議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 君津市

平成21年  7月 臨時会(第2回) 07月10日−01号




平成21年  7月 臨時会(第2回) − 07月10日−01号







平成21年  7月 臨時会(第2回)



君津市告示第107号

 平成21年第2回君津市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成21年7月6日

                            君津市長  鈴木洋邦

               記

 1 日時  平成21年7月10日 午後1時

 2 場所  君津市議会議事堂

 3 付議事件

   平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)

               第2回臨時会会期日程

                            (会期1日間)



日次
月日

区分
開議時刻
摘要


第1日
7月10日

本会議
午後1時
開会
諸般の報告
会期の決定
会議録署名議員の指名
議案の上程(提案理由説明)
議案に対する質疑
委員会付託省略
討論
採決
閉会



             平成21年第2回君津市議会

             臨時会会議録(全)

1.招集年月日  平成21年7月10日

1.招集の場所  君津市議会議事堂

1.開会の日時  平成21年7月10日 午後1時00分

1.出席議員  22名

    1番   篠森政則君         2番   橋本礼子君

    3番   天笠 寛君         4番   小倉靖幸君

    5番   森 慶悟君         6番   真木好朗君

    7番   三浦道雄君         8番   三宅良一君

    9番   鴨下四十八君       10番   磯貝 清君

   11番   三浦 章君        12番   鈴木良次君

   13番   池田文男君        15番   藤井 修君

   16番   榎本貞夫君        17番   岡部順一君

   18番   大瀬 洋君        19番   小林喜久男君

   20番   鴇田 剛君        21番   安藤敬治君

   22番   鳥飼昭夫君        23番   加藤健吉君

1.欠席議員  1名

   14番   真板一郎君

1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  市長       鈴木洋邦君     副市長     武次治幸君

  教育長      本吉貞夫君     水道事業管理者 鴇田源一君

  総務部長     水野克己君     企画財政部長  坂元淳一君

  市民環境部長   大野哲成君     保健福祉部長  色部昭男君

  経済部長     鈴木 隆君     建設部長    楠本保郎君

  消防長      岡根敏晴君     教育部長    山中久男君

                     総務部次長

  会計管理者    榎本憲悟君             佐藤貞雄君

                     (事)総務課長

  企画財政部次長            監査委員

  (事)総合企画  三堀利昭君             平野達夫君

  課長                 事務局長

  農業委員会              選挙管理委員会

           大森 茂君             内山 裕君

  事務局長               事務局長

  企画財政部

  副参事      伊藤修一君

  (事)財政課長

1.職務のため出席した者の職氏名

  事務局長     齊藤邦雄      主幹      佐久間敏幸

  主任主事     川名慶幸

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議

         平成21年7月10日午後1時00分



○議長(篠森政則君) ご苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は22名でございます。よって、定足数に達しておりますので、これより平成21年第2回君津市議会臨時会を開会し、本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の報告



○議長(篠森政則君) 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の規定により、議長の出席要求に対する出席者は、別紙印刷物によりご了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案受理の報告



○議長(篠森政則君) 次に、本日市長より議案の送付があり、これを受理いたしましたので、ご報告いたします。

 なお、議案につきましては、お手元に配布のとおりでございます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (参照)

                            21君総第82号

                            平成21年7月10日

 君津市議会議長 篠森政則様

                              君津市長 鈴木洋邦

               議案の送付について

 平成21年第2回君津市議会臨時会に付議する議案について、別添のとおり送付します。

                  記

 議案第1号 平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の決定



○議長(篠森政則君) 次に、本日の日程につきましては、会議規則第20条の規定により、議長において定め、印刷配布してございます。その順序に従いまして会議を進めてまいりますので、ご了承願います。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 (参照)

 議事日程(第1号) 7月10日(金)午後1時開会・開議

 日程第1 会期の決定

 日程第2 会議録署名議員の指名

 日程第3 議案第1号(提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、採決)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(篠森政則君) ここで、市長から、開会にあたりあいさつがあります。

