議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 鴨川市

平成17年第 4回臨時会−11月29日-01号




平成17年第 4回臨時会

                  平成17年第4回
                 鴨川市議会臨時会会議録

1.招集年月日 平成17年11月29日(火曜日)
1.招集の場所 鴨川市議会議場
1.出席議員  32名
  1番 佐 藤 拓 郎 君   2番 亀 田 郁 夫 君   3番 平 松 健 治 君
  4番 鈴 木 美 一 君   5番 佐 藤 文 秋 君   6番 麻 生 政 広 君
  7番 吉 村 貞 一 君   8番 須 田   厚 君   9番 野 村 静 雄 君
  10番 尾 形 喜 啓 君   11番 滝 口 久 夫 君   12番 齋 藤 英 夫 君
  13番 吉 田 勝 敏 君   14番 石 渡 清 実 君   15番 渡 辺 訓 秀 君
  16番 渡 邉 隆 俊 君   17番 小 柴 克 己 君   18番 田 村 忠 男 君
  19番 野 中   昭 君   20番 辰 野 利 文 君   21番 飯 田 哲 夫 君
  22番 谷   一 浩 君   23番 鈴 木 美智子 君   24番 刈 込 勝 利 君
  25番 大和田   智 君   26番 西 川 和 広 君   27番 鈴 木 正 明 君
  28番 川 井 健 司 君   30番 西 宮 米 造 君   31番 長谷川 秀 雄 君
  34番 高 橋   猛 君   35番 稲 村 庫 男 君
1.欠席議員
  29番 松 本 鶴 松 君   32番 松 本 良 幸 君   33番 森   喜 吉 君
1.地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名
  市長        本 多 利 夫 君    助役        西 宮 秀 夫 君
  収入役       石 田 日出夫 君    教育長       長谷川 孝 夫 君
  総務部長      松 本 恭 一 君    市民福祉部長    満 田   稔 君
  建設経済部長    嶋 津 三 郎 君    天津小湊支所長   平 野 重 敏 君
  水道局長      平 野 義 孝 君    教育次長      野 田   純 君
  市長公室長     近 藤 俊 光 君    企画財政課長    庄 司 政 夫 君
  総務課長      石 渡 康 一 君    教育委員会委員長  柏 倉 弘 昌 君
  代表監査委員    室 田 章 隆 君
1.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名
  事務局長      石 田 正 孝      次長        原   一 郎
  主任主事      山 口 勝 弘

──────────────────── 〇 ─────────────────────

                  開     会
          平成17年11月29日(火) 午前10時00分開会

○議長(鈴木正明君) 皆さん、おはようございます。松本鶴松君、松本良幸君、森喜吉君から欠席の届け出がありましたので、ご報告いたします。
 ただいまの出席議員は32名で定足数に達しております。よって、平成17年第4回鴨川市議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△開議
  平成17年11月29日(火) 午前10時00分開議

○議長(鈴木正明君) これより本日の会議を開きます。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△議事日程

○議長(鈴木正明君) 本日の日程は、あらかじめお手元に配付いたしました印刷物のとおりでありますので、これによりご了承を願います。
1.議 事 日 程
日程第1       会議録署名議員の指名
日程第2       会期の決定
日程第3       諸般の報告
日程第4       議案第66号から議案第72号までの上程     上程・説明
           (市長の提案理由の説明)
     議案第66号 専決処分の承認を求めることについて       補足説明
           (平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第5号))
     議案第67号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を   〃
           改正する条例の制定について
     議案第68号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する   〃
           条例の一部を改正する条例の制定について
     議案第69号 鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例   〃
           の一部を改正する条例の制定について
     議案第70号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)    〃
     議案第71号 平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第   〃
           2号)
     議案第72号 物品購入契約の締結について(情報端末機器等)    〃
日程第5 議案第66号 専決処分の承認を求めることについて
           (平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第5号))質疑・討論・採決
日程第6 議案第67号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を   〃
           改正する条例の制定について
日程第7 議案第68号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する   〃
           条例の一部を改正する条例の制定について
日程第8 議案第69号 鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例   〃
           の一部を改正する条例の制定について
日程第9 議案第70号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)    〃
日程第10 議案第71号 平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第 質疑・討論・採決                  2号)
日程第11 議案第72号 物品購入契約の締結について(情報端末機器等)    〃

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△会議録署名議員の指名

○議長(鈴木正明君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、辰野利文君、飯田哲夫君、谷一浩君を指名いたします。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△会期の決定

