58%下回りました。
  242ページをお願いいたします。下段の3款国庫支出金ですが、1項1目の療養給付費等負担金ですが、医療費、老人保健拠出金、介護納付金の国庫負担分で40%相当額でございます。
 2項の国庫補助金、1目財政調整交付金は4億 1,918万 2,000円ですが、内訳といたしましては普通調整交付金として3億 3,741万 5,000円、特別調整交付金として 8,176万 7,000円となりました。
 4款療養給付費等交付金6億 6,967万 7,000円ですが、退職等医療分として支払基金から交付されるもので、支払った医療費から退職分の保険税や第三者行為によって収入のあった額を引いた残りが交付されるものでございます。
 5款県支出金、2目県補助金、国保保険者支援事業費補助金ですが、16年度から県単事業の新規事業として創設され、地域ニーズ密着型の保健事業を実施し、総事業費の2分の1が交付されたもので 819万 3,000円でございます。
  244ページをお願いいたします。6款の共同事業交付金ですが、医療給付費の高額な負担に対する再保険制度による交付金であり、一月70万円を超えた医療費の請求に対し、その額を超えた額の60%が交付されるもので 8,976万 4,159円でございます。
 8款繰入金の1項1目1節の保険基盤安定繰入金は、保険税の6割4割軽減による減額分でございます。
 2項の基金繰入金は、財政調整基金を取り崩し2億 5,166万 3,000円の繰り入れでございます。
  246ページをお願いいたします。9款繰越金ですが、前年度分の繰越金となります。
 以上、歳入合計53億 551万 7,459円でございます。
 次に、歳出について申し上げます。 250ページをお願いいたします。1款総務費ですが、国保運営のための事務経費の総務管理費、保険税徴収のための徴税費、国保運営協議会の運営経費と国保制度の趣旨普及のための経費となっております。
  254ページをお願いいたします。中段の2款保険給付費ですが、これは医療給付費となります。合計では34億 2,983万 8,956円となり、対前年度比較で1億 4,111万 5,365円の増、率といたしまして4.29%の増となりました。
 個々には、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費は、一般被保険者が病院に支払う国保負担分7割分になります。対前年度比較で 6,824万 9,936円の増、率といたしまして3.10%の増となりました。
 2目の退職被保険者等療養給付費は退職者分となりますが、会社を退職した方の加入する保険となります。対前年度比較で、率で申し上げますと 10.38%の増となりました。
  256ページをお願いいたします。2項の高額療養諸費ですが、一月に一定額以上の高額の医療費がかかったときに支払われるものでございまして、1目の一般分では対前年度比較で 591万 8,194円の減でございます。
 また、2目の退職者医療分につきましては、対前年度比較で 887万 4,048円の増となりました。これは、15年度から職権によりまして退職者医療に移行することができることから、一般分が減で退職者分が増となったものでございます。
 3項の出産育児諸費は、1件30万円の支給でありまして、前年度より11件減少いたしました。
 4項葬祭諸費は、1件10万円で、前年度より25件増加いたしました。
  258ページをお願いいたします。3款の老人保健拠出金ですが、10億 3,542万 7,883円となり、対前年度比較で2億 750万 8,198円の減となりました。
 1目医療費拠出金分は、国保加入の75歳以上、一部65歳以上の方に対する医療費の国保負担分で前年度より2億 626万 3,355円の減となりました。
 4款介護納付金は、介護保険の導入によりまして12年度に新設されたもので、国保加入者の40歳以上64歳までの方が納める納付金となるものでありまして、このうち40%相当分は国の負担で、残り60%相当分が介護保険料分となるものでございます。前年度より 7,052万 3,485円の増となりました。
 5款共同事業拠出金は、医療費の高額者に対する再保険制度の掛け金に相当するもので、対前年度比較で 433万 5,043円の増となりました。これは、昨年度から事業の強化、拡充を図ることから制度化され実施したことによる増でございます。
 6款保健事業費ですが、疾病の早期発見、早期治療のための予防に重点を置いた事業となりますが、16年度より県単独補助事業を取り入れ、健康指導員養成事業、ひとり暮らし高齢者健康増進事業、高齢者訪問健康指導等や短期人間ドッグ助成事業等となっております。
  260ページをお願いいたします。7款基金積立金は利息分でございます。
 以上、歳出合計51億 8,597万 9,309円となりました。
