議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鴨川市

平成19年第 1回定例会−03月23日-05号




平成19年第 1回定例会

                  平成19年第1回
              鴨川市議会定例会会議録(第5号)

1.招集年月日  平成19年3月23日(金曜日)
1.招集の場所  鴨川市議会議場
1.出席議員   19名
  1番 庄 司 朋 代 君   2番 吉 田 裕 迪 君   3番 佐 藤 拓 郎 君
  4番 平 松 健 治 君   5番 鈴 木 美 一 君   6番 佐 藤 文 秋 君
  7番 須 田   厚 君   8番 野 村 靜 雄 君   9番 尾 形 喜 啓 君
  10番 滝 口 久 夫 君   12番 渡 辺 訓 秀 君   13番 渡 邉 隆 俊 君
  14番 辰 野 利 文 君   15番 飯 田 哲 夫 君   16番 谷   一 浩 君
  17番 刈 込 勝 利 君   18番 大和田   智 君   19番 西 川 和 広 君
  20番 鈴 木 正 明 君
1.欠席議員
  11番 吉 田 勝 敏 君
1.地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名
  市長        本 多 利 夫 君    助役        西 宮 秀 夫 君
  収入役       石 田 日出夫 君    教育長       長谷川 孝 夫 君
  総務部長      松 本 恭 一 君    市民福祉部長    満 田   稔 君
  建設経済部長    嶋 津 三 郎 君    天津小湊支所長   忍 足 仁 一 君
  水道局長      近 藤 俊 光 君    教育次長      野 田   純 君
  市長公室長     久 保   誠 君    企画財政課長    庄 司 政 夫 君
  総務課長      石 渡 康 一 君    教育委員会委員長  佐久間 秀 子 君
  代表監査委員    室 田 章 隆 君
1.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
  事務局長      平 野 重 敏      次長        原   一 郎
  主任主事      山 口 勝 弘

          ─────────────────────────

△開議
 平成19年3月23日 午前10時00分開議

○議長(谷一浩君) 皆さん、おはようございます。吉田勝敏君から欠席する旨の届け出がありま
したので、ご報告いたします。
 ただいまの出席議員は19名で定足数に達しております。よって、議会はここに成立いたしました。
 これより本日の会議を開きます。

          ─────────────────────────

△議事日程

○議長(谷一浩君) 本日の日程は、あらかじめお手元に配付いたしました印刷物のとおりであり
ますので、これによりご了承を願います。
1.議 事 日 程
日程第1        各常任委員長報告
日程第2        報告者に対する質疑                質疑
日程第3 議案第 3 号 平和都市の宣言について              討論・採決
日程第4 議案第 4 号 鴨川市副市長の定数を定める条例の制定について      〃
日程第5 議案第 5 号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係     〃
            条例の整備等に関する条例の制定について
日程第6 議案第 6 号 鴨川市職員等の旅費に関する条例等の一部を改正す     〃
            る条例の制定について
日程第7 議案第 7 号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を     〃
            改正する条例の制定について
日程第8 議案第 8 号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の     〃
            制定について
日程第9 議案第 9 号 鴨川市青少年研修センターの設置及び管理に関する     〃
            条例の一部を改正する条例の制定について
日程第10 議案第 10 号 鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条     〃
            例の一部を改正する条例の制定について
日程第11 議案第 11 号 鴨川市予防接種健康被害調査委員会設置条例の一部     〃
            を改正する条例の制定について
日程第12 議案第 12 号 鴨川市重度心身障害者の医療費助成に関する条例の     〃
            一部を改正する条例の制定について
日程第13 議案第 13 号 鴨川市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正     〃
            する条例の制定について
日程第14 議案第 14 号 鴨川市立公園の設置及び管理に関する条例の一部を     〃
            改正する条例の制定について
日程第15 議案第 15 号 鴨川市市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部     〃
             を改正する条例の制定について
日程第16 議案第 16 号 市道路線の廃止について(川久保線外1路線)       〃
日程第17 議案第 17 号 市道路線の認定について(川久保線外3路線)       〃
日程第18 議案第 18 号 市道路線の認定について(松崎8号線)          〃
日程第19 議案第 26 号 平成19年度鴨川市一般会計予算              〃
日程第20 議案第 27 号 平成19年度鴨川市国民健康保険特別会計予算        〃
日程第21 議案第 28 号 平成19年度鴨川市老人保健特別会計予算          〃
日程第22 議案第 29 号 平成19年度鴨川市介護保険特別会計予算          〃
日程第23 議案第 30 号 平成19年度鴨川市水道事業会計予算            〃
日程第24 議案第 31 号 平成19年度鴨川市病院事業会計予算            〃
日程第25 陳情第 14 号 安全・安心の医療と看護の実現を求める陳情書       〃
日程第26        千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

          ─────────────────────────

△議事日程の追加

○議長(谷一浩君) お諮りいたします。ただいま市長から議案第32号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第33号 鴨川市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについての3件が、また辰野利文君から議員提出議案第6号 鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、議員提出議案第7号 鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、議員提出議案第8号 道路問題調査特別委員会の設置について、議員提出議案第9号 広域行政調査特別委員会の設置についての4件、以上7件が追加提出されました。これを本日の日程に追加いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議案第32号、議案第33号及び諮問第1号、並びに議員提出議案第6号から議員提出議案第9号は、本日の日程に追加することに決しました。
 それでは、議案並びに追加日程表を配付いたします。
                〔議案並びに日程表の配付〕
1.議事日程(追加1)
日程第27        議案第32号、議案第33号、諮問第1号の上程     上程・説明
            (市長の提案理由の説明)
     議案第 32 号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部  補足説明
            を改正する条例の制定について
日程第28 議案第 32 号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部 質疑・討論・採決
            を改正する条例の制定について
日程第29 議案第 33 号 鴨川市教育委員会委員の任命につき同意を求めるこ     〃
            とについて
日程第30 諮問第 1 号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについ     〃
            て
日程第31  議員提出  鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定に 上程・説明・質疑
      議案第6号 ついて                      討論・採決
日程第32  議員提出  鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定     〃
      議案第7号 について
日程第33  議員提出  道路問題調査特別委員会の設置について          〃
      議案第8号
日程第34  議員提出  広域行政調査特別委員会の設置について          〃
      議案第9号
○議長(谷一浩君) 配付漏れはありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) 配付漏れなしと認めます。

