議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鎌ケ谷市

平成14年  3月 定例会(第1回) 03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号




平成14年  3月 定例会(第1回) − 03月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号







平成14年  3月 定例会(第1回)





        平成14年鎌ケ谷市議会3月定例会


    議 事 日 程 (第6号)                  平成14年3月20日
                                   午後1時開議
日程第1 議案第 1号 鎌ケ谷市職員の再任用に関する条例の制定について
     議案第 2号 鎌ケ谷市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について
     議案第 3号 鎌ケ谷市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定につ
            いて
     議案第 4号 鎌ケ谷市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制
            定について
     議案第 5号 鎌ケ谷市保健婦等修学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第 6号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第 7号 鎌ケ谷市国民健康保険出産費資金貸付基金条例の制定について
     議案第 8号 鎌ケ谷市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第 9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)
     議案第10号 平成13年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第11号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
     議案第12号 平成13年度鎌ケ谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)
     議案第13号 平成13年度鎌ケ谷市介護保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第19号 鎌ケ谷市市道路線の認定及び廃止について
     議案第20号 千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議
            について
日程第2 議案第14号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計予算
     議案第15号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算
     議案第16号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算
     議案第17号 平成14年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算
     議案第18号 平成14年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算
日程第3 陳情14−3−1 法務局の増員に関する陳情書
日程第4 陳情14−3−3 雇用の危機突破を求める意見書提出を求める陳情書
     陳情14−3−4 国民健康保険料率改定は凍結し、保険料の現行維持を求める陳情書
日程第5 閉会中の継続審査及び調査について
〇本日の会議に付した事件
日程第5まで議事日程のとおり
日程第6 議案第21号 鎌ケ谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第22号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)
     同意案第1号 助役の選任について
     同意案第2号 収入役の選任について
     同意案第3号 教育委員会委員の任命について
     同意案第4号 監査委員の選任について
     同意案第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
     同意案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
     同意案第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
     諮問第 1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
日程第7 発議案第1号 鎌ケ谷市議会議員定数条例の制定について
日程第8 発議案第2号 鎌ケ谷市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について
日程第9 発議案第3号 雇用の危機突破を求める意見書
〇出席議員(27名) 
    1番   荒  井  茂  行  君     2番   勝  又     勝  君
    3番   土  屋  裕  彦  君     4番   川  上  智  且  君
    5番   石  神  市 太 郎 君     6番   岡  田  啓  介  君
    7番   小  泉     巖  君     8番   三  橋  一  郎  君
    9番   板  津  邦  彦  君    10番   駒  崎  年  子  君
   11番   柴  田  光  泰  君    12番   塩  島  て る こ 君
   13番   岸     三 重 子 君    14番   野  村  誠  剛  君
   15番   池 ヶ 谷 富 士 夫 君    16番   勝  呂  幸  一  君
   17番   皆  川  武  志  君    18番   大  野  幸  一  君
   19番   石  井  一  美  君    20番   月  野  隆  明  君
   21番   鈴  木  道  雄  君    22番   松  澤  一  男  君
   23番   津 久 井  清  氏 君    24番   篠  崎  史  範  君
   25番   塩  澤  敏  行  君    26番   平  原  俊  雄  君
   27番   下  谷  喜  作  君

欠席議員(なし) 

〇説明のための出席者
     市長         皆  川  圭 一 郎 君
     助役         段  木     修  君
     収入役        川  井     彰  君
     市長公室長      杉  山     巖  君
     市長公室参事
                石  井     昇  君
     (秘書課長)
     市長公室次長
                中  台     茂  君
   (人事課長)
     総務部長       大  高  勇  治  君
     市民部長       吉  村  祇  彦  君
     保健福祉部長     飛  田  真 佐 人 君
     土木部長       皆  川  準  一  君
     土木部次長
                大  坊  博  光  君
    (下水道建設課長)
     都市部長       高  橋  正  夫  君
     地域振興課長     北  村  眞  一  君
     総務課長

    (選挙管理委員会    高  瀬     光  君

     事務局長)
     収税課長       森  田  好 一 郎 君
     下水道管理課長    吉  田  政  一  君
     消防長        久  野  義  春  君
     教育委員会委員長   寺  島  正  方  君
     教育委員会教育長   井  上  和  夫  君
     生涯学習部長     川  尻  秋  重  君
     選挙管理委員会委員長 持  田  辰  彦  君
     代表監査委員     村  上     優  君
     監査委員事務局長   河  内  久  昌  君
     農業委員会会長    大  野  照  光  君
     農業委員会事務局長  勝  見     武  君
〇議会事務局職員出席者

     事務局長       渋  谷  定  重
     事務局次長      小  池     仁
     議事調査係長     國  枝     仁
     同主査        白  藤  盛  敏








△午後1時00分開議





○議長(松澤一男君) 皆様引き続きご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。





△議事日程について



○議長(松澤一男君) 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。





△諸般の報告



○議長(松澤一男君) 日程に先立ち諸般の報告をいたします。

 本日市長から、議案第21号 鎌ケ谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第22号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)、同意案第1号 助役の選任について、同意案第2号 収入役の選任について、同意案第3号 教育委員会委員の任命について、同意案第4号 監査委員の選任について、同意案第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、同意案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、同意案第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての以上10件の追加提案があり、これを受理いたしました。

 また、平原俊雄君から発議案第1号 鎌ケ谷市議会議員定数条例の制定について、発議案第2号 鎌ケ谷市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、鈴木道雄君から発議案第3号 雇用の危機突破を求める意見書が提出され、これを受理いたしました。それぞれについて後刻ご審議いただきたいと思いますので、ご了承願います。

 次に、地方自治法第180条第2項による委任専決処分の報告があり、その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。





△(議案第1号〜議案第13号、議案第19号、議案第2号)の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第1、議案第1号から議案第13号まで及び議案第19号、議案第20号の以上15件を議題といたします。

 各委員長の報告を求めます。

 まず、総務委員長、野村誠剛君に報告を求めます。



          〔総務常任委員長 野村誠剛君登壇〕





◎総務常任委員長(野村誠剛君) これより総務常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております案件のうち、総務常任委員会に付託されました議案7件についての審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 本委員会は、去る3月1日に委員全員出席のもとに開催し、審査した結果、次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第1号 鎌ケ谷市職員の再任用に関する条例の制定についてでありますが、現在、若年層の失業率が非常に高く、日本の産業の競争力が低下し、熟練者が育たないといわれている。これは、行政でも同様だと思うが、高齢者の雇用も必要であり、若年層の雇用と退職者の再任用とのバランスはどのように考えていくのか伺うとの質疑に対し、年金の支給開始年齢の引き上げにより、退職者を一定期間再任用できるという法律によるものだが、定年制を延長する方が、世代間のずれもなく若年層を採用できるという地方自治体の実情をわかっていない再任用制度ではないかと思う。本市においては消防や福祉部門の職員を毎年補充しているが、行政の継続性を考えると、行政職の職員も継続して採用する方向性をしっかりと位置付けて、構築していきたいと思っている。との答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第2号 鎌ケ谷市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定についてでありますが、職員の派遣先である公益法人等と市の事務との密接な関連を有することの基準について伺うとの質疑に対し、条例が可決した段階で社会福祉協議会と千葉県市長会の方へ派遣したいと考えている。市の事務との関連については、社会福祉協議会においては、市と共同でふれあい祭りや、リハビリ教室など、福祉事業を展開している。また、千葉県市長会においては、県・国などへの陳情活動、市職員の研修事業などの事業活動を行っているということである。との答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第3号 鎌ケ谷市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第4号 鎌ケ谷市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第8号 鎌ケ谷市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について、議案第9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)所管部分及び議案第20号 千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてでありますが、いずれも質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上が本委員会に付託されました議案7件についての審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で総務常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告についての質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 次に、文教常任委員長、津久井清氏君に報告を求めます。



          〔文教常任委員長 津久井清氏君登壇〕





◎文教常任委員長(津久井清氏君) これより文教常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております案件のうち、文教常任委員会に付託されました議案1件についての審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 本委員会は、去る3月1日に委員全員出席のもとに開催し、審査した結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)所管部分についてでありますが、国庫補助金の公立学校施設整備費補助金と、社会参加促進費補助金の内容について伺うとの質疑に対し、公立学校施設整備費補助金は、平成13年度に実施した初富小学校のトイレ改修工事が国庫補助金の対象となった。また、社会参加促進費補助金については、東部地区に建設している東部学習センターの視聴覚備品が補助金の対象になり補正するものである。との答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、所管部分は原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上が本委員会に付託されました議案1件についての審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほどお願い申しあげます。



○議長(松澤一男君) 以上で文教常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告について質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 次に、民生経済常任委員長、鈴木道雄君に報告を求めます。



          〔民生経済常任委員長 鈴木道雄君登壇〕





◎民生経済常任委員長(鈴木道雄君) これより民生経済常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております案件のうち、民生経済常任委員会に付託されました議案7件についての審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 本委員会は、去る3月4日に委員6人出席のもとに開催し、審査した結果、次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第5号 鎌ケ谷市保健婦等修学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、今回の改正で、保健婦、看護婦、助産婦などの名称を保健師、看護師、助産師などに改めた経緯を伺うとの質疑に対し、男女の性の区別によって取り扱いを異にしないという男女共同参画社会の理念のもと、保健婦助産婦看護婦法の一部改正に伴い、男女統一した名称を用いる改正をするものであるとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第6号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、この条例改正により、本市における国民健康保険料の引き上げ分は1億2,000万円以上ということであるが、今回の保険料率改定に伴い医療給付費と介護納付金の所得割及び均等割・平等割の負担割合は変わるのかとの質疑に対し、医療給付費は、所得割3に対して均等割・平等割が7である。介護納付金は、所得割が5に対して均等割・平等割が5で負担割合は改正前と同じであるとの答弁がなされました。

