議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鴨川市

平成21年第 1回定例会−02月05日-01号




平成21年第 1回定例会

                  平成21年第1回
              鴨川市議会定例会会議録(第1号)

1.招集年月日 平成21年2月5日(木曜日)
1.招集の場所 鴨川市議会議場
1.出席議員  20名
  1番 庄 司 朋 代 君   2番 吉 田 裕 迪 君   3番 佐 藤 拓 郎 君
  4番 平 松 健 治 君   5番 鈴 木 美 一 君   6番 佐 藤 文 秋 君
  7番 須 田   厚 君   8番 野 村 靜 雄 君   9番 尾 形 喜 啓 君
  10番 滝 口 久 夫 君   11番 吉 田 勝 敏 君   12番 渡 辺 訓 秀 君
  13番 渡 邉 隆 俊 君   14番 辰 野 利 文 君   15番 飯 田 哲 夫 君
  16番 谷   一 浩 君   17番 刈 込 勝 利 君   18番 大和田 悟 史 君
  19番 西 川 和 広 君   20番 鈴 木 正 明 君
1.欠席議員  なし
1.地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名
  市長        本 多 利 夫 君    副市長       西 宮 秀 夫 君
  教育長       長谷川 孝 夫 君    会計管理者     久 保   誠 君
  総務部長兼天津小湊支所長           市民福祉部長    忍 足 仁 一 君
            石 渡 康 一 君
  建設経済部長兼農業委員会事務局長       水道局長      杉 田 敏 巳 君
            石 井 幹 夫 君
  教育次長      福 田 典 白 君    企画財政課長    杉 田   至 君
  総務課長      庄 司 政 夫 君    秘書広報課長    吉 田 尚 史 君
  国保病院事務長   山 口 政 美 君    教育委員会委員長  村 上 修 平 君
  代表監査委員    室 田 章 隆 君
1.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
  事務局長      渡 辺   仁      次長        佐久間 達 也
  副主査       山 口 勝 弘

         ─────────────────────────

△開会
  平成21年2月5日 午前10時00分開会

○議長(渡邉隆俊君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成21年第1回鴨川市議会定例会は成立いたしましたので、開会いたします。

         ─────────────────────────

△開議
  平成21年2月5日 午前10時00分開議

○議長(渡邉隆俊君) これより本日の会議を開きます。

         ─────────────────────────

△議事日程

○議長(渡邉隆俊君) 本日の日程は、あらかじめお手元に配付いたしました印刷物のとおりでありますので、これによりご了承を願います。
1.議 事 日 程
日程第1       会議録署名議員の指名
日程第2       会期の決定
日程第3       諸般の報告
日程第4       議案第1号から議案第23号及び諮問第1号の上程   上程・説明
           (市長提案理由の説明)
     議案第1号 鴨川市ふるさぽーと基金条例の制定について     補足説明
     議案第2号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する     〃
           条例及び鴨川市教育長の給与等に関する条例の一部
           を改正する条例の制定について
     議案第3号 鴨川市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制     〃
           定について
     議案第4号 鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条     〃
           例の一部を改正する条例の制定について
     議案第5号 鴨川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定に     〃
           ついて
     議案第6号 財産の無償譲渡について                 〃
     議案第7号 財産の無償譲渡について                 〃
     議案第8号 財産の無償貸付について                 〃
     議案第9号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体     〃
           の数の減少及び千葉県市町村総合事務組合規約の一
           部を改正する規約の制定に関する協議について
     議案第10号 富津市と鴨川市との間の学齢児童及び学齢生徒の教     〃
           育事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の
           制定に関する協議について
     議案第11号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)       〃
     議案第12号 平成20年度鴨川市国民健康保険特別会計補正予算      〃
           (第2号)
     議案第13号 平成20年度鴨川市老人保健特別会計補正予算(第2     〃
           号)
     議案第14号 平成20年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第3     〃
           号)
     議案第15号 平成20年度鴨川市後期高齢者医療特別会計補正予算     〃
           (第2号)
     議案第16号 平成20年度鴨川市病院事業会計補正予算(第1号)     〃
     議案第17号 平成21年度鴨川市一般会計予算              〃
     議案第18号 平成21年度鴨川市国民健康保険特別会計予算        〃
     議案第19号 平成21年度鴨川市老人保健特別会計予算          〃
     議案第20号 平成21年度鴨川市介護保険特別会計予算          〃
     議案第21号 平成21年度鴨川市後期高齢者医療特別会計予算       〃
     議案第22号 平成21年度鴨川市水道事業会計予算            〃
     議案第23号 平成21年鴨川市病院事業会計予算             〃
     諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて    −
日程第5       休会の件

         ─────────────────────────

△会議録署名議員の指名

○議長(渡邉隆俊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、鈴木美一君、佐藤文秋君、須田 厚を指名いたします。

         ─────────────────────────

△会期の決定

○議長(渡邉隆俊君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今定例会の会期は、あらかじめお手元に配付いたしました会期日程表案のとおり、本日から2月20日までの16日間であります。これにご異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、会期は16日間と決定いたしました。

            平成21年第1回鴨川市議会定例会会期日程表
                                 ┌自2月5日    ┐
                                 │      16日間│
                                 └至2月20日    ┘
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│会 期│月  日│曜日│開議時刻│       日         程       │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│2月5日│ 木 │午前10時│開会。会議録署名議員の指名。会期の決定。諸般の報告。│
│   │    │  │    │議案等の上程(提案理由の説明、議案等の補足説明)。│
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第2日│2月6日│ 金 │    │休  会(議案審査のため)            │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第3日│2月7日│ 土 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第4日│2月8日│ 日 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第5日│2月9日│ 月 │午前10時│行政一般質問                   │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第6日│2月10日│ 火 │午前10時│議案に対する質疑・常任委員会付託(ただし議案第9号、│
│   │    │  │    │議案第11号から議案第16号及び諮問第1号については討│
│   │    │  │    │論・採決の予定)                 │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第7日│2月11日│ 水 │    │休  会(建国記念日)              │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第8日│2月12日│ 木 │午前10時│議案に対する質疑・常任委員会付託(ただし議案第9号、│
│   │    │  │    │議案第11号から議案第16号及び諮問第1号については討│
│   │    │  │    │論・採決の予定)                 │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第9日│2月13日│ 金 │午前10時│休  会(建設経済常任委員会)          │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第10日│2月14日│ 土 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第11日│2月15日│ 日 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第12日│2月16日│ 月 │午前10時│休  会(総務常任委員会)            │
│   │    │  ├────┼─────────────────────────┤
│   │    │  │午後1時│休  会(文教厚生常任委員会)          │
│   │    │  │30分  │                         │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第13日│2月17日│ 火 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第14日│2月18日│ 水 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第15日│2月19日│ 木 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第16日│2月20日│ 金 │午前10時│常任委員長報告。報告者に対する質疑。討論・採決。閉│
│   │    │  │    │会                        │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘

           ────────────────────────

△諸般の報告

○議長(渡邉隆俊君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 教育委員会から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条第1項に基づく教育委員会の点検・評価の提出がありましたので、お手元に配付の印刷物によりご了承願います。
 監査委員から平成20年11月分、12月分の一般会計、特別会計、基金会計、企業会計の現金出納、また平成20年11月に実施されました定期監査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。
 次に、行政一般質問の受付期限までに通告のありました質問者の一覧表をご配付しましたので、ご報告いたします。
 次に、平成20年第1回鴨川市議会臨時会会議録及び平成20年第4回鴨川市議会定例会会議録をご配付しましたので、ご報告いたします。
 次に、本定例会の議案審査のため、地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長以下関係者の出席報告がありましたので、ご報告いたします。
 続いて、議案の受理について、本日、市長から議案の送付があり、これを受理いたしましたので、ご報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。

