議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鎌ケ谷市

平成15年  3月 定例会(第1回) 02月27日−議案質疑−05号




平成15年  3月 定例会(第1回) − 02月27日−議案質疑−05号







平成15年  3月 定例会(第1回)




            平成15年鎌ケ谷市議会3月定例会

    議 事 日 程 (第5号)                  平成15年2月27日
                                   午前10時開議   
日程第1 議案第 1号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について   
     議案第 2号 鎌ケ谷市手数料条例の一部を改正する条例の制定について      
     議案第 3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定につい
            て                               
     議案第 4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定について 
     議案第 5号 鎌ケ谷市遺児手当支給条例の一部を改正する条例の制定について   
     議案第 6号 鎌ケ谷市母子家庭援護支度金条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第 7号 鎌ケ谷市敬老祝金支給条例の制定について             
     議案第 8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について     
     議案第 9号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)         
     議案第10号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)   
     議案第11号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)  
     議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算                
     議案第13号 平成15年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算          
     議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算         
     議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算            
     議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算            
日程第2 休会について                                 
                                             
〇本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり
                                            
〇出席議員(26名)
    1番   柴  田  光  泰  君     2番   勝  又     勝  君
    3番   土  屋  裕  彦  君     4番   川  上  智  且  君
    5番   石  神  市 太 郎  君     6番   岡  田  啓  介  君
    7番   小  泉     巖  君     8番   三  橋  一  郎  君
    9番   板  津  邦  彦  君    10番   駒  崎  年  子  君
   12番   塩  島  て る こ  君    13番   岸     三 重 子  君
   14番   野  村  誠  剛  君    15番   池 ヶ 谷  富 士 夫  君
   16番   勝  呂  幸  一  君    17番   皆  川  武  志  君
   18番   大  野  幸  一  君    19番   石  井  一  美  君
   20番   月  野  隆  明  君    21番   鈴  木  道  雄  君
   22番   松  澤  一  男  君    23番   津 久 井  清  氏  君
   24番   篠  崎  史  範  君    25番   塩  澤  敏  行  君
   26番   平  原  俊  雄  君    27番   下  谷  喜  作  君

欠席議員(なし)
                                            
〇説明のための出席者
     市         長   清  水  聖  士  君
     収    入    役   杉  山     巖  君
     市  長  公  室  長   渋  谷  定  重  君
     総   務  部   長   石  井     昇  君
     総  務  部  参  事   片  山  正  隆  君
     総  務  部  次  長                
                                
     (  総  務  課  長                
                   中  台     茂  君
     ・選 挙 管 理 委 員 会                
                                
     事  務  局  長  )                
     市   民  部   長   久  野  義  春  君
     保 健 福 祉 部 長   飛  田  真 佐 人  君
     土   木  部   長   飯  塚  順  一  君
     都   市  部   長   長  田  成  兒  君
     財   政  課   長   北  村  眞  一  君
     保 険 年 金 課 長   窪  田  耕  造  君
     社 会 福 祉 課 長   大  野     要  君
     児 童 家 庭 課 長   大  竹  守  夫  君
     高 齢 者 福 祉 課 長   山  川     進  君
     高 齢 者 保 険 室 長   井  上  末  洋  君
     下 水 道 管 理 課 長   吉  田  政  一  君
     下 水 道 建 設 課 長   稲  生  哲  彌  君
     街   路  課   長   長  倉  厚  夫  君
     消    防    長   大  高  勇  治  君
     教 育 委 員 会 委 員長   寺  島  正  方  君
     教 育 委 員 会 教 育長   井  上  和  夫  君
     生 涯 学 習 部 長   川  尻  秋  重  君
     選 挙 管理委員会委員長   持  田  辰  彦  君
     代 表 監 査 委 員   松  丸  幹  雄  君
     監 査 委 員 事 務 局長   河  内  久  昌  君
     農 業 委 員 会 会 長   大  野  照  光  君
     農 業 委 員 会事務局長   勝  見     武  君
                                            
〇議会事務局職員出席者
     事   務  局   長   皆  川  準  一   
     事  務  局  次  長   小  池     仁   
     議 事 調 査 係 長   國  枝     仁   
     同    主    査   鈴  木  茂  夫   




          午前10時00分  開 議



○議長(松澤一男君) 皆様、引き続きご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は25名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                                            



△議事日程について



○議長(松澤一男君) 本日の議事日程はお手元に配付してあるとおりであります。

                                            



△(議案第1号〜議案第16号)の質疑



○議長(松澤一男君) 日程第1、議案第1号から議案第16号までの以上16件を議題とし、質疑に入ります。

 順次発言を許します。

 まず、20番、月野隆明君に発言を許します。



◆20番(月野隆明君) はい、議長。

          〔14番 野村誠剛君着席〕



○議長(松澤一男君) 20番、月野隆明君。 

          〔20番 月野隆明君登壇〕(拍手)



◆20番(月野隆明君) 議席20番、月野隆明。新政21を代表いたしまして、議案に対する質疑をさせていただきます。

 このたび平成15年度の予算書を手にいたしましてまず感じましたことは、内容ではなく記載の仕方が事業別、性質別に表示されているようになったことが、大変見やすくなったことでございます。また議案説明の際、配付された説明資料もポイントをしっかりとらえ、わかりやすかったことなど改善が見られましたことは、まことに結構なことでございます。これは、連綿と続いた役所の旧態依然の体質に風穴をあけ、脱皮の始まりかあるいは情報を平易につぶさに伝えようとする市政のあらわれか。いずれにいたしましても、これらの双方が役所のあらゆる分野で積極的に進められますならば、市民を含めてだれもが理解しやすく、いたずらに説明に多言を要せず、行政のスピード化が図れるのではないかと、大きな期待と夢を抱かせた一件でございました。

 さて、議案第1号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、2点ほどお伺いいたします。1点目、議案説明によりますと、国民健康保険の財政基盤の安定を図るために、保険料率などの改正を行うものであるとのことでございますが、この改定によって、財政基盤がどのように安定することになるのか、お聞かせください。

 2点目といたしまして、平成14年8月2日公布の国民健康保険法の一部改正に伴い、市町村の保険者支援制度の創設により、国、県はどの程度の負担をしてくれるのか、お聞かせください。

 議案第2号につきましては、割愛させていただきます。

 議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定について、2点ほどお伺いいたします。質問1、説明では、介護保険制度等との整合性及び近隣市の支給状況にかんがみ、当該手当ての支給を廃止するとのことでございますが、介護保険制度が施行されたのは、平成12年4月からであります。整合性を図るのであれば、すぐ着手すべきであって、3年も経過してからの支給廃止となった理由をお聞かせください。着手すべき時期に着手しなかった結果、この3年間に支給を受けた人と、支給を受けられなくなった人との間に大きな不公平を来すことになります。質問2、もう一点は、介護保険制度以外に整合性を図るべきものがほかにもあるのか、お聞かせください。

 次に、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定について。第3条では、放課後児童指導員を置くことと役割が記載されておりますが、公設公営で行う当該指導員の資格、身分、報酬あるいは選任方法等がうたわれておりません。規則で定められることとは思いますが、おおむねどのようになるのか、ご説明ください。

 議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、お伺いいたします。1点目、在宅介護サービスにおける特例給付の拡充を図るに至った介護保険事業計画の主な見直し点をお聞かせください。

 次は、当初予算関係についてお伺いをいたします。まず、議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算。詳細については、予算委員会で説明されるでしょうから、私からは大きく4点ほどお伺いいたします。1点目といたしまして、平成15年度予算編成に当たっては、市税収入等が落ち込む中、扶助費や特別会計への繰り出しが大きく増加していくという、ある意味では構造的な問題をはらんだ中での予算編成であったと認識しております。このような状況の中で、財政当局は、よもやこの歳入に合わせて、単に歳出要望を削減したということではないと思いますが、それならばどのようなスタンスで予算査定あるいは予算編成に臨まれたのか、お伺いいたします。

 質問2、予算編成に当たっては、単に平成15年度のみならず、当然に今後の財政推計を行いながら、その大枠を決定されたと思いますが、鎌ケ谷市の財政状況は今後どのように推移していくと考えられているのか、お伺いいたします。

 質問3、今回の予算においては、第1次実施計画において予定されていた事業、総額52億円が第2次実施計画に基づく結果として33%削減され、35億円余りの事業費として計上されました。これは、市民サービスの低下につながりかねない、ゆゆしき問題であります。財政再建は、市民サービスを維持するためには、何よりも緊急の課題であります。そのために、現在財政再建プロジェクトで検討はなされており、その概要につきましては、勝又勝議員の一般質問において伺ったところでございます。私の方からは、市長にお尋ねいたします。まず、財政再建に当たっては、さまざまなことが考えられると思いますが、例えば市内公共施設の管理運営についての民間活力、言いかえれば民間委託等の考えや、また人件費の大胆な削減なども当然のこととしてお考えのことと思います。そこで、お伺いいたしますが、現在市長として考えておられる改革案がございましたら、それをお示しいただきたいと思います。そして、その改革にすぐにでも取りかかる覚悟、決意があるかどうか、それをお伺いいたします。

 質問4、平成15年度予算においては、沼南・白井・鎌ケ谷環境衛生組合負担金として、総額19億3,536万7,000円が計上されております。負担金は年々大きく増加してきており、さらに増加する傾向にあると聞いております。市当局からこの負担金に対する説明は、断片的にしかなされておらず、詳細な説明資料は、甚だ残念なことではございますが、いまだ提出されたことがございません。そこで、お伺いいたします。担当部局では、この負担金の妥当性やチェックはどのようになされているのでしょうか、それをお聞かせいただきたいと思います。

 議案第13号 平成15年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算について、2点ほどお伺いいたします。1点目は、一般会計から国民健康保険特別会計への繰出金は6億4,399万6,000円と、14年度予算に比べますと、実に3億1,942万2,000円もの大幅な増加となりました。これは大きな要因として、老人保健拠出金の増加でございます。そこで、お伺いいたします。そもそも介護保険制度が発足した平成12年度以降、老人保健から介護保険への移行がなされ、この老人保健拠出金額は減額になると見込んでおられたのではないでしょうか。それが実際は依然として増加し続けております。担当部局の見解をお伺いいたします。質問2、国民健康保険法の改正により、負担割合などこの4月1日から変更になるものが何点かございます。これらの改正が新年度予算にどのように影響を与えているのか、お伺いをいたします。

 次に、議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算、3点ほどお伺いいたします。その1、公共下水道事業特別会計の事業費だけを見てみますと、平成14年度予算と比較して、3億2,149万5,000円の減と、大きく減少しております。まず、その要因をお聞かせください。質問2、下水道事業は、都市基盤、インフラ整備の上からは、何をおいても進めていかなければならない重要事業の一つであります。しかしながら、今回これだけの事業費予算の減少を見ますと、甚だ不安になるのは、私だけではないと思います。事業担当部署としては、下水道の将来の整備計画はどのように考えているのか、率直にお聞かせください。質問3、当該江戸川左岸下水道事業の浄水場として、三番瀬が予定されておりましたが、環境保全の観点から変更せざるを得ないように聞いております。浄水場予定地は、今後どのようになっておりますか。今のところどのようになっておりますか、お聞かせいただきたいと思います。

 議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算。質問として、老人保健特別会計は、その歳入が直接保険料ということで被保険者から徴収しないことから、見過ごされがちでございますが、その決算規模を見てみますと、平成4年で23億円弱であったものが急激に増加し、平成13年度では50億円余りに達し、さらに今回の予算では55億6,400万円余りにもなっております。そこで、お伺いいたしますが、担当部局では、今後この会計の推移をどのように見ておられるのか。そして、その増加が国民健康保険料など間接的に市民に与える影響をどのように見込んでおられるのかをお伺いいたします。