 この後、討論に入り、景気が最悪の時期に加入世帯への負担強化は認め難い、特に世帯人数が多く日々の生活が大変な世帯ほど負担が多くなることから、本条例の改正に反対するとの反対討論がなされ、次に、今回の改正は、被保険者の高齢化や失業などに伴う被保険者の新たな加入により、保険給付費が増大していることに加え、長引く景気低迷により保険料収入が伸び悩むなど厳しい財政状況の中で、本市国民健康保険財政の安定化と被保険者の負担の公平化を図るために講じるものであり、本条例の改正に賛成するとの賛成討論がなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第7号 鎌ケ谷市国民健康保険出産費資金貸付基金条例の制定についてでありますが、この条例の改正は、出産育児一時金の支給を受けるまでの間、出産に要する費用を貸し付けるための基金を設置しようとするものであるが、基金200万円では不足が生じるのではないかとの質疑に対し、平成12年度の実績から貸付金の利用率は全体の2割、年間42件、1カ月当たり3.5件を見込んでおり、貸付金は2カ月で償還されるので、7件分の貸し付けで足りると予想している。また、出産費支給額30万円全額を貸し付けるのではなく、9割の27万円なので、基金の額は、200万円で足りると考えているとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)所管部分についてでありますが、歳出の国民健康保険特別会計繰出金追加額708万2,000円の内容を伺うとの質疑に対し、低所得者に対する国民健康保険料の軽減措置に対して、その不足額を補てんするもので、国から2分の1、千葉県から4分の1の補助金が入り、本市が4分の1の負担をするもので、一般会計から国民健康保険特別会計に繰り出しているものであるとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第10号 平成13年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、介護保険制度の導入により国民健康保険料の徴収率の低下が予想されるので、介護円滑導入給付金が1,182万9,000円追加されたということであるが、これは低下分に見合うだけの給付となっているのかとの質疑に対し、国民健康保険料の徴収率の低下の原因が介護保険制度の導入によるものなのか分析はむずかしいと思われるが、千葉県国民健康保険連合会から一定の試算のもとに給付されるものであるとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第12号 平成13年度鎌ケ谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)及び議案第13号 平成13年度鎌ケ谷市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、いずれも質疑、討論はなく、採決の結果全員異議なく、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上が本委員会に付託されました議案7件についての審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほどお願い申しあげます。



○議長(松澤一男君) 以上で民生経済常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告について質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 次に、建設常任委員長、川上智且君に報告を求めます。



          〔建設常任委員長 川上智且君登壇〕





◎建設常任委員長(川上智且君) これより建設常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております案件のうち、建設常任委員会に付託されました議案3件についての審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 本委員会は、去る3月4日に委員全員出席のもとに開催し、審査した結果、次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)所管部分でありますが、都市計画道路5路線が繰越明許費となっているが、予算執行後の進捗状況を伺うとの質疑に対し、この都市計画道路の用地は契約済みで、用地及び補償代金の約3割の後金を繰り越すものである。各路線の進捗状況は、平成13年度末の用地取得見込みで、3・4・3号線は76%、3・4・4号線は58%、3・4・7号線は89%、3・4・17号線は75%、3・5・12号線は89%であるとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく、所管部分は原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第11号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)でありますが、江戸川左岸流域下水道事業建設負担金が減額となる理由及び同事業の今後の予定を伺うとの質疑に対し、負担金の減額は、当初予算に対して千葉県からの通知による負担額に差額が生じたため補正を行うものである。事業の予定については、終末処理場が三番瀬の問題で保留となっているため、現在千葉県において現行の都市計画決定区域の中で計画できないものか、また、その代案等を検討しているところであるとの答弁がなされた後、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第19号 鎌ケ谷市市道路線の認定及び廃止についてでありますが、質疑、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上が本委員会に付託されました議案3件についての審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほど、お願い申しあげます。



○議長(松澤一男君) 以上で建設常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告について質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 これより議案第1号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第1号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第1号 鎌ケ谷市職員の再任用に関する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第2号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第2号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第2号 鎌ケ谷市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第3号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第3号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第3号 鎌ケ谷市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第4号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第4号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第4号 鎌ケ谷市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第5号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第5号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第5号 鎌ケ谷市保健婦等修学資金貸付条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第6号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆12番(塩島てるこ君) 議長。



○議長(松澤一男君) 12番、塩島てるこ君。



          〔12番 塩島てるこ君登壇〕





◆12番(塩島てるこ君) 12番、塩島てるこ。私は、議案第6号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、日本共産党を代表しまして反対討論を行います。

 本案は、医療分平等割1万5,500円を1万8,000円に16.1%の引き上げ、均等割1万4,500円を1万7,000円、17.2%の引き上げ、所得割7.98%から8.5%に6.5%の引き上げです。介護分均等割8,700円から1万円に14.9%引き上げ、所得割0.83%から0.95%に14.5%に引き上げようとするものですが、この条例の改正は低所得者ほど負担増加率が高くなっております。40歳から64歳までの国保加入者には介護保険料も引き上げられます。企業の倒産、リストラなどにより、失業手当受給中の加入者や不況の中での売り上げダウンの中小業者加入者もいます。このような時期に国保料の引き上げは大変厳しく生活を圧迫するものとなります。国民健康保険法の第1条では、この法律は国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とすると社会保障制度の性格を明確にしています。第4条は、国は国民健康保険事業の運営が健全に行われるよう努めなければならないと国の義務を規定し、国庫負担を義務化しています。しかし、国庫負担の改正が1984年に医療費国庫負担を45%から35.8%に引き下げてしまいました。このように市民に負担を押しつけるのではなく、市は今こそ国庫負担をもとに戻すべきことを国に求めるべきです。このことを強く主張しまして、本案への反対討論といたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆16番(勝呂幸一君) はい、議長、16番。



○議長(松澤一男君) 16番、勝呂幸一君。



          〔16番 勝呂幸一君登壇〕





◆16番(勝呂幸一君) 私は、議案第6号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、賛成討論を行います。

 本案は、国民健康保険の保険給付費が増大していることに伴い保険料率を改正しようとするものでございますが、その内容は医療分の所得割を100分の7.98から100分の8.5に、被保険者均等割を1万4,500円から1万7,000円に、世帯別平等割を1万5,500円から1万8,000円に、また介護分の所得割を100分の0.8から100分の0.95に、被保険者均等割を8,700円から1万円に改めようとするものでございます。これらの改正は被保険者数の増加や加入者の高齢化により保険給付費が増大していることに加え、長引く景気の低迷により保険料収入が伸び悩むなどの厳しい財政状況の中にあって、本市国保財政の安定化と被保険者の負担の公平化を図るために講じたものであり、妥当であると考えられます。よって、本案に賛成するものでございます。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第6号 鎌ケ谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 これより議案第7号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第7号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第7号 鎌ケ谷市国民健康保険出産費貸付基金条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第8号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第8号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第8号 鎌ケ谷市火災予防条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第9号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第9号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第9号 平成13年度鎌ケ谷市一般会計補正予算(第5号)は原案のとおり可決されました。

 これより議案第10号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第10号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第10号 平成13年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。

 これより議案第11号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第11号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第11号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)は原案のとおり可決されました。

 これより議案第12号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第12号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第12号 平成13年度鎌ケ谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)は原案のとおり可決されました。

 これより議案第13号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第13号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第13号 平成13年度鎌ケ谷市介護保険特別会計補正予算(第2号)は原案のとおり可決されました。

 これより議案第19号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第19号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第19号 鎌ケ谷市市道路線の認定及び廃止については原案のとおり可決されました。

 これより議案第20号について討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、直ちに議案第20号について採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第20号 千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議については原案のとおり可決されました。





△(議案第14号〜議案第18号)の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第2、議案第14号から議案第18号までの以上5件を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員長、石井一美君。



          〔予算審査特別委員長 石井一美君登壇〕





◎予算審査特別委員長(石井一美君) これより予算審査特別委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております議案第14号から議案第18号までの平成14年度一般会計及び4特別会計についての予算審査特別委員会における審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 本委員会は、去る3月5日と6日の両日にわたり、委員全員出席のもとに開催し、執行部関係者より説明を聴取しつつ、慎重に審査を行った結果、次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第14号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計予算についてでありますが、総括審査において、平成14年度予算は財政調整基金13億8,000万円を取り崩し財源を確保する一方で、福祉予算の充実を図っている。

 そのような中で、新京成線連続立体交差事業を今後10年間に総事業費350億円、鎌ケ谷市の負担分57億円を投じて事業を推進することについて伺うとの質疑に対し、歳入が減って歳出が増えるという状況を打破するため、臨時行財政改革推進委員会を設置して、財源確保と歳出削減を検討している。今回事業認可を得た新京成線連続立体交差事業については、新鎌ケ谷地区の区画整理との整合性を図りながら、まちづくりに一体として寄与していくための財政投資額として、しっかり位置づけていきたいとの答弁がなされました。

