議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鴨川市

平成21年第 2回臨時会−04月27日-01号




平成21年第 2回臨時会

                  平成21年第2回
              鴨川市議会臨時会会議録(第1号)

1.招集年月日 平成21年4月27日(月曜日)
1.招集の場所 鴨川市議会議場
1.出席議員 19名
  1番 庄 司 朋 代 君   2番 吉 田 裕 迪 君   3番 佐 藤 拓 郎 君
  4番 平 松 健 治 君   5番 鈴 木 美 一 君   6番 佐 藤 文 秋 君
  7番 欠       員   8番 野 村 靜 雄 君   9番 尾 形 喜 啓 君
  10番 滝 口 久 夫 君   11番 吉 田 勝 敏 君   12番 渡 辺 訓 秀 君
  13番 渡 邉 隆 俊 君   14番 辰 野 利 文 君   15番 飯 田 哲 夫 君
  16番 谷   一 浩 君   17番 刈 込 勝 利 君   18番 大和田 悟 史 君
  19番 西 川 和 広 君   20番 鈴 木 正 明 君

1.欠席議員 なし
1.地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名
  市長        片 桐 有 而 君    副市長       石 田 日出夫 君
  教育長       長谷川 孝 夫 君    会計管理者     久 保   誠 君
  総務部長      石 渡 康 一 君    市民福祉部長    庄 司 政 夫 君
  建設経済部長兼農業委員会事務局長
            浦 邊 洋 一 君    水道局長      鳥 海   弘 君
  教育次長      福 田 典 白 君    企画財政課長    杉 田   至 君
  総務課長      田 中 時 雄 君    秘書広報課長    吉 田 尚 史 君
  代表監査委員    若 月 東 兒 君    教育委員会委員長  村 上 修 平 君
  選挙管理委員会委員長鈴 木 茂 男 君
1.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
  事務局長      杉 田 敏 巳      次長        佐久間 達 也
  副主査       渡 辺   洋      副主査       山 口 勝 弘

          ─────────────────────────

△開会
 平成21年4月27日 午前10時00分開会

○議長(渡邉隆俊君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成21年第2回鴨川市議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。

          ─────────────────────────

△開議
 平成21年4月27日 午前10時00分開議

○議長(渡邉隆俊君) これより本日の会議を開きます。

          ─────────────────────────

△議事日程

○議長(渡邉隆俊君) 本日の日程は、あらかじめお手元に配付いたしました印刷物のとおりでありますので、これによりご了承を願います。
1.議 事 日 程
日程第1       会議録署名議員の指名
日程第2       会期の決定
日程第3       諸般の報告
日程第4       議案第34号から議案第39号の上程           上程・説明
           (市長の提案理由の説明)
     議案第34号 専決処分の承認を求めることについて        補 足 説 明
           (鴨川市税条例等の一部を改正する条例)
     議案第35号 専決処分の承認を求めることについて            〃
           (鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)
     議案第36号 専決処分の承認を求めることについて            〃
           (平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第8号))
     議案第37号 鴨川市税条例の一部を改正する条例の制定について      〃
     議案第38号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制     〃
           定について
     議案第39号 平成21年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)        〃

          ─────────────────────────

                  会議録署名議員の指名

○議長(渡邉隆俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、吉田勝敏君、渡辺訓秀君、辰野利文君を指名いたします。

          ─────────────────────────

△会期の決定

○議長(渡邉隆俊君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今臨時会の会期は、あらかじめお手元に配付いたしました会期日程表案のとおり、本日から4月30日までの4日間であります。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、会期は4日間と決定いたしました。
             平成21年第2回鴨川市議会臨時会会期日程表
                                 ┌自4月27日    ┐
                                 │      4日間│
                                 └至4月30日    ┘
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│会 期│月  日│曜日│開議時刻│       日         程       │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│4月27日│ 月 │午前10時│開会。会議録署名議員の指名。会期の決定。諸般の報告。│
│   │    │  │    │議案の上程(提案理由の説明、議案の補足説明)。  │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第2日│4月28日│ 火 │午前10時│議案に対する質疑・討論・採決。          │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第3日│4月29日│ 水 │    │休  会(昭和の日)               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第4日│4月30日│ 木 │午前10時│議案に対する質疑・討論・採決。閉会        │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘

           ───────────────────────

△諸般の報告

○議長(渡邉隆俊君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 去る3月31日に教育委員会委員長に就任されました村上修平君をご紹介いたします。教育委員会委員長、村上修平君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
              〔教育委員会委員長 村上修平君登壇〕
◎教育委員会委員長(村上修平君) このたび、4月に教育委員長を再任されました村上でございます。昨年同様、鴨川市の教育行政に邁進する次第でございますので、皆様方のご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 次に、去る4月7日に選挙管理委員会委員長に就任されました鈴木茂男君をご紹介いたします。選挙管理委員会委員長、鈴木茂男君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
             〔選挙管理委員会委員長 鈴木茂男君登壇〕
◎選挙管理委員会委員長(鈴木茂男君) このたび選挙管理委員長を仰せつかりました鈴木茂男でございます。ご案内のとおり、厳正、中立をモットーにその職務を誠実に実行させていただきたいと思います。皆様方のたゆまぬご指導をお願いいたします。よろしくお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 次に、去る4月1日に代表監査委員に就任されました若月東兒君をご紹介いたします。代表監査委員、若月東兒君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
               〔代表監査委員 若月東兒君登壇〕
◎代表監査委員(若月東兒君) 代表監査委員に選任されました若月東兒でございます。生まれ育ちました鴨川市発展のため、監査委員という立場から努力をしてまいりたいと思いますので、皆様方、よろしくお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 次に、去る4月1日に副市長に就任されました石田日出夫君をご紹介いたします。副市長、石田日出夫君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
                〔副市長 石田日出夫君登壇〕
◎副市長(石田日出夫君) 皆様、改めまして、おはようございます。ただいま議長のお許しをいただきまして、一言、貴重なお時間をいただき、ごあいさつを申し述べさせていただきます。
 このたび、図らずも片桐市長のご推薦をいただき、議会議員の皆様方の深いご理解と、そしてまたご同意を賜りましたことによりまして、去る4月1日付で片桐市長より鴨川市副市長として選任されました。身に余る光栄に存じますとともに、その責任の重大さを痛感いたしております。
 本市におきましては、現在、新鴨川市としての前期5か年計画を推進中であり、しかも今後につきましては、平成23年度以降の後期5か年計画の策定や、引き続いての財政健全化等々、多くの事業課題等の取り組みとあわせまして、本市ならではの恵まれた多くの地域資源があり、これらのさらなる有効活用を図ることにより、明るい未来に向けての大きな効果が期待されているところであります。
 私はもとより浅学非才の身ではありますが、市政のさらなる進展に向けて、片桐市長の補佐役として使命感に徹し、職務に専心する決意でございますので、渡邉議長を初めとします市議会議員の皆様方のご指導、ご支援、ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、簡単ではございますけれども、あいさつとさせていただきます。今後ともよろしくどうぞお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 次に、去る3月31日に教育長に就任されました長谷川孝夫君をご紹介いたします。教育長、長谷川孝夫君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
                〔教育長 長谷川孝夫君登壇〕
◎教育長(長谷川孝夫君) このたび、図らずも教育長に再任をいただきました長谷川孝夫でございます。住んでよかった、学んでよかった、こう言われる鴨川市、その教育環境創出のために誠心誠意、しっかりと頑張ってまいりたい、このように思っている次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 次に、去る4月1日付にて所属長等の異動がありましたので、自己紹介をお願いいたします。
◎市民福祉部長(庄司政夫君) 市民福祉部長を仰せつかりました庄司政夫でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎建設経済部長兼農業委員会事務局長(浦邊洋一君) このたび都市建設課長から建設経済部長を兼ねまして農業委員会事務局長を仰せつかりました浦邊洋一でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎水道局長(鳥海弘君) 水道局長の鳥海 弘でございます。どうぞよろしくお願いします。
◎議会事務局長(杉田敏巳君) 議会事務局長を仰せつかりました杉田敏巳です。よろしくどうぞお願いいたします。
◎総務課長(田中時雄君) 総務課長を仰せつかりました田中時雄でございます。よろしくお願いします。
◎消防防災課長(長谷川勉君) 消防防災課長を仰せつかりました長谷川 勉と申します。よろしくお願いします。
◎税務課長(中村一浩君) 税務課長を仰せつかりました中村一浩でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎管財課長(原一郎君) 管財課長を仰せつかりました原 一郎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎市民生活課主幹(金高節君) 市民生活課主幹を仰せつかりました金高 節です。よろしくお願いします。
◎環境課長(山口幸宏君) 環境課長を仰せつかりました山口幸宏でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎清掃センター所長(長谷川昌明君) 清掃センター所長を仰せつかりました長谷川 昌明です。どうぞよろしくお願いします。
◎農林水産課長(小笠原進一郎君) 農林水産課長を仰せつかりました小笠原進一郎と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
◎商工観光課長(黒野雅典君) このたび、新しく商工観光課長に就任いたました黒野雅典でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎都市建設課長(藤後良治君) このたび、都市建設課長を拝命いたしました藤後良治でございます。よろしくお願いいたします。
◎天津小湊支所長(磯貝和幸君) このたび天津小湊支所長を仰せつかりました磯貝和幸です。よろしくお願いします。
◎学校教育課主幹(増田勝己君) 学校教育課主幹を仰せつかりました増田勝己と申します。よろしくお願いいたします。
◎学校給食センター所長(熊切隆夫君) 学校給食センター所長を仰せつかりました熊切隆夫でございます。どうぞよろしくお願いします。
◎スポーツ振興課長(山田一郎君) スポーツ振興課長を仰せつかりました山田一郎と申します。特に来年秋、国民体育大会ボクシング競技が文化体育館を会場にございます。どうぞ皆様方のご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。
◎監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長(小原由行君) 監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長を仰せつかりました小原由行でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(渡邉隆俊君) 鴨川市南房総市環境衛生組合から平成21年度一般会計予算書の提出がありましたので、お手元に配付の印刷物によりご了承願います。
 次に、平成21年第1回鴨川市議会定例会会議録を配付しましたので、ご報告いたします。
 次に、本臨時会の議案審査のため、地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長以下関係者の出席報告がありましたので、ご報告いたします。
 続いて、議案の受理について、本日、市長から議案の送付があり、これを受理いたしましたので、ご報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。