○議長(鈴木正明君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。本臨時会の会期につきましては、本日1日とすることにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△諸般の報告

○議長(鈴木正明君) 日程第3、諸般の報告をいたします。
 監査委員から平成17年8月分、9月分、10月分の一般会計、特別会計、基金会計、企業会計の現金出納検査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。
 次に、鴨川市和田町環境衛生組合から平成16年度一般会計歳入歳出決算書の提出がありました。お手元に配付の印刷物によりご了承願います。
 次に、平成17年第3回定例会において可決いたしました議員提出議案第9号 公共工事における建設労働者の適正な労働条件確保等に関する意見書について、議員提出議案第10号 自治体病院の医師確保対策を求める意見書について、以上2件につきまして意見書を議長名をもちまして国会及び関係行政庁へ提出いたしましたので、ご報告いたします。
 次に、本臨時会の議案審査のため、地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長以下関係者の出席報告がありましたので、ご報告いたします。
 続いて、議案の受理について、本日、市長から議案の送付があり、これを受理いたしましたので、ご報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△市長の議案の上程・説明

○議長(鈴木正明君) 日程第4、議案第66号から議案第72号までの計7件を一括議題として、提案理由の説明を求めます。市長、本多利夫君。
                (市長 本多利夫君登壇)
◎市長(本多利夫君) 皆さん、おはようございます。本日は、早朝より大変ご苦労さまでございます。今般、皆様方に急ぎご審議を賜りたい案件が生じましたことから、ここに本年第4回目となります市議会臨時会を招集させていただきました。
 それでは、早速でございますが、議長から指名をいただきましたので、ご審議を賜ります各議案につきまして提案理由の説明を申し述べさせていただきたいと存じます。
 本臨時会にご提案申し上げます案件は、専決処分の承認1件、条例の一部を改正する条例の制定3件、平成17年度の各会計別補正予算2件、物品購入契約の締結1件の都合7件でございます。
 このうち、専決処分の承認並びに契約の締結を除きましては、いずれも本年8月の人事院及び10月の千葉県人事委員会の勧告に準じました本市職員等の給与の改定に関するものでございまして、来る12月1日から施行いたしたく、臨時会でのご提案と相なりましたこと、まずはご理解を賜りたいと存じます。
 それでは、議案番号の順にご説明申し上げます。
 初めに、議案第66号は、専決処分の承認をお願いいたすものでございます。平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)につきまして、議会を招集する暇がなく、急施を要するものと認められましたことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、去る9月29日付をもちまして専決処分をさせていだたきましたので、同条第3項の規定によりまして議会のご承認を賜りたいものでございます。
 補正の概要でございますが、台風11号の大雨によります災害の復旧経費、並びにアスベスト対策経費についての予算を措置する必要が生じましたことから、既定の予算額に歳入歳出それぞれ 3,169万 4,000円を追加いたし、補正後の予算総額を 133億 9,733万 8,000円とさせていただいたものでございます。
 続きまして、議案第67号から議案第69号までは条例の一部を改正する条例の制定でございまして、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 まず、議案第67号は、鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。先ほど申し上げましたとおり、国家公務員に対する人事院勧告及び千葉県人事委員会の勧告がございましたけれども、本市の一般職の職員もこれに準じまして給料表及び諸手当の改定をさせていただきたく、本条例の制定をお願いいたすものでございます。その主な内容は、月額給料の 0.3%の減額、勤勉手当の0.05カ月分の増などが主なものでございまして、本年12月1日から施行させていただきたいものでございます。
 続きまして、議案第68号は、鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。一般職の職員の給与等に関する条例の改定に伴いまして、特別職の職員の期末手当の率につきましても同様の改定をいたしたく、本条例の制定をお願いいたすものでございます。
 続きまして、議案第69号は、鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。前議案における特別職と同様に、議会議員の皆様の期末手当につきましても同様の改定をいたしてまいりたく、本条例の制定をお願いいたすものでございます。
 続きまして、議案第70号及び議案第71号は、平成17年度の各会計別の補正予算でございまして、地方自治法第96条第1項第2号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 まず、議案第70号は、平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)でございます。今回の補正は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ 1,177万 1,000円を減額させていただきまして、補正後の予算総額を 133億 8,556万 7,000円といたしたいものでございます。これはただいま申し上げました一般職の職員の給与等の改定に伴う補正でございます。
 次に、議案第71号は、平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ 109万 4,000円の追加をさせていただきまして、補正後の予算総額を28億 2,955万 6,000円といたしたいものでございます。
 続きまして、議案第72号は、物品購入契約の締結についてでございます。本件は、合併に伴います情報端末機器等、いわゆるパソコン等の整備・充実によりまして既存の情報ネットワークを活用した業務の一層の効率化を図ることを目的とするものでございまして、この機器購入等に当たり、これを指名競争入札に付しましたところ、その予定価格が 2,000万円を超えておりましたことから、地方自治法第96条第1項第8号及び鴨川市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定によりまして、これが契約の締結につき議会の議決を求めるものでございます。
 以上、都合7議案につきまして提案理由を申し述べさせていただきました。各議案の詳細につきましては、この後、担当部長の方から補足説明をいたさせますので、十分なご審議の上、ご承認、ご可決を賜りますようお願い申し上げまして、私からの提案理由の説明とさせていただきます。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△議案の補足説明