 議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算、2点ほどお伺いいたします。1点目、一般会計からの繰出金は、国民健康保険特別会計のみが注目されがちでございますが、15年度予算においては、介護保険特別会計においても、平成12年度の予算においては2億7,567万5,000円であったものが、3年後の15年度予算では3億6,000万円と、大きく増加しております。その要因とこれからの推移の見込み、さらにこの繰出金はすべて法定繰出金なのかをお伺いいたします。質問2、今回の鎌ケ谷市介護保険条例の一部改正により、新たな上乗せ制度が設けられました。このことは、市民福祉の観点からは非常に喜ばしいことであると考えております。ただ、14年度予算では、1,000円の予算計上であった財政調整基金からの繰入金が、15年度では2,717万1,000円と、大きく増加しております。そこで、お伺いいたします。今後の3年間は、財政調整基金を取り崩しながら介護保険会計を運営していったといたしまして、その後の介護保険の財政状況を見据えての今回の改正だったのでしょうか。そういうことはないとは信じておりますが、これらの措置が将来的に介護保険の増額ということで、市民の皆さんにはね返ってくることを危惧するものでございます。

 以上、私の1回目の質問といたします。終わります。(拍手)



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 月野議員の議案第1号に関する2点のご質疑にお答え申し上げます。月野議員からは、通告の際、答弁はできるだけ詳しくというお話がございましたので、これに従って申し上げたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 まず、第1点目の国民健康保険の財政基盤の安定ということに関してでございますけれども、国民健康保険の歳出の主なものは、被保険者に対する保険給付費、これは例えば療養給付費で申し上げれば、本人3割、残りの7割が保険者である市町村と、それから老人保健拠出金、それと介護保険への納付金と、この三つの項目で予算総額の98%を占めるに至っておるところでございます。その財源内訳を申し上げますと、先ほど申し上げました3項目に対する国の定率4割の負担金及び財政調整に関する補助金、また社会保険診療報酬支払基金からは、退職者医療に係る交付金、それに一般会計からの法定繰入金等で予算総額の5割をまかなっておりまして、その残りの5割につきましては、被保険者からいただきます保険料などで賄うことになるわけでございます。例年、予算編成の段階では、県から送付される予算の算出資料、それとか保険給付費の実績の推移、また現状の動向などを勘案して歳出の予算を見積もっているわけでございますが、その結果、15年度の歳出予算につきましては、総額で72億円ということになったわけでございます。これに対しまして、収入は国庫支出金、それから支払基金からの交付金、その他の収入及び保険料の収納見込額などでございまして、これらを積み上げました結果、約67億円となりまして、結果として5億円を超える不足が生じたということになるわけでございます。これは、年々増大する医療費や老人保健拠出金などに対しまして、保険料の伸び率が追いつかないためでございまして、本来であれば、料率改定により不足財源のすべてを保険料によって補てんすべきところでございますけれども、景気の低迷や2年連続の改定という面を重々考慮いたしまして、極力改定幅を抑制いたし、その分一般会計に迷惑をかけているわけでございますけれども、一般会計からの繰入金をもって対処することにいたしたわけでございます。

 ご質疑の財政基盤の安定についてでございますけれども、本来国保会計の歳出は、すべて被保険者が利用した医療費の支払いに充てるべきものでございます。その仕組みを申し上げますと、被保険者が利用した医療費の保険者負担分について、まず国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金などの機関が、医療機関等の請求により一たん立てかえ払いを行うわけでございます。その立てかえた分について、市町村であります保険者に後日請求が来るという方式をとっておるわけでございます。したがいまして、保険者の財政状況にかかわらず、被保険者の利用した医療費はすべて保険者の債務ということになってくるわけでございます。この債務を履行するためには、それに見合う歳入予算を組まなければ、国保会計自体が成り立たないということになりますので、そういう意味で今回歳入の確保を図り、できるだけ安定した国保運営を行うために料率の改定が必要になったということでございますので、ご理解賜りたいと思います。

 ご質疑の2点目、国民健康保険法の一部改正に伴う保険者支援制度の関係でございますけれども、この保険者支援制度につきましては、保険基盤安定制度の拡充を図るために創設された制度でございまして、平成15年から17年度までの3年間の特例措置ということになっております。現行では、一般被保険者の低所得者に対する軽減相当額、これは6割軽減、4割軽減とございますけれども、これを一般会計から国保会計へ繰り入れることが法律で決められております。財源の仕組みといたしましては、繰入金総額の2分の1が国、4分の1が県、それらが一般会計に交付されまして、市負担分の残りの4分の1を加えた総額を保険基盤安定繰入金として国保会計に繰り入れられると、こういうことになっております。今回の改正は、現行分とは別に、国が各保険者の低所得者の数に応じまして、国民健康保険の財政状況その他の事情を勘案して、政令で定めるところにより算定した額の一定割合を一般会計を経由いたしまして、国保会計に繰り入れるということになるわけでございます。したがいまして、平成15年度から3年間にあっては、先ほどご説明いたしました現行分と、今度の改正に伴う新規分の合計額が基盤安定繰入金の総額ということになるわけでございます。ただ、その算定方法につきましては、現時点におきましてはまだ決定されておりませんので、今後国から示される算定方式により一定の割合の額が決定し次第、年度途中で補正予算措置を行うことを考えておるところでございます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 私の方からは、議案第3号、4号、8号についてのご質疑にお答えしたいと思います。

 まず初めに、議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねの第1点目、介護保険制度が施行されてから間もなく3年を経過してから整合性を図るのかというようなことでございますが、介護保険制度の発足当初の課題ということがかなりあったわけでございますが、どちらかといいますと、走りながら修正を加えていくということが、この介護保険制度の発足の当初の状況でございました。私どもといたしましては、この介護保険制度の定着を見きわめてから実施したいということでございまして、また手当ての廃止の時期を可能な限り引き延ばしてきたものでございます。

 お尋ねの第2点目、介護保険制度以外に整合性を図るべきものがあるのかというお尋ねでございますが、これにつきましては二つございます。一つは、知的障害者で高齢の方に対する市の手当てはありませんので、この均衡を図る点から廃止するものでございます。二つ目といたしましては、県内32市の中で30市が実施していない状況等にかんがみ今回見直しをさせていただき、廃止しようとするものでございます。

 次に、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、公設公営で行う場合の指導員に関してでございますが、まず指導員の資格でございますが、国の通知によりますと、保育士等の資格を有している者が望ましいということでされておりますが、必ずしも必要とするものではないというふうに理解しております。したがいまして、本市の場合は、広く人材を求めるため、資格がない方であっても、指導員としての適性のある方は対象としていきたいというふうに考えております。

 次に、指導員の身分でございますが、1週間の勤務時間が30時間以内であることから、非常勤職員として任用してまいりたいというふうに考えております。次に、報酬についてお話を申し上げますと、金額については時給1,010円となっておりまして、これを予定しております。選任方法につきましては、選考によることといたしまして、履歴書及び面接により採用してまいりたいというふうに考えております。

 次に、議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、特別給付の拡充を図るに至った事業計画の見直し点の件でございますが、痴呆性高齢者対策の観点から、市が独自に訪問介護に限定して利用できる金額を上乗せするものでございます。この4月から、痴呆性高齢者など長時間見守りが必要な方のいわゆる見守りサービスが介護保険の生活援助サービス行為として、法定給付化されることになっております。当該サービスの利用促進を図る観点から、支給限度額を超えてサービスを利用する要素の高い要介護1及び要介護2の状態の方に限定して一定の利用料金を上乗せする、いわゆる上乗せサービスを実施し在宅サービスの充実を図っているものでございまして、さらに介護保険料の改定、これらが主な見直し点でございます。



◎総務部長(石井昇君) 議長。



○議長(松澤一男君) 石井総務部長。

          〔総務部長 石井 昇君登壇〕



◎総務部長(石井昇君) 私からは、議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算に係る4点のご質問のうち、1点目、2点目についてご答弁を申し上げます。

 まず、1点目のご質問であります平成15年度予算編成に当たり、どのようなスタンスで予算査定あるいは予算編成に臨まれてきたのかとご質問でございますけれども、経済情勢に一向に明るさが見えず、雇用情勢も一段と悪化し、多くの市民が厳しい状況下に置かれております。このようなとき、市行政は何よりも市民の暮らしを守り、将来への不安を少しでも解消するための努力を注ぐべきであり、そのためには予算をどのような分野にいかに配分していくかが重要となります。歳入の減少が避けられない中にあって、変化し、多様化する市民要望にこたえていくためには、既存の事務事業をこれまでと同様の形態や規模で継続していくことは物理的に不可能であり、どうしても施策的に優先順位をつけて取捨選択をせざるを得ないものと考えておるところでございます。その際の基準となるのは、市民の視点から見て、そのサービスが本当に必要なものであるか否かということになろうかと考えております。こうした観点から、予算編成において重要なことは、今市民が何を求め、市は何をすべきかをしっかりと見定め、限られた財源を本当に必要とされる事業により多く配分し、市民ニーズに合致した重点的、効率的な予算編成を行うことであると言えます。このようなことから、平成15年度予算編成に当たりましては、こうしたスタンスのもとに既存の事務事業をすべて見直しを行うとともに、内部管理経費のさらなる節減を図るなど、市みずからが一層の内部努力を行い、これらにより生み出した財源を市民が本当に必要とする事業に振り向けたところであり、5%、10%という一律削減の目標も、単なる帳じり合わせのために設定したものではなく、すべて市民本位の施策展開を推進するための原資をつくり出すことを目的とした予算の編成に努めてまいったところでございます。

 次に、質問の2点目でございますけれども、本市の財政状況は今後どのように推移していくと考えているのかとのご質問にご答弁申し上げます。本市の歳入の根幹をなす市税は、決算ベースで見ますと、平成9年度の134億円をピークに年々減少し続けておりますが、これまでにも述べさせていただきましたように、これは景気の低迷という要因に加えて、少子高齢化社会の進展に伴う就労可能人口の減少あるいはまた、終身雇用制の見直しによる雇用の流動化など、社会経済構造の変化の影響も少なからずあるものと考えておるところでございます。現在国内経済は、明かりが見えてこない長いトンネルの中にいるといった、いまだかつてない経験したことのない厳しい状況にあり、政府はデフレ克服に全力を注ぐとしていますが、今後早い段階で景気が回復基調につながるかどうかは、極めて不透明な状態にあると言えます。また、景気が回復したとしても、バブルのような劇的な回復は考えられず、低成長の中での回復となると想定され、税収の大幅な伸びに結びつくことは考えにくいと思われます。

 このような経済環境の中で、本市が財政見通しにつきましては、市税や地方交付税を初めとする一般財源が減少する一方で、歳出面では、扶助費や繰出金などが増加するという構図が今後もしばらくは継続すると考えられております。したがいまして、このまま何らの方策も講じなければ、財源不足がさらに深刻化し、市政運営に重大な影響が及ぶ時代になりかねないと認識をしておるところでございます。平成15年度予算編成に当たり、財政推計をも行ってまいりました。その収入が確定していない中での粗い推計にならざるを得ませんが、平成16年度、平成17年度と、年度を得るにつれて投資的事業に充当できる財源は減少し、今後何ら改善の手を打たないと、ここ四、五年のうちにも、投資的事業に投入できる一般財源は枯渇することが予想されます。このため、今後市民の切実な要求にこたえ、市民の暮らしを守り、支援するとともに、市民生活に密着した課題に適切に対応していくことができるよう、事務事業の見直しをさらに徹底し、進め、歳入に見合った歳出構造を構築すべく努めてまいりたいと考えておるところでございます。

 また、昨日篠崎議員の一般質問の中にも触れておりましたとおり、月野議員の一般質問の中で述べられておりました、改革の声は高らかなれど遅々として進まず、また改革の必要性は認めながら、具体的になるとその方向性が示されずと、厳しいご指摘をいただいておりますが、財政当局としても、その意を強く受けとめ、今後さらに努力を重ねてまいりたいと、かように考えておるところでございます。よろしくお願い申し上げます。



◎市長(清水聖士君) 議長。



○議長(松澤一男君) 清水市長。

          〔市長 清水聖士君登壇〕



◎市長(清水聖士君) 私からは、平成15年度一般会計予算の質問3、財政再建に向けた取り組みについてのお尋ねに対し、お答えします。

 具体的な取り組み方として、二つの点から取り組んでまいります。まず1点目、これは歳出削減に向けた取り組みでございます。具体的には1、内部管理経費の削減、2、投資的経費の削減、3、その他経常経費の削減でございます。具体的には、退職職員を当面補充しないこと、給与の削減、そういった面を通じた人件費の削減でございます。続いて、随意契約を競争入札にするなど、また電子入札を導入するなど、また民間の活力による公共施設の管理運営委託等々による物件費の削減でございます。続きまして、補助金のあり方を全面的に見直すなど経常経費の削減に取り組んでいきたいものだと考えております。

