議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鴨川市

平成20年第 2回定例会−05月30日-01号




平成20年第 2回定例会

                  平成20年第2回
              鴨川市議会定例会会議録(第1号)

1.招集年月日 平成20年5月30日(金曜日)
1.招集の場所 鴨川市議会議場
1.出席議員  20名
  1番 庄 司 朋 代 君   2番 吉 田 裕 迪 君   3番 佐 藤 拓 郎 君
  4番 平 松 健 治 君   5番 鈴 木 美 一 君   6番 佐 藤 文 秋 君
  7番 須 田   厚 君   8番 野 村 靜 雄 君   9番 尾 形 喜 啓 君
  10番 滝 口 久 夫 君   11番 吉 田 勝 敏 君   12番 渡 辺 訓 秀 君
  13番 渡 邉 隆 俊 君   14番 辰 野 利 文 君   15番 飯 田 哲 夫 君
  16番 谷   一 浩 君   17番 刈 込 勝 利 君   18番 大和田 悟 史 君
  19番 西 川 和 広 君   20番 鈴 木 正 明 君
1.欠席議員 なし
1.地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名
  市長        本 多 利 夫 君    副市長       西 宮 秀 夫 君
  収入役       石 田 日出夫 君    教育長       長谷川 孝 夫 君
  総務部長兼天津小湊支所長           市民福祉部長    忍 足 仁 一 君
            石 渡 康 一 君
  建設経済部長兼農業委員会事務局長       水道局長      杉 田 敏 巳 君
            石 井 幹 夫 君
  教育次長      福 田 典 白 君    企画財政課長    杉 田   至 君
  総務課長      庄 司 政 夫 君    秘書広報課長    吉 田 尚 史 君
  教育委員会委員長  村 上 修 平 君    選挙管理委員会委員長鈴 木 茂 男 君
  代表監査委員    室 田 章 隆 君    固定資産評価審査委員会委員長
                                   高 濱 英 夫 君
1.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
  事務局長      渡 辺   仁      次長        佐久間 達 也
  副主査       山 口 勝 弘

          ─────────────────────────

△開会
 平成20年5月30日 午前10時00分開会

○議長(谷一浩君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまの出席議員は全員であります。よって、平成20年第2回鴨川市議会定例会は成立いたしましたので、開会いたします。

          ─────────────────────────

△開議
 平成20年5月30日 午前10時00分開議

○議長(谷一浩君) これより本日の会議を開きます。

          ─────────────────────────

△議事日程

○議長(谷一浩君) 本日の日程は、あらかじめお手元に配付いたしました印刷物のとおりでありますので、これによりご了承を願います。
1.議 事 日 程
日程第1       会議録署名議員の指名
日程第2       会期の決定
日程第3       諸般の報告
日程第4       議案第37号から議案第43号まで、諮問第1号、諮問第 上程・説明
           2号及び報告第1号から報告第3号までの上程
           (市長の提案理由の説明)
     議案第37号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度鴨 補足説明
           川市一般会計補正予算(第6号))
     議案第38号 専決処分の承認を求めることについて(鴨川市税条例    〃
           の一部を改正する条例)
     議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(鴨川市国民健    〃
           康保険税条例の一部を改正する条例)
     議案第40号 工事請負契約の締結について               〃
     議案第41号 財産の取得について                   〃
     議案第42号 財産の取得について                   〃
     議案第43号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)       〃
     諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて    ──
     諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて    ──
     報告第1号 平成19年度鴨川市一般会計予算繰越明許費繰越計算書 補足説明
           について
     報告第2号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和    〃
           解)
     報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和    〃
           解)
日程第5       休会の件

          ─────────────────────────

△会議録署名議員の指名

○議長(谷一浩君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、渡辺訓秀君、辰野利文君、飯田哲夫君を指名いたします。

          ─────────────────────────

△会期の決定

○議長(谷一浩君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今定例会の会期は、あらかじめお手元に配付いたしました会期日程表案のとおり、本日から6月17日までの19日間であります。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、会期は19日間と決定いたしました。
             平成20年第2回鴨川市議会定例会会期日程表
                                 ┌自5月30日    ┐
                                 │      19日間│
                                 └至6月17日    ┘
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│会 期│月  日│曜日│開議時刻│       日         程       │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│5月30日│ 金 │午前10時│開会。会議録署名議員の指名。会期の決定。諸般の報 │
│   │    │  │    │告。                       │
│   │    │  │    │議案の上程(提案理由の説明、議案の補足説明)。  │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第2日│5月31日│ 土 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第3日│6月1日│ 日 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第4日│6月2日│ 月 │    │休  会(議案審査のため)            │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第5日│6月3日│ 火 │    │休  会(議案審査のため)            │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第6日│6月4日│ 水 │    │休  会(議案審査のため)            │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第7日│6月5日│ 木 │    │休  会(議案審査のため)            │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第8日│6月6日│ 金 │午前10時│行政一般質問                   │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第9日│6月7日│ 土 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第10日│6月8日│ 日 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第11日│6月9日│ 月 │午前10時│議案に対する質疑・常任委員会付託(ただし議案第37 │
│   │    │  │    │号から議案第39号まで、諮問第1号及び諮問第2号は │
│   │    │  │    │討論・採決の予定)                │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第12日│6月10日│ 火 │午後1時│休  会(総務常任委員会)            │
│   │    │  │  30分│                         │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第13日│6月11日│ 水 │午前10時│休  会(建設経済常任委員会)          │
│   │    │  ├────┼─────────────────────────┤
│   │    │  │午後1時│休  会(文教厚生常任委員会)          │
│   │    │  │  30分│                         │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第14日│6月12日│ 木 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第15日│6月13日│ 金 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第16日│6月14日│ 土 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第17日│6月15日│ 日 │    │休  会                     │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第18日│6月16日│ 月 │    │休  会(委員長報告書作成のため)        │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第19日│6月17日│ 火 │午前10時│常任委員長報告。報告者に対する質疑。討論・採決。閉│
│   │    │  │    │会                        │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘

          ─────────────────────────

△諸般の報告

○議長(谷一浩君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 議員の一般表彰について報告いたします。去る5月28日開催の第84回全国市議会議長会定期総会において、一般表彰10年以上として大和田悟史君、西川和広君に表彰状が授与されました。
 お諮りいたします。これより表彰状の伝達を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。なお、表彰されました諸君には、市長から記念品として額が贈呈されておりますので、ご報告いたします。
                   〔表彰状の伝達〕
○議長(谷一浩君) 以上をもちまして表彰状の伝達を終わらせていただきます。
 次に、去る3月31日に教育委員会委員長に就任されました村上修平君をご紹介いたします。教育委員会委員長、村上修平君は登壇によりごあいさつをお願いします。
              〔教育委員会委員長 村上修平君登壇〕
◎教育委員会委員長(村上修平君) このたび教育委員会委員長を拝命しました村上修平でございます。当委員会では統合中学校の問題、そして小中一貫教育、さらには幼保一元化等々、さまざまな諸問題を抱えておりますけれども、それらに対して誠心誠意頑張っていく所存でございますので、ひとつよろしくお願いいたします。
○議長(谷一浩君) 次に、去る4月15日に固定資産評価審査委員会委員長に就任されました高濱英夫君をご紹介いたします。固定資産評価審査委員会委員長、高濱英夫君は登壇によりごあいさつをお願いいたします。
           〔固定資産評価審査委員会委員長 高濱英夫君登壇〕
◎固定資産評価審査委員会委員長(高濱英夫君) ただいまご紹介いただきました固定資産評価審査委員会委員長の高濱英夫でございます。固定資産の価格に関する不服について、中立的な立場から適正で公平な審査を期すよう職務に当たりたいと考えております。議員皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。
○議長(谷一浩君) 次に、去る4月1日付にて所属長等の異動がありましたので、自己紹介をお願いいたします。
◎総務部長(石渡康一君) このたびの人事異動で兼ねて天津小湊支所長を命ぜられました総務部長の石渡康一でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎市民福祉部長(忍足仁一君) 市民福祉部長を拝命いたしました忍足仁一でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
◎水道局長(杉田敏巳君) 水道局長を拝命いたしました杉田敏巳です。どうぞよろしくお願いします。
◎教育次長(福田典白君) 教育次長を拝命しました福田典白と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
◎秘書広報課長(吉田尚史君) 秘書広報課長を仰せつかりました吉田尚史でございます。よろしくお願いいたします。
◎会計課長(前田恵美子君) 会計課長を仰せつかりました前田恵美子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◎環境課長(黒野雅典君) 環境課長の黒野でございます。環境行政に全力で取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
◎環境課主幹清掃センター所長(熊切隆夫君) 環境課清掃センター所長を命ぜられました熊切隆夫でございます。よろしくお願いします。
◎環境課主幹衛生センター所長(庄司市郎君) 環境課衛生センター所長を命ぜられました庄司市郎です。よろしくお願いします。
◎健康推進課長(山口泰弘君) 健康推進課長を拝命いたしました山口泰弘でございます。どうぞよろしくお願いします。
◎福祉課長(松本憲好君) 福祉課長を仰せつかりました松本憲好と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
◎天津小湊支所主幹(磯貝和幸君) 4月1日付をもちまして天津小湊支所主幹を拝命いたしました磯貝和幸です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
◎鴨川市立国保病院事務長(山口政美君) 鴨川市立国保病院事務長を命ぜられました山口政美と申します。よろしくお願いします。
◎水道局水道課長(鈴木一男君) 水道局水道課長を仰せつかりました鈴木一男と申します。よろしくお願いします。
◎学校教育課主幹給食センター所長(長谷川昌明君) 学校教育課給食センター所長を仰せつかりました長谷川昌明です。どうぞよろしくお願いします。
◎生涯学習課長(久根崎素弘君) 教育委員会生涯学習課長を仰せつかりました久根崎素弘と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
◎監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長(山田春男君) 監査委員事務局長並びに選挙管理委員会事務局長を命ぜられました山田春男と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
○議長(谷一浩君) 次に、監査委員から平成19年2月分、3月分、4月分の一般会計、特別会計、基金会計及び企業会計の現金出納検査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。
 次に、財団法人鴨川市開発公社から平成19年度事業決算書及び平成20年度予算書、株式会社鴨川マリン開発から平成19年度決算書及び平成20年度事業計画書、鴨川市南房総市環境衛生組合から平成20年度一般会計予算書の提出がありましたので、お手元に配付の印刷物によりご了承願います。
 次に、行政一般質問の受付期限までに通告のありました質問者の一覧表をご配付しましたので、ご報告いたします。
 次に、執行部から諮問第1号、諮問第2号の追加資料を配付いたしましたので、ご報告いたします。
 次に、平成20年第1回鴨川市議会定例会会議録をご配付しましたので、ご報告いたします。
 次に、本定例会の議案審査のため、地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長以下関係者の出席報告がありましたので、ご報告いたします。
 続いて、議案の受理について、本日、市長から議案等の送付があり、これを受理いたしましたので、ご報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。