 また、平成14年度の予算の特色はどのようなものかとの質疑に対し、地方分権一括法が施行され、市町村に財源的な裏付けのない中で権限が移譲されている現状において、平成14年度予算は歳出を厳しく抑制したが、歳入が確保できずマイナス予算となったが、失業率、少子高齢化の問題など国の政策動向を見据えながら鎌ケ谷市らしさを取り入れ、子育て支援をはじめ扶助費を積極的に予算化した結果、民生費が土木費を抜いて構成比が一番高くなる予算になったとの答弁がなされました。

 次に、歳入予算でありますが、市税の徴収率を上げるため、徴収強化ということをどのように考えているのかとの質疑に対し、景気の一層の冷え込みにより経済情勢が悪化している中で、滞納税額が累積で13億円となり、徴収体制について平成13年度においては、徴収業務を経験している他部署の職員の応援を得て、約1カ月に渡り未納者に対して平日の臨戸徴収を実施するとともに、担当課においても毎月休日の臨戸徴収を行って、滞納者との接触強化を図ってきている。今後も職員一丸となって徴収に努めていきたいとの答弁がなされました。

 次に、歳出予算でありますが、まず総務費において、住民基本台帳ネットワークシステムの導入事業予算が入っているが、情報の漏洩という危険性が指摘される中で、政府はネットワークを利用する事務をさらにふやす準備をしていることを踏まえ、個人情報保護条例の強化をどのよう考えているのかとの質疑に対し、あらゆる情報が入力されて、本人が知らないところで情報が漏れるということは、あり得ることなので、電子政府を推進する国においては個人情報保護の法律をしっかりと位置づけていただきたい。本市においても守秘義務を守りながら情報公開をしていきたいと考えているとの答弁がなされました。

 次に、民生費についてでありますが、新しい事業である配偶者暴力被害者等緊急避難支援費について伺うとの質疑に対し、平成13年10月13日に施行された配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律により、配偶者からの暴力に対する保護については、国または市町村の責務であるとされたことに基づき、緊急避難を必要とする方に対し、避難所的な宿泊施設に入所するための費用を支給しようとするものであるとの答弁がなされました。

 次に、衛生費についてでありますが、地域環境総合計画の策定委託をするにあたり、市民の声は活かされるのか伺うとの質疑に対し、この計画は、市民、事業者、行政の3者がパートナーシップを持って、環境型社会構築のための目標、アプローチ、各諸団体の行動目標などをつくっていこうというものであり、計画期間は平成15年度から15年間で、5年ずつの見直しを行う。市民や諸団体の代表の方々が中心となって課題ごとに素案をつくり、計画をとりまとめていく中で、コンサルタントに情報提供や意見のとりまとめなどの支援をしてもらい、計画を策定していくとの答弁がなされました。

 次に、商工費についてでありますが、緊急地域雇用事業の企業台帳管理システム事業委託について、事業の内容と活用方法を伺うとの質疑に対し、市内の約30社の事業所を訪問しながら、企業名、住所、従業員数、業種などについて調査し、情報をデジタル化していく事業である。平成14年度で情報をデジタル化し、15年度以降はその情報を市内の企業、商工会等の加入者などに提供し、企業間交流に活用していきたいと考えているとの答弁がなされました。

 次に、土木費についてでありますが、東武鎌ケ谷駅から新鎌ケ谷駅までの都市計画道路3・5・12号線、この側道整備事業の進捗状況を伺うとの質疑に対し、この3・5・12号線については、新鎌ケ谷地区と東武鎌ケ谷駅を結ぶ歩行者系の道路として整備していく考えでおり、現在用地は約9割を取得済みで残り1割も平成14年度中に取得し、15年度末の完成を目指しているとの答弁がなされました。

 次に、消防費についてでありますが、救急救命士の充足度について伺うとの質疑に対し、高規格救急車1台当り救急救命士を4人配置する必要がある。現在は救急救命士は5人いるので、充足している。平成14年度末に高規格救急車が2台となる時点では、救急救命士は7人体制となり1人不足するが、14年度の研修者が15年6月に救急救命士になる予定なので、その時点で充足する。また、将来的には救急隊員を全て救急救命士にすることが国の方針なので引き続き養成に努めていくとの答弁がなされました。

 次に、教育費についてでありますが、学校評議員という言葉が新しく出てきているが、その内容を伺うとの質疑に対し、学校評議員制度は、保護者や地域住民が学校運営へ参画する仕組みを制度的に裏付けたもので、学校教育法を改正して評議員を設置することができるものであり、地域の学校評議員からのいろいろな意見や助言を学校運営に生かしていく制度である、教育委員会としては平成14年4月から導入したいと思っているとの答弁がなされました。この後、討論に入り、本案は歳入歳出それぞれ247億6,000万円と定めようとするものである。前年比マイナス1.9%の緊縮予算であり、景気や雇用の悪化は深刻なものとなっている。地方交付税は前年度比マイナス2億5,000万円となるが、これは国が歳出の見直しを図らず、地方へ交付すべきものを減額したためであり、国へ公共事業の削減を求めるべきである。歳出について、民生費は保護者の立場を考慮すると、学校週5日制の中での学童保育の土曜日開設の必要性があることから不満が残る内容である。また、保育園の給食調理及び用務業務委託は容認できるものではなく、土木費及び教育費においても市民生活を最優先する予算の配分が、必要であることを主張し、本案には反対するとの反対討論がなされ、次に、景気低迷の長期化で、市税や地方交付税は減少し、歳入は厳しい状況であるが、地方債の活用も含め歳入確保に努力したと評価するものであり、歳出については鎌ケ谷レインボープラン21に計画された事業の各分野にわたり予算が配分され、具体的には、(仮称)北部地区コミュニティセンターの建設、特別養護老人ホーム整備助成や第二中学校柔剣道場建設事業など、主要事業の推進は評価できるものである。緊縮予算とはいえ、市民生活に密着する分野では前年度より増額されており、健全財政を目指しつつ、市民本位の行財政運営が展開されることを要望し、本案に賛成するとの賛成討論がそれぞれなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、特別会計における審査状況をご報告申し上げます。

 まず、議案第15号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算についてでありますが、療養給付費交付金が減額されているが、その要因を伺うとの質疑に対し、療養給付費交付金は60歳から69歳までの厚生年金、及び、共済年金の受給者の医療給付費に対する交付金であるが、その医療給付費が下がる傾向にあるため、前年に比べ2%程度減額になっているとの答弁がなされました。

 この後、討論に入り、本案は歳入歳出それぞれ65億7,000万円と定めようとするものであるが、この予算案は保険料の引き下げ分を含んでいる。国民健康保険の加入者が増えているが、多くは会社を解雇されたことにより社会保険から移行した人であり、経済力は脆弱である。保険料の引き上げは、低所得者層に負担が重く、滞納者を増加させることから、本案に反対するとの反対討論がなされ、次に、本案の歳入の主なものは、保険料、国庫支出金及び療養給付費交付金であり、保険料については保険給付費等の歳出増加に対応するため、保険料率の改定を見込んでいる。歳出の主なものは保険給付費及び老人保健拠出金であり、その内容は適切な運営を図る上で、妥当なものと判断し、賛成するとの賛成討論がそれぞれなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第16号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算についてでありますが、受益者負担金が1,117万5,000円の減額になった理由を伺うとの質疑に対し、新規賦課面積が、平成13年に比べ3万410平方メートル減少していることにより、減額になったものである。との答弁がなされました。

 この後討論に入り、本案は歳入歳出それぞれ22億200万円と定めようとするものであるが、市民が健康で文化的な生活を送れるよう、国や県がもっと力を入れるべきであり、流域下水道建設費及び維持管理費の地元負担金には反対であることから、本案には反対するとの反対討論がなされ、次に、本案の歳入の主な使用料、手数料、市債及び国庫支出金は増加しており、一般会計からの繰入金は減少している。歳出の主なものは、事業費で前年比8.5%の増であるが、これは工事請負費の増加によるものである。公共下水道事業は、生活環境整備の最も効果的な事業であり、積極的に推進することを要望して、本案に賛成するとの賛成討論がそれぞれなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第17号 平成14年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算についてでありますが、1人当りの老人医療費の金額について伺うとの質疑に対し、1人当りの金額については約65万円であり、千葉県下での平均的な金額であるとの答弁がなされました。

 この後討論に入り、本会計は、高齢者医療の対象を70歳から75歳に5年をかけて段階的に引き上げ、平成14年度中に一部負担金の限度額を撤廃し、高所得者は定率1割から2割に改めるなど、老人保健法の大幅な改悪が予定されることから、本案に反対するとの反対討論がなされ、次に、本案は、歳入歳出それぞれ50億8,900万円で、前年度当初と比較して6.9%の増となっている。内容は対象人員の増による医療諸費の伸びと老人保健法の改正を見込んだものであり、妥当な予算と判断する。適切な医療の確保による老人福祉の向上を要望して、本案に賛成するとの賛成討論がそれぞれなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、議案第18号 平成14年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算についてでありますが、第1号被保険者の保険料収納率を何%と見込んでいるのかとの質疑に対し、特別徴収分については100%、普通徴収分については90%を見込んでいるとの答弁がなされました。