          ─────────────────────────

△市長の議案の上程

○議長(渡邉隆俊君) 日程第4、議案第34号から議案第39号までの計6件を一括議題として、提案理由の説明を求めます。市長、片桐有而君。
                 〔市長 片桐有而君登壇〕
◎市長(片桐有而君) 皆さん、おはようございます。本日は早朝より大変ご苦労さまでございます。
 今般、皆様に取り急ぎご審議を賜りたい案件が生じましたことから、ここに本年第2回目となります市議会臨時会を招集させていただきました。
 それでは、早速ですが、ご指名をいただきましたので、ご審議を賜ります各議案につきまして提案理由の説明を申し述べさせていただきたいと思います。
 本臨時会にご提案申し上げます案件は、専決処分の承認3件、条例の一部改正2件、そして平成21年度補正予算1件の都合6件でございます。
 それでは、議案番号の順を追ってご説明申し上げます。
 初めに、議案第34号から議案第36号までは、いずれも専決処分の承認をお願いいたすものでございます。
 条例の一部改正2件と平成20年度の補正予算1件につきまして、議会を招集させていただく時間的余裕がなく、いずれも緊急を要するものと認められましたことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりまして、議会の承認を賜りたいものでございます。
 まず、議案第34号は、鴨川市税条例等の一部を改正する条例の制定につきまして、専決処分の承認を求めることについてでございます。地方税法等の一部を改正する法律が本年3月31日に公布され、一部を除き翌4月1日より施行されております。本市といたしましても、これが法律と市税条例等との整合を図り、課税事務を執行してまいる必要がございました関係から、去る3月31日付で専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第35号は、鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、専決処分の承認を求めることについてでございます。前議案と同様に、法律との整合を図る必要がございました関係から、去る3月31日付で専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第36号は、平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第8号)につきまして、専決処分の承認を賜りたいものでございます。
 補正の概要でございますが、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億8,820万6,000円を追加いたし、補正後の予算総額を162億9,567万8,000円とさせていただいたものでございます。年度末に至りまして財源調整の必要があるものと判断いたしましたことから、去る3月31日付をもちまして専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第37号は、鴨川市税条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。これは議案第34号と同様に、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、市税条例の一部を改正いたしたいものでございますが、法律の施行日の関係から専決処分をいたしました部分以外の改正を行いたく、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 続きまして、議案第38号は、鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、前議案と同様に第35号で専決処分をいたしました部分以外の改正を行うものでございます。
 続きまして、議案第39号は、平成21年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ7億1,967万4,000円の追加をさせていただきまして、補正後の予算総額を128億1,797万4,000円といたしたく、地方自治法第218条第1項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 かねてより申し上げましたとおり、平成21年度の本市一般会計当初予算につきましては、本職の選挙が執行されました関係から、これを骨格予算として編成いたしておるところでございます。今現在、一般会計当初予算に計上されております経費につきましては、職員給与費などの人件費、公債費や扶助費といった義務的経費、通常の行政事務を執行するための経費である経常的経費、他会計への繰出金、県営事業に対する市負担金、債務負担行為に基づく普通建設事業費などでございます。
 こうしたことから、今般の補正予算は新規事業を初めといたしまして、市道や河川、公園や住宅関係施設、ごみ処理施設、観光遊歩道施設、消防・防災施設、小中学校施設等にかかわる普通建設事業費、他団体への事業執行補助金など、いずれも急施を要すると認められます経費につきまして、これを肉づけ予算として編成いたしたいものでございます。
 以上、都合6議案につきまして提案理由を申し述べさせていただきました。各議案の詳細につきましては、この後、担当部長から補足説明をいたさせますので、十分なるご審議の上、ご承認、ご可決を賜りますようお願い申し上げ、私からの提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

