議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鎌ケ谷市

平成15年  建設常任委員会 09月12日−03号




平成15年  建設常任委員会 − 09月12日−03号







平成15年  建設常任委員会





                建設常任委員会
                   会議録
          平成15年9月12日(金)午後1時00分
          より議事堂内第1・2委員会室において標記
          委員会を下記のとおり開催した。
                   記
1.出席委員
      委    員    長    石  神  市 太 郎
      副  委  員  長     篠  崎  史  範
      委          員   谷  間  保  彦
           同         池 ヶ 谷  富 士 夫
           同         三  橋  一  郎
           同         大  野  幸  一
           同         石  井  一  美
2.欠席委員
      な  し
3.地方自治法第105条による議長の出席
      平  原  俊  雄
4.委員外議員傍聴者
      宮  城  登 美 子     泉  川  洋  二
      野  上     實     土  屋  裕  彦
      小  泉     巖     芝  田  裕  美
      小  易  和  彦     佐  藤     誠
      野  村  誠  剛     板  津  邦  彦
      藤  代  政  夫     津 久 井  清  氏
5.説明のための出席者
      市     長        清  水  聖  士
      助     役        杉  山     巖
      収  入  役        渋  谷  定  重
      市 長 公 室 長        飛  田  真 佐 人
      市長公室参事         川  尻  秋  重
      市長公室副参事        高  瀬     光
      (企画政策課長)              

      市長公室副参事        人  見  秋  水
      (秘書課長)
      総 務 部 長        石  井     昇
      総 務 部 次 長        北  村  眞  一
      (財政課長)              
      総 務 課 長        今  村  隆  一
      (選挙管理委員会事務局長)        
      財政課財政係長        望  月     忠
      市 民 部 長        久  野  義  春
      市 民 部 次 長        大  坊  博  光
      保健福祉部長         青  木     学
      土 木 部 長        飯  塚  順  一
      土 木 部 次 長        野  中  芳  勝
      (管理課長)
      工 務 課 長        新  山  保  信
      建築指導課長         高  桑     武
      建築課長補佐         大  村  重  男
      下水道管理課長        斉  藤  幸四郎
      下水道建設課長        稲  生  哲  彌
      都 市 部 長        長  田  成  兒
      都 市 部 次 長        杉  山  健  治
      (都市計画課長)
      開発指導課長         田  川     修
      みどりのふれあい室長     大  田     渡
      都市整備課長         海 老 原  正  博
      街 路 課 長        長  倉  厚  夫
      都市整備課主幹        三  橋  義  行
      (新鎌センター地区整備室長)
      教  育  長        井  上  和  夫
      生涯学習部長         中  台     茂
      消  防  長        大  高  勇  治
      消防本部次長         山  影  裕  宏
      農業委員会事務局長      勝  見     武
6.議会事務局職員出席者
      事 務 局 長        皆  川  準  一
      副  主  幹        矢  野  富  一
      議事調査係長         國  枝     仁
      同  主  査        白  藤  盛  敏
      同主任主事          築  地  秀  樹
7.付議事件
  (1)議案第 2号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第3号)<所管部分>  
  (2)議案第 4号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) 
  (3)議案第11号 鎌ケ谷市市道路線の認定について                





                                           



○委員長(石神市太郎君) 皆様、本日はご苦労さまでございます。

  ただいまの出席委員は7名であります。定足数に達しておりますので、本日の委員会は成立いたしました。直ちに本日の会議を開きます。

  本委員会に付託されております案件は、本定例会において付託された議案3件でございます。これら案件を逐次議題といたしますので、ご了承願います。

  お諮りいたします。審査に先立ち現地調査を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいまから現地調査を行います。

                                           

          現地調査(午後 1時03分〜午後 2時25分)

                                           



○委員長(石神市太郎君) 皆様ご苦労さまでした。

  それでは、これより審査を行います。

  まず、議案第2号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第3号)<所管部分>を議題といたします。