 この後討論に入り、施設看護を希望しても特別養護老人ホームなどの介護施設の整備が遅れているために在宅看護で苦労している介護者がおり、40歳以上の国民から介護保険料を徴収し、それまでの国庫負担金が削減されていることから、本案に反対するとの反対討論がなされ、次に、本案は歳入歳出それぞれ21億8,300万円で、前年度当初と比較して0.3%の増となっている。歳入の主な、保険料、国庫支出金、支払基金交付金は増加している、歳出の主なものは保険給付費が0.5%の増であり、妥当な内容と判断する。法の精神を遵守し、事業を円滑に推進されることを要望して、本案に賛成するとの賛成討論がそれぞれなされた後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上がただいま議題となっております平成14年度当初予算案5件についての本委員会における審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告について質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 これより議案第14号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆10番(駒崎年子君) 議長。



○議長(松澤一男君) 10番、駒崎年子君。



          〔10番 駒崎年子君登壇〕





◆10番(駒崎年子君) 私は、議案第14号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計予算につきまして、日本共産党を代表し反対討論を行います。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ247億6,000万円と定めようとするものであります。まず、本予算が執行される平成14年度は市民にとって一体どのような経済の状況になるかということを考えないわけにはまいりません。今、日本経済は景気悪化と物価下落が同時に進行し、未曾有の大不況の中、失業や倒産など、市民の暮らしや経営はかつてなく深刻な事態であります。この上さらに大企業のリストラ計画が相次いで出されており、失業は一層悪化の一途をたどり、住民は雇用不安を募らせるばかりであります。所得と消費はますます冷え込み、出口の見えない、まさに経済危機のただ中に市民は立たされ続けることになりましょう。加えて政府の不良債権早期最終処理という政策のもとで破綻させられた船橋信用金庫の地域経済への影響についても厳しく見ていく必要があると思います。受け皿機関が取引先を引き継がず債権回収機構RCCに送り、そのため倒産に至る業者が必ず出てまいりましょう。市民税が果たして予定どおり徴収できるのか、まず大きく懸念されます。このようなときだからこそ、福祉、医療、営業、教育、環境に十分な予算の配分を求めたいと思います。

 歳入の13款国庫支出金は前年比約1億9,000万円の増額でありますが、国が当然負担すべき生活保護費国庫負担分が約1億3,000万円増額され、そして今回市の事務事業とされました児童扶養手当の国庫負担分の約6,000万円が増額されているにすぎず、国庫補助金は約4,200万円の減額ではありませんか。地方交付税2億5,000万円の減額は、いわゆる赤字地方債の発行につながり、地方の借金をふやす結果となります。国の方針が、施策が、地方自治体の財政にも厳しくはね返っていることを見なければなりません。

 歳出について指摘をいたします。2款総務費、住民基本台帳の全国ネットワークシステム化に対応するための予算1,178万6,000円についてであります。市町村、都道府県、国をつなぐネットワークですが、すべての国民の住所、氏名、性別、生年月日の4情報と住民票コードを一元的に管理するシステムで、これは世界に例を見ないものです。欠かせない個人情報保護法案が現在継続審議中であり、民間事業者には過度の規制を強要し、行政機関への規制強化を先送りしているとの問題点が現在指摘されております。日弁連は個人情報保護法が不十分な形になるのであれば、住基ネットシステムは施行前に中止を求めざるを得ないとの見解を出していることを述べておきたいと思います。

 第3款民生費、母子福祉費の中の児童扶養手当7,811万6,000円、これは国庫支出金4分の3と、市の持ち出し分4分の1で賄われます。これまでこの4分の1は県が負担していたものであり、市の事務事業とされた上に市の負担が強化されたものであります。

 保育所費の中、保育園の給食調理と用務業務の委託費用が合わせて3,535万1,000円計上されております。法が園内調理の委託化も可能と改定しているとは申せ、業者に委託してきめ細かい対応ができるものと危惧せざるを得ません。わずかな予算を節減しても失うものの方が大きいと思われます。

 第5款の労働費、中小企業勤労者一時資金貸付預託金100万円計上されております。この貸付金こそこのようなとき求められていると思います。勤労市民にとって借りやすい内容にしていくことが必要であります。

 7款商工費、中小企業資金融資預託金6,000万円ですが、船橋信用金庫破綻の事態を受け、市の融資制度をもって救済すべき業者を救済すべきであり、預託金額の増額が必要であります。

 8款土木費、街路事業費は毎年比7,876万7,000円増の16億3,818万4,000円計上されております。これは総予算の6.6%を占める大きなものであります。最近はこの事業費にかかわる都市計画道路事業費の次年度への繰越明許が年々続きふえてまいっております。事業の性格上、ある程度はこの繰越明許はやむを得ないものとは認識いたしますけれども、事業を急ぎ過ぎ無理が生じているものと考えざるを得ないのです。

 第10款教育費、小学校費2億786万4,000円は、前年比1,465万1,000円の減額計上であります。その要因は、施設整備工事費の前年比1,364万5,000円の減額計上であり、学校施設の老朽化が進んでいる現在、これは容認しがたい内容であります。

 公民館費は設置条例廃止で廃目となっております。新しく鎌ケ谷市学習センター設置及び管理条例に位置づけられておりますが、東部公民館の補修のための予算の計上がなされていないことは、この条例が時限立法的なものであるとの疑問を持たざるを得ません。

 第13款の諸支出金のうち県立鎌ケ谷高校用地借上料や通学路用地の借上料、合計811万8,000円ですけれども、県との協議書が存在しているかもしれませんけれども、紛れもなく地財法に違反するものであり、知事が交代されている現在、また市の財政がこのように厳しいときであるからこそ、改めて県の負担を求めるべきだと思います。

 以上さまざま申し述べてまいりましたが、政府に対し財源委譲を伴う真の地方分権を求め、必ずや国の軍事予算の増大を招き、地方財政への圧迫をももたらす有事法制に財政面からも強く反対し、大企業優遇、大型公共事業最優先の国の政治から、庶民の暮らしを守る政治への転換を地方自治体から強く求めていただきたいことを要望し、反対討論といたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆2番(勝又勝君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 2番、勝又勝君。



          〔2番 勝又 勝君登壇〕





◆2番(勝又勝君) 私は、議案第14号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計予算について、賛成討論を行います。

 我が国経済は企業の経営破綻やリストラの増加に伴い非自発的な離職者がふえるなど、雇用、所得環境が悪化しており、個人消費の回復は全く期待できない状況にあります。また、企業の設備投資も足踏みを続けており、景気の低迷はさらに長期化するものと見込まれます。このような状況の中、国、地方公共団体ともに財源不足が深刻化しており、国と県の14年度当初予算はいずれも前年度比マイナスの緊縮型予算となっています。本市の14年度予算も同様の状況にあり、歳入歳出それぞれ247億6,000万円で、前年度当初予算と比較して、額で4億9,000万円、率で1.9%の減となっております。

 歳入の主なものとしては、構成比47.7%の市税が118億2,000万円で前年度と比較して1.7%の減となっています。次に、構成比14.1%の地方交付税は35億円と前年度に比べ6.7%の減、構成比8.2%の市債は20億2,900万円と前年度と比較して14.5%の減となっております。このほか国及び県の支出金23億9,178万3,000円、財政調整基金等からの繰入金16億4,720万円などが計上されています。歳入の減は主に市税や地方交付税の減少に起因するものであり、このため財政調整基金からの繰入額が多額になっておりますが、一方で国及び県の支出金は増加しており、厳しい状況の中で地方債の活用も含め工夫を重ね、歳入確保に努力した跡が見られると評価いたすものでございます。

 次に、歳出の状況でありますが、鎌ケ谷レインボープラン21に計上された事業を中心に各分野にわたり予算が配分されております。具体的には総務費における(仮称)北部地区コミュニティセンター建設事業、住民基本台帳ネットワークシステム導入事業、コミュニティバス運行助成事業、民生費における特別養護老人ホーム整備助成事業、特別養護老人ホーム建てかえ事業、衛生費における(仮称)ストックヤード整備事業、廃棄物処理施設周辺整備事業、環境基本計画策定事業、商工費における中心市街地活性化基本計画策定事業、土木費における主要市道整備事業、準用河川整備事業、都市計画道路整備事業、消防費における消防車両更新事業、教育費における義務教育施設維持補修及び耐震診断改修事業、第二中学校柔剣道場建設事業など、各分野にわたる主要事業の推進は評価できるものであります。また、緊縮予算とはいえ、民生や衛生、消防など、市民生活に密接に影響する分野では前年度より増額されており、安全や健康、福祉等の暮らしに根差した切実な市民要望には積極的にこたえるという姿勢がうかがえます。政府は構造改革路線を堅持しつつ、景気浮揚を図るため、デフレ対策に着手いたしましたが、今後も経済運営には依然として多くの困難が伴うものと考えられます。このような不安定な経済状況を踏まえつつ、平成14年度予算の執行に当たりましては、健全財政を目指しつつも、市民の目線に立った市民本位の行財政運営が展開されることを要望いたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第14号 平成14年度鎌ケ谷市一般会計予算は原案のとおり可決されました。

 これより議案第15号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆10番(駒崎年子君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 10番、駒崎年子君。