          ─────────────────────────

△市長の議案等の上程・説明

○議長(谷一浩君) 日程第4、議案第37号から議案第43号まで、諮問第1号、諮問第2号及び報告第1号から報告第3号までの計12件を一括議題として、提案理由の説明を求めます。市長、本多利夫君。
                 〔市長 本多利夫君登壇〕
◎市長(本多利夫君) 皆さん、おはようございます。平成20年第2回市議会定例会を招集させていただきました。本日は、早朝よりまことにご苦労さまでございます。
 ただいま議長より提案理由の説明につきましてご指名をいただきましたが、その前に一言、申し述べさせていただきたいと存じます。
 議員の皆様方にはご案内のとおりでございますけれども、元市議会議員の川名義夫氏におかれましては、このたびの春の叙勲におきまして、旭日小綬章の栄に浴されたところであります。川名氏におかれましては、昭和51年3月、旧鴨川市議会議員として初当選をされて以来、平成16年3月にご勇退をされるまでの間、連続7期、28年の長きにわたりまして市議会議員として在職をされました。特に平成2年3月からの6年間は市議会議長としてご活躍をいただきまして、円滑な議会運営に力を注がれてますとともに、幅広い豊富なご経験と卓越した識見をもって手腕を振るわれ、本市市政の発展に多大なご尽力をいただいた次第であります。このたびの叙勲をお喜び申し上げますとともに、改めまして心から敬意を表する次第でございます。
 また、元市議会議員の山本瑞穂氏におかれましては、去る4月1日付で旭日単光章の栄に浴されたところであります。山本氏におかれましては、昭和55年3月に初当選されて以来、平成4年3月までの間、連続3期、12年にわたり在職をされ、住民福祉の向上と地方自治発展のためにご尽力をいただいたところでございまして、このたびの叙勲を心からお喜び申し上げる次第であります。
 お二方におかれましては、今後ともますますご壮健で、本市並びに地方自治発展のために一層のご活躍とご尽力を賜りますよう心から祈念申し上げる次第であります。
 また、ただいま表彰状の伝達がございましたとおり、大和田悟史議員、西川和広議員におかれましては、全国市議会議長会の表彰の栄に浴されましたこと、心からお喜びを申し上げる次第であります。今回、表彰を受けられましたお二方におかれましては、天津小湊町議会より通算17年以上の長きにわたり、精力的な議員活動によりまして数々のご功績を上げられ、本市市政の発展に多大なご尽力をいただいておりますこと、心から敬意を表しますとともに、このたびのご受賞を心からお祝い申し上げる次第であります。どうか今後とも本市並びに地方自治発展のために一層のご活躍とお力添えを賜りますよう、心から祈念を申し上げる次第でございます。
 それでは、改めまして、今定例会にご提案を申し上げました案件につきまして、議案番号の順を追って提案理由の説明を申し述べさせていただきます。
 今定例会にご提案を申し上げました案件は、専決処分の承認3件、工事請負契約の締結1件、財産の取得2件、平成20年度補正予算1件、人事案件2件、そして報告3件の都合12件でございます。
 それでは、議案番号の順を追ってご説明を申し上げます。
 初めに、議案第37号から議案第39号までは、いずれも専決処分の承認をお願いいたすものでございます。
 平成19年度の補正予算1件と条例の一部改正2件につきまして、議会を招集させていただく時間的余裕がなく、いずれも緊急を要するものと認められましたことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりまして、議会のご承認を賜りたいものでございます。
 まず、議案第37号は、平成19年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)につきまして、専決処分の承認を賜りたいものでございます。補正の概要でございますが、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億4,883万9,000円を追加いたし、補正後の予算総額を131億7,300万9,000円とさせていただいたものでございます。年度末に至りまして財源調整の必要が生じましたことから、去る3月31日付をもちまして専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 次に、議案第38号は、鴨川市税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、専決処分の承認を求めることについてでございます。地方税法等の一部を改正する法律が本年4月30日に公布をされ、一部を除き同日より施行されております。本市といたしましても、これが法律と市税条例との整合を図り、課税事務を執行してまいる必要がございました関係から、去る4月30日付で専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第39号は、鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきまして、専決処分の承認を求めることについてでございます。前議案と同様に、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、同法との整合を図る必要がございました関係から、去る4月30日付をもちまして専決処分をさせていただきましたので、そのご承認を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第40号は、工事請負契約の締結についてでございます。衛生センターし尿処理施設の改良工事を施行するに当たりまして、これを一般競争入札に付しましたところ、その予定価格が1億5,000万円を超えておりましたことから、地方自治法第96条第1項第5号及び鴨川市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、又は処分に関する条例第2条の規定により、この契約の締結につきまして、議会の議決を求めるものでございます。
 続きまして、議案第41号及び第42号は財産の取得についてでございます。本件につきましては、平成23年度の開校を目途に、現在、建設準備を進めております(仮称)江見鴨川統合中学校の敷地とするため、土地の取得をいたしたいものでございます。
 まず議案第41号は、鴨川市和泉の代見慥一郎氏所有の土地6,819平方メートルを取得予定価格1億569万4,500円で、そして議案第42号は、財団法人鴨川市開発公社所有の土地2万5,761平方メートルを、取得予定価格6億8,967万4,197円で、それぞれ取得いたしたいものでございますが、その取得予定価格及び取得面積が鴨川市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、又は処分に関する条例第3条に定められております要件を超えておりますことから、議会の議決を賜りたいものでございます。
 続きまして、議案第43号は、平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ9,833万1,000円の追加をさせていただきまして、補正後の予算総額を148億9,383万1,000円といたしたく、地方自治法第218条第1項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 続きまして、諮問第1号及び諮問第2号につきましては、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてでございます。本市推薦の人権擁護委員のうち、上村美智代氏と久根崎 孝氏の任期が本年9月30日をもって満了いたすこととなっております。つきましては、上村氏、久根崎氏ともに人格、識見ともに高く、適任者であると認められますことから、引き続き2人を同委員として推薦させていただきたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会のご意見をいただきたいものでございます。
 なお、お二方の経歴等々につきましては、お手元に配付いたしました資料をご高覧いただければと存じます。
 続きまして、報告第1号は、平成19年度の鴨川市一般会計予算における繰越明許費につきまして、この計算書を作成いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定によりまして、これを議会に報告いたすものでございます。
 続きまして、報告第2号及び第3号は、専決処分の報告についてでございまして、地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている事項につき専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により、これを報告いたすものでございます。
 まず、報告第2号でございますが、去る3月21日、市内天津地内で発生いたしました車両損傷事故に伴います損害賠償の額の決定及び和解につきまして報告いたすものでございます。
 次に、報告第3号は、昨年の10月25日、千葉市内において発生いたしました市有車両の事故に伴います損害賠償の額の決定及び和解につきまして、これを報告いたすものでございます。
 以上、都合12件につきましての提案理由の説明を申し述べさせていただきました。各議案の詳細につきましては、この後、担当部長のほうから補足説明をいたさせますので、十分なご審議の上、ご承認、ご可決賜りますようお願い申し上げまして、私からの提案理由の説明とさせていただきます。