 以上で議案第25号 平成16年度富津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第27号 平成16年度富津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算についての補足説明を申し上げます。
 平成16年度末の被保険者数ですが、第1号被保険者数は1万 2,695人、第2号被保険者数は1万 8,870人となりました。また、認定審査会における認定者数は 1,819人となっており、65歳以上の者の14.3%となっております。
 決算の状況ですが、歳入では、歳入合計26億 3,092万 8,550円で、予算に対する割合は 99.54%となっております。歳出では、歳出合計25億 7,909万 7,956円で、予算に対する執行率は 97.58%となりました。その結果、歳入歳出差し引き 5,183万 594円の繰越金となっております。
 歳入歳出の主な点について申し上げます。決算書の 300ページをごらんいただきたいと思います。歳入について申し上げます。1款保険料については、第1号被保険者の保険料でありまして、保険料の額は基準保険料で月額 2,700円、年額にいたしますと3万 2,400円となります。現年度分の収納率は、特別徴収保険料が100.33%、普通徴収保険料が 88.91%、全体で 97.22%となっております。
 3款の国庫支出金ですが、1項1目の介護給付費負担金は、保険給付費の国庫負担分として20%となっております。
 2項1目の調整交付金ですが、国の負担分は5%が原則でありますが、富津市の場合、高齢者が多いこと等によりまして5.79%の交付率となりました。
 2目の保険者機能強化特別対策給付金は、介護費用適正化対策に対する交付金でございます。
  302ページをお願いいたします。4款支払基金交付金ですが、保険給付費の第2号被保険者の負担で32%相当分であり、社会保険診療報酬支払基金から交付されたものでございます。
 5款県支出金ですが、保険給付費の12.5%の県負担分でございます。
 7款繰入金ですが、1項1目の介護給付費繰入金は、介護給付費の12.5%の市負担分でございます。
 2目その他一般会計繰入金は、事務費と職員給与等及び事業計画作成分の繰入金でございます。
  304ページをお願いいたします。2項基金繰入金は、介護保険給付費準備基金からの繰入金でございます。
 8款繰越金は、前年度繰越金でございます。
  306ページをお願いいたします。以上、歳入合計26億 3,092万 8,550円となりました。
 次に、歳出について申し上げます。 308ページをお願いいたします。1款総務費ですが、1項総務管理費は、介護保険運営のための事務費、2項徴収費は保険料賦課徴収のための経費でございます。
  310ページをお願いいたします。中ほどの3項介護認定審査会費は、介護認定審査に係る経費でございます。
  312ページをお願いいたします。4項趣旨普及費は、介護保険制度の周知に係る経費でございます。
 5項の計画策定懇談会費は、事業計画策定に伴いますアンケート調査の経費でございます。これは、18年度からの第3次介護保険事業計画に伴いますアンケートを実施したところでございます。
 2款の保険給付費ですが、1項1目介護サービス等諸費は、認定審査会で要介護の認定を受けた方が利用する居宅介護サービス、施設介護サービス等に要する経費です。
 2項1目支援サービス等諸費は、要支援の方が利用する居宅支援サービス等に要する経費でございます。
  314ページをお願いいたします。上段の3項1目審査支払手数料ですが、サービス事業者からの介護費用請求に伴う審査支払事務に係る手数料で、国保連合会に委託してあるものでございます。
 4項1目高額介護サービス費ですが、これは介護費用の自己負担である1割の額が一定額を超えた場合、その超えた部分について高額介護サービス費として支給されたものです。
 中ほどの3款財政安定化基金拠出金ですが、これは国、県、市が給付費の 0.5%ずつを拠出いたしまして県が基金を設置し、保険料率の低下、また介護給付費の増加等の場合に貸し付け交付を行うものであります。
 4款1項基金積立金ですが、内容については保険給付費の保険料負担分充当後の残額を介護給付費準備基金に積み立てたものでございます。
  316ページをお願いいたします。6款1項諸支出金ですが、これは15年度分の保険給付費や事務費の精算に伴う負担金等の返還金であります。
 以上、歳出合計25億 7,909万 7,956円となりました。
 以上で議案第27号 平成16年度富津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についての補足説明を終わらさせていただきます。