          〔10番 駒崎年子君登壇〕





◆10番(駒崎年子君) 議案第15号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算につきまして、日本共産党を代表して反対討論を行います。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ65億7,000万円と定めようとするものでありますが、3点を指摘したいと思います。

 法定外の一般会計繰入金額を最大限の努力の中でさらに増額してほしかったと思います。長引く不況、失業、倒産の中、国保料の引き上げは行わず、私どもはさきの討論で反対をいたしましたけれども、国民健康保険料の引き上げが含まれている点です。

 また、県支出金が少額過ぎることです。県は関東近県並みに増額すべきこと、このことを求めていただきたい。

 3点目、国の臨調行革路線の中で医療費に対する国庫負担割合が削減され、それが国保料の引き上げと滞納額の増大を招いておりますが、その復元化を求めるべきことを述べたいと思います。

 また、国が計画する医療保険制度の改悪は、差額ベッドの拡大、保険医療の縮小を計画しております。これではお金のある、なしによって受けられる医療に差が生じてまいります。国民の健康を守る国の責任を強く追求し、後発医薬品を取り入れることによる薬価の引き下げ等を求め、総体的な医療費の圧縮をすることは可能と思います。

 以上申し述べ、市民の負担、国保料の引き上げが含まれている内容ですので、反対をいたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆8番(三橋一郎君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 8番、三橋一郎君。



          〔8番 三橋一郎君登壇〕





◆8番(三橋一郎君) 私は、議案第15号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算について、賛成討論を行います。

 本案は、歳入歳出それぞれ65億7,000万円で、保険給付費や介護納付金の伸びにより、前年度当初予算と比較して、額で1億7,000万円、率で2.7%の増となっております。

 歳入予算の主なものは国民健康保険料が前年度比4.2%増、国庫支出金は前年度と比較して4.1%の増、また療養給付費交付金は前年度に比べて2.4%の減となっております。なお、国民健康保険料については、保険給付費等の歳出増加に対応するため、平成10年度から据え置いている保険料率の改定を見込んでおります。

 歳出予算の主なものは、保険給付費が前年度比3.8%の増、老人保健拠出金は前年度に比べ0.5%の減であります。予算の内容は国民健康保険の適切な運営を図る上で妥当なものであると判断いたします。今後とも国民健康保険の充実に努力されることを要望いたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第15号 平成14年度鎌ケ谷市国民健康保険特別会計予算は原案のとおり可決されました。

 これより議案第16号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆11番(柴田光泰君) 議長。



○議長(松澤一男君) 11番、柴田光泰君。



          〔11番 柴田光泰君登壇〕





◆11番(柴田光泰君) 議案第16号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算につきまして、日本共産党を代表いたしまして反対討論を行います。

 本案は、歳入歳出の総額をそれぞれ22億200万円と定めようとするものであります。国民の健康で快適な環境を保障する国の責任を追及し、また県の重要事業であることから、国や県からの補助金の増額をもっと強力に要求すべきであります。起債によって事業を行ってきた結果、年度末には112億円余りの借金残高となり、これが将来市民の肩に重くのしかかってくるのではないでしょうか。流域下水道事業の建設費及び維持管理費の地元負担金に反対し、本案への反対討論といたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆5番(石神市太郎君) 議長。



○議長(松澤一男君) 5番、石神市太郎君。



          〔5番 石神市太郎君登壇〕





◆5番(石神市太郎君) 私は、議案第16号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算について、賛成討論を行います。

 本案は、歳入歳出それぞれ22億200万円で、前年度当初予算と比較して、額で1億1,000万円、率で5.3%の増となっております。その主な要因といたしましては、新たに南初富地区を事業化することに伴い、同地区の汚水を取り込む鎌ケ谷西7号幹線を整備する必要があるため、国庫補助対象事業費を増加したことによるものであります。また、下水道整備の進捗を図るため、起債対象単独事業費についても増加したことによるものです。

 歳入予算の主なものは、使用料及び手数料が6.7%、市債は29.2%、国庫支出金は15.0%、それぞれ前年度と比較して増加しております。一方、一般会計からの繰入金は前年度に比べ1.5%の減となっております。

 歳出予算の主なものは、事業費が前年度比8.5%の増で、これは主に工事請負費の増加によるものであります。公共下水道事業は生活環境の整備に最も効果的な事業であり、市民が快適で衛生的な生活を営むため積極的に推進することを要望いたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第16号 平成14年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計予算は原案のとおり可決いたしました。

 これより議案第17号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆11番(柴田光泰君) 議長。



○議長(松澤一男君) 11番、柴田光泰君。



          〔11番 柴田光泰君登壇〕





◆11番(柴田光泰君) 議案第17号 平成14年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算につきまして、日本共産党を代表して反対討論を行います。

 本案は、歳入歳出の総額をそれぞれ50億8,900万円と定めようとするものであります。平成13年1月から70歳以上の老人医療費に1割の定率性が導入され、高齢者への大幅な負担増が医療抑制につながっております。さらに、今後、高齢者医療制度審議会は14年度には医療の抜本改革で高齢者医療の老人保健制度の対象者を70歳から75歳と5年かけて引き上げ、患者負担の上限額の撤廃などを推し進める計画であります。保険料についても介護保険同様すべての高齢者に負担させ、扶養家族として免除になっている約300万人の高齢者からも保険料の徴収をしようとしております。このように老人保健の改悪が行われた場合、高齢者はますます病院に行きにくく、早期発見、早期治療という医療の大原則に逆行し、結果的には有病率を高め医療費をふやすことになってしまいます。老人医療費の自己負担強化に反対し、老人福祉法の理念からも高齢者に国がもっと手を差し伸べるべきであると主張いたしまして、本案への反対討論といたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆25番(塩澤敏行君) 議長。



○議長(松澤一男君) 25番、塩澤敏行君。



          〔25番 塩澤敏行君登壇〕





◆25番(塩澤敏行君) 私は、議案第17号 平成14年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算について、賛成討論を行います。

 本案は、歳入歳出それぞれ50億8,900万円で、前年度当初予算と比較して額で3億3,000万円、率で6.9%の増となっております。これは医療諸費の自然増及び平成14年度中の老人保健法の改正を見込んだものであります。歳入予算の主なものは支払基金交付金が前年度比6.9%増、国庫支出金は前年度に比べて7%の増であり、また歳出予算の主なものは医療諸費で前年度と比較して6.9%の増となっております。内容については対象者の自然増及び老人保健法の改正を見込んだものであり、妥当な予算であると判断いたします。高齢者の方々にいつまでも健康でお過ごしいただくとともに、適切な医療の確保により老人福祉がさらに向上されるよう要望いたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第17号 平成14年度鎌ケ谷市老人保健特別会計予算は原案のとおり可決されました。

 これより議案第18号について討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。



◆11番(柴田光泰君) 議長。



○議長(松澤一男君) 11番、柴田光泰君。



          〔11番 柴田光泰君登壇〕





◆11番(柴田光泰君) 私は、議案第18号 平成14年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算につきまして、日本共産党を代表して反対討論を行います。

 本案は、歳入歳出の総額をそれぞれ21億8,300万円と定めようとするものであります。介護保険が施行されてはや2年が経過しようとしております。各自治体はこの間それぞれ独自の施策で保険料や利用料の減免、介護基盤整備の充実を図ってきております。本市も担当部局のご努力は認めるものの、低所得者への配慮は十分であるとは言えません。

 歳入の第2款国庫支出金4億6,862万7,000円は、本会計の21.5%にしかすぎません。これまで国の助成は約50%であったものを介護保険料の徴収で賄うことにより市民の負担はふえ、国、自治体の負担が減ったことに対しては、私どもは到底容認できるものではございません。

 以上申し述べて、本案への反対討論といたします。



○議長(松澤一男君) 次は、賛成討論でありますが、賛成討論はありませんか。



◆3番(土屋裕彦君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 3番、土屋裕彦君。



          〔3番 土屋裕彦君登壇〕





◆3番(土屋裕彦君) 私は、議案第18号 平成14年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算について、賛成討論を行います。

 本案は、歳入歳出それぞれ21億8,300万円で、前年度当初予算と比較して、額で1,700万円、率で0.8%の増となっております。これは給付実績から見て、介護サービスの受給者が微増にとどまると見込まれることによるものであります。歳入予算の主なものは支払基金交付金が前年度比0.5%の増となったほか、国庫支出金は2%、保険料は33.5%、それぞれ前年度に比べて増加しております。歳出予算の主なものは保険給付費が前年度比0.5%の増であり、内容は妥当なものであると判断をいたします。今後とも法の趣旨を遵守し介護保険事業を円滑に推進するよう要望いたしまして、私の賛成討論といたします。



○議長(松澤一男君) ほかに討論はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) これにて討論を終結します。

 これより採決いたします。

 お諮りいたします。本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立多数〕





○議長(松澤一男君) 起立多数であります。

 よって、議案第18号 平成14年度鎌ケ谷市介護保険特別会計予算は原案のとおり可決されました。





△(陳情14−3−1)の委員長報告、質疑、採決



○議長(松澤一男君) 日程第3、陳情14−3−1を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、野村誠剛君。



