議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鎌ケ谷市

平成28年  9月 定例会(第3回) 09月01日−議案説明−01号




平成28年  9月 定例会(第3回) − 09月01日−議案説明−01号







平成28年  9月 定例会(第3回)





            平成28年鎌ケ谷市議会9月定例会

    議 事 日 程 (第1号)                平成28年9月1日(木)
                                 午後1時開会      
日程第1 会議録署名議員の指名                              
日程第2 会期の決定                                   
日程第3 議案第 1号 鎌ケ谷市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例の制定について  
     議案第 2号 鎌ケ谷市手数料条例の一部を改正する条例の制定について       
     議案第 3号 平成28年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第2号)          
     議案第 4号 平成28年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)    
     議案第 5号 平成28年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)   
     議案第 6号 平成28年度鎌ケ谷市介護保険特別会計補正予算(第1号)      
     議案第 7号 平成28年度鎌ケ谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)   
     議案第 8号 平成27年度鎌ケ谷市一般会計歳入歳出決算の認定について      
     議案第 9号 平成27年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
     議案第10号 平成27年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
            て                                
     議案第11号 平成27年度鎌ケ谷市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について  
     議案第12号 平成27年度鎌ケ谷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定につい
            て                                
     議案第13号 情報セキュリティ強化対策用機器の購入について           
     議案第14号 水槽付消防ポンプ自動車の購入について               
     議案第15号 鎌ケ谷市市道路線の認定及び廃止について              
日程第4 休会の決定                                   
                                            
〇出席議員(24名)
    1番   野  上  陽  子 議員     2番   中  村  潤  一 議員
    3番   森  谷     宏 議員     4番   佐  竹  知  之 議員
    5番   宮  城  登 美 子 議員     6番   岩  波  初  美 議員
    7番   矢  崎     悟 議員     8番   川  原  千 加 子 議員
    9番   小  易  和  彦 議員    10番   佐  藤     誠 議員
   11番   松  澤  武  人 議員    12番   石  神  市 太 郎 議員
   13番   泉  川  洋  二 議員    14番   原     八  郎 議員
   15番   小  泉     嚴 議員    16番   大  内  一  也 議員
   17番   三  橋  一  郎 議員    18番   針  貝  和  幸 議員
   19番   津 久 井  清  氏 議員    20番   芝  田  裕  美 議員
   21番   勝  又     勝 議員    22番   土  屋  裕  彦 議員
   23番   池 ヶ 谷  富 士 夫 議員    24番   大  野  幸  一 議員

〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のための出席者
     市         長   清  水  聖  士  君
     副    市    長   北  村  眞  一  君
     会  計  管  理  者   河  ?  啓  二  君
     総 務 企 画 部 長   皆  川  寛  隆  君
     総 務 企 画 部 参 事    谷  口  光  儀  君

     総 務 企 画 部副参事    武  田  秀  一  君
     ( 総 務 課 長 )

     市 民 生 活 部 長   高  岡  敏  和  君
     市 民 生 活 部 参 事    小  高  仁  志  君
     健 康 福 祉 部 長   望  月     忠  君
     健 康 福 祉 部 参 事    斉  藤     薫  君
     都 市 建 設 部 長   宗  川  洋  一  君
     都 市 建 設 部 参 事    鎗  田     淳  君
     教    育    長   皆  川  征  夫  君
     生 涯 学 習 部 長   山  ?  正  史  君
     生 涯 学 習 部 参 事    笠  井  真 利 子  君
     生 涯 学 習 部 参 事    吉  野  光  雄  君
     選挙管理委員会委員長    川  上  傳  吉  君
     選挙管理委員会事務局長   大  伯  昌  司  君
     監査委員事務局長      山  中  冬  樹  君
     農業委員会事務局長     小 金 谷  幸  次  君
     消    防    長   皆  川  宏  幸  君
     消 防 本 部 参 事   鈴  木  信  彦  君
                                            
〇議会事務局職員出席者
     事   務   局  長   山  口     清
     事  務  局  次  長   石  井  孝  宜
     同   副   主  幹   山  ?  嘉  也
     同    主    事   近  江  光  穂



          午後 1時00分  開 会



○議長(原八郎議員) 皆様、本日はお疲れさまです。

 ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので、平成28年鎌ケ谷市議会9月定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                            



△議事日程について



○議長(原八郎議員) 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。

 本定例会に提出され、受理いたしました議案は、議案第1号 鎌ケ谷市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例の制定について外14件でございます。配付漏れはないかお調べ願います。

          〔「なし」と言う者あり〕

                                            