          ─────────────────────────

△議案等の補足説明

○議長(谷一浩君) これより各議案の補足説明を求めます。
 議案第37号 専決処分の承認を求めることについて、議案第38号 専決処分の承認を求めることについて、議案第39号 専決処分の承認を求めることについて、以上3件を一括して議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
                〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第37号から第39号まで、一括して補足説明を申し上げます。
 初めに、議案第37号 専決処分の承認を求めることについてでございます。恐れ入りますが、議案書の補正予算書をごらんいただきたいと存じます。平成19年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)につきまして、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、去る3月31日付で専決処分をさせていただいたところでございます。この補正は、既定の歳入歳出予算にそれぞれ1億4,883万9,000円を追加いたしまして、補正後の予算総額を131億7,300万9,000円といたしたものでございます。
 補正予算書の4ページをお開きいただきたいと存じます。まず、第2表の地方債補正でございますけれども、いずれも事業費の確定による変更でございまして、安房鴨川駅周辺市道整備事業では2,930万円、追原周辺地域振興事業で130万円、幼稚園施設改修事業では20万円、農林水産施設現年発生補助災害復旧事業では80万円、東条保育園遊戯室改築事業では10万円をそれぞれ減額させていだたいたものでございます。
 それでは、続きまして内容につきまして、事項別明細書によりご説明を申し上げます。
 7ページをお開きいただきたいと存じます。まず、歳入でございますけれども、各種交付金につきましては、3月末をもって交付額が確定をいたしたわけでございまして、これにより補正をさせていただいたところでございます。
 まず、2款地方譲与税は2,273万3,000円の増、この内訳は、1項自動車重量譲与税が3,324万6,000円の増額でございます。
 2項地方道路譲与税は1,051万3,000円の減額でございます。
 続きまして、3款利子割交付金は449万9,000円の減、4款配当割交付金779万9,000円の増、5款株式等譲渡所得割交付金994万4,000円の増額でございます。
 8ページに移りますけれども、6款の地方消費税交付金は1,987万7,000円の増、7款ゴルフ場利用税交付金243万9,000円の減、8款の自動車取得税交付金でございますが、506万1,000円の増、11款交通安全対策特別交付金は66万3,000円の増でございます。
 また、10款の地方交付税でございますけれども、特別交付税につきまして、交付決定額が見込みよりも大きく増加をいたしましたため、1億1,284万4,000円の増額といたしたものでございます。
 次に、14款でございますが、国庫支出金は農林水産施設現年発生補助災害復旧事業に係る国庫負担金が確定をいたしましたことに伴いまして、23万円の減額でございます。
 9ページになりますけれども、15款県支出金では、元気な市町村づくり総合補助金の交付決定によりまして、700万円の増額でございます。
 次に、17款寄付金は178万6,000円の増額でございますけれども、3目民生費寄付金では、鴨川市建設協力会様、大田和すづ様、佐久間芳雄様、匿名の方からそれぞれ篤志としていただいたものでございます。
 また、9目の教育費寄付金では、鴨川21チャリティーカラオケ交流会実行委員会様より篤志としていただいたものでございます。
 次に、21款の市債でございますが、3,170万円の減額でございます。先ほどの地方債補正でご説明を申し上げましたとおりでございます。
 次に、10ページに移りまして歳出でございます。まず、2款の総務費、1項の総務管理費、6目財産管理費では、今回の補正におけます歳入額が歳出額を上回りましたことから、この差し引き額1億8,136万3,000円を財政調整基金へ積み立てさせていただいたものでございます。
 次に、3款民生費、1項の社会福祉費では160万円の増額でございますけれども、篤志の方のご意思によりまして地域福祉基金へ積み立てをさせていただいたものでございます。
 また、2項の児童福祉費でございますけれども、地方債の減額による財源調整でございます。
 続きまして、7款商工費は補正額がございませんけど、県補助金の充当による財源調整でございます。
 次に、8款土木費は3,431万円の減額でございます。まず、2項の道路橋梁費でございますけれども、安房鴨川駅周辺市道整備事業における事業費の確定によりまして、市道整備委託料3,410万6,000円の減額、3項河川費では四方木ふれあい施設の完成に伴いまして、工事請負費20万4,000円の減額をさせていただいたものでございます。
 次に、11ページをお開きいただきたいと存じますけれども、10款の教育費、4項幼稚園費では、市債の減額による財源調整でございます。
 次に、5項社会教育費では18万6,000円の増額でございます。これは篤志者のご意思によりまして、文化振興基金への積み立てとさせていただいたものでございます。
 また、6項の保健体育費でございますけれども、先ほどの商工費と同様に県補助金の充当による財源調整でございます。
 最後になりますけれども、11款災害復旧費、1項の農林水産施設災害復旧費では、事業費が確定をいたしましたことに伴いまして、国庫負担金及び市債の減額による財源調整をいたしたものでございます。
 以上が議案第37号でございます。
 それでは、続きまして、議案第38号 専決処分の承認を求めることについて(鴨川市税条例の一部を改正する条例)の補足説明を申し上げます。
 議案書並びに資料1、議案説明資料の3ページをお開きいただきたいと存じます。今回の条例改正の内容でございますけれども、市民税につきましては法人市民税の均等割の課税についての改正、市民税住宅借入金等特別控除申請書の提出期限の規定の整備、特定株式の売却に係る課税の特例措置の廃止でございます。また、固定資産税では、熱損失防止改修工事、いわゆる省エネ住宅改修に対する固定資産税の減額措置の創設、その他条文の整備が主なものでございます。
 以上は、いずれも地方税法等の改正を受けてのものでございます。
 それでは、改正条例につきましてご説明を申し上げますので、議案説明資料の4ページ、新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。まず、第23条第1項の市民税の納税義務者等でございますけれども、法人でない社団または財団で、収益事業を行わない者に対する法人市民税がこのたびの改正で非課税となったわけでございまして、このための所要の改正を行うものでございます。4ページから5ページにかけまして、第31条第2項で収益事業を行う法人でない社団等に対する課税の規定をここで整備をするものでございます。それぞれの税率は5ページから7ページまでの表のとおりでございます。
 次に、7ページになりますけれども、第3項、8ページの第6項、同じく8ページの第48条、9ページの第50条、これらの改正はいずれも第31条の改正に伴うものでございまして、所得税法との整合のための改正でございます。
 次に、9ページの第54条及び10ページの第131条につきましては、特別土地保有税の納税義務者でございますけれども、独立行政法人緑資源機構法の廃止等に伴う改正でございます。
 次に、附則の改正でございますけれども、12ページになりますけれども、まず第7条の3第3項でございますけれども、税源移譲に伴う住宅借入金等特別控除の該当者が所得税からその控除限度額が引き切れなかった場合、控除し切れなかった場合は、その部分は個人の住民税から控除をすることができますけれども、やむを得ない理由がある場合に限りまして、この控除申告書の提出期限を延長できる旨の規定を設けさせていただいたものでございます。
 次に、第10条の2は新築住宅等に対する固定資産税の減額の規定でございますけれども、第1項から13ページの第6項までは地方税法の改正に伴う適用条文の整理と文言の整理でございます。
 次に、14ページになりますけれども、新たに第7項といたしまして熱損失防止改修住宅、いわゆる省エネ住宅についての条文の追加でございます。これは省エネ住宅改修促進のために新たに創設をされた制度でございまして、一定の省エネ改修工事がなされた場合は、申告によりまして120平方メートルまでの部分につき改修工事の翌年度分に限り、固定資産税の3分の1を減額をするというような内容のものでございます。
 続きまして、15ページの第10条の3は、阪神・淡路大震災に係る適用条文等の整理でございます。
 次に、15ページから17ページにかけまして、第20条は特定中小会社の発行株式に係る譲渡損失の繰り越し控除の適用条文の整理、譲渡所得等の課税の特例の廃止に伴う改正でございます。
 最後に18ページの改正条例の附則でございますけれども、第1条は施行期日でございます。公布の日から施行するというものでございます。また、第2条では個人住民税、第3条では法人市民税、第4条は固定資産税のそれぞれ経過措置を定めたものでございます。
 議案第38号は以上でございます。
 続きまして、議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の補足説明を申し上げます。