          ─────────────────────────

△議案の補足説明

○議長(渡邉隆俊君) これより各議案の補足説明を求めます。
 議案第34号 鴨川市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて、議案第35号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて、議案第36号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第8号)の専決処分の承認を求めることについて、議案第37号 鴨川市税条例の一部を改正する条例の制定について、議案第38号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、議案第39号 平成21年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)、以上6件を一括して議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
                〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第34号から議案第39号まで、一括して補足説明を申し上げます。
 初めに、議案第34号 専決処分の承認を求めることについて、鴨川市税条例等の一部を改正する条例の制定につきまして、補足説明を申し上げます。
 初めに、最近における地方税法の一連の改正と市税条例の改正との関係につきまして、若干ご説明をさせていただきたいと存じます。
 既にご高承のとおり、現下の経済・社会情勢等々から数多くの法令が制定あるいは改正をされておるところでございます。地方税法におきましても、例年的に改正をされます事項に加えまして、ただいま申し上げましたような趣旨からの税制改正も多くなされておるところでございます。
 また、さらに申し上げますと、最近は同一の改正法でありましても、その改正内容によりまして施行期日がさまざまに定められる例が多々あるわけでございまして、地方自治体におきましては、その施行期日に沿いまして、先ほど市長が提案理由の説明で申し上げましたように、状況に応じまして条例改正の専決処分をさせていただき、あるいは条例の一部改正議案を議会にご提案をさせていただいておるところでございます。
 こういうことで、本日の臨時会には税条例等の一部改正の専決処分の報告、そして税条例等の一部改正議案を提出をさせていただいておりますけれども、いずれも地方税法の改正を受けてのものでございますので、よろしくご理解を賜りたいと存じます。
 それでは、初めに、議案第34号の補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書並びに資料1、議案説明資料の1ページをあわせてごらんいただきたいと存じます。
 今回の専決による改正の内容でございますが、まず固定資産税の関係では、医療関係者養成所等に係る非課税措置の適用対象の追加、鉄軌道用地の価格の特例の適用期間終了によります規定の削除、さらに土地に係る負担調整措置の延長などが主なものでございます。
 また、市民税では優良宅地の造成等のための譲渡に係る長期譲渡所得の課税の特例の延長、そして上場株式等の配当所得、及び譲渡所得等に係る軽減税率適用の延長、その他条文整備が主な内容でございます。
 以上の改正は本年4月1日から施行ということでございますので、3月31日をもちまして専決処分をさせていただいたものでございます。
 それでは、改正条例の内容をご説明を申し上げますので、議案説明資料2ページの新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。初めに、欄外の左上になりますが、まず第1条は鴨川市税条例の一部改正でございます。
 初めに、第36条の2第4項及び第38条の改正でございますが、法改正に伴う条文の整備でございます。
 次に、第47条の2第2項、公的年金等に係る所得に係る個人の市民税の特別徴収の関係でございます。これは平成21年10月から65歳以上の方の年金所得につきましても特別徴収が行われることとされておりますが、公的年金以外の所得も合算して年金から徴収をすることとされております。それが今回の法改正におきまして、公的年金からの特別徴収は公的年金のみを対象とすると、このように改めましたことから、関係条文の第2項を削り、第3項を第2項とする改正をいたしたものでございます。
 次に、3ページからの第47条の3、第47条の5第1項から第3項まででございますが、ただいまの年金からの特別徴収に関する規定の改正に伴います条文の整備でございます。
 続きまして、5ページになりますが、第56条及び6ページの第58条の2でございますが、医療関係者養成所等に係る固定資産税の非課税措置の適用についてでございます。非課税の対象に非営利型法人であります一般社団法人及び一般財団法人、また社会医療法人等が設置する施設などが追加をされましたことから条の追加等、所要の改正をいたしたものでございます。
 次に、6ページからの第59条、第93条、そして附則第10条及び第10条の2の改正は、これらの改正に伴います条文の整備でございます。
 続きまして、9ページから14ページまでの附則の第11条、第11条の2、第12条及び第13条でございますが、土地に係る負担調整措置の適用期間の延長に関する規定の整備でございます。
 恐れ入りますが、ページを戻っていただきまして、10ページの第11条の3をごらんいただきたいと存じます。固定資産税における鉄軌道用地の価格の特例でございますけれども、平成20年度でこれが適用期間が終了いたしましたことから、関係規定を削除いたしたものでございます。
 続きまして、14ページの附則第15条の2でございます。特別土地保有税の課税の特例でございますが、土地に係る固定資産税の負担調整措置の継続に伴いまして規定を整備するもの、また15ページになりますが、附則第16条の4及び第17条は、地方税法の改正に伴う適用条文の整備と文言の整理でございます。