△諸般の報告



○議長(原八郎議員) 日程に先立ち、諸般の報告をいたします。

 まず、本定例会の予定及び各種申し合わせ事項について報告を求めます。

 議会運営委員会委員長、芝田裕美議員。

          〔議会運営委員会委員長 芝田裕美議員登壇〕



◎議会運営委員会委員長(芝田裕美議員) これより議会運営委員会委員長報告を行います。

 平成28年鎌ケ谷市議会9月定例会の議会運営について、議長からの諮問に基づき、去る8月29日に議会運営委員会を開催し、決定いたしました事項を報告いたします。

 まず、会期については、本日から9月27日までの27日間とし、その細部はお手元に配付してある会期予定表のとおり予定しております。

 次に、発言通告でありますが、議案に対する代表質疑は明日の正午までとし、討論については9月20日の正午までといたします。

 次に、議案に対する代表質疑の発言順位は、政友会、公明党、日本共産党、民主・社民市民連合、未来クラブの順となっております。

 次に、今定例会に提出されております議案のうち、議案第8号から議案第12号までの平成27年度各会計決算認定議案については、11名から成る決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしました。その委員構成は、政友会6名、公明党2名、民主・社民市民連合1名、未来クラブ1名、日本共産党1名といたしたいと思いますので、ご了承願います。

 以上で議会運営委員会の報告を終わります。



○議長(原八郎議員) 以上で議会運営委員会の委員長報告を終わります。

 次に、去る6月定例会において採択され、市長に対する処理の経過及び結果の報告を求めていた陳情2件についての報告があり、お手元に配付してありますので、ご了承願います。

 次に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定による平成27年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告並びに地方自治法施行令第145条第2項の規定による平成27年度鎌ケ谷市一般会計継続費精算報告書については、決算資料とともに配付しておりますので、ご了承願います。

 次に、地方自治法第180条第2項の規定による委任専決処分の報告が1件あり、その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。

 次に、監査委員から定例監査の結果1件及び平成27年度平成28年4月分、5月分及び平成28年度平成28年4月分、5月分についての例月現金出納検査の報告があり、その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。

 次に、今定例会に説明員として出席通知のありました者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付してありますので、ご了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

                                            



△会議録署名議員の指名



○議長(原八郎議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、

   15番  小 泉   嚴 議員

   16番  大 内 一 也 議員

を指名いたします。

                                            



△会期の決定



○議長(原八郎議員) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会は、本日から9月27日までの27日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(原八郎議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から9月27日までの27日間と決定いたしました。

                                            



△(議案第1号〜議案第15号)の上程、説明



○議長(原八郎議員) 日程第3、議案第1号から議案第15号までを一括上程いたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎市長(清水聖士君) 議長。



○議長(原八郎議員) 清水市長。

          〔市長 清水聖士君登壇〕



◎市長(清水聖士君) 平成28年鎌ケ谷市議会9月定例会の開会に当たり、市政の重要案件につきましてご審議いただくため、ご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。

 今定例会におきましてご審議いただきます案件は、議案15件でございます。議案の説明に先立ちまして、重要施策や諸般の報告をさせていただきます。

 初めに、本市が持つ魅力を積極的にPRするふるさと名物商品推進事業の実施状況につきまして報告いたします。本市の特産物である梨やふるさと産品をPRするため、8月11日に札幌ドームを訪問し、8月30日には東京ドームにおいて北海道日本ハムファイターズを地域資源として共有する3市1村の合同PRを実施いたしました。さらに、8月10日からは、鎌ケ谷市の梨などを広くPRするため、北総鉄道において車体へのラッピング広告を施すなどした鎌ケ谷トレインを運行し、積極的なPRを推進しているところでございます。

 次に、企業誘致の取り組みにつきましては、本市の特性に応じて有効と考えられる企業の業種や誘致する地域、支援内容など、企業誘致にかかわる支援制度の方針を取りまとめました。この中では、誘致企業への支援に加えて、特に県内初の試みとして企業誘致協力金を位置づけております。これは、誘致に必要な用地が限られている中で、企業に対して土地や建物を提供した土地等の所有者に対する優遇措置でございます。今後、議員各位からのご意見や外部の有識者による検討委員会のご意見をいただきながら、引き続き支援制度の検討を進めてまいります。

 次に、本市の将来のまちづくりにおいて重要となる北千葉道路の早期整備につきましては、本年7月6日に千葉県知事に対し、8月2日には財務省、国土交通省及び地元選出の国会議員に対し、さらに8月15日には国土交通大臣に対し、新京成線連続立体交差事業とあわせて要望活動を行うなど、両事業の早期実現に向けて積極的に働きかけを行っております。