          ─────────────────────────

△各常任委員長報告

○議長(谷一浩君) 日程第1、今定例会において各常任委員会に付託した案件について、各常任委員長の報告を求めます。総務常任委員長、渡辺訓秀君。
              〔総務常任委員長 渡辺訓秀君登壇〕
◎総務常任委員長(渡辺訓秀君) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、総務常任委員長報告をいたします。
 平成19年第1回定例会において本委員会に付託されました案件は、平和都市の宣言1件、条例の制定1件、条例の一部改正4件、平成19年度予算1件の計7件であります。
 去る3月15日、委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その審査の概要と結果についてご報告申し上げます。
 初めに、議案第3号 平和都市の宣言について、議案第4号 鴨川市副市長の定数を定める条例の制定について、議案第5号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例の制定について、議案第6号 鴨川市職員等の旅費に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、議案第7号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第8号 鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、以上6件につきましては、いずれも質疑なく、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第26号 平成19年度鴨川市一般会計予算のうち、本委員会の所掌に属する部分についての審査に入り、財産管理に関し、学校適正規模検討委員会の答申に基づき、学校や幼稚園、保育園が統廃合された場合、13の幼稚園、保育園が空き施設となり、小学校も大山、主基、江見、曽呂小学校4校が空き校舎となるが、統合中学校建設だけでも四、五十億円の経費がかかり、その他、小中一貫校の創設、幼稚園の合築等を含めると、かなりの経費がかかることが考えられるが、不用になる施設を処分し、財産収入として充てていく考えはあるのかとの質疑に対し、学校等の統廃合に伴う跡地並びに空き施設等の財産管理につきましては、今年度から助役以下、関係部長等を構成員とする庁内検討委員会を設け、学校施設だけでなく、行政改革もにらんだ中で、市有財産の有効活用を現在検討していてるところでございます。
 特にこれら学校施設や幼稚園につきましては、地区の方々からの意見も聞きながら、活用方策を検討してまいりたいと考えておりますが、学校や保育施設等は国の補助金により建設しておりますことから、転用処分などを行うには法律の制限もあり、地域活性化や民間活用等、十分検討しながら方向を見定めてまいりたいと考えておりますとの説明がありました。
 続いて、総務費、土地購入費の 1,599万 4,000円についての質疑に対し、1件は太海駐在所の老朽化等に伴い、警察署より新しい駐在所を市民や学生が利用する太海駅前広場に建設できないかとの打診があり、平成20年度の建設を目安に、平成19年度中に土地の購入をしたいものです。建設予定地は、太海駅前西側の鴨川市開発公社が保有する土地の一部で、建設に必要な土地 200平方メートルを市が開発公社から 818万 7,813円で購入しようとする土地購入代金です。
 もう1件は、法務局跡地の購入費で、平成16年3月1日に土地1,236.18平方メートルを建物工作物を合わせ4,073万円で購入し、即納金として 1,000万円を既に支払い済みであるため、残金3,073万円を4年の年賦払いで支払う計画になっており、平成19年度で完納となりますとの説明がありました。
 続いて、総務費、鉄道駅エレベーター等整備事業補助金の内容についての質疑に対し、この事業はJRが事業主体となって、安房鴨川駅構内の跨線橋への障害者対応エレベーターを設置するとともに、東口トイレへの障害者対応多機能トイレの整備を含む東口トイレを全面改築するものです。
 このうち、高齢者や障害者に対するバリアフリー化設備の経費につきましては、国土交通省所管の交通施設バリアフリー化設備整備事業補助制度で、国からJRに対し3分の1が補助されるほか、市が3分の1、残り3分の1をJRが負担するものです。
 これら国・県の補助制度は、原則として駅の1日の乗車人員が 2,500人以上という駅に適用されますが、鴨川駅の場合、平成16年度実績で1日平均 1,951人で対象要件にならないが、異なる路線乗り換え駅というということから補助の対象になったものでございます。
 また、東口トイレ全体の改築費用につきましては、国庫補助対象となる多機能トイレの設置経費を除いて市とJRが折半し負担するもので、完成後の維持管理費については、すべてJRが負担することとなっております。
 なお、自由通路へのエレベーターの設置については、今回の改修に伴って実施することは考えておりませんとの説明がありました。
 続いて、総務管理費、鴨川コンベンションリゾート重点整備地区連絡協議会負担金について、この協議会はまだ活動しているのかとの質疑に対し、総合保養地整備法に基づく房総リゾート構想の中の重点整備地区ということで、旧鴨川市・旧天津小湊町・旧和田町の3市町並びに事業者で構成されました協議会で、現在、具体的な活動はしておりませんが、総合保養地整備法自体が存続しておりますことから、現在、鴨川市と南房総市で協議を行い、法令等の動向を見守り、今後の方向性を検討するということで予算計上をいたしましたとの説明がありました。
 続いて、JR安房小湊駅のトイレが改修されましたが、外側に男女別のトイレをつくらなかったのはなぜですかとの質疑に対し、JRがちばデスティネーションキャンペーンに向けた取り組みとして、安房小湊駅と太海駅のトイレ2カ所を改修したもので、市としてはこの改修計画を着工直前に伺いましたことから対応ができず、ホームの中からしかトイレの利用ができない形態となっております。このため、JRではどなたでも利用できることがわかるよう、駅待合室に案内表示の設置がなされたところでございますとの説明がありました。
 続いて、太海多目的公益用地路線バス運行費補助金についての質疑に対し、平成18年度予算は平成18年4月から9月までの半年分の赤字補てんに対する補助金です。19年度の予算につきましては、平成18年10月から平成19年9月分までの1年分を計上いたしております。今年度は昨年より学生数がふえることから、昨年度より補助金額は減少すると見込み、 105万 9,000円を計上させていただきましたとの説明がありました後、討論なく、採決するに、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で総務常任委員長報告を終わります。