 続きまして、2点目の歳入の確保に向けた取り組みですが、それについては1、市税収入の確保、2、受益者負担の適正化を基本にして考えております。具体的には、収納率の向上に向けたコンピュータを活用した滞納管理システムを導入して滞納者の情報を一元管理し、あわせて国税庁OBの職員を活用して組織の強化を図り、効率的で適正な滞納整理事務を遂行してまいります。次に、各種公共施設の利用者や手数料事務については、その料金の改定ということで市民の皆様にもご協力していただかざるを得ないと考えております。今申し上げたようなことを含めまして、またさらに別な具体的な方策も考えてまいりたいと思っております。

 私に財政再建の覚悟、決意があるのかというお尋ねでございますが、私は断固として財政再建に取り組んでまいる覚悟であり、その決意については何の揺らぎもないということを申し上げておきます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 私からは、議案第12号の4点目のご質疑と、議案第13号に関しましてお答え申し上げたいと思います。

 まず、議案第12号のうち、沼南・白井・鎌ケ谷環境衛生組合の負担金に関しましてでございます。環境衛生組合の予算編成の流れといたしましては、まず環境衛生組合での予算編成方針が作成されるわけでございますが、これとあわせまして、本市の予算編成方針も環境衛生組合に提示するわけでございます。これらの予算編成方針に基づきまして、環境衛生組合事務局において予算書、見積書案が作成されます。その予算見積書案を組合事務局では事前協議といたしまして、衛生組合の所管課であります環境保全課と、それから予算の所管課であります財政課に対しまして説明を行いまして、本市といたしましても、予算編成方針に照らしてその内容の調整を行ってきたところでございます。しかし、どうしても組合事業としての性格から、詳細な項目に至る監視やチェックということになりますと、必ずしも十分とは言えない状況があるわけでございます。したがいまして、今後はこのたびの月野議員のご質疑を一つの契機といたしまして、組合予算の編成につきましては、客観的な比較資料の収集などにより、その妥当性や正当性の検証とともに、できる限りのチェックに努めてまいりたいと、このように考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。

 次に、議案第13号の2点のご質疑にお答え申し上げます。まず、第1点目の老人保健拠出金の関係でございます。この老人保健拠出金は、老人保健制度の財源として、各保険者が負担することが義務づけられておるわけでございまして、その拠出先であります社会保険診療報酬支払基金、ここが算定した額を毎年4月以降の請求により支払うことになるわけでございます。老人保健拠出金の内訳でございますけれども、まず一つといたしまして、当該年度の老人医療費を国が予測して計算した保険者が負担すべき額の見込額、これを概算医療費拠出金と申しておりますけれども、これがまず一つ。それと二つ目に、概算医療費拠出金として2年前に算定されたこの拠出金の当該年度に確定した額との差額、これを清算額と申しておりますけれども、それから三つ目といたしましては、老人医療の診査支払い等に係る事務費拠出金、この3項目の合計額が拠出金の総額になるわけでございます。

 お尋ねの介護保険制度導入による老人保健から介護保険への移行の問題でございますけれども、本市への影響といたしましては、平成14年度において清算額が過去最大の4億5,000万円という額に上ったことでございます。これは、平成12年度の概算13億1,000万円に対して、介護への移行が進むであろうという国の考えが、その見込み違いによりまして、結果として本市の負担額が17億6,000万円と決定されたことによるものでございます。平成15年度当初予算におきましては、まだ見込みの段階ではございますけれども、老人保健拠出金20億2,500万円のうち、3億円が清算額となっておりますので、平成13年度分の負担額は、平成13年度、2年前の分を15年度に支払うわけでございますけれども、この負担額は概算額の15億5,000万円から18億5,000万円に決定される見通しとなっておるところでございます。この予算見込額を見ましても、必ずしも老人保健から介護保険への移行が順調に進んでいるとは言えないというふうに考えておるところでございます。

 また、国の施策による保険者への負担軽減対策につきましては、平成10年10月の法の改正によりまして、一つは老人医療の一部負担金の見直し、二つ目に老人保健拠出金の保険者負担が平成18年から5年間の間で、現行の7割から5割に軽減しようという見直し、三つ目に、退職者医療制度からの交付金が現行の2分の1から2分の2、全額ということなどの措置が講じられておるわけでございます。しかし、国が発表いたしました平成15年度老人医療費の関係の予算の総額は、今回の制度改正を織り込んだ上で、対前年度1.1%増の11兆6,000億円というふうに見込まれておりまして、平成15年度当初予算における老人保健拠出金に対する軽減効果は、具体的にはあらわれていないのではないかと考えておるのが現状でございます。したがいまして、今後の改革項目として国が示しております保険者の統合、再編、それから新しい高齢者医療制度の創設、そして診療報酬体系の見直し、これらの早期実現がこれからの国保財政運営の動向を左右するのではなかろうかというふうに考えておるところでございます。

 次に、2点目の法改正によって新年度予算にどのような影響があるかということでございます。4月1日から変更となるものにつきましては、退職被保険者の一部負担金が2割から一律3割というふうに変わるもので、これは社会保険や共済保険などの被用者保険においても同様の改正がなされ、国民全体が医療保険制度の上で公平に負担していこうという負担の公平性というものを目的にしたものでございます。新年度予算への影響につきましては、退職被保険者の加入状況や保険給付費の実績、また現状の動向などを勘案して推計いたしましたところ、若干の減少は見込めるものの、平成14年度当初予算とほぼ同程度の見込額となるであろうというふうに考えておるところでございます。また、新しい制度といたしまして、平成15年度から17年度までの先ほど申し上げましたけれども、保険者支援制度の創設というものがございますが、国の算定方法が決定しておりませんので、影響額については現時点では定かではないということでございますので、ご理解いただきたいと思います。

 大変失礼いたしました。先ほど新制度が平成10年10月と申しましたけれども、平成14年10月の法改正ということでご訂正いただきたいと思います。失礼いたしました。



◎土木部長(飯塚順一君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。

          〔土木部長 飯塚順一君登壇〕



◎土木部長(飯塚順一君) 私からは、議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計につきまして、3点のご質疑をいただきましたので、順次ご回答をさせていただきます。

 まず初めに、2款事業費の減少の要因についてお答え申し上げます。平成15年度予算の2款事業費といたしましては、5億7,957万2,000円を計上させていただき、平成14年度予算、2款事業費の9億106万7,000円と比較いたしまして3億2,149万5,000円、率にして35.7%の減となっております。その減の主な要因といたしましては、2点ございます。まず1点目は、新鎌ケ谷地区の都市基盤整備公団の委託事業が減少したことによります。具体的に申し上げますと、新鎌ケ谷地区内の鎌ケ谷西6号幹線促進事業が平成13年度繰越事業にて完了したこと、並びに同地区内の新市街地事業の進捗に伴い、全体事業費における残事業費を調整した結果、委託予定事業費が大幅に減少したことによります。

 2点目といたしましては、平成14年度に都市計画道路3・4・5号線の道路整備に先立ち、幹線であります鎌ケ谷西7号幹線整備を先行して行いましたけれども、平成15年度は枝線整備が主となるため、事業費が減となっております。この2点の要因が重なり、事業費で3億708万1,000円の減と、その他人件費等で1,441万4,000円の減となっておりますので、平成14年度予算と比較いたしまして、計3億2,149万5,000円の減となっております。このような特殊要因を除けば、面整備面積といたしましては、平成14年度当初予算整備量及び実施計画整備量は、面整備面積としては確保させていただいているところでございます。

 次に2点目、下水道の将来整備計画についてお答えを申し上げます。ご指摘のとおり、下水道事業は生活基盤整備の重要な柱でございます。下水道事業に携わる私どもといたしましても、一生懸命仕事に傾注し、下水道の普及に努めているところでございます。計画の観点から申し上げますと、鎌ケ谷市の総合基本計画であるかまがやレインボープランの平成22年度までの前期基本計画では、市街化区域のおおよそ6割に当たる地域の下水道整備を目標に掲げ、事業を展開しようとしてございます。さらに実施に際しましては、5年間の実施計画を策定し、2年ごとにローリングをかけ、事業の進捗を図っているところでございます。ご承知のとおり、下水道整備には莫大な費用を要します。受益者負担金等だけでは、下水道整備に必要な費用を賄い切ることはできません。このため、下水道会計の一部を一般会計からの繰入金に依拠している現実がございます。このため、他の公共事業との調整を図りながら事業を実施せざるを得ない状況でございます。確かにご指摘のとおり、平成15年度予算の事業費は減少しておりますが、1点目のご質問でお答えしましたとおり、現在のところ実施計画で掲げた面整備の事業量は確保できる予算となっておりますので、ご理解をいただきたいと思います。しかしながら、下水道事業を取り巻く財政状況は、一般会計同様、今後も厳しさが増すことが予想されます。今後歳入面では、水洗化の普及を図りながら、受益者負担金、下水道使用料等の自主財源の確保に努め、一方歳出面では、一層のコスト縮減に努めながら、基本計画で掲げた目標の達成に向け努力してまいりたいと考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 続きまして3点目、江戸川左岸流域下水道の処理場についてお答え申し上げます。現在鎌ケ谷市は、江戸川左岸流域下水道の供用をしておりませんけれども、将来鎌ケ谷市も供用を開始した際に利用することとなる江戸川左岸流域下水道の終末処理場は、市川市福栄にある江戸川第二終末処理場にて汚水処理をする計画でございます。千葉県では、流域内の供用開始区域が拡大することによりまして、第二終末処理場では能力不足になるため、江戸川第一終末処理場の設置場所について、三番瀬を含めていろいろ検討してまいりましたが、現在は都市計画決定しております市川市の本行徳の石垣場、東浜の48ヘクタールを対象に検討を行ってございます。当該地の地権者に対して、下水道終末処理場の計画建設につきまして県はアンケート調査を行ったところ、最終的に回答者のおおむね8割が協力的な回答であったこと、また当該地に処理場を設置することについて、あらかじめ地元市である市川市に意見を聞いたところ、基本的に協力する旨の回答があったことなどを含めまして、県といたしましては、本地区に処理場を設置することとしたというふうに伺ってございます。今後市川市とともに、地権者や周辺住民の方々など多くの関係者と話し合いながら、処理場を含めた48ヘクタール全域を対象に、具体的な整備のあり方などを検討していくとのことでございます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 私からは、議案第15号、16号についてのご質疑にお答えいたします。

 議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算のご質疑にお答えいたします。お尋ねは、老人保健特別会計の今後の推移と、国民健康保険料などとの関係でございますが、昨年10月に、増加する老人医療費の適正化を図る観点から、老人保健法の一部が改正されまして、患者負担の見直しや老人医療の対象年齢及び公費の負担割合が引き上げられております。まず、患者負担が原則1割、一定以上の低所得者については2割となったことにより、ある程度の受診抑制効果が出てきているものと思われます。また、老人医療の対象年齢が引き上げられたことによりまして、老人医療の受給者数は今後減少傾向に入るものと想定しております。反面、公費の負担割合が5年をかけて20%引き上げることになっておりますので、市の負担割合も昨年9月末までの5%から、5年後には約8.3%まで上昇することになります。また、介護保険の導入に伴い、全体の老人医療費は抑制傾向にあることや、先ほど申し上げました諸要因を勘案いたしますと、16年度以降、3カ年は各年度1%前後の伸びにおさまるものと推計いたしております。

 次に、国民健康保険料等への影響でございますが、全体の老人医療費が増加すれば、老人保健拠出金も増加することになっておりまして、国庫財政に影響を与えますが、昨年10月の医療制度改革によりまして、老人医療に係る支払基金の負担割合が5年をかけて20%引き下げられることから、老人保健拠出金の拠出率も下がる見込みにあります。