 次に、平成29年度から平成32年度までを計画期間とする後期基本計画第4次実施計画につきましては、現在計画案を取りまとめているところでございます。今後市議会に報告させていただくとともに、パブリックコメントを実施し、平成29年1月を目標として策定してまいります。

 それでは、今回上程いたしました各議案の概要につきまして順次ご説明申し上げます。

 初めに、議案第1号 鎌ケ谷市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例の制定につきましては、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、法律の題名の改正等が行われたことから、条例中で引用している法律の題名等を改めるものでございます。

 次に、議案第2号 鎌ケ谷市手数料条例の一部を改正する条例の制定につきましては、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行に伴い、建築物エネルギー消費性能向上計画認定等に関する事務の手数料を新たに規定するとともに、低炭素建築物新築等計画の認定について簡易的な評価方法等が認められたことに伴い、当該評価方法等による場合の事務の手数料を規定しようとするものでございます。

 次に、議案第3号から議案第7号までの5議案につきましては、平成28年度一般会計及び4特別会計の補正予算でございます。

 まず、議案第3号 平成28年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ16億7,885万5,000円を追加し、補正後の予算総額を356億5,908万7,000円とするほか、地方債の追加及び変更を行うものでございます。

 歳入の主なものといたしましては、国庫支出金は、保育対策総合支援事業費補助金などを追加し、繰入金は、財政調整基金繰入金を減額し、平成27年度決算に伴う各特別会計からの繰入金を追加しております。

 繰越金は、決算の確定に伴い追加し、市債は、雨水貯留池整備事業債などを計上するとともに、臨時財政対策債の発行可能額の確定に伴い減額しております。

 歳出の主なものといたしましては、民生費は、放課後児童クラブ整備改修事業の工事請負費など追加するほか、前年度分の精算に伴う生活保護費等の補助金等返還金などを計上し、衛生費は、CO2削減ポテンシャル診断委託を計上しております。

 土木費は、私道整備事業及び雨水貯留池整備事業を追加し、公共下水道事業特別会計繰出金は、決算の確定に伴い減額しております。

 諸支出金は、地方財政法の規定に基づき、決算における実質収支の2分の1の額を財政調整基金へ積み立てるほか、減災基金及び公共施設整備基金への積み立てを追加しております。

 議案第4号から議案第7号までは、特別会計につきまして、主に決算の確定に伴い必要な補正を行うものでございます。

 次に、議案第8号から議案第12号までの5議案につきましては、平成27年度一般会計歳入歳出決算及び4特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。

 本市の平成27年度における決算状況についてでございますが、行財政運営の健全化を目指し、行財政改革に継続的に取り組んだことにより、前年度に引き続き健全な財政状況を堅持しております。

 主な財政指標でございますが、収支の状況をあらわす実質収支は、一般会計が約19億9,000万円の黒字で、全会計においても約27億7,000万円の黒字となり、良好な状況となりました。

 各種基金残高は、平成27年度末においては約57億円を確保したところでございます。これらの基金は、今後の行財政運営の貴重な財源としてまいります。

 経常収支比率は、扶助費や繰出金などの増額に伴い、前年度と比較して1.1ポイント上昇しましたが、91.2%と引き続き良好な状況にあります。

 次に、財政の健全化をあらわす4つの健全化判断比率の数値についてでございますが、全てにおいて早期健全化基準を大幅に下回っており、依然として財政は健全な状況にあります。

 毎年の債務返済の状況をあらわす実質公債費比率は0.5%で、前年度と比較し0.9ポイント改善しております。これは、環境衛生組合の施設建設にかかわる負担金が減少したことなどが要因でございます。

 将来に負担することとなる地方債残高など市全体の債務の状況をあらわした将来負担比率は、地方債残高などが増加したことにより、前年度と比較して2.7ポイント増の19.4%となったものの、この数値は早期健全化基準である350%を大きく下回り、将来の債務は適正に管理されております。

 また、実質赤字比率及び連結実質赤字比率の2つの数値は、赤字がないことから、いずれも算出されておりません。

 次に、平成27年度に実施した新規事業や拡充した主な事業についてでございますが、子育て支援に関するものといたしましては、民間保育所の整備助成、小規模保育所の整備助成、子育て支援コーディネーターの配置などでございます。

 市民の皆様の安全・安心に関するものといたしましては、治水対策の強化となる鎌ケ谷2丁目における地域排水整備や、防災拠点である市庁舎の免震改修工事などでございます。

 教育環境の整備といたしましては、小学校に続いて全中学校へのエアコン設置、非行防止ネットパトロールの実施などでございます。

 魅力あるまちづくりを目指す事業といたしましては、新鎌ケ谷西側の都市計画道路整備に向けた用地取得や新京成線連続立体交差事業、粟野地区公園並びに東道野辺ふれあいの森の用地取得などでございます。