         ────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、建設経済常任委員長、野村靜雄君。
             〔建設経済常任委員長 野村靜雄君登壇〕
◎建設経済常任委員長(野村靜雄君) おはようございます。建設経済常任員長報告をいたします。
 平成19年第1回定例会において本委員会に付託されました案件は、条例の一部改正2件、市道路線の廃止1件、市道路線の認定2件、平成19年度予算2件の計7件であります。
 去る3月16日、委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その審査の概要と結果について、ご報告をいたします。
 初めに、議案第14号 鴨川市立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての審査に入り、鴨川市ふれあい記念公園用地は昨年度、特例債で取得し、将来、所有権が移ると伺っているが、維持管理はどこでやるのかとの質疑に対し、同公園は約 8.5ヘクタールの面積を有し、学生や市民の皆さんが利用できる総合的な施設として整備いたし、今後、市として維持管理等を行ってまいりますとの説明がありました。
 続いて、この公園2カ所について、年間の維持管理費はどのくらいかとの質疑に対し、市内の他の市立公園の状況を踏まえますと、鴨川市ふれあい記念公園がおよそ 130万円、鴨川駅西口公園につきましては数万円の範囲と考えておりますとの説明がありました後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第15号 鴨川市市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての審査を行い、老朽化により川間及び砂田団地において1戸ずつ廃止されるが、この建てかえまたは新設の予定はあるのかとの質疑に対し、今回廃止させていただきます砂田団地の住宅は昭和26年、また川間団地は28年に建築をされ、かなり老朽化しておりますことから、入居者の同意を得て取り壊すものでございます。今後の土地利用については検討してまいりますが、この場所への建てかえにつきましては考えておりませんとの説明がありました後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第16号 市道路線の廃止について(川久保線外1路線)の審査を行い、質疑なく、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第17号 市道路線の認定について(川久保線外3路線)の審査を行い、市道は議会で認定後、供用開始までどのような過程となっているのかとの質疑に対し、既存の道路の場合は、認定した段階から市道と位置づけられますが、今回のように一たん廃止し、新たに認定する場合は、完成した道路が市道として支障がないと確認された段階で供用を開始、市道と位置づけられます。また、検査につきましては、工事完成後、市の検査員がその状況の確認等、検査業務に当たりますとの説明がありました後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第18号 市道路線の認定について(松崎8号線)の審査を行い、質疑なく、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第26号 平成19年度鴨川市一般会計予算のうち、本委員会の所掌に属する部分についての審査に入り、水産振興費の水産資源種苗放流事業補助金の内容と市の漁業振興策についてとの質疑に対し、水産資源種苗放流事業は鴨川市及び天津小湊漁協で取り組んでいる栽培漁業への補助事業で、ハマグリ、アワビなどの稚貝を放流するものであります。これらの平成17年度、両漁協の漁獲実績は、ハマグリが 6.8トン、アワビが19.2トンの水揚げ高となっております。
 また、全体の漁業振興策では、生産基盤となります漁港の整備を国庫事業等により継続的に実施いたすとともに、漁家への支援といたしまして、近代化資金の利子補給や漁獲共済への支援などのほか、ことし2月から鴨川朝市を開催、漁村生産物のアピールにも努めておりますとの説明がありました。
 続いて、漁業における後継者対策についてとの質疑に対し、魚価の低迷等により漁業経営は非常に圧迫されている中で、後継者確保が難しい状況にありますが、鴨川漁協ではインターネット等でのPRを行うなど、若い後継者の確保に努めておると伺っております。また、組合経営においても、観光と漁業を結びつけ、釣船漁協や観光定置網などの多方面にわたる漁業振興策も必要であろうと思っておりますとの説明がありました。
 続いて、住宅費の市営住宅補修工事の内容と団地の整備改修計画についてとの質疑に対し、今回の補修工事は消防法の一部改正により、市営住宅の寝室や階段、台所に火災警報機 502個を設置するものでございます。また、市営住宅の計画的な整備につきましては、総合5か年計画にて対応してまいりたいと思っております。財政的な面や民間との競合等の問題もありますが、民生の安定ということから考えてまいりたいとの説明がありました。
 続いて、水産振興費の海洋深層水取水委託料について、今後の事業の方向づけはとの質疑に対し、鴨川沖の海洋深層水は非常に良質の水であるということで、県の事業に対して私どもも期待をいたしておりましたが、一時の海洋深層水ブームも今、若干沈滞化しており、事業化が難しい状況下にもございます。したがいまして、現在、県と市が補助を出して年4回の水をくみ上げて、小口の利用者に提供しておるところでございまして、いま少し状況を見定めていきたいと考えておりますとの説明がありました。
 続いて、農業振興費の農業振興地域整備計画策定業務委託料について、農業振興地域の見直しに伴う変更届の凍結期間はどのくらいかとの質疑に対し、計画策定は平成18、19年度の2カ年事業で行い、平成20年3月の策定を見込んでおります。現在、変更届を凍結いたしておりますが、解除は平成20年6月以降になると考えておりますとの説明がありました。
 続いて、新規就農相談窓口開設委託料の内容についてとの質疑に対し、団塊の世代の定年退職に対応し、これまでのふるさと回帰支援センター機能を充実させていこうと、住居等の不動産情報の積極的な発信とともに、田舎暮らしをする方は農業に深くかかわっていけるシステムづくりの業務を棚田倶楽部の指定管理者である大山千枚田保存会に追加委託するものでありますとの説明がございました。
 続いて、元気な地域づくり交付金の内容についてとの質疑に対し、農林水産省の補助事業で、市に寄贈された奈良林の廃屋を都市住民と一緒に改修する事業であります。総事業費は 600万円で、市の補助金 300万円については、全額県からの補助されるものですとの説明がありました。
 続いて、農業振興費の有害鳥獣捕獲用おり・わな購入補助金について、市内におけるイノシシの平成18年度捕獲数が 740頭と新聞報道されている。法改正によりくくりわなが規制されると聞いたが、捕獲への影響はないかとの質疑に対し、ことしは捕獲数が前年比で50%ほど伸びており、1月末でイノシシが 997頭、シカが 527頭、猿 350頭など、最終的には 2,500頭を超えるものと見込んでおります。
 また、くくりわな等の規制につきましては、規制の対象が狩猟でありますので、有害鳥獣駆除対策には適用されないものと認識しておりますとの説明がありました。