──────────────────── 〇 ────────────────────

○議長(小林新一君) 次に、議案第28号について補足説明を求めます。水道事業管理者、嶌津久夫君。
              (水道事業管理者 嶌津久夫君登壇)
◎水道事業管理者(嶌津久夫君) 議案第28号 平成16年度富津市水道事業会計決算の認定について、補足説明を申し上げます。
 お手元の水道事業会計決算報告書の13ページをごらんいただきたいと思います。平成16年度における業務概要を申し上げますと、給水人口4万 6,914人、給水戸数1万 7,581戸、給水普及率95.3%であります。また、給水状況につきましては、年間給水量 607万 478立方メートルで、前年度に対して 0.7%の増となりました。この要因といたしましては、長引く景気低迷による節水意識の向上等により年々減少傾向にありますが、平成16年度は夏季需要期が猛暑であったことによるものと考えられます。
 それでは、経営内容について申し上げます。33ページの収益的収支費目別構成表により御説明申し上げます。単位につきましては、すべて 1,000円単位でありますので、御承知いただきたいと思います。
 収入の平成16年度欄をごらんいただきたいと思います。まず、給水収益は14億 8,045万 5,000円で、これは水道料金であり、対前年度比 0.7%の増額となりました。この理由につきましては、先ほど申し上げましたとおりであります。
 次に、受託工事収益の 404万円は、下水道組合からの配水管移設工事、消防本部からの消火栓新設工事並びに第三者原因による受託修繕工事分でございます。また、日本道路公団からの依頼による館山道関連導送配水管移設工事を平成16年度は資本的支出により執行したことにより、対前年度比96.9%の減額となりました。
 次に、一般会計補助金の 4,000万円につきましては、前年度と同額であります。
 次に、県負担金ですが、県企業庁との富津地区埋立地給水事業にかかわる費用負担についての協定が平成15年度をもって終了したことに伴いまして 6,303万 4,000円の減額となりました。
 次に、その他収益 1,464万円は、消火栓の維持管理負担金、設計検査等手数料、下水道使用料賦課徴収受託事務収益、受取利息及び配当金等でございます。
 以上、収入合計は15億 3,913万 5,000円でございますが、仮受消費税及び地方消費税を差し引きますと14億 6,841万 5,000円の純収入となったところでございます。対前年度比11.0%の減収となりました。
 続きまして、支出について申し上げます。初めに、人件費ですが、職員21名分の給料、手当等で1億 6,653万 6,000円でございます。対前年度比 2.5%の減額となりました。
 次に、委託料の1億 1,274万 3,000円の主なものといたしましては、亀田浄水場管理業務、水質検査、施設用地の管理保全、料金計算処理、検針業務などに伴う経費であり、対前年度比 8.3%の減額でございます。
 次に、修繕費1億 1,405万円の主なものといたしましては、配給水管漏水修理や電気、機械施設などの修理等で、対前年度比 3.7%の減額でございます。
 次に、動力費、薬品費につきましては、給水量が若干伸びたことに伴いまして増額となりました。
 次に、受水費5億7,901万 5,000円は、君津広域水道企業団からの受水費でございます。
 次に、受託工事費の 351万 4,000円につきましては、先ほど収入欄で申し上げましたとおりでございます。
 次に、減価償却費3億 109万 8,000円は、建物、構築物、機械及び装置、車両運搬具、工具、器具及び備品の減価償却分で、お手元の25ページに固定資産の明細がございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。
 次に、支払利息1億 6,594万 1,000円は企業債償還利息でございまして、財務省分が65本、公営企業金融公庫分が67本で、対前年度比 7.4%の減額でございます。
 次に、消費税及び地方消費税 1,305万 9,000円につきましては、仮受消費税と仮払消費税との差額分でございます。
 その他費用 5,596万 8,000円は、施設の借上料、雑支出の平成9年度分の不納欠損等で対前年度比14.4%の減額でございます。