         ─────────────────────────

△市長の議案等の上程・説明

○議長(渡邉隆俊君) 日程第4、議案第1号から議案第23号及び諮問第1号までの計24件を一括議題として、提案理由の説明を求めます。市長、本多利夫君。
                〔市長 本多利夫君登壇〕
◎市長(本多利夫君) 皆さん、おはようございます。平成21年第1回市議会定例会を招集させていただきました。本日は早朝よりまことにご苦労さまでございます。
 ただいま議長からご指名をいただきましたので、早速、今定例会にご提案を申し上げました各議案につきまして、提案理由の説明を申し述べさせていただきたいと存じます。
 今定例会にご提案を申し上げました案件は、新規条例の制定が1件、条例の一部を改正する条例の制定が4件、財産の無償譲渡が2件、財産の無償貸付が1件、一部事務組合の規約変更等の協議1件、事務委託に関する規約変更の協議が1件、平成20年度の各会計別補正予算が6件、平成21年度の各会計別当初予算が7件、そして人事案件1件の都合24件でございます。
 それでは、議案番号の順を追ってご説明を申し上げます。
 まず、議案第1号から議案第5号までは、新たな条例の制定並びに条例の一部を改正する条例の制定でございますが、これらの5議案につきましては、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 まず、議案第1号は、鴨川市ふるさぽーと基金条例の制定についてでございます。所得税法や地方税法といった関係諸法令の一部改正により制度化をされました、いわゆるふるさと納税による寄附金につきましては、これを一たんは基金へと積み立てまして、寄附者のご意向に沿った本市施策の推進に活用させていただきたいと存じておる次第でございます。ふるさと納税制度に基づく本市への寄附金の受け皿といたしまして、新たな基金を設置してまいりたく、本条例を設置いたすものでございます。
 続きまして、議案第2号は、鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例及び鴨川市教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。現在実施をいたしております特別職の給与減額措置につきましては、本職の任期をもちまして廃止したいと存じておりますことから、本条例を制定いたしたいものでございます。
 続きまして、議案第3号は、鴨川市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。本市が保有いたします土地開発基金の有効かつ効果的な活用を図ってまいりますため、本条例の条文整備といたしまして、この基金の処分に関する規定を新たに設けてまいりたく、本条例の一部を改正する条例を制定いたしたいものでございます。
 続きまして、議案第4号は、鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。同会館内の施設使用料の改定を行うため、本条例を制定いたしたいものでございます。
 続きまして、議案第5号は、鴨川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。介護保険法の規定に基づく介護保険事業計画の見直しに伴いまして、平成21年度から平成23年度までの第1号被保険者に係る介護保険料率の改定等を行いたく、本条例を制定いたしたいものでございます。
 続きまして、議案第6号から議案第8号までは財産の無償譲渡並びに無償貸付についてでございますが、これらの3議案につきまして、地方自治法第96条第1項第6号及び同法第237条第2項の規定により、議会の議決を賜りたいものでございます。
 まず、議案第6号は、さきの全員協議会でもご説明申し上げましたように、鴨川市と学校法人城西大学の土地譲渡の協定に基づきまして、土地を無償譲渡いたすものでございます。
 議案第7号は、養護老人ホーム緑風荘を民営化するに当たり、同施設の建物を民営化後の運営者と選定した社会福祉法人東明会に無償で譲渡いたしたいものでございます。
 続きまして、議案第8号は、前議案で譲渡いたします施設の敷地を平成21年4月1日から30年間、無償で貸し付けをいたしたいものでございます。
 続きまして、議案第9号は、千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてでございます。組合を組織する団体の脱退に伴いまして、組合規約を変更するため、地方自治法第286条第1項の規定により、関係地方公共団体と協議するに当たり、同法第290条の規定により議会の議決を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第10号は、富津市と鴨川市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてであります。長狭小学校の設置に伴いまして、現在、富津市と鴨川市との間で取り交わしております規約の一部を変更いたしたく、地方自治法第252条の14第2項の規定により富津市と協議するに当たり、同条第3項の規定により準用する同法第252条の2第3項、本文の規定により議決を求めるものでございます。
 続きまして、議案第11号から議案第16号までは、平成20年度の各会計別の補正予算でございまして、地方自治法第96条第1項第2号及び第218条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 まず、議案第11号は、平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)でございます。今回の補正は、年度末を迎えるに当たり、本年度に予定をいたしておりました各種の事務事業経費がおおむね確定をしてまいりましたことから、歳入歳出それぞれの予算調製が主なものとなっておるところであります。既定の予算額から歳入歳出それぞれ1億5,795万4,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を152億1,293万5,000円といたしたいものでございます。
 次に、議案第12号は、平成20年度鴨川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ3,859万6,000円を追加いたしまして、補正後の予算総額を45億2,845万7,000円といたしたいものであります。
 続きまして、議案第13号は、平成20年度鴨川市老人保健特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ3億5,849万4,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を4億7,093万7,000円といたしたいものであります。
 続きまして、議案第14号は、平成20年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第3号)でございます。今回の補正は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ493万2,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を31億7,173万4,000円といたしたいものでございます。
 続きまして、議案第15号は、平成20年度鴨川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ4,755万1,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を3億8,631万9,000円といたしたいものでございます。
 続きまして、議案第16号は、平成20年度鴨川市病院事業会計補正予算(第1号)でございます。補正の概要でございますが、まず業務の予定量でございますが、年間の入院患者数を1万8,250人から1万6,500人に、同様に外来患者数を4万8,500人から4万6,850人にそれぞれ改めさせていただきたいものでございます。
 次に、業務予定量の減少に伴います収益的収支でございますが、収入、支出ともに1,918万7,000円の減額をいたし、補正後の予算総額を7億674万9,000円といたしたいものでございます。
 次に、議案第17号から議案第23号までは、平成21年度の各会計別の当初予算でございまして、地方自治法第211条第1項並びに地方公営企業法第24条第2項の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 まず、議案第17号は、平成21年度鴨川市一般会計予算でございます。
 まず、予算規模でございますが、歳入歳出それぞれ120億9,830万円として編成をさせていただきました。前年度予算と比較いたしますと、額にして26億9,720万円、率にいたしますと18.2%の減少と相なっておる次第でございます。
 平成21年度の本市の一般会計予算につきましては、来る平成21年3月1日に市長選挙が控えております関係から、かねての予算編成方針どおり、これを骨格予算として編成することといたし、普通建設事業費や新規事業などの政策的経費につきましては、これを新市長の判断にゆだねてまいりますため、原則としてその予算計上を避けて編成をさせていただいたところであります。
 したがいまして、今般の当初予算に計上いたしました経費につきましては、職員給与費などの人件費、公債費や扶助費といった義務的経費、行政事務を執行するための経費でございまして、通常支出が見込まれる物件費、維持補修費、法令や市例規等の規定に基づく補助費等及び他会計への繰出金などの経常的経費、県営事業に対する市負担金、債務負担行為に基づく普通建設事業費、行政運営上の支障から、当初において予算措置が必要不可欠と認められるものに係る経費及び予備費につきまして、これらの年間所要額を見込む一方で、歳入面におきましては、現行制度を基本とした年度収入見込額を積算調製して編成をさせていただいた次第でございます。
 続きまして、議案第18号は、平成21年度鴨川市国民健康保険特別会計予算でございます。歳入歳出予算の総額でございますが、前年度比で8,997万4,000円、率にいたしまして2.1%の増となります43億8,222万9,000円といたしたいものでございます。国保加入世帯を6,838世帯、被保険者数を1万2,141人と見込ませていただきまして、歳入面では国民健康保険税を対前年度比3.6%減の9億9,453万円、国庫支出金を1.9%減の11億239万5,000円、前期高齢者交付金を10.3%増の8億1,499万6,000円を見込ませていただいたところであります。
 一方、主な歳出面では、医療給付費を対前年度比3.0%増の29億7,115万1,000円、後期高齢者支援金を9.3%増の5億4,033万3,000円などを見込ませていただいたものでございます。
 続きまして、議案第19号は、平成21年度鴨川市老人保健特別会計予算でございます。歳入歳出予算の総額でございますが、前年度対比で7億3,420万7,000円、率にして99.2%の減となります615万2,000円といたしたいものでございます。老人保健の医療費の支払いは、平成20年3月診療分をもちまして後期高齢者医療制度へ移行したことから、それ以前の医療機関の未請求分を計上させていただいたところであります。
 続きまして、議案第20号は、平成21年度鴨川市介護保険特別会計予算でございます。歳入歳出予算の総額でございますが、前年度対比で7,250万1,000円、率にいたしまして2.4%の増となります31億4,639万7,000円といたしたいものでございます。歳入の主なものといたしましては、国庫支出金を7億4,780万3,000円、支払基金交付金を8億9,087万7,000円を見込ませていただいたところでございます。また、歳出につきましては、保険給付費を29億6,290万6,000円とさせていただいたものでございます。
 続きまして、議案第21号は、平成21年度鴨川市後期高齢者医療特別会計予算でございます。歳入歳出予算の総額でございますが、前年度対比で5,160万2,000円、率にして11.9%の減となります3億8,201万3,000円といたしたいものでございます。
 歳入面では、後期高齢者医療の保険料を国の軽減基準の拡大から、対前年度比22.3%減の2億5,678万2,000円を見込ませていただきまして、歳出面では納付いただいた保険料等を広域連合に納付する広域連合納付金を対前年度比13.0%減の3億5,969万円を計上させていただいたものでございます。
 続きまして、議案第22号は、平成21年度鴨川市水道事業会計予算でございます。まず、業務の予定量でございますが、給水戸数は1万7,701戸、年間総給水量564万9,000立方メートル、主要な建設改良事業費を2億2,924万円と定めさせていただきました。
 次に、これに係ります収益的収支でございますが、事業収益を13億7,603万3,000円、事業費といたしまして13億3,279万円を見込ませていただいたところでございます。
 また、資本的収支でございますが、老朽管の更新や施設の維持管理に重点を置きまして事業を推進し、より一層の安定給水を図ってまいりたいと存じております。収入面では2,868万7,000円を、支出面では6億4,124万円を見込ませていただいております。
 なお、使用水量の伸び悩みなど、経営環境は大変厳しい状況下ではございますけれども、水は生活の根幹をなすものでございまして、その充実に相努めてまいらねばならないと存じております。
 続きまして、議案第23号は、平成21年度鴨川市病院事業会計予算でございます。まず、業務の予定量でございますが、年間入院患者数を1万6,600人、年間外来患者数を4万7,100人と見込ませていただきまして、これらに係ります収益的収支の予定額を収入支出それぞれ7億756万4,000円といたしたいものでございます。
 次に、資本的収支でございますが、収入といたしまして、企業債、補助金を合わせまして1,262万5,000円、支出といたしましては、建設改良費、事業債償還金を合わせまして1,744万1,000円を計上させていただきました。
 主な建設改良事業といたしまして、保有する医療機器等の更新費用として1,431万5,000円を予定させていただきました。本院は、公立病院といたしまして診療活動はもとより、介護保険法による在宅医療の推進を積極的に展開いたし、市民の皆様方のご要望とご期待にこたえてまいりたいと存じておるところであります。
 続きまして、諮問第1号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてでございます。本市推薦の人権擁護委員のうち、村田教清氏の任期が平成21年6月30日をもって満了いたすことになっております。つきましては、新たに人格、識見とも高く、適任者と認められます小滝義弘氏を同委員として推薦させていただきたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会のご意見をいただきたいものでございます。
 なお、小滝氏の経歴等々につきましては、お手元に配付いたしました資料をご高覧いただければと存じております。
 以上、都合24件につきましての提案理由の説明を申し述べさせていただきました。各議案の内容につきましては、この後、担当部長から補足説明をいたさせますので、十分なご審議をいただきまして、全議案のご可決、ご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。
 少々風邪ぎみでお聞きづらい点があったと思いますけれども、お許しをいただきたいと思います。以上であります。