 続いて、河川費の四方木ふれあい施設建設工事について、当初、要望書に計画されていたイノシシの解体処分場がなぜ外されたのか伺いたい。また、昨年、本委員会が視察した長崎県江迎町では捕獲したイノシシ肉を処理し、地域の特産品として地域活性化に役立てていたが、本市でもこれだけイノシシ捕獲数が増加しており、処理した肉の販売ルート確保が必要ではないかとの質疑に対し、解体処分場につきましては、地元からの要望でもあり、県と協議しましたところ、大多喜町に県補助金による解体処分場が建設されたので、この施設を活用してほしいとの申し出があったところです。市としてこれに納得したわけではありませんが、当面は四方木ふれあい施設、青年館の建設を優先するという状況でございます。
 また、販路の確保等につきましては、大多喜町では年間40頭ほどを処理し、町職員が専従で当たっていることから、何とか事業の収支が保たれているようでございますけれども、今後はこれら事業の採算性や委託先、販路の開拓などにつきまして調査・研究していく必要があると考えておりますとの説明がありました。
 続いて、土木費の県単工事負担金について、県道市原天津小湊線、竜ケ尾橋付近の拡幅工事の進捗状況についてとの質疑に対し、県整備事務所に伺いましたところ、限られた予算の中で県道市原天津小湊線坂本工区の工事を優先して実施し、一刻も早く完成させたいとの回答を得ております。橋周辺の改良につきましても、平成13年度に測量を実施しておりますので、その着工に向け、引き続き働きかけをしてまいりたいと考えておりますとの説明がございました。
 続いて、観光まちづくり重点支援地域事業の支援額等についてとの質疑に対し、この事業は幾らを補助するというものではなく、地域資源の活用や商品化などに対する調査・研究、専門家による助言などの支援を行う内容となっておりますとの説明がありました後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第30号 平成19年度鴨川市水道事業会計予算の審査を行い、質疑なく、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で建設経済常任委員長報告を終わります。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 次に、文教厚生常任委員長、尾形喜啓君。
             〔文教厚生常任委員長 尾形喜啓君登壇〕
◎文教厚生常任委員長(尾形喜啓君) 文教厚生常任委員長の報告をいたします。
 平成19年第1回定例会において本委員会に付託されました案件は、条例の一部改正5件、平成19年度予算5件、陳情1件の計11件であります。
 去る3月16日、委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その審査の概要と結果についてご報告いたします。
 議案第9号 鴨川市青少年研修センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての審査に入り、研修センターの利用料金の見直しについてとの質疑に対し、旧施設より設備機能の充実を図りましたので、維持管理費等の増加が見込まれることから、使用料の見直しをさせていただきましたと説明があった後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第10号 鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第11号 鴨川市予防接種健康被害調査委員会設置条例の一部を改正する条例の制定について、以上2件の審査を行い、いずれも質疑、討論なく、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第12号 鴨川市重度心身障害者の医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定についての審査に入り、助成の範囲から入院時の食事の提供に伴う標準負担額を除くこととされているが、この標準の負担額はとの質疑に対し、一般の方で1日の食事代が 780円、低所得者の方は90日まで1日 650円などとなっておりますと説明があった後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第13号 鴨川市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての審査に入り、質疑、討論なく、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第26号 平成19年度鴨川市一般会計予算のうち、本委員会の所掌に属する部分についての審査に入り、給食費の未納者への対応はとの質疑に対し、個別訪問をして実情をお聞きし、給食費の納付をお願いしておりますと説明があり、続いて、全国的に問題になっている給食費の支払い能力があって払わない人、経済的に払えない人への対応はの質疑に対し、実情をお聞きした上で内容によっては民生委員との相談を進めておりますと説明があり、続いて、幼稚園費の工事請負費1億32万円の内容についての質疑に対し、西条幼稚園建設が 9,948万 8,000円、太海幼稚園の屋根改修塗装工事が83万 2,000円で、合計で1億32万円となっておりますと説明があり、続いて、学校管理費のPFI導入可能性調査委託料について、PFIが導入できない場合の要因はの質疑に対し、コスト縮減ができないということがPFIを導入できない大きな要因となりますと説明があり、続いて、調査は庁舎北側に建てるということでやっていると思いますが、PFI適用となった場合の今後のプロセスはの質疑に対し、3カ月から4カ月はかかるだろうと聞いております。よって、その調査の結論が出た段階で執行部としても考えさせていただき、議員の皆様方にお諮りさせていただきたく考えておりますと説明があり、続いて、PFIというのは市がつくり上げる自信があるかどうかが肝心だと思うがの質疑に対し、これまで市内部で検討してきた結果、PFI導入は十分可能性があると見込み、計上させていただいたものですと説明があり、続いて、環境衛生費の不法投棄監視委員の活動の内容はとの質疑に対し、月2回程度の不法投棄パトロールをして、日誌で報告をしてもらっております。また、常に各地区を監視していただき、緊急を要するものについては、その都度、連絡をいただいておりますと説明があった後、討論に入り、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第27号 平成19年度鴨川市国民健康保険特別会計予算、議案第28号 平成19年度鴨川市老人保健特別会計予算、議案第29号 平成19年度鴨川市介護保険特別会計予算、以上3件の審査を行い、いずれも質疑、討論なく、原案賛成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第31号 平成19年度鴨川市病院事業会計予算についての審査に入り、安房医師会病院からの患者の流れと民間医院の閉鎖によるプラス効果をどれくらい見込んでいるかとの質疑に対し、安房医師会病院と民間病院から若干流れてきておりますが、数字は把握しておりません。しかし、経営努力をいたしプラスに推移するよう努めてまいりますと説明があった後、討論に入り、原案賛
成の声がありましたので採決するに、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、陳情第14号 安全・安心の医療と看護の実現を求める陳情書についての審査に入り、意見なく、討論に入り、看護職員の確保と定着促進は都道府県の看護協会等が一体となって建設的に提言していくべき課題であるため、現段階での意見書の提出には反対いたしますとの反対討論があり、採決するに、全員異議なく、不採択すべきものと決しました。
 以上で文教厚生常任委員長報告を終わります。
○議長(谷一浩君) 以上で各常任委員長の報告は終わりました。