○議長(鈴木正明君) これより議案の補足説明を求めます。
 議案第66号 専決処分の承認を求めることについて、議案第67号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第68号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第69号 鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第70号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)について、以上5件を一括して補足説明を求めます。総務部長、松本恭一君。
               (総務部長 松本恭一君登壇)
◎総務部長(松本恭一君) それでは、議案第66号から議案第70号までを一括して各議案の補足説明を申し上げます。
 まず、議案第66号の専決処分の承認を求めるこについてでございますが、恐れ入りますが、議案書の方をごらんいただきたいと存じます。平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、去る9月29日付で専決処分をさせていただきました。今回の補正は、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ 3,169万 4,000円を追加いたし、予算総額を 133億 9,733万 8,000円といたしたいものでございます。
 この補正の内容につきまして説明をさせていただきますが、去る8月25日から26日にかけましての台風11号の大雨によりまして市道、河川、農業用施設、農地及び林道、合わせて 266カ所で災害が発生したほか、鴨川清掃センターを初め、福祉センター、老人ホーム、小・中学校等の施設につきましても被害があったところでございます。また、アスベスト問題に対応するため、使用されている可能性のある施設につきましての検査並びにアスベストが含まれている材料を使用している箇所への飛散防止につきましても、早急に対応する必要が生じたものでございます。これらのうち、災害復旧に緊急を要する経費並びにアスベスト対策経費全般につきましての予算措置をする必要がございましたが、議会を招集する暇がなかったため、専決処分をさせていただいたものでございます。
 まず、歳入でございますが、補正予算書の6ページをごらんいただきたいと存じます。18款繰入金、2項基金繰入金として 3,169万 4,000円の計上でございますが、全額を財政調整基金から繰り入れしたいものでございます。
 次に、7ページに移りまして歳出でございますが、2款総務費、1項総務管理費では、市役所本庁舎に係るアスベスト検査業務委託料として12万円を計上いたしたものでございます。
 第3款民生費、第1項社会福祉費は28万 3,000円の増額ですが、2目老人福祉費では災害による福祉センター及び長狭老人憩の家の修繕料並びに福祉センターのアスベスト検査業務委託料を、3目老人ホーム費は災害による老人ホームの修繕料を計上いたしたものでございます。
 また、2項児童福祉費は61万 5,000円の増額でございますが、保育所につきましてのアスベスト検査業務委託料でございます。
 4款衛生費、2項清掃費は、鴨川清掃センターの災害復旧経費としての修繕料並びに鴨川、天津小湊両清掃センターに係るアスベスト検査業務委託料で 238万 7,000円の増額でございます。
 6款農林水産業費、1項農業費では、農道等に係る災害復旧のための原材料費として 103万 5,000円の計上でございます。
 また、2項林業費は、林道に係る災害復旧のための修繕料として80万円の計上でございます。
 7款商工費、1項商工費は 251万円の増額でございますが、3目観光費といたしまして鯛の浦遊歩道等の観光施設に係る災害復旧経費を、また4目オーシャンパーク費では災害によるオーシャンパークの修繕料をそれぞれ計上したものでございます。
 8款土木費、2項道路橋梁費は、市道整備の工事請負費を 1,500万円減額補正いたしたものでございます。
 また、4項都市計画費では、一戦場公園体育館のアスベスト検査業務委託料として6万円の計上でございます。
 10款教育費、2項小学校費では 120万円の増額ですが、田原小学校、天津小学校の災害復旧経費並びに太海小学校のアスベスト対策経費としての修繕料でございます。
 また、3項中学校費では 136万 1,000円の増額でございますが、これは鴨川中学校の災害復旧経費並びに江見中学校のアスベスト対策経費としての修繕料に加え、江見中学校のアスベスト濃度の検査業務委託料でございます。
 5項社会教育費は、天津小湊公民館の災害復旧経費としての修繕料9万 9,000円の計上でございます。
 最後になりますが、11款災害復旧費では2項公共土木施設災害復旧費として 3,320万 9,000円の計上でございますが、これは市道及び河川の災害 189カ所のうち緊急を要する災害復旧経費でございます。また、3項厚生施設災害復旧費では 301万 5,000円の計上でございましたが、これは鴨川清掃センターの災害復旧に係る設計委託料でございます。
 次に、議案第67号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料をごらんいただきたいと存じます。既にご高承のとおり、去る8月に国家公務員に対する人事院勧告が、また10月には県職員に対する千葉県人事委員会勧告がそれぞれなされたところでございます。勧告の内容は、それぞれ何点かございますけれども、このうち当市が準じております千葉県における主なものといたしましては、公民給与に格差があるとして、まず第1点目、給料表の改定といたしまして平均 0.3%の引き下げ、2点目として配偶者に係る扶養手当についての減額、3点目として医師等に支払われる初任給調整手当の減額、そして4点目として勤勉手当につきましては、逆に12月期の支給率を0.05カ月引き上げるというものでございます。