         ─────────────────────────

△議案の補足説明

○議長(渡邉隆俊君) これより各議案の補足説明を求めます。
 議案第1号 鴨川市ふるさぽーと基金条例の制定について、議案第2号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例及び鴨川市教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第3号 鴨川市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について、以上3件を一括して議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第1号から議案第3号までを一括して補足説明を申し上げます。
 初めに、議案第1号 鴨川市ふるさぽーと基金条例の制定につきまして、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の1ページ並びに資料1、議案説明資料の1ページをあわせてごらんいただきたいと存じます。まず、この条例の名称でございますけれども、ふるさと納税制度に基づく寄附金を積み立てる基金でありますことから、ふるさと鴨川を応援する、サポートするという意味合いから基金の名称を鴨川市ふるさぽーと基金とし、もって条例名といたしたいものでございます。
 次に、条文の第1条は、この基金の設置目的を定めたものでございます。ふるさと鴨川を応援しようとする皆様からの寄附金を活用させていただきまして、市民福祉の向上と地域の活性化に資する事業を実施しようとするものでございます。
 次に、第2条は、寄附金を活用して実施しようとする事業の大綱を規定をいたしたものでございまして、本市の第1次基本構想に掲げます6つの施策をその対象事業といたすものでございます。
 次に、第3条は、基金への積立てを規定いたしております。基金として積み立てる額は寄附金の額といたしますほか、歳入歳出予算で定める額を基金に積み立てることができる旨を定めるものでございます。
 続きまして、第4条は、この基金の管理に関する規定でございます。基金に属する現金は、金融機関への預金、その他、最も確実かつ有利な方法により管理をしなければならない旨を第1項で定めまして、また第2項では、現金を有価証券に変えることができる旨をそれぞれ定めさせていただくものでございます。
 次に、第5条は基金の運用益金の処理方法について、また、第6条は基金の繰替運用に関する規定でございます。
 続きまして、第7条は、この基金の処分に関する規定でございまして、この基金は第2条に掲げる事業を実施する費用に充てる場合に限り、その費用を一般会計歳入歳出予算に計上して、基金の全部又は一部を処分することができると、このような旨を定めるものでございます。
 第8条は、この条例の委任に関する規定。そして最後に附則でございますが、この条例は公布の日から施行いたしたいものでございます。
 以上、本条例は、昨年4月にスタートいたしましたふるさと納税制度に基づく寄附金を基金に積み立ててまいりますため、基金の設置目的、その使途、管理及び処分に関する事項など、基金の運用に関する基本的事項を定めてまいりたいものでございます。
 以上が議案第1号の関係でございます。
 続きまして、議案第2号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例及び鴨川市教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。
 議案書並びに議案説明資料1の3ページをごらんいただきたいと存じます。市長、副市長及び教育長の給料につきましては、地域経済の低迷及び本市の財政状況等にかんがみまして、市町合併直後の平成17年7月1日から現在まで減額の特例措置を講じておるところでございます。この減額措置は、それぞれの条例の附則に規定をいたしておるところでございまして、市長につきましては、本則の月額82万円から30%を減額、額にいたしますと24万6,000円の減額となりますけれども、これにより支給額が月額57万4,000円、また副市長につきましては66万3,000円から15%の減額、額にして9万9,450円の減とし、月額56万3,550円に、さらに教育長につきましては60万9,000円から10%の減額、額にして6万900円の減とし、月額54万8,100円にそれぞれ減額措置を講じておったところでございます。
 内容は3ページにお示しのとおりでございますけれども、しかしながら、来る3月12日をもって市長の任期が満了いたしまして、退任をされますことから、本改正条例の附則にございますように、この減額措置を任期限りで廃止をすることとし、本年3月13日から本則どおりに施行するというものでございます。
 それでは、続きまして、議案第3号 鴨川市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明を申し上げます。
 議案書並びに議案説明資料6ページをあわせてごらんをいただきたいと存じます。本条例の改正の趣旨につきましては、先ほど市長が提案理由の説明の中で申し上げましたように、この土地開発基金の一層の効率的な運用を図ってまいりますため、この基金の処分に関する規定を整備をいたしたいものでございます。
 議案説明資料の新旧対照表をごらんをいただきたいと思いますけれども、ここにございますとおり、現行の基金条例には基金の処分に関する規定がございません。そこで、今後の新たな土地取得等への活用が可能となりますように、新たに第7条第1項として、公用若しくは公共用に供する土地等を取得する費用に充てる場合に限り、この基金の全部又は一部を処分することができる、また、2項といたしまして、基金を処分した場合における基金の額に関する規定を設けるものでございます。
 なお、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するというものでございます。
 以上で議案第1号から議案第3号までの補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第4号 鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第5号 鴨川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、以上2件を一括して議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
              〔市民福祉部長 忍足仁一君登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) 議案第4号及び議案第5号を一括して補足説明をさせていただきます。
 まず、議案第4号 鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、説明資料の7ページをお開きいただきたいと存じます。この改正の内容は、鴨川市総合保健福祉会館内に設置されている老人デイサービスセンターについて、現在使用しております社会福祉法人鴨川市社会福祉協議会との協議に基づき月額使用料を引き上げることにしたため、本条例を改正いたしたいものでございます。
 それでは、下段の新旧対照表によりご説明を申し上げます。第10条第2項の表中の老人デイサービスセンター使用料を月額14万円から17万5,000円に改めたいものでございます。
 なお、附則でございますが、この改正条例は平成21年4月1日から施行させていただきたいものでございます。
 以上で議案第4号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第5号 鴨川市介護保険条例の一部を改正する条例の制定につきまして、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、説明資料の8ページをお開きいただきたいと存じます。今回の主な改正点は、平成21年度から平成23年度までの65歳以上の第1号被保険者に係る介護保険料率の改定等を行いたいものでございます。
 まず、9ページの鴨川市介護保険条例の新旧対照表によりご説明を申し上げます。第3条の保健福祉事業につきましては、介護事業運営の適正化対策に係る法整備により介護保険法に条のずれが生じましたので、本条例の第3条中、法第115条の41を法第115条の47に改めたいものでございます。
 続きまして、第4条の保険料率の改定でございます。大変申しわけございませんが、8ページにお戻りいただきたいと存じます。
 2の内容の(1)第1号被保険者に係る保険料率の改定表をごらんいただきたいと存じます。この表は、6段階区分になっているものでございますが、このうちエの第4段階の区分が65歳以上の被保険者の所得状況により決められる介護保険料の基準となるものでございます。この第4段階の平成18年度から平成20年度までの年額3万6,400円を月額にいたしますと3,034円となりますが、これを介護保険料基準額の月額として平成17年の合併以降、据え置いてまいりました。そして、この4段階の平成21年度から平成23年度までの年額5万1,100円を月額にいたしますと4,255円、これにより基準となります月額は1,221円の増となるところでございますが、平成21年度から3年間における要介護高齢者数や給付費の伸び等により算定いたしたものでございまして、この4段階の月額基準額をもとに負担割合に応じた各段階の保険料率を、今回、改正させていただきたいものでございます。
 それでは、表のご説明をさせていただきます。いずれも年額でございますが、平成18年度から平成20年度までと平成21年度から平成23年度までの保険料率の欄をごらんいただきたいと存じます。
 上から順に、第1段階及び第2段階は1万8,200円を2万5,500円に、第3段階は2万7,300円を3万8,300円に、第4段階は、先ほど申し上げましたように、介護保険料の基準となる段階でございまして、3万6,400円を5万1,100円に、第5段階は4万5,500円を6万3,800円に、第6段階は5万4,600円を7万6,600円に改定させていただきたいものでございます。
 なお、附則でございますが、10ページをお開きいただきたいと存じます。この改正条例は、平成21年4月1日から施行いたしたいものでございます。ただし、第3条の改正規定につきましてては、同年5月1日から施行いたしたいものでございます。
 また、経過措置といたしまして、改正後の第4条の規定は平成21年度以後の年度分の保険料率から適用し、平成20年度以前の年度分の保険料率につきましては、従前の例によることといたしたいものでございます。
 以上で議案第4号及び議案第5号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第6号 財産の無償譲渡について、議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) 議案第6号 土地の無償譲渡につきまして、補足説明を申し上げます。
 議案書並びに議案説明資料11ページから13ページをあわせてごらんをいただきたいと存じます。今般ご議決をお願い申し上げます譲渡土地は、太海多目的公益用地内の城西国際大学観光学部用地の一部でございます。
 去る平成17年2月2日に市と学校法人城西大学との間で、鴨川市太海多目的公益用地に関する基本協定書を締結いたしまして、同学部が鴨川市に進出するに当たり、その用地につきましては市が無償譲渡するということ、さらに、同年、平成17年10月17日には、この基本協定の一部変更協定書を締結いたしまして、市から学校法人城西大学に無償譲渡する時期及びその面積等を明定をいたしたところでございます。
 これらに基づきまして、これまでそれぞれ議会のご可決をいただきまして、平成17年4月に3万7,011平方メートルを、さらに平成18年3月に1,932.02平方メートルを無償譲渡してまいりました。
 また、これらの協定では、平成20年度末までに12筆、合計7,160.27平方メートルの土地を無償譲渡をすることといたしておりまして、今般、これを履行するため、観光学部の学生駐車場用地12筆7,160.27平方メートルの土地を無償譲渡いたしたく、議会のご議決をいただきたいものでございます。
 資料12ページの図の青の部分でございます。従前、この土地は鴨川市開発公社の所有地でございましたけれども、平成20年度、本年度の当初予算に市が公社からこの土地を取得する経費として約2億3,000万円を計上させていただきまして、去る1月7日にこの執行といたしまして、売買契約を締結しておりまして、既に市に所有権が移転しておりますので、申し添えさせていただきたいと思います。
 なお、ご可決がかないましたならば、2月下旬、遅くとも3月上旬までにはこの事務手続を終えたいと考えております。
 以上で議案第6号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第7号 財産の無償譲渡について、議案第8号 財産の無償貸付について、以上2件を一括して議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
              〔市民福祉部長 忍足仁一君登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) 議案第7号及び議案第8号につきまして、一括して補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の1ページをお開きいただきたいと存じます。まず、議案第7号 財産の無償譲渡についてでございます。鴨川市養護老人ホーム緑風荘につきましては、平成21年4月1日付で養護老人ホームの建物につきまして無償譲渡をいたしたく、本議案のご提案をさせていただくものでございます。
 それでは、譲渡する財産の概要につきましてご説明をいたします。所在は、鴨川市広場字中広場1311番地1、主たる建物につきましては、種類は老人ホームでございます。構造は鉄筋コンクリートの3階建てでございます。床面積は、1階、2階、3階を合わせまして2,393.12平方メートル、また附属建物といたしまして、倉庫はコンクリートブロックづくりの平屋建て、床面積は12平方メートル、建物の合計面積は2,405.12平方メートルでございます。譲渡の相手方は、鴨川市広場1311番地、社会福祉法人東明会理事長、金井 輝氏でございます。
 以上で、議案第7号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第8号 財産の無償貸付につきまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案書の1ページをお開きいただきたいと存じます。無償貸付を行う財産は、鴨川市養護老人ホーム緑風荘の施設民営化に伴い、施設用地を無償貸付いたしたいものでございます。無償貸付をする財産の概要でございますが、鴨川市広場字中広場1311番1の土地で、地目は宅地、登記簿の地籍は2,505.15平方メートルでございます。貸付の相手方は、鴨川市広場1311番地、社会福祉法人東明会理事長、金井 輝氏でございます。貸付期間は、平成21年4月1日から平成51年3月31日までの30年間でございます。
 以上で議案第8号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第9号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第9号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議につきまして補足説明を申し上げます。
 議案書並びに議案説明資料16ページをあわせてごらんをいただきたいと存じます。既にご高承のように、この千葉県市町村総合事務組合は、千葉県内の市町村職員の退職手当の支給あるいは職員採用試験の合同実施等を共同処理する一部事務組合でございます。今般、組合の組織団体であります浦安市市川市病院組合が平成21年、本年3月31日をもって解散をすること、また香取市東庄町清掃組合が本年3月31日に解散し、4月1日に香取広域市町村圏事務組合と統合することとされておりますことから、組合規約中、組合を組織する地方公共団体に関する規定及び共同処理する団体に関する規定を改正するにつき、構成団体と規約変更の協議をいたしたく、議会のご議決をお願い申し上げるものでございます。
 なお、この協議のための議決は、すべての構成団体において行うものでございますので、申し添えさせていただきたいと存じます。
 以上で議案第9号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第10号 富津市と鴨川市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、議案の補足説明を求めます。教育次長、福田典白君。