 鈴木市長。

          (市長 鈴木洋邦君登壇)



◎市長(鈴木洋邦君) 昨今、朝夕すっかり暑くなりまして、議員の皆さんもお元気にお過ごしのようで、何よりも心強いばかりでございます。

 開会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、平成21年第2回君津市議会臨時会を招集しましたところ、議員の皆さんには大変お忙しい中をご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。

 本臨時会に提案します議案は、お手元の議案書のとおり、平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)でございます。

 詳細については、後ほど提案理由の説明の際、申し上げることといたしますが、去る5月29日に成立した国の補正予算に係る経済危機対策に関するもので、早期の事業実施が望まれることから、本日臨時会を招集し、提案させていただいた次第でございます。

 十分なるご審議をいただきますようお願いを申し上げまして、簡単でございますけれども、開会にあたってのあいさつといたします。



○議長(篠森政則君) 以上で市長のあいさつを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会期の決定



○議長(篠森政則君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 今期臨時会の会期は、去る7月6日の議会運営委員会において、本日1日と決定いたしました。

 お諮りいたします。

 会期につきましては、議会運営委員会の決定のとおり、本日1日としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(篠森政則君) ご異議ないものと認め、よって、今期定例会の会期は、本日1日と決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(篠森政則君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において8番、三宅良一君、9番、鴨下四十八君、10番、磯貝清君を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号(提案理由説明、質疑、委員会付託省略、討論、採決)



○議長(篠森政則君) 日程第3、議案第1号を議題といたします。

 なお、議案の朗読につきましては省略しますので、ご了承願います。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 鈴木市長。

          (市長 鈴木洋邦君登壇)



◎市長(鈴木洋邦君) 議案第1号 平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)について、提案理由の説明を申し上げます。

 本議案は、平成21年度の国の補正予算に計上された地域活性化・経済危機対策臨時交付金等を財源とする事務事業について計上したもので、歳入歳出それぞれ2億3,132万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を288億9,837万7,000円とするものでございます。

 この地域活性化・経済危機対策臨時交付金は、地球温暖化対策、少子高齢化社会への対応、安全・安心の実現、そのほか将来に向けた地域の実情に応じたきめ細やかな事業を地方公共団体が積極的に実施できるよう創設されたもので、本市といたしましては、地域経済の早期回復という観点からも、この交付金を積極的に活用することとしたものであります。

 主な内容を申し上げますと、総務費につきましては、地上テレビ放送の完全デジタル化に向けた公共施設の地上デジタル放送受信設備の整備費及びテレビの購入費並びにコミュニティバス粟倉豊英線を中島まで延伸することにより、市民の交通手段を確保するためのバス購入費として9,325万円、民生費につきましては、幼児などの非常時に対応するため、市立保育園などへの自動体外式除細動器の設置費として470万4,000円、農林水産業費につきましては、遊休農地の再利用を促進するための自走式草刈り機の購入費、市が設置した主な観光施設などへの自動体外式除細動器の設置費及び農業振興地域整備計画策定に係る基礎調査費として1,065万円、商工費につきましては、観光客の利便性の向上を図るための観光案内板及び片倉ダム周辺観光施設の整備費として1,100万円、土木費につきましては、大型車両の通行量増加に伴う道路補修費及び都市公園の遊具などの整備費として4,000万円、消防費につきましては、消防訓練と多様化する災害に対応するため、可搬ポンプ及び組み立て式水槽の購入費並びにイベントなどへの貸し出し及び訓練用の自動体外式除細動器の購入費並びに防災行政無線の難聴地区解消のため、防災行政無線子局の設置費などとして1,629万円、教育費につきましては、小中学校の理科教育の振興を図るための理科振興備品購入費及び地上デジタル放送受信設備の整備費及びテレビの購入費として、小学校費3,225万8,000円、中学校費2,008万6,000円、幼稚園費は、周西幼稚園への地上デジタル放送受信設備の設備費及びテレビの購入費として126万2,000円、社会教育費は、地上デジタル放送設備の整備されていない公民館への受信設備の整備費及びテレビの購入費として182万4,000円を追加するものでございます。