 こうした勧告を受けまして、国におきましては給料表の改正が10月に可決公布され、県におきましても県議会の方に給与条例の改定等が近々、上程される予定と伺っております。これらの措置に準じまして、当市におきましても所要の改正をいたしたいものでございます。
 具体的な改正内容でございますけども、第1条として、まず1点目、給料表の改正では説明資料の7ページから19ページにかけて職種ごとに対比してございますが、給料表の全部、すなわち附則別表及び別表第1から第5まで全8種類につきまして千葉県と同様、平均 0.3%の引き下げを行いたいものでございます。
 次に、4ページに恐れ入りますが、お戻りをいただきたいと存じますが、2点目として配偶者に係る扶養手当については現行1万 3,500円を1万 3,000円とし 500円の減額としたいものでございます。
 5ページに入りまして、3点目といたしまして医師等に支払われる初任給調整手当の減額でございますが、医療職給料表(一)に適用される職員、これは医師及び歯科医師でございますが、これにつきましては最高限度額現行21万 6,700円を21万 6,000円とし、 700円の減額、また医療職給料表(二)、(三)に適用される職員、これは理学療法士でございますが、につきましては最高限度額5万 200円を5万円とし、 200円減額するものでございます。
 最後に、4点目といたしまして勤勉手当の支給率でございますが、こちらにつきましては12月期の支給率を現行 100分の70から 100分の75とし、 100分の5引き上げるというものでございます。なお、平成18年度以降の勤勉手当の支給率につきましては、第2条のとおり、今回引き上げられました 100分の5を改正前の6月期及び12月期の支給率に 100分の 2.5ずつ分けまして、6月期、12月期、それぞれ 100分の72.5にそれぞれ改めさせていただきたいものでございます。これによりまして、期末手当と合わせました年間支給率は 4.5カ月から4.45カ月と相なるわけでございます。
 また、説明資料の20ページから22ページにかけましては改正条例の附則でございます。附則第1項は条例の施行日でございまして、この条例は平成17年12月1日から施行したいものでございます。ただし、第2条による改正規定は平成18年4月1日から施行いたしたいものでございます。
 第2項から第4項までは、改正後の条例を適用するための手続規定を置くものでございます。
 次に、第5項は平成17年12月に支給する期末手当の額の特例について定めるものでございまして、12月分の期末手当の額から平成17年4月1日において職員が受けるべき給料、管理職手当、初任給調整手当、扶養手当、調整手当及び住居手当の合計額に 100分の0.35を乗じて得た額に当年4月から施行日の前日までの月数、実際には4月から11月までの8カ月になろうかと思いますが、これを乗じて得た額を減ずるとともに平成17年6月に支給された期末手当及び勤勉手当の合計額に同様に 100分の0.35を乗じて得た額を合わせて減ずるものでございます。この規定は、本年4月から11月までの期間における民間との格差相当分を解消する調整措置でございますので、ご理解をいただきたいと存じます。
 第6項は、細目の委任規定でございます。
 以上が鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の改正内容でございます。
 次に、議案第68号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第69号 鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、あわせて補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の23ページから26ページをごらんいただきたいと存じます。この2つの条例改正は、前議案でお願いをいたしました鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の改正に伴いまして、常勤の特別職及び議会議員の皆様方の期末手当につきましても所要の措置を講じさせていただきたいものでございます。
 常勤の特別職及び議会議員の皆様の期末手当の支給率につきましては、現在、一般職の職員の率に準じたような形になってございます。今般、一般職の職員の12月の期末勤勉手当支給率が 100分の5引き上げとなりましたことから、それに準じましてそれぞれの条例第1条において常勤の特別職及び議会議員の皆様の12月期の期末手当支給率を 100分の5引き上げ、 100分の 230から 100分の 235とさせていただきたいものでございます。
 なお、各条例第2条のとおり、平成18年度におきましては、今回引き上げられます 100分の5を改正前の6月期及び12月の支給率にそれぞれ 100分の 2.5ずつ分けまして、6月期は 100分の212.5、12月期は 100分の232.5にそれぞれ改めまして、年間で 4.4カ月から4.45カ月とさせていただきたいものでございます。
 これらの条例の施行期日は、それぞれの附則におきまして第1条の規定は平成17年12月1日から、第2条の規定は18年4月1日からといたしたいものでございます。
 以上が鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の一部を改正する条例及び鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の内容でございます。
 続きまして、議案第70号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)につきましての補足説明をさせていただきます。