 次に、17ページの附則第17条の2、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る市民税の課税の特例でございます。原則として、軽減税率の適用期間を平成26年度まで延長するための条文の整備でございます。
 続きまして、18ページから22ページにかけましての附則第18条、第19条及び第20条の2、そして第20条の4につきましては、地方税法の改正に伴う適用条文及び文言の整理でございます。
 なお、22ページの改正条例の附則でございますが、第1条は施行期日でございまして、平成21年4月1日から施行するというものでございます。
 また、第2項は、固定資産税に関する経過措置を定めたものでございます。
 続きまして、23ページの左上、欄外になりますけれども、第2条は鴨川市税条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。昨年、平成20年9月30日付鴨川市条例第23号で鴨川市税条例の一部を改正する条例を公布いたしておりますけれども、このうち未執行の部分につきまして地方税法の一部改正がございましたことから、この施行の前に所要の改正を行うものでございます。
 その内容でございますが、まず附則第1条、施行期日でございますが、ただいま第1条でご説明を申し上げました条例改正に伴う条文の整備でございます。
 次に、附則の第2条、個人の市民税に関する経過措置でございますが、第7項の上場株式等の配当所得に係る市民税の課税につきまして、特例税率の適用期限を平成23年12月31日まで延長をするというものでございます。
 また、これに伴いまして、源泉徴収選択口座内配当の軽減税率適用も延長となりますことから、規定の廃止など、所要の改正を行ったものでございます。
 以下は、これらの改正を踏まえましての各項の改正でございまして、24ページの第10項から26ページの14項、15項までは、それぞれ項の繰り上げ等々の整合を図るものでございます。
 続きまして、26ページから27ページにかけましての第16項でございますが、特例税率の適用期限を平成23年12月31日まで延長するほか、これに伴う条文整理を行いますとともに、削除に伴う項の繰り上げでございます。
 なお、28ページ、第17項、第18項、第19項以降は、改正に伴う条文整備及び項の繰り上げでございます。
 最後に、改正条例の附則といたしまして、施行期日は平成21年4月1日といたしたものでございます。
 以上が議案第34号の関係でございます。
 続きまして、議案第35号 専決処分の承認を求めることについて、鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。
 議案書並びに議案説明資料の29ページをあわせてごらんいただきたいと存じます。この改正条例の内容でございますが、29ページからの新旧対照表でご説明をさせていただきたいと思います。
 初めに、30ページになりますが、第2条第4項及び第23条第1項の関係でございますが、地方税法施行令の一部改正によりまして、介護納付金に係る課税限度額が9万円から10万円に改正をされたところでございまして、本市におきましても同様の改正をさせていただいたところでございます。
 次に、第13条は条文の整理でございます。
 次に、第23条第2項の改正でございますが、被保険者均等割額及び世帯別平等割額の2割軽減の判定につきましては、特殊事情を考慮した上で判定する上の規定がこれまであったわけでございますけれども、これを削除いたしまして、所得基準による一律該当に改めたものでございます。
 31ページ以降の附則6項から16項までは、条文の整理でございます。
 最後に、35ページになりますが、改正条例の附則といたしまして、第1項は、改正条例は施行令に合わせまして平成21年4月1日から施行をすること、また第2項は、過年度分の国民健康保険税につきましては、なお従前の例によるとする適用区分の条文でございます。
 以上が議案第35号の関係でございます。
 続きまして、議案第36号は、平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第8号)でございます。本件補正につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、去る3月31日付をもちまして専決処分とさせていただきましたので、同条第3項の規定により、そのご承認を賜りたいものでございます。
 それでは、補正予算書により補足説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の中の補正予算書をごらんいただきたいと存じます。
 今回の補正でございますが、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億8,820万6,000円を追加をさせていただきまして、補正後の予算総額を162億9,567万8,000円といたしたものでございます。
 それでは、4ページをお開きいただきたいと存じます。第2表の地方債補正でございますが、いずれも平成20年度事業費の確定によります市債の対象経費の精査、そして新たな財源の確保に伴う限度額の変更でございまして、鯛の浦遊歩道整備事業につきましては5,810万円を5,540万円に、安房鴨川駅自由通路整備事業につきましては5,100万円を3,310万円に、そして安房鴨川駅西口広場整備事業につきましては1,020万円を910万円に、それぞれ変更をいたしたものでございます。
 次に、歳入歳出の概要を事項別明細書によりご説明を申し上げますので、7ページをお開きいただきたいと存じます。まずは歳入でございますが、地方譲与税、各種交付金、地方交付税、国庫支出金及び県支出金につきましては、年度末をもちましてその交付額が確定をいたしましたことから、予算額との整合を図ってまいりますため、それぞれ増減調整をさせていただいたものでございます。