 これらの財源につきましては、全額、地域活性化・経済危機対策臨時交付金をはじめとする国庫支出金で措置するものでございます。

 なお、教育費のうち、小学校費及び中学校費の校舎等維持補修事業につきましては、地域活性化・経済危機対策臨時交付金の振替充当による財源更正をしております。

 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(篠森政則君) 市長の提案理由の説明が終わりましたので、ただいま議題となっております議案第1号に対する質疑を行います。

 三浦道雄君。



◆7番(三浦道雄君) それでは、2つほど質問したいと思います。

 地域活性化・経済危機対策臨時交付金の概要、この概要書によれば、多くの地方自治体等で少子化対策等が盛り込まれております。例えば、わがまち子育て応援支援事業、これは福井県の永平寺町というところで、3,300万円のをされております。それから、また子どもすくすく商品券交付事業というのが鹿児島県の南さつま市に5,500万円の計上をされながら、予算が組まれているという話が出ているわけでありますが、本市の場合は、そういった事業内容が含まれていないんですけれども、それがなぜなのか、それが第1点です。

 それから、もう1つは、この臨時交付金に係る執行スケジュール、イメージ表というのがこの概要書の中に入っているんですけれども、それによりますと、6月中に地方議会に補正予算計上して、議決の後に実施計画(第1次分)を6月30日を期限に国に提出するとありますけれども、これによって本市は提出をしたというふうに思うんですが、そのことについて、2点伺います。



○議長(篠森政則君) 坂元企画財政部長。



◎企画財政部長(坂元淳一君) 私ども、事業を選択するにあたりましては、制度の改正等によりまして近い将来実施しなければならない事業等、あるいは緊急性その他、翌年度以降に予定されているもので前倒しが可能なもの、そして、なるべく事業年度内に終了するというふうなことから、今回このような事業を選択したものでございます。

 また、スケジュールにつきましては、今のお話のとおり、国のほうに既に県を通じて提出しております。この決定が、秋以降に額の決定がされるというふうに聞いておりますので、そういった中で今後進めていくということでございます。

 以上でございます。



○議長(篠森政則君) 三浦道雄君。



◆7番(三浦道雄君) 市長さんの第3次まちづくり計画の中では、1つには9万8,000人の人口フレームを掲げながら、それに向けて各種いろいろな事業を展開していくというふうになっているわけです。私も、地域が活性化していく上では人口がふえることが望ましいわけですから、そういう点では、やはり市民の皆さん方の暮らしにかかわる問題、地域が活性化される、そういう事業を、やはりこの時期に取り入れる必要があるのではないかというふうに強く思っているわけです。

 ですから、今の部長さんの答弁ですと、最初から来年度の予算に組み入れてやらなければならないような事業を前倒しでやったということですから、そうしますと、再度お伺いしますけれども、これを企画財政部だけがお読みになったのか、あるいは各部局全部がこれを読まれて、そして検討されたのか、最後に伺います。



○議長(篠森政則君) 坂元企画財政部長。



◎企画財政部長(坂元淳一君) 申請をする各部局から申請をいただく中で、事例集というものがございましたので、それについては各部に配布いたしまして、参考にしていただくということでお渡しはしております。

 以上でございます。



○議長(篠森政則君) 三浦道雄君。



◆7番(三浦道雄君) では、そういう点では、やはり市長さんが日ごろから強調している市民の目線という点では、非常に不十分だというふうに私は思うんです。ですから、先ほど全協でも質問しましたけれども、この事業内容が若干でも見直しができるのかどうなのか、最後伺って質問を終わります。