               〔教育次長 福田典白君登壇〕
◎教育次長(福田典白君) それでは、議案第10号 富津市と鴨川市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関する規約の一部を改正する規約の制定に関する協議につきまして、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の20ページをお開きいただきたいと存じます。本規約は、富津市大字山中並びに大字豊岡の一部の地区の希望する児童生徒が大山小学校、長狭中学校に入学することにつきまして、教育事務を富津市が鴨川市に委託することに関して設けられたものでございます。
 平成21年4月より主基、吉尾及び大山小学校が統合し、長狭小学校にするに伴いまして、学校名を変更する必要がありますことから、本規約の一部を改正する必要となりました。
 この規約の改正につきましては、地方自治法第252条の14第2項の規定によりまして富津市と協議する必要がございます。また、この協議には、同条第3項同法第252条の2第3項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 なお、来年度は富津市山中地区の児童が1名、長狭小学校に在学することを希望しております。
 以上で、議案第10号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第11号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)について、議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第11号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)につきまして、補足説明を申し上げます。
 補正予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ1億5,795万4,000円を減額し、補正後の予算総額を152億1,293万5,000円といたしたいものでございます。
 補正予算減額の趣旨につきましては、先ほど市長の提案理由の説明のとおりでございますので、早速、その概要につきましてご説明をさせていただきたいと存じます。
 まずは、6ページをお開きいただきたいと存じます。初めに第2表の繰越明許費でございますが、本年度事業として予定をいたしておりました延べ9件の事業につきまして、それぞれの事由から年度内竣工がかなわないことが見込まれておりますので、地方自治法第213条の規定に基づきまして、それぞれ限度額を設定し、平成21年度へ繰り越しをいたしたいものでございます。
 この内容でございますが、鴨川清掃センターで使用いたします焼却残渣等運搬処理用のホイールローダ購入事業費として819万8,000円、鯛の浦遊歩道整備事業費につきましては5,538万円、また東町地内の県道天津小湊田原線の改良工事に伴います県単工事負担金につきましては257万1,000円、そして広場地内の市道入ノ台線改良工事に係る市道整備事業費につきまして422万5,000円、次に鴨川北部道路と県道天津小湊田原線との接続道路であります東町地内の市道八幡東線の新設工事に係る道整備交付金市道整備事業費につきましては3,085万9,000円、また小湊漁民住宅の解体撤去に係る設計委託料として、市営住宅維持管理事業費の71万9,000円を翌年度へ繰り越したいものでございます。
 さらに、小学校建設事業費といたしまして、(仮称)長狭統合小学校の建設工事費1億6,283万4,000円に、天津小学校の耐震大規模改修工事費の1億1,113万5,000円を合わせました2億7,396万9,000円を繰り越しをさせていただきたいものでございます。
 また、中学校建設事業では、(仮称)江見鴨川統合中学校造成工事に係る9,293万2,000円を、さらに太田学地内の1級市道竹平金山線に係る土木施設補助災害復旧事業費の807万円につきましても、翌年度へ繰り越しといたしたいものでございます。
 次に、7ページをごらんいただきたいと存じますが、第3表の地方債補正でございます。延べ16件の事業債につきまして、既定の市債発行限度額の変更並びにその廃止をいたしたいものでございます。
 いずれも事業進捗に伴い、それぞれの事業費がおおむね予算額に対しまして減額の形で確定をしてまいりましたことから、起債限度額につきましても総じて減額の変更をいたしたいものでございます。
 なお、江見ポケットパーク整備事業につきましては、地元住民の皆様のご理解がまだ十分いただけていない状況にかんがみまして、本年度事業といたしましては見送らせていただきましたので、この事業債を廃止といたしましたほか、天津小学校校舎の大規模改修事業債につきまして、も県担当課との協議によりまして、同校の耐震改修事業債とあわせて起債をすることが可能となりましたことから、その結果として廃止をさせていただくものでございます。
 以上、今般の地方債補正につきましては、総額で1億5,090万円の減額をいたしたいものでございます。
 続きまして、歳入歳出予算の概略でございますけれども、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、10ページをごらんいただきたいと存じます。まず、歳入でございますが、1款の市税は固定資産税の滞納繰越分につきまして500万円の減額をさせていただきたいと存じます。
 次に、12款分担金及び負担金、1項分担金では、事業費の確定に伴います水産業費分担金が108万円の減額、2項の負担金では、老人福祉施設措置費負担金339万1,000円の増額が主なものでございます。
 続きまして、13款使用料及び手数料の1項使用料でございますが、施設利用者の減少が見込まれておりますことから、1目総務使用料で市民会館使用料が111万円の減額、7目教育使用料の総合運動施設に係る保健体育使用料の157万4,000円の減額などでございます。
 次に、11ページをお開きをいただきたいと存じますが、14款国庫支出金のうち1項国庫負担金では、障害者自立支援介護給付事業負担金や生活保護費負担金の増などによりまして、1目民生費国庫負担金は1,577万1,000円の増額、長狭小中一貫校の整備に伴います公立学校施設整備費負担金の増によりまして、教育費国庫負担金が656万9,000円の増額、本年度事業の確定に伴いまして4目の災害復旧費国庫負担金が164万6,000円の減額でございます。
 続きまして、12ページになりますが、2項の国庫補助金では、合併処理浄化槽の年度設置見込み基数の減少に伴います循環型社会形成推進交付金の減額、また3目衛生費国庫補助金が326万円の減額、天津小学校校舎の耐震大規模改修事業に係る安心・安全な学校づくり交付金の増額などによりまして、6目教育費国庫補助金は1,819万9,000円の増額でございます。
 なお、3項委託金では、国民年金事務取扱費委託金の減額によりまして、民生費委託金が204万3,000円の減額でございます。
 次に、15款県支出金のうち1項県負担金では、国民健康保険基盤安定事業負担金、障害者自立支援介護給付事業負担金、後期高齢者医療保険基盤安定事業負担金などの増額によりまして、1目の民生費県負担金が1,181万6,000円の増額、続きまして、13ページをごらんいただきたいと思いますけれども、2項の県補助金でございますが、各種事業の年度所要額の決定などによりまして、2目の民生費県補助金が102万円、3目衛生費県補助金が434万3,000円、4目農林水産業費県補助金が398万9,000円など、いずれも減額となっておるところでございます。
 また、3項委託金でございますが、個人県民税徴収委託金の減額などによりまして、1目総務費委託金が1,937万5,000円の減額でございます。
 次に、14ページの17款寄附金のうち1項2目の総務費寄附金では、ふるさと納税制度による本市への寄附金につきまして、本定例会でその設置につきご提案を申し上げております鴨川市ふるさぽーと基金への積立金として183万5,000円を計上させていただいております。
 次に、18款繰入金、2項基金繰入金では、1目財政調整基金繰入金を2,562万8,000円の減額とさせていただきました。平成20年度の予算編成に当たりまして、その財源調整のため、当初予算で5億5,500万円の取り崩しをいたしておりました財政調整基金につきましては、今回の減額補正によりまして、その全額を取り戻すこととなった次第でございます。
 次に、15ページになりますが、20款諸収入のうち1項延滞金加算金及び過料では、市税延滞金を100万円、2項市預金利子では歳計現金に係る預金利子といたしまして198万2,000円、4項雑入では資源物売払代の追加に伴いまして375万3,000円をそれぞれ増額をいたしたいものでございます。
 最後に、21款の市債でございますけれども、市債の充当事業費の決定等に伴いまして、それぞれ発行可能額としての調整を図らせていただいたものでございます。
 続きまして、17ページをごらんいただきたいと存じます。歳出でございます。このたびの歳出の補正は、年度末を迎えるに当たりまして、その多くが現行予算の過不足額の調整となっております。こういうことで、こうした部分は省略をさせていただきまして、主要な事項のみご説明とさせていただきますので、ご了承いただきたいと存じます。
 まず、2款総務費、1項総務管理費、3目の広報広聴費でございますが、新市のシンボル制定に係る経費123万6,000円の減額、6目財産管理費では財政調整基金への積立金として3,727万8,000円などを計上させていただきまして、3,735万6,000円の増額でございます。
 7目企画費では、廃止路線代替バス等、コミュニティバスの運行期間の変更に伴う補助金、配分の調整とともに、ふるさと納税制度による寄附金の基金への積立金として183万5,000円を計上させていただきまして、180万4,000円の増額となったところでございます。
 続きまして、18ページの10目電子計算費では、電子計算機の更新機に生じました不用額等といたしまして239万7,000円を減額させていただいております。
 次に、19ページに移りまして、2項の徴税費では、税源移譲に伴う所得変動分に係る還付金の大幅な減少見込みによりまして、市税過誤納還付金は5,000万円の減額とさせていただきました。
 次に、20ページの3款民生費、1項社会福祉費のうち1目社会福祉総務費では、各種給付事業等の実績見込みの増減に伴う扶助費の調整及び国民健康保険特別会計繰出金の追加などによりまして1,141万9,000円の増額でございます。
 続きまして、2目の老人福祉費でございますが、各保健事業の実績見込みに伴う一般会計からの繰出金の調整によりまして3,023万7,000円の減額、21ページに移りまして、3項生活保護費、2目の扶助費では、対象事例の増加によりまして1,726万8,000円の増額などでございます。
 次に、22ページ、4款衛生費、2項清掃費のうち1目清掃総務費では、家庭用小型合併処理浄化槽の設置見込み基数の減少によりまして1,212万円の減額、次の2項塵芥処理費では、老朽化の著しいホイールローダの更新事業費の計上の一方で、施設改修工事の見直しなどによりまして762万2,000円の減額でございます。
 また、23ページの3目し尿処理費でございますが、収集車両への水張り用貯水タンクの設置工事費を新たに計上いたしましたものの、燃料費の減額によりまして、結果として18万8,000円の減額でございます。
 次に、4項病院費、1目病院費では、病院事業会計への法定繰出金として1,200万円を計上させていただきました。
 次に、24ページになりますが、6款農林水産業費の1項農業費、3目農業振興費では、野生猿鹿、イノシシの捕獲委託料の減額、みんなみの里施設への路線バスの乗り入れに伴いまして駐車スペースの舗装改修費などの計上によりまして197万5,000円の増額でございます。
 続きまして、25ページの5目農地費でございますが、県営ため池等整備事業負担金の減額などによりまして224万9,000円の減額、続いて、26ページの3項水産業費、4目の漁港建設費でございますが、市営漁港整備工事費底質調査委託費等、さらには県営漁港整備負担金などの年度事業費の確定に伴いまして467万2,000円の減額をさせていただきました。
 続きまして、27ページの7款商工費、1項商工費、3目観光費でございますが、地元住民の皆様のご理解が十分に得られていないことにかんがみまして、今年度事業として予定をいたしておりました江見内遠野トイレ・ポケットパークの建設につきましては、これを見送ることとさせていただいております。この事業費減などによりまして、2,988万8,000円の減額をさせていただきました。
 次に、27ページから28ページにかけまして、8款土木費、2項道路橋梁費のうち3目の道路橋梁新設改良費では、今年度の実施事業量が固まってまいりましたことから、その結果として不用見込み額を調整をいたしまして、2,564万7,000円の減額をさせていただきました。
 また、3項河川費の2目河川維持費、3目河川改修費につきましても、同様に不用額の調整をさせていただきまして、河川費といたしましては310万8,000円の減額でございます。
 やや飛ばしまして、次に30ページになりますが、10款の教育費でございます。2項小学校費の3目学校建設費では、長狭小中一貫校及び天津小学校の施設整備事業費に係る不用見込み額として1,830万6,000円の減額でございます。
 また、3項の中学校費の2目教育振興費では、生徒通学費補助金の減額などで352万5,000円の減額でございます。
 また、31ページの3目学校建設費では、統合中学校の建設に係る本年度事業費の調整による不用見込み額といたしまして2,136万3,000円の減額をいたしたいものでございます。
 続きまして、32ページになりますけれども、5項の社会教育費、3目図書館費では、図書館入り口付近の外壁補修費の追加などで108万8,000円の増額、次に33ページの6項保健体育費のうち2目体育施設費では、野球場改修工事の不用見込み額の調整などによりまして596万3,000円の減額でございます。
 また、3目の学校給食費では、賄い材料費の不用見込み額として101万4,000円の減額をさせていただきました。
 続きまして、11款災害復旧費、2項公共土木施設災害復旧費の1目土木施設災害復旧費でございますが、年度事業費の確定による不用見込み額として258万9,000円の減額でございます。
 続きまして、34ページをごらんいただきたいと存じますが、13款諸支出金、1項開発公社費、1目開発公社費でございますが、年度当初から2名分で見込んでおりました公社の職員人件費相当額に対する補助金を1名分に減額をするとともに、土地代行取得に係る金融機関からの借入金に係る利息相当額の補助金につきましても、年度所要額の確定による不用見込み額の調整によりまして699万5,000円の減額をいたしたいものでございます。
 以上が歳出補正の概要でございます。
 なお、39ページ以降は給与費明細書となっておりますので、後ほどご高覧いただきたいと存じます。
 以上、若干長くなりましたが、議案第11号の補足説明を終わらせていただきます。
○議長(渡邉隆俊君) 11時20分まで休憩いたします。
                午前11時10分 休憩
         ─────────────────────────
                午前11時23分 再開
○議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案第12号 平成20年度鴨川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第13号 平成20年度鴨川市老人保健特別会計補正予算(第2号)、議案第14号 平成20年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第3号)、議案第15号 平成20年度鴨川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、以上4件を一括して議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
              〔市民福祉部長 忍足仁一君登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) 議案第12号から議案第15号まで一括して補足説明を申し上げます。
 初めに、議案第12号 平成20年度鴨川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足説明を申し上げます。
 予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ3,859万6,000円を追加し、予算総額を45億2,845万7,000円といたしたいものでございます。