 まず、2款の地方譲与税では、1項の自動車重量譲与税で3,113万3,000円の追加、2項の地方道路譲与税は1,464万8,000円の減額、続きまして、3款の利子割交付金は85万2,000円の減額、4款配当割交付金は786万3,000円の減額、5款株式等譲渡所得割交付金では763万1,000円の減額でございます。
 8ページに移りまして、6款の地方消費税交付金は1,113万5,000円の減額、続きまして、7款のゴルフ場利用税交付金は132万6,000円の追加、8款の自動車取得税交付金では2,051万9,000円の減額、続いて、地方交付税は特別交付税分といたしまして2億2,466万8,000円の追加、11款の交通安全対策特別交付金は2万5,000円の追加をそれぞれいたしたものでございます。
 次に、14款の国庫支出金、2項国庫補助金でございますが、鯛の浦遊歩道整備事業に充当いたしました農山漁村活性化プロジェクト支援交付金の減額によりまして、8目商工費国庫補助金が69万6,000円の減額、9ページに移りまして、15款の県支出金、2項の県補助金でございますが、元気な市町村づくり総合補助金、そして鉄道駅エレベーター等整備事業補助金を新たな事業財源として確保することが可能となりましたことから、1目総務費県補助金に700万円、7目の土木費県補助金に862万1,000円の追加をさせていただきましたほか、鯛の浦遊歩道整備事業の年度事業費の確定に伴いまして、6目商工費県補助金は30万8,000円の減額となったところでございます。
 続きまして、17款の寄附金、1項寄附金では、合計で80万3,000円の追加でございます。
 1目一般寄附金は、匿名様よりいただきました。
 2目の総務費寄附金は、8件のふるさと納税分として14万円の追加、7目の土木費寄附金は三村萬里子様より、そして9目の教育費寄附金は、かもがわ21チャリティカラオケ交流会実行委員会様より、それぞれ篤志として賜ったものでございます。
 続きまして、18款の繰入金、2項基金繰入金は、いずれも基金繰入金の充当事業費の確定に伴う財源調整による減額でございます。
 最後に、21款の市債でございますが、第2表の地方債補正でご説明を申し上げましたように、それぞれの年度事業費の確定等に伴います財源調整によるものでございまして、合計で2,170万円の減額でございます。
 続きまして、10ページに移りまして歳出でございますが、2款総務費、1項総務管理費、6目財産管理費では、財政調整基金積立金として1億9,376万1,000円の追加、7目企画費では、ふるさと納税による本市への寄附金14万円をふるさぽーと基金への積み立てとさせていただいたところでございます。
 次に、6款の農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費でございますが、新たな財源として確保することが可能となりました県支出金、元気な市町村づくり総合補助金700万円のうち150万円を事業財源とする財源調整を図らせていただいたものでございます。
 続きまして、7款の商工費、1項商工費、2目の商工振興費でございますが、農業振興費と同様に元気な市町村づくり総合補助金による財源調整を、また3目の観光費では、年度事業費の確定に伴う国県支出金及び市債の増減による財源調整をいたしたものでございます。
 続きまして、8款土木費、2項道路橋梁費、3目道路橋梁新設改良費でございますが、鴨川駅跨線橋昇降機設置工事費の減額とともに、この事業財源として新たに確保することが可能となりました鉄道駅エレベーター等整備事業県補助金862万1,000円を財源充当いたしますとともに、4項都市計画費、4目公園費と同様に市債の減額による財源調整をいたしたものでございます。
 次に、11ページに移りまして、10款教育費、5項社会教育費、1目の社会教育総務費では、篤志として賜りました教育費寄附金を文化振興基金に積み立てましたほか、4目文化財保護費、さらには6項保健体育費、2目体育施設費につきましては、いずれもその財源調整をいたしたところでございます。
 以上が議案第36号の概要でございます。
 それでは、続きまして、議案第37号 鴨川市税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書並びに議案説明資料38ページをお開きいただきたいと存じます。今般の改正の概要でございますが、市民税につきましては、平成21年分以後の住宅借入金等特別税額控除に係る個人市民税の税額の控除に関する規定の創設、また固定資産税では、認定長期優良住宅に対する固定資産税の減額措置の創設、その他条文の整理が主なものでございます。
 それでは、改正内容につきましてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案説明資料の38ページの新旧対照表をごらんをいただきたいと存じます。
 39ページになりますが、まず第54条第6項は、法改正に伴う号ずれの整理でございます。
 次に、飛びまして40ページ、附則第7条の3の2、個人の市民税の住宅借入金等特別税額控除の関係でございますが、居住開始が平成11年から平成18年まで、また平成21年から平成25年までの方で所得税の住宅借入金等特別税額控除の適用があるなど、一定の要件に該当する場合は、個人市民税を減額をするというものでございます。
 恐れ入りますが、戻りまして39ページをお開きをいただきたいと存じます。附則第7条の3でございます。ただいま申し上げました住宅関係の控除について、これまでは該当者が事情により期限までに申告書を提出できなかった場合でも適用を受けられたわけでございますけれども、附則第7条の3の2の規定の創設によりまして、申告書の提出がない場合は新制度に自動的に該当となると、こういうことで附則第7条の3の第3項中の関係規定を削除するものでございます。
 続きまして、42ページをお開きをいただきたいと存じます。附則第8条第2項、肉用牛の売却による事業所得に係る市民税の課税の特例でございますが、附則第7条の3の2が創設されたことに伴います引用条文の追加と条文の整理でございます。