○議長(篠森政則君) 坂元企画財政部長。



◎企画財政部長(坂元淳一君) 現段階で補正予算として提出をさせていただいております。そういった中で、今回提出させていただきました事業内容でお願いしたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(篠森政則君) ほかに質疑ございませんか。

 安藤敬治君。



◆21番(安藤敬治君) 今回の経済対策での補正の中で、小中学校と幼稚園に地上デジタル放送の対応のテレビの整備事業ということで、2,100万円からの予算が組まれているわけですが、この学校においてテレビがどのような活用のされ方をしているのか、お伺いをしたいと思います。



○議長(篠森政則君) 山中教育部長。



◎教育部長(山中久男君) お答えいたします。

 義務教育期間でありますが、小中学校におかれますテレビ受信機能でございますが、各教室、また職員室等に配置をいたしまして、教育に必要な授業の放送内容の受信等に活用しております。

 また、ビデオ関係のディスプレーとしての活用をしてございます。

 以上でございます。



○議長(篠森政則君) 安藤敬治君。



◆21番(安藤敬治君) 各クラスにおいて、テレビ放送を活用した授業というのが行われているというような答弁であったと思うんですが、これは私ども思うには、ビデオを活用した授業というのは当然考えられると思うんですけれども、テレビ放送を見て授業を行うということは、どの程度の割合であるものなのか、実際そういうことが行われているか、再度お伺いしたいと思います。



○議長(篠森政則君) 山中教育部長。



◎教育部長(山中久男君) 具体的な時間数等につきましては、ちょっとここではお答え、今できませんが、各教科に基づいた内容として活用してございます。



○議長(篠森政則君) 安藤敬治君。



◆21番(安藤敬治君) それは授業というと、テレビ放送ですから、あらかじめテレビ放送の内容はわかるわけですから、その授業を、これは科学的に理科の対応でいいとか、あるいは英語にいいとか、国語、算数、いろいろあるかと思うんですが、その学校での決めた授業日程とその放送とをどのようにかみ合わせて授業を組むのか、その辺がなかなか難しいかと思うんですが、実際問題、このテレビ放送を授業の中に取り入れて授業って行われるものなのか。そこまでして、この地上デジタルに合わせた施設整備を進めなくてはならないものなのか。ちょっとそこら辺がこうはっきりしませんので、再度お答えいただきたいと思います。



○議長(篠森政則君) 山中教育部長。



◎教育部長(山中久男君) お答えいたします。

 今回の臨時交付金に係りますテレビ機器の整備につきましては、その一部ということで、学校における職員室に設置するのが第一段階でございます。今後につきましては、各学校の規模、また、それから事業の内容等の必要性に応じて精査して、設置してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(篠森政則君) ほかに質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(篠森政則君) 質疑もないようでございますので、質疑を終結したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(篠森政則君) ご異議ないものと認め、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(篠森政則君) ご異議ないものと認め、よって、議案第1号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 次に、討論を行います。

 三浦道雄君。

          (7番 三浦道雄君登壇)



◆7番(三浦道雄君) 日本共産党の三浦道雄です。

 議案第1号の平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)について討論を行います。

 私は、本議案について反対をする立場ではありませんが、先ほど来述べましたように、鈴木洋邦市長の第3次まちづくり計画との関連で吟味しますと、今回の地域活性化及び経済危機対策の趣旨からかんがみれば、事業計画の組みかえ等が必要と思うからであります。

 午前中の議会全員協議会の中でも幾つかの点を指摘いたしましたが、20ある事業計画のほとんどが公共施設のものであり、地域活性化に直結するものなのか、市民サイドから見て理解が得られるものなのか、甚だ疑問に思っております。

 市民サイドから見ると、通常の一般会計で実施すべき事業や施策等を前倒しして、これ幸いと国の交付金や補助金で賄うというものであります。市民生活の向上など、市民サービス、地域活性化や地域経済等への経済効果にはあまり期待が持てない事業ばかりだと危惧いたしております。