 次に、議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算のご質疑にお答えいたします。まず、お尋ねの第1点目の一般会計からの繰出金についてお答えいたします。平成15年度予算の繰出金3億6,000万円の内訳は、保険給付費の3億300万円、介護保険事務費の約5,700万円に充当することとなっております。平成12年度予算では、繰出金2億7,500万円のうち、保険給付費が2億3,600万円、介護保険事務費が3,900万円となっております。繰出金の増加額は8,500万円のうち、保険給付費が6,700万円増で約8割を占めております。法定の繰り出しについては、特別給付等を除く標準保険給付費のみが対象となり、一般会計の繰り出しは標準保険給付費の12.5%と決められております。先ほどご指摘ございましたように、法定の繰出金ということでございます。今後の見込みにつきましては、保険給付費の伸びにより、繰出金が毎年3,000万円程度増加することと見込んでおります。

 次に、最後になりますが、第2点目、次期介護保険料の設定に当たって、将来を見据えたのかというふうなお尋ねでございますが、介護保険事業の収支状況は1年目、2年目とも黒字となりまして、この2年間で約1億9,000万円の保険料剰余金を介護保険財政調整基金に積み立てております。今回の保険料改定では、保険料の上昇を抑えるため、平成15年度から17年度までの3カ年間に、積立額の7割に相当する1億3,500万円の取り崩しを予定いたしております。これは、平成18年度の保険料改定も視野に入れ、基金取り崩し後の残高が平成15年度における保険給付費の約1カ月分に対応できる金額となっております。また、次期介護保険料の設定に当たりましては、中期事業運営期間での収支の均衡を保つことに努めておりますことから、第2期介護保険事業運営期間においては、安定した財政運営が確保できるものと考えております。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆20番(月野隆明君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 20番、月野隆明君。



◆20番(月野隆明君) 重要な問題が何点かあるわけで、議論を深めたいところではございますけれども、我が市議会は委員会制度を採用いたしておりますから、委員会にゆだねるといたしまして、2点ほどお伺いしたいと思います。その前に、この財政再建に断固として取り組むと市長の答弁がございましたけれども、ぜひともその心意気を持って積極的かつ具体的に取り組んでいっていただくようお願いを申し上げます。

 先ほど答弁ありました中で、2点ほど再質問をさせていただきたいと思います。議案第12号についてでございますが、平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算のことですが、私は昨年12月議会の一般質問におきまして、15年度の予算編成に当たっては、その工事費関係とかあるいは委託費関係については、すべて15%削減すべきだと申し上げたところでございますけれども、このことについては、どのように今回対応され、そして今回いかほどの削減効果を上げられたのか、このことについてお伺いをいたします。

 続いて、議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算についてお伺いいたしますが、江戸川左岸流域下水道事業建設負担金として、4,033万4,000円が計上されておるわけでございますけれども、一体この江戸川左岸流域に含まれる地域が、この下水道の供用を開始する時期というのは大体いつごろになるのか、見通しをお伺いいたしたいと思います。

 以上、2点よろしくお願いいたします。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎総務部長(石井昇君) 議長。



○議長(松澤一男君) 石井総務部長。



◎総務部長(石井昇君) 月野議員の再質疑にお答え申し上げます。

 再質疑の内容につきましては、工事請負費及び委託料の削減ということで、私どもも昨年、平成14年12月の定例市議会、月野議員さんの一般質問におきます課題につきましても、今回の予算編成を真摯に受けとめ、査定をしてまいったところでございます。そのような観点から、結果的には予算要求の段階から、各課において大変厳しい精査した結果からの実は要求をいただいておったところでございますので、その結果からは、議員お話のありましたような15%の削減は行っておりませんでしたが、私ども財政部局におきまして、新たな要求から、委託料につきましては原則5%、そして工事請負費につきましては、一部10%を目標に査定を行いました。そのほかにも内容等を精査し、必要な削減を行ってきたところでございます。その効果ということでございますけれども、委託料ベースにつきましては、要求額ベースで1億7,412万円を削減いたしたところでございまして、当初予算ベースでは、民間保育所運営委託料等が増加したことによりまして、残念ながら3,484万5,000円の増となっておるものでございます。

 次に、工事請負費につきましては、要求額ベースで5,187万円を削減したところでございますけれども、工事請負経費のその大半が、実は実施計画にかかわる事業費でございまして、要求額自体が既に大幅に減額しておりますので、当初予算ベースでは7億6,751万8,000円の減となっておるところでございます。



◎土木部長(飯塚順一君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。



◎土木部長(飯塚順一君) 議案第14号の再質疑につきまして、お答え申し上げます。

 初めに、若干流域下水道建設負担金の概要についてご説明をさせていただきます。この負担金は、千葉県が設置いたします終末処理場の建設費、流域下水道幹線の設置費用に充てられるものでございまして、流域下水道を構成する市町村と千葉県で分担し、負担するものでございます。江戸川左岸流域下水道に関しましては、まだ供用開始はしておりませんけれども、流域の構成市として応分の負担をしてございます。この負担金の一部が鎌ケ谷市の汚水を取り込む流域下水道市川幹線の設置費用に充てられるところでございます。

 ご質問の江戸川左岸流域下水道区域の供用開始時期でございますが、現在千葉県では、流域下水道市川幹線工事を実施中でございます。鎌ケ谷市域内につきましては、平成17年度を目途に進めているというふうに伺ってございます。しかしながら、市川幹線の下流部の敷設予定箇所であります市川市の都市計画道路の一部が未買収であることから、完成しておりません。千葉県からは、今後市川市と十分協議して、できるだけ早く着手できるように努めていきたいというふうに聞き及んでおります。このような状況の中で、この市川幹線の整備動向や鎌ケ谷市の財政状況、さらには隣接しております船橋市の公共下水道整備との整合などの調整を図らなければならない問題がございますので、今のところ明確な時期は申し上げられないのが残念でございます。できる限り早くこの公共下水道整備に着手いたしまして、供用開始できるように努力してまいりたいと考えてございます。



○議長(松澤一男君) 以上で20番、月野隆明君の質疑を終結します。

 次に、27番、下谷喜作君に発言を許します。



◆27番(下谷喜作君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 27番、下谷喜作君。

          〔27番 下谷喜作君登壇〕(拍手)



◆27番(下谷喜作君) 議席番号27番、下谷喜作。ただいまよりもくせい会を代表して、議案に対する質疑を行います。

 初めに、議案第1号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について。本案は、国民健康保険の財政基盤の安定を図るため、一部負担の割合を一律3割に改めるとともに、保険料率等を改定しようとするものであります。円滑な国民健康保険の運営基盤の安定を図るため、平成15年度から平成17年度までの特例措置として、保険者支援制度を創出しようとしておりますが、その内容についてお伺いいたします。?についてのみお願いいたします。

 次に、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定について。本案は、既存の学童保育運営方式を、公設公営で市内の小学校ごとに放課後児童クラブを設け、放課後児童健全育成事業を実施しようとするものでありますが、責任執行体制についてお伺いします。また、既存の学童保育運営方式との相違点について、はっきりとした答弁をお願い申し上げます。

 次に、議案第9号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)について。歳入歳出それぞれ1億9,169万2,000円を減額し、補正後の予算総額を253億8,271万円とするものであります。本案の第2表繰越明許費補正について、8款土木費、4項都市計画費、都市計画道路3線で1億6,715万円が繰越明許費補正となっております。その要因についてお伺いいたします。

 次に、議案第11号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について。歳入歳出それぞれ1,901万円を減額し、補正後の予算総額を22億1,425万2,000円とするものであります。本案の第2表、繰越明許費、2款事業費、1項公共下水道事業費3億3,429万6,000円が繰越明許費補正となっております。その要因についてお伺いいたします。

 以上で第1回目の質疑を終わります。(拍手)



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 下谷議員の議案第1号に関する代表質疑にお答え申し上げます。

 ご質疑は、保険者支援制度についてということでございますけれども、この件に関しましては、先ほど月野議員のご質疑にもお答えしたとおりでございますが、要は従来の繰入金、被保険者の低所得者に対する軽減した分の、4割、6割と軽減しておるところでございますけれども、それに対する繰入金が決まっておるわけでございますけれども、今回の改正ではそれにプラスをいたしまして、15年から17年までの3年間、期間限定でございますけれども、それら軽減した被保険者のいわゆる低所得者の数に応じて、国民健康保険の財政事情その他の事情を勘案して、政令で定めるところにより算定した一定の割合を市に対して新たに繰入金を創設するというものでございますので、この内容につきましては、具体的な額とか割合とかにつきましては、まだ政令が定まっておらないというようなことで、私どもの方へ具体的な数字は示されておりませんので、今後それが示され次第、その政令にのっとりまして計算した額をいずれ補正予算等でお願いを申し上げていきたいということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 私からは、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。

 お尋ねは2点ございました。まず、第1点目の責任執行体制についてお答えいたします。本事業は、市の事業として実施することになりますので、市が事業の責任を負うことになります。したがいまして、その人員の確保、勤務時間の調整、賃金の支払い、研修の実施などを市が行うことになります。

 次に、第2点目の相違点についてお答えいたします。さきにお答えいたしました責任執行体制については、従来は各運営委員会がそれぞれ行っていたところでございますが、これが市に移行することになります。そのほか指導員の雇用、人事管理、負担金の徴収、入所児童の管理などが市の業務となるわけでございます。



◎都市部長(長田成兒君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 長田都市部長。

          〔都市部長 長田成兒君登壇〕



◎都市部長(長田成兒君) 議案第9号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)の繰越明許費についてのご質疑にお答え申し上げます。路線ごとにご説明させていただきます。

 まず、都市計画道路3・4・3号線でございます。本路線は補助事業でありますが、当初用地取得を予定していたところ、年度内での取得のめどが立たなくなりましたことから、千葉県と調整の上、事業促進のため歩道整備工事に切りかえたところでございますが、ガス、水道などのそのライフラインの占用工事との調整に不測の時間を要し発注時期がおくれましたために、年度内完了が見込めないことから、繰越明許をお願いするものでございます。

 次に、都市計画道路3・4・4号線でございます。本路線は、用地取得、移転補償の契約はさせていただいたものの、移転完了が年度内に見込めないこと、また工事については、ライフラインの占用工事との調整に不測の時間を要し、年度内完了が見込めなくなったことから、繰越明許をお願いするものであります。

 最後に、都市計画道路3・5・12号線でございます。本路線につきましても、移転完了が年度内に見込めないこと、また排水管工事の関係で、国道464号の掘削占用協議に不測の時間を要しまして、発注がずれ込んだことによりまして、年度内完了が見込めなくなったため、繰越明許費をお願いするものでございます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。



◎土木部長(飯塚順一君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。

          〔土木部長 飯塚順一君登壇〕



◎土木部長(飯塚順一君) 議案第11号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算、第2表の繰越明許費について、その要因のご質疑についてお答えを申し上げます。

 繰越明許費3億3,429万6,000円につきましては、額といたしまして、13節委託料の委託関係が1億2,699万5,000円及び15節の工事請負費の工事関係が2億730万1,000円となっております。まず、委託関係でございますけれども、実施設計委託が2,299万5,000円、新鎌ケ谷地区の公団委託事業が1億400万円の計1億2,699万5,000円となっております。繰り越しの要因でございますけれども、実施設計につきましては、工法及び占用位置等の検討におきまして、水道局と他企業との協議に不測の時間を要しましたため、年度内の完成が見込めないためでございます。また、公団委託につきましては、本委託の上流となります市発注の鎌ケ谷西7号幹線工事と一部競合してございまして、当幹線工事の工事着手に当たりまして、都市基盤整備公団には土地使用承諾を得ておったわけでございますが、公団事業は借地で行われておりますので、その地権者の承諾を得る必要がございました。しかしながら、この地権者からの承諾を得るのに当たりまして、交渉が不測の時間を要しました。そして、工程がおくれましたために、当該委託も年度内に完成が見込めなくなったものでございます。