  当局の提案説明は終わっておりますので、直ちに質疑を行います。



◆委員(篠崎史範君) 代表質疑で出ていたかもしれないのですが、ちょっと聞き漏らしたりもしているので、もう一度整理の意味で教えていただきたいのですが、15ページのところの幾つか工事があるのですけれども、まず建築指導のところに狭隘道路整備工事があって、その後市道維持工事もあって、その後主要市道の整備事業の用地取得があるのですが、済みません。それぞれ大体どのあたりのところなのかかいつまんで教えていただけますか。



◎建築指導課長(高桑武君) それでは、篠崎委員の方からご質問の工事請負費の建築指導に要する経費の中の工事請負費、狭隘道路整備工事の場所でございますが、これにつきましては鎌ケ谷市狭隘道路整備要綱に基づく申請があったところでございます。場所は鎌ケ谷市富岡二丁目622番地地先の市道4105線でございます。ここの場所の約43メーターの分の狭隘道路に関するセットバック部分の整備工事費でございます。



◎管理課長(野中芳勝君) 続きまして、道路維持費の関係の工事請負費につきましてご説明をさせていただきます。

  道路維持の関係につきましてちょっと概略ご説明をさせていただきます。道路維持補修事業に係る当初予算につきましては、未舗装道路の補修委託費として900万円、排水施設維持管理委託として1,080万円、道路補修清掃委託といたしまして2,430万円、今回のご指摘の部分でございますけれども、道路維持の工事費が当初予算については2,790万円措置されているわけでございますけれども、道路維持関係につきましては概略ご説明ちょっとさせていただきたいところがございます。

  道路維持の内容といたしましては、舗装路面の補修、排水施設の補修あるいは部分的な新設等道路構造物全般にわたる維持補修に係るものでございます。今回この補正をお願いしようとする理由、その背景について若干触れさせていただきますけれども、市道構造物の劣化がかなり進行しているという状況があります。それと、道路の排水に係る未整備個所が多くて、その結果として路面排水、そういったものについての影響は極めて大きいと。それと、ちょっと言いづらい部分がございますけれども、財政事情等の中で目的予算が若干縮減されていると。そういった状況の中では、委員ご指摘のとおり、今回補正を理由とする個所につきましては二十数カ所想定してございますけれども、実際のところはそういった全般にわたっての影響が極めて大きいというところで、その辺の状況から今後の見通し等を含めた中で今回1,500万円の補正をお願いすると、そういう状況がございます。



◎工務課長(新山保信君) 15ページ17節の公有財産購入費の位置ですけれども、軽井沢基地周回道路整備事業に伴う基地東側に新設する道路の約中間あたり、軽井沢2054番地、土地の面積としては2,202平米の位置にございます。



◆委員(篠崎史範君) 済みません。そうすると最後のやつなのですけれども、2,202平米ということで、これ道路で言いますと何メートル分に当たるのかということと、それと一応単価をお聞かせください。



◎工務課長(新山保信君) 幅が約7.5メートルで、延長が約257メートルです。補正予算でお願いしている坪単価は平米単価を1万8,000円でお願いしていますが、最終的には鑑定がまだ出ておりませんので、多少の金額の変動はあるというふうに思います。



◆委員(篠崎史範君) 済みません。では、ついでにその下の物件補償追加額、これも内容を教えていただけますでしょうか。



◎工務課長(新山保信君) 22節補償補てん及び賠償金の2,200万円の補正ですが、当初予算で概算で約300万円の予算要求をして事業を実施しておりましたが、ナシ畑所有者の、先ほど言った土地の地権者より早急に土地の買い取り請求がありまして、これに対応するため改めて今調査中ですが、物件補償とナシ畑約2,200平米の中に110本、それと生け垣、ナシ棚等ございますので、この辺の概算で約2,500万円の数字をはじきまして、当初300万円の予算で2,500万円の総額を予想しておりますので、補正としては2,200万円です。