 次に、附則第10条の2、新築住宅に対する固定資産税の減額の規定の適用を受けようとする者の申告でございますけれども、これは関係条文の追加でございます。
 また、43ページの第2項から第7項までにつきましては、法改正に伴う適用条文の整理を行いますとともに、それぞれ条を繰り下げるものでございます。
 続きまして、44ページから54ページまでは、改正に伴います条文の整理でございます。
 最後に、54ページの改正条例の附則でございますが、第1条は施行期日といたしまして平成22年1月1日、または各号に定める日から施行をするというものでございます。
 以下、第2条に市民税に関する経過措置、第3条に固定資産税に関する経過措置を定めたものでございます。
 以上が議案第37号の関係でございます。
 続きまして、議案第38号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、補足説明を申し上げます。
 議案説明資料の55ページをお開きいただきたいと存じます。今回の条例改正の内容でございますが、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴う適用条文の追加や条文の整理をいたしたいものでございます。
 先ほど市税条例の中で申し上げましたけれども、上場株式等に係る配当所得の関係につきまして、国民健康保険税の算定に用いる総所得金額に算入する旨を明記をしたものでございます。
 次に、56ページになりますが、附則第7項から57ページの附則第9項までにつきましては、条例改正に伴う条文の整理と項の繰り下げでございます。
 また、57ページになりますが、新たに附則第11項を加えまして、改正後の附則第7条の適用に関する規定を整備をいたすものでございます。
 最後に59ページの改正条例の附則でございますが、施行期日といたしまして、平成22年1月1日、または各号に定める日から施行するというものでございます。
 以上が議案第38号の関係でございます。
 続きまして、議案第39号 平成21年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明をさせていただきます。
 恐れ入りますが、議案書にございます補正予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算額に歳入歳出それぞれ7億1,967万4,000円の追加をさせていただきまして、補正後の予算総額を128億1,797万4,000円といたしたいものでございます。
 それでは、補正の概略につきましてご説明を申し上げますので、まずは4ページをお開きをいただきたいと存じます。
 第2表の債務負担行為補正でございますが、既にご案内のとおり、平成22年度以降、市内3カ所に設置をされております現有のごみ処理施設が鴨川清掃センター1カ所へと集約をすると、こういうことになっておりますけれども、ごみの搬入量が大幅に増大する一方で、可燃性粗大ごみを適切かつ効率的に処理をしてまいりますために、本年度及び翌年度の2カ年事業といたしまして、新たに可燃性粗大ごみ破砕処理施設を建設してまいりたいと存じておる次第でございます。
 事業費総額といたしましては2億1,300万円を見込んでおるところでございまして、平成22年度分の事業費といたしまして9,971万円を限度額として債務負担行為を設定いたしたいものでございます。
 続きまして、5ページの第3表地方債補正でございます。普通建設事業費の予算計上に伴いまして、コミュニティバス整備事業を初めといたしまして、新たに6件の地方債を追加し、その限度額を3億1,400万円と定めたいものでございます。
 次に、歳入歳出の概要でございますが、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、8ページをお開きいただきたいと存じます。
 まずは歳入でございますが、14款の国庫支出金、2項国庫補助金、4目の土木費国庫補助金でございますが、鴨川駅自由通路階段部の改修工事等に係りますまちづくり交付金として100万円、市道橋梁点検業務に係る長寿命化修繕計画策定事業補助金200万円、6目の教育費国庫補助金では、小中学校屋内運動場の耐震診断に係ります住宅建築物耐震改修等事業費補助金として455万6,000円の追加をいたしたいものでございます。
 次に、15款の県支出金、2項県補助金、5目労働費県補助金では、千葉県ふるさと雇用再生特別基金事業補助金2,160万6,000円、及び千葉県緊急雇用創出事業臨時特例事業補助金2,981万1,000円の追加のほか、6目商工費県補助金では、鯛の浦遊歩道整備工事に係ります自然環境整備交付金として4,342万5,000円の追加をいたしたいものでございます。
 続きまして、18款の繰入金、2項基金繰入金、1目の財政調整基金繰入金でございますが、今回の補正予算における財源調整のため3億97万6,000円の追加、また12目のふるさと創生青少年海外派遣基金繰入金は、市内中高生のマニトワック市への派遣補助金の財源として60万円の追加をいたしたものでございます。
 続きまして、9ページの20款諸収入、4項雑入、5目雑入でございますが、財団法人自治総合センターからのコミュニティ助成事業助成金として170万円の計上をいたしたものでございます。
 最後に、21款の市債、1項市債、1目の総務債でございますが、本年の11月から本格運行を予定をしておりますコミュニティバス車両の購入財源といたしまして、コミュニティバス整備事業債を4,130万円、3目衛生費では、可燃性粗大ごみ破砕処理施設整備事業債として1億760万円、5項の商工債では、昨年度に引き続きまして整備を実施をいたします鯛の浦遊歩道整備事業財源として4,810万円、6目の土木費では、従来の臨時地方道整備事業債から制度変更になりました地方道路等整備事業債1億円のほか、自然災害防止事業債を1,400万円、そして7目の消防債では防火水槽整備事業債といたしまして300万円をそれぞれ追加をいたしたいものでございます。
 次に、10ページでございますが、歳出に移らせていただきたいと存じます。