 恐れ入りますが、補正予算書をごらんいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算額からそれぞれ 1,177万 1,000円を減額させていただきまして、予算総額を 133億 8,556万 7,000円といたしたいものでございます。今回の補正予算の内容につきましては、ただいまご説明申し上げました議案第67号、68号、69号の条例改正に伴うものでございます。
 まず、歳入でございますが、6ページをお開き願いたいと存じます。18款繰入金、2項基金繰入金は 1,177万 1,000円の減額でございまして、給料等の歳出が減額になった部分を全額財政調整基金へ戻し入れしたいものでございます。
 続きまして、歳出に移らせていただきまして、7ページをお開きいただきたいと存じます。すべての科目で16ページまで2節給料、3節職員手当等、4節共済費に係る増減でございます。なお、10ページの3款民生費、1項社会福祉費、2目老人福祉費、28節繰出金は 109万 4,000円の増額でございまして、介護保険特別会計の職員人件費に係る繰り出しでございます。また、17ページ以降に給与費明細書がございますので、後ほどごらんをいただきたいと存じます。
 以上で議案第66号から議案第70号までの補足説明を終わらせていただきます。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 議案第71号 平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、議案の補足説明を求めます。市民福祉部長、満田稔君。
               (市民福祉部長 満田稔君登壇)
◎市民福祉部長(満田稔君) それでは、議案第71号 平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第2号)の補足説明を申し上げます。
 補正予算書をお開きいただきたいと存じます。今回の補正は、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ 109万 4,000円を追加させていただきまして、補正後の予算総額を28億 2,955万 6,000円といたしたいものでございます。
 主な内容につきましては事項別明細書によりご説明申し上げますので、5ページをお開きいただきたいと存じます。まず、歳入でございますけれども、6款繰入金、1項一般会計繰入金といたしまして 109万 4,000円を追加いたしたいものでございます。これは職員の人事異動及び給与改定によるものでございます。
 続きまして、6ページ、歳出につきましてご説明を申し上げます。1款総務費につきましては、1項総務管理費の1目一般管理費として 109万 4,000円の追加でございます。この内容といたしましては、歳入と同様、職員の人事異動及び給与改定によるものでございます。
 以上、簡単でございますが、議案第71号の補足説明を終わらせていただきます。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 議案第72号 物品購入契約の締結について、議案の補足説明を求めます。総務部長、松本恭一君。
               (総務部長 松本恭一君登壇)
◎総務部長(松本恭一君) それでは、議案第72号 物品購入契約の締結につきまして補足説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案説明資料の30ページをごらんいただきたいと存じます。契約の目的及び契約の方法につきましては、先ほど市長が提案理由の中で申し上げましたので、私の方からは契約の金額、契約の相手方、物品購入契約の概要につきまして説明させていただきます。
 それでは、まずこの購入の理由でございますが、旧鴨川市では情報端末機の配備が各課1台程度でございました。また、一方、旧天津小湊町ではほぼ職員に1人1台程度の配備でありましたことによりまして、合併の事務処理環境の統一を図り、また事務処理の効率を上げる必要があったということで検討してまいりました結果、こういった今回の整備をお願いしたいものでございます。
 次に、契約金額でございますが、一金 4,354万 2,450万円でございます。このうち消費税は 207万 3,450円でございます。契約の相手方は、株式会社日立製作所千葉支店支店長、武内敬司氏でございます。
 次に、物品購入契約の概要でございますが、大きく4つの項目がございます。まず初めに、情報端末機器等の整備の項目でございますが、情報端末機 221台、そしてプリンター16台を購入しようとするものでございます。設置内訳といたしましては、市役所本庁に 133台、天津小湊支所、これは2階の教育委員会を含んだ数字でございますが、20台、ふれあいセンターに49台、その他の出先機関に19台を予定しております。
 次に、ネットワーク整備の項目でございますが、情報端末機の増設によりまして既存のネットワークの拡充となりますので、これに接続するために必要となる附属情報機器を整備するものでございます。
 次に、既存サーバー整備の項目でございますが、これは合併時に不要となった既存のサーバー機3台につきまして再活用を図るべく、新たにファイルサーバーと申しまして情報端末機で作成されたいろいろなデータの保管庫として利用するために使用の構成変更を行おうとするものでございます。
 そして、最後にその他といたしまして、新規導入の情報端末機器等を既存ネットワークと接続するための設定や接続用のケーブルの布設を行おうとするものでございます。納入期限は、平成18年3月15日までといたしまして、この期限を目標に整備を図る予定でございます。なお、この購入費の財源といたしましては、全額、合併市町村補助金をもって充てる予定でございます。
 以上で議案第72号の補足説明を終わらせていただきます。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