          〔総務常任委員長 野村誠剛君登壇〕





◎総務常任委員長(野村誠剛君) これより総務常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております陳情1件についての総務常任委員会における審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 陳情14−3−1 法務局の増員に関する陳情書についてでありますが、審査の参考上、当局の意見を求めたところ、この陳情は鎌ケ谷市を管轄している千葉地方法務局市川支局の職員組合から出されたものと聞いている。市川支局では平成11年度から登記に関する事務を電算化してきている。これにより登記申請事務の効率化と登記簿の閲覧や証明書の交付が速やかになり、以前は30分から1時間以上要したものが、現在では15分以内で発行されている。

 国では中央省庁等改革基本法により22省庁が12省庁になり、行政組織の整理簡素化、職員定数の削減を進めていることから、この陳情が提出されたと思う。法務局としても、今後も事務の電算化をはかり、地域サービスの向上に努めながら、統合化していくと聞いているとの説明がなされました。

 この後、質疑に入り、事務手続が速やかになった要因を伺うとの質疑に対し、法務局の業務は土地・建物の登記関係が圧倒的に多いが、平成11年11月29日から電算化され、その後、平成12年6月に共同担保目録も電算化された。さらに最近では、ホームページでID利用者登録をすると、自宅でも登記簿の閲覧が可能になっている。との答弁がなされた後、賛否等の意見を求めたところ、現在小泉内閣の進める構造改革により、国家公務員の定数削減が行われ、法務省においては105人の削減という厳しい内容である。法務局における業務内容は増加の一途をたどり、職員の数に対して仕事量が増え、窓口サービスの充実が困難だと陳情書には記載されている。行政サービスの低下をきたす大幅な定員削減などの一方的な合理化には反対の意向を表明し、本陳情の採択を主張するとの意見と、国は、行財政改革を進め、業務の効率化、簡素化、電算化などを進めている。法務局についても電算化が推進され、事務の効率化がはかられたと思われる。また、鎌ケ谷市内に法務局が新設されるということであれば総合的に検討されるべきであるが、現在は合理化・統合化の方向性なので、本陳情については不採択を主張するとの意見がそれぞれ述べられた後、採決の結果、賛成少数で不採択とすることに決定いたしました。

 以上がただいま議題となっております陳情1件についての本委員会における審査の経過と結果のご報告でございます。よろしくご審議のほどお願い申しあげます。



○議長(松澤一男君) 以上で総務常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告について質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 お諮りいたします。陳情14−3−1 法務局の増員に関する陳情書は採択とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議あり」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議がありますので、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。本陳情を採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立少数〕





○議長(松澤一男君) 起立少数であります。

 よって、陳情14−3−1 法務局の増員に関する陳情は不採択と決しました。





△(陳情14−3−3、陳情14−3−4)の委員長報告、質疑、採決



○議長(松澤一男君) 日程第4、陳情14−3−3、陳情14−3−4の以上の2件を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。

 民生経済常任委員長、鈴木道雄君。



          〔民生経済常任委員長 鈴木道雄君登壇〕





◎民生経済常任委員長(鈴木道雄君) これより民生経済常任委員長報告を行います。

 ただいま議題となっております陳情2件についての民生経済常任委員会における審査の経過と結果のご報告を申し上げます。

 まず、陳情14−3−3 雇用の危機突破を求める意見書提出を求める陳情書についてでありますが、審査の参考上当局に意見を求めたところ、平成13年度の平均失業率が5%と、雇用が深刻な状況になっている。国は雇用対策として、産業構造改革雇用対策本部を立ち上げ、9月には総合雇用対策を発表した。概要は、雇用の受け皿の整備、雇用のミスマッチの解消、セイフティーネットの整備及び緊急地域雇用特別基金事業の実施などである。本市においても公共職業安定所と協力して職業相談を行い、また、緊急地域雇用特別基金事業を取り入れるなど雇用の拡大を図っているとの説明がなされました。

 その後、質疑に入り、現在、完全失業者数は400万人くらいだと思われるが、陳情書の中で120万人以上の雇用を創出すると具体的な数字が示されているが、その根拠は何かとの質疑に対し、新聞報道等で職業訓練等の緩和策で10万人、45歳以上の派遣社員の雇用期間を延ばすことで5万人以上の雇用が創出されるなどそれらを積み上げて120万人ということだと思うとの答弁がなされた後、賛否等の意見を求めたところ、本陳情は、長期にわたる経済停滞の中で、過去最悪の失業率や深刻な雇用危機は、地域経済にも影響しており、この危機的事態を突破し、日本経済を再生するため関係機関に意見書を提出してほしいというものである。今後も不良債権処理の進展に伴い、雇用情勢がさらに悪化する可能性があるなかで、一層の雇用の確保、地域経済の発展を進めていく必要があると考え、本陳情の採択を主張するとの意見が述べられた後、採決の結果、賛成多数で採択とすることに決定いたしました。

 次に、陳情14−3−4 国民健康保険料率改定は凍結し、保険料の現行維持を求める陳情書についてでありますが、審査の参考上当局に意見を求めたところ、今回の国民健康保険料率等の改定は、年々増加する医療費の財源を補うためのもので一般会計から法定外の繰入金1億3,000万円、財政調整基金の取り崩し8,000万円を充ててもなお財源に不足が生じるものでやむを得ないと考えているとの説明がなされました。

 その後、質疑に入り、一般会計予算の使い方を見直し、さらなる繰り入れをすれば、保険料の現状維持は図れるのではないかとの質疑に対し、一般会計も税収が非常に落ち込んでおり、これ以上の繰り入れはむずかしくなる一方、増え続ける医療費を払わなければならないという厳しい状況であるとの答弁がなされた後、賛否等の意見を求めたところ、保険料の引き上げは、経済的に脆弱な世帯の生活を圧迫することが予想され、企業負担のある同じ所得階層のサラリーマン世帯と比較した場合負担が重くなることは否定できない、景気が回復し地域経済が活性化するまで現行の保険料を維持してほしいという陳情の趣旨は理解できるので本陳情の採択を主張するとの意見と、長引く経済の低迷により国民健康保険への加入者は全国的に増加しており、医療費も顕著な伸びを示している。本市においても保険給付費は増加傾向にあり、現行のままでは医療給付に支障をきたすことから、保険料率の改定はやむを得ないと判断し、本陳情の不採択を主張するとの意見がそれぞれ述べられた後、採決の結果、賛成少数で不採択とすることに決定いたしました。

 以上がただいま議題となっております陳情2件についての本委員会における審査の経過と結果のご報告でございます。

 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で民生経済常任委員長の報告を終わります。

 これよりただいまの委員長報告についての質疑を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) 以上で質疑を終結します。

 お諮りいたします。陳情14−3−3 雇用の危機突破を求める意見書提出を求める陳情は採択とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、本陳情については採択と決しました。

 お諮りいたします。陳情14−3−4 国民健康保険料率改定は凍結し、保険料の現行維持を求める陳情書は採択とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議あり」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議がありますので、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。本陳情を採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。



          〔起立少数〕





○議長(松澤一男君) 起立少数であります。

 よって、陳情14−3−4 国民健康保険料率改定は凍結し、保険料の現行維持を求める陳情書は不採択と決しました。





△閉会中の継続審査及び調査について



○議長(松澤一男君) 日程第5、各委員会の閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 議会運営委員会より陳情14−3−2 議場に国旗「日の丸」を掲揚することに関する陳情、陳情11−12−5 議場に国旗「日の丸」を掲揚することを求める陳情書について及び総務常任委員会より総務行政について、文教常任委員会より文教行政について、民生経済常任委員会より民生経済行政について、建設常任委員会より建設行政についての以上の件について、会議規則第102条の規定により各委員長から閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決しました。

 休憩します。再開を午後3時30分といたします。

          午後 2時51分  休 憩

          午後 3時30分  再 開



○議長(松澤一男君) 再開します。





△日程の追加



○議長(松澤一男君) お諮りいたします。

 この際、議案第21号、議案第22号及び同意案第1号から同意案第7号まで並びに諮問第1号の以上10件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議案第21号、議案第22号及び同意案第1号から同意案第7号まで並びに諮問第1号の以上10件を日程に追加し、議題とすることに決しました。





△(議案第21号、議案第22号、同意案第1号〜同意案第7号、諮問第1号)の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第6、議案第21号 鎌ケ谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第22号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)、同意案第1号 助役の選任について、同意案第2号 収入役の選任について、同意案第3号 教育委員会委員の任命について、同意案第4号 監査委員の選任について、同意案第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、同意案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、同意案第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、以上10件を一括議題といたします。

 なお、質疑、討論、採決については個別に行いますので、ご了承願います。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第21号、議案第22号及び同意案第1号から同意案第7号まで並びに諮問第1号の以上10件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第21号、議案第22号及び同意案第1号から同意案第7号まで並びに諮問第1号の以上10件については委員会の付託を省略することに決しました。

 提案理由の説明を求めます。



◎市長(皆川圭一郎君) 議長。



○議長(松澤一男君) 皆川市長。



          〔市長 皆川圭一郎君登壇〕





◎市長(皆川圭一郎君) 今回一括して追加上程させていただきました案件は、議案2件、同意案7件、諮問1件でございます。

 それでは、これより、各議案につきまして順次ご説明申し上げます。

 まず、初めに、議案第21号 鎌ケ谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、国、県及び県下各市の状況等を勘案し、58歳以上の職員のうち、規則で定める年齢に達した職員の給料について、その年齢に達した後の最初の4月1日以降、昇級を停止しようとするものであります。