 まず、2款の総務費、1項総務管理費、3目広報広聴費では、市のシンボル及び市民憲章の制定に係ります経費といたしまして、審議会委員報酬や委託料など合計で155万4,000円の追加でございます。
 また、7目企画費では、男女共同参画計画の策定に係ります審議会委員報酬や費用弁償、委託料のほか、コミュニティバス購入費といたしまして自動車購入費4,350万円の追加でございます。
 続きまして、11ページに移りまして、12目のコミュニティ振興費では、宝くじの収益基金により助成を行う自治総合センターからのコミュニティ助成事業補助金170万円の計上でございます。
 次に、2項徴税費、1目の税務総務費では、緊急雇用対策事業の一環といたしまして、土地課税台帳登記簿総合調査業務委託料1,995万円の追加でございます。
 続きまして、12ページでございますが、3款の民生費、1項社会福祉費、2目の老人福祉費では、市内在住の90歳到達者の皆様に、従来の肖像画にかえまして、伝統的工芸品として千葉県の指定を受ける万祝染めの記念品を贈呈してまいりますため、その作成業務委託料232万5,000円の追加をさせていただいているところでございます。
 また、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費では、次世代育成支援地域行動計画策定業務委託料330万円の追加でございます。
 次に、13ページに移りまして、4款衛生費、2項清掃費、2目の塵芥処理費では、可燃性粗大ごみ破砕処理施設建設工事費1億1,133万円及びこの管理委託料といたしまして196万円の追加でございます。
 続きまして、6款の農林水産業費、1項農業費、3目の農業振興費でございますが、緊急雇用対策事業に係る雇用によりまして、みんなみの里の活性化を図るため、パワーアップ事業委託料といたしまして252万6,000円の追加をさせていただきたいものでございます。
 続きまして、14ページになりますが、7款の商工費では合計で1億8,386万9,000円の追加をお願いをいたすものでございます。
 まず、1項商工費、2目の商工振興費では、地域産品の紹介及び宣伝、販路の拡大等を通じた地域産品の生産及び販売の強化を図るための事業といたしまして、地域資源ブランド化事業業務委託料284万円の追加、商工会等各種団体への補助金といたしまして1,107万円を計上をいたしたものでございます。
 また、3目観光費では、一層の観光振興に資するため、観光プロモーション事業業務委託料として1,320万円、昨年度に引き続き整備を行います鯛の浦遊歩道整備工事9,650万円、観光協会等各種団体への補助金として4,939万2,000円の追加をお願いをいたすものでございます。
 次に、15ページに移らせていただきまして、8款土木費、2項道路橋梁費、2目の道路橋梁維持費でございますが、合計で1,977万6,000円の追加、また3目の道路橋梁新設改良費では、測量委託、市道整備工事、自由通路の大規模改修工事、市道用地の購入費、流木補償費などで、合計1億7,665万円の追加とさせていただきたいものでございます。
 続きまして、16ページに移りまして、3項河川費、3目河川改修費では、自然災害防止事業といたしまして1,710万円の追加、さらに5項の住宅費では老朽化の著しい小湊漁民住宅の解体撤去を行うため市営住宅取り壊し工事とともに、市営住宅の維持工事など、合計で2,892万9,000円の追加計上でございます。
 次に、17ページの9款消防費、1項消防費、3目の消防施設費でございますが、防火水槽新設工事といたしまして400万円、消火栓等整備負担金として200万円、また4目の災害対策費では、現在、旧市町のシステムを引き継いでおります防災行政無線の一元化、デジタル化への対応、そのための新たな防災行政無線システムの構築を図ってまいりますため、防災行政無線整備の実施設計業務委託料といたしまして993万3,000円の追加をいたしたいものでございます。
 続きまして、18ページに移りまして、10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費でございますが、鴨川、西条、田原、天津及び小湊の各小学校の屋内運動場につきまして、この耐震診断を実施するための委託料といたしまして1,286万3,000円の追加、さらに3目の学校建設費でございますが、耐震診断結果を受けて実施を予定をいたしております東条小学校校舎の耐震補強、並びに大規模改修工事を行うための設計委託料1,800万円の追加でございます。
 また、3項中学校費、1目の学校管理費でございますが、長狭中学校及び安房東中学校の屋内運場につきまして、耐震診断を実施するための委託料として485万1,000円の追加をいたしたいものでございます。
 続きまして、19ページの5項社会教育費、1目社会教育総務費、4目文化財保護費、さらに6項の保健体育費、1目保健体育総務費では、社会教育団体、文化財及びスポーツ団体等への補助金を計上させていただいたところでございます。
 なお、20ページ以降に給与費明細書がございますので、後ほどごらんをいただければと存じております。
 以上、大変雑駁でございましたけれども、以上で議案第34号から議案第39号までの補足説明を終わらせていただきます。

          ─────────────────────────

△散会

○議長(渡邉隆俊君) 以上をもって本日の日程は終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、本日はこれをもって散会いたします。
 なお、次の本会議は、あす4月28日午前10時から開きます。どうもご苦労さまでございました。

                 午前11時06分 散会

          ─────────────────────────

                 本日の会議に付した事件

1.開  会
1.開  議
1.議事日程
1.会議録署名議員の指名
1.会期の決定
1.諸般の報告
1.市長の議案の上程(議案第34号〜議案第39号)
1.議案の補足説明(議案第34号〜議案第39号)
1.散  会