          ─────────────────────────

△報告者に対する質疑

○議長(谷一浩君) 日程第2、ただいまの各常任委員長の報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。

          ─────────────────────────

△議案の討論・採決

○議長(谷一浩君) 日程第3、議案第3号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第3号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第4、議案第4号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第4号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第5、議案第5号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第5号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第6、議案第6号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第6号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第7、議案第7号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第7号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第8、議案第8号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第8号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第9、議案第9号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第9号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第10、議案第10号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第10号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第11、議案第11号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第11号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第12、議案第12号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第12号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第13、議案第13号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第13号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第14、議案第14号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第14号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立多数であります。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第15、議案第15号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第15号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第16、議案第16号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第16号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第17、議案第17号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第17号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第18、議案第18号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第18号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第19、議案第26号の討論に入ります。
 初めに、反対討論の通告がありますので、発言を許します。滝口久夫君。
◆10番(滝口久夫君) 私は、議案第26号について、反対の立場から討論いたします。
 大人たちが土地転がし、また借金のつけかえ、残土問題との連携、談合があったのではないかと市民から問題視されている場所に、鴨川市統合中学校を建設し、清算しようとしておりますが、鴨川市の将来を担う子供たちの教育の現場として不適切ではないでしょうか。皆さんの心情に訴え、議案第26号について反対をいたします。終わりです。
○議長(谷一浩君) 次に、賛成討論の通告がありますので、発言を許します。吉田裕迪君。
◆2番(吉田裕迪君) 議長のお許しをいただきましたので、平成19年度一般会計当初予算の賛成討論を述べさせていただきます。
 まず、当初予算編成時における日本経済の状況は、長期低迷のトンネルを抜け出し、筋肉質の経済構造に変貌した。そして、ようやく未来への明るい展望を持てるようになったと見込まれる中、国は景気回復等による歳入面の環境改善に甘えることなく、厳しく歳出を見直し、簡素で効率的な政府実現のために予算編成をされたところであり、平成19年度一般会計予算は80兆 9,088億円で前年度に対して4%の増になっております。
 本市におきましては、税制改正や三位一体の改革に伴う税源移譲により市税収入の増が見込めるものの、関連する交付金や起債の廃止、地方交付税の合併に関する上乗せ措置の減などにより、歳入全体としての伸びを見込むことは困難な状況にあり、大変厳しい財源確保を強いられる結果となったものと推測されるところでございます。
 本市の一般会計予算は総額で 124億 8,400万円で、前年度の当初予算と比較いたしまして11.5%の減となったところですが、これは合併記念公園事業費によるところが大きく、この予算を除きますと、実質的には 1.3%の増となるものと認識をいたしており、厳しい財政状況下で急激に移行する少子高齢化への対応、多様化する住民ニーズ、行政ニーズへの施策等に加え、新市のまちづくり関連経費にも配慮するなど、相当苦心された予算編成であったものと理解いたしております。
 しかしながら、私は当初予算編成時において毎年続いております財源不足に対応するため、財政調整基金や減債基金からの多額の繰り入れが行われていることは深く憂慮いたしております。加えて、近い将来、統合中学校建設を初めとする教育・保育関係施設整備への多額の財政需要も予想されており、本市財政の将来に言いようのない不安を感じているのは、私だけではないものと存じております。
 このことから、市長の施策方針で述べられておりますように、まずはこれまで以上に歳入確保、歳出削減に向けた行財政改革に取り組み、財政運営の継続性の確保を図ることが必要であり、さらにはそのための方策として真に実施すべき施策、事務事業の選択、再構築とこれによる財源集中を実施することが不可欠であることは私も同感であります。もちろん、市長のおっしゃる血と汗を流す決意を私ども議会も持たなければならないものでありますが、本市が将来にわたって自立し、みずからの手で行政運営を続けていくため、行革の努力をいっときも怠ることないよう強く強く要望申し上げまして、賛成討論とさせていただきます。
○議長(谷一浩君) 次に、反対討論の通告がありますので、発言を許します。平松健治君。
◆4番(平松健治君) 平成19年度鴨川市一般会計予算について、反対の立場で討論いたします。
 平成19年度歳出予算の10款教育費の中学校費において、PFI導入可能性調査委託料として 225万円を計上しております。PFI事業の導入には、国、地方が行ってきた公共施設の整備や管理について、民間事業者の導入を図り、低コストと民間事業者の事業チャンスの拡大をねらいとしており、また、国、地方自治体の財政悪化によるサービスの低下や悪化をこのPFI事業の導入により防ぐことも目的としているのであります。
 イギリス版をモデルとしているこの日本版PFIの導入事例は、案件が少なく、推進する側の国や地方自治体そのものの経験と知識が不足している状況にあります。その発注方法や契約の範囲、リスクの分担等、いろいろな面で制度面が追いついていない。また、高額契約を初めとする契約の外部圧力の排除による客観的な透明性、公平性の確保も難しいとされております。
 以上のとおり、PFI事業のすべてが未成熟であり、全国的にも慎重論を唱える自治体が多いのであります。島根県では、高等学校や警察の施設について、政府の指針に照らし検討したが、施設が制度に合わないとして導入可能性調査をせずに採用を見送りました。今回、鴨川市が予算で計上する導入可能性調査委託、それ自体を実施しなかったのであります。民間事業者の利益追求優先と公共性を求める施設のPFI導入はそぐわないとして反対も多く、とりやめをしている自治体も多いと伺っております。
 PFIは、そもそも金融機関が公共への資金の流入策、供給策として考えられた一面があることを導入側は考えなくてはならないと思います。この導入については、日本では歴史が浅く、企業側も社会的責任や責任投資についての認識が未成熟であることや、先の見えない財政状況の中で、単年度だけの財政圧縮に走り、財政の硬直化を招く危険性を唱え、この導入に慎重論の教育者や経済学者が多くいることも伺っております。
 文部科学省もホームページ上で、公立学校施設整備へのPFI導入については、学校運営自体は収益を望める事業ではなく、児童・生徒に対する教育活動自体を民間特定会社が受託することは想定が難しいとしているのであります。
 これは私のさきの一般質問の際に私見として申し上げましたが、教育行政にはリスクはなじまないと言えるのであります。地味でよい、しっかりとした裏づけされた施策、住民の合意を得た施策をすべきということになりませんでしょうか。
 国の求めにより財政健全化計画を立て、スタートを切ったばかりの本多市政であること、文部化学省も公立学校施策についてのPFI導入は想定が難しいとしている事業であること。しかし、この可能性を探るのだとしてPFI導入可能性調査委託料を予算に盛り込んだ平成19年度鴨川市一般会計予算に反対をいたします。皆様の賛同をお願いいたし、反対討論といたします。
○議長(谷一浩君) ほかに討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第26号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立多数であります。よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第20、議案第27号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第27号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第21、議案第28号の討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第28号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第22、議案第29号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第29号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第23、議案第30号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第30号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 日程第24、議案第31号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第31号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