 第2条では、債務負担行為につきまして定めるものでございます。債務負担行為の詳細は3ページにございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。
 補正の内容につきましては、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、6ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございます。1款国民健康保険税でございますが、平成20年度中の一般被保険者から退職被保険者への異動に伴い、一般被保険者国民健康保険税を1,260万円減額し、退職被保険者等国民健康保険税を1,260万円増額いたしたく、お願いするものでございます。
 4款国庫支出金は、1公庫国庫負担金が2,545万3,000円の減で、その内訳は療養給付費等負担金が2,046万6,000円の減及び特定健康診査等負担金が498万7,000円の減でございます。
 また、2項国庫補助金は、財政調整交付金を186万4,000円増額いたしたいものでございます。
 7ページにまいりまして、5款療養給付費等交付金7,547万1,000円の増でございますが、退職医療費の増に伴うものでございます。
 6款前期高齢者交付金は、4,439万7,000円の増でございます。
 7款県支出金は、特定健康診査等負担金で498万7,000円の減でございます。
 8款共同事業交付金は296万7,000円の減でございまして、その内訳は高額な医療費に係る国保連合会からの交付金でございますが、平成20年度の実績に伴い、レセプト1件当たり30万円から80万円までの医療費に係る高額医療費共同事業交付金について5,401万1,000円の減、一方、80万円を超える医療費に係る保険財政共同安定化事業交付金につきましては5,104万4,000円の増でございます。
 10款繰入金でございますが、1項他会計繰入金は、保険基盤安定繰入金の決定に伴い854万2,000円の増、8ページにまいりまして、2項基金繰入金は6,000万円の減でございます。
 12款諸収入は172万9,000円の増で、一般及び退職被保険者分の第三者納付金の増、また70歳から74歳までの方の医療機関窓口での負担が2割を1割に凍結したことに伴い、国保連合会から療養費の1割相当分として入金するとした公費負担金の増によるものでございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。9ページをお開きいただきたいと存じます。2款保険給付費、1項療養諸費でございますが、一般被保険者療養給付費として4,049万9,000円の増でございますが、医療費の伸びを考慮したものでございます。また、退職分につきましては、医療給付費等交付金の増に伴う財源内訳の変更でございます。同様に、2項高額療養費につきましても、財源内訳の変更でございます。
 7款共同事業拠出金は、事業を実施いたします国保連合会の試算により、保険財政共同安定化事業拠出金の不足が見込まれますことから750万5,000円の増でございます。
 10ページにまいりまして、8款保健事業費は1,207万2,000円の減でございますが、郵便料28万5,000円の増、健康診査委託料が1,235万7,000円の減でございます。
 11款諸支出金でございますが、国民健康保険の国及び県の調整交付金として、直営診療施設に対する補助金として266万5,000円が予定されていることから、同額を繰出金として国保病院へ支出するため、当初予算額を除いた266万4,000円の補正をお願いするものでございます。
 以上で議案第12号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第13号 平成20年度鴨川市老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして補足説明を申し上げます。
 予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算から歳入歳出それぞれ3億5,849万4,000円を減額し、予算総額を4億7,093万7,000円といたしたいものでございます。
 内容につきましては、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますが、老人保健の医療費の負担は社会保険診療報酬支払基金及び国、県、市の負担割合がおのおの決まっておりますことから、歳出の医療の減額に伴いまして歳入の減額をいたしたいものでございます。
 1款支払基金交付金でございますが、社会保険診療報酬支払基金の負担割合は、一定以上、所得者の医療費及び一般の方の医療費の5割となっておりますが、医療給付費の減に伴い1億8,528万6,000円の減でございます。
 2款国庫支出金でございますが、国の負担は、一般の方の事業費の3分の1で1億2,352万4,000円の減でございます。
 3款県支出金及び4款一般会計繰入金でございますが、県及び市の負担割合は、一般の方の医療費の12分の1で、おのおの2,584万2,000円の減でございます。
 6款諸収入でございますが、交通事故等による第三者納付金で200万円の増でございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。6ページをお開きいただきたいと存じます。
 1款医療諸費でございますが、3億5,849万4,000円の減でございます。老人保健特別会計で医療費の給付、平成20年3月診療分まででございまして、4月診療分以降は千葉県後期高齢者医療広域連合が給付を行っております。したがいまして、平成20年度の支払いは3月診療分に加え、3月以前の未請求分や過誤調整等によるものでございますことから、余剰見込み分を減額いたしたいものでございます。
 以上で議案第13号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第14号 平成20年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第3号)の補足説明を申し上げます。
 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ493万2,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を31億7,173万4,000円といたしたいものでございます。
 補正の概要といたしましては、歳入における第1号被保険者の保険料の追加及び支払基金交付金、繰入金等の減額と、歳出における総務費及び地域支援事業費の減額をお願いしたいものでございます。
 それでは、補正予算書の事項別明細書によりご説明を申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますけれども、1款1項の介護保険料は、第1号被保険者に係る保険料を813万3,000円増額いたしたいものでございます。
 次に、2款2項国庫補助金は、地域支援事業交付金の減額及び介護保険事業費補助金の増額により、合わせて35万6,000円を減額、また、3款1項の支払基金交付金は108万9,000円を減額いたしたいものでございます。
 6ページに移りまして、4款2項県補助金は、地域支援事業交付金として50万8,000円の減額、また、6款繰入金は1項の一般会計繰入金として地域支援事業繰入金等225万2,000円の減額をいたしたいものでございます。
 7ページに移りまして、6款2項の基金繰入金として、介護給付費準備基金繰入金を897万9,000円減額、8款諸収入につきましては、3項雑入として介護給付費の返納金等11万9,000円を増額いたしたいものでございます。
 続きまして、8ページをお開きいただきたいと存じます。歳出につきましてご説明を申し上げます。
 1款総務費の1項総務管理費は、介護保険システムプログラムの修正委託料等に係る予算として215万2,000円の追加、また3項介護認定審査会費は、主治医意見書作成手数料等323万3,000円を減額いたしたいものでございます。
 次に、2款保険給付費につきましては、1項介護サービス等諸費から、9ページに移りまして5項特定入所者介護サービス等費まで、管内給付費の増減によります組み替えをいたしたいものでございます。
 また、5款地域支援事業費につきましては、1項の介護予防事業費351万6,000円の減額、及び2項包括的支援事業・任意事業費では、地域包括支援センターに係る予算として33万5,000円を減額いたしたいものでございます。
 10ページ以降は給与費明細書でございますので、後ほどごらんいただきたと存じます。
 以上で議案第14号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第15号 平成20年度鴨川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足説明を申し上げます。
 予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算から歳入歳出それぞれ4,755万1,000円を減額し、予算総額を3億8,631万9,000円といたしたいものでございます。
 内容につきましては、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますが、1款後期高齢者医療保険料4,957万8,000円の減でございます。内訳として、年金から特別徴収保険料が8,318万6,000円の減でございますが、後期高齢者医療保険料は所得により、当初7割、5割、2割の軽減を行うとされておりましたが、国の見直しにより、保険料の軽減の拡大が図られましたことから、減額となったものでございます。
 一方、納付書で納めていただく普通徴収保険料は3,360万8,000円の増でございまして、保険料の軽減措置より特別徴収から普通徴収へ移行したため、増額となったものでございます。
 3款繰入金でございますが、1項一般会計繰入金は358万9,000円の増でございまして、その内訳として事務費繰入金は歳出の総務費の減に伴い225万1,000円の減、また保険基盤安定繰入金は保険料の軽減分を一般会計から繰り入れるものでございますが、保険料の軽減の拡大に伴い584万円の増でございます。
 5款諸収入は、5項受託事業収入として156万2,000円の減でございますが、後期高齢者の健康診査の実施費用の確定に伴い、歳出の健康診査委託料を減額したことによるものでございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。6ページをお開きいただきたいと存じます。1款総務費、1項総務管理費でございますが、381万3,000円の減でございます。内訳として、郵便料を225万1,000円及び健康診査委託料156万2,000円の減でございます。
 2款後期高齢者広域連合納付金でございますが、加入者に納めていただいた保険料及び保険料減額分として、保険基盤安定拠出金を広域連合へ払い込むものでございますが、納付保険料の減に伴い4,373万8,000円の減でございます。
 以上で議案第12号から議案第15号までの補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第16号 平成20年度鴨川市病院事業会計補正予算(第1号)について、議案の補足説明を求めます。国保病院事務長、山口政美君。
             〔国保病院事務長 山口政美君登壇〕
◎国保病院事務長(山口政美君) それでは、議案第16号 平成20年度鴨川市病院事業会計補正予算(第1号)につきまして、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、補正予算書をごらんいただきたいと思います。初めに、第2条の業務の予定量の補正でございますが、入院患者数を1日当たり50人から5人減の45人とし、年間患者数を1万6,5000人に、また外来患者数を1日当たり7人減の159人とし、年間患者数を4万6,850人に変更いたしたいとするもので、その主な要因は、流行性の疾患が少なかったことなどにより、患者数が減少となったものでございます。
 続いて、第3条の収益的収入及び支出でございますが、これは後ほど予算の実施計画でご説明申し上げます。
 続いて、第4条でございますが、次のページにございますが、資本的収入の第1項企業債、第2項補助金の補正に伴いまして、資本的収入が資本的支出額に対し不足する額及び補てんする額を改めさせていただくものでございます。
 続いて、第5条企業債の限度額でございますが、医療器械整備事業に対しまして補助金の受け入れがございましたことから、700万円から600万円に補正をさせていただくものでございます。
 続いて、第6条の職員給与費でございますが、これは後ほど予算の実施計画でご説明申し上げます。
 続いて、第7条でございますが、棚卸資産の購入限度額でございますが、200万円増の6,969万円といたしたいものでございます。
 次に、予算に関する説明書のページに進んでいただきまして、その次の1ページ目の実施計画をお開きいただきたいと思います。予算の実施計画のうち収益的収入及び支出でございます。業務量の減少に伴い、収入、支出ともに既決予定額から1,918万7,000円を減額し、7億674万9,000円とし、内訳といたしましては、入院収益を604万7,000円減額し、3億3,741万8,000円、外来収益では2,594万円減額し、2億5,536万円といたしました。
 次に、他会計負担金でございますが、一般会計から企業繰出金といたしまして、救急医療の確保に係る経費の負担分として1,200万円の受け入れをするものでございます。
 次に、医業外収益の補助金でございますが、これは国民健康保険特別会計から80万円の受け入れをするものでございます。
 支出につきましては、給与費でございますが、職員の減に伴い、給与費を2,118万7,000円減額し、また、手術材料の調達に費用を要しましたことから、材料費を200万円増額いたしたいとするものでございます。
 続いて2ページ目になりますが、資本的収入及び支出の実施計画でございまして、1の企業債では、医療器械等の購入に対しまして補助金の受け入れがありましたことから100万円減額し600万円とし、2の補助金では、国民健康保険特別会計から医療器械の購入費分といたしまして186万5,000円の受け入れをするものでございます。
 続きまして、3ページ目をお開きいただきたいと思います。資金計画でございますが、既決予定額から受入資金2,273万4,000円の減額、そして支払資金1,787万2,000円の減額を行い、それぞれ受入資金の総額を8億8,625万2,000円、支払資金の総額を7億5,367万4,000円とし、差し引き1億3,257万8,000円が年度末の繰り入れ現金となる予定でございます。
 4ページ目以降は給与費明細書でございますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。
 以上で議案第16号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第17号 平成21年度鴨川市一般会計予算について、議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) 議案の補足説明を申し上げます前に、1点、訂正をさせていただきたいと存じます。先ほど議案第6号 土地の無償譲渡の中で、学校法人城西大学に平成18年3月に無償譲渡をした土地を1,932.02平方メートルと申し上げましたけれども、1,832.02平米の誤りでございました。おわびして訂正をさせていただきたいと存じます。
 それでは、議案第17号 平成21年度鴨川市一般会計予算につきまして、補足説明を申し上げます。
 平成21年度一般会計予算編成の趣旨につきましては、先ほどの市長の提案理由の中でご説明を申し上げましたとおりでございますので、早速、その概要につきましてご説明をさせていただきたいと存じます。
 それでは、当初予算書とあわせまして、説明資料の2、平成21年度当初予算案の概要の3ページをお開きいただきたいと存じます。一般会計当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ120億9,830万円と定めたいものでございます。
 前年度当初予算と比較をいたしますと、26億9,720万円、18.2%の減少となっておりますけれども、これは骨格予算編成に伴いまして、原則として普通建設事業費の計上を避けたことによる大幅な減少が主な要因でございます。