○委員長(石神市太郎君) ほかに質疑はありませんか。



◆委員(谷間保彦君) 14ページの交通安全対策費の中の4番のところです。3,110万円の補正額の分の支出の部で委託料2,610万円と、それから工事請負費493万5,000円なのですが、社会実験事務委託とありますが、どこへ委託するのかちょっとお伺いしたいのですが。



◎管理課長(野中芳勝君) 交通安全費の関係の委託料、社会実験の事務委託の関係でございます。その業者についてはどこに委託をされるのかというお尋ねでございます。これにつきましては都市計画あるいは交通安全等の関係の専門家ということで、なかなかうちの方の職員だけでは対応し切れない専門的な分野ということで、そういったコンサル的な業務、そういった関係の中で委託をしたいというふうに考えてございます。



◆委員(谷間保彦君) この下の歩道の整備工事については、これは工事追加額となっていますが、追加額ということは、もう既に何らかの形は決めていらっしゃるのでしょうか。



◎管理課長(野中芳勝君) ちょっと表現が適切ではなかったのかと思いますけれども、これにつきましても社会実験にかかわる関係の工事請負ということでございます。この社会実験の中で、ちょっと専門的になりますけれども、ハンプあるいは狭窄といったちょっと実験的にやらなければいけない事項が今後想定されるわけなのですけれども、それを実車実験的に、とりあえず車が通りづらくなる、あるいはスピードを落とすという一つの目的があるわけなのですけれども、そういったところの道路に実際にそういったものをつくって実車をしていただいて、地域の方がどうなのかという一つの判断材料をちょっと考えているのですけれども、それにかかわる工事請負費ということで今回493万5,000円についてちょっと補正をお願いしているところでございます。



◆委員(三橋一郎君) ページで行くと17ページです。それで15款の工事請負費の中で、説明の欄の一番上です。3・5・12号線の整備事業の1億3,000万円の追加工事という形の中で、来年の3月末にはあそこが確かにきれいになるかなと思うのですけれども、この1億3,000万円の中身を教えてください。



◎街路課長(長倉厚夫君) 三橋委員のご質問の工事費の中身ということでございます。これにつきましては初富交差点から新鎌ケ谷の区画整理の境まで約350メーターの区間の工事でございます。大きく分けて排水工事と街路築造工事がございます。排水工事につきましては、推進立て坑・とりつけ管・開削工とございまして、排水工事が約5,000万円、街路築造につきましては擁壁等土工も含め舗装までやりまして約8,000万円、トータル1億3,000万円という形になります。



◆委員(池ヶ谷富士夫君) ページ数16ページの街路事業費、地方債が8,770万円ですけれども、このやつは8ページの市債、土木債の8,770万円、都市計画債でもって地方特定道路整備事業追加額として計上されているのですけれども、この特定道路というのはどういった意味を指すのか。この地方債に対して該当する路線というのは鎌ケ谷市にどのくらいあるのでしょうか。



◎街路課長(長倉厚夫君) 池ヶ谷委員ご質問の地方特定道路の事業の内容とこの地方特定道路が市内のどの個所かというご質問でございます。

  まず、地方特定道路につきましては、地方特定道路整備事業という事業がございます。この事業は、国が都市計画道路等の補助事業と市の単独事業を効果的に組み合わせて実施するという意味合いから、まず緊急課題に対応して早急に整備すべき道路といった道路について、単独事業ではあるけれども、起債枠を設けて市が取り組みやすいというようなシステムの事業でございます。これは国土交通省と総務省が協調して実施しておる事業でございまして、鎌ケ谷市につきましては今着手している路線5路線すべて現段階で地方特定道路整備事業として実施しております。



○委員長(石神市太郎君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければこれにて終結いたします。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければ直ちに採決いたします。

  お諮りいたします。議案第2号所管部分は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) ご異議なしと認め、議案第2号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第3号)<所管部分>は原案のとおり可決することに決しました。

                                           



