議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鎌ケ谷市

平成15年  文教常任委員会 12月05日−04号




平成15年  文教常任委員会 − 12月05日−04号







平成15年  文教常任委員会




               文教常任委員会
                   会議録
          平成15年12月5日(金)午後1時00分
          より議事堂内第1・2委員会室において標記
          委員会を下記のとおり開催した。
                   記
1.出席委員
      委   員   長    勝  又     勝
      副 委 員 長      芝  田  裕  美
      委       員    宮  城  登 美 子
         同         野  村  誠  剛
         同         松  澤  一  男
         同         平  原  俊  雄
2.欠席委員
      な  し
3.委員外議員傍聴者
      谷  間  保  彦      泉  川  洋  二
      野  上     實      川  上  智  且
      土  屋  裕  彦      小  泉     巖
      篠  崎  史  範      三  橋  一  郎
      板  津  邦  彦      鈴  木  道  雄
      大  野  幸  一      藤  代  政  夫
      津 久 井  清  氏      月  野  隆  明
4.説明のための出席者
      市      長    清  水  聖  士
      助      役    杉  山     巖
      収入役         渋  谷  定  重
      市長公室長       飛  田  真 佐 人
      市長公室参事      川  尻  秋  重
      市長公室次長      加  藤  三  郎
      (人事課長)
      市長公室副参事     高  瀬     光
      (企画政策課長)              

      市長公室主幹      富  永  孝  男
      (行財政改革推進室長)              
      市長公室副参事     人  見  秋  水
      (秘書課長)
       市長公室副参事     横  田  広  信
      (地域振興課長)
      総務部長        石  井     昇
      総務部次長       北  村  眞  一
      (財政課長)              
      財政課長補佐      鈴  木     操
      総務課長        今  村  隆  一
      (選挙管理委員会事務局長)        
      市民部長        久  野  義  春
      保健福祉部長      青  木     学
      児童家庭課長      湊     明  彦
      土木部長        飯  塚  順  一
      都市部長        長  田  成  兒
      都市部次長       杉  山  健  治
      (都市計画課長)
      みどりのふれあい室長  太  田      渡
      都市整備課主幹     三  橋  義  行
      (新鎌センター地区整備室長)
      会計課長        田  中  眞  人
      教育長         井  上  和  夫
      生涯学習部長      中  台     茂
      生涯学習部次長     戸  松  雅  昭
      (社会教育課長)              
      生涯学習部副参事    高  岡  正  種
      教育企画課長      萩  原  碩  志
      スポーツ振興課長    渡  来  四  郎
      生涯学習推進課長    木  暮     稔
      生涯学習推進課主幹   山  川     進
      図書館長        椿     喜 一 郎
      郷土資料館長      吉  田  政  一
      学校給食センター所長  阿  部  大  力
      消防長         大  ?  勇  治
      消防本部次長      山  影  裕  宏
      農業委員会事務局長   勝  見     武
      監査委員事務局長    遠  藤  孝  典
5.議会事務局職員出席者
      事務局長        皆  川  準  一
      事務局次長       小  池     仁
      議事調査係長      國  枝     仁
      同主査         白  藤  盛  敏
6.付議事件
  (1)議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第6号)<所管部分>    
  (2)陳情15−12−3 「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」の継続利用に関する陳情書
                                          







○委員長(勝又勝君) 皆様、本日はご苦労さまです。

  ただいまの出席委員は6名であります。定足数に達しておりますので、本日の委員会は成立いたしました。直ちに本日の会議を開きます。

  本委員会に付託されております案件は、本定例会において付託された議案1件、陳情1件の計2件でございます。これらを逐次議題といたしますので、ご了承願います。

  本委員会について傍聴の希望があり、これを許可いたしますのでご了承願います。

  議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第6号)<所管部分>を議題といたします。当局の提案説明は終わっておりますので、直ちに質疑を行います。



◆委員(芝田裕美君) 歳入の概要ということで、国庫支出金の中の幼稚園就園奨励費補助金額が300万円程度減額となっていますけれども、それらの背景について何か分析してましたらお知らせください。