 議案説明資料の22ページをごらんいただきたいと存じます。今回の改正でございますけれども、後期高齢者医療制度の創設に伴いまして、国民健康保険税の負担調整のための所要の措置を講ずる必要がございましたことから、本条例の一部を改正させていただいたところでございます。
 それでは、改正条例につきましてご説明を申し上げますので、23ページの新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。
 まず、第5条の2の世帯別平等割額でございますけれども、後期高齢者医療制度の施行に伴いまして、他の世帯員が国保の資格を喪失し、この結果、単身で国保加入世帯となった場合は5年間、世帯別平等割額を2分の1とする激変緩和措置が講じられましたことから、当該世帯の世帯別平等割額を2分の1の1万3,500円といたしたものでございます。
 次に、13条は条文の整理でございます。
 続きまして、23ページから26ページにかけましての第23条でございますけれども、国民健康保険税の減額、いわゆる7割、5割、2割軽減についてでございます。第1項は、ただいまの第5条の2の激変緩和に係る軽減措置を定めたものでございまして、これに該当する世帯は第1号は7割軽減、第2号は5割軽減、そして第3号は2割軽減とする規定でございます。なお、第2号及び第3号では、軽減該当の判定につきまして5年間、後期高齢者医療制度移行の状況を考慮せず、旧世帯の状況で判定を行うための規定も設けておるところでございます。
 また、これまで2割軽減を受ける場合につきましては、納税義務者は申告書を提出することとしておりましたけれども、このたびの法改正によりまして7割、5割軽減と同様に職権により行うこととなりましたことから、第3項の2割軽減の申請の規定を削ったところでございます。
 次に、26ページの附則の改正でございますけれども、第6項から34ページの第16項まで、これは後期高齢者医療制度移行によります国保の資格喪失並びに公的年金に係る国民健康保険税の減額の特例の終了に伴う文言及び適用条文の整理でございます。
 34ページになりますけれども、第17項といたしまして、新たに旧被扶養者に係る国民健康保険税の減免の規定を追加いたしたところでございます。これは社会保険等の被保険者が後期高齢者医療制度への移行をした場合の規定でございますけれども、その被扶養者が国保に加入した場合、65歳以上の方には2年間所得割を課税せず、均等割を軽減前の5割まで減免をするというものでございます。さらに、世帯のほかの加入者がいない場合には、世帯別平等割につきましても軽減前の5割までの軽減を行うという、制度移行に伴う激変緩和措置でございまして、この詳細は規則において定めるとするものでございます。
 35ページの改正附則といたしまして、第1項では、この条例は公布の日から施行する。第2項は、適用区分といたしまして過年度の保険税につきましては、なお従前の例によることとする経過措置でございます。
 以上、大変雑駁でしたけれども、議案第37号から第39号までの補足説明を終わらせていただきます。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、議案第40号 工事請負契約の締結について、議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
               〔市民福祉部長 忍足仁一登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) それでは、議案第40号 工事請負契約の締結につきまして、補足説明をさせていただきます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の36、37ページ及び38ページの図面をごらんいただきたいと存じます。本施設は、施設稼働開始以来26年が経過し、いまだ運転をしている機器もあり、前回の改修設備も稼働して13年を経過しており、これらの設備の早急な更新が必要なために、このたび衛生センターのし尿施設改良工事をさせていただくものでございます。
 し尿処理施設改良工事につきましては、平成19年度に実施計画をし、準備を進めてまいりましたが、これが相整いまして、去る5月14日に一般競争入札に付しました。その結果、契約金額3億219万円で、契約の相手方、東京都台東区松が谷1丁目3番5号、クボタ環境サービス株式会社、代表取締役、佐藤敏郎で落札をしたところでございます。
 それでは、改修工事の内容を説明させていただきます。まず、工事概要と図面をお開きいただきたいと存じます。大枠といたしまして8点に分けさせていただきました。まず1点目でございますが、アの受入貯留・前処理設備工事でございます。トラックスケールの新設と現在設置しております油脂分離機にもう1台の油脂分離機の増設をさせていただくものでございます。
 次に、2点目でございますが、イの主処理設備工事でございます。攪拌ブロワの更新や膜分離装置の膜ケース更新をさせていただくものでございます。
 次に、3点目でございますが、ウの高度処理設備工事でございます。オゾン処理装置全体の更新に合わせて、凝集沈殿槽汚泥掻寄機の更新をさせていただくものでございます。
 次に、4点目でございますが、エの汚泥処理設備工事でございます。焼却施設の熱交換器更新等をさせていただくものでございます。
 次に、5点目でございますが、オの脱臭設備工事でございます。中濃度脱臭装置、低濃度脱臭装置の更新等をさせていただくものでございます。
 次に、6点目でございますが、カの給排水設備工事でございます。受水槽改造と放流ポンプ更新等をさせていただくものでございます。
 次に、図面には表示はございませんが、7点目でございますキの配管・電気計装設備工事でございます。高圧引込線工事及び各計装設備等をさせていただくものでございます。
 次に、8点目でございますが、クの土木建築工事・解体撤去工事でございます。処理棟屋根防水、外壁塗装の更新及び前処理脱水焼却棟外壁塗装の更新等でございます。
 以上が工事の概要となっております。契約工期につきましては、議決いただきました翌日から平成22年2月26日までといたしたいものでございます。
 以上、簡単ではございますけれども、議案第40号の補足説明を終わらせていただきます。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、議案第41号 財産の取得について、議案第42号 財産の取得について、以上2件を一括して議案の補足説明を求めます。教育次長、福田典白君。
                〔教育次長 福田典白君登壇〕
◎教育次長(福田典白君) それでは、議案第41号、第42号の補足説明を申し上げます。
 まず、議案第41号でございますが、恐れ入りますが、説明資料の39ページをお開きいただきたいと存じます。取得を予定しております土地は、本市和泉1813番地、代見慥一郎氏の所有する広場字谷堀2194番1から同番14までの14筆、合計面積は6,819平方メートルで、取得予定価格は1億569万4,500円でございます。
 同じ説明資料の40ページに統合中学校建設用地区域図をお示しさせていただいておりますが、取得を予定しております土地の位置は、図面上で赤く塗りつぶされた部分でございます。
 次に、議案第42号でございますが、恐れ入りますが、説明資料の41ページをお開きいただきたいと存じます。取得を予定しております土地は、財団法人鴨川市開発公社の所有する広場字谷堀2201番の1筆、面積は2万5,761平方メートルで、取得予定価格は6億8,967万4,197円でございます。
 42ページに統合中学校建設用地区域図をお示しさせていただいておりますが、取得を予定しております土地の位置は、図面上で赤く塗りつぶれた部分でございます。
 いずれの土地も先ほど市長が提案理由で申し述べましたとおり、平成23年度の開校を目途に、現在、建設準備を進めております(仮称)江見鴨川統合中学校の敷地として活用したいものでございまして、その契約予定金額及び取得面積が議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、又は処分に関する条例第3条に定められております2,000万円及び5,000平方メートルを超えておりますことから、議会の議決を賜りたいものでございます。
 以上で議案第41号、第42号の補足説明を終わります。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、議案第43号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)について、議案の補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
                〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、議案第43号 平成20年度鴨川市一般会計補正予算(第1号)につきまして補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の補正予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正でございますけれども、既定の歳入歳出予算額にそれぞれ9,833万1,000円を追加させていただきまして、予算総額を148億9,383万1,000円といたしたいものでございます。