○委員長(石神市太郎君) 次に、議案第4号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  当局の提案説明は終わっておりますので、直ちに質疑を行います。



◆委員(篠崎史範君) 下水道建設に要する経費ということで委託料等と工事請負費等と出ているのですが、このうちに江戸川左岸の部分でたしか基礎測量委託だったと思うのですが、江戸川左岸の部分はその部分だけなのでしょうか。



◎下水道建設課長(稲生哲彌君) ただいまのご質問なのですが、1,000万円基本測量を計上しておりますが、江戸川の部分はそれだけでございます。



◆委員(篠崎史範君) それで基礎測量ということなのですけれども、済みません。勉強不足で申しわけないのですが、よくわからないのですけれども、どの部分をどんな測量をすると申しますか、江戸川左岸の部分の流域全体に対して測量とかをかけていくのか、その辺のことをちょっと教えてください。



◎下水道建設課長(稲生哲彌君) 場所はちょうどグリーンハイツと馬込沢の駅に挟まれている谷津田の細い部分がございますが、その部分でございます。馬込沢地区の部分を一応考えております。やり方は、今後下水道認可をとりたいのですが、それに先立ちまして道路の高さだとか地形的なもの、いわゆる高さがメーンなのですけれども、そういう基礎的な測量をするということがメーンでございます。面積的には今50ヘクタール程度を考えてございます。



◆委員(篠崎史範君) そうしますと、馬込沢地区の50ヘクタールぐらいの事業認可をとりたいということでよろしいのでしょうか。



◎下水道建設課長(稲生哲彌君) 今回の測量ですぐに事業認可ということではなくて、事業認可は来年予算措置をお願いいたしまして、平成16年度に事業認可の業務をさせていただきたいと思うのですが、それに先立ちまして基本的な基礎調査といいますか、先ほど申し上げました高さ等々をはかっておきたいということでございます。



○委員長(石神市太郎君) ほかに質疑はありますか。よろしいですか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければ質疑はこれにて終結いたします。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければ直ちに採決をいたします。

  お諮りいたします。議案第4号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) ご異議なしと認め、議案第4号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決することに決しました。

                                           



○委員長(石神市太郎君) 次に、議案第11号 鎌ケ谷市市道路線の認定についてを議題といたします。

  当局の提案説明は終わっておりますので、直ちに質疑を行います。



◆委員(篠崎史範君) 市道認定の4番目の例の初富駅からのものなのですけれども、これはそうしますと実際の供用はこの高架が完成したときということになるのでしょうか。



◎街路課長(長倉厚夫君) 篠崎委員のご質問、供用は高架が完成したときかということでございます。お見込みのとおりでございます。



◆委員(三橋一郎君) 2407号線ですか、ちょっと知識不足を補っていただきたいのです。この認定道路にした背景というのは、もうお聞きしていますからわかっています。ただ、ちょっと市の公共用地ですか、このときに相手の所有者が多分5,000万円控除の件だと思うのですけれども、受けたいがためにこれ認定するのですよというお話だったのだけれども、公共用地のときに認定しなくても、その5,000万円控除等あるのかなと思っていたのです。そこら辺ちょっと1点整理していただきたいのですけれども。これ2点ありますけれども。



◎街路課長(長倉厚夫君) 三橋委員のご質問、5,000万円控除、認定かけなくてもいいのではないかということだと思いますけれども、これにつきましては当初かけずに実施する意向で税務署と協議してまいりましたが、やはり法的な位置づけが必要だという税務署の見解がございまして、今回急遽お願いしているところでございます。



◆委員(三橋一郎君) それでは、ちょっと角度全然違うのですけれども、先ほど篠崎委員の方から完成まで道路位置づけですよということでしたよね。ちょっとちらっと新京成が高架になるに当たって、あそこの市道認定された部分に対して提供するのですか。そこら辺ちょっとよく知らない、わからないので、その道路部分ですよね。道路部分はあくまでも道路部分として残すのか、いわゆる高架線の立体に当たって、そこの一部の用地を使用させるのかどうかという質問でございます。