△陳情の討論・採決

○議長(谷一浩君) 日程第25、陳情第14号の討論に入ります。討論ございませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより陳情第14号を採決いたします。本案に対する委員長の報告は不採択であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立多数であります。よって、陳情第14号は不採択と決しました。

          ─────────────────────────

△千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

○議長(谷一浩君) 日程第26、これより千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。
 千葉県後期高齢者医療広域連合規約第8条に基づき、広域連合議会議員を本市議会から1名選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第 118条第2項の規定により、指名推選により決したいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に、私、谷 一浩を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました谷 一浩を千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました谷 一浩が千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選しましたので、会議規則第32条第2項の規定により、当選人である旨の告知をいたします。
 それでは、11時10分まで休憩いたします。
                 午前10時59分 休憩
          ─────────────────────────
                 午前11時10分 開議

△追加議案の上程・説明

○議長(谷一浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第27、先ほど本日の日程に追加することが決定いたしました議案第32号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第33号 鴨川市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、以上3件を一括して提案理由の説明を求めます。市長、本多利夫君。
                 〔市長 本多利夫君登壇〕
◎市長(本多利夫君) それでは、議長からご指名をいただきましたので、提案理由の説明を申し述べさせていただきたいと存じますけれども、ただいまは本定例会にご提案申し上げました各議案につきましてご可決を賜りましたこと、まことにありがたく、心からお礼を申し上げる次第であります。
 さて、本日、追加でご提出させていただきます案件は、条例の一部を改正する条例の制定1件、人事案件2件の都合3件でございます。
 それでは、議案の順を追って説明を申し上げます。
 まず、議案第32号は、鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。千葉県におきましては、学校に勤務する職員の勤務時間が国に準じて改正され、去る3月16日に関係条例が公布されましたことに伴い、本市におきましても県との整合を図るため必要な改正をいたしたく、本条例の制定をお願いいたすものでございます。
 次に、議案第33号は、鴨川市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてでございます。本市の教育委員会委員、柏倉弘昌氏の任期が本年3月30日をもって満了いたすこととなっております。つきましては、人格、識見とも高く、適任者と認められますことから、同氏を引き続き任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会のご同意を賜りたいものでございます。
 続きまして、諮問第1号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてでございます。本市推薦の人権擁護委員のうち工藤重也氏の任期が本年6月30日をもって満了いたすこととなっております。つきましては、人格、識見とも高く、広く社会の実情に通じておられます嶋津辰次郎氏を新たに推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会のご意見をいただきたいものでございます。
 以上、3議案につきまして提案理由を申し述べさせていただきました。本議案が追加議案となりましたこと、改めて皆様方のご理解を賜りたいと存じておる次第であります。よろしくご審議の上、ご可決、ご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

          ─────────────────────────

△追加議案の補足説明

○議長(谷一浩君) 議案の補足説明を求めます。
 議案第32号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案の補足説明を求めます。総務部長、松本恭一君。
                〔総務部長 松本恭一君登壇〕
◎総務部長(松本恭一君) 議案第32号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料をごらんいただきたいと存じます。既にご高承のとおり、平成18年7月1日より国家公務員の休息時間の廃止及び休憩時間を45分から60分とする改正が施行されたところでございます。これに伴いまして、本市におきましても国家公務員に順次、条例の一部改正を平成18年第3回市議会定例会議会にてご議決をいただきまして、18年10月1日より施行をいたしているところでございます。
 一方、千葉県職員におきましては、国家公務員と同様の改正がなされておりませんでしたけれども、この19年2月定例県議会に提出されまして、3月9日に可決を見たわけでございまして、この4月1日から国に準じた改正が行われることとなりました。千葉県において改正された内容におきましては、本庁等に勤務する一般的な職員につきましては、国及び本市と同様に休憩時間、通常これは昼休みということになりますけれども、これが60分とされておりますけれども、公立の学校に勤務する職員については45分とされたところでございます。本市におきましては、具体的に申し上げますと、安房東中学校に用務員を1名配置いたしておりますため、これに準じた扱いとするため、所要の改正をいたしたいものでございます。
  なお、改正案第6条第5項におきまして、「第2項の規定は、学校職員においては、適用しない」というふうに書いてございますけども、この第2項と申しますのは、任命権者は1日の勤務時間が6時間を超え、8時間以下の場合においては職員の健康及び福祉に重大な影響を及ぼすときは規則の定めるところにより休憩時間を45分以上1時間未満とすることができる旨、規定をいたしておりますけども、これは45分から1時間に去年の10月から休憩時間を延ばしたわけですけども、そのことによって事実上、15分間拘束時間が延びておりますけども、すなわち5時15分から5時半に延びておりますけども、このことがかえって子育てとか、通勤等に支障を及ぼすと認めるときは45分以上1時間未満とすることができると、休憩時間を短くすることができると、こういう趣旨で定めてございますけども、これは学校の職員には適用しないということでございます。もともと45分ということでございますので、適用しないと、こういう意味でございます。
 施行期日についてでございますが、この条例は平成19年4月1日から施行いたしたいものでございます。
 以上で議案第32号の補足説明を終わらせていただきます。

          ─────────────────────────

△追加議案に対する質疑・討論・採決

○議長(谷一浩君) 日程第28、議案第32号 鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題として、質疑を行います。
 なお、この際、申し上げます。会議規則第56条の規定により、同一議員が同一議題について、その質疑の回数は3回を超えることはできませんので、念のため申し添えます。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第32号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議案第32号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより、議案第32号を採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 議案第33号 鴨川市教育委員会委員の任命つき同意を求めることについてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第33号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議案第33号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより、議案第33号を採決いたします。本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議案第33号は原案のとおり同意することに決しました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。諮問第1号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、諮問第1号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより、諮問第1号を採決いたします。本案は、原案のとおり異議ない旨、答申することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、諮問第1号は原案のとおり異議ない旨、答申することに決しました。