◎生涯学習部副参事(高岡正種君) 幼稚園就園奨励費は私立幼稚園に通園している保護者の経済的負担を軽減するために行うものです。国からの補助金の額が毎年変わってきます。そのために予算申請するときと実際の額にずれが生じます。昨年度の実績では国からの補助金が3分の1掛ける調整率が85パーセントでした。それが今年度は、3分の1掛ける78パーセントに減ったと、その関係で国からの歳入が減っているということです。



◆委員(宮城登美子君) 12ページの学校管理費の件なのですけれども、簡易修繕ですけれども小学校で11万1千円、中学校で207万8千円とありますが、どの小学校、中学校なのか教えてください。



◎教育企画課長(萩原碩志君) 小学校につきましては2件で西部小学校、中部小学校。中学校につきましては、全部の中学校でございます。



◆委員(宮城登美子君) 修繕の要望は、たくさん学校から上がってくると思いますが、どのように優先順位をつけていますか。



◎教育企画課長(萩原碩志君) 今回の小規模修繕につきましては、財政課から照会のあった時点で修繕に該当するすべてをあげております。学校とヒアリングをしながら緊急性を有するものから順位を付けてすべてやっていく形をとっております。



◆委員(野村誠剛君) 簡易修繕ということで昨年から実施しておりますけれども、この制度ができる前はどのように扱っていたのですか。



◎財政課長(北村眞一君) 従来は建設業法での審査を受けた業者に発注しておりました。平成13年度からこの簡易修繕登録制度を発足しております。



◆委員(野村誠剛君) 当初予算で見込むことはできないのですか。



◎財政課長(北村眞一君) 今回の分につきましては当初では見込めなかったものでございます。当初予算を編成したあと現時点までに新たに判明した修繕等が対象となっています。



◆委員(野村誠剛君) この簡易修繕というのは当初から補正予算を見込んだものととらえられるのですが。



◎財政課長(北村眞一君) 各部門からこの半年間の間に流用あるいは予備費での充当等の協議が数多くありました。このような状況からその都度予備費や流用で対応するのではなく全庁的に把握する必要があるということで実施したものです。



◆委員(野村誠剛君) この財源の扱いはどうなりますか。



◎財政課長(北村眞一君) すべて一般財源です。ただ、この前提となっているものが、修繕については50万円以下、工事請負については30万円以下ということで、その上限はおのずと想定されますので一般財源で対応できる範囲で実施しております。



◆委員(野村誠剛君) 昨年度の決算が固まった時点で繰越金が入っていてそれを充当しているというようにも見えるのですが。



◎財政課長(北村眞一君) 9月の補正状況を見まして12月議会を控えて財政担当としてどの程度の一般財源が必要となるか念頭に置いて今回計上させていただきました。



◆委員(野村誠剛君) この簡易修繕について優先順位があるということは、ほかにも修繕が必要なところがあるということですか。



◎教育企画課長(萩原碩志君) 当初予算で修繕費を持っているのでそれについては学校から要望を受けて順位を付けてその年度で修繕していく形で、この簡易修繕については、照会の時期に該当する簡易修繕についてすべてあげたということです。



◆委員(野村誠剛君) 学校から要望のあった修繕については、全部こなしているということですか。



◎教育企画課長(萩原碩志君) 工事以外の修繕につきましては、ほぼ100パーセントこなしてきております。



○委員長(勝又勝君) ほかに質疑はございませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕                       



○委員長(勝又勝君) なければ質疑はこれにて終結いたします。

  討論ありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) なければ直ちに採決いたします。

  お諮りいたします。議案第12号<所管部分>は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) ご異議なしと認め、議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第6号)<所管部分>は、原案のとおり可決することに決しました。

                                           



○委員長(勝又勝君) これより陳情の審査を行います。

  受理番号、陳情15−12−3 「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」の継続利用に関する陳情書を議題といたします。

  審査の参考上、当局の意見を求めます。



◎スポーツ振興課長(渡来四郎君) スポーツ広場に関わります主な経過を説明させていただきます。平成元年5月18日に地元3自治会より多目的広場設置の要望書が提出されました。この要望の趣旨といたしましては、東初富の児童遊園地が廃止されたことによりまして、近隣自治会のふれあいの場として提供してもらいたいという内容でした。なお、県が必要になった場合は直ちに返還するようにという約束はしております。この要望書を踏まえまして企業庁との交渉の結果、毎年更新になりますが土地の無償貸与となりました。市民の健康の増進、体力の向上、コミュニティーの促進を図ることを目的として平成2年4月1日から「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」管理運営委員会に管理を委託して開場しております。なお、企業庁は県内に保有しているすべての土地に対して返還もしくは、購入してほしいという要請がありました。これにつきましては返還要請が急だったため猶予期間として平成16年以降複数年度引き続き無償貸与の要望をしているところでございます。当該地域には近くに学校、幼稚園はなく広場もありませんので地域の活動の場として必要であると認識しております。