 例えば、地上デジタル対策事業についていえば、小学校、中学校及び公共施設等へのデジタル移行はしっかり国民の税金を使いながら、市民等へのデジタル化への対応や支援策は見当たりません。行政が主導で行う公共施設等の事業は、いつでもできるものばかりではありませんか。

 しかし、デジタル化問題については、一般市民、住民等は、具体的なことを承知していない方が大半であります。しかも、デジタル化には一定のお金もかかりますし、2011年7月でアナログ放送が完全中止がどんな意味を持っているのか、考えていない市民が現に存在しているのであります。定額給付金の意味がいまだにわからない世帯があるほどであります。高齢者世帯、ひとり暮らし、低所得者世帯等へのきめ細かいデジタル化への支援が、財政面も含めて求められているのではないでしょうか。そうした援助がなければ、テレビ視聴難民が発生するのは必至だと考えております。

 他市が実施している、あるいは実施しようとしている共聴施設デジタル化、地上デジタル放送難視聴地区解消、辺地共聴施設、集合住宅、地上デジタル放送対応促進・相談事業等、たくさんあります。公共施設等のデジタル化対応は後回しにしてでも、市民サイドのデジタル化への支援こそ優先すべきであります。事業内容の一定の見直しを主張するものであります。

 その他として検討が必要なのが、雇用促進住宅購入事業、コミュニティバス運行補助事業、住宅リフォーム補助事業、新規就農促進事業、空き店舗を活用したチャレンジショップ支援事業、プレミアムつき商品券の発行事業等は、地域経済の活性化に寄与するものであり、市民から歓迎される施策と考えます。

 今回の補正予算計上は、6月中に国に対し、第1次実施計画の提出が求められていることから、また最終的な実施計画は秋ごろに再度補正予算計上され、審議し、国に対して最終提出を行う。国は、各省庁からの報告を取りまとめ、交付金及び補助金が決定されるものと考えます。よって、事業実施は秋以降になるのではないでしょうか。だとすれば、この8月と9月と事業内容の再検討は十分できるので、市民の目線に立ったソフト部分の充実のための事業をふやすため、一定の事業組みかえを求めるものであります。

 そのことを重ねて訴え、討論を終わります。

 以上です。



○議長(篠森政則君) ほかに討論ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(篠森政則君) 討論もないようでございますので、議案に対する討論は終結し、採決をいたします。

 議案第1号 平成21年度君津市一般会計補正予算(第2号)、原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(篠森政則君) 起立全員。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 以上をもちまして、今期臨時会に付託されました案件を議了いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(篠森政則君) ここで、閉会にあたり市長からあいさつがあります。

 鈴木市長。

          (市長 鈴木洋邦君登壇)



◎市長(鈴木洋邦君) 第2回臨時会の閉会にあたりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 本日、平成21年第2回君津市議会臨時会を招集し、一般会計補正予算(第2号)についてご提案させていただきましたが、慎重なるご審議をいただき、原案どおり可決いただきまして、まことにありがとうございました。

 本議案に計上した事業につきましては、年度内の完了を目指し、適切な執行をしてまいりたいと考えております。今後とも、国・県支出金などの依存財源の積極的な活用に努め、効率的な財政運用を進めてまいりますので、議員の皆さんには引き続きご支援、ご協力をいただきますようお願い申し上げまして、閉会にあたってのあいさつといたします。

 ありがとうございました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(篠森政則君) これをもちまして、平成21年第2回君津市議会臨時会を閉会といたします。

 ご苦労さまでございました。

                      平成21年7月10日午後1時27分

                                     閉会

上記会議の顛末を録し相違ないことを証するためここに署名する。

 平成21年  月  日

           君津市議会議長 篠森政則

           署名議員    三宅良一

           署名議員    鴨下四十八

           署名議員    磯貝 清