          ─────────────────────────

△議員提出議案の上程・説明・質疑・討論・採決

○議長(谷一浩君) 日程第30、議員提出議案第6号 鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、日程第31、議員提出議案第7号 鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、日程第32、議員提出議案第8号 道路問題調査特別委員会の設置について、日程第33、議員提出議案第9号 広域行政調査特別委員会の設置について、以上4件を一括して提出者の辰野利文君から提案理由の説明を求めます。辰野利文君。
                〔提出者 辰野利文君登壇〕
◎提出者(辰野利文君) 議長のご指名をいただきましたので、議員提出議案第6号 鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、議員提出議案第7号 鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、議員提出議案第8号 道路問題調査特別委員会の設置について、議員提出議案第9号 広域行政調査特別委員会の設置についての4議案につきまして、提案理由の申し上げます。
 初めに、議員提出議案第6号 鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の改正は、地方自治法の一部改正に伴い、委員会の議案提出権及び電磁的記録による会議録の作成が認められましたことから、議案の提出、委員会付託等の規定及び電磁的記録によります会議録の配付、署名等につきまして、関係条文の整備をいたしたいものでございます。
 なお、この規則は公布の日から施行いたしたいものでございます。
 次に、議員提出議案第7号 鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を申し上げます。
 今回の改正は、前議案と同様に地方自治法の一部が改正され、議長による委員会委員の選任及び電磁的記録による委員会会議録の作成が認められましたことから、委員の選任方法や任期、辞任等の規定とともに、委員会会議記録の署名ほかにつきまして、関係条文の整備をいたしたいものでございます。
 なお、この条例は公布の日から施行いたしたいものでございます。
 続いて、議員提出議案第8号 道路問題調査特別委員会の設置について及び議員提出議案第9号 広域行政調査特別委員会の設置についての2議案につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。
 今日、交通手段や情報通信手段の発達は著しく、日常の生活圏や経済活動の範囲はますます拡大しています。これに伴い、住民の価値観は多様化し、地方自治体へのニーズも高度化しており、行政サービスの一層の専門化や高度化、そして、何より経費の節減を図る効率性が求められています。
 このような状況の中、地方自治体においては、こうした行政サービスの一層の専門化や高度化に対し適切に対応するためには、広域的な視点から連携・調整し、広域道路網の整備や広域行政の推進等を進めていくことが、より一層重要になります。そこで、地方都市を形成する上で不可欠な広域幹線道路等の整備、広域的な行政体制に関する諸問題について調査特別委員会を設置し、調査をいたしたいと存じます。
 設置を考えております委員会は、皆様のお手元に印刷物を配付してございますように、道路問題調査特別委員会及び広域行政調査特別委員会の2委員会をここにご提案申し上げる次第でございます。各委員会の名称、定数、設置の目的、調査事項、そして調査期間はお手元の資料のとおりでございます。どうか皆様のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。
○議長(谷一浩君) 議員提出議案第6号 鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議員提出議案第6号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第6号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議員提出議案第6号を採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第6号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 議員提出議案第7号 鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議員提出議案第7号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第7号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議員提出議案第7号を採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第7号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 議員提出議案第8号 道路問題調査特別委員会の設置についてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議員提出議案第8号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第8号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議員提出議案第8号を採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第8号は原案のとおり可決されました。

          ─────────────────────────

○議長(谷一浩君) 議員提出議案第9号 広域行政調査特別委員会の設置についてを議題として、質疑を行います。質疑はありませんか。
               〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議員提出議案第9号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して、直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第9号は委員会付託を省略して、直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
                〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議員提出議案第9号を採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   〔賛成者起立〕
○議長(谷一浩君) 起立全員であります。よって、議員提出議案第9号は原案のとおり可決されました。
 ただいま設置されました各特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名することになっております。
 この際、私から各特別委員会の委員を指名いたします。
 まず最初に、道路問題調査特別委員会委員に、鈴木正明君、渡辺訓秀君、吉田勝敏君、滝口久夫君、野村靜雄君、佐藤文秋君、鈴木美一君、平松健治君、吉田裕迪君、以上9名を指名いたします。
 次に、広域行政調査特別委員会委員に、西川和広君、大和田 智君、刈込勝利君、飯田哲夫君、辰野利文君、尾形喜啓君、須田 厚君、佐藤拓郎君、庄司朋代君、以上9名を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしましたとおり、特別委員会委員を選任いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君が各特別委員会の委員に選任されました。
 これより各特別委員会の委員長及び副委員長の互選を行います。委員会条例第10条第1項の規定により、最初の委員会は議長が招集して委員長の互選を行わせることになっております。よって、これより直ちに各特別委員会を招集いたします。道路問題調査特別委員会は議長室、広域行政調査特別委員会は議長応接室、以上のとおり招集いたします。
 なお、委員会条例第10条第2項の規定により、委員長の互選の職務は年長の委員が行うことになっておりますので、道路問題調査特別委員会は滝口久夫君、広域行政調査特別委員会は刈込勝利君に臨時委員長の職務を行っていただきます。
 この際、議事の都合により暫時休憩いたします。
                 午前11時31分 休憩
          ─────────────────────────
                 午前11時43分 開議

△議長の報告

○議長(谷一浩君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 各特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果について報告いたします。
 道路問題調査特別委員会委員長に野村靜雄君、副委員長に滝口久夫君、広域行政調査特別委員会委員長に須田 厚君、副委員長に庄司朋代君、以上のとおりであります。

          ─────────────────────────

△閉会

○議長(谷一浩君) 以上をもって全議案を議了いたしました。
 お諮りいたします。これにて平成19年第1回定例会を閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(谷一浩君) ご異議なしと認め、平成19年第1回鴨川市議会定例会を閉会いたします。