○委員長(勝又勝君) 以上で当局の意見は終わりましたので、質疑等の発言を許します。



◆委員(宮城登美子君) 県の返還の理由が厳しい財政状況ということなのですが、私の見解としては、財源がないとはいえないのではないかと思います。その1つは大企業の法人事業税なのですけれども7つくらいの他府県で行われている超過課税は千葉県ではやっておりません。これを実施しますと年間1千億円ほど財源が生まれるといわれております。そのほかにも東京外環道ですとか常磐新線沿線開発などの大型公共事業が目白押しと聞いておりますので。もし廃止されますとこの近辺に広場や公共施設がないということなので、是非とも粘り強く働きかけていただきたいと思います。それでは一つ質問させていただきたいと思いますけれども今まで何回くらい企業庁に折衝されたのでしょうか。



◎スポーツ振興課長(渡来四郎君) 回数にして4度伺っております。それから電話等で交渉を行っております。



◆委員(芝田裕美君) この地区の都市公園と児童公園の数が分かりましたら教えてください。



◎みどりのふれあい室長(太田渡君) 都市公園として、東鎌ケ谷1丁目公園という名称で本年の6月25日に供用開始した公園がございます。面積にしまして182.63平方メートルでございます。



◎児童家庭課長(湊明彦君) 児童遊園はこの近辺の地区にはありません。



◆委員(平原俊雄君) この件を審議することについては、要するに県がどういう態度でいるのか。年度内に返さざるを得ないのか、はっきりした態度を県が出しているとしたらこの案件は審議未了ですよね。その辺の県の感触はどうなのですか。



◎スポーツ振興課長(渡来四郎君) 今我々がもう少し押せば貸していただける状況ではないかと思えるところがございます。



○委員長(勝又勝君) ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) なければ、以上で質疑等の発言を打ち切ります。

  次に、賛否等の意見を許します。



◆委員(宮城登美子君) 陳情15−12−3 「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」の継続利用に関する陳情書について、採択の立場で意見を述べされていただきます。この広場の継続利用をできるようにこの陳情者は求めています。この広場は、地域市民が野球、グランドゴルフ、ジョギングなどの日常の利用や夏になりますと盆踊り大会など地域市民のコミュニティーの場として大分活用されてきたといくことです。そして災害時の避難場所として是非とも必要ではないかと思っております。また、環境保全の面からも引き続き利用されることが求められていると思います。将来市の財政状況が許せば購入することを条件に入れることができるかなと思うのですけれども、当面は継続借用させていただくように当局は更に粘り強く交渉されることを求めたいと思います。よって本陳情に賛成するものです。



◆委員(芝田裕美君) 私からも採択の意見を述べさせていただきたいと思います。この地域は市内には珍しく学校も幼稚園もなく、小さな広場もない状況です。公園も児童遊園もありません。よって、広場の利用ができなくなりますと、毎日の遊びやラジオ体操さらに自治会の活動などにも支障をきたすものなので、継続利用ができるよう最大限に要望し、本陳情の採択を主張いたします。



○委員長(勝又勝君) ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) なければ、これより採決いたします。

  お諮りいたします。受理番号、陳情15−12−3 「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」の継続利用に関する陳情書を採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○委員長(勝又勝君) 起立全員であります。

  よって、本陳情は採択とすることに決しました。

  以上で付託事件の審査は終了いたしました。

  なお、採択いたしました受理番号、陳情15−12−3 「東鎌ケ谷1丁目みんなのスポーツ広場」の継続利用に関する陳情書は、市長に送付しその処理経過及び結果の報告を求めたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) ご異議なしと認め、そのように決しました。

  お諮りいたします。本委員会の審査経過と結果の本会議への報告については、委員長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(勝又勝君) ご異議なしと認め、そのように決しました。

  以上で本委員会を散会いたします。皆様ご苦労さまでした。

          散会 午後1時22分