議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 富津市

平成17年 6月14日建設経済常任委員会−06月14日-01号




平成17年 6月14日建設経済常任委員会

             建設経済常任委員会議事録

1.日  時  平成17年6月14日(火)午前10時
1.場  所  第4委員会室
1.出席委員
  長谷川 恒 夫 君       大 野 裕 二 君       嶋 田 政 市 君
  高 橋 謙 治 君       平 野 隆 司 君       平 野 良 一 君
  竹 内   洋 君
1.欠席委員
  なし
1.出席説明員
  収入役       三 平 榮 男 君   経済環境部長    吉 田 和 男 君
  経済環境部次長   高 橋 則 夫 君   経済環境部参事   渡 辺 眞一郎 君
  農林水産課長    冨 田   満 君   商工観光課長    萱 野 孝 夫 君
  環境保全課長    高 橋   強 君   環境センター所長(心得)
                                  原 田   實 君
  建設部長      三 平 稔 純 君   建設部次長     中 島 照 夫 君
  管理課長      宮 野 信 行 君   土木課長      島 田 秋 雄 君
  建築課長      萱 野 寛 治 君   建設部主幹     丸 山   勲 君
  幹線道路課長    宮 崎 孝 夫 君   街づくり課長    高 橋   隆 君
  農業委員会事務局長 正 司   勲 君
1.出席事務局職員
  庶務課長補佐    古 宮 浩 二     議事係長      鈴 木 康 夫
1.議  事
  (1)議案第4号 富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

─────────────────────〇─────────────────────

                  開     会

          平成17年6月14日(火) 午前9時59分開会
○委員長(長谷川恒夫君) ただいまから建設経済常任委員会を開会いたします。

─────────────────────〇─────────────────────

                 委員長あいさつ

○委員長(長谷川恒夫君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 委員の皆様方、また執行部より三平収入役を初め関係部課長の御出席をいただき、まことに御苦労さまでございます。
 本定例会におきまして当委員会に付託されております議案1件について、よろしく御審査のほどお願い申し上げまして、あいさつといたします。

─────────────────────〇─────────────────────

                 執行部あいさつ

○委員長(長谷川恒夫君) それでは、執行部を代表して三平収入役よりごあいさつをお願いいたします。収入役、三平榮男君。
◎収入役(三平榮男君) おはようございます。建設経済常任委員会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 委員の皆様には、6月定例会開会中の大変御多用の中、本委員会を開催していただき、まことにありがとうございます。
 今期定例会に御提案申し上げました各議案のうち本委員会に付託されました案件は、議案第4号の富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。詳細につきましては後ほど説明申し上げますので、御意見、御指導を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たってのあいさつとさせていただきます。
○委員長(長谷川恒夫君) ありがとうございました。