 次に、工事関係につきましては、鎌ケ谷西7号幹線工事が1億4,283万5,500円、枝線工事が3,304万5,000円、その他として、附帯工事路面復旧で3,142万500円の計2億730万1,000円となっております。まず、鎌ケ谷西7号幹線工事につきましては、先ほどお話ししました区画整理地内の地権者交渉に不測の時間を要したことによります。なお、直接的に工事ができなかったものに加えまして、この鎌ケ谷西7号幹線工事の上流の同幹線工事区間も立て坑を共有しているため、年度内の完成が見込めないものとなったものでございます。枝線工事につきましては、ガス管等工事の支障物件移転に不測の時間を要しまして、年度内の完成が見込めないためのものでございます。その他の附帯工事につきましては、さきにお話ししました鎌ケ谷西7号幹線及び枝線工事が繰り越しとなる見込みのため、それに伴う附帯工事も年度内執行ができないおそれがあるためでございます。また、路面復旧につきましては、くぬぎ山消防署前の国道464号線でございまして、当該工事の施行に関し、道路管理者である千葉県との協議に不測の時間を要したものでございます。なお、今回繰越明許の設定をお願いしているこれらの案件につきましては、附帯工事以外は発注済みでございまして、今年の5月の下旬から6月の下旬には完了する見込みとなっております。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆27番(下谷喜作君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 27番、下谷喜作君。



◆27番(下谷喜作君) 議案第4号について、福祉部長にもう一度答弁お願いします。

 既存の学童保育運営委員会で行っていた学童保育ですが、それとそのままこれは市で運営する方に移管するのだという先ほどご答弁をいただきましたけれども、しかしこれに当たりましては、既存の学童保育運営委員会で、その負担金の額がたしか3段階ということをこの前聞いておりますけれども、そういったことについての、今度は市で運営するには月額8,000円ということでありますが、そのほかに若干3,000円とか4,000円とか納めるそうですけれども、それは今までやってきたとおりに学童保育の方でその処理は、おやつ代として出したりとかするのでしょうけれども、そういったものを出すということになりますと、その3段階でやっていた既存の一番低い額、それからその次の額、その上の額というふうに3段階ですが、その点についてお聞かせ願いたいと思います。それで、支障はないのかどうか。

 もう一つは、指導員の身分が非常勤職員、要するにパート職員というようなことでしょうけれども、これらは一応そういった非常勤職員だから、テストをするとか、そういったことではなく、身分についてはいろいろそういった携わってきた人にやってもらうということですが、やはり船橋市等、新聞紙上かわかりませんけれども、何か募集したらかなりの、非常勤ではありませんから当然でしょうけれども、たくさんの応募があって、古参といっても、もう四、五年で退職するような人で、長年にわたり携わってきた人もそういったテストに落ちてしまったというようなことが新聞に書かれておりました。それで、そういったことについていろいろと物議を醸し出していたということがありましたけれども、それはこの方法でいきますと、そういったことはないのかなというにしても、既存の学童保育の方法から、市の方で行う児童の保育については、やはりできるだけスムーズにいくように段取り、今までは既存の経験のある人がやっておりましたけれども、今度は市の方の組織体制からいくと、当然市が責任を持つわけですけれども、やはりそういったスムーズにいく方法ということはどの程度配慮しているのかをもう一度お答えを願いたいと思います。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 今二つについてのお尋ねでございますが、まず前段の第1点目でございますが、負担金の関係でございます。確かにご指摘いただいておりますように、これは低学年については手のかかり度が高いということで、高い料金を設定されているというふうな実情がございます。例えば1年生は大体1万円ぐらいに設定をされて、そして4年生ぐらいになりますと、7,000円とか6,000円ぐらいに設定をされているというふうなことでございます。しかしながら、今回については、私どもは一律8,000円ということで提示させていただいて、ご説明させていただいております。というのは、低学年については、それだけ支出もかかりますので、一律に軽減してあげるというふうなこともございまして、8,000円ということで提示させていただいております。そういった中で執行したいというふうに考えております。

 それから、後段の職員の関係でございますが、現在学童保育に携わっている指導員の皆様については、ご希望があればすべて採用させていただくというふうなつもりでおります。そして、残りの部分については、足りない部分は当然足りなくなりますので、その分については議決いただきましたら、広報で募集させていただくというふうなことで考えております。



○議長(松澤一男君) 以上で27番、下谷喜作君の質疑を終結します。

 次に、16番、勝呂幸一君に発言を許します。



◆16番(勝呂幸一君) 議長、16番。



○議長(松澤一男君) 16番、勝呂幸一君。

          〔16番 勝呂幸一君登壇〕



◆16番(勝呂幸一君) 平成15年度3月定例議会に当たり、16番、勝呂幸一、公明党を代表いたしまして、議案に対する質疑を行いますので、よろしくご答弁のほどお願い申し上げます。私は3番目の質疑でございますので、若干重複する可能性がありますが、よろしくお願いを申し上げます。

 まず、議案第1号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、お伺いいたします。今回の改正は、法の改正に伴う部分と保険料率の改定が大きな部分を占めております。中でも市民生活に大きな影響を与える保険料率の改定は、昨年に引き続くものとなりました。そこで、お尋ねをします。今回の改定に至る大きな理由は、老人保健拠出金の増大に伴う支出が国保会計を圧迫していることが大きな要因と見られるが、この傾向は一向におさまる様相がありません。当局の今後の見解をお尋ねを申し上げます。

 議案第2号 鎌ケ谷市手数料条例の一部を改正する条例の制定について。今回の改正は、許可書が登録票に変更になっていますが、許可から登録への移行はどんな背景がございますか。

 議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定について。今回の廃止の理由が3点ほどございました。すなわち介護保険との整合性、知的障害者に対する手当てとの均衡、県内他市の状況でございました。これらの内容は、いま一度わかりやすくご説明を願いたいと思います。

 議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定について。今回の改正は、いかにも唐突に出てきたような気がします。公設公営は、現在施設管理に関しての民設民営あるいは公設民営という流れと逆行するような感もありますが、いま一度公設公営に移行した理由を教えていただきたいと思います。

 議案第5号 鎌ケ谷市遺児手当支給条例の一部を改正する条例の制定について。死亡弔慰金の廃止の理由は何ですか、お尋ねをいたします。

 議案第6号 鎌ケ谷市母子家庭援護支度金支給条例の一部を改正する条例の制定について。母子家庭の母親が就職するときの支度金を廃止されていますが、それはどのような理由からでしょうか。少なくとも、一般的に母子家庭の世帯においては、経済的には苦しい方も多いと思いますが、見解をお伺いします。

 議案第7号 鎌ケ谷市敬老祝金支給条例の制定について。今回の改正により、敬老年金を支給されてきた方の多くが、80歳はいただけたとしても、88歳、99歳、100歳と、その対象人数は限定されると考えます。このような改正に至った理由を教えていただきたいと思います。

 議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について。今回の改正により、平成14年度と比較して、介護保険料はどの程度の増額を見込んでいるのか、お伺いします。次に、改定後の介護保険は、県内ではどのランクに位置されているのか、あわせてお伺いいたします。

 議案第9号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)。2点ほどお伺いいたします。今回の補正予算には、相変わらず街路関連の大きな補正が目立ちますが、その理由を教えていただきたいと思います。また、今回の減額により、特に連立事業や都市計画道路3・5・12号線の整備が大きくおくれることはないのか、お伺いします。次に、土木費の中に県道整備負担金追加額として、390万7,000円が計上されておりますが、その概要を教えていただきたいと思います。

 議案第10号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。国民健康保険会計は、一般会計から多額の繰り出しをしなければ成り立たない状況に陥っております。今回の補正後、確定した一般会計からの繰出金はどの程度になっていますか。また、その額は当初予算と比較してどう推移してきたのか、お伺いいたします。

 議案第11号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)。今回の減額補正の対象となる工事箇所の概要と、中止した工事の今後の取り扱いについて教えていただきたいと思います。

 議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算。詳細は予算委員会で質問されるでしょうから、大きな観点から、まず市長に伺います。今回の予算編成に当たって、市長は政策として、まずどんなスタンスで臨まれたのか、お伺いいたします。

 議案第13号 平成15年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算について。2年間国保料が値上げとなったが、徴収業務の強化が大きな課題となってくると思われますが、今後当局はどのような対策を講じ、保険料の確保に努めていくのか。具体的に項目に触れ、その対策をお願いいたします。

 議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算。公共下水道事業特別会計は、平成14年度予算と比較して、額にして2億7,800万円の減と、大きくその事業費の減少が見られます。その要因と、今後事業担当部署としては下水道の整備計画を縮小していくのか、お聞かせを願いたいと思います。

 議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算。老人保健特別会計は、介護保険会計と同じく、急激にその予算額が増額しておりますが、高齢社会の到来に伴い、必然的に増加していくことがわかりますが、今後その推移にはどのように見込んでおりますか。また、一般会計からの繰り出しはどのように見込んでいますか、お聞かせを願いたいと思います。

 議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算。介護保険制度については、最初の3年間が過ぎ、改めてさまざまな観点からの検討がなされた結果として、平成15年度予算であると考えられますが、介護保険を初めこれからの3年間の見通しはどのように立てられ、それが新年度予算にどのように反映されたのか、お伺いいたします。

 以上申し述べまして、私の質疑といたします。よろしくご答弁のほどお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 勝呂議員の代表質疑、議案第1号に関しますご質疑にお答え申し上げます。

 お尋ねは、老人保健拠出金の今後の見通しということでございます。ご承知のとおり、国保会計は、被保険者が利用した医療費の保険者負担分、それから老人保健に対する応分の拠出金、介護第2号被保険者が負担すべく割り当てられた納付金の、大まかに3項目における支払いに予算総額の98%が歳出予算として組まれているわけでございます。中でも老人保健拠出金につきましては、高齢化の進展によりまして、予算総額に占める割合も年々増大しているのが現状でございます。しかし、平成14年10月の老人保健制度の改正によりまして、老人医療費の受給対象年齢を70歳から75歳に引き上げるということ、それから一部負担金の割合が定率1割となったことに伴いまして、月額上限及び定額制が廃止されたこと、そして拠出金の保険者負担が今後5年間で70%から50%に引き下げるというような措置が講じられておりますので、今後保険者の負担が軽減されるものと期待しておるところでございますけれども、老人医療費の伸び率を見ますと、早期の効果は見込めないのかなと、このように考えておるところでございます。

 次に、議案第2号につきまして、許可書が登録票に変更になった背景ということですけれども、鳥獣保護法の改正におきまして、この鳥獣保護法では、野生生物の保護のために原則として捕獲を禁止しているわけでございますけれども、狩猟免許に基づく捕獲のほかに、学術研究や有害鳥獣の駆除のためなど特別の理由があるときには、申請に基づいてその捕獲を許可しているという制度になっておるわけでございます。この許可により捕獲した場合において、特に30日以上にわたって捕獲したものをみずからが飼育したいという場合においては、さらにもう一度飼養許可の申請を行い、許可書の交付を受ける必要がございました。今般、鳥獣保護法の全部改正におきましては、これらの手続の簡素化のために二重の許可は必要ないのではないかというような観点、それから飼育の場合は、登録票をもって足りるであろうというような理由で変更がなされたものでございます。よろしくご理解いただきたいと思います。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 私からは、議案第3号から8号までのご質疑にお答えいたします。

 まず、議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは2点ございました。まず、第1点目の廃止の理由でございますが、三つございます。一つは、ご承知のように、平成12年に介護保険制度が整備され、高齢者の福祉サービスが充実してきたところでございます。身体に障害のある方々につきましても、介護サービスを利用することが可能になっていることから、介護保険制度との整合性を図ろうとするものでございます。また、知的障害者で高齢の方に対する手当てはありませんので、均衡を図る観点からも廃止しようというふうなことでございます。最後に、県内32市の中で30市が支給していない状況にかんがみ、廃止をしようとするものでございますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 次に、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。まず、第1点目の公設公営に移行した理由についてお答えいたします。学童保育は、平成9年の児童福祉法の改正によりまして、放課後児童健全育成事業として、法的な位置づけがなされたものでございます。そして、最近におきましては、平成12年度に船橋市が、平成13年度に習志野市が公設公営に移行しているということでございます。こういったような状況の流れの中で、将来も安定的に運営ができますよう、子育て支援の一環といたしまして実施しようとするものであります。

 次に、第2点目の東部小だけが民設民営でいく理由についてお答えいたします。東部小学校の学童保育運営委員会は、現在児童数も45人と、比較的大きな集団となっておりまして、経営基盤も安定いたしております。また、役員の方も比較的経験豊富な方々が中心となっておりまして、こうしたことから、実際に公設公営の実施状況を見てから判断したいというふうなことが要因だろうと考えております。