 以上、支出総額は15億 5,143万 8,000円でございますが、仮払消費税及び地方消費税 4,178万円並びに消費税及び地方消費税納付額 1,305万 9,000円を差し引きますと、支出額は14億 9,659万 9,000円となり、収益的収支では 2,818万 4,000円の純損失となったところでございます。この関係の計算につきましては、3ページから7ページにかけまして損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書、貸借対照表の各計算書がございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。
 続きまして、34ページの平成16年度欄ごらんいただきたいと思います。資本的収支費目別構成表の収入ですが、まず企業債3億 3,230万円でございますけれども、この内訳といたしましては、第3次拡張事業に1億 5,720万円、配水管整備事業に 6,270万円、老朽管更新事業に 5,720万円、建設改良事業に 900万円、公営企業借換債として 4,620万円で、対前年度比13.6%の増額でございます。
 次に、加入負担金 4,421万 5,000円は、新規加入で 179件、口径変更が23件で、対前年度比12.3%の減額でございます。
 次に、工事負担金 8,669万 3,000円は、先ほど受託工事収益で御説明いたしましたが、日本道路公団からの依頼による館山道関連導送配水管移設工事の負担金でございます。
 次に、開発負担金は1件分の 126万円であり、固定資産売却代金1万 5,000円はメーター器の売却でございます。
 以上、収入合計が4億 6,448万 3,000円となったところでございます。
 次に、支出について申し上げます。初めに、人件費ですが、職員8名分の給与、手当等で 7,607万 8,000円でございます。
 委託料の 1,751万 4,000円は、日本道路公団からの依頼による館山道関連導送配水管移設工事に伴う設計委託等で、対前年度比32.8%の減額でございます。
 次に、工事請負費3億 4,348万円は、天羽地区未給水区域の解消を図るべく、拡張工事7件と給水区域内の改良工事24件分でございまして、この詳細につきましては10ページから12ページに工事明細がございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。
 負担金、事務費については、記載のとおりでございます。
 固定資産購入費 347万円は、メーター器及び車両運搬具等の購入費で、対前年度比19.8%の減額でございます。
 次に、企業債償還金3億 2,028万 9,000円は、財務省51本及び金融公庫51本分の元金償還金でございます。これらの詳細につきましては、26ページから28ページにかけまして記載してございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。また、平成16年度末未償還残高は42億 1,888万 5,439円となっております。
 以上、支出総額は7億 7,217万 3,000円でございます。したがいまして、収入が支出に対しまして不足する額3億 769万円は、内部留保資金等の補てん財源をもって補てんしたところでございます。
 以上、議案第28号 平成16年度富津市水道事業会計決算の認定についての補足説明を終わらさせていただきます。
○議長(小林新一君) 以上で提案理由の説明を終わります。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                  休会について

○議長(小林新一君) 日程第4、休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。議案調査のため、明2日及び5日を休会といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小林新一君) 御異議なしと認めます。よって、明2日及び5日は休会と決しました。

──────────────────── 〇 ────────────────────

                   散     会

○議長(小林新一君) 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は9月6日午前10時から会議を開きますので、念のため申し添えます。
 本日はこれにて散会といたします。

                 午前11時55分 散会