─────────────────────〇─────────────────────

                  議     事
   (1)議案第4号 富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

○委員長(長谷川恒夫君) 本委員会の日程に基づき、議案第4号 富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。議案に対する説明を求めます。環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 議案第4号 富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、御説明申し上げます。
 本市の一般廃棄物の処理につきましては、富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例において市の指定収集袋、または収集手数料納付済証、いわゆるステッカーを添付し、搬出することとしております。現在、県内でステッカーを使用しているのは本市のほか1自治体のみであることや、ステッカーの使用が廃棄物の減量化、資源化の阻害要因となっていることなどから、去る1月末に開催されました富津市廃棄物減量等推進審議会にステッカーの廃止につきまして諮問したところ、減量化、資源化促進を図るためには廃止はやむなしとの答申をいただいているところであります。
 平成17年6月富津市議会定例会議案資料の13ページ、議案第4号資料の新旧対照表をごらんいただきたいと思います。対照表の左側が現行、右側が改正案となっております。今回、提案理由で御説明しましたとおり、収集手数料納付済証、すなわちステッカーでの搬出を廃止することから、これに関連します第24条処理手数料の額のうち第1項第1号は、アンダーラインで表示しておりますが、「一般廃棄物収集袋及び危険物収集袋(以下「指定収集袋」という。)、又は収集手数料納付済証(以下「ステッカー」という。)を貼付した容器」の部分を改正案では「専用袋(可燃ごみ専用袋、資源ごみ専用袋、不燃ごみ専用袋及び容器包装プラスチック専用袋(以下「指定収集袋」という。))」に改正。同時に、ステッカーの廃止により現行の「又はステッカー1枚」の記述を削除いたします。
 また、第2項はステッカーでの搬出に関する記述でありますので、全部を削除いたします。
 次、第25条の処理手数料の徴収につきましても、現行の「又はステッカー」の記述を削除するものでございます。以上が今回改正しようとする内容でございます。
 なお、この条例につきましては、平成17年10月1日から施行する予定となっております。ただし、経過措置といたしまして作成されたステッカーの現状、つくられたものの残量がありますので、それらの使用につきましては平成18年3月31日まで使用できることとしておるところでございます。以上で説明を終わります。
◎(長谷川恒夫君) 執行部の説明は終わりました。これより議案に対する質疑を行います。御質疑ございますか。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 平野良一委員。
◆委員(平野良一君) ステッカーの方が今安いんですか。同じ値段ですか。(「ステッカーで出すと中身が見えない」と呼ぶ者あり)だから、非常に困るんですよ。本当は、だから業者というのは業者のごみ屋へ出すわけでしょう。要するに、家庭用のごみだから普通の袋でいいじゃないかということなんでしょうけど、私も家の近くにごみの置き場がありますから見てるんですけど、確かに段ボールだとか結構大きなものが入ってますよね。そういうのが本当は、出す方にすれば、ちょっとだって安くしたいためには多く入れるんだけども、よそがほかにあと1市ぐらいしかないって話だけど、逆におれなんかからすれば、こういうようなものが富津市に残ってるのがいいような気もするんだけど、業務用という部分と家庭用という部分の違いもあるんでしょうから、しようがないなと思うけど。
 それに関連して、これ、袋の話じゃないんですけど、置く場所とか、今、みんな隣組とかでみんな入れ物をつくってやってますけど、よそから持ってくる人がいるんですね、結構。自分たちがつくった入れ物の中によその人が来て、うちの方なんか通りに面してますから入れていっちゃうんだけど、市外の人には、こういう条例ができても置いていく可能性あるんだよね。あとは袋が、ステッカーを売るのをやめればそんなことないんでしょうけど、しようがない。そういうことですよ。
○委員長(長谷川恒夫君) 答弁は必要ないですか。
               (「いいです」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 竹内委員。
◆委員(竹内洋君) 新しく改正された方のことなんですけれども、今、説明ではステッカーを今まで買ってある人は来年の3月までいいということなんですけれども、確認の意味ですけど、ステッカーをやったことによって、さっき量がふえるとか何かいいましたけど、どんな現象が起きたのかしら、ちょっとそこを教えていただきたいですけどね。具体的に何例かあるんじゃないかなと思いますけど。
○委員長(長谷川恒夫君) ただいまの質疑に対する答弁を願います。環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 御質問の確認なんですが、今までステッカー使用してたことによって何か具体的な問題があったかということであれば、お答えしたいと思います。具体的な例としましては、ステッカー張って出す場合には、例としますと、先ほどおっしゃってた段ボールに、例えば不燃ごみとして出すガラス割れたのとか、瀬戸物割れたのとか、そういったものが段ボールなんかを使ってステッカーを張って出してるケースが多いようです。それについては、よく見てわかるような形になるわけなんですが、それらのものが、例えば黒い袋に入れられた場合には、ステッカーで張られて出された場合には収集作業をやっている人が、そういった金属片とかガラス片とかで、大きなけがはないということは聞いているんですが、けがをしたりとか、あるいは特異な例としましては、最近、在宅医療とか、そういったものがふえてきているという中で、めったにないということなんですが、注射針が混入してたりとか、これは特異な例かとは思いますが、そういったことを聞いております。そういったけがとかが多いという実情にあるということです。以上です。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 竹内委員。
◆委員(竹内洋君) 黒い袋、まだたくさんあるのかどうかわかりませんけれども、中が見える袋を使っているようになっているわけですよね。しかし、まだ黒い袋で出てきているというのが多いでしょうかね。そこのところちょっと。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 黒い袋がかなりまだ多く見られてる状況です。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 竹内委員。