△議案に対する質疑・討論・採決

○議長(鈴木正明君) これより議案第に対する質疑を行います。
 なお、この際申し上げます。会議規則第56条の規定により、同一議員が同一議題について、質疑の回数は3回を超えることができませんので、念のため申し添えます。
 日程第5、議案第66号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第66号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第66号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第66号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立多数であります。よって、議案第66号は原案のとおり承認することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第6、議案第67号 鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第67号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第67号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第67号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立全員であります。よって、議案第67号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第7、議案第68号 鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、質疑に入ります。
 質疑の通告がありますので、発言を許します。飯田哲夫君。
◆21番(飯田哲夫君) 議案第68号並びに議案第69号、同一の趣旨ですので、一括して質問させていただきたいと思います。
 というのは、先ほど、提案説明の中でありましたけども、ことしの8月15日に人事院勧告が出されまして、国家公務員に対する給与の改定、また期末手当の改定についても勧告されたところです。また、10月14日には千葉県人事委員会から同様の勧告が出されまして、先ほど一般職の給与改定でありましたけども、給料表を平均 0.3%引き下げ、あと扶養手当等も改定をいたしますけども、そのほかには期末勤勉手当のうちの勤勉手当については 100分の5を引き上げるという勧告が出て、今、一般職員の方の給与改定については可決をされたわけですけども、私はこのことの期末手当が特別職の常勤職の方、それから議会議員について、そのまま準じて改定されるということについては、今の経済情勢からいって、市民の同意が得られないのではないかなというふうに考えます。この後の補正予算でもありますけども、人事院勧告に基づいて実施することによって 1,100万円からの財政効果が生じるわけですね。そのうち、議案書をよく見ますと、議員の期末手当の引き上げだけで68万幾らかのプラスになっています。要するに、市の職員には、極端なことを言えば、きつい給与を引き下げることをしながら、議員歳費はそれを引き上げていくということでありますので、私はこういうことが果たして、私ども特別職の方の給与あるいは議員の歳費も勧告に基づいて 0.3%引き下げて、かつ期末手当を勧告どおり上げるということであれば、その筋は通ると思うんですけども、そういうこと抜きに、ただプラスだけを上げるということは市民感情からいっても納得できないと思いますけども、これについて県内の他の市町村はどのような状況になっていますでしょうか。まだ、今月末までの期間があって、全部の議会で可決や議会が終わってないと思いますけど、おおむねの見込み等、わかればお示しいただきたいと思います。
○議長(鈴木正明君) 総務部長、松本恭一君。
◎総務部長(松本恭一君) 県内の状況はどうかということでございますが、現在、私どもが把握してる範囲におきましては、県内31市の中で特別職及び議員、両方とも引き上げを予定しておるところは15市、そしてまた特別職のみというところが2市、議員のみというところが1市でございまして、トータルすれば18市ということでございます。以上でございます。
○議長(鈴木正明君) 飯田哲夫君。
◆21番(飯田哲夫君) 実は、私も二、三日前に茂原市議会がこういう臨時議会、終わったということで茂原の市議会の方にちょっと問い合わせをいたしました。そういう中では、一般職の方は当然、人事院もしくは人事委員会の勧告に基づいて可決をしたけども、茂原市の場合は特別職の常勤職の方については提案をしなかった、それから議員についても提案をしていないと。教育長については、いろいろな給料表の関係もあって提案をしたということで、そういうことでうちの方はこういったことで提案されてますよということを言ったら、それは財政が豊かなんでしょうねというような皮肉を言われました。ということの中で、今の総務部長の答弁で言えば、要するに人事院勧告に基づいて何も特別職あるいは議員の改定をする必要は法律的な根拠はないわけですから、今回は特に皆さんにトータルでマイナスになりますけども、強いていながら特別職あるいは議員がプラスを得るということは私は納得できないというふうに思いますので、今回の改正については見送るべきではないかと思いますが、執行部のお考えをお聞かせいただきたいと思います。
○議長(鈴木正明君) 市長、本多利夫君。
◎市長(本多利夫君) お答えをさせていただきたいと存じます。確かに、議員、おっしゃられるとおり、法的な根拠はないわけでございますけれども、これまで本市はこの勤勉手当、期末手当の支給等々につきましても、職員、そしてまた常勤の特別職、そして議員と一体となって上げるときは上げる、下げるときは下げると、こういうことで進まさせていただいておるところでございまして、今回もこれを踏襲させていただいたと、こういうことでございます。議員も県下の議員報酬をいろいろ比較してみますと、大変申しわけないんですけれども、極めて低い方の部類なんですね。そして、しかもまた、政務調査費等もないのは、ゼロは鴨川市だけであります。そういうことで、議員もそういう厳しい状況の中でも議員活動を一生懸命になって頑張っていただいておるわけでございます。そういう意味もございますし、また、来年は5月になりますと、現在の36の定数を20名にすると、大英断を議員も下されておるわけでございまして、そういうことをいろいろ斟酌させていただきながら今回の改定に踏み切らせていただいたと、こういうことでございますので、ご理解をいただきたいと存じております。