 次に、市として行ってきた今までの説明の内容でございますが、一昨年11月から昨年7月までに、保護者の代表の方々とおおむね毎月1回、合計8回にわたりまして、今後の学童保育のあり方について話し合いを行ってきたところでございます。その結果、最終的には東部小学校のみが15年度は補助方式による自主運営方式を選択するに至っておりますが、それ以降につきましては変更もあり得るということでございます。

 続きまして、議案第5号 鎌ケ谷市遺児手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、死亡弔慰金の廃止の理由でございますが、遺児手当につきましては、児童の保育または就学を援助するものとして、その対象を児童に限定すべきものと考えております。したがいまして、死亡弔慰金につきましては、近隣市の状況等を調査させていただいた中で検討の結果、廃止とさせていただきたいということでございますので、ご理解を賜りたいと思います。

 次に、議案第6号 鎌ケ谷市母子家庭援護支度金条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、母親が就職するときの支度金を廃止した理由ということでございますが、児童は入学に当たって、新たに学用品や机あるいは制服などをそろえる必要があります。また、就職に当たっては、社会人として初めての背広やスーツを購入する必要があることなどから、児童に対する入学、就職の支度金を支給する意味合いは十分にあるものと思われます。しかしながら、近隣市の状況等を見てまいりますと、親に対して支度金制度を設けている例は余りないため、検討させていただいた結果、今回母子家庭の就職支度金を廃止し、その対象を母子家庭、そしてさらに父子家庭の児童の進学、就職にしようとするものでございますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

 次に、議案第7号 鎌ケ谷市敬老祝金支給条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。第1点目のお尋ねは、改正に至った理由についてでございますが、この敬老年金制度が発足いたしました昭和46年当時の日本人の平均寿命は、女性で75歳、男性は70歳でありましたが、現在は高齢化の進展とともに平均寿命も延びまして、女性に至っては84.93歳でございます。男性におきましては78.07歳と、約10年近くも上回りまして、平均寿命は今後も上昇傾向にあります。このため、限られた財源の中で充実した福祉施策を展開するため、新たに敬老祝金支給制度として、節目ごとに支給しようということでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 最後になりますが、議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねの第1点目の次期介護保険料についてお答えいたします。次期介護保険料の基準月額は、現行の2,840円と比較して260円アップすることになります。率にいたしまして9.2%、これは県平均ということで、私ども調査からなっております。増加いたしまして3,100円ということで設定させていただいておりますが、保険料率改定に伴う増収額は、約4億6,000万円と推計しております。

 お尋ねの第2点目、次期介護保険料の県内での水準でございますが、東葛地域を中心に17市を調査したところ、介護保険料の基準月額が3,000円を超えている団体は6団体でございまして、17市中6番目の水準となります。なお、80市町村の中では、推測でございますが、およそ10番以内になろうかというふうに考えております。

 大変失礼いたしました。保険料の改定に伴う増収額でございますが、これにつきましては、4,600万円ということでございます。訂正させていただきます。



◎都市部長(長田成兒君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 長田都市部長。

          〔都市部長 長田成兒君登壇〕



◎都市部長(長田成兒君) 議案第9号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)についてのご質疑につきまして、お答えいたします。

 まず、街路事業費の歳出補正の主な理由についてご説明させていただきます。今回の減額補正の中で、大部分を占めておりますのが負担金でございます。これは、千葉県が行っております都市計画道路3・4・5号線街路事業及び連続立体交差事業の地元負担金の減額であります。主な減額の理由としては、対象予定地の一部を買収できなかったこと及び買収した用地の単価が当初の想定より下落したためでございます。

 次に、今回の減額により、連立事業や都市計画道路3・5・12号線の整備が大きくおくれるのではないかとのことでございますが、東武連立につきましては、平成15年度末に完了する見込みとなっており、また新京成連立事業につきましては、新鎌ケ谷土地区画整理事業、センター地区のまち開きに合わせまして、平成15年度末までには新鎌ケ谷区間について仮線運行をすることを目標に置いて事業を進めているところでございます。これにつきましても、予定どおり工事が進んでおり、事業におくれは生じておりません。また、都市計画道路3・5・12号線の整備につきましても、平成15年度末には、初富交差点より南側の整備工事が終わり、供用できるものと考えております。



◎土木部長(飯塚順一君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。

          〔土木部長 飯塚順一君登壇〕



◎土木部長(飯塚順一君) 私からは、土木費の中の県道整備負担金追加額の概要についてお答えを申し上げます。

 これは、県が管理する県道の排水処理を主たる目的とした事業に対しまして、市が応分の負担をしようとするものでございます。場所といたしましては、南初富四丁目、コンビニエンスストア、サンクス付近の県道千葉・鎌ケ谷・松戸線であります。大雨のときに深さ約30センチメートルほど、延長およそ100メートルにわたりまして冠水が生じ、交通に支障を来しているとともに、近隣の住宅へも被害が及んでおりまして、それらに対応するため、雨水排水処理としての事業を実施しようとするものでございます。事業主体は、道路管理者であります千葉県でございます。事業概要は、県道及びその周辺の排水を処理するため、排水管を県道から市道4103号線、これは新京成線の踏切方向になります。そこへ敷設しようとするものでございます。工事延長は126.5メーター、ヒューム管口径400ミリ、その大部分を推進工法により、一部を開削工法により施行しようとするものでございます。県では、当該工事を当初計画3カ年事業、総額で9,300万円の予定で事業を計画してございましたけれども、工事に伴う設計を実施し、精査したところ、新京成電鉄の軌道敷内の工事や地盤改良工事等で、総額1億3,055万8,000円になりまして、工事費の見込額に変更が生じたものでございます。そのうち、14年度の予定額は5,653万2,500円となり、その5分の1を県道整備に要する地元負担金として負担すべく、当初予算計上額との差額分390万7,000円を補正しようとするものでございます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 議案第10号に関しますご質疑にお答え申し上げます。

 お尋ねは、補正後に伴う一般会計からの繰出金についてでございます。一般会計からの繰入金につきましては、今回の補正後において総額で5億5,387万円ということになっております。その内訳を申し上げますと、国、県からの負担金及び地方交付税を財源として繰り入れが義務化されている法定繰り入れ分が2億2,026万円、保険料の不足を補う財源として繰り入れる法定外繰入金が3億3,361万円ということになっております。当初予算額は3億2,457万4,000円でございましたが、9月補正におきまして、2億361万円を追加して3億3,361万円に、今回の補正では、保険基盤安定繰入金を2,568万6,000円を追加いたしまして、1億588万9,000円に増額しているところでございます。9月補正の一般会計繰入金の増額につきましては、老人保健拠出金に充てる不足財源補てんのための法定外繰り入れ分でございましたが、今回は一般被保険者の低所得者に対する軽減相当額が確定したことによる法定繰り入れ分の増額ということになってございます。



◎土木部長(飯塚順一君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。

          〔土木部長 飯塚順一君登壇〕



◎土木部長(飯塚順一君) 議案第11号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)のご質疑に対しまして、お答えを申し上げます。

 ご質疑の減額補正対象となる工事箇所の概要でございますけれども、2路線ございます。1路線目は、初富本町二丁目地先、これは三橋記念館のわきでございますけれども、そこの東武野田線、高架わきの都市計画道路3・5・12号線でございます。この道路整備に先立ち、汚水管の敷設を計画しておりましたが、道路の雨水排水管工事と競合することが明らかになりましたため、年度内の完了が見込めないと判断し、取りやめたものでございます。なお、この路線につきましては、平成15年度当初予算に計上させていただきまして、執行の予定をしているところでございます。

 次は、富岡一丁目地先、旧船信のわきでございますけれども、そこの私道の路線でございます。私道につきましては、私道地権者等の申し込みにより整備するものでございまして、これまで地元との申し込みを前提に協議、計画をしておりましたが、その後申し込みがなかったため、中止しようとするものでございます。今後申し込みがあれば、来年度以降予算化をしていきたいと考えてございます。



◎市長(清水聖士君) 議長。



○議長(松澤一男君) 清水市長。

          〔市長 清水聖士君登壇〕



◎市長(清水聖士君) 予算編成に当たって、どんなスタンスで臨んだかという点でございますが、まずは我が国を取り巻く厳しい経済財政状況、また少子高齢化の進展という時代の背景を踏まえますと、これからの行財政運営は相当のリストラをやっていかないと、自治体として生き残っていけないのではないかと、そういう懸念がございます。そういう観点をも踏まえまして、従来のハード事業から、市民生活に密着したさまざまな分野で市民の暮らしを守り、支援していくためのソフト事業へと予算の軸足を移していかざるを得ない面があると考えております。その中で、先ほど月野議員からもご指摘がございましたが、財政再建、そういうものを念頭に置いて、特に内部管理経費、経常経費、そして委託費の一律カット、また随意契約を入札にするなどなどということを念頭に置き、やってまいりました。ただし、単に歳出を削減するということではなく、市民の目線に立って、切実な市民要望にはできる限り積極的にこたえていきたい、そういう姿勢のもとに、求められる行政サービスを的確に把握し、予算に反映させるよう努めてまいりました。

 さらにもう一点申し上げるとすれば、レインボープラン21の前期基本計画は、できる限り実行したい、それとともに、私の選挙公約であります人、福祉、教育のまちづくりなどなどの選挙公約、その両者の整合性をとりつつ、今回の予算編成に臨んだところでございます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 議案第13号に関してのご質疑にお答え申し上げます。

 徴収業務の強化とその対策ということでございますが、保険料の収納確保につきましては、私ども年3回の催告書の発送、それから夜間を含む電話での催告、滞納者の呼び出し相談、臨戸徴収などを実施しておるところでございますし、このほかにも悪質な滞納者に対しましては、差し押さえ等の滞納処分を実施するなど鋭意保険料の収納確保に努めているところでございます。しかしながら、長引く景気の低迷によりまして、国保への加入は増加しているものの、その一方で所得の低下などにより、保険料収入がなかなか伸びないと。また、リストラによる失業、倒産あるいは病気等により支払い能力が低下したことによりまして、滞納者が増加するという状況にあるわけでございます。そういうことから、収納率は当市を含めまして、県下各市町村においても、毎年低下してきているというような状況でございます。今後、従来の収納対策をさらに強化するとともに、特に悪質な滞納者に対しましては、公売を含めた差し押さえ等の滞納処分の強化といいますか、規定どおり実施してまいると。より多く接触の機会を図ることなどによりまして、今後とも収納確保に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと思います。



◎土木部長(飯塚順一君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飯塚土木部長。

          〔土木部長 飯塚順一君登壇〕



◎土木部長(飯塚順一君) 議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算のご質疑に対しまして、お答えを申し上げます。

 初めに、事業費の減少とその要因についてのお尋ねでございます。平成15年度予算につきましては、歳入歳出19億2,400万円を計上させていただき、平成14年度予算の22億200万円と比較いたしまして2億7,800万円、率にして12.6%の減となっております。主な要因といたしましては、2点ございまして、まず1点目は、新鎌ケ谷地区の都市基盤整備公団の委託事業が減少したことによります。具体的には、新鎌ケ谷地区内の鎌ケ谷西6号幹線促進事業が平成13年度繰越事業にて完了したこと、並びに同地区内の新市街地事業の進捗に伴い、全体事業費における残事業費を調整した結果、委託予定事業費が大幅に減少したことによります。

 2点目といたしましては、平成14年度に都市計画道路3・4・5号線の道路整備に先立ち、幹線である鎌ケ谷西7号幹線整備を行っておりますが、平成15年度は枝線整備が主となるため、事業費が減少となっているところでございます。こうした要因が重なりまして、平成15年度の予算に関しては、平成14年度予算と比較して事業費が減となっておりますが、事業量の面から見ますと、平成14年度当初予算の整備量及び実施計画の整備量は確保させていただいているところでございます。