 その内容でありますが、定年年齢が63歳の現業職員に対しては60歳昇給停止を、それ以外の定年年齢が60歳の職員に対しては58歳昇給停止をするものであります。

 次に、議案第22号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)につきましては、国の景気対策の一環として行われます、平成13年度第2次補正予算の国庫補助事業として、公共下水道事業を追加要望し、これが認められたため、追加補正するもので、歳入歳出それぞれ2,780万円を追加し、補正後の予算総額を22億9,343万9,000円といたすものであります。

 歳入予算の内訳といたしましては、公共下水道事業債3,000万円を追加し、流域下水道事業債220万円を減額しております。

 歳出の内訳といたしましては、実施設計委託3,400万円などを追加し、当初予定しておりました公共下水道工事に伴う物件及び移設補償719万8,000円を減額しております。

 第2表繰越明許費につきましては、国の第2次補正予算に係る公共下水道事業について、年度内の完了が見込めないため、設定するものであります。

 第3表地方債補正につきましては、公共下水道事業及び流域下水道事業の起債額を変更するものであります。

 次に、同意案第1号 助役の選任につきましては、現助役段木修氏が平成14年3月31日付で退職するため、新たに川井彰氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第2号 収入役の選任につきましては、現収入役の川井彰氏の後任といたしまして、新たに杉山巖氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第3号 教育委員会委員の任命につきましては、現委員の臼杵二三子氏の任期が平成14年3月31日付をもって満了するため、同氏を再任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第4号 監査委員の選任につきましては、本案は、現委員の村上優氏が平成14年3月31日付をもって退職するため、新たに松丸幹雄氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、現委員の小金勇作氏の任期が平成14年3月31日付をもって満了するため、同氏を再任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、現委員の三田和郎氏の任期が平成14年3月31日付をもって満了するため、同氏を再任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、同意案第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、現委員の村上優氏の任期が平成14年3月31日付をもって満了するため、新たに益田光氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましては、現委員の寺島正方氏の任期が平成14年5月14日付をもって満了するため、同氏の再任を推薦いたしたく、議会の意見を求めるものであります。

 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより議案第21号について質疑に入ります。

 発言を許します。



◆21番(鈴木道雄君) 議長。



○議長(松澤一男君) 21番、鈴木道雄君。



◆21番(鈴木道雄君) 議案第21号について一、二点ご質疑させていただきます。

 この条例の改正によりますと、58歳ということで、ただし書きがここに書いてあります。勤務成績が特に良好である職員については、市長の定めるところにより、昇給させることができるということなのですが、大体この言葉の意味でおおよそのアウトラインはつかめるのですが、実際こういう時点になった場合、具体的に勤務成績が特に良好であると。この場合に、いわゆるどのような条項あるいは要件が、具体的な良好となって、その場合にするのか、この辺のところをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市長公室長(杉山巖君) 議長。



○議長(松澤一男君) 杉山市長公室長。



◎市長公室長(杉山巖君) お尋ねのただし書きの具体的な内容なわけですけれども、ご存じのとおり基本的にはこの昇給の停止等については年齢に着目しながら定めております。その特例としてただし書きを設けるわけですけれども、具体的には年齢だけをもって縛って、それ以外は全部オミットしますよというのは、余りにも形式主義といいますか、かたくなな状況でございますので、具体的にはその道を一つは残しているということと、もう一点は、規則の中にもあるわけですけれども、極端なことを申し上げれば、人命救助とか公務にすぐれた功績があったとか、そういった場合を想定して、そういった余地を残しておくと。これが一つの考え方でございます。ケース・バイ・ケースといいますか、はっきりしないのですけれども、その辺を考えております。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆21番(鈴木道雄君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 21番、鈴木道雄君。



◆21番(鈴木道雄君) 市長の定めるところという裁量行為があるわけですから、そういう中で実際に非常に難しいのではないかというふうに思うわけです。具体的にこうこう、しかじかということをはっきりと明示してあれば、それによってきちんとその条項に照らしてやって、優良、良好というふうな判定ができると思うのですが、実際にこういう状況になったときに非常に難しいのではないかなというふうに実は考えております。

 つけ加えてご質疑するのですが、そういう場合、いわゆる勤務成績良好という場合には昇給させることができるということなのですが、その場合昇給させる時点です。時点というのは、58歳になったときに、この職員は良好な成績であるということを裁量行為の中で市長が認めた場合には、直ちにそのまま昇給になるのか。それとも一定期間、例えば具体的にわかりやすく言えば3カ月とか6カ月置いて、そういう中から昇給というふうな形をとるのか、その辺のところはどのように考えているのでしょうか、お聞かせ願いたいと思います。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎市長公室長(杉山巖君) 議長。



○議長(松澤一男君) 杉山市長公室長。



◎市長公室長(杉山巖君) 一つは特例措置を残しておきましたと申し上げたのですけれども、具体的には例を申し上げないとわからないと思いますので申し上げますけれども、規則の中において端的に申し上げれば勤続20年とか25年とか、そういった場合に一つの配慮を行うべくきております。あと個別的な場合は、今の段階では予測いたしかねます。勤続20年とか25年とか、そういった場合に一つの明確な基準がございます。



○議長(松澤一男君) ほかに質疑はありませんか。



◆24番(篠崎史範君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 24番、篠崎史範君。



◆24番(篠崎史範君) 基本的な質疑ですけれども、提案説明の中で、「国、県及び県下各市の状況等を勘案し」とありますけれども、国、県、それから各市の状況等をできればもう少し詳しく教えてください。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市長公室長(杉山巖君) 議長。



○議長(松澤一男君) 杉山市長公室長。



◎市長公室長(杉山巖君) 国、県、他市の状況でございますけれども、既にこの制度は53年から入ってきておりますけれども、現状国におきましては55歳昇給停止、それから千葉県におきましては58歳停止という状況でございます。それから、近隣各市におきましては、まずこの延伸措置が60歳というのは、本市の場合、60でございますけれども、60というのは本市以外はございません。ということは、定年年齢が60でございますので、実際にはその有効性を考えますと少し疑義を感じるわけです。したがいまして、本市が最後の制度整備と言っても過言ではなかろうかと、このように思っています。

 それから、もう一点、あえてつけ加えるとするならば、従前58歳延伸、60歳停止等の措置がなされたのが、新聞紙上等でもご存じのとおり、昨今では58歳停止という方向が大きな流れになってきております。



○議長(松澤一男君) ほかにありませんか。



◆10番(駒崎年子君) 議長。



○議長(松澤一男君) 10番、駒崎年子君。



◆10番(駒崎年子君) ただいまのご説明で、千葉県が58歳、県内他市も58歳でほとんどこういうようになっているということですけれども、やはりこのただし書きですか、勤務成績が特に良好であるとか、こういうものはついておりますか、他市の場合ですけれども。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎人事課長(中台茂君) 議長。



○議長(松澤一男君) 中台人事課長。



◎人事課長(中台茂君) 条例上に定めるに当たりまして、近隣各市の状況においては同じようなただし書きをつけてございます。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆10番(駒崎年子君) 議長。



○議長(松澤一男君) 10番、駒崎年子君。



◆10番(駒崎年子君) 先ほどの公室長のご説明で勤続20年、25年勤務したというケースがあるといいますと、例えば高卒、大卒だと、20年、25年、ほとんどの方がこの勤務継続年数に当たってしまうと思いますけれども、そうするとこの条例改正の意味がないのではないかというふうに思いますけれども、どういうことなのでしょうか。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎人事課長(中台茂君) 議長。



○議長(松澤一男君) 中台人事課長。



◎人事課長(中台茂君) この問題に今室長がお答えしましたのは、特に現業職の方たちが実は中途採用の方が割合として非常に多うございます。そういうことで、25年に到達するのが58歳を若干過ぎる方も考えられることがございます。そういうふうなことで先ほどご回答させていただきました。



○議長(松澤一男君) ほかに質疑はありませんか。



◆14番(野村誠剛君) 議長。



○議長(松澤一男君) 14番、野村誠剛君。



◆14番(野村誠剛君) 国、県が先行しながらこういう方向が出てきているわけですけれども、その国、県等が先行していく、その趣旨というか背景はどのようにとらえていますか。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市長公室長(杉山巖君) 議長。



○議長(松澤一男君) 杉山市長公室長。



◎市長公室長(杉山巖君) 先ほど職員の給料の昇給延伸、停止については昭和53年から人事院の勧告において入ってきたと申し上げたのですけれども、基本的にはいわゆる官民におきます給料のバランスといいますか、官においては年功序列が強かったのですけれども、民におきましては既に年功序列給料体系を非常に薄めていく状況にあります。そういった状況から官民のバランスをとっていく上では年功的な性格を緩めていかざるを得ないと、そういった背景があるのではなかろうかと、このように理解しております。



○議長(松澤一男君) 再質疑を許します。



◆14番(野村誠剛君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 14番、野村誠剛君。



◆14番(野村誠剛君) 民においては歩合制があったり、この給与体制というのはいろいろなさまざまな状況があるのですけれども、流れ的には例えば若年層に厚くというふうな給料体系をとっているところもあるわけですけれども、この状況がさらに進んでいって、今までの年功序列型の給与体制というのが変わっていく方向性というのはあるのでしょうか。