○議長(鈴木正明君) 飯田議員。
◆21番(飯田哲夫君) 市長の大変温かい心遣いだと思いますけども、それはそれとして議員の歳費等については審議会等で県下の情勢やなんかを諮ってすべき問題であって、それと今回のプラスだけを議員あるいは特別職が恩恵を受けるということは議論のすりかえだというふうに思いますので、ほかの市町村では提案しなくてもできるということであるならば、それについてはそのようにすべきであって、確かに議員の歳費が低くてほかに収入がなければ、なかなか議員活動できないというのも実態ですから、それから政務調査費もないということで、そこら辺については議会議員の報酬の審議会等できちんとした明確な根拠のもとに市民の理解も得るべきであって、私はそう思いますけども。ですから、この件については、質疑ですから余り私見は挟みたくないんですけども、市の職員に犠牲を強いながら、私たちだけが恩恵にあずかるというのは、いささかかなと思いますので、議員の皆さんのぜひお考えもまた聞かせていただければなと思います。以上で質問は終わります。
○議長(鈴木正明君) ほかに質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第68号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第68号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第68号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立多数であります。よって、議案第68号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第8、議案第69号 鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第69号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第69号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。齋藤英夫議員。
◆12番(齋藤英夫君) 私は、この議案に対しまして反対という立場で討論させていただきます。
 その前に、先ほど68号、69号、一括して質疑をされた飯田議員おりましたけれども、本来なら別々にということでやった方がよかったんじゃないかと、私自身も69号のことについて質疑を、通告はしてありませんでしたけど、緊急ということで議長からお許しを得て質問、質疑をさせていただきたいと思ったんですけど、腰が折れちゃうような感じで、一緒にやられたということ、共通なこともありますけれども、その辺、議長、今後、少し調整していただきたいと思います。本論に入ります。
 先ほども飯田議員おっしゃられましたように、議員に関する期末手当などの引き上げに関することですけども、住民感情といいますか、先ほど市長からも政務調査費が県下1市だけはないという中でのこの引き上げだというふうにおっしゃられておりましたけれども、そういうことではなくて、特例期間の現在、議員の数も35と多い中で68万 9,000円というようなアップ額ありますけれども、これについては行財政改革を進めている今の現状の中で、議員だけが上げるというようなことにつきましては市民が納得をいかないというふうに感じます。
 わき道にそれますけれども、先般、市長の方から議長を通して各会派別とかというふうな4つの説明会、これ、鴨川有料道路に関することでありましたけれども、そういう席でこそ議長がこの問題についてみんなの意見を聞きながらということで、市長とも相談したらよかったのではないかというようなことがございます。ちょっと横道にそれましたけれども、そういう意味で私はこの議員に関する期末手当などの引き上げにつきましては反対をいたします。以上です。
○議長(鈴木正明君) ほかにございますか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) 賛成討論ございますか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) 反対討論ございますか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第69号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立多数であります。よって、議案第69号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第9、議案第70号 平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号)についてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第70号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認め、よって、議案第70号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第70号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立多数であります。よって、議案第70号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第10、議案第71号 平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第71号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第71号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第71号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立全員であります。よって、議案第71号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