 次に、下水道の整備計画を縮小していくのかとのお尋ねでございます。下水道事業は、快適な市民生活を送る上で、また自然環境保護の上から、必要不可欠な事業でございます。本市の下水道事業の状況は、普及率42%、これは平成14年4月1日現在の普及率でございます。その事業の建設の途上でございますので、今後も整備を推進していかなければならないというふうに強く認識をしております。しかし、下水道事業を取り巻く状況も一般会計と同様、厳しいものがございます。まず、歳入面では、自主財源であります下水道使用料は、下水道の整備により年々増加しておりますけれども、あるいは国、県等の財政状況が非常に厳しく、補助制度の改革、見直しにより補助金が減少傾向にございます。これに対しまして、歳出は利用増に伴う維持管理負担金、公債費が増加していく傾向にございます。大変厳しい経済財政状況でございますけれども、今後受益者負担金、下水道使用料等の自主財源の確保に一層努めるとともに、補助金の確保、地方債の活用、繰入金にて、実施計画に基づき下水道事業を着実に進めていきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) それでは、私からは、議案第15号と16号についてお答えいたします。

 まず、議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算のご質疑にお答えいたします。お尋ねは、老人保健特別会計の今後の推移と一般会計からの繰り出しについてでございますが、昨年10月の制度の改正によりまして、今後老人医療費の伸びは、鈍化するものと考えております。医療給付費は平成16年度以降、約5,000万円程度増加していくのではないかと推計いたしております。予算規模といたしましては、1%前後の範囲で推移するのではないかと考えられております。また、これらを踏まえ、一般会計からの繰出金は平成16年度以降、約4,000万円程度の増加になっていくものと推計いたしております。 

 次に、議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、介護保険の今後3年間の見通しをどのように立て、新年度予算にどのように反映させたのかということでございますが、平成15年度から3カ年の第2期介護保険事業計画の策定に当たりましては、在宅サービスは今までの実績をベースに一定の伸び率を見込みまして、そして施設サービスにあっては、国の標準値を参考にいたしまして利用者の見込み数を把握し、3年間の保険給付費を推計いたしております。平成15年度予算は、このように策定されました第2期介護保険事業計画に沿った内容での予算編成とさせていただいておりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆16番(勝呂幸一君) 議長、16番。



○議長(松澤一男君) 16番、勝呂幸一君。



◆16番(勝呂幸一君) 16号全部ご答弁をもらいまして、16号再質問全部考えてございますが、時間等の関係もございますので、あとの詳細につきましては、委員会でお尋ねを申し上げたいと思います。その中から2点ほど再質問させていただきます。

 まず、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定についてでございますが、補助方式で東部小学校だけは民営でいくということですが、その理由として、市としては、それぞれの学童保育クラブにどのような説明を行ってきたのか、お尋ねをしたいと思います。

 それから、議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算でございますが、先ほど市長から力強いご答弁をいただきましたが、レインボープラン21は何としても実行していきたい、このようなお話がございました。これは、総合基本計画のレインボープラン21の策定に当たりましては、私は会長を行わさせていただきました。変更があると非常にまずいので、ぜひそのとおりやっていただきたいと思います。そこで、お尋ねをいたしますが、今回の予算編成に関しては、昨年12月議会で、その編成方針をお示しになりました。その方針をどの程度実施に移せたか、総務部長にお伺いします。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し、答弁を求めます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 先ほど申し上げましたように、私どもは運営委員会の方々と8回にわたりましてお話し合いを続けてまいりました。その中で、9校全部公設公営にしていきたいというふうな提案をさせていただいて、そして説明を行ってきたところでございますが、先ほど申し上げましたように、東部小学校については、何とかまだ1年間はやってみたいというふうな意向がちょっと強かったものですから、その比率については、およそ半々ぐらいだったように記憶しております。どちらでもいいという方もいらっしゃいますので、ですから余り無理をなさらないでということもありますので、その辺の意向を尊重した形で、今回については東部小学校が独自でということになったわけでございます。



◎総務部長(石井昇君) 議長。



○議長(松澤一男君) 石井総務部長。



◎総務部長(石井昇君) 私からは、勝呂議員再質疑の中の2点目、平成15年度の予算編成方針をどの程度実施に移せたのかということのご質問にお答え申し上げたいと思います。

 平成15年度の当初予算は、先ほど市長の方からご答弁申し上げましたように、市長の政策としての意を酌みまして、私ども二つの観点を中心に編成作業を進めさせていただきました。1点目は、市民生活優先の行政運営を念頭に置きまして、各種行政課題や市民ニーズを的確に踏まえた予算づくりをすること、これが第1点目でございます。2点目には、コスト意識を徹底し、民間の経営感覚を持って、各事業の内容を根底から厳しく洗い直すことを主といたしまして、事業の再構築と経費の節減、合理化に積極的に取り組み、特に財政危機への対応を図ることの以上2点を基本方針として、予算の編成作業を進めてまいったところでございます。その中で、先ほど申しましたまず1点目の市民生活優先の市民ニーズを踏まえた予算づくりについてでございますが、少子高齢化への対応をキーワードに、高齢者、障害者、児童にも優しいまちづくりの理念のもと、子育ての支援、児童の健全育成、教育環境の充実、歩道の整備など時代の要請に合った施策により、多くの予算を配分してきたところでございます。その中で、主なものを申し上げますと、児童手当や児童扶養手当、そして民間保育所委託料、保育園の賃金、乳幼児医療費助成などを大幅に増額するとともに、既にご案内のとおり、放課後における小学生の健全育成を図るための放課後児童クラブの設置経費として、約5,000万円を計上してきたところでございます。また、そのほかにも確かな学力をはぐくむため、各小学校に少人数指導教員を1名ずつ配置する予算といたしまして約1,500万円、高齢者や障害者など市民のだれもが安全に通行できるよう、歩道の段差等を解消するための経費といたしまして500万円、自動車と歩行者の分離を図るなど、歩道等を整備する事業に約3,000万円を計上いたしたところでございます。

 次に、方針の2点目、事業の見直しと経費の節減、合理化でございますが、今申し上げましたような事業の財源に充てるほか、歳入全般の不足に対応するため、人件費を初め旅費、公債費、食糧費、委託料などの節減に努めたところでございます。特に人件費につきましては、給与改定がマイナスであったということの要因もありますが、退職者の不補充、派遣社員による対応を推進するとともに、時間外手当を2割削減して計上したことにより、平成14年度に比べて約1億3,000万円を削減したところでございます。このように、今後も特に事務事業の見直しをさらに徹底して進め、これによって生み出された財源を用い、市民の皆さんが本当に必要とする行政サービスをより一層充実させるように、今後とも鋭意努力してまいりたいと、かように考えておるところでございます。



○議長(松澤一男君) 以上で16番、勝呂幸一君の質疑を終結します。

 休憩します。再開を午後1時30分とします。

          午後 零時22分  休 憩

                                            

          午後 1時30分  再 開



○議長(松澤一男君) 再開します。

 次に、12番、塩島てるこ君に発言を許します。



◆12番(塩島てるこ君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 12番、塩島てるこ君。

          〔12番 塩島てるこ君登壇〕



◆12番(塩島てるこ君) 議席番号12番、平成15年3月議会に当たり、日本共産党を代表しまして、議案に対する質疑をさせていただきます。通告しましたのは、議案第1号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、国民健康保険法の一部改正により、退職被保険者等の3割負担で支払いが少なくなると考えられますが、予算額は前年比9.6%増の72億円になっているが、その要因は何か、伺います。

 議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定についてですが、この対象者の方は、今までも何も特別、障害年金とか身体障害者手当とか一切受けていない方だと思いますが、その方が一応対象となっております。60歳以上の3級及び4級の方だと思いますが、その要因について伺います。

 議案第5号 鎌ケ谷市遺児手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてです。改正内容は、父母またはどちらかが死亡もしくは障害の状態になった場合に支給する死亡弔慰金対象者が少ないのに、費用もわずかで済むのですが、なぜ廃止するのか、その理由についてお答えください。

 議案第6号 鎌ケ谷市母子家庭援護支度金条例の一部を改正する条例の制定については、支給内容及び支給対象を見直し、所得制限を設けるとありますが、父子家庭の所得制限はそれぞれ幾らで切りますか。それぞれ要因を伺います。

 議案第7号 鎌ケ谷市敬老祝金支給条例の制定について。今まで80歳を過ぎると、毎年誕生日に年額5,000円を支払われていましたが、今度は節目の4段階に支給する制度に変えられましたが、総額では幾ら削減されますか、お答えください。

 議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について。居宅介護サービス費区分支給限度額基準額の特別見守り、その対象者は何名になりますか、お答えください。

 議案第9号と11号は、割愛させていただきます。

 議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算について。歳出における見直しの最大の特徴についてお答えください。

 以上で1回目の質疑を終わります。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 塩島議員の議案第1号に関する代表質疑にお答え申し上げます。

 質疑の内容は、国民健康保険法の一部改正により支出が少なくなるのではないかと。しかし予算額はふえているが、このことについての要因はということでございました。平成15年度の歳出予算の内訳でございますが、主要3項目を占める費目といたしまして、まず保険給付費が約45億300万円、これは前年度当初予算に対しまして3.8%の増でございます。次に、老人保健拠出金で約20億2,500万円、前年度比21.1%の増、介護納付金につきましては、約4億8,200万円で、前年比14.6%増となっております。この3項目の合計で約70億1,000万円ということになっておるわけでございます。ご指摘の退職被保険者の一部負担割合が3割負担に変わることに対する影響でございますけれども、これは、保険給付費にかかわる部分でございまして、保険給付費全体の34%に当たる退職被保険者の給付費につきましては、若干減少いたしておるわけでございますけれども、総体といたしましては、一般被保険者分の伸び率が大きいため、前年度を上回る結果となったということでございます。さらに老人保健拠出金及び介護納付金の伸び率は、依然として増加しておりまして、今回の制度改正の背景にある国民健康保険の安定運営を図るための保険者負担の軽減という面の効果は、平成15年度の予算上では、残念ながらまだ顕著にあらわれてはいないということでございます。したがいまして、国が示しております保険者の統合、再編、それから新しい高齢者医療制度の創設、そして医療報酬体系の見直しなど今後の改革に期待したいと、このように考えているところでございます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) それでは、私からは議案第3号 鎌ケ谷市身体障害者老齢福祉手当支給条例を廃止する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。

 廃止の要因ということでございます。一つは、ご承知のように、先ほど来申し上げておりますが、平成12年度に介護保険制度が整備されまして、高齢者への福祉サービスが充実してきたということが一つございます。そして、身体障害者の方々につきましても、介護サービスを受けることが可能となっているということが一つございます。したがいまして、介護保険制度との整合性を図ろうということがございます。二つ目は、知的障害で、高齢の方に対する手当がありませんので、その均衡を図る点からも廃止しようとするものでございます。もう一つ申し上げます。県内32市の中で、私どもいろいろ状況をお伺いいたしました。そういたしましたら、こういったような制度につきましては、対象から外れているということでございますので、30市が実施していない状況にあるということを、これらを総合的に考えまして、今回廃止させていただきたいということでございますので、ご理解いただきたいと思います。

 続きまして議案第5号 鎌ケ谷市遺児手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、死亡弔慰金の対象者が少ないのになぜ廃止するのかということでございますが、この遺児手当につきましては、児童の保育または就学を援助するものとして、その対象を児童に限定させていただいておりますが、そのように今後もやっていきたいということで、人数が多いか少ないかというふうな議論ではございません。したがいまして、また近隣市におきましても、本市のような死亡弔慰金制度をとっているところはほとんどないというふうな状況もございますので、今回はこの辺の理由でもって提案させていただきましたので、ご理解賜りたいと思います。

 次に、議案第6号でございます。鎌ケ谷市母子家庭援護支度金条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、新たに設ける所得制限に関するお尋ねでございますが、この所得制限につきましては、国の制度でございます児童扶養手当の一部支給における所得制限を準用しようというふうに考えております。具体的に少しちょっと細かくなりますが、申し上げますと、親のどちらかが養育している場合に、192万円を基本といたしまして、扶養1人につき38万円を加算した額、一例をちょっと申し上げますと、扶養2人の場合については、192万円に、それにプラス76万円を加算して268万円となりますので、収入額としてはおよそ412万円程度になろうかというふうに思っております。

 その次に、議案第7号 鎌ケ谷市敬老祝金支給条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、削減する理由についてということが先ほど出ましたので、総額は幾らぐらいなのかということでございますが、これにつきましては、約240万円程度ということでございます。