 それでは、予算書の8ページをお開きいただきたいと存じます。まず、第2表の債務負担行為でございます。日本国憲法の改正手続に関する法律、いわゆる国民投票法が平成22年5月に施行されることに伴いまして、投票人名簿を調製するためのシステム改修を行う必要が生じたところでございます。この改修事業につきましては、債務負担行為を設定した上で平成21年度及び22年度の2カ年で事業を実施するように、これは国の指導がございましたことから、平成22年度事業費に係る限度額を88万2,000円と定めさせていただくものでございます。
 続きまして、9ページになりますが、第3表地方債でございます。まず、平成20年度当初予算に債務負担行為を設定いたしました、し尿処理施設整備事業は7,410万円、県営事業負担金に係るものといたしましては、林道整備事業が80万円、漁港整備事業が920万円、急傾斜地崩壊対策事業が90万円のほか、臨時財政対策債5億6,600万円、高金利対策借換債1億310万円の計6件につきまして、それぞれ限度額を定めたいものでございます。
 次に、歳入につきましてご説明をさせていただきますので、12ページをごらんいただきたいと存じます。
 まず、1款市税は30億8,072万2,000円で、対前年度比7,940万6,000円、2.0%の減でございます。この内訳でございますが、個人市民税につきましては5,150万円の増でございますけれども、法人市民税で1,930万円の減となっておりまして、市民税全体では前年度と比較をいたしまして3,220万円増の16億4,670万円、次に固定資産税では、平成21年度の評価替えに伴う既存家屋の課税標準額の減額が見込まれておりますことから、8,400万7,000円の大幅な減でございまして、19億7,552万円、次に13ページをお開きいただきたいと存じますが、市たばこ税では2,700万円減の2億2,000万円などでございます。
 続きまして、2款地方譲与税は、対前年度比2,000万円減の1億5,000万円でございます。なお、平成21年度から道路特定財源が一般財源化をされまして、地方道路譲与税が地方揮発油譲与税への名称変更など、譲与税及び各種税交付金につきましては、制度改正等が予定をされておりますけれども、今予算編成段階では国会での関連法案が成立していないなど不透明な部分も多いことから、従来どおりの科目による計上とさせていただいております。
 次に、3款利子割交付金は1,600万円、次に14ページに移りまして、4款配当割交付金は700万円、5款株式等譲渡所得割交付金は500万円、6款の地方消費税交付金は3億9,000万円、7款ゴルフ場利用税交付金は2,300万円、8款自動車取得税交付金は9,500万円、9款地方特例交付金は3,790万円をそれぞれ計上させていただいております。
 次に、15ページになりますが、10款の地方交付税は、前年度と同額の普通交付税で33億3,000万円、特別交付税で4億5,500万円、合計で37億8,500万円を計上させていただいております。
 11款の交通安全対策特別交付金は600万円、12款分担金及び負担金は1億2,582万6,000円でございまして、対前年度比5,609万2,000円、30.8%の大幅な減でございます。これは養護老人ホーム緑風荘が民営化されることによりまして、2項の民生費負担金、1節社会福祉費負担金の老人福祉施設措置費負担金が皆減となったことが主な要因でございます。
 16ページに移りまして、13款使用料及び手数料は3億8,265万円でございまして、対前年度比1,568万1,000円の増でございます。
 この内訳でございますけれども、1項使用料は7,089万4,000円でございまして、市民会館を初めとした各種市有施設の使用料を計上いたしておりますほか、17ページの2項手数料では、戸籍証明等手数料、廃棄物持込処理手数料、し尿汲取料及び浄化槽清掃料などで2億5,115万6,000円、また、18ページの3項でございますが、証紙収入は廃棄物処理手数料で6,060万円でございます。
 続きまして、14款国庫支出金は8億1,111万3,000円で、対前年度比7,891万7,000円、8.9%の減でございます。
 この主な要因といたしましては、1項国庫負担金では、19ページになりますが、3目教育費国庫負担金で、小中一貫校の校舎建築工事に係る公立学校施設費整備負担金7,706万7,000円の皆減、2項国庫補助金では2目の民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金で、地域介護福祉空間整備等交付金の1,500万円の皆減、さらには4目の土木費国庫補助金、2節の都市計画費補助金で、まちづくり交付金が3,200万円の皆減、3節道路橋梁費補助金では、道整備交付金が7,000万円の増でございます。
 次に、6目教育費国庫補助金、1節小学校費補助金では、天津小学校校舎の耐震改修工事に係る安心・安全な学校づくり交付金が3,086万2,000円の皆減のほか、20ページになりますけれども、3項委託金では、衆議院議員選挙委託金2,254万1,000円の皆増などでございます。
 次に、15款県支出金は6億8,114万1,000円でございまして、対前年度比1億1,774万7,000円、14.7%の減でございます。
 1項県負担金のうち、21ページになりますが、3目の土木費県負担金では、道整備負担金7,000万円の増や、2項県補助金では4目の農林水産業費県補助金、3節水産業費補助金で、漁村再生事業補助金1,875万円の皆減、6目商工費県補助金で、自然環境整備交付金1,800万円の皆減、県の合併支援策でありますふさのくに合併支援交付金が平成20年度で終了したことによります総務費県補助金が1億円の皆減などのほか、23ページの3項委託金では、1目総務費委託金、2節徴税費委託金の個人県民税徴収委託金4,880万円の減、さらには4節の選挙費委託金で千葉県知事選挙委託金2,121万1,000円の皆減などが主なものでございます。
 次に、24ページに移りますけれども、16款の財産収入は1,935万2,000円、17款寄附金は1,000円の計上でございます。
 18款繰入金は3億3,331万4,000円で、対前年度比3億7,366万9,000円、52.9%の減でございます。これは財政調整基金、減債基金、し尿処理施設建設基金などの基金から繰り入れをさせていただくものでございます。
 25ページになりますが、19款繰越金は前年度と同額の2億5,000万円、20款諸収入は2億4,518万1,000円でございまして、対前年度比9,041万3,000円、26.9%の減でございますが、野球場改修工事に係る自治宝くじ公益事業助成金8,000万円の皆減が主なものでございます。
 28ページに移りまして、21款市債は7億5,410万円でございまして、対前年度比18億4,800万円、71.0%の大幅な減となっております。これは、冒頭申し上げましたけれども、普通建設事業費につきましては県営事業負担金及び債務負担行為に基づく事業のみの計上とさせていただきました関係で、普通建設事業費の大幅な減少に伴うものでございます。
 以上が歳入の関係でございます。
○議長(渡邉隆俊君) 補足説明中ですが、ここで午後1時まで休憩いたします。
                午前11時56分 休憩
         ─────────────────────────
                午後 1時00分 再開
                〔17番 刈込勝利君退席〕
○議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 刈込勝利君から早退する旨の届け出がありましたので、報告いたします。
 総務部長、石渡康一君。
               〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。
 予算書の29ページをお開きいただきたいと存じます。歳出面では、より一層の経常経費の節減に努めさせていただきましたほか、原則として普通建設事業費や市単独の補助費等及び新規事業を計上いたしておりませんことから、5款労働費及び14款予備費以外のすべての款におきまして対前年度比マイナスとなっておるところでございます。
 それでは、まず1款の議会費でございますけれども、1億6,567万8,000円で、対前年度比1,084万6,000円、6.1%の減でございます。主な要因は、人件費の減のほか、議会ワゴン車の購入費350万円の皆減によるものでございます。
 31ページに移りまして、2款総務費は21億9,704万4,000円でございまして、対前年度比1億187万7,000円、4.4%の減でございます。
 まず、1項総務管理費では、1目一般管理費で給料などの人件費、3目広報広聴費でございますが、広報紙の発行に係る経費など、また6目財産管理費では庁舎の維持管理経費などの経常的経費を計上させていただきましたほか、37ページになりますけれども、太海多目的公益用地の購入費用2億5,459万2,000円を、7目の企画費では、39ページになりますけれども、コミュニティバスの実証運行実施に係るコミュニティバス運行費等補助金2,400万円、13目諸費では、45ページになりますけれども、第三子以降出産祝金900万円などを計上いたしております。
 46ページをお開きいただきたいと存じますけれども、2項の徴税費は2億1,625万3,000円、48ページをお開きいただきたいと存じますが、3項の戸籍住民基本台帳費は1億1,049万円、50ページをお開きいただきたいと思いますが、4項の選挙費では3目衆議院議員選挙費2,255万1,000円をそれぞれ計上いたしております。
 次に、56ページになりますが、3款の民生費は35億45万2,000円でございまして、対前年度比2,257万8,000円、0.6%の減でございます。
 1項社会福祉費、1目社会福祉総務費では、障害者の方々への各種サービスを提供するため、58ページになりますけれども、障害者自立支援地域生活支援委託費2,102万1,000円や、60ページになりますけれども、介護給付訓練給付費3億628万6,000円のほか、各種扶助費を支給することなどによりまして、福祉の向上を図ってまいるものでございます。
 また、61ページでは、国民健康保険特別会計に対する繰出金1億4,891万9,000円を計上させていただいております。
 次に、2目老人福祉費は、63ページになりますが、後期高齢者医療医療給付費負担金3億5,442万3,000円、千葉県後期高齢者医療広域連合負担金2,237万8,000円のほか、養護老人ホーム緑風荘が民営化されることによる老人福祉施設措置費1億2,223万2,000円の皆増でございます。
 そして、老人保健特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計への繰出金が合計で6億1,864万7,000円などが主なものでございます。
 また、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費では、65ページになりますけれども、乳幼児医療費負担金5,210万円を、また2目の児童手当費で各種児童手当を支給いたしまして、子育て支援体制の充実を図るものでございます。
 67ページに移りまして、3項生活保護費は4億6,540万8,000円でございまして、生活保護に係る扶助費などでございます。
 続きまして、69ページの4款衛生費は13億5,579万2,000円で、対前年度比1億1,192万6,000円、7.6%の減でございます。
 1項保健衛生費、1目保健衛生総務費では、妊婦、乳児健診の実施やはり・きゅう・マッサージの利用に対する助成を、また71ページになりますが、2目の予防費では各種の予防接種やがんなどの検診を実施をいたしまして、市民の健康増進を図ってまいるものでございます。
 また、生活環境の向上に資するため、72ページの3目環境衛生費では、不法投棄防止に係る事業費を、また4目公害対策費ではダイオキシン類測定や河川等の水質検査に係る委託料を計上いたしたところでございます。
 74ページに移りまして、2項の清掃費でございますが、1目清掃総務費では、鴨川市南房総市環境衛生組合負担金2億1,935万4,000円、75ページになりますが、家庭用小型合併処理浄化槽設置事業補助金2,232万円などを計上いたしました。
 また、2目塵芥処理費では、76ページの不燃物処理委託料1,513万6,000円、焼却灰中間処理委託料3,376万8,000円、77ページになりますが、収集業務委託料1,196万6,000円など、ごみの収集及び処理に関する経費を計上いたしたところでございます。
 続きまして、3目し尿処理費でございますが、し尿収集及び処理に関する経費のほか、平成20年度に債務負担行為を設定して実施をいたしております、し尿処理施設改良工事1億738万8,000円を計上させていただいております。
 また、80ページの3項上水道費では、南房総広域水道企業団に対する補助金1,326万2,000円及び出資金2,443万5,000円のほか、水道事業会計への繰出金1,868万9,000円を計上させていただきまして、次の4項病院費では病院事業会計への繰出金1,000万円を計上いたしたところでございます。
 次に、81ページになりますけれども、5款労働費は124万8,000円で、前年度と同額の計上でございます。
 続きまして、6款農林水産業費は4億1,070万7,000円でございまして、対前年度比5,391万4,000円、11.6%の減でございます。
 まず、1項の農業費では、82ページになりますけれども、3目農業振興費で、田舎暮らし希望者を支援するため、鴨川ふるさと回帰支援センター運営・管理委託料300万円、有害鳥獣対策事業といたしまして、有害鳥獣捕獲委託料1,960万円、及び83ページになりますが、有害獣被害防止対策事業補助金1,596万6,000円、84ページになりますけれども、農地の保全を図るための中山間地域等直接支払交付金6,689万5,000円、さらには農地・水・環境保全向上対策事業交付金718万円などを計上させていただいております。
 また、5目の農地費では、85ページになりますけれども、県営かんがい排水整備事業負担金1億3,081万2,000円、県営ため池等整備事業負担金60万円などを計上いたしたところでございます。
 また、3項水産業費では、88ページになりますけれども、4目漁港建設費で、県営漁港整備に係る負担金として維持改良事業負担金210万円、広域漁港整備事業負担金1,285万5,000円を計上させていただいております。
 次に、7款商工費は1億8,331万4,000円でございまして、対前年度比1億6,304万3,000円、47.1%の減でございます。
 まず、1項商工費、2目商工振興費では、中小企業者の経営の健全化に資するために資金融資の保証料及び利子の一部を支給する各種補助金を計上いたしておりますほか、3目観光費では、海水浴場の運営に係る経費、91ページになりますけれども、国道花壇植栽事業委託料660万円、さらには観光プロデューサー業務委託料360万円、次に92ページになりますが、観光客誘致イベント事業補助金650万円、鴨川ツーリズム推進協議会補助金300万円などを計上いたしまして、観光振興に資するとともに、地域の活性化を図ってまいりたいものでございます。
 続きまして、8款土木費でございますが、4億5,736万5,000円でございまして、対前年度比2億101万3,000円、30.5%の減でございます。
 まず94ページになりますけれども、2項の道路橋梁費は、対前年度比1億6,593万1,000円の大幅な減となっております。これは3目の道路橋梁新設改良費における市道改良等の事業予算の計上を避けておりますことや、鴨川駅跨線橋昇降機設置工事1億円の皆減などが主な要因でございます。
 なお、市道等の維持補修に係る修繕料1,504万円、さらには市道八幡東線の整備工事に係る道整備交付金事業委託料2億1万円、そして県単工事負担金2,423万4,000円などは計上させていただいておるところでございます。
 次に、99ページをお開きいただきたいと存じますが、9款の消防費は6億8,892万4,000円で、対前年度比3,391万8,000円、4.7%の減でございます。
 1項消防費、1目常備消防費では、安房郡市広域市町村圏事務組合への常備消防費負担金6億910万6,000円を計上いたしましたほか、2目非常備消防費では消防団運営に関する経費を計上いたしております。
 また、101ページになりますけれども、4目の災害対策費では防災行政無線の定期的な保守点検業務を行うための無線局保守委託料378万円などを計上させていただいたところでございます。
 次に、102ページに移りまして、10款教育費は10億9,927万6,000円、対前年度比17億3,541万円、61.2%の減でございます。
 105ページをお開きをいただきたいと存じますが、まず、2項の小学校費でございますが、1目学校管理費におきましては、長狭地区の小学校が統合されますことから、臨時用務員賃金や光熱水費の減を見込ませていただきましたほか、学校施設の維持管理、そして教職員及び児童の健康診断などの経費や、106ページになりますが、長狭小学校へ通学する児童の交通手段を確保するための送迎用バス運行委託料650万円などを計上させていただいております。
