議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 君津市

平成22年  3月 予算審査特別委員会 03月08日−01号




平成22年  3月 予算審査特別委員会 − 03月08日−01号







平成22年  3月 予算審査特別委員会



         平成22年第1回君津市議会定例会

         予算審査特別委員会会議録(第1号)

1.招集年月日  平成22年3月8日

1.招集の場所  議会第1委員会室

1.開会の日時  平成22年3月8日(月) 午前11時42分

1.付議事件

    1.正副委員長の互選について

    2.審査日程について

    3.審査方法について

    4.その他

1.出席委員 10名

      橋本礼子君          小倉靖幸君

      真木好朗君          鴨下四十八君

      三浦 章君          鈴木良次君

      池田文男君          鳥飼昭夫君

      藤井 修君          岡部順一君

1.欠席委員 なし

1.職務のため出席した者の職氏名

    事務局長       齊藤邦雄

    主幹         佐久間敏幸

    主任主事       川名慶幸

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎主幹(佐久間敏幸君) ただいまより予算審査特別委員会を開会いたします。

 開会にあたりまして、加藤議長からごあいさつをお願いいたします。



◆議長(加藤健吉君) 本会議休憩中ということで、大変恐縮に存じます。

 予算審査特別委員会の委員ですけれども、いずれにしても、予算審査にあたりますので、皆さん方には慎重審査をお願いしたいと思います。正副委員長の互選というふうなことでよろしくお願い申し上げまして、一言あいさつにかえます。ありがとうございます。



◎主幹(佐久間敏幸君) ありがとうございました。

 それでは、事件に入るわけでございますが、事務局長、進行よろしくお願いいたします。



◎事務局長(齊藤邦雄君) それでは、先ほど、本会議におきまして、予算審査特別委員会委員の選任がなされました。初めての委員会でございますので、委員会条例第9条第2項の規定によりまして、年長の鳥飼昭夫委員に臨時委員長をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) 年長のゆえをもちまして、暫時、私が臨時委員長の職務を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ただいまの出席委員は10名で、定足数に達しております。

 これより予算審査特別委員会を開会し、直ちに会議を開きます。

 これより委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 委員長の互選は、指名推選、投票のいずれの方法にいたしますか。



◆委員(岡部順一君) 指名推選でお願いします。



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ただいま、岡部委員より指名推選という発言がありましたが、委員長の互選は指名推選により行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ご異議なしと認め、委員長の互選は指名推選により行います。

 どなたか委員長の指名をお願いいたします。

 岡部委員。



◆委員(岡部順一君) それでは、私のほうから指名させていただきます。

 人格、識見ともにすぐれた藤井委員を指名いたします。



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ただいま、岡部委員より、委員長に藤井委員との発言がありましたが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、藤井委員が委員長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ただいま委員長に当選されました藤井委員に承諾のあいさつをお願いいたします。



○委員長(藤井修君) ただいまは、大変身に余る大任を仰せつかりまして、委員各位に御礼申し上げますと同時に、また、この役割を果たしていくためにいろいろ事務局のほうで準備されていますけれども、しっかり勉強させていただきまして、また、委員各位のご協力をお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。

 どうもありがとうございました。



○臨時委員長(鳥飼昭夫君) ここで委員長と交代いたします。ご協力ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) それでは、引き続きまして副委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 副委員長の互選は指名推選、投票のいずれの方法にいたしましょうか。

 岡部委員。



◆委員(岡部順一君) 指名推選でお願いいたします。



○委員長(藤井修君) ただいま、岡部委員より指名推選という発言がござまいした。

 副委員長の互選は指名推選により行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(藤井修君) ご異議なしと認め、副委員長の互選は指名推選により行います。

 どなたか副委員長の指名をお願いいたします。

 岡部委員。



◆委員(岡部順一君) それでは、指名させていただきます。

 これまた人格、識見すぐれた池田委員を副委員長に指名をいたします。



○委員長(藤井修君) ただいま、岡部委員より、副委員長に池田委員との発言がありましたが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(藤井修君) ご異議なしと認めます。

 よって、池田委員が副委員長に当選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) ただいま副委員長に当選されました池田委員に承諾のごあいさつをお願いいたします。