◆委員(竹内洋君) もう一点ね。このステッカーを使わなくなるということなんですけども、それでそういう影響があって結構なことだと思いますが、これを張らなくていいと、また来年の3月までは使ってもいいと。そこの規定はどこに載ってるんですかね、この規定の中で。説明としてはわかりましたけど。この辺の改正後の条文のところです。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) この新旧対照表にはそういう表示はしてないわけなんですが、条例の改正の制定文、こちらの方に附則といたしまして、恐れ入りますが、定例会議案の13ページをごらんいただきたいと思います。こちらに今回の改正の制定文があるわけなんですが、その一番下の附則の2というところに、読み上げますと、「この条例による改正前の富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の規定に基づき作成されたステッカーで残量のあるものの使用については、平成18年3月31日までの間は、なお従前の例による」という、この文によりまして10月1日施行以後の3月末までの間、使用ができるということにするところであります。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 平野委員。
◆委員(平野良一君) そのステッカーなんですけど、これ3月31日まで使えますよというけど、お店で売っているステッカーは販売するのはいつでやめるんですか。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 販売につきましては9月末までとしております。
○委員長(長谷川恒夫君) ほかに何かございますか。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 大野委員。
◆委員(大野裕二君) 今の平野委員の質問に関連するんですけれども、9月末で販売終了して、その後3月までの使用期間を超えた場合は使用できなくなりますよね。その場合、余ったステッカーとかというのはどのようになるんでしょうか。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 今回の経過措置期間の中でそういった余りのないようにしたいということで経過措置を設けてるわけなんですが、なおかつそれで4月以降残ったステッカー等につきましては、もしありましたら市の方で直接対応して袋と交換なりしていきたいというふうに考えております。
            (「ありがとうございます」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) よろしいですか。
                (「はい」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 平野委員。
◆委員(平野良一君) ちょうどごみのあれで、この袋とはちょっと違うんですけど、君津市の方が、私ちょっと、君津へ年じゅう行ったり来たりするものですから、通りを通ると分別収集が富津市よりも細かくやってますよね。今、富津市の場合は危険物は3種類ぐらいでしたっけ、袋で出して、それを今までのセンターかなんかで分別してるわけでしょう。それと、例えば市民の方から出してもらうやつを分けてもらうと、細かく、君津みたいに分けてもらった場合のコストというのはどういうふうになるんですか。将来的には、だからそういう方向でいくのかな、それともそのままでいくのかなってわかんないけどさ。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 私も君津に住んでおりますが、そういう細かいところまでちょっと考えたことないものですから。ただ、見た感じで申し上げさせていただきますと、君津の場合はステーションとは違う、もっと広い範囲の収集場所を決めて、そこに集めて、委託業者が収集していくという状況のようです。それに対し富津市につきましては、収集ステーションが基本になっておりますので、収集手間というんですか、そういったところの違いが一つはあるのじゃないかと。そういう意味では、収集のコスト、そこら辺に多少差があるのかもしれません。
○委員長(長谷川恒夫君) 平野委員。
◆委員(平野良一君) 自治会かなんかに返してよこすんだって、お金を。そういうのがあるみたい。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) 君津市の方ですか。
○委員長(長谷川恒夫君) 平野委員。
◆委員(平野良一君) その辺が、だからうちの方でお金かけて業者に出してるのと、また市民でやってもらえばいいんだけど、そこら辺のコストというのはどうなのかなと思って。後でもいいよ。
○委員長(長谷川恒夫君) 環境保全課長、高橋強君。
◎環境保全課長(高橋強君) ただいまの御質問につきましては、もう少し詳しく調べた上で御報告させていただきたいと思います。
○委員長(長谷川恒夫君) ほかに何かございますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) ほかに質疑もないようですので、質疑を終了いたします。
 続いて、討論に入ります。討論ございますか。
                (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 討論もないようですので、討論を終結し、採決いたします。
 議案第4号 富津市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。
                  (賛成者起立)
○委員長(長谷川恒夫君) 起立全員であります。よって、議案第4号は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 これをもちまして本委員会に付託されました議案の審査はすべて終了いたしました。
 なお、委員会報告書の作成につきましては私に一任願いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(長谷川恒夫君) 御異議なしと認め、私に一任させていただきます。

─────────────────────〇─────────────────────

                収入役あいさつ

○委員長(長谷川恒夫君) 閉会に当たり、三平収入役よりごあいさつをお願いいたします。収入役、三平榮男君。
◎収入役(三平榮男君) 閉会に当たりまして一言御礼の言葉を申し述べさせていただきます。
 本日は大変御多用のところ建設経済常任委員会を開催していただき、付議されました議件につきまして十分なる御意見、御協議賜りましたこと、厚く御礼を申し上げます。また、この中で御指導、御指摘をいただきましたことにつきましては、今後、十分留意し、対処してまいりたいと存じます。本日はまことにありがとうございました。
○委員長(長谷川恒夫君) ありがとうございました。

─────────────────────〇─────────────────────

                  閉     会

○委員長(長谷川恒夫君) 以上をもちまして建設経済常任委員会を閉会いたします。

                午前10時20分 閉会



上記会議の概要を記載し事実と相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成  年  月  日

            建設経済常任委員会委員長  長谷川 恒 夫