 それでは、これより各議案の概要をご説明いたします。

 まず、議案第8号 平成27年度鎌ケ谷市一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、歳入決算額が354億6,535万4,000円で、前年度と比較し、額で4億8,126万8,000円、率で1.4%増加しております。これは、主に地方消費税交付金や県支出金などの増によるものでございます。

 一方、歳出決算額は332億7,110万6,000円で、前年度と比較し、額で2億5,319万4,000円、率で0.8%増加しております。目的別の決算状況につきましては、構成比の高い順で、民生費が41.5%、教育費が12.9%、総務費が9.9%、土木費が8.7%で、引き続き民生費が構成比のトップでございます。

 また、性質別の決算状況につきましては、経常的経費のうち義務的経費が前年度と比較し3.3%増加しておりますが、これは主に扶助費の増加によるものでございます。また、投資的経費につきましては、前年度と比較し18.3%減少しておりますが、これは昨年度に実施した義務教育施設空調設備設置事業や、くぬぎ山消防署建替事業などの完了によるものでございます。

 なお、歳入決算総額から歳出決算総額を差し引いた形式収支額につきましては21億9,424万8,000円で、平成28年度へ繰り越すべき財源を控除した実質収支額は19億9,774万3,000円でございます。

 次に、議案第9号 平成27年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につきましては、歳入決算額が144億8,442万6,000円で、前年度と比較し、額で14億7,891万2,000円、率で11.4%の増加となっております。これは、主に共同事業交付金の増によるものでございます。

 一方、歳出決算額は141億352万6,000円で、前年度と比較し、額で15億5,589万8,000円、率で12.4%の増加となっております。これは、主に共同事業拠出金の増によるものでございます。

 次に、議案第10号 平成27年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につきましては、歳入決算額が22億3,597万5,000円で、前年度と比較し、額で9,784万円、率で4.6%の増加となっております。これは、主に共有管建設にかかわる船橋市からの負担金や一般会計繰入金の増によるものでございます。

 一方、歳出決算額は20億9,228万9,000円で、前年度と比較し、額で9,411万4,000円、率で4.7%の増となっております。これは、主に流域下水道維持管理負担金の増によるものでございます。

 なお、平成27年度末までの整備状況でございますが、印旛沼流域関連公共下水道が事業認可区域の約98%の進捗率、手賀沼流域関連公共下水道が事業認可区域の約79%の進捗率、江戸川左岸流域関連公共下水道が事業認可区域の約33%の進捗率となっています。

 次に、議案第11号 平成27年度鎌ケ谷市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定につきましては、歳入決算額が65億1,246万9,000円で、前年度と比較し、額で3億5,337万2,000円、率で5.7%の増加となっております。これは、主に保険料や国庫支出金の増によるものでございます。

 一方、歳出決算額は62億2,237万円で、前年度と比較し、額で3億1,220万6,000円、率で5.3%の増加となっております。これは、主に保険給付費の増によるものでございます。

 次に、議案第12号 平成27年度鎌ケ谷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定につきましては、歳入決算額が9億7,627万9,000円で、前年度と比較し、額で4,149万1,000円、率で4.4%の増加となっております。これは、主に後期高齢者医療保険料の増によるものでございます。

 一方、歳出決算額は9億6,890万8,000円で、前年度と比較し、額で4,489万2,000円、率で4.9%の増加となっております。これは、広域連合納付金の増によるものでございます。

 次に、議案第13号 情報セキュリティ強化対策用機器の購入及び議案第14号 水槽付消防ポンプ自動車の購入につきましては、予定価格が2,000万円以上のため、地方自治法第96条第1項第8号及び鎌ケ谷市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第15号 鎌ケ谷市市道路線の認定及び廃止につきましては、新たに9路線を認定し、1路線を廃止するものでございます。

 以上、このたび提案いたしました各議案の概要につきましてご説明してまいりましたが、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(原八郎議員) 以上で提案理由の説明を終わります。

                                            



△休会の決定



○議長(原八郎議員) 日程第4、休会の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。明日から5日までの4日間を休会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(原八郎議員) ご異議なしと認めます。

 よって、明日から5日までの4日間は休会と決しました。

 なお、9月6日の会議は午前10時に開くことにいたします。

                                            



△散会の宣告



○議長(原八郎議員) 以上で本日の会議を散会いたします。

 お疲れさまでした。

          午後 1時22分  散 会