                 午前11時44分 閉会

          ─────────────────────────

                 本日の会議に付した事件

1.開  議
1.議事日程
1.議事日程の追加
1.各常任委員長報告
1.報告者に対する質疑
1.議案の討論・採決(議案第3号〜議案第18号、議案第26号〜議案第31号)
1.陳情の討論・採決(陳情第14号)
1.千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
1.追加議案の上程・説明(議案第32号〜議案第33号、諮問第1号)
1.追加議案の補足説明(議案第32号)
1.追加議案に対する質疑・討論・採決(議案第32号〜議案第33号、諮問第1号)
1.議員提出議案の上程・説明・質疑・討論・採決(議員提出議案第6号〜議員提出議案第9号)
1.議長の報告
1.閉  会



               署  名  議 員

          地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                 議  長  谷   一 浩


                 議  員  飯 田 哲 夫


                 議  員  刈 込 勝 利


                 議  員  大和田   智


                 議  員  鈴 木 正 明


△─参考資料─
 定 例 会 議 案 等 議 決 結 果

【市長提出議案】
┌──────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│      │                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│ 議案番号 │       件       名       │    │    │    │
│      │                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第1号 │専決処分の承認を求めることについて(鴨川市特│付託省略│19. 3.13│承  認│
│      │別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の│    │    │全会一致│
│      │一部を改正する条例)            │    │    │    │
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第2号 │専決処分の承認を求めることについて(平成18年│付託省略│19. 3.13│承  認│
│      │度鴨川市一般会計補正予算(第5号))    │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第3号 │平和都市の宣言について           │総  務│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第4号 │鴨川市副市長の定数を定める条例の制定について│総  務│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第5号 │地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関│総  務│19. 3.23│可  決│
│      │係条例の整備等に関する条例の制定について  │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第6号 │鴨川市職員等の旅費に関する条例等の一部を改正│総  務│19. 3.23│可  決│
│      │する条例の制定について           │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第7号 │鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部│総  務│19. 3.23│可  決│
│      │を改正する条例の制定について        │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第8号 │鴨川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例│総  務│19. 3.23│可  決│
│      │の制定について               │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第9号 │鴨川市青少年研修センターの設置及び管理に関す│文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │る条例の一部を改正する条例の制定について  │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第10号 │鴨川市総合保健福祉会館の設置及び管理に関する│文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │条例の一部を改正する条例の制定について   │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第11号 │鴨川市予防接種健康被害調査委員会設置条例の一│文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │部を改正する条例の制定について       │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第12号 │鴨川市重度心身障害者の医療費助成に関する条例│文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │の一部を改正する条例の制定について     │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第13号 │鴨川市病院事業の設置等に関する条例の一部を改│文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │正する条例の制定について          │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第14号 │鴨川市立公園の設置及び管理に関する条例の一部│建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │を改正する条例の制定について        │    │    │賛成多数│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第15号 │鴨川市市営住宅の設置及び管理に関する条例の一│建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │部を改正する条例の制定について       │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第16号 │市道路線の廃止について(川久保線外1路線) │建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第17号 │市道路線の認定について(川久保線外3路線) │建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第18号 │市道路線の認定について(松崎8号線)    │建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第19号 │千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団│付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │体の数の増減及び千葉県市町村総合事務組合規約│    │    │全会一致│
│      │の一部を改正する規約の制定に関する協議につい│    │    │    │
│      │て                     │    │    │    │
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第20号 │平成18年度鴨川市一般会計補正予算(第6号) │付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │                      │    │    │賛成多数│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第21号 │平成18年度鴨川市国民健康保険特別会計補正予算│付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │(第4号)                 │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第22号 │平成18年度鴨川市老人保健特別会計補正予算(第│付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │3号)                   │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第23号 │平成18年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第│付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │3号)                   │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第24号 │平成18年度鴨川市水道事業会計補正予算(第3 │付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │号)                    │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第25号 │平成18年度鴨川市病院事業会計補正予算(第1 │付託省略│19. 3.13│可  決│
│      │                      │    │    │    │
│      │号)                    │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第26号 │平成19年度鴨川市一般会計予算        │分割付託│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │賛成多数│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第27号 │平成19年度鴨川市国民健康保険特別会計予算  │文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第28号 │平成19年度鴨川市老人保健特別会計予算    │文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第29号 │平成19年度鴨川市介護保険特別会計予算    │文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第30号 │平成19年度鴨川市水道事業会計予算      │建設経済│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第31号 │平成19年度鴨川市病院事業会計予算      │文教厚生│19. 3.23│可  決│
│      │                      │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第32号 │鴨川市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一│付託省略│19. 3.23│可  決│
│      │部を改正する条例の制定について       │    │    │全会一致│
├──────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議案第33号 │鴨川市教育委員会委員の任命につき同意を求める│付託省略│19. 3.23│同  意│
│      │ことについて                │    │    │全会一致│
└──────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘

【報 告】
┌─────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│     │                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│ 報告番号 │       件       名       │    │    │    │
│     │                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│報告第1号│専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及│    │    │    │
│     │び和解)                  │    │    │    │
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│報告第2号│鴨川市国民保護計画の作成について      │    │    │    │
└─────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘

【諮 問】
┌─────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│     │                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│ 諮問番号 │       件       名       │    │    │    │
│     │                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│諮問第1号│人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつ│付託省略│19. 3.23│答  申│
│     │いて                    │    │    │全会一致│
└─────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘

【議員提出議案】
┌─────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│     │                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│ 議案番号 │       件       名       │    │    │    │
│     │                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議員提出 │鴨川市議会会議規則の一部を改正する規則の制定│付託省略│19. 3.23│可  決│
│議案第6号│について                  │    │    │全会一致│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議員提出 │鴨川市議会委員会条例の一部を改正する条例の制│付託省略│19. 3.23│可  決│
│議案第7号│定について                 │    │    │全会一致│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議員提出 │道路問題調査特別委員会の設置について    │付託省略│19. 3.23│可  決│
│議案第8号│                      │    │    │全会一致│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│ 議員提出 │広域行政調査特別委員会の設置について    │付託省略│19. 3.23│可  決│
│議案第9号│                      │    │    │全会一致│
└─────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘

【陳 情】
┌─────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│請願・陳情│                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│     │       件       名       │    │    │    │
│番   号│                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│陳情第14号│安全・安心の医療と看護の実現を求める陳情書 │文教厚生│19. 3.23│不 採 択│
│     │                      │    │    │賛成少数│
└─────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