 また、2目の教育振興費では、特別支援教育支援員賃金、そして教育パソコンのリース料、学校図書などの購入費、児童通学費補助金などを計上させていただいております。
 次に、3項中学校費でございますが、小学校費と同様に1目学校管理費では、学校施設の維持管理、教職員及び生徒の健康診断などの経費を、また2目の教育振興費では、教育パソコンのリース料、学校図書などの購入費、生徒通学費補助金のほか、英語教育を実施するための外国語指導助手に係る経費などの計上をさせていただいております。
 次に、112ページに移りますけれども、4項幼稚園費でございますが、これも小学校費、中学校費と同様に施設の維持管理経費や教職員及び園児の健康診断などの経費、通園のための路線バス運行費負担金などの計上でございます。
 続きまして、114ページになりますが、5項社会教育費でございます。
 1目社会教育総務費では、社会教育、生涯学習及び文化活動の推進を図るための経費や大学との交流事業費などの計上をさせていただいております。
 次に、116ページになりますが、2目の公民館費では、公民館の維持管理や公民館教室の開催等についての経費を計上させていただいております。
 118ページの3目図書館費でございますが、図書館の維持管理費、図書館管理システムの図書館管理システム機器等のリース料、図書館資料を整備する図書・AV資料購入費などをそれぞれ計上させていただいております。
 次に、119ページの4目文化財保護費では、文化財リーフレット及び図録の作成に係る経費などをそれぞれ計上させていただいたところでございます。
 また、5目の青少年研修施設費では、青少年研修センター及びわんぱくハウスの管理運営経費を、120ページの6目郷土資料館費及び121ページの7目市民ギャラリー費では、施設の維持管理経費及び展示に係る費用などをそれぞれ計上させていただいております。
 また、122ページの8目市史編さん費では、市史を刊行するための資料の収集及び保存に関する経費などを計上させていただいております。
 続きまして、123ページの6項保健体育費、1目保健体育総務費でございますが、市民スポーツの普及を図るため、各種スポーツ大会及び教室の開催に係る経費や、平成22年度に行われます国民体育大会の開催準備経費としての実行委員会への負担金などを計上させていただいたところでございます。
 124ページに移りまして、2目の体育施設費では、社会体育施設の維持管理費、文化体育館など、総合運動施設の維持管理費、さらには市営プールの開設運営経費などを計上させていただきました。
 また3目の学校給食費では、学校給食センターの維持管理経費などの計上でございます。
 次に、128ページをごらんいただきたいと存じますが、11款の災害復旧費は、平成20年度におきましては林業施設の過年発生単独災害復旧事業を計上いたしましたけれども、平成21年度には該当がございませんでしたので、計上はございません。
 続きまして、12款公債費は20億1,639万5,000円でございまして、対前年度比2億4,558万4,000円、10.9%の減でございます。
 なお、平成20年度及び21年度には借入利率5%以上の高金利債の繰上償還を実施をいたしまして、この分を借り換えることによりまして、利子の軽減を図るものでございます。この借換債分を差し引きました実質的な公債費といたしますと、平成20年度は19億8,817万9,000円、平成21年度が19億1,329万5,000円となるわけでございまして、前年度対比では7,488万4,000円、3.8%の減となるものでございます。
 次に、13款諸支出金は1,210万5,000円でございまして、対前年度比1,511万7,000円、55.5%の減、129ページに移りますけれども、14款予備費は1,000万円の計上でございまして、前年度と同額でございます。
 なお、130ページ以降には給与費明細書、債務負担行為に関する調書及び地方債に関する調書を添付してございますので、後ほどご高覧をいただきたいと存じます。
 また、説明資料2には、自主財源比率、歳出の性質別内訳、主要事業説明書等を掲載させていただいておりますので、あわせてごらんいただきたいと存じます。
 以上で議案第17号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第18号 平成21年度鴨川市国民健康保険特別会計予算、議案第19号 平成21年度鴨川市老人保健特別会計予算、議案第20号 平成21年度鴨川市介護保険特別会計予算、議案第21号 平成21年度鴨川市後期高齢者医療特別会計予算、以上4件を一括して議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
              〔市民福祉部長 忍足仁一君登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) それでは、議案第18号から議案第21号まで一括してご説明を申し上げます。
 初めに、議案第18号 平成21年度鴨川市国民健康保険特別会計予算につきまして、補足説明を申し上げます。
 本市国民健康保険の状況でございますが、平成21年度の国保加入世帯を6,838世帯、被保険者数を1万2,141人と見込ませていただいたところでございます。昨年と比較しまして、世帯数で145世帯、被保険者数で497世帯の減になっております。平成21年度は、医療制度改革による後期高齢者医療制度に伴う支援金の創設など大幅な改正がございましたが、平成21年度は高額介護合算療養費の支払い開始になるなど、制度の面の改正及び特定健診保健指導に伴う費用の増などを見込ませていただいた予算となっておるところでございます。
 それでは、予算書をごらんいただきたいと存じます。第1条は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ43億8,222万9,000円といたしたいものでございます。前年度と比較しまして8,997万4,000円、率にして2.1%の増でございます。
 第2条は、一時借入金の最高限度額を1億円に定めるものでございます。
 第3条は、歳出予算の流用でございまして、保険給付費の款内流用を定めるものでございます。
 内容につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げますので、7ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますが、1款国民健康保険税は、一般被保険者分9億1,390万円、退職分8,063万円、合計で9億9,453万円で、前年度と比較しまして3,717万円、率にして3.6%の減でございます。引き続く景気低迷による税収減、また被保険者の減に伴うものでございます。
 続きまして、8ページでございますが、4款の国庫支出金は、1項国庫負担金が8億8,892万4,000円で、前年度比1,919万円、2.1%の減で、主として療養給付費等の負担金の減によるものでございます。
 2項国庫補助金は2億1,347万1,000円で、前年度比256万円、1.2%の減でございます。
 5款療養給付費等交付金は、退職者の医療給付分として交付されるもので、2億2,036万円、前年度比1,167万8,000円、5.6%の減で、退職者の医療費の減に伴うものでございます。
 続きまして、9ページ、6款前期高齢者交付金は、65歳以上75歳未満の前期高齢者に対します被用者保険と国民健康保険の制度間の医療負担の調整のため、平成20年度に新設されたもので、8億1,499万6,000円で前年度比7,642万8,000円、10.3%の増でございます。前期高齢者の増に伴うものでございます。
 7款県支出金は、1項県負担金が3,998万5,000円で、前年度比94万4,000円、2.4%の増でございます。
 2項県補助金は1億5,531万5,000円で、前年度比170万5,000円、1.1%の減でございます。
 8款共同事業交付金でございますが、高額医療費共同事業交付金はレセプト1件当たり80万円を超えたもの、保険財政共同安定化事業交付金は30万円を超え80万円までのいずれも高額な医療費に係る国保連合会からの交付金で、合わせて5億7,024万4,000円、前年度比6,831万8,000円、13.6%の増でございます。
 続きまして、10ページでございます。9款財産収入は、存目計上でございます。
 10款繰入金は、1項他会計繰入金が1億4,891万9,000円で、前年度比348万7,000円、2.3%の減となっております。保険税の減に伴う保険基盤安定繰入金等の減によるものでございます。
 2項基金繰入金は1億8,000万円で、前年度比2,000万円、12.5%の増を見込んでおります。
 続いて、11ページ、11款繰越金は1億5,000万1,000円でございます。
 12款諸収入は548万2,000円で、対前年度比7万4,000円の増で、その内訳は延滞金や第三者納付金でございます。
 12ページにまいりまして、雑入として特定健診等の被保険者自己負担等でございます。
 続きまして、13ページの歳出でございますが、1款総務費や事務的経費でございまして、1項総務管理費、2項徴税費、3項運営協議会費を合わせまして2,318万円で、前年度比33万3,000円、1.5%の増でございます。平成21年度から国保連合会によりレセプトのペーパーレス化による磁気化レセプト管理システムが導入されることになり、その経費がレセプト1枚当たり8円75銭かかることから、そのため電算共同事業委託料の増が主な変更点でございます。
 14ページから16ページにかけまして、2款保険給付費でございますが、合計は29億7,115万1,000円で、前年度比8,648万1,000円、3.0%の増でございます。
 内訳は、1項療養諸費25億9,500万6,000円で、そのうち内容でございますが、一般被保険者の療養給付費が23億2,015万9,000円で、前年度比1.9%の増、一方、退職被保険者等療養給付費は2億4,984万7,000円で、前年度比13.4%の減を見込ませていただきました。
 2項高額療養費は3億4,908万5,000円、前年度比8,468万9,000円、32.0%の増でございます。内訳といたしまして、一般被保険者高額療養費3億156万5,000円、退職被保険者高額療養費4,152万円に加え、高額介護合算療養費を新設させていただきました。この制度は、医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいた場合、医療保険と介護保険の自己負担額を1年分合算し、一定の限度額を超えた分を高額介護合算療養費として支給するものでございまして、一般分、退職分を含め600万円を見込ませていただきました。
 16ページにまいりまして、3項移送費は40万でございます。
 4項出産育児諸費は57名を見込み2,166万円でございます。
 また、5項葬祭諸費100名を見込み500万円でございます。
 3款後期高齢者支援金等でございますが、これは後期高齢者医療制度の保険給付費の4割相当分を74歳までの現役世代が負担するものでございまして、5億4,033万3,000円で、前年度比4,608万7,000円、9.3%の増でございます。
 続きまして、17ページ、4款前期高齢者納付金は、65歳以上75歳未満の前期高齢者に係る保険者間の医療負担の調整のための費用でございます。国民健康保険は、おおむね交付金として収入が主でございまして、調整分及び事務費として181万4,000円、前年度比59万8,000円、49.2%の増でございます。
 5款老人保健拠出金でございますが、後期高齢者支援金の創設に伴いなくなる予定でございまして、平成21年度は平成19年度精算分として5万1,000円の計上でございます。
 6款介護納付金は2億1,128万4,000円で、前年度比1,660万5,000円、7.3%の減で、40歳から64歳までの介護保険第2被保険者の減によるものでございます。
 7款共同事業拠出金は、高額医療費共同事業及び保険財政共同安定化事業の拠出金等でございまして、5億7,025万4,000円で、前年度比6,831万6,000円、13.6%の増となっております。過去の医療費の伸びを勘案し、国保連合会が試算した額となっております。
 続きまして、18ページ、8款保健事業費は、総額4,995万7,000円で、前年度比452万9,000円、10.0%の増となっております。
 内訳でございますが、1項特定健康診査等事業費は、平成20年度から保険者に義務づけられました特定健診・特定保健指導等に係る経費でございまして、健診受検者増を見込み、3,746万3,000円を計上させていただきました。
 また、2項保健事業費は、保健衛生給付費として国保制度の啓蒙や短期人間ドッグの助成に係る費用として1,249万4,000円の計上でございます。
 19ページにまいりまして、9款基金積立金は2,000円、10款公債費は1,000円、11款諸支出金は、20ページに移りますが、合計で420万2,000円、内訳は保険税過誤納還付金等でございます。
 12款予備費は1,000万円でございます。
 21ページに給与費明細書、22ページは債務負担行為の調書がございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。
 以上で議案第18号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第19号 平成21年度鴨川市老人保健特別会計予算につきまして、補足説明を申し上げます。
 医療制度改革に伴い、老人保健特別会計の医療費の支払いにつきましては、平成20年4月診療分から千葉県後期高齢者医療広域連合へ移行されておりますが、過誤調整等により請求がおくれた平成20年3月診療分までの医療費や高額医療費の未払い分につきまして、平成21年度老人保健特別会計で賄うものでございます。
 予算書をごらんいただきたいと存じます。第1条では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ615万2,000円といたしたいものでございます。前年度と比較しまして7億3,420万7,000円、率にして99.2%の大幅な減でございます。
 第2条は、一時借入金の額の最高限度額を1,000万円に定めるものでございます。
 内容につきましては、事項別明細書によりご説明申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますが、1款支払基金交付金は311万5,000円で、前年度と比較しまして3億8,262万1,000円、99.2%の減でございます。医療諸費等の減額によるものでございます。
 2款国庫支出金でございますが、平成21年度の医療費の国負担分につきまして、支払い額が決定後の平成22年度に精算になることから1,000円の存目計上でございます。
 3款県支出金につきましても、国と同様に精算が平成22年度になることから1,000円の存目計上でございます。
 4款繰入金は302万8,000円で、一般会計から繰り入れでございますが、前年度に比較して5,607万5,000円、94.9%の減でございます。本来、市の負担分は医療費の12分の1でございますが、国・県の精算が平成22年度になることから、平成21年度は公費分を全額市の負担により医療費の支払いを賄うものでございます。
 5款繰越金は、1,000円で存目計上でございます。
 6款諸収入は、6ページに続きますが、存目計上で合計6,000円でございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。
 7ページをお開きいただきたいと存じます。1款の医療諸費は、614万5,000円で、医療給付費及び医療費支給費等でございますが、対前年度比7億3,420万7,000円、99.2%の減となっているところでございます。前述いたしましたとおり、過誤調整等で請求かおくれた平成20年3月診療分までの医療費や高額医療費の未払い分として計上させていただいたところでございます。
 2款公債費及び3款諸支出金は、存目計上でそれぞれ1,000円でございます。
 4款予備費は、5,000円の計上でございます。
 以上で議案第19号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第20号 平成21年度鴨川市介護保険特別会計予算の補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、予算書をごらんいただきたいと存じます。平成21年度の予算編成に当たりましては、平成21年から始まりました第4期介護保険事業計画に基づく要介護認定者数の増加や給付費の伸び等を勘案し、円滑な事業運営が図られるよう予算編成をさせていただいたところでございます。
 第1条は、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ31億4,639万7,000円といたしたいものでございます。
 第2条では、一時借入金の最高限度額を1億円に定めるものでございます。