◎街路課長(長倉厚夫君) 三橋委員のご質問、工事に使わせるかということかと思いますけれども、仮線用地として使わせるということになります。



◆委員(三橋一郎君) 仮線用地で支障はないわけですね。使うのだから、支障があって使うわけはないと思うのですけれども、確認です。仮線用地として使用させて問題は全然ないのですねという質問でございます。



◎街路課長(長倉厚夫君) 都市計画事業で実施しておりますほかの側道とあわせて、まだ工事中という段階での使用ということで支障ないというふうに考えております。



◆委員(池ヶ谷富士夫君) きょう3路線現地調査に行かせていただきましたけれども、一番初めの初富駅の今議題になっているところですけれども、この延長が500メートルというそれを規定されたその根拠は何でしょうか。



◎管理課長(野中芳勝君) 今のお尋ねの路線につきましては、一番最後の整理番号4番の2407号線、500メートルというご指摘ありましたけれども、307メートルかと思うのですけれども、それにつきましてどのように区間を定めたのかということについてお答えを申し上げます。

  路線の区間につきましては、事務処理上編成基準を私どもの方で定めてございます。ご指摘の市道2407号線につきましても、一つの区間、路線として認定するために現在ある道路である県道の千葉・鎌ケ谷・松戸線起点部になってございますけれども、それを起点といたしまして、北側の市道2334号線を終点部として公道から公道の区間として路線の区間を定めまして認定しようということで、今回お願いをしているところでございます。



◆委員(池ヶ谷富士夫君) わかりました。

  次に、きょう3路線見させていただきましたけれども、これ単純な疑問ですけれども、初めに行ったところは道路がなくて認定しようとしていますけれども、あとのやつは開発でもって、道路ができているのを見て認定するというそういうふうになりますと、これも以前議論があったところですけれども、例えば開発行為、道路新設の場合、道路認定するときにどれが基本的な道路認定の見方なのか、それだけちょっと教えてください。



◎管理課長(野中芳勝君) 手続の関係についてということでちょっとお答えをさせていただきたいと思います。今回の場合につきましては、開発行為が3路線ございましたけれども、開発行為の関係あるいは私道の受け入れ関係、それと最後ちょっとご指摘ございましたけれども、一つの事例として道路管理者が事業として進める場合、その辺の関係の手続についてちょっとご説明をさせていただきたいと思います。

  最初に、開発行為の場合の関係でございます。開発行為の場合につきましては、開発業者と市で開発をする場合に先駆けまして公共施設の管理等につきまして事前協議を行ってございます。その中で市の管理となる道路となった場合は、その財産が寄贈地、登記されたものにつきまして今回のように道路法の手続をさせていただいているところでございます。

  次に、私道の受け入れの場合の関係でございますけれども、受け入れに関し定めてございます道路用地の寄附事務取り扱い要綱というものがございますけれども、その基準に従いまして受け入れ等可能とした場合につきまして道路用地の市への寄附あるいは登記手続、そういったものが完了し次第認定の手続をさせていただいてございます。

  それと、最後になりますけれども、道路管理者が事業として進める場合の関係でございます。これにつきましては先般の9月議会等々でご指摘いただいた以降、認定要綱につきまして一部ちょっと改正をさせていただいたところでございますけれども、道路法の想定するところでは事業に先立ちまして道路認定につきまして議会の議決をいただき、その後事業に着手するということになろうかと考えております。このため事業に先立ちまして道路法の諸手続をさせていただいた中で、今回のように議会の方にご判断をいただく、議会の議決をいただくという手続を進めさせていただいているところでございます。