◆副委員長(池田文男君) 池田でございます。

 大変身に余る光栄で、委員皆様のご推挙いただきました。藤井委員長をしっかりと補佐いたしまして、3日間の長丁場でございますけれども、審査にご協力いただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。よろしくお願いします。



○委員長(藤井修君) 以上で、委員長、副委員長の互選は終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) 次に、事件の2、審査日程について協議をお願いします。

 昨年の例によりまして、審査日程(案)を作成し、配布してございますので、事務局長より説明をさせます。



◎事務局長(齊藤邦雄君) それでは、お手元に配布してございます予算審査特別委員会審査日程(案)をごらんいただきたいと思います。

 まず、審査日でございますが、3月15日月曜日、3月16日火曜日、3月17日水曜日ということで3日間を予定してございます。

 審査日程第1、3月15日でございますが、1款議会費から2款の総務費、11款災害復旧費ないし13款の予備費まで、第2で3款民生費、4款衛生費ということで審査の予定を示させていただいております。

 次に、日程第3、第4につきましては、3月16日、款といたしましては5款労働費から10款の教育費までということで予定してございます。

 日程第5、6、7でございますが、3月17日水曜日ということで、第5で各特別会計、それが終了しましたら第6で水道事業会計まで審査を行いまして、これが終了しまして、第7で議案第19号ないし議案第28号の討論、採決というふうな形で日程を示させていただいておりますので、ご協議をよろしくお願いいたしたいと思います。



○委員長(藤井修君) 配布資料のとおり、3日間とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(藤井修君) ご異議なしと認め、配布資料のとおり3日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) 次に、事件の3、審査方法について協議をお願いいたします。

 審査日程(案)の下に、昨年の例により審査方法を記載してございますので、事務局長より説明をさせます。



◎事務局長(齊藤邦雄君) それでは、審査方法についてご説明申し上げます。

 まず、審査の順につきましては、一般会計歳出を款の順に行い、次に各特別会計、事業会計を行うようなことで考えております。

 また、各審査におきましては、歳出に合わせて事業に係る歳入、特定財源も同時に審査をお願いし、歳入のうち一般財源だけの質疑につきましては、日程第1で行うということで考えてございます。

 また、各審査は、審査日程ごとに執行部の説明後に質疑を行うような形で考えてございます。

 また、各委員の質疑は、1回の質疑数を3問以内といたしまして、執行部の答弁後、さらに質疑のある方は続けていただくというような形で考えてございます。

 次に、説明員の補助員といたしまして担当職員ということで、係長相当職以上の出席の許可をお願いするような形で考えてございますので、その辺のことについてお願いしたいと思います。

 あと、細かい内容につきましては、次の資料の予算審査特別委員会の進め方(案)ということの4番、委員会の審査手順、こちらをごらんいただきたいと思いますが。

 これにつきましては、3月15日から3月17日の流れを示させていただいております。

 まず、3月15日に開会、委員長あいさつ、議長あいさつ、市長あいさつということで考えております。それが終了いたしまして、執行部の説明者の入れかえ等がありまして、15、16日で一般会計、各特別会計、事業会計、それで、17日に質疑終了後、再度、議長、本会議出席者に入室いただきまして、討論、採決、議長あいさつ、市長あいさつ、委員長あいさつ、閉会ということで考えてございます。

 以上です。



○委員長(藤井修君) ただいま、局長より審査方法についての説明がありました。質疑ございますか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(藤井修君) 質疑、意見がなければ、審査方法の詳細については委員長に一任をお願いいたしまして、開催のときにお示ししたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、議事整理の都合上、質疑及び関連質疑につきましては、予算審査に必要なものに限らせていただきます。特に数値など細かなものにつきましては、各委員におかれまして、あらかじめ執行部で調査されまして、委員会運営の効率化にご協力いただきますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) 次に、事件の4、その他について何かございますか。

 局長。



◎事務局長(齊藤邦雄君) それでは、本会議終了後、予算審査運営会議を開会したいと思います。それで、時間につきましては、午後1時でよろしいでしょうか。

 これから本会議再開いたしまして、運営会議の出席者については、正副委員長だけということになります。



○委員長(藤井修君) ほかにございますか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(藤井修君) なければ、以上をもちまして予算審査特別委員会を閉会といたします。

 ご苦労さまでございました。



△散会宣告 午前11時54分