 それでは、補正の内容につきましてご説明をさせていただきますので、3ページをお開きいただきたいと存じます。第2表の地方債補正でございますけれども、当初予算で計上してございます天津小学校校舎の耐震補強工事に合わせまして、快適な教育環境を整備するための大規模改修工事を実施させていただきたく、工事費等の事業費を計上させていただいておりますけれども、この財源といたしまして小学校校舎大規模改修事業債4,840万円を追加させていただきたいものでございます。
 次に、歳入でございますけれども、事項別明細書によりご説明を申し上げますので、6ページをお開きいただきたいと存じます。まず、14款の国庫支出金、2項の国庫補助金では、ただいま申し上げました天津小学校校舎の大規模改修工事に係ります安心・安全な学校づくり交付金2,345万5,000円の増額をお願いいたすものでございます。
 次に、15款県支出金は、2項県補助金で81万9,000円の増額でございます。この内容でございますけれども、本年の7月より障害者自立支援法に基づくサービス利用者の軽減負担措置が拡充をされる、こういう法改正が行われたわけでございまして、これに対応するための給付支払いシステム改修に係る補助金でございます。
 続きまして、17款の寄付金では30万円の増額でございます。
 1目の一般寄付金は神田一二三様より、9目の教育費寄付金は児玉重雄様より、それぞれ篤志として賜ったものでございます。
 次に、19款繰越金は2,535万7,000円の増額でございます。今回の補正における財源調整のための計上でございます。
 21款市債でございますけれども、4,840万円の増額でございます。先ほどの地方債補正で申し述べさせていただいたとおりでございます。
 次に、7ページに移りまして歳出でございます。まず、2款総務費では、2項の徴税費、1目税務総務費で13万4,000円の増額でございますけれども、固定資産評価審査委員会の開催が見込まれますことから、委員報酬及び費用弁償の増額でございます。
 次に、3款民生費は81万9,000円の増額でございます。
 1項の社会福祉費、1目社会福祉総務費として歳入で申し上げましたけれども、障害者福祉システムの改修委託料でございます。
 続きまして、7款の商工費では460万1,000円の増額でございます。
 まず、1項の商工費、3目観光費では372万6,000円の増額でございますけれども、この内訳は海岸清掃を行うホイルローダーの修理代が47万1,000円の増額、鯛の浦遊歩道整備の実施に伴いまして、千葉県環境審議会の審査が必要となるわけでございまして、環境アセスメントを実施する可能性が生じましたことから、この委託料といたしまして325万5,000円の増額でございます。
 また、4目のオーシャンパーク費では、浄化槽設備の修繕料といたしまして87万5,000円の増額でございます。
 次に、10款教育費では9,277万7,000円の増額でございます。
 1項の教育総務費では、長狭地区小中一貫校整備推進委員会の委員報酬及び費用弁償といたしまして47万4,000円の増額でございます。
 8ページに移りますけれども、2項の小学校費では9,230万3,000円の増額でございます。
 2目の教育振興費では、寄附者のお申し出によりまして篤志としていただきました教育費寄付金を活用させていただきまして、学校図書を購入させていただきたいものでございます。
 また、3目の学校建設費では、天津小学校校舎の大規模改修に係る設計監理委託料354万3,000円、並びに工事請負費8,856万円の増額でございます。
 なお、9ページに給与費明細がございますので、後ほどお目通しをいただきたいと存じます。
 以上で議案第43号の補足説明を終わらせていただきます。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、報告第1号 平成19年度鴨川市一般会計予算繰越明許費繰越計算書について、補足説明を求めます。総務部長、石渡康一君。
                〔総務部長 石渡康一君登壇〕
◎総務部長(石渡康一君) それでは、報告第1号 平成19年度鴨川市一般会計予算繰越明許費繰越計算書につきまして補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の繰越計算書をお開きいただきたいと存じます。この繰越計算書の4事業につきましては、平成19年度中の完成が見込めませんでしたことから、繰越明許費を設定いたしまして、平成19年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)でご議決をいただいたところでございます。今般、繰越額が確定をいたしましたことから、繰越明許費繰越計算書の調整をいたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきましてご報告をさせていただくものでございます。
 それでは、内容につきましてご説明を申し上げます。まず、6款の農林水産業費では、市営漁港整備事業でございますけれども、浜荻漁港の泊地浚渫工事といたしまして1,482万6,000円の繰り越しでございます。
 次に、8款土木費のうち県単工事負担事業は、県道天津小湊田原線道路改良事業の負担金368万833円、また、道整備交付金、市道整備事業は(仮称)市道八幡東線新設事業の委託料4,417万8,020円をそれぞれ繰り越しいたしたものでございます。
 また、11款災害復旧費では、土木施設補助災害復旧事業でございますけれども、河川災害復旧工事が2件、市道災害復旧工事3件の計7件、4,404万2,500円の繰り越しでございます。
 なお、ご説明を申し上げました4件の繰越額は合計で1億672万7,353円でございまして、この財源内訳は既収入特定財源に加えまして、未収入特定財源として国県支出金、地方債及び受益者負担金、並びに一般財源で措置させていただいたものでございます。
 以上、簡単でございますけれども、報告第1号の補足説明とさせていただきます。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、報告第2号 専決処分の報告について、報告第3号 専決処分の報告について、以上2件を一括して補足説明を求めます。市民福祉部長、忍足仁一君。
               〔市民福祉部長 忍足仁一君登壇〕
◎市民福祉部長(忍足仁一君) 報告第2号及び報告第3号の専決処分の報告につきまして、一括して補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の47ページをお開きいただきたいと存じます。
 初めに、報告第2号の専決処分の報告について、補足説明を申し上げます。まず、事故の概要でございますが、平成20年3月21日、午後2時30分ごろ天津小湊支所駐車場内におきまして市職員が公用車を駐車させた後、降車するため運転席ドアをあけましたところ、ドアが強風にあおられ、隣に駐車しておりました鴨川市天津1245番地、森吉栄二氏所有の車両に接触し、同車両の一部を損傷させたものでございます。
 次に、損害賠償の内容でございますが、事故原因は市公用車運転手のドア開閉時の注意不足によるものでありまして、当事者間で協議した結果、過失割合を市の100%といたしまして、市は森吉栄二氏に7万9,403円を支払うことで和解いたしたものでございます。なお、これは市が加入しております社団法人全国市有物件災害共済会の車両保険で補てんをいたしたいものでございます。
 和解の条件でございますが、この賠償金のほか、名目のいかんを問わず、当事者は今後の一切の請求を行わないというものでございます。
 次に、報告第3号の専決処分の報告について、補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の48ページ、49ページをお開きいただきたいと存じます。まず、事故の概要でございますが、平成19年10月25日、午後1時15分ごろ市マイクロバスが千葉市内の国道16号線を走行中、同市稲毛区天台6の4の3番地地先、京葉道路穴川インターチェンジ付近におきまして当該インター入り口に進入するため、左側車線から右側車線に車線変更をしましたところ、右側車線を走行してきた夷隅郡大多喜町久保195番地の1、株式会社平川運輸所有の大型トラックと接触し、市マイクロバス右側面部及び相手トラック前部及び左側面部がそれぞれ損傷したものでございます。
 損害賠償の内容でございますが、事故原因は市マイクロバスの運転士の車線変更時における後方安全確認の不足、相手方運転士の前方の安全確認不足によるものでありまして、当事者間で協議をした結果、過失割合を市が80%、相手方が20%といたしまして、この割合に応じて市は株式会社平川運輸に56万4,203円、株式会社平川運輸は市に4万8,289円を支払うことで和解いたしたものでございます。なお、これにつきましても市が加入しております社団法人全国市有物件災害共済会の車両保険で補てんをいたしたいものでございます。
 和解の条件でございますが、この賠償金のほか、名目のいかんを問わず、当事者は今後一切の請求を行わないものとするものでございます。
 今後、事故再発防止のため安全運転の励行に努めてまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。
 以上で報告第2号及び第3号につきましての補足説明を終わらせていただきます。
○議長(谷一浩君) 議事の都合により暫時休憩いたします。
                 午前11時06分 休憩
          ─────────────────────────
                 午後 1時00分 再開