 第3条は、歳出予算の流用について、保険給付費の同一款内経費の流用を定めるものでございます。
 それでは、予算の内容につきまして事項別明細書によりご説明を申し上げますので、予算書の7ページをお開きいただきたいと存じます。
 初めに、歳入でございますが、1款、65歳以上の第1号被保険者の保険料は5億5,545万円でございます。
 次に、第2款国庫支出金は、1項、2項合わせまして7億4,780万3,000円を見込み、その内訳は1項国庫負担金の介護給付費負担金5億2,512万円と2項国庫補助金として調整交付金、地域支援事業交付金を合わせて2億2,268万3,000円を見込んでおります。
 次に、8ページに移りまして、3款支払基金交付金は、8億9,087万7,000円を見込み、この内訳は第2号被保険者の保険料分として交付される介護給付費交付金及び地域支援事業交付金でございます。
 次に、4款県支出金は、1項、2項合わせまして4億4,546万5,000円を見込み、内訳は1項県負担金として介護給付費負担金4億3,782万5,000円と、2項県補助金として1目、2目を合わせた地域支援事業交付金764万円を見込んでおります。
 9ページに移りまして、6款繰入金は1項、2項を合わせまして4億9,914万1,000円を見込み、内訳は、1項一般会計繰入金として介護給付費繰入金、地域支援事業繰入金等で4億9,914万円と、2項基金繰入金は1,000円の存目計上でございます。
 次に、10ページに移りまして、8款諸収入の3項雑入は765万5,000円を見込み、内訳といたしましては配食サービス事業に係る利用料が主なものでございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、11ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、1款総務費につきましては、款合計1億2,113万8,000円を見込み、その内訳は11ページから13ページになりますけれども、1項総務管理費は9,623万7,000円、12ページ、2項徴収費は208万6,000円、3項介護認定審査会費は、1目、2目を合わせまして、13ページになりますが、2,263万6,000円、4項趣旨普及費は17万9,000円でございます。
 次に、2款保険給付費でございますが、款合計29億6,290万6,000円を計上いたしました。前年度と比較して3.3%の増となっております。
 まず、要介護認定者に対します1項介護サービス等諸費は26億7,828万5,000円、14ページに移りまして、2項介護予防サービス等諸費は9,864万3,000円、15ページに移りまして、3項その他諸費として審査支払手数料は399万2,000円、4項高額介護サービス等費は5,004万1,000円、国保高額医療合算介護サービス等費は1,000万円、6項特定入所者介護サービス等費は、16ページにまたがりますが、1目、2目を合わせまして1億2,194万5,000円となります。
 次に、3款財政安定化基金拠出金は、存目計上でございます。
 次に、16ページ、下段になりますが、5款地域支援事業費の款合計4,835万円を計上させていただきました。
 内訳は、1項介護予防事業費として、16ページから18ページになりますが、1目、2目を合わせまして668万2,000円、2項包括的支援事業・任意事業費として、18ページから20ページになりますが、地域包括支援センター事業関係や家族介護支援事業等に4,166万8,000円を計上させていただきました。
 次に、21ページに移りまして、6款基金積立金として1,187万9,000円、これは介護給付費準備基金積立金でございます。
 7款公債費につきましては存目計上、8款諸支出金は1項償還金及び還付加算金として12万1,000円、2項繰出金は存目計上、9款予備費は200万円を計上させていただきました。
 22ページ以降に給与費明細書及び債務負担行為に関する調書が添付されておりますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。
 以上で議案第20号の補足説明を終わらせていただきます。
 続きまして、議案第21号 平成21年度鴨川市後期高齢者医療特別会計予算につきまして、補足説明を申し上げます。
 後期高齢者医療特別会計は、平成20年度の後期高齢者医療制度の創設に伴い新設されました特別会計でございまして、2年目となるところでございます。平成20年12月末現在、本市の加入者は6,544名となっておるところでございます。
 予算書をごらんいただきたいと存じます。第1条では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,201万3,000円といたしたいものでございます。
 第2条は、一時借入金の額の最高限度額を5,000万円に定めるものでございます。
 次に、内容につきまして事項別明細書によりご説明を申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。
 まず、歳入でございますが、1款保険料2億5,678万2,000円でございまして、前年度比7,373万8,000円、22.3%の減となったところでございます。年金から特別徴収保険料として1億9,637万1,000円、納付書で納めていただく普通徴収現年度分として6,041万1,000円を見込んでおります。後期高齢者医療の保険料は、千葉県後期高齢者医療広域連合議会において保険料率として、所得割7.12%、均等割3万7,400円が決定されましたが、これにより本市の加入者の人数、所得を勘案して広域連合より示された額となっております。
 昨年の発足時から国の見直しにより、保険料の7割軽減が8.5割軽減に拡大されましたこと及び50万円以下の低所得者に対する所得割が2分の1に軽減されたことなどにより減額となったものでございます。
 3款繰入金は、1億1,647万9,000円で、対前年度比1,841万7,000円、18.8%の増でございます。事務費に対する繰入金及び保険基盤安定繰入金でございますが、後期高齢者医療の保険料は国民健康保険と同様に低所得者に対する配慮として、所得により均等割について原則7割、5割、2割の軽減をすることとなっております。軽減した分につきまして、広域連合への納付金が不足いたしますことから、それを一般会計から繰り入れるものでございます。
 なお、繰り入れた額の4分の3は県から補助されることとなっております。今般、軽減の拡大に伴い増額となったものでございます。
 4款繰越金は、1,000円の存目計上でございます。
 5款諸収入の1項延滞金、過料は、ともに各1,000円の存目計上でございます。
 2項償還金及び還付加算金でございますが、保険料還付金は過年度分の保険料を還付するため、歳出で保険料を過誤納還付金を計上いたしておりますが、その原資として広域連合から入金するもので、歳出と同様に100万円を計上いたしたものでございます。
 また、還付加算金も同様に歳出の還付加算金の原資として広域連合会から入金するもので10万円の計上でございます。
 6ページにまいりまして、3項預金利子、4項雑入、おのおの1,000円の存目計上でございます。
 国保受託事業収入、市が広域連合の委託を受けて後期高齢者の健康診査等の事業を実施することに伴い、広域連合の負担金収入でございまして、764万6,000円でございます。
 また、6款寄附金は、1,000円の存目計上でございます。
 続きまして、歳出についてご説明を申し上げますので、7ページをお開きいただきたいと存じます。1款総務費は、総務管理費徴収費用を合計して2,022万2,000円、対前年度比111万8,000円、5.9%の増でございます。
 1項総務管理費は、主に健康診査事業実施に伴う経費でございまして、1,628万2,000円、また2項徴収費は394万円を計上いたしたものでございます。
 8ページに移りまして、2款後期高齢者医療広域連合納付金は3億5,969万円で、対前年度比5,381万9,000円、13.0%の減でございます。加入者に納めていただいた保険料は、保険料軽減補てん分の基盤安定繰入金分を加え、千葉県後期高齢者医療広域連合に納付するものでございます。保険料の減に伴い、減額となったものでございます。
 3款諸支出金は、1項償還金及び還付加算金でございますが、保険料還付金は過年度分の保険料を還付するために100万円の計上、還付加算金は10万円の計上でございます。
 また、2項一般会計繰出金は、1,000円の存目計上でございます。
 4款予備費は100万円の計上でございます。
 以上で議案第18号から議案第21号までの補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第22号 平成21年度鴨川市水道事業会計予算について、議案の補足説明を求めます。水道局長、杉田敏巳君。
               〔水道局長 杉田敏巳君登壇〕
◎水道局長(杉田敏巳君) それでは、議案第22号 平成21年度鴨川市水道事業会計予算につきまして、補足説明を申し上げさせていただきます。
 予算書をごらんいただきたいと思います。第2条は業務の予定量でございますけれども、給水戸数は1万7,701戸、年間総給水量は前年度比1.8%減の564万9,000立方メートル、1日平均給水量は1万5,476立方メートルと見込ませていただいたところでございます。
 また、主要な建設改良事業費でございますが、2億2,924万円を予定させていただきました。
 次に、3条の収益的収入及び支出でございます。
 収入でございますが、第1款事業収益は、13億7,603万3,000円を見込ませていただきました。内訳でございますが、営業収益、給水申し込み負担金などの営業外収益並びに特別利益でございます。
 支出でございますが、第1款事業費は13億3,279万円を予定させていただきました。この内訳でございますが、原水費、浄水費、配水及び給水費、受託工事費、総係費、減価償却費などの営業費用と支払利息、消費税などの営業外費用、また特別損失及び予備費でございます。
 次のページになりますが、第4条でございます。資本的収入及び支出でございますが、まず収入でございます。
 第1款資本的収入は、2,868万7,000円の予定でございます。内訳でございますけれども、国県補助金、負担金、出資金、固定資産税売却代金でございます。
 支出でございますが、第1款資本的支出は6億4,124万円を予定させていただきました。内訳でございますが、建設改良事業費、企業債償還金、そして予備費でございます。
 主な建設改良事業といたしましては、老朽管の布設替え工事などを予定させていただきました。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対しまして不足する額6億1,255万3,000円は、過年度分損益勘定留保資金6億268万2,000円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収入調整額987万1,000円で補てんさせていただくものでございます。
 次に、第5条でございますが、経費の金額を流用することのできる場合を営業費用と営業外費用に定めたいものでございます。
 6条でございますが、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めたいものでございます。
 7条は、他会計からの補助金、これは一般会計からの補助金でございまして、750万4,000円を予定させていただいているところでございます。
 第8条でございます。たな卸資産購入限度額を4,324万8,000円といたしたいものでございます。
 次のページ以降は予算に関する説明書でございます。1ページから9ページまでは実施計画書でございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。
 恐れ入りますが、10ページをお開き願いたいと思います。資金計画でございます。当年度計画でございますが、受入資金といたしまして28億8,247万9,000円、支払資金といたしまして16億8,809万円をそれぞれ予定させていただきました。差し引き11億9,438万9,000円が年度末の繰越金として見込まれるところでございます。
 11ページ以降は給与費明細書が添付してございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。
 以上で議案第22号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 議案第23号 平成21年度鴨川市病院事業会計予算について、議案の補足説明を求めます。国保病院事務長、山口政美君。
             〔国保病院事務局長 山口政美君登壇〕
◎国保病院事務長(山口政美君) それでは、議案第23号 平成21年度鴨川病院事業会計予算につきまして、補足説明を申し上げます。恐れ入りますが、予算書をごらんいただきたいと思います。
 初めに、第2条は業務の予定量でございます。病床数は70床で前年度と変わりございません。
 続いて患者数でございますが、入院におきましては前年度より5人減の1日当たり平均45人を見込み、年間患者数では1万6,600人を予定させていただきました。
 続きまして、外来患者数でございますが、前年度より6人減の1日当たり平均160人を見込み、年間4万7,100人を予定させていただきました。
 続いて、主要な建設改良事業でございますが、医療機器等購入費といたしまして1,431万5,000円を予定させていただき、診察に欠かすことのできない胃や大腸用の内視鏡装置並びに特定健診業務に必要な眼底カメラ装置等が老朽化してまいりましたことから、更新整備を予定するものでございます。
 続いて、第3条は収益的収入及び支出でございますが、事業収支それぞれ同額の前年度比2.5%減の7億756万4,000円といたしたいものでございます。
 次のページをごらんいただきたい思います。第4条でございます。第4条は、資本的収入及び支出でございます。収入では、企業債を1,000万円、国民健康保険調整交付金補助事業より補助金として262万5,000円を予定しておりまして、支出では建設改良費1,431万5,000円、企業債償還金312万6,000円を予定し、補てん財源といたしましては過年度分損益勘定留保資金及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんしたいとするものでございます。
 第5条は、企業債の目的を定めるものでございます。
 第6条は、資金繰りを円滑にするための一時借入金の限度額で6,000万円と定めたいとするものでございます。
 続いて、第7条は流用することができる項目でございまして、医業費用と医業外費用でございます。
 第8条は、流用禁止項目でございまして、職員給与費と交際費でございます。
 第9条は、たな卸資産購入限度額の規定でございまして、薬品と診療材料の購入限度額を7,131万7,000円と定めたいものでございます。
 次ページ以降は予算に関する説明書を添付してございますので、後ほどごらんいただきたいと思います。
 以上で議案第23号の補足説明を終わらせていただきます。

         ─────────────────────────

○議長(渡邉隆俊君) 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、人事案件ですので、補足説明は省略いたします。

         ─────────────────────────

△休会の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第5、休会の件を議題といたします。
 お諮りいたします。2月6日は議案審査のため休会、7日は土曜日、8日は日曜日、よって、2月6日から8日までの3日間は休会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、2月6日から8日の3日間は休会することに決しました。
 なお、次の本会議は、来る2月9日午前10時から開きます。

         ─────────────────────────

△散会

○議長(渡邉隆俊君) 以上をもって本日の日程は終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、本日はこれをもって散会いたします。どうもご苦労さまでございました。

                 午後1時57分 散会

         ─────────────────────────

                本日の会議に付した事件

1.開  会
1.開  議
1.議事日程
1.会議録署名議員の指名
1.会期の決定
1.諸般の報告
1.市長の議案等の上程・説明(議案第1号〜議案第23号、諮問第1号)
1.議案の補足説明(議案第1号〜議案第23号)
1.休会の件
1.散  会