◎議長(平原俊雄君) ちょっとお尋ねしますけれども、3番目の東鎌ケ谷で非常に長い道路で、両方とも何もしていない状況の、両方というのは土地がです。その中で道路としての許可を与えていたのですが、前は要するにもうけごとでやるのだから、先に道路をつくって、後々要するに工事がやれるような状況はいけませんよという注意を受けていたのです、役所から。だから私どもはかなり損したのですけれども、昔。今度は要するにあの長い道路で、道路だけつくっておけばやれるのだよと。これは決して悪いことではないと僕は思うのだけれども、どの辺でそういう形に変えられたのか。その辺どうなのですか。



○委員長(石神市太郎君) 答弁を求めます。



◎開発指導課長(田川修君) 今お話しの2777号線でございますけれども、これは開発行為による道路ということで、先ほどお話がありましたように公共施設管理者と開発行為の許可の段階で協議いたしまして、協議が調った上で開発許可されまして、都市計画法に基づき帰属されているものでございます。

  ご質問の道路だけで開発行為が認められるのかどうかということに関しましては、開発行為自体が宅地開発を目的とした行為であるということで、道路だけでの開発行為というのは現在認められておりません。



◎議長(平原俊雄君) 昔からそれを認めれば、もっと鎌ケ谷市はいい道路ができて非常によかったと思うのだけれども、鎌ケ谷市の駅の中の土地もとりあえず地主さんは道路はこしらえるのは許可しますよということで話したけれども、市の指導はだめだったのですよね。地主は提供しますよと言っているにもかかわらず、それがいつそういう形にいいのですよと、さっきの東鎌ケ谷みたいに長い道路でいいですよとなったのかというのを、いつからそうなったのですかと聞いているわけですけれども、あなた方は昔の指導は、私も直接何度も何度も言われたのだけれども、要するにもうけのために道路をこしらえるのはいけないのだよと。もうけのためにこしらえようと思ったのだけれども、断られた、だめと言われた。それはいつごろからそういう形に指導が変わったのか、あるいは開発行為の改定がされたのか、それを聞いているのです。



○委員長(石神市太郎君) 答弁を求めます。



◎開発指導課長(田川修君) 補足で説明いたしますけれども、今回のお話の開発行為につきましては、全体の開発面積が5,917平方メートルほどございまして、区画数としましては35区画ございます。今お話しの、要は建物、開発エリア外、市道19号線の側ですけれども、現況駐車場として使われておりましたけれども、その部分につきましては開発のエリアから外れていまして、現時点ではこの部分については直ちに建物を築造するというそういう無条件でできるという状況ではないわけでございます。



◎都市部長(長田成兒君) 昔はだめだったのが、いつよくなったかということなのですが、今そのいきさつとかちょっとわからないものですから、申しわけないのですが、私調べさせていただいて、それでまた平原議員の方にお話し申し上げたいと思いますが、それでよろしゅうございましょうか。お許し願えればそうしていただきたい。



◎議長(平原俊雄君) ちょっと1点だけ。



○委員長(石神市太郎君) 1点だけ。



◎議長(平原俊雄君) 私は地主が了解するなら、6メーターとかは皆さんが要するに何メーターに、この道路を要するに地主が協力するよと。今現在は何もやらないけれども、協力するよという者にはできるだけ道路をこしらえさせて、後から市も買うとか何とかの必要もないわけですから、協力できるものは協力して、では2年あるいは3年、1年何もしてはいけませんよとかその制約はいいけれども、地主が協力するものについては道路をこしらえさせるという方向で今後検討してもらいたい。答え要らない。そういう形でもう一回検討してみてください、中で。



○委員長(石神市太郎君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければ質疑はこれにて終結いたします。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) なければ直ちに採決いたします。

  お諮りいたします。議案第11号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) ご異議なしと認め、議案第11号 鎌ケ谷市市道路線の認定については原案のとおり可決することに決しました。

  以上で付託事件の審査は終了いたしました。

  お諮りいたします。本委員会の審査経過と結果の本会議への報告については、委員長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○委員長(石神市太郎君) ご異議なしと認め、そのように決しました。

  以上で本委員会を散会いたします。ご苦労さまでした。

          散会 午後 3時00分