△議事日程の追加について

○副議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に谷 一浩君から議長の辞職願いが提出されました。
 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、日程第5、休会の件を日程第6に変更し、ただいま追加することに決定いたしました議長辞職の件を日程第5に追加することといたします。

          ─────────────────────────

△議長辞職の件

○副議長(渡邉隆俊君) 日程第5、議長辞職の件を議題といたします。谷 一浩君、退場を求めます。
                 〔16番 谷 一浩君除斥〕
○副議長(渡邉隆俊君) 事務局長をして辞職願いを朗読いたさせます。事務局長、渡辺 仁君。
                   〔事務局長朗読〕
○副議長(渡邉隆俊君) これより採決いたします。谷 一浩君の議長辞職を許可することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○副議長(渡邉隆俊君) 起立全員であります。よって、谷 一浩君の議長辞職を許可することに決しました。
 暫時休憩いたします。
                  午後1時02分 休憩
          ─────────────────────────
                  午後1時03分 再開
                 〔16番 谷 一浩君入場〕

△谷 一浩君退任あいさつ

○副議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 谷 一浩君からごあいさつをお願いいたします。
                 〔16番 谷 一浩君登壇〕
◆16番(谷一浩君) 私、ただいま皆さんのご了解を得まして、議長職を辞することができました。この2年間、議員各位、また執行部の皆様方、あるいはまた行政委員会の皆様方に大変ご厚情いただき、何とか無事議長職を務めることができました。今後はまた皆さん同様、議員活動に専念し、市民の福祉向上、あるいは地域の活性化に向け、一生懸命努力していくつもりでございます。この2年間、大変お世話になりましたことを御礼申し上げ、甚だ簡単ですが、私からの退任のあいさつとしたいと思います。どうもありがとうございました。(拍手)

          ─────────────────────────

△議事日程の追加について

○副議長(渡邉隆俊君) ただいま谷 一浩君の議長辞職により議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、議長選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第6、休会の件を日程第7に変更し、ただいま追加することに決定いたしました議長選挙の件を日程第6に追加し、選挙を行います。

          ─────────────────────────

△議長選挙の件

○副議長(渡邉隆俊君) 日程第6、これより議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法は、投票により行うことにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、選挙の方法は投票により行うことに決しました。
 議場の閉鎖を命じます。
                    〔議場閉鎖〕
○副議長(渡邉隆俊君) 投票により当選人を決める場合は、地方自治法第118条の規定により、単記無記名、法定得票数及び立会人などの事項が適用されます。開票の際、白票及び按分票があった場合は無効として取り扱いますのでご了承を願います。
 ただいまの出席議員は20名であります。
 次に、立会人を指名いたします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に庄司朋代君、吉田裕迪君、佐藤拓郎君を指名いたします。
 事務局職員に投票用紙を配付いたさせます。
                   〔投票用紙配付〕
○副議長(渡邉隆俊君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○副議長(渡邉隆俊君) 配付漏れなしと認めます。
 次に、投票箱を点検いたさせます。
                   〔投票箱点検〕
○副議長(渡邉隆俊君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、白票及び按分票については無効として取り扱いますので、申し添えます。また、当選人を決めるについては、法定得票数を上回る最多得票数が同数のときは、くじで決定いたします。
 それでは、ただいまから投票を行います。事務局職員が氏名を呼び上げますので、順次、投票を願います。
               〔事務局職員点呼により順次投票〕
○副議長(渡邉隆俊君) 投票漏れはありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○副議長(渡邉隆俊君) 投票漏れなしと認めます。よって、投票を終了いたします。
 これより開票を行います。庄司朋代君、吉田裕迪君、佐藤拓郎君は開票の立ち会いをお願いいたします。
                  〔立会人立ち会い〕
                   〔開票・計算〕
○副議長(渡邉隆俊君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票ゼロ票。有効投票中、渡邉隆俊17票、滝口久夫君2票、大和田悟史君1票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は5票であります。よって、渡邉隆俊が議長に当選いたしました。
 議場の閉鎖を解きます。
                    〔議場開鎖〕
○副議長(渡邉隆俊君) ただいま議長に当選いたしました渡邉隆俊が議場におりますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により議長選挙の当選人である旨を告知いたします。

          ─────────────────────────

△議長就任あいさつ

○副議長(渡邉隆俊君) 続いて、議長に当選いたしました渡邉隆俊が登壇にてあいさついたします。
                〔当選人 渡邉隆俊君登壇〕
◆当選人(渡邉隆俊君) 一言、議長就任のごあいさつを申し上げます。
 このたび不肖、私が議長選挙において議員皆様方のご支援を得て当選人となりました。このことは私自身にとりましても限りない光栄と存じておりますとともに、その責任の重さをひしひしと感じている次第でございます。
 今後、私の職務は議場の維持、秩序、議事の整理、議会事務の統理、そして議会代表権が規定されております。これらを円滑に運営、遂行していくには、議長1人の力では不可能であることは十分承知をしております。どうか議員皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げる次第でございます。議長として中立、公平を最大、最終の目標として対処する所存であります。鴨川市のよき伝統、尊重すべき先例を守り、最大の努力をすることをお誓いし、重ねて議員皆様のご支援、ご協力を申し上げ、措辞ではありますが、議長就任のあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
○議長(渡邉隆俊君) 議事の都合により暫時休憩いたします。
                  午後1時22分 休憩
          ─────────────────────────
                  午後1時29分 再開

△議事日程の追加について

○議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ただいま副議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第7、休会の件を日程第8に変更し、ただいま追加することに決定いたしました副議長選挙の件を日程第7に追加し、選挙を行います。

          ─────────────────────────

△副議長選挙の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第7、これより副議長の選挙を行います。
 お諮りいたします。副議長の選挙は議長選挙と同様に投票により行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、選挙の方法は投票により行うことに決しました。
 議場の閉鎖を命じます。
                    〔議場閉鎖〕
○議長(渡邉隆俊君) ただいまの出席議員は20名であります。
 次に、立会人を指名いたします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に平松健治君、鈴木美一君、佐藤文秋君を指名いたします。
 事務局職員に投票用紙を配付いたさせます。
                   〔投票用紙配付〕
○議長(渡邉隆俊君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) 配付漏れなとし認めます。
 次に、投票箱を点検いたさせます。
                   〔投票箱点検〕
○議長(渡邉隆俊君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、白票及び按分票については無効として取り扱いますので、申し添えます。また、当選人を決めるについては、法定得票数を上回る最多得票数が同数のときは、くじで決定いたします。
 それでは、ただいまから投票を行います。事務局職員が議席番号と氏名を呼び上げますので、順次、投票を願います。
               〔事務局職員点呼により順次投票〕
○議長(渡邉隆俊君) 投票漏れはありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) 投票漏れなしと認めます。よって、投票を終了いたします。
 これより開票を行います。平松健治君、鈴木美一君、佐藤文秋君は開票の立ち会いをお願いいたします。
                  〔立会人立ち会い〕
                   〔開票・計算〕
○議長(渡邉隆俊君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票ゼロ票。有効投票中、飯田哲夫君12票、辰野利文君8票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は5票であります。よって、飯田哲夫君が副議長に当選されました。
 議場の閉鎖を解きます。
                    〔議場開鎖〕
○議長(渡邉隆俊君) ただいま副議長に当選されました飯田哲夫君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、副議長選挙の当選人である旨を告知いたします。