○議長(松澤一男君) ただいまの再質疑に対し答弁を求めます。



◎市長(皆川圭一郎君) 議長。



○議長(松澤一男君) 皆川市長。



◎市長(皆川圭一郎君) これは今、国の行革の方の提言の中には、当然年功序列でなくて、ある意味では能力給的なものを公務員もやるべきだということで方向性の一部は出ております。ですから、今後は年功序列でなく成績主義という形、年には関係なく給与体系が変わっていくということも地方分権の一つの自己責任という項目に入っておりますので、国と地方自治体が給与体系も、また勤務体系も違いますので、当然そのような時代が来るだろうという中で、まだこれは第一歩を踏み出したとご理解いただきたいと思います。



○議長(松澤一男君) ほかに質疑はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。議案第21号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第21号 鎌ケ谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については原案のとおり可決されました。

 これより議案第22号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。議案第22号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、議案第22号 平成13年度鎌ケ谷市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)は原案のとおり可決されました。

 これより同意案第1号について質疑に入ります。

 発言を許します。



◆21番(鈴木道雄君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 21番、鈴木道雄君。



◆21番(鈴木道雄君) ここに県から出向されている段木助役がいらっしゃるのですが、そういう意味では段木助役が云々でなくて、私はかねがね三役は子飼い、子飼いと言っては失礼かもわかりません。いわゆる鎌ケ谷市の職員から、あるいは鎌ケ谷市内の住人から三役をというのは私のかねがねの主張でありましたので、そういう意味では、これは正式には4月1日から発足すると思うのですが、今回大変私は歓迎する一人なわけでございます。そういう意味で、今回いろいろと市長もご苦労なさったのではないかなというように実は思っているのです。というのは、今県から出先に出向する職員が、そのポスト、非常に多いと。簡単に言えば職員が多数いらっしゃると。そういう状況の中で知事もかわったと、いろいろな経緯もあろうかと思うのですが、とにかく市から育った職員を晴れて助役にここへ持ってきたということは、私は大変賛意を送るのですが、いろいろな市長もご苦労なさったと思うのですが、どんな状況でなったかなというその辺のところを若干経緯をお聞かせ願えれば。実は私も一瞬大変よかったなと思ったのですが、その辺のところを聞かせていただければ幸いと思って、あえて質疑させていただきました。ひとつ聞かせていただける範囲内で結構でございますから、よろしくお願いします。



○議長(松澤一男君) ただいまの質疑に対し答弁を求めます。



◎市長(皆川圭一郎君) 議長。



○議長(松澤一男君) 皆川市長。



◎市長(皆川圭一郎君) 現段木助役もそうでございますけれども、やはり市民福祉の向上に助役として最適任者はだれだという中で、今回議会の同意を得るべく出したわけでございますので、その辺を認識をしながらぜひ賛成をしていただきたいというふうに思う次第でございます。



○議長(松澤一男君) ほかに質疑はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第1号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。同意案第1号 助役の選任については同意と決しました。

 これより同意案第2号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第2号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第2号 収入役の選任については同意と決しました。

 これより同意案第3号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第3号については同意することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第3号 教育委員会委員の任命については同意と決しました。

 これより同意案第4号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第4号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第4号 監査委員の選任については同意と決しました。

 同意案第5号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第5号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任については同意と決しました。

 これより同意案第6号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第6号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任については同意と決しました。

 これより同意案第7号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。同意案第7号については同意とすることにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、同意案第7号 固定資産評価審査委員会委員の選任については同意と決しました。

 これより諮問第1号について質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本諮問に対する答申について採決いたします。

 お諮りいたします。諮問第1号に対する答申については適任という意見をつけたいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることに対する答申については適任という意見を付すことに決しました。





△日程の追加



○議長(松澤一男君) お諮りいたします。

 この際、発議案第1号 鎌ケ谷市議会議員定数条例の制定についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、発議案第1号を日程に追加し、議題とすることに決しました。





△(発議案第1号)の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第7、発議案第1号 鎌ケ谷市議会議員定数条例の制定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議案第1号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第1号については委員会の付託を省略することに決しました。

 提案理由の説明を求めます。



◆26番(平原俊雄君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 26番、平原俊雄君。



          〔26番 平原俊雄君登壇〕





◆26番(平原俊雄君) ただいま議題となっております発議案第1号について提案説明をさせていただきます。

 地方自治法の一部改正に伴い、地方議会の議員定数については法律で定める上限数の範囲内で条例で定めることとなり、当市の上限数は34名であります。地方分権改革により自治体の自己決定権の拡大等を踏まえ、議会の果たす役割は今後さらに重要度を増すとともに、市民の負託にも十分こたえるため、議員定数を27名にしようとするものであります。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。発議案第1号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、発議案第1号 鎌ケ谷市議会議員定数条例の制定については原案のとおり可決されました。





△日程の追加



○議長(松澤一男君) お諮りいたします。

 この際、発議案第2号 鎌ケ谷市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、発議案第2号を日程に追加し、議題とすることに決しました。





△(発議案第2号)の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第8、発議案第2号 鎌ケ谷市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議案第2号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第2号については委員会の付託を省略することに決しました。

 提案理由の説明を求めます。



◆26番(平原俊雄君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 26番、平原俊雄君。



          〔26番 平原俊雄君登壇〕





◆26番(平原俊雄君) ただいま議題となっております発議案第2号について提案説明をさせていただきます。

 本案につきましては、例規集の電子化に伴い、会議規則の中の用字、用語を整備しようとするものであります。内容につきましては、お手元に配付してあるとおりであります。

 よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。発議案第2号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、発議案第2号 鎌ケ谷市議会会議規則の一部を改正する規則の制定については原案のとおり可決されました。





△日程の追加



○議長(松澤一男君) お諮りいたします。

 この際、発議案第3号 雇用の危機突破を求める意見書を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、発議案第3号を日程に追加し、議題とすることに決しました。





△(発議案第3号)の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(松澤一男君) 日程第9、発議案第3号 雇用の危機突破を求める意見書を議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております発議案第3号については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第3号については委員会の付託を省略することに決しました。

 提案理由の説明を求めます。



◆21番(鈴木道雄君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 21番、鈴木道雄君。



          〔21番 鈴木道雄君登壇〕





◆21番(鈴木道雄君) ただいま議題となっております発議案第3号について提案説明をさせていただきます。

 本件につきましては、陳情14−3−3 雇用の危機突破を求める意見書提出を求める陳情書が採択されたことを受けまして、財政再建最優先の施策を雇用と暮らし最優先の施策に転換し、雇用の安定、創出に対する支援や環境整備を行うよう政府に要望をしようとするものであります。意見書の内容につきましては、お手元に配付してあるとおりであります。

 よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(松澤一男君) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 発言を許します。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ以上で質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 発言はありませんか。



          〔「なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) なければ直ちに本案について採決いたします。

 お諮りいたします。発議案第3号については原案のとおり可決することにご異議ありませんか。



          〔「異議なし」と言う者あり〕





○議長(松澤一男君) ご異議なしと認め、発議案第3号 雇用の危機突破を求める意見書は原案のとおり可決されました。





△助役退任のあいさつ



○議長(松澤一男君) これにて本議会に付議された案件の審議は全部終了いたしましたが、このたび退任される段木助役より発言の申し出がありますので、この際これを許可いたします。



◎助役(段木修君) はい、議長。



○議長(松澤一男君) 段木助役。



          〔助役 段木 修君登壇〕





◎助役(段木修君) 本日は皆様長時間にわたる慎重なご審議で大変お疲れのところ恐縮ではございますが、ただいま議長からお許しをいただきましたので、退任させていただくに当たりまして一言御礼のごあいさつを申し上げさせていただきます。

 まずもって、先ほどは川井新助役の選任につきましてご同意を賜り、ありがとうございました。助役にはまさにうってつけの、そしてすばらしい方であると思っております。

 私は、平成12年4月から助役を拝命して、今日まで何とか仕事を務めさせていただくことができましたのは、ひとえに皆川市長を初め議会の皆様方の公私にわたる温かいご指導、ご厚情のおかげであり、また職員の皆様のご支援のあったればこそと感謝の気持ちでいっぱいでございます。心から厚く厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 現在、鎌ケ谷市は住宅都市として成長を続け、記念すべき市制施行30周年を迎えた中、東武野田線に引き続く新京成線の連続立体交差事業の着手、主要地方道船橋・我孫子線の粟野バイパス、また都市計画道路3・4・5号線のバイパス整備、広域交流拠点となります新鎌土地区画整理事業の平成15年度末まちびらき、さらには地域医療の拠点機能を担います中核病院の整備に向けた取り組み、そして質の高い教育や福祉の施策が着実に進展しておりますことは、私としても大変喜んでいるところでございます。私としましては、この2年間大変感慨深いものがございます。そして、貴重な数々の経験をさせていただきました。今後はこの経験を新しい仕事に精いっぱい生かしながら、頑張ってまいる所存でございます。また、鎌ケ谷市の発展に向けまして、微力ではございますけれども、応援をさせていただくつもりでございます。

 最後になりますが、鎌ケ谷市のますますの躍進とともに、議員の皆様方のご活躍、ご健勝をご祈念申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。大変お世話になり、まことにありがとうございました。(拍手)





△閉会の宣告



○議長(松澤一男君) 以上で平成14年鎌ケ谷市議会3月定例会を閉会いたします。

 長時間ご苦労さまでございました。

          午後 4時17分  閉 会