 最後になりますが、議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、上乗せサービスの対象者ということでございますが、私どもはおよそ100人ほど申請されるのではないかというふうに考えております。



◎総務部長(石井昇君) 議長。



○議長(松澤一男君) 石井総務部長。

          〔総務部長 石井 昇君登壇〕



◎総務部長(石井昇君) 私からは、塩島議員のご質疑の議案第12号、鎌ケ谷市一般会計予算のうち、歳出における最大の特徴は何かとのことについてご答弁を申し上げます。

 平成15年度の予算の歳出における最大の特徴でございますが、既に議員ご存じのとおり、全体では前年度比1.9%の減となりましたが、款別に見ますと、民生費が9億1,032万7,000円と、大きく伸びておるのに対しまして、土木費が8億8,830万8,000円の大きな減額となっておるものでございます。このことからわかりますように、平成15年度予算は、少子高齢化の進展に対応して、子育ての支援、児童の健全育成、教育環境の充実、歩道等の整備などの施策をより充実させ、総じて公共事業から市民の暮らしを守り、応援する事業へと中身が大きくシフトしておることでございます。このことは、午前中のご質疑の中で、市長よりのご答弁の中でも触れておりましたように、平成15年度予算編成に向けて、清水市長の政策としての基本的な考え方であります人、福祉、教育を行政の重点課題として、可能な限り対応していこうとするものであり、具体的に申し上げますと、児童手当や児童扶養手当、乳幼児医療費助成等を大幅に増額し、子育てを支援するとともに、市長公約を反映するものとして、放課後児童クラブ管理運営事業、少人数指導推進事業、歩道段差解消等整備事業、歩道等整備事業などを予算化し、社会、経済情勢の流れに対応した施策の展開を積極的に図っていこうとするものでございまして、ここに平成15年度の予算の最大の特徴があると考えておるところでございます。



○議長(松澤一男君) 以上で、12番、塩島てるこ君の質疑を終結します。

 次に、23番、津久井清氏君に発言を許します。



◆23番(津久井清氏君) 議長。



○議長(松澤一男君) 23番、津久井清氏君。

          〔23番、津久井清氏君登壇〕



◆23番(津久井清氏君) 議席番号23番、津久井清氏、社会市民連合を代表して、代表質疑を行わせていただきます。既に、多くの質疑が行われておりまして、私の方は幾つか割愛をさせていただきまして、1号議案と4号議案並びに8号議案のこの三つについて、質疑を行わせていただきます。

 まず、1号議案についてでありますけれども、医療費の増加というような背景が全国民的にもある中で、しかしながら鎌ケ谷市はここのところ連続して、国民健康保険料の値上げというか、そういうことが続いているわけであります。市民の間からは、鎌ケ谷市のこの国民健康保険料の年々の増加というか、徴収の増加というものについて、果たして他の市の実情と比べていかがなものなのかという声も聞いております。したがいまして、1号議案につきましては、同じ10万円ぴったりではないにしても、そういう同類の近辺の市と比べて、この国民健康保険料がどのような位置にあるのか、これをお聞きしたいと思います。

 続きまして、4号議案でございますが、4号議案につきましては2点ございまして、1点は、この学童保育については多くの困難、生活が厳しいというか、母子家庭あるいは生活保護家庭などもたくさんその中に含まれているのではないかと思います。従来は、そういう方に対しては、特に母子家庭、お子様を抱えてお母さんひとりで頑張って、夕方までさらに頑張って働いていると、そういう家庭も多々あると聞いておりますけれども、こういう方への減免、これは今回も継続して続いていくのかどうか、その辺についてが第1点。それからもう一つは、指導員の方の問題なのですが、何といっても、学童保育で指導員というのは、先生の役割を持つわけでございます。そういう方がやはり安心してこの学童保育の指導を行っていただきたいというふうに思うわけですが、この指導員の収入が年間を通して相当ダウンする方も出てくるのではないかということで、中にはその辺を特に心配をされている方もいらっしゃいます。したがいまして、2点目としては、この指導員の方の年間の収入というか、そういうものについての措置はいかがなものかということをお聞きします。

 最後に、8号議案でございますが、8号議案については、具体的には今回この案によりまして、1号、2号についての上乗せの問題が出ているわけですけれども、既に説明あったかと思うのですけれども、もう一度その辺について理由を提示していただきたいと思います。

 それから、もう一点は、今回介護保険のいわゆる徴収が若干でも値上がりしているわけでございますけれども、やはりそういう中でサービスの向上ということで、鎌ケ谷市は従来、床屋さんとそれからタクシーでしたか、利用について横出しサービスが行われているかと思います。そういう横出しサービスを、やはり予算の範囲内ということもあるとは思いますけれども、そういうものについての考えはあるのかないのか、あるいは市民からの要望がそういう点で出されているのかどうか、この辺をお聞きしたいと思います。

 以上、3議案について答弁の方をよろしくお願いします。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市民部長(久野義春君) 議長。



○議長(松澤一男君) 久野市民部長。

          〔市民部長 久野義春君登壇〕



◎市民部長(久野義春君) 津久井議員の議案第1号に関する代表質疑にお答え申し上げます。

 お尋ねは、保険料値上げに関して他市と比べてどうなのかということでございました。保険料の値上げにつきましては、近隣市の中で鎌ケ谷市と人口規模が近い流山市、我孫子市を比較してみますと、両市とも15年度の保険料率の改定はありませんでしたが、流山市の場合には12年度、13年度、14年度と、過去3カ年にわたり連続して改定しておりました。また、我孫子市の場合には、12年度に改定しておりますが、それ以後は改定しておらないという状況でございました。なお、この2市を含めまして他市におきましても、療養給付費や老人保健拠出金、介護納付金等が伸びている現状にかんがみまして、歳入不足の場合には保険料率の改定や一般会計からの繰り入れ、または基金の取り崩しなどにより不足額を補っているのが現状であると、このように聞いておるところでございます。また、各市の保険料率は、それぞれ一般会計からの繰り入れなどを含めた歳入あるいは歳出などの状況によるところが多いところから、他市との比較は一概にできかねると、困難であるというのが現状でございますので、どうぞご理解いただきたいと思います。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) 議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。

          〔保健福祉部長 飛田真佐人君登壇〕



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) それでは、私の方からは、最後になりますが、議案第4号と第8号につきましてお答えしたいと思います。まず、議案第4号 鎌ケ谷市放課後児童健全育成事業の実施に関する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。

 まず、第1点目の減免についてでございますが、こちらにつきましてちょっと一つ一つ申し上げますと、まず生活保護世帯の児童につきましては、保護者負担金8,000円を予定しておりますが、これを全額免除したいというふうに考えております。なお、準要保護世帯の児童については、その半額の4,000円にしたいというふうに考えております。それから、母子家庭、父子家庭につきましては、5,000円としたいというふうに考えております。

 次に、指導員の収入の関係でございますが、これに関しては、確かに今議員ご指摘のように、現在の収入と若干落ちる方も中にはいらっしゃるかと思います。私どもは、この市の非常勤の職員という規定の中で、おおむね3日から4日、そしてこれは30時間以内の勤務ということでございますので、これらを総合いたしますと、おおむねお一人100万円前後になろうかと思われます。なお、今回はお盆休みについても従来休んでおったのですが、現在は休んでいるのですが、来年度からその辺については拡大するというふうな方向も承っておりますので、そういたしますと、4人くらいのローテーションを組んでやらなければいけないということで、ある程度の賃金の幾らかの配分については、平準化してくるというふうな形でお願いできないかということでございます。

 続きまして、議案第8号 鎌ケ谷市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてのご質疑にお答えいたします。お尋ねは、上乗せ理由についてでございますが、痴呆性高齢者対策の観点から、この事業は考え出したものでございまして、従来は、今まで申し上げておりますように、市が独自に訪問介護、これはもうホームヘルプサービスですが、これに限定いたしまして、利用できる金額を上乗せするということでございますが、その上乗せの状態については、要介護1とそれから要介護2の方に限定をするということでございます。そして、この4月から痴呆性高齢者などの長時間の見守りが必要な方の見守りサービスが国の介護保険の規定の中でできてくるというふうな実態が一つございます。そういたしますと、法定化、給付化されますと、当然利用度の一番高い方の、これは要介護1、2の方に、サービスの量に不足を来してくるのではないかと、そういったようなことから、一定の利用料金を上乗せする、いわゆる上乗せサービスということで考え出したわけでございますので、ご理解賜りたいと思います。こういったような上乗せサービスは、今県内では私ども聞いておりませんので、鎌ケ谷市独自のサービスになろうかというふうに考えております。

 それから、横出しの関係につきましてお尋ねあったわけでございますが、現在理美容サービスとそれから訪問理美容サービス、そして介護タクシーを、これを横出しサービスとして今行っているわけでございますが、この辺につきましても、理美容サービスは今後も続けていくと、同じような内容で続けていくということで想定しておりますが、介護タクシーについては、このタクシーの関係の事業が介護保険の中で移送サービスをして、この4月から位置づけられるということでございます。したがいまして、このタクシーの国の制度で対象となるものは、要介護1から5の方に限定されておりますので、私どもはこの対象から外れる方、要支援の方に限定して、今の横出しサービスを続けていきたいというふうに考えております。ほかに横出しサービスの要望等がないのかというようなお尋ねもありましたが、今のところ説明会を行いましても、痴呆性高齢者の方々の対策をとにかくやってほしいというふうなことが大きな声でございましたので、この辺に焦点を絞って今回考え出したということでございます。ご理解いただきたいと思います。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆23番(津久井清氏君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 23番、津久井清氏君。



◆23番(津久井清氏君) 1点だけお聞きします。

 4号議案の中で、減免についてはいわゆる生活保護、準要保護、母子家庭ということでお話があったわけですが、これは現状の減免より後退というのですか、していないのでしょうね。そこだけちょっとお聞きします。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 飛田保健福祉部長。



◎保健福祉部長(飛田真佐人君) お答えいたします。後退はしておりません。



○議長(松澤一男君) 以上で23番、津久井清氏君の質疑を終結します。

                                            



△上程議案の委員会付託



○議長(松澤一男君) ただいま議題となっております議案第1号から議案第11号までについては、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれの常任委員会に付託いたします。

                                            



△予算審査特別委員会の設置



○議長(松澤一男君) この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第12号 平成15年度鎌ケ谷市一般会計予算、議案第13号 平成15年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算、議案第14号 平成15年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算、議案第15号 平成15年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算、議案第16号 平成15年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算の以上5件については、11人の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号から議案第16号までの以上5件については、11人の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決しました。

                                            



△予算審査特別委員会委員の選任



○議長(松澤一男君) お諮りいたします。

 ただいま設置されました予算審査特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、


   3番   土  屋  裕  彦  君     5番   石  神  市太郎  君
   8番   三  橋  一  郎  君     10番   駒  崎  年  子  君
   13番   岸     三重子  君     14番   野  村  誠  剛  君
   19番   石  井  一  美  君     20番   月  野  隆  明  君
   24番   篠  崎  史  範  君     25番   塩  澤  敏  行  君
   27番   下  谷  喜  作  君




以上11名を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました11人の諸君を予算審査特別委員会委員に決しました。

 ただいま選任いたしました特別委員の方々は、次の休憩中に特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、その結果を報告願います。

 委員会条例第10条第1項の規定により、議長において招集します。

 休憩します。再開時間は、追って連絡いたします。

          午後 2時01分  休 憩

                                            

          午後 2時15分  再 開



○議長(松澤一男君) 再開します。

                                            



△予算審査特別委員会正副委員長の互選



○議長(松澤一男君) 休憩中に予算審査特別委員会を開催し、正副委員長の互選を実施していただいた結果、

 決算審査特別委員会

      委員長    月  野  隆  明  君

      副委員長   篠  崎  史  範  君

に決しましたので、ご報告いたします。

                                            



△休会について



○議長(松澤一男君) 日程第2、休会についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議事の都合により、2月28日から3月18日までの19日間を休会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、2月28日から3月18日までの19日間は休会と決しました。

 なお、3月19日の会議は、会議規則第8条第1項のとおり、午後1時開会といたします。

                                            



△散会の宣告



○議長(松澤一男君) 以上で本日の会議を散会いたします。

 ご苦労さまでした。

          午後 2時17分  散 会