○議長(鈴木正明君) 日程第11、議案第72号 情報端末機器等の物品購入契約の締結についてを議題とし、質疑に入ります。質疑はありませんか。
               (「ありません」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、これをもって質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第72号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略して直ちに討論に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第72号は委員会付託を省略して直ちに討論に入ります。討論ございませんか。
               (「原案賛成」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) なければ、討論を終結いたします。
 これより議案第72号を採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                   (賛成者起立)
○議長(鈴木正明君) 起立全員であります。よって、議案第72号は原案のとおり可決することに決しました。

──────────────────── 〇 ─────────────────────

                   閉     会

○議長(鈴木正明君) 以上をもちまして付議されました議案はすべて議了いたしました。
 お諮りいたします。これにて第4回臨時会を閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(鈴木正明君) ご異議なしと認め、平成17年第4回鴨川市議会臨時会を閉会いたします。どうもご苦労さまでございました。

                 午前10時52分 閉会

──────────────────── 〇 ─────────────────────

                本日の会議に付した事件

1.開  会
1.開  議
1.議事日程
1.会議録署名議員の指名
1.会期の決定
1.諸般の報告
1.市長の議案の上程・説明(議案第66号〜議案第72号)
1.議案の補足説明(議案第66号〜議案第72号)
1.議案に対する質疑・討論・採決(議案第66号〜議案第72号)
1.閉  会



              署  名  議 員

         地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                 議  長  鈴 木 正 明


                 議  員  辰 野 利 文


                 議  員  飯 田 哲 夫


                 議  員  谷   一 浩



△─参考資料─
  臨 時 会 議 案 議 決 結 果

 【市長提出議案】
┌─────┬──────────────────────┬────┬────┬────┐
│     │                      │付 託 先│議  決│本会議の│
│ 議案番号 │       件       名       │    │    │    │
│     │                      │委 員 会│年 月 日│議決結果│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第66号│専決処分の承認を求めることについて(平成17年│付託省略│17.11.29│承  認│
│     │度鴨川市一般会計補正予算(第5号))    │    │    │賛成多数│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第67号│鴨川市一般職の職員の給与等に関する条例の一部│付託省略│17.11.29│可  決│
│     │を改正する条例の制定について        │    │    │全会一致│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第68号│鴨川市特別職の職員で常勤のものの給与等に関す│付託省略│17.11.29│可  決│
│     │る条例の一部を改正する条例の制定について  │    │    │賛成多数│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第69号│鴨川市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条│付託省略│17.11.29│可  決│
│     │例の一部を改正する条例の制定について    │    │    │賛成多数│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第70号│平成17年度鴨川市一般会計補正予算(第6号) │付託省略│17.11.29│可  決│
│     │                      │    │    │賛成多数│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第71号│平成17年度鴨川市介護保険特別会計補正予算(第│付託省略│17.11.29│可  決│
│     │2号)                   │    │    │全会一致│
├─────┼──────────────────────┼────┼────┼────┤
│議案第72号│物品購入契約の締結について(情報端末機器等)│付託省略│17.11.29│可  決│
│     │                      │    │    │全会一致│
└─────┴──────────────────────┴────┴────┴────┘