          ─────────────────────────

△副議長就任あいさつ

○議長(渡邉隆俊君) 続いて、副議長に当選いたしました飯田哲夫君をご紹介いたします。副議長には登壇にてごあいさつをお願いいたします。
                〔当選人 飯田哲夫君登壇〕
◆当選人(飯田哲夫君) ただいま皆様方の選挙によりまして選出をいただき、副議長に就任いたしました飯田でございます。大変ありがとうございます。先ほど渡邉議長が申しておりましたように、中立、公正な議会運営を支えながら、今あらわれましたように、票では僅少差でございますので、このしこりもあるかと思いますが、議会が円満にかつ市民の負託にこたえられますよう努力するつもりでございます。皆様方の変わらぬご支援を賜りますようお願いいたしまして、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(渡邉隆俊君) 議事の都合により暫時休憩いたします。
                  午後1時42分 休憩
          ─────────────────────────
                  午後2時10分 再開

△議事日程の追加について

○議長(渡邉隆俊君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 飯田哲夫君から広域行政行政調査特別委員会の辞任願いが提出されましたので、委員会条例第14条の規定により許可しましたので、報告いたします。
 お諮りいたします。この際、特別委員会委員の指名の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第8、休会の件を日程第9に変更し、ただいま追加することに決定いたしました特別委員会委員の指名の件を日程第8に追加することといたします。

          ─────────────────────────

△特別委員会委員の指名の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第8、特別委員会委員の指名の件を議題といたします。
 各特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。この際、私から特別委員会の委員を指名いたします。
 広域行政調査特別委員会委員に谷 一浩君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしましたとおり、特別委員会委員を選任いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました谷 一浩君が広域行政調査特別委員会の委員に選任されました。

          ─────────────────────────

△議事日程の追加について

○議長(渡邉隆俊君) 続いて、千葉県後期高齢者医療広域連合議会議長から連合議員の谷 一浩君が本日辞職した旨の通知がありました。よって、現在、千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員が1名欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を本日の日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第9、休会の件を日程第10に変更し、ただいま追加することに決定いたしました千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を日程第9として日程に追加いたします。

          ─────────────────────────

△千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第9、これより千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。
 千葉県後期高齢者医療広域連合規約第8条に基づき、広域連合議会議員を本市議会から1名選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により決したいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に、私、渡邉隆俊を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました渡邉隆俊を千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました渡邉隆俊が千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選しましたので、会議規則第32条第2項の規定により、当選人である旨の告知をいたします。

          ─────────────────────────

△議事日程の追加について

○議長(渡邉隆俊君) 鴨川市南房総市環境衛生組合議会副議長から組合議員の谷 一浩君、渡辺訓秀君、佐藤文秋君、以上3名の諸君が本日辞職した旨の通知がありました。よって、現在、鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員3名が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の選挙を本日の日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第10、休会の件を日程第11に変更し、ただいま追加することに決定いたしました鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の選挙を日程第10として日程に追加いたします。

          ─────────────────────────

△鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の選挙の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第10、これより鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の選挙を行います。
 鴨川市南房総市環境衛生組合規約第5条に基づく議員は現在欠員でありますので、組合議会議員を本市議会から3名選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により決したいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員に、谷 一浩君、佐藤文秋君、渡邉隆俊、以上3名の諸君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました3名の諸君を鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました3名の諸君が鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員に当選されました。
 ただいま鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員に当選されました谷 一浩君、佐藤文秋君、渡邉隆俊が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員選挙の当選人である旨の告知をいたします。

          ─────────────────────────

△議事日程の追加について

○議長(渡邉隆俊君) 続いて、安房郡市広域市町村圏事務組合議会書記長から組合議員の西川和広君が本日辞職した旨の通知がありました。よって、現在、安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員が1名欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の選挙を本日の日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、日程第11、休会の件を日程第12に変更し、ただいま追加することに決定いたしました安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の選挙を日程第11として日程に追加いたします。

          ─────────────────────────

△安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の選挙の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第11、これより安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の選挙を行います。
 安房郡市広域市町村圏事務組合規約第6条第2項に基づく議員は、現在欠員でありますので、組合議会議員を本市議会から1名選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選により決したいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員に、大和田悟史君を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました大和田悟史君を安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の当選人として定めることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大和田悟史君が安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員に当選されました。
 ただいま安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員に当選されました大和田悟史君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員選挙の当選人である旨の告知をいたします。

          ─────────────────────────

△休会の件

○議長(渡邉隆俊君) 日程第12、休会の件を議題といたします。
 お諮りいたします。5月31日は土曜日、6月1日は日曜日、6月2日から5日までの4日間は議案審査のため休会、よって5月31日から6月5日までの6日間は休会といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、5月31日から6月5日までの6日間は休会することに決しました。
 なお、次の本会議は来る6月6日午前10時から開きます。

          ─────────────────────────

△散会

○議長(渡邉隆俊君) 以上をもって本日の日程は終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡邉隆俊君) ご異議なしと認め、本日はこれをもって散会いたします。どうもご苦労さまでした。

                  午後2時22分 散会

          ─────────────────────────

                 本日の会議に付した事件

1.開  会
1.開  議
1.議事日程
1.会議録署名議員の指名
1.会期の決定
1.諸般の報告
1.市長の議案等の上程・説明(議案第37号〜議案第43号、諮問第1号及び諮問第2号、報告第1号〜報告第3号)
1.議案等の補足説明(議案第37号〜議案第43号、諮問第1号及び諮問第2号、報告第1号〜報告第3号)
1.議事日程の追加について
1.議長辞職の件
1.谷 一浩君退任あいさつ
1.議事日程の追加について
1.議長選挙の件
1.議長就任あいさつ
1.議事日程の追加について
1.副議長選挙の件
1.副議長就任あいさつ
1.議事日程の追加について
1.特別委員会委員の指名の件
1.議事日程の追加について
1.千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙の件
1.議事日程の追加について
1.鴨川市南房総市環境衛生組合議会議員の選挙の件
1.議事日程の追加について
1.安房郡市広域市町村圏事務組合議会議員の選挙の件
1